SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
媒体:ホライゾーン
<<
2019年02月
>>
72件取得
人気記事順表示
<<
0
1
2
>>
1:
◆K1k1KYRick2019/02/14(木)19:39:45.00
ID:fhupuBVa0
雪乃さんの誕生日祝いのSSです
オナニー・破瓜・孕ませ・妊婦・食ザー・髪コキ要素あり

2:
◆K1k1KYRick2019/02/14(木)19:40:43.93
ID:fhupuBVa0
ライブの興奮が醒めないまま、相原雪乃は控え室に戻った。
着替えを済ませ、後はプロデューサーの到着を待ち、送迎してもらうだけだ。
「はぁっ……ンッ……」
興奮で火照ったカラダを彼女はいつものように弄び、慰めた。
胸部のボタンを外してはだけると、服の中で窮屈そうにしていた
九十二センチのたわわな乳果が淫らにまろび出た。
すくすくとやらしく育った乳肉を、左手で解すように何度も揉み上げる。
姿見の中には、自らの乳房をまさぐる恥知らずの娘が映っていた。
「ダメですわ、そんな……止めてぇ……あぁっ……!」
スカートの中に潜り込んだ指が布地の少ない美しいショーツを引っかけて、踝までずらした。
白く細い指は浅ましく開いた股の中央で踊る。
花弁を何度もなぞりあげると程なくしてそれは妖しい香りを放って汗ばんだ。
恥骨を浅ましく前に突き出して、恥ずかしい箇所を淫指で擦り続ける。
ゾクゾクする蜜波が、足裏から全身を舐めるようにさざめいていく。
零れていく愛蜜を指で掬い、雪乃は何度も花弁の中へ塗り込める。
桃色の芽が熱く膨らみ、牝香を撒き散らした。
内なる炎が丸く開けた唇から吐息となって溢れ、宙に溶けていく。
「ごめんなさい、二度と、二度としないから……許して……」
やがて軽い酩酊が全身に訪れる。
吐息をしきりに吐いていると鏡の中で自慰に耽っていた少女はやがて元の自分に戻っていった。
   #  #  #


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆Giu6rR0Y.o2019/02/11(月)21:25:50.06
ID:oyRduWMUo
校舎裏
サトシ「え?」
ピカチュウ「ピカー」
スイレン「そ、その…このチョコに込めたの…!私のゼンリョクのキモチ!」ドキドキ
スイレン「……だから…受け取ってほしい…サトシに…」ドキドキ
サトシ「スイレン…」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/02/13(水)05:56:08.82
ID:f8SR3gqt0
ある日、事務所にて……
モバP「ちひろさん、ちょっとお話があります」
ちひろ「なんですか、プロデューサーさん」
モバP「最近、一時的なテンションや満たされない承認欲求のためにバカな行いをして人生を台無しにするアルバイト店員の動画が炎上して、SNSで炎上してますよね?」
ちひろ「あー、バイトテロってやつですね」
モバP「ええ、本人は少しふざけただけでも企業に大きな損害を与えて、とんでもない賠償金を請求される可能性もあります。そこで人気のあるアイドルをバイトテロ防止のキャンペーンキャラクターにして、呼びかけを行うことにしたんですよ」
ちひろ「それは良いことですね。成功すればアイドルのイメージも上がりますし、一石二鳥ですね」
モバP「そこでちひろさんにお願いがありまして、バイトテロのリスクが高そうな飲食店に狙いを定めていろいろと働きかけをして欲しいのです」
ちひろ「わかりました。では、バイトテロが起こりそうな企業に声をかけてみましょう」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/02/12(火)17:41:38.28
ID:Pb7Nuk1E0
藍子「コーヒーができましたよ?」テクテク
P「おう」
藍子「プロデューサーさんはすごいですね。砂糖なしで飲めるなんて」フーッフーッ
P「おう」
藍子「私なんか二個は入れないと飲めなくて……今度は一個に挑戦してみようかな」コクコク
P(可 愛 い)


続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/02/11(月)16:04:03.01
ID:rrYJ0K9qO
思いつくままの百合

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/02/11(月)16:19:10.00
ID:rrYJ0K9qO
5年程務めていた会社を辞めた。
理由は寿退職。
自己都合って文章を退職届に書かされたのが会社の社宅を出た一月前のこと。
まるでこっちに問題がありましたので、辞めさせて頂きます、という感じで。
後味の悪さを感じたり、感じなかったり。
恩着せがましい会社だったなあという印象のせいかな。
私の性根が腐ってるのかもしれないけど。
それでも、それとなく円満に勤めていたので、会社の上司にも同僚にも後輩にもお客さんにも、もちろん親にも祝福された。
結婚式の日取りは決めてなかったけれど、彼の住んでいる地域に引っ越して、籍だけは良い夫婦の日に入れようって二人で決めて。
それで、みんなからプレゼントもたくさん貰った。
友達にも引っ越しの前にお祝いして貰って。
これから私は妻になって主婦になって、もしかしたらママになっていったりするんだろうなって。
漠然とした不安と希望の中にいた。


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆dOYH2O5oOo2019/02/14(木)00:35:29.34
ID:K8DbTlsW0
夫婦の、ある日の昼下がり

2:
◆dOYH2O5oOo2019/02/14(木)00:41:45.79
ID:K8DbTlsW0
肇「Pさん、お茶をいれましたよ」
P「お、ありがとう」
肇「はい、どうぞ」
P「いただきます」
肇「…」
P「?」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆q4ctS9nNro2019/02/12(火)17:39:23.19
ID:0R/48gRco
痴女周子の逆転なしのSSです。
――
「さぁ、プロデューサーさんコレ説明してよ」
 コンビニで買ったエロ雑誌を塩見周子に見られてしまった。一般的なエロ雑誌なら理解はしてもらえたかもしれない。だが問題は内容がアイドルのコスプレモノで、運が悪い事に周子に関わることだったことだろう。
 ――『【大特集】塩○周子激エロコスプレ人気の京娘はヤリマンビッチ』
 タイトルからして言い訳不可能だ。こんなものをアイドルのプロデューサーが所持しているだけで大事件だ。
「すまない周子、この通りだ」
「さすがのシューコちゃんもこれは許せないよ」
 それもそうだろう……担当プロデューサーが自分のコスプレをしたエロ雑誌を読んでいたなら怒りが収まらないのは仕方がない。


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆r5XXOuQGNQ2019/02/10(日)02:32:33.30
ID:rSL2Kw0W0
一部キャラが崩壊してます
新田美波の弟が出てきます
よろしければ前作も見てください
堀裕子「分裂するさいきっくですか」【モバマス】

2:
◆r5XXOuQGNQ2019/02/13(水)20:24:41.95
ID:WYlra5AG0
事務所
裕子「おはようございまーす!」ガチャ
杏「あーおはよーユッコ」
裕子「あ、杏ちゃん! 何をやってるんですか?」
杏「スマブラ」
裕子「あーいいですねえ。私ネスとリュカが好きです!」
杏「どうせ超能力を使うからでしょ」
裕子「そうです! さいきっくPKサンダー! ムムムーン!」ピピピピ
杏「ほげえええええ!!!」ビリビリビリ
裕子「杏ちゃーん!!!?」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆r5XXOuQGNQ2018/09/01(土)23:22:21.70
ID:zUgMMa9c0
一部キャラが崩壊してます
新田美波の弟が出てきます
よろしければ前作も見てください
堀裕子「ものを動かすさいきっくですか」【モバマス】


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/02/13(水)01:22:50.10
ID:KpFJnRIu0
※私に天使が舞い降りた!短編

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/02/13(水)01:24:56.06
ID:KpFJnRIu0
ひなた「作文の宿題が出たんだ!」
みやこ「あー、あったあったそういうの」ナツカシー
花「将来の夢とか決まってないし……こういう宿題嫌い」
みやこ「だよねー、私も苦手だったよこういうの」
みやこ「小学生のうちから将来の夢なんて分からないもんね?」
花「まあお姉さんみたいなニートにだけはならないよう気を付けます」
みやこ「ニートじゃないからね!? 大学生!」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/02/12(火)00:31:33.95
ID:kEcSo673O
初投稿なので、
何か間違ってるとことかあったら教えて貰えると嬉しいです
独自設定あります、結構長いかもしれないです
よろしくお願いします


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆71NsoKrlNY2019/02/05(火)22:24:40.29
ID:B0NifoAc0
独自設定・独自解釈・キャラ崩壊あり。短編集……かなぁ?
無事にスレ立ったら続けます。

2:
◆71NsoKrlNY2019/02/05(火)22:27:25.27
ID:B0NifoAc0
モバP「(ふと気になった)」
モバP「(『属性は自己申告制』と言われている中、それでもクール力の高い子達はどこまでクールで居られるのか)」
モバP「(もちろん気になったから、という理由でドッキリ番組などを作るつもりはない。キャラクターというものはアイドルという職業において簡単に崩してはいけないものだ)」
モバP「(しかし。しかしである)」
モバP「(プロデューサーである俺が、彼女たちの魅力を一部の側面しか知らないのはどうだろうか?)」
モバP「(すべてを活かせるかどうかわからない。だからこそ、少しでも彼女たちの魅力を知り、世に出すことは俺の使命なのではないか?)」
モバP「(違う。そんな小難しいことじゃない。俺はプロデューサーとして、彼女たちの理解者として、できるだけ多くのこと知りたいんだ!)」
モバP「って言う言い訳を思いついたんでちょっとセクハラ間違えたいたずらしますね」
ちひろ「何言ってんの?」


続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/02/06(水)21:24:34.46
ID:5L3ODKzLo
ヴィーネ「ちょっとガヴ! 何よこの部屋! 足の置き場がないどころか、ちょっとした迷宮みたいになってるじゃない!」
ガヴ「おぉ、ヴィーネ……。よくぞこの『ダストダンジョン』をクリアした……」
ヴィーネ「何それっぽく命名してんのよ!」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/02/05(火)21:19:25.83
ID:gZlR72t80
にこ「はあ…」
凛「にこちゃん。元気出すにゃ」
穂乃果「そうだよ。生きていれば良いことあるよ!」
にこ「そうだけどさぁ」
穂乃果「元気出しなって」
にこ「そりゃあ、あんたは他人事だから簡単に言えるけどさ。結構ショックなのよ?」
穂乃果「いや、他人事だとは思ってないよ。友達じゃん」
にこ「じゃあ、代われるって言ったら代わってくれる?」
穂乃果「それはやだ」
凛「凛も」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/02/11(月)07:43:17.96
ID:325jLixL0
独自設定があります。

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/02/11(月)07:45:25.96
ID:325jLixL0
ガチャ
摩美々「お疲れ様でーす」
シャニP(以下P)「…………」
摩美々(あれ、気づいてないみたい……)
P「?♪」
摩美々(……ふふー。担当アイドルそっちのけでスマホ弄ってるんだから、驚かされても文句は言えないよねー)
摩美々「……」ソローリ


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆hAKnaa5i0.2019/02/11(月)00:02:34.30
ID:aQ6QpGKk0
(事務所)
美波「バレンタインチョコレートを作るわよ!夕美ちゃん!」カッ!
夕美「バレンタインチョコレートを作ろうね!美波ちゃん!」カッ!
2人「「やるよ!!」」ガシッ!
ニュッ
文香「おはようございます……今日もまた熱意に満ち満ち溢れていますね……美波さん……夕美さん……」
美波「おはよう文香さん!今年の私はひと味違うのよ!必ずプロデューサーさんの心と胃袋を鷲掴みにしてみせるわ!」グッ
夕美「おはよう文香さん!今年の私もひと味違うんだよ!プロデューサーさんを1発で惚れさせちゃうくらいすごいチョコを作るんだから!」グッ
文香「……なるほど……バレンタインデーに賭ける並々ならぬ想いと気概を感じます……料理は不得手ですが……私も負けてはいられませんね……」キラ-ン
美波「ええ、文香さん。チョコ作りは私もサポートするから一緒に頑張りましょう!」
夕美「私も手伝うよ!友達だもんね!」
文香「……ありがとうございます……お二人の友情にはいつも感謝していますよ……」ニコリ
美波「いいのよ。さて、と。それじゃあ早速話し合いを始めましょうか♪」
夕美「そうだね♪」
美波「文香さん。頼んでおいた材料は用意してくれたかしら?」
文香「はい……例のブツは志希ちゃん経由でひと通り確保しました……」ドサドサドサ
美波「準備万端ね。ではーーー」
3人「「「チョコに何を盛ろうか♪」」」
【大量の志希ラボ産の薬】テ-ン!


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/02/07(木)22:56:44.19
ID:I9mPm/hnO

コーヒーが美味しい喫茶店。
都内某所の裏路地でひっそり営業している喫茶店。
知っている人は知っている。
知らない人が知れば大当たりなお店さ。
そう、私が初めてそのお店に行き当った時の様な。
宝くじ1等を当てるように、幸運なことだった。


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しが深夜にお送りします2019/01/27(日)21:17:25
ID:LlyYwcEA
「ー起きなさい。もう朝ですわよ」ユサユサ
あかり「うーん…」
「あかり!起きなさい!」ユサユサ
あかり「ふぇっ!?…へ?ここどこぉ?」
「どこも何も…わたくしたちの部屋ですわよ。寝ぼけてますの?」
あかり「ひ、向日葵ちゃん?」
向日葵「…完全に寝ぼけてますわね。顔洗ってきなさい。そしたらみんなでご飯にしましょう」
あかり「う、うん…」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆dZjYo83gnOhZ2019/01/27(日)23:22:02.00
ID:OroHEXiV0
・『宇崎ちゃんは遊びたい!』のR-18SSです。
・登場人物みんなのIQが著しく低下しておりますがご了承ください
・原作者さんはNTRがダメらしいのでこのSSでは宇崎父(原作未登場)はすでに亡くなっている設定となっております
・それではよろしくお願いします
??宇崎家・リビング??
宇崎月(以下宇崎母)「んっ…ん、はぁ…」
クチュ…クチュ
宇崎母(オナニーなんて…いつ以来かしら、しかも真昼間から、なんて…)
桜井真一(以下桜井)――「いつか、抱いてみたいな」――
宇崎母(初対面で、娘もいるのに、あんな事を言うなんて…!)
宇崎母「ぁ、はぁ…はあっ、あ、あっ…んっ?」
クチュクチュ?
宇崎母(…本当なら、彼に対して嫌悪しなければおかしいのにっ…)
宇崎母「あっ?あんっ、ん、んーっ?はっ、はぁ…」
グチュグチュ、グチュゥ…?
宇崎母(あの鋭い視線を思い出すだけで、昂ぶって…とうとう自分を慰める様な事まで…っ?)
宇崎母「あっ、あっ…クる、クるっ?イク、イクっ…イっ…?」
????♪??♪(スマホの着信音)
宇崎母「きゃっ!?」
宇崎母(はっ、いけないっ、私ったら…こんなに夢中になってしまって)手洗い
宇崎母「花からだわ…もしもし」
宇崎花(以下宇崎)「あーもしもしお母さーん?急で悪いんだけどー…」
宇崎「これから先輩が一人でウチに遊びに行くけど良いよね?」
宇崎母「…!?」


続きを読む

[ 閉じる ]
2:
◆O.FqorSBYM2019/02/11(月)20:37:36.43
ID:heMF92ie0
????
???「...」ボケー
視線の先にはテレビが。
ソファを占領しながらも彼女はソレを見つめていた。
髪の長い少女、そんな彼女の隣には目元がそっくりな男性が1人。
もこっち「...お父さん、何見てるの?」
父「...釣り番組のはずだったが」
父「今日は特番でやってないみたいだ」
もこっち「...熱帯魚特集か」
休日の朝、いつもは釣り番組が放送されている。
しかし今日はその限りではなかった、特別に組まれたその番組。
彩りを極めた魚たちが特集されている、特に興味のない2人ですら釘付けに。
父「...」ジー
もこっち「...」ジー
静寂が訪れる、だがそれは苦痛を伴わない。
これが友人関係ならば気まずさを感じるかもしれない。
お互いを認識しあっているからこその静寂、これが親子関係。


続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/02/11(月)13:19:58.18
ID:t7l1MBaJ0
(1年教室)
あかり「向日葵ちゃん、何だかまた胸が大きくなったねー」
ちなつ「うん、見ただけでわかるよ」
向日葵「い、嫌ですわ赤座さんに吉川さん」
櫻子「・・・」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/02/11(月)15:58:26.93
ID:8fJiv8Np0
美希「ハニー!お仕事終わったの!」ギュッ
P「あぁ、お疲れ様。でも俺は仕事中だから離れてくれ」カタカタ
美希「むぅ?、3時間ぶりの美希だよ?嬉しくないの?」
P「たったの3時間じゃないか…それに仕事だったら別にそのくらいの時間は普通だろ?」
美希「…なんだかハニー、最近美希に冷たいの」
P「冷たくないよ」
美希「ううん、冷たい!」
P「冷たくない」
美希「つーめーたーいーのー!」グイグイ
P「……はぁ」
美希「ほら冷たいの?!」ブーブー
P「ああもう邪魔しないでくれって…」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆dzX3.Do/lI2019/02/11(月)01:04:49.63
ID:lp8zo52g0
【レッスンスタジオ】
トレーナー「よし!今日はここまで!」
P「ありがとうございました。ほら、りあむ挨拶」
「」
P「……りあむ?」
りあむ「…………ァア?」コヒュー
P「し、死んでる……」


続きを読む

[ 閉じる ]
2:
◆WODiPzWX8U2019/02/06(水)22:55:02.72
ID:+v4fWTGX0
ポケモンHGSSの男主人公、ゴールドとジムリーダー、イブキのssです
時系列がぶっ飛んでいますが、ネタが降ってきたので書きました
二人が付き合い始めてからしばらく経ったころの話
独自設定の塊だけど、情報足りてないし多少はね?
前作↓
【ポケモンhgss】イブキ「ありがとう」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/02/10(日)20:13:05.99
ID:vBrc6zsH0
P「おう、今度バンナムから発売されるゲームでな」
伊織「ああ、ゲームなのね」
P「ジャンルはアイドルプロデュース体験ゲーム?ってやつで」
伊織「ふんふん」
P「その栄えあるテストプレイヤーに」
伊織「テストプレイヤーに?」
P「水瀬伊織さん、貴女が選ばれました!」パチパチパチ
伊織「あ、どうも」
P「おいおい淡白な反応だな、もっと喜んだらどうだ?『伊織ちゃんマンモスうれピー☆』とか言ってさ」
伊織「どんな喜び方よ!?」


続きを読む

[ 閉じる ]
2:
◆7fBrh.zCPnWE2019/02/10(日)18:48:52.94
ID:En+uBK810

りあむ「テーンプーラあーぶらーを火ーにかーけてー♪一泊二日のたーびにー出るー♪」
りあむ「・・・・・・これを!今より!国歌とする・・・だめ?」
あきら「とりあえず炎上するんじゃないですかね、家とアイドル活動が」
りあむ「既存の曲だからパクリ問題で事務所も燃えるね!」
あきら「元ネタがおありで?これは3回燃えますね・・・で、何がどうして国歌なんて作ってるんデスか?」
りあむ「やさしい世界のやさしい国歌!ぼくの出身地の設定を詰めるには細々した文化は不可欠だもん!」
あきら「設定とか言っちゃっていいんで?」
りあむ「オフレコだからオーキードーキー!いわば影の努力?ぼくって意外と頑張り屋さん?後々ファンに知られて好感度爆上げパターン?」
あきら「好感度は上がるでしょうけど、その発言で炎上プラマイマイでしょ」
りあむ「炎上でもいい!目立ちたい!」
あきら「おおう蛮勇」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆C2VTzcV58A2019/02/10(日)00:16:45.93
ID:xkYg/kQ1O
【ご挨拶】
あかり「山形生まれのりんごアイドル! 『あかりんご』こと辻野あかりでーす♪ よろりんご♪」
飛鳥「………」
あかり「アイドル頑張るんご!」
梨沙「なんかすごいしゃべり方ね」
飛鳥「まあ心さんよりは普通だろう」
りあむ「はいどーも! 健康的な見た目してるけど心は豆腐のギリ十代! アイドルに人生一発逆転賭けてますっていうかこれダメだったらマジでやむ! めっちゃやむ!」
梨沙「………」
りあむ「あっ名前言い忘れた! やっぱやむ……ぼくの名前は夢見りあむです……」
飛鳥「………まあ、心さんよりは」
心「さっきからはぁとを基準にするのやめない? ていうかいい勝負だろこれは」
梨沙「勝負になることは認めるのね」
あきら「砂塚あきらデス。あー……なんて言えばいいのかなこれ。SNSとかゲームの動画配信とかやってるんでよろー……しくデス」
梨沙「お?、クールね」
飛鳥「ファッションに自信があるそうだ。少し興味があるね」
梨沙「SNSとか配信とか、ジダイの最先端って感じね!」
心「まあはぁとも今風ってところじゃ負けてないけどな☆」
飛鳥「さっき自分を基準にするなと言っていなかったか」
心「自分で比べる分にはオッケー☆」
梨沙「とりあえずこれで全員よね? まー、なんていうか」
梨沙飛鳥心(今回の新人、全員濃いなー……)
あかりあきらりあむ(この事務所の先輩、全員濃いなぁ……)
P(全員自分のこと棚に上げてそうな顔してるな……)


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/02/09(土)21:01:33.25
ID:Tkfk90on0
アイドルマスターシンデレラガールズのSSです。
短め、書き溜めありです。
新人の夢見りあむちゃんがツボだったので書きました。

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/02/09(土)21:03:25.28
ID:Tkfk90on0
(ガチャッ)
りあむ「お、オハヨウございま?す…」
幸子「…おや?初めて見るお顔ですね、おはようございます」
りあむ「え…ええっ!輿水…幸子ちゃん…?」
幸子「ええ、隠しようもないカワイさを振りまく輿水幸子です、それでアナタは?」
りあむ「は、はい!ぼくは新人の夢見りあむです!よろしくお願いします!」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/02/08(金)22:20:42.56
ID:QynmT2r0o
ありす「私達も直接見たわけじゃないので仁奈さんのものかどうかは分からないんです」
桃華「今朝、この部屋に落ちてたんですの」
梨沙「仁奈の抜け殻がね……」
P「本当だ……。仁奈ちゃんは今どこに?」
ありす「それが今朝から連絡が取れなくて……」
P「どれどれ……。…………ダメだ。繋がらない」
晴「どうしちまったんだろーな……」
ありす「心配ですね……」
桃華「仁奈さんならきっと大丈夫ですわよ」
千枝「だといいんだけど……」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/02/08(金)22:09:52.33
ID:441QTGT20
「楓さんは」
 窓際のソファーにいる彼女に声を掛けようとして、止めた。
 夕暮れ時の事務所は、普段ならもう少し人がいるものだ。
 ただ、たまたま今日は皆、仕事先から直帰したりオフだったりで、誰もいない。
 夏樹がいれば、まさにそこのソファーでギターを弾いてくれたりもするけど、今日は地元で用があるらしい。
 静かに流れる二人きりの空間──
 そして、窓の外を眺める彼女の物憂げな横顔は、何の気無しに声を掛ける軽率さを俺に抱かせた。
 ただ、あまりに他愛が無さすぎるなと思い直し、慌てて止めたけど、楓さんはこちらに振り向いている。
 遅かったか。
 開き直って、言葉を続ける。
「楓さんは、人前で泣いたことってあるんですか?」


続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
2
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。