SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
作品:勇者・魔王系
<<
2017年08月
>>
92件取得
人気記事順表示
重複記事表示
<<
0
1
2
3
>>
1:
以下、名...-
2013/07/20(土)21:48:33.84
T5Tmr5UB0
1/49
鈴乃
「それにしてもエミリアが結婚とは…最初は驚いたものだ」
恵美
「だから、これは仕方なくなの!変な勘違いしないでよ!」
千穂
「へー。そうなんですかー。へー」
恵美
「千穂ちゃん。何度も言うようだけど、私達社会人には世間体っていうのがあって…」
鈴乃
「それで魔王と結婚を?」
恵美
「ええ、私も職場の男達に言い寄られなくてすむからね」
千穂
「へー。そうなんですかー。へー」

元スレ
真奥「勇者エミリアと結婚した」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1374324513/
続きを読む

[ 閉じる ]
元スレ
全てのレス
1:
◆CItYBDS.l2
:2017/08/21(月)21:10:30.34:
2Kdtlp2Wo
王「征け女神の加護を受けし者よ!見事、魔王の首を討ちとってみせよ!」
勇者「いやです」
王「」
勇者「いやです」
王「・・・具合悪いの?」
王「ちょっと急すぎたかね、日を改めようか?」

続きを読む

[ 閉じる ]
08/21 (21:00) えすえすゲー速報
 
勇者
2:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2012/09/30(日)18:34:20.88
ID:NzDYK7L50
城下町

勇者「平和が一番だね?」
勇者「魔王は親父が若い頃に倒したし俺は何もすることねぇな」ゴロン
祖父「こぅらぁぁぁ!!!勇者!!」
勇者「うわ……面倒くせぇ」
祖父「勇者!修行はどうしたぁ!?」
勇者「ちゃんとしてきたよ。伝説の剣で素振りを100回でしょ?」
祖父「嘘をつくな!早く戻ってきすぎじゃろうが!」
引用元:

勇者「魔王が死んで魔物は緩やかに衰退しました」 

勇者が死んだ!(9)(裏少年サンデーコミックス)
postedwith
amazletat17.08.20
小学館(2017-08-10)
売り上げランキング:133
Amazon.co.jpで詳細を見る
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、?...-
2017/05/2120:30:51.
418
SydBJ6oF0
1/67
 
-ラフィエルの家-
ラフィエル
「天使力を高めたい、ですか?」
タプリス
「はい。白羽先輩や、かつての天真先輩のように」
タプリス
「もっと天使として、みなさんのお役に立ちたいと思いまして」
ラフィエル
「そうですかそうですかぁ」
タプリス
「簡単には身につかないことは、わかっているのですが……」
タプリス
「何かできることがないか、探しているんです」
ラフィエル
「そうですねぇ……あ、そういえばタプちゃん」
タプリス
「はい?」
ラフィエル
「少し前に天界が開発した、天使育成アプリをご存知ですか?」
タプリス
「天使……育成アプリ?」
ラフィエル
「まだ若い天使を対象にした、体験型の育成プログラムで」
ラフィエル
「端末にインストールすることで、簡単に学習することができるんです」
タプリス
「そ、そんなものがあったんですね! 知りませんでした!」
ラフィエル
「まあ知る人ぞ知る、といったものなので」
ラフィエル
「知らなくても、仕方ないのかもしれませんね」
タプリス
「なるほど……」
元スレ
ガヴリール「千咲ちゃん、勇者になる」
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1495366251/
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
元スレ
全てのレス
1:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
:2017/08/15(火)15:37:24.366:
+lCUb9SP0.net
戦士「・・・・」
女の子「失礼します」
女の子2「今日は私たちが戦士様をおなぐさめします・・」
戦士「・・・帰れ」
女の子「・・・・」
女の子2「はい・・・」
戦士「・・・」
泣き声(えぐっ・・・ぐすん・・・ずずっ・・・)
戦士「・・・蕎麦でも食ってるのか・・・」

4:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします:2017/08/15(火)15:39:09.312:OEsVox4Id.net
うどんじゃないの?

5:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします:2017/08/15(火)15:40:10.302:JSr9bCQN0.net
うどんだとちゅるちゅるって感じになるだろ

続きを読む

[ 閉じる ]
08/21 (01:25) えすえす
1:
名無しで叶える物語(きしめんだぎゃー)@?(^o^)/
2017/08/20(日)22:32:17.35
ID:f1FWMD3e.net
勇者「なにっ!」
魔王「たかがレベル99のお前ごときにこの俺様が倒せるわけがないだろ!」
勇者「ぐっ…!何かいい手はないのか…なにかっ!」
魔王「いい手?…ふっ、だから言っただろ!あるとすればμ'sの星空凛ちゃんが好きな人と2人っきりでお風呂に入ることだと!」
勇者「スーパーアイドル星空凛ちゃんが好きな人と2人っきりでお風呂に入るなんてあるわけないじゃないか!」
魔王「…」ニヤッ
勇者「まさか貴様!それが狙いで…!」
魔王「恨むなら純粋無垢でまじえんじぇーすぎるスーパー可愛いスーパーアイドル星空凛ちゃんを恨むんだな!」
勇者「たとえお前に負けたとしても純粋無垢でまじえんじぇーすぎるスーパー可愛いスーパーアイドル星空凛ちゃんを恨むなんて俺にはできない!」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/08/20(日)20:41:10.55
ID:LayDDlAE0
勇者「伝説の剣が抜けねぇ」
の続き
王の間
王様「よくぞ来た。勇者娘よ」
勇者娘「お呼び頂き光栄です王様」
王様「魔王が滅びてから10年、何故か再び魔王が復活してしまった」
王様「しかし、先代勇者の血を引く勇者娘であれば、復活した魔王を再び倒す事ができるであろう!」
勇者娘「はい!必ずや倒して見せます!」
王様「うむ!その言葉を待っていた!兵士達よ例の物を持って参れ!!!」
ゴロゴロゴロ
勇者娘「こ、これは!」
王様「お主の父が使っていたとされる伝説のナイフじゃ。これさえあれば魔王も倒せるであろう」
勇者娘「ありがとうございます!パシッ必ずや魔王を・・・・」
王様「どうした勇者娘よ?受け取って良いのだぞ?」
勇者娘「あ、はい!いえ!あの!」
勇者娘(え、なにコレめっちゃ重いんですけどぉぉぉ!!!!)
勇者娘「王様!!失礼ですが、後日再び受け取りに来てもよろしいでしょうか!?」
王様「一体どうしたのだ!勇者娘よ!ただ握り持ち帰るだけで良いのだぞ?」
勇者娘「き、緊張のあまり手汗が酷くて握れないので後日ゴム手袋をして受け取りに参ります!」
王様「なんとwそういうことであったかハッハッハ」
王様「よかろう。先代、勇者も緊張には弱かった部分もあったからのうハッハッハ!」
王様「では後日受け取りに参れ」
勇者娘「はい!失礼致します!」
勇者娘(さて、どうしよっかな・・・)

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
2009/07/26(日)00:09:09.18
ID:WNOBycVB0
女勇者「あれからもう二年」
女勇者「国同士が争い始めて一年半」
女勇者「何の為に魔王を倒したんだろう……」
前作
奴隷商「さあさあ、本日の目玉だよ!」
子供「苦しいよ……誰か、助けて……」
続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
:2015/10/06(火)18:22:09:
9W/8lew.
<城>
姫「まあっ、私に家庭教師を?」
国王「うむ、お前にもそろそろ必要かと思ってな」
姫「ちなみに、どんな方が来るの?」
国王「騎士だ。それも騎士団で選りすぐりの人物で――」
姫「まぁ、嬉しいっ!」
国王「文武に長けており――」
姫(ああっ、姫と騎士……めくるめくロマンスの予感……)
国王「もしもし? 聞いてる? もしもーし」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名...-
2013/07/15(月)20:01:02.16
fZ+6PvHA0
1/33
恵美
「ふ?ん、射的屋ね?」
芦屋
「1回200円で4発だ。もしも商品を倒す事ができたら、商品をプレゼント。さらに弾を一発補充できるぞ」
恵美
「ということは、200円で全部落とす事も可能ってなわけね」
芦屋
「一回で落とし続ける事ができればの話だがな」
真奥
「で、やるのか?やらんのか?」
恵美
「やるわ!」

元スレ
恵美「魔王と夏祭り」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1373886062/
続きを読む

[ 閉じる ]
SS速報VIP:勇者「剣士がいなくなった日、僕らは」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1503226275/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/08/20(日)19:51:15.11ID:bWcKJxNsO
剣士「俺は、世界一強い!!だから、見せてやるよ、俺の力を!!!うおおおおおお!!」
勇者「お願いします!」
強そうな怪物「ギャオオオオオオ!!」
剣士「おっと…ごめん!急にお腹の調子が悪くなったから俺は降りる!あとは頼む仲間たち!」
勇者「な…なんじゃそりゃ」
僧侶「腰が引けてる…」
魔法使い「だっさ」
最初はただ、調子の良い奴だけだとしか思わなかった。
強そうな敵「ギャオオオス!」
剣士「…す…すまん、戦おうと思ってたのだが今度は更年期障害で…」
勇者「またかい」 
僧侶「そんな更年期障害って急に襲ってくるのかなあ」
強そうな敵「おらああああああ!!」
剣士「あいたたた…もう多分足首粉砕骨折したから戦えないかも……」
勇者「出た…」
魔法使い「この腰抜け野郎…」 
正直、うざいときもあった。でも
魔法使い「…」 
剣士「何、黄昏てんだ」
魔法使い「……うっせー」
剣士「気にすることはない、ああやって感情的になるのは、お前が本当に僧侶を心配しているからだ、あいつもわかってるさ」
魔法使い「う…うっせー!!!…………お、怒ってねーかなあいつ?」
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1503226275

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/08/20(日)01:23:12.56
ID:LayDDlAE0
最果ての山
勇者「やばいんだけどマジで・・・」
魔法使い「勇者?どうしたの?早く他の伝説の装備を集めに行かなきゃ!」
勇者「お、おう」
戦士「なんだなんだ?勇者!お前まさか抜くのビビってんのかw」
勇者「ソウナンダヨネーヤバイナーコワイナー」
僧侶「大丈夫ですよ!勇者様は選ばれし者です!恐れず抜くのです!」
勇者「う、うん・・・」
勇者(やばいんだけど、全力で踏ん張っても抜けないんだけど・・・)
勇者「皆、先に宿に戻っといてもらえる?」
魔法使い「いいけど、どうかしたの?」
勇者「いやぁ、ほら剣抜いた後、天に祈りを捧げたくてさ」
僧侶「それなら私も残って一緒にお祈りを捧げますね」
戦士「さすが、神に選ばれし勇者ってところか?ハハハ」
勇者(そうだね、選ばれし者らしいね)
魔法使い「それじゃぁ私達、先に宿に行って待ってるわね」
戦士「早く帰ってこいよー?冒険したくてうずうずするぜ!」
僧侶「戦士さん!信仰は大事なのですよ?」
戦士「あーはいはい・・・あぁ神よぉ俺に力おぉぉ」
魔法使い「このバカは死んでも筋肉の神様しか信じてないわよ・・」
僧侶「それは神様も納得していることでしょう・・・」
・・・・・・
僧侶「勇者様?早く抜いて神にお祈りをしましょうよ?」
勇者「あ、あぁ」
勇者 (まずいな、僧侶どうにかしないと、)
勇者「・・・夢へと散り果てろ!睡眠魔法!!!」
僧侶「ぁ・・・バタリ」
勇者「さぁて僧侶には悪いが、仕事の時間だ・・・」


続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
2016/03/2920:38:42.397
ID:9Mm4sK/x0.net
戦士「僧侶ちゃん! また怪我しちまったよ、治癒魔法頼むよ!」
女僧侶「……魔法を使うほどの怪我には見えませんが」
戦士「いやいや! こういう小さい怪我が取り返しの付かない大怪我に繋がるんだよ! な? しっかり治してくれよ」 サスッ
僧侶「きゃっ!? な、何するんですか!?」
魔法使い「戦士、僧侶が嫌がってるじゃないっ!!」
戦士「おいおい、ちょっとしたスキンシップじゃねえか。これくらいで目くじら立てるなよ。僧侶ちゃんだって本気で嫌がってるわけじゃないって」
魔法使い「あんたそれ本気で言ってるの?」
僧侶「う、うぅ……」
勇者「……戦士、話があるんだ」
戦士「ん? なんだよ勇者、そんなしかめっ面して。美人が台無しだぜ?」 ニヤニヤ
勇者「パーティーから外れて欲しいんだ」
戦士「え?」

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};

2:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
2016/03/2920:38:55.546
ID:9Mm4sK/x0.net
勇者「確かに最初は経験のある冒険者である君にずいぶん助けられたけど」
勇者「ここまでの旅で僕らも十分経験を積んできた」
勇者「今までは君のそういう行動にも我慢してきたけど、もう限界だよ」
勇者「君は何度注意しても改めようとしない。僕だけならともかく、これ以上僧侶や魔法使いに我慢はさせられない」
勇者「出て行ってくれ」
勇者「分け前はできるだけ四等分して君に渡す。だからそれを持って、パーティーから外れて欲しい」
勇者「……お願いだから、これ以上僕に君を嫌わせないでよ」
戦士「ああああああッ! あのクソメスガキぃぃぃぃ!!」 ドンッ
酒場店主「おいあんた、あんまり騒がないでくれ。他の客の迷惑だ」
戦士「あぁ!? てめえ何様だ!? 俺を誰だと思ってやがるんだ、ああ!?」
酒場店
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
2011/11/06(日)16:04:50.45
ID:k9u45pUC0
王「勇者よ、街にある酒場で仲間を集めていけばいいだろう」
勇者「は?」
王「いや、独り旅ではなにかと苦労が多いだろうし」
勇者「いや、酒場で仲間を得るとか面白くないし」
王「面白くないって」
勇者「俺は自力で探す。それが冒険の醍醐味っしょ」
王「おぬし、口の利き方に気をつけよ」
勇者「超絶イケメンの俺ならすげーやつを仲間にしてみせますし、魔王なんてデコピンで倒しますし」
王「……」
勇者「金くれ」
王「やらん。即刻立ち去れ」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆VcYmVurqQM2017/08/20(日)01:30:13.47
ID:8yyPI5jBo
王様「勇者よ、魔王討伐の選別としてどうのつるぎと50Gを与えよう」
女勇者「お心遣い感謝いたします。必ずや魔王を倒してまいります」
王様「うむ」
女勇者「まずは酒場に入って仲間を集めよう、って痛い!」
店員「いらっしゃ・・どうかされましたかお嬢さん」
女勇者「入口のドアで指をっ。すいませんが私の代わりにドアを開けてもらえませんかイテテ」
店員「え、ええ。どうぞお入りください」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
2009/10/19(月)22:17:56.86
ID:1g5tZQWd0
父スライム「ほら急げ、もうすぐ始まってしまうぞ!」
母スライム「子スライムちゃん、もう少しだから頑張って走ろうね」
子スライム「う、うん!」
子スラ「ひい……ひい……」
子スラ「……あ、ちょうちょ」
子スラ「きれいだなあ」
子スラ「……あれ」
子スラ「……お父さん?」
子スラ「……お母さん?」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名...-
2017/06/1701:39:15
FIveCv0M
1/19
僧侶
「毎日毒虫の入った壷に手を突っ込んでたら極まりました」
元スレ
僧侶「毒手を極めましたよ」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1497631155/
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、無断転載禁止でVIPがお送りします
2017/05/2310:07:55.168
ID:vtQEZCJO0
魔王「へっ……いいだろう、教えてやるよ」
魔王「10年前、お前の糞親父とその一行が今日のお前みたいに俺様に挑んできた」
?10年前?
俺「魔王!!!!!」
魔王「俺!!!!」
俺「はあああああああ!!!」
ザシュ………!!
俺「!?」
俺「」胸から剣が生えてる俺
ポタ……ポタ……
俺「魔法使い……なぜ………」
魔王「はーはっはっはっ!!よくやった魔法使い!!」
魔法使い「光栄です魔王様」
俺「まさか……なんでだ……魔法使い……好きだったのに」
魔法使い「キモいのよ!!さっさと死んじゃいなさいこの童貞!!」
俺「そんな……奴だったなんて……俺と旅をしていたのきのあの優しい笑顔は嘘だったんだな……」
魔法使い「そんなことも見抜けないからあんたは一生童貞なのよwwwwww」
俺「くっ……」(とはいえここで勇者の血を絶やすわけにはいかない
>>5と中だし種付けセックスして子孫を残さなければ……)

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};

5:
以下、無断転載禁止でVIPがお送りします
2017/05/2310:09:17.620
ID:0upBSvtd0
お前ら
9:
以下、無断転載禁止でVIPがお送りします
2017/05/2310:12:59.651
ID:vtQEZCJO0
お前ら「俺さん!!」
俺(あいつだ)
お前ら「俺さん!!大丈夫ですか!!」
俺「駄目だ……当たり所が悪かった……じき俺は死ぬだろう」
俺「だが勇者の血を絶やすわけにはいかない」ドっ
お前ら「まさk……っ!?」
俺「お前ら、俺の子を孕め!!」
10:
以下、無断転載禁止でVIPがお送りします
2017/05/2310:16:05.656
ID:vtQEZCJO0
俺「いれ
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
2009/07/05(日)23:20:56.03
ID:i71jqLAk0
奴隷商「いかがです!何と人間の娘です!」
奴隷商「南の大陸より自力でこちらまでやってきた初の人間!」
奴隷商「ですが!悲しい事に彼女はこの国に害を為そうとした!」
奴隷商「悲しい事ではあります。が!反逆を企てた以上、罰せねばなりません!」
奴隷商「初めて来訪した小さな反逆者!さあ20万からです!」
客A「25万!」
客B「28万!」
客C「30万!」
魔王「100万」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga]:2016/06/13(月)23:09:58.61ID:uO4kmIU3o
―カフェ―
オーク(78)「う?む、物騒な記事が載っとるなぁ」バサッ
女騎士(80)「どんな記事だい?」
オーク「非行少年グループの間で『ジジイ狩り』『ババア狩り』というのが流行っとるんだと」
女騎士「なんだいそりゃ、ナンパでもしてくれるのかい?」
オーク「そうじゃない。年寄りを見つけては恐喝したり暴行を加えて、金品を奪うんだそうだ」
オーク「年齢が高ければ、人も魔物も区別なく狙うらしい」
女騎士「おやおや、ひどいことする輩もいたもんだ」
オーク「まったくだ。近頃の若いもんってやつは……」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1465826998

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、?...-
2017/02/2800:32:07.
576
/lsDb5Z40.net
1/25
女騎士
「異世界への転移魔法が開発されてから、異世界へ留学する騎士が多くなりましたね」
騎士団長
「うむ、魔法で異世界に行ける期間はほんのわずかだが……」
騎士団長
「私も異世界で“剣道”なる剣術を学ぶことができた」
騎士団長
「武術だけでなく、文化やテクノロジーなど、異世界から学べることは多い」
女騎士
「ああ、そうそう。異世界から流入した文化といえば――」
女騎士
「今、騎士団長殺しが流行ってるんですよ」
騎士団長
「え……騎士団長殺し!?」
元スレ
女騎士「騎士団長殺しが流行ってるんですよ」騎士団長「騎士団長殺し!?」
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1488209527/
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名...-
2017/04/0501:52:26
FnmJqPgo
1/16
女騎士
「ドラクエの知識だけでは痛い目にあうぞ」
元スレ
女騎士「スライムは恐ろしい魔物なんだぞ」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1491324746/
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします2017/08/17(木)19:24:43.134
ID:W114e3y0a.net
商人「まったく、貴様今日も売れ残りやがって……」
奴隷「ひっ……も、もう叩かないで……」ビクビク
お前ら「おいおい!商人さん、酷いことはやめてやれよ!」
商人「あァ!?無関係のものが口を出すな!お前がコイツを買ってくれるって言うなら話は別だがな!」
奴隷「お兄さん、お願いっ、助けて……」ウルウル
お前ら「
>>4」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
VIPに...-
2013/07/1319:06:44.05
OcKQEmd6o
1/37
・はたらく魔王様!真奥×恵美
恵美「もしも魔王の正体に気づかなかったら」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1369382669/
恵美「もしも魔王の正体に気づかなかったら」2巻
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1372422504/
恵美「もしも魔王の正体に気づかなかったら」3巻
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1373106667/
 が前提の日常話です。
・原作七巻(短編集)の要素が多少あり
・原作でも明言されていない部分の独自解釈あり

元スレ
恵美「もしも魔王の正体に気づかなかったら」短編集
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1373710003/
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆CItYBDS.l2
2017/04/03(月)18:47:54.94
ID:x56fKBD4o
勇者「無様だな魔王よ」
魔王「ぬぅ・・・勇者の名は伊達ではないか・・・」
魔王「不意打ちとは言え、一瞬で私を打倒すとは・・・」
勇者「よし、始めるぞみんな」
戦士&魔法使い&賢者「らじゃー!」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1491212874

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆CItYBDS.l2
2017/04/03(月)18:48:34.32
ID:x56fKBD4o
魔王「・・・?なにを?」
勇者「まずは右手の指だ」
ざしゅ
魔王「ぐああああああああああ!指が指がああああああ!」
勇者「つぎだ」
ざしゅ
3:
◆CItYBDS.l2
2017/04/03(月)18:49:27.76
ID:x56fKBD4o
魔王「がいgじょじょいあになおlmがkjg」
ざしゅ
ざしゅ
ざしゅ
魔王「がああああ!何故だ!何故こんなことをする!」
勇者「ふはははは!何故だと?平和の為さ!」
魔王「ならば!ならば、一思いに殺せ!」
勇者「次は左手の指だ!戦士、剣をよこせ」
戦士「はい!どうぞ!」
4:
◆CItYBDS.l2
2017/04/03(月)18:49:54.62
ID:x56fKBD4o
魔王「ぎいいいいああああああああああああああ!!!」
魔王「殺せえええええ!早く殺じでぐでええええええ!」
勇者「そうは、いかんのだ魔王」
勇者「貴様は大事な商材だからな」
魔王「ど、どういうことだあああ!」
5:
◆CItYBDS.l2
2017/04/03(月)18:50:22.08
ID:x56fKBD4o
魔法使い「教えてあげましょう、魔王」
魔法使い「貴方が、その血に秘めてる膨大な魔力」
魔法使い
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
2017/07/1716:19:09.788
ID:D+g4Mce70.net
女騎士「遅刻遅刻!」
サキュバス「ちこくだぁー!」
ゴンッ
女騎士「いててぇ‥‥」
サキュバス「一体なんなのだ‥‥」
サキュバス「え?」
女騎士「はわわ‥‥!?」
サキュバス「なんで私が目の前に!?」
女騎士「どうなってるんですぅ!?」
「「体が入れ替わった!?」」

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};

5:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
2017/07/1716:21:51.755
ID:D+g4Mce70.net
サキュバス「ちょっとどういうことだそれは!!」
サキュバス「貴様変な魔術をつかった!?」
サキュバス「成敗してやる!!」
女騎士「ま、まってください!」
女騎士「今の私はあなたですよ!だめです!」
サキュバス「ぐぬぬ、くそ!時間もないのに!」
女騎士「あ、あの、戻る方法を考えておくので1日交代するのはどうですか!?」
サキュバス「ふざけるな!」
7:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
2017/07/1716:25:32.421
ID:D+g4Mce70.net
サキュバス「なぜ私がサキュバスなど」
女騎士「でも、見るところ大切な用事があるんですよね?」
女騎士「私もあります!」
サキュバス「はぁ?」
女騎士「時間がないんです!ここに行って下さい!」
女騎士「私はどこにいけば?」
サキュバス「へ?城だけど」
女騎士「そっちは任せましたよ!!」
ビューン
サキュバス「おい!!」
‥‥‥‥
サキュバス「まじか‥‥」
8:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
2017/07/1716:29:46.452
ID:D+g4Mce70.net
女騎士「ここが城かぁ」
衛兵「おい」続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆WnJdwN8j0.
2014/06/21(土)14:33:15.08
ID:dN0pb2Wc0
※注意
宿屋「魔王城の近くに休憩所作ったった」の続編となります。
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1403078888/
(全27レス作品)
前作を読んでいなくてもわかるように配慮はしましたが、読んだ方がわかりやすいです。
今作品は20レス位で終わる予定です。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1403328794

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆WnJdwN8j0.
2014/06/21(土)14:33:38.33
ID:dN0pb2Wc0

?「………」
盗賊A「おいおいおォい、ここはガキが来ていい場所じゃねぇぞぉ?」
盗賊B「通行料渡すなら話は別だがなァ?」
盗賊C「そこそこいい身なりだ、お小遣い貰ってんだろ坊ちゃん達?へっへっへ」
?「…無い。お前達に渡すような金はな」
盗賊A「ハァ?状況わかってんのかこのガキ、いいからとっとと…」
?「わかっていないのはそっちだ」
?「?魔王”に喧嘩を売ったんだからな…」
3:
◆WnJdwN8j0.
2014/06/21(土)14:34:11.09
ID:dN0pb2Wc0



従者「すっげーな魔王!3人いっぺんに相手にして勝っちゃうんだからな!」
魔王「あのな…俺は魔王だぞ。むしろ殺さないように加減する方が大変だった」
従者「木に縛り付けて半ケツにする程度で済ませるなんて、な?んて優しい魔王でしょう」
魔王「奴らのズボンをずり下ろしたのは俺じゃねえぇ!」
従者「けど止めなかったじゃん?はい、同罪?」
魔王「…お前、確か女だよな?」
従者「魔王ったら、幼馴染の性別忘れちゃった?」
>魔王と従者は旅をする。素性を隠しての終わりの見えな
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/09/2322:14:26
ID:/3OhcIYA
― 傭兵団アジト ―
傭兵「おいっ! この剣、手入れしとけっ!」ガチャッ
女「はいっ!」
傭兵「いいか……。しっかり手入れしとかなかったら、叩き斬るからな!」
女「分かってますっ!」
傭兵「……ちっ!」

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/09/2322:18:13
ID:/3OhcIYA
女「皆さん! 装備のお手入れをしておきましたよ!」
戦士「お、サンキュー!」
剣士「いつも助かるよ!」
女「――あ、傭兵さんの剣もピカピカにしておきましたよ! いかがですか?」
傭兵「…………」
バッ!
もぎ取るように、剣を受け取る傭兵。
戦士&剣士「…………」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/09/2322:21:29
ID:/3OhcIYA
戦士「おいおい! ちょっと待てよ!」
剣士「ありがとう、の一言ぐらいいったらどうだい?」
すると――
ヒュオッ!
二人に剣先が突きつけられる。
戦士&剣士「ひっ!」
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/09/2322:24:34
ID:/3OhcIYA
傭兵「さっきの強盗団討伐……お前ら、何人倒した? いってみろ」
戦士「さ、三人……」
剣士「二人……かな」
傭兵「俺はたしか、30人ぐらいだったかな。いちいち数えてねえや。
   ちなみにお前らが倒したのも、俺が弱らせた奴らだったよな」
戦士&剣士「うっ……」
傭兵「なにかいうことはあるか?」
戦士&剣士「あ、ありません……」
5:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/09/2322:28:13
ID:/3OhcIYA
傭兵「おいっ!」
女「はいっ!」
傭兵
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆WnJdwN8j0.
2014/06/18(水)17:08:08.99
ID:xRD8RazP0
チュンチュン
旅人「う、う?ん…?」
僧侶「お目覚めですか…」
旅人「こ、ここは…途中で立ち寄った休憩所…?確か私は、魔王城へ乗り込んで…」
僧侶「貴方は魔王城で倒れられたのです。そこで運よく、同じく魔王城へ乗り込んでいた方がここへ運んで下さったのですよ…」
旅人「そうだったんですか…!そ、それでその方はどちらへ!?」
僧侶「貴方の所持金を半分懐に入れた後は、魔王城へ足を踏み入れておりません…。貴方も体験したでしょう…あそこは、未熟な人間が立ち入る場所ではありません」
旅人「…」
>ここは、魔王城近くの休憩所。今日もまた、勇者を目指す者がそこを訪れる。そんな者たちに一時の癒しを提供する為、24時間営業中。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1403078888

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆WnJdwN8j0.
2014/06/18(水)17:10:05.47
ID:xRD8RazP0
メモ帳に最後まで書き溜めたので一気に投下します。
予定では40レスちょっと?
3:
◆WnJdwN8j0.
2014/06/18(水)17:10:36.81
ID:xRD8RazP0
宿屋「ヒャッホッホ?イ、臨時ボーナスゲェェ?ット!」
居候「浮かれてんなぁ、宿屋の野郎」
商人「大仕事と大量収入、宿屋の好きなものが同時に舞い込んできたからねェ」
居候「おいコラ宿屋、朝っぱらから酒盛り始めてんじゃねぇよ」
商人「酔っても人前で脱ぐんじゃないよ?。居候、こんなんでも年頃の女の子なんだから」
宿屋「こんなんでもな」
居候「こんなんで悪かったな!」
ガチャ
僧侶「昨日のお客様、レベルを上げてくると言って引き返されて行きましたよ」
商人「ありゃ。一人旅してくる根性あるんだから、あと2、3回は突撃かますと
続きを読む

[ 閉じる ]
1:以下、?(^o^)/でVIPがお送りします:2015/06/06(土)18:21:44.830ID:NmwbpKpmK0606.net
ゴー☆ジャス「マダガスカル!!ソーレッ☆」ダダダダダダダダ
女騎士「…!?」
オーク「誰だ…!」
ビシッ
ゴー☆ジャス「ここ!マダガスカル!!」
オーク「あん…?何言ってんだ…?」
女騎士「本当だ…マダガスカルだ…!」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
2
3
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。