SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
媒体:SSなび
<<
2018年02月
>>
140件取得
人気記事順表示
<<
0
1
2
3
>>
02/22 (23:00) SSなび
1:
◆YzsQKkaIIQ2017/07/19(水)21:54:39.04ID:6etrdnbg0
暑くなってきて高雄と汗だくセックスしたいので初投稿です
過去作
【18禁艦これ】従順孕艦高雄?絶対隷奴の服従陣?
【18禁艦これ】秘所感大淀?絶対隷奴の服従陣2?
過去作見なくても大丈夫ですんでご覧下さい

続きを読む

[ 閉じる ]
02/22 (22:00) SSなび
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/08/04(木)17:34:41.75ID:zygFxN1N0
梅原「どうしたんだ?大将」
橘「あのさ、夫が仕事から疲れて帰ってくるとき玄関で奥さんが迎えてくれるやつあるだろ?」
梅原「あー…『おかえりなさいあなた!ご飯にする?お風呂にする?それとも…あ・た・し?』ってやつか」
橘「そう!アレの脳内シュミレーションしてみようと思うんだ!」
梅原「うん?」

続きを読む

[ 閉じる ]
02/22 (21:00) SSなび
1:
◆ksTpGtn1Mo2018/02/18(日)15:18:25.10ID:gA6KNqAUO
モバマスSSです。アイドルのキャラ崩壊、作者の妄想、若干の流行遅れ等が含まれますのでご注意ください。
多分短いです。
ちひろ「蘭子ちゃんの言葉遣いに苦情が出た、ですか?」
モバP「ああいえ、苦情というほどのものでは。ただ、こないだの生放送の最中に、ご年配の方から『今テレビに映っている子はどこの国の人なんですか』って問い合わせが来たらしくて。それで局のお偉いさんから、蘭子の台詞に標準語の翻訳字幕を付けることを提案されたんです」
ちひろ「前々から蘭子ちゃんの言葉は難しいって良く言われてましたし、字幕は自然な発想ですね」
P「しかしながら、それには色々と問題が有りまして……」
ちひろ「と言いますと?」
P「字幕と言っても、訳せる人が居ないんですよ」
ちひろ「……? それはつまり、Pさんには忙しくてそんな時間が無い、ということですか? それなら他部署との連携でどうにかなる気がしますけど」
P「そうじゃなくて……とどのつまりですね」
P「ぶっちゃけ俺、普段蘭子が何言ってんのか、殆ど分かってないんですよ」
ちひろ「…………は?」
ちひろ「……え、えぇぇぇぇぇ!? Pさん、蘭子ちゃんと意思疎通出来てなかったんですか!?」
P「あはは……お恥ずかしながら」
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1518934704

続きを読む

[ 閉じる ]
02/22 (20:00) SSなび
6:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/01/02(日)18:26:46.73ID:L2DTkhqs0
智樹「また智子になろうと思うのだが」
イカロス「では準備を・・・」
智樹「いや待て」
イカロス「はい・・・」
智樹「もう智子はやめようと思う。それでだ・・・」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
02/22 (19:00) SSなび
1:
◆Y0Lmk/CZYI2018/02/04(日)10:43:19.35ID:7dpAUo/U0
前作の後日談かつ蛇足です
キャラ崩壊、独自設定があります
上記のものが苦手な方はブラウザバック推奨です
前作:
モバP「橘ありすの表と裏」

SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1517708599

続きを読む

[ 閉じる ]
02/22 (18:00) SSなび
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/01/27(日)18:11:16.40ID:xOHrzRaZ0
シンジ「あっマリさん。どうも」ペコッ
マリ「どもどもっ!学校帰りかい?」
シンジ「そうです。これからちょっと夕飯のお買い物行こうと思ってて」
マリ「そっかー!ってあれ?姫は?」
シンジ「今日は洞木さんの家に泊まるみたいです。」
マリ「ほうほう...てことは今日hプルル・・・プルル
シンジ「あっ!ごめんなさい僕です!ちょっと待ってて下さいね」
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1359277876

続きを読む

[ 閉じる ]
02/21 (23:00) SSなび
1:
◆TOYOUsnVr.2017/01/22(日)01:56:39.24ID:xsB5Pcfe0
事務所のソファに腰掛け、いつもの如く読書に興じていたところ凛さんがやってきました。
「お疲れ様。邪魔だったかな」
「……いえ、そんなことは。凛さんはこれからお仕事でしょうか?」
「ううん。お仕事は午前中で、午後はレッスンだったんだ」
「なるほど、それで今日は大荷物なのですね」
「うん。やっぱり冬は荷物がかさばるよね」
「そう、ですね。レッスンが始まってからは暑くなるので上着を持ってきても結局は脱いでしまうのですが」
「始まる前、だよね」
「はい。こればかりはどうにも……」
「まぁ、愚痴っても仕方のないことだよね。ところで文香は今日のお仕事は?」
「先程、撮影を終えて戻って来たところです」
「じゃあ、もう上がりなんだ」
「ええ、一息ついてから帰ろうかと思い……」
「じゃあ、私と一緒だ」
そう言って、ふふっとはにかむ凛さんでした。
凛さんは私の横に座ると、かわいらしいハンドバッグからスマートフォンを取り出し、私に見せてくださいました。
「これ、どうかな?」
「……カバーを変えられたのですね」
「うん。つい、可愛くて」
チョコレートの形をした素敵なカバーでした。
ああ、凛さんはきっと今日一日これを誰かに見せたくて見せたくて、たまらなかったのだろうなぁ、と思うと、思わず頬が緩みます。
「はい、とても素敵だと思います。それはどちらで……?」
「ああ、Amazonで買ったんだ」
「……今、何と?」
「え? いや、Amazonで買ったんだ」
「……なるほど」
南アメリカに広がる熱帯雨林、アマゾン。
凛さんが行動力に優れた方だということは存じておりましたが、よもやここまでとは思いもしませんでした。
SSWikihttp://ss.vip2ch.com/jmp/1485017798

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/04(月)14:26:21.32ID:459S+OlB0
美琴「……!!! ???ッ!!!!」
上条「(何言ってんだ… よく聞き取れない…)」
御坂妹「……」
上条「(なんだよその沈痛な表情は… ま、いつもとかわんねぇけど)」
上条「(あ? 頭がぼーっとする   ん?)」
上条「(なんだ…これ 胸に鉄骨?)」
上条「(……あぁそうか そこで倒れてる白髪と相討ちになって)」
上条「(はは、倒したんだな  そうか、良かっ…)」
上条「ゲホッ!!ゲホッ!!!げほっ!!!」パタタ
美琴「嫌ぁ!! 死んじゃやだぁぁ!! うあぁあぁああああああ!!!」

続きを読む

[ 閉じる ]
02/21 (21:00) SSなび
285:
名無しで叶える物語(鮒寿司)@(ワッチョイ2a00-WSvd)2017/01/29(日)02:02:23.17ID:1dQnYBsS0
前スレ:
穂乃果(23)「新人ホスト募集中…未経験OK、時給5000円!?」【前編】
真姫「じゃあ…私は出かけるわ」
穂乃果「あ、仕事?私も早いけど行こうかな…」
真姫「常連とのデートよ。それに、今日は2人とも休みでしょ」
穂乃果「…!そうでした」
真姫「はぁ…。やっぱり何かおかしいわね」
ガチャッ バタン
穂乃果「そっか…、休みか」
穂乃果「ツバサさんは今日仕事で忙しいって言ってたしなぁ…うーん」
穂乃果「この前が給料日だったから、服とか買いに行ってもいいけど…1人じゃアレだし」
穂乃果「…!!あ、良い事思いついた!」

続きを読む

[ 閉じる ]
02/21 (21:00) SSなび
1:
名無しで叶える物語(鮒寿司)@2017/01/08(日)19:57:06.21ID:mY7Ei3kU
穂乃果「時給5000円って、たった時間働くだけで1万5000円じゃん!すごい!」
穂乃果「あっ……でもホストって男の人がやる仕事だよね。私には無理か…」
【当店は従業員全てが女性です。男性のご入店はお断りしています】
穂乃果「????これどういうこと?」

続きを読む

[ 閉じる ]
02/21 (19:00) SSなび
2:
◆Y0Lmk/CZYI2018/02/02(金)01:14:31.81ID:3jZs1Dkx0
モパP(以降P)「ありすー、次の仕事の打ち合わせするぞー」
ありす「橘です。何回言えば分かるんですか!」
P「あぁすまんすまん。ほら、こっちの部屋でやるから、な?」
ありす「もう……!」スタスタ
バタン
卯月「ありすちゃん、事務所に来てからもう半年以上経つのにまだプロデューサーさんにはツンツンしてますね……」
ちひろ「そうねえ……他のみんなと話す時はあんな感じじゃないのに……」
心「プロデューサーがなんかしたんじゃね☆セクハラとか☆」
菜々「はぁとちゃん!さすがにそれは言い過ぎです!」
心「めんごめんご☆さすがにそこまでデリカシーないヤツじゃないよな☆」
ちひろ「プロデューサーが嫌いなわけじゃないとは思うんだけど、それにしてもツンツンしすぎよねえ……」
智絵里「ありすちゃん……プロデューサーさんとも仲良くして欲しいなあ……」
凛「ふーん。まあ、私とプロデューサーの邪魔にならないなら別に……」クンカクンカ
卯月「あ?!また凛ちゃんがプロデューサーさんの上着を!」
美嘉「凛!次私だからね!」
ちひろ「……仲が良すぎるのも考えものだけどね……」
菜々「……なんだかひと波乱ありそうですね……」
―――

続きを読む

[ 閉じる ]
関連スレ:
まほ「みほ警察だ!!!」
まほ「みほ警察だ!!!」小梅「ピーッ!」
【ガルパン】オレンジペコ「交流会です」
【ガルパン】愛里寿「みほ警察よ!!!」

1:
◆45SR4r0flud52016/09/25(日)18:25:29.77ID:gIXW31xRO
?黒森峰学園艦?
エリカ「一体誰がこんな予告状を......」
みほ「うぅ、不安だよぉ」
優花里「安心してください西住殿!わたしがお守りしますから!」
梓「そうです!わたし達に任せてください!」
ダージリン「必ず犯人も捕まえてみせますわ」
みほ「心配だよぉ」
エリカ「......こんな時に隊長はどこへ行ってしまったのかしら?」
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1474795529

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
02/20 (23:00) SSなび
1:
◆agif0ROmyg2017/06/19(月)22:13:30.14ID:vjKgkoj00
アイドルマスターシンデレラガールズの中野有香のR18SSです。
あたし、アイドル中野有香は、もう何年も空手を習っています。
心身を強くするために始めたことですが、手足の筋肉や腹筋、体の動かし方、そして何より難局で折れない心。
アイドルとして活動している時も、すごく役に立っています。
でも最近、そんなあたしの体が少しずつ変わってきているような気がします。
あたしは17歳で、まだ一応成長期ですから、多少は変わるのが当たり前なんですが。
そういうのではなく、なんというか……闘うための強靭な筋肉が、丸みを帯びてきているような。
女性なら身体に肉がつくのは普通のことですし、優れた筋肉はむしろ柔らかい、なんて聞いたこともあるので、悪いことではないのかもしれません。
でも、もしかしたらこうしているうちにも、あたしの中から戦うための力が失われてるんじゃないかと思うと。
焦りのようなものを感じてしまいます。
アイドルを始めたからといって鍛錬を止めてはいないので、力が弱くなったわけではないはずです。
しかしそうは言っても、突きや蹴りを繰り出す筋肉と踊ったりポーズ取ったりする筋肉はやっぱり違うような……
ボディビルディングやスポーツ科学に詳しいわけではないので、もしかしたら的外れな心配をしてしまっているのかもしれません。
でも、今のあたしは。
かつてとは違った自分になる、プロデューサーに変えられる、ということを自覚すると、それだけで体が震えるんです。

続きを読む

[ 閉じる ]
02/20 (22:00) SSなび
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/09/11(日)00:25:23.13ID:RzSsNbPk0
?数日前 お昼休み 3年A組にて?
田中「ねぇ、薫。22時ちょうどに、中央階段にある鏡に運命の人が映るんだって」
棚町「ホントにぃ? ちょっと胡散臭くない?」
梅原「その噂話を知ってるなんて……田中さんもなかなか通だね?」
田中「あっ!? 梅原君と橘君」
純一「やぁ、二人とも」
棚町「やっほー」
梅原「悪いね、いきなり話に割り込んじまって」
田中「ううん、気にしないでいいよ。梅原君はこの話詳しいの?」
梅原「ちょっと今、調べてる話でさ。実はうちの学校の『七不思議』の一つらしい!」
田中「『七不思議』だったの、この話?」
梅原「なんだ? 田中さん、知らなかったのか?」
田中「う、うん」

続きを読む

[ 閉じる ]
02/20 (21:00) SSなび
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/01/07(月)00:10:20.27ID:H4COo1750
ガチャリ
P「あの……」
小鳥「はい。何の御用件でしょうk……え?」

続きを読む

[ 閉じる ]
02/20 (20:00) SSなび
1:
◆Dm8ArSIo3MOQ2018/01/26(金)01:15:10.72ID:LxInPwDk0
志希「やっほ?元気してる?」
モバP(以降P表…無茶振りだよ)「年相応に元気だよ。誰かさんがまたトラブル起こしたりしなきゃな」
志希「にゃっはっは?♪困ったちゃんがいたもんだねぇ」
P「困ったちゃん率高すぎるんだよこの事務所」
志希「まぁまぁ。ほらキャンディどうぞ?」ズボッ
P「もがっ」
志希「どう?美味しい?美味しくなくない?」
P「…普通の飴ちゃんだね」コロッ
志希「ところでさー。偶然2.30代の成人男性を17歳に若返らせるクスリが出来上がったんだけどね?」
P「お前このタイミングで言うかそれ!」
P「ぐぅっ!急に体が熱く…!?」
志希「んっふふー♪成功みたいだねぇ?」
P「フオオオオオオオオッ!!」バリビリビリバリ
志希「おおっ早速変化が見え始めたねぇ」
P「WRYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYーーーッ!!」
志希「ん?これは良いデータが取れそうだにゃ?♪」ツンツン
志希「んにゃ?」
芳乃「はいな」
志希「………ワオ」
芳乃「辞世の句を詠みましてー?」ニコッ
志希「へ、へるぷみー!」
菜々「あれれ?志希ちゃんいないんですかー?」ガチャッ
菜々「もぉー…みんなのおやつ用の飴ちゃん袋ごと持ってっちゃうんですから…。あ、ありましたありました」
菜々「心なしか中身が増えているような……気のせいですかね?」ハムッ
菜々「………あれ、膝の痛みが」
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1516896910

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆45SR4r0flud52016/09/17(土)22:53:17.97ID:pKZkXxA5O
優花里「では、わたしが責任を持って育てます」
沙織「ゆかりん、おすわり」
優花里「くぅーん......」
麻子「それで、西住さんはどうしてこんなことに?」
みほ「もじゃもじゃー」
優花里「あぁっ!西住殿あたまわしゃわしゃしないでください!」
杏「いやぁ、それがねぇ、かぁしまが間違って『ふしぎなあめ』を西住ちゃんにあげちゃったみたいでさ」
華「レベルが上がりそうな名前ですね」
桃「本当にすまないと思っている」
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1474120397

続きを読む

[ 閉じる ]
02/20 (18:00) SSなび
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/11/07(月)21:33:21.96ID:BusfoqNW0
星奈「ねえ、小鷹そこのPFP取ってくれない?」
小鷹「…」
星奈「小鷹! 聞いてるの!?」
小鷹「…」
幸村「星奈のあねご、どうぞ」スッ
星奈「あ、ありがと。 ってそうじゃなくて!」
星奈「ちょっと! 無視しないでよ!」
小鷹「…」

続きを読む

[ 閉じる ]
02/19 (23:00) SSなび
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/01/14(土)20:49:20.22ID:xyWdzKq40
二宮飛鳥にとって、扉とはセカイを断絶する壁であった
それと同時に、セカイをつなぐ壁でもあった
今彼女は事務所の扉の前に立っている
この扉の向こうには今いるセカイとは別の世界が広がっている
彼女はそんなことを思いながら、扉を開けようと手をかける
すると中から声が届いた
『ヘーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーイ!!』
彼女は扉から手を離し、自販機へと向かった
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1484394559

続きを読む

[ 閉じる ]
02/19 (22:00) SSなび
1:
ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ2012/01/20(金)13:51:08.26ID:7LtAoces0
お嬢様「あら男、朝から冴えない顔をしているのね」
男「…」
お嬢様「そこの蟻を見てみなさい、よっぽどみがましく働いているわ」
男「…」
お嬢様「なんにも言い返せないのね、まったく情けない」
男「…」
お嬢様「そういえば朝の挨拶が聞こえてこないのだけど」
男「…」
お嬢様「やだ、私ったら…声を出す許可を与えていませんでしたね、どうぞ、挨拶を許可します」
男「…」
お嬢様「男…?き、聞こえなかったのかしら?挨拶をしても良いのよ?」
幼馴染「あ、男!おはよっ」
男「おはよう」
お嬢様「え…?」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
02/19 (21:00) SSなび
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/08/12(金)00:57:08.00ID:XYR1HtBv0
純一「今日から僕たちの夫婦生活が始まるね」
裡沙「うん…///私、純一くんの奥さんになれて嬉しいな…///」
純一「裡沙ちゃん…」
裡沙「…それなのに」
美也「今日からここがみゃー達の新しいお家だね!」
裡沙「なんで美也ちゃんがいるの!?」

続きを読む

[ 閉じる ]
02/19 (20:00) SSなび
1:
名無しさん@おーぷん2014/05/13(火)15:15:20ID:wob7gMHLQ
『全艦、第一種戦闘配置。繰り返す。全艦、第一種戦闘配置』
シンジ「ミサトさん」
シンジ「初号機、ここにあるんでしょう?」
シンジ「僕も乗りますwwwwwアスカをwww手伝いますwwwwww」
サクラ「wwwwwwwwwwwww」
ミサト「…………」
シンジ「僕は乗らなくていいんですかwwwwwミサトさんwwwwww」

続きを読む

[ 閉じる ]
02/19 (19:00) SSなび
2:
◆ikbHUwR.fw2017/12/21(木)07:52:34.49ID:WM4FKTfA0
   〇
 ミホはまず、ここはどこだろう? と思った。
 澄み切った空、青い草の匂い、穏やかな日差し。見覚えのない、だけど、どこか懐かしさを感じる景色が広がっている。
 直前までの記憶が定かではない。なぜ自分はこんなところにいるのか。
 ミホはきょろきょろと辺りを見回した。
 どの方角も、ただただ見渡す限りの草原が続いていて、村に帰ろうにもこれではどちらへ歩き出せばいいのかもわからない。
 どうしよう、と考えていると、視界の片隅に白い塊が映った。白いのは外套だ、人が倒れている。
 駆け寄ったミホが、その顔をのぞきこむ。金色の髪をした男の子だった。歳は自分と同じか、少し下ぐらいだろうか。その肌はまるで死人のように青白い。
 一瞬、悪い予感が脳裏をよぎるが、少年がかすかに身じろぎをするのを見て、ミホはほっと胸をなでおろした。
 さて、この少年は何者だろう。
 なんとなく、少し目を離したら消えてしまいそうな、はかなげな雰囲気がある。失礼かもしれないけど、本当に生きた人間だろうか、とミホは思った。
 少年のまとう白い外套は、見た目はぱりっとしているのに触れてみると驚くほどに柔らかかった。絹糸で織ったものかもしれない。すその端を手に取ると、薄手なのにそれ自体が熱を発しているかのように温かさが伝わってきた。
 貴族様だろうか。よく見れば、かたわらには細やかな装飾のほどこされた剣が落ちている。
 小さな村での閉鎖的な生活を送るミホにとって、貴族というのは噂話でしか聞くことのない、雲の上の存在だ。生まれてから一度だって見たことはない。でも、だからこそ、自分や村のみんなとは明らかに違うこの少年は、きっと貴族なのだろう、と思った。
 どなたかは知らないけど、やがて日も暮れるだろうし、こんなところで寝かせておくわけにはいかない。ミホは名も知らぬ少年の体を軽く揺さぶった。
「ううん」と小さなうなり声を上げて、少年がまぶたを開く。きれいだ、と思った。
 ミホは宝石のように輝くふたつの紫色の目を、呆けたように見つめていた。
 しばらくそうしたあと、はっと我に返る。
 目を開い
続きを読む

[ 閉じる ]
02/19 (18:00) SSなび
1:
◆bOIdeHuXhE2018/02/09(金)21:16:42.99ID:NG/Er9xQ0
これはアイドルマスターシンデレラガールズのSSです。
安部菜々の実年齢については諸説ありますが今回は27歳とします。
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1518178602

続きを読む

[ 閉じる ]
23:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/11/11(木)18:54:53.26ID:rfNVwCwd0
黒子「あの、お姉様。なんで無視するんですの?」
美琴「……」
黒子「いいですわっ。お姉様がそのつもりなら」ヌギヌギ
黒子「わたくしの愛をどこまで無視し続けられるかっ、試して差し上げますのっ」ガバッ
美琴「――ッ!」バチバチバチ
黒子「あうんっ!?」バタッ
美琴「……」

続きを読む

[ 閉じる ]
02/18 (22:00) SSなび
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/04/29(月)15:28:46.99ID:OC+YoBSDO
凛「……遅いな。二人とも」
凛(加蓮も奈緒も、集合に遅れるなんて珍しい)
凛(でもまぁ、仕方ないかな。二人は最初から乗り気じゃなかったし、それに……)
凛(私のせいでもあるか……)
凛「…………はぁ」
凛(憂鬱だ)
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1367216926

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆45SR4r0flud52016/10/02(日)20:55:18.58ID:9hAqLK7xO
みほ(決勝戦のあの事件から、わたしは戦車道が嫌になって、練習に顔を出さなくなりました......)
みほ「小梅さんはまだ入院中だし、心配だなぁ」
みほ「それにしても、戦車道のない休日なんて久しぶりだな。宿題も終わっちゃったし、何をしよう.....」
みほ「そういえば、パソコン、エリカさんと一緒に買いに行ったのに全然使ってなかったなぁ」
みほ「うん、せっかくだし、使ってみよう。何か役立つかもしれないし!」
みほ「でも、パソコンって何ができるんだろう?エリカさん....には聞けないし」
みほ「とりあえず、使ってみよう。確かゲームもできたはずだし.....」
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1475409318

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/05/19(日)20:08:53.83ID:K77BZPeH0
漆原「わかったよ。勇者エミリアを倒す手段が」
芦屋「何だと!憎っくきエミリアを倒す手段だと!?」
真奥「くだらないような気がするが…一応聞いてやるよ」
漆原「遊佐を無視すればいいんだよ」
芦屋「…」
真奥「ハァ?」

続きを読む

[ 閉じる ]
02/18 (19:00) SSなび
1:
◆Dm8ArSIo3MOQ2018/02/07(水)19:10:07.16ID:R4tY9UIi0
モバP(以降P表記、ぷにぷにですよ?)「ほほう、これは中々…」カタカタカタカタ
ちひろ「すみませんプロデューサーさん、ホチキスの芯って持っていませんか?」
P「あるよ」ガタッ
P「はいどうぞ」
ちひろ「ありがとうございます」
P「200円です」
ちひろ「その減らず口縫い付けたろか」
P「ヒィッ」
ちひろ「まったくもう!」プンスコ
P「あれ、この前雑貨品の買い出し行った時に買わなかったんですか?」
ちひろ「いえ…買った事は買ったんですけど」
P「…」ヒョコッ
ちひろデスク「やあ」ゴッチャア
P「うわ机の上超汚ねぇ」
ちひろ「き、今日はたまたまです!色々と仕事が重なって…」
P「結婚できないパターンですな」
ちひろ「その瞼縫い付けてやろうか」
P「やめてくださいビルド観れなくなる」
ちひろ「そう言えばプロデューサーさんのデスクっていつも意外と綺麗ですよね。意外と」
P「ハハッ、心が綺麗なものですから」
ちひろ「あははははははははははははははははははははは!!」
P「くっ!助走つけて殴りたい!」
ちひろ「何かコツとかあるんですか?あ、今お仕事大丈夫ですか?」
P「構いませんよ。なろう小説読み漁ってるだけですから」
ちひろ「何してるんですか」
P「コレなんか面白そうですよ。HN三ノ宮明日香の『授業中にテロリスト?異世界でトンファー無双?』。みんなに勧めてみようかなと」
ちひろ「おいやめて差し上げろ」
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1517998206

続きを読む

[ 閉じる ]
02/18 (18:00) SSなび
1:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/02/04(日)03:45:48.407ID:Ha1eCViCd
モバP(以降P表記)「悪いなこんな遅くまで付きあわせちゃって」
まゆ「いいんですよぉ。まゆが好きで残ってるので」
P「手伝ってくれてるし、帰り飯食いに行くかー」
まゆ「本当ですかぁ?うふふ」
P「どこ行くかねぇ……あー薫たちまた片付けしないで帰ってらぁ……」
まゆ「それじゃあまゆが片付けましょう」
P「何から何まですまんな。この書類終わったら帰れるから」
まゆ「いえいえ。残りもうちょっとですねっ頑張ってください♪」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
2
3
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。