SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
媒体:ひとよにちゃんねる | VIP SSまとめブログ
<<
2017年02月
>>
300件取得
人気記事順表示
<<
0
1
2
3
>>
1:
◆TOYOUsnVr.2017/02/14(火)00:35:24.21ID:lMZfio/z0
バレンタインでもらって何よりも嬉しいもの、って何だろう。
そんなことを少し考える。
やっぱり意中の相手からのチョコレートかな。
となると、女の私にはよく分からない。
ああ、うん。逆チョコ、なんてのもあるみたいだけど、もらったことはないし、よく分からない。
じゃあ、私は何だと思うか。
それはね……。

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/02/14(火)00:47:57.17ID:hVdw27Hb0
モバP「時子!仕事取ってきたぞ!」
時子「アァン?なに勝手に呼び捨てにしてるのかしら」
モバP「すみません時子様ァ!雑誌でモデルの仕事だ、秋の最先端コーデだかなんだか、まあ詳しい話はもらった資料を見てくれ」
時子「フン…………はぁ?ちょっと豚、私服コーデってどういうことよ」
モバP「そのまま。時子様の持ってる私服で秋の流行を取り入れたファッションを着てもらうって企画だ。時子センスあるし、向こうも時子様ならと信頼を寄せていたぞ」
時子「……私に話を通さずに決めたのは減点ね、豚。まあいいわ、私服なら数はあるから」
モバP「やる気になってくれたなら何よりだ。俺結構時子様を自慢したから頼んだぞ」
時子「豚が私を讃えるのは当然ね」
モバP「『時子は心理学やってるから、流行だって分かりますよ』って」
時子「フン……」
時子「????」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆AL.FJZZSBs2017/02/13(月)23:25:48ID:vRQ8S922
「──おりゃーーー!」ドサァッ
「またえらい買い込んできたな、妹よ」
「そりゃそうでしょ。女子中学生がバレンタインにかける情熱を重さや体積で表せば、スーパーの袋まるひとつ分くらいにはなっちゃうって」フンス
「ほほう、それほどまでに情熱を向ける相手がいるって事か」
「まあ実際にはバドミントン部のみんな、男女問わず送りあいっこするからね」
「なんじゃそりゃ、ロマンスじゃないじゃん」
「可愛い妹が誰かのものにならなくて良かったね!」
「どうせなら俺と気の合いそうな義弟を連れてきてくれよな」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
名無しで叶える物語(神宮)@?(^o^)/2017/02/12(日)21:31:01.60ID:fiuvTYtp.net
曜(早弁しないから、減るのかなあ……)グゥゥ
千歌(早弁してても、減るものなのだあ……)ググゥ
キーンコーン
先生「はい、それじゃここで授業終わりまーす」
ようちか「……!」
キリーツレーイ
アリガトーゴザイマシター
千歌「……梨子ちゃん!」ガタッ
曜「梨子ちゃん!」ガタッ
梨子「どうしたの?」
ようちか「お腹と背中が、くっついちゃう!」
梨子「……はいはい。千歌ちゃんと曜ちゃんの分も、作ってあるからね、お弁当」ニッコリ
ようちか「やったー!」ハイタッチ

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/02/14(火)20:59:31.74ID:bmKIZj5Io
男「ただいまー!」
男「今日は2月14日、バレンタインデー!」
男「だけど、誰からもチョコもらえなかった!」
男「だから自分で自分にチョコあげよっと!」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
名無しで叶える物語(かぶらずし)@?(^o^)/2017/02/16(木)23:43:00.91ID:XaYEV2GQ.net
曜「二人とも新しい衣装の試着できた?」
梨子「ええ」
千歌「できたよ!」
曜「それじゃあせーので見せ会おうね!せーのっ……えいっ!」
千歌「わぁ!二人ともかわいい!とっても似合ってるよ!」
曜「…………」
梨子「…………」
千歌「あ、あれ?どうしたの?わたし、やっぱりへんかなぁ……」
曜「かっ……!」
千歌「えっ?」
曜「かわいすぎるよ! 千歌ちゃん!」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
名無しで叶える物語(玉音放送)@?(^o^)/2017/02/18(土)04:04:46.70ID:iYxrd9qO.net
   ???
まきちゃん「……」
まきちゃん「いるんでしょ?」
「あっ。えへへ、バレちゃった」
まきちゃん「穂乃果は静かにしててもわかりやすいのよ」
「まきちゃんにとって、穂乃果は存在感が強いってことだね?」
まきちゃん「強いというより、大きい──かしら」
「おお、尊敬されてるんだ。嬉しいなあ」
まきちゃん「デカい、とも言うわね」
「……あれ、その言い方だと嬉しくない」
まきちゃん「わたしにとって、穂乃果はデカいわ」
「バカにしてない?」
まきちゃん「あなたは自分のデカさを自覚してないからそう感じるだけよ」
「大は大でも、偉大とか雄大とかさ、言い方があると思うなー」
まきちゃん「いいえ、それらは穂乃果に似合わない。穂乃果はデカいのよ」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
名無しで叶える物語(わたあめ)@?(^o^)/2017/02/15(水)18:32:29.34ID:FUNQ5bMW.net
花陽「ことりちゃんですっ!」パナァ
ことり「ちっがーう!」
花陽「ぴゃぁっ!?」
ことり「違うの!かよちゃんなの!」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/02/14(火)02:16:19.20ID:edh03dz30
バレンタインデー便乗企画です。
多分百合?ですので苦手な方はご注意ください。
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/02/14(火)02:16:45.74ID:edh03dz30
科学準備室
雨柚「…」ドキドキ
蓮「盛本さーん!」
雨柚「ひゃっ!?」ガタッ
蓮「ハッピーバレンタイン!チョコ交換しましょ?」
雨柚「な、長倉さんですか…」ドッドッ
蓮「あら、驚かせちゃったかしら?ごめんなさい」
雨柚「いえ…」
蓮「そう?じゃあこれ、はい」
蓮「今年は私も手作りに挑戦してみたのよ!」
蓮「どう、気合入ってるでしょ?」フフン
雨柚「あ、ありがとうございます」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/02/14(火)22:52:16.57ID:lAc49BuJO
モバP(以下P表記)「午前の営業、みんなバッチリこなしてくれたようで。TV出演組と夕方営業組はこれからですが、解散時刻は各々の自由なのでそのお弁当食べたらあがってもらって結構ですよ」
西川保奈美「はい」
P「バレンタインっていいですよね。女の子たちがお菓子を振る舞う姿を見るだけで癒されます。何より企画しやすいし外れないってのが胃に優しい」
保奈美「そうね」
P「甘いの好きですし、営業先の余り物を分けてくれるのも嬉しいです。みんな分けてくれるので、室内が甘い匂いでむせそうになるのがたまに傷ですけど」
保奈美「ふーん」
P「それでですね、保奈美さん」
P「どうか私めに保奈美さんのチョコをお恵みいただけませんか?」
保奈美「駄目ね」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
名無しで叶える物語(きしめんだぎゃー)@?(^o^)/2017/02/16(木)23:24:00.51ID:V/pYchHK.net
凛「あのね、これは凛が実際に体験した出来事なんだけど…」
穂乃果「出だしから怖そうだね」ゴクリ
真姫「そう?」
凛「凛が中学三年生の時…」
穂乃果「うんうん!」
真姫「ふーん」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/01/13(金)18:37:50.08ID:uefm+U0co
今日の朝食は、白いご飯を三杯、お味噌汁、焼き魚、お漬物、うどん一杯でした。
六時から戦車道の練習もあるので、朝はいつも控えめにしています。
もし戦車に乗っているときに、体調を崩してしまったら大変ですので、朝食はいつも少なく済ませます。
練習を終えたあとはすぐに始業のチャイムが鳴ってしまいます。
朝食が少ない所為もあり、恥ずかしながら授業中にお腹の虫が鳴いてしまうことが多々あります。
五十鈴家の長女として、また戦車道を嗜む乙女として、そのような醜態を晒すわけにはいきません。
お腹が騒がないようにグラウンドから教室へ行く間に、しっかりとおにぎりを3個ほど食します。
「華さんって、本当に健啖家だよね」
そんなことをみほさんが言いました。
「むしろみなさんは食べなくてもいいのですか?」
当然の疑問を投げかけてみたところ、沙織さんや優花里さんは驚いている様子でした。
みほさんはその端正な顔に戸惑いの色を浮かべ、
「朝食をちゃんと食べてるから、平気かな」
と、間食など不要だと言い切りました。
なるほど。長年、戦車道を歩んでいるみほさんは、必要な食事量を見極めているということですか。
「そもそも朝からそんなに食べられないだろ」
冷泉さんは本当に食べていなさそうで、心配になりますわ。

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
◆cLLpbu6HI.2017/02/13(月)23:40:42.39ID:kVGW7B040
梨沙が輝子に髪の洗い方を教えるお話です。
2:
◆cLLpbu6HI.2017/02/13(月)23:42:04.11ID:kVGW7B040
梨沙「フンフフフフ?、あら?」
梨沙「ちょっとあんた!何やってんのよ!!」
輝子「フヒッ!?あ、あの、親友のお世話を…」ビクッ
梨沙「そんなこと聞いてるんじゃないわよ!髪!床についちゃってるじゃない!!」
輝子「え?あ、あぁ、お邪魔だったな。ゴメン…」
梨沙「そうじゃないわよ。せっかくの長い髪なのに自分から汚してんじゃないわよ」ハァ
輝子「べ、別にたいしたことじゃ無いから…」
梨沙「大したことあるわよ!髪は乙女の命って言うでしょ?」
輝子「お、おう…」
梨沙「あんたは髪質も悪くないんだから大切にしなさいよ。もしお手入れが面倒なら晴みたいに短くしちゃえば?」
輝子「そ、それはダメだ…!」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
名無しで叶える物語(やわらか銀行)@?(^o^)/2017/02/11(土)21:43:46.41ID:Y0UJdph2.net
理亞「なして?」
聖良「Aqoursさん達が会いたいって」
理亞「また?あのへなちょこ軍団、内地まで行くのになんぼかかると思ってんだべさ」
聖良「したって、理亞、また東京行きたいって言ってたっしょーや」
理亞「それとこれとは話が別」
聖良「あれからAqoursさん達の動画もよーく見てたみたいだし、ほんとは気になってんだべ?」クスクス
理亞「姉さま、あんまりちょすんでないよ」
聖良「んで行くの、行かないの」
理亞「行くけど」
聖良「ふふ」
理亞「なに……」
聖良「なんも」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
1(もも)@?(^o^)/2017/02/13(月)22:16:21.36ID:oq9bmArx.net
?一年前?
千歌「ただいま?!」ガラガラ
シーン
千歌「ってあれ?誰もいない……?」
千歌(あ、そっか。志満姉も美渡姉も買い物に行ってるんだっけ……)
千歌(なんでいつも家にいる二人が一緒にお買い物なんだろ?今日なんかの日だったっけ……)カレンダーペラリ
千歌「2月13日……」
千歌(2月13日?何の日だっけ……)
千歌「ま、いーや!テレビみよっと」ポチ
『東京の街はすっかりバレンタイン気分で……』
千歌「……」
千歌「ばれんたいん……」
千歌「……あー!そういえば明日!2月14日ってバレンタインだった!」
千歌「……ってまぁ、そんなこと言っても渡す相手も貰う相手もいないし?」グダー

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/02/18(土)14:38:11.12ID:CA9O1OCCo
「せやぁっ!」
轟音とともに、岩が砕ける。
大観衆が私に拍手を送り、歓声を上げ、口々に私を褒め称える。
天才だ、怪物だ、最強だ、と……。
私の拳は岩をも砕き、私の手刀は鉄をも切り裂き、ひとたび戦えば熊ですら素手で倒せる。
パフォーマンスをすれば大金が舞い込み、講演依頼は後を絶たない。
しかし、これらは全てインチキなのである。

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
名無しで叶える物語(もんじゃ)@?(^o^)/2017/02/22(水)00:16:17.79ID:DH43OoHq.net
部室
ダイヤ「...」カチカチカチ
ダイヤ「...」カチカチカチ
バンッ
ダイヤ「まったく...もう練習の時間だというのに誰も来やしませんわ!」
ダイヤ「校内放送でもかけて徴収してやります!!」
ガラッ
ダイヤ「誰ですの!もう時間はとっくに」
バタリ
果南「...」シーン

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
名無しで叶える物語(らっかせい)@?(^o^)/2017/02/17(金)22:49:40.44ID:0Feud82K.net
なんでも似合いそうだけど
猫さんプリントが至高
7:
名無しで叶える物語(らっかせい)@?(^o^)/2017/02/17(金)23:01:54.48ID:0Feud82K.net
凛「明日はどのパンツはいていこっかな」
凛「お星さま柄にしよっかにゃ?」
凛「ねこさんのパンツもかわいいにゃー」
凛「それともかよちんのお花さんパンツかにゃ?」
凛「・・・ん?、ねこさんにしよっ!明日は一緒だね?♪」
テレビ『・・・女子力の上がる下着をインタビューしてみました』

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします2017/02/20(月)00:02:15.675ID:550Yk/oD0.net
ベジータ「ナニィ!? カカロット貴様……! 今、なんて言いやがった!」
悟空「い? カサブタが気になんだろ? だったらよ、剥がしちまえばいいじゃねえか」
ベジータ「か、カサブタを剥がすだと……!? な、なんて奴だ……! そこまで馬鹿だったとはな……!」
悟空「なんだよ。剥がしたらヤベぇんか?」
ベジータ「痛いだろう!」
悟空「そりゃいてえけどよぉ……カサブタが気になって修行に身が入らねぇんじゃ、しょうがねぇじゃねえか」
ベジータ「ぐぅ……!」
悟空「おしっ! そんじゃ、オラが剥がしてやっからよ。膝、出してくれ」
ベジータ「や、やめろ!!! 貴様のような不器用な奴に任せでもしたら……想像しただけでゾッとするぜ……!」
悟空「なんだよ、こえぇんか?」
ベジータ「怖いに決まっているだろう! カサブタを剥がす行為に恐れを感じないとすれば、それは感情が無い機械ぐらいだ……!」
ベジータ「あいにく、オレは人間だからな……! 見ろ! カサブタを剥がすと聞いただけで、鳥肌が立ちやがる……!」
悟空「そこまで言うなら剥がすのはやめっけどよ……修業はどうすんだ?」
ベジータ「……ええい! 剥がせないのなら、削り取るまでだ!」
ベジータ「盛り上がっている表面部分だけ削ってしまえば、オレがカサブタに気を取られることもなくなる!」
ベジータ「カカロット! 瞬間移動でヤスリを持って来い!!! 今すぐにだ!」
悟空「お、おう」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
ジョニー横山◆pKgHTU2GLc2017/02/23(木)23:57:49.71ID:n/Ocbaz3O
ナレーション「三十路の誕生日を迎えたレッド、自宅のポストに謎の招待状が来る。
自分の誕生日パーティをメンバーが開いてくれると思い、ウキウキで会場に行くと、
そこには宿敵「江川達也見たら舌打ちする団」の幹部が!敵の思惑にまんまとひっかかりあえなく捕まるレッド!
一体、いったいどうなってしまうのか!?
次回!「交換条件」来週も楽しみにしてくれよな!」
アジト内 薄明りの中 椅子に座らされ手足を縛られ大音量のヘッドフォン付けられているレッド

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
◆5UDbDqhWOk2017/02/21(火)20:40:48.44ID:d/x3d0Uh0
変わらない変わらない、そ?んな私
2:
◆5UDbDqhWOk2017/02/21(火)20:43:13.56ID:d/x3d0Uh0
?アイドル研究部・部室?
ガチャ
にこ「にこ!」
ことり「ことり!」
凛「りん!」
「にことりん!」
シーン…
にこ「…」
ことり「…」
凛「…」
凛「…戻る?」
にこ「いや…まだ…」
ことり「多分もうすぐ…」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆dzX3.Do/lI2017/02/23(木)23:44:30.24ID:QkOByr7/o
シャロン
「?♪」
アンナ
「あら、シャロン。
 何書いてるの?」
シャロン
「英雄さん達とお話したことを日記にしてるんです。
 色んなお話を聞くのがもう楽しくって。
 でも折角聞いたなら、形にして残したいなぁって。」
アンナ
「へえ、いいじゃない。
 ちょっとイレギュラーだけど、こんな機会滅多にないものね。」
シャロン
「英雄さんたち同士で仲良くお話ししてる姿も見かけますよ。
 どんなことをお話ししているんでしょうか……?」
―――――――――

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/02/24(金)02:01:17.88ID:eP7OfaVBo
リュウ「はあああああっ!」
ケン「でやああああっ!」
バキッ! ドカカッ! バキィッ! ドガッ! ドゴォッ!
リュウ「波動拳!」ボッ
ケン「昇竜拳!」ビュオッ
バチィッ!!!
リュウ「ハァ、ハァ……今日のところはこれくらいにしておくか」
ケン「ハァ、ハァ……ああ、いい汗かいたぜ」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/02/23(木)05:10:29.05ID:lyDXOLzO0
ラフィエル×サターニャです
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/02/23(木)05:12:16.25ID:lyDXOLzO0
サターニャ「ふっふっふっ…」
サターニャ「魔界通販で買った新たなる武器『ダインスレイブ!』」
サターニャ「えーっと説明書には」ガサゴソ
サターニャ「撃たれた相手は撃った相手に対してメロメロになります…痛みは感じません…ふむふむ」
サターニャ「…メロメロって何かしらメロンパン?」
サターニャ「まあいいわ、とりあえずこれをガヴリールに撃てば…」
ガウリール「ははー私はサターニャ様にメロメロでございますー」
サターニャ「てなるに違いないわ!」
サターニャ「前のリボルバーは失敗しちゃったけど…」
サターニャ「今回は警告なしで撃ちぬいてあげるわ!」
サターニャ「グラサンに怒られた恨み思い知りなさい!」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/02/24(金)01:35:14.65ID:whLr7hPA0
『第3回シンデレラガール総選挙、第1位は……』
『ここまでこれたのは応援してくれるファンのみんな……そして今まで私を支えてくれた仲間達のおかげです。だから、今日という日を私は絶対に忘れません』
『聞いてください……Neversaynever!』
PCの画面に映っているのは、アタシがまだアイドルとなる前の出来事
名前を呼ばれた少女は少し泣いていた。けど、涙を拭った彼女は笑顔で観客の声援に答えていた
桐生つかさ「へぇ……これが凛のホンキかよ」
そして彼女は、精一杯の声で最後まで歌い上げる
その姿は美しく、凛々しく、トップアイドルとしての力を見せつけられた気がした
つかさ「アタシも負けてらんねぇな……」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆CPNqm4LsKEhX2017/02/20(月)18:54:07.28ID:qu8zjDl70
今更の俺妹のSSです。
京介×あやせで短編で書いていこうと思ってます。
特に何も考えずにだらだら書きます。
ほぼセリフのみで構成します。
2:
◆CPNqm4LsKEhX2017/02/20(月)18:54:36.77ID:qu8zjDl70
『あやせとUFOキャッチャー』
「お兄さん!もうちょっと右です!右!あ!行きすぎです!もぉ?ほら?取れなかったじゃないですか!」
「お前なぁ…無茶言うなよ…難しいんだぞ…」
「ふんっ!お兄さんが下手くそなだけじゃないんですか?」
「よぉしわかった!あやせ、お前がやってみろ!」
「え…で、でも私こういうのやったことありません…」
「お前…やったことないのにあんな偉そうなこと言ってたわけ!?」
「む…しょ、しょうがないですね…やってやろうじゃないですか!」
「なんでそんな強気なんですかねぇ…」
「まぁまぁ、見ててください!」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/01/28(土)18:56:03.78ID:bBSc8pRS0
ー事務所ー
モバP「ちひろさん」
ちひろ「はい?」
モバP「ちょっとお話が」
ちひろ「なんですか、また乃々ちゃんに逃げちゃいました?」
モバP「いや、あいつは見当たりませんがそれとは別のことで相談が」
ちひろ「?」
モバP「実は、あいつらのマネジメントをやめたいんです」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
名無しで叶える物語(家)@?(^o^)/2017/02/18(土)22:58:08.34ID:DqR9aUmC.net
――部室 ミーティング中
全員「Aqoursのホームページを作る?」
鞠莉「イエース!」
鞠莉「と言っても、浦の星ホームページの部活動紹介に特設する感じだけど」
果南「それはいいけど、どうしていきなりホームページを作ることになったの?」
鞠莉「先日、浦の星にAqoursのファンの方から直接問い合わせがあってね」
鞠莉『もっとAqoursについて知りたいから紹介ページを作って欲しい』
鞠莉「……って要望があったのよ」
鞠莉「わたしたちの活動はこの学校の存続にも関わっていることだから」
鞠莉「他の先生方も快くオッケーしてくれたわ」
梨子「やっぱり、この間の予選のライブの反響が大きかったみたいね」
曜「千歌ちゃん、あの時ハメを外していろいろとやっちゃったからねえ……」ハハ…
千歌「うぅ……」ズーン

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/01/29(日)04:10:00.65ID:3wzzFSRn0
「だーれだっ?」
そういって彼は誰?といってちょっと驚いて言った。
これが美少女錬金術師のうちとのちの全空一の騎空団となる団長との出会いであった。

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆Dm8ArSIo3MOQ2017/02/16(木)02:42:25.16ID:OhQF0CKJ0
芳乃「甘いものばかりではお体に悪いのですー」グイグイ
モバP(以降P表記ですー。もぉー)「もがががががっ!」
芳乃「お茶もご用意しておりますー」
P「んぐんぐ…ぷはぁっ!」
芳乃「はいー、あったかいものどうぞー」
P「はぁ、あったかいものどうも」ズズッ
P「うわ熱っつい!」
ちひろ「猫舌か」
ちひろ「ってか、何イチャコラしてるんですか。他所でやってくださいよ」
P「別にイチャコラしてるつもりは無いんですけど」
P「俺はただバレンタインに貰ったチョコ食べてるだけで…」ポリッ
芳乃「しょっぱいものもどうぞー」ズボッ
P「合間合間に芳乃がこうしてひたすら歌舞伎揚げ突っ込んでくるんふぇふふぇもふぁふぁふぁ」
ちひろ「イチャついてんじゃねえか」
芳乃「甘いものばかりはお体によろしくありませんのでー」
P「その気遣いは嬉しいんだけど、せめて俺のタイミングで食べさせてくれない?」
芳乃「じゃんじゃん参りましょー」バリバリッ
P「あれ、俺の意思は?」
ちひろ「ああ、そう言えばプロデューサーさんってバレンタイン当日お仕事で地方に行ってましたもんね」
P「ええ、急に鹿児島で芳乃の単独ライブが決まりまして。ホントに急な仕事でしたけど大盛況でしたよ」
ちひろ「そうですかそうですか。バレンタイン当日に急に芳乃ちゃんと地方のお仕事ですか」チラッ
芳乃「ほー?」
P「けふ…、芳乃さんや。ここだと千川に迷惑かかるから休憩室行こうか」
芳乃「はいー」
P「じゃあちひろさん。ちょっと行ってきますね」
芳乃「行って参りますー」トテトテ
ちひろ「はいはい。どうぞごゆっくり」
ちひろ「…」
ちひろ「……怖っ」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
2
3
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。