SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
媒体:SS 森きのこ!
<<
2017年05月
>>
409件取得
人気記事順表示
<<
0
1
2
3
>>
05/24 (04:05) SS 森きのこ!
関連SS
【ミリマス】朋花「2人のスクリプチュア」
【ミリマス】鳥籠のビショップ
【ミリマス】女王とマリア
【ミリマスSS】偶像とナイト

元スレ
全てのレス
2:
◆74/46nW9/o
:2017/05/23(火)21:57:41.10:
E0ZkfEaV0
学友A「朋花さん、いつの間に芸能界に入ってたの!」
学友B「そうだよ!しかもこれ大手のブランド服のモデルだし?。」
朋花「あら、見つかってしまいましたか?♪」
学友A「い?な?。私もこういう服着こなせるようになりた?い」
学友C「なに!朋花さんが芸能界に入っただって!」
騎士A「遅いなC。我々はいつその情報が出ても言いように既に祝いの準備ができている!」ス オカシドン
騎士B「‥‥」ジュースドン
朋花「あらあら、ありがとうございます?♪」
騎士団A「もったいなきお言葉です!」
先生「おい、そろそろ授業に戻れ!」
亜利沙「こちらにアイドルデビューした天空橋さんがいる聞いたのですよー」
先生「他校の生徒が堂々と来るんじゃない!あとBはそれ没収だからな!」
ざわざわ‥‥

続きを読む

[ 閉じる ]
05/24 (02:50) SS 森きのこ!
関連SS
周防桃子「え?耳かきになりたい?」
周防桃子「耳かき、して?」

元スレ
全てのレス
2:
◆TDuorh6/aM
:2017/05/23(火)21:17:50.91:
k1XqaXjiO
「はやく…シて?お兄ちゃん…」
頬を紅潮させて肩を上下させる桃子。
その耳まで既に真っ赤に染まっていて、どれほど桃子が昂ぶっているのかが伝わってきた。
俺の太ももに頭を乗せ、彼女は俺に耳の穴を晒す。
未熟な小さい桃子のソレが、俺の硬い棒を誘う。
けれど、ここで俺は一つイタズラを思い付いた。
そこまでシて欲しいのであれば。
そこまで挿入て欲しいのであれば。
どのようにされたいのか、桃子の幼い口で言葉にさせよう、と。
「なぁ桃子、お前は俺にどうされたいんだ?」
「え…?だ、だから、その…耳かきで…」
「なんだ?耳かきは耳の汚れを掃除する為の道具なんだぞ?でも桃子の耳は清かったんだ。使う必要なんて無いじゃないか」
「お、お兄ちゃん…桃子の言う事が聞けないの?」
「だから、聞いてあげるから言葉にしてくれって言ってるじゃないか」

続きを読む

[ 閉じる ]
05/24 (01:55) SS 森きのこ!
元スレ
全てのレス
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2017/05/24(水)00:16:34.82:
nvVT6/WA0
キャラ崩壊注意
P「んん・・・ん?」
藍子「あ、Pさん起きました」
茜「起きましたね!」
未央「起きたね」
P「お、おい・・・なんだこれは、目の前が真っ暗なんだが。目隠しか?」
未央「違うよ」
茜「アイマスクです!」
P「アイマスク?」
藍子「Pさんお仕事忙しそうで・・・ちゃんとお休みできているか心配で・・・」
茜「私達からのプレゼントです!」
未央「仮眠室で寝てる間に付けておいたよ」
P「そうだったのか・・・ありがとう」

続きを読む

[ 閉じる ]
05/24 (01:15) SS 森きのこ!
元スレ
全てのレス
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2017/05/23(火)23:49:07.44:
/WvOtfAL0
P「ああ、初めて日本でキスシーンのある映画が登場したことから今日になったみたいだ。」
伊織「ふーん、あんたって本当に無駄な知識ばかり持ってるわね」
P「くっ」グサァ
P「伊織、今の発言はかなり俺に響くぞ」
伊織「事実だから別に良いじゃない」
伊織「全く、そんなこと覚える暇があるならもっと私が上のランクに行けるように仕事しなさいよ」
P「そう言われると何も言い返せないけど……」
P「他にも今日は世界亀の日、ラブレターの日でもあるんだ」
伊織「へえ……あまり興味はないけど……」
伊織「……そんな話を聞いて欲しそうな顔されたら断り辛いわね」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
05/24 (00:35) SS 森きのこ!
元スレ
全てのレス
1:
◆6QdCQg5S.DlH
:2017/05/23(火)22:59:45.79:
lDlLLsgl0
莉嘉「あー、楽しかった!」
莉嘉「お姉ちゃん! 虫取りについてきてくれてありがとね☆」
美嘉「どういたしまして★」
美嘉「ま、莉嘉の頼みだしね」
莉嘉「ふふっ、お姉ちゃん大好きっ!」
美嘉「ん、ありがと」
美嘉「……でも早くお風呂に入りたいわ」
莉嘉「まあ泥だらけだもんねー」
莉嘉「特にお姉ちゃんなんか……」
美嘉「やめて」
莉嘉「木の根っこに躓いて……」
美嘉「やめてってば!」

続きを読む

[ 閉じる ]
05/23 (23:40) SS 森きのこ!
元スレ
全てのレス
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2017/05/23(火)22:35:12.12:
MZi4Yo6f0
キョン「涼宮ハルヒの驚愕(前)279ページ」ボソッ
佐々木「えっ?」
キョン「2行目」
佐々木「キョン?」
キョン「読んでくれ」
佐々木「読むって……」
キョン「涼宮ハルヒの驚愕(前)279ページ2行目『キョンの望みであるなら?』から、はい」
佐々木「ええっ?」
キョン「早く」
佐々木「……キョン、どうしたんだい今日は? 君らしくな―――」
キョン「読んでくれ!!」
佐々木「っ!!?」ビックゥ!
キョン「ほら」
佐々木「……『キョンの望みであるならなんでも言うことをきくつもりでいるよ』……?」
キョン「……」コクリ
佐々木「……これは?」
キョン「もう一回読んでくれ」
佐々木「えっ? 待ってくれキョン。少しぐらい事情を言ってくれても」
キョン「もう一回」
佐々木「……『キョンの望みであるならなんでも―――」
キョン「ん?」
佐々木「いうことを』……え?」

続きを読む

[ 閉じる ]
05/23 (22:55) SS 森きのこ!
元スレ
全てのレス
1:
◆KakafR9KkQ
:2017/05/23(火)17:47:03.93:
p/JbsOpBO
事務所
未来「え?」
静香「もう一度言うわよ、これから金輪際未来は私に抱き付いたり、ぎゅーってしたりするの禁止だから」
未来「え……じゃあすりすり?ってするのも……」
静香「もちろん禁止よ」
未来「えぇぇ……」
静香「……」

続きを読む

[ 閉じる ]
元スレ
全てのレス
1:
◆jPr03Kti1lbd
:2017/02/25(土)21:58:51.97:
8ffLP+M/O
まほ「…」
まほ「ふぅ…」
エリカ「これで大体片付きましたね」
まほ「悪いなエリカ、転校の準備まで手伝ってもらって」
エリカ「いえいえ、隊長にはお世話になりっぱなしでしたから、せめてこれくらい」
まほ「だがまだ身の回りのものが片付いてなくてな…」
エリカ「一緒に片付けてしまいましょう」
まほ「助かるよ」

続きを読む

[ 閉じる ]
元スレ
全てのレス
1:
◆yJGN1SPTmzFo
:2017/05/22(月)23:26:47.03:
HPtuRaSh0
提督「吹雪へ。普段言えないことも、手紙ならば言葉にすることが出来るかもしれないと思い、筆を取りました」カリカリ
吹雪「あの」
提督「いつもありがとう。戦闘でも、秘書官業務でも、休日につきあってもらうことも、本当に感謝しています」カリカリ
吹雪「司令官?」
提督「思えば、最初に着任してくれたあの頃から、きみにはお世話になってばかりでした」サラサラ
吹雪「もしもし?」
※出てくる艦娘は好きなこを並べただけです

続きを読む

[ 閉じる ]
05/23 (20:50) SS 森きのこ!
元スレ
全てのレス
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2017/05/23(火)19:36:53.69:
1qeyXqdc0
プロデューサー(以下P)「菜々さ?ん」
菜々「はい、なんですか?」
P「暑い?」
菜々「そうですねぇ…最近一気に気温が上がりましたね」
P「…そのメイド服暑くない?」
菜々「…慣れてますから!」

続きを読む

[ 閉じる ]
05/23 (20:00) SS 森きのこ!
元スレ
全てのレス
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2017/05/23(火)15:57:53.37:
chSbfEkc0
男「起きるわけねぇよな」
神「ねぇ」
男「アニメじゃあるまいし」
神「おーい」
男「さ、大学に行こう」
神「………」
神「素質無し」

続きを読む

[ 閉じる ]
元スレ
全てのレス
1:
◆VsKDZIx0tDcQ
:2017/05/23(火)10:18:18.18:
e8tmdhGk0
冒頭からこんなことを願うのはかなり緊迫感を与えてしまうかもしれない。
でも、それでも私は願うしかなかった。

2:
◆VsKDZIx0tDcQ
:2017/05/23(火)10:18:52.81:
e8tmdhGk0
誰か助けてーーーーーと。

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
元スレ
全てのレス
2:
◆OBrG.Nd2vU
:2017/05/23(火)05:58:23.89:
Z/tPWDqc0
もうすぐ日付が変わろうとする時刻。
場所は、大洗町内のとあるバー。
そこは、若者向けの1次会向けな居酒屋ではなく、夜に飽き足らない者同士が勢いで入る2次会向けの居酒屋でもなく。
1次会で近況を報告し合い、2次会で在りし日のように散々バカ話を繰り広げた後に、ようやく心の奥底から込み上がる大事な何か。
そんな何かを、大の男二人が語り合うのに相応しい空間だった。

続きを読む

[ 閉じる ]
05/23 (15:00) SS 森きのこ!
元スレ
全てのレス
1:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
:2017/05/21(日)13:16:26.115:
PjAzuLjH0.net
クリリン「悟空、
>>2

>>5
するって言ったのか?」
悟空「そうだ!」

2:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします:2017/05/21(日)13:16:47.289:7PyYqfgI0.net
ちんこ

5:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします:2017/05/21(日)13:17:01.789:b4Jotua60.net
18号

続きを読む

[ 閉じる ]
05/23 (12:00) SS 森きのこ!
元スレ
全てのレス
1:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
:2017/05/23(火)00:40:05.496:
4e7kTvkY0.net
酒場――
ギィィ…
マスター「いらっしゃい」
客「へえ、いい雰囲気の店だね」
マスター「ありがとうございます……で、何を飲みます?」
客「あいにく今日は酒って気分じゃなくてね……ミルクくれよ」
マスター「え?」

続きを読む

[ 閉じる ]
元スレ
全てのレス
1:
◆EFQF/mxR0k
:2017/05/23(火)02:26:54.24:
x5Luv3W0o
―放課後 倉庫―
沙織「今日の戦車道もおつかれさま! ね、ね! このあとアイス食べに行かないっ?」
麻子「ホントに沙織は太るのが好きだな」
沙織「辛辣!?」
華「わたくしはこの間発売された8段重ねアイスというものを食べてみたいです」ニコニコ
沙織「何その殺人アイス!?」
みほ「わたしはみんなと一緒に行きたいかな」エヘヘ
沙織「みぽりんが天使に見えるよぉ?!」ダキッ
みほ「もう、沙織さんったら」アハハ
沙織「それじゃあ、みんなでアイスクリーム屋さんに―――」
優花里「あ、あのっ!」
優花里「今日は用事があるので、わたしはこれで失礼しますっ!」

続きを読む

[ 閉じる ]
元スレ
全てのレス
1:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
:2017/05/22(月)22:04:19.827:
QsmTcEvv0.net
タプリス「月乃瀬先輩はともかく胡桃沢先輩が休むなんて珍しいですね」
ラフィ「馬や鹿は風邪ひきませんって言いますのにね」
ガヴ「先生は風邪って言ってたけど、ヴィーネから『サターニャが大変なの。放課後に来て』ってメールが来たんだ」
ラフィ「放課後で良いって事は急な用事ではなさそうですが心配ですね」
タプリス「胡桃沢先輩が大変って一体どうしたんでしょうね?」

続きを読む

[ 閉じる ]
05/23 (06:30) SS 森きのこ!
関連SS
P「見た目だけは俺好みだから妥協して付き合ってやってもいいぞ」まゆ「やったー」
奈緒「うちのPさんは少し性格が捻くれている」

元スレ
全てのレス
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2017/05/22(月)02:27:22.37:
n9aAXrAw0
某日事務所
P「おいまゆ、喉が渇いた、コーヒーを淹れて来い」
まゆ「わかりましたぁ、奈緒ちゃんも何か飲みますか?」
奈緒「お、悪りいなまゆ、ならあたしもコーヒーで」
まゆ「はい、奈緒ちゃんがコーヒーでPさんが紅茶ですね」
奈緒「あれ?まゆ間違ってないか?」
まゆ「間違ってませんよぉ、ですよね?Pさん」
P「チ、あぁ合ってるよ」
奈緒「ん?どういう事だよ?」
P「最近まゆにコーヒーを淹れさせてから
『あ、やっぱ俺紅茶が飲みたい』って言って
無駄に働かす嫌がらせをしてたらまゆに慣れられてコーヒーって言ったら紅茶を淹れてくるようになったんだよ」
奈緒「めちゃくちゃ性格悪い上にやることしょうもないな!」
P「しかも本当にコーヒーが飲みたい時はしっかりコーヒー持って来るこいつの謎に気がきく所がめちゃくちゃ鼻に付く」
まゆ「褒め言葉だと思っておきますねぇ」
奈緒「実はPさんとまゆってめちゃくちゃ仲良いよな?」
まゆ「ですよぉ」
P「んな訳ねえだろ」

続きを読む

[ 閉じる ]
元スレ
全てのレス
1:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
:2017/05/13(土)02:16:54.052:
+UAG+WHu0.net
サターニャ「でもあんまりすることないわね……」
サターニャ「
>>3
でもしようかしら」

3:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします:2017/05/13(土)02:17:26.518:eCUvFv+u0.net
月見オナニー

続きを読む

[ 閉じる ]
元スレ
全てのレス
4:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
:2017/05/22(月)01:51:48.648:
7d4J7SLx0.net
……
ガヴリール「う?ん……」ゴロン
ガヴリール(……駄目だ、どれだけ体勢を変えてもまったく眠れない)
ガヴリール(明日は中間テスト、今回遅刻してしまうと流石にヤバイから早寝をしようと思ったが、やっぱり、慣れない事はするもんじゃないな)
ガヴリール(いつもなら思いきり夜更かししてもヴィーネが起こしに来てくれるから問題は無かったが、テスト当日はいつも早朝に登校して学校で勉強しているらしいから、明日はヴィーネの助け無しだ)
ガヴリール(こうなってくるといよいよ不味いぞ、ただでさえ朝が弱い私がこれ以上眠れないというのはまずい、何か、何か眠る方法は無いものか……)
ガヴリール「……こうなったらあれを試すか」
ヌギヌギ……

ガヴリール「うん、なるほど、素晴らしい解放感だ」
ガヴリール(この間ネットで調べた全裸で寝るって方法、思ったより悪くないな)
ガヴリール(最近はかなり蒸し暑くなってきたし、この格好なら眠れるかもしれない)
ガヴリール「よし、今度こそ寝るか」ゴロッ
ガヴリール「………………」

ガヴリール「…………これも駄目だな」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
05/23 (01:15) SS 森きのこ!
元スレ
全てのレス
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2017/05/23(火)00:48:11.69:
iSBGh6nS0
 休日の朝、いつもなら愛しのベッドの上で惰眠をむさぼっている所ですが、私はパッチリ目を覚ましていました。
 そして、そのパッチリした目をさらにパッチリさせようと、鏡の前で自分とにらめっこしていました。
 休日に早起きしておめかし。そう。今日はデートです。Pさんとデートなのです。Pさんはデートと思っていないかも知れませんが。
 今まで中々合わない二人のスケジュールでしたが、まるで引き合わされたかのように丸一日のお休みがピッタリと合いました。
 いつか二人で温泉に行こう、いろんな所に行こうと話すようになってから、何か月経ったことでしょう。
 あまりのスケジュールの合わなさに、Pさんは私にただの社交辞令を言っているのかと、何度疑ったことでしょう。
 しかし、今日こそはあの温泉(混浴だという事はPさんには伝えていない)で・・・
 と、そこでPさんから電話がありました。私の声が聴きたくなったんでしょうか。
 そんな理由で電話するような人ではありませんけれど、いつかそんな理由で電話をかけあえる間柄になりたいものです。

続きを読む

[ 閉じる ]
05/23 (00:30) SS 森きのこ!
元スレ
全てのレス
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2017/05/22(月)19:59:01.13:
toSavfNz0
亜美「ねえ真美」
真美「んー?どしたの?」
亜美「話があるんだ…」
真美(真剣な顔してる…悩み事かな…)
亜美「実はね…亜美、真美のこと好きなんだ」
真美「……」
真美「…え?」
亜美「///」
真美「そんなの真美だって亜美のこと好きだよ?」
亜美「ち、違うんだよ…その、LIKEじゃなくて…///」
亜美「…こ、こいびと…とかの///」
真美「……」
真美「え?」
亜美(ふふ、困ってる困ってる…)
亜美(んっふっふ?。どうだ!亜美がアイドルとして鍛え上げた演技力の真骨頂を見よ!!)

続きを読む

[ 閉じる ]
関連SS
希「検証!園田海未研究会」
希「検証!西木野真姫研究会」

元スレ
全てのレス
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2017/05/20(土)23:59:21.60:
UYBiRKDWO
穂乃果「昨日の今日だよね?」
絵里「いくら何でも間を空けてくれないと…」
海未「昨日?昨日も何かやったのですか?」
穂乃果「海未ちゃん取材受けたんでしょ?わからないの?」
海未「取材?ああ…スクールアイドルを世に広める為の取材ですよね?」
穂乃果「えっと…そうだね…」
花陽「あの…私…話についていけてなくて」
絵里「まあ…そうでしょうね」

続きを読む

[ 閉じる ]
05/22 (22:30) SS 森きのこ!
元スレ
全てのレス
2:
◆yz988L0kIg
:2017/05/22(月)21:57:44.94:
WHNYuPUw0
雪美「雅…………みやび………。私………雪美…………」
雅「違うよぉ、みやびぃはみやびぃだけど雅にはお上品って意味もあるんだよぉ」
雪美「雅………お上品………。違う………?」
雅「みやびぃ、お上品かなぁ?」
雪美「うん………ヨーグルト………ふた………、なめない…から………」
雅「判断基準そこ?雪美ちゃんはなめるの?」
雪美「ううん………ペロ………なめる………ペロペロって………ふふっ…………」
雅「ペロちゃんはくいしんぼさんなんだねぇ」
雪美「うん………なんでも………、食べる……」
雅「そういえば今日はペロちゃんと一緒じゃないの?」
雪美「ペロ…………今日…お留守番………」
雅「そうなんだぁ」

続きを読む

[ 閉じる ]
05/22 (21:40) SS 森きのこ!
元スレ
全てのレス
2:
◆TDuorh6/aM
:2017/05/22(月)21:05:35.77:
NyVOLXfUO
P「耳かきってさ…いいよな」
桃子「…それ、桃子はなんて言えばいいの?」
P「まぁ聞いてくれ」
桃子「帰っていい?お兄ちゃん」
P「まず最初に、自分の意思じゃ動けないだろ?」
桃子「……?」
P「真っ暗で何も見えなくて、そんな状態でアイドルたちの耳の穴を弄って引っ掻いて…」
桃子「耳かきって棒視点なの?!」
P「耳かきをする側とされる側の架け橋となり、俺はただ使われるだけ…うん」
桃子「バッカじゃないの?うん、じゃないよ」
P「例えされる側が痛がっていたとしても、快楽に耐えられず身を捩っていたとしても、俺は俺の意思では動けないんだ」
桃子「で、お兄ちゃんは結局何が言いたいの?」
P「耳かき棒になりたい」
桃子「……」スッ
P「待ってくれ桃子、それは警棒だ。流石の俺もそれで耳かきされたら怪我するしまず耳に入らないし何より警棒には別になりたくな

続きを読む

[ 閉じる ]
05/22 (20:00) SS 森きのこ!
元スレ
全てのレス
2:
◆yz988L0kIg
:2017/05/21(日)23:14:58.23:
E+rJl09x0
肇「かっこいい四字熟語のユニットを作りたい…ですか」
雪美「……うん」
肇「どうして私に?モバPさんに相談したほうが良いのでは?」
雪美「肇……ユニット……、かっこいい……。げっかひょーき……さんしかつらー……」
肇「あれは山紫水明と読むんですよ」
雪美「知ってる……」プイッ
肇「そ、そうですか……」
雪美「肇……私……ユニット……組む……。かっこいい……ユニット名……つく……」
肇「そんなシステムはないですよ」
雪美「自分で…………考える………」
肇「せっかくですから、一緒に考えましょう」
雪美「…………………いいの?」
肇「はい、もちろん」

続きを読む

[ 閉じる ]
元スレ
全てのレス
1:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
:2017/05/22(月)00:12:28.605:
GZeL6XN50.net
ガヴリール「……は? クソコテ死ねよ。
ああもう、こういうのに反応するからスレが荒れるってことわかんないのかよ、半年ROMれよ」カタカタ
ガヴリール「ああもう駄目だこのスレ。さっさと退散しよっと……」
ガヴリール「ん?」
ガヴリール「月乃瀬=ヴィネット=エイプリルは悪魔なのに天使かわいい……?」
ガヴリール「……なんだこのスレ」カチッ

続きを読む

[ 閉じる ]
元スレ
全てのレス
1:
◆CItYBDS.l2
:2017/05/05(金)20:03:38.16:
App4Bbluo
勇者「・・・ん?」
戦士「何言ってんだこいつ」
僧侶「どうしたの?お腹すいたの魔法使い?」
魔法使い「いや、そうではない」
魔法使い「魔王討伐のさなか、私は一つの答えを見つけたのだ」
勇者「ほう・・・?」
戦士「何言ってんだこいつ」
僧侶「答え?具体的に何を見つけたの?」
魔法使い「僧侶、あなたの回復魔法。最近、回復力が落ちてない?」
僧侶「む・・・たしかに」

続きを読む

[ 閉じる ]
05/22 (15:00) SS 森きのこ!
元スレ
全てのレス
1:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
:2017/05/21(日)22:32:01.559:
vWANMvoL0.net
真美「んっふっふ?♪」クシクシ
亜美「……」グガー
真美「髪伸ばしたのは良いけど
昔よりはやく起きて直さなきゃいけないのが辛いんだよね?っと」ウィーン
亜美「……」グガー
真美「あれ?もうこんな時間だ!
おーい亜美ー!起きなよ!」
亜美「んぁー?……もう5時間」
真美「そんな寝たら修羅になった律っちゃんにめっちゃしごかれるっぽいよー!ほらはやく!」ガバッ
亜美「ふ…布団取らないでー……」

続きを読む

[ 閉じる ]
05/22 (12:00) SS 森きのこ!
元スレ
全てのレス
1:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
:2017/05/21(日)12:23:45.660:
TtEvtybV0.net
男「お前ら女は、結局相手の本質なんてどうでもいいんだ!目に見える価値にしか興味がないんだ!」
もう我慢がならない。
口から唾を飛ぶのも構わず、女に対する精一杯の不満をぶちまけた。
女はしばらく黙っていたが、男の話がひとしきり終わるとおもむろに口を開いた。
女「でも私は、ブサメンが好きだけどね」
男「バカなっ!嘘を、嘘を言うな!」
この期に及んでこの女は、俺を欺かんとするのか。
人は見た目じゃない。その人の人間性を重視するべきだと考える男は、自分の考えの正しさを確信していた。
女の価値観は間違っている。その誤りをなんとしても正してやる。
男(許せん!なんとしてもこの女を改心させねば!)
それが女のためなのだ。
義憤に駆られた男は、いかにしてこの女の虚偽を暴き、糾弾してやろうかと思案した。
男(っ!?くっくく、こいつの嘘を暴く方法を思いついたぞ!)

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
2
3
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。