SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
媒体:ひとよにちゃんねる | VIP SSまとめブログ
<<
2017年06月
>>
298件取得
人気記事順表示
<<
0
1
2
3
>>
3:
名無しで叶える物語(庭)@?(^o^)/2017/06/15(木)21:07:20.48ID:MryXw55E.net
善子「・・・せっかく部室に来たのにだれもいない」
善子「何もすることがない・・・」
善子「虚無……」
善子「みーんな雨で練習できないからってさっさと帰っちゃって…」
善子「地獄の脳幹しごき(補習)があったから遅くなったのは仕方ないんだけど…」
善子「皆帰るの早すぎない…?」
善子「・・・・・・」
ザーザー
善子「・・・雨、凄いな」
善子「・・・」
善子「ちょっと虚無過ぎるわね……」
善子「天井を見て呼吸をするぐらいしか出来ない…」
善子「・・・・・・」
ザーザー

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/06/07(水)01:40:43.53ID:+0A7+ovl0
==梨子の部屋==
善子「いや、だって....曜もそう思わない?」
曜「あー、確かに。ちょっとふくよかに....」
梨子「曜ちゃんまでひどい」
曜「あ、いや、ちょっとね、ちょっとっ」アセアセ
梨子「これは太ったんじゃないの」
ようよし「「?」」
梨子「冬に備えてお腹にエネルギーをためてるだけなの!」バーン!
善子「なるほど、太ったのね」
※キャラ崩壊注意

続きを読む

[ 閉じる ]
2:
名無しで叶える物語(あら)@?(^o^)/2017/06/14(水)21:47:48.06ID:fkgsnyJr.net
穂乃果「あれ、雨が降ってる…」
これはまだ、穂乃果達が1年生の時のお話です。
穂乃果「海未ちゃん見て!雨が降ってるよ…」
今日最後の授業が終わって、ふと窓の外を眺めたらしとしと雨が降っていた。
朝はあんなに晴れていたのに…
天気予報を見ていない穂乃果はついつい、近くの席の海未ちゃんに話しかけます。

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/06/10(土)19:13:45.72ID:W0Xd1rEX0
キーンコーンカーンコーン
亜里沙「あれ、雪穂?」
雪穂「ん?どうかした?」
亜里沙「雪穂のお弁当…」
雪穂「私のお弁当?何か変?」
亜里沙「その赤いのは何?」
雪穂「え?これ?」
亜里沙「うん」
雪穂「あ?そっか。亜里沙は梅干し知らないんだね」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
◆dzX3.Do/lI2017/06/03(土)22:35:50.77ID:67gcIiWGo
「まだわかんない事だらけだけど……少しずつで、いいよね?」
「ああ。一つずつやっていこう」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします2017/06/15(木)22:49:06.715ID:/WcQNsRY0.net
ガヴリール宅
サターニャ(ふふふ……私がこの接着剤を手に塗って相手に塗りたくり離れなくなる……そんなヘマはしないわ)
サターニャ(今日の私は一味違う。事前にデビルズタクティスを練ってあるのよ……)
サターニャ(そう、ハンドクリームの容器の中に接着剤を移しておいたのよ!そしてラファエルが持ってたハンドクリームとすり替えた!)
サターニャ(ふふ……同じ柄の容器に接着剤を移したから……決まった)

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします2017/06/14(水)21:33:07.904ID:wS3nw31O0.net
≪哀しみのカチカチ≫
―パン屋―
看板娘「どうですか、あたしのパンは?」
店主「どれ……」モグモグ…
店主「うーむ……まだ店に出せるレベルじゃないな。決定的になにかが足りないんだ」
看板娘「そうですか……」シュン…
店主「そう落ち込むな。パン作りは一日にしてならず、さ」
ギィィ…
看板娘「あ、いらっしゃいませー!」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
鶯団子2017/06/23(金)22:52:33.53ID:we5bRXgHO
ダイまりですが一応ダイかなまりです、
書きためてるので順次投下
2:
鶯団子2017/06/23(金)22:53:08.66ID:we5bRXgHO
鞠莉「なんなのよもう!!いつもはご飯ばっかり食べてるクセして今日に限ってパンがいい?冗談にも程があるわ!!」
ダイヤ「冗談は鞠莉さんの方でしょう!あなたがいつもご飯よりはパンがいいと言っていたから今日は絶対にパンにするんですの!!感謝してくれませんこと!?」
鞠莉「はぁ?そーいうのをおせっかいって言うのよ!大人しくご飯炊いて!!」
ダイヤ「今日という今日は許しません!鞠莉さんの自分勝手さを思い知りました!!そんなにご飯が食べたいならどうぞ、一人で炊いてくださいな。」
果南「………」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/06/23(金)22:39:32.39ID:WUXyJIQ00
【事務所】
姫川友紀「スポーツ欄スポーツ欄っと…」
友紀「さてさて…昨日のキャッツの大勝利は、どんな記事になってるのかなぁ♪」
ガチャ
龍崎薫「おっはようございまー!」
友紀「…おっ、薫ちゃん!おはよう!」
薫「友紀ちゃんだ!おはようございまー!」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/06/24(土)01:24:30.80ID:ogfPLEN80
?ヴィーネの家?
ザ-ザ-……
ガヴリール「ふー、急に雨降ってきたなー…ヴィーネの家が近くて助かった」ブルッ
ヴィーネ「すっかり濡れちゃったわね。ほら、タオルあるからガヴも早く拭いて」
ガヴリール「ん、ありがと」フキフキ

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
名無しで叶える物語2017/05/05(金)23:55:53.27ID:Bi5KXEBA.net
◯曜の部屋◯
曜「ねえ梨子ちゃん」
梨子「どうしたの」
曜「千歌ちゃんが帰ってくるまで、何して遊ぶ?」
梨子「そうね……数学の補習がどれくらい長引くかは分からないけど、しばらくは帰ってこないよね」
曜「だから、それまでの時間を有効活用したいのであります」
梨子「宿題でもする?」
曜「もー、梨子ちゃんのイケズ!」
梨子「……曜ちゃん、満面の笑みで手に持っているその制服は何?」
曜「看護師さんの制服だよ!」
梨子「そっか。それを着てお医者さんごっこがしたいんだね。私はここで見てるから一人でしてね」
曜「いやこれは梨子ちゃんが着るんですけど」
梨子「曜ちゃんは?」
曜「そうだなー、私は両手を骨折して若さを持て余した入院患者の役かな」
梨子(お? 変態かな?)

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/06/07(水)23:54:49.91ID:bixo2te4o
私は、休みの日にはたまに映画館に映画を観に行く。
そこには普段の日常とは違う、色んな世界が広がっているから。
いい映画を見終わったあとは、私はさっぱりとしたいい気分になる。

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします2017/06/14(水)21:12:34.500ID:5OtHc6F60.net
サターニャ「ふふふ……今までの悪魔的行為はただのお遊びだったわ……」
ガヴリール「今頃気づいたのか」
サターニャ「私はね、とある魔法を習得したの」
ガヴリール「はあ。さいですか」
サターニャ「むぅぅぅ……!!喰らいなさい!!スーパーサタニキアバッドドリームキャノン!!」
ガヴリール「マホカンタ」
サターニャ「ぎゃああああああああ!!!」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
名無しで叶える物語(たこやき)@?(^o^)/2017/06/19(月)00:38:01.44ID:AvYz7EMu.net
千歌「穂乃果さんはウンコなんてしない!」
梨子「何言ってるの千歌ちゃん…」
千歌「穂乃果さんはウンコなんてするわけないよ!だってラブライブを優勝したほどの輝いているスクールアイドルだよ!そんな人がウンコなんてするわけない!μ'sはみんなウンコなんてしないんだ!」
梨子「千歌ちゃん、μ'sはみんな普通の女の子って言ってなかったかしら?」
曜「そうだよ。ウンコをしないなんて普通の女の子じゃないよ」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
名無しで叶える物語(家)@?(^o^)/2017/06/16(金)19:25:12.37ID:UAg58oM5.net
凛「あ?あ、つまんないにゃ…」
花陽「ずっと雨だもんね…」
凛「もー!そろそろ練習しないと体なまっちゃうよー!」
花陽「そんなこと言っても…今は私たちしかいないし…」
凛「だいたい生徒会の2年生組はともかく、3年生組はなにしてるの?」
花陽「えっと…にこちゃんはなんか職員室に行くって言ってたよ?」
凛「絵里ちゃんと希ちゃんは?」
花陽「さ、さぁ…?」
凛「あーもー!あと2人くらいいればちょっとは練習出来るのにー!」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
名無しで叶える物語(たこやき)@?(^o^)/2017/06/16(金)22:33:14.52ID:HF4Fwv4O.net
絵里「……」チラチラ
にこ(何、絵里が私に悩み相談……?)
絵里「……」ウーム
にこ(うわっ、しかも割と深刻そう)
絵里「聞いてくれる……?」チラ
にこ「……」
絵里「……あのね、実は」
にこ(返事してないんだけど?)
絵里「
>>3」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします2017/06/13(火)21:50:12.477ID:M/KrXAeu0.net
― 城 ―
女王「なんじゃ、この不味い食事は! 作り直せ!」
女王「こんなみすぼらしいドレスが着れるか! 破り捨てて職人に叩き返せ!」
女王「税を上げて、城の装飾をもっと派手にするのじゃ!」
大臣「は……ははーっ!」
女王「わらわはこの国でもっとも偉いのじゃ! しかも若くて美しい!」
大臣「おっしゃる通りでございます!」
女王「なのになぜ、未だに独身なのじゃろう」
大臣(そりゃそうだろう……誰だって嫌だよ、こんなワガママ女)
女王「まあいい、今のうちにわらわの美貌を絵として残しておきたい」
女王「大臣よ、国一番の画家を呼べ。わらわの肖像画を描かせるのじゃ!」
大臣「ははーっ!」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします2017/06/16(金)01:29:08.949ID:jEONnI5K0.net
ガヴ「祝福を」
ラフィ「イエス」
ヴィーネ「災いを」
サターニャ「イエス」
ガヴ「ハンレルヤ☆エッサイム」
ヴィーネ「ハアレルヤ☆エッサイム」
 
サターニャ「ハッレルヤ☆エッサイム」
ラフィ「フアレルヤ☆エッサイム」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/06/19(月)01:36:38.79ID:rVtrUbnT0
フレデリカ「フンフンフフーンフレデリカ?♪」
P「出たな妖怪フランス被れ」
フレデリカ「被れじゃないよ?モノホンだよ?」
P「フランス語は?」
フレデリカ「ノーセンキュー!」
P「…」
フレデリカ「オージャパニーズ?」
P「イェア」
フレデリカ「そんなあなたにこの」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆K5gei8GTyk2017/06/17(土)00:09:24.48ID:fPN1fRHc0
一次創作です
よろしくお願いいたします
2:
◆K5gei8GTyk2017/06/17(土)00:10:10.46ID:fPN1fRHc0
 なにかを得ると、必ず同じだけ別のなにかを失ってしまう。
 それは逆になったとしても等しく成り立つ。
 人間に与えられたキャパシティは生まれながらに決定されるものだと、僕は思っている。
 実体にのみならず、精神的なものに対しても、質量は保存される。

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/06/16(金)01:00:28.43ID:4W2TcWMi0
?「うわぁ……酷い顔だな」
うん、と。昴さんの言葉に、心の中で同意しておく。
流石に声に出して同意しにくい……と言うより、したくなかった。
当の本人はそんな杏奈の胸中なんてまったく知らずに楽しそうに笑っている……むむ。
「うへへ…………。私が選ばれし戦士だなんて……」
百合子さんは楽しそう……。本当なら微笑ましいはずなんだけど、ね。
「いつからだ?こんなに百合子がヤバくなったのって」
「昨日から……、かな…………」
そう、昴さんの言う通り百合子さんはヤバイ……。
とても、ヤバイ……。
百合子さんはよく妄想する。それはもう事務所の皆にとっては慣れっこで、今更騒ぐことじゃない。
だけど、ここ数日で状況は加速していた。
なんというか…………妄想の世界に、より深く潜って行くようになった、みたい……。
「妄想の中身を垂れ流されるのもアレだったけど、垂れ流さない代わりに、これもこれでなー」
「そう、だね……」
そう、百合子さんは妄想の内容を口に出さなくなった――これだけなら、良かったんだけど、ね……。
ただ、一つ問題が。

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/06/17(土)18:11:56.50ID:JBHuZDzO0
?ガヴリールの部屋?
ヴィーネ「もう、ガヴったらまたこんなに散らかして」
ガヴ「こうやってヴィーネが掃除してくれるから別にいいじゃん」
ヴィーネ「普段からちゃんと掃除してれば、こんなに汚くなることもないのよ」
ヴィーネ「まったく……ガヴのサボり癖も困ったものね」
ヴィーネ「ん?何かしら、これ」ヒョイッ
ヴィーネ(大きさ約20センチ、薄ピンク色、マイクのような持ち手と丸い先端)
ヴィーネ(側部には電源ボタンと強弱を切り替えるボタン)
ヴィーネ「これってもしかして…」
ヴィーネ「ば、バイブ……ってやつじゃないの……?」ドキドキ

続きを読む

[ 閉じる ]
2:
◆5Zs67o7uls2017/06/18(日)18:32:11.80ID:0BbhHsySO
エレナ「それでその時の琴葉ったらネ?!」
志保「へぇ……琴葉さんってそんなお茶目なことするんですね……なんかちょっと意外かも」
のり子「確かに琴葉はいつも真面目だもんね?。それはそれで新鮮で可愛いね!」
エレナ「そうナノ!それでそういったらとっても慌ててネ!そのと────」
がちゃり
P「おはよーさん」
エレナ「あっ!プロデューサー!オハヨーー!!」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/06/20(火)20:40:46.97ID:gMwSILaOO
絵里「あの…」
穂乃果「え?何?」
希「どしたん?」
凛「何かあったの?」
絵里「一つ確認いいかしら?」
穂乃果「うん」
凛「早くしてね?」
希「ウチ等この後トランプやるんやからね」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/06/22(木)15:43:56.33ID:wHa7WAS6O
短めで。
百合注意
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/06/22(木)16:03:05.22ID:yl/KWDDTO
千歌「好き(はーと)」
梨子「え・・・?///」
千歌「梨子ちゃんも私のことを好きになってくれないと、千歌困っちゃうな」カベドンッ
梨子「はわわわっ・・・///」
梨子「」パチッ
チュンチュン
梨子「・・・夢」
梨子「///」
梨子「・・・ま、待って・・・よく考えると私とんでもない夢見てしまったのかも・・・」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/06/22(木)22:57:11.26ID:iOpi/3mY0
私にはお姉ちゃんが居る。しかも1人じゃないの!!
今日は久しぶりにお姉ちゃんが帰ってくる、お姉ちゃんの料理は美味しいから楽しみ!
っと早速帰って来たみたい……
ゼル「ただいまハニエル、すまなかったな暫く寂しい思いをさせてしまって…」
ハニエル「大丈夫だよ!私だって大きいんだから平気だよ!」
ゼル「ふむ、それにしては私やガヴリールの布団が湿っているのは何故だろうか?」
ハニエル「うぅっ」
このキリッとしたお姉ちゃんはゼルエルお姉ちゃん。厳しいんだけど本当は優しいの、神の右腕と呼ばれる程なの!

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@?(^o^)/2017/06/23(金)00:13:26.78ID:/uKcA6RO.net
ダイヤ「その通りですわ」
ダイヤ「このメンバーは後にも先にも浦女最強だと確信します」
ダイヤ「このメンバーで勝てなければ、それはむしろラブライブ!のルールの方がおかしいですわね」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆p7PT31uvn8zf2017/06/21(水)00:42:09.86ID:0dpgw5FXo
あるドラマの撮影に、俺は立ち会っていた
休憩入りまーす!
恵美「ふう…」
P「恵美、お疲れさま」
恵美「あ、プロデューサー、ありがと」
撮影が休憩に入ったタイミングで俺は恵美に水を持って行った
P「なんだかやりにくそうだったな?」
恵美の演技を見ていて感じたことを聞いてみる
恵美「んー…アタシ壁ドンって経験無いからさ…いや、ある方が少ないかもだけど」
恵美「しかも顎をクイってするやつもあるじゃん?なーんか現実味が無くて上手く役に入り込めないんだよねー」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆8ozqV8dCI22017/06/23(金)05:47:49.18ID:en73dGsg0
七海(おさかなにとって人の体温は高すぎて火傷してしまうから、素手で触れてはいけない)
七海(そう言うと貴女は驚いて、ガッカリして、そしておさかなが入ったバケツから離れて七海の手を握った)
七海(七海ちゃんがおさかなじゃなくてよかった、そう言って笑う貴女は眩しくて)
七海(貴女の温もりで火傷しそうだとは言えなかった)

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/06/23(金)00:06:12.11ID:MYMtcl9/0
「ただいま」
「お帰りなさい、プロデュー……何ですか? それ」
「いやー……ちょっと、拾っちゃって」
 拾っちゃって、って……呆れながら、彼の腕にいる黒いモップのようなものを見る。そのモップはにゃあと鳴き、プロデューサーさんのスーツに泥を擦り付ける。
「……もう」
 私は棚からタオルを一枚……いや、二枚取り出して、プロデューサーさんに渡す。
「お、ありがとう、志保」
「どういたしまして。あと、その子も」
「ん? こいつか?」
 プロデューサーさんは言いながら、タオルで猫の身体をわしわしと拭いている。猫はくすぐったそうに身をよじらせて、その拍子に水があたりに飛び散っていた。
「……その子は私が拭きますから、プロデューサーさんはまず自分の身体を拭いて下さい」
「でも、汚れるぞ? こいつ、結構汚いからな」
「そんな気遣いをする前に、自分の身を気遣って下さい。……シャワーでも、浴びてきたらどうですか?」
 外は土砂降りだったはずだ。タオルで拭いたところでどうにかなるものではない。このままだと風邪をひいてしまうかもしれない。
「ん、そうだな。ついでにこいつも――」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
2
3
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。