SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
媒体:YomiCom
<<
2018年04月
>>
518件取得
人気記事順表示
<<
0
1
2
3
>>
1:
◆Dr3sRhwBR62018/04/25(水)23:39:19.12
ID:cUOVyLaY0
李衣菜「……意味が分からないので説明してください」
P「俺もよく分からないんだが、『李衣菜ちゃんに渡してください』って紙と一緒に机の上に置いてあった」
李衣菜「説明してもらっても全く理解できませんでした」
※モバマスのSSです

続きを読む

[ 閉じる ]
3:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/10/04(木)23:35:00.35
ID:g0yyxCyd0
ガチャ
船Q「お、アニキ!久しぶりやな」
船Q「エエやん、従兄妹は兄妹みたいなもんやろ?」
船Q「おかあちゃん、晩御飯までアタシの部屋で話しとるから」
船Q「ほらこっちやで、階段気をつけてな?」
トントントントン…
?????

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/04/22(日)20:09:09.36
ID:K6Kgs4jZ0
亜美「………は?」
真美「腹筋なんてバキバキになっててさ」
亜美「あ、うん」
真美「ウキウキしちゃって思わず腹パンしちゃってね」
亜美「ミキミキになんてことしてんのさ?」
真美「そしたら手首ヒネりまちた……ズキズキちます」
亜美「ほんとなにしてんのさ?」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2008/08/06(水)17:57:08.64
ID:UrlRAvaN0
アーニャ「見間違えかもしれない」
カチカチ
アーニャ「……」
アーニャ「もう1度」
カチカチ
アーニャ「……」
アーニャ「……やっぱり。変な書き込みがたくさん」
アーニャ「どうして?」
アーニャ「特に恨みを買った覚えはない」
アーニャ「私の大切な記録……」
アーニャ「……」
アーニャ「……うぅ……」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
◆mukai/MkQg2018/04/22(日)19:55:26.30
ID:SL2q+CVK0
姫川友紀「ラジオネーム『清宮ハム太郎』さんからのお便りだよ」
向井拓海「可愛くねえ…」
友紀「『8回表まで8-0で勝っていたので、風呂入ったんですよ。風呂上りにウキウキでビールを飲もうかなと思ったら8-9になってました』」
拓海「あっ…」
友紀「『私は心に深いトラウマを負いました。たくみんは責任をとってセクシーショットを披露すべきだと思います』」
拓海「アタシに責任ねえだろ!??」
友紀「やー、これは拓海ちゃんが悪いわ」
カンペ『たくみんが悪いよーたくみんがー』
拓海「理不尽だろうがァァァァァ!!!!!」
2:
◆mukai/MkQg2018/04/22(日)19:56:48.45
ID:SL2q+CVK0
前回
姫川友紀「メッセってそのメッセじゃないよ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1523787594/
・アイドルがダベるやきうラジオです

続きを読む

[ 閉じる ]
6:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/07/09(火)01:15:49.80
ID:XR0QQ6kh0
伊織「小鳥は?」
貴音「急病につき本日は休みとの連絡が」
伊織「ふーん、あんたいつも響と一緒に出勤してるみたいだけど、そっちは?」
貴音「地方遠征で春香、やよい、真と共に」
伊織「へ、へえー。それじゃあんたは、今日の午後まで暇なのね」
貴音「?そうなりますが、わたくしの予定を?」
伊織「えと、さっきスケジュールボード確認した時にチラッと見えたのよ!」
貴音「はあ、そうですか」
伊織「そう、そうなのよ」
貴音「……お茶」
伊織「へぁい!?なな何!?」
貴音「伊織も、飲みますか?お茶を淹れようと思うのですが」
伊織「そ、そうね、お願い、しようかしらね」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆zwSnMoL.0I2018/04/22(日)20:23:09.93
ID:UfFcvWVC0
前作
幸子「プロデューサーさん、ゆるキャン△ってなんですか?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1524153596/
前々作
みく「Pチャンって、なんでロリコンなの?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1523976651/
2:
◆zwSnMoL.0I2018/04/22(日)20:24:15.80
ID:UfFcvWVC0
P「おぉ、総攻撃を原作再現してくるとは……ただ最後の決めポーズの再現度はちょっと微妙だなぁ」
ちひろ「仕事中にアニメ見ないでくださいよ。また怒られますよ?」
P「まぁまぁいいじゃないですか、ちょっと休憩するくらい。そっちこそ、仕事中に今月のアガリを数えるのやめた方がいいですよ、世紀末覇者先輩」
ちひろ「ヨハンナッ!」ブチィッ
P「サトリナっ!」ドサッ
ちひろ「数えてませんよもう!まったく、私のことを悪徳金融の社長か何かだと思ってるんですかねこの人は……あら、何か落ちましたよ」ヒョイ

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/05/05(日)18:52:27.88
ID:OoBcC6fp0
春香「アンケートですか?」
P「あぁ、全員そろってるな?」
小鳥「社長以外は全員いますけど」
やよい「アンケートに答えればいいんですか?」
伊織「随分と枚数多そうじゃない。口頭じゃ駄目なわけ?」
P「違う。アンケートにはみんな既に答えてる」
真「え?どういうことですか?」
P「色んな番組のスタッフに無理を言って過去のお前たちの番組事前アンケートを貰ってきた」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆pBB3h.KBVc2018/04/19(木)20:57:26.51
ID:7cjsWwaAO
スイレン、マオ「え?」
サトシ「カキ!昨日のバトルすっげー燃えたな!」
カキ「ああ、熱いバトルだったな!」
マオ「へぇーあの二人、昨日もバトルしたんだー!」
スイレン「どっちが勝ったんだろ?サトシかな?」
リーリエ「論理的結論から言いますと……」
リーリエ「デキてますね、あの二人」ニヤリ

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2018/04/22(日)21:28:55.05
ID:FVAXGjv/0
※レズ、軽い暴力表現注意

天龍「服を脱いでこっちに来い、龍田」
天龍ちゃんにそう言われると、私は迷いなく服を脱いで天龍ちゃんの前に行く。
天龍ちゃんは私のベッドに腰を掛けて、足を組み、まじまじと私の身体を見る。
少し恥ずかしいけど、身体を隠すことは許されない。もし身体を隠したら、顔を殴られる、肩を殴られる、腹を殴られる、尻を蹴られる、腿を蹴られる、脚を蹴られる。
だから、身体を隠さない。天龍ちゃんの気の済むまで私の身体を見てもらう。
そして、天龍ちゃんが私の身体を見るのに満足すると、天龍ちゃんは自分の股を大きく広げ、再び私に一言だけ命令する。
天龍「奉仕しろ」
天龍ちゃんは、暗い瞳で私を見つめている。
自らの股を広げて、奉仕しろということは、つまりそういうことだ。
私は、大股を広げた天龍ちゃんの秘所に顔を近づける。天龍ちゃんはショーツを履いていなかったから、顔を近づけると天龍ちゃんの濃い匂いを感じる。
なんとなく、天龍ちゃんの様子を伺うために目線を少し上にずらす。
すると、天龍ちゃんと目が合った。天龍ちゃんは冷めた目で私を睨みつけている。
すぐに私は天龍ちゃんの秘所に口づけをする。
そして、私は丁寧に天龍ちゃんの秘所に奉仕をする。外側も内側も、クリトリスにも口づけをする。
そうしているうちに、天龍ちゃんの息遣いが少し乱れてくる。それと同時に、私の秘所も熱を帯び、愛液を垂れ流すが、四つん這いになっているから拭うことも出来ずに垂れ流したまま必死に奉仕をする。
そのまま奉仕を続けていると、天龍ちゃんは自分が絶頂に至る前に私に奉仕を辞めさせる。
そして一言。
天龍「よし、抱いてやる」
そうして、私は天龍ちゃんに抱かれる。

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆1jX9x0SFCY2015/11/29(日)11:13:50.94
ID:X/VhhfM80
劇場版ガールズ&パンツァーのネタバレ注意!!
読んでいなくても問題ありませんが、一応前作
優花里「熊本に帰る!?」みほ「うん」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1364647605/
まほ「みほが昔みたいに甘えてこない…」優花里「は、はぁ…」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1366275702/
2:
◆1jX9x0SFCY2015/11/29(日)11:14:32.97
ID:X/VhhfM80
――――大洗女子学園:正門前にて
まほ「『何で?』……というのは?」キョトン
みほ「だってここ、大洗女子学園!それにそれ……ウチの制服……」アセアセッ
まほ「?……もしかして、連絡が行き届いてないのか?」
みほ「連絡……?」
まほ「ほら、この間の試合で大洗女子学園に短期転校――と言う措置をとっただろう?」
みほ「そういえば……でも、あれはあの試合の間だけじゃ――?」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/04/22(日)17:57:21.184
ID:wpELAMeCa
如月千早「1回押してみようかな」
6:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/04/22(日)18:04:59.569
ID:aW9e7cG00
千早「……とりあえず押してみたけど何も変化ないわね」
千早「バカバカしい。こんなの初めから信じてなかったから別にいいけどいいんだけど」
春香「千早ちゃんおはよー!あれあれ?千早ちゃんなんか胸大きくなった?」
千早「えっ」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
◆mL2ZRk1cK.2018/04/22(日)18:11:04.40
ID:9INxUAaU0
原作五巻のネタバレを含みます。
未読の方、及びアニメオンリーの方は注意。
2:
◆mL2ZRk1cK.2018/04/22(日)18:12:00.51
ID:9INxUAaU0
斉藤(テントの設営を終えた達成感に浸っていると、リンから連絡がきた)
リン『そっちは今どんな感じ?』
斉藤(写真を撮って送る。湖と富士山とキャンプがシャッターに収まるように、なるべく引いた位置から)
斉藤『今設営が終わったところだよー』
斉藤(すぐに返信が来た)
リン『今日はよく見えるね』
斉藤(一瞬何のことを言ってるのか分からなかったが、富士山のことを指していると気付くのに時間はかからなかった)

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2015/10/25(日)03:02:46.47
ID:V1DcPruLo
艦隊、帰投したわ。今回も無事に主力艦隊を撃沈して来たから、褒めてもいいのよ?
え? 私が中破するなんて珍しいですって?
……たまたま運悪く敵空母の攻撃が直撃しちゃったのよ
でも、MVPはもちろん、私が取ったわ。さすがでしょう?
……それより早く入渠しろ?
…………言われなくても、今すぐ行くわよ
私は踵を返して部屋から出ようとする。ドアの前で一度立ち止まり、提督の方を見て――
…………提督のバカ
心の中で言ってから、執務室のドアを閉めて入渠ドックへ駆け足で向かった
☆☆☆
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2015/10/25(日)03:03:42.10
ID:V1DcPruLo
夜戦描写の練習その2

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しが深夜にお送りします2018/04/21(土)17:34:19
ID:tiQvWcug
※ガヴリールドロップアウトのオリジナルSS
?あの世と現世の境目の世界?
ゼルエル「ガヴリール、今回は一つ、ある仕事を頼まれてくれないか?」
ガヴリール「ある仕事?」
ゼルエル「今、ある魂が天界か、魔界どちらに行けば良いかが分からずにこの境目で彷徨っているとの連絡があった。そこでお前には、その魂を保護して正しい方に導く、という事をしてもらいたい」
ガヴリール「ええぇぇーーっ!!?」
ゼルエル「面倒はなしだぞ?それにお前の今の立場は分かってるんだろうな??」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆vsZ0dcIsLo2018/04/20(金)21:29:44.13
ID:VRJztV3E0
P「志保、この前の取材だけど」
志保「なに下の名前で呼んでるんですか。やめてください」
P「えっ」
志保「いずれはあなたの姓になるんですから今だけは苗字で呼んでください」
P「ごめん、北沢さん」
志保「なに苗字で呼んでるんですか」
P「えっ」
志保「名前で呼んでください。寂しいじゃないですか」
P「し、志保……?」
志保「なんで言わないとわからないんですか?一生隣で囁いてあげますけど」
P「……」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/03/26(月)19:58:01.30
ID:qR0LM2MZ0
千早「…くっ」プルプル
春香(千早ちゃん…?)
千早「…これは」グヌヌ
美希(千早さん…)
千早「…くやしいけれど」ギリッ
雪歩(千早ちゃん…)
千早「…」スッスタスタガチャバタン

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆hAKnaa5i0.2018/04/22(日)22:47:35.81
ID:mrzSgh3n0
(仮眠室)
スッ...
夕美「かの豊臣秀吉は織田信長の草履を懐に入れて温めて忠誠心を示したという逸話があるわ…」
夕美「だったら布団ならもっとすごいんじゃないかな!褒められるんじゃないかな!」カッ!
夕美「というわけで!いつもプロデューサーさんが使ってる仮眠室の布団に入って温めておくよ!」
夕美「うりゃぁぁッ!」スポ-ン!
夕美「ふふふ…後はプロデューサーさんがここに来るのを待つだけだね♪」ヌクヌク

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/11/14(水)22:42:21.01
ID:X6hnyWzn0
やよい「い、伊織ちゃんの額が、赤く発光してる……?!」
P「太陽の光を反射しすぎたんだ!」
真美「ど、どういうこと、律っちゃん?!」
律子「伊織の額は一年365日、ずっと太陽の光や電気の光を反射し続けているわ……」
P「伊織の額は光を完全に反射するんじゃなく、一部を蓄積する仕組みになっているんだ」
亜美「限界って……つまり……」
律子「溜まりに溜まった光が凝縮された高エネルギー体になってるの。このまま密度が上がって行けば、もうすぐ……」
P「伊織の額は……メルトダウンを起こす」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/04/05(金)23:02:27.34
ID:QRzbCU540
P(高木社長はまあまあこっちの世界でも名の知れてる人だから、この765プロもそれなりの人材がいるのだろう)
P(俺も経験を積んで上方漫才優勝者を2組も出したくらいだ。お笑いのプロデュースにはそれなりに自信はある)
P(初出勤だが、どうだろう…)ガチャ
P「おはようございます…」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
4:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/10/04(木)22:23:27.24
ID:+SCeLsRF0
竜華「怜! 目ぇ開けて、怜ぃ!」
怜「ん……」
竜華「怜……! あれほど無理すんなゆうたのに! アホ! 心配したやないか!」 ぐすっ
怜「あー」
竜華「怜? どないした?」
怜「あー。うー」
竜華「と、怜……?」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆LYNKFR8PTk2018/04/24(火)22:27:36.62
ID:9lpsZER8O
二階
一松「……」ジー
トド松「あれ、一松兄さん。何見てるの?下に何かあるの?」
一松「……あれ」
トド松「『あれ』?」

栄太郎ママ「……」ソワソワ
栄太郎ママ「師匠……まだ来ないのかしら」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆bncJ1ovdPY2018/04/21(土)23:17:33.47
ID:6a/hgLuI0
真壁瑞希と周防桃子の二人がカフェでドメモするだけのSSです
書き溜めなので速攻で終わります
若干の百合要素が含まれます
作中に登場する「ドメモ」は、自分の手元にある数字を当てていくだけの(パッと見)簡単なボードゲームです
作者はドメモ初心者です
2:
◆bncJ1ovdPY2018/04/21(土)23:18:01.14
ID:6a/hgLuI0
瑞希「今日も一日、お疲れ様でした」
桃子「瑞希さんもお疲れ様」
桃子(夕方の薄暗いカフェで、桃子は瑞希さんと向かい合って座っていた。
最近はほぼ毎週ここに通っていて、段々と日々の楽しみになりつつある)
瑞希「今日は周防さんの番ですね。何を持って来たんですか?」
桃子「今日はこれ」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/19(水)14:36:55.44
ID:B3FQDt7o0
ナナリー「外もすっかり寒くなりましたね」
スザク「そうだね。ナナリー、風邪を引かないように注意するんだ」
ナナリー「はい。お兄様に余計な心配をかけたくはないので……くしゅんっ」
スザク「ナナリー、大丈夫かい?」
ナナリー「ご、ごめんなさい。そろそろ部屋に戻りますね」
スザク「そうだね」
ナナリー「……」
スザク(一人では部屋の外へ満足にでることができないナナリーにとって、冬は本当に辛い季節だろうな……。僕がなんとかしてあげられればいいんだけど……)
スザク「……そうだ」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆E055cIpaPs2018/04/21(土)22:35:39.04
ID:0nbIURfu0
モバマスSSです。
2:
◆E055cIpaPs2018/04/21(土)22:37:35.20
ID:0nbIURfu0
「ですからどうして駄目なんですか!納得のいく説明を求めます!」
 タブレットを握りしめた腕をぴんと伸ばし、椅子に座っている僕を少しだけ見下ろすような姿で、彼女が怒っている。
 僕を貫いている視線には、彼女らしい強い意思がここぞとばかりにぎゅっと詰め込まれ、その話し方には、彼女を良く知る者であれば疑いはしない聡明さが感じられる。
 その歳不相応の説得力に、僕は参ってしまっていた。
 彼女との付き合いも長いものなので、扱いは手慣れたものだと自負していたのだけど、どうやらその認識は改めなければいけないようだ。
 最近はだいぶご無沙汰ではあるが、出会ったばかりの頃の彼女、橘ありすはいつだってこんな調子だった。
 僕が無い知恵をひねり出して考えたプロデュース方針やレッスンメニューに、一つ一つ意味や目的を尋ねてきて、それが自分の意にそぐわないものであれば真っ向から否定して突っかかって来る。
 彼女は、そんな女の子であった。
 時には僕が考えたものよりもよほど効果的な案を携えてくるので、大人としての立場もプライドもあったものではい。
 そして、僕は彼女のそういった所に魅力を感じて惚れ込んでいた。
 だから、こうなる度に頭を悩ませている半面で楽しい気分でいっぱいになってしまって、他の仕事を全て投げ出して彼女との議論に華を咲かせがちになっているものなのだから、いつも僕たちは千川さんに目をつけられている。
「駄目なものは駄目」
 とはいえ、今回ばかりは彼女の要望に歩み寄るわけにはいかなかった。
 彼女の言い分も気持ちも十分に理解しているつもりだし、彼女の言うとおりに任せてみてもきっと良い物はできるだろうという確信もある。
 それでも、だ。
「私のSNS活動を解禁してください!」
「それでもそれはいけない。だって前に炎上しかけたでしょ」
 頑なに彼女の、ボクの担当アイドルである橘ありすからの抗議を珍しくも一歩も譲らずに否定
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/07/16(月)22:40:54.73
ID:bjiU3CHc0
P「そう言えばさっき音無さんがパソコンを使っていたな」
P「あの人、時々仕事をサボってネットサーフィンしているからな」
P「まあ、それを確かめる意味でも少し見させてもらいますよ」
合コン セッティング
お肌 手入れ
結婚 適齢期
菊地真 セクシー 画像 
気持ちい やり方
P「…………」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆6cZRMaO/G62018/04/21(土)21:02:33.56
ID:ltyWb9J+0
『のぞうみ』
『甘える』
友人よりの依頼で書きます。
2:
◆6cZRMaO/G62018/04/21(土)21:23:46.16
ID:ltyWb9J+0
海未「えぇと、希?」
希「んー?なに、海未ちゃん?」
海未「もしかして、今日の用事って……」
希「そうよ。海未ちゃんに耳かきをしてあげようと思ったんよ」ニコリ
海未「……えぇと……希?」
希「ん?どうしたん?そんな眉間にシワ寄せちゃって」グニッ
海未「や、やめてください」
希「おっと」パッ
海未「……今日は作詞について提案があるから家に来てほしい。そう言ったのは誰ですか?」
希「ウチやね」ニコッ
海未「…………はぁ。騙された、というわけですか」
希「人聞きが悪いなぁ」
海未「事実、そうでしょう?」
希「うん」
海未「…………まったく、あなたという人は……」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/01/12(土)17:52:13.80
ID:DBWKedIA0
P「あんまり自分は使ったことないですね」
小鳥「そうなんですか?」
P「まぁ、特にこれといった趣味もないですし…あとよく仕組みが」
小鳥「かんたんですよー!欲しい人が100円なら、なら私は120円だすわ!って言って競り合うだけですよ」
P「うーん…でもネットのオークションってなんか怖いし………ってもうこんな時間か」
P「じゃあ音無さん、営業行って来ますね」
小鳥「はい、いってらっしゃいプロデューサーさん」
P「あ、そうだ…もしでいいんですけど。俺のワイシャツ見つかったら教えてくれますか?」
小鳥「え?」
P「いやー、俺も気のせいかなって思ったんですけど」
P「昨日ちょっと汗かいちゃって、ワイシャツを事務所で着替えたんですよ」
P「代えはロッカーにありましたから、でもその着替えた後のワイシャツをロッカーに入れておいたはずなんですが…」
小鳥「なくなっていたと」
P「はい、まぁあんなものとったりする子うちには居ないでしょうし。俺がどこかに投げちゃったんでしょう」
P「ですから、もし見つけたらお願いしますね」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆AyvLkOoV8s2018/04/22(日)03:11:46.11
ID:s7L++1/r0
モバP「――それは青天の霹靂だった」
雪美「……?」
雪美「……!」
加蓮「…えー、奈緒また遅れるのー?」
加蓮「ちゃんと待ってるけど、埋め合わせはしてよー。それじゃ」プツン
雪美「加蓮…だれか……まってるの……?」
加蓮「ん?…えっと、雪美ちゃん…だよね」
雪美「うん……」
加蓮「誰か待ってるのかって?奈緒とお出かけしよーって約束して、今待ってるところだよ」
加蓮「なんか遅れるって言ってるけどね。…なに奢らせよっかなー?」
雪美「…ヒマ?」
加蓮「暇?そうかも。連絡くれるのはいーけど、奈緒がつくまで何してよっかな」
雪美「…じゃあ……ペロ……なでる……?」スッ
加蓮「いいの?」
雪美「うん……いいよ……ペロも……撫でてほしいって……」
ペロ「ウニャオ」
加蓮「……」ジー
加蓮「…じゃ、じゃあ遠慮なく……」ソー
モフ
ペロ「ゴロゴロ」
雪美「……どう?」
加蓮「……」ナデナデ
雪美「……」
加蓮「……」ナデリコナデリコ
加蓮「……やだ最高」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆Q/Ox.g8wNA2018/04/22(日)02:54:57.38
ID:rbf/OmiNO
映画レディ・プレイヤー・ワンの設定を一部流用したSSです。
公開直後と言う事も有り、ネタバレには注意してあらすじに書いて
いるレベルのこと以外使用していませんが、気になる方は閲覧注意でよろしくお願いします。

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
2
3
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。