SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
作品:涼宮ハルヒの憂鬱
<<
2018年08月
>>
27件取得
人気記事順表示
重複記事表示
<<
0
>>
1:
2009/08/03(月)22:37:13.63
ID:1Q0ypkMs0
キョン「すまん、遅れた」ガチャ
キョン「あれ? 誰もいない。ハルヒは先に行ったはずなんだが」
「ピィ」
キョン「ん? 今何か聞こえたような……」
「ピィピィ」
キョン「どこだ? どこから聞こえてきてるんだ?」キョロキョロ
キョン「団長机のほうからか……? んん?」
ぷちハルヒ「ピィ!」
キョン「……」
ぷちハルヒ「ピィ?!」
キョン「何だこれ?」
続きを読む

[ 閉じる ]
キョン「戯言だけどな」前編
256:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2011/02/10(木)23:36:06.48
ID:XrK83BFc0
「ありがとう。ただね、キョンの未来を思って言わせて貰うがそういう場合は『似合う』よりもストレートに『可愛い』もしくは『綺麗だ』と褒めるべきだ。……僕は特に気にしないが、しかし女性とはそういうものさ」
なるほどな。コイツと話してると為になる。とは言え流石にそれは実践出来そうにないが。そういうのは古泉が専門だし、谷口がこの話を聞けば翌日から「可愛い」「綺麗」を軒先で叩き売ってその価値を下げるのに余念が無さそうだ。
「ハードルが高くないか? 俺の性格は知ってるだろ?」
「ああ。さらりと言おうとして肝心の台詞を噛むか、喉奥から出て来ないかのどちらかだろうね。なに、からかっただけだ。真に受けなくてもいいさ」
喉の奥で含むように笑う、その笑い方は変わってない。そうだな。変わったのは髪形くらいのモンで、安心した。……なんで俺は安心してんだ? そりゃ、ちょっと見ない内にゴスロリ趣味やら語尾に「にゅ」を付けるようになってたら驚愕だろうけども。
「君は……変わらないな、キョン」
「んなこたーない。俺自身は成長も退化も自覚しちゃいないが、周りは激変だ。日本列島が大陸プレートのせめぎ合った場所に有るのは知ってたが、ここまで地殻変動が多いとは思わなかった」
俺がそう言うと、佐々木は少しだけ眼を細めた。笑っているように、見えなくも無いが……なんか違うな。
「楽しそうで結構じゃないか」
「楽しいかどうかは置いておくが、疲れるのは間違いない」
楽しいか、と聞かれて否定出来ないのは、この日常を選んだのは誰でもない俺自身だから。それを否定する事だけは、出来なかった。
引用元:

キョン「戯言だけどな」 


クビキリサイクル青色サヴァンと戯言遣い8(完全生産限定版)[Blu-ray]
postedwith
amazletat18.08.16
アニプレックス(2017-09-27)
売り上げランキング:23,936
Amazon.co.jpで詳細を見る
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2011/01/19(水)19:18:09.81
ID:IClwZiHj0
さて、一年ももう残すところ後わずかとなった十二月某日。
職員室前に貼られた「廊下は走るな」の標語も師走のこの時期には、なるほど気の利いた冗談だなどと冷たい手を擦り合わせながら感慨に耽ってしまいそうになっていたのはつい先日まで。
クリスマスおめでとうテストなどというありがた迷惑な儀式も終了し、俺達高校生も晴れて冬休み突入と相成った。晴れてとは言ったものの低気圧様が冷たい空気を伴って日本列島上空を漂っているのにはどうか目を瞑って貰いたい。
年末にかけて荒れ狂う予報とはうってかわって俺の心は近年稀に見る開放感でいっぱいなんだ。
部屋で一日中ゴロ寝していようがエアコンの効いたリビングでパジャマのままテレビを流し見していても誰にも何も言われないとか、最早気分は南国である。ちょっとしたリゾートだ。冬なのに。
今日ばかりはいつもうだつの上がらない親父様に感謝しちまうね。
勤続何年だったか忘れたが、なんかそんなので会社からペア温泉宿泊券だかを貰ってきた時の「さあ、俺を褒めろ」的なしたり顔こそ見るに耐えないものではあったが。
そんな訳で今朝から両親は妹を引き連れて年越し温泉旅行に行っちまっている。俺? 察して貰えば余り有るだろうが、なんでこの年になって両親と旅行に行かねばならんのかとつまりはそういう事だ。
「やばいな……今なら新世界の神とやらにもなれそうな気がするぜ」
いささかオーバーかも分からないが、しかし年末という事もあってSOS団関連の呼び出しも無いと来てみれば、果たしてここ一年半これ程までに何にも束縛されない時間が俺に与えられた事が有っただろうか。
いや、無い。
1.5リットルのペットボトルコーラとポテトチップス、それに昨日ミスドで買った山の様なフレンチクルーラetcetcが俺の目の前、リビングの低いテーブルに整然と並べられている。
これが極楽か。天国か。
どうやら人間は神様なんぞに縋らなくても自分で天国を作り上げちまえるらしい。……ハルヒ形無しだな。
「この世で神様が創ったものなんてのは整数とフレンチクルーラだけだよなあ」
何を隠すで
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
名無しさん@おーぷん2014/08/04(月)23:26:23ID:qxWFebfjh
 飼い馴らされた犬の如くの忠誠心で、今日も俺はSOS団の部室へと向かう。
 ここ数日、古泉とやるボードゲームの種類が将棋からチェスに変わったというぐらいしかない変化の無い平和な日々が続いている。
俺は大歓迎でなのだが、それに満足してくれない御方が一名程いたりするのも事実だったりする。
 そう、言わずと知れた涼宮ハルヒその人である。
 ハルヒはやれ宇宙人だのやれ未来人だのを見つけるのだと始終言っている。
 そう言っている本人の周りに超能力者も含めて全部揃っていたりするのだが、全然気が付いていない。
まぁ、それに気が付かないように裏では隠蔽工作に奔走させられているやつらもいることだろう。
 とりあえずご愁傷さまとだけ言っておく。

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名...-
2011/01/02(日)04:15:27.60
ckCCPFLl0
1/63
長門
「した」コクリ
古泉
「なんと」
みくる
「ふぇぇ、大変ですぅ!」
ハルヒ
「そんな……昨日まであんなに元気だったのに……」
長門
「原因は不明。だけど事態は深刻」
ハルヒ
「そ、それでキョンは?」
長門
「保健室で横になっている。今のところは安静、しかしいつ発作が起こってもおかしくはない」
ハルヒ
「…」

ハルヒ
「いやいや、その前にペロペロ病ってなによ。そんなアホみたいな病名、聞いたことないわよ!?」

元スレ
ハルヒ「キョンがペロペロ病に感染したですって!?」
http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1293909327/
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
2011/07/01(金)02:11:32.05
ID:nj0ivGqG0
古泉「ざんねーんwwwwwwwwww僕でしたーwwwwwwwwwwwwwwww」
キョン「なんだよお前かよwwwったくよぉwwwwwwww」
古泉「デュクシッ!wwwwwwwwデュクシッ!wwwwwwwww」
キョン「ちょwwwwwwwやめwwwwwwwwやめろよwwwwwwwwいてぇからwwwwwww」
古泉「デュクシデュクシッ!wwwwwwww一樹ビーーーム!!wwwwwwwwwwww」
キョン「痛い痛い!wwwwwwwや、やめwwwwwwwwやめろってwwwwwwおいwwwwwwwwまじでwwwwwww」
古泉「スーパーミラクルセンチメンタルキーックwwwwwwwwwwwwwwww」
キョン「や、やめ……」
古泉「お次はサンダーダイナミッk」
キョン「やめろっつってんだろ!!!!!!!!!!!!!」
古泉「えぁ……ご、ごめん」
キョン「……チッ」
古泉「……」
続きを読む

[ 閉じる ]
13:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2009/09/21(月)19:09:15.99ID:jyIZ/BHV0
??「……ンくん、キョンくん!」
キョン「ん……ぅ……」
??「ほら、早く起きるっさ!」
キョン「……もうちょっとだけ、寝かせてくれ……って、え?」
??「そんなこと言ってたら遅刻しちゃうよっ? ほら、早く起きた起きた!」
キョン「な……!? つ、鶴屋さん……っ?」
鶴屋「ようやく起きたのかなっ? でも、その“鶴屋さん”って呼び方はいただけないねぇ」
キョン「え……?」
鶴屋「もぉ?、まだ寝ぼすけさんかいっ? “つるねぇ”って呼んでくれないと!」
キョン「つ、つるねぇ……?」
鶴屋「ほらっ、早く起きた起きた! おばさんが朝ごはん作って待ってるよっ!」
キョン「あ、はい……お、起きます……」
鶴屋「ん、よろしい! じゃあ、私はお先に下に降りてるにょろ! 早く来るんだよ?っ?」
キョン(な、何だこれは……朝起きたら鶴屋さんが目の前にいて……しかも、“つるねぇ”って何だ……?)

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名...-
2010/09/10(金)20:53:14.34
/AWVi6T/0
1/51
古泉
「…はい?」
キョン
「だからレイが可愛いんだよ」
古泉
「どうされたんですか突然?」
キョン
「昨日な、破のDVDを観たんだよ」
古泉
「ああ、成る程…遅いですね」
キョン
「やはりレイたんが最高だと再認識できたよ」
古泉
「僕はもっぱらアスカ派ですけどね」
キョン
「アスカもいいけどなぁー」
古泉
「けど?」
キョン
「破での噛ませ犬っぷりが酷かったな」
古泉
「アスカの魅力について語っても?」
キョン
「構わん、続けたまえ」

元スレ
キョン「綾波が可愛すぎて生きるのが辛い」
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1284119594/
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/09/04(土)23:09:23.76ID:VQyg1f/Z0
古泉「ワカメと」
キョン「眉毛の」
長門「…トークショー」
古泉「さぁ今宵も始まりました。司会は私、古泉と」
キョン「キョンでお送りします」
長門「…わー」
古泉「では、早速参りましょう」
キョン「ちょっと待った」
古泉「何でしょう?」
キョン「これは…何だ?」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
1
2011/05/05(木)15:34:55.24
ID:vwoAY6ws0
長門「どうして!?どうして!? 昨日までばっちりだったのに」
長門「これじゃ間に合わないよ・・・・・・私設定変えちゃったのかなあ」
長門「ええと、こっちのアカなら・・・・・・」
長門「うわーん!!なんでよー!!」
長門「そうだ、ひょっとして私のルータがダメ?」
長門「この間COD用に穴開けしたからだめなのかな・・・・・・」
長門「時間なくなっちゃうよぉ・・・・・・」
長門「メイソン!」
長門「レズノフ!」
長門「やっぱりつながんない・・・・・・」
朝倉 ピンポーン「長門さーん、お醤油かして?」
長門「ブツブツ・・・・・・ブツブツ・・・・・・」
朝倉「ひいっ!!」
長門「りょうこちゃん・・・・・・」ユラリ
朝倉「な、なに?」
長門「回線・・・・・・貸して・・・・・・」
朝倉「回線ってなに!?」
長門「早く・・・・・・仲間達が・・・・・・死んじゃう・・・・・・」
朝倉「くび、くびしめないで! 死んじゃうのは私のほうよぉ!!」

引用元:

長門「PSNがつながんない・・・・・・」 


涼宮ハルヒの消失ねんどろいど長門有希消失ver.(ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
postedwith
amazletat18.08.10
グッドスマイルカンパニー(GOODSMILECOMPANY)(2010-11-17)
売り上げランキング:40,490
Amazon.co.jpで詳細を見る
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2009/08/13(木)03:41:25.54ID:do90whVH0
古泉「ええ、ドゥフフwww 少々ご報告にと思いましてwwww」
キョン「本当なのかハルヒ?」
ハルヒ「うふふふwww まあそういう訳よwwww
    まあ安心しなさいw 団活の方も恋愛にうつつ抜かさずちゃんとやるからwww」
みくる「わー、お二人ともおめでとうございまーしゅwww」
長門「祝福する」
古泉「ドゥフフフwwwww」
ハルヒ「ありがとう有希、みくるちゃんw」
キョン「…………」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/03(木)22:33:54.09ID:Z16eVMMyO
橘「どうぞなのです佐々木さん」
佐々木「…………」
橘「どうぞ」

続きを読む

[ 閉じる ]
2:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/18(水)21:18:46ID:nyUNia2o
―教室―
キョン「うぃーす」
ハルヒ「んー」
キョン「懐かしいもん読んでるな」
ハルヒ「昨日部屋を掃除してたら見つけたのよ」
キョン「わざわざ学校に持ってくるなよ」
ハルヒ「続きをどうしても読みたかったの!」
キョン「結構前だもんなぁ。どれどれ」メクリ
ハルヒ「ねぇねぇ」
キョン「んー?おー、懐かしいなー」 パラリ
ハルヒ「あんたはさ、こーゆー状況ってどう思う?」
キョン「この主人公みたいにか?」
ハルヒ「そ。年上のおねーさんとの二人暮らし」
キョン「んー……」
キョン「……嫌、かな」
転載元:
今さらハルヒだと? 


涼宮ハルヒの完奏~コンプリートサウンドトラック~
postedwith
amazletat18.08.06
TVサントラアニメ・サントラ涼宮ハルヒ(平野綾)長門有希(茅原実里)朝比奈みくる(後藤邑子)
ランティス(2016-07-07)
売り上げランキング:3,594
Amazon.co.jpで詳細を見る
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
:
2014/08/03(日)12:47:16.62ID:UJ1+D8lw0
ハルヒ「なっ、なによあんた」
キョン「おまえがなんや。なんていうた今?」
ハルヒ「はぁ? 話聞いてたの? 難聴?病院行ったほうがいんじゃない?」
キョン「ファーwwwwwwあれボケちゃうんかいwwwwおもろいなおまえ」
ハルヒ「笑い事じゃないわよ!」バン
岡部「はいはい! 次の人!二人共静かにして」
キョン「すんません」
ハルヒ「…」ストン
ヒガシチュウシュッシン…タニグチデス…
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1407037626

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/08/20(金)22:34:00.05ID:ECoQvYLG0
朝倉「え?う・・・うわー!」
長門「・・・・・・」
みくる「ああ・・・」
古泉「これは・・・」
ハルヒ(キョン・・・あなたはいったい何がしたいの?)
キョン「・・・・・・」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名...-
2018/07/1621:58:42.99
sSMsKf7k0
1/33
三連休最終日。
キョン
「……暑すぎる」
地表面に良い感じの焼き目がついたのではないかと錯覚するほど、狂ったような猛暑続き。
気象予報士曰く、この日照りがあと一週間も継続するというのだから、世も末である。
神は7日で世界を燃やし尽くしたなんて伝説も、あながち眉唾ではないのかも知れない。
日常生活において信心深さのカケラもない俺にすらそう思わせるだけの絶大な熱量によって、日が暮れた後も大地は燻り続けていた。
キョン
「アイスでも買いに行くか」
夕飯を食べ終え、風呂から上がった俺は、夜風で身体を冷ますついでに最寄りのコンビニへ向かった。もっとも、夜風は生温かったが。
突っかけたサンダルをチャリチャリ鳴らして歩いていると、ようやくコンビニが見えてきた。
虫除けの送風機から吹き出す風のシャワーを浴びて入店する間際、店舗の前に備え付けられたベンチから不意に声をかけられた。
佐々木
「やぁ、キョン。待ちくたびれたよ」
元スレ
佐々木「やぁ、キョン。待ちくたびれたよ」キョン「佐々木……何してるんだ?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1531745922/
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)
2014/04/19(土)22:55:21.79
ID:1ycecHxk0
あの頃の俺達は、ワケもなく数を取り続けていた・・・・
俺達の伝説!カリスマ暴走族!
なんと今夜は数々な作品の主人公が数取団に殴りこみぃ!
主人公補正なんて意味がねぇ!
何故なら今日は全員が主人公なのだからぁ!
俺達と行こうぜ!無限大の彼方へ!
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1397915721


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/04/19(土)22:56:38.27
ID:1ycecHxk0
当麻「数取団初代ツッコミ総長やらしてもらっている、上条当麻だけど、今日も不幸だーなんでヨロシクゥー!
「「ヨロシクゥー!」」
小鷹「数取団乱闘生、羽瀬川小鷹。友達居ないんでヨロシクゥー!」
「「ヨロシクゥー!」」
キリト「数取団乱闘生!キリトだけど彼女に行動を逐一チェックされてるみたいなんですけど・・・ヨロシクゥー!」
「「ヨ、ヨロシクゥー!」」
キョン「数取団乱闘生、・・・・・・・。本名言えないみたいなんでアダ名のキョンでヨロシクゥー!」
「「ヨロシクゥー!」」
京介「数取団乱闘生、高坂京介。今日は桐乃にカッコイイ所見せるんでヨロシクゥー!」
「「ヨロシクゥー!」」
八幡「数取団乱闘生の比企谷八幡。今日は適当に頑張るんでヨロシクゥー!」
「「ヨロシクゥー!」」
4:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)
2014/04/19(土)23:29:58.58
ID:1ycecHxk0
どれもアニメで観ただけだから、キャラとかよくわからない_| ̄|○
八幡「さぁ全員終わったし、始めようぜ」
京介「おいおい、ここはもう少しトークする所だろ・・・」
キョン「いや、いいんじゃないか。野郎同士、話すこと何て特にないだろうしな」
当麻「そうか?俺
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/04/11(日)16:42:46.99ID:dS6aucEe0
昨日書いた『
キョン「ハルヒが怖い」
』の別パターンです。
やっとほのぼの系になりそうです。

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名...-
2018/07/1421:15:51.50
qbbaPnCn0
1/27
その日、めくるめく三連休初日を迎えた俺は自宅に引き篭もって怠惰を貪っていた。
せっかくの連休なのに何をしてるかって?
見ての通り休んでいるのさ。休日なのだから。
休みの日に休んで何が悪い。とことん休む。
出かけるのもいいがそれで疲れてしまっては本末転倒だ。わざわざ転びにいくつもりはない。
とはいえ、価値観は人それぞれだ。
好きに三連休を消化すれば良いさ。
他人に自分の考えを押し付けるつもりは毛頭ないが、世の中にはそうした公衆道徳を無視する輩も存在する。もちろん、ハルヒのことだ。
キョン
「ええい、しつこい奴め」
さっきから携帯の着信音が鳴り止まない。
リダイヤルしまくっているようだが、気にしない。電源を切った。なにせ外は暑い。熱々だ。
こんな日に外に出るなど馬鹿げている。
それに果報は寝て待てと言うだろう?
別段、何かしら期待していたわけではなく、ましてや約束を取り交わしたわけでもなく、文字通り寝て待つ俺のもとへ、果報がやって来た。
佐々木
「やあ、キョン。遊びに来たよ」
元スレ
キョン「お詫びに足を舐めてやるよ」佐々木「全然懲りてないみたいだね」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1531570551/
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/04/10(土)17:08:15.53ID:Og+X704A0
古泉「は?」
キョン「目が怖い口が怖い耳が怖い鼻が怖い全部怖い」
古泉「あの」
キョン「おおきなおおきな校庭の落書きが真理の宇宙を衝突させる」
古泉「もしもし」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
風吹けば名無し2018/08/01(水)02:17:45.36ID:ovXK+nY10
電車男を楽しむ精神はどこいったんや…

3:
風吹けば名無し2018/08/01(水)02:18:38.56ID:uWlRzjo+0
電車男って実話やろ?

9:
風吹けば名無し2018/08/01(水)02:20:03.23ID:TO8jiGhSd
>>3
実話かどうかともかく今なら嘘松の大合唱やろ

6:
風吹けば名無し2018/08/01(水)02:19:15.17ID:ihkRihDt0
嘘を嘘とわかって楽しめない奴増えすぎよな

7:
風吹けば名無し2018/08/01(水)02:19:34.83ID:L8X+MJ2/0
のった方が楽しければのるし
叩いた方が楽しければ叩くゾ

12:
風吹けば名無し2018/08/01(水)02:21:10.61ID:ovXK+nY10
>>7
前はノって楽しむのが大半だった

8:
風吹けば名無し2018/08/01(水)02:19:59.84ID:Mvb4X5xN0
嘘で承認欲求を満たす人を見るのが気に食わない人がいるんやろ

10:
風吹けば名無し2018/08/01(水)02:20:39.21ID:YT/C9kiRp
マウントガイジ多すぎて草
どんだけ余裕ないねん


関連
キョン「ハルヒが嘘松に興味を持ったらしい」
「ヤラセの瞬間」サッカー日本代表に騒ぐ若者たちの撮影現場が暴露されてしまうwwww
【画像】街頭インタビューなのに演技派すぎてヤラセ感出過ぎ
藤原肇「釣りはお好きですか?」

続きを読む

[ 閉じる ]
63:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/18(金)11:52:58.74ID:uD1JvjH7O
キョン「……」
古泉「おや、あそこに見えるは……彼ですか。部室に向かう途中のよう……ですが?」
キョン「…………はっ!」
古泉「……なんだか、いやにビクビクしてらっしゃいますね」

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2015/08/30(日)01:00:45.27:
ztk0dE0o0
中学生の時に出会った謎の高校生ジョンの痕跡を求めて進学した高校に彼がいた。
キョン「----以上で自己紹介を終わります」
入学式の後の教室での自己紹介を終えた彼は、そう言って着席した。
あたしはというとジョンに似た、ストライクゾーンど真ん中の彼に驚いて暫し呆然としていた。
キョン「どうしたんだ?お前の自己紹介の番だぞ?」
その彼に声をかけられて我に返ったあたしは慌てて立ち上がった。
ハルヒ「ひ、東中学出身涼宮ハルヒ。この中に……いえ、なんでもないです。よろしくお願いします」
あたしはそれだけを言うとすぐに着席した。
本当は宇宙人や未来人や異世界人等を募集するつもりだったが彼を意識した途端に恥ずかしくなり中止してしまったのだ。
こうしてあたしの高校生活はスタートした。

※SSをあんまり書いたことがないので、変だったらごめんなさい

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
空疎篭手三千◆1UtFJ90Cyo2011/08/11(木)16:29:35.89
ID:5qeZGG6/0
 古泉と二人っきりの放課後の部室。
 俺は機を見てそう切り出した。
古泉「いったい何が始まるんです?」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/05/11(火)14:11:20.17ID:kDoApaVZ0
「様子はどうですか?」
「芳しいとはいえない。昏睡の原因が不明」
「長門さんの力を以ってしても、治療は無理でしたか。今のところ生命活動に異常を来していないだけでも、よしとするべきなのかもしれませんが……」
「わたし自身が所有する能力は、然程大きくない。すまない」
「な、長門さんのせいじゃないですよぅ。あたしも、役立たずで……」
「御自分を責めないで下さい。こうなってしまった以上は、誰に責を問うも無意味……いえ、違いますね。根本的な原因を言えば、これは『機関』を発端に起こったこと。僕は、彼にも涼宮さんにも合わせる顔がありません」
「古泉くん……」
「『機関』は全力で彼を守ります。ともかく彼が事態を打開する鍵であることに間違いはありません。根気良く、待つしかありませんね」

続きを読む

[ 閉じる ]
2:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/07/24(土)20:35:11.44ID:zLInBVzd0
『プロローグ』
「何をどう意図してこうなったのか、教えて頂きたいものですが」
 どこぞの神様も「暑すぎるわ」と根を上げるような7月の初旬、
周囲を見渡せば人、人、そして人。
眼鏡をかけた偉い人がゴミと形容したくなる気持ちもわかるような人波のど真ん中で、
あからさまな非難をミックスしつつ古泉は言った。
「意図なんてないさ。今のこの状況だって、別に俺が仕掛けたわけじゃない」
「それは……確かにそうですが」
 ついさっき買った焼きそばを片手に持ったまま、小さく溜息をつく。
「とは言え、断ることも出来たのでは」
「親友の頼みを断るのは忍びないだろ。今日はハルヒだっていないし、
 閉鎖空間だって発生してないんだろ?」
「……その通りです」
 喧騒をよそに、俺は古泉と談笑する。そう思っているのは多分俺だけで、
相対するイケメンは普段の無駄を極めた爽やかスマイルを喫茶店に忘れてきたらしく、
さっきから愚痴ばっかり溜息ばかりだ。さながら古泉一樹の憂鬱ってところか。
 その古泉が再び口を開き小言を発しようとしたところで、
たこ焼きを買いに行っていた女性陣2名が俺たちの腰掛けるベンチへと帰還を果たした。

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。