SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
作品:勇者・魔王系
<<
2018年10月
>>
108件取得
人気記事順表示
重複記事表示
<<
0
1
2
3
>>
1:
◆gxgeF/n1Es2018/10/18(木)20:57:50
ID:WZcxhkxI
僕「はいはい、お約束はいいので早く国家反逆を企てた妹姫の居場所を吐いてよ」
女騎士「誰が我が君主の居場所を吐くか!!」
僕「捕まって1週間・・・助けに来る気配もないんだから吐きなよ」
僕「どう足掻いても捨て駒にされたんだよ」
女騎士「ち、違う!妹姫様はそんなことしない!!」
僕「そんな事言ってもね?」
女騎士「私は妹姫様の一番の部下だ!必ず助けに来てくれる!」
僕「でも実際はね?・・・まあいいや、そろそろお昼ご飯だから待ってて」
女騎士「・・・行ったか・・・実際捕まって1週間・・・何の連絡もない・・・妹姫様・・・」
女騎士「それより取調官が同期のあの男とは悲しいものだ・・・昔は共に切磋琢磨したのにどこで道を違えたのか・・・」
僕「お待たせ?、今日はカレーだって。この国の人間って本当に優しいよね」
僕「普通ならご飯食べさせないでしょ」

続きを読む

[ 閉じる ]
元スレ
全てのレス
1:
以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします
:2018/10/20(土)03:25:56.147:
YPG2rUA10.net
女側近「魔王様、勇者がトラップを次々と破壊しもうこちらまで迫ってきています」
女魔王「ふふふ、さすが我がみとめた男だ。側近よ、例の部屋の準備を」
側近「かしこまりました」スタスタ
魔王「ふふん。楽しみだ」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/05/23(水)22:46:04.46
ID:j2BGSCGw0
前作
【SW】シス「わらわの弟子にならんか?」ジェダイ「断る!」【オリキャラ】
前作より更新スピードが落ちます
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/05/23(水)22:46:47.64
ID:j2BGSCGw0
 遠い昔、遥か彼方の銀河系で……

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1433326276/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/06/03(水)19:11:16ID:UQYqI9uQ
触手女騎士「貴様ら粗野な魔獣に辱められるぐらいなら、私は高潔なる死を選ぶ!!」ウネウネ
オーク「いや待て、その全身から伸びるウネウネはいったいなんだというのだ!?」
触手女騎士「武勲の誉れ高き騎士においては、触手の10本や20本を備えるも至極当然!!」ウネウネ
オーク「お前本当に人間か!?」
触手女騎士「当たり前だろう、この威風堂々たる騎士の姿を見て分からぬのか?」ウネウネ
オーク「分からねえよ!!むしろじっくり見るほど自信がなくなっていくよ!」
触手女騎士「まあいい……貴様がすぐには手を下さんというのなら」ウネウネ
オーク「ひいっ!?」
触手女騎士「我が汚名を雪がんと足掻いて見せようぞ!!」ウネウネ
オーク「うわああああああああああああああああああっ!!!!?」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/06/03(水)19:16:42ID:UQYqI9uQ
触手女騎士「ふん、一度は不覚を取ったがこうともなれば他愛ないものよ」ウネウネ
オーク「やめろ!離せ!!」
触手女騎士「いくら懇願しようと離しはせぬ、貴様とてそうであっただろう?」ウネウネ
オーク「くっ……」
触手女騎士「そして王と国と臣民の為にと命を賭した騎士の純潔を貪るのだ、貴様らは!!」ウネウネ
オーク「は?」
触手女騎士「オークという種族は欲望に忠実なケダモノらしいな?」ウネウネ
触手女騎士「いままで戦場でいったい何人の高潔な女騎士が犠牲になったというのか……」ウネウネ
オーク「ち、違う!!俺はそんなこと……」
触手女騎士「ほお、この期に及んで白を切るつもりか貴様!?」ウネウネ
触手女騎士「ならば貞操を奪われ辱められる苦しみを自らの体で味わってみるがいいッ!!」ニュルン
オーク「ひいいっ!!?」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/06/03(水)1
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1435324106/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/06/26(金)22:08:26ID:Ftg33b5k
国王「先代魔王よ…安らかに眠れ。」
勇者「世の平和は、我々が守って見せます。」
魔王「国王殿、勇者、ありがとう…。」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/06/26(金)22:09:01ID:Ftg33b5k
国王「先代殿はどんなお方だった?」
魔王「人間を嫌ってはいたが、戦争が終わればそれでいいと言っていたな。」
勇者「平和を求めていたのは一緒、か。」
魔王「ああ…。」
国王「もっと早くに、和平を申し込みたかったな…。」
魔王「父上はゲームに手を出していなかったから…。」
勇者「思えば、俺たちが出会ってからそこそこ経つな。」
魔王「今夜も飲むか?」
国王「良いのか?」
魔王「父上も、いつまでもしんみりとした空気では嫌だろうしな。せっかく来てもらってもてなさない訳にもいかん。」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/06/26(金)22:09:32ID:Ftg33b5k
大臣「お帰りなさいませ。」
騎士長「我々も行かなくてよかったのでしょうか?」
国王「大人数で行くのも迷惑じゃろうしな。」
司祭「では、そろそろ失礼を…。」
魔王「まあ待て、もてなしを受けていってはくれないか?」
大臣「えっ?」
魔王「思えば我々ばかりそちらに行ってもてなされていたからな。」
騎士長「今回はお墓参りですし…そのような…。」
魔王「長旅で疲れているだろうに…気を遣わなくてよいのだ。」
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/06/26(金)22:10:08ID:Ftg33b5k
魔王「平和を祝して…この言葉何回目だろうな…ともかく、乾杯!」
「「「かんぱーい。」」」
勇者「側近と魔法使いの姿が見えないな?」
魔王「買い物に行ったようだぞ。」
国王「戦士と僧侶は?」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1438496135/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/08/02(日)15:15:35ID:BbjOtues
女騎士は人質をとった模様。

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/08/02(日)15:18:33ID:BbjOtues
オーク「や、やめろ!子供は巻き込まないでくれ!」
子オーク「うわーん、お父さーん怖いよー!」
女騎士「私だってこんな卑劣な行為はしたくない…だがな!」
ナイフスッ
子オーク「ひぃっ!」
女騎士「これも平和の為だ…許してくれとはいわない…ただ、理不尽に死んでくれ」
オーク「…わかった。だから子供は解放してやってくれ」
女騎士「…あぁ」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/08/02(日)15:20:46ID:BbjOtues
パッ
子オーク「うわーん」
ダッタッタ
オーク「おぉよしよし、怖かっただろうね…」
ナデナデ
女騎士「…」
女騎士(オークにも家族がいる…分かっている。分かっている…割り切れ…でないと、死ぬぞ…)
ギリッ
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/08/02(日)16:56:06ID:BbjOtues
女騎士(だが私は…くっ…駄目だ、割り切れ…ハイネ…イグッ…ナイ…テッド…)
オーク「さぁ、家に帰りなさい。決して振り返ってはいけないよ…」
子オーク「え…お父さんは…?」
オーク「お父さんは…後から行くから…」
子オーク「おと…うさん…?」
オーク「いい…から…お願いだ…いう事を…きい、て…くっ…」
ポロポロ
子オーク「お父さん…」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/10/19(金)23:26:18.136
ID:NWKBxSCb0
以下女魔王(うちの領地まで噂が広まってるからみに来てみたけど……)
女勇者「ちょっとお尋ねしたい事がありまして」
女魔王(勇者って面構えじゃないわね。あんな剣振れるのかしら)
女魔王「はい。私に分かることであれば」
女勇者「
>>4」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1435333966/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/06/27(土)00:52:46ID:srigw/lY
オーク「…」
男騎士「くっ…」
オーク「…」
男騎士「くっ…」
オーク「…男やんけ!」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/06/27(土)00:56:13ID:srigw/lY
男騎士「オークに捕まるなど騎士の恥…さっさと殺すのである!」
オーク「いや、後処理めんどいし。法を犯してまでやるメリット皆無」
男騎士「なっ…オークは騎士を捕らえ、犯して殺すのではないのか?」
オーク「いつの話だよ…法が整った今の時代、犯すのも殺すのもリスキーなんだって」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/06/27(土)00:59:03ID:srigw/lY
男騎士「そんな…ならば私の期待は…犯しに犯され、ボロ雑巾のように殺されるのだろうという、私の期待はどうなる!?」
オーク「歪みすぎだから。性癖歪みすぎだから」
男騎士「くっ…長年の夢が…」
オーク「え、何なのこの人…ホモなの」
オーク「そうでもあるがぁ!」

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
:2016/12/13(火)00:08:54:
8imVuQLg
― 町 ―
女騎士「――くっ!」ザッ
オーク「ぐへへへ……追い詰めたぜ」ジュルリ…
女騎士「私に近づくな!」
オーク「近づくな、と言われて近づかないヤツがいると思うかよ~?」
オーク「拒まれれば拒まれるほど、興奮してくるぜぇ~……」
女騎士「くっ、殺せ!」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1435511999/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/06/29(月)02:19:59ID:X9FLjNLI
魔王「魔力が尽きたわ…ワシの負けじゃ」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/06/29(月)02:21:54ID:X9FLjNLI
オークA「ぐへへ…」
オークB「ようやく魔力が尽きたか」
オークC「魔法を連発させるため、何匹かの同胞が犠牲になったが…ようやくか」
オークA「お楽しみタイムの始まりだ…!」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/06/29(月)02:24:41ID:X9FLjNLI
ふん…ケダモノどもめ。
ワシが勇者に負け、落ちぶれたとたんにこれじゃ。
まぁ、弱肉強食の世界じゃからのぅ…仕方あるまいて。
しかし、悲しいのぅ。
こんな下級魔族に輪姦されるとは…
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/06/29(月)02:26:39ID:X9FLjNLI
オークA「ぐへへ…」
オークB「…で」
オークC「うん?」
オークB「ここからどうすればいいんだ?」
オークC「む…」
オークA「実は俺達、童貞だから…この先を知らんのだよなぁ」
魔王「…」
ハァ
5:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/06/29(月)02:31:33ID:X9FLjNLI
魔王「やれやれ…犯さぬオークに何の価値があるというのか…こんなんだから、最近の女騎士はやたらと強いのか」
そう、ワシは勇者に負けたというより
勇者の仲間である女騎士に負けたようなものである。
こいつらオークが犯して戒めぬから調子づきおる。
女騎士は犯して弱らせるのが世の常である。

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
2009/01/23(金)22:15:30.42
ID:9/aV7+SgO
はぐれメタル「………」
勇者「俺と同じだな…来るか?」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/10/17(水)18:00:56.801
ID:1hg/YE6o0
魔王「  」
魔王の娘「おとうさん…やだ…おきてよ…」
魔王の娘「ころさない…で」ブルブル
勇者お前ら「
>>4」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1434212268/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/06/14(日)01:17:48ID:VZQHpFTA
女騎士「とんでもないものを奪ったな…」
女騎士「わ た し の こ こ ろ だ よ !」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/06/14(日)01:20:14ID:VZQHpFTA
オーク「えぇぇ…」
女騎士「初めて会った時から、惚れていた!」
オーク「そっすか…」
女騎士「もう討伐依頼で戦う度にドキドキしていたさ!」
オーク「なんなのこのひと…」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/06/14(日)01:23:16ID:VZQHpFTA
女騎士「うっかり剣で傷付けてしまった日の夜には、泣いて泣いて泣きまくった!」
女騎士「で、ぬいぐるみのオー君に話しかけて自分を慰めていた!」
オーク「えぇー…ぬいぐるみ…オー君って」
女騎士「もちろんオークの姿をしたぬいぐるみだぞ!」
オーク「んなものに需要あるんだ…」
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/06/14(日)01:26:55ID:VZQHpFTA
女騎士「で、君はどうなんだ!?」
オーク「え?」
女騎士「自分でいうのも何だが、私はなかなかオススメだぞ!オススメだぞ!」
オーク「二回言うくらいオススメなんだ…」
女騎士「その、なんだ…オーク族の性欲に耐えうると自負している!」
オーク「それ偏見。ヘンケンだから」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1434370699/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/06/15(月)21:18:19ID:/RVwhcKA
女騎士「殺す」
オーク「やめ…」
ザクッ

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/06/15(月)21:20:08ID:/RVwhcKA
オーク「あ…」
ドクドクドク
オーク「う…あ……」
ダラリ
オーク「…」
女騎士「あ、あなたが悪いのよ…何度結婚を迫っても拒否したから…!」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/06/15(月)21:22:27ID:/RVwhcKA
女騎士「そ、それよりこの死体をどうするかが問題よ…そう、問題なのよ」
ウーム
女騎士「都合よくここに巨大なジュラルミンケースがあるわ、そうね…オーク一匹くらいならちょうど入るくらいの、ジュラルミンケースが、ね…」
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/06/15(月)21:29:16ID:/RVwhcKA
女騎士「さっそくオークを詰め込もうかしら…ひときれのパン…ナイフ、ランプ、ジュラルミンケースに…詰め込んで…」
オーク「とぅーさーんがーのこしたー!」
女騎士「あつーいおもーいー!」
オーク「…」
女騎士「…」
ジッ
オーク「地球は回る…回って、いるんだよ」
女騎士「オーク…私…私!」
ダッ
ダキッ
オーク「いいんだ、過ちは誰にでもある。うっかりオークの腹を刺したって、いいんだ。いいんだよ…」
ドクドクドク
女騎士(めっちゃ血ぃ出てる)
5:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/06/15(月)21:33:07ID:/RVwhcKA
オーク「なんだか意識が薄れてきたけど、僕は元気です」
女騎士「やせ我慢はよして!」
バシッ
オーク「ぶったね…マゾヒストの僕を、ぶったね!」
バシッ
オーク「二度もぶった…!」続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1435150593/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/06/24(水)21:56:33ID:/4/uiIl2
勇者「…。」
魔法使い「…。」
僧侶「♪」
戦士「」
側近「…///」
魔王「…ふぅ。」
国王「はぁ…。」
司祭「うぅ…。」
騎士長「グループ内の雰囲気がおかしいです」
大臣「一体何があったんだ…?」
騎士長「わかりませんね…。」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/06/24(水)21:57:28ID:/4/uiIl2
大臣「勇者と魔法使い、何故お互いに目を逸らしているのだ…?」
勇者「いや…その…。」
魔法使い「大したことじゃないわ…。」
大臣「二人とも、顔が赤いぞ。」
勇者「は、はぁ!?」
魔法使い「そんなことないでしょ!?」
騎士長「大体察しがつきましたな。」
大臣「うむ。」
勇者「ぐぬぬ…。」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/06/24(水)21:57:59ID:/4/uiIl2
魔法使い「…ねぇ。」
勇者「!」
魔法使い「ちょ、そ、そんな驚かないでよ!」
勇者「な、なんだ?」
魔法使い「勇者は私のこと…どう思ってる?」
勇者「それは…大切な仲間、だな…。」
魔法使い「…そう。」
勇者「俺はその、魔法使いのこと…そういう目で見たことはなかった…。」
魔法使い「でしょうね…。同級生だったのに大して印象なさそうだったし…。」
勇者「す、すまん…。」
魔法使い「別にいいわよ…。あなたは覚えてないみたいだけど、私にとってあなたはヒーローだったんだから。」
勇者「え?」
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/06/24(水)21:58:45ID:/4/uiIl2
魔法使い「野生の魔物に襲われたとき…助けてくれたじゃない。」
勇者「ああ、助けたよ。」
魔法使い「は!?お、覚えてるの!?」
勇者
続きを読む

[ 閉じる ]
10/17 (07:00) SS速報
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/02/05(月)22:09:34.13
A3dt2/9No
側近「魔王様、大変でございます!」
魔王「なんだ?」
側近「勇者がこの城に侵入したという報告が入りました!」
魔王「な、なんだと!? 予想よりずいぶん早いな!」
側近「幹部たちが応戦していますが、ここまでたどり着くのも時間の問題かと……」
魔王「ならば、急いで考えなければなるまいな」
側近「勇者との戦い方をですか? あるいはまさか……撤退を?」
魔王「いや……第二形態をどうするかをだ!」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1517836173

引用元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1517836173
//
//
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/02/05(月)22:11:17.83
A3dt2/9No
側近「第二形態? 今の状態が最終形態ではないのですか?」
魔王「バカモノ! ワシは魔王だぞ? 第二形態ぐらいなくてどうするのだ!」
側近「ははっ、申し訳ございません!」
魔王「ただし、まだその内容を考えてなかったのでな……今から考えねばならん」
魔王「というわけで、側近よ! 案を出せ!」
側近「ははーっ!」

3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/02/05(月)22:13:23.49
A3dt2/9No
側近「まず、第二形態としてオーソドックスなのが“巨大化”でございます」
魔王「ほう、大きくなるわけか」
側近「はっ、今の魔王様は勇者より一回り大きいぐらいですが」
側近「これが勇者より何十倍も大きくなれば、インパクトは絶大でございます」
魔王「なるほどなるほど……巨大化して勇者を見下ろすのも悪くはない」
側近「とはいえ、オーソドックスすぎてありきたりともいえますが」
魔王「候補にはしておこう……他には何かないか?」
側近「そうで
続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
◆jqCgssuHHY
:2015/06/04(木)15:03:04.82:
X+JeuAtJ0
勇者「出たなまおーめ!この勇者様がせいばいしてやる!」
勇者「とう!おりゃ!」ポコポコ
魔王「……」
勇者「ぜ、ぜんぜんきいてない」

続きを読む

[ 閉じる ]
元スレ
全てのレス
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2018/10/16(火)12:23:52.79:
dzKTdEPYO
魔王城、玉座の間
魔王「フハハハハ!勇者一行の実力はこの程度か!」
勇者「ぐっ、強い…!」
僧侶「ダメです、このままじゃ勝てません」
勇者「魔法使い!一か八かの勝負だ!」
魔法使い「えっ!?でもあれは…」
勇者「だがここで負ければ世界が終わる!やってくれ!」
魔王「ほう…奥の手があるのか、面白い!その技、我に見せてみよ!」
魔法使い「…分かったわよ、やってやろうじゃない!」
魔法使い([召喚魔法:アナザーウェポン]、こことは異なる世界から、強力な助っ人を呼び出す魔法…)
魔法使い(だけどその強さはピンキリ…更に言う事を聞いてくれるとは限らない…)
魔法使い(でもうまくいけば勝てる…やるしかない!)
魔法使い(魔王よりも強く、硬く、そして従順な奴が出て来ますように!)
魔法使い「[召喚魔法:アナザーウェポン]!」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1451725804/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2016/01/02(土)18:10:04ID:iufokFxE
戦士「めっちゃ誇り高い死に方するさけ、ヴァルハラ連れてってーや」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2016/01/02(土)18:13:13ID:iufokFxE
戦士「…」
戦士「こうやって毎日、空に向かって叫んでるが…はたして願いは届いているのだろうか…」
?「何やってるんだ」
戦士「おぅ、弓兵か」
弓兵「毎朝毎朝、何を叫んでいるんだ。同じ部屋の俺はいい迷惑だぜ」
戦士「いやなに、戦士として生まれたからには、ヴァルハラに行きたいのでな」
弓兵「ヴァルハラだぁ?馬鹿馬鹿しい」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2016/01/02(土)18:15:39ID:iufokFxE
戦士「お前は死んだ後の事を考えはしないのか?」
弓兵「死んだ後…何にも無いさ。無だよ、無」
戦士「俺はそうは思わないな。誇り高く戦い抜いた者の魂は、戦乙女に選ばれ死後なお神々の戦いに参加できるという…素晴らしいじゃあないか」
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2016/01/02(土)18:19:16ID:iufokFxE
弓兵「神々の戦い?なんだそりゃ…ンなモンに参加して楽しいかね」
戦士「とんでもない栄誉だろうが。死してなお、そんな戦いに参加できるんだぞ!?」
弓兵「お前は戦闘狂…戦士というよりバーサーカーだな」
戦士「ヴァルハラに憧れる者は皆戦闘狂…戦いの中でこそ自分の存在を感じられるのさ」
弓兵「そんなモンかねぇ…」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1438258794/
1:
罵倒女騎士ちゃん
2015/07/30(木)21:19:54ID:Gdkt77m6
オーク「笑いもするさ…こっちは丸裸で鎖につながれてよぉ。拷問なんていまどき流行らねーぜ」
衛兵「貴様!毎度、毎度…このお方は我が帝国の第一師団団長、女騎士様であるぞ!
いい加減にそのふざけた態度を…」
女騎士「よい。下がれ」
衛兵「しかし……」
女騎士「こんな二足歩行と話せるだけが取り柄の肉の塊に、誇り高き我が帝国兵が声をあらげるなどもったいないことだ」
オーク「へへへっ。おら、女騎士様もこう仰って」
女騎士「勝手な発言を控えろゴミが。豚面もふせてろ気持ち悪い」
およそ女性が発するには、想像に難い口汚さだ。
長麗な黒髪をたたえた小柄な顔には、柳のような眉と切れ長の目が輝いている

2:
◆RPE4IYZj1k
2015/07/30(木)21:21:32ID:Gdkt77m6
女騎士「下がれ」
衛兵「はっ!」
オーク「…」
女騎士「……さて」
女騎士「今日こそはお前らの巣の場所を喋ってもらいたいものだが」
オーク「ぐ……」
3:
◆RPE4IYZj1k
2015/07/30(木)21:22:07ID:Gdkt77m6
女騎士「いいかげん貴様を捕らえて3日だ。悪臭にまみれた豚の匂いにはどうもなれんし」
女騎士「そのひどく醜い豚面も、飽きる……ほどに興味をいだく価値もないが」
女騎士「同じ空間にいるだけで吐き気を催す。
暗い牢屋で貴様を相手する私の身にもなれ。
さっさと終わりにしてくれないか?」
オーク「くっ、殺せ!」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
10/15 (23:00) えすえすゲー速報
 
勇者
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/10/19(金)20:14:55.62ID:JTOMzQD10
側近「一番隊は東に砦と高台を造って下さい」
側近「他の隊は西側に畑と田を作り続けて下さい」
側近「このペースで作れれば……ぎりぎり今年の冬に備えられる程度か」
側近「ああ、くそ、これだから連合部隊は嫌いなんだ! お前達、パンじゃ我慢できないのか!」
兵士達「米食いてぇ!!」
側近「じゃあ血反吐吐くまで耕せ!」
魔王「……で、私は何をしていればいいのだ?」
側近「一人で鍛錬でも積んだらどうです? 完全に武道派なんですからこちらに首を突っ込まないで下さい」


魔王を倒した俺に待っていたのは、世話好きなヨメとのイチャイチャ錬金生活だった。(HJ文庫)
postedwith
amazletat18.10.14
ホビージャパン(2018-06-01)
売り上げランキング:106
Amazon.co.jpで詳細を見る
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/02/21(木)17:12:51.81ID:eRRN8YxrO
女騎士「……気のせいか」
女騎士(どうも最近、登城中の電車内で痴漢に狙われる事が多くて、神経質になってしまうなぁ。
   痴漢対策で胴鎧を着込んで来ちゃったけど、念のため次の駅では別の車両に移るか)
アナウンス《次は○○駅、○○駅です。降り口は?》
女騎士「2両後ろの車両に移ってみたが……むぅ、ここも座れそうにないな」
?「あっ」(そっぽ向き)
女騎士「ひ…オホンッ! お、お嬢さま……?」
姫「い、いえ……人違い、です」
女騎士「供も連れずに、何故こんな所におられるのですか」

続きを読む

[ 閉じる ]
SS速報VIP:岡部「俺は狂気の大魔王! 鳳凰院凶真だッ!!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1452886656/

1:
以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします2016/01/16(土)04:37:36.64ID:oXMYoBtBo
?魔王の城?
岡部「側頭部から緩やかな曲線を描きつつ天にそびえ立つ双角」
岡部「床すれすれをたなびく漆黒の衣、口内に収まりきらない巨大で鋭い白牙」
岡部「ふぅむ、姿見の鏡に移るこの形貌……どこからどう見ても偉大なる大魔王にしか見えんな、クッククク……」
まゆり「ねーねーオカリンオカリン」
岡部「おいこらまゆり? 俺はオカリンなどではない。前にも言っただろう?」
まゆり「んー?」
岡部「俺は大魔王である、と。いいか? 今度から俺のことは鳳凰院凶真と呼ぶのだぞ」
まゆり「うんー、よく分からないけど、分かったー」
岡部「うむ。それでこそ我が人質だ」
まゆり「でね? オカリンもおでん缶、食べるー?」
岡部「ちっとも分かってない!」
岡部「俺は狂気の大魔王! 鳳凰院凶真だッ!!」
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1452886656

続きを読む

[ 閉じる ]
10/15 (18:00) えすえすゲー速報
 
勇者
1:以下、名無しが深夜にお送りします:2012/07/07(土)19:16:41ID:gXfQO0rA
--ルイーダの酒場
戦士「こっち、ビールひとつ頂戴」
店員「はい、おまちー」
グビグビ?
戦士「暇だなぁ?」
転載元:
戦士「まぁ、とりあえずビールでも飲むかな」<雑談系SS> 


戦士に愛を:1(アクションコミックス)
postedwith
amazletat18.10.14
双葉社(2018-04-28)
売り上げランキング:27,177
Amazon.co.jpで詳細を見る
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1434709889/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/06/19(金)19:31:29ID:w1kZZWl2
オンラインハンティングというゲームがある
その名の通りオンラインで狩りをする
プレイヤーは現在1600万人以上
種族を問わず多くのプレイヤーが存在する
勇者、国王、魔王といった者たちもユーザーなのだが
それを知っているのは本人たちと運営側だけであり
運営側さえも、ゲーム内のチャットが世界平和の一つの鍵だったことに気づいてはいない

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/06/19(金)19:32:42ID:w1kZZWl2
勇者「今夜もオンラインハンティングやろーぜ」戦士「おk」
勇者「オフラインハンティング?」戦士「おう」
勇者「オフラインハンティング当日」
これらの続編というか番外編というか、です
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/06/19(金)19:33:12ID:w1kZZWl2
私は騎士長
王国に仕える者で、国王様の側近の一人でもある
最近国王様とあとの二人の側近の様子がおかしい
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/06/19(金)19:33:47ID:w1kZZWl2
国王「モフ…じゃなくて、大臣よ。」
大臣「えっ。あ、な、なんでございましょう。」
司祭「国王様、今宵は忙しいゆえ…。」
国王「ふむ、かみつんがインできないのはきついな…。」
大臣「国王様!」
国王「あ、や、なんでもない。」
騎士長「かみ…つん?」
国王「え、や、最近都市部の過密化がなぁ…。」
5:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/06/19(金)19:34:19ID:w1kZZWl2
怪しい…
私には話せない何かがあるのだろうか
もちろん国王様が私に秘密にされることに文句はない
しかし、三人の側近である私だけが話されないことには、納得がいかないの
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1459946710/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2016/04/06(水)21:45:10ID:C/u6IBsw
オーク「五飛…」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2016/04/06(水)21:50:46ID:C/u6IBsw
俺の名はオーク。
職業、女騎士専門の処刑人。
どこから来たのか
どんな罪を犯したのか
一切の情報を知らされず
ただ、連れてこられた女騎士を斬首するのが俺の仕事だ。
奴等は死に際に決まってある台詞を吐く。
「くっ、殺せ!」
聞き飽きるほどに聞き飽きた。
奴等はどいつもこいつも同じ脳みそをしてやがるらしい。
あばずれが。
言われなくても殺すさ。
それが仕事なんだから。

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
:2016/11/19(土)21:02:52.39:
ooTkYRfB0
女勇者「あるの?」
戦士「あるだろ」
僧侶「ありますね」
賢者「え、急に何を……」
女勇者「それはどうして?」
戦士「そりゃあだってお前…男ばっかりの勇者一行なんてやってる方も見てる方も辛いだろ」
女勇者「見てる方って……?」
戦士「それは……」
戦士「み、見てる方は見てる方だよ!!」
賢者(うわっ、トートロジー……)
女勇者「ふーん」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/10/14(日)21:21:47.068
ID:0z688uKFd
王様「み、見事じゃ………」
???「……ピクッ」
弱い奴「ガタガタガタガタ……」
達人「……やるじゃねえか」
かつての先輩「……本当にあいつなのか?」
実力を知ってる奴「ふっ」
敵のリーダー「か、勝てっこねえ……」
好きな人「………やっぱりそうなのね……」
なんかを掴んでる奴「あいつだ……間違いない……」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/11/12(土)14:32:15.89ID:vWd6TAgz0
魔王「ぐうふふふ……ふひひ」
側近(……まったく魔王様ときたら)
魔王「みよこの水晶玉を! 可愛い可愛い勇者ちゃんが映っておるぞ!」
側近(勇者が生まれてからというものの、ずっと水晶ばかり覗き込んで)
魔王「このあどけなさを残した少女がいずれワシを殺しにくるんじゃあ! わははは!」
側近「仕事してくださいよ」
魔王「……むぅ、仕方ないのぅ」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1434152850/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/06/13(土)08:47:30ID:vHnnU5dc
勇者「今夜もオンラインハンティングやろーぜ」戦士「おk」
勇者「オフラインハンティング?」戦士「おう」
の続編です

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/06/13(土)08:48:07ID:vHnnU5dc
勇者「いよいよ、今日だな。」
戦士「…ああ。」
勇者「大丈夫か?」
戦士「わくわくしすぎて寝不足…。」
勇者「おいおい…。」
魔法使い「おはよう。」
僧侶「おはようございます…。」
勇者「僧侶も寝不足か?」
僧侶「はい…わくわくしすぎて…。」
魔法使い「私も緊張でしばらく寝付けなかったわ。」
勇者「多少はあるよなー。」
戦士「お互い、楽しくやろうぜ。」
僧侶「お、おー…。」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/06/13(土)08:48:39ID:vHnnU5dc
オンラインハンティングの説明は割愛
今回はゲーム内容について簡単に解説する
このゲームにはスタミナ値が設定されており、ログアウト時に時間回復する
スタミナ値が0の場合は戦闘や活動時の行動に不便になってしまう
スタミナ値は食事で回復
狩りや採集、釣りなどで食材や素材をゲット!
それらを売ることでお金も手に入る
お金で食材やアイテムを買える
山、森、海などそれぞれで出てくる敵やできる行動がある
森や山ならば採集、川辺や海は釣り、などなど
奥に行けば行く程敵が強くなるのでレベルを上げたりパーティーを組もう!
素材で武器や防具も強化しよう!
チャットで話すだけならば狩りや食事は必要ありません
のんびり収集する者、グループを作りチャットを主に遊ぶ者、RPGらしくダンジョンの奥地へ向かう者
様々な遊び方ができることで大人気!
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/06/1
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
2
3
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。