SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
作品:涼宮ハルヒの憂鬱
<<
2017年07月
>>
11件取得
人気記事順表示
重複記事表示
<<
0
>>
1:
以下、名...-
2017/05/2322:35:12.12
MZi4Yo6f0
1/9
キョン
「涼宮ハルヒの驚愕(前)279ページ」ボソッ
佐々木
「えっ?」
キョン
「2行目」
佐々木
「キョン?」
キョン
「読んでくれ」
佐々木
「読むって……」
キョン
「涼宮ハルヒの驚愕(前)279ページ2行目『キョンの望みであるなら?』から、はい」
佐々木
「ええっ?」
キョン
「早く」
佐々木
「……キョン、どうしたんだい今日は? 君らしくな―――」
キョン
「読んでくれ!!」
佐々木
「っ!!?」ビックゥ!
キョン
「ほら」
佐々木
「……『キョンの望みであるならなんでも言うことをきくつもりでいるよ』……?」
キョン
「……」コクリ
佐々木
「……これは?」
キョン
「もう一回読んでくれ」
佐々木
「えっ? 待ってくれキョン。少しぐらい事情を言ってくれても」
キョン
「もう一回」
佐々木
「……『キョンの望みであるならなんでも―――」
キョン
「ん?」
佐々木
「いうことを』……え?」
元スレ
キョン「涼宮ハルヒの驚愕(前)279ページ」 佐々木「えっ?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495546512/
続きを読む

[ 閉じる ]
1:以下、?(^o^)/でVIPがお送りします:2017/02/22(水)23:55:23.771ID:Oxp6MjPZ0.net
ハルヒ「あんた、昨日部室でみくるちゃんと2人っきりで居たらしいじゃない」
キョン「そりゃ2人だけの時もあるだろ。何のやましいこともない」
ハルヒ「しかもわざわざ有希を部屋から追い出したっていうじゃない!」
キョン「追い出したのは俺じゃない、朝比奈さんだ」
ハルヒ「どっちでもいいわ。それで、2人で何してたのよ?」
キョン「何って、他愛もない話をしてだけだ」
ハルヒ「ふーん、話ねぇ。2人きりじゃないと出来ない話っていったい何かしら」
キョン「それは..(まさか時空移動の話と言うわけにもいくまい)」
ハルヒ「答えられないような話をしてたのね」
キョン「ちょっと待て、なんでわざわざお前に報告しなきゃいけないんだ」
ハルヒ「当然でしょ!団員のことは全部把握してるのが団長の役目よ」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/11/30(金)20:58:57.68ID:dwVVe7Uf0
―月曜日 放課後 部室―
キョン「長門、チャペッペッルリョクンピョって知ってるか?」
長門「知らない」
キョン「そうだよな」
キョン(今、適当に作った単語だしな)
長門「……」
ハルヒ「はーい!お待たせー!!会議を始めるわよー!!」

続きを読む

[ 閉じる ]
6:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/06/04(月)07:24:29.01ID:DeUwWXQd0
ガラッ
キョン「お...?朝比奈さんと古泉はまだか」スタスタ
長門「...」ペラッ
キョン「ハルヒはHRが終わって、すぐに何処かへ消えたな。
    はぁ、やれやれ…また良からぬことを考えていなければいいが」ドサリ
長門「…」ジー
キョン「ん?どうした長門?オレの顔に何か付いてるか?」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/05/10(水)16:12:45.37
ID:T/QDPCMv0
?文芸部室?
古泉「本当に……」
キョン子「……いや、おい」
古泉「困ったものです……」
キョン子「なぁ」
古泉「やれやれ、と言うべきでしょうか……?」
キョン子「なぁ、おいコラ古泉、おい」
古泉「え、あ……すみません。少し取り乱してしまって。何ですか?」
キョン子「そんなに私が女なのはおかしいことなのか?」
古泉「おかしいんですよ」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1494400365
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1494400365
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/05/20(土)19:38:52.06
ID:6QbX2JaI0
古泉「この旨みと渋みが絶妙に混ざり合って――え?」
朝比奈「綾鷹です」
古泉「……え?」
朝比奈「……」
古泉「えっと……」
古泉「それはつまり……僕が今飲んでいるのが――」
朝比奈「綾鷹」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1495276731
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495276731
続きを読む

[ 閉じる ]
07/15 (13:25) SSびより
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495033262/

1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/05/18(木)00:01:02.83ID:
48Kq2mCE0
その日、突然呼び出しを受けた俺は書道部室で鶴屋さんと対峙していた。
昼休み時間に教室にふらっと現れた鶴屋氏に、おいでおいでと手招きをされたので、特に身構えることなくノコノコついて来たのだ。
その時の彼女はいつも通り快活な笑みを浮かべており、そもそも俺はこの見目麗しい先輩に対して何ら警戒心を持ち合わせていなかった。
だが、人気のない書道部室に入った途端、鶴屋さんは後ろ手にかちゃりと部屋の鍵を締めた。
その瞬間、俺は何か不穏な気配を感じた。
言い知れない不安を抱き、恐る恐る訪ねる。
キョン「ど、どうして鍵を締めるんですか?」
鶴屋さん「んー?どうしてだと思う?」
そんなことを言われても思い当たる節はない。
強いて言えば、秘蔵の『MIKURU』フォルダが彼女の目に触れてしまった可能性があるが、それにしては鶴屋さんは満面の笑みを浮かべて大変機嫌が良さそうで、怒っている様子はない。
下手なことを口走って薮蛇を突いてしまっては大変なので、返答出来ずに口ごもっていると、鶴屋さんは耳を疑うようなことを口にした。
鶴屋さん「キョンくんってさ、実はいじめられるのがめがっさ好きでしょ?」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/09/27(火)17:34:38.69
ID:z2wv/BWZo
キョン(見慣れた教室の扉を開けると、真っ先にハルヒと目が合った。今日も平穏無事に過ごしたいもんだぜ)
キョン「おっす」
ハルヒ「おはよう。ねえ、何か面白いことない?」
キョン「唐突だな。今更、驚かないが」
ハルヒ「最近、SOS団も目立った活動してないじゃない? なんか、こう、パーッと大きなイベントをやりたいんだけどね」
キョン(人力でどうにかなる程度のイベントなら何でもいいが、宇宙やら未来やら超能力でどうにかしなきゃいけないのはNGだぞ)
ハルヒ「はぁーあ……なにかないかしらねぇ……」
キョン(こいつにとって面白いこと、か。世界がひっくり返るぐらいのことは期待してても、ハルヒはそんなこと起こらないと思っている)
キョン(分かりやすい季節行事があれば、それで満足してくれはするんだが、如何せんこの時期は目立った催しはない)
キョン(不思議探索だけでは物足りなさそうにしているし、遊園地やショッピングモールとか普通の場所に行こうと誘ってもいい顔はしやがらない)
キョン(ハルヒを退屈にさせず、楽しませるのは酷く難しい。こいつの心でも読めれば、簡単に接待もできるんだがな)
ハルヒ「ふぅ……」
キョン(こいつが今、何を考えているのかなんて常人の俺にはさっぱりわから――)
ハルヒ(あー、キョンに私の心を読む力でもあればなぁ)
キョン「……!?」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1474965278
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1474965278
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。