SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
媒体:SSマンション
<<
2017年08月
>>
309件取得
人気記事順表示
<<
0
1
2
3
>>
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/05/06(土)23:41:35.67
ID:jVl9m9WG0
※初めてのスレ立てです。
至らない点がありましたらご指摘ください。
艦これイベントで資源が尽きましたので遠征の空き時間で
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1494081695

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/05/06(土)23:42:18.30
ID:jVl9m9WG0
提督「・・・。資源がない」
夕張「提督、二回目ですよ。」
提督「しかし困ったな。まさか1日で燃料と弾薬を10万以上消費するとは」
夕張「今回のイベント前に初めてしっかり備蓄したので支援艦隊もガチ支援でお願いしてましたしね」
提督「エコ支援の有用性がよく分かったな。それに今回はE2でも沼りE3の輸送任務中にも大破が続出してガチ支援を入れまくったからな。資源が減るのも致し方なしか」
夕張「なにを落ち着いちゃってるんですか!やばいですよ。大淀さんにはイベント海域の出撃はしっかり情報が出揃った後の1週間後って言われてましたよね?」
提督「そうだな。今回はしっかり備蓄したと言っても各資源10万程度。沼ってしまったら簡単に消える資源の量だな」
夕張「それが分かっててどうして大淀さんが会議でいない今日にそんな無理をしたんですか!」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/05/06(土)23:43:05.94
ID:jVl9m9WG0
提督「これを見てくれ。これは今日の朝に友人の提督から送られてきた電文だ」
夕張「んーなになに『今回はヌルイべ 話題になっているE2も対策すれば問題なし』なるほど。ちなみにこの提督はどなたですか?」
提督「毎月500位以内に入っているランカー提督でありながら各資源も30万溜める元帥様だな」
夕張「比較対
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆ULqTtBUL.k
2016/10/18(火)22:07:31.05
ID:AA2cmBUno
P「あいさん。いえ、今進めてる企画が行き詰まってまして」
あい「ふむ………そうだ、Pくん。一度休憩しないか?頭を休めれば見えることもあるだろう」
P「確かにそうですね……ずっと液晶画面とにらめっこでしたし」
あい「それじゃあコーヒーでも淹れてくるよ。いつものお礼だ」
P「いえいえ、大事なアイドルにそんなことさせられませんよ。俺がやりますから座ってて下さい」
あい「私がしたいんだ。たまにはお返しさせて欲しい」
P「………そこまで言うなら、お願いしてもいいですか?」
あい「ああ、承った。お礼の気持ちと………愛情を、たっぷり入れてくるよ」
P「か、からかわないでください」
あい「からかってなんかいないさ。でもそうだね、からかうとしたらもっと………こう……………」
P「……あの、ちょっ、あいさん近い近いです息が当たってます離れてくださいというか早くコーヒー淹れてきてください!!!」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1476796050

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆ULqTtBUL.k
2016/10/18(火)22:13:15.64
ID:AA2cmBUno
あい「おや、どうしたんだい?」
P「いえ、今度やる仕事の衣装なんですけど………」
あい「ほう、どんなデザインなんだい?」
P「…………こんなです」
あい「これは………フフッ、なかなか面白いじゃないか。メイド服なんてね」
P「あいさんなら絶対似合いますよ」
あい「そうかい?Pくんが言うならそうなんだろう。しかし………」
P「どうしました?」
あい「こんな仕事を持ってきたということは、君は私にメイド服を着せたかったのかい?」
P「え?」
あい「それともメイド姿の私に何かして欲しいことでもあるのかな?」
P「そそそそんなわけないじゃないですか!
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/07/11(火)22:40:12.48
ID:e8Ot7lw30
1が他の作品やってる時でネタが出ない時に思いついたギャグ日常物
更新ペースはスローリー
後、気まぐれです、ごめんなさい
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1499780412

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/07/11(火)22:41:23.87
ID:e8Ot7lw30
ローソン横須賀鎮守府第88支部横店
従業員御案内
店長 鹿島 初めは手伝いで行なっていたコンビニ勤務だったのだがいつの間にか店長に。
      店長目当ての常連多数。
従業員1 香取 大人の色香に惑わされた眼鏡狂いの狂信的ファンの多い副店長。
        店長の姉。眼鏡、眼鏡!眼鏡!!眼鏡!!!鹿島と交代で勤務。
従業員2 加賀 大規模作戦時以外暇な為、暇つぶしに始めた。
        現在は彼女に餌付けしようと通う客が多数。
従業員3 江風 加賀に無理やり連れてこられた。姉の海風と交代で勤務。
        元気印の彼女目当てにくる高齢者の客がいる。
従業員4 海風 江風に巻き込まれてたまに交代で勤務。
        彼女目当てに来る客がいるが利用客の憲兵により追い払われている。
他にも臨時で来る娘は居るがメインの従業員は以上
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/07/11(火)22:41:54.01
ID:e8Ot7lw30
第一話 『 新人襲来 』
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/07/11(火)22:42:34.90
ID:e8Ot7lw30
鹿島「加賀さん、江風さん、本日から新しい従業員の方が来ますのでよろしくおね
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/07/22(土)13:04:08.56
ID:Ri/J1gkP0
モバマスSSです
劇場の奴をちょっと改変した感じになってます
誤字脱字キャラ崩壊口調崩壊を含むかも知れません
モバPはP表記です
短いです
それでも良ければご覧ください
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1500696248

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/07/22(土)13:05:24.68
ID:Ri/J1gkP0
?公園?
美嘉「いや?ごめんね??急に付き合ってもらっちゃって」
P「これぐらい全然いいって、てか俺でよかったのか?」
美嘉「本当は唯ちゃんとかその辺りと行く予定だったんだけどね?」
P「ああ…そういえば」
唯『やっばー!宿題全然終わってなーい!』
P「とか言ってたな…ははは」
美嘉「もー莉嘉みたいだよね?ほんと」
P「あー莉嘉も言ってそうだな、夏休みの宿題とか8月終わるぐらいにやり始めるタイプだろ」
美嘉「そうそう!今年もお姉ちゃん助けてーって絶対来るねっ★」
P「その調子じゃ俺んとこにも来そうだな」
美嘉「うん、間違いないね★」
P「まあ…そん時はそん時かな」
美嘉「あんまり言わないようにしとく?」
P「ああいや、別にいいよ。頼ってもらえるのは嬉しいしな」
美嘉「Pってほんと過保護だよね?」
P「そうか?」
美嘉「うんうん!何かあったらすぐ頼れ?とか言うしさ?あっ嫌じゃないよ?ただレッスン終わっても大丈夫か?とか飲み物買ってくるか?とかさ?」
P「それぐらい普通だと思うんだがな」
美嘉「それが普通ってなかなか無いんじゃない?」
P「そうか…まあ辞める気は無いけどな」
美嘉「うん★アタシもそれがいいと思う」
3:
以下、名無しにかわりま
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/03/28(月)22:47:38.57
ID:PfOEVo70o
―執務室―
提督「そうか……清霜、まず戦艦になるには何が必要だと思う?」
清霜「えーっと……練度を上げる?」
提督「そうだな。清霜は来たばかりで練度はたったの一、これでは戦艦どころか駆逐艦としても未熟で戦場には出すことも危険すぎる」
提督「だからまず、清霜は改になるまで演習に参加してもらうぞ。出撃と違って轟沈のリスクが無いとは言え、真剣に取り組むんだぞ」
清霜「はい! 清霜、改を目指して頑張ります!」
――――――
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1459172858

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/03/28(月)22:48:06.93
ID:PfOEVo70o
一週間後
清霜改(以下清霜)「清霜、改になりました!」
提督「おめでとう。演習だけとは言えここまでよく頑張ったな。でもこれからが本番だ」
提督「清霜にはしばらくの間、リランカ島周辺の対潜哨戒の旗艦を担当してもらう」
清霜「対潜哨戒をするの? 戦艦になるなら砲戦を重視したほうがいいんじゃ……」
提督「戦艦になる前に、駆逐艦として出来ることをマスターしておくことが大事だと私は考え、対潜哨戒をさせようと私は考えたんだ」
清霜「そっか、確かに基本は大事だね!」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/03/28(月)22:48:34.02
ID:PfOEVo70o
提督「それにリランカ島は難関海域故に練度も上がりやすいからちゃんとやればメキメキ強くなるはずだ」
清霜「難関海域……改になったばかりの清霜に出来るかな?」
提督「大丈夫だ。被害を最小限に抑えるため、優秀な随伴艦を清霜につけることになっている。これを見ろ」スッ続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/09/14(月)11:28:47.12
ID:UfOg5eau0
結衣「ゆきのん、また靴がないの?」
雪乃「今日で五日目ね…全く誰がこんなことをしてるのかしら」
結衣「ゆきのん、ヒッキーに相談してみない?力になってくれるはずだよ」
雪乃「それは出来ないわ。彼は今受験勉強で手一杯なのよ、無駄な心配は掛けられないわ」
結衣「でもさ…」
雪乃「私一人で解決するから貴方も心配する必要はないわよ。私を助ければ次のターゲットは貴方になるはずよ」
結衣「そんな事言わないでよ友達を助けるのは当然の事だよ!」
雪乃「ありがた迷惑よ…」
結衣「ゆきのん!そんな言い方ないじゃん!」
雪乃「ごめんなさい…とにかく私一人で解決するから大丈夫だわ職員室にスリッパを借りに行ってくるわ」
結衣「ゆきのん…」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1442197726

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/09/14(月)11:35:23.75
ID:UfOg5eau0
教室
雪乃(私の机の上に花瓶が置いてあるわね…これも今日で五日目ね)
女性生徒「マジで受けるんですけどwwwwwwww」
女子生徒2「今まで調子乗ってた罰だよねぇ?wwwwwwww」
雪乃「貴方たちの仕業ということでいいのね?」
女子生徒「は?証拠がないくせに何でそんな言いがかりつけるわけ?」
女子生徒2「そうだよ?雪ノ下さんってやっぱり最低だね」
雪乃「最低なのはどっちかしら?言いたいことがあるなら正々堂々と言えばいいじゃない?つまり貴方たちはそのレベルに達してないって事ね」
女子生徒「うざっ」
女子生徒2「そういうことばっかり言ってるから友達出来ないんじゃないの?それにそんな言い方してたらそういう事されても仕方ないと思うよ?」
女子生徒「本
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
1
2013/10/30(水)14:31:20.59
ID:/qvEh18V0
八幡「うっす」トビラ、ガラガラ
雪乃「あら、比企谷くん。来たの?」
八幡「なぁ雪ノ下、ナチュラルに俺をdisるのやめてくんない?」
雪乃「あら、心外ね。私はただあな(ry」
結衣「ねぇ、ゆきのん、なにヒッキーと二人で楽しく会話してるの?あたしは空気の?そもそもヒッキーとゆきのん、付き合ってもいないよね?なのにどうして?どうして夫婦みたいに話てんの?」ニコニコ
雪八「由比ヶ浜(さん)?」
結衣「大体、ヒッキーはあたしの気持ちに気づいてるよね?なのにどうしていつもいつもゆきのんと居るときばっかり楽しそうにしてるの?そんなにあたしって魅力ないかな?一緒にいて楽しくないかな?そこのまな板よりも楽しくて明るい人間だと思ってたんだけどなぁ。ねぇ、どうして?どうしてなの?ヒッキー?」ニッコリ
八幡「とりあえず落ち着け、由比(ry」
結衣「あたしは落ち着いてるよ。ヒッキー。ねぇ、ヒッキー答えてよ。ヒッキー。ヒッキー?」ニッコリ
雪乃「少しいいかしら、由比ヶ浜さん?」アセアセ
結衣「大体、……サエ………バ…」ブツブツブツ
雪乃「ゆいが(ry」
結衣「あんたさえいなければ!!!!!!!」ナイフ、ブッサス
雪乃「う、ああ、ゆいが」ガクッ
八幡「雪ノ下、雪ノ下!!おい、なにしてるんだ!!」
結衣「これで邪魔者は消えたね。ヒッキー。」ニコニコ
八幡「なに考えてるんだ、由比ヶ浜!雪ノ下はお前のともだ」グサッ、ハチマンハ、ナイフヲササレタ
結衣「ヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキー。むこうの世界で幸せになろ?」
八幡「な、なにを」ガクッ
結衣「今そっちへいくよ、ヒッキー!ずっと一緒だからね、ヒッキー!!!」……グサッ
おしまい<
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆pG/vw.lNn6
2015/05/22(金)21:23:53.56
ID:P/UBZvn20
村雨「はいはーい! 白露型駆逐艦「村雨」だよ。みんな、よろしくね!」
提督「随分とまた明るい娘が来たな。白露型と言うと、五月雨の……」
村雨「そ。私がお姉さんね」
提督「ははは、お姉さんか」
  「見ての通り、私はまだ着任したばかりで艦娘も駆逐艦ばかりだ」
  「お姉さんの働きに期待してるよ」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1432297423

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆pG/vw.lNn6
2015/05/22(金)21:25:27.34
ID:P/UBZvn20
提督「ふぅ。やっと第3艦隊が解放されたぞ」
村雨「お疲れ様、提督」
提督「ありがとう。これも村雨達が出撃や遠征を頑張ってくれているおかげだ」
村雨「うふふ。いい感じにレベルも上がってるしね」
  「来週の村雨にも、期待してね♪」
提督「来週もだが、今週はまだ1日あるからそっちも頑張ってほしいな」
村雨「はーい」
3:
◆pG/vw.lNn6
2015/05/22(金)21:31:25.95
ID:P/UBZvn20
村雨「提督、連絡が入ってるよ」
提督「また演習の誘いか……」
村雨「たまには受ければいいのに」
提督「向こうは大和型まで持っているんだぞ。戦艦すらいないウチがどうやって勝てと」
村雨「勝てなくても、経験は得られるでしょ? この先、深海棲艦の戦艦とも戦うんだし。演習はあくまで演習なんだから、あまり気にしなくていいと思うな」
提督「……それもそうだな」
  「じゃあ村雨旗艦、僚艦抜きの一隻編成で出しておこう」
村雨「ちょ、待っ!」
4:
◆pG/vw.lNn6
2015/05/22(金)21:35:00.52
ID:P/UBZvn20
◇改造
村雨改「村雨、パワー
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆Xz5sQ/W/66
2017/07/10(月)17:36:31.21
ID:aCNVt51G0
===
「一つ、確認しておきます。あなたはエッチなのですか?」
問われ、男は言葉を失った。
今、目の前に立つ見目麗しい少女はその澄んだ瞳を真っ直ぐに向け、彼の返事を待っている。
だがしかし、ここは何と答えることが正解なのか?
「はい」か「いいえ」か、単純な二択のハズなのに、
男にはそのどちらを選んだ場合でも、来るべき未来は同じ物に思えてならなかった。
そしてまた、その予感と予想は至極正しい。
どちらを選んでもバッドコミュ。
彼にはとても気の毒だが、この質問に正解など、
最初(ハナ)から用意されていない。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1499675790

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆Xz5sQ/W/66
2017/07/10(月)17:38:50.58
ID:aCNVt51G0
「……プロデューサー?」
故に、男が選んだのは「沈黙」……
その整った眉を訝し気にしかめる少女に対し、
彼は無言の回答でこの場を乗り切ろうとした。
だが、少女はそれで納得しない。
頭に被っていた麦わら帽子のつばを上げ、
先ほどよりも強い口調で問いかける。
3:
◆Xz5sQ/W/66
2017/07/10(月)17:40:42.07
ID:aCNVt51G0
「プロデューサー? 声は届いておられましょう」
その言葉遣いは丁寧だが、彼女の視線は返答無きならササニシキ。
いや、返答次第ではあなたを指すのもやぶさかでないと、
そのような鋭く厳しい視線であった。
誰だってさされるのは嫌である。
刃物だろうと、トドメだろうと、少女の場合は人差し指だが、
あまつさえ呉服屋の娘が人様を指でさすなんて!
それも人差し指で遠慮なく、躊躇もせずに指すだなんて!
それは少々行儀が悪い
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆Xz5sQ/W/66
2017/05/16(火)19:55:37.91
ID:z0tUWiHG0
※ 独自設定が多々あります。
===1.
 肩たたき券を知ってますか? そうです、それです。その券です。
 持ち主が「あ?、肩凝った」とぼやきながらヒョイと相手に差し出せば、
 何処からともなく用意した、鋼鉄製のブロードソードでビシバシと肩を叩いてほぐしてくれる。
「これがホントの肩たたき剣。……なんてなんて♪」
 鋼鉄製とまではいかないものの、プラスチックでできた玩具の剣を鞘から抜いて、目の前の彼女は言いました。
 刹那、頭の中に浮かぶのは、かつて言われたあの台詞。
『そなたの相は前古未曾有。例え命尽き肉果てようと、逃れ難き女難の持ち主でしてー』
 あれから今日まで色々あった。本当に色々あり過ぎるのでここではあえて語りませんが、
 先の有難いお告げの通り、知り合う女性出会う女性の皆々が、厄介な問題に自分を巻き込んでくれましたとも。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1494932137

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆Xz5sQ/W/66
2017/05/16(火)19:57:33.05
ID:z0tUWiHG0
 そして今、眼前に仁王立つ彼女はと言いますと、
 そんな数あるトラブルを合わせて固めて凝縮し、外からはその混沌さが決して覗き見ることができぬよう、
 神さまが綺麗キレイにラッピングした人型巨大タイフーン。
 台風は日本の南から来ると言いますが、
 レイカと名付けられたこの風は、あらゆる法則を無視します。
 それがどれほどデタラメなのかと説明すれば、
 そう、あらゆる気象をねじ伏せながら悠々と、北からやって来る台風です。
 だから、名前が北上麗花。
 ……もちろん全てはこじつけであり、本人にはとても言えないが。
「でもでもちゃんと、肩はほぐしてあげますよ? さっ、今すぐ後ろを向いてください」<
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2017/04/23(日)21:18:57.06
ID:mOYe0V+90
アニメジョジョ17話
振り向いてはならない小道に迷い込んだ岸辺露伴と広瀬康一。杉本鈴美からある話を聞いていた。
鈴美「…ここの家ね。15年程前殺人事件があったんですって。隣のおばあちゃんから聞いた話よ。事件の日の真夜中この家の女の子が寝室で寝てるとね」
露伴、康一「!?」
鈴美「両親の部屋の方でピチャリ、ピチャリって何かが滴る音がして目が覚めたんですって」
鈴美「何の音だろう?パパ。ママと呼んだんだけど返事がないんですって。でも女の子はそんなに怖くなかったの。なぜなら傍には愛犬がいたから」
鈴美「だけど相変わらずピチャ、ピチャって音が何十分も続いてるんですって。ついに女の子は何の音か調べに行くことにしたのよ」
鈴美「すると首を切られた愛犬アーノルドがコート掛けに吊るされ死んでいたの!」
鈴美「突然ベッドの下から声がしたわ。「お嬢ちゃんって、かわいい顔と、エロい体をしてるね。勃っちゃったよ。クックック?ン」」
鈴美「「両親も既に殺したぞ。母親の中(腔内)は最高だった」と言って…」
鈴美「そして女の子も(強姦されたのちに)殺されたのよ!!」
―――
――


varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2017/04/23(日)21:59:48.34
ID:mOYe0V+90
お詫び
今年の1月に「もし吉良に異常な性癖がなかったら?」というスレを書いてましたが、このRのことを分かっておらずSS速報VIPに書いちゃいました。
後にそれに気付いたら怖くなって立て逃げしてしまいました。ホントにごめんなさい!通報しないでくださいお願いします
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1483758613/
今回は修正版です。マジで中途半端にならないよう
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆NSr7d3y3ORk4
2016/03/24(木)23:13:11.79
ID:muD4CT5Wo
閻魔「これより裁判を開廷します。被告人、前へ」
女「よろしくお願いしまぁす。思っていたよりダンディな方なんですねぇ」
ザワザワ
赤鬼「ケッ、女かよ。今日は早く終わりそうだな」
青鬼「かわいい子だなぁ……フヒッ」
黄鬼「アンタ見境ないわねぇ、あんな媚び媚びした女のどこがいいのよ」
閻魔「傍聴席の方は静粛に。女さん、どうしてあなたがここで裁かれる理由は分かりますか」
女「ちっともわかりませぇん。私、天国に行けないんでしょうかぁ?」
閻魔「天国へ行くことのできる資格は、心に一点の曇りもない清らかな魂を持つ者に与えられます」
閻魔「しかしあなたは現世の法律で定められた数多の罪を犯している」
女「えぇ?そうでしたっけぇ?」
書記鬼「閻魔様、こちらを」スッ
閻魔「記録によれば、あなたは麻薬密売、児童強姦、殺人、また殺害した小児を食し遺棄したそうですね」
ザワッ
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1458828781

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆NSr7d3y3ORk4
2016/03/24(木)23:14:11.32
ID:muD4CT5Wo
赤鬼「うげぇ!人間のやることじゃねぇ、本物の化け物じゃねえか!」ガタッ
青鬼「ヒィィっ!?ボクたち鬼もそこまで酷いことはできないよぉっ」
閻魔「静粛に。しかしそこまでの罪状をかけられながらも、あなたは良心の呵責を一切感じていない」
閻魔「あなたにはご自身の罪を正しく理解しておられないとの疑いがかかっております」
女「いやですねぇ。私は間違ったことなんて何一つしてきませんでしたよぉ?」
女「はやく天国に連れて行ってくれないかしらぁ」
閻魔「本裁判ではこの閻魔が弁護士、検事および裁判長を務めさせていただきます。書記鬼」
書記鬼「はっ。こちらに」ゴト

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2017/07/20(木)22:21:25.45
ID:nydYuGQyO
妹「ですが量がイマイチですね」
兄「…」
妹「もう一度」
兄「…」コク
シコシコシコ…
兄「」ドピュ

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2017/07/20(木)22:24:58.26
ID:nydYuGQyO
妹「今度は距離が短すぎます」
妹「ほんとうにダメな人ですね。兄さんは」
兄「…」
妹「そんな事で私を孕ませる事ができるとでも?」
兄「…」
妹「明日またチャンスをあげます」
妹「せいぜい足掻くことですね」
兄「…」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2017/07/20(木)22:27:07.11
ID:nydYuGQyO
兄「…」
シコ…シコシコシコ
兄「」ドピュ
妹の写真「」ベチャ
兄「…」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2017/07/20(木)22:29:45.53
ID:nydYuGQyO
〈次の日〉
妹「さあ。今日も始めましょうか」
兄「…」
妹「私の満足いく射精、見せて頂けますね?」
兄「…」コク
シコシコシコシコ…
兄「」ドピュ
妹「…何ですかそれは」
5:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2017/07/20(木)22:32:47.08
ID:nydYuGQyO
妹「そんなものですか、兄さんの本気は」
兄「…」
妹「私を孕ませる気などない、そういう事ですか?」
兄「…」
妹「兄さんは私を愛していないと」
兄「…」
妹「もういいです。あなたの気持ちはよく分かりました」
妹「私
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
2017/07/2215:41:42.971
ID:XmY1uK7q0.net
コンコン
シャア(さすが地球の性風俗、来るのが早い」
ガチャッ
ハマーン「…」
シャア「ハマーン、なぜ貴様がここにいる!」
ハマーン「今のジオンが人手不足なのは貴様も知っているだろう」
シャア(宰相自ら外貨を稼ぐために体を売っているというのか)
ハマーン「なんだ、部屋に入れないのか?」
シャア「少し同様してしまっただけだ、入るがいい」
ハマーン「私が直接来た事で動揺しているのか、かわいいところがあるではないか」
シャア「私も人並みの人間だ、予想外の事には対処できんよ」
ハマーン「私がきたのが予想外というわけか、無理して地球まで来たかいがあったというもの」

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};

7:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
2017/07/2215:48:39.014
ID:XmY1uK7q0.net
コンコン
ハマーン「ん?他に誰かと会う約束をしていたのか?」
シャア「貴様が来たのだからほかに会う者はおらんよ」
ハマーン「ルームサービスの類だろ、私が出るから貴様はそこにいろ」
シャア「今日はやけに優しいなハマーン」
ハマーン「今日は宰相ではなく一人の女だ、私にも男を立てる事くらいできる」
シャア(これもサービス中というわけか)
シャア「ルームサービスだったのか?」
ハマーン「ケバい女がやってきてわけのわからんことを言っていた、おおかた部屋を間違えたのだろう」
シャア「こういうホテルは番号頼みだ、私も酒に酔った時は間違える時もある」
ハマーン「貴様にもそういうところがあるのだな」
シャア「そろそろ服を脱いだらどうだハマーン」
ハマーン「…ずいぶんとムードの無い誘いだな、私と貴様の関係はとうに終わったはずだが?」
シャア「私達の関係などは今はどうでもいい、ここに来たのなら服を脱ぐんだ
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
2017/07/2202:50:30.006
ID:0FfgmfYE0.net
博士「……まだ自分の置かれている状況が飲み込めていないのかな?……ま、無理もないか。」
博士「まず……はじめまして。私のことは……ふむ、そうだな……」
博士「……未来の夫に、なんて呼んでもらおうか……いやぁ、なかなか難しいね………クククッ…。」
博士「まあ、キミからしたら私はあくまで初対面の人間だ。見ての通り、“博士”とでも呼んでくれ。」
博士「それで、だ…………私の夫として、生きていく覚悟はできたかな?私としては今すぐにでも、キミと触れ合いたいところなのだがね…。」
博士「……なに?……おやおやどうしたというんだい、そんなに警戒したりして。私はキミの妻になる女だぞ?もう少し心を許してくれても……」
博士「……心を許せと……言っているんだっ!」

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};

3:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
2017/07/2202:56:27.543
ID:0FfgmfYE0.net
博士「………ああ、やってしまった…。出来ればあまり使いたくはなかったのだが………まあ仕方がない、私の言うことを聞かないキミが悪いんだ。」
博士「……それはね、私の自信作でもあるんだ。少々大きすぎて、手軽に持ち運ぶことが出来ないのが不便ではあるが……ククッ……なかなか、キくだろう?」
博士「そういえば言っていなかったね。私は人間のカラダの仕組みを研究している科学者でね。」
博士「今は□□軍に雇われて、私の研究を生かした拷問具の開発に携わっている。」
博士「ああでも、勘違いしてほしくないのはね。私はなにも人間を惨たらしく殺すための道具を作っているわけじゃあないんだ。」
博士「私が作っているのは、“人に言うことを聞かせる器具”。……まあ、つまりだね。そんな器具にキミが拘束されているということは……」
博士「何がなんでも、キミを私の夫にしたいというわけだ。」
博士「
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆FCmO9Y9YEc
2017/07/15(土)23:46:56.86
ID:56ATsb7G0
ちひろ「どうしたんですか、不景気な顔をして」
デレP(以下P)「あんたに毎日搾り取られてたらそりゃ不景気にもなりますよ。いやそうじゃなくて」
P「蘭子の字幕が消えちゃったんですよ!」
ちひろ「……字幕?」
P「ほら、いつも蘭子が熊本弁を喋ってるとき、……こう、胸の辺りに字幕が出てたじゃないですか、標準語で」
ちひろ「あー……、出てましたね、なんか、こう……副音声的なのが」
ちひろ「いつも思うんですけどなんなんですか、あれ。VFX?」
P「いやそんな大層なものじゃないと思いますけど。とにかく見てください、ほら、あれ」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1500130016

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
3:
◆btZY.W7DfU
2017/07/15(土)23:53:59.14
ID:56ATsb7G0
蘭子「煩わしい太陽ね……」
ちひろ「……」
P「……」
ちひろ「……あれ?」
P「……ね、おかしいでしょう?」
ちひろ「え、ええ、そうですね。いつもだったら……、こう、胸の辺りに(おはようございます!)って字幕が出るのに……どうしちゃったのかしら」
P「ですよね……、どうしましょう、これ」
4:
◆btZY.W7DfU
2017/07/15(土)23:59:29.60
ID:56ATsb7G0
蘭子「過に面妖な色を……。魔物の邪気に中てられたか」
P「アカン、意味が三割くらいしか理解できん」
ちひろ「とりあえず私たちの顔色が悪くて心配……ってことが言いたいんじゃないんでしょうか」
P「ああ、なるほど、合点が行きました」
蘭子「むう……怪なる蜜を啜りあって……」
P「えっと……?」
ちひろ「蜜……? なんでしょう、甘いものでも飲みたいんでしょうか?」
P「あー、なるほど、それ
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆btZY.W7DfU
2017/07/13(木)22:46:34.07
ID:PAZUTaaMO
雪美「……千秋……ステマって……?」
千秋「あら佐城さん、来てたのね。でも今日はオフじゃなかった?」
雪美「……千秋お姉さんに……勉強……教えてもらいたくて……」
千秋「ウフッ、嬉しいこと言ってくれるじゃない」
雪美「それで……、……ステマ……って?」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1499953594

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆btZY.W7DfU
2017/07/13(木)22:49:39.03
ID:PAZUTaaMO
千秋「……その、大変遺憾ではあるのだけれど、私、今回も総選挙圏外だったじゃない」
雪美「……そう……残念だった……」
千秋「なに、佐城さんは気にしなくていいの。結果は結果。まだまだ私が至らなかっただけの話だもの」
雪美「……でも……」
千秋「そう悲しい顔をしないで頂戴、佐城さん。貴女は貴女の順位を喜べばいいのよ。22位だなんて凄いじゃない」
雪美「……うん、嬉しい……」
千秋「別に妬んでないから。ホント全然妬んでないから」
雪美「……ホント……?」
千秋「ええ、本当よ」
雪美「じゃあ総選挙の結果発表の日にスマホ買い換えたのも関係ない……?」
千秋「ああそう、ステマの話なんだけど」
雪美「……んー……?」
3:
◆btZY.W7DfU
2017/07/13(木)22:52:53.30
ID:PAZUTaaMO
千秋「Pさんにね、聞いたのよ。私に何が足りないのかしらって。そしたらマーケティングが足りないんだって言われたの」
雪美「マーケティング……?」
千秋「ようは宣伝よ。ただちょっと事情が違ってね。ネットでそれとなく行う宣伝活動らしいのよね」
雪美「……千秋、ひょっとしてステマがどういうものか知らない……?」
千秋「大変遺憾ながら、ネット文化に
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします
2014/03/20(木)00:56:32.08
ID:/5IzVzaC0
P「事務所内ではLINEというアプリが流行っており、アイドルの七割ほどが利用している」
P「その中にタイムラインという自分の行動を発信できる機能があるわけだが」
P「プロデューサーの俺としては出して良い情報と悪い情報があると思うんだ」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1395244591

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
5:
以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします
2014/03/20(木)01:11:18.43
ID:/5IzVzaC0
P「まずは良い例から紹介していこう」
美嘉『今日は莉嘉とショッピングー☆久しぶりに莉嘉と遊べて超楽しかったー!!』
P「この投稿には、はしゃぐ莉嘉を後ろから撮影した写真と二人で取ったプリクラの写真が添付されている」
P「実に可愛らしく、美嘉の莉嘉への愛情が溢れた投稿である」
P「この投稿は俺の中でもトップクラスに印象がいい」
6:
以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします
2014/03/20(木)01:31:32.07
ID:/5IzVzaC0
P「次、悪い例」
愛海『今日は誰のも揉めなかった。無念……』
P「何故か、千枝の写真が添付されている。しかも隠れて撮ったような」
P「危険極まりない。そして何故これを投稿しようと思ったのだろうか。敵を作るだけなのに」
14:
以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします
2014/03/20(木)02:53:10.52
ID:/5IzVzaC0
P「二つを紹介したところで、コメント欄を紹介していこう」
P「美嘉の投稿へのコメント」
莉嘉『超楽しかったね!!また行こうね?』
美波『私も久しぶりに弟と遊びに行こうかな』
美嘉『莉嘉もちろん!
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2017/06/12(月)23:01:56.75
ID:m0dWv89DO
大淀「いえー!」
明石「いえー!」
パチパチパチパチ!!
提督「」
大淀「日頃の提督への感謝をこめて!」
大淀「チェックポイントを巡りながら!」
大淀「いろんな艦娘とゲーム対決!」
大淀「勝者は豪華商品プレゼント!敗者は地獄の罰ゲーム!」
明石「まぁっ豪華商品!?ど、どういった?」
大淀「18禁」
明石「…罰ゲームは?」
大淀「18禁」
ニタァ……
大淀「それでは選手紹介!ロリペタエロっ娘コンビでぇぇーす!!」
提督「お前、本当に大淀か…?」
ロリエロぺったん艦娘を二人、募集します。
安価下1と2でお願いします。

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2017/06/12(月)23:04:24.79ID:jxYEQmItO
朝潮
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2017/06/12(月)23:04:31.06ID:xFBAqEMCO
如月
5:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2017/06/12(月)23:22:54.92
ID:m0dWv89DO
申し遅れましたが…
当スレは別のスレでリクエストが出た件で、「とりあえずやってみっか」と立てられたものです。
進行は不定期です。
6:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2017/06/12(月)23:36:09.92
ID:m0dWv89DO
如月「睦月型2番艦如月です。もぉ…司令官も好きなんだからぁ…?」
提督「あ?…朝潮?」
朝潮「はいっ!朝潮型1番艦朝潮ですっ!」
提督「お前、何か勘違いしてない?」
朝潮「とんでもありません!日頃の感謝をこめて、この朝潮!精一杯ご
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆U/MGvdZiN.
2015/04/16(木)19:39:30.40
ID:U1dDarqa0
いろは「というわけで、遊びましょうよ〜」
八幡「どういうわけだよ」
いろは「つまり、休みの日に暇な先輩の為に私が一肌脱いであげるってことです!」
八幡「暇じゃないし。日曜とか特に。朝から予定びっしりだから」
いろは「それテレビ観てるだけですよね?」
八幡「ばっかお前、音楽会に参加するまでの時間潰しだよ」
いろは「それ題名無いやつじゃないですか!しかもそれもテレビ番組ですし!」
八幡「とにかく土日は忙しいんだよ」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1429180770

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
3:
◆U/MGvdZiN.
2015/04/16(木)19:40:25.31
ID:U1dDarqa0
いろは「こんなに可愛い後輩と女児向けアニメのどっちが大事なんですか!!」
八幡「プリキュア」
いろは「即答!?ぐぬぬ……。こうなったら全力で先輩の日曜日を妨害してやる……」
八幡「上等だ。お覚悟はよろしくて?」
いろは「え、なんですかそれ気持ち悪い」
八幡(つらい)
いろは「とにかく!日曜日は先輩の家にお邪魔しますから!」
八幡「えー」
いろは「そういうことで!ごきげんよう!」
八幡「お前も見てんじゃねーか」
4:
◆U/MGvdZiN.
2015/04/16(木)19:41:39.93
ID:U1dDarqa0
日曜
いろは「おはようございます!」
八幡「……なんだ?もう七時か?」
いろは「もう十時ですよ」
八幡「はぁ!?っていうか何で……」
いろは「小町さんに目覚まし解除してもらいました。たっぷり睡眠も取れたことですし今日は一日中構ってあげますからね!」
八幡「なんで上から目線なんだよ。つーか返せよ俺のスーパーヒーロータイム」
いろは「大丈夫ですよ。録画は
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
◆0rjCWOlcd8we
2017/03/24(金)20:45:04.12
ID:1j/zKKdl0
提督と愉快な仲間たちが執務室に届いた爆弾を解除するお話
問題もあるよ!(目安30分)
201X年3月XX日 午後3時15分
とある鎮守府
提督「よし、書類もあと少しか 最近は深海棲艦もあまり活動しないからデスクワークばっかりだな」
電「平和なのが一番なのです、書類が終わったら一緒に間宮さんのところに行きませんか? 新作が出たみたいなのです!」
提督「おっそれはいいこと聞いた、さっさと片付けようか」
コンコン
提督「どうぞ」
ガチャ
比叡「司令、お呼びになりましたか?」
摩耶「よっす! 来てやったぜ!」
58「てーとく、58に何か用でち?」
瑞鶴「提督さん、何か用?」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1490355902

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆0rjCWOlcd8we
2017/03/24(金)20:45:42.52
ID:1j/zKKdl0
提督「? どうしたんだお前たち?」
摩耶「ああん? 呼んだの提督だろ?」
58「さっき卯月ちゃんに提督が呼んでるって言われたでち」
提督「卯月に? あいつまたいたずらか! いい加減に営倉に放り込んだほうがいいかな・・・」
瑞鶴「いたずらぁ!? 慌ててきて損した・・・」
提督「あいつにはきつーく言っておく、しかしなんでこんないたずら・・・」
3:
◆0rjCWOlcd8we
2017/03/24(金)20:46:57.44
ID:1j/zKKdl0
コンコン
提督「今度は誰だ? どうぞ」
ガチャ
大淀「提督、お荷物が届いているようです」
提督「ああ、ありがとう」
大淀「では失礼します」 ガチャ
提督「何か素っ気ないなあいつ・・・ なんだこれ? 差出人が書いてないぞ?」
摩耶「開けて
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/04/07(金)21:04:41.00
ID:YKhzWS1w0
※このSSはKENZENです。
※卑猥は一切ありません。
では、どうぞ。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1491566680

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/04/07(金)21:06:12.48
ID:YKhzWS1w0
飛鳥「わざわざオフに呼び出しとは、いったい何の用だい?」
モバP(以下P)「ああ。実はな…」スッ
P「こいつを見てくれ」ゴトッ
飛鳥「? 何だい、この棒状の機械は?」
P(マジか…)
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/04/07(金)21:09:23.92
ID:YKhzWS1w0
事の発端はこうだ。
飛鳥のプロデュース方針について思考を巡らせていた時、ふと思い浮かぶ。
―――飛鳥って性知識はどれぐらいあるのだろうか。
断っておくが、これはセクハラの類ではない。プロデュースに関わる重要な情報だ。
アイドルとして芸能活動をする以上、共演する俳優、大御所タレント、ファンからのセクシャルな視線を浴びることになる。中性的な雰囲気のある飛鳥とて、それを免れることはできない。
過度な知識は必要ない。とは言え、全くの無知では危険から身を守ることができないだろう。男という生き物は、時に恐ろしく愚かで下劣な行為を犯すことがある。
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/04/07(金)21:17:58.52
ID:YKhzWS1w0
それに飛鳥の中学二年生という絶妙な年齢も問題だ。
好奇心旺盛ゆえに、半端な知識が集まりやすい。聞きかじった知識をTV番組でひけらかした結果、それが実はとんでもない意味だった、では取り返
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/02/17(金)22:02:36.83
ID:japXwB1g0
超短いssです。
作者はss初心者なので誤字、脱字や指摘したいところがあればぜひお願いします。
後駄文注意。
「何だそれ?」
今朝唐突に司令室へ呼ばれ、出された提案。
「ちょっと遠くにさ、ちょっと特殊な重巡ネ級が出現する場所があるんだよ。何回倒しても、気付いたらまた住み着いてる。しかも、必ず一体しかいないんだ」
「そのネ級の何が不思議かってね、体が緑っぽくて、通常体よりちょっとだけ小さい。そして、魚雷は使わない」
「そいつが出る海域はかなり複雑に入り組んでいてね。他の艦はそうそう入ってはこれないんだ」
「なるほどな」
つまり、一対一でネ級と戦うことができる、というわけだ。外的要因に左右されず、己の力を試すことができる。確かに、実力を量るには丁度いいだろう。
「木曾も改二になったし、実力も付いてると思うんだ。やってみないか?」
「多摩もやったことあるにゃ。中々手強かったにゃ」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1487336556

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/02/17(金)22:04:10.16
ID:japXwB1g0
何処からか出てきた多摩姉さんがそう言った。多摩姉さんは提督とケッコンカッコカリをし、既にレベル155に到達している。そんな多摩姉さんが手強いと言うのだから、よほど強いのだろう。
「答えは勿論木曾に任せるが、どうだ?」
「……わかった。やってみるよ」
数日後。
「ここで合ってるのか?」
「勿論にゃ」
実行を決めた後、対重巡ネ級用の訓練をした。普段なら周りの味方と連携して戦うが、今回は一人。厳しい戦いになるのは分かりきっていた。多摩姉さんの経験を元に、姉さん達の協力を受けながら、着々と準備を進めていった
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/03/2321:57:23
ID:qfC5BYIY
友「部室に来るのも今日で最後だね」
女「ここで美少女三人、青春を謳歌したんだよなぁ」
友「ボクの人生で一番楽しい三年間だったよ」
女「できれば恋愛もしたかったけど」
友「女子校だしそれは仕方ないね」

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/03/2321:58:24
ID:qfC5BYIY
女「そういえば部長は?」
友「なんか用事があるから遅れてくるみたい」
女「優等生様は大変だ」
友「部長ちゃんってホント完璧超人って感じだよね」
女「容姿端麗、頭脳明晰、炊事洗濯なんでもござれ」
友「おまけにスポーツは全国レベルで実家は金持ち」
女「なんで文芸部なんかに入ったのやら」
友「引く手数多だっただろうにね」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/03/2321:59:25
ID:qfC5BYIY
女「そうそう本棚物色してたら面白そうな物みつけたんだー」
友「物色って、女ちゃん…」
女「これなんだけど友のじゃないよね?」
友「ボクのではないよ」
女「軽く見た感じ日記っぽい」
友「誰のだろう?」
女「あたしの推理によるとこれは部長のである」
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/03/2322:00:24
ID:qfC5BYIY
友「なんで?」
女「まず今この部室を使ってるのは文芸部員であるあたし、友、部長の三人」
友「そうだね」
女「そしてこの日記の始まりは三年前で最後は今年の日付」
友「つまり現文芸部員が怪しいってわけだね?」
女「そんであたしのでも友のでもないなら消去法で部長のってわけさ」
友「なるほど」
5:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/03/2322:01:23

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
名無しさん@おーぷん
2017/07/2023:47:52
ID:Gfp
蚯蚓「くくく、もう逃げられねぇ。さあ選びな 地中で俺に殺されるか、地上で三人に殺されるか?」
ウボォーギン「馬鹿が、逃げられねーのはてめェだ!!」
超破壊拳!!(ビッグバンインパクト!!)
蚯蚓もろとも地面が直径10メートルほどのクレーター状に抉られる
ウボォーギン「さぁ次は誰が死ぬ?」
病犬「幻影旅団か・・・」
豪猪「調子乗ってるなこいつ うん」
病犬、豪猪、蛭の三名「死ぬのはてめェだよ、バカ野郎が」
ウボォーギン「いいねェ、命知らずで好きだぜお前ら」
       「だが死ね!!」
豪猪に殴りかかるウボォーギンだが無数の針に刺されて拳が体まで届かない
ウボォーギン「!?」
豪猪「俺は体毛を自在に操り強靭な針にも変えることができるな。
  すごいパンチだが、体まで届かなけりゃ意味がないな、うん」 

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};

2:
名無しさん@おーぷん
2017/07/2023:48:25
ID:Gfp
ブチィ!!
咄嗟の隙を見て病犬がウボォーギンの肩を?み千切る
フェイタン「毛や歯で鋼鉄を誇るウボォーギンの肉を裂くとは」
シャルナーク「かなり鍛えられた念能力者だ、やるよあいつら。
手伝おうかウボォーギン!!」
ウボォーギン「余計なお世話だ!!」
腕を振り回して豪猪を取ろうとするが外れない
ウボォーギン「この・・・!」
豪猪「うん、ムリムリ。数千本の髪が絡みついたらもうはずせないな」
ウボォーギン「なら・・・
  てめェごと拳として使ってやるぜ」
ウボォーギンが豪猪がまとわりついた拳で蛭に殴りかかる
しかし豪猪の背中の体毛がクッション状になり蛭にダメージを与えられない
豪猪「自在に操れるから、部分的に柔らかくすることもカンタンだなうんうん」
ブチッ
病犬が今度はウボォーギン左足に噛み傷を与える
病犬「筋肉バ
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/01/21(木)18:51:13.84
ID:+SEdi2iSo
執事(すごい豪邸だな……)ゴクッ…
執事(今日からこの豪邸で執事として生活するのか……)
執事(しかし、俺だって執事としての訓練はバッチリ積んできた! いわばプロの執事!)
執事(よぉ?し、頑張るぞ!)
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1453369873

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/01/21(木)18:51:44.29
ID:+SEdi2iSo
令嬢「待っていましたわ、オーッホッホッホ!」
執事「本日より、あなたの執事を務めさせていただきます」
執事「よろしくお願いします」
執事(なかなかに高飛車そうだ……これは手強そうだな)
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/01/21(木)18:53:30.22
ID:+SEdi2iSo
令嬢「じゃあさっそく――」
執事(いきなりか!)
執事(おやつの用意か? お出かけか? それともダンスの練習?)
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/01/21(木)18:55:51.30
ID:+SEdi2iSo
令嬢「このライオンと戦って下さる?」
ライオン「……」ガルル…
執事「は!?」
6:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/01/21(木)18:57:56.63
ID:+SEdi2iSo
執事「なぜ!? どうして私がライオンと戦わねばならないのです!?」
令嬢「だって――」
令嬢「執事って強いんでしょ?」
7:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/01/21(木)1
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/09/0114:42:12
ID:Z9Dnw.Fg
男「オラ、飯できたぞ」
女「…早く死ねばいいのに」
男「食わなくてもいいぞ?」
女「食べてあげますから、死んでは頂けないでしょうか」
男「ウチに居座って3日間、死の一文字が入らない台詞、ほとんど喋ってないよね?」
女「とんでもない。自殺して頂けませんかとお願いした事もあったでしょう?」
男「うん、確かに死の文字は入ってないねー」

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/09/0114:43:08
ID:Z9Dnw.Fg
ぺらぺら…(ページめくりの音)
女「…こちらなどいかがでしょうか?」
男「ばっか、俺には派手すぎるよ」
女「とてもお似合いかと思います」
男「そんなお願いポーズしてもダメ」
女(うるうる…)
男「だめです」
女「…飛び降りなら確実に死ねると思ったのですが」
男「昔ネタに買った完全自殺マニュアル、捨てときゃ良かったよ」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/09/0114:44:01
ID:Z9Dnw.Fg
男「なんで俺に死んで欲しいわけ?」
女「…教えたら死んで頂けますか?」
男「嫌」
女「なら教えません」
男「理由によっては…(ウソだけど)」
女「…でも教えられません」
男「とにかく理由もなく俺にただ死ねと?」
女「それは違います。理由はありますが教えません、それでも納得して死んで下さいとお願いしているのです」
男「それ通ると思う?」
女「美少女のお願いですから、あるいは」
男「」
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/09/0114:45:54
ID:Z9Dnw.Fg
…三日前の深夜、男のワンルーム
男(今日から8月かぁ)
男(学校も休みだし、バイト代も貯まったし)
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/03/2410:13:47
ID:7M9stS0s
先生「朝のホームルームを始めるぞー」
友「よっす男、噂だと今日転校生が来るらしいぞ」ボソボソ
男「本当かよ」ボソボソ
先生「幼は休みかー?」
友「しかも転校生はボンキュッボンの美人という」ボソボソ
男「まじで!?」ボソボソ
友「それは俺の願望」ドヤァ
男「期待した俺が馬鹿だった」

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/03/2410:14:17
ID:7M9stS0s
先生「もう知ってるやつも居るだろうが、今日このクラスに転校生がやってくる」
オオー!オトコ!?ビジョ!?イケメーン!?
先生「こらー、落ち着けー。転校生入りづらくなるだろ。おーい、もう入っていいぞ」
ガラッ
女「はじめまして。今日からこのクラスでお世話になります女と申します。どうぞよろしくお願いします」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/03/2410:15:03
ID:7M9stS0s
キャー!カワイイ?!アシホソーイ!
ウオォォォ!ビショウジョキター!
友「……ボンキュッボンの美人キター!」
男「たしかにかわいい……ってどっかで見たような……」
先生「ほらー静かにな、女さん席は」
女「男様の隣……ですよね?」
先生「様?まあ、そうだよ。なんだ知り合いかお前ら」
ザワ……ザワ……
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/03/2410:15:35
ID:7M9stS0s
友「どぉういうことだ男ぉぉ!事と次第によってはお前を……」
男「いや、俺だって何がなんだか……」
女「隣失礼しますね、男様」ニコッ
男「あ、はい(どこで会ったっけな)」
先生「じゃ、みんな聞きたいことあるだろうし連絡は後でな、めんどいし。後
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
2016/04/0715:37:46.887
ID:BfHQPYcpM.net
幼馴染「ねぇ浮気したよね?今日委員長と放課後居残りしてなんかしてたよね?」
幼馴染「どういうことかなー?」グニグニ
幼馴染「返答によったら……さようならだよ?」ニッコリ
  
>>4

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};

5:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
2016/04/0715:38:28.767
ID:uii+/uj00.net
金玉を握り返す
11:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
2016/04/0715:40:46.003
ID:BfHQPYcpM.net
幼馴染「あらそう」グニニニニッ
幼馴染「いいんだよ?ほんとにつぶしちゃっても」ミチミチ
幼馴染「だって浮気するような悪いタマタマちゃんだもんね?」
幼馴染「あたし以外に注ぐ精子なんてつくってほしくないもん」
幼馴染「と、いうわけでさようなら♪」
幼馴染「最後に言い残すことある?」
>>15
15:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
2016/04/0715:41:44.747
ID:kt3V/25z0.net
金タマちゃんグッバイ
23:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
2016/04/0715:44:29.462
ID:BfHQPYcpM.net
幼馴染「……ふぅん」
幼馴染「潔いねー?」グニグニ
幼馴染「全く否定する気ないんだねー言い逃れ不可能なんだね」
幼馴染「あーあ…さいっっていだねこの浮気ちんぽ」
幼馴染「じゃあもういらないね。ばいばいしたもんね」
幼馴染「あははは」ミチミチミチミチ
幼馴染「えいっ」
ぐちゅ……パァン
28:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
2016
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわ
varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
りましてSS速報VIPがお送りします
2016/07/06(水)05:44:58.02
ID:DX+Lsv4Wo
※キャラ崩壊多めです。短め。
※初月嫁提督です。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1467751497
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/07/06(水)05:45:28.75
ID:DX+Lsv4Wo
初月「提督の部屋に缶詰が一杯ある……」
初月「僕も見たことが無い珍しい缶詰ばかり、ちょっと気になるな」
初月「この魚の絵の描いてある缶詰は何なんだろう?」
初月「古びているけど、それでも何となく高価な気配がある、どんな味の缶詰なんだろうか」
赤城「あれ? 初月さん、缶詰の整理ですか?」
初月「え、赤城さん?」
赤城「だめですよ初月さん、缶詰は確かに保管が効きますが、ちゃんと消費しないと、
   以前みたいに缶が膨らんで食べられなくなってしまいますよ」
初月「いや、違うんだ……」
赤城「違うも何もありません、勿体ないので皆で食べちゃいましょう! ささ、行きましょうか」
初月「あ……」
初月(僕の缶詰じゃないけど……、ちょっと気になるし流されておこうかな。提督ごめん、僕は悪い嫁だ……)
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/07/06(水)05:46:01.60
ID:DX+Lsv4Wo
提督「ワシの秘蔵のキャビアをギンバイしたのは誰だーーーーーーー!!」
大淀「ヨ級flagshipが『通商破壊だヨヨヨヨヨ』とか言って持っていきましたーーー!!」
その後、鎮守府近海の深海潜水艦は一掃された。
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/07/06(水)05:46:39.63
ID:DX+Lsv4Wo
暁「今日は暁が秘書艦だ
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
2
3
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。