SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
検索にヒットしたのが10件未満なので検索範囲を広げました。
媒体:えすえすMode
<<
2018年06月
>>
362件取得
人気記事順表示
<<
0
1
2
3
>>
01/14 (14:30) えすえすMode
1:
◆30lx83ehPU:2017/12/30(土)02:55:23.27
ID:o7XBl00C0
二宮飛鳥「…ハァ…今夜は、寒いな」
飛鳥「…この季節は、心が落ち着かないな」
飛鳥(寮を抜け出してこうして外を出歩いているものの…この時期は、夜だというのに眩しい)
飛鳥(クリスマスが終わり、新年を迎えるしんしんとした空気が街を包んでいるが…片付けの済んでいないイルミネーションがより一層この街の夜を拒んでいる)
飛鳥「…こんなにも、空は晴れているというのに」

続きを読む

[ 閉じる ]
01/12 (14:30) えすえすMode
1:
◆45SR4r0flud5:2018/01/06(土)11:44:49.32
ID:SsHiQh+OO
モバP「あー、こたつ最高....」
幸子「休みだからってあんまりダラダラしないでくださいよ」
モバP「いいだろ別に....ふぁ...眠....」
七海「遅くまでゲームしてるかられすよ」
由愛「あの、ほどほどに...です」
モバP「そうだなぁ、気をつけないとなぁ」
芳乃「そなたー、もっとそちらにー」
美由紀「六人で入るとちょっと狭いね」
モバP「文句あるなら帰れよ。お前らの溜まり場じゃないんだよ....あ、七海みかん取って」

続きを読む

[ 閉じる ]
01/12 (10:30) えすえすMode
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2018/01/06(土)22:48:28.24
ID:ltky78oY0
三村かな子の誕生日SSです。
出会いなどの設定はデレステ準拠で書いていくので、彼女のメモリアルコミュを読んでからだとより楽しめると思います。
また、今開催しているイベントの妄想が若干入ります。

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2018/01/06(土)22:50:26.17
ID:ltky78oY0
 かな子は時折、自信をスイーツに見立てる。そして俺はパティシエらしい。
 プロデューサーはアイドルというスイーツを作り、ファンという客に届ける。そしてライブを通してスイーツを食べた客は笑顔になる。なるほど、確かにプロデューサーとパティシエには共通点があるように思える。
 ふと、初めて出会った時に私にも魔法をかけて欲しいと言われたことを思い出した。あの時彼女は、パティシエはどんなものも美味しく変える魔法使いだと言っていた。今思えば,あの頃から俺のパティシエとしての道は始まっていたのだ。

続きを読む

[ 閉じる ]
01/11 (22:30) えすえすMode
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/12/31(日)20:24:11.79
ID:ah4TtgVx0
※このSSは下記シリーズの続きとなります。
 佐藤さんが公式で明言している妹のよっちゃん、それがよしのんじゃね?という感じのSSです。
 つまり佐藤さんとよしのんが姉妹です。キャラ崩壊注意。
 1作目:【モバマス】佐藤「よっちゃんはねー♪」
     http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1451828643/
 2作目:【モバマス】佐藤「よっちゃんとねー♪」
     http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1504527059/
3作目:【モバマス】佐藤「よっちゃんがねー♪」
     http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1514384099/
佐藤「年も終わりそうだなぁよっちゃーん」
芳乃「そうですなーあねさまー」
佐藤「ほれ、あーん」
芳乃「今年の蜜柑は甘いのでしてー」モキュモキュ
佐藤「そりゃおねーちゃんの愛情たっぷりだからなー」
芳乃「そうですなー」
麻理菜「くつろぎすぎでしょうあんたたち……」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
◆E7idzvHwo6:2018/01/07(日)21:03:14.24
ID:CTEpQFTU0
4本目の作品です。
本来はクリスマスあたりに投稿できればなーと思っていたのですが、あえなく今日となりました。なのでクリスマスチックな表現が一部あります。
内容は、朝潮と卯月のお話。
いろいろと挑戦してみたかったので、海戦シーンだけ地の文で書いてます。

2:
◆E7idzvHwo6:2018/01/07(日)21:04:45.69
ID:CTEpQFTU0
―執務室―
コンコン
ガチャ
荒潮「失礼しま?す。提督、荒潮をお呼びですか??」
提督「ん?荒潮か。別に呼んでいないぞ」
荒潮「あら??提督が私を血眼になって探してるっていうから急いで来たのだけど?…違ったかしら?」
提督「特に血眼になってまでお前を呼び出す用はないな」
荒潮「私のタイツが欲しくて欲しくて飢えてるって聞いたのだけど?…違ったかしら?」
提督「絶対違う」
荒潮「あらあら。それじゃあタイツだけ差し上げて、私は失礼するわ?」スルスル
提督「いらん!穿いて帰れ!」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2018/01/04(木)09:29:01.33
ID:MFlnIKYH0
――初月の再教育が行われる数時間前
提督「さて……初月の再教育まで、まだ少し時間があるな」
提督「……茶でも飲むとするか」
提督「うむ、玄米茶をこたつで飲む。やはりこれが……」
??「…………」トントン
提督「誰だ?」
照月「照月……です……」
提督「……やはり来たか……」ボソッ
提督「入れ!」
照月「し、失礼します」ガチャっ
提督「それで、何か用か?」
照月「そ、その……提督にお願いがあって来たんです」
提督「……その前に戸を閉めろ。隙間風が入って来る」
照月「あ、わあぁっ。ごめんなさいっ」パタン
照月「その、それで……」
提督「照月、お前もこたつに入れ。見ているだけで寒々しい」
照月「あ……は、はいっ」モゾモゾ
提督「…………」にやり

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆fv0Hu3TKLg:2018/01/10(水)03:31:36.00
ID:0woIrwia0
山風「お父さんスイッチ 『あ』」ぽちっ
提督「『あ』たまをなでる」ナデナデ
山風「んっ//」
山風「お父さんスイッチ 『い』」ぽちっ
提督「『い』つまでもキミのそばにいるよ…」ニッコリ
山風「はうぅぅ//」
山風「お父さんスイッチ 『う』」ぽちっ
提督「『う』しろからだきしめる」ぎゅ
山風「あぅぅ//ん//」
山風「お父さんスイッチ 『え』」ぽちっ
提督「『え』いえんにキミをはなさない」ぎゅぅぅぅ
山風「///」顔真っ赤
山風「お父さんスイッチ 『お』」ぽちっ

提督「おおおぉぉおぉぉぉおおぉぉぉ!!!! やまかぜかわいいよぉぉぉぉぉお!!!!!!! せかいいちきみをあいしてるぅぅぅぅぅぅぅうぅ!!!!!! すきだすきだすきだうおぉぉぉおおぉおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!!!!!!ぜったいきみをはなさないぃぃぃぃぃぃいい!!!!ああああぁっぁぁっぁぁぁっぁぁうきょきょきょきょきょききょきょきょきょきょきょうけけけけけけおここここここここここここここ!!!!!!!!!!!!(『お』かしくなる)」
山風「ん……私もお父さん好き//」ぎゅ


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2018/01/09(火)00:13:29.18
ID:eY1gAfWk0
【艦これ】阿武隈「ショートコント」北上「お正月」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1515321435/
これの続きです。唐突に思いついたのでまた始めます。
前回までのあらすじ川柳:阿武隈と北上さまがコントした

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2018/01/09(火)00:14:27.92
ID:eY1gAfWk0
鹿島「どうも皆さんこんにちは!満を持して真打ち登場です!」
大井「無駄にテンション高い上になんでそこまで自信満々なのよアンタ」
鹿島「だって私と大井先輩ですよ? 前座の二人との格の違いを見せてやりますからね!」
大井「……それは北上さんが格下ってことかしら?」
鹿島「あっいえほら、あのコンビはボケとツッコミが上手く機能してないと言いますか、やっぱり阿武隈さんの立ち位置には大井先輩が来るべきだったと思うんですよ」
大井「あらそう? そう言われると悪い気はしないけど」
鹿島「そして北上さんの代わりに私が入れば完璧です!」
大井「一周回って今の状態になったわね」

続きを読む

[ 閉じる ]
01/11 (12:30) えすえすMode
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします:2018/01/07(日)22:57:09.53
ID:ZmZJuJl40


Pさんの期待は裏切りたくない。絶対に


3:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします:2018/01/07(日)22:57:57.70
ID:ZmZJuJl40

――――――――事務所
P「それじゃ、美優さんは今日はもう上がってもらっていいですよ」
美優「はい、お疲れさまでした。Pさん……ん」サスサス
P「? 机に、汚れでも?」
美優「い、いいえ! あの……その、デスクの前にいると……OLの頃を思い出しますね」
P「ああ、なるほど……。そう言えば前の職場ではどんなことをしていたんでしたっけ?」
美優「……大したことは、なにも。言われたことをなんとかこなして、あるいは、言われたことさえ出来なくて。幸い、同僚の方は皆優しかったからたくさん助けられて、それでどうにか保っていました」
P「うんうん……新人のころは皆そんなものですよ」
美優「私の場合、新人とは呼べなくなってからもそんな感じで……後から来た子の方が、よっぽど要領はよかったですね」
P(やばい地雷踏んだ)
美優「繁忙期には終電なんか当たり前で、毎晩へとへとになって帰って、シャワーで済ませて洗濯機回して、あと何時間したらまた出社しなきゃいけないか、と……それで頭がいっぱいになって」ドヨーン
P「な、なんとなく予想はしていたけれど、やっぱり激務だったんですね」アセアセ
美優「あ……暗い話をしてしまってすみません。忙しさでいったら、今の方がきっと上です。でも今は、充実しているから、まったく苦ではありません」
P「なるほど……」
美優「自分さえ知らなかった、自分のやりたいことが分かった。だからPさんに、あなたに見つけてもらって……本当に、良かった……」カァッ
P「美優さん……」キラキラ
美優「Pさん……」キラキラ
P「あーでも、ちょっと惜しかったな」
美優「」ズルッ
P「? どうしました?」
美優「いいえ……何が惜しかったんですか?」

続きを読む

[ 閉じる ]
01/11 (10:30) えすえすMode
1:
◆UEry/CPoDk:2018/01/10(水)23:40:19.60
ID:S7MNA9wj0
多少の胸糞展開ありなので閲覧注意でお願い致します。

2:
◆UEry/CPoDk:2018/01/10(水)23:43:37.78
ID:S7MNA9wj0
(劇場事務所)
プロデューサー(以下P)「おーい静香、支度できてるかぁー?」
静香「大声で呼ばないでください。子供じゃないんです、普通に呼んでもらえれば聞こえますから。」
P「悪い悪い。車出してくるから下で待っててくれ。」
静香「分かりました…ってプロデューサー!あなたこそきちんとして下さい、何ですかその恰好は。」
P「そうか?別に普通だと思うけど。」
静香「ネクタイ曲がってます。あとワイシャツ。袖のボタン外れてますよ、早く直して下さい。」
P「お、本当だ。すまんすまん、さっきまで上着脱いでデスクワークしてたからかな。」
静香「まったく。私はどうでもいいですけど、困るのはそっちですよ?」
P「気をつけるよ。いつもありがとう、おかげで助かってるよ。」
静香「お世辞はけっこうです。感謝するより毎回言わせないようにして下さい。」
P「相変わらず手厳しいな。じゃ、待っててくれ。」
静香「もう。本当にだらしのない。」
静香「困った人だわ。駄目よね、私が見ていないと…」
P「お待たせ。よし、さあ乗ってくれ。」
静香「あれ、いつもの車は?」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/08/06(日)23:56:35.01
ID:/EEgXAr0o
如月『んもぅ……司令官もスキなんだから』
村雨『村雨の、ちょっといいトコ、見せたげる』
荒潮『好きよぉ……』
夕雲『甘えてくれてもいいんですよ』
提督(慕われてるのはいいんだが年々徐々に迫られてるような気がする……)
提督(とはいえ、問題起こしてるわけでもないし、素でやってることも多いしなー)
提督(結局、俺が手を出さなきゃいい話だし、こっち側で気を付けてみよう)
提督(まずは、あの蠱惑的な態度をどうするかだよなぁ……注意するのも何だし、あの態度にさせない方法を考えてみよう)

続きを読む

[ 閉じる ]
01/11 (06:30) えすえすMode
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2018/01/08(月)02:47:48.58
ID:avZpeVmy0
「まったくあの方は...」
仕事終わりで事務所へ帰るタクシーに乗りながら愚痴をこぼします。
「まあまあ、私のためですからね」
「分かっていますよ。プロデューサーはそういう人ですから」
隣の席に座っているエミリーさんにそう言われてしぶしぶ納得しました。
「事務所で開く私の誕生日会の準備をしてくださっていると聞きました!。ふふっ♪」
「あのプロデューサーのことです。きっとサプライズでも用意しているのでしょう」
「Wow!それは楽しみですね!」
喜ぶエミリーさんを見るとつい私まで嬉しくなってしまうのはなぜでしょう。

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
01/11 (00:30) えすえすMode
1:
◆Z5wk4/jklI:2018/01/08(月)21:18:58.68
ID:MruIbyxGO
おせじにもあまり気持ちの良い話ではないのでご了承ください。

2:
◆Z5wk4/jklI:2018/01/08(月)21:19:48.14
ID:MruIbyxGO
<1>
 横断歩道の向こうのビルの大型液晶には、いまをときめくアイドルが演じるCMが映し出されていた。
 人気アイドルユニット、レイジー・レイジーの一ノ瀬志希。宮本フレデリカ。
 どちらも、私にとって憧れのアイドル。
 私なんかよりもずっとずっと高い、手の届かないようなところにいて、きらきら輝いている。
 私はどうにもならない気持ちが胸の中に渦巻いているのをどうにもできずに、そのまま呑み下す。
 口を結んで、私は、今日もアルバイトに向かう。
「あ、ちょっと、そこのひと!」
 背後から声をかけられて、そちらを振り向く。スーツ姿の男性がこちらに手を振っていた。
「私……ですか?」
 不覚にも返事をしてしまった。これでキャッチセールスの類だったりすると、断るのは少し面倒になる。
「はい。ああ、すいません、私、こういうものでして……」
 スーツ姿の男性は、私に名刺を差し出してきた。
 そこに書かれた文字を見て、思わず胸が高鳴る。
「プロデューサー……さん、ですか……?」
 書かれていたのは、芸能プロダクションの名前。それも、この国で最高峰の。
「ちょっと、お話、できませんか? アイドルに興味とか、ありませんか?」
「あ……」私は苦笑いする。「私……今、一応、アイドル……なんです」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2018/01/08(月)20:17:06.88
ID:rITl2u9X0
華「どうしたんですか、沙織さん」
沙織「いま、ガレージでお昼ねしてる麻子から電話があって…アヒルさんチームとカバさんチームがケンカしてるんだって」
優花里「あの2チームがですか!?な、何があったんでしょう…」
華「私たち、そういうこと今までありませんでしたもんね…」
沙織「うーん…わかった!男の取り合いだよ!磯部さんとカエサルさんの男の取り合い!」
優花里「もしそうなったらカルパッチョ殿が怒り狂いそうですけどね」
沙織「そんな!?アンツィオ高校も含めた恋愛のもつれ!?やだもー!!」
華「でも、何が原因なのでしょうか…」
優花里「とりあえず、行ってみましょう!西住殿は今日は自動車部の方とお話があるみたいですし…」
沙織「来年度に向けたポルシェティーガーの処遇だよねぇ…」

【ガレージ】
典子「もー!何言ってるんだよ!」
エルヴィン「いいや、我々の意見のほうが正しい!」
カエサル「いいか、こういう時は年功序列だ」
おりょう「その通りぜよ」
左衛門佐「我々は平均2年生だ!」
あけび「そんなの横暴です!」
妙子「だいたいそれならカメさんチームになっちゃうじゃないですか!」
忍「それはないでしょう!?」
カエサル「確かに…」

沙織「なぜかカメさんチームがディスられれてるんだけど」
華「これはそれほど重要なのではないのかもしれませんね」
優花里「きっとお菓子食べちゃったとかですよ」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆uNTO5bOOc6:2018/01/08(月)17:59:30.04
ID:FEUDTA7ZO
助手「正月だからと言ってバクバクと食べるから…」
博士「ぅ……ぐ……苦し……です…」モガモガ
助手「まったく、博士はいやしんぼさんですねぇ」ニヤニヤ
博士「助……け…………」モガモガ
助手「ふむ、このままでは手遅れになってしまいますね」
助手「仕方ないのです。>>3でもして助けますか。私は賢いので」
博士「」ピクピク

3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2018/01/08(月)18:02:39.76ID:ouWxTwe+O
ヘラジカのパワーで腹パン

続きを読む

[ 閉じる ]
01/10 (18:30) えすえすMode
1:
◆E.Qec4bXLs:2017/12/31(日)23:39:10.27
ID:gjIBTQt80
キャラ破壊
変なの

2:
◆E.Qec4bXLs:2017/12/31(日)23:39:38.67
ID:gjIBTQt80
コンクリートジャングルでは白銀の景色など見られない
通勤に使っている道は半透明な灰色に汚れている
昨夜降ったらしい雪がタイヤにかき混ぜられた結果だろう

若林智香「あっ!おはようございますプロデューサーさん!」
モバP「おはようさん。なんでこのクソ寒い中路上でチア姿なんだ?」
智香「朝早くからお仕事に向かう皆さんを励まそうと思って!」
モバP「そうか、汗が冷える前に中に入るんだぞ」
智香「はいっ!」
モバP「いい返事だ。それと、いいアンスコだ」
智香「どこみてるんですか?・・・それはともかく」
智香「プロデューサーも!今日こそ成し遂げてくださいね!」
モバP「おう、今日こそ説き伏せてみせるさ」

続きを読む

[ 閉じる ]
01/10 (16:30) えすえすMode
1:
◆1jlBak9bN.:2017/12/30(土)20:45:47.06
ID:3+mCysQD0
ミリオンライブ!の投票企画TBのシナリオを妄想したものです。
配役は
新入生: 春日未来
先輩: 高山紗代子
キング: ロコ
右腕クイーン: 望月杏奈
同級生: 所恵美
で書いています。(話の都合で6人目が少しだけ出演しています)
次からはじまります

続きを読む

[ 閉じる ]
01/10 (14:30) えすえすMode
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2018/01/07(日)01:31:53.92
ID:9e0AQ4es0
P「いいとおもいませんか?」
小鳥「いきなりどうしたんですか」
P「いや、この前ミックスナッツの公演があったじゃないですか」
「ええ。お客さんもとても盛り上がってて大成功でしたね」
P「はい。で、ミックスナッツの練習を見ててふと思ったんですよ。美奈子にある妹属性の可能性に」
小鳥「もう少し具体的にお願いします」

続きを読む

[ 閉じる ]
01/10 (12:30) えすえすMode
1:
◆Vplw0JzeVOUt:2018/01/09(火)23:53:31.93
ID:APNFd1FO0

凛「そう?」
 
卯月「はい!仕事のときはもちろん、プライベートもクールで素敵です!」
凛「ふーん…」
 
 
※デレマスの二次創作SSでごぜーます。キャラ崩壊や独自設定がありやがります。

2:
◆Vplw0JzeVOUt:2018/01/09(火)23:57:20.37
ID:APNFd1FO0


凛(はぁぁーぁああっ!!やったぁっっ!!『凛ちゃんはカッコいい』って、卯月にいわれたぁっっ!!!さいっこうっ!!もうさっきのボイスを録音して毎日寝る前に聞きたい!!『カッコいい』って、どんなに辛いことがあってもその言葉全てをリセットして夜に眠りたい!!!)
 




 
凛「でも、どうしたの?急にそんなこといって…」
 
卯月「えっと…なんとなくです!」
 
凛「なんとなく?」
 
卯月「はい!普段から見てて『カッコいいなぁ』って思ってたけど言っちゃいました!えへへ」
 
凛「そうなんだ」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2018/01/09(火)22:16:52.38
ID:KVDPvKpj0

止まらなかったオルガはひょんなことから命を落とし、そのままなろう的な感じで異世界(艦これ世界)へ転生したのだった。
提督となったオルガは、艦娘たちに自分のことを「団長」と呼ばせ、女の子(艦娘)だらけの鉄華団を再興する。
そして1年の月日が流れた。

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします:2018/01/08(月)19:20:33.21
ID:fjQ3P1Zr0

サーバル「食べないよ!」


2:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします:2018/01/08(月)19:20:59.70
ID:fjQ3P1Zr0
――――そんな事があった。
あの時、私は確かにかばんちゃんに食べないよって、そう言った。
狩りごっこ。
一方が一方を獲物に見立てて追いかける、ただそれだけの遊び。
捕まえた相手を本当に食べてしまう、なんて事はないんだ。

続きを読む

[ 閉じる ]
01/10 (06:30) えすえすMode
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2018/01/09(火)22:46:49.87
ID:jeWaHWRI0
夕美「あっ、お帰りなさい、プロデューサーさんっ」
夕美「あれ?」
夕美「何だか、疲れてる?」
夕美「……」
夕美「そうなんだ。いつも、私のためにご苦労さまです」
夕美「ふふっ、あのね、リラックスできる方法、知ってるんだけど……どうかな?」
夕美「本当に?」
夕美「それじゃあ、早速」
――――――――――――

続きを読む

[ 閉じる ]
01/10 (00:30) えすえすMode
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2018/01/08(月)21:09:59.58
ID:V16b+30G0
輝子「好きだ……」
幸子「何ですか急に!? そんな恥ずかしいことを……!」カァァ
幸子「まあ気持ちは嬉しいですけど」
輝子「さ、幸子ちゃんは……私のこと、好きか?」
幸子「え」
輝子「……」ドキドキ
幸子「そ、そりゃ……もちろんですよ」
幸子「輝子さんとは一緒に色んな仕事をしてきましたし」
幸子「大変でしたけど、すごく楽しくて」
幸子「って、なんかむず痒いですね」
輝子「フヒ……嬉しいぞ……」
ギュッ
幸子「!」
輝子「じゃあ私たち、相思相愛だな」ポッ

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/12/30(土)16:56:30.89
ID:HmictWCG0
響「えっ、あい…?」
P「アイアンクロー」
響「ごめん、何それ?」
P「こういう事だ!!」ガシィッ
響「いぃ!? う、うぎゃあああああぁぁっ!!!」

続きを読む

[ 閉じる ]
01/09 (20:30) えすえすMode
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/12/31(日)20:23:26.17
ID:cO+HlQy0o
 目が覚めると、見覚えのない天井が広がっていました。ええ、もう、まったく見覚えがありません。どうにも安っぽい白色は、自宅のものとは違います。
 間違えて誰かの寝床にでも入ったのかと女子寮に泊まっていれば思えますが、ボクは昨夜、確かに自宅で寝た記憶があるので、その線は考えにくいでしょう。
 なら──どういうことでしょう。
 冷静に、落ち着いて思考しましょう。
 通常の人であれば慌てふためくのでしょう。しかしカワイイボクはこの程度の状況は慣れたものです。朝起きたらとても国内とは思えない秘境でした、なんてこともありましたから。
 普通の家である時点でどう転んだって慌てふためくようなことはありえな
「なああああああっ!?」
「ひゃあっ!? どど、どうしたの!? 泥棒さん!?」
 なんということでしょう。
 こんなことでは驚かない、慌てないと大言壮語を吐いていたボクが、まったくカワイくない反応をしてしまいました。
 そんなボクの大声に驚いたように布団から跳ね起きた女性──まさしく、その女性こそが、ボクが飛びきりの反応をしてしまった原因であるわけですが。
 彼女はそんなボクの驚きの原因を知らず周りをキョロキョロと見回している。トレードマークのぴょんと飛び出た一房の髪の毛が景気良く動き回っていて、相変わらず可愛い人だと思っていた。
 そう、彼女──小日向美穂さんがボクの隣で寝ていた。その事実がボクから一瞬にして冷静さを奪った原因でした。

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/29(土)20:05:53.75
ID:F5xV7vul0
本当は『艦これ』と『けものフレンズ』も混ぜたかった。
元ネタ
『ガールズ&パンツァー』
『シン・ゴジラ』
『君の名は。』
『進撃の巨人』
登場人物は基本ガルパンとシン・ゴジラから。
時系列はガルパンテレビシリーズ終盤からのお話。

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/29(土)20:11:49.00
ID:F5xV7vul0
ボコーッ、ボコーッ!
私の名前は……みほ!
ボコ (!?)
ボコ (……)
ボコ (夢か……)
ボコ (いつものように、暗闇の中で目を覚ます)
ボコ (まるで隠世の世界、あの日とは対象的な、代わり映えしない世界)
ボコ (あの日、砲弾が飛び交い、鉄と硝煙の匂いが立ち込めた日、それはまるで)
みほ (まるで夢の景色のように、ただひたすらに)
二人 (熱い眺めだった)

続きを読む

[ 閉じる ]
01/09 (15:00) えすえすMode
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします:2018/01/08(月)21:34:13.84
ID:xatF5/750
アイドルマスターシンデレラガールズのSSです。
梨沙が男子に色々されちゃうお話です。
梨沙の一人称視点でお送りします。
前作
橘ありす『陥落編』
:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1508945134/
    
『調教編』
:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1510320329/
    
『卒業編』
:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1510762006/
的場梨沙『脅迫編』
:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1511702954/
    『
屈服編』:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1513602205/

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします:2018/01/08(月)21:34:52.56
ID:xatF5/750
あの日
彼に処女を捧げた日からしばらく経ったある日。
アタシは彼とデートをしていた。
あの後すぐにアタシは事務所を辞め、今では彼の家に入り浸っている。
華々しいアイドル生活も楽しかったが、今のアタシには彼がいればそれだけで十分だった。
今日は彼と一緒にご飯を食べ、その後映画を見た。
アタシにあんなコトをしたくせに、普段の彼はとても優しかった。
常にアタシに気を使ってくれる、まさに理想のカレシだと言えるわね!

続きを読む

[ 閉じる ]
01/09 (12:30) えすえすMode
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/12/31(日)21:47:22.48
ID:sZ0OLAVo0
各アイドル毎にPが居る設定
キャラ崩壊注意
文香(まずは、さりげなく恋愛小説を読み終わる)
文香「・・・ふぅ」パタン
文香P「ん、読み終わった?」
文香「はい・・・」
P「何読んでたの?」
文香「こちらを・・・」
P「へぇー。恋愛物も読むんだね」
文香(来ました・・・!)
文香「Pさんは、どんな女性が好みですか・・・?」
文香(決まりました・・・!どこからどう見ても自然な流れです。私の下心は完璧に隠しおおせた事でしょう)
P「うーん・・・好きな女性かぁ・・・」
P(良し、格好つけて少しメタファーを織り交ぜるとしよう)
P「枕みたいな人が好きかな」
文香「枕・・・と言いますと?」
P「うん・・・その自分が無防備になる瞬間のパートナーというか、静かに、柔らかく暖かく、癒してくれる人・・・みたいな」
文香「なるほど・・・分かります。分かりました」
P「文香はどんな男の人が好き?」
文香「えっ・・・そ、その、私の事をよく理解してくれて・・・もったいないくらい魅力的だと言ってくれて、大事にしてくれる人・・・が、良いです」
P「うん。文香優しい良い娘だから、きっといつか、そんな素敵な人と出会えるよ」
文香「・・・Pさんは、結構ナルシストなんですね・・・」
P「?」

続きを読む

[ 閉じる ]
01/09 (06:30) えすえすMode
1:
名無しさん@おーぷん:2018/01/07(日)17:20:19
ID:Cfm
さくら(お正月もお仕事かぁ……頑張らないと!)
さくら「おはようございまぁ…」
友紀「早苗さん!早苗さん!」
早苗「なに?」
友紀「新年会にさぁ、さくら肉食べたくない?」
さくら「……」
さくら(わたしのお肉!!?)

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2018/01/02(火)11:24:44.04
ID:MicMX6j20
昔何かコラボやってた事あったなーと思い出したので何となくクロスしました
アイマス勢側の口調や設定その他あまり自信なくて違和感ある所もあると思います
大目に見て楽しんでいただけたら幸いです

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2018/01/02(火)11:25:42.75
ID:MicMX6j20
(ごらく部部室)
結衣「はぁー・・・今日も、平和だなー」
ちなつ「そうですね?」
あかり「お茶がおいしいねー」ズズー…

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
2
3
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。