SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
媒体:ホライゾーン
<<
2018年10月
>>
83件取得
人気記事順表示
<<
0
1
2
>>
1:
◆CS7uVfQgX.2018/10/09(火)12:25:14
ID:4Hr
こんにちは。すっかり秋めいてきましたね。
アイドルマスターミリオンライブ!のSSになります。


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
名無しさん@おーぷん2018/10/12(金)21:30:29
ID:44i
仁奈「いくでごぜーますよー!」
タタタタタッ!
ちひろ「ちょっ、ちょっと仁奈ちゃん!?」
仁奈「ふふふっ! あははははっ!」ニコニコ!
タタタタタッ!
バッファローマン「クックック!……何ィ、本物はどこに居やがる!?」
仁奈「えいっ!」
ぎゅうっ!
バッファローマン「ハッハッハッハ! こいつはやられた! 降参だ!」
https://www.youtube.com/watch?v=UTSEe0NiWSs


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
名無しさん@おーぷん2018/10/13(土)16:21:53
ID:gsb
ヴィーネ「春から東京の大学ね……」
ガヴ「だな」
ヴィーネ(ガヴと出会った高校生活も終わり、私たちは春から大学生になる)
ガヴ「まぁ、無事に受かるかはわからないけどな」
ヴィーネ「合格できるわ」
ガヴ「推薦ですでに決まっている奴に言われても」
ヴィーネ「もう、それじゃ勉強教えてあげないわよ?それにお夜食作ってあげたり、家事してあげたりしないわよ?」
ガヴ「ごめん、私が悪かったヴィーネママ」
ヴィーネ「こんな子産んだ覚えありません!」


続きを読む

[ 閉じる ]
泰葉「私の冒険」
泰葉「トルコライスは愛・・・ですか」
泰葉「お魚を食べると頭が良くなる?」
泰葉「おでかけの日に」
泰葉「楽しく,美味しく」
泰葉「仲良し大作戦」
1:
名無しさん@おーぷん2018/10/12(金)13:34:03
ID:5jH
もぐもぐやすは第7回
今回はメイン土屋亜子さん
番外編は喜多見柚さんとなっております
GBNSの日だった昨日につくったGBNS番外編ものせておきます
前作
泰葉「仲良し大作戦」
はじめます


続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
泰葉「私の冒険」
泰葉「トルコライスは愛・・・ですか」
泰葉「お魚を食べると頭が良くなる?」
泰葉「おでかけの日に」
泰葉「楽しく,美味しく」

1:
名無しさん@おーぷん2018/10/10(水)12:05:30
ID:bYI
もぐもぐやすははやくも第6回でございます
今回はメイン桃井あずきさん
番外編メイン一ノ瀬志希さんとなっております
前作
泰葉「楽しく、美味しく」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しが深夜にお送りします2018/10/13(土)01:56:06
ID:EIerl2Yk
キャラ崩壊注意
とある夜
なな「うぅ……ばななも凍る寒さです……」プルプル
なな「というわけでお邪魔します……」モゾモゾ
純那「あっ、こら」
なな「ふぅ。純那ちゃんのベッドは暖かいなぁ」
純那「自分のベッド使いなさいよ」
なな「でも、二人で一つのベッド使った方が暖かいでしょ?」ヌクヌク
純那「それはそうだけど……」ヌクヌク
なな「じゃあ、そうゆうことで」モゾモゾ
純那「はぁ……何か、あんたのことでっかい犬みたいに思えてきたわ」
なな「純那ちゃんにだったら飼われてもいいかな?」ギュッ
純那「よしよし」ナデナテ
なな「わんわん」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆DAC.3Z2hLk2018/10/12(金)20:45:18
ID:P8E
小日向美穂が化け狸だったというシリーズ「こひなたぬき」のSSです。
独自解釈、ファンタジー要素、一部アイドルの人外設定などありますためご注意ください。

2:
◆DAC.3Z2hLk2018/10/12(金)20:46:28
ID:P8E
  ―― 事務所 正午
ちひろ「っん???……午前の業務はこんなところですかねぇ」ノビー
P「ふぅー、さてメシだメシだっと」
ちひろ「それじゃ私ちょっと食べてきますね」
P「あ、俺も行きます」
ちひろ「はぁ?」
P「『はぁ?』て」
ちひろ「だってあなた、慕ってくれる美少女アイドル四人から日替わりでお弁当貰う超絶いいご身分なんでしょ?」
P「ぐぅッ、言葉の棘が全身に突き刺さりやがるぜ……!!?」
ちひろ「あら? そういえば今日は机にお弁当箱の包みが無い……。まさか飽きたなんてことないだろうし……」
ちひろ「…………あ! ついに四股かけて愛想尽かされたとか!?」
P「違ぇよ!! 冒頭からなんてこと言うの!?」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆6RLd267PvQ2018/10/12(金)22:49:57
ID:gUD
思いついてしまったので。

2:
◆6RLd267PvQ2018/10/12(金)22:50:27
ID:gUD
泰葉「むぅ……」
P「おーす、お疲れ。…どうした、むくれたりして」
泰葉「あ、Pさん……その、これは…」
茄子「泰葉ちゃん、変顔の練習中なんですよ?」
泰葉「ちょ、茄子さんっ!」カァァ
P「変顔…? どう見てもただふくれただけにしか見えなかったけど」
泰葉「…実は、茄子さんとにらめっこで勝負したんです」
茄子「それで泰葉ちゃん、私の変顔がツボに入っちゃいまして、勝負どころじゃなくなってしまいまして」
泰葉「うう……だってまさかあんな面白……ふふっ……ふふふっ……!」
P「思い出し笑いするほどツボだったんだな…」
茄子「顔芸は基本ですからね?」
 
P「何の基本かはさておき、泰葉がここまで引きずる程の変顔となると、興味あるな…」
茄子「別に大したことありませんよ、顔から角が生えたり、目玉が増えたり、鼻が伸びたりとか、それくらいですよ」
泰葉「ですです……ふふふ……」
P「いやよく笑えたな泰葉!普通にホラーだろ」


続きを読む

[ 閉じる ]
泰葉「私の冒険」
泰葉「トルコライスは愛・・・ですか」
泰葉「お魚を食べると頭が良くなる?」
泰葉「おでかけの日に」
1:
名無しさん@おーぷん2018/10/07(日)17:05:13
ID:BUi
もぐもぐやすは第5弾
岡崎泰葉がご飯を食べるだけのSSです!
今回は矢口美羽さん おまけは佐久間まゆさんとなっております
この世界のまゆはポンコツであり、
プロデューサーが複数いるということだけは了承していただけると嬉しいです。
世界がつながってる前作
泰葉「お出かけの日に」
それじゃ始めます


続きを読む

[ 閉じる ]
泰葉「私の冒険」
泰葉「トルコライスは愛・・・ですか」
泰葉「お魚を食べると頭が良くなる?」
1:
名無しさん@おーぷん2018/10/06(土)20:03:50
ID:zTS
もぐもぐやすはシリーズ第四弾
今回はアイドルがいっぱいでます。
おまけは姫川友紀さんですが土山しげる先生のココロのコロッケのリスペクトでございます。
前作
泰葉「お魚を食べると頭が良くなる?」
よろしくおねがいします


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆FPRtZdJjow2018/10/12(金)00:10:05
ID:XXA
──12月31日深夜
P「仕事終わらねぇー!」カタカタカタ
ちひろ「職業柄仕方ないとしても大晦日にこれは堪えますね……!」カタカタカタ
P「仕事が、仕事が多すぎる……もう三日寝てない……」スタドリゴクゴク
ちひろ「だからこうなるって言ったんですよ。考えなしにPさんがスカウトしてきたんですから、責任もって面倒見てくださいよ」
P「そんなペット拾ってきたみたいな言い方やめてください」
ちひろ「はぁ、こんな歳になって年越しを職場でなんて……」
P「いいじゃないですか、仕事なくてもどうせ独りでしょ」
ちひろ「お、生きて年を越すつもりがないようですね」
P「すまんて」
ちひろ「もう……別に家族やお友達と過ごせばいいですしー……Pさんとでもいいですし」ボソ
P「w」
ちひろ「刺繍封筒、全部シュレッダーにかけときますね」ガー
P「」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
名無しさん@おーぷん2018/10/11(木)18:33:25
ID:rAA

緒方智絵里さんのとっても短い短編です。

2:
名無しさん@おーぷん2018/10/11(木)18:37:21
ID:rAA
 
太陽がくすんだ雲に顔を隠した日も、彼女はいつものクローバー畑にいた
 
穏やかな陽射しだった昼間に比べると、少し肌寒くなってきていた。
――ゲコゲコゲコゲコゲコ
 
早く雨が降れと言わんばかりに盛大な合唱が聞こえる。
少々耳障りだが、彼女は意に介さない。
 


続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
◆ec04qMUlFD862018/10/11(木)13:29:37
ID:yAd
百合或いはレズ。物語の舞台がどこかは知らない。

2:
◆qK6T9FKqU0Aq2018/10/11(木)13:31:41
ID:yAd
PM10:30

麻理菜「……………………………………」グビッ
麻理菜「……………………………………」ゴクゴク
麻理菜「……………………………………」ボー
心「スー……スー……」スヤスヤ


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
名無しさん@おーぷん2018/10/11(木)11:26:50
ID:KkJ
比奈「プロデューサーのお家は?……あ、あった、ここッスね」
比奈「自分の同人誌呼んでもらうためにお宅訪問なんて……原稿の持ち込みみたいで緊張する…」
比奈「…………ここまで引き返すのもアレでスし、ここは腹くくりますか…」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しが深夜にお送りします2018/10/07(日)10:16:17
ID:YSbdDUHI
サーバル「あーっ、アライさんの背中に毛虫がついてるー」
アライ「えっ?どこ!?どこなのだ?毛虫は苦手なのだ!」
サーバル「なーんて、冗談だよー」
アライ「あーっ、また騙されたのだ!サーバル、お前はひどいやつなのだ!」


続きを読む

[ 閉じる ]
2:
名無しさん@おーぷん2018/10/08(月)00:23:28
ID:A3B
 土をこねることは幸せだ。自分のとりとめのない想いを一つの形にして、誰かに受け取って貰える。私の人生を彩っていたただ一つのこと。
 おじいちゃんは厳しくて、簡単に認めてくれない。でも指導に不満を覚えたことは無かった。おじいちゃんはいつだって正しいし、私も妥協なんてしたくなかった。
 友達はあまり多くはない。そして趣味の話を共有できる友達は一人としていない。
 私とおじいちゃん。世間からまるで離されたように限定されたこの空間で。
 それでも。
 私は確かに幸せだった。
 ……。
 あの時までは。
「どうした肇?」
 おじいちゃんが私の顔を覗き込む。
 いつも通り陶工の時間になり、私はろくろと向き合った。
 最近は上手く行かず、怒られることが多くなってしまっていた。壁に当たっている、と言うのだろうか。でも何度も味わってきたことだから。
 だから、私は今度も大丈夫、なんて思っていた。
 この失敗の連続は成長に繋がるんだって。私は停滞なんてしていないって。
 くるくると回る土はどんどん歪になっていく。
 わかっている。大丈夫。
 おじいちゃんにはまだ納得してもらえないかもしれないけど、私なりのものは作れるはず。
 だから、大丈夫。
 心で唱えても。
 頭ではわかっていても。
 手は震え、指は止まり。
 遂には、腕に力が入らなくなり。
 土は歪な形のまま、その場を回り続けていた。
「体調が悪いのか?」
「……違うよ」
「じゃあどうしたっていうんだ」
 わからない。
 そんなこと私にもわからない。
 わからないよ。
 どうして? なんで?
 
 
 私はこの時、幸せを失った。


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
名無しさん@おーぷん2018/10/10(水)21:44:46
ID:LUw
春香「はい、美希が覚醒しちゃったんですよ……」
P「いいことじゃないか、金髪長髪の美希もいいが茶髪短髪の美希もあれはあれで……」
春香「いえ、そういうのではなくてですね……」
P「そうじゃない?どういうことだ」
春香「え?っと……ああいうことです」ユビサシ
覚醒美希「ふんす!!!!!」シャキーーン!!
P「うお!?……え?」
覚醒美希「ふんす、ふんす!」
P「あ?………み、美希?」
覚醒美希「ふんす!!」
※注意
このssはランスシリーズとアイマスのコラボです。ランスシリーズのキャラは出てきません
ランス10のネタバレあります。ご注意ください


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆P1ZZk9vB9M2018/10/10(水)00:44:15
ID:nE6
※汚かったり変態だったりしますので注意
モバP(以下P表記)「したくない?」
奏「わかるわ」
美波「わかります」
ありす「わかりみが深い」
文香「待ってください」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
名無しさん@おーぷん2018/10/09(火)19:01:31
ID:t9d
真「え?負けたの?ハム蔵に?」
響「うん……」
真「え?っと……口喧嘩で負けたの」
響「いや、殴り合いで」
真「殴り合いで!?いや口喧嘩もおかしいと思うけど、相手ハムスターだよね?」
響「うぅ……自分、不甲斐ないぞ……」


続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
名無しさん@おーぷん2018/10/09(火)12:36:20
ID:WGP
SUPERBEAVERの「らしさ」という曲を聞きながら作りました。前々からこれ飛鳥君ぽいなあと思ってはいた。
この曲を飛鳥くんにカバーで歌って欲しい部の部員です
普段やってる全然関係ないもの
もぐもぐやすは
泰葉「美味しく、楽しく」
誤字多くてすみませんです。確認は今回念入りにしたつもり

2:
名無しさん@おーぷん2018/10/09(火)12:37:26
ID:WGP
自分らしさ。とは...一体何なんだろうね?


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆cgcCmk1QIM2018/10/08(月)23:46:58
ID:qzl

◎事の発端
 冬休みのある日、白菊ほたるはついに何もかもが嫌になった。
 昨日まで耐えられていたのが嘘のように我慢が効かなかった。
 頭は沸騰し、涙は止まらない。
 グシャグシャに泣きながら、とにかく自分を取り巻く全てを捨てて逃げ出してしまおうと決心する。
 切欠はなんだったろうか。
 こんどこそはとアイドルになる夢を賭けてオーディションを受け、やっと所属できた三軒目の事務所も倒産したからか。
 しょげかえって鳥取に戻って久々に顔を合わせた家族と喧嘩をしてしまったからか。
 自分の不幸をよく知る故郷の人々が、自分の挑戦について口さがない噂をしていると知ってしまったからか。
 いや、もうそんなことはどうでもいい。
 とにかくもういい。
 ほたるの中で大事な何かが決壊していた。
 それが何なのかは、沸騰した頭ではまともに考えられなかった。
 だけどとにかく、もう、嫌になったのだ。
 ほたるは泣きながら貯金を全て引き出し、小さな鞄をひとつ持って列車に飛び乗った。
 自分に指される無数の後ろ指、両親にかける心配、物心ついた日からつきまとう不幸、無数の苦しい思い出。
 アイドルに見た希望、僅かながらにかけられた期待、頑張り続けてきたこと、人をしあわせにしたいと夢見た事。
 そしてこの期に及んでもなお、声を殺して泣こうとする自分。
 それら全て、何もかもから逃げ出すために。


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
名無しさん@おーぷん2018/10/08(月)06:51:11
ID:lrD
―少女の視線の先
―1人のスーツ姿の男性が、年は中学生ぐらいだろうか。女の子を連れて歩いていた
むつみ「あわ、あわわ。そっち行くと、そ、そのホテルの方がへ」
聖「落ち着いて……言葉、噛んでる」

むつみ「でででも、プロデューサーさんと……その由愛ちゃんが一緒に」
―片方の少女はホテルの意味を理解しているようだが
聖「でも……ホテル?まだ夜じゃない……ですよね」
―金髪の少女は理解していなかった


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しが深夜にお送りします2018/10/09(火)18:16:48
ID:nhDeW4Xk
キャラ崩壊注意
入浴中
クロディーヌ(以下クロ)「……」ジーッ
真矢「……どうかしましたか?クロディーヌ」
クロ「いや……あなた、足細いわよねぇ……」
真矢「ふふ。舞台少女たるもの、日々節制を心掛けねばいけませんから」スラッ
ひかり「ぎくっ」
華恋「ぎくっ」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆FfvRSd7Ma62018/10/12(金)04:00:46
ID:tHa
ここは鎮守府の司令室。
あきつ丸「……報告は以上であります」
提督「ご苦労。ところで、今日は9月24日だな」
あきつ丸「はい」
提督「進水日おめでとう」
あきつ丸「ありがとうございます。提督殿に進水日を覚えて頂けているとは、光栄であります」
提督「堅苦しいのはよせ」
あきつ丸「……」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆XeLOEO59HI2018/10/07(日)20:36:53
ID:Yic
マオ「え?」
リーリエ「え?」
サトシ「ピカチュウ!こいよ!」
ピカチュウ「ピカピィ」スリスリ
サトシ「ハハハ!くすぐったいよピカチュウ!」
スイレン「……ピカチュウになったら、サトシにほっぺスリスリできるのかな?」ボソボソ
スイレン「………ピカチュウだったらきっと、ご飯もお風呂も寝る時もトイレもずっとサトシと一緒…」ボソボソ
スイレン「……羨ましい」ハァ
マオ、リーリエ「………………」
アシマリ「ウアー…」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
名無しさん@おーぷん2018/10/07(日)00:43:50
ID:asJ
暁「司令官、この書類にサインして」
提督「ん?おお、分かった……ってこれ暁の限定衣装製作上申書!?駄目じゃないか、勝手にこんなもの作っちゃ」
暁「だぁってぇ……。暁型の中で特別な衣装ないの私だけなんだもの。レディだってたまにはおしゃれしたいわ!」
提督「そういうけどな。こういうのは本部が決めるものでこちらからは何も言えないんだよ」
暁「えぇ?」
提督「でも、前に見せてくれたサンタ服は可愛かったなぁ……」
暁「そっ、そうでしょ」エッヘン
提督「もう暁が可愛すぎて……。そ、そうだ今度着てみせてくれないか?」
暁「えっ。で、でもでも、あれは前のだし……今は小さくなっちゃってるかもだし……恥ずかしい///」
提督「いいじゃないか。私にだけ特別、な?」
暁「うっ、うぅ……」
提督「可愛い暁、見たいなぁ」ギュッ
暁「しっ、しかた……」
憲兵「失礼する」ガチャっ


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
random!2018/10/06(土)21:48:50
ID:Rjd
浜風オンリー大体そんな感じ

2:
【52】2018/10/06(土)21:50:37
ID:Rjd

提督「浜風くんさ」
浜風「はい?」
提督「色んなテスト課したじゃん、それはもう色々と」
浜風「あぁ……あのかったるいやつ」
提督「…………」
浜風「…………なんです」
提督「…………はい、取り敢えず数学」
浜風「は?」

このレスの!randomが得点


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
名無しさん@おーぷん2018/10/11(木)23:20:48
ID:6Qu
アイドルマスターシンデレラガールズです。
服部瞳子さんのお話……なんですが、主人公は多分ありすです。

2:
名無しさん@おーぷん2018/10/11(木)23:21:26
ID:6Qu
喫茶店
ありす「ここのイチゴパフェが美味しいらしいんです」
モバP(以下P)「へぇ、さすがありすは下調べばっちりだな」
ありす「橘です!」
ありす「ふふ……私にはこのタブレットがありますから」
P「そんなに気に入ってくれたのか? それ」
ありす「当然です! プロデューサーさんがお祝いにプレゼントしてくれたんですから!」
P「俺はそういうの疎いんだけど、ありすが前に持ってた奴と同じじゃないのか?」
ありす「橘です。違うんです。確かに私が持っていたやつの新しいモデルってだけですが、私にとっては違うんです」
ありす「す、好きな人からのプレゼントですから……」
P「そっかそっか。喜んでくれたなら何よりだ」
P「で、注文はイチゴパフェでいいのか?」
ありす「はい。プロデューサーさんはお決まりですか?」
P「俺はコーヒーかな。店員さん呼ぶぞ」
P「すみませーん!」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
名無しさん@おーぷん2018/10/08(月)04:09:46
ID:hYw
おかしい。
今日のレッスンルームは私一人が使う予定だったはずだ。
一応確認をしてみる。
うん。
間違いない。
やっぱり私一人だ。
なのになんで、この、おかしなダンサーがいるのだろうか。


続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
2
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。