SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
媒体:SSまとめZ
<<
2017年08月
>>
19件取得
人気記事順表示
<<
0
>>
08/08 (22:00) SSまとめZ
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2013/03/31(日)12:37:51.45
ID:WB1L7eoVT
実際、真美ぐらいかわいかったらつい手を出したくなっちゃうと思う
引用元:

P「真美が学校の先生にイタズラされてるって?」
varadstir_vars={
ver:"4.0",
app_id:"MEDIA-59cae8b5",
ad_spot:2,
center:false
};
続きを読む

[ 閉じる ]
08/08 (20:00) SSまとめZ
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2013/03/11(月)16:03:29.10
ID:W04ppXWc0
エルフ「っ! あっあっあっ、ああああああんっ!」
男「ちょっ、まっ、激し過ぎっ!」
エルフ「ら、らってぇ! こ、腰がとまらないんれすぅ!」
男「ッッッッッ!! お、降りて降りて! 一旦俺の上から降りて!」
エルフ「やらぁ! もっともっとぉ!」
エルフ「あー? いま、いっちゃったんれすねぇ……? いいんれすよお……すきだけらしてくらさい……♪」
エルフ「しゅきに動いてもいいれしゅからぁ……♪」
男「好きに動けったって……」
男(腕縛られてるんですけど!)
引用元:

男「エルフ助けたらとんでもないことになった」
varadstir_vars={
ver:"4.0",
app_id:"MEDIA-59cae8b5",
ad_spot:2,
center:false
};
続きを読む

[ 閉じる ]
08/08 (18:00) SSまとめZ
 
IS
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2013/03/16(土)11:09:29.53
ID:xfdD7a07O
一夏(IS学園に入学してはや数週間、やっとここでの生活にも慣れてきた)
一夏(けどどうしても慣れないことがある・・・)
箒「・・・zzz」
一夏(この隣のベッドで無防備に眠る幼なじみと、ほぼ下着のような格好で寮の中を歩き回る女生徒達だ)
一夏(俺だって普通の男子高校生なんだ・・・人生で1番性欲が強い年頃といってもいい)
一夏(それなのに同い年の幼なじみ(巨乳)と同じ部屋で生活させられ)
一夏(寮でも教室でも周りにいるのは全部女子、しかも全員レベルが異常に高い・・・)
一夏(隠れて処理しているとはいえ・・・もう限界だ!)
箒「んっ・・・」ゴロン
一夏(!?お、おっぱ・・・おっぱいが・・・!)
引用元:

一夏「性欲を持て余す」
varadstir_vars={
ver:"4.0",
app_id:"MEDIA-59cae8b5",
ad_spot:2,
center:false
};
続きを読む

[ 閉じる ]
08/07 (00:00) SSまとめZ
 
氷菓
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2012/09/09(日)23:00:15.27
ID:ApJzQnOR0
志「どうだい?奉太郎?」
奉太郎「どうもこうも…お前がなぜそんなことを言うのか、俺にはさっぱり理解できないんだが」
里志「ふうん。まあ普通の人なら嫌悪感を抱くかもしれない」
奉太郎「現に俺もそうだ」
里志「そうかな?僕は奉太郎ならわかってくれると思うんだけどな」
里志「自分の女が他の男に抱かれる、この快感にさ」
引用元:

奉太郎「貸出プレイ・・・・・・だと・・・・・?」
varadstir_vars={
ver:"4.0",
app_id:"MEDIA-59cae8b5",
ad_spot:2,
center:false
};
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
08/06 (22:00) SSまとめZ
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2012/09/08(土)14:38:33.64
ID:mhg79avU0
前編 『変態少女のメランコリィ』
8月13日 夕方
タイムリープマシン完成祝の宴会のための買い出しから帰った私は、ラボの開発室にいた。
椅子に座り眺める──世界を揺るがすかもしれない、このタイムリープマシンを。
しかし宴会まで時間が空いたのと、連日の徹夜続きもありついウトウトしてしまい──。
紅莉栖「んん……ん……」
紅莉栖「おか……べぇ……あんた……」
紅莉栖「……急に仲間がどうとか……支離滅裂……むにゃ」
紅莉栖「……ふへへ、おかべぇ……」
紅莉栖「ふぇ……」
紅莉栖「あ、あれ、私……」
紅莉栖(寝てたのかな。やだ、私ったら……こんなところでだらしない……)
引用元:

紅莉栖「何度タイムリープしたって岡部を寝取られる……」
varadstir_vars={
ver:"4.0",
app_id:"MEDIA-59cae8b5",
ad_spot:2,
center:false
};
続きを読む

[ 閉じる ]
08/06 (20:00) SSまとめZ
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2012/09/10(月)19:04:07.79ID:G/SNtvfp0
姉「やめんか、こら」ブンブン
弟「暴れる……な!イテっ」ゴン
姉「ひゃん……」
弟(お、弱点掴んだ?……ここを一気に攻めて……)
姉「フハハバカめ、脇を触りながら体を押さえられるわけ……あ」
弟「ふ、ふぅ……あぶねえ……罠に掛かるトコだった」
姉「……おい離せよ」
弟「このチャンス逃す訳ねえよ……はぁはぁ」
姉「いや、お前、後ろから抱きついてるだけだろ、全然痛くもねーし」
弟「う、うるせえ」
弟(文化部をなめんな……)
引用元:

弟「よっしゃ後ろとったあああ」姉「なぬ?」
varadstir_vars={
ver:"4.0",
app_id:"MEDIA-59cae8b5",
ad_spot:2,
center:false
};
続きを読む

[ 閉じる ]
08/06 (18:00) SSまとめZ
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2012/09/09(日)00:51:39.26
ID:lHZ6AW9i0
兄「おい、おい妹」
妹「はい。なんでしょうか兄さん」
兄「今日は学校がある日なんだが」
妹「ええ、でもまだ6時ですよ?」
兄「すまん。それ以前に言うべきことがあったようだ」
妹「察しはついていますけれど、一応どうぞ」
兄「なんで俺の手足、ベッドに縛り付けられてるの?」
妹「ぐっすり眠っていて気づかなかったせいかと」
兄「少し聞き方が悪かったか。なんでこんな真似をしたんだ?」
妹「ぐっすり眠っていたので、衝動的に」
引用元:

妹「兄さんがわたしに興奮するかどうか、それが問題です」兄「」
varadstir_vars={
ver:"4.0",
app_id:"MEDIA-59cae8b5",
ad_spot:2,
center:false
};
続きを読む

[ 閉じる ]
08/05 (22:00) SSまとめZ
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2013/06/25(火)19:48:35.81
ID:B8vJ9txxP
?シャワー室?
P「?♪」シャワシャワ
美希「」ソローリ
美希「…」
美希「あかん」
引用元:

美希「ハニーのティンポでミキがヤバイ」
varadstir_vars={
ver:"4.0",
app_id:"MEDIA-59cae8b5",
ad_spot:2,
center:false
};
続きを読む

[ 閉じる ]
08/05 (20:00) SSまとめZ
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2013/09/22(日)23:03:37.19ID:JUBEWUF+0
P「たるき亭からいったん戻ってきたのはいいものの」
P「あずささんすっかり酔いつぶれちゃったな……」
P「ソファでぐっすりだ」
あずさ「すぅ……んん……」ゴロン
P「わわっ、あ、あずささんのパンツが丸見え……」
あずさ「んふ……すぅ……」
P「か、風邪ひかないように俺のジャケットでもかけて……」
P「……」
P「ゴクリ……」
P「チャンス……だよな……」ツンツン
あずさ「すぅ……すぅ……」
P「起きないな……」
P「よし、コンマぞろ目が出るたびにあずささんのパンツを1センチずつおろそう」
引用元:

P「酔ったあずささんが事務所で寝てる……」
varadstir_vars={
ver:"4.0",
app_id:"MEDIA-59cae8b5",
ad_spot:2,
center:false
};
続きを読む

[ 閉じる ]
08/04 (18:00) SSまとめZ
 
俺妹
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2013/06/16(日)15:02:55.31
ID:e8BDcVqpO
京介「お前さ。俺とセックスしたがってるの?」
桐乃「は、はあ!?」
京介「黒猫から聞いてさ・・・」
桐乃「あのクソ猫・・・んな訳ないでしょう!」
京介「じゃあなんで顔赤いんだ?」
桐乃「あわわ・・・これは・・・///」
京介(かわいい)
引用元:

京介「俺のセフレがこんなに多いわけがない」
varadstir_vars={
ver:"4.0",
app_id:"MEDIA-59cae8b5",
ad_spot:2,
center:false
};
続きを読む

[ 閉じる ]
08/03 (22:00) SSまとめZ
1:
◆5Zs67o7uls
2017/07/30(日)21:23:18.84
ID:y0sdMJjvO
「あれ??ミキ先輩死んじゃったんですか??」から始まるみきつばです
引用元:

伊吹翼「あれ??ミキ先輩死んじゃったんですか??」
varadstir_vars={
ver:"4.0",
app_id:"MEDIA-59cae8b5",
ad_spot:2,
center:false
};
続きを読む

[ 閉じる ]
08/03 (20:00) SSまとめZ
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2012/08/26(日)21:14:28.11
ID:jPtAbtDG0
伊織「ただいま」
P「おかえり伊織」
伊織「今日も疲れたわ?。ほら、早くその膝を開けなさい」
P「お、おう」
ぽすん
伊織「にひひっ♪」
P(どうしてこうなった)
引用元:

P「気付いたらアイドルのスキンシップが大変なことになってた」
varadstir_vars={
ver:"4.0",
app_id:"MEDIA-59cae8b5",
ad_spot:2,
center:false
};
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
08/03 (18:00) SSまとめZ
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2017/06/28(水)00:59:06.55
ID:L2CaMULxo
大和「ごめんなさい遅くなっちゃって!」
矢矧「大丈夫、皆今来たとこだから」
霞「矢矧さんってホントそういうとこイケメンよね」
初霜「はい、大和さんメニューです」
大和「ありがとう初霜ちゃん。今日はこれで全員?」
霞「そうね。雪風たちは遠征だったから」
矢矧「まぁ急だったもの。仕方ないわ」
初霜「その、すみません……」
大和「気にしないで。初霜ちゃんに声かけてもらえて嬉しかったし……あ、間宮さん、コレとコレとコレもお願いします」
矢矧「大和、この後晩御飯なんだから、抑えておきなさいよ?」
大和「霞ちゃ?ん、矢矧がいじめますぅ」
霞「至極真っ当な忠告だと思うけど」
大和「分かってますよぅ。私だって、提督のご飯が食べられないのは嫌ですから」
初霜「そういえば今日は提督がお食事当番の日でしたね」
矢矧「駆逐艦のシフトは覚えてないのに、そういうとこだけしっかりしてるんだから」
霞「どっちかというと艦隊司令官が厨房に立ってることに異を唱えるところじゃないかしら」
間宮「おまちどうさま、お先にドリンクです」
矢矧「とりあえず、乾杯しちゃいましょうか」
大和「はい、じゃあ発起人の初霜ちゃん」
初霜「えぇっ!? っと、そのぉ?……か、乾杯!」
「「「乾杯!」」」
引用元:

【艦これ】坊ノ岬組エッチな反省会!
varadstir_vars={
ver:"4.0",
app_id:"MEDIA-59cae8b5",
ad_spot:2,
center:false
};
続きを読む

[ 閉じる ]
08/02 (22:00) SSまとめZ
1:
◆6sysT0v2o77I
2017/07/28(金)22:30:52.60
ID:4HsiaUuro
?昼休み、部室?
花丸「……」ナデナデ
善子「……///」ナデラレ
善子(花丸は昔っから、私がどこか具合が悪いと、その部分を撫でてくれた)
善子(堕天使であるヨハネに対して、この娘は天使みたいな存在だ)
善子「本来、天使という存在はこのヨハネにとって天敵なのだけれど……」ブツブツ
引用元:

善子「ずら丸、頭が痛いわ……」 花丸「大丈夫? 善子ちゃん……」ナデナデ
varadstir_vars={
ver:"4.0",
app_id:"MEDIA-59cae8b5",
ad_spot:2,
center:false
};
続きを読む

[ 閉じる ]
08/02 (20:00) SSまとめZ
2:
◆YzsQKkaIIQ
2017/07/19(水)21:55:33.14
ID:6etrdnbg0
キャラ紹介
【高雄】
提督の初ケッコン艦で牝豚奴隷。起きているときは1時間に1回は提督のチンポを舐めないと落ち着かない体質になってしまった。他の鎮守府の高雄より太め。
【妙高】
高雄に続き2番目の牝豚奴隷。高雄とは良き恋敵。提督のお尻の穴を舐めるのが好き。
【大淀】
現秘書艦。普段は真面目だが、露出癖があり、大人の玩具を愛用している。部屋には提督の写真が100枚ほど飾ってある。
【明石】
提督の協力者。工厰の資材や備品を揃えてもらうことを条件に、提督から依頼された道具や薬品を試作している。
【鈴谷】
今回の被害者。提督に淡い恋心があるものの言い出せず、「だったら普段からスキンシップがとれるキャラで行こう」とギャルチックな言動で提督と話すようにしている。
引用元:

【18禁艦これ】鈴谷淫乱黒ギャル化改装?絶対隷奴の服従陣3?
varadstir_vars={
ver:"4.0",
app_id:"MEDIA-59cae8b5",
ad_spot:2,
center:false
};
続きを読む

[ 閉じる ]
08/02 (18:00) SSまとめZ
 
百合
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2017/06/20(火)17:11:09.93
ID:+VOSyW5KO
過去作:甘くてとろける百合バス、魔王♀「食べちゃうぞー」
女子大生(21)と女子小学生(10歳)の百合
ファンタジー、エロ、短い
パパ「この薬……喘息に効くって話だけど。ネット通販で買ったものだし、果たして大丈夫だろうか。口コミは、悪くないんだが」
少女(10歳)「ひゅー……ひゅー……」
パパ「医者にもらってる薬も、市販の薬も役に立たないし……。もう、これに頼るしかないんだよな……ホルモンバランスが乱れるかもってあるけど」
少女「ひゅ……パパ?」
パパ「こんなに苦しそうにしてるんだ。なんとかしてくれよ、頼むよ……」
ジャラッ
パパ「ほら、飲めるか?」
少女「……うん」
パク――ゴクッ
引用元:

女子大生と女子小学生の一夏の想いで☆
varadstir_vars={
ver:"4.0",
app_id:"MEDIA-59cae8b5",
ad_spot:2,
center:false
};
続きを読む

[ 閉じる ]
08/01 (22:00) SSまとめZ
1:
◆agif0ROmyg
2017/07/18(火)23:24:19.38
ID:qIZ+2UQH0
アイドルマスターシンデレラガールズの城ヶ崎莉嘉のR18SSです。
「Pくん! なんでアタシが怒ってるか分かる!?」
改めて考えるまでもない。
頬をプンプン膨らませて睨み付けてくる莉嘉の足元には、うずたかく積まれたDVDと漫画。
俺の秘蔵コレクションであった。
なんで、か。
一応隠しておいたとはいえ、こうして莉嘉の目につくところにこんなエッチなもの置いておいたから、かな。
ここは俺の家なんだし、今ここに莉嘉がいるのも、突然の雨で避難する場所が他に無かったから(そして莉嘉にどうしても行きたいとかなり強硬にせがまれた)というやむを得ない事情があるわけで。
見たくないものを見せてしまったことは謝るが、でも、見せつけたかったわけじゃないんだ。
莉嘉がどうしてもシャワーを浴びたいというから、着替えになりそうな服を探していて……つい、間違えて箱を取り出してしまっただけなんだ。
違法なものは無いんだ、許してくれ。
何とかそうまとめようとしたが、莉嘉の勢いは収まらない。
膨れっ面もますます赤くなって可愛らしい。
「もー! そうじゃないよ!」
じゃあなんだ。
「だって見てよこれ! こんな、おっぱいおっきい人ばっかり! 
 しかも、これほとんど……ぱいずり? こんなのアタシにできるわけないじゃん! イヤミっぽいよ、もう!」
なに。
12歳のギャルが言い出したことは、こちらの予想をはるかに超えてきている。
そんなに気に障るものなのだろうか。
「Pくんは、ええと、ぱいずりっていうのが好きなの?」
ああ。
って、思わず素で答えてしまった。
子供相手に何を言ってるんだ、と後悔する間もなく、莉嘉がにじり寄ってくる。
「じゃあ、アタシがぱいずりしてもいい?」
なんでそうなるんだ。いいわけないだろ。
「させてくれなかったら、このことお姉ちゃんに言う!
 家に連れ込まれてエッチな本見せられたって」
勘弁してくれ、そんなことになったら身の破滅だ。
城ヶ崎美嘉は莉嘉よりもだいぶ先輩で、別のPのもとトップクラス
続きを読む

[ 閉じる ]
08/01 (20:00) SSまとめZ
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2012/09/01(土)22:22:51.54
ID:lylreBJq0
小鳥「誰がいいと思います?」
P「知りません。こないだ春香があんなことになったのに、まだ続ける気ですか」
小鳥「あれは不完全でした……処女の春香ちゃんにポルチオ性感なんて土台無理な話だったんです」
P「本当に、勝手にやってください。俺は春香に呼ばれてるんで、これで」スタスタ
小鳥「あらあら。春香ちゃん、プロデューサーさんを呼んで何をするつもりなのかしら?うふふ…」
小鳥「それにしても、ウチは魅力的な子ばかりだから迷うわね……」
小鳥「誰にマッサージしてあげましょう」
>>5
引用元:

小鳥「私の性感マッサージテクをどのアイドルで試しましょうか」
varadstir_vars={
ver:"4.0",
app_id:"MEDIA-59cae8b5",
ad_spot:2,
center:false
};
続きを読む

[ 閉じる ]
08/01 (18:00) SSまとめZ
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2012/09/02(日)19:20:45.11
ID:lovzz0g10
魔王「意外と簡単につかまえられました」
女勇者「油断した……」
魔王「油断って言うか、めっちゃ弱いね君」
女勇者「ムカつく……」
魔王「あと、めっちゃ胸小さいね君」
女勇者「むーかーつーくー!」
さて、どうしてくれよう
>>5
引用元:

魔王「勇者をつかまえたぞ」女勇者「不覚……」
varadstir_vars={
ver:"4.0",
app_id:"MEDIA-59cae8b5",
ad_spot:2,
center:false
};
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。