SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
媒体:ホライゾーン
<<
2018年04月
>>
125件取得
人気記事順表示
<<
0
1
2
3
>>
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/04/09(月)12:45:35.55
ID:DUWd483u0
春菜「はじめまして!当店唯一の眼鏡の猫ちゃん、はるにゃんですにゃ!」
拓海「いや、なにしてんだよ」
春菜「にゃあにゃあ!眼鏡どうぞ!」
拓海「いらねえよ」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆66FsS2TZ4lNJ2018/04/09(月)10:32:09.61
ID:amKha4Y/0
明日から総選挙が始まります。
このSSはまゆの総選挙を応援するどころか、邪魔するものかもしれませんが、自分の考える佐久間まゆを表現したつもりです。
楽しんで頂ければ幸いです。
(あと、総選挙は安部菜々に投票お願いします)


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/04/09(月)02:07:09.33
ID:xANWpTVV0
P「勘弁してほしい」
凛「今年は桜も早かったもんね」
P「そうそう。半袖で丁度いいくらいのあったかさだったからコートクリーニングに出しちゃったし」
凛「うちもこの前ヒーター片付けてたよ」
P「あれだけあったかいと、どこもそうだよなぁ」
凛「……で、この気温だから困っちゃうよね」
P「なー。事務所のストーブもこの前千川さん片付けてたし」
凛「あれ、でも灯油余ってるんじゃなかったっけ」
P「え、そうだっけ」
凛「確かそんなようなことをちひろさん言ってた気がするけど」
P「聞いてみる?」
凛「聞いてみよっか」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/04/08(日)22:31:20.39
ID:Rewb7sZm0
グラーフ「ンフー・・・ンフー・・・!」サワッ
提督「ひんっ!? や、やめてくれグラーフ・・・!」
グラーフ「良いじゃないか少しくらい・・・」
グラーフ「今この執務室には私とアトミラールしかいない」
グラーフ「私は定期的にアトミラリウムを摂取する必要があるんだ」
グラーフ「上官として、可愛い部下の願い事は叶えてあげなくてはなぁ?」ニヤニヤ
提督「うぅ・・・!」


続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/04/08(日)00:06:30.47
ID:BIr/lfs/0
一応続き物の体を取ってはいますが、シリーズ全部を紹介していくと無駄に長くなる上に、
別にどこから読んでも大して変わらないので自薦のおすすめだけ貼っておきます。
【艦これ】阿武隈「ショートコント」北上「お正月」
【艦これ】吹雪「ショートコント」叢雲「お姉ちゃん」
お暇でしたらこの辺りから適当に読んでいただけるとうれしいです。


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/04/07(土)21:13:11.11
ID:ti9kriyWo
「失礼します。合唱部の練習場所はこちらでしょうか」
そう言って千早さんが音楽室にやって来たのは、私が高校三年生になった日でした。
ちょうど、
今年は何人入るかな、そろそろ来てくれるかな、
と部員同士でわいわいと話していた時でした。
とても綺麗な子だな、と思ったのをよく覚えています。
顔もですけど、真っ黒で長い髪の毛や、それから声も。
私たちは椅子から立ち上がって、千早さんの近くへ駆け寄りました。
この学校の合唱部はあまり大きな部活ではありません。
名門校でもなければ、コンクールで特に優れた成績を残した事もありません。
新入部員が必ず入ってくれるという保証はありませんでした。
ですから、千早さんが来てくれたことはとても嬉しかったんです。


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/04/07(土)22:16:09.80
ID:JpkQfEvTo
七海「ソイヤッ!?」
美波「チンポソイヤッ!」
七海「ソイヤッ!? ソイヤッ!?」
美波「チンポッ! ソイヤッ!」
七海・美波「ソイヤッ! ソイヤッ! ソイヤッ! ソイヤッ!」
七海・美波「ソイヤッ! ソイヤッ! チンポッ! ソイヤッ!」
七海・美波「ソイヤッ! チンポソイヤッ!」
モバP「待て待てどうしたキミたちどうした!?」
モバP「ソイヤは良いけどチンポは駄目でしょ!?」
七海・美波「ソイヤッ! チンポソイヤッ!」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/04/01(日)21:29:53.45
ID:+sEsyE5t0
黒井「ええい!この仕事は我が961プロのものだと言っておるだろうが!」
P「何言ってるんですか!こっちだって長らくアプローチを掛けてきた仕事なんだ!テレビ出演がかかってるんだ!」
律子「そうですよ!負けないでください、プロデューサー!」
テレビ局「すみません……こちらの不手際で、こんなことになってしまって……」
テレビ局「でも、765や961だなんて、紛らわしく事務所名に数字を入れたりするのも悪いですよ。だからこんな間違いだって……」
P・黒井「なんだって!!?」
テレビ局「ひい!」
高木「待ちたまえ。話は聞かせてもらったよ」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/04/07(土)22:00:34.53
ID:gMmmZULS0
アイドルマスターシンデレラガールズのSSです。
短め、書き溜めありです。

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/04/07(土)22:01:04.38
ID:gMmmZULS0
千枝「うん…」
梨沙「あの二人仲が良いと思ってたけど、まさかそんなことになってたなんてねぇ…」
千枝「そうだよね、千枝もびっくりしちゃった」
梨沙「う?ん…でもそうなると、今後ももぺあべりーでやっていく上でアタシもちゃんと話を聞いておいた方が良いかしら」
千枝「そうかも、ユニットの中で問題を残しておくのは良くないよ」
梨沙「さっすがL.M.B.G.のリーダー!良い事言うわね!」
千枝「そ、そんな!千枝は別にそういうつもりじゃ!」
梨沙「わかってるって!それじゃちょっと行ってくるわ!ばーい!」
千枝「う、うん!行ってらっしゃい!」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
霧◆pzvVvkndz.2018/04/07(土)14:34:02.75
ID:jmMB6DHa0
初投稿
下ネタ
出落ち
キャラ崩壊
それでもよろしければどうぞ

3:
霧◆TDiRBlyxMM2018/04/07(土)14:36:38.09
ID:jmMB6DHa0
-346プロダクション事務所-
ありす「(こんにちは、橘です)」
ありす「(今日は午前のレッスンが終わった後、晴さんとご飯を食べようと約束をしていたのですが)」
ありす「(連絡がつかないので、とりあえずプロデューサーの部屋に向かってみました)」
ありす「(すると、中で何やら晴さんとプロデューサーが仲良く話しているのがかすかに聞こえます)」
ありす「(人との約束をすっぽかしていい度胸ですね。盗み聞きしてもバチは当たらないでしょう)」
晴『…やー、昨日…夜は凄…な!思わず一人で盛り上がっ…』
ありす「(……ドア越しだとあまりよく聞こえませんね。一人で盛り上がった?どういうことでしょうか?)」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/04/07(土)12:57:18.63
ID:s/spw0OE0
菜々「何だか最近体の調子がおかしいんです」
楓「まぁ、大変。体は痛むの?それにプロデューサーには?」
菜々「いえ、おかしいと言ってもちょっと体がぽわぽわするだけで他はいつも通りなんですけど」
菜々「それに来週から会社の健康診断が始まりますし、プロデューサーさんには結果が出てからでいいかなって」
楓「ああ……そういえば検査の一週間前からの禁酒を指示されていたのを思い出したわ……」
菜々「ナナもです……。検査が始まったらすぐなので今日から禁酒です……」
楓「私はスケジュールの都合で再来週に」
菜々「アイドルだけで200人以上ですからねぇ」
楓「そうだわ、無事に終わったら二人で飲みに行きましょう。ご褒美があった方が頑張れるもの」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/04/07(土)01:42:29.42
ID:sGRK5SRG0
通行人「居眠り運転だ!」
ドガン!
P「ぐえっ!!!!!」
ドグシャア!!
ほたる「プロデューサーさん!!!!! 大丈夫ですか!!!!!」
P「大丈夫だ!!!!! 無敵だからな!!!!!」
ほたる「さすがプロデューサーさん!!!!!」
ファンファンファン ファンファンのファン
P「むっ、警察と救急車が来たな…捕まったら営業どころじゃない、行くぞ!!!!!」
ほたる「はい!!!!!」


続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/04/07(土)10:57:28.88
ID:7F7NHThq0
クロロ「シャルとコルがヒソカに殺られた」
他メンバー「…………」
クロロ「オレたちはなんとしてもヒソカを殺らねばならないが、奴はあなどれない相手だ」
クロロ「ヒソカのペースにまんまと嵌り、全滅する恐れもある」
クロロ「念の戦いは、その時々のコンディションに大きく左右されるのは知っての通り」
クロロ「だからこそ、オレたちは常にベストコンディションを維持しなければならない」
マチ「具体的にはどうすればいいんだい?」
クロロ「具体的には――」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆h5i0cgwQHI2018/04/06(金)18:41:35.60
ID:27JoKcM/0
ダンロンssになります。
4年前くらいからガラケーでポチポチ書き、超短編3部程書き溜めて放置しスマホに替える際になんとなくパソコンのメルアドに送ったものを発掘したのでお焚き上げに投稿します。
自分で読み返しても違和感だらけの稚拙な文章ですが、少しでも読者様の暇つぶしにできればと思います。
多分どこかでネタ被りしてます。合言葉は『こまけぇこたぁいいんだよ』です。


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/03/31(土)22:31:24.18
ID:cADw6s8t0
千早「…誰かに見られているかのような感覚がずっとあって…」
P「そ、それは本当か千早…!?」
千早「…」コクリ
P「…」
律子「そ、そんな事が…」
P「いつからだ…?」
P「…いや、いつからっていうか…そう気付いたのはいつ頃から?」
千早「…」
千早「だ、大体1ヶ月程前からです…」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/04/06(金)19:49:13.57
ID:N8k97j+C0
上司「なんだその態度は! いつまで学生気分でいるつもりだ!」
新人「無論、死ぬまで」
上司「…………ッ!」
上司(うぐっ……なんというフレッシュな眼光……!)
上司(このフレッシュさ、新入社員というより学生……まさに果汁100%っ……!)
上司(この新人ならば、あるいは……!)
上司「ふ、ふふ……面白い」
新人「!」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆LYNKFR8PTk2018/04/06(金)20:01:09.98
ID:TwqT6zv70
住人「ブヒー」
住人「ブヒブヒー」
住人「ブーブー」
クロウ「……」
クロウ「な……」
クロウ「なんじゃこりゃああああああ!!!」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆jPr03Kti1lbd2018/03/26(月)23:48:12.83
ID:o4tBJkwy0

眠い目をこすりながら私は家の近くの私鉄の駅へ歩いていく。
そこから満員電車に乗り込み、都心へと向かう。
背が短い私はつり革に掴まるのが大変だから、ドア付近の手すりに捕まるのがベストだけど…。
今日も車内へ押し込められ、背伸びをしながらつり革に掴まる。
目の前のにいちゃんが、背負ったデカいリュックを私に押し付けてくる。
横にいるOLが、つり革に掴まらず両手でスマホを持ってゲーム。
電車が揺れるたびに私に体重をかけてくる。
足がつりそう。
つり革を握る手に体重がかかる。
朝から嫌な気分。
こんなのが毎日。
東京の電車なんて大嫌いだ。
大洗の、赤くて短い列車が恋しい。


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/04/05(木)21:17:22.07
ID:2q1m73wA0

『第1話 マジでクールなタチバナです』


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆g2W2Fn0Ov.2018/04/05(木)18:04:39.32
ID:c+1jlztW0
ここはどこにでもあるコインランドリー……。
ゴゥンゴゥンゴゥンゴゥンゴゥン…
男(あーあ、今日はバイトないのに予定といえば、コインランドリーに来ることぐらい……)
男(いい年して、彼女もいない、友達もいない、金もない、スキルもない、未来もない)
男(終わってるよなぁ、俺って……)
男「ハァ?……」


続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/04/05(木)00:15:17.22
ID:aLh+qGA70
キャラ崩壊注意
P「サキュバス・・・!?・・・って、あの、神話とかに出てくる・・・?」
文香「はい・・・」
P(な、何かの冗談だろうか・・・。いや、文香がこんな冗談を言うとも思えない。事務所には幽霊とか神様とか悪魔とかも居るし・・・)
P(それに文香はエロい)
P「ほ、本当にサキュバスなのか・・・!?」
文香「やはり・・・受け入れられませんか・・・?サキュバスなんて・・・」
P「・・・!いや、そんな事はないよ。サキュバスだろうと何だろうと、文香は文香だ。俺の大事なアイドルさ」
文香「Pさん・・・!」ジーン


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆3S8EZrcwro2018/04/05(木)16:35:28.00
ID:DPCegrI+0
ガヴリール「……お前さ、なんでラフィやサターニャと楽しそうに話してんの?」
ヴィーネ「え?」
ガヴリール「なんでって聞いてるんだよ」
ヴィーネ「ガ、ガヴ…?どうしたのよ急に」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/03/30(金)05:17:36.51
ID:kXRWmwK70
※ちょっぴりホラーです
忍野「あぁ、と言うか解決するのは二の次で、本当の所は蒐集がメインなんだけれどね」
阿良々木「うーん、そう言われてもな。知っての通り、僕は交友関係が広い方じゃないから、そういう都市伝説みたいな話を耳にする事自体少ないんだよな」
忍野「まぁまぁ、そう難しく考えなくても、阿良々木君が昔体験した不思議話でも良いんだ。語るのは得意だろう?何か試しに語ってみてくれよ」
阿良々木「……まぁ、そう言うなら。まだ上の妹が小学生の頃の話なんだけれど」
阿良々木「当時はまだ、妹の道場通いに親がついて行ってたんだ。ただ、その日は仕事か何かで行けないから、代わりに僕が送迎係だった____」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/04/04(水)23:59:08.61
ID:+a3qclJg0
少し遅れましたがエイプリルフールを題材にしたssです

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/04/05(木)00:00:33.26
ID:wLLvPvFz0
梨子「ねえ曜ちゃん」
曜「なに?」
梨子「いつ千歌ちゃんに告白するの?」
曜「な?!///」
曜「な,なななーにを言ってるのかな梨子ちゃんは?///」
曜「わ,私が千歌ちゃんに告白?///」
曜「どうして私が?///」
梨子「だって曜ちゃん,千歌ちゃんのこと好きでしょ?」
曜「」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆VlC8r8Zzak2018/04/04(水)23:52:42.43
ID:J05uHIOc0
しずしほ書きたくなりました
百合

2:
タイトルにミリオン入れるの忘れた◆VlC8r8Zzak2018/04/04(水)23:54:22.61
ID:J05uHIOc0
静香「ねえ志保、腕噛んでもいい?」
志保「は?」
静香「だから腕噛んでいいかって聞いてるの」
志保「…………今日のお昼はラーメン食べたの?」
静香「もちろんうどんよ、……って、今はそんなことどうでもいいの!」
静香「志保の腕を噛んでいいか早く答えて」
志保「実は吸血鬼だとか? 別に噛みたいなら勝手に噛んで勝手に噛んでいいし、血を吸いたいなら勝手に吸えばいいのに……」
静香「……勝手に噛んだら悪いと思ったのよ」
静香「それと私は吸血鬼じゃないわ」
志保「そう……右と左、どっちがいい?」
静香「どっちでもいいわ……はやく……」
志保「……右腕あげる」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆Lsw27IvP02kT2018/03/25(日)10:20:27.46
ID:beqyEdDA0
このSSを始める前に
・エロ要素はない・・と思います
・つくづく不定期更新
では始めます

2:
◆Lsw27IvP02kT2018/03/25(日)10:23:47.39
ID:beqyEdDA0
――――入渠
古鷹「ない・・・ない!」
古鷹「私のインナーと下着がない!どうして・・?!」
古鷹「あるのは制服上下だけだし・・・どうしよう・・」
古鷹「・・・とりあえず着るしかないか」ハァ
古鷹「・・・・・・」
古鷹「とりあえず着てみたけど・・・これって改二になる前の時と同じなんだね」
古鷹「何だか初めて提督と会った時を思い出すなぁ・・」
古鷹「えへへ・・・って!そうじゃなくって!早く部屋に戻って替えの下着とインナーを着なきゃ!」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/03/30(金)17:42:05.28
ID:jLzFGC3PO
ゆるキャン△SS
クリスマスキャンプsideBといった感じ

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/03/30(金)17:59:39.25
ID:jLzFGC3PO
千明「なるほど」
あおい「えっ?」
千明「でもあの二人、ほっとけばくっつくんじゃないか?」
恵那「う?んなんか微妙な距離感で終わりそうな気がするんだよねー、リンは素直じゃないし」
千明「あ?、なでしこも割と気を使うからな、一線は越えなそうな気がする」
恵那「だから、今度のクリスマスキャンプの時私達で後押ししようかと」
千明「うむ、乗った!」
あおい「ちょ、ちょ、ちょい待って」
千明「ん?どうした?」
あおい「何をどうするんやて?」
恵那「だから、リンとなでしこちゃんをくっつける」
あおい「くっつけるって・・・」
千明「要するに付き合うように仕向けるってことだ」
あおい「恋愛的な意味で?」
恵那「恋愛的な意味で」
あおい「えっ、それおかしない?」
恵那「おかしい?」
千明「何がだ?」
あおい「え、だって女の子同士やろ?」
恵那「ん?そうだよ?」
千明「それがどうかしたか?」
あおい「あれ、これ私がおかしいんか・・・?」
千明「で、とりあえず作戦はどうする?」
恵那「う?ん、その場で二人の様子を見ながらで良いんじゃないかな、時間はあるし」
千明「ほっとけばイチャイチャするだろうから適当に後押しする感じか、よしやるぞ!」
恵那「おー!」
あおい「えぇほんまにやるんか・・・」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/04/04(水)20:09:44.10
ID:7TefHPYi0
課長「上からうちの課は個々の能力はともかく、チームとしてまとまりがないと指摘があった!」
課長「みんな、頑張ろう!」
男「はぁ……」
同僚女「私、人と足並み揃えるのって苦手なんですよね」
メガネ「課としての成績は他に劣っていませんし、是正する必要はないと思いますが」
後輩「今時チームワークなんて流行らないですよ?!」
課長「……」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆0n24s4VnXw2018/04/04(水)12:53:51.19
ID:h4UO60Ru0
何となく思いついたので書いてみました

2:
◆0n24s4VnXw2018/04/04(水)12:55:07.73
ID:O+dju4MyO

……
………
古畑「えー…皆さんは人を信じたことはあるでしょうか?」
古畑「無いという方はほぼいないと思いますが、それと同時に信じたけども裏切られた事もあると思います」
古畑「人を信じても相手が自分を信じてくれるとは限らない。それが信頼という難しさだと私は思います。簡単に人を信頼なんかしちゃダメです」
古畑「しかし、本当に信頼できる人が目の前に現れたとしたら…あなたならどうしますか?私ならきっとこうするでしょう。それは…」
………
……



続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆aAGpgHyonkae2018/04/03(火)23:07:49.45
ID:/xxslZLRO
海未ちゃん。

2:
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇2018/04/03(火)23:08:32.61
ID:/xxslZLRO
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
園田海未
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
2
3
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。