SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
媒体:ひとよにちゃんねる | VIP SSまとめブログ
<<
2017年10月
>>
123件取得
人気記事順表示
<<
0
1
2
3
>>
1:
◆NOC.S1z/i22017/10/16(月)23:53:49.77ID:PRry63/9o
【モバマスSS】です
 天才池袋晶葉の作ったウサちゃんロボ
 そのウサちゃんロボを安部菜々の故郷ウサミン星の超科学により強化改修したのがウサミンロボである
 人の世にアイドルがいる、この素晴らしいものを護るために、今日もどこかで頑張ってるのだ!
 今日もどこかでウサミンロボ、明日もどこかでウサミンロボ

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
名無しで叶える物語2017/08/21(月)00:54:07.92ID:n0hAH/X/.net
希「にこっち?」
にこ「なによ」カチカチ
希「新しい占い仕入れてん♪やらへん?」
にこ「やらない」カチカチ

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
名無しで叶える物語2017/08/16(水)23:13:14.10ID:iWmgE1Hp.net
?まきちゃんはうす?
凛「かよちんは食べるの?」
花陽「うんうん!あんなに美味しい組み合わせなのに…損してるよ!」
真姫「おでんはあれで完成されてるじゃない」
花陽「日本人はいついかなるときも白いご飯を求めるものなんだよ!」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
名無しで叶える物語2017/08/14(月)01:17:16.17ID:5NN2+RMu.net
―屋上―
曜「………」
ダイヤ「………」
曜「…みんな、来ないねー」
ダイヤ「…そうですわね」
曜「屋上で練習って、ちゃんと伝えたのになぁ」
ダイヤ「やはり、一緒に来るべきだったのかしら」
曜「………」
ダイヤ「………」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/10/13(金)01:36:24.98ID:MUmUWH9mo
男(オレの彼女はけっこう可愛いし、頭もいいし、性格も悪くない)
男(オレにはもったいない彼女といえるだろう)
男(ただ、あえて欠点をあげるとしたら――)
女「おはよー!」
男「おはよう。昨日は飲み会だったらしいけど、二日酔いとか大丈夫?」
女「うん、花金だったからちょっと飲みすぎちゃったけど、平気平気!」
男「こうして遅刻せず、デートに来てくれたんだから嬉しいよ」
女「そりゃもう当たり前田のクラッカー! 楽しみにしてたデートに遅れるわけないじゃない!」
男「ア、アハハ……そうだね」
男(オレの彼女はオヤジ臭い)

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
名無しで叶える物語2017/08/10(木)21:33:07.74ID:+kNRbljf.net
善子「…っ///」
ゴゴゴゴ!!!
善子(曜さんから借りたこのDVD…い、いわゆるえ、AVってやつよね)
善子(ついに私もAVデビュー…///)
善子(まだお母さん帰ってこないし…見るなら今…ね)

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/10/11(水)22:03:19.82ID:3Y+Bfaq40
ひどい
短い
キャラ崩壊
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/10/11(水)22:03:45.78ID:3Y+Bfaq40
晶葉「我が灰色の脳細胞をもってしてもできなかった! なんてことだ!」ダンッダンッ
P「…これか? なにかのスイッチみたいだけど」
晶葉「その通り。押すとまゆが発狂して包丁で助手の髪を剃り、フランシスコ・ザビエルのそっくりさんにしてしまう愉快なボタンだ!」
P「おいコラ」
晶葉「10回くらい押したんだけどなあ。助手に髪があるということは失敗か」
P「俺、お前のこと妹のように大切にしてきたつもりなんだけど」
晶葉「そんなことはさておき」
P「そんなことって」
晶葉「失敗とはいえまゆに何か得体の知れない効果が表れているかもしれない。様子を見てきてくれ助手よ」
P「マジかよ…」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/10/12(木)23:04:22.70ID:y0RnULtA0
・ギャグです
・12巻のネタバレ含みます
・いきおいです
陽乃「君たちの関係って共依存なんだよ」
八幡「…」(悔しい…だが言い返せない)
「ちょっびと待った!」
陽乃「なに…この声は?」
陽乃(ウソ、今この場には私と比企谷くんしかいないはずなのに…)
八幡「この声はもしかして…」
「愛はいつでもそこにある、人が気づかないだけで」
陽乃「………だれ?」
八幡「あ、あなたは…まさか」
マッカン様「人はそうよぶ、いつどこで誰がつけたか、マッカン様と」
マッカン様「ちゃお!」
八幡「本物だ!!本物のマッカン様だああ!!!」
陽乃「ひ、比企谷くんこの人?知ってるの?」
八幡「はあ!?あんた何いってんだよ!!マッカン様だぞ!?あのマッカン様だぞ!?知らねえのかよ!!真の千葉県民なら常識だろ!!」
陽乃「な、なにそんなにムキになってるのかな…さすがのお姉さんもひいちゃうよ」
八幡「マッカン教の教祖様でマックスコーヒーをこよなく愛する人々にとって生き神様同然である!偉大で素晴らしい崇高な尊敬する存在…」
八幡「おお…まさか本人に会えるとはありがたや!ありがたや!」ポロポロ
陽乃(しらねえよ…つーか泣くな!!)
マッカン様「話は聞かせてもらったよ。ようするに君は八幡くん達に共依存をやめさせたいんだね」
陽乃「えっ?は、はあ…まあそうですけど」ゾクッ
陽乃(なんなのかなこの人?人の事情に首突っ込んでこないでよ!
今大事な話してる途中なのに)
マッカン様「なら3人の依存先を別の物に変更しちゃえばいい」
陽乃「えっ?」
陽乃(なにする気なのこの空き缶(マッカン)ボディ男
っていうか比企谷くんいつまで拝んでいるの!?)
八幡「ありがたや…ありがたや」
マッカン様「君、これを飲みたまえ」
八幡「こ、これは飲んだ人が3人しかいない…あの伝説のマックスコーヒー!?」
マッカン様「さあ?たんとお飲み!!」
八幡「びゃあ¨ぁ¨¨ぁうまひぃ¨ぃぃ!!!」
陽乃
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆z80pHM8khRJd2017/10/12(木)23:29:27.82ID:O/zKLGYq0
静香「おはようございます」
P「よーし! みらしずつばじゃんけんの続きやるぞ」
静香「……?」
未来「わーい!」
翼「がんばるのですー」
静香「何で2人とも乗り気なの!?」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/10/09(月)22:19:23.89ID:cZ13jyLV0
バンドリ、ガルパss
※キャラ崩壊注意
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/10/09(月)22:24:29.24ID:cZ13jyLV0
-スタジオ-
ジャンジャガジャジャジャーン!
友希那「……ふぅ、今日はこのくらいかしら」
あこ「はぁ?、やっと終わったぁ?!あこ、もう腕が上がらないよぉ…」
燐子「お疲れ様……あこちゃん……でも、あこちゃんの今日のドラムソロ…すごく、良かった…よ?」
あこ「ありがとー!りんりん!りんりんも、こう、ババーンって感じで、超かっこよかったよ!」
紗夜「……ふぅ、まぁ、確かに、今日は皆の演奏が冴えていたように感じますが……」
リサ「お、紗夜が褒めるなんて珍し?。確かにみんな良かったよね!ね、友希那?」
友希那「……」
紗夜「湊さん?」
リサ「どうしたの?友希那、目を閉じて黙り込んじゃって」
友希那「こんなものではダメよ」
全員「「「「え!?」」」」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/10/11(水)22:01:57.87ID:DvDLthvho
<教室>
児童A「先生!」
教師「なんだ?」
児童A「なんだか気分が悪いです……」
教師「む、そうか。では保健室へ行きなさい」
児童B「先生、ぼくもー……」
ボクモー… アタシモー…
少年「…………」

続きを読む

[ 閉じる ]
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/10/11(水)23:16:12.94ID:+J6vtoV5o
事務所
志希「キミは記憶力は良い方?」
P「どうだろうな。それなりだとは思うけど」
志希「ま。まだ若いもんね」
P「志希に言われると何だか複雑な気分だな」
志希「誰かと比べる物じゃないからね」
P「まぁ、覚えられなかった手帳にでも書いておけば言い訳だし」
志希「書いてたことを忘れなければいいけどね」クスクス
つかさ「もっといい方法があるぜ」
志希「ん? やっぱり社長となると一家言あるの?」
つかさ「いや、目に留まるとこにポストイット貼っとくとかはするな」
つかさ「それでも忘れるならシンプルに手に書く」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/10/11(水)23:46:12.62ID:22ZKbOIT0
アイドルマスターシンデレラガールズのSSです。
短め、書き溜めありです。
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/10/11(水)23:46:48.51ID:22ZKbOIT0
モバP(以下P)「お、ジュエリーメーカーとのコラボ商品のサンプル届いたのか」
ちひろ「ええ、先ほど届きました」
P「どれどれ…」バリバリ
ちひろ「…わぁ、素敵ですね!」
P「桃華とありすをイメージしたリングですね、それぞれ紅と蒼の宝石をあしらってもらいました」
ちひろ「リングの細工も見事ですね…これ、結構お高いんじゃないですか?」
P「まぁ、そこそこの値段にはなりそうですね」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/10/11(水)21:10:38.57ID:MQMo/z8/o
初SS
書き溜めしてるので早めに終わる予定。
「手のツボ」とかで画像検索しとくとちょっとだけ幸せな気分になれます。
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/10/11(水)21:12:42.64ID:MQMo/z8/o
P「で、それが何だって?」
亜美「手のツボ一覧表だよ兄ちゃん!」
P「まぁ病院関係者なら見る機会も少なくないか」
亜美「そだねー、パパの机の上に置いてあったのをちょっと借りてきたのさー」
P「ちゃんと返しておけよ。大事なものかもしれないからな」
亜美「わかってるよー。というわけで兄ちゃん、亜美がツボマッサージしたげるよ?ん」
P「本当か?他意がなければ是非お願いしたいんだが・・・」
亜美「え?鯛なんてどこにもないよ?」
P「『他意』な。マッサージ以外になんかしでかさないかってこと」
亜美「そんなんするわけないじゃーん。亜美だよ?」
P「亜美だから確認しているんだよ?」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆Q/Ox.g8wNA2017/10/13(金)11:21:12.48ID:3vfio1LwO
艦これとアズールレーンのクロスSSです。
台詞形式です。
直接的な描写は有りませんが、グロいと感じる描写が有るかもしれません。
閲覧注意でよろしくお願いします。

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆Xz5sQ/W/662017/10/12(木)01:42:55.55ID:IHqxgeJQ0
===1.
まず初めに、どれほど冷静沈着な人だって誤解をすることってありますよね。
人間誰しも理解しているごく当たり前のことだけど、
誰が、いつ、どんな風に物事を勘違いしてしまうかまでは……残念ながら、予測するなんてできないのだ。
さて……その日、私こと七尾百合子はウキウキとした足取りで劇場廊下を歩いていた。
手には昨日読み終わったばかりの話題作、『人の振り見て我が振り直せ』を持っていて――
あっ、この『人の振り見て我が振り直せ』は青春学園小説の傑作『ことわざ部』シリーズの最新刊。
一癖も七癖もあることわざ部員が集まる部活に毎回学園の生徒が悩み事を持ち込んでくる形で
ストーリーが展開するタイプのお話で、笑いあり涙ありバトルあり、時にシリアス時にロマンス、
もう現役学生なら絶対に、一度は読まなきゃ青春時代の半分以上を損してる――っとと! ストップ!!

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/10/12(木)17:44:37.27ID:v890pDBA0
ナナチ「…」
ボンドルド「…」
ナナチ「おい、ボンボルドってば」
ボンドルド「…ふむ」
ナナチ「ボンボルド、聞いてっかー?」
ボンドルド「…実に興味深いですね」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/10/12(木)22:28:01.76ID:kNF0HWkdo
とある朝
P「うーん、今日もいい天気だ。絶好のプロデュース日和だな!
 ……と、あそこで歩いているのはもしかして……」
紬「……」
P「おはよう、紬! ずいぶん早いんだな」
紬「きゃあっ!? プ、プロデューサー……!」
P「おっと、悪い。驚かせちゃったか?」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
名無しで叶える物語2017/08/06(日)23:14:38.39ID:JaN3PiL/.net
マカロニ
ライブ後の興奮や疲れた体を穏やかに癒す
にこまき×perfume「マカロニ」のやさしい世界

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
名無しで叶える物語2017/10/03(火)20:46:09.46ID:VKzEQJRs.net
ダイヤ「どうしたんですか?机に伏して…具合でも悪いなら…」
千歌「いやぁ…好きな人の事を想うと胸が苦しくてね…」
ダイヤ「はぁ……」
ダイヤ「…………ならその人に告白してみればいいじゃないですか」
千歌「そんな…ダメだよぉ……絶対笑われちゃうよ…」
ダイヤ「…そんなの分からないじゃないですか」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
◆rFn/BWEp4k2017/10/11(水)12:31:41.57ID:hcl5jBV5O
スナネコ「サーバルも噂通りのドジっ子ですね」
サーバル「みゃ?」
スナネコ「?」
サーバル「…………うみゃ」ポコ
スナネコ「いたっ!何をするんですか!」
サーバル「うみゃみゃ」ボコッ
スナネコ「いたいです!」
サーバル「みんみ?」バキッ
スナネコ「きゅう」バタリ

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/10/10(火)23:23:17.41ID:1wrPXp7d0
全く無茶苦茶な話だ。1週間で新しいアイドルを3人も、それも部長のお眼鏡に敵う娘なんてそうそう居ない。結局1人もスカウトできず今まで説教されていたが本当に馬鹿馬鹿しいと思う。これも前任が急に失踪したせいだ。八つ当たりは本当にやめて欲しい。
千川ちひろ「お疲れ様です。相当叱られたようですね」
モバP「ええ、できっこない事指示する方もどうかと思いますが」
ちひろ「それだけ期待されているって事は…」
P「まさか、入社2ヵ月目にしてはやり過ぎですよ。ベテラン先輩の穴埋めなんて無理です。こんな事なら転職しなけりゃ良かった」
ちひろ「もう…そんな悲しい事言わないで下さいよ。あ、そうです…」
ちひろ「これ、疲れに効きますので是非飲んでください」
P「何ですこれは? こんなモンでこの気持ちは晴れませんよ」
ちひろ「まぁまぁ飲んでみてから言ってくださいよ」
P「そうですか…」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/10/10(火)23:52:52.70ID:ABvTYY2C0
ヴィーネ(うう、なんか教室入るの緊張するなー……)
ヴィーネ(サターニャやラフィは今日だって知ってた気がするけど……覚えてるかどうか分からないし)
ヴィーネ(ガヴは……期待しない方がいいわ、うん)
ヴィーネ(……よし、行くわよ!)ガラッ

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆C2VTzcV58A2017/10/10(火)23:35:21.81ID:IyMoB4KNO
鈴音「………ホモ?」
一夏「違う」
鈴音「え、だって急に男が欲しいとか言い出すから……大丈夫? 弾呼ぼうか?」
一夏「お前、仮に俺がホモだとして弾を生贄に捧げていいのか」
鈴音「んー………そうねえ……」
一夏「迷ってる時点で鈴と弾の友情が疑われるんだが」
鈴音「いや、ほら。一夏がホモだとすれば、もう弾もホモでいいと思うのよ」
一夏「よくないだろ!」
鈴音「あはは、冗談よ?。中学の時に女子の間でひそかに『一夏×弾』のカップリングが盛り上がってたからってさすがに暴論よね。じゃあ気を取り直して」
一夏「ちょっと待て。気を取り直す前にちょっと待て」
鈴音「え?」
一夏「聞き捨てならない部分があったんだが」
鈴音「心配しなくても、一夏がホモだって本気では思ってないわよ? 思ってたらアンタの頭叩きなおしてでもノーマルにするし」
一夏「いや、そっちじゃなくてだな。いやそっちも大事ではあるんだが……え、なに? 俺と弾が、カップリング?」
鈴音「あ、そのこと? だってアンタたちいっつも一緒にいたじゃない。数馬もいたにはいたけど、あっちは女っ気が結構あったしね?」
鈴音「なまじ顔がいいから、そういう妄想が捗るんだって。クラスの子が言ってたわ」
一夏「知りたくなかったぞ、そんなおぞましい事実……」
鈴音「いいじゃない、中学の頃の話なんだから」
一夏「俺も弾も普通に女の子が好きなのに……」
鈴音「24時間365日彼女募集中?」
一夏「おう」
鈴音「にぶちん」
一夏「え? なにが」
鈴音「そういうところが! まあ、はっきり言えないあたしにも責任はあるけどさ……」
一夏「?」
鈴音「なんでもない!」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/10/11(水)12:17:34.33ID:C/M7GTyl0
-駅前-
ガヴ「ふぁああ……」テクテク
ラフィ「あ、ガヴちゃん。おはようございます」
サターニャ「遅いじゃないガヴリール! もう約束の時間ギリギリよ!」
ガヴ「何でもいいだろ間に合ったんだから……」
サターニャ「よくないわ! せめて5分前には来なさいよ!」
ラフィ「まあまあ。むしろギリギリとはいえ間に合ってるのは、ガヴちゃんとしてはすごいのではないでしょうか」
ガヴ「そーそー」
サターニャ「ぐぬぬ……」
ガヴ「それより、ヴィーネの誕生日パーティーの準備をするんだろ? さっさと行こう」
ラフィ「ですね。飾り付けの時間も必要ですし……」
サターニャ「わ、分かってるわよ。ほら、私について来なさい!」
ガヴ「お前が先頭かよ」
ラフィ「……」ニコニコ

続きを読む

[ 閉じる ]
2:
名無しで叶える物語2017/08/11(金)21:16:54.16ID:a/XyQC3A0.net
ルビィ「おねいちゃ?ん?」ギュー
ダイヤ「あら?、ルビィったら??」ギュー
善子「あの2人、ほんと仲いいわね……」
花丸「そうだね♪」
善子「姉妹かぁ……」
花丸(……!)ピーン

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/10/10(火)01:28:38.10ID:h3AcEulr0
久し振りにSSを書いたので初投稿です。
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/10/10(火)01:29:44.66ID:h3AcEulr0
杏「おっつー……あれ、プロデューサーしかいないじゃん。きらりは?」
P「ハズレみたいな扱いをするな。見てないぞ。まだ学校じゃないのか?」
杏「そっか。まぁ待ってればその内来るかな。邪魔するよ」
 ひょこひょこ歩いて来客用のソファに腰を下ろす双葉杏に、プロデューサーは目を剥いた。
 その行動にではない。彼女の傍若無人さからすれば、この程度のことは日常茶飯事の朝飯前である。
 プロデューサーが驚いたのはその出で立ちにだった。普段のスタイルとは全く異なったフォーマルな服装。
 いわゆる学生服、それもブレザーを着用しているのは初めてのことだった。

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆R4LxbbyKhE2017/10/10(火)06:13:28.12ID:auAvmE9i0
【モバマスSS】です
――――プロダクション、事務室
時子「そんなこと、言われなくても知っているわよ。ちひろが以前からカレンダーに書いていたもの」
つかさ「だったら早く祝いに行ってあげたほうがいんじゃね? ちょうど今、色んなメンツでパーティーしながら祝ってるようだし」
時子「あらつかさ、貴女がわざわざそんなことを気にするなんて、どういう風の吹き回しかしら?」
つかさ「いや別に。でもほら言うじゃん、親しき仲にも礼儀ありって。大事だろ、そういうのさ」
時子「礼儀が必要なほど親しくはないわよ、私とあの子は」
つかさ「えっ」
時子「なによ」
つかさ「いや、マジで言ってんの時子さん? マジならちょっと引くわ、ないわー」
時子「……躾けるわよ?」
つかさ「そいつは勘弁。でもあれだけ懐いてくれてる相手に親しくないってのはどうよ?」
時子「向こうが勝手にしているだけのことよ。私としては……正直なところ、理解できないわ」ハァ

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/10/10(火)17:48:16.00ID:YmM/d6wh0
下手ですが短いのぞえりを書きました
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/10/10(火)17:58:18.88ID:YmM/d6wh0
放課後の屋上
絵里「はぁ・・・」
希「えりち? 元気ないけどどうしたん?」
絵里「え? そうかしら・・・」
希「疲れてるん?」
絵里「別に疲れてないわ」
希「今日の練習いつもより声が出てないし動きもおそいで?」
絵里「そうだったかしら? ごめんなさい。気を付けるわ」
希「いや、攻めてるわけやないけど」
絵里「自分ではよくわからないんだけど、今の私って元気ないように見えるの?」
希「うん」
絵里「どうしてかしら」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/10/10(火)18:31:52.57ID:9oywUm4B0
ふと、周子のことが好きだという事に気付いた。

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
2
3
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。