SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
媒体:えすえすMode
<<
2017年02月
>>
267件取得
人気記事順表示
<<
0
1
2
3
>>
02/27 (00:00) えすえすMode
1:
GAP◆SFvhMvS7IY:2017/01/04(水)23:54:13.94
ID:kX9WeCIdo
「そろそろ起きてヨ〜」
P「んあ?」
誰かに揺さぶられ、目を覚ます
「やっと起きたネ」
P「ん…エレナ?」
エレナ「エレナだヨ〜」
P「どうしたんだ?」
エレナ「どうしたんだ?じゃないヨ、もうとっくにホームルーム終わってみんな帰っちゃったヨ」
P「えっ、マジか」

続きを読む

[ 閉じる ]
02/26 (22:00) えすえすMode
1:
◆ao.kz0hS/Q:2017/02/25(土)21:45:12.09
ID:CYpm3u/s0
18禁かつ若干倒錯的なシーンを含んでおりますのでご注意ください

2:
◆ao.kz0hS/Q:2017/02/25(土)21:46:42.91
ID:CYpm3u/s0
◆◇◆◇◆◇◆
尾骶骨にヤスリをかけられたような強い疼きに全身が粟立った。
腹部をえぐる異物感に堪えきれず、呻き声が口の端から零れ出る。
腰を掴む手の力加減も、お尻に打ち付けられる汗でネト付いた贅肉だらけの腹の感触も、荒々しい息遣いも、すべてが不快だった。もう何度も経験してきたことなのだけれど、慣れることはなく不快なものはやっぱり不快なまま。
とはいえそれを表情に出さず、わざとらしくない程度に好まれる反応を演技するぐらいの余裕は持てるようになっている。
お尻をえぐられるリズムに合わせて甲高い声を上げてあげると、腰を掴む手の力が強まるのがわかった。単調にならないようにいくつものパターンの喘ぎ声を使い分け、組み合わせることがポイントだ。
数十回以上めちゃくちゃに突き入れられた後、引き抜かれ、身体の向きを変えられ、今度は前から入れられる。
ボクよりも二回りは大きな体のいい歳したオジサンが、母親に縋りつくように抱き着いてくるのは気色悪いことこの上ない。
でもそんな嫌悪感をおくびにも出さず脂ぎった禿げ頭を抱いて、耳元で震えるように喘いであげた。
そうするとこの豚が喜ぶことを知っていたから。
ドロリとした喜悦と欲望に濁った目玉がボクの唇を見ていたので、口を薄く開いてあげると案の定むしゃぶりついてきた。
酷い口臭に頭がクラクラしながらも、恋人にするように舌を絡め、吸い付いて、精一杯サービスする。
するとほどなく本物の豚みたいな叫び声を上げながら果ててしまったので、身体を震わせている間ずっと抱きしめながら頭を撫でてあげた。
腸内にまき散らされる汚液の熱さに鳥肌を立たせながらじっとしていると、ヘソのあたりに冷やりとした感覚があることに気付く。どうやらというかやっぱりというか、ボクもいつの間にか射精してしまっていたらしい。
同じ男に犯され強制的に射精させられてしまう、という屈辱にはい
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆LYNKFR8PTk:2017/02/25(土)20:11:02.42
ID:tlanFU/bO
佐倉「あだ名で?」
鹿島「うん!だってあだ名で呼ばれるってことは……それだけ距離が近いってことでしょ!?可愛がられてるってことでしょ!?」
佐倉「うん、確かに……」
佐倉「ところであだ名って……『鹿島くん』?」
鹿島「そうだね」
佐倉(堀先輩が『鹿島くん』って呼ぶのは……想像できないなぁ)
鹿島「呼ばれてみたいなぁ〜」

続きを読む

[ 閉じる ]
273:
◆tF/D/g0jpg:2017/01/31(火)23:18:48.68
ID:NYwWJEDBo
 《第三章  想定外》
 《1》
 情報部からの接触が増加していた。
 横須賀に入り込めた工作員が時雨だけとなった以上、そうなることは予測していた。
 だが、その頻度は想定をはるかに超えている。
 昼夜の別なく。そして今のように海の上にいても催促はくる。
 艦娘として、一人海の上を進んでいるならまだしも、狭い護衛艦の艦橋、他人の目がある中で、そんなものに受け答えができるわけがないのにだ。
 囮として使うつもりだったくせに――。
 文句の一つでも送ってやりたいところだが、そうもいかない。
『横須賀第二は予定通り作戦を実施中。
 敵艦隊の捜索は艦娘と航空機の不足で難航。
 二度捕捉するも、遠距離のため触接を継続できず失探。
【艦これ】FatalErrorSystems 1/2

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
◆tF/D/g0jpg:2017/01/12(木)12:45:55.82
ID:KAcMG7f+o
これは鎮守府ができる前。
まだ、人類が一つにはなれていなかった頃の話。
一つになれるとは決まってもいないけれど。
なぜなら、この世界は……
※『
風の色、海の声』で広げた風呂敷畳みにきました。
(http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1480080940/)
 一応、そちらを読まずともなんとかなるとは思います。
 あちらが外伝、前日譚。こちらが本編という形です。 
 
 地の文多め、というか例によって小説形式です。
 そして長くなります。
 今回は何度かに分けての投下になりますので、気長にのんびりとお付き合いくださいませ。

2:
◆tF/D/g0jpg:2017/01/12(木)12:49:02.65
ID:KAcMG7f+o
《序  両舷後進微速》
 たった十年前。
 もしくは十年も昔。
 海上輸送にその生活の基盤の大半を任せていた人類は、唐突な出来事によって緩やかな滅亡への道を歩むことになった。
 深海棲艦。
 後にそう呼称される未知の敵によって、人類は海を失ったのだ。
 最新鋭の技術を持って作られたあらゆる現代兵器は、その敵の前にほぼ無力だったからだ。
 当時の最強国家であった大国ですら、その敵にはどうすることもできなかった。
 彼らは最後の切り札を使い敵の一掃を図ったが、敵はそれによって失った数よりもさらに多い数をどこからか生み出す。
 キリのない戦いの末に、人類の万策は尽きた。
 切り札の多用が、やがて自らの首をも締めることを知っていた人類には、もはや打つべき手など存在しなかった。

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆tF/D/g0jpg:2016/11/25(金)22:35:40.52
ID:ts13nDrjo
※地の文多数、というか小説形式です。
 ちと長めですので、のんびりお付き合いいただければ幸いです。

2:
◆tF/D/g0jpg:2016/11/25(金)22:36:55.68
ID:ts13nDrjo
 ふっと、潮の香りと湿り気をはらんだ風が頬を撫でた。
 その色は柔らかな青。間もなく風向きは南から東よりに移動していくはずだ。
 見上げれば、少しだけ雲の増えた空で、海鳥たちが風を捕まえようと、広げた翼の角度を少しづつ変化させている。
 航空母艦娘の鳳翔は自分の推測を確信へと変える。
 経験と勘がなせる技だ。
「瑞鶴。風はどうですか?」
 前方を走る同じ航空母艦娘、瑞鶴の背に声を掛ける。
 背中に負った矢筒には、練習用を示す橙色の矢羽が見えた。
「問題なしです。このまま発艦を始めます」
 針路を南に向け、躊躇うことなく告げる瑞鶴の背を鳳翔は何も言わず、穏やかな笑みを湛えたまま見つめた。

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆uYNNmHkuwIgM:2017/02/25(土)00:15:32.31
ID:mE80kCkL0
2月の月末の休日。
私はある人と旅行に出かけました。
休日こそが営業日の職なので罪悪感を覚えますが、プロデューサーは笑顔で了承してくれました。

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/02/25(土)00:02:04.63
ID:aII69TGe0
このSSは、前作
みほ「抜き打ちテスト?」
のセカンドシーズン(全国編)となります

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/02/25(土)00:07:13.09
ID:aII69TGe0
キーンコーンカーンコーン
――チャイムの音が鳴り響く大洗某所 特別教室
亜美「ところで家元」
しほ「なんでしょう」
亜美「今回の抜き打ちテストにあたり、担任として教師の服を着てもらいましたが」
亜美「家元がそういう服装をしていると……なんていうか別の職業に見えますね」
しほ「そうでしょうか」
亜美「ちょっとコレ、言ってみてくれませんか」
しほ「はあ。では……」
しほ『借金を払っていた方は、払いすぎた利息が戻ってくることがあります』
しほ『にしずみ法律事務所では、過払い金の請求を行っています』
しほ『相談料は無料。まずはお電話を』
しほ『フリーダイヤル0120−2423−1111』
しほ『ゼロイチニイゼロ、にしずみいちばんまで』キリッ
亜美「おお〜似合う〜! デキる女性って感じですね!」パチパチパチ

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/02/03(金)00:42:00.81
ID:HtUI3fmA0
要望いただいたので
【艦これ】足柄「提督はいるかぁー!」提督「!?」
の続きです、ありがとうございます
※キャラ崩壊あり

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/02/03(金)00:44:38.40
ID:HtUI3fmA0
千歳「て・い・と・くぅ〜?」ウフフ
那智「酒宴につきあえ」ヒック
ポーラ「にがしませんよぉ〜」ムフフ
提督「」
提督「……も」
提督「もう勘弁してくれぇぇぇ!!」ウワァァ
那智「? 急に頭を抱えてどうした。痛むのか」
提督「色んな意味でな! 昨日も誘われたんだよ、足柄隼鷹日向の3人に!」
提督「ぐいぐい飲まされて、あとから北上大井も加わって、騒がしいことになって……うう」ガックリ
千歳「あら、それは災難でしたね」
提督「そうなんだ……。だから今日は見逃してくれ、2日続けてはキツい!」
ポーラ「んー、そーですねー」
ポーラ「あっ! じゃあこーしましょう!」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/02/24(金)04:30:31.03
ID:jEke/JgN0
ガヴリール「いきなり失礼な奴だな」
ヴィーネ「ガヴが駄目なのはいつものことじゃない、はいガヴあーんして」
ガヴリール「もぐもぐ」
サターニャ「どうみても前より駄目になってるじゃない!」
ヴィーネ「そうかしら?ガヴ口にソース付いてるわよ、仕方ないわね拭いてあげるからこっち向いて」
サターニャ「ちょっとヴィネット甘やかしすぎじゃない?」
ヴィーネ「これくらい普通だと思うんだけど・・・」
サターニャ「十分異常よ!もはや親から餌をもらう雛鳥みたいになってるじゃない!」
ヴィーネ「言っていいことと悪いことがあるわよサターニャ、ガヴはそこまで酷くないわ」
サターニャ「酷いわよ!どこに悪魔に食べさせてもらう天使がいるのよ!」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆9l4AYHuEsQ:2017/02/22(水)22:09:27.74
ID:77xNrP7Z0
※デレア二〜デレステの世界線をゆるく意識しています
※モバPと木星は事務所は違うが仕事を通じての友達という設定
※真面目にプロデュース方針を考えるというより、こんなピンチェが見たいっていう妄想です
‐都内某飲食店‐
冬馬「またなんで俺たちにそんな事を…」
翔太「ていうかそれ、他事務所の僕たちにして大丈夫な相談なわけ?」
モバP「いや確かにそれはそうなんだけどさぁ・・・頼むよ、お前らくらいにしか相談相手がいないんだよ・・・」
北斗「急に俺たち3人そろって呼び出されたと思ったら…どうやら何か、それなりの理由があるみたいですね?」
モバP「あぁ…実はな、ちょっと前にうちの上司がな…」

続きを読む

[ 閉じる ]
02/26 (00:00) えすえすMode
3:
◆8AGm.nRxno:2017/02/24(金)09:12:14.15
ID:UKsbEgqz0
俺の名前はP。とある小さなアイドルプロダクションに勤務している。
といってもプロデューサーという訳ではない。事務員の補佐をしたり、他のプロデューサーの都合がつかなかったときにアイドルの送迎をしたりしている。いわゆる雑用だ。
季節が来ればシーズンの仕事があるので事務の手伝いとしてそこそこ忙しく仕事をしているが、会社の業績が傾いてリストラという話になれば真っ先に切られる人員だろう。
別に新人だからこの役回りって訳でもない。入社して4年が経つが、同期と後輩はみんな担当を受け持つプロデューサーか、事務をこなす事務員になっている。
俺がこうなった理由は理解している。
俺はアイドルとの接し方がわからない。
というより、俺はアイドルという人種が苦手なのだ。

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
02/25 (22:00) えすえすMode
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/08(木)10:11:50.64
ID:HPZIjpgH0
P「……」
晴「よう、遊びに来たぜ」
P「……いや。遊びに来たぜって……」
晴「何だよ」
P「なぁ、俺前言わなかったか?」
晴「何が」
P「そんな友達の家感覚でプロデューサーの家来ない方が良いってさ」
晴「良いじゃねぇか。休みでどうせ暇なんだろ、遊べよ」
P「まぁ……暇、だけどさぁ……お前学校の友達とかと遊べばいいじゃん。何で家来んの」
晴「Pの家が一番近いんだよ」
P「うんまぁね、近いね。偶然にも」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/02/24(金)23:03:08.82
ID:bkUY2vuC0
提督「初対面で急に何を言い出すのこの新人は・・・」
浜風「まさか着任した鎮守府の提督がオークだなんて・・・」
提督「ひどくない?確かに太ってるけど怪物扱いは」
浜風「きっとその滾る獣欲を艦娘にぶつけているのですね・・・」
提督「してないから、やめて獣欲とか」
浜風「私にもその性欲を向ける気なのですね、しかしこの浜風は誇り高き陽炎型駆逐艦!」シュルシュルカンッ
提督「なんで艤装外してんの?」
浜風「簡単に言うとおりになると思わないでください!」
提督「とりあえず遠征行ってきてくれる?」

続きを読む

[ 閉じる ]
02/25 (18:00) えすえすMode
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/08(木)23:09:35.18
ID:RpBWmfna0
加蓮「つまんない」
凛「何が?」
加蓮「凛、最近の奈緒…どう思う?」
凛「どう思う…って何が?」
加蓮「最近アタシ達の言動がスルーされてる気がする」
凛「…」
凛「あー…」
凛「なんか、イジるとため息ついてスルーされるようになったよね」
加蓮「でしょ?」
P「わかる」
凛「あ、プロデューサー、おはよう」
加蓮「おはよ、プロデューサー」

続きを読む

[ 閉じる ]
02/25 (16:00) えすえすMode
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/02/24(金)01:35:14.65
ID:whLr7hPA0
『第3回シンデレラガール総選挙、第1位は……』
『ここまでこれたのは応援してくれるファンのみんな……そして今まで私を支えてくれた仲間達のおかげです。だから、今日という日を私は絶対に忘れません』
『聞いてください……Neversaynever!』
PCの画面に映っているのは、アタシがまだアイドルとなる前の出来事
名前を呼ばれた少女は少し泣いていた。けど、涙を拭った彼女は笑顔で観客の声援に答えていた
桐生つかさ「へぇ……これが凛のホンキかよ」
そして彼女は、精一杯の声で最後まで歌い上げる
その姿は美しく、凛々しく、トップアイドルとしての力を見せつけられた気がした
つかさ「アタシも負けてらんねぇな……」

続きを読む

[ 閉じる ]
02/25 (14:00) えすえすMode
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/09(金)00:54:19.33
ID:tp5TdoHxo
P「だよな」
小梅「うん」
P「心を落ち着けようとした非難した先でイチャつく奴らがいたら爆発しろだよな」
小梅「…うん…うん、内臓…ハラワタ…ぶちまけて…辺りは真っ赤に染まり…ふふふ」
P「そこまでリアルに想像したくはないぞ」

続きを読む

[ 閉じる ]
02/25 (12:00) えすえすMode
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/08(木)23:10:35.12
ID:VIrSwV0q0
――私はキノコ。一人ぼっちだったキノコ
ある日、とても不思議で、とても可愛い女の子に私は出逢ったのでした。
「フフ、フヒヒ……。この子、と、とてもいいキノコ……。ヒィヤッハー!!!!」
※ステマです。みじかい。

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/02/23(木)05:10:29.05
ID:lyDXOLzO0
ラフィエル×サターニャです

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/02/23(木)05:12:16.25
ID:lyDXOLzO0
サターニャ「ふっふっふっ…」
サターニャ「魔界通販で買った新たなる武器『ダインスレイブ!』」
サターニャ「えーっと説明書には」ガサゴソ
サターニャ「撃たれた相手は撃った相手に対してメロメロになります…痛みは感じません…ふむふむ」
サターニャ「…メロメロって何かしらメロンパン?」
サターニャ「まあいいわ、とりあえずこれをガヴリールに撃てば…」
ガウリール「ははー私はサターニャ様にメロメロでございますー」
サターニャ「てなるに違いないわ!」
サターニャ「前のリボルバーは失敗しちゃったけど…」
サターニャ「今回は警告なしで撃ちぬいてあげるわ!」
サターニャ「グラサンに怒られた恨み思い知りなさい!」

続きを読む

[ 閉じる ]
02/25 (08:00) えすえすMode
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/12(月)20:22:18.49
ID:38z6uVPn0
スレタイ詐欺
色々なアイドルとの短編です

5:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/12(月)20:53:57.78
ID:38z6uVPn0
基本的なノリは下にあるやつの感じ
杏「プロデューサーとの日々」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1391778679/
輝子「ぴ、Pとの日々……」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1392295504/
でも別に今回からでも読めます

6:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/12(月)20:58:44.15
ID:38z6uVPn0


小梅「……」
小梅「……」キョロキョロ
小梅「……」
小梅(……もう、映画始まっちゃう)
小梅(どうしたんだろ、Pさん……迷子とか……)
小梅(そ、それとも……もしかして、事故とか……?)
小梅(そんな……もしそうだったら、私、どうすれば……)
小梅(う、ううん、考えすぎだよ)
小梅(……でも、もし……もしそうだったら……)
小梅(Pさんがいない日々、なんて……)
小梅(……)

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
02/25 (06:00) えすえすMode
1:
◆qEJgO2U6bM:2014/05/12(月)14:14:17.36
ID:2wkzuR3To
P(昼飯買って来た)
P(……たまにはだれかが作ってくれた弁当が食べたいなぁ…)ガサ…
ガチャ
P「戻りました…ん?」
まゆ「?…あ、プロデューサーさん。こんにちは」
P「佐久間さん。こんにちは」

続きを読む

[ 閉じる ]
02/25 (00:00) えすえすMode
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/02/23(木)19:10:22.10
ID:ZKONTGq+0
注)このSSはフィクションです。実在の掲示板やスレッドなどとは関係ありません

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/02/23(木)19:11:20.75
ID:ZKONTGq+o
346プロダクション事務所
ドア<ガチャ
ちひろ「おはようございまーす」
モバP「てるこ〜」
輝子「あの…だ、だから…私…てるこじゃ…」
モバP「てるこ〜可愛いぞてるこ〜」
輝子「いや、あの…」
幸子「どうしちゃったんですかプロデューサーさん!」
小梅「輝子ちゃん…困ってるから……!」

続きを読む

[ 閉じる ]
02/24 (22:00) えすえすMode
1:
以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/02/13(木)21:45:04.37
ID:J8Nk5ybm0
スレタイ詐欺
色んなアイドルとの短編です

2:
以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/02/13(木)21:45:32.81
ID:J8Nk5ybm0
輝子「……」ペラペラ
P「……!」
輝子「……」ペラペラ
P(あれ……珍しく輝子が本読んでる)
P(なに読んで……『友達とは?』)
輝子「……」ペラペラ
P(ま、またなんでそんな重そうなのを……)
輝子「……」
輝子(『本当の友達とは何も話すことがなくても一緒にいて心地よく、何も話さずとも想いが伝わる、そういう関係をもてる人のことを言う』)
輝子(……)
P「……なぁ輝子」
輝子「え、あ、ぴ……P、いたのか?」
P「結構前からな……ところでお前、なんでそんなもの読んでるんだ?」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆0lcgcQtP4I:2014/05/12(月)20:36:24.75
ID:BXJzhaQw0
春香「えっ…でも…」
千早「なにかしら?何か変なところでもある?」
春香「変というか…千早ちゃん、今週の髪型、月曜日は普通だったのに、日に日に変えていって今日(金曜)すごいことになってるよ。」
千早「…春香…私、曜日によってイメージする数字とかが違うと思うのよね。具体的には、月曜が0で日曜が6、のように。春香はどう思うかしら?」
春香「千早ちゃんはハルヒ知ってるんだなって思うな。」
千早「知らないわ」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/02/17(金)19:22:19.21
ID:kK3x0WKR0
 ☆注意☆
〇艦これのキャラ達で人狼ゲームをします
〇ゲームの仕様上、暴言などが多少含まれます
〇解説等はあまりしないので、ルール等を予め知っておくことを推奨します
〇初心者COです
〇前作:
提督「人狼ゲームだとぉ――ッ!!??」http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1483871496/
 の続編ですが。別に読まなくても大丈夫です(たぶん)
以上が許せる寛大な精神を持って読んでいただけたら幸いです。(特に人狼経験者には)

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/02/17(金)19:23:25.41
ID:kK3x0WKR0
浜風「人狼ゲーム、第2シーズン始めますよ」
浜風「今回、GM(ゲームマスター)を務める駆逐艦・浜風です。みなさん、どうかよろしくお願いします」
提督「うおっ、なんだ浜風。お前が仕切るのか?」
浜風「はい。元帥閣下より推薦されたものでして。なのでGMとしての職務を全うします」
浜風「詳しいルールは後で記述しますが。前のゲームと同じです。内訳もそのまま」
浜風「ただ参加者が一部変更となっています。前回以上に癖のある艦娘達が参加するので、波乱な展開が期待できるかもしれませんね」
提督「ほう、参加者だけ違う感じか」
浜風「提督は引き続き参戦ですね。頑張ってください」
浜風「では、参加者名簿と細かいルールを記載します。どうぞ」


続きを読む

[ 閉じる ]
02/24 (16:00) えすえすMode
1:
以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/02/07(金)22:11:20.02
ID:uAlRYjIu0
杏「杏は働かないぞ!」
P「いいぞ」
杏「働かないったら働かない!今日は家でダラダラするんだーっ!」
杏「って……え?」
P「いやだから、働かなくていいぞ」
杏「……あっ、そ、そうか!それってもしかして働く気がないならアイドルやめてしまえってこと?」
P「バカ、やめられたら困る、そんなんじゃなくて今回は休んでいいってことだ」
杏「……マジ?」
P「マジだ」
杏「……やったー!久し振りの休みだ!」
P「久し振りでもないだろ……」
P「ま、でも最近は頑張ってたからご褒美だ、また仕事とかレッスンとか入れる時は連絡入れるからそれまでダラダラしとけ」
杏「了解、了解、連絡入れるのはゆっくりでいいからねー」
P「あ、ちなみに今回の休み明けたら当分休みないから頑張れよ」
杏「えー、当分ってどれくらい?」
P「お前の頑張り次第だけど、一ヶ月は土日含めて働いてもらう予定かな」
杏「……マジ?」
P「マジだ」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆o8JgrxS0gg:2017/02/23(木)22:04:36.22
ID:2jqgUTv9o
赤ボタン『』ゴゴゴゴゴ…
みほ「…」
優花里「…」
麻子「…」
華「…」
沙織「…いや、何これ?」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆cUWUuskohI:2014/05/12(月)18:00:18.64
ID:cE5jg+4oo
絵里「そうなの、何でも最近スクールアイドルのレイパー化が進んでて……この間もA-RISEのエイ……優木あんじゅさんがレイパーとなって同じメンバーである統堂英玲奈さんを襲ったって……」
花陽「嫌な事件でしたね……」
穂乃果「レイパー?」
海未「私たちもいつレイプされたときも対処できるよう対策を打つべきですね」
穂乃果「レイプ?」
絵里「そこで提案なんだけど、これからはなるべく家が近い人同士集団で帰ることにしましょ? 流石に家の周りで不埒なことはできないだろうし」
ことり「穂乃果ちゃんと海未ちゃんはいつも通りことりと一緒に帰ろうね」
穂乃果「うん、それでレイp……」
にこ「アイドルであるものがレイパーになるなんて、許せないわ!」
凛「そうだにゃ! 第5世代の時の切断くらい非道な行為にゃ!」

続きを読む

[ 閉じる ]
02/24 (10:00) えすえすMode
2:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/12(月)10:39:07.87
ID:nIojGuyR0
P「文香、そろそろ準備はいいか?」
文香「はい...」
P「入るぞ」
ガチャッ
P「おぉ...」
文香「あの...大丈夫でしょうか...変じゃないですか?」
P「....」
ギュッ
文香「あっ...」
P「変なわけないだろ、すごく綺麗だよ...」
文香「Pさん...」
P「みんな待ってるぞ、早く行こう」
文香「ええ...」
P「ほら、手を...」スッ
文香「ありがとうございますPさ...」
P「Pさん?」
文香「あっ、すみません...」
文香「あなた...」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/02/19(日)22:06:31.77
ID:E1pLrJR+o
夕雲「軽い……」
如月「うん〜?」
夕雲「最近提督から私たちの扱いが……非常に軽い……」
如月「そうかしら? 夕雲型は全然主力で活躍してると思うけど」
夕雲「そうじゃなくてね、私たちっていうのは……」ピシッ
如月「ふぇ?」
夕雲「私や如月ちゃん、セクシーを売りにしてる駆逐艦のことよ!」
夕雲「と、いうわけで駆逐艦セクシー担当反省会をします!」
村雨「突然引っ張られて何かと思ったら」
荒潮「なんだかおもしろそうね〜」
如月「何かしら……珍しく夕雲ちゃんの勢いについていけないわ」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
2
3
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。