SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
媒体:SSマンション
<<
2017年10月
>>
257件取得
人気記事順表示
<<
0
1
2
3
>>
1:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
2016/12/2621:01:53.953
ID:VjxOh5BA0.net
― 学校 ―
いじめっ子「よう」
少年「なんだよ?」
いじめっ子「オメーの親父さ、斧振り回してんだよな。木こりだから」
手下A「ぷっ、斧っすか!?」
手下B「ダッサ!」
少年「…………」

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};

3:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
2016/12/2621:04:17.801
ID:VjxOh5BA0.net
いじめっ子「斧ってよー、もう形からしてダサイよな!」
いじめっ子「人間にたとえると、のろまのデブって感じだ!」
いじめっ子「オレ、自分の親父が斧使いだったら、ぜってー自殺しちゃうよ!」
手下A「そりゃそうっすよね!」
手下B「ギャハハハハッ!」
少年「…………」
5:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
2016/12/2621:06:41.488
ID:VjxOh5BA0.net
いじめっ子「それにひきかえ、オレの親父はすげぇんだぜ!」
いじめっ子「なんと、オレの親父は剣の達人で、騎士団長なんだ!」
いじめっ子「ちょうどオレが生まれるぐらいから、ずーっとな!」
手下A「ひゃ?、さっすが!」
手下B「かっくい?!」
いじめっ子「つまり、オレの親父とお前の親父は天と地ほどの差があるってこった!」
いじめっ子「もちろん、息子であるオレとお前もな!」
いじめっ子「ってわけで、オメーは地だからよ。地面にはいつくばって土下座しろよ、土下座!」
少年「…………」プルプル…
8:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
2016/12/2621:08:52.654
ID:VjxOh5BA0.net
少年「このおっ!」バッ
いじめっ子「うわっ!」
手下A「こいつぅ!」
手下B「やっちまえ、やっちまえ!
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
名無しさん@おーぷん
2017/09/1600:00:01
ID:nf1
アイドルマスターシンデレラガールズ、神谷奈緒のお話です。
ガンダムは関係ありません。タイトルだけZZからお借りしています。

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};

2:
名無しさん@おーぷん
2017/09/1600:00:30
ID:nf1
 あたしがその廃ビルに足を踏み入れたのはほんの気紛れだった。
 いや、もしかしたら心のどこかでアニメのような「非日常」に憧れていたからかもしれない。
 現実にはあり得ないアニメのような「非日常」を求めていたんだと思う。
 そして、あたしはその廃ビルで「非日常」に、一人の男性と出会った。
 これはあたしとあの人が出会った時のお話。
3:
名無しさん@おーぷん
2017/09/1600:01:07
ID:nf1

「あー、こりゃ降ってくるかもな」
 いつものように学校を終えて帰る途中、ふとまっすぐ家に帰るのはもったいない気がして買い物だったりといろいろと寄り道をして、普段は遠回りになるからあまり使わない道を歩いて駅に向かっていた日の事だ。
 夕日がきれいに見えるはずの西の空は分厚くて黒い雲に覆われ、今にも土砂降りになりそうな様相を呈している。
「傘、持ってないんだよな……」
 これでも一応だが天気予報は見てきている。天気予報では今日は快晴で雨の心配はないとの事だったから傘を持たずに登校したのだ。
 だが、いかに天気予報とは言えどもゲリラ豪雨までは予想できないらしい。
「この辺りでどっか雨宿り出来るところってどこだろ」
 念のために雨宿り出来る場所を頭の中から探してみる。
 どっか喫茶店でも入ればいいのかもしれないけれど、しがない高校生の身分であるあたしにはお財布さんのお許しが出ない限りは入る事が出来ない。
 そして悲しい事にそのお許しはお財布さんが出してはくれなかった。
4:
名無しさん@おーぷん
2017/09/16
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2016/10/1204:00:09
ID:m/zbMCJA
女「だよー」

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2016/10/1204:02:10
ID:m/zbMCJA
男「なにゆえ」
女「ある漫画の影響でね」
男「それだけで納得しろと?」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2016/10/1204:08:05
ID:m/zbMCJA
女「ちょっとー、私の彼氏ならもっと喜んでくれてもいいじゃない」
男「どこの世界に、自分の彼女のデコに鉄板入って喜ぶ奴がいるかよ!」
女「そうは言っても私が鉄板を入れたからには、君には事実を受け入れてもらうわ」
男「そうやって自分の考えを押しつける事しかしないから!」
女「私の彼氏の言う事かぁー!」
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2016/10/1204:14:06
ID:m/zbMCJA
男「俺は普通の彼氏だ…普通の彼氏でたくさんだ!」
女「だとしても…君には額に鉄板を入れた彼女をもつ者として彼氏をやるのよ!」
男「言うにことかいて…女のエゴを強化した、化け物めぇぇぇ!」
女「化け物結構!私は化け物よ!」
5:
以下、名無しが深夜にお送りします
2016/10/1204:18:22
ID:m/zbMCJA
男「ならその慢心…鉄板ごと撃ち貫くのみ!」
バシュゥゥゥ
男「魂武装【ソウル・ウエポン】…パイルバンカー!」
女「そう、それが君の答えなの…鉄で固めた、その右腕が!」
男「もはや問答無用!」
7:
以下、名無しが深夜にお送りします
2016/10/1207:12:08
ID:m/zbMCJA
女「そんな時代遅れの鉄屑に!」
男「当たれば終わる!」
女「当てるなどと!」
バシュゥゥゥ
ザザッ
グワァサ
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
2017/01/3021:52:04.710
ID:IkhR9MI+0.net
―料亭―
成金「ハーッハッハッハ! 今日も飲んだ飲んだ! 高級酒ばかりをな!」
成金「ほら、100円札だ! 受け取れ、女ども!」バサッ
キャーキャーッ!
部下「成金様、そろそろお時間です」
成金「うむ、そうだな」
成金「では女中君、靴を用意してもらおうか」
女中「は、はい……」

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};

4:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
2017/01/3021:55:12.235
ID:IkhR9MI+0.net
女中「……」モタモタ
成金「どうしたのかね?」
女中「暗くてお靴が分からないわ」
成金「無理もない。もう夜も更けておるからな」
成金「ならば100円札を燃やして……」ボッ…
成金「どうだ明るくなったろう」メラメラ…
6:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
2017/01/3021:57:26.050
ID:IkhR9MI+0.net
女中「す、すみません……まだ暗くて……」
成金「なんだと!?」
成金「ならばもう一枚!」ボッ…
成金「どうだ明るくなったろう」
女中「まだ暗いです……」
成金「なんと!?」
7:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
2017/01/3021:59:28.777
ID:IkhR9MI+0.net
成金「もう一枚!」ボッ…
女中「……」モタモタ…
成金「まだ暗いのかね?」
女中「す、すみません……」
成金(バカな……100円札を三枚も燃やして明るくないわけが……)
成金(ま、まさか……!?)
9:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
2017/01/3022:01:30.405
ID:IkhR9MI+0.net
成金「君は…
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
◆fv0Hu3TKLg
2017/09/11(月)19:58:13.64
ID:h9sECZkzO
うーちゃん探偵団の番外編 落ちたのでまたあげ直します
今日中に終わります。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1505127493

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆fv0Hu3TKLg
2017/09/11(月)20:01:06.20
ID:h9sECZkzO
ラジオ「本日未明……ザザッ…げ出し………く中との……近隣住………さい…ザザッ」
……………………………
卯月「司令官! 司令官!! ちょっとこっちに来るぴょん!! 面白いことがあるよ!!」ドア ドンドン!!
提督「……なんだよこんな朝っぱらから……今日は遠征も含めて午後まで出撃は…」
卯月「長門さんがゴリラになったぴょん!!」
提督「は?」
卯月「長門さんがゴリラになったぴょん!!」
提督「………………」
……………………………………
長門のヘッドギアをつけたゴリラ「ウッホ、ウホホ!!」
卯月「くっそ笑えるぴょんwwwwwwww」ゲラゲラ
提督「…………」
提督「俺の妹の長門がこんなにゴリラなわけがない……」
うーちゃん探偵団番外編 『ゴリラになった長門(?)事件』
始まるぴょん!!
3:
◆fv0Hu3TKLg
2017/09/11(月)20:02:04.16
ID:h9sECZkzO
……………………
鎮守府正面玄関
ゴリ長門(仮称)「ウホ?」
卯月「ほいほい! バナナ食べるぴょん? 長門さん…?」つバナナ
ゴリ長門「ウホホ!! ウッホ、ウホッホイ!!」歓喜の舞
フェニックス響「どうやらゴリ長門さんも喜んでいるみたいだね。」
提督「気安く人の妹をゴリラにするな。」
4:
◆fv0Hu3TKLg
2017/09/11(月)20:02:56.14
ID:h9sEC
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆xS5JZuNSIIml
2017/08/01(火)23:05:47.40
ID:ss87dLg80
アイドルマスターミリオンライブ、最上静香のSSです。
地の文が多いです。御了承の方は、是非。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1501596347

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆xS5JZuNSIIml
2017/08/01(火)23:06:13.61
ID:ss87dLg80
こうして家族で出かけるのはいつぶりだろうか。最上静香は、窓から見える夏の海と、トンネルや木々の陰に入った時に覗く自分の顔とを、見るともなく見ながら、そんなことを思った。
ーーー「アイドルになりたい」
十年来の夢を掲げて踏み出そうとしたとき、足枷になったのは、いま目の前で、黙って車を走らせる父だった。
打ち明けたあの日、父は、私が父の日に買ってきた豆で挽いたコーヒーを啜りながら、新聞片手に、遊びたい年頃だろうと言って、高校受験まで、という制限付きで、アイドルになることを許可してくれた。子どものやりたいことは全て尊重されるもの、というのは、やはり幻想だと実際に確認して、少し落ち込んだ。鳥籠は、うちにもあったのだ。それでも、鳥籠に脚を挟めつつ、私は、念願のアイドルになった。
3:
◆xS5JZuNSIIml
2017/08/01(火)23:09:04.64
ID:ss87dLg80
毎週日曜日は、家族で出かけていたが、それ以来、その習慣はなくなった。
私は嘘を吐いた。レッスンのない日も、今日は参加しなければならないレッスンがある。
そうやって嘘を吐いた。積極的にその習慣の遂行を回避した。
ただ何となく、私は家族との時間を犠牲にするほどアイドルに真剣である、
というのを表明したかったのだ。だから嘘を吐く。鳥籠へのささやかな抵抗のために嘘を吐く。
そして私は、そうやって家族から抜け出す日曜日、本当に劇場に行って、自主レッスンをする。
自分の嘘を幾分か真実
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、新鯖からお送りいたします
2013/09/09(月)15:51:01.89
ID:b64BXAYw0
シンデレラジオの続編です
例によって、今回だけでも見れるのでよければどうぞ
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1378709461

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、新鯖からお送りいたします
2013/09/09(月)15:52:06.13
ID:b64BXAYw0
杏「ラジオネーム『ぬるり濃厚』さんからだよ」
――――――――――――――――――――――――――――――――
8月27日。杏ちゃん、そろそろ本格的にマズいかもしれません。
え、何がそんなにマズいのかって?
実はね、もうかれこれ3ヶ月家から出てないんだ。
バイトぐらい探さなきゃって思ってるんだけど、無理なの。
もう家から1歩も出たくないの。
杏ちゃん、お家でできる月給20万ぐらいで誰とも会話せずに済むお仕事があったら
こっそり教えてください、お願いします。
――――――――――――――――――――――――――――――――
杏「自宅警備員ってお仕事があるんだけど、どうかな?お金は貰えないけど」
3:
以下、新鯖からお送りいたします
2013/09/09(月)15:53:07.40
ID:b64BXAYw0
杏「杏」
輝子「輝子…」
小梅「小梅の…」
小梅「シ、シンデレラジオー…!」
輝子「シンデレラジオォォーー!!ヒャッハァ!」
杏「シンデレラジオ?…ふわぁ」
小梅「始まりました…杏・輝子・小梅のシンデレラジオ、第21回目…です」
小梅「この番組は…CGプロのアイドルの、最新情報を…お届けしたり」
小梅「ゲストを呼んで…お話したりする、番組です」
小梅「パーソナリティは…私、白坂小梅と」
杏「双葉杏と?」
輝子「星輝子…の3人で、お届け…するよ、フヒッ」
4:
以下、新鯖か
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2017/09/1420:41:34
ID:e8Kttxjo
アイドルマスター(765)のSSです

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2017/09/1420:43:03
ID:e8Kttxjo
???765プロ事務所???
亜美「おっはよーん!」
P「うお!?亜、亜美!?」
春香「え……!?」
亜美「あれ、兄ちゃんとはるるんだけ?ぴよちゃんがいないってめずらしーね」
亜美「……」
亜美「ていうか、なんで兄ちゃんとはるるんはソファーで一緒に寝てるの?」
P「い、いや、これはだな!その……」
春香「こ、これは、その、あの、ね……」
亜美「ははーん、わかっちゃったよー。2人のそのあわてっぷり、服の乱れ、はるるんの真っ赤な顔……」
亜美「これらの情報から導き出される答えは……」
P「亜美、ち、ちがうんだ……」
春香「あわわわわ……」
亜美「まーたはるるんがずっこけちゃったんでしょ!」
P「いやその……、え?」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2017/09/1420:43:40
ID:e8Kttxjo
春香「あ、あう……、え?」
亜美「そしてそれを受け止めた兄ちゃんも一緒になってソファーに倒れ込んじゃって
はるるんがパニックになっちゃったんだねー」
P「い、いやー、その通りだよ!よくわかったなー」
春香「そ、そうなんだー!私ってほんとドジだよねー!」
亜美「んっふっふー!名探偵亜美の推理ってばすごいでしょ?」
P「いやー、さすが亜美だなぁ!」
春香「そこまで完璧に当てられるとは思ってなかったよー」
P「と、ところで亜美はなんで事務所に?今日はオフじゃないのか?」
亜美「そーなんだけどさー、今日は真美もいないし友達とも予定が合わなかったから暇だったんだよね?
ところで2人はいつまでそうしてるの?」
P「いや、
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/08/04(金)23:54:02.20
ID:INjWsPWK0
艦これもSSも初心者です。拙い文ですがご了承下さい。
この提督の性別は男です。
金剛「ヘーイ!提督ゥー!貴方の愛しの金剛が帰ってきたデース!」バーン
提督「金剛……ドアは静かに開けようね」カキカキ
金剛「うぅ……少しでも早く会いたくて……スミマセーン……」
「それより提督ゥー……二人きりの提督室……今なら何をしても大丈夫デスヨ?」タニマヨセ
提督「執務中だから無理かなぁ」カキカキ
金剛「む……でも提督の主砲はそんなになって……ないデスネ……」
提督「そろそろティータイムの時間だろ?比叡達が待っているんじゃないか?」
金剛「そういえばそうデシタ!悔しいデスケドこの続きはまた今度にするデース!」バーン
提督「……」フゥ……
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1501858441

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
3:
名無しの提督◆syietNRo0o
2017/08/05(土)00:42:49.84
ID:aQhk6QD+0
金剛姉妹の部屋
金剛「提督に私の魅力が伝わるにはどうしたらいいのデショウか……」シュン
比叡「やっぱりムードが大切ですよ!お姉さまの魅力があっても時と場所が大切なんですよ!」
霧島「私の計算ですと提督は鈍感なだけだと思いますけど……」
「現に提督は私たちに平等に接しているのであり得ると思います」メガネスチャ
榛名「榛名は提督が重婚でも大丈夫です!」
金剛「榛名……それだと提督は榛名を一番に可愛がってくれないデスヨ?」
榛名「やっぱり榛名は大丈夫じゃないです……」ショボーン
霧島「この後金剛お姉さまは提督室に用事がありますよね」
「なら次は提督をこうやって誘惑しましょう」
8:
名無しの提督◆syietNRo0o
2017/08/05(土
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2017/08/0621:16:00
ID:6m1ZJZQI
※武内pです。
※投下は不定期。
※蘭子語分からないけど頑張ります!

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2017/08/0621:27:37
ID:6m1ZJZQI
武内p「神崎さん、おはようございます。」ペコリ
蘭子「うむ!煩わしい太陽ね!(はい!おはようございます!)」
武内p「さきほど私のこと呼んでおられましたが…」
蘭子「我とわがともとの契約について審判をする!(私とプロデューサーとの友情について言うところがあります!)」
武内p「……」ノートペラペラ
武内p「わ、私たちの関係に何か問題が……?」
蘭子「然り!(その通りです!)」
武内p「では…何が問題だったでしょうか?」スッ
蘭子(目線合わせてくれた…)トゥクン
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2017/08/0621:35:55
ID:6m1ZJZQI
武内p「神崎さん?」
蘭子「あ……うむ!我とわがともの契約の鎖は深く誰にも腐食することは断じて許さん!(あ…はい!私とプロデューサーは凄く仲が良いと思うんです!)」
武内p「…はい、私もそのつもりです。」
蘭子「だが!その硬い鎖であっても我々の契約に不満がある者が多々おるのだ…。(だけど、私とプロデューサーの関係に不満を持つ人がいっぱいいます…。)」
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2017/08/0622:31:23
ID:6m1ZJZQI
武内p「そうなのですか?」
蘭子「然り!故に、我とわがともの硬い友情でつながる契約を第二形態に移さねばならない!(その通りです!だから、私とプロデューサーとの関係を深くしたいんです!)」
蘭子「だ、だから……そのぉ」
武内p「はい…。」
蘭子「わ、わわわ、私と……!」
ガチャ!

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/05/21(木)22:25:11.96
ID:7ApHxlU3o
※注意点
・いろは人称です
・モノローグたぶん多いです
・想像と自己解釈で書いてる部分が多いので、他の人と解釈が違う部分もあるかと思います
・いろはも可愛いですね
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1432214701

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/05/21(木)22:28:07.07
ID:7ApHxlU3o
【わたしは】
えぇー……なに、なんなんですかこれ……。
先輩に今日の会合がなくなったことを伝えに奉仕部の部室に来たんだけど、漏れ聞こえてくる声からするとどうも和やかな雰囲気じゃなさそうだ。
なんか結衣先輩と雪ノ下先輩が言い争ってる……ように聞こえる。
あ、先輩の声もする。三人ともいるみたい。
なになに?痴話喧嘩?
じゃないか。
わたしの見たところあの三人はまだ何もないみたいだし。
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/05/21(木)22:29:15.37
ID:7ApHxlU3o
イベントを助けてもらおうとして来た時も妙な雰囲気で、先輩一人だけで手伝ってるままだし、もしかしたらやっぱりなにかあったんですかね?
このまま聞いてるのも悪いかなーとも思ったけど、何を話しているか知りたいという興味の方が勝ってしまった。
そのまま扉の前で漏れてくる声を聞く。
なんだか抽象的というかなんというか、話せばわかるかも、とか言葉が欲しいんじゃない、とかよくある青春ドラマみたいな台詞が聞こえてくる。
うっわー……先輩たち青春してますねー……。
最初はそんな冷やかしみたいなことを思ってたけど、さらに雰囲気が重く変わったように感じて思考が中断される。
5:
以下
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆4z2E.PK0ZYHD
2014/09/10(水)23:29:10.52
ID:uXuauMDo0
こんにちは、森久保乃々です。
先日大きいお仕事をやりきったということで、まとまった休暇をもらいました。
その休暇を使って私は今、森に来ています。
私を歓迎してくれるのは枝葉の間から射し込んでくる木漏れ日、木々の間を抜けて土の香りを運んでくる爽やかな風、そして――
「道に迷ったもりくぼを威嚇する熊……へるぷみぃ……」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1410359340

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
3:
◆4z2E.PK0ZYHD
2014/09/10(水)23:35:31.98
ID:uXuauMDo0
一歩、また一歩と熊がこちらへ向かってきます。
えっと、こういうときはどうすれば……食べ物のふりをして死体を投げつつ後ずさればいいんでしたっけ……
ガサガサと茂みをかき分ける音が聞こえてきました。仲間の熊でしょうか。もりくぼはこのまま食べられてしまうんでしょうか。
「こんばんは?」
「えっ」
茂みから現れたのは筋骨隆々な男の人でした。私は熊が増えなかったことに安堵しながら、とても驚いていました。
私が驚いたのはその人が日本人ではなかったことでも、その人の腕が丸太のように太かったことでも、まだ陽が出ているのにその人が「こんばんは」と言ったことでもありません。それは――
その人が、一糸纏わぬ姿だったということです。
5:
◆4z2E.PK0ZYHD
2014/09/10(水)23:37:13.20
ID:uXuauMDo0
アイドルマスターシンデレラガールズ
 も り く ぼ と 森 の 妖 精
6:
◆4z2E.PK0ZYHD
2014/09/10(水)23:38:06.08
ID:uXuauMDo0
※このSSはガチムチパンツレスリングの要素を含んでいますが、R-18要素はありません。
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
2016/10/0521:24:24.813
ID:r7wwIQhG0.net
ある夜――
<公園>
就活生「はぁ?……また落ちた。祈られた」
就活生(友達はみんな内定取ってるってのに、どうして俺だけ……)
就活生(俺って、社会から必要とされてないのかな……)
就活生「あ?……くそっ!!!」ブンッ
スポーンッ!
就活生(やべっ、靴がすっぽ抜けて、どっか飛んでっちゃった!)

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};

5:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
2016/10/0521:27:42.330
ID:r7wwIQhG0.net
就活生「やばい……どうしよう!」
就活生「暗くて靴がどこに飛んでったのか分からねえ!」キョロキョロ
就活生「革靴あれ一足しか持ってないのに……!」
シュボッ…
就活生「な、なんだ!? この炎は!?」
成金「どうだ、明るくなったろう」メラメラ…
就活生(このおっさん……俺のためにお金を燃やして……!)
就活生(しかも100円札っ……! いつの時代の紙幣だよ……!?)
7:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
2016/10/0521:31:17.426
ID:r7wwIQhG0.net
就活生「おかげで靴を見つけることができました。ありがとうございます」
成金「なんのなんの」
成金「ところで、ずいぶん暗い顔をしているね。どうしたんだい?」
就活生「……実は、俺は大学4年生なんですけど、まだ就職先が決まってなくて……」
成金「ふうむ……」
成金「ま、決まらないのも、当然だろうねえ」
就活生「……な!」カチン
8:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
2016/10/0521:34:49.061
ID:r7wwIQhG0.net
就活生「なんで今出会ったばかりのアンタに、そんなこといわれなきゃな
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
2017/05/0301:46:33.032
ID:nsrZluIqa.net
俺「振り返らないで!どうか!」スタスタ
女「あ、あの、誰がそんなことを……」スタスタ
俺「俺です」
女「えぇっ!?」
俺「次の角を曲がったら全力で走って下さい」
女「は、はぁ……」
俺「……」
女「……」
俺「さぁ!今です!!」
女「はっはい!」タタタッ
俺「うおおおおおおおおおお」シュタタタタ
女「いやぁああああああああああああ!!!」ドドドド

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};

2:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
2017/05/0301:46:50.269
ID:YZnjRcO90.net
ワロタ
5:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
2017/05/0301:47:39.576
ID:2/7MAlT9d.net
コントかよ
7:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
2017/05/0301:48:22.998
ID:B9TLqo0r0.net
勢いが好き
varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
元スレ
タイトル:夜道女「……」夜道俺「振り返らずに聞いて下さい、貴方をつけている人が居ます」女「ひぇっ!?」
URL:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1493743593/0-
掲載サイト:SS速報VIP@VIPサービス、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねる、2ch.sc  に投稿されたスレッドの紹介です

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆pdkDwyOMVs
2014/08/10(日)02:39:43.82
ID:ep31AaFRo
やっぱり、違うと思います。
……そう言って、私は彼を拒絶しました。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1407605973

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆pdkDwyOMVs
2014/08/10(日)02:41:14.97
ID:ep31AaFRo
・アイドルマスターシンデレラガールズ 鷺沢文香のアイドルになる前の話
・地の文
3:
◆pdkDwyOMVs
2014/08/10(日)02:42:07.29
ID:ep31AaFRo
???
話にならない。
物語として面白みが無い。
……その講義で出た意見を端的に纏めると、こういうことだと。
4:
◆pdkDwyOMVs
2014/08/10(日)02:42:51.36
ID:ep31AaFRo
去年の冬、共通教育の最後の一コマのつもりで選んだ科目が、
「物語を創る」というタイトルの水曜3限の授業でした。
週の真ん中、昼過ぎの一番眠い時間帯でありながら、
元作家の教授が時にゲストを迎えて創作論について語ると言う興味深い授業で、
出席率のかなり高い人気授業でした。
芸術・文芸科の存在する我が大学ならではなのかもしれません。
5:
◆pdkDwyOMVs
2014/08/10(日)02:43:54.34
ID:ep31AaFRo
その授業のなかで、ちょうど冬休みの前2?3コマほど、”王道・テンプレート”についての講義があって。
そのうちの1つが『転校生』でした。
退屈な日常に、ある日転校生がやってきて、
それが異星人だったり何かの組織の一員だったり主人公の許嫁だったりするのですが、
そのことによって様々なイベントに巻き込まれ、その中で主人公はその転校生に惹かれていく。
色々な山を超えていく中
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆Ujx6DGJXW1R2
2016/09/19(月)00:52:59.34
ID:j3gHH02PO
魔王「数多の罠や敵を退けよくぞここまで来た、褒めてやろう」
ゴゴゴゴゴゴゴゴ……
勇者「く…っ!なんて威圧感なんだ…っ!!」
戦士「気を抜くとこの場にいるだけで気絶しちまいそうだ…!」
魔法使い「でもここまで来てそんなこと言ってらんないでしょ!」
僧侶「どんな傷でも私が癒します!みなさんは後ろは気にせず戦って下さい!」
勇者「解ってる…俺をここまで導いてくれた他の仲間達や命を落とした幼馴染の為にも…俺はここで引くわけにはいかないんだ!!」<チャキッ!
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1474213979

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆Ujx6DGJXW1R2
2016/09/19(月)00:56:00.35
ID:j3gHH02PO
暗黒騎士「ほう…並の者なら廃人になってもおかしくない魔王様の気に当てられてもこの気概…流石はここまで来た猛者という事か」
魔王「フ…、そんな事は解りきっていたであろう暗黒騎士よ」
暗黒騎士「確かに…では王よ、ここは私が…」
魔王「……いや、余が直々に出よう、お前は下がっていろ」
暗黒騎士「はっ、かしこまりました」
3:
◆Ujx6DGJXW1R2
2016/09/19(月)00:56:39.13
ID:j3gHH02PO
魔王「では…覚悟は良いな?」(すぅっ…
戦士「魔王が立ち上がったぞ!!」
魔法使い「いよいよ来るのね…!」
勇者「さぁ来い!!」
魔王「……フッ」(ゆらり…ヴン…ッ!
戦士「な…っ!?消えた!!」
勇者「…違う!早すぎて見えないだけだ!!みんな僧侶を守れ!!」
僧侶「…違う…気がこちらに向いていない…!勇者様!!魔王の狙いは……!!」
魔王「……ここだ」<ヴンッ!
勇者「な…俺か……!!」
戦士「くそ
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
2017/09/1400:20:11.628
ID:6GuCfDdx0.net
男(大学を卒業した俺は、とてつもないブラック企業に入社することになってしまった)
男(さて、どのくらいブラックなのかというと――)
ゴゴゴゴゴ……!
男(ビルが……黒い!!!)

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};

4:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
2017/09/1400:24:04.126
ID:6GuCfDdx0.net
男(壁も黒い……)
男(床も黒い……)
男(カーテンも黒い……)
男(さすがに照明はついてるけど、微妙に薄暗い……)
黒猫「ニャ?ン」スタタッ
男「わっ、黒猫が横切った!」
男(なんなんだ、この会社は……組織ぐるみで黒魔術でもやってるのか?)
男(おっと、ここが俺の配属先の部屋だな)
男「失礼します!」ガチャッ
6:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
2017/09/1400:27:10.917
ID:6GuCfDdx0.net
課長「やぁ、いらっしゃい」
男「はじめまして!」
男(黒スーツに、黒ネクタイ……さすがブラック企業の課長だ)
課長「私が君の上司になる。よろしく頼むよ」
男「よろしくお願いいたします!」
課長「では、うちの課のメンバーを紹介しよう」
8:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
2017/09/1400:30:34.419
ID:6GuCfDdx0.net
喪服女「うふふふ、こんにちは……」
男「こんにちは!」
男(なんで喪服なんだよぉ……塩かけたろか)
黒人「HAHAHA! よろしく! キミと働けるのはとても楽しみだぜ!」
男「よろしくお願いします!」
男(ハイテンションな男だ……)
グラサン「……」ペコッ
男「ど、どうも」
男(でかいサングラスしてやがる
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/09/13(水)02:17:49.03
ID:hkkrM/ZTo
殺人鬼「ヒ?ッヒッヒッヒッヒ!」
殺人鬼「このクソ野郎! よくもオレの愛する少女に抱きついたな!?」
殺人鬼「この少女に近づく男はみんなこうなるんだ!」
グシャッ! グシャッ! グチャッ!
少女「いやぁぁぁぁぁっ!!!」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1505236668

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/09/13(水)02:18:15.68
ID:hkkrM/ZTo
警部「そこまでだ!」バッ
殺人鬼「!」
警部「今日こそ捕まえてやるぞ、殺人鬼!」
殺人鬼「またオレなんか殺っちゃいました?」
警部「おのれぇ……ふざけやがって! 全員でかかれぇっ!」
刑事「はいっ!」
ワァッ!!!
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/09/13(水)02:19:17.95
ID:hkkrM/ZTo
殺人鬼「……」スッ
警部「消えた!?」
刑事「あっ、これは……!」
刑事「警部、ヤツはマンホールから逃げたようです!」
警部「くそっ、またしても逃げられたか!」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/09/13(水)02:21:02.69
ID:hkkrM/ZTo
警部「大丈夫ですか、お嬢さん!」
少女「は、はい……」ガタガタ…
少女「あの殺人鬼、私と彼氏が抱き合ってたら、急に襲いかかってきて……彼を斧でミンチに……」
警部「警戒してたにもかかわらず、恋人を守れませんでした。申し訳ありません」
少女「必ず捕まえて下さい! あのストーカー殺人鬼を!」
警部「分かっています……警察の威信にかけても必
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします
2014/01/08(水)00:51:32.11
ID:RAsXYKQYo
モバマスSSです
二次創作なので注意をしてください
テスト的な割合が大きいので、なにかあったら指摘をください
安価ではありません
致命的なミスを見つけ、あたらしくしました申し訳ありません
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1389109891

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします
2014/01/08(水)01:05:25.38
ID:RAsXYKQYo
これはクラリスさんを好きになってしまったプロデューサーのお話
アイドルにはならなかったクラリスさんのお話
3:
以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします
2014/01/08(水)01:23:51.32
ID:RAsXYKQYo
クラリスさんにとってプロデューサという男には大きな恩がある。
クラリスは教会に勤めるシスターである。
しかし、勤める教会の経営はお世辞にもよくないものであった。
プロデューサーそれを救った。
単純に言えば、そうだ。
だが、そこには数えきれない苦労がある。
はい、ありがとうございました
ですませるほどにクラリスは薄情ではない。
彼女はこの恩を返さなければならないと考えた。
彼女の性格からしてそれは当然の流れであった。
彼がブロデューサーと呼ばれているのは彼がアイドル事務所でプロデューサーをしているからだ。
意外にもこの事務所のアシスタントさんが彼女に話を持ちかけてきた。
プロデューサーさんに恩返しをしてください、と。
5:
以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします
2014/01/08(水)17:25:54.66
ID:RAsXYKQYo
クラリスにとってプロデューサという人
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/09/14(木)21:38:00.04
ID:Rmc+0paV0
注)曙と提督はケッコン済み
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1505392679

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/09/14(木)21:45:34.21
ID:Rmc+0paV0
雷が怖い曙
ゴロゴロ
曙「……」
提督「…そろそろあがっていいぞ?」
曙「私が見てないとすぐサボるんだからダメ」ブルブル
提督「いや…」ゴロゴロ
提督「まさか雷が怖いわけじゃ…」
曙「ばっかじゃないの?そんなの怖いわけ…」
ゴロゴロ…ドーン
提督「うわっ!…今のは近かったな」
曙「怖くない…怖くない…」ウルウル
提督「はいはい、怖いなら怖いって言おうな」ダキシメー
曙「うん…」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/09/14(木)21:49:34.33
ID:Rmc+0paV0
間宮アイスを食べる曙
曙「ん?」ニコニコ
提督「ほんと美味しそうに食べるよな」
曙「な、何よ」パクパク
提督「いや?別に」
曙「…ん」サシダシ
提督「お、ありがとう」パク
曙「うぅ??///」
提督「あ」ヒョイ
曙「え…」
提督「ほっぺにクリームついてたぞ」
曙「っ??////」
曙「こ、このクソ提督!」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/09/14(木)21:54:41.53
ID:Rmc+0paV0
寂しい曙
提督「えっと…この書類はこっちで…あ、これ工廠のやつか、んで…」
曙「……」ジー
提督「工廠行くか」
——
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
◆Xz5sQ/W/66
2017/09/14(木)16:53:10.82
ID:EIzAiAIQ0
===
今日はとても目覚めの良い朝だ。
昨夜の晩酌。歳のことも考えて、今年は少し控えめにしておいたのは、
なに、英断だったと自分自身を褒めざるをえない。
人に聞かすには少々気恥ずかしい話。
毎年この日には休みを取り、前日の夜は思い出を肴に上等な酒で一杯やるのが常だった。
そうしてついつい飲み過ぎて、次の日の朝は――つまり今日。
記念すべき九月の十四日の朝を――二日酔いで迎えることが多かった。
……いや、多かったというのは嘘になるな。
殆ど、毎年。うむ、毎回。
朝っぱらから頭が痛くて痛くてしょうがないって。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1505375590

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆Xz5sQ/W/66
2017/09/14(木)16:55:20.02
ID:EIzAiAIQ0
「あなた、はいどうぞ」
「ん」
そして食卓、朝の食卓っ! 
優しい妻がどんぶりによそってくれた出来立てうどんが私に向かって
「食べて食べて!」と言わんばかりに熱ぅ?い湯気を立てている。
やはり朝食は洋食より断然和食派だ。特にうどんがいい。消化がいい! 
二日酔いの体にも実に優しくお出汁の旨味が染みるのが良い!
……まぁ、今日の私は酔っていないが、それでも心は晴れ晴れだ。
実に朝から清々しい気分でうどんに箸をのばせているのが、
なによりの証拠だと言ってしまって罰も当たるまい。
「お母さんおはよう。……あと、お父さんも」
「ん」
そうしてうどんをすすっていると、寝所から起きて来た娘が朝の挨拶をしてくれた。
既に学生服に身を包み、身だしなみだって整えている。
時計を見れば随分早い時間だが、そういえば今日も朝から仕事だと言っていたな。
3:
◆Xz5sQ/W/66
2017/09
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆uDcBngmjok
2017/09/14(木)01:35:00.09
ID:ecbMoXsZ0
初投稿です。お手柔らかにお願いします。
ややキャラ崩壊を含むかもしれません。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1505320499

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/09/14(木)01:36:25.04
ID:ecbMoXsZ0
春菜「比奈ちゃんがそんな人だとは…」
比奈「春菜ちゃんに言われたくないっスねぇ」
沙理奈「お疲れ様でーす……喧嘩中?」
春菜「ええ、ちょっと」
沙理奈「まーた裸眼がどうとか眼鏡がどうとか?もういいじゃないその話は」
比奈「そんなことはどうでもいいんスよ」
沙理奈「どうでもいいの?」
春菜「どうでもよくはないですけど!今はそんな話をしてる場合じゃないんです!」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/09/14(木)01:38:07.11
ID:ecbMoXsZ0
比奈「時に沙理奈さん」
沙理奈「何よ、あらたまって」
比奈「きのこの山とたけのこの里、どっちが好きっスか?」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/09/14(木)01:39:10.77
ID:ecbMoXsZ0
沙理奈「あぁー……」
春菜「あぁってなんですかあぁって!」
沙理奈「相変わらず仲がいいなぁと思っただけよ」
比奈「な、そ、そんなんじゃないっスよ」
沙理奈「何よそのくっさいラブコメみたいな台詞。付き合ってるの?」
春菜「ち、ちちち違いますよ!」
沙理奈「やめなさいよ、本当に付き合ってるみたいじゃない」
比奈「とにかく!どっちが好きっスか?」
沙理奈「んー…」
沙理奈「たけのこ、かなぁ」
5:
以下、名無しにか
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/08/09(水)13:08:41.76
ID:nscTDKYM0
提督「資材はそれぞれ90000ある。」
提督「開発資材は500。」
大淀「提督?使いすぎないでくださいよぉ?イベントも控えてるんですから。」
提督「でえじょうぶだ。明石に頼めばなんとかなる。」
提督「資材は>>2位つぎ込むか!」
提督「おっ>>2(コンマ)が出た。」
コンマ
00?10まるゆ
11?17阿賀野型
17?20金剛
21?30比叡
31?40榛名
41?50霧島
51?55伊401
56?60大鳳
61?70陸奥
71?75長門
76?80ビスマルク
81?86赤城
87?90あきつ丸
91?97加賀
98大和
99武蔵
コンマの秒数ややこしいけど許してください!何でも島風!
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1502251721

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/08/09(水)13:09:50.20ID:wfL/nh9u0
どい
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/08/09(水)13:16:56.82
ID:nscTDKYM0
提督「まずは最初のレシピで行ってみよ。」
4:00:00
提督「えっ…」
金剛「紅茶が飲みたいネー」
提督「」
金剛改二「ヘーイ提督!ってその女は誰ですカ!?」
金剛(別)「私がいる?え?どういう事ネ!?」
金剛改二「私、死ぬんですネ…ドッペルゲンガーを見るとは…死ぬ…」
提督「次、>>5で行こー」
提督「おっ、建造時間>>5(コンマ)」<
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/06/04(水)22:07:34.68
ID:PdvT5ixP0
モバマスSS アイドルに対する筆者の勝手なイメージがあります
初SSなので変なところは見逃して下さい
女神の休日 海でイチャイチャ編
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1401887254

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)
2014/06/04(水)22:08:43.58
ID:PdvT5ixP0
?夏?
モバP(以下、P)「あ”つ”い”い”い”い”い”い”い”い”」
ちひろ「余計暑くなるからやめてくださいよ・・・」
P「暑すぎて死ぬうううううう、なんでこんなときにクーラー壊れるんだ・・・」
ちひろ「この時期だから業者さんも忙しいみたいで、修理に来るの3日後ですよ?」
P「えぇ?無理死ぬ ちょっとアイス買ってきます」
ちひろ「ハーゲンダッツのストロベリーでお願いします」
P「なんでそんな高いのを・・・いってきます・・・」
3:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)
2014/06/04(水)22:10:43.62
ID:PdvT5ixP0
‐外‐
P「お”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”つ”い”」
P「なんつー暑さだ 毎年暑い暑い言ってるけど今年は最悪だなぁ」
P「もう気温40度近くが何日も続いてる、ホントに地球溶けるんじゃないか」
P「こんな近くのコンビニ来るのもいやになるよ・・・」
<イラッシャイマセー
P「ちひろさんの分と・・・あと適当に何個か買っておくか 収録行ったアイドルがあとで何人か戻ってくると思うし」
P「よーしたまには奮発してあいつらに見直してもらおうか ハーゲンダッツ10個だ!!」
4:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/05/24(日)11:42:12.92
ID:tH0cdoo/0
ガチャ
いろは「あれ?戸部先輩?」
戸部「よぉー、いろはす」
いろは「私、葉山先輩に呼ばれたんですけど……」
戸部「んー、それ嘘?」
いろは「どういう事です?」
戸部「いろはすってこの間ヒキタニくんとデートしてた?」
いろは「……それ、戸部先輩に関係あります?」
戸部「隼人君の事好きって言ってたのにそれひどくね?」
いろは「だからそれ、関係なくないですか?」
戸部「ひょっとして隼人君とデートする時の練習とか?」
いろは「……帰りますね」
大和「おっと」ガシ
いろは「!?」
大和「大岡!」
大岡「あいよ、騒がないようにガムテープっと」ビリビリ
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1432435322

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/05/24(日)11:43:44.49
ID:tH0cdoo/0
いろは「んー!?」グイグイ
大和「手首を縛ってっと」
いろは「んんー!?」グイグイ
戸部「いやー悪いなー、いろはす」
いろは「ん!?」グイグイ
戸部「という事で俺達も彼女が出来た時の練習されてくれよなー」
大岡「まずはおっぱいをっと」スルスル、プチプチ
いろは「んー!?」
戸部「おおー、生おっぱい。とりあえず……」パシャ
大岡「俺も……っと」パシャ
いろは「んー!」
戸部「言うまでもねーけど、この事がバレたらいろはすヌードがばら撒かれるんでよろしく」
大和「やっぱり、そこまで大きくないなー」グイ
大岡「まぁまぁ、これはこれで中々かわいらしいじゃないか
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
2017/09/1023:16:34.547
ID:2Bqkx6p50.net
会長「Wステーキ定食!」
社長「ステーキ定食で」
専務「とんかつ定食で」
常務「焼肉定食で」
本部長「焼き魚定食で」
部長「豚汁定食で」
課長「野菜定食で」
係長「のり定食で
主任「ライスで」
平社員「玄米で」
僕「
>>5」

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};

5:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
2017/09/1023:17:01.976
ID:QUGMmmDOa.net
お冷やで
11:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
2017/09/1023:17:57.996
ID:+jcdqLT60.net
>>5
泣いた
10:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
2017/09/1023:17:50.849
ID:2Bqkx6p50.net
会長「Wステーキ定食!」
社長「ステーキ定食で」
専務「とんかつ定食で」
常務「焼肉定食で」
本部長「焼き魚定食で」
部長「豚汁定食で」
課長「野菜定食で」
係長「のり定食で
主任「ライスで」
平社員「玄米で」
僕「お水で」
僕の部下「
>>15」
15:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
2017/09/1023:18:38.244
ID:+jcdqLT60.net
お冷やで
22:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
2017/09/1023:19:57.309
ID:2Bqkx6p50.net
会長「Wステーキ定食!」
社長「ステーキ定食で」
専務「とんかつ定食で」
常務「焼肉定食で」
本部長「焼き魚定食で」
部長「豚汁
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
名無しさん@おーぷん
2017/09/1020:05:48
ID:K8G
彡(゚)(゚)「原ちゃん、セックスにおける最高の種付け体位ってなんやと思う?」
(´・ω・`)「うーん、人それぞれじゃないの?」
(´・ω・`)「最高の種付け体位なんて、主観にすぎないよ」
彡(゚)(゚)「はーつっかえ」
彡(゚)(゚)「頭の悪い原ちゃんのような奴らのために」
彡(゚)(゚)「科学の観点から最高の種付け体位を紹介していくで」
(´・ω・`)「ひどい言い草だなぁ」

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};

3:
名無しさん@おーぷん
2017/09/1020:09:55
ID:K8G
彡(゚)(゚)「で、原ちゃん、遺伝子って知っとるか?」
(´・ω・`)「それくらい知ってるよ!それで、遺伝子がどうしたの?」
彡(゚)(゚)「遺伝子的に、種付けして孕ませたときに」
彡(゚)(゚)「男の子を孕ませるのがY精子、女の子を孕ませるのがX精子なんや」
彡(゚)(゚)「やから、この二種類の性質の精子の理解を深めることで」
彡(゚)(゚)「自分が孕ませたいと思った性別の赤ちゃんを妊娠させる確率が高くなる」
(´・ω・`)「なんだって!?」
5:
名無しさん@おーぷん
2017/09/1020:11:45
ID:K8G
彡(゚)(゚)「一般的には、射精した時に膣内の深いところだと男の子」
彡(゚)(゚)「浅いところだと女の子が生まれやすいって言われとる」
(´・ω・`)「知らなかった……じゃあお兄ちゃんが種付けしても女の子ばっかり生まれるかもね」
彡(゚)(゚)「ぶちころすぞ」
(´・ω・`)「ごめんね」
7:
名無しさん@おーぷん
2017/09/1020:15:56
ID:K8G
彡(゚)(゚)「もっとも、女性の所謂『危険日』が近くなるにつれて」
彡(゚)(゚)「膣内の酸性は強まっていくんや」
彡(゚)(゚)「男の子が生まれる
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/09/14(水)23:29:22.02
ID:lyEA9b1qO
モバP(以下P)「友紀誕生日おめでとう!」
友紀「ありがとうプロデューサー、まあ今年はもうセの優勝が決まってるから盛り上がりにかけるけどね」
P「誕生日プレゼントを聞いたらいやでも盛り上がるぞ」
友紀「え?なんなの」
P「友紀の為に今日のキャッツ対中日の始球式を用意した」
友紀「ほんと!プロデューサーすごい、やったー初めての始球式だ」
P「言わなくても分かってると思うがさらに今日の先発は4年連続2桁勝利が掛かってる菅野だぞ」
友紀「今年の中日相手なら10勝目は硬いかなーそれよりどんなフォームで投げようかなあ」
P「普通でいいぞ普通で」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1473863362

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/09/14(水)23:38:18.11
ID:lyEA9b1qO
P「それと巨人側のウグイス嬢も1巡はしていいそうだ」
友紀「すごいプロデューサー最高のプレゼントだよ!始球式も出来て、菅野の10勝目も見れてこれがドームなら完璧なんだけどなあ」
P「ワガママ言うな。よしじゃあ今から名古屋に向かうぞ」
友紀「うん!」
菜々「友紀ちゃん行っちゃいましたね」
瑞樹「仕方ないわよプロデューサー君があんなにすごいプレゼントを用意したんだもの」
早苗「あーあ、折角友紀ちゃんの家の合鍵内緒で借りてサプライズしようと思ったのに」
瑞樹「まあまあ友紀ちゃんが帰ってくるまで友紀ちゃんの家で待てばいいわ」
菜々「それもそうですね!ほら楓ちゃんも行きましょう」
楓「始球式のあとに子宮式…フフッ」
瑞樹「…あなたそれ最低よ」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/09/14
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/03/09(月)22:47:57.17
ID:RL7KXimq0
サブタイトル『マッスル鎮守府激震!!怒りのオクラホマ・スタンピートのようです』
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1425908876

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/03/09(月)22:50:17.07
ID:RL7KXimq0
提督「…」
提督「やっぱ…キン肉マンはこう…最高やな…」
ある日の事だ
仕事の休み時間に、キン肉マンを読んでた。色あせない名作だ。俺は四次元殺法コンビが大好きだ
この日の秘書艦は金剛だった。なんか知らんけど無条件に猛烈な好意を向けてくる事に定評がある金剛だ。恐くね?具体的に言うと映画『シャイニング』で原稿に同じ言葉ビッシリ書き込まれてるシーン観た時くらい恐い
でもまぁ、仕事は出来る子なので、色々お願いしてたんだ。そしたら急に
金剛「ヘーイテイトクゥ!!触ってもいいけどサー!!時間と場所をわきまえなヨー!!」
とか、言い出した
提督「…」
提督「えっ?」
いやいや、可笑しいだろ?
だって俺両手でキン肉マンのコミックス持ってんだぜ?セクハラのしようもないだろ?
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/03/09(月)22:52:16.12
ID:RL7KXimq0
提督「いや…触ってないよ?」
だから俺、やんわりと否定したんだ
本当は目の前の勘違いクソビッチにロメロ極めてやりたかったけど、さすがに絵的にマズイものがある気がするのでやめといた
金剛「ワッツ?でも今確かに…」
瞬間、金剛の顔がサァっと青くなった
アホさ丸出しだが、なんか意外と賢くて勘のいい彼女は何かを悟ったのだろう
提督「…」
俺はその顔を見て、持っていたキン肉マン
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2017/01/1821:27:41
ID:L.Ed9ncM
女騎士「ほんとかよ」

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2017/01/1821:32:00
ID:L.Ed9ncM
勇者「ほんとほんと。魔法使いから買ったんだ」
女騎士「ますます信憑性が…魔法使いはロクな物を作らないからなぁ」
勇者「まぁ騙されたと思って飲んでみてよ」
女騎士「…何故私が飲まねばならん?」
勇者「そりゃ女が飲む方が面白いからだ」
女騎士「一理ある」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2017/01/1821:34:00
ID:L.Ed9ncM
勇者「あとでペヤングあげるから。ほらほら飲んで」
女騎士「仕方がないにゃあ…」
ガシッ
女騎士「では、飲むぞ」
グビッ
女騎士「ぷはー。苦いしまずい」
勇者「ね、ね、どんな感じ?どんな感じ?」
ワクワク
5:
以下、名無しが深夜にお送りします
2017/01/1908:00:36
ID:s/s0pHSg
女騎士「どんなって…まだ効いてないんじゃないかな」
勇者「魔法使いはすぐ効果が現れるって言ってたんだけどな」
女騎士「まぁ慌てず待ってい…」
ドクン
女騎士「!」
ドッドッドッ
女騎士(なんだ…この感覚は…)
8:
以下、名無しが深夜にお送りします
2017/01/1913:09:25
ID:s/s0pHSg
ハァハァ
勇者「おっ、効いてきたか?」
ズボンズルッ
女騎士「な、何故ズボンを脱ぐのだ!?」
勇者「ズボンだけじゃないぜ!」
ブリーフヌギッアタマカポッ
勇者「さぁ、これが俺の…真の姿だ!」
女騎士「ぶ、ブリーフ仮面様!」
9:
以下、名無しが深夜にお送りします
2017/01
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
2
3
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。