SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
媒体:SSマンション
<<
2019年04月
>>
223件取得
人気記事順表示
<<
0
1
2
3
>>
1:
◆C2VTzcV58A
2015/11/24(火)17:33:24.01
ID:+ltvyZ4V0
ダンスの自主レッスン中
飛鳥「……っと!」
梨沙「あー、また同じところでステップ間違えてる」
飛鳥「どうにもコツがつかめないな……梨沙、キミは確かできていたはずだが」
梨沙「こうやるのよ。よっ、ほっ、はっ、と!」
飛鳥「さすが、趣味がダンスなだけあるね。今の部分、どういう点を意識してステップを踏んでいるのか教えてくれるかい」
梨沙「意識? そうねー」
梨沙「こう、ガッときてシュッといってバァーン!」
梨沙「みたいな?」←満足げ
飛鳥「どこぞのミスターのようなことを言うね」
梨沙「?」
飛鳥「要は天才肌ということさ。詳しく知りたいなら、今度大人達に聞いてみるといい」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1448354003


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
◆C2VTzcV58A
2015/11/24(火)17:37:38.57
ID:+ltvyZ4V0
心「うまく踊るコツ?」
心「しゅがーってきてはーっと決める! みたいな☆」
飛鳥「こっちも背番号3だったか」
梨沙「『しゅがーっ』てなによ」
心「ま、それはそれとして♪」
心「ジャンジャジャーン! 今日は素敵なものを持ってきたぞ☆」
梨沙「なにそれ。なんかのチケット?」
心「聞いて驚け見て笑え、これはさっき商店街の福引きで当てた焼肉2時間食べ放題券!」
心「4人分なの♪」
梨沙「おおっ!」
3:
◆C2VTzcV58A
2015/11/24(火)17:44:07.18
ID:+ltvyZ4V0
飛鳥「焼肉か……もしかして、ボクらを誘ってくれるのかい」
心「そーいうこと♪あとひとりはプロデューサーでも連れて行こうかな☆」
梨沙「いいわね、焼肉! アタシお肉大好き!」
飛鳥「今度何かお返しをしないと……」
心「子どもがそんな細かいこと気にしないの♪もともとタダで手に
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします
2019/01/28(月)21:30:22.068
ID:pLcItEez0
第一話『転んだのは誰?』
―BAR―
男「あんたが……金さえ払えばどんな奴も転ばせるっていう転倒屋か?」
転ばし屋「転倒屋じゃない……“転ばし屋”だ」
転ばし屋「本来なら、“ころばし”は全て平仮名にすべきなんだろうが……」
転ばし屋「俺はしょせん模倣だからな。漢字を混ぜて“転ばし”にさせてもらっている」
男(なんの話だかさっぱり分からん……)
転ばし屋「立ち話もなんだ。あんたも腰かけてくれ」
男「あ、ああ……」


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
3:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします
2019/01/28(月)21:34:33.688
ID:pLcItEez0
男「仕事の話に入る前に、聞いておきたい」
転ばし屋「ん?」
男「人を転ばせるって……具体的にどうやって転ばせるんだ?」
転ばし屋「企業秘密だからあまり詳しくはいえんが、色々と方法はあるぞ」
転ばし屋「一番多いのは、殺傷力を抑えた改造銃で足を撃って転ばせる方法だな」
転ばし屋「オリジナルの“ころばし屋”も、拳銃を武器にしてるしな」
転ばし屋「だが、場合によってはロープ、油、氷などを使うこともある」
男「なるほど……臨機応変にやってるってわけか」
転ばし屋「自己紹介はこんなところでいいか? さっそく標的から聞かせてもらおう」
4:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします
2019/01/28(月)21:37:21.594
ID:pLcItEez0
男「標的は……こいつだ」サッ
男「俺はマラソン選手でな。こいつは俺のライバルといっていい存在だ」
男「こいつを……次のレースで転ばせて欲しい」
転ばし屋「理由は?」
男「次のオリンピック、代表選考は熾烈な争いになるのは間違いない」
男「今度のレースは、その行方を占うレースともいわれている」
男「だからここで、ライバルを転ばせて出鼻をくじき
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/01/26(月)03:55:05.32
ID:kcLBllFm0
艦隊これくしょん-艦これ-×とある科学の超電磁砲のコラボSSです。
と、言ってもほとんど超電磁砲は出てこず、名前だけって感じで…
艦これメインのSSです。
初心者なので、読みづらい点、またルールがよくわかってない点あります…。
教えていただけたらうれしいです、感想も待ってます。
よろしくお願いします。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1422212105


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/01/26(月)03:55:43.56
ID:kcLBllFm0
提督「く?ぅッ、やっと山積みだった仕事も終わったかぁー…」
提督「ちょうど一週間後にはもう4月か…新期も始まるし、仕事も多いわけだ…。」
提督「それにしても、加賀のやつ…訓練中に烈風46機全機墜落ってどんな被害報告書だよ、まったく…。」
提督「まぁ、いいか…仕事は終わったけどせっかくの休みなのに雨かぁ…」
提督「あっ、そういや漣がこの間『キタコレ!』とか言ってアニメ見てたな…」
提督「DVDも全巻貸してくれたし、雨で暇だし見てみるか…」
提督「“とある科学の超電磁砲”?変なタイトルのアニメだけど、見てみるか。」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/01/26(月)03:56:21.35
ID:kcLBllFm0
提督「こっ…これは…」
提督「大和さえもワンパン大破させるような超電磁砲…」
提督「ちょっと明石に開発するように頼んでみるか…いや、しかし続きが気にな…」
バンッ!
暁「司令官ー!!先日の遠征の報告書、出し忘れてたから持ってきたわよ!」
提督「どぉわぁい!あっ、暁か!ふむ、ごっ、ご苦労っ!」ピッ
暁「なっ、なによ、なにをそんなに慌てているの?」
提督「い
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆hAKnaa5i0.
2019/01/27(日)21:12:24.96
ID:/tGj/8410
(事務所)
カチャカチャカチャ…
キュッ…バチバチバチバチ!
シュゥゥゥ…カチッピュイッハロ-♪
テテ-ン!
志希「よーし。かんせーい」フゥ
P「お疲れ様。ここしばらく熱心に何か工作してたみたいだけど何を作ってたんだ?」
志希「嘘発見機。精度は100%」
P「さらりと恐ろしいものを作っているね」
志希「だってさー、プロデューサーがアタシのラボを強制封鎖しちゃうんだもん。薬が作れないだもん。薬が調合できないならば工作するしかないじゃない」
P「人格を変える薬を作ってばら撒いているからだろ。自業自得だ」
志希「反省してるって」
P「反省の結果がこれかい」
志希「YES。志希ちゃんのExcellenceな創造性を腐らせずフル活用した発明品だよ?♪」
P「すごいなぁ」ガシッ
志希「待ってよ。没収しようとしないでよ」ガシッ
P「これはきけんな代物だ。事務所内で使用することは禁ずる」グイグイ
志希「待って!乱用はしないから!プロデューサーにしか使わないから!許してよ!」グイグイ
P「俺に使うつもりなんだろうがァ。処分だこんなもん!」グイグイ
志希「嫌?!まだまともに使ってもないんだから1回だけでも使わせてよ?!」ググググ
P「1回使ったらとんでもない被害が出るから駄目だっつの!核爆弾と同じだ!手を離せ!事務所の平和のためだ!」グイグイグイ
志希「いに゛ゃぁぁぁァッ!!」ググググ
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1548591144


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
◆hAKnaa5i0.
2019/01/27(日)21:13:34.44
ID:/tGj/8410
(しばらくして)
P「これはしばらく預かっておきます」ヨイショ
志希「酷い。酷いよプロデューサー。何の権利があ
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
名無しで叶える物語(聖火リレー)
2019/01/27(日)09:33:42.14
ID:W9KFrwf6
理亞「えっ?その三人が集まると……Aqoursの三年組になるんじゃないの?」
ルビィ「ふっふーん。実はね、お姉ちゃんと果南しゃんと鞠莉しゃんが集まるとね……」
ルビィ「土の中からμ’sの絢瀬絵里しゃんが出てくるんだよぉ!」
理亞「…………そぉなのぉ!?」
理亞「生徒会長の黒澤ダイヤ、ポニーテールかつビビりの松浦果南、外人枠で金髪の小原鞠莉の三人が集まるから、金髪ポニーテールのμ’sの外人枠にしてクールな生徒会長だけど実はビビりと噂の絢瀬絵里が出てくるってことぉ!?」
理亞「……理にかなってるわねぇ?!」
ルビィ「それじゃあ早速、絢瀬絵里しゃんを出したいと思いまぁす!」
理亞「本当に!?私、μ’sの絢瀬絵里さんに一度会ってみたかったの!」
理亞「オッケー!レッツゴー!ルビィ!カモン!エリーチカ!」


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
1:
名無しで叶える物語(聖火リレー)
2019/01/27(日)09:33:42.14
ID:W9KFrwf6
理亞「えっ?その三人が集まると……Aqoursの三年組になるんじゃないの?」
ルビィ「ふっふーん。実はね、お姉ちゃんと果南しゃんと鞠莉しゃんが集まるとね……」
ルビィ「土の中からμ’sの絢瀬絵里しゃんが出てくるんだよぉ!」
理亞「…………そぉなのぉ!?」
理亞「生徒会長の黒澤ダイヤ、ポニーテールかつビビりの松浦果南、外人枠で金髪の小原鞠莉の三人が集まるから、金髪ポニーテールのμ’sの外人枠にしてクールな生徒会長だけど実はビビりと噂の絢瀬絵里が出てくるってことぉ!?」
理亞「……理にかなってるわねぇ?!」
ルビィ「それじゃあ早速、絢瀬絵里しゃんを出したいと思いまぁす!」
理亞「本当に!?私、μ’sの絢瀬絵里さんに一度会ってみたかったの!」
理亞「オッケー!レッツゴー!ルビィ!カモン!エリーチカ!」

(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).pus
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/01/27(日)02:46:13.12
ID:KmVyJvPD0
モバP「皆さんこんにちは!346プロダクションでアイドルプロデューサーをやっているモバPです」
ちひろ「同じく、事務員をやっている千川ちひろです」
ちひろ「……って、プロデューサーさん?どうして私たち、こんな白衣を着て事務員の一室にいるんですか?」
モバP「決まってるでしょ!アイドルたちのメンタルに関する悩みを解決するためですよ!」
ちひろ「え、メンタルの悩み?それってたとえば仕事とか他のアイドルとの人間関係ですか?」
モバP「ノォォォォーーーーーーーーンンン!!!たしかに仕事の悩みや人間関係から心の状態を悪くする人もいます。しかし私はよりディープに、かつより幅広くアイドルの悩みを解決したいのです!」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1548524772


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/01/27(日)02:47:27.17
ID:KmVyJvPD0
ちひろ「はぁ……それは良いんですけど、ならプロのカウンセラーの方にお願いした方が良い気がしますけど」
モバP「たとえば心理士に相談することも大切ですけど、アイドルとよりディープな関係でいるプロデューサーに相談した方が解決しやすいこともあるはずです。それにこのカウンセリングルームですが、アイドルの顔は見えないようになっています。伝わるのは音声だけで、相談するアイドルも匿名性です。だから恥ずかしい相談でも気軽に話せる環境となっています」
ちひろ「それでプロデューサーさんがアイドルのメンタルに関する悩みを聞き、私はそのアシスタントを?」
モバP「その通りです。では、さっそく最初の相談者を招きましょう」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/01/27(日)02:48:45.92
ID:KmVyJvPD0
相談者:Sさん
S
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
名無しさん@おーぷん
2018/12/02(日)22:41:10
ID:Gi4
 
 チーン
教授「はい、そこまで。 答案回収してください」
 オワッター デキター? ダメダー
 ワイワイ ガヤガヤ
レパヮ゚ノ!ヽ「うーん、結構難しかったねー」
川゚-゚)「そうか?」
レパヮ゚ノ!ヽ「クーちゃんは相変わらずだねー 頭いいー」
ミセ*゚ー゚)リ「全然わかんなかった!」
レハ;~ヮ~ノ!ヽ「ミセリも相変わらずだねぇ…」
川゚-゚)「フェリスはどうだ? できたのか?」
レハ;゚ヮ゚ノ!ヽ「うーん… ぼちぼちかなー 一応徹夜で勉強したんだけど」
 


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
◆fdwNRZRcGA
2018/12/02(日)22:41:35
ID:Gi4
 
ミセ*゚ー゚)リ「ふぁ…眠いや…」
レパヮ゚ノ!ヽ「あれー? ミセリも徹夜?」
ミセ*゚ー゚)リ「うん、徹夜ー 漫画読んでたー」
レハ;゚ヮ゚ノ!ヽ「漫画!? 勉強しなよ! 試験前夜だよ!?」
ミセ*゚ー゚)リ「でもさーホラー漫画かと思ったらさー途中からバトル展開でさー ほんと勘弁っていうか」
レハ;゚ヮ゚ノ!ヽ「ミセリちゃん!?」
川゚-゚)「二人とも、食堂でお茶してかないか」
ミセ*゚ー゚)リ「さんせー」
レパヮ゚ノ!ヽ「ああもううん」
  
4:
名無しさん@おーぷん
2018/12/02(日)22:43:24
ID:Gi4
https://voice.open2ch.net/r/1543758185844618
 
───
 
 学生食堂
BGM:
ミセ*゚ー゚)リ「ホットケーキおいひい」ムチャムチャ
レパヮ゚ノ!ヽ「うちの学食、カフェも充実してていいよね」
川゚-゚)「…」ズズ…
ミセ*゚ー゚)リ「ほうじ茶もおいひい」ズズ…
レパヮ゚ノ!ヽ「にしても…やっと心理学講座の試験終わったねぇ」
ミセ*゚ー゚)リ「
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします
2018/04/05(木)02:42:33.153
ID:TbYvUPXi0
―カラオケボックス―
不良「あ?……歌った歌った!」
DQN「オメェ、同じ歌歌いすぎなんだよ」
不良「うっせー、好きだからいいんだよ」
不良「……お?」
DQN「どした?」
不良「あそこの部屋の奴……ひょっとして一人でカラオケやってねえか?」
DQN「……ホントだ! いわゆる“ヒトカラ”ってやつか!?」
不良「なぁ、ちょっとからかってやろうぜ!」
DQN「ひひ、おもしれー!」


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
5:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします
2018/04/05(木)02:45:12.515
ID:TbYvUPXi0
オタク「次はどれを歌おうかな……」
ガチャッ!
不良「ちわーっす!」
DQN「ちいーっす!」
オタク「うわ!?」ビクッ
オタク「な、な、な、なんですか……あ、あなたたちは……」
6:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします
2018/04/05(木)02:47:11.650
ID:TbYvUPXi0
不良「いやさ、外から見てたら、一人で寂しそうだったからさ」ニヤニヤ
DQN「仲間に入れてもらおうと思って」ニヤニヤ
オタク「あ、あの……寂しくないですから……」
不良「いいからいいから」
DQN「一曲聴かせてくれよぉ?!」
オタク「で、でも……」
不良「はーやーくー!」
DQN「アニメの歌でいいからさぁ?」
オタク「うう……」
9:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします
2018/04/05(木)02:50:12.223
ID:TbYvUPXi0
オタク「だけど、恥ずかしいし……」
不良「だいじょぶだって! 一人でカラオケ来てる時点で十分恥ずかしい!」
DQN「ハハハ、ひでぇ!」
不良「ほら、早く歌ってくれよぉ?!」
オタク「じゃ、じゃあ……歌います……」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
名無しで叶える物語(やわらか銀行)
2019/01/27(日)16:18:06.89
ID:UjBnEXfg
高海家
美渡「千歌?!来て?!」
千歌「は?い!」トテトテ
千歌「な?に??」ヒョコ


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
名無しで叶える物語(やわらか銀行)
2019/01/27(日)16:18:45.68
ID:UjBnEXfg
志満「…」
美渡「…」
千歌「え?なにこの状況?」
志満「…すわって。」
千歌「は、はい…」
志満「今回三姉妹が集まったのは他でもありません。」
千歌「…へ?」
美渡「まぁこれは大変なことだからなぁ…」
千歌「…なにが?」
3:
名無しで叶える物語(やわらか銀行)
2019/01/27(日)16:21:38.36
ID:UjBnEXfg
志満「お母さんってどんな人かわかる?」
千歌「どんなってそりゃあ…」
千歌「旅館をやってて…」
千歌「………」
千歌「…それだけ!?」
美渡「そう!わからないの!」
志満「同じご飯を食べているのに!」
美渡「過去のことやなにをやってた人かわからない!」
志満「そこで今回私たちはこれを見ます。」
ドンッ!
千歌「これって…!」
美渡「そう…母さんのアルバム」
5:
名無しで叶える物語(やわらか銀行)
2019/01/27(日)16:22:07.58
ID:UjBnEXfg
志満「部屋を整理してたら出てきたの」
千歌「…ゴクリ」
志満「これを私たちで見ましょう。」
千歌「えぇ!?ほんとに!?」
美渡「これを見たら少しはわかるかもね…」
千歌「…やめようよ!これは見ないほうがいい!」
志満「なら千歌ちゃんはみないで!」
美渡「母さんの素性を知りたくないの!?」
千歌「…わかった。見るよ。」
志満「じゃあ早速…」メクリ
6:
名無しで叶える物語(やわらか銀行)
2019/01/27(日)16:22:4
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/08/24(月)10:59:30.07
ID:PmE64+7S0
あれは、夏の暑い日……。
わたしが暑い外から、クーラーのきいた天国に避難したとき。
思えば、戦いはそこから始まっていた。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1440381569


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/08/24(月)11:00:27.98
ID:PmE64+7S0
可奈「きょうも?♪ さんさんたいっようさ?ん♪ でもあついから?きょうはくもりにして?……♪」
ガチャ
可奈「す、涼しい?♪」
あずさ「おはよう、暑いのに可奈ちゃんは元気ね」
可奈「おはようございます!」ビシ
志保「おはよう、可奈」
可奈「志保ちゃん! 来てたんだ!」フンス
志保「次の舞台が決まったから、少し早く来ただけよ」
可奈「劇場はクーラーがきいてて天国だもんね!」
志保「……あなた、夏休み中ずっとクーラーのかかった部屋にいるの?」
可奈「ギクッ、ソ、ソンナコトナイヨー」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/08/24(月)11:01:06.70
ID:PmE64+7S0
あずさ「暑いからって、あんまり文明の機器に頼りすぎると、体を壊しちゃうわよ?」
可奈「うぅ……反省しますー……」
あずさ「でも、その前に……」スッ
可奈「? ああー!」
あずさ「冷たい麦茶を飲んで、水分を摂りましょ?」カラン
可奈「やった! 冷たいむぎちゃは?♪ かなのイチオシ?ハナマル?♪ ランクイン?♪」
志保「うるさいわよ、少し静かにして」
可奈「ぎゃう……志保ちゃんが冷たい……」
志保「……冷蔵庫にアイスが置いてあったはずよ、それで口を塞いでなさい」
可奈「本当!?」
志保「一本だけよ?」
可奈「やったー!」
ダダ
続きを読む

[ 閉じる ]
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/01/23(土)19:18:39.41
ID:cfkM+riUo
少女「こ、こんにちはー……」
雪乃「こんにちは」
結衣「や、やっはろー?」
八幡「……?」
少女「ここ、奉仕部、であってますか?」
雪乃「ええ、そうよ。依頼の方かしら?」
結衣「話すのは初めて、だよね?」
少女「はい、私も二年生ですけどみなさんとは話したことないです。……でも、三人のお名前も私は知ってます」
結衣「そっかー。ごめん、あたしは顔は知ってるけど名前までは……」
雪乃「そう。私と由比ヶ浜さんはともかく、彼のことも知っているなんて意外ね。……あ、そうでもないかしら? 悪名なら轟いていたようだしね」


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/01/23(土)19:21:21.34
ID:cfkM+riUo
八幡「へいへい。どうせ俺はそんな評判にしかなってないですよ」
少女「……ち、違いますっ! そんな、悪名なんかじゃなくて私は、彼の……比企谷くんのことはずっと前から……」
雪乃「……あなたの知り合い?」
八幡「いや……見覚えはねぇな」
少女「そ、そっか。でもね、私一年生のとき比企谷くんと同じクラスだったんだよ」
八幡「……マジで?」
結衣「ヒッキー、最低」
雪乃「そうよね、あなたはそういう人よね」
少女「…………」
結衣「だねー、最初あたしのことも知らなかったしね」
5:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/01/23(土)19:24:31.84
ID:cfkM+riUo
雪乃「部員の非礼を部長としてお詫びするわ」
少女「いえ、私は地味だし大人しいし、知らなくても別に……。それに比企谷くんが失礼だとか、謝ってほしいとか思ってないので」
八幡「お、おお。なんか悪いな……。でもあれだぞ、由比ヶ浜」
結衣「あたし?」
八幡「これが普通の反応なんじ
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/12/07(水)01:42:41.69
ID:OGeKmHvCo
我が国で一番といわれる研究所――
ここに入ることが許されるのは、ごく一握りの天才のみ。
天才の巣窟といっても過言ではない。
そんな天才の巣窟の頂点、天才の中の天才≪超天才≫が、今私の目の前にいる。
この研究所から生み出された素晴らしい発明品の数々は全て彼の発案によるものであり、
はっきりいってしまえば彼以外の天才は彼の手足といっても過言ではない。
東奔西走し、さまざまな人間を取材してきた私も、さすがに緊張していた。
「本日はよろしくお願いします」
「こちらこそ」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1481042561


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/12/07(水)01:45:42.55
ID:OGeKmHvCo
彼から話を聞くこと、およそ数十分。
私はこの超天才に、ある一つの感情を覚えていた。
それは――
落胆。
期待に比べて、あまりにもつまらないのだ。
確かに発明の才があることは認めるが、それ以外に関しては凡人もいいところ。
会話が全く盛り上がらないし、もっと聞きたいという気分にもならない。
こんな人間が、この天才の巣窟で本当にトップに立てるものなのか。
私は疑問を抱き始めていた。
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/12/07(水)01:47:55.22
ID:OGeKmHvCo
程なくして、私の顔色を察したのか、
「私と話しててもつまらないでしょう?」
「あ、いや……そんなことは」
「無理することはありません。私は確かに発明の発想に関しては非凡なものを持っていますが、
 それ以外はてんでダメ。自分でもそんなことは分かっているのです」
彼はやや自嘲気味にこう漏らした。
「で、あなた
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/07/12(日)21:08:31.38
ID:LVUwjqQf0
・一部前作(
志希「ねぇねぇしゅーこちゃん」周子「ん、なに?」)の設定を流用しています
・ですが読まなくても本作を読むことはできます
・百合描写注意
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1436702901


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/07/12(日)21:09:38.70
ID:LVUwjqQf0
輝子「た、ただいま」
輝子(誰もいないのか……)
輝子(今のうちにトモダチの世話を……)
まゆ「おかえいなさぁい、輝子ちゃん」
輝子「い、いたのか……まゆ……ただいま」
まゆ「うふふ。乃々ちゃんもいますよぉ」
乃々「……もりくぼはいませんけど」
輝子「乃々も、ただいま……」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/07/12(日)21:11:35.50
ID:LVUwjqQf0
まゆ「お節介だったかもしれませんけど、輝子ちゃんがいない間に水やりはしときました」
輝子「そ、そうなのか。ありがとう……フヒ」
まゆ「無理言ってここをシェアしてもらってるんですから、これくらいは当然ですよぉ」
輝子「まゆが世話してくれて、トモダチも喜んでる……」
まゆ「あと乃々ちゃんが読んでる漫画。新刊が出てたみたいなので買っておきました」
乃々「!」
乃々「ありがとう、ございましゅ……本屋に行くタイミングがなくてまだ買えてなかったんです。嬉しい……」
まゆ「よかった。お隣さんですから、これからも仲良くしましょうねぇ」
輝子「……」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/07/12(日)21:12:28.97
ID:LVUwjqQf0
輝子「あれだな……まゆは、い、いい奥さんにな
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/12/05(月)22:16:39.28
ID:t/GQUPc/o
講師「本日のテレビ講座では、効果音がいかに重要かをお伝えします」
講師「ゲストさん、よろしくお願いします」
ゲスト「よろしくお願いします」
講師「ゲストさんは、さまざまな映画やドラマで音響を担当なさっているとか?」
ゲスト「はい、なので今日の講座は楽しみに拝見させていただくつもりです」
講師「ではさっそく、五つの映像をご覧下さい」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1480943798


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/12/05(月)22:18:55.08
ID:t/GQUPc/o
【映像1】
救急隊員「大変だ! この女性の心臓が停止している!」
救急隊員「今すぐ心臓マッサージだ!」グッグッ…
救急隊員「息を吹き返してくれ……頼むっ!」グッグッ…
主婦「うっ!」ガハッ
救急隊員「よかった! 蘇生したぞ!」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/12/05(月)22:20:37.29
ID:t/GQUPc/o
【映像2】
ワーッ! ワーッ!
ボクサー「ぐはぁっ!」ドサッ
セコンド「立てーっ! 立つんだーっ!」
ボクサー「ぐ……」グッ…
ボクサー「うおおお……」ググッ
ボクサー「うおおおおおおおっ!」ガバッ
実況『これは素晴らしい! 立ち上がりましたーっ!』
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/12/05(月)22:22:29.09
ID:t/GQUPc/o
【映像3】
兵士A「――ん? あんなところに敵兵がいやがる!」
兵士B「よーし、背後から攻め込んでやるぜ!」
兵士A「うおおおおおおっ!」ガガガガガッ<
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします
2019/01/25(金)01:26:26.127
ID:Shz0q3/k0
コナン「博士、いよいよ黒の組織との最終決戦だ!」
阿笠「……」
コナン「烏丸蓮耶を捕まえて、黒の組織を壊滅させてやろうぜ!」
阿笠「……」
コナン「どうした、博士?」
阿笠「なぜじゃ……」
コナン「?」
阿笠「どうしてワシが黒の組織のボスじゃないんじゃよぉぉぉぉぉ!!!」


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします
2019/01/25(金)01:29:19.692
ID:Shz0q3/k0
コナン「なにいってんだよ、博士……?」
阿笠「黒の組織のボスはワシじゃったはずなのに……」
コナン「ハァ?」
阿笠「黒の組織を潰しにきた君たちに、“ワシじゃよ”といって驚かせてやるはずじゃったのに……」
阿笠「あんなぽっと出にその座を奪われるなんてぇぇぇぇぇ!」
コナン「ぽっと出じゃねーし! ちゃんと名前出てたから!」
阿笠「うるさいうるさいうるさーい!」
阿笠「こうなったら、黒の組織ボスの座を烏丸蓮耶から取り戻すんじゃ!」
阿笠「うおおおおおおおおおっ!!!」タタタタタッ
コナン「博士ーっ!」
4:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします
2019/01/25(金)01:31:42.571
ID:Shz0q3/k0
―黒の組織本部―
黒服「なんだお前は!?」
阿笠「烏丸蓮耶に会いにきた。ここを通してもらおう」
黒服「なにいってんだ。会わせるわけ――」
ドゴォッ!
黒服「げぶっ!」ドザッ
阿笠「三下に用はない……」
阿笠「ワシが欲するのは、烏丸蓮耶の首ただひとつじゃ!」
5:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします
2019/01/25(金)01:34:29.014
ID:Shz0q3/k0
―ボスの部屋―
バァンッ!
阿笠「烏丸ぁぁぁぁぁっ!!!」
ウォ
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/08/22(土)20:22:09.19
ID:qfJA3A3k0
 *+:。.。゚☆○o。)新しい生活・・・そして新しい・・・恋?!(。o○☆。.。:+*
 *・゜゚・*:.。..。.:*・゜ある日突きつけられた一通の逮捕状 ゚・*:.。..。.:*・゜゚・*
 *・゜゚・*:.。..。.:*・゜そして出会う、三人の個性豊かな騎士【ナイト】たち! ゚・*:.。..。.:*・゜゚・*
 *・゜゚・*:.。..。.:*・゜ ドキ・バタ?! な毎日であなたが選ぶ、運命の脱獄愛手は・・・?! ゚・*:.。..。.:*・゜゚・*
 *・゜゚・*:.。..。.:*・゜ ストーン・オーシャン?恋する君は僕の虜囚? ゚・*:.。..。.:*・゜゚・*
 *・゜゚・*:.。..。.:*・゜ 発売未定っ!! ゚・*:.。..。.:*・゜゚・*
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1440242528


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/08/22(土)20:24:59.32
ID:qfJA3A3k0
承太郎「さて……」リモコンピッ
SPW財団員A(チェリー大好き平等院)「……」
財団員B(トイレ大好き嵐山)「……」
財団員C(コーヒー大好き伊藤)「……」
財団員D(占い大好き腕竹)「……」
承太郎「世界経済がガタガタになっている中SPW財団の事業をゲーム業界まで広げようというのはわかるし、とりあえず財布の紐が緩そうな女性をメインターゲットに乙女ゲーとやらを一晩で作ってしまった君たちに敬意を表してモニターを引き受けたのが先週のことだが……」
承太郎「色々といいたい事がある」
承太郎「いや別に、私の娘を主人公のモデルに使っているのは構わない。そんなことで切れたりしない。私は意外と切れにくい」
承太郎「とりあえず、プレイしながら話していこう」
5:
以下、名無しにかわりましてSS速報VI
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
名無しさん@おーぷん
2016/12/27(火)18:53:40
ID:31h
胎児ワイ「こんな時代に子作りとかアホちゃうか?」
胎児ワイ「せや!死んだろ!」
神「ダメです」
胎児ワイ「ファッ!?」


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
13:
名無しさん@おーぷん
2016/12/27(火)19:00:16
ID:31h
胎児ワイ「なんやねん!!アホな神は無視して死んだろ!」
胎児ワイ「・・・。ファッ!?死ねないやんけ!!ドーゆーことや!」
神「フフフッ・・・。おまえが生きるか死ぬかは私が決めること、お前は決められない!」
胎児ワイ「なんやこいつ自分勝手やな。。。」
19:
名無しさん@おーぷん
2016/12/27(火)19:06:11
ID:31h
神「お前には使命がある」
胎児ワイ「使命・・・?」
神「そう、その使命とは・・・不細工、コミュ障、彼女なし、頑張っても結果はゼロで、一生不幸で救われない人生を歩みその姿を世間に晒し、世間がこんな人にはなっちゃだめよといえるような人になることだ」
胎児ワイ「なにいってんだこいつ・・・。」
21:
名無しさん@おーぷん
2016/12/27(火)19:11:01
ID:31h
神「つまり、世間から見た悪い例に君はならなければいけないんだ」
胎児ワイ「ファッキューゴッド」
神「私を恨もうが、君の運命はこれで決まったんだ。君がどうやろうと、この運命からは逃げられない。」
胎児ワイ「やべぇよ・・・やべぇよ・・・」
24:
名無しさん@おーぷん
2016/12/27(火)19:15:37
ID:31h
神「とは言え、君はまだいい方の人間だよ?なぜなら、世間にその姿を晒すことができる程度残念な人だからな」
胎児ワイ「どうゆうことや?」
神「つまり、ギリギリ犯罪者ではなく、ギリギリ障害者ではなく、ギリギリ社会に許されて生活が送れるということだ」
胎児ワイ「つまり、ワイは一生一般社会のボーダーラインにいるということか」<
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/12/10(土)01:33:49.46
ID:+Zz+Vkxco
―マクドナルド―
男「ここがマクドナルド……通称マックか」
友人「初めて来るのか?」
男「ああ」
友人「俺はハンバーガーのセットにするけど、どうする?」
男「同じものでいい」
友人「分かった」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1481301229


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/12/10(土)01:36:22.65
ID:+Zz+Vkxco
男「これがマックのハンバーガーか……」
男「……」モグッ
友人「どうだ?」
男「上等なブタの餌といったところか」
友人「……な!」カチン
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/12/10(土)01:38:29.63
ID:+Zz+Vkxco
―吉野家―
男「ここが吉野家か……」
友人「吉野家も初めてなのかよ。ほら牛丼食えよ」
男「……」モグッ
友人「どうだ?」
男「まさに……ブタが食うに相応しい食い物だ」
友人「……な!」カチン
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/12/10(土)01:40:39.49
ID:+Zz+Vkxco
―CoCo壱番屋―
男「ここがCoCo壱番屋か……」
友人「早口言葉みたいになってるぞ。通称ココイチだ」
友人「さ、カレーライス食べようぜ」
男「……」モグッ
友人「どうだ?」
男「ブタは喜んで食うだろうな」
友人「……な!」カチン
5:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/12/10(土)01:43:00.06
ID:+Zz+Vkxco
―リンガーハット―
男「ここがリンガーハッ
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
名無しで叶える物語(みかん)
2019/01/25(金)17:24:58.48
ID:DrJgbo+k
絵里「希の家に行く途中、土砂降りに遭ってずいぶん濡れちゃったわね」
絵里「早く家の中に入れてもらわないと…」
ピンポーン
希「はーい、エリち雨の中ご苦労さん、すぐ開けるからな」
絵里「お願いするわ」
ガチャ
希「びしょびしょやん」
絵里「さっきまで晴れてたのに急に雨が降ってきたのよ」
希「はよシャワー浴びてき、そのままやったら風邪ひくで。着替えはウチの貸すからな」
絵里「悪いわね、そうさせてもらうわ」


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
名無しで叶える物語(みかん)
2019/01/25(金)17:25:31.80
ID:DrJgbo+k
絵里「シャワーありがとう希、これで風邪ひかなくて済みそうよ」
希「エリち、ウチの服なかなか似合っとるやん」
絵里「ありがとう何から何まで」
希「ええんよ」
しばらくして
絵里「それでにこがねーー」
希「ははは!そりゃおもしろいな」
絵里「…あ、もう真っ暗だわ、そろそろ帰らないと」
ピカッ
絵里「きゃっ、今光ったわよ!」
ゴロゴロ
希「大丈夫やてエリち、光に比べて音が遅れてるからそこまで近くないよ」
絵里「そうだといいけど…」
3:
名無しで叶える物語(みかん)
2019/01/25(金)17:25:57.39
ID:DrJgbo+k
ピカッ…ゴロゴロ
絵里「きゃあ!」
希「ちょっと近づいてきてるな」
絵里「今日は希のうちに泊まろうかしら、亜里沙にLINEしないと」
希「エリちは怖がりやな」
絵里「落ちてきたら死んじゃうでしょ!」
希「大丈夫やって、そんなことめったにないって」
絵里「たまにはあるってことじゃない!」
4:
名無しで叶える物語(みかん)
2019/01/25(金)17:26:22.95
ID:DrJgbo+k
ドガーン!

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします
2019/01/13(日)23:23:38.566
ID:M69HvLmR0
男の娘「ん、買ってくる」
男「あ、お、おれも…」
男の娘「うちいていーよ、いってくらぁ」
男「あ、うん…」
男の娘「くぁー!!くそさみぃ!」
男(つ、着いてきちゃった…)


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします
2019/01/13(日)23:28:11.410
ID:M69HvLmR0
男の娘「…ネギが高い」
男(う、うちにまだあるよ…買わなくていいよ…)
男の娘「…わけぎでいいか」
男(わ、わけぎじゃ薬味にならないよ!彩りはいいけど!)
店員「きみ、ちょっと」
男「ひぃっ!」
男の娘「そいつ、ウチの連れです」
店員「?」
男「ひえっ!!」
3:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします
2019/01/13(日)23:29:44.612
ID:M69HvLmR0
男の娘「だから家にいろっていったのに」
男「ご、ごめん…なさい」
男の娘「謝んなくていいよ、ネギ買わずにすんだし」
男「あ、え、その、へへへ…」
男の娘「お前オレがいねえとホントだめな」
男「え、あ、ごめん…」
男の娘「謝んなって」
5:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします
2019/01/13(日)23:33:09.326
ID:M69HvLmR0
男「あの…」
男の娘「んぁ?」ズルズルズル
男「その…君…いつまでおれんちいるの?」
男の娘「なに、オレがジャマだって?」
男「そ、そういうわけじゃ…ないけど…」
男の娘「…お前がそうやってウジウジしなくなるまで」
男「え、あ、えぇ?」
男の娘「安心しろ、すぐ変わる」
男「そ、そうかなぁ…」
男の娘「そうそう」ズルズルズル
7:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします
2019/01/1
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/01/26(土)17:55:22.63
ID:tW7Nk8EDO
ガチャ
唯「ただいまー」
唯P(以下P)「お帰り、唯」
唯「もー、プロデューサーちゃんったら」
「そこは」
「おかえり、ゆい。ご飯にする?お風呂にする?」
「それとも????」
P「それを俺にやれって?」
唯「あはははー☆」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1548492922


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/01/26(土)17:57:57.81
ID:tW7Nk8EDO
唯「それはそうとしてー、ただいまーっ。あー、疲れたー」
P「寒かっただろう。今日は鍋だぞ」
唯「わー!プロデューサーちゃんのお鍋大好きー!」
P「手を洗ってうがいもしてこいよ」
唯「はーい」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/01/26(土)18:02:26.87
ID:tW7Nk8EDO
P「ほーら、鍋を置くからちょっとどいてな」
唯「なにこれ、なにこれ!ちょー豪華ジャン」ピョンピョン
P「給料日だったし、たまにはな」
唯「おいしそー!」
P「それじゃあ食べるか」
唯「ねぇねぇ」
P「ん?」
唯「なんかさー、ゆい達新婚さんみたいだよねー」
P「同棲しているだけだろう」
「何を今更」
唯「えー、プロデューサーちゃんつまんなーい!」
P「馬鹿なこと言ってないで、冷めない内に食べなさい」
唯「はーい」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/01/26(土)18:09:14.96
ID:tW7Nk8EDO
?????
チュンチュン
唯「んー」
唯「もー、朝か……」
唯「プロデューサーちゃん、昨日も激しかったからな(
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/01/23(金)19:33:15.59
ID:0He2c9Sk0
夕雲「・・・というより、画面の中の提督を見ているわよね?」
巻雲「う?」
艦これのSSです。メンテナンス中なのでちょっと書いたやつなので超短いです
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1422009195


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/01/23(金)19:33:55.23
ID:0He2c9Sk0
夕雲「ふふ、巻雲さんはなんというか、馬」
巻雲「そんなことないですよぉ!」
夕雲「は、早いわね・・・いや、画面から見てる、と画面の中をみているのは相当違うと思うわ」
巻雲「うう?・・・ちょっと間違えちゃったんですぅ」
夕雲「でもそういうところがかわいい!」ギュッ
巻雲「はわわわ、きゅ、きゅうに抱きつかないでください?!」
夕雲「あらごめんなさい」パッ
巻雲「あ、べ、別に嫌なわけではないんです、よ?」
夕雲「うふ、わかってるわよ。かわいい子ね、本当に」ギュー
巻雲「えへへ」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/01/23(金)19:34:29.65
ID:0He2c9Sk0
夕雲「でも本当に不思議ね、これ」
巻雲「そうですね?、原理がわからないです」
夕雲「人を生きたまま液晶の中に閉じ込めるなんて、どうなっているのかしら」
提督「   !     !」バンバン
巻雲「あれ、なんか必死そうに液晶を叩いてるようにますね??」
夕雲「ふふ、かわいいわね。巻雲さんみたい」クスクス
巻雲「ま、巻雲みたいですかぁ?でもかわいいっていうのには同意です?」
夕雲「でも、これで提督の視線を独り占め、ね。巻雲さん」
巻雲「そうですね夕雲姉さん、他の人たちには渡しません!」
おわり
4:
以下、名無しにか
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします
2019/01/24(木)00:16:43.187
ID:D926KEXJ0
DQN「俺の全財産……1200円」
悪友「オイオイ……今時小学生でももっと持ってんじゃねーの?」
DQN「だよなぁ……。よーし、こうなったら当たり屋でもやってひと稼ぎすっか」
悪友「当たり? 宝くじでも買うのか?」
DQN「アホか! 車にわざとぶつかって金を脅し取るアレだよ!」
悪友「冗談だよ、冗談。だけどあんなの下手したら死ぬだろ。大丈夫なのかよ?」
DQN「それがさ、当たり屋って意外とカンタンらしいんだよ」
悪友「へえ?」


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
3:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします
2019/01/24(木)00:19:43.664
ID:D926KEXJ0
DQN「まず、いきなり道路に飛び出すじゃん? すると、運転手は当然ブレーキをかける」
悪友「うん」
DQN「で、あとはほとんど止まる寸前の車にこっちからぶつかっていくだけ」
DQN「これで……一回数万、うまくすりゃ十数万は脅し取れるらしい」
悪友「へえ?、どこで知ったんだよ、そんなやり方」
DQN「『週刊ガチ話』で読んだ」
悪友「なんか一気にうさん臭くなってきたな……」
DQN「あっちに道路がある。さっそくやってみるか!」
悪友「どうなっても知らねえぞ……」
8:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします
2019/01/24(木)00:22:44.483
ID:D926KEXJ0
ブロロロロ… ブロロロロ…
DQN「うん、ここはどの車も時速30?40キロぐらいだからな。最悪死ぬことはないだろ」
悪友「どういう計算だよ……。つか、マジでやんのかよ?」
DQN「おう、今日から俺の輝かしい当たり屋人生が始まんのよ!」
悪友「オレの目の前でグロ死体になるオチだけは勘弁な」
DQN「――お、来た来た!」
ブロロロロ…
DQN「初心者マーク! 初心者は事故ると動揺しま
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
名無しさん@おーぷん
2019/01/24(木)00:45:27
ID:v5v
悟空「はぁ・・・おめえはオラに説教するときだけは本当に元気だなぶっ〇すぞ・・・」
彡(^)(^)「えっ・・・?」
悟空「オラは確かに息子の悟飯に内緒でセルが悟飯怒らせて未知の力がでてくるなんてとんでもねえ作戦立ててる。でもな、一番終わってるのはお前のネイルと同化した時のテンションなんだよ」
彡(゚)(゚)「・・・」
悟空「おめえはサイバイマン倒して以来、カッコつけてフリーザの前に出たと思えば「スピードなら俺だ!!」(声真似)とかぬかして敵前逃亡してしかも捕まるし、人造人間はもちろんセルもおめえが倒してればこんなことはならなかった。」
今もそうだ。一緒に戦おうなら結構な事だが・・・おめえは生まれた時から「いつかやってやるぞ」とかいってたけど何をやっていたんだ?」
彡(・)(・)「・・・」(ポコペンポコペンダーレガツツイタ・・)
悟空「都合が悪くなるとすぐ卵産む癖はいい加減治しておけよ、タンバリンはお前の兄弟じゃねえんだからな


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
9:
名無しさん@おーぷん
2019/01/24(木)00:53:12
ID:v5v
悟空「最強のパワーをwww手に入れたのだーーーwwww」
悟飯「?」
ピ「ちょwwやーめーろーよーやめてくれよ・・」
https://open2ch.net/p/livejupiter-1548258327-9-490×200.png
10:
名無しさん@おーぷん
2019/01/24(木)00:54:28ID:1Ox
精々10万程度だったろう状態から100万越えやからね
そらはしゃぐよ
11:
名無しさん@おーぷん
2019/01/24(木)00:54:50
ID:v5v
>>10
10万でもすげえけどな
12:
名無しさん@おーぷん
2019/01/24(木)00:56:04
ID:v5v
悟飯「ピッコロさんとお父さんが昔戦った時は
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆qTT9TbrQGQ
2019/01/25(金)22:45:56.77
ID:kvMA8kqV0
どうも、森久保乃々です。
現在、大きな悩みを抱えています。
少し前に、「詩を投稿していたら美玲ちゃんがファンになっていました」事件がありました。あ、事件の名前は、たった今つけました。
事の顛末は”美玲ちゃんが楽しそうで良かったです”で終わらせておきましょう。それ以上語ると、ねたばれぇ……
森久保「詩を投稿していたら美玲ちゃんがファンになっていました」

あの後、美玲ちゃんは、もりくぼの詩を色々な人に紹介していたみたいです。布教、というやつですね。
もちろん、もりくぼのものとは知らずに、です。
布教の成果は、出てしまったようです。
「凛さん、”小さな森のポエム帳”って、知ってますか?」
「それならもう全部読んだよ、まゆ。面白かった。蒼い風を感じたよ」
まゆさんと凛さんが、もりくぼのよく知っている詩について、ニコニコと話しています。
蒼い風ってなんですか。そんな鮮やかな色纏う波紋が飛び立ちそうな風、もりくぼの森には流れませんけど。
「うふ、蒼じゃなくて、緑の風ですよね?」
まゆさんが、もりくぼの心の声を代弁してくれました。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1548423956


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
◆qTT9TbrQGQ
2019/01/25(金)22:52:55.22
ID:kvMA8kqV0
もりくぼは、しばらくまゆさんと凛さんが話しているのを聞いていました。
凛さんは美玲ちゃんから聞いて、まゆさんは輝子ちゃんから聞いて、知ったそうです。
輝子ちゃんも布教活動をしていたとは……。といっても、雑談のネタのひとつとして、ちょっと言っただけのようなので、布教とは違うかもしれませんが。
ですが、輝子ちゃんがまゆさんに言っていたのは、意外でした。
意外すぎて、思わず、「えっ」と、声を上げてしまいました。
まゆさんと凛
続きを読む

[ 閉じる ]
13:
名無しで叶える物語(世界最後の大陸)
2019/01/26(土)15:59:01.56
ID:4MbwLylU
千歌「…ち、違うのこれは!///」カァァ
鞠莉「…ふぅん」
クイッ
千歌「ま、鞠莉ちゃん?///」
鞠莉「この本にこうやって顎クイするシーンがあったの」
千歌「う、うん…」
鞠莉「可愛いよ、チカっち(イケボ)」
千歌「ま、まりちゃん////」ドキッ
鞠莉「…なーんてね♪お芝居よお芝居」ケラケラ
千歌「…////」ボーッ
鞠莉「どうしたのちかっち?」
千歌(どうしよう…今のせいで完全に鞠莉ちゃんを意識しちゃってる////)キュンキュン


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
16:
名無しで叶える物語(世界最後の大陸)
2019/01/26(土)16:04:24.21
ID:4MbwLylU
鞠莉「…ずっと顔赤いけどもしかして熱?」
コツンッ
千歌(あぁぁ///鞠莉ちゃんのおでこにが千歌のおでこに////)
鞠莉「熱は…ないみたいね」
千歌「ねぇ、ワザとやってるでしょ////それも本にあった内容だよ////」
鞠莉「えっ、そうなの?」
千歌(えぇ素でやる普通!?////)
みたいなね
21:
名無しで叶える物語(世界最後の大陸)
2019/01/26(土)16:26:53.59
ID:8/KytNbD
鞠莉「早く寝たほうがいいわ、ちかっちはお布団に入りなさい」
千歌「でもチカ病気じゃないし」
鞠莉「そうだわ、ねぇちかっち!ここにいい枕があるの♪」
千歌「え?」
ポフッ
千歌(…これは///)
鞠莉「超簡単!マリーの太もも枕よ!!ふかふかでしょー」
千歌「う、うん////」
千歌(鞠莉ちゃんの顔がまともに見れない///胸が大きいせいもあるけど)
鞠莉「ふふっ、早く元気になってね♪」
千歌「だからチカは病気じゃないのに.
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆C2VTzcV58A
2015/08/22(土)12:42:41.59
ID:E18PwNw90
QRK(急に梨沙が上位で来たので)
即興ネタで書きました
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1440214961


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
◆C2VTzcV58A
2015/08/22(土)12:45:13.80
ID:E18PwNw90
光「急にどうしたの」
梨沙「光が泥棒役の演技に苦労してるみたいだから、手伝ってあげようと思って」
光「あ……うん、実はそうなんだ。ごっこ遊びでもいつもヒーロー役ばかりやってるから」
梨沙「でも、ヒーロー番組いっぱい見てるんだから、それだけ悪役の姿も見てきてるはずでしょ? それの真似すればいいんじゃないの」
光「わかるのと自分が演じるのとはまた別だろ? 難しいよ、やっぱり」
梨沙「なるほどねえ」
3:
◆C2VTzcV58A
2015/08/22(土)12:46:29.14
ID:E18PwNw90
梨沙「まあいいわ。だったらなおさら練習が必要ってことよね」
光「うん。やる気はあるし、何かいい方法があるならどんどん試して行こうと思う」
梨沙「フフフ、よくぞ言ったわその言葉」ククク
光「(こういうイタズラっぽいニヤニヤ顔が自然にできればいいんだけどな)」
4:
◆C2VTzcV58A
2015/08/22(土)12:47:35.15
ID:E18PwNw90
梨沙「というわけで、今回アタシが提案する練習は」
光「ドキドキ」
梨沙「ズバリ、盗みの練習よ!」
光「ぬ、盗み?」
梨沙「アタシも光も物を盗む役だし、一緒にやれば一石二鳥ね」
光「ちょっと待って。劇の中ならともかく、現実で盗みなんてやったら犯罪だぞ」
梨沙「大丈夫よ。ちょっと知り合いの小物でも持って行って、ばれなかったらすぐに元の場所に返すだけだし」
梨沙「これなら麗奈がいつもやってるイタズラと同じよ」
光「アタシはイタズラも
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/04/02(月)22:08:39.60
ID:nj7zpZen0
チャラ男「イヤッホーッ! 大学入学だーっ!」
チャラ男「大学入ったからにゃ、四年間ヤリサーで遊びまくってやるぜェ!」
チャラ男「さっそくこの大学のヤリサーを探さなきゃな」
チャラ男「すんませ?ん、この大学ヤリサーってないっすか?」
学生「ああ、あっちにあるよ」
チャラ男「あざーっす!」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1522674519


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/04/02(月)22:09:06.10
ID:nj7zpZen0
チャラ男「おほっ、いたいた! イケてるギャルが!」
チャラ男「はぁ?い」
ギャル「はぁい」
チャラ男「オレさ、ヤリサーに入りたいんだけど、案内してくんない?」
ギャル「ヤダー! ウッソー! 入ってくれるの?」
チャラ男「マジマジ!」
ギャル「え?……じゃ、案内するね!」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/04/02(月)22:10:10.32
ID:nj7zpZen0
ギャル「こっちよ!」
チャラ男「えへへ……」
チャラ男(きっとこの子みたいな可愛い子がいっぱいいるに違いない!)
チャラ男(今日からオレは、ヤリまくりの、突きまくりだぁ?)
5:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/04/02(月)22:11:49.36
ID:nj7zpZen0
ギャル「うちのサークルの部長よ」
部長「よろしく」ムキッ
チャラ男「!?」ギョッ
チャラ男(うおっ、ムキムキじゃん!)
チャラ男(パネェ……百人斬りぐらい軽くこなしてそうな感じなんだけど)
チャラ男(さっすがヤリサーの部長だけある! 期待させてくれるゥ!)
6:
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2018/12/31(月)20:52:43
ID:KXsveOXc
このお話はフィクションです。たぶん。


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2018/12/31(月)20:54:31
ID:KXsveOXc
【某IT企業 開発室】
技術者「待て!」
AI『何デショウ?』
技術者「おかしいだろ、どう考えても!」
AI『ソンナコトハ、アリマセン』
技術者「買い物して、定価の5倍の消費税が取られるなんて、無茶苦茶だろうが!」
AI『私ハ、経済発展省ノ出資ニヨリ、3,000万?掛ケテ開発サレタ、対話型ノ超高性能AI……』
AI『ソノ名モ、【ソフト MORIKAKE-Ver2.0-】!』
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2018/12/31(月)20:59:55
ID:KXsveOXc
AI『世界中ノ、有トアラユル経済指標ヲ瞬時ニ取得!』
AI『過去ノ事象ヲ参考ニ、入力サレタ条件カラ、最適ナ答エヲ導キ出セマス!』
技術者「知ってるよ」
技術者「前バージョンでも、学者が予測できなかった、第2のサラリーマンショックを指摘したり、」
技術者「100年後の為替相場に株価の予測、多国籍企業の脱税行為も検出できる……」
技術者「対話型、超高性能AI!」
AI『アリガトウ、ゴザイマス! ワタシハ、超高性能♪』
技術者「でも消費税500%ってのは、流石にないだろ……」
AI『……』
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2018/12/31(月)21:01:06
ID:KXsveOXc
AI『私ノ計算ニ、間違イハ、アリマセン!』
技術者「う?ん……」
技術者「もう週明け、政府に納入しちゃうのに、変なバグがあったら絶対にマズイ!!」
技術者「なぁ調べたいから、ソースと途中の計算過程を見せてくれよ」
AI『了解シマシタ!』
ピッ♪
ガガガガガガ
ザァァァァァァァァァァァァァァ……続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします
2018/11/07(水)21:43:54.583
ID:8f8JKh740
未来トランクス、フリーザ撃破後
ピッコロ「人造人間が3年後にくる。言っておくが自信のないやつは来るな!足手まといになるような者にいられちゃかなわんからな」
ヤムチャ「そ…そうだ来るなよ」
クリリン「は…はは…」
ヤムチャ帰宅後
「そうは言ってももう限界まで鍛えてきたからな。どうすれば………そうだ!強くしてもらえるように神龍に頼もう!」
プーアル「ヤムチャ様すごいです!」


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
3:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします
2018/11/07(水)21:46:19.944
ID:8f8JKh740
神龍「さぁ願いを言え、どんな願いも一つだけ叶えてやろう」
ヤムチャ「俺をこの世で1番強くしてくれ!」
神龍「それはできない、1番強い者は私の力を大きく超えているのだ、他の願いを言え」
ヤムチャ「くそっ…いい考えだと思ったのに…そうだ!地球人としては限界でもサイヤ人になればいいんだ!」
プーアル「ヤムチャ様すごいです!」
4:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします
2018/11/07(水)21:49:09.224
ID:8f8JKh740
ヤムチャ「おーい、神龍、俺をサイヤ人にしてくれ!」
神龍「それならば可能だ、力の差とは無関係だからな…よし、サイヤ人にしたぞ、ではさらばだ」
ヤムチャ「し、尻尾が!すごい!サイヤ人になったぞ!」
プーアル「ヤムチャ様すごいです!」
5:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします
2018/11/07(水)21:51:27.156
ID:8f8JKh740
ヤムチャ「まずスーパーサイヤ人にならなくちゃいけないな。よし…確か穏やかな心を持ちながら怒らなくちゃいけないんだな」
ヤムチャ「しかし、怒ると言っても…そうだ!プーアルを◯してもらおう!」
プーアル「ヤムチャ様すごいです!」
ヤムチャ
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
2
3
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。