SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
媒体:SSなび
<<
2019年12月
>>
57件取得
人気記事順表示
<<
0
1
>>
1:
◆dOYH2O5oOo2018/09/01(土)00:15:04.13ID:kwYVCgp+0
P「」
楓「」
聖來「」
P「えぇ…」
楓「…あら、びっくり」
聖來「……え、ウソ、マジで?肇ちゃん、なの?」
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1535728503

続きを読む

[ 閉じる ]
12/11 (22:00) SSなび
2:
◆VmgLZocIfs2015/02/28(土)20:54:06.70ID:iijj4noSo
夜の闇の中、オレは洋上を駆ける。
左手の短装砲が月に照らされた敵の急所を打ち抜くと、目の前のデカブツは悲鳴を上げて動きを止めた。
すかさず右手で軍刀を引き抜き、接近して止めを刺す。
たった今、弾を放った短装砲から立ち込める硝煙の匂い。
敵をこの手で切り裂いた高揚感。

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆320fzHe6DI2017/08/17(木)21:52:25.52ID:JvI1n7kc0
マミさんとほむらが不毛な会話をするだけのSSです。
――――――
マミ宅
マミ「何か面白いことはないかしら・・・」
ほむら「あなたが誘ったんだからあなたが考えなさいよ・・・」
マミ「そんなこと言われてもなぁ・・・昨日雑貨屋さんで買ったそれ見せたかっただけだし・・・」
ほむら「私の立場にもなってちょうだい。巴さんが切羽詰った感じですぐに家に来て欲しいなんて言われてきてみたらそんなもの見せたかっただけだなんて・・・」
マミ「えぇー・・・結構良い買い物したと思うんだけどなぁ・・・良くない?このコーンスタンド?って言うのかしら?アイスクリーム立てるやつ。私すごい気に入ってるんだけどな・・・」
ほむら「・・・・」ホムン
マミ「ほら見て。上の大きいほうの輪っかにソウルジェム逆さまに刺して・・・下の輪っかにはグリーフシード差し込んで・・・。ほら!これで家にいる間はソウルジェムが濁っても自動的に浄化してくれるわ♪」マミマミ
ほむら「それもう4回くらい聞いたわ・・・」
参考画像

SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1502974345

続きを読む

[ 閉じる ]
12/11 (20:00) SSなび
1:
以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします2019/04/10(水)01:30:10.856ID:wRYlkVVE0
大臣「紙幣のデザインを新しくいたします」
記者「新しい紙幣には誰の顔が入るのでしょうか?」
大臣「入りません」
記者「へ?」
大臣「新しい紙幣は肖像の入る部分を空白にし、自分の好きな顔を入れられるようにします」
記者「ええっ!?」
ザワザワ……

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
12/11 (19:00) SSなび
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/12/03(金)21:21:01.49ID:Sb6m7XyP0
律「は?」
澪「彼氏、欲しい……///」
律「いやいや、顔を赤らめて言わなくてもわかるから」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/06/09(日)17:44:28.31ID:NgSdC7sEo
病院の廊下にある簡易的なベンチで、文庫本の表紙をぼんやり眺めていた。
それは以前、律子が好きだと言っていた恋愛小説だった。
律子が事故にあってから読むのを中断していたから、こういう暇のできた時に続きを読もうと思っていたのだが、
それまでのストーリーを忘れてしまい、最初から読み返すのもおっくうですっかり読む気が失せてしまった。
やはり、誰かと一緒に来るべきだった。せめて話し相手の一人くらい。
ぼんやり、壁に貼られた献血やがん予防なんかのポスターに視線を移す。
それは自分を楽しませることはなく、暇つぶしになるとも思えなかった。
空中に溜息を溶かしながら今後のことに思いを巡らす。面倒なことになった。
暫くして、廊下の向こうの少し小柄な人影を認めた。律子だった。
自分がベンチから立ち上がると、彼女は少し歩調を早めた。急かしてしまったようで、少しばつが悪くなる。
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1370767468

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆q4ctS9nNro2019/11/14(木)07:48:51.15ID:FcRhZ0HA0
「これ……何ですか?プロデューサーさん?」
「な……なんでそれを……」
 プロダクションのデスクの前で、まゆは決定的証拠を突きつけていた。それはまゆのスマホに表示された写真だった。
「ちひろさんとこんな関係だったんですね」
 いわゆるハメ撮り、事務所のアシスタント千川ちひろとヤッた時のものだ。俺とちひろ、二人の秘密を佐久間まゆに握られてしまったのである。
「…………」
「まゆは何でも知ってるんですよぉ?」
「すまなかった。この事は秘密に……」
 謝罪の言葉。それしか言えなかった。俺が千川ちひろと関係を持っている、そんな事がバレれば俺は社会的立場を失うだろう。
「わかってますよぉ〜まゆはアナタの為なら何でもします。今回の件も許してあげますっ♪」
 まゆは素直だった。いや素直すぎる。そんな疑問が浮かぶ。それを察したのか、まゆは俺の顔をじっと見つめてつぶやく。
「まゆの事を信じてくれませんか?」
「信じるよ。恩に着る」
「ふふっいいんですよ〜でも少しだけワガママ聞いてもらっても良いですか?」

続きを読む

[ 閉じる ]
12/09 (21:01) SSなび
1:
◆Xg2hgTZEF9gM2015/03/13(金)15:13:59.13ID:aIhBjdJG0
提督「…………」
憲兵「…………」
提督「……久しぶり」
憲兵「……ああ」
提督「学生時代から変わってないな、お前」
憲兵「お前もな」
提督「で、今日は何しにここへ?」
憲兵「なに、各地の鎮守府を対象に抜き打ちの監察をすることになってな。俺はここの監察を任された」
提督「なるほど」
憲兵「お前がここの提督をやっていると知ったときは驚いたぞ」
提督「俺もこういう形でお前と再会するとは思ってなかったよ」
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1426227238

続きを読む

[ 閉じる ]
12/09 (20:00) SSなび
1:
以下、名無しが深夜にお送りします2015/05/01(金)04:28:05ID:3xeOg7F.
大学生君「就活するべ」
カーチャン「良いとこの内定とりなさいよ」
大学生君「大企業は無理だねー。中小企業狙うべ」
トーチャン「そか頑張れ。就職したら月4万仕送り頼むぞ」
大学生君「よっしゃ任せなさいや。恩返しや」
カーチャン「ええ子や」
トーチャン「普通よ普通」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/04/06(金)16:12:46.23ID:52e0z5aj0
P「大学の奨学金と、あとは生活費を多少ですね」
小鳥「あしながおじさん、ってやつですか?」
P「ええ。育英会に仲介してもらって、個人的に援助してるんです」
P「もうすぐ3年くらいになるかな?手紙のやり取りもしてるんですよ」
小鳥「へぇ…やよいちゃんもいつの間にか成人したんですよね。兄弟多いみたいだし、学費とか大変そう」
P「アイドルを始める前よりはマシみたいですが、引退した今はやっぱり生活もちょっと苦しいみたいですよ」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆K8xLCj98/Y2013/05/01(水)22:33:31.31ID:ZGXZ9y1p0
  いつまでも試合が終わらず、このままプレーしたいと思うときがある
  ――元フランス代表ジネディーヌ・ジダン

SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1367415211

続きを読む

[ 閉じる ]
12/08 (22:00) SSなび
1:
◆p03Oqrq3Q62014/12/09(火)02:49:53.11ID:bB+x4YQSO
提督「名取?」
名取「は、はい?何でしょう?」
提督「すまんがこれから、何を言われても『うむ』と答えてくれ。」
名取「えっ?ええ?」
提督「いいな?」
名取「は…う、うむ!」
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1418060992

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
12/08 (21:00) SSなび
81:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/19(火)19:26:55.08ID:72JWetUY0
星奈「おっはよー!」ガチャ
夜空「…」スー…スー…
星奈「夜空が寝てる……珍しいわね」
夜空「…」
星奈「ここで寝るくらい、夜空にとっては居心地の良い場所になってるのかな」
星奈「それにしても…」チラ
夜空「…」
星奈「か、かわええ…///」
星奈「や、やだあたし!なに口走ってるのかしら」
星奈「夜空の寝顔を可愛いと思うなんて、どうかしてるわ!」フン

続きを読む

[ 閉じる ]
12/08 (19:00) SSなび
1:
以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします2019/03/23(土)19:36:09.053ID:OhBbuyfI0
社長「では、このビラを全部配ってきてくれたまえ」
バイト「分かりました」
社長「零細メーカーであるうちの起死回生の策なのだ! 頼んだぞ!」
バイト「はぁ……」
バイト(ビラ配りが起死回生の策とか、終わってんだろこの会社)
バイト(ま、バイト代もらえるなら俺としてはどうでもいいけどね……)

続きを読む

[ 閉じる ]
12/08 (18:00) SSなび
1:
以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします2019/03/29(金)01:26:03.465ID:+K82aaAr0
女「ふぅー、ノドかわいちゃった」
女「オロナミンC飲もうっと!」ゴクゴク
女「ぷはーっ! おいしかった! 全部飲んじゃった!」
男「それ……オロナインH軟膏じゃない?」
女「あーっ!!!」
女「いっけなーい! オロナミンCと間違えてオロナイン飲んじゃった!」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ2012/01/20(金)21:24:33.87ID:LmqAIHxj0
ジュワー
ほむら(キッチンペーパー敷いたお皿に乗っけてと)ヒョイヒョイ
ほむら(ご飯の蒸らしもそろそろね)
ほむら「いいわよー。みんな席に着いてー」パカッ
まさマ杏「はーい!」

続きを読む

[ 閉じる ]
12/08 (17:09) SSなび
1:
以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします2019/04/26(金)01:26:56.815ID:BAe1XMdU0
ガタゴト… ガタゴト…
牧場主「もうすぐ市場だ……高く売れればいいが」
マナー子牛「……」
マナー子牛「牧場主さん」
牧場主「なんだよ?」
マナー子牛「子牛を市場まで運ぶ時は荷馬車を揺らさないようにしましょう」
牧場主「ご、ごめん」

続きを読む

[ 閉じる ]
12/08 (14:01) SSなび
1:
以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします2019/10/07(月)22:31:15.762ID:DGJ0gQYZ0
女「い・た・だ・き・ます!!!」ペロペロ
男「君はいつも伯方の塩を持ち歩いてペロペロ舐めてるね」
女「お・い・し・い・から!!!」
男「おいしい? しょっぱいだけでしょ」
女「ん・な・こ・と・ない!!!」
男「ごめんごめん、悪かったよ」
女「分・か・れ・ば・いい!!!」ペロペロ

続きを読む

[ 閉じる ]
12/07 (23:00) SSなび
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/29(土)17:19:56.81ID:qIc/63Sv0
--------とある平日
部長「ぶぁっかもーん!」
両津「ぶ ぶちょぉぉ!!」
部長「お前というやつはどうしていつもいつもそうなんだ!」
両津「違うんですよ! これはですね」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/08/08(木)04:35:37.19ID:hiihEZQi0
食蜂「変なサイトで広告を見たからぁ、適当に連絡してみたけどぉ」
食蜂「ま、変なのが絡んでくるようなら、私の改竄でどうにでもなるんだとけどぉ」
ピンポーン
食蜂「早速、来たようねぇ」
ミサカ「……おじゃまします。と、ミサカは少しドキドキとしながら部屋へと入ります」
食蜂「本当に御坂さんにそっくりねぇ」
ミサカ「似た顔は約2万いるというので気にしないでくださいと、ミサカは遠い目をしていいます」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/10/18(火)22:02:29.43ID:Ieskx3kk0
ほむら「……え?」
まどか「私助手席がいいなー」
仁美「それでは私は後ろにしますわ」
さやか「みんな乗った?」
ほむら「ちょ、ちょっと待って……」
さやか「何?転校生も乗りたいの?あいにく私は三人乗りなんだよねえ」
まどか「さやかちゃん、意地悪言わないの」
ほむら「いや、だから……」
ほむら「どうして美樹さやかが車に変身しているの?」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/03/20(水)00:19:27.46ID:RBoNBKNI0
響「今日は東急ハンズまで行くぞ!」
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1363706367

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆EFQF/mxR0k2017/10/21(土)02:20:35.29ID:7vb1EMB4o
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1508520034
早乙女「では、転校生を紹介します。暁美さん?」
ほむら「暁美ほむらです」
パチパチ パチ
ほむら(もうこのやりとりも何度目になるのかしら)スタ スタ
早乙女「貴女の席は―――って、あら?」
ほむら(あそこの席に……まどか)チラッ
まどか「…………」
ほむら(今度こそ貴女を救い出――――ッ!?!?)ビクッ
まどか「――――」ニタァ


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆Hnf2jpSB.k2015/10/01(木)14:39:52.86ID:XnqboCtco
僕の住んでいる村は、ものすごく田舎です。
どのくらい田舎かって言うと、村のことは山と川と畑と田んぼで大体説明が終わるくらいに田舎です。
でも、最近駅前にコンビニができたんです、すごいでしょ。
……都会のコンビニは夜も開いてて、お米を売ったりしてないっていうのは本当ですか?
何にもない村ですけど、僕は毎日楽しく暮らしています。
家の畑仕事を手伝って、友達と山でかくれんぼしたり、川で魚を獲ったり。
学校が夏休みに入ったある日の夜、僕はとある場所に向かっていました。
何年か前にお父さんに教えてもらった、とっておきの場所。
山道から少し外れたところには川が流れていて、大きな木が一本だけ生えています。
ちょっとした広場みたいになっているそこが、なぜとっておきなのかというと。
この時期は、たくさんの蛍が見られるんです。
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1443677992

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆Hnf2jpSB.k2015/09/23(水)23:36:45.86ID:pUKT4bXuo
推敲しながら投下予定です
前作と同程度の分量になりそうですが、お付き合いいただければ幸いです
↓前作
【アイマス】雪の花が咲くように

SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1443019005

続きを読む

[ 閉じる ]
12/07 (08:51) SSなび
1:
以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします2019/12/03(火)04:00:09.128ID:iBqXgyHi0
QB「まぞく?」
シャミ子「えっと、光の一族の営業の人ですか……?」
シャミ子「魔法少女の宿敵であるまぞくの家に営業にくるとは……い、いい度胸だな!」ドヤ
QB「君は何を言っているんだい? わけがわからないよ」
シャミ子「わけがわからないのはこっちです! 魔法少女の話なら桃たちのほうに聞いて下さい」

続きを読む

[ 閉じる ]
12/06 (23:00) SSなび
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/10/22(土)09:59:40.00ID:6hcENK9d0
淫魔「大丈夫?」
男「んー…、ちょっと具合悪い気がする」
淫魔「すっぽんぽんで寝るからー」
男「誰がひん剥いたんだよ」
淫魔「うひひ」

続きを読む

[ 閉じる ]
12/06 (22:00) SSなび
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2015/09/13(日)23:45:53.62ID:AA3TfQD30
長門「急にそんな事言って溜まっているのか?まあ若いから仕方がないか」
提督「ちげーよ。上からそういう話があったんだよ」
長門「上は何を考えてるんだ一体。そんなことより新型の装備をだな……」
提督「お前の気持ちはわかるが他の鎮守府では問題になってるみたいだな」
長門「例えば?」
提督「I.Mという提督はあちこち手を出しすぎてケッコンカッコカリを艦娘一人だけやったら他の艦娘が嫉妬して提督もろとも刺しちまった話もあるしO.Iという提督は逆に全ての艦娘と事実婚の関係になって鎮守府が嫁とラブラブする館に変わったという話がある」
長門「前者はともかく後者は作り話だろ?」
提督「事実なんだなこれが」
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1442155553

続きを読む

[ 閉じる ]
12/06 (21:24) SSなび
1:
◆Xg2hgTZEF9gM2015/03/10(火)14:15:27.70ID:WRn53kj80
提督「野球がしたい」 【安価】
前スレの後日談となっております。遅筆で申し訳ないのですが、よろしければお付き合いください。
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1425964527

続きを読む

[ 閉じる ]
12/06 (21:00) SSなび
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2015/03/06(金)02:27:49.64ID:7bn3tT270
吹雪「野球…ですか?またなんでいきなり…」
提督「今まで隠してたというわけでもないが、俺は野球が大好きでね。学生時代には投手として甲子園に出場したこともあるぞ」
吹雪「えっ、ほんとに!?すごいです提督!」
提督「まあ、チームは初戦敗退に終わったんだけどな…と、とにかく、久しぶりに野球がしたくなったんだ」
吹雪「出場経験があるだけでも十分すごいですよ!それはそうと、野球をするとなると、提督を除いて17人は必要ですよね?そう簡単に人が集まるでしょうか?」
提督「むう」
吹雪「私たち艦娘は常人を凌ぐ身体能力を持った存在ですが、女性であることに変わりはありませんから…少なくとも積極的に参加したいって思う人はほとんどいないような気がします」
提督「なるほど…吹雪自身はどうだ?」
吹雪「私は…やったことないですし、正直気乗りはしませんが…提督が望むのであれば」
提督「そうか…ありがとな、吹雪」
吹雪「い、いえっ、気にしないでください!」
提督「よしっ、ではさっそく人を集めに行ってくる!」
吹雪「その前に書類を片付けちゃってください、提督」
提督「くっ…」
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1425576469

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。