SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
作品:涼宮ハルヒの憂鬱
<<
2019年10月
>>
15件取得
人気記事順表示
重複記事表示
<<
0
>>
1:
風吹けば名無し
2019/01/01(火)19:03:07.84
ID:X0t5bGl30
常盤貴子の叩き方草

関連
清楚で真面目な彼女が、最凶ヤリサーに勧誘されたら…?
【削除注意】変態JKがコスプレオナニーしまくってる「裏TikT●k」だと話題の公式アプリがこちらwwwwwww
【画像】ドコモショップの店員ってエロくない?wwww
ビルメン俺「宿直暇だしUNOでもするか」みんな「そだねー」
私「新婚旅行の見送りに行くね」兄「おk」→当日、両親と空港に行ったら、兄嫁に罵倒された。
【規制寸前】スナチャのエロ版が大流行!裏垢女子たちがロリ顔フィルターでえちえち配信しまくりwwww
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1561550451/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/06/26(水)21:00:51.77ID:F2H4nCm2O
その日、空に浮かんだ暗雲から雨粒が舞い降りたのは、昼休みが終わってからだった。
SOS団の無益な活動を終える頃には、いよいよ本降りとなっており、帰宅するべく昇降口から一歩踏み出すのは、傘を忘れた俺からすると、なかなか勇気の要る悪天候である。
「ん」
そんな俺に向けて、涼宮ハルヒが口をへの字に結んだまま、傘の先端部を突きつけてきた。
いったい、なんのつもりだろう。
「傘、忘れたんでしょ?」
「あ、ああ……」
「特別に、貸してあげる」
それはどうもご親切に、とはいくまい。
「お前はどうするんだ?」
そう尋ねると、ハルヒは何言ってんだこいつ、みたいな眼差しと共に、嘆息をひとつ吐いて。
「見ればわかる通り、傘は1本しかないんだから、あんたと一緒に帰るに決まってるでしょ」
ああ、なるほど。
それは道理だろう。
しかし、すると、まさか。
ひょっとして、それは相合傘という奴では。
「なによ」
「……いや、なんでもないさ」
今にも俺を置き去りにして立ち去りそうなハルヒに懸案事項を告げるのを諦めて、俺はいかにも女子の持ち物とわかる黄色い傘を、広げた。

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/06/26(水)21:04:17.66ID:F2H4nCm2O
ところで、傘というのは本来1人で使用するものであり、ビーチパラソルなどの特殊な用途に使われるものを除けば、そこまで大きくはない。
よって、現在、俺の左肩はびしょ濡れだった。
「肩、濡れてるわよ」
「仕方ないだろ」
「もう少し、こっちに寄ったら?」
肩が濡れるのは仕方ないことだと割り切っている俺に対して、ハルヒは解決策を提示した。
しかしながらそれには新たな問題が発生する。
端的に言って、肩と肩が触れ合う危険性だ。
「仕方ないじゃないの」
続きを読む

[ 閉じる ]
10/14 (18:00) SSなび
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/09/09(日)16:14:40.73ID:M4JLb74S0
朝倉「いたたたた、痛い?」ガクッ
キョン「お、おい、大丈夫か?」
朝倉「いたいぃ?いたいよう…」プルプル
キョン「俺を呼び出した理由ってコレか?」
朝倉「そんなわけないでしょ…あうっ、ああう?いたいぃ?」ポロポロ

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/07/12(金)00:28:28.48
ID:sIiC4s/D0
神のみぞ知るセカイと涼宮ハルヒの憂鬱のクロスです。

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/07/12(金)00:52:43.53
ID:sIiC4s/D0
桂馬「誰だ?そいつ」
エルシィ「誰って、次のターゲットですよ!神にーさま!」
桂馬「…なぁエルシィ。駆け魂狩りを始めてもう数ヶ月は経ったはずなのに、ボク達はいつまでこんなことを続けなきゃいけないんだ?」
エルシィ「そ、それは全ての駆け魂を捕まえるまでですよ!」
桂馬「なんだか果てしなく長い戦いになりそうだなぁ…」ハァ


続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
全てのレス
元スレ
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2015/03/28(土)20:43:17.31:
jVBRPo/YO

もし違う高校を選んでいたら、俺はどんな風にこの時間を過ごしていたのだろうか。
入学式という名のつまらん長話で構成された儀式で意識を鈍らせつつ、ふとそんなことを思った。
この世界のどこかの高校には、腹を抱えるほどトークの上手い校長先生がいたりするのかね。
そして今、この教室は至ってありふれた自己紹介タイムの真っ只中にあるのだが、
この世界のどこかのクラスには、頭を抱えるような電波話を発信し始める新入生がいたりするのだろうか。
まあ仮にそうだとしたら、この組ではこのまま平穏無事に終わることを願わずにはいられないが。
だが、それらは全て仮定の話で、俺はこの学校を選び、この組に選ばれた。思うに人生とは選択の連続だ。
選択肢の先は複雑に絡み合った根っこのように広がり、現在の選択が未来の選択肢にも影響するのだ。
ゲームだってそうだろう?マジシャンになったらその先の選択肢はウィザードやプリーストやヒーラーで、
決してナイトやスナイパーになったりはしない。マジックナイトにはなるかもしれないけどな。
逆に言えば何かを決めるということは、その他の可能性を消すということに等しいのかもしれない。
ま、二十歳にも満たない若造が何を知ったようなことを言ってるのか、と言われたらそれまでなんだがね。
そんなことを考えながら、俺は前の席に座っている顔なじみが泰然と立ちあがるのを眺めていた。

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1570715261/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/10/10(木)22:47:41.06ID:oEeyvj9ZO
「今日はみくるちゃんの身体測定をするわ!」
「どひぇえええええええええええっ!?!!」
その日、SOS団と名乗る反社会的組織団体に不法占拠された文芸部室において、か弱い美少女がセーラー服をひん剥かれる事案が発生した。
「んふ。どうです?僕達も測定しませんか?」
「やらん」
朝比奈さんの生着替えを間近で見物する度胸は持ち合わせておらず、一目散に部室から避難した俺は同じく部室から追い出された古泉に気持ち悪い提案を持ちかけられて即座に拒否した。
「もう入っていいわよ!」
「やれやれ」
許可が下りたのでそそくさと部室へと戻る。
衣服が乱れた朝比奈さんが痛ましく生々しい。
ご覧の通り、涼宮ハルヒは平常危険運転なので、そろそろ厳罰に処して頂きたいものだ。

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/10/10(木)22:49:23.98ID:oEeyvj9ZO
「みくるちゃんったらまた育ってたのよ!」
「す、涼宮さんだって……」
「当たり前じゃない!負けてらんないもの!」
どうやら2人は順調に育っているらしい。
そこでふと、長門に目が留まった。
たとえ嵐が吹き荒れてもいつも通り読書をしている小柄な身体を見て、何気なく尋ねてみた。
「長門はどうだったんだ?」
「キョン!セクハラ発言すんな!」
今更何を言ってやがるんだろうね、こいつは。
聞いてもいないのに成長を報告してきた癖に。
とはいえデリカシーに欠けていたのは事実だ。
なので仕方なく質問を取り下げようとしたら。
「……読んで」
「あ、ああ……」
気づいたら目の前に長門が佇んでいて。
読みかけの本をこちらに差し出してきた。
突拍子もなく脈絡もなく相変わらず無表情。
せめてあと少しは補足して欲しいものである。
「ちなみに僕の
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名...-
2010/09/28(火)20:56:01.20
2CnABQIrO
1/22
ハルヒ
「キョンとあの佐々木さんって人、仲良かったってホントなのかしら?」
古泉
「彼の中学時代の同級生によれば、結構仲良く見えたそうですよ」
みくる
「あっ、わたしも聞いたことあります! 付き合ってったんじゃないか、って周りには思われてたらしいですね」
長門
「……!」ガタッ!
ハルヒ
「その話……ホント………なの?」
みくる
「えっ……?」

元スレ
ハルヒ「そういえばさ……」
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1285674961/
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1367306260/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/04/30(火)16:17:40ID:rAhkBYdg
朝比奈(大)「私がどうかしましたか?」
キョン「朝比奈さんって俺の妹の未来の姿ですよね?」
朝比奈(大)「え″!?どうしてそう思ったんですか?」
キョン「まず少しタレ目な所、猫が好きという共通点があります。」
朝比奈(大)「でもたれ目で猫好きなんて人は世の中にたくさん居ると思いますよ?」
キョン「まあ本名はこっちです。ハルヒを観察するためにわざわざ未来から送り込んで来る人を朝比奈さんのようなか弱い女性を送ってくるなんて事をするとは考えられません。潜入捜査みたいなもんですから、来るなら古泉の所の森さんみたいな超人にすると思うんですよ。」
キョン「でもそうしなかったのはなぜか、それは生い立ちにハルヒが関係しているか俺に関係してると思うんです。ジャイコとジャイアンじゃあるまいし、キョン、キョンの妹だなんて呼ばれ方はおかしいと思いませんか?」
朝比奈(大)「そ、それはそうですが…この時代の私とキョン君の妹さんは全然性格が違いますよ…?」
キョン「そんなのは禁則にかかることは禁則事項としか言えなくなるみたいに、未来の技術でちょちょいのちょいじゃないんですか?それになによりウインクしたときの顔とその時に口元に人差し指をあてる仕草がそっくりなんですよ。」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/04/30(火)16:34:03ID:rAhkBYdg
キョン「めったに登場することの無い妹の同級生のミヨキチですらフルネームで登場してますしどこか謎の残る鶴屋さんや佐々木、それに脇役中の脇役国木田やアホの谷口ですら苗字がありますし、俺だってキョンっていうあだ名があります。でも妹なんてキョンの妹ですよ?これは″みくる″という名前を晒してしまうと色々とマズいからなのでは?」
キョン「見た目の他の部分で言えばうちの妹は小学五年生になっても低学年としか思えない見た目です。
それに朝比奈さん(小)の方もとても年上と思えないどころか中
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1369506405/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/05/26(日)03:26:45ID:Nwx7i54g
消失長門の世界線てことで
人参美味しいよ人参

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/05/26(日)03:27:22ID:Nwx7i54g
‐下校‐
消失長門「キョ、キョン...くん...」
キョン「何だ?」
長門「き、昨日シチュー作ったの...」
キョン「お、カレー以外にレパートリー増やしたんだな」ニコニコ
長門「た、食べてみる?」
キョン「あぁ、喜んで」
長門「...」フフッ
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/05/26(日)03:27:56ID:Nwx7i54g
‐帰宅‐
長門「た、ただいま...」
キョン「お、お邪魔します」
長門「...待ってて」
キョン「おぉ...」
長門「‐着替え中‐」エプロン
キョン「」ガタッ
長門「」ビク!
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/05/26(日)03:28:27ID:Nwx7i54g
キョン「か、可愛いな...///(き、気にしないでくれ)」
長門「////////」カァァ
キョン「え......え?」
~
長門「.....出来た」
キョン「おぉ!」
長門「た、食べてみて...」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1365860970/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/04/13(土)22:49:30ID:RAttouGU
ハルヒ「それじゃ古泉君・・・鍵お願いね・・」
古泉「ええ、わかりました」
キョン「悪いな古泉」
古泉「いえいえ、涼宮さんの体調が優れないのですから仕方ありませんよ。貴方は彼女を無事に家までお送りしてください」
キョン「ああ、任せとけ。ほら、いくぞハルヒ」
ハルヒ「うぅー・・・」
みくる「そ、それじゃあ私もお先に失礼しますぅ」バタン

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/04/13(土)22:50:04ID:RAttouGU
古泉「・・・さて、みなさん帰られましたが・・・長門さん」
古泉「涼宮さんの体調不良の原因、貴方には何か察しがついているようですね?」
長門「・・・」スタスタ
長門「涼宮ハルヒが体調を悪くした原因は、おそらくこれ」
古泉「パソコン・・・ですか?」
長門「・・・先ほど涼宮ハルヒはこの言葉を検索していた」カタカタ
長門「彼女の具合が悪くなったのは、その検索結果によるものと思われる」
古泉「ふむ・・・なんと、淫乱テディベア、ですか・・・どれどれ」カチカチッ
古泉「」
長門「ユニーク」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/04/13(土)22:50:57ID:RAttouGU
古泉「」
古泉「・・・涼宮さん、学校でなんてものを・・・せめて淫乱の文字が目に入った時点で少しは躊躇いましょうよ」
長門「あなたも少しは躊躇うべき」
古泉(しかし・・・なんだこの気持ちは・・・)
古泉(まるで父親の部屋でエロ本を見つけたときのような嫌悪感と高揚感・・・)
古泉(・・・僕は同性愛者だったんでしょうか・・・いやそんなまさか・・・)
prrrrr・・・
古泉「・・・困ったものです」
古泉「すみませんが長門さん、閉鎖空間が発生したようです。施錠をお願いしてもよろしいでしょうか」
長門「構
続きを読む

[ 閉じる ]
3:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2010/02/23(火)12:57:31.18
ID:W8DQsBSZ0
古泉「・・・今なんと?」
キョン「いや、リア充ってホントムカつくと思わんか」
古泉「は、はぁ・・・確かに充実した青春を過ごされている方々を
    多少なりとも羨ましいと思ったことはありますが・・・」
キョン「そうだろう?特にお前はバイトで苦労してるしな」
古泉「慰労の言葉が貴方から頂けるとは嬉しくて涙が出そうになりますが・・・」
キョン「うん?」
古泉「なぜ突然そのような事を?」
引用元:
・キョン「リア充死ねよ」 


涼宮ハルヒの大成ーSuperBlu-rayBOXー初回生産限定版
postedwith
amazletat19.10.09
KADOKAWA/角川書店(2016-12-18)
売り上げランキング:5,161
Amazon.co.jpで詳細を見る
続きを読む

[ 閉じる ]
1:2008/05/20(火)14:34:13.19ID:ZlW8KyME0
キョン「おい、古泉」
古泉「んー? なんね?」
キョン・古泉「!!」
キョン「古泉、おま……」
古泉「ち、ちがっ……さっきのは間違えただけったい」
キョン・古泉「!!」

長門「ユニーク」
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
10/05 (23:00) SSなび
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2014/10/22(水)00:00:09.13ID:1W/NLxgG0
キョンの様子がおかしい。
部室でみくるちゃんのメイド服のスカートを捲りあげて、後ろからパンパンと音が出るくらいの勢いで腰を叩きつけていた。
みくるちゃんはみくるちゃんで本棚にもたれかかって苦しそうにしている。
正直見ていられない。
「ちょっと!みくるちゃんが苦しそうにしてるじゃない!」
あたしはキョンに注意した。
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1413903599

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
2009/09/28(月)20:57:03.62
ID:7mRx+SKFP
母「明日はいよいよ入学式ね。準備は終わってるの?」
ハルヒ「うん(オムライスうま過ぎwww)」
母「………」
母「…ハルヒちゃん。もう高校生になるんだし、アニメとか卒業したら?」
ハルヒ「え…」
母「高校生になったら、もっと楽しいことがあるわよ。ね?」
ハルヒ「で、でも、これは我輩のライフワークだし。って、ライフワークってどんだけww」
母「変な言葉遣いしないで頂戴。…はぁ、時々ハルヒちゃんが遠くに感じちゃうわ」
ハルヒ「……」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
:
2014/09/16(火)22:37:03.94ID:KucHFZ+p0
きょう、キョンが死んだ。もしかすると、昨日かも知れないけど、あたしには分からない。
古泉くんから電話を貰った。
「彼の死を悼みます。告別式は今日だそうです」
これでは何も分からない。恐らく昨日だったのだろう。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1410874613

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。