SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
媒体:おかしくねーしSSまとめ
<<
2018年06月
>>
438件取得
人気記事順表示
<<
0
1
2
3
>>
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1527886310/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/06/02(土)05:51:51.06ID:YNg9pRKS0
亜美真美「おはおは→!」
響「はいさい、亜美、真美、今日は一段と元気だな」
亜美「んっふっふ?、ひびきん、亜美と真美を見て、何か気づくことない?」
響「また入れ替わってるとか?」
真美「ぶー!」
響「じゃあ髪型変えた?」
亜美「うーん、おしい!」
響「う??ん、分かんないぞ!おしえて!」
真美「実はね、ドライヤーを変えたんだよ!」
響「ええ?なにそれ…そんなの気づくわけないぞ…」
亜美「特別なマイナスイオン?が出るドライヤーを割り勘で買ったんだよねー!」
真美「ねー!スチームも出るんだよ!すごいっしょ!」
響「ああ、結構前から流行ってるよね、マイナスイオンって」
亜美「亜美たちのは普通のマイナスイオンと違って、…何て名前かは忘れたけど、チョー凄そうな名前だったよね!」
真美「マイナスイオンより効果があるんだって!」
響「へえ、最近の科学ってすごいんだなあ…」
伊織「ちょっと待った!」
響・亜美真美「!」
伊織「マイナスイオンに効果なんてないわよ」
響「そうなのか?」
伊織「そうよ、実際にマイナスイオンの効能を謳って差し止められた商品もあるんだから」
亜美「でもでも、亜美たちのはマイナスイオンって名前じゃないし、効果もあるって書いてあったよ!」
律子「さっき言った商品差し止めとかで、マイナスイオンに効果がないことが広まったから名前を変えてるだけよ」
真美「なあんだ…あのドライヤー、高かったのにね」
亜美「うん…」
響「…」
伊織「ま、まあ、スチームで保湿効果はありそうだし、無駄じゃないんじゃない?」
真美「そ、そだね!そう思うことにする!」
亜美「いおりんあんがと!」
伊織「科学的な名前に騙されて、効果もない無駄に高いもの買わされないように、これからは気をつけなさい!」
亜美真美「ィエッサー!!」
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1399449309/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/05/07(水)16:55:09ID:dL3gmNng
「やった…やったってばよ!」
ナルトが振り返る。
ぼろっぼろのその顔に、満面の笑みを浮かべて。
そうだ、全ては終わったんだ。
俺の後ろから、歓声と足音が押し寄せる。この戦いに関わった全ての人が、ナルトに駆け寄る。
英雄を、祝福するために。
もみくちゃにされた挙げ句、終いには胴上げされて投げ飛ばされているあいつを見ていると、不思議な気分になる。

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/05/07(水)17:02:23ID:dL3gmNng
何年ぶりかの共闘を終えてしまうと、
まるで、ナルトとはずっとずっと第七班として一緒に過ごしていた気さえしてくる。
あいつと過ごした時間より、敵対的していた時間のほうが長いというのに。
ただ、強いて言うならあの胴上げを少し離れたここから見ている、その距離は、確かに埋まらない時間を表している気もする。
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/05/07(水)17:12:12ID:dL3gmNng
―――――だめだ。
まだ、俺は考え事をゆっくりとするわけには行かない。
俺には、まだやり残したことがあるのだから。
なにも、戦争の手伝いをしてやるためだけにわざわざ来たのではない。
むしろ、こちらのほうが本題だった。
やっと胴上げから解放されたらしいナルトに声をかけた。
「ナルト、こんな時に何だが、二人で話をしたい」
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/05/07(水)17:27:46ID:dL3gmNng
「おー、でっかい月だってばよー」
第一声はそれだった。漆喰で塗りつぶしたような空を見ながら、ナルトは大声で呟く。
浮かぶ満月は異様に眩しく、辺りは充分に明るい。
俺とナルトが二人になることに反対したヤツも多かったが、結局ナルトはその声を押しきり、ここに来たの
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1433167863/
1:
◆//lmDzMOyo
2015/06/01(月)23:11:13.48ID:hv7zoXDbo
俺ガイルのSSです。
多分短編です。
手書き設定なので、顔文字は使用しません。

2:
◆//lmDzMOyo
2015/06/01(月)23:12:08.35ID:hv7zoXDbo
2月1日(日)晴れ
今日は日曜日だったので、優美子と姫菜と一緒に映画にいってきた!
今話題の恋愛映画で、ちょー感動した!
姫菜なんかは「あれがハヤ×ハチと考えれば……ぐふふ」とかよく分からないことを言って鼻血を出してたけど。
優美子もいつも通りにぎたいしろしなんて言いながら手当てしてた。すっかり慣れてるなぁ。
そんな映画の感想を言い合ってると、優美子が突然そういやヒキオとはどうなってんの? なんてことを聞いてきた。
最初なんのことってとぼけてたけど、優美子はさっきの恋愛映画のことを引き合いに出しながら結構色々言ってきた。
優美子がヒッキーのことを話題に出したことなんてなかったのに、この前の隼人くんの進路のことがあってからヒッキーへの印象が変わったのかな?
さっき恋愛物見たばっかだから、ヒッキーのことを考えると、その、ちょっといろいろ考えちゃうっていうか……
姫菜はにやにやしてるだけで止めないし。姫菜だってとべっちと何かあったりしないの!?
さすがに優美子もいるところじゃ聞けないけどさ!
3:
◆//lmDzMOyo
2015/06/01(月)23:12:35.98ID:hv7zoXDbo
2月2日(月)晴れ
今日から学校!
月曜の朝はちょっと起きるのがめんどくさい……。
でも部活もあるから、学校に行くのは楽しみだよ!
奉仕部に行くと、いつも通りゆきのんとヒッキーがいた。
ゆきのんは今日もずっと本を読んでいたけど、話しかけるとちゃんと反応してくれる。
うん、やっぱこの奉仕部の感じが大好きだ。
でも、昨日のあれがあったせいでヒッキーのことを見るとちょっと意識しちゃう。続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1433052242/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/05/31(日)15:04:12.31ID:/gEKDR1M0
結衣「もう、なんだかんだで3月だね」
雪乃「ええ、そうね。もうすぐ新学期ね」
結衣「あ?そう考えたら、ちょっと寂しくなってくるよ?」
八幡「そうか?寂しくなる必要なんかないだろ」
結衣「もう、ヒッキーは…2年生もあと少しで終了なんだよ?」
結衣「せっかく、この1年色々あったこと振り返ってたのに」
八幡「……」
八幡「この1年ね…」
八幡(ま、確かに色々あったな…)


2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/05/31(日)15:06:17.75ID:/gEKDR1M0
雪乃「駄目ね、由比ヶ浜さん。彼に期待するだけ無駄だわ」
雪乃「比企谷君は、これまでのトラウマで思い出というのを記憶したくない回路が
出来上がってしまっているのよ」
八幡「なんで知ってるんだよ」
結衣「ホントなんだ…」
八幡(しかし、俺の一生分の思い出に相当するんじゃね…この1年間は)
雪乃「今日は、このくらいで終わりにしましょうか」
結衣「もう疲れたよ???」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/05/31(日)15:07:26.13ID:/gEKDR1M0
八幡「いや…まだ、高1の範囲だろ…ここで躓いてどうすんだよ」
結衣「ヒッキーて意外と勉強できるよね、ホント意外」
八幡「うっせ、意外は余計だ」
雪乃「大丈夫よ、由比ヶ浜さん。彼には勉強くらいしか誇れるものがないから」
八幡「お前はもっと余計だ…トラウマ増やさないでくれますかね」
雪乃「あら?こんな程度の悪口、あなたからすれば軽い挨拶にもならないでしょ?」
八幡「悪口って言ってるよ…でもその通りだ」
雪乃「誇れることじゃないわよ」
結衣「……」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIP
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1517845217/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/02/06(火)00:40:17.88ID:AJMtJck60
ガヴリールの家
ガヴリール「またやられちまった!あああああぁぁぁぁっっーーーーーもう、腹が立ってきたーーー!!」
ガヴリール「こうなったら鬱憤晴らしにヴィーネ達にカンチョーをお見舞いしてやるか」キランッ
ガヴリール「まず、カンチョーをお見舞いする相手はヴィーネにしよう……。よし、さっそくあいつの家に……」ニヤリ

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/02/06(火)00:45:15.67ID:AJMtJck60
ヴィーネの家
ガヴリール「いやあ、悪いねー。急に来てあがりこんじゃってさぁ」
ヴィーネ「ほんと急よね。まぁ、ガヴの行動には多少慣れてきたから別に構わないけど」
ガヴリール「慣れてきて助かる」
ヴィーネ「はぁー。じゃあ、ちょっと待てて…お茶でも入れるから」スタスタ
ガヴリール(バカめ、私に背を向けやがって)ニヤニヤ
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/02/06(火)00:54:48.61ID:AJMtJck60
ヴィーネ「そうそう。ガヴ、用事ってなn」トクトク
ガヴリール「(今だ!)カンチョッ?」ブスッ
ヴィーネ「ひ゛き゛ゃ゛あ゛あ゛!?」
ガヴリール「わはははははっ、大成功!!」
ヴィーネ「……っ……っ」プルプル
ガヴリール「くぅ?、少しだけスカッとしたぜぇー。」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/02/06(火)01:02:33.97ID:AJMtJck60
ガヴリール「んじゃあな、ヴィーネ。」スタスタ
ヴィーネ「…………ガヴ」
ガヴリール「んっ…なんd、ヒィッ!!??」ビクッ
ヴィーネ「」ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1516119724/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/01/17(水)01:22:04.80ID:J/b+6rhJ0
ガヴリール「このパソコン、もう古いなぁ…。あ?あ、新しいのが欲しいなぁ」
ガヴリール「という訳で買ってよ、ヴィーネ?」
ヴィーネ「って、何が…という訳よっ!?そんな高いモン、気軽にねだるなぁっ!!!」
ガヴリール「ちぇっ!あ?あ、どうせだったら童話の「き○りの何とか」みたく泉に落としたらいいもんが貰えるとか、そういう展開が起きないかなぁ…」
ヴィーネ「なによそれ…あっ、そうだ!そうそう…ない事はないわね…」
ガヴリール「そうだよなぁ…そんな都合よk……えっ?」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/01/17(水)01:38:23.25ID:J/b+6rhJ0
ヴィーネ「ラフィエルの泉?♪」バァーン
ガヴリール(某漫画の青いタヌキが言いそうな台詞だな……)
ヴィーネ「ちょうど、あって良かったわ」
ガヴリール「なんだ…マットみたいなもんに水が張られてるだけだろ?」
ヴィーネ「実はね、ここのスイッチを回して…」カチカチ
ヴィーネ「次にこの泉に物を投げ入れれば……えぇと試しに投げ入れる物は…いいや、この食べかけのメロンパンで…」ポイッ
ガヴリール「いつ食べたんだ、それ?」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/01/17(水)01:48:38.91ID:J/b+6rhJ0
ピカァーーーーーッッッ!
ラフィエル「………」
ガヴリール「っ!?」
ラフィエル「ふふふっ、貴方が落としたのはこの大きなメロンパン、ですか?…それともこの食べかけのメロンパン、ですか??」
ガヴリール(でかっ!!あの大き目のメロンパン…私の体が隠れる程大きくねえかっ!?)←ラフィエルだと気付いてはいるが、面倒だから敢えてツッコまない。
ラフィエル「ツッコミをしないガヴちゃん、もしかしてわざと困らせる…
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1529307655/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/06/18(月)16:40:55.80ID:tmyFMPJ00
※忍殺要素はありません。

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/06/18(月)16:42:34.75ID:tmyFMPJ00
秋山「試合前の挨拶がですか?」
沙織「そうそう、やれ貧弱な戦車だ、とかその程度の学校が、とか」
麻子「公式戦の相手に言う台詞じゃないな」
秋山「まぁ、そう深くとらえないでいいんですよ」
みほ「そうそう」
みほ「戦意高揚の為に試合前のアオリ・アイサツは一度までなら許されてるからね」
沙織「ええ……何それ」
秋山「古くは聖グロリアーナ発祥と言われ」
秋山「折しもプロレスブームのマイクパフォーマンスにあやかって戦車道女子の間で定着したんです」
沙織「えぇー……いいの? 戦車道って礼に始まり礼に終わる、んでしょ?」
みほ「それが理想なんだけど、やっぱり結構荒っぽい勝負事ではあるから」
みほ「勝った時も負けた時も一切態度には出さずっていうのは難しくて」
みほ「むしろお腹に貯まって慇懃無礼になっちゃったりして」
秋山「そういうのを解消するために、試合前はビッグマウスで、試合後には互いの健闘をたたえ合う」
秋山「そういう暗黙のルールみたいなものがあるんですよ」
みほ「勿論公式じゃないけどね」
麻子「西住さんもやったのか」
みほ「私は……一二度やって、向いてないって言われちゃって」
みほ「殆どエリカさんが引き受けてくれてたよ」
沙織「お姉さんは?」
みほ「お姉ちゃんは必要最低限のことしか言わないから……結局隊長副隊長が揃って嫌な事を押し付けちゃうことに」
麻子「普段の態度から見るに適任と言う気もするが」
華「というか、聖グロリアーナが発祥なんですか?」
秋山「と、言われています。聖グロの図書館には格言集の横に煽り文句大全が並んでいるとかいないとか」
秋山「実際うちとの練習試合でもまず
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1529246094/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/06/17(日)23:34:54.46ID:NAG0HWtn0
ブロークン・アロー〔航空軍事用語〕
「折れた矢」の意
核またはそれに準ずる兵器の紛失を現す暗号コード名

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/06/17(日)23:37:19.30ID:NAG0HWtn0
【ROUND1ボクシングリング】
海未「はぁー…はぁー」
絵里「ふぅ……はッ」
希「いけーそこやそこ!」
凛「海未ちゃんもっと前に出るにゃー!」
にこ「絵里、遊んでないでさっさと仕留めなさい!あんたに賭けてんのよッ」
絵里「どうしたの。もうお終い?」クイクイ
海未「っ…!」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/06/17(日)23:38:40.04ID:NAG0HWtn0
海未「はぁッ!!」
絵里「おっと」
絵里「くすっ…がむしゃらな攻めも嫌いじゃないけど」
絵里「あんまり真っ直ぐでも痛い目見るわよ。こんな感じにッ!」
海未「ぐっ…!」
希「アイタタ…今のカウンターもろ入ったなぁ」
5:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/06/17(日)23:40:06.95ID:NAG0HWtn0
絵里「いつも言ってるでしょ…ボクシングの基本は左左っ」
絵里「左…が来ると見せかけて右を食らわせるッ」
海未「がはっ…っっ、っ」
凛「あーあ、勝負あったね」
にこ「バンザーイ!今夜はビフテキ!バンザーイ!」
7:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/06/17(日)23:40:48.86ID:NAG0HWtn0
海未「っ…ぜぇ、はぁ…はぁ」
海未(また、負けてしまいました)
海未(いつもこう…彼女には敵わない)
海未(私では――)
スッ
絵里「ほら手を貸すわ」
海未「
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1517695139/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/02/04(日)06:58:59.79ID:2yjmQI5jO
それはほんのちょっと見栄から始まった。
絵里「ふふ??ん。美味しそうなチョコレートがいっぱいだわ。買って帰って亜里沙と食べようかな?」
穂乃果「あっ!絵里ちゃん」
絵里「あら?穂乃果にことり。何してるの?」
穂乃果「チョコレート買いに来たんだよぉ」
ことり「もうすぐバレンタインだもんね」
絵里「あ?、そっか。なるほど」
穂乃果「絵里ちゃんもそうでしょ?」
絵里「え?」
穂乃果「うわ?絵里ちゃんの持ってるチョコレート高級そうだねぇ」
絵里「そ、そう?」
ことり「あっ!もしかして、素敵な人にあげるのかな?」
穂乃果「え?そうなの?絵里ちゃん恋人いるの?」
絵里「え?いや…」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/02/04(日)07:03:44.61ID:2yjmQI5jO
穂乃果「そっか、そっか。流石絵里ちゃん。隅に置けないな?コノコノ?」
絵里「いや、あの…穂乃果?」
穂乃果「絵里ちゃんどんな人と付き合ってるの?カッコいい?優しい人?」
絵里「えっ…と…まあ…そんな所…」
穂乃果「そうなんだ?」
ことり「凄いな?絵里ちゃん」
絵里「い、いや…」
穂乃果「私達なんてチョコレートあげる相手海未ちゃんだもんね」
絵里「そうなんだ…」
穂乃果「うん。そうなの」
ことり「絵里ちゃんの恋人か?今度会わせてね」
絵里「そ、そうね。機会があれば…」
5:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/02/05(月)18:14:17.11ID:hZlSoxXDO
絵里「はあ…」
亜里沙「お姉ちゃんどうしたの?」
絵里「…なんでもないのよ?それより、チョコレート食べる?亜里沙と食べようかなと思って買って来たのよ」
亜里沙「ハラショー!
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1516982046/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/01/27(土)00:54:07.14ID:owfcZOGp0
『夢』
花丸「ええと……こっち曲がって……ふわぁぁ…眠いずら…昨日夜更かしし過ぎたかな…」
花丸「あ、あった…ホントにオラの家に近いずら…」
花丸「……取り敢えず入ってみよう」
花丸「こんにちは……」
曜「いらっしゃいませー……あ!花丸ちゃん!」
果南「お、意外なお客さんだ」


2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/01/27(土)00:55:35.36ID:owfcZOGp0
花丸「あ、果南ちゃんも…こんにちは」
果南「久しぶりだね、こっち帰ってきたんだ」
花丸「うん…マルの学校、ちょっと早く春休みに入るからもう帰ってきてたんだ…と言っても昨日来たばっかだけど」
果南「そっか?……学生はいいなぁ……」
曜「花丸ちゃん、何か食べる?」
花丸「ええと……とりあえずももとネギまで」
果南「あ、私も同じのちょうだい」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/01/27(土)00:56:18.52ID:owfcZOGp0
花丸「果南ちゃんお家からここ近いよね?よく来るの?」
果南「時々ね、海に入った後ってね…何となくお肉食べたくなるんだよ」
花丸「へえ……そうなんだ」
曜「間違いなく1番来てるお客さんだよ、果南ちゃんは」
果南「1番は善子でしょ」
曜「善子ちゃんは半分くらい皿洗いしに来てるから…」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/01/27(土)00:57:23.23ID:owfcZOGp0
曜「はいよ、ももとネギ…果南ちゃんの分はもうちょっと待ってね」
花丸「ありがとう…頂きます」
花丸「はむっ……うん、美味しいずら!」
曜「ふふっ、それは良かった」
果南「ほんと美味しいよね…
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1529230134/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/06/17(日)19:08:55.15ID:WSWCbt620
【部室】
花丸「ねえ聞いて、鞠莉ちゃん」
鞠莉「んー?」
花丸「この前ルビィちゃんがね」
鞠莉「うん」
花丸『ねぇ、きいてよはなまゅちゃあ?、きのうおねぃちゃあがね?』
鞠莉「んふふっ、ちょ、ちょっと待って?」
花丸「んもー、なんずら?」
鞠莉「えっ今のってルビィの真似?」
花丸「うん。似てるでしょ? 結構得意なんだ」
鞠莉「得意というより悪意を感じるんだけど」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/06/17(日)19:12:10.74ID:WSWCbt620
花丸「そんなことより、ルビィちゃんがね?」
鞠莉「うん」
花丸『ねぇぇ、きいてよぉん、はなまゅちゃぁぁん』
鞠莉「んふふふっ、ちょっと!!!」
花丸「なーんずらぁー」
鞠莉「盛ったわよね? さっきよりも……くふふっ、盛ったわよね?」
花丸「盛ってないってば。似てるでしょ?」
鞠莉「似て……んー似てるケド……ごめん進まないからそれナシで話して?」
花丸「止めてるのは鞠莉ちゃんずら……」
鞠莉「ソーリーソーリー」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/06/17(日)19:16:56.72ID:WSWCbt620
花丸「ルビィちゃんがね、ダイヤさんにまた怒られたって話をしててね」
鞠莉「あー……ダイヤも言ってたわねえ。お風呂上がりに食べようと思ってたデザートをまた盗られたって」
花丸「それを聞いてね、マルは、羨ましいなって思ったずら」
鞠莉「お風呂上がりのデザートが?」
花丸「……ねぇ鞠莉ちゃんさあ」
鞠莉「ん?」
花丸「わざと止めてる?」
鞠莉「えっ? あ、ごめんそんなつもりはなかったんだケド」
花丸「はあ、まったく……」
鞠莉「えーっと、
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1515399750/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/01/08(月)17:22:31.14ID:DrpX7OEf0
クールアイドル達の短編をオムニバス形式で
読まなくても問題ない前作
モバP「クールな事務所」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/01/08(月)17:23:44.39ID:DrpX7OEf0
[むーりぃー]
楓「乃々ちゃーん、レッスンの時間ですよー」
乃々「むーりぃー……」
楓「どうしてですか?」
乃々「楓さんとレッスンなんて恐れ多いんですけど……」
楓「そうですか?」
乃々「はい……だって楓さんは背が高くてカッコいいですし、歌も凄い上手いですし……」
乃々「森久保なんかとは格が違うんですけど」
楓「私はまだまだだと思っているのですけど……」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/01/08(月)17:24:28.39ID:DrpX7OEf0
楓「まあいきますよ、乃々ちゃん」
乃々「どうしてそんなに必死なんですか……今までこんなことなかったのに……」
楓「ふふっ、気になりますか?実は
レッスンのあと飲みにいく約束なんです」
乃々「うぅ……」
楓「いきますよ」
乃々「うぅ……」
楓「乃々ちゃん」
乃々「ひぃぃ……」
楓「乃々ちゃん」
乃々「……乃々はノーノーですけど……」
楓「!」ピキ-ン!
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/01/08(月)17:24:55.70ID:DrpX7OEf0
楓「乃々ちゃんもこっち側だったんですか!」
乃々「……え」
楓「受けて立ちますよ」
楓「避けられないお酒……なーんて」フフッ
楓「猫が寝転がる……うーん、いまいちですかね……」
乃々「なんか夢中になってるんですけど……」
乃々(なんとかやり過ごせそうです
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1517506804/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/02/02(金)02:40:04.50ID:aEaCNkc60
モバマスSSです
キャラ崩壊口調崩壊誤字脱字を含むかもしれません
モバPがP表記です
設定としては周子がアイドルを引退し結婚してから半年ぐらい経ったあとのお話になります。
それでもよろしければご覧下さい

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/02/02(金)02:41:03.16ID:aEaCNkc60
P「ふぁぁ?…ただいま?」
周子「お、おかえり!」スッ
P「ほいほい…いつも悪いな」
周子「もう今更やない?カバン持つぐらい」
P「いつも感謝してるってことだよ」
周子「真面目やねー」
P「どうも」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/02/02(金)02:42:40.17ID:aEaCNkc60
周子「今日はどやった?」
P「んまーいつもと変わらんよ。テキトーに仕事してテキトーに纏めてテキトーに終わらせた」
周子「テキトーやなー」
P「嫁さんがこんなだからかな」
周子「こんなって言うなこんなって!」
P「んじゃベッド周り見るからな?」
周子「それとこれとは話が別だよPさん」
P「せめてゴミはゴミ箱に捨ててくれ」
周子「違うんだよPさん、遠いんだよ」
P「真横じゃねえか」
周子「腕伸ばしても届かへんのよ?」
P「ちょっと立てば届くだろ」
周子「そのちょっとがめんどいっ!」キリッ
P「もうお菓子は俺の分だけでいいな」
周子「あー!今度からちゃんと捨てるから?!」
P「何度目だよ…」
周子「五回目かな?」
P「はぁ…まあいいわ、それより飯頼むわ」
周子「ほいほーい、できてるよん」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/02/02(金)02:45:1
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1517752070/
1:
◆hAKnaa5i0.
2018/02/04(日)22:47:51.07ID:r6doq2G00
(ある日の事務所)
P「ちひろさん。美優さん。俺もそろそろ覚悟を決めて大人になることにしましたよ…」
美優「!?」
ちひろ「…」
P「…もうファミレスのドリンクバーで飲み物を混ぜるのはやめます」キリッ
美優「」


2:
◆hAKnaa5i0.
2018/02/04(日)22:48:13.33ID:r6doq2G00
P「昨日、飛鳥たちとファミレスに行ったんですけどね。何気なくコーラとカルピスを混ぜていたら『童心をいつまでも持つのは恥ずべきことではないが、キミの振る舞いはあまりにもナンセンスだね』とものすごく冷たい目で睨まれていたたまれない気持ちになったんですよ」
ちひろ「さぁ。仕事仕事」スタスタスタ
P「ファミレスでの楽しみが1つ消えるのは悲しいですけど、これも大人ゆえの…って美優さん。どうしてそんな渋柿を頬張ってしまったような苦々しい顔をしているんですか?」
美優「いえ。まったく何も問題ありませんよ。プロデューサーさん」ハァァァァァァ
P「ドライヤーのごとく勢いある深い深い溜息をついておいて問題ないはないでしょうに」
3:
◆hAKnaa5i0.
2018/02/04(日)22:49:03.60ID:r6doq2G00
美優「プロデューサーさん」
P「何でしょう?」
美優「大人になりたいかー」オ-
P「…」
美優「…あ、あの」
P「はい?」
美優「そこは…ノってくれないんですね…」
P「美優さんのかけ声があまりにも新鮮でフリーズしてしまいました!」グッ!
美優「もう2度と言いません…///」カァァァァ
P「可愛らしかったので今度の特番でかけ声やってもらいましょうか」
美優「やめてくださいっ!」ヒャ-!!
4:
◆hAKnaa5i0.
2018/02/04(日)22:49:31.98ID:r6doq2G00
(しばら
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1529197739/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/06/17(日)10:08:59.83ID:4BvpQ+y6O
麗奈「おっはよー」
P「おはよう、麗奈」
麗奈「こら、いつも言ってるでしょ? アンタは手下なんだから、レイナサマには『おはようございます』よ!」
P「はいはい、おはようございますレイナサマ」
麗奈「それでよし。さーて、今日も悪事の限りを尽くすわよー」
P「ほどほどにな。ところで」
麗奈「ん?」
P「スカート、短くないか? 今日結構冷えそうだぞ」
麗奈「平気よ、平気。アタシが寒さなんかに負けると思う?」
P「割と」
麗奈「ちょっとは上司を信用しなさいよ!」
P「上司?」
麗奈「部下の反対は上司でしょ。まったく、5年経っても理解できないなんて……っと、それより」
P「どうかしたのか」
麗奈「昨日忘れ物したのよ。確かここの棚の上にあったはず……」ピョンピョン
麗奈「届かない……踏み台使おう」
P「とってあげようか?」
麗奈「いいわよこのくらい。アンタはあくせく働いてなさい」
P「あくせく……はは、りょーかい」
麗奈「よし、これで……んー、背伸びすればなんとか」
P「………」
P(スカート短いせいでパンツ見えそうになってる……)


2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/06/17(日)10:10:03.52ID:4BvpQ+y6O
麗奈「んー、このっ。あとちょっと」グイグイ
P(見てはダメだと頭ではわかっているのに、目が離せない……)
麗奈「これでどうだっ」
P(も、もう少し……)
麗奈「………」クルリ
P「あ」
麗奈「見てた?」
P「いや、俺はただ麗奈が踏み台から落ちないか心配していただけであって」
麗奈「パンツ見えた?」
P「ぶっっ!?」
麗奈「アハハッ!! ほんとわかりやすいんだから、Pは! イタズラ大成功ね♪」
P「
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1529238933/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/06/17(日)21:35:33.33ID:aYP+HjS60
桃井あずきちゃんのSSです。
Pドルものなので苦手な方はご注意ください。

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/06/17(日)21:36:20.41ID:aYP+HjS60
あずき「るんるんる?ん♪」
P「ずいぶんとご機嫌だな」
あずき「えへへっ、ディレクターさんから飴もらったんだ!」
P「あの人はあずきのことお気に入りだって言ってたからな」
あずき「ほんとに!?やったー!あずきのセクシー大作戦でメロメロになったんだね!」
P「いや、愛嬌あって甘やかしたくなるからって言ってた」
あずき「そっちかー!まぁ、あずきのことを好きになってくれればどっちでもいっか!セクシー大作戦、作戦成功でよし!」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/06/17(日)21:37:02.04ID:aYP+HjS60
P「それでいいのかセクシー大作戦……ところで、帰りは歩きでよかったのか?タクシーなら呼べたぞ?」
あずき「いいのいいの、駅まで歩いて行ける距離だってディレクターさんも言ってたし」
P「三十分くらいかかるって言ってたな」
あずき「それに、歩いて帰ればプロデューサーと長い時間一緒にいられるし!名付けて、二人でお散歩デート大作戦!……なーんて♪」
P「あー、そうだなー、あずきとデートできて嬉しいなー」
あずき「すごい棒読み!もー!バカにしてるでしょー!」
P「ははは、ばれたかー」ワシャワシャ
あずき「わーっ、髪が崩れちゃう?」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/06/17(日)21:37:34.72ID:aYP+HjS60
P「しかし、お散歩というにはちょっと曇り空だと思わないか」
あずき「確かに……」
P「今にも雨が降り出
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1529243898/
1:
◆t6XRmXGL7/QM
2018/06/17(日)22:58:18.12ID:NWWysjLdO
デレマスSS
女同士エロ注意。
(一応)ポリアモリー注意。
つまりわいだん事務所注意。
P出ません。クリは出るけど。
荒木先生の声帯実装、遅ればせながらもお祝い申し上げます。
諸行為は絶対に真似しないでください。逮捕や怪我では済まなくなる可能性があります。
小道具的な意味で繋がりがあるかもしれない過去作
ありす「……私の陰毛で筆を作りたい?」奈緒「ああ!頼むよ!」

2:
◆t6XRmXGL7/QM
2018/06/17(日)22:58:58.68ID:NWWysjLdO
ありす「アマチュアとは」
比奈「素人っスよ。同人でスから」
ありす「なるほど、素人。それはとても興奮しますね」
比奈「へ?」
ありす「いえいえ、こっちの話です」
3:
◆t6XRmXGL7/QM
2018/06/17(日)22:59:30.38ID:NWWysjLdO
ありす「世の中にはちん画家もいるようですから、当然まん画家もいなくては釣り合いませんよね。ちなみにぱい画家はやらないのですか?」
比奈「何の話だかさっぱりわからないんでスけど」
ありす「まん画家の話です」
比奈「ああ、ああ、そうだったっスね」
ありす「自前の道具以外に何か使われるんですか?」
比奈「んまー普通にペンとか鉛筆とかは市販のものっスよねー」
ありす「!?ペンも鉛筆も使うのですか!?」
比奈「?そりゃまあ」
ありす「なるほど、なるほど……」
ありす「まん画家、意外と大変そうですね……」
比奈(この子漫画家で何をイメージしてんスかね)
4:
◆t6XRmXGL7/QM
2018/06/17(日)23:00:07.15ID:NWWysjLdO
ありす「剃ったりとかしないんですか?」
比奈「何を?」
ありす「毛です」
比奈「……筆の毛を剃っちゃうのはもった
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1529241421/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/06/17(日)22:17:01.35ID:g/rvVNNO0
まゆP「合コン行かない?」
ありすP「おっ、行く行くー」
ありす「絶対合コン行けなくなるビーム!」ビビビ
ありすP「あばばば」ビビビ
ありす「ふぅ・・・まったく、私という者が居ながら・・・」プリプリ
ありす(やはり・・・未だ幼い私を、四年も待ってもらうのは、無理が有るんでしょうか・・・?)ウィーン
晶葉「おっ、ありすじゃないか」カチャカチャ
ありす「晶葉さん、借りてた光線銃、お返しします」
晶葉「ああ、そこに置いておいてくれ」カチャカチャ
ありす「・・・?何作ってるんですか?」
晶葉「高校生になれるスイッチだ!」
ありす「・・・ふむ」
ありす(もし私が高校生になったら・・・)ホワホワホワン

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/06/17(日)22:18:27.23ID:g/rvVNNO0
・・・
ありす「おはようございます」
P「!?ありすが可愛くて綺麗でナイスバディの女性になっている!?」
ありす「結婚しましょう。プロデューサーさん」
P「くっ、なんて魅力的な!しかし・・・大人として小学生に手を出す訳には・・・」
ありす「高校生なので合法です」
P「今すぐ結婚しよう。必ず幸せにしてやるからな・・・ありす」
・・・
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/06/17(日)22:19:11.05ID:g/rvVNNO0
ありす「これだッッ!」
晶葉「うわぁっ!?急に大きな声を出さないでくれありす!」
ありす「晶葉さん!そのスイッチ絶対に完成させてくださいね!」
晶葉「う、うん・・・」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/06/17(日)22:20:35.87ID:g
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1396706863/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/04/05(土)23:07:43ID:ITEov0hw
男「木の上にいるんだろう?」
妖怪「……」
男「降りておいでよ、話そう」
妖怪「……何も話すことなどない」
男「そう言わずに」
妖怪「失せろ」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/04/05(土)23:10:29ID:ITEov0hw
男「いいじゃないか、話したいんだ。暇だろう?」
妖怪「勝手に声をかけておいて暇妖怪認定とは……」
男「実際暇だろう?」
妖怪「私にはここでこの地域を見守る義務があるのだ」
男「そこの鳥の巣を見ていただけだろう?」
妖怪「……」
男「雛が孵っているね。よかったな」
妖怪「だまれ」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/04/05(土)23:14:43ID:ITEov0hw
男「ここは俺の通学路なんだ」
妖怪「勝手に語りだすな。私には関係ない」
男「だから知ってる。君が俺に気づいていたことも、その巣をずっと見守っていた事も」
妖怪「黙れと言っている」
男「俺が君の事を認識できている事には気づいていなかったみたいだね」
妖怪「何かうるさい人間が喚いているな。頭がおかしい奴なのだろうか」
男「さっき声をかけた時にビクッとしてた気配が伝わってきたよ」
妖怪「だまれ!!」
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/04/05(土)23:18:33ID:ITEov0hw
男「毎日そわそわしながら巣を見続ける毎日だったね」
妖怪「うるさい」
男「雨の日は巣が落ちないかどうか心配そうだったな」
妖怪「だまれだまれだまれ」
男「そっと巣の土台部分の木の枝を増やしてやったりしていたね。
  親鳥が巣を離れた少しの間に、気づかせないように」
妖怪「なんなのだお前は」
男「優しいんだな」
妖怪「なんなのだお前は!!」続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1396692898/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/04/05(土)19:14:58ID:rZ9veDGU
4月なので

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/04/05(土)19:16:20ID:rZ9veDGU
男「明日から高校生!」
男「中学時代は友達がいなかったけど、高校になったらできるはず!」
男「頑張るぜえええええええええ!」
妹「うっさい兄貴! 明日から学校でしょ! 早く寝な!」
男「さーせん!」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/04/05(土)19:17:04ID:rZ9veDGU
?入学式?
男「よろしく!」
友「おう、よろしくな!」
男「……えっとその、部活はいるの?」
友「お、おう。ボクシングやろうと思ってる」
男「……そうなんだ! 俺は帰宅部だな! え、あ、その文化部も運動部も向いていないと思って」
友「そうなんだ。……えっと、緊張しなくていいよ?」
男「……え? あ、うん、ごめん」シュン…
友(会話のテンポ悪っ……。なんか合わなさそう)
男(ぎこちなかったけど話せたぞ!)
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/04/05(土)19:17:34ID:rZ9veDGU
?入学3日目?
友→同級生A「おはよう」
男「お、おはよう」
男(なんかぎこちないな。話すのやめたほうが相手にもよさそうだ)
?入学5日目?
同級生A「ワイワイノワイワイノ」
男「……勉強しよ」ボソッ
男(……俺には友達づきあいに向いてないんだ。一人の方が楽なんだ)
?入学10日目?
カリカリカリカリカリカリカリカリ……
男 チラッ    クラスメイト ワイワイガヤガヤ
男(……周りを見るな、目の前の問題に集中しろ)
男(周りを見てもいいことはない……今だって、胸が痛んでいるんだろ)
男(7a+14ab+.......数学は素晴らしい。全てを忘
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1529219300/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/06/17(日)16:08:20.77ID:mXL/vBYN0
ヒュゥゥゥゥ…
ペタッ… ペタッ… ペタッ…
ペンギン「やれやれ、やっと町に着いたか……」
ペンギン「どれ、冷たい氷水でも飲むとしよう……」
ペタッ… ペタッ… ペタッ… ペタッ… ペタッ…

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/06/17(日)16:10:09.71ID:mXL/vBYN0
―酒場―
ペンギン「……」
店主「ペンギンの客が来るなんてのははじめてだ……ご注文は?」
ペンギン「氷水を」
店主「……」ビキッ
店主「お客さん、冷やかしですかい?」
ペンギン「冷やかしじゃない。お冷やをくれ」
店主「ふざけんなッ! うちは酒場なんだ! 酒飲まねえなら出てけッ!」
ペンギン「……」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/06/17(日)16:13:47.66ID:mXL/vBYN0
女記者「だったら、こういうのはどう?」
店主「!」
女記者「この店で一番高いお酒をちょうだい。あとついでに氷水も」
店主「そんならかまいませんが……」
店主「どうぞ」スッ
女記者「どうも?」グビグビ
女記者「ぷはっ、おいしい!」
女記者「はい、ペンギンさん。氷水(これ)は私からのおごりよ」スッ
ペンギン「……ありがとう」ゴクゴク
ペンギン「うまい」
ペンギン「おかげで、人心地がついたよ」
女記者「ふふっ、それはよかった!」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/06/17(日)16:15:07.91ID:mXL/vBYN0
女記者「じゃあ、今度は私の頼みを聞いてくれる?」
ペンギン「もちろんだ」
女記者「それじゃ……」
女記者「私、旅をしな
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1422103656
1:
相反するインキュベーター◆d1bIho9adc
2015/01/24(土)21:47:36ID:d8Q
ほむら「zzz……」ホムホム
杏子「こないだはうまい棒でやって失敗したじゃん?」
さやか「せやね」
杏子「かと言ってポッキーじゃもう物足りないじゃん?」
まどか「ガバガバだしねぇw ウェヒヒ」
杏子「と言うことで新しい物を用意しました」ジャジャーン
マミ「チューチューアイスね!」
第1話
杏子「ほむらのケツにポッキー刺す遊びしようぜwwwww」
第2話
杏子「ほむらのケツにうまい棒挿す遊びしようぜwwwww」

4:
相反するインキュベーター◆d1bIho9adc
2015/01/24(土)21:50:54ID:d8Q
杏子「これならもしほむらが漏らしても大丈夫だろ!」
マミ「そうね、外側もプラスチックだからスムーズに入りそうだし」
まどか「でも冷たいとすぐバレないかなぁ…」
杏子「冷凍しとくべきじゃなかったな…」
さやか「まあまあ、ものは試し! じゃあいつも通りさやかちゃんから行っきまーす!」
マミ「緊張の一瞬ね…」ゴクリ
さやか「25戦14敗…これ以上負けは重ねられないのだー!」ピト
ほむら「zzz……」ホムプルッ
さやか「おっとぉ!」サッ
6:
相反するインキュベーター◆d1bIho9adc
2015/01/24(土)21:53:37ID:d8Q
さやか「ねえ杏子、これちょっと難しいんじゃない?」
杏子「一気に入れちまえば意外に大丈夫なんじゃねーか」
さやか「そう言うもんかなぁ…えい!」ズプゥ
まどか「わっ! さやかちゃん大胆!」
ほむら「zzz……」ホムホム
マミ「暁美さん気付いてないわ! 成功ね!」
ほむら「……んぅ…何?…冷た」
マミ「あら…?」
杏子「あ。やっぱダメだった」
7:
相反するインキュベーター◆d1bIho9adc
2015/01/24(土)
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1396792566/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします2014/04/06(日)22:56:06ID:QaAjwmJ2
?教室?
まどか「ふふ?ん♪」
まどか「ふんふ?ん♪」
…スタスタ
ドンッ
まどか「あ、ご、ごめんなさいっ」
ほむら「…いいえ、私のことは気にしないで」
まどか「あ…ほ、ほむらちゃん…」
ほむら「それより、あなたは大丈夫?ケガはない?」
まどか「…う、うん」
2:
以下、名無しが深夜にお送りします2014/04/06(日)22:57:21ID:QaAjwmJ2
ほむら「ちゃんと前を向いて歩かないと、ケガするわよ」
まどか「ご、ごめんなさい…」
ほむら「何かに見とれていたの?」
まどか「ううんっ、そういうわけじゃないんだけど…」
ほむら「…?」
まどか「…恥ずかしい話なんだけど、鼻歌歌ってて…」
ほむら「ふふ、まどからしいわね…」
まどか「うんっ、最近ね、ミスチルをよく聞くんだあ」
ほむら「…そうなの」
まどか「ほむらちゃんも聞いてみて、本当にいい曲ばっかりだからっ」
ほむら「そうね、時間があれば」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします2014/04/06(日)22:59:20ID:QaAjwmJ2
放課後 
 ?マミの家?
まどか「でね、この『もっと』って曲は……」
さやか「まどかは本当にミスチル好きだよねえ」
まどか「だって、良い曲ばっかりなんだもん」
杏子「アタシは『しるし』くらいしかわかんないなあ」
杏子「でも確かにあれだけ、有名だからすごんだろーな」
杏子「アタシももっと聞いてみよっかなあ」
まどか「うんっ!せひ聞いてみてっ、杏子ちゃんっ」
4:
以下、名無しが深夜にお送りします2014/04/06(日)23:00:59ID:QaAjwmJ2
さやか「あたしは、『渇いたkiss』とか好きだなあ」
まどか「さやかちゃんも結構知ってるじゃん」
さやか「いやあ、お母さんがね、一枚
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1529231600/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/06/17(日)19:33:21.27ID:AcN46w470
千早「春香、実は話したいことがあるの」
春香「話したいことって??」
千早「実は・・・」
千早「私アイドル辞めてラーメン屋になりたいの?」
春香「(゚Д゚)ハァ?」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/06/17(日)19:34:18.44ID:AcN46w470
ガチャ
P「ハァハァ…春香…大変な事って何があったんだ?」
春香「プロデューサーさん。実は、千早ちゃんが・・・」
春香「アイドルやめてラーメン屋さんなりたいって言ってます」
P「(゚Д゚)ハァ?」

3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/06/17(日)19:34:56.42ID:AcN46w470
千早「突然、ラーメンと聞いて驚いてるみたいですねプロデューサー」
P「おう、別にラーメンじゃなくてもだが」
P「驚きが隠せねぇよ!!」
千早「フフ、やはり今をときめく大人気ラーメン店PS家」
P「千早?なぜそれを?」

4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/06/17(日)19:35:27.32ID:AcN46w470
千早「私が何も知らないとでも?」
千早「一週間前の日刊ラーメン新聞でPS家オーナーが暴露していましたよ」
P「?」
千早「このラーメンを作ったのは自分の兄だとね!!!!!!!」
春香(話についていけない・・・)

5:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/06/17(日)19:35:59.31ID:AcN46w470
P「そこまでバレているようでは仕方ない」
P「俺が千早のラーメンを採点してやろう」
P「それで千早が俺の作った究極のラーメンを超えているなら」
P「俺は何も言わない」続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1529235983/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/06/17(日)20:46:23.39ID:WY8rOYY/0
ああ、よく来たね。
・・・なあに、大した話でもないさ。酒はサービスするよ、料理は今作っているから楽にしていてくれ。

2:
◆OtiAGlay2E2018/06/17(日)20:55:11.17ID:WY8rOYY/0
どうだい?この店は。大衆食堂としてはいかにもといった感じだろう?最近はチェーン店も増えてきたが味ではよそには負けない自信はあるよ。安く、おいしく。それがうちウチのモットーだ。チェーン店なんかに負ける気はそうそうないさ。
小さいときから料理は好きだった。料理を始めたきっかけは今では忘れてしまったが、いつのまにか鍋をふるようになっていた。
そんな私だから大人になって、自分だけの城を構えて料理を振るうようになるのは初めから決まっていたことなのかもしれない。
3:
◆OtiAGlay2E2018/06/17(日)20:59:06.57ID:WY8rOYY/0
ああ、悪いね。
この店は禁煙なんだ。
いや、別に私が煙草が嫌いなわけじゃないさ。あの子のためと思って思い切って禁煙にしたんだ。
お客さんもみんな承知の上だ。
なんて言ったってあの子はこの店のアイドルだからな。
おっと、今はみんなのだったな。
それは君のほうが詳しいだろう。
4:
◆OtiAGlay2E2018/06/17(日)21:00:01.92ID:WY8rOYY/0
すまない、話しが横にそれてしまったね。
成長して、それなりに名の売れた場所で修業を積んだ私は一国一城の主となった。それがこの店だ。
自分で言うのもあれだが、これでも有名なホテルやレストランの注文からオファーは来てたんだ。
だけど私は自分の城を構えることを選んだ。
私は自分の料理でお客さんを笑顔にすることが好きなだけだったし、なによにそれを間近で見たかったからね。

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1529219502/
1:
◆U2JymQTKKg
2018/06/17(日)16:11:42.29ID:qNud4UHwO
紗代子と歩のちょっとした伝奇もの。
短めです。

2:
◆U2JymQTKKg
2018/06/17(日)16:12:39.39ID:qNud4UHwO
「そういえば、こっちではイエオクリをしないんだったな」
 耳慣れない言葉に足を止める。振り向くと先ほどまで隣を歩いていた歩さんが足を止めていた。
「すみません、上手く聞き取れなかったんですが……。イエオクリ、ですか?」
「ああ、あってるよ。イエオクリ」
 歩さんは優しい口調で答えると顔を横に向けた。つられて私も歩さんの目線の先に目を向ける。
「……空き家、ですね。もう何年も誰も住んでいないみたいですけど」
 木造の平屋建て。玄関前の電球は割れ、郵便受けは赤いペンキほとんど剥がれ落ちて日焼けした広告が突っ込まれている。玄関と門の間の小さなスペースには自己主張の激しい野草が青々と立ち塞がり、黄色いちょうちょが羽を休めている。
「アタシの地元だとさ、こういう家はイエオクリをするんだよ」
 歩さんは道端のねこじゃらしを手に取り、くるくる回し始めた。
3:
◆U2JymQTKKg
2018/06/17(日)16:13:42.11ID:qNud4UHwO
「まず、敷地に生えた草を全部刈り取るんだ。庭も、玄関も、全部。次にドアと窓を全部外す。壊すんじゃなくてね」
「……全部、ですか?」
「ああ、玄関も勝手口も寝室も。もちろんトイレもだ。納屋があるならそのドアも外す。で、そのドアを全部家の中にいれて、一枚一枚重ならないように並べていく。廊下や部屋にね」
 頭の中でその様子を想像する。床一面に広げられたドアと窓。まるで図書館の虫干しのようだ。
「面白いですね。でも、なんで床に並べるんですか?まるで床下から誰かが出てくるのを……。あ、そうか!氏神様ですね」
 歩さんは首を横に振って、ねこじゃらしの茎を折った。
4:
◆U2JymQTKK
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1432965305/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/05/30(土)14:55:05.22ID:ZOUzlPqsO
【やっはろー】
ガラララ
八幡「うっす」
雪乃「あら今日は早いのね」
八幡「まぁな、あいつより先に来たかったからな」
雪乃「…そうね」
八幡「なぁ、雪ノ下…」
雪乃「何かしら?」
八幡「相談したいことがあるんだが」
雪乃「…」
八幡「…」
雪乃「…言わなくてもいいわ。だって私にはその内容が分かってるのだから」
八幡「そ、そうか。じゃあ…」
雪乃「ええ、いいわよ。比企谷くん私もあなたに…」
ガラララ
八幡・雪乃『!?』
八幡「よせ!由比ヶ浜!!」
結衣「やっはロウゥゥゥゥゥゥゥウウッ!!!!」ドワァアア


3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/05/30(土)15:14:13.54ID:ZOUzlPqsO
静「…っ!またやったのか由比ヶ浜…」
結衣「あっははは、すみません。ついくせで…」
静「ああー、机も椅子も全部吹き飛ばされてるじゃないか。窓なんて粉々だ。おい二人とも、大丈夫か?」
八幡「先生、俺奉仕部やめます」
雪乃「私もそうしたいのだけど」
結衣「えっー!!二人ともひどい!」
八幡「ひどい!じゃねーよ!!毎回毎回入ってくるたび『やっはろー』やりやがって!こっちのもみにもなれ!」
雪乃「私も同意見だわ。正直、いつ死ぬかわからない」
結衣「じゃあもうやらないから!ね!二人とも辞めないでよ〜」
八幡「いや…お前それ昨日も言ってたじゃん。で、今日の朝早速、海老名と三浦吹き飛ばしてたじゃん」
結衣「あれは…でもあれは3段階中の2だから大丈夫だよ!」
八幡「大丈夫じゃねーよ!それでも受ける側は転んじゃうんだよ!」
雪乃「由比ヶ浜さん、あなたの『やっはろー』は治らないのだから、明日から口にガムテープを貼って来なさい」
結衣「そんなゆきのんま
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1433127776/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/06/01(月)12:03:07.02ID:0pC21EX50
八幡「一夜を過ごした」
上記のタイトルの後日談になります。よろしくお願いします

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/06/01(月)12:04:27.21ID:0pC21EX50
部室
雪乃「……」
八幡「……」
結衣「……」
八幡(さっきから、沈黙がきついんですが…)
八幡(それもこれも、あのフードコートでの一件のせいで…)
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/06/01(月)12:06:36.33ID:0pC21EX50
回想
ギュウ??
雪乃「あ、比企谷く……ん…」
八幡「よ、よう…」
雪乃「どうして二人はくっついてるの?」
いろは「雪ノ下先輩、お騒がせしました!痴話げんかに巻き込んでしまってすみません」
雪乃「…」
結衣「あちゃ??」
八幡「雪ノ下…その…すまん」
雪乃「そういうことね」
いろは「そういうことです、私達ラブラブですから」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/06/01(月)12:07:48.38ID:0pC21EX50
雪乃「先ほどの会話で、比企谷君は私を選んでくれたのかと思っていたけれど…」
雪乃「どうやら、勘違いだったみたいね」
いろは「それ、すごく痛いですよ?どう聞いたら、先輩が選んだことになるんですか?」
雪乃「泣きながらこの場から走り去った人の言葉とは思えないわね」
いろは「う…」
雪乃「でも、とても残念だわ」
八幡「雪ノ下…」
雪乃「比企谷君」
八幡「なんだよ…?」
雪乃「ホワイトデー、楽しみにしてるわね」ニコ
5:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/06/01(月
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1529156796/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/06/16(土)22:46:36.55ID:FGZzfSUj0
※まほチョビ要素があります。
※西住母娘がぽんこつです。
※常夫さんはずっと半笑いです。

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/06/16(土)22:48:07.16ID:FGZzfSUj0
まほ「お母様は、アンツィオのドゥーチェアンチョビを御存知ですか?」
しほ「スカウトされてから三年でアンツィオの戦車道を立て直した」
しほ「辣腕で知られる安斎千代美さんですね。知っていますよ」
まほ「はい。自身も優秀な選手であるにもかかわらず」
まほ「ひたすら後進と自らの信じる戦車道そのものの為に身を捧げた」
まほ「尊敬すべき人物です」
しほ「そうね。それで?」
まほ「しかしもう十分でしょう」
まほ「安斎もこれからは自らが輝くために教導される立場に戻るべきです」
まほ「お母様、ぜひ西住流の名の推薦でもって安斎を私と同じドイツの大学に留学させて欲しいのです」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/06/16(土)22:49:16.02ID:FGZzfSUj0
しほ「……まぁ、話の前半は理解できましたが」
しほ「なぜアンツィオの生徒をドイツの大学に?」
しほ「そもそもそれは安斎さんの希望した進学先なのですか?」
まほ「さっきも言った通り安斎は後輩を導いてきましたが」
まほ「同学年のライバルと切磋琢磨する機会には恵まれませんでした」
まほ「私は……私なら安斎に良い刺激を与えられる好敵手たりうると」
まほ「そしてまた安斎によって刺激を受けることができると思っています」
しほ「それは、きちんとした場所に進学したら他にいくらでも友達くらい」
まほ「安斎に同学年の友達なんていません。私と一緒です」
しほ(えー……)
まほ「安斎はアンツィオ戦車道唯一の三年生」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1529167792/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/06/17(日)01:49:53.23ID:Sz9cPWFY0
「かつて、戦艦『伊勢』は世界史上最大の海戦に参加するためにレイテ沖を航行した───」


2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/06/17(日)01:53:48.28ID:Sz9cPWFY0
─────1944年10月
日向「……」
伊勢「どうしたの日向? 怖い顔しちゃって」
日向「……今度の作戦、聞いたか?」
伊勢「私たち四航戦は機動部隊本隊だってね」
日向「機動部隊本隊か……聞こえは良いが、敵機動部隊を北方へ誘致し、第一遊撃部隊の湾突入を支援することが主目標だ」
日向「我々は勿論、軽空母勢はおろか旗艦の瑞鶴にすらろくな艦載機が無い」
伊勢「……」

3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/06/17(日)01:57:15.98ID:Sz9cPWFY0
日向「つまりは『囮』だ。レイテ湾突入、勇猛果敢で大いに結構。だがこれが作戦と呼べるのか……?」
伊勢「日向……」
日向「……すまない、少し頭に血が上ったようだ」
伊勢「……不安なのは私も同じだよ。でも、やるだけやらなきゃ」
伊勢「積める艦載機が無い分、飛行甲板に対空機銃や噴進砲を設置してもらった訳だしさ」
伊勢「秋月ちゃんたちみたいに……私たちが率先して空母の皆を護ってあげなきゃ! 今の私たちは航空戦艦どころか防空航空戦艦なんだから!」
日向「ぷっ……ふふふっ」
伊勢「あーっ! 人が真面目な話してるってのにー!」
日向「ゴホゴホッ、い、いや……言い難いにも程があるだろう。ぼーくーこーくーせんかんなんて……」フフフ

4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/06/17(日)02:00:10.21ID:Sz9cPWFY0
伊勢「……少しは気が晴れた?」
日向「……あぁ、お陰様で。
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
2
3
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。