SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
媒体:おかしくねーしSSまとめ
<<
2019年02月
>>
478件取得
人気記事順表示
<<
0
1
2
3
>>
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1550745687/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/02/21(木)19:41:28.24ID:aKL+wyJA0
真美「………」パチンパチン
千早「………」
亜美「………」
真美「………」パチン
千早「ねえ、亜美」
亜美「なに?千早おねえちゃん」
真美「………」ジーーー
千早「真美がいつになく真剣な顔で盆栽の剪定をしているのだけれど」
亜美「そうだね、ガチの顔だね」
千早「なにか体調が悪いのかしら?もしかして病気とか?」
亜美「真剣な顔しただけで病気をうたがうのはさすがにヒドくない?」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/02/21(木)19:43:26.68ID:aKL+wyJA0
真美「………」パチン
千早「だってあんな真剣な顔……真美じゃないもの」
亜美「真美じゃないって……千早お姉ちゃんの中の真美はどうなってるのさ?」
千早「アホ面晒して我那覇さんのパンツを舐りながら『ひびきんのパンツおいち→♪』って言ってる感じね」
亜美「どうなってるのさ?って聞いといてなんだけど聞かなきゃよかったよ」
真美「………」チラ
千早「あら、真美がこっちを見たわ……ふふ、これが欲しいのかしら?」ヒラヒラ
亜美「その、手でヒラヒラさせてる布切れってなにさ?」
千早「我那覇さんのパンツよ」ヒラヒラ
亜美「うん、また聞かなきゃよかったことを聞いちゃったよ」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/02/21(木)19:46:03.43ID:aKL+wyJA0
真美「………」プイ
千早「あら?」ヒラヒラ
真美「………」パチンパチン
千早「無視されたわ……私を無視するなんて失礼ね、これは変態仮面の刑に処すべきかしら?」
亜美「やめなよ千早おねえちゃん。処刑方法はよくわからないけど見たくないよそんなの」
真美「……二人ともうるさいよ?……少し黙っててくれる?」パチ
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1541779802/
1:
◆yufVJNsZ3s2018/11/10(土)01:10:02.81ID:WBgct1LS0
大井「今晩寝かせるつもりはないわ」の続き
濡れ場の習作、地の文あり
2:
◆yufVJNsZ3s2018/11/10(土)01:11:09.53ID:WBgct1LS0
 確かに、キスをせがんだのは私からだった。
 しかし、舌を絡めてきたのは彼からだ。
 だから。私はそう繋ぐ。「だから」私は負けていない。
 惚れたほうの負け、だなんて使い古された文句には生来懐疑的だった。恋愛というのはそんな対立構造や支配関係とは無縁のものだとずっと思っていたからだ。そして今、私は宗旨替えをしようとしている。
 否、余儀なくされている、と言ったほうが正しいのだろう。
 天秤の均衡を望むのは、単に負けるのが悔しいからではない。百注いだ愛に、一しか返ってこない「かもしれない」ことへの恐怖がそうさせるのだ。私はその理解を、口の中で混ざり合った唾液とともに嚥下する。
 ファーストキスは、少しだけ、コーンスープの味がした。

3:
◆yufVJNsZ3s2018/11/10(土)01:11:37.91ID:WBgct1LS0
 苦しくなって唇を離すと彼は屈託なく笑った。何度も「好き」と告げた彼の部分のひとつ。直截的な感情の発露。一切の衒いのない、花の咲くような。
 暗い部屋の中であっても私は彼の顔がわかる。表情が見て取れる。となれば当然、彼からも私の顔が、表情が、判然としているということになる。だから笑っているのかもしれないし、もっと別のところに思いを寄せてなのかもしれない。
 ただ、彼の笑いが私に由来するものであることは明白だった。そして、全ての価値はそこにあった。
 いまはそれだけでよかった。
 心臓がどくんどくん音を立てている。耳を澄ませばいつもより断然早い血流さえ聞こえるだろう。思わず両手を重ねあわせて、胸のところで握り締める。早鐘を押さえつけるように。
「鼻で息をすりゃあいいのに」
 そう言って、また、笑う。どうやら理由はそう
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1539879114/
1:
◆yufVJNsZ3s2018/10/19(金)01:11:54.97ID:0J++fsfw0
 何事にも得手不得手というものは存在する。
 運動が得意な人間がいる一方で、勉強が得意な人間がいるように、個々のちからは千差万別。そしてそれは、決して単純に数値で測れる要素にのみ顕現するわけではない。
 たとえば私は感情を表情に出すことが不得意だ。そうである、らしい。そんな意識はなかったのだけれど、先日あの男に――訂正。「提督」に――言われて、私は一旦自らの歩みを止めた。
 秘書艦の仕事に愛嬌は不要だ。そして、これまで提督や他の艦娘たちとの間で、コミュニケーションに困ったことはない。姉妹仲よく滅多に喧嘩せず、海軍学校での後輩関係にある鹿島や香取は慕ってくれているし、至って順風満帆である。
 提督だって別段苦言を呈したわけではないのだ。あくまで雑談。日常のちょっとした一コマ。あんまり笑わないよな、とか、その程度のもの。
 悩む必要なんてない、はずだった。

2:
◆yufVJNsZ3s2018/10/19(金)01:13:56.25ID:0J++fsfw0
 はてと考え、なるほどあるいはと熟慮の末に、そういう可能性もあるかもしれないと至る。もし「それ」が「そう」なのだとしたら、私の背負う罪業はあまりにも大きいのではないか。
 別段善良な人間を気取るつもりはない。とはいえ偽悪的なふるまいとも縁遠い。
 ただ、私は私に背いたことはないという自負があった。そのように生きてきたし、これからもそうして生きていく。
 海沿いの故郷が深海棲艦の襲撃によって壊滅して、WAVEへの道を決めたことも。
 第一期の被検体として艦娘計画へ身を捧げたことも。
 ……指輪を謹んで辞退したことも。
 私はちいとも後悔したことがないのだ。
「北上さん」
 北上さんはベッドの上で横になりながら、自らの顔と蛍光灯の間を遮る形で本を掲げ、けたけた笑いながら読んでいた。腕が疲れないものだろうか、と思う。
 きっと彼女はおおよそ私とは違う人種なのだ。笑ったり、泣い
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1550736173/
1:
◆0rjCWOlcd8we
2019/02/21(木)17:02:53.12ID:bEYCd6jaO
午前6時、鎮守府も新しい1日を迎えました
おや、あそこにいるのは...
「...」テクテクテク
「キュー」テクテク
「キュ」テクテク
連装砲ちゃんです、今日は島風ちゃんと一緒じゃないのかな?
朝のお散歩のようです
<鳳翔はんなにしとるん?
あ、龍ちゃんちょっとナレーションのお仕事を頼まれて...
<そらけったいやな?見さしてもろうてええ?
いいですよ


2:
◆0rjCWOlcd8we
2019/02/21(木)17:04:18.11ID:bEYCd6jaO
みんなが朝ごはんを終えた頃、連装砲ちゃんは...
「あっ連装砲ちゃんだ!」
「かわいいね!よしよし」
「行ってくるぴょん!」
「さーて鬼怒遠征隊行くとしますか!」
遠征組のお見送りをしてるみたい
今日もみんな頑張って来てね
「キュー」
「?うーちゃんのぬいぐるみ貸して欲しい?帰ってくるまでならいいぴょん!はい!」
「キュー!」
「ボクもああいうの欲しいなー!」
「さっちんどういうのが欲しいの?」
「ポケモン!ピカチュウとか!」
「今度司令官にねだってみたら?」
卯月ちゃんのうさぎのぬいぐるみ、連装砲ちゃん気に入ってるみたい
大事にしてあげてね
3:
◆0rjCWOlcd8we
2019/02/21(木)17:04:48.75ID:bEYCd6jaO
午前9時、日差しもだんだん強くなってきました
ぬいぐるみを抱えて鎮守府をお散歩中
「ちーっす!連装砲ちゃんじゃーん!」
「あら、御機嫌よう」
鈴谷ちゃんに熊野ちゃん、今日は私服みたいだけど...非番でどこかにお出かけするのかな?
「鈴谷たち今日デートだよ!いいでしょー!」
「二人で外に行くだけですし、鈴谷は淑女(レディ)をエスコート出来そうに見えませんわ」
「む
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1550654781/
1:
名無しで叶える物語(家)
2019/02/20(水)18:26:21.77ID:yB1KJO4Q
視聴覚室
ヒデコ
「さあやってまいりました、μ's漫才発表会!
 この企画はμ'sの皆さんに漫才やコントをしていただこうというものです。
 トップバッターは lily_white の三人です。
 準備は...」
フミコ、ミカ
?オッケーダヨ!/
ヒデコ
「大丈夫みたいですね
 それではlily_whiteの皆さん、よろしくお願いします」
マクアガリ

2:
群馬県(家)
2019/02/20(水)18:29:24.37ID:yB1KJO4Q
希、海未、凛
「「「どうもー、リリーホワイトです。よろしくお願いしまーす!」」」ムネバン!!
海未
「突然なのですが」

「うん、どしたー?」
海未
「あっ、すみません間違えました」

「せやな、それ凛ちゃんの台詞やんとったらあかんよ」
海未
「ちょっと張りきってしまいまして...
 すみませんだみつお」

「それあれやろ、本家さんのギャガーの奴やろ?
 とばすね?
 楽しいんかな?」
海未
「楽しい!」

「あら、満面の笑みで!うちm」

「そろそろいいかな?」

「ごめんね」
3:
群馬県(家)
2019/02/20(水)18:37:10.25ID:yB1KJO4Q

「このままほっとかれるかと思ったにゃ...
 話は変わるけどね、凛たちって基本的にある程度人数が揃ってから練習を始めるじゃん?」

「うん」

「揃うまで各々好きなこと過ごしているんだけどさ、結構暇を持て余す人もいるよね。特に凛とかほのかちゃんとか。
 今日はねその時間にできるゲームを考えてきたから一緒にやってみない?」

「ほー、ゲームを考えてきた。それはすごい!
 で、
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1546004295/
1:
名無しで叶える物語(きしめんだぎゃー)
2018/12/28(金)22:38:15.34ID:7XlWcaF9
女「えっ」
凛「あと猫ちゃんとラーメンも好きかな?えへっ」
女「えっと…」

2:
名無しで叶える物語(笑)
2018/12/28(金)22:41:45.89ID:LYmBq2YD
さすが凛ちゃん
3:
名無しで叶える物語(きしめんだぎゃー)
2018/12/28(金)22:43:01.79ID:7XlWcaF9
凛「けど、猫アレルギーだから猫ちゃんには触れなくて…」しゅん
女「ごめんなさいね。あのね?今、私はハヅキなルーペのお話をしていてね?」
凛「へ?」
女「えーっと、あのね?」
凛「かよちんはすごく可愛いよ?」
女「えっと…」
凛「かよちんはかわいいにゃー」
??「小さい…」
凛「にゃ?」
男「本当に世の中の文字は小さすぎて読めない!!」
凛「!!」
5:
名無しで叶える物語(きしめんだぎゃー)
2018/12/28(金)22:47:59.30ID:7XlWcaF9
男「そうでしょ?」
凛「えっ…」ビクビク
女「(怯えてる…)」
男「新聞も企画書も小さすぎて読めない!!」
凛「あれ?そうかにゃ?地元の新聞の記事に凛たちのことを小さくとりあげてくれたけど、全部読めたもん!」
男「…」
凛「小さく映ってた白黒のかよちんもかわいかったにゃー。」
女「あのね、そういうことじゃなくて…」
凛「にゃ?」
女「すごく勘違いしてると思うんだけど…あのね?」
男「でもハヅキなルーペをかけると…世界は変わる」
凛「へ?」
女「まぁみてて」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1550591794/
1:
名無しで叶える物語(はんぺん)
2019/02/20(水)00:56:34.95ID:vAWplhXx
海未「私を捕まえてどうするつもりですか!」
ことり「ふふっ?そんなの決まってるよね?」
花陽「気持ちいいこと?」
穂乃果「してあげるね?」

2:
名無しで叶える物語(はんぺん)
2019/02/20(水)00:57:06.01ID:vAWplhXx
ことり「まずはゆっくり焦らしてあげるね?」
ことり「ふーっ?」
海未「ひゃぁ?」
ことり「お耳よわいの?かわいい?」
花陽「花陽も?ふーっ?」
海未「あぁ?」
穂乃果「じゃあ穂乃果とキスしよ?」
穂乃果「ちゅっ?んんっ?」
海未「んんっ??」
穂乃果「ぷはっ?ほら?穂乃果の目を見て??ちゅぅぅ?」
海未「んんんっっ??あぁぁ?? んっ??」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1549681375/
1:
名無しで叶える物語(舞妓どすえ)
2019/02/09(土)12:02:55.70ID:2WN9oV95
μ'sもAqoursも出るんですわ!気をつけまし!

3:
名無しで叶える物語(舞妓どすえ)
2019/02/09(土)12:04:16.32ID:2WN9oV95
ダイヤ「ダメです!あぁ!!そんないっぱい…」
ダイヤ「ちょっ!もうだめ!ダメですわ!」
ダイヤ「あぁ!ブッブーですわ!こんないっぱい…!」
5:
名無しで叶える物語(舞妓どすえ)
2019/02/09(土)12:08:12.79ID:2WN9oV95
ダイヤ「ダメですわ!こんな!いっぱい!」
ダイヤ「あぁ!!」
ダイヤ「全くこんないっぱい…私が豆腐生クリーム作るっ言いましたのに」
ダイヤ「これじゃ生クリームでカロリー過多ですわ…」
6:
名無しで叶える物語(ほうとう)
2019/02/09(土)12:09:13.23ID:Mp4SbPlx
|c||^.-^||破廉恥な事考えてましたね?

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1550297346/
1:
名無しで叶える物語(やわらか銀行)
2019/02/16(土)15:09:06.25ID:c81y6w58
とあるお店…
梨子「……はぁ」
善子「どうしたのよ?ため息なんかついて。」
梨子「ナポリタンってあるじゃない。」
善子「…そうね。」
梨子「美味しかったじゃない?」
善子「…まぁ、さっき食べたからね。」
梨子「美味しかったからにはそれなりのお金を払うわよね。」
善子「まぁお店のナポリタンだからね。」
梨子「じゃあ今からそれを払いましょ♪」
善子「そこのピーマンたべてからね。」

3:
名無しで叶える物語(やわらか銀行)
2019/02/16(土)15:10:52.66ID:c81y6w58
梨子「……ねぇよっちゃん。」
善子「いやよ。」
梨子「まだ何も言ってない!」
善子「どうせピーマン食べて!とかでしょ?」
梨子「そ、そんな訳ないじゃない!」
善子「じゃあなによ!」
梨子「ピーマン食べて!」
善子「やっぱりそうじゃない!」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1550676900/
1:
名無しで叶える物語(もこりん)
2019/02/21(木)00:35:00.83ID:Oi7h/xWM
善子「あれ、ルビィにダイヤじゃない。沼津まで来て何してるのよ」
ルビィ「善子ちゃん!おねぇちゃあとお買い物だよ!」
ダイヤ「今日はアイドル雑誌の発売日でしたので。沼津の方が大きい書店があるものですから。」
善子「あんたたちほんとにアイドル好きね。」
ダイルビ「「それだけじゃないんですわ(の)!今月号はμ's特集なのですわ(なんだよ)!」」
善子「ステレオで話さないでよ!」
ダイヤ「ちょうど良い機会ですわ!これを気に善子さんにはもっとアイドルを好きになってもらいましょう!」
ルビィ「善子ちゃん!そこの喫茶店でお話しよう!」
善子「わかった、わかったから落ち着いて!怖い!」

3:
名無しで叶える物語(もこりん)
2019/02/21(木)00:40:23.27ID:Oi7h/xWM
3時間後
ダイヤ「・・・とまぁ、私が伝えたいのはこのぐらいですわ。」
善子「そ、そう。。疲れたし私はそろそろ帰るわ。。」
ダイヤ「雨が降りましたわ」
善子「じゃあもうちょっと喫茶店で休む」
ルビィ「晴れたね」
善子「良し!今のうちに帰るわよ!」
ダイヤ「また雨が降りましたわ」
善子「なんで私が帰ろうとすると雨降るのよ!」
ルビィ「もう諦めた方がいいんじゃないかなぁ?ルビィも付き合うから一緒に帰ろ?」
善子「ルビィ、、あんたいい子ね」
ダイヤ「当然ですわ!!」フンス!
善子「なんでダイヤが誇らしげなのよ。。」
ルビィ「じゃあ行こっか」
6:
名無しで叶える物語(もこりん)
2019/02/21(木)00:52:56.32ID:Oi7h/xWM
ダイヤ「とは言ったものの」
ルビィ「この大雨では帰れず」
善子「黒澤姉妹が家に来た」
ルビィ「善子ちゃん急にごめんね。」
ダイヤ「すみません。ご迷惑をおかけしました。」
善子「気にしてないから。そ
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1387467756/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/12/20(金)00:42:36ID:d5srKRo6
男「ただいまー…」ピタッ
PSP娘「ああ、おかえりなさい」
男「…? !!?」
PSP娘「何よ、人の顔を見るなり」
男「あ……ま…」
男「間違えましたあぁあっ!!」ガチャ-ン
PSP娘「はぁ…全く」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/12/20(金)00:49:33ID:d5srKRo6
男「おっかしいな…部屋はここなのに…気のせいかなぁ」ガチャッ
PSP娘「何がしたいのよあなた」
男「あっうわあああばば」アタフタ
PSP娘「待ちなさい」ガシッ
PSP娘「落ち着いて。まずは深呼吸をしなさいよ」
男「す、ス-……あ、良い匂い」
PSP娘「!?!」ゲシッ
男「へぶっ」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/12/20(金)00:55:01ID:d5srKRo6
ーーーーー
男「」ヒリヒリ
PSP娘「そ、その、蹴ったのは謝るわよ…ごめんなさい」
男「……それより、どちら様?なんか俺の事知ってるっぽいけど」
PSP娘「信用出来ないと思うけど、これよ」スッ…
男「ぴ、PS…P?俺の?」
PSP娘「私はこれ。これは私よ」
男「………」
PSP娘「?…どうしたのよ」
男「疲れているんだ、寝よう」ゴソゴソ
PSP娘「ま、待ちなさいってば!!」
5:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/12/20(金)01:01:39ID:d5srKRo6
男「だって擬人化って…」
PSP娘「とにかく事実なんだから受け入れなさいよ…」
男「(だからってこんな美少女に転生する必要ないだろ…)」
PSP娘「…どうしたのよ、じろじろ見て」
男「へっ!?な、なんでもないです!」
PSP娘「それで、これからお世話になりたいんだけど」
男「!!?」
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1402558268/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/06/12(木)16:31:08ID:VVGfGGzI
男「院の研究にも課題にも手がつかないし、期限に間に合いそうもない」
「これじゃあ役割を果たす事もできないし、かといって逃げ出してやりたいこともない」
「なにもかもどうでもいい」
「いなくなりたい」
「…死ねばいいか」
「『自殺方法』で検索」ポチッ

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/06/12(木)16:33:27ID:VVGfGGzI
「やっぱり首吊りがメジャーなんだなぁ。へえ、気を失うから苦しくないとな」
「飛び降りは怖いから無理」
「ODはそもそも薬なんてないわ」
「感電死…はコンセントにさすの怖いし、下手したら火事になるよなぁ。タイマー持ってないし」
「凍死も楽なのか、、しかしこの時期は無理だな」
「急性アルコール中毒か、それも良いかもな」
「溺死は苦しすぎる」
「とりあえずビニールひもで非定形の首吊りでも試そう」
「まず出るものをなくすために24時間程度の断食か。もっとやった方がいいのか知らんけどこれ以上は限界」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/06/12(木)16:35:54ID:VVGfGGzI
「腹減った」
「まあいいや」
「適当な家具に紐を括り付けて、腰が浮く程度の位置に輪っかを作って…よし」
「ああ、死ぬならなんで死ぬかくらい書いておくか」
「家族の事は好きだし、あの人たちも僕が無言で死んだら辛いもんな」
「えーっと、大雑把にまとめると
『そもそも生きて何かをしたいという思いもなく、』
『誰からも忘れられていなくなることができるなら、それが最良だと常日頃から思うような人間である』
『けれどもいなくなることはできないから、仕方がなく死ぬ』
『きっかけはただ研究上の注意されたということ、タイミングが噛み合ってそのまま軽い鬱になったこと、ではあるが先に書いた思想は鬱とは
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1548762414/
1:
◆CItYBDS.l2
2019/01/29(火)20:46:54.222ID:kR9SbLhe0NIKU
魔王「ななななにを言ってるんだ勇者!」
勇者「えー……でも、わたし今日泊るところがなくて困ってるんです……」
魔王(どどどどういうことだ、これは俗にいう卒業チャンスなのか!?)
勇者「ねえ、いいでしょ?」

2:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします
2019/01/29(火)20:48:16.321ID:kR9SbLhe0NIKU
えー皆々様、大変お見苦しいものをお見せいたしました。
先ほどのものは、不肖私めの儚くも尊き妄想にございます。特に意味のあるものではございません。
改めまして皆々様、年が明けて約一月ほどが経ちましたが如何お過ごしでしょうか?
私はと申しますと、年度末に向けて納期納期に追われる毎日でございます。
こう忙しいと、ついつい仕事を辞めたくなってしまいますなあ。
しかし、仕事を辞めるというのは実に難しい。
上司にのたまう口上を考え、書類をそろえ、仕事を引き継ぎ、まあその労力の甚だしさと言ったら。
昨今では、退職請負人なる職業まで出てくる始末でございます。
さて、場所は変わって勇者と魔王が在する異世界。
どうやら、こちらの世界でも仕事を辞めるというのは一仕事のようでございます。
3:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします
2019/01/29(火)20:48:45.603ID:kR9SbLhe0NIKU
盗賊♀「おやおや、勇者の兄貴じゃございませんか。どうもご無沙汰しておりやす」
勇者♂「おうこんなところで奇遇だな、アースドラゴン討伐の時以来だが元気にしていたか」
盗賊「そりゃあもうおかげさまで」
勇者「それでお前さん、なんでまたこんな所にいやがるんでい。たしか住まいは本所のほうだろ」
盗賊「へへへ、実は兄貴を探していたんですよ」
勇者「俺を?」
盗賊「へい、屋敷に伺ったんですがいらっしゃらなかったので散歩がてら探していた次第で
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1499526841/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2017/07/09(日)00:14:01.75ID:9q4dj1660

女子「ちょっと男子!まじめに掃除しなさいよ!」
女B「ホント同級生の男共はガキ臭くて嫌い!」
女C「わたし先生に言ってくる!」
男子「あ゛!ふざけんなよ!先生に言うのは違うだろ!」
女子「いいえ正しいわ!サボってる奴は怒られたらいいのよ!」
男子(最悪だ。集団女子に逆らえば男子は必ず大人に悪の烙印を押される)
男子(こんな時、問答無用で女子を退治してくれるヒーローがいてくれれば...)
男子「クソ!助けてくれー!レイプマァァァァァン!!!!!!」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2017/07/09(日)00:15:01.59ID:9q4dj1660

??「とぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉう!!」パリン!!
窓ガラス「うわあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」レイプ目
女B「きゃああああ!窓から不審な男性が飛び込んで来たわ!」
女C「酷い...割れた窓ガラスの破片の掃除の手間が増えてしまう!」
女子「誰なのあなた!先生を呼ぶわよ!!」
男子「来た......来てくれた!本当にいたんだ!!」
??「犯さず!犯します!犯す!犯す時!犯せば!犯せ!」
レイプマン「皆の町の犯し屋さん!我が名は!!レイプマン!!!」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2017/07/09(日)00:16:11.11ID:9q4dj1660

男子「レイプマン!あの女が俺を悪者にしようとするんだ!」
男子「本来皆で協力して行うはずの掃除をサボっていただけなのに!」
レイプマン「フン」ジロ
女子「ひっ」
レイプマン「女子中学生らしい未成熟な肉体だ」スタスタ
レイプマン「男性器を受け入れる準備も整っていないのだろう...憐れだ」ズプッ
女子「んほおおおおおおおおおおおおおおお
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1476775254/
1:
◆CItYBDS.l2
2016/10/18(火)16:20:55.08ID:gccsuuJRo
勇者「そっち行ったぞ!魔法使い仕留めろ!」
魔法使い「はい!初級火魔法!」ぽっ
魔物「ぐぎゃあああ!」
勇者「まだだ!賢者頼む!」
賢者「初級風魔法!」ふぃ

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/10/18(火)16:21:27.95ID:gccsuuJRo
魔物「ぬぅうぅぅうううう!」
勇者「くそ!まだ生きてる!剣士!あとはお前しかいない!!」
剣士「袈裟切り!」ずば
魔物「」
勇者「なんとか倒したな・・・」
勇者「というか、お前らいくらなんでも弱すぎるよ!」
3:
◆CItYBDS.l2
2016/10/18(火)16:21:56.99ID:gccsuuJRo
勇者「もう、魔王の間の手前だよ!?なんで初級魔法しか使えないの!?」
魔法使い「うぅぅぅ・・・そんなこと言われたって・・・」ぐす
勇者「うわ、こんなところで泣くなよ!ごめんごめん、言い過ぎたよ!」
賢者「勇者よ人には適材適所ってものがあるんだ。そう責めるな」
勇者「いやいや、初級魔法しか打てなくて何が賢者だよ?」
4:
◆CItYBDS.l2
2016/10/18(火)16:22:28.34ID:gccsuuJRo
勇者「悪いけど、俺は男には甘くないぜ」
賢者「しかしだなあ・・・・せめて、作戦を変えてくれないか?」
賢者「『めいれいさせろ』じゃあ、私たちの力は十分に発揮できないんだ」
勇者「そういうことは、新しい魔法を覚えてから言いやがれ!」
勇者「俺の命令がなかったら、このパーティー終わりだからね!」
5:
◆CItYBDS.l2
2016/10/18(火)16:23:01.38ID:gccsuuJRo
勇者「とっくに全滅してるから!俺がぎりぎり保っているだよ!」
剣士「まあまあ、いよいよ魔王との最終決戦なんだ
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1518362303/
1:
◆5AkoLefT7E2018/02/12(月)00:18:24.12ID:SJuP4AY/0
?事務所・会議室?
藤居朋「久々に来たわねこの部屋……」
緒方智絵里「はい……確か以前は冠番組が決まったというお話をいただいた時に使用した会議室で、少人数での話し合いのために円卓と4つの椅子がある部屋ですが1つの椅子だけが豪華で色々察することができるんでしたよね……」ペラペラ
白菊ほたる(誰に説明してるんでしょう……)
------------------------------------------------
前作
ほたる「始球式」智絵里「アンド」朋「野球観戦!」

2:
◆5AkoLefT7E2018/02/12(月)00:18:48.28ID:SJuP4AY/0
朋「ま、誰が来るのかは目に見えてるわね」
ほたる「はい……」
ガチャ
智絵里「ウワサをすれば、ですね……」
宮本フレデリカ「……」
朋「!?」
智絵里「!?」
ほたる「!?」
フレデリカ「!?」ビックリ
朋「本人も!?」

3:
◆5AkoLefT7E2018/02/12(月)00:19:17.02ID:SJuP4AY/0
フレデリカ「……」トコトコ
朋(入ってきた……)
フレデリカ「……」ヨイショ
ほたる(椅子に座りました……)
フレデリカ「ふぅ……」
智絵里「……」
フレデリカ「……部屋間違えちゃった」ボソッ
3人「「「えぇ……」」」

4:
◆5AkoLefT7E2018/02/12(月)00:19:53.37ID:SJuP4AY/0
フレデリカ「……」トコトコ
朋「……」
フレデリカ「……」ガチャ
智絵里「……」
フレデリカ「……」トコトコ
バタン
朋「……」
ほたる「……」
智絵里「……」
ガチャ
美城常務「すまない、待たせてしまったようだな。会議を始めよう」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1506166562/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2017/09/23(土)20:36:02.64ID:1UZqGvH50
モバP(以下P)「なぜ使えるようになったのか、それは俺にも分からない」
P「ただ今朝いつものように起床したら使えるようになっていて、俺自身にもその自覚がある。それだけだ」
P「やり方は簡単。相手にかけたい内容を念じながら指を鳴らすだけ」
パチンッ
P「……これだけだ」
P「確実にかかる根拠などない。だが絶対にこの催眠術は効く」
P「そんな力を俺がどう使うか。無論決まっている」
P「目の前の勤務先には可憐な幼女が、魅力的な少女が、妖艶な美女がわんさかいる」
P「これを喰いつくすのみ」
P「能力を手に入れた過程や経緯、職業倫理感や自制心なぞどうでもいい」
P「俺はこの力で――アイドルたちにエロいことをする」
アイドルとその催眠内容:>>3
アイドル名は必須、内容に関しては筆者の力及ぶ限り頑張る所存。内容なしの場合はこちらで決定。

3:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2017/09/23(土)20:37:34.27ID:YklEq4SoO
まゆ
9:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2017/09/23(土)21:45:03.29ID:1UZqGvH50
こんな感じで読みやすくなったでしょうか?
まゆ「おはようございます。うふふ……」
力を手に入れたその日、俺がプロダクションに入って最初に出会ったのは彼女だった。
佐久間まゆ。今をときめく人気のアイドルの一人でありながら、どうやらアイドルとして彼女を見染めた俺に気があるらしい。
以前は犯罪スレスレの行為で俺に付き纏ってあらゆる意味で肝を冷やしたこともあったが、最近では大分落ち着いてきたようだ。
まゆ「…Pさん?ボーっとしてどうしたんですかぁ?まゆはここですよぉ」
反応のない俺を心配したのか、顔の前で手を振る彼女の表情は男ならば誰であろ
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:https://wktk.open2ch.net/test/read.cgi/aimasu/1550539145/
1:
◆K1k1KYRick
2019/02/19(火)10:19:05ID:kuo
こずえちゃんの誕生日SSです。
※ミステリーものではありません

2:
◆K1k1KYRick
2019/02/19(火)10:20:38ID:kuo
「おぼえたら……かんたんだよぉー?」
プロデューサーが事務所の扉を開けると、丁度こずえは
小さな手の中でルービックキューブをカチャカチャ鳴らして遊んでいた。
「はい……できたぁー」
「えっ、こずえちゃんもそんな簡単に……!? 出来るのが普通なの!?」
手渡されたキューブをひっくり返して眺めながら
斎藤洋子は信じられないという顔をしている。
その隣では真鍋いつきと若林智香が同じ玩具相手に苦戦を強いられていた。
「ハイハイ、皆。おやつ買ってきたよ。好きなのを食べてね」
プロデューサーはテーブルの上にお菓子を並べながら
近くにいたこずえにアニマルクッキーを渡した。
彼女はそれを桐野アヤの所に持っていって一緒に食べようとする。
アヤが頭から食べるかどうか悩んでいる間に
こずえはバリボリ音を立てて三枚ほど咀嚼していた。
3:
◆K1k1KYRick
2019/02/19(火)10:20:56ID:kuo
「……そう言えばプロデューサー、今日ファッション関係の打ち合わせなかった?」
「……! あ、忘れてたわ! アヤ、ちょっとこずえ借りるわね!」
彼女はこずえを脇に抱えると、ドアを開けたまま慌ただしく出ていった。
「どっか抜けてるんだよなぁ、プロデューサー。残念美人っていうか……」
「普段はかなり出来る人なんだけどね。日本語上手いし」
お菓子を片手にアイドルたちはそんな談笑を交わしていた。どこかで小さな笛の音が聞こえた。
   #  #  #
4:
◆K1k1KYRick
2019/02/19(火)10:21:27ID:kuo
「ふー……間に合った、間に合った」
無事こずえを営業先に届けたプロデューサ
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1510751595/
1:
◆6QdCQg5S.DlH
2017/11/15(水)22:13:15.48ID:OKsO9+2L0
BEMANIネタ
というか、あさきの世界の楽器ネタ

2:
◆6QdCQg5S.DlH
2017/11/15(水)22:14:00.45ID:OKsO9+2L0
ゆかり「?♪」
有香「あれ、ゆかりちゃん?」
ゆかり「あら、有香ちゃん。おはようございます」
有香「おはようございますっ!」
有香「上機嫌でしたけど……どちらへ?」
ゆかり「これから音葉さんに会いに行くんです」
ゆかり「なんでも世界の楽器を見せてくれるそうで……」
有香「世界の楽器……」
ゆかり「ええ」
ゆかり「まだ私たちの知らない楽器が世界にはたくさんある……って」
有香「へぇ……面白そうですね!」
ゆかり「でしょう?」
ゆかり「ふふ……どんな楽器を見せてくれるのでしょう……♪」
有香「……あの、ゆかりちゃん」
有香「私も行ってもいいでしょうか?」
ゆかり「有香ちゃんも気になりますか?」
有香「そうですね。どんなのかちょっと気になって……」
ゆかり「ふふ、では一緒に参りましょう?」
ゆかり「音葉さんも拒否することはないでしょうから」
有香「あ、はいっ! ありがとうございますっ!」
3:
◆6QdCQg5S.DlH
2017/11/15(水)22:14:51.59ID:OKsO9+2L0
ゆかり「音葉さん。お待たせしました」
音葉「あら……ゆかりさん」
音葉「……それに、有香さんも?」
有香「あ、はいっ。こんにちは」
有香「その……ゆかりちゃんから聞いて……私も気になっちゃって」
音葉「……ああ。貴女も世界の楽器を見てみたかったのですね」
有香「はい」
有香「……ご迷惑でしたか?」
音葉「いえ……」
音葉「興味を盛ってくれることはうれしいです……ふふ」
音葉「存分に楽しんでいってくださいね」
有香「あ、ありがとうござ
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1454816546/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/02/07(日)12:42:26.84ID:4RpCEVHt0
元ネタ
ニコニコサンフラワーキッスというポップスとそのジャケットに移ってるキュートでラブリーな魚氷ちゃん
https://youtu.be/jWLoyGe17YA(閲覧注意)

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/02/07(日)12:43:25.87ID:4RpCEVHt0
魚氷ちゃん「……」
卯月「……へ?」
モバP「とっても、キュートでプリティな子だろ?」
未央「いや、えーっと……」
未央「え、仲間って、アイドルになる……ってこと?」
モバP「ああ」
未央「おおう……即答」
凛「……あのさ、プロデューサー」
モバP「なんだ?」
凛「……キュート?」
モバP「キュートだろ?」
モバP「目もこんなにクリクリってしてる」
凛(いや、怖くて直視できないんだけど)
モバP「ニュージェネとは別に活動してもらうつもりだけどな」
モバP「同じ事務所で活動していくから、紹介しておこうかと」
卯月「あ、はい……えっと」
卯月「よ、よろしく……ね?」
卯月「魚氷ちゃん……?」
魚氷ちゃん「……」
魚氷ちゃん「■■■■」
卯月「……よ、よろしくっていってくれたんでしょうか?」
未央「さあ……?」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/02/07(日)12:43:53.40ID:4RpCEVHt0
モバP「それじゃ、おれは用事があるんでー」
モバP「時間になったらレッスン場につれてってもらえますー?」
卯月「あ、はい、がんばります!」
モバP「おう、がんばれや」
モバP「ほなまた!」
未央「……いったね」
凛「ねぇ、どういうことだと思う?」
未央「ごめん、私もちょっと整理が追いつかない……」
卯月「
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1550679353/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2019/02/21(木)01:15:53.55ID:vhnxv73+0
にゃはははははは
にゃはは…
はぁ…
笑ってる場合じゃないよね。
やらかしちゃったなぁ。あたし。

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2019/02/21(木)01:16:44.35ID:vhnxv73+0
今、あたしの身体にされていることを説明するとね。
串刺しっていうやつだね。口とアソコ。そこに男のアレを突っ込まれてる。
それ以上でもそれ以下でもない。ただそれだけの話。
これ以外に何か説明することなんてないよね?
なんでこうなったのか知りたい?しょうがないな、話してあげるよ。
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2019/02/21(木)01:18:21.35ID:vhnxv73+0
事の発端は路地裏を通ろうとしたとこから始まったんだよねー。
アイドルのお仕事の収録が思ったより長引いちゃって。で、さっさと帰ろうと近道するために入っちゃったワケ。
元々この近道は何回か使ってたし、いつも通り帰れると思ってたの。
そしたらこのザマだよ。完全に油断してたー。
アメリカにいるときは絶対こんなことはしなかったと思うんだけどね。ちょっと日本の甘い環境に慣れすぎちゃったかな。
そりゃそうだよ。こうなるよ。こんな人目のつかないとこを女の子1人で歩くのはまずいよあたし。

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:https://wktk.open2ch.net/test/read.cgi/aimasu/1550410572/
1:
◆cgcCmk1QIM
2019/02/17(日)22:36:12ID:rBb
デレステのストーリーコミュ55話を前提にしたお話です。

2:
◆cgcCmk1QIM
2019/02/17(日)22:37:12ID:rBb
○白菊ほたる「あの歌を歌う」
 アイドルを目指して鳥取から出てきて、どれぐらいになるでしょう。
 アイドルを目指す夢はまだ果たせないままだけど、東京での暮らしが長くなるうちに、私――白菊ほたるの生活には、いくつもの習慣ができました。
 夜明け前の、人があまり居ない時間にランニングをすること。
 学校帰り、川沿いの高架下で発生練習をすること。
 少し無理して買った姿見の前で、笑顔を作る練習をすること。
 ――そして辛いとき、公園に行くこと。
 その公園は、私がお世話になっている下宿の最寄り駅近くにあります。
 少しの遊具と緑、そしてベンチがあるだけの、何の変哲もない公園。
 鳥取を思い出す山茶花の影に隠れた、誰も座らないベンチが私の指定席。
 つらい気持ちがあふれそうになって、私は今日もこのベンチに腰掛けて、じっと目を閉じるのです。
 アイドルになるのに苦労があることも、自分の不幸も、覚悟していたことでした。
 ――だけど。
3:
◆cgcCmk1QIM
2019/02/17(日)22:38:08ID:rBb
『いやよ。私、ほたると一緒なら現場に行かない』
 今朝がた、事務所で言われた言葉を思い出します。
 事務所の稼ぎ頭、明るい笑顔とトークが売りの先輩。
 バーターとして私も一緒に先輩の出る番組に出してもらうことになった、とプロデューサーさんから説明を受けたとき、先輩は私を睨んで、はっきりとそういったのです。
 とても、冷たい目でした。
 最初はそうじゃなかったんです。
 先輩はとても明るい人で、面倒見が良くて。
 自分も地方出身だからって、何度もオーディションに落ちたからって、私にとても親切にしてくれて――
 だけど、それ
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1463920447/
1:
◆7chPYS4ayA
2016/05/22(日)21:34:07.59ID:ZGeaKk6G0
――20XX年
 空を見上げたら太陽が2つあった――と言えば過去の人達は果たして信じたでしょうか。
 2つめの太陽ができるという予言じみた観測結果は、すでに数十年前に報告が出されていましたが、
 世間は半信半疑で、実際に見るまでは誰もがジョークだと考えていました。
 しかし、実際に太陽ができてしまった、つまり超新星爆発が起きてしまった後は大変な騒ぎでした。
 多くのテレビ局で連日特番が組まれました。
 それでも、しばらくすると空に太陽が2つあることは当たり前で、いまや面白いことではなくなってしまいました。
 そして気づけば、世間の関心はべつの話題へと移っていきました。
 皆さんはお気づきでしょうか。今朝方、人知れずに2つめの太陽の輝き――厳密には超新星爆発の光り――は失われていたのです。
 おそらく、皆さんは気にも留めないかもしれません。
 しかし科学の歴史は、今日という日を後々まで忘れることはないでしょう……。
 
 プツン――


2:
◆7chPYS4ayA
2016/05/22(日)21:34:52.57ID:ZGeaKk6G0
 とある夏休みの一日。何度寝かの後、ふと目が覚め、私は起き上がりました。
 長い髪をかき上げ、頭をぽりぽりとかいて時計を見ると、朝の11時。ちょうどいい時間です。
 遅い朝食をとりにリビングへと下りていきます。センサーが反応して扉が開くと、奥の方からテレビの音が聞こえてきました。
 どうやらつけっぱなしのようです。恐らくお父さんのせいだな。
 テレビではご意見番らしき専門家が、超新星なんたらが輝きを失い、ブラックホールへ変わるだろうと説明しています。太陽が一つに戻ったとのことでした。
 ――そういえば、確かに暑くないかも。ためしに家のカーテンを開けてみます。
 嘘です、めっちゃ暑いです。昨日と変わらない暑さに辟易して、私はカーテンを閉めて
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1465470467/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/06/09(木)20:07:47.71ID:ywjLjO5M0
放課後部室
八幡「……は?」
雪乃「聞こえなかったのかしら、私とデュエルをしなさいと言ったのよ。ついに目だけでなく耳まで腐ってしまったようね」
八幡「いや、絶対聞き間違いだと思ったからな……」
八幡(まさか雪ノ下の口からデュエルなんて言葉を聞くとは……)
八幡「一応確認しておくが、遊戯王のことだよな?」
雪乃「そうよ、由比ヶ浜さんからあなたが学校にデッキを持ってきてるのは聞いているわ」
八幡(そういえば、昼休みに遊戯王の話で盛り上がって、ついデッキを見せてしまったんだった)
雪乃「どうせあなたのことだから、対戦する相手もいないのでしょう?そんな可哀想谷君のために、わたしがデュエルしてあげるといってるのよ」
八幡「なんでそんなに上からなんだよ……、ていうか俺にもデュエルする相手ぐらいいるぞ」
八幡(小町と材木座しかいないがな)
雪乃「??、う、嘘はよくないわよ虚偽谷君!まともに人とコミュニケーションを取れないあなたに、デュエルする友人なんているはずないじゃない」
八幡「コミュ力0なのはお前も同じだろうが……」
八幡(なんでこんなに動揺してんだ?)

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/06/09(木)20:09:00.07ID:ywjLjO5M0
雪乃「コホン、ま、まあいいわ、それよりわたしとのデュエルを受けるのかしら?」
八幡「まあ、デュエルするのはいいけどよ、ここでするつもりか?」
雪乃「そうよ、今日は由比ヶ浜さんがいないし、依頼も来ていない……、だったらやることはひとつでしょう?」
八幡「その理屈は色々おかしいが、まあ、いい、相手になってやるよ」
雪乃「・・、そ、それじゃあさっそく準備をしましょう!、机を向かい合わせにしてちょうだい」ワクワク
八幡(なんか目に見えてテンション上がったなこいつ……、)
八幡「サイドは持っ
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1550403134/
1:
◆rIC.O/bUaY
2019/02/17(日)20:32:14.93ID:tzx/MAu3o
ポケモンスクール
ワイワイ
マオ「アローラ!」
アマージョ「ッジョ!」
シェイミ「ミィミィ」
リーリエ「アローラですマオ!」
スイレン「アローラ!マオちゃん……って、おぉ!」キラキラ
ほんのちょこっとなんだけど
スイレン「マオちゃん、その髪型!」
マオ「えへへ////」テレッ
髪型をかえてみた

2:
◆rIC.O/bUaY
2019/02/17(日)20:47:11.06ID:tzx/MAu30
リーリエ「マオ!それ、この間三人で見た雑誌に載っていたやつではないですか?」
スイレン「うん!みんなでこのヘアスタイル可愛いねって言ってたやつ!」
マオ「ま、まぁ////」テレッ
スイレン「マオちゃん、急にどうしたの?何かあったの?」ワクワク
リーリエ「まさかマオ……恋を…」ワクワク
マオ「そ、そんなんじゃないって!////」
マオ「ただ……なんとなく、ね?」
シェイミ「ミィミィ!」
リーリエ「なんとなく……ですか…」フム
スイレン「……女の子が髪型を変える時は何か理由がある…」ムゥ
スイレン「リーリエ!これは、必要あり!調査の!」ウキウキ
リーリエ「ですね!」ウキウキ
マオ「だ?か?ら?!」
マオ「………てゆーか…その……」モジ
スイレン「マオちゃん、その髪型似合ってる!とっても!」グッ
リーリエ「はい!大人の女性ってカンジでとても素敵です!」ニコッ
マオ「ありがと////」テレッ
アマージョ「ッジョ!」
3:
◆rIC.O/bUaY
2019/02/17(日)21:04:58.79ID:tzx/MAu30
サトシ「どうしのー?」
ピカチュウ「ピッカー!」
マーマネ「なんだかすっごく盛り上がってるみたいだね!」
トゲデマル「マキュキュ!」
リーリエ「サトシ!マーマネ!マオを見てく
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1365412953/
1:
もーん◆/Pbzx9FKd22013/04/08(月)18:22:34.04ID:9Y7l8/eL0
リーネ「はぁ?ぁ?。芳佳ちゃん」
リーネ「芳佳ちゃんと会えなくなって、寂しいな…」
リーネ「芳佳ちゃん、芳佳ちゃん…」
リーネ「一人でデキることも、虚しいし」
リーネ「芳佳ちゃんとセッ○スしたいよぉ…」
リーネ「あ、そうだ(唐突)、ペリーヌさんがいた」
リーネ「ペリーヌ邸の復興手伝ってあげてるし、ま、多少はね?」
前スレとの関連はありません。
前スレ 
【R-18】シャーリー「なぁ、堅物。恋をしたことはあるか?」


2:
もーん◆/Pbzx9FKd22013/04/08(月)18:23:26.57ID:9Y7l8/eL0
朝 ペリーヌ邸
リーネ「朝食のミルクに芳佳ちゃんが使ってた不思議な薬を混ぜて…」サーッ!
ペリーヌ「皆、おはよう」
リーネ「おはようございます、ペリーヌさん」
オハヨー オハヨウペリーヌオネエチャン ォァヨー ペリーヌオジョウサマオハヨウゴザイマス
リーネ「はい、ホットミルクです。カラダが温まりますよ?」ミルクヲイレマショウ、コウチャヲイレマショウ
ペリーヌ「あら、いいわね。いただきますわ」
リーネ「…」
ペリーヌ「ほんと、カラダが芯から温かくなっ、て…?」

3:
もーん◆/Pbzx9FKd22013/04/08(月)18:24:58.27ID:9Y7l8/eL0
リーネ「どうかしましたか、ペリーヌさん」
ペリーヌ「い、いえ、なんでもありませんわ…」
ペリーヌ(!?カラダが熱くなって…。最近の疲れが溜まってるのかしら…え、下腹部が熱く…)
リーネ「じゃあ、いただきましょうか。はい、いただきます」
イタダキマス イタダキマスー 
ペリーヌ「い、いただきます…ひっ!?」
リーネ「?」
子供1「どうかしたの、ペリーヌお姉ちゃん」
ペリーヌ「いえ…何でもありませんわ…」
ペリーヌ(な
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1364560298/
1:
もーん◆/Pbzx9FKd22013/03/29(金)21:31:38.28ID:QdBkOd800
バルクホルン「なんだ、藪から棒に」シャリシャリ
シャーリー「仕方ないじゃないか。ジャガイモの皮むきも飽きてきたし、口でも動かしてないとやってられないよ」シャリシャリ
バルクホルン「はんっ、リベリアン、お前らしいな。しかし元はといえば私のせいだ。いいだろう、付き合ってやる」
シャーリー「ありがとうございます、大尉殿」
バルクホルン「しかしなぜ急にそんな話を」
シャーリー「やっぱりガールズトークはコレが盛り上がるんじゃないか」
バルクホルン「そんなものか」シャリシャリ
シャーリー「そんなものだ」シャリシャリ
前スレとの繋がりはありません。
前スレ 
【R-18】シャーリー「バルクホルンのアヘ顔ダブルピースが見たい」

2:
もーん◆/Pbzx9FKd22013/03/29(金)21:41:17.42ID:QdBkOd800
シャーリー「それで、あるのか?」
バルクホルン「いや、ないな。そもそも私達は軍人だ。そんなことにうつつを抜かしている場合ではなかっただろ」シャリシャリ
シャーリー「まぁ、そういや、そうだなぁ…」シャリシャリ
バルクホルン「お前はどうなのだ?」シャリシャリ
シャーリー「あたし?あぁー、そうだな、ある…かな」
バルクホルン「なんだ、歯切れが悪いな。どっちなんだ」シャリシャリ
シャーリー「あるよ」ピタッ

3:
もーん◆/Pbzx9FKd22013/03/29(金)21:50:06.03ID:QdBkOd800
バルクホルン「ほう。まぁお前のことだ、どうせ多くの色恋沙汰を経験してきたんだろうな」シャリシャリ
シャーリー「いいや、一度きり」
バルクホルン「そうか。驚いたな。それで相手は。どんなヤツなんだ?」シャリシャリ
シャーリー「とにかく煩いヤツなんだ」
バルクホルン「なんだ、それは」シャリシャリ
シャーリー「規律や規則に厳しいヤツで
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1550643791/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします2019/02/20(水)15:23:11ID:sW.1cuxQ
ハム太郎「」死ーン
猫「シャァァ……!!」
タイショー「ハム太郎が食われた……!」
メガネ「どうやら我々はとんでもない場所に入り込んでしまったようですね」
リボン「なんとか脱出しませんと全滅でちゅわ!」
かぶる「でも出口までの道は猫だらけだ。どうすれば……」
トラハムくん「おい! あっちに裏口があるみたいだぜ!」
トラハムちゃん「ナイスお兄ちゃん! 裏口へ行こう、みんな!」
ちびまる「うきゅ!」
2:
以下、名無しが深夜にお送りします2019/02/20(水)15:23:46ID:sW.1cuxQ
×ハム太郎
○タイショー
○こうし
○リボン
○メガネ
○まいど
○のっぽ
○トラハムくん
○トラハムちゃん
○マフラー
○ちびまる
○かぶる
○パンダ
残り12匹
3:
以下、名無しが深夜にお送りします2019/02/20(水)15:24:33ID:sW.1cuxQ
こうし「ぼ、僕はイヤですよ!」
まいど「こうしはん!?」
こうし「裏口が安全な保証はありません! ここで隠れて猫がいなくなるのを待ちます!」
こうし「ハムタロサンみたいに食われたくありません!」
猫「にゃ?」ヒョコッ
のっぽ「!! み、見つかった!?」
猫「にゃおおおっ!!!」ガブッ
こうし「ぎゃあああああああああ!!!」
こうし「」死ーン
タイショー「くそっ! みんな裏口まで走れ!!」ダッ
残り11匹

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1550593868/
1:
名無しで叶える物語(舞妓どすえ)
2019/02/20(水)01:31:08.34ID:8+1owrMs
ルビィ(今日からルビィたちは3年生になる)
ルビィ(お姉ちゃんたちがいなくなって、千歌ちゃんたちもいなくなって、それでもAqoursはちゃんと続けていく……)
ルビィ(みんなでそうやって決めたんだから)
ルビィ「今日も1日がんばルビィ!」
ルビィ「なんてね…えへへ」

2:
名無しで叶える物語(舞妓どすえ)
2019/02/20(水)01:32:06.74ID:8+1owrMs
ルビィ(ルビィたちが1年生の時、つまり浦の星のスクールアイドルとしてのAqoursだった頃は冬のラブライブで見事優勝、日本一になることができた)
ルビィ(それはそうだよ。だってあの時はお姉ちゃんもいたし、鞠莉ちゃんも果南ちゃんもいた)
ルビィ(9人のAqours、その輝きは本当に凄かったんだと思う)
ルビィ(最高の舞台で、お姉ちゃんと一緒に、最高のパフォーマンスをして…)
ルビィ(だから、結果発表の時も緊張はしたけど不安はなかったんだ。きっと刻めたよって。浦の星の名前を、この瞬間を、ラブライブに、みんなの心にねって)
3:
名無しで叶える物語(舞妓どすえ)
2019/02/20(水)01:34:23.46ID:8+1owrMs
ルビィ(そしてお姉ちゃんたちが卒業して、Aqoursは6人になった)
ルビィ(すごいんだよ。静真高校にスクールアイドル部はなかったから、千歌ちゃんたちと一緒にまた作ろうってことになって)
ルビィ(当時の生徒会長の月さんも快く承諾してくれて)
ルビィ(そしたら、入部希望者があんなにたくさん…!)
ルビィ(浦の星では、入学希望者が足りないって嘆いていたのに、静真ではスクールアイドル部がパンクしそうなくらいの入部希望者が来て、ルビィもあの時はちょっと驚いちゃった)
4:
名無しで叶える物語(舞妓どすえ)
2019/02/20(水)01:36:12.49ID:8+1owrMs

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1550236007/
1:
名無しで叶える物語(しうまい)
2019/02/15(金)22:06:47.45ID:j3Qh/fZw
理亞「あ、あなたは?」
??「私ですか? 私の名前は、そう。神聖にして賢良……」
??「ホーリーグッド。スクールアイドル仮面、ホーリーグッドと。そう呼んでください」
理亞「ホ、ホーリーグッド……スクールアイドル仮面!?」
理亞(この仮面の人の佇まい、ただ者じゃない……このオーラ。もしかしたら姉様と互角!?)
理亞「あの! 私と一緒にスクールアイドルをしませんか!?」
H.グッド「ふっ。私の力が必要ならば応えましょう……」
H.グッド「行きましょうか。あなたの胸に誓った場所へ」バサッ

3:
名無しで叶える物語(茸)
2019/02/15(金)22:11:06.40ID:mWILKwb4
そりゃ互角だろうな…
4:
名無しで叶える物語(なっとう)
2019/02/15(金)22:15:13.70ID:fyJWIw6B
コスプレしたのね姉様
6:
名無しで叶える物語(しうまい)
2019/02/15(金)22:16:56.93ID:j3Qh/fZw



聖良「ふぅ。久しぶりに練習した」
聖良「さっそくホーリーグッドの紹介動画も撮るなんて。理亞もはしゃいじゃってますね」クスッ
聖良「どれ。ちょっとネットの反響でも見ておきましょうか」
聖良「……おお」
聖良「炎上してる……」
8:
名無しで叶える物語(茸)
2019/02/15(金)22:19:47.28ID:Vp91beqH
大草原
9:
名無しで叶える物語(湖北省)
2019/02/15(金)22:20:00.49ID:q6BtyZHz
卒業生がいたら炎上するのも当たり前だよなぁ?

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
2
3
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。