SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
作品:涼宮ハルヒの憂鬱
<<
2018年02月
>>
27件取得
人気記事順表示
重複記事表示
<<
0
>>
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/01/06(日)21:26:17.92ID:3ZRempku0
ハルヒ「そんなもんで喜んでいるなんてかわいそう」
キョン「ほっとけ」
ハルヒ「明日、あたしが本物の牛丼を食べさせてあげるわ」
ハルヒ「有希やみくるちゃんも来なさい。全員にご馳走してあげる」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/12/19(火)16:16:43.94
ID:wehrfY1D0
※最終章ネタバレあり
※あのシーンがアヒルさんチームだったらという内容で
※人数合わせでねこにゃーもいるよ
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1513667803

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/12/19(火)16:21:48.97
ID:wehrfY1D0
【有刺鉄線】
ゴモヨ「ここは大洗のヨハネスブルグと呼ばれているのよ」
礒部「ほぅん」
ゴモヨ「ああっ、この間撤去したばかりなのにまた有刺鉄線が!」
河西「これじゃ通れませんね」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/12/19(火)16:23:04.40
ID:wehrfY1D0
佐々木「ねこにゃーさん、この鉄線を上下に引っ張って空間を作ってくれますか」
ねこにゃー「こうかにゃ?」グイイ
ゴモヨ「ええっ、何をするのよ」
近藤「よーし、キャプテン、どうぞ!」
磯辺「とうっ!」シュタッ
ゴモヨ「て、鉄線と鉄線の間を跳んで潜り抜けた!?」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/12/19(火)16:23:58.07
ID:wehrfY1D0
河西「私達も続きます!そーれっ!」シュタッ
近藤「そーれっ!」ザクッ
佐々木「そーれっ!」ブシュウ
近藤・佐々木「いだだだだ!!」
磯辺・河西「ほぅん」
5:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/12/19(火)16:26:21.91
ID:wehrfY1D0
ゴモヨ「いや、普通にペンチで切るわよ…」パチンパチン
河西「ペンチあるんかい」続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2009/01/05(月)09:22:08.41ID:r46QNnbf0
長門「ただいま」
キョン「おかえり」
長門「今日は?」
キョン「あぁ、今日はパチンコ打ってたよ」
長門「……そう」
キョン「早く晩飯作ってくれ」
長門「わかった」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2009/01/05(月)08:10:35.26ID:rF22UDeS0
「さあみくるちゃん、今からファッションショーよ!」
いつもと変わらない部室内、突然ハルヒは叫んだ。
そいつの手には、どうやらコスプレ衣装らしい布がぶら下がっている。
…それが、俺にはどうやってもスクール水着にしか見えなかった。
「どう?これ。いいでしょ、昨日見つけたの!ほら、着替えるからあんたたちは出て行ってよね」
ぴら、と水着を広げて部員に見えるように腕を動かすハルヒ。
その自信満々と言った表情には呆れた。
「ひええ!そ、そんなの着れないですよ涼宮さぁん…」
「いいの、私が着なさいって言ってるんだからみくるちゃんは言うとおりにしてたらいいのよ!」
いつものことながら、コイツの傍若無人さには呆れるな。
俺だって朝比奈さんのスク水姿となれば男として一度は拝めたいとは思う。
しかしだ。
今は、冬であり御世辞にも暖かいとはいえない。
そんな中でただストーブがついているだけの部室でスク水なんて「風邪を引け」と言ってるようなものじゃないか。
もちろん、問題はそこだけじゃないんだが。
今が夏だったらと惜しく想いながらも、俺はハルヒに言う。
「やめろよ、朝比奈さんが嫌がってるじゃないか。大体こんな時期にそんな格好してたら風邪引くだろ」
毎度の流れだと、ハルヒは唇を突き出して「仕方ないわね」といっただろう。
だが、今日は違った。

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2009/01/02(金)02:30:41.58ID:Tb9nVxPK0
キョン「……なんだよ。こんなお前、元旦から」
ハルヒ「来ちゃったわ!」
キョン「いやあの、まだ二時とか」
ハルヒ「ほら」
キョン「?」
ハルヒ「ほらほら、挨拶」
キョン「……おめでとう」
ハルヒ「今年もよろしく! やー寒い寒い」
キョン「おいこら、なに勝手に入って」
ハルヒ「あれ、妹ちゃん起きてたの?」
キョン妹「あー! はるにゃんだ! あけまして!」
ハルヒ「はい、おめでとー!」  
キョン「おーい、人の話聞いてるかー?」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。2008/04/01(火)12:18:13.14ID:ZBKUyAmU0
キョン「…」
ハルヒ「……う、嘘よ! 今日がなんの日かわかってるでしょ?」
キョン「あぁ、そうか。今日はエイプリルフールか」
ハルヒ「まったく。ぼーっとしてるんじゃないわよ!」
キョン「残念だなぁ」
ハルヒ「えっ?」
キョン「本気にしちゃったじゃないか」
ハルヒ「!!」
キョン「嘘だけどな!」
ハルヒ「なっ!? わ、わかってるわよバカキョン!」
キョン「どうだかね」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2013/11/04(月)00:10:57.55
ID:iyYTjYdD0
声まで震わせて、長門は睫毛で目の表情を隠す。
「だがな」俺は大急ぎで言った。
「実を言うと俺は最初からこの部屋の住人だったんだ。わざわざ文芸部に入部するまでもないんだ。なぜなら----、」
引用元:

キョン「すまない、長門。これは返すよ」  長門「そう……」 


涼宮ハルヒの憂鬱ブルーレイコンプリートBOX(初回限定生産)[Blu-ray]
postedwith
amazletat18.02.19
角川映画(2010-11-26)
売り上げランキング:29,150
Amazon.co.jpで詳細を見る
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/26(水)21:26:09.65ID:jQI5nMf90
古泉「何の用……と言われましても、買い物に来たとしか言いようがありませんね」
キョン「態々、俺の家の近くのコンビニに、か?」
古泉「僕もこの辺りに住んでいましてね。ここが最寄りのコンビニなんですよ」
キョン「……」
古泉「信じられませんか?」
キョン「当然。 お前が俺の前に姿を現すときは、総じてお前の長話を聞かされる羽目になるからな」
古泉「その僕に言葉をかけたということは、これから少しお時間頂いてもよろしいということでしょうか?」
キョン「どうせお前もそのつもりだったんだろうが」
古泉「……んっふ」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
転載禁止
:
2015/02/16(月)07:23:59.54ID:9NuUmX/O0
『2月14日』
ハルヒ「はい、キョン。チョコ」っチロルチョコ
キョン「……ああ、今日は例の日か。ありがとうな」
長門「…………」ピタッ……
ハルヒ「いいのよ。お返し目当てだし。って事で期待してるからね。持ってこなかったり忘れてたら死刑だから」
キョン「……もらう立場でこういうのも何だが、も少しマシな扱いをしてくれないのか、お前は?義理にしても酷い扱いだな」
ハルヒ「あげるだけ、ありがたいと思いなさいよね。あんたになんか本当はあげたくもないんだけど、まあ、結構付き合いがあるし、義理も時には大切だからね」
長門「…………」
キョン「そうか……。まあ、もう何も言うまい」ハァ
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1424039039

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名...-
2011/09/22(木)15:58:19.27
gxzSuEWf0
1/56
キョン
「なんでだ、いいじゃないか減るもんでもないだろ」
ハルヒ
「減らなくても嫌なものは嫌なの。ていうか……」
ハルヒ
「毎日毎日告白してくるな!」
キョン
「いや、でも好きだからさ」
ハルヒ
「あたしはきらい」
キョン
「やれやれ」
ハルヒ
「何呆れてんのよ!言っとくけど、あたしは本当にあんたのことなんかきらいなんだからね!」
キョン
「はいはい、わかったわかった」
ハルヒ
「何だその全然わかってない反応は!」

元スレ
キョン「ハルヒ。好きだ付き合ってくれ」ハルヒ「嫌よ」
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1316674699/
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/25(火)17:13:52.02ID:XsPc1o+A0
 
キョン「今日の放課後は予定があるから部活は……」
ハルヒ「ちょっと待って、今」
キョン「ん?」
ハルヒ「朝倉って言い掛けなかった?」
キョン「朝倉? 何でそこで朝倉が出てくんだ」
ハルヒ「いや、あんたが……」
キョン「なんだ、不思議探ししてたらついに幻聴まで聞こえるようになったのか」
ハルヒ「……もういい  放課後の予定って何よ SOS団より大事な用なワケ?」
キョン「ああ、ヤボ用でね すまんな」
ハルヒ「ふん、まあいいわ、今回だけよ 次は、今日の分もみっちり団活に奉仕して……ん?」
キョン「ん?」
ハルヒ「……あんたの肩んとこ、長い髪が付いてる」
キョン「ああ、妹のだな」
ハルヒ「………妹ちゃんって髪青かったっけ?」
キョン「最近青みがかってきたな そういや」

続きを読む

[ 閉じる ]
4:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2009/12/07(月)07:44:49.80ID:o5lrnm/KO
ハルヒ「いい加減にしなさいよ!」
キョン「どっちがだ。言わせてもらうが、今回も俺は断じて悪くない」
ハルヒ「どっからどう見てもアンタが悪いでしょうが!」
キョン「なに?おい、ちょっと待て」
ハルヒ「なによ!」
キョン「お前本当に自分が悪くないと思ってるのか」
ハルヒ「当然でしょ!ほら、早く謝りなさい」
キョン「……よし、よくわかった」
古泉「まあまあ、お二人ともそう熱くならずに。一体どうしたのです?」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:2015/04/02(木)20:05:58.614
ID:z1u1w6BD0.net
虚無僧「…」チリーン
ハルヒ「今週の土曜日に市内探索しようと思うけど、どう?」
虚無僧「…」チリーン
ハルヒ「ねぇ、聞いてる?」
虚無僧「…」チリーン
ハルヒ「ちょっと虚無ってば!」
虚無僧「…」チリーン
古泉「涼宮さん、彼は虚無僧です」
ハルヒ「知っているわ、それがなに?」
古泉「察してあげてください」
キョム「…」チリーン
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/22(土)13:44:26.21ID:q6DBld7c0
橘「急にこんな所に呼び出したと思ったらナニ言ってるんですか?」
キョン「こんな所って…ここは俺たちが何時も利用する喫茶店なんだぞ」
橘「ご説明ありがとうございます
あたしが言ってるのは何でキョンさんとわ…わい…だ、んしなくちゃいけないんですか」
キョン「猥談ぐらいで照れるなよ」
橘「んんっ、もう!話を逸らさないでください!」
キョン「いや?、ハルヒは墓参り、朝比奈さんは鶴屋さんとショッピング、古泉は機関の集会か何かで長門も珍しく用事があるらしい」
橘「つまり、暇だったからあたしを呼んで下ネタトークでもしようと思ったんですね?」
キョン「そういう事だ」
橘「最低ですね」

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
:2015/10/18(日)20:39:26.539:
immP2qEn0.net
古泉「…いきなりどうしたんですか?貴方がそんな事を聞くなんて珍しいですね」
キョン「いや、ただなんとなく気になっただけだ」
古泉「そうですか…」
キョン「で?どうなんだ?」
古泉「…」
長門「…」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2009/09/20(日)18:52:55.53ID:NEQgFmhD0
キョン「なにを急に言い出すんだ」
ハルヒ「もしもの話よ」
キョン「もしもの話でも想像もしたくはないな」
ハルヒ「どういう意味よ!」
キョン「別に、独り言だ」
ハルヒ「ふん……あんたが私の子供だったらそういう性格には育てないわ!」
キョン「迷惑な話だな」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/08/10(水)23:03:32.42ID:gn19vq+F0
・電車内
キョン「…」サワサワ
佐々木「…キョン?」
キョン「おっと、バレたか」サワ
佐々木「当たり前だろう…」
キョン「手の甲で触れるか触れないかの微妙なタッチだと思ったんだが…」
佐々木「僕だって女の子なんだ。キョンじゃなかったら駅員に突き出してるところだよ」
キョン「はは、すまんすまん」
佐々木「まったく…」
キョン「…」サワサワ
佐々木「………」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/18(月)23:55:45.27ID:8FC/C5gb0
 ん?困った
どうやら俺は死んじまったらしい
何故かはわからないし俺が死んだことを誰も知らないようだ
俺も含めて、誰もが気づかないうちに死ぬなんてことはあるのか?
昨日から家族は連休をとって泊まり込みの旅行に行っているから俺の姿がどうとかは分からなかったのだが・・・
俺はとりあえず今部室にきている
そこには朝比奈さんと古泉と長門がいる
特に何をする訳でもなく皆がそれぞれのことをして楽しんでいるようだ
そんな俺はというといつもの席に座ってぼーっとしている
さっきから古泉や長門の顔の前で手を振ったり変な顔をしてみたりしているのだが
誰も反応してはくれない

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:
2015/01/19(月)04:29:45.11ID:pFBqYFQN0
今日、彼の下駄箱にノートの切れ端を入れた。
『放課後誰もいなくなったら、一年五組の教室まで来て』
紙にはただそれだけのことを書いた。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1421609384

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/01/26(火)22:48:41.21ID:89HeqMFp0
ハルヒ「ど、どっから出てきたのよ!」
ミニハルヒ「みー?」
ハルヒ「う、宇宙人かしら……っていうか生き物?」
ミニハルヒ「みー」
ハルヒ「……これってどう見てもあたしよね」
ミニハルヒ「うー♪」
ハルヒ「……」
ミニハルヒ「あーぐー」
かじかじ
ハルヒ「あ、こ、こら!それ消しゴムだってば!食べられないの!」
ミニハルヒ「むー……」
ハルヒ「……うーむ」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2009/04/07(火)16:26:54.15ID:b/W4ELS40
急に思いついたから書いてみる。
全然書き溜めてないけどがんばる。

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/14(金)18:57:16.03ID:fRMRnYDF0
部室
古泉「では、ここで僕は転職と行きましょうか」
キョン「折角、医者になったのにか。お前、人生を舐めてないか?」
古泉「そうですか?僕としては転職し新しい世界を見るのもまた、人生の楽しみ方だと思うのですが」
キョン(能力のあるやつが言う台詞は腹立たしいね。俺みたいな奴は崖に噛り付いて生きなきゃならんというに)
ハルヒ「ねえ、キョン」
キョン「なんだ?お前もやるか、人生ゲーム」
古泉「涼宮さんも参加するなら、初めからになりますね。ここまでの世界をリセットしましょうか?」
ハルヒ「朝倉涼子って今なにしてると思う?」
キョン「しらん」
キョン(反射的に答えたが、模範的な回答に違いない。今の発言から会話を広げれば、とんでもないものを呼び寄せてしまいそうだったからな)
長門「……」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2009/01/01(木)13:13:24.69ID:OAhqujP60
 
朝倉「あなたを殺して涼宮ハルヒの出方を見…」
キョン「それでいいのか?」
朝倉「……?ええ、いいのよ。何か問題がある?」
キョン「俺を殺して、ハルヒの反応を見て、それでお前は面白くなるのか?」
朝倉「少なくとも今よりは面白くなるでしょう。言ったでしょう。
   何の変化もないものを観察し続けるのはつまらないのよ」
キョン「『観察し続けるだけ』なのは変わらないよな」
朝倉「……何が言いたいの」
キョン「朝倉。俺と付き合え」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:2015/03/19(木)19:26:52.79
ID:czPSY9fq0.net
キョン「暇だな」
古泉「暇ですねぇ」
キョン「なんで今日はお前しかいないんだ?」
古泉「皆さん、用事があるんじゃないでしょうか」
キョン「そうかぁ…」
キョン「…」
キョン「…なぁ古泉」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/02/15(月)23:13:08.77ID:iXOp04msO
キョン「えっ」
ハルヒ「会いたかったんですよぉ…」
ハルヒ「すっごく寂しかったです。」
キョン「お…おい…ハルヒ?」
ハルヒ「キョンくん…あたしのこと、今名前で呼んでくれました?」
キョン「い…いや、いつもそう呼んでるし…」
ハルヒ「何か…うれしい…です」
キョン「???」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名...-
2011/03/25(金)20:10:21.43
J5xu4NeO0
1/61
キョン
「あん?」
ハルヒ
「こういうのを言うらしいのよね」
キョン
「!!」
キョン
「冗談はやめろ」
キョン
「マジ危ないって!」

元スレ
ハルヒ「レールガンって知ってる?」
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1301051421/
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/12/12(水)18:29:18.20ID:ZyRpnDKj0
鶴屋「キョーンくんっ!!おっはよ!!」
朝比奈「おはよう、キョンくん」
キョン「ああ、おはようございます」
鶴屋「今日もめがっささっぶいねー!ホントいつまでも布団の中に入ってたいぐらい!!」
キョン「ええ、そうですね」
鶴屋「昨日のテレビ見た?いやー、あれってホント面白いよねー。あたし、ずっと笑っててもうお腹いたくなっちゃってさー」
キョン「そうなんですか」
鶴屋「朝ごはん、何食べた?卵焼きっかな?」
キョン「えっと……」
朝比奈「つ、鶴屋さん、キョンくんが困ってますよ?」
鶴屋「え?あ、ごっめんね!あたしばっかり喋っちゃって!!はい、キョンくん、どーぞ!!」
キョン「鶴屋さんっていつも元気ですね」
鶴屋「まぁね!!元気が一番!!元気がないと面白いことを面白いって感じられないっからね!!あと元気の秘訣は好き嫌いをしないことー!!」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。