SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
媒体:エレファント速報:SSまとめブログ
<<
2019年11月
>>
167件取得
人気記事順表示
<<
0
1
2
3
>>
1:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/11/21(木)00:10:04.718
ID:x2ilBv2F0
国王「勇者よ、どうか魔王討伐を成し遂げて欲しい」
大臣「頼みますぞ」
勇者「分かりました」
女僧侶「かしこまりました」
国王「さて、残るメンバーをどうするかだが……」
勇者「私の仲間には、より優れた人材が必要です。中途半端な者ではかえって足を引っぱられてしまう」
勇者「国中から希望者を募り、勇者パーティー選考会を開くというのはどうでしょうか」
国王「面白いかもしれぬな。やってみよう」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
名無しさん@おーぷん19/11/20(水)18:58:51
ID:yvh
人ならざるものと化した陰キャ「ぅうあああえああぉ!!!!!」グチュグチュグチュ!!
ヤンキーだったもの「なんだこヴェ」グチャ
謎のヒロイン枠「陰の部分を抑えきれなくなって暴走したみたい…今から殺れる?ワイ?」
超絶イケメン主人公ワイ「ったりめぇよ」大剣ガチャ

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/11/17(日)00:24:18.476ID:WWbwuF5Q0
弟子「本を読むことですか」
仏陀「……(首を横にふる)」
弟子「勉強することですか?」
弟子「人生経験を積むことですか?」
弟子「それとも苦行にたえることですか?」
仏陀「違う……
仮にそれらにより頭が良くなるのだとしたら
大人は赤子よりも頭が良いことになるだろう
或いは犬や猫よりも人間は頭が良いことになるだろう」
弟子「違うのですか?」
仏陀「違う……
人間は犬や猫より頭が悪く
大人は赤子よりも頭が悪い
何故なら無駄なものをたくさん頭に詰込んでいるから」
仏陀「頭が良いというのは
あるがままの世界をあるがままに捉えられること」
仏陀
「知識や経験は目をくもらせるゴミにすぎない
それらにより頭が良くなったとおもうのは
人間の愚かな思いあがりにすぎない」
弟子「じゃあどうすれば頭が良くなるんですか」
仏陀「なにもするな
なにもせずただごろごろして目の前にあるものをみよ」
ぼく「!?!?!?!?!?!?!?????!!!」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/11/20(水)01:26:29.005
ID:+Jt21N3R0HAPPY
主婦A「あんなだらしない格好で、昼間からぶらぶらと……」
主婦B「絶対働いてないでしょ。いつか事件起こすんじゃない?」
男「……」スタスタ
黒服「つかぬことをお聞きしますが」
男「はい?」
黒服「あなた、無職ですよね?」
男「そうですが、何か?」
黒服「やっぱり! いや、失礼。そんな暇を持て余してるあなたに、ピッタリのお仕事があるんです!」
男「……?」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/11/19(火)18:05:11.900ID:XWifq1PQ0
ぼく「・・・」クビフリ
店員「包み焼きハンバーグセット(980円)お二つですね」
常識のある店員で助かったわ・・・

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/11/19(火)17:51:11.02
ID:i75xN+h90
――市ヶ谷家 有咲の部屋――
市ヶ谷有咲「…………」
牛込りみ「すー……すー……」
有咲(拝啓、高く澄みきった空に、心も晴れ晴れとするこの頃、色彩あふれる紅葉の美しさに心弾む季節となりました)
有咲(そんな秋の朝、目が覚めると、どうしてか私の隣でりみが寝ていた)
有咲「…………」キョロキョロ
有咲(……八畳の畳敷き、見慣れた我が家のマイルーム)
有咲(それはいい。うん。別にどうってことない、けど……)
りみ「うぅん……すー……」
有咲(本当になんでりみと同衾してんの私?)
有咲(え、ちょっと待って、昨日なんかしたっけ。なんかあったっけ)
有咲(えーっと、確か昨日は……土曜日だったな。そんでポピパのみんなで遊ぶことになってて、蔵にみんなが来て……)
有咲「…………」
有咲(やっべぇ、そっから先が全く思い出せねーぞ……)

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/11/19(火)23:05:29.869
ID:VKK8qHsT0
-ばんだ荘 ミカンの部屋-
ミカン「そうなのよ、ここ最近転校とか引っ越しとかで忙しくてサボり気味だったせいかしら…」
ミカン「うー…奥が痒い…」ポリポリ
シャミ子「だったら私が耳かきしてあげますよ!」
ミカン「え、そこまでしなくても…」
シャミ子「いえいえ、ミカンさんには普段からお世話になってますからそのお礼と思って」
シャミ子「それに私耳かきちょー得意なんです!」エッヘン!
シャミ子「お母さん直伝の吉田家流耳掃除をやっちゃりますよ!」
ミカン「そんなに自信があるならお願いしてみようかしら」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/11/12(火)21:22:40.85
ID:4aTvTJ8V0
イズ「或人社長、ここです」
或人「おお、ここが今話題のアイドル事務所、346プロかぁ!」
或人「でけぇなぁ?まるでお城みたいだ!」
イズ「我が社も負けてないと思いますが」
或人「まぁ、そうなんだけど」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/11/20(水)00:01:29.090
ID:OX5N3Rpr0HAPPY
カンナ「拾ったか……」
りあむ「うわっ! 誰!?」
カンナ「私の名前はカンナ。このBUZZ☆NOTEの持ち主よ」
りあむ「BUZZ☆NOTE……」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/11/19(火)22:25:26.195
ID:UW7Fo3F50
シャミ子「桃のアクセサリから香る匂いでご飯食べれちゃいます」
桃「普通白飯と一緒にかがないから、やめようかシャミ子」
シャミ子「ああ、なんでですかっ」
杏里「ふふ…」
杏里「(シャミ子のやつ、昔はもっと病弱でほっとけない感じだったけど、
今はヤンチャに角なんかはやして
特に千代桃と会ってからはほんと元気になってすごく活発になって…)」
杏里「(やっぱ千代桃のおかげなのかな)」
杏里「(いやあ、シャミ子は千代桃と仲良くなってから昔より元気になって、
ほんとよかったよ、うんうん…)」
杏里「」ズキッ…
杏里「ん…?」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆5AkoLefT7E2019/11/20(水)00:07:43.98
ID:qoXxFcO/0
?事務所?
ガチャ
本田未央「おつかれ〜。11月ってこんな寒かったっけ……?」トコトコ
渋谷凛「はい、ではまず自己紹介をお願いします」
未央「はい?」
凛「……」
未央「……」
凛「どうぞ」
未央「え……本田……未央です……」
凛「……」
未央「……」
凛「採用!」グッ
未央「なにこれ?」
――――――――――――――――――――
前作
渋谷凛「オリンピックを」本田未央「成功させたい?」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/11/19(火)20:00:28.901
ID:KAexY5cO0
女「晩ご飯どこで食べる?」
ギャル「あたしこの辺分かんなーい!」
女「私も詳しくないし、ちょっとスマホで調べてみよっか」
ギャル「お願ーい!」
女「えーとねー」ポチポチ
女「あ! ちょうど目の前にあるこのお店、食べログですっごい評価高い!」
女「4.7点だって!」
ギャル「えーウソー! いこーいこー!」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/11/19(火)12:56:10.184ID:NKf30eGV0
魔法使い俺(女装)「うう…なんでこんな格好を…///」モジモジきょろきょろ
女勇者「だって一番女らしいしな」草むらガサッ
女戦士「私たちは色気ないもんな」ガサッ
女僧侶「お似合いだと思いますよ」
魔物「あ!慣れないファッションに戸惑うインドア地味系女子だ!ありよりのあり!」シュバババ!!
魔法使い俺(女装)「ひっ!」
女勇者「今だ!囲んで殺せ!」ザクッザクッ!!
女戦士「死ね!この野郎!死ね!」ゴッ!ゴッ!ゴッ!
女僧侶「本当気持ち悪い」ぐりぐり
魔法使い俺(女装)「ひぇぇ…」ガタガタじょばぁー

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/11/19(火)01:29:18.623ID:dL68aLhoM
嫁「泣いて暮らしちゃだめ……だよ?」
嫁「あなたには……幸せになってほしい……私のぶんまで」
嫁「だから私より良い人見つけて…恋をして……結婚して、幸せになるの」
嫁「……わかった?えへへ」
嫁「……っ」ポロッ
嫁「…ひっ、ひぐ、やだ」
嫁「やだよぉ……○○くんは私だけのものだもん……」
嫁「だれかのものになるなんてやだよぉ……」
嫁「ずっと一緒にいたい……ずっとずっと……私のもの」
嫁「あなたと一緒に一一一一
医者「残念ですが…」フルフル
ってなったら再婚できる?

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/11/18(月)22:16:06.701
ID:wgd1jtnJ0
ある大都市――
商人「今日は店じまいして、そろそろ帰るとするか」
商人「ん? 後ろに何か――」
ザシュッ……!
…………
……
兵士A「まーた犠牲者が出たか。これで五人目だ」
兵士B「この爪跡……今までと同じく魔物の仕業に違いないな」
兵士A「やっぱり市長の言う通り、魔物との完全な共存なんざ不可能ってことだな」
兵士B「ああ……市長の政策が一刻も早く実施されることを願うばかりだ」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/11/19(火)00:04:22.956
ID:mn1CnW/tM
インタビュアー「どんな人が好きですか?」
桃色魔法少女(以下桃)「うーんそうだね。がんばりやさんかな…」
友人A『これシャミ子の事だねー』

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/11/18(月)22:13:01.238
ID:lvATYJO+0
シャミ子「あ、お帰りなさいミカンさん」
ミカン「あら、シャミ子も来てたのね、一緒に柑橘類たべない?待ってて
いま準備するから」
シャミ子「あっ、手伝います」
桃「………」
桃「(またか…)」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/11/18(月)20:47:33.068
ID:0gEoq8k10
みい「温泉……って高尾山温泉極楽湯かみぃ?」
香澄「高尾山口駅の近くにある温泉だね
急にどうしたんだい?部長」
瑞葉「ほら、うちらってステラマリスに負けたやろ?」
かえ「……はっきり言われるとつらい……」
瑞葉「そこでKiRaReに足りないものは何かな?って考えたんや
そこで思いついたんや!
冷静に考えたらうちら、裸の付き合いしてへんやろ?」
紗由「確かに、舞菜となら入ったことあるけど……
皆で入ったことはないですよね」
舞菜「皆でお風呂入るの、楽しそうです!」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆U.8lOt6xMsuG2019/11/11(月)23:00:18.71
ID:7woyvuSr0
デレステで虹色ドリーマーのイベントが来たらこんな感じのイベントでした。
見てきました。僕はこの目ではっきりと、ええ、アタポンイベで虹色ドリーマーのイベントが、ええ、変なきのこを食べてからとても世界が良い気分で

2:
◆U.8lOt6xMsuG2019/11/11(月)23:10:18.87
ID:7woyvuSr0
オープニング『虹の始まったところ』
【レッスン場】
奈緒「お疲れ様ー!」
比奈「お、おつかれさま、っス……ハァっ、ハァっ……」
菜々「あひゅう……」
P「お疲れサマンサ!」
菜々「な、なんですかプロデューサーさん、それ……」
P「前に奈緒に教えてもらった漫画にあったやつ」
奈緒「お〜!プロデューサーさん、読んでくれたの!?どうだった!!」
P「最高だったよ!」
奈緒「くぅ〜! 嬉しいなぁ?……! なんか、自分が好きな作品を人に知ってもらえるこの感覚、たまんないよなぁ〜!」
比奈「分かるっス!元から好きな人と語り合うのもいいんスけど、知らなかった人に作品をブチ込む時って本当に楽しいんスよねぇ〜」
菜々「私もおふたりにいろんな作品を布教されたクチですが……布教されたものが全部面白くて、普段の自分じゃ手につけないような作品を知れるのも、新しい発見があって……」
比奈「前に持ってきた円盤どうでした?」
菜々「良かった……その、本当に……良かった……」
比奈「語彙力なくしてる」
菜々「終盤に『死にたくない』『生きたい』って叫ぶ友人と、それを救う主人公……王道で、とっても熱くって……熱くてナナは泣いちゃいました……」
奈緒「アタシもそれ観たよ! OPのフルバージョンをあそこで流されると滾っちゃうって!」
比奈「後にCDが出たんスけど、OPを提供したバンドはその際にレコーディングしなおしてるんスよね。だからあのフルバージョンはあそこだけしか聴けないんス」
奈緒、菜々「えぇ!?」
奈緒「そ、そうだったんだ……」
菜々「もう一回……見直そうかな……」
P「……あの……話をしていい?
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/11/18(月)17:42:26.279ID:afS32qsu0
スネイプ「この問題は……ポッターに答えてもらおうか」
ハリー(♀)「えっと、わかりません……」
スネイプ「予習しろと言わなかったか? グリフィンドールに10点やろう」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/11/18(月)14:51:39.590
ID:+woeUnzHa
妹「ねぇお兄ちゃん、
>>4しよっか」
俺「妹…お前っ」ドキドキ

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/11/18(月)11:22:55.020
ID:/D3m2ww00
妹「兄さん、今日こそ勝ちます」
妹「オセロです、このゲームに勝てば相手の言う事を何でも聞く、良いですか?」
妹「じゃあ私は黒です、昨日は白だったから負けたんです」
??
妹「負けました…さぁ!兄さん!私は兄さんの言いなりですよ!」
妹「あんなことも!こんなことも!」
妹「今日の晩御飯はオムライスですね、わかりました、他には無いのですか?」
妹「ない…ですか、そうですよね、じゃあ、オムライス…作ってきます」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/11/18(月)03:06:57.449
ID:bdicxLKx0
暴君様「……一度は私から逃げ出しておいて………罪滅ぼしのつもりか?今のこの私の姿は、貴様の責任だと?」
暴君様「……とんだ傲慢だ。私は、私の意志でこうなった。貴様のようなクズが、私に影響を与えたなどと……不愉快だ。」
暴君様「…………私は、見えていなかったのだ。この国の、父上の愚かしさ……そしてそれに群がる、金に目の眩んだ亡者と…………与えられるばかりでなにも差し出そうとしない腐った民。」
暴君様「この国は病んでいた……だから私が正した。今のこの国を見てみろ。ずいぶんと……ククッ…………美しいだろう…?」
暴君様「人は豊かさを手にすれば傲慢になり、受けた恩さえも容易く忘れる……踏みにじられ、なお足掻く姿こそ、人のあるべき姿ではないか?」
暴君様「これこそが私の望んだ姿!私の望んだ国!…………だが、まだ足りない…。まだ、人は恵まれてしまっている……!!」
暴君様「私が……私が、成さねばならない…。何故なら私がこの国の王だからだ。私が……民を導かねばならない…。」
暴君様「…………私は、貴様がいないあいだに全てを知った。恵まれた温室のなかでは分からない……貴様が教えてくれなかったことを…………お前を失って、初めて知った。今更、貴様に頼ることもない。」
暴君様「しかし、私を裏切ったことに対する贖罪の意志があるというのは、なかなか殊勝じゃないか。……いいだろう。貴様に罪を贖う機会を与えてやる。」
暴君様「…………この剣を貸してやる。その剣を使って、四肢のうち好きな一本を断ち斬って私に差し出せ。そうすれば許してやる。」
暴君様「……なんだ、まさか出来ぬとは言うまい?貴様が贖いたいと言い出したのだ…………私の期待を、また裏切るつもりか…?」
暴君様「それとも……この私に、直々にねじ切られたいか…?…………選ばせてやるよ、昔のよしみで、なぁ。………ふっ……ふっははは…っ、あっははははははははは!!!!」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/11/18(月)00:48:45.036
ID:/Gv5+jNQ0
男の娘「足、まだ痛む?あまり無理をしちゃダメだからね」
男「普通に歩くくらいじゃ痛まないよ、こうして登下校するくらいは大丈夫だって」
男の娘「ケイくん、いっつも無理してるから心配だな…。帰ってくるの遅いからボクに親御さんから連絡きたと思ったら走り込みしてたり」
男の娘「登下校に電車を使わず走って鍛えるなんて毎日だったし、ほんとにあの頃は凄かったよね。みんな、ケイくんの長距離走に期待してて…」
男「そうだな…。でも、部のみんなは俺がいなくてもきっちり大会で結果出すから安心しろって言ってくれたよ」
男の娘「ボクは、ケイくんが競技場で輝く姿が見たかったかな。…怪我した理由もカッコいいよ、歩道橋の階段を踏み外して転びそうな子を庇おうととっさに抱きついてクッションになってだもんね」
男「打ちどころが悪くてこうなったけど、あの子、病室の俺に会いに来てさ。お兄ちゃんありがとうってさ、満更じゃなかったよ。助けを呼んでくれたのもあの子みたいだし」
男の娘「そっか。ケイくんはカッコいいよ。いっつも前を向いててキラキラしててさ、弱虫で小さなボクとも子供の頃から一緒にいてくれたしね」
男の娘「けどね、それももうおしまいだよね。いくら怪我した理由が立派でも、ケイくんの性格に非の打ちどころがなくても、走れないケイくんはここで終わりだよ」
男の娘「陸上で進学するつもりはなかったみたいだけど、真面目に取り組んできた努力が一つ、永遠に報われなくなっちゃったね。だからみんな、ケイくんのことは見ないよ」
男の娘「橘くん見てよ、ケイくんが陸上部を抜けてから生き生きしてると思わない?前より、チヤホヤされてるよね?ケイくんは用済み、だから橘くんが選ばれたんだよ」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/11/18(月)00:21:29.477
ID:CUJYOy360
シャミ子「桃が居なくなってもう三年です」
シャミ子「桃、私たちは元気でやっています」
シャミ子「あなたが守った街は今も平和です」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/08/31(金)14:57:42.872
ID:5p5414Vod
義姉「ちょっ…ゲホッゲホッ」
私「ばーか」
義姉「ひどすぎ…ゲホッ」
私「だまれ死ね糞ブス」
義姉「あのさ…私一応お姉ちゃんなんだよ…?」
私「は?お前なんか姉でもなんでもねーよ」
義姉「…」
私「わかったらとっとと消えろゴミ」
義姉「口で言っても分からないならどうなるか分かるよね」
私「は?調子のんなカス」
義姉「はぁ…」
私「お前が私に勝てると思ってんのかよ」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/11/17(日)15:21:10.673
ID:TfGE3cPq0
21歳ミカン「シャミ子可愛そう…」
21歳杏里「ちよももーそれはどうかと思うよ…」
ウガルル「ウガ?俺でももっと手伝ってる」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/11/17(日)12:04:11.060
ID:FzWb58RQ0
王子様「ははは、別に怒ってなんていないよ。ただ少し寂しかったからね、意地悪を言ってみたかっただけさ。」
王子様「ボクは寂しがり屋さんなんだ。一緒にいてくれないと機嫌が悪くなってしまうぞ?……なんてね。」
王子様「……ああ。ボクも今日の公務は済んだから、父上からも戻ってよいと言われた。しかし、いつになっても人前に立つのは慣れないな…。」
王子様「やはりボクはご要人の脂ぎった手よりも、剣を握っている方が性に合うようだ。もちろん、お前の手ならばいつでも歓迎だけどね。」
王子様「そうだな……食事までにはまだ時間もあるし、稽古でもしようか。○○、付き合ってくれるね?」
王子様「今日こそボクから一本取れるかな?最近はお前も腕を上げてきたからね。ふむ、そうだな…………もし出来たら今日の夕食の甘物、お前に譲ろう。」
王子様「嘘じゃないさ。このボクが好物を譲渡すると言っているんだ……少しはやる気も奮ったかい?」
王子様「さ、それじゃあ稽古場に行こうか。この時間なら空きがあるだろう。はやく着替えて…………ん?」
王子様「……はははっ、構わないと言っているじゃないか。確かにボクは女性ではあるが、いずれこの国を担う王子だ。いわばボクは男性でもある。ならば気を遣うこともあるまい?」
王子様「それに、キミの身体も見ておきたい。……ああいや、変な意味ではなくて……筋肉のつき方とか、ほら……傷がないかとか、な?」
王子様「馬鹿なことを気にしていないではやく着替え…………ん…。…………なあ○○、着ていた服をよこせ。」
王子様「……すぅーっ………すんすんっ……………ん…………なんだ、この匂い……?……すぅっ……ふすーっ………すーっ…………」
王子様「……………ひどい匂いだ…。………………。」
王子様「…………あ……ああいやっ、な、なんでもない…。はは、すまない……少し、変だったな……忘れてくれ…。」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
名無しさん@おーぷん19/11/17(日)10:04:46
ID:r1z
真美「ついに真美の時代がきた!」
ひなた「そうなのかい?」
真美「始まったばっかのミリクロ……まだまだ先は長いし、これからどーなるかはわかんないけど」
ひなた「そうだねぇ」
真美「エレガントミズギは真美だけ!」
ひなた「おおー」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
2
3
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。