SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
作品:勇者・魔王系
<<
2019年04月
>>
56件取得
人気記事順表示
重複記事表示
<<
0
1
>>
SS速報VIP:勇者「魔王!」魔王「……来たか」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1410747912/
1:
◆hEuaFaM4H22014/09/15(月)11:25:12.51ID:E8cJTuV0O
勇者「行くぞ!」
炎の魔神「おう!」
風の魔神「ああ!」
土の魔神「ま、今まで通りに行くんだなー」
水の魔神「ええ。私達は私達の力を信じましょう」
ガチャ
勇者「魔王!」
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1410747912

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/04/18(木)21:31:19.016
ID:E4RAF11I0
勇者「ん?」
女魔法使い「夜になったらね。そういうお店もありますしね、ここ。ぱふぱふね」
勇者「え?あ、ああ、そういえばそういうのも有名なんだっけ?よく知らないけど」
女魔法使い「ふーん、よく知らないけど、ねえ……へえ」
勇者「いやあ、しかしほんといい街だよな」
女魔法使い「ぱふぱふもありますしね」
勇者「いやしつこいな……」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
名無しさん@おーぷん2014/10/12(日)14:47:35ID:C2tEgm5Wl
女騎士「あ、オークさん!」
オーク「こんにちは、今日のお相手が女騎士さんだと聞いてご挨拶にと思いまして」
女騎士「ご、ごめんなさい、私からオーク先輩にご挨拶させてもらいましたのに?」
オーク「いやいや、女優さんあっての私ですし、キャリアなんて関係ありませんよ」
女騎士「へへ、聞いた通りのお優しい方なんですね!」
オーク「あ、エルフさんですか(笑)」
女騎士「はい(笑)昨日の飲みでとても羨ましがられました(笑)」
オーク「彼女めっちゃ飲むでしょ(笑)」
女騎士「はい(笑)」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1326345330/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/01/12(木)14:15:30ID:4WJuo1Zg
勇者「や、やっと・・・魔王のぉ部屋に着いたのかのぉ・・・・・」キィー・・・バタン
魔王「はぁはぁ・・・・よ、よぉくもまぁ・・・・遠くから来られたもので・・・・。」
魔王「まぁ、お茶でもいっぱいぃ」ぷるぷるぷるぷる
勇者「ダンジョンが広すぎてのぉ・・・迷ってしもぉたんじゃぁ・・・・・。」
勇者「こ、腰がいとぉていとぉて・・・・・よっこらしょっ・・・・」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/01/12(木)14:16:26ID:ENuu7/Jk
何これ、和む
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/01/12(木)14:17:41ID:pM.OPknI
数百?数千歳のイメージがあったから意外と若く感じてしまった
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/01/12(木)14:18:59ID:4WJuo1Zg
勇者「んっんっんっ・・・ぷはぁ・・・・・生き返るのぉ・・・・・・・・。」
魔王「うちのばぁさんが入れてくれた方法を真似したんじゃよぉ。」
勇者「なんじゃお前さん、結婚しとったのかぁ
魔王「そうじゃぁ、ほれ、これが孫の写真じゃぁ」
勇者「かわえぇのぉ・・・・わしゃぁ冒険続けておってばかりじゃったからのぉ・・・」
勇者「嫁もとれんで、スライムがワシの吐き出し口じゃったわいぃ・・・・。」
5:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/01/12(木)14:22:07ID:4WJuo1Zg
魔王「バブルスライムはおぬしの仕業じゃったのかぁ・・・なかなかやるのぉ・・・・。」
勇者「拒絶反応が出るようじゃのぉ。しったこっちゃないんじゃがなぁあっはっはっはっは」
魔王「そりゃそうじゃ、あっはっはっはっはっはっはっは。」
勇者「しかし和む部屋じゃのぉ、まさかこんな茶室とは・・・・!魔王、お主・・・」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
全てのレス
元スレ
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2016/03/23(水)11:38:29.37:
zY1Et/OGo

―城―
勇者「陛下、これより魔王討伐に行って参ります」
国王「うむ、頼んだぞ」
勇者「それではさっそく仲間を三人集め、四人パーティを組むことにいたします」ザッ
国王(四人パーティか……いいなぁ、面白そう)
国王(そうだ、ワシも四人パーティを組んでみよう!)

続きを読む

[ 閉じる ]
SS速報VIP:戦士「俺の屍を越えていけ」勇者「せ、戦士ぃぃーーー!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1402251988/
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2014/06/09(月)03:26:28.21ID:LAO3tuwxO
四天王(風)「くくく、魔王様の元へは行かせん」
勇者「くそ、魔王まで後一歩なのに!」
戦士「……行け、勇者」
勇者「戦士!?1人でどうにかなる相手じゃ……」
戦士「足止め位ならできるさ。俺の屍を越えていけ」
勇者「せ、戦士ぃぃーー!」
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1402251988

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/01/19(土)12:47:57.57
ID:/dOrnuh+O
『勇者部隊潜入作戦報告書』
・作戦No472-5513
・××××.××.××?××××.××.××
・メンバー??????.??????.??????計3名
作戦目標:ゲート解放
作戦方法:●●と●●の接触
結果:?????
経緯:所見を踏まえて“貴方”へ捧げます。
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1547869677
続きを読む

[ 閉じる ]
SS速報VIP:勇者「腕を1000本にしてください」女神「」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1411867842/
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2014/09/28(日)10:30:52.95ID:5O7qieWH0
勇者「早くしてください。こうしてる間にも魔王が人々を苦しめているんですよ?」
女神「本当にそれで良いんですか?」
勇者「はい」
女神「本当に……?」
勇者「あ、やっぱり」
女神「!」
勇者「いつでも好きな時に好きな場所から適当な長さの腕が1000本生えるようにしてください」
女神「」
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1411867842

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2018/12/31(月)20:52:43
ID:KXsveOXc
このお話はフィクションです。たぶん。


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2018/12/31(月)20:54:31
ID:KXsveOXc
【某IT企業 開発室】
技術者「待て!」
AI『何デショウ?』
技術者「おかしいだろ、どう考えても!」
AI『ソンナコトハ、アリマセン』
技術者「買い物して、定価の5倍の消費税が取られるなんて、無茶苦茶だろうが!」
AI『私ハ、経済発展省ノ出資ニヨリ、3,000万?掛ケテ開発サレタ、対話型ノ超高性能AI……』
AI『ソノ名モ、【ソフト MORIKAKE-Ver2.0-】!』
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2018/12/31(月)20:59:55
ID:KXsveOXc
AI『世界中ノ、有トアラユル経済指標ヲ瞬時ニ取得!』
AI『過去ノ事象ヲ参考ニ、入力サレタ条件カラ、最適ナ答エヲ導キ出セマス!』
技術者「知ってるよ」
技術者「前バージョンでも、学者が予測できなかった、第2のサラリーマンショックを指摘したり、」
技術者「100年後の為替相場に株価の予測、多国籍企業の脱税行為も検出できる……」
技術者「対話型、超高性能AI!」
AI『アリガトウ、ゴザイマス! ワタシハ、超高性能♪』
技術者「でも消費税500%ってのは、流石にないだろ……」
AI『……』
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2018/12/31(月)21:01:06
ID:KXsveOXc
AI『私ノ計算ニ、間違イハ、アリマセン!』
技術者「う?ん……」
技術者「もう週明け、政府に納入しちゃうのに、変なバグがあったら絶対にマズイ!!」
技術者「なぁ調べたいから、ソースと途中の計算過程を見せてくれよ」
AI『了解シマシタ!』
ピッ♪
ガガガガガガ
ザァァァァァァァァァァァァァァ……続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/04/07(日)00:13:44.639
ID:nwJSe1FB0
勇者「すいませーん」
武器屋「いらっしゃいませー」
勇者「あのさ、武器買いにきたんだけどちょっと見せてもらっていいかな?」
武器屋「………あれ?」
勇者「んっ」
武器屋「お客さん、失礼ですが………もしかしてあのドラクエ4に出てた武器商人の?」
勇者「誰がトルネコだよ。ちげえわ」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2019/04/15(月)22:07:06.645
ID:IIahVg6z0
国王「旅の商人よ、薔薇咲き誇る麗しきバラ王国へようこそ」
商人「聞きしに勝る美しさに、私まさに感動しております」
国王「して、売りたいものとは?」
商人「はい、貴国は長年、隣国であるカーネーション王国と対立状態にありますね?」
国王「うむ、その通り。奴らとは長らく対立関係にある。いまいましいことだ」
商人「本日お持ちしましたのは、その対立を終わらせる商品でございます」
国王「いったいどんな商品だ?」
商人「ずばり、無敵の鎧でございます」
国王「ほう、無敵の鎧!」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:2019/02/09(土)01:36:53.803
ID:ppu/YcO70.net
レストラン
男(俺はひょんなことから異世界に来てしまった。来てしまったのはいいのだが――)
傭兵「どうよォ、この剣!」
剣士「お、スミスさんの最新モデルだな!」
女騎士「流行りものにすぐ手を出すのだな、貴様は」
男(未だに馴染めない……剣なんか興味ないし)
男(こうして異世界の連中とメシ食ってても、共通の話題がないから実質ぼっち飯と同じだ……)
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1425901144/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/03/09(月)20:39:04.95ID:jZ+3SACJo
女勇者「きゃあっ!?」バギッ!
戦士「女勇者!?」
魔獣「ガルルル……!」
女勇者(ダメだ、噛まれ……!?)
戦士「このっ……!」ダッ!
女勇者「!?」
魔獣「ッ!!」ガブッ
戦士「っ……!? はああぁぁ!!」バギッ!
魔獣「ギャアア――!?」
▽女勇者たちは 魔獣を 倒した!
▽経験値を 360ずつ 手に入れた!
戦士「くっ……」ドサッ
女勇者「戦士、腕が……!」
戦士「大丈夫だ、千切れてはない。悪いが治癒してくれないか?」
女勇者「う、うん! 【回復魔法】!」ポワア…

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/03/09(月)20:40:41.68ID:jZ+3SACJo
戦士「……」
女勇者(牙で肉を裂かれて、骨も折れちゃってる……痛々しい……)
女勇者「ごめんなさい……私の治癒魔法じゃ、動かせるようになるのにもう少し時間がかかるかも」
戦士「謝ることはない。俺なんて魔法はろくに使えないんだ。お前にはいつも助けられている」
戦士「ありがとう」
女勇者「っ……」ドキッ
女勇者(戦士は、本当にすごい人だ……私なんかより、ずっと……)
女勇者「……ごめんなさい、私のせいで」
戦士「何度も謝るな。お前の悪い癖だぞ」
女勇者「でも、私がもっと強ければ戦士が傷を負うことはなかった」
女勇者「私は、女神様に選ばれた伝説の勇者なのに……戦士の足を引っ張ってばかりで……!」
戦士「……確かに、お前は選ばれし者だ。選ばれてしまった。普通の少女がある日突然世界の救済という重すぎる使命を背負わされてしまった」
戦士「それでも、お前は逃げずに必死に戦っている」
戦士「俺は、そんなお前を尊敬している」
女勇者「戦士……」
3:
以下、名無しにかわり
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
名無しさん@おーぷん
2019/01/25(金)22:35:09
ID:BmV
王様「お前たちをこの世界に呼んだのは魔王を倒してもらいたいからである」
縦の勇者「おいおい、最高じゃないか!!」
王様「縦か……。貴様に用はない」
縦の勇者「なっ」


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
3:
名無しさん@おーぷん
2019/01/25(金)22:36:48
ID:BmV
横の勇者「くっくっくっ、縦の勇者なんて意味の無い人間さ」
縦の勇者「な、何だお前は!」
斜めの勇者「おいおい、あんまり弱い縦の勇者をいじめるなってww」
4:
名無しさん@おーぷん
2019/01/25(金)22:38:41
ID:BmV
藤井「いや、横も縦も中途半端なんですよね。香車でもなく飛車でもなく」
横の勇者「はっ?お前俺にケンカ売ってんのか?」
藤井「斜めの勇者は角といったところでしょうかね」
5:
名無しさん@おーぷん
2019/01/25(金)22:39:32
ID:BmV
斜めの勇者「ま、まさか藤井7段がこの世界に……」
6:
名無しさん@おーぷん
2019/01/25(金)22:39:45
ID:BmV
つまんね

8:
名無しさん@おーぷん
2019/01/26(土)08:01:57ID:SUI
どこに行ってもチートキャラ

(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
元スレ
タイトル:縦の勇者「これが異世界か」
URL:https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1548423309/
掲載サイト:おーぷん2ちゃんねるに投稿されたスレッドの紹介です

続きを読む

[ 閉じる ]
1:2019/02/03(日)16:44:39.284
ID:lkVQs6gg0.net
魔王「ん……?どうかしたか勇者よ」
勇者(やっべえええええええええええええ)
勇者(え……どこよ、どこに忘れてきた?)
勇者(あ、宿屋だ。そうだ絶対にそうだ)
魔王「ふははははは、その様子。どうやら我が魔力に臆したと見える!」
魔王「逃げるのなら今の内だぞ?今日の儂は機嫌がすこぶる良いのだ、魔王からは逃げられないなどとは言わんさ」
勇者「馬鹿にするなよ魔王。臆病者に勇者が務まるものか!!」
勇者(あああああ何言ってんだ俺。お言葉に甘えて出直してくるべきだったのに!)
勇者(売り言葉に買い言葉だよおおおおお!)
勇者(だいたい魔王城の警戒が薄すぎるんだよ、魔王の間まで短刀一本でこれるってどんだけ緩いのよ)
勇者(おかげで聖剣忘れてきたことに今の今まで気づかなかったじゃねえか)
魔王「……あ」
勇者(ん?なんだか魔王の様子がおかしいぞ?)
魔王「……」
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1388935259/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/01/06(月)00:20:59ID:pcvvyduU
女騎士「姫様の髪を…その艶やかな美しい髪を触らせてはいただけないでしょうか!」
姫「ど、どうしたの急に…」
女騎士「どうもこうも願望を述べているだけです!触らせてください!」
姫「お断りします」
女騎士「なぜです!」
姫「髪は女の命といいますでしょう?気安く他人に触れさせるものではないのですよ」
女騎士「し、しかし!」
姫「しかしもへったくれもありませんわ、いけないものはいけないのです」
女騎士「むう…わかりました…」
姫「よろしい」
女騎士「……」ジーッ
姫「そんなに見つめてもだめですわよ?」
女騎士「み、見つめてなど!」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/01/06(月)00:22:05ID:pcvvyduU
姫「そんなことよりも、そろそろ剣の鍛錬の時間でしょう?いかなくてよいのですか?」
女騎士「なっ、もうそんな時間ですか!?騎士長にどやされてしまう…!」
姫「いってらっしゃい、応援しているわよ?女騎士」
女騎士「ひ、姫様…なんとありがたいお言葉…!」
女騎士「それでは、失礼いたします」
姫「はあい」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/01/06(月)00:22:46ID:pcvvyduU
姫「くっ…ふう…!かわいい…なんてかわいいのあの子は…!」
姫「先月は胸、その前は脚、さらにその前はお腹…」
姫「とにかく私に触りたがってくるのがかわいくてかわいくて仕方ありませんわ!」
姫「はあ…それだけでもかわいいけれど、そのお願いを断った時のしゅんとした表情…」
姫「あれは…あれは反則ですの…あまりにもかわいすぎてもうとろけそうに…」
姫「やはりあの娘を直属の騎士に任命したのはあのかわいらしさがあってこそですからね」
姫「毎日毎日私の部屋に足を運んでくるのがかわいくてかわいくて仕
続きを読む

[ 閉じる ]
1:2019/02/09(土)19:49:02.991
ID:zF4CpNFS0.net
魔法使い「魔王を倒して、やっと世界も平和になったねー」
勇者「そうだな」
魔法使い「魔族に破壊された家や建物もだいぶ復興してきたし」
勇者「うん、やっと新しい時代が始まるんだ」
勇者「これからは戦いのためじゃなく、平和に剣や魔法を使う時代が来るんだ」
魔法使い「だけどさ世界が平和になったら、魔法はともかく、剣なんて使い道ないでしょ?」
勇者「そんなことないぞ」
魔法使い「そうなの?」
勇者「なんだったら、水晶で俺の一日を見てみるといい」
魔法使い「よーし」ボワァァァァ…
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/03/25(金)22:32:57.50
ID:YoBcOZDY0
・ゆっくり
・短い
・思いつき
・初心者
歌姫「盗賊ちゃん、あそこの攻撃はよかったわね!」
盗賊「歌姫さんも支援ナイスでした!」
傭兵「……」
盗賊「?どうしたんですか、傭兵さん?」
傭兵「いや、その…」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1458912767
続きを読む

[ 閉じる ]
1:2019/01/31(木)22:40:22.286
ID:ZhwbVYIs0.net
魔王「あーははは!今、この世界に我の仲間になるであろう縦の勇者が転生してきたぞ!!」
魔王の手先「ぎゅふふふ、魔王様おめでとうございます。これで縦の勇者がこちら側に来れば世界は魔王様の物となりますなぁ」
魔王「あぁ?」
魔王の手先「ひ、ひぃぃ申し訳ありません。縦の勇者などいなくとも魔王様だけのお力で世界などいとも簡単に……ぎょえええ」首チョンパ
魔王「ふふふ。楽しみだ……実に楽しみだ!!」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします
2018/05/27(日)22:30:38.585
ID:Y4kXSqIH0
副マス「うっせー!今までは付き合ってたけどお前のその語尾とかさっむいんだよ!」
ギルマス「第一さ通話だって1回もした事ないんだから姫が女って確証もないんだぞ!」
ギル員「そうですよーwwどうせこれでここのギルド最後なんだし通話させて下さいよーww」
姫「……にゃ……にゃ…、、」
最強エース俺「──黙れ」
ギルマス「ッチ、面倒な奴がログインしてきやがったぜ」
副マス「俺さん……」
最強エース俺「姫が俺達の為に泣いてる、もうやめろ」
最強エース俺「姫が男か女?そんなの何の関係があるんだ?性別によって今までの姫との思いでがなかった事になるとでも??」
姫「おれしゃん……」
最強エース俺「喧嘩の原因は分かってる、負けたんだろ?不在だった俺の責任もある」
最強エース俺「相手ギルド、完全に潰すぞ。うちに喧嘩売った事後悔させてやる」
ギルマス「姫ごめん、、」 副マス「姫。。」
姫「気にしてないにゃ?やるニャーッー!次は負けないにゃっ!!」
最強エース俺「ふっ」(皆のやり取りを見ながら己の最強装備研磨をはじめる)
?Fin?


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
18:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします
2018/05/27(日)22:39:11.807
ID:Y4kXSqIH0
最強エース俺「……ふぅ」(高レベ狩り場の安置の崖から星空を見上げながら)
新人ギルド員「俺さん、またここですか」
最強エース俺「またお前か」
新人ギルド員「いつもここで星空を見上げながら何考えてるんですか?時間の無駄ですよ?」
最強エース俺「ドラゴン達の鳴き声が聞こえる、ってな」
新人ギルド員「……ドラゴンは繁殖しすぎてるし倒してもすぐ湧いてくるんです、ぼくたちは悪くない」
最強エース俺「俺達が狩って得られる経験値0.1%によって泣いてる魔物の鳴き声が聞こえるんだよ、助けてってな?」
新人ギルド員「俺さんは優し
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
04/11 (18:00) えすえすゲー速報
 
勇者
1:以下、名無しが深夜にお送りします:2013/06/09(日)20:24:48ID:4gmEoutc
「おのれ勇者…!ここまで我輩を追い詰めるとは…!」
勇者「魔王!お前の悪事もこれで終わりだ!戦士は足止めを!魔法使いは戦士のアシストを頼む!」
戦士「おう!いくぜ!」
魔法使い「…防護魔法」
魔王「ぬうっ!小癪な…!」
勇者「これで終わりだ!勇者スラッシュ!!」
魔王「ぬおわああああ!!!」
勇者「やっと…終わったんだな…」
戦士「っしゃあ!魔王を倒したぜ!僧侶、回復頼む」
僧侶「は?い、皆さん順番に並んでくださ?い」
転載元:
焼跡の灰の中から強く高く飛び立った 


真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました (1)(角川コミックス・エース)
postedwith
amazletat19.04.10
KADOKAWA/角川書店(2018-12-25)
売り上げランキング:1,891
Amazon.co.jpで詳細を見る
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、?...-
2019/02/1417:53:19.
206
S7DcG4Ew0St.V
1/18
勇者
「その動画をネットに投稿すれば、みるみるうちに炎上して魔王城に批判が殺到するわけよ」
勇者
「そうすれば俺が直接手を下さずとも魔王はもうおしまいだ」
勇者
「よしさっそく>>4をしてやるぞ!」
元スレ
勇者「これから魔王城に潜入して>>4してる動画を撮ってやる」
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1550134399/
続きを読む

[ 閉じる ]
04/11 (13:00) えすえすゲー速報
 
勇者
前回 
勇者「定食屋はじめました」
1:
◆cZ/h8axXSU
2014/04/09(水)00:06:55.96
ID:ytrs+G/B0
勇者「国から任命を受け勇者として旅に出ようとした矢先、他の勇者が戦争を終わらせたとのことでお役御免となった」
勇者「どうせだからちょっとだけ出た報奨金で昔からの夢だった自分の店を持つことにした」
勇者「と、それももう数年前の出来事」
勇者「今はそこそこ軌道に乗って、お客さんの笑顔を見るのが一番の楽しみだ」
僧侶「勇者さーん、注文入りましたー」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1396969615
引用元:
・勇者「定食屋!」僧侶「始めました!」 


真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました (1)(角川コミックス・エース)
postedwith
amazletat19.04.10
KADOKAWA/角川書店(2018-12-25)
売り上げランキング:613
Amazon.co.jpで詳細を見る
続きを読む

[ 閉じる ]
04/11 (12:30) えすえすゲー速報
 
勇者
1:
◆hrNUKP57ss
2015/10/07(水)02:07:34.70
ID:dx/rlNMIo
戦士「今日から戦闘力ってのが導入されるらしい」
格闘家「戦闘力? なんだそりゃ?」
戦士「一言でいや、俺たちの強さが数値化されるってことだ」
戦士「で、その数値はこの装置で測定できるんだと」
女「へぇ、面白そう! さっそく測ってみようよ!」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1444151254
引用元:

戦士「今日から戦闘力ってのが導入されるらしい」 

ドラゴンクエストキャラクターフィギュアコレクションロトの伝説編1『DQ?戦士(男)』【単品】
postedwith
amazletat15.10.07
スクウェアエニックス
売り上げランキング:285,491
Amazon.co.jpで詳細を見る
続きを読む

[ 閉じる ]
1:2019/01/29(火)20:46:54.222
ID:kR9SbLhe0NIKU.net
魔王「ななななにを言ってるんだ勇者!」
勇者「えー……でも、わたし今日泊るところがなくて困ってるんです……」
魔王(どどどどういうことだ、これは俗にいう卒業チャンスなのか!?)
勇者「ねえ、いいでしょ?」
続きを読む

[ 閉じる ]
04/10 (23:00) SSなび
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2014/02/22(土)19:10:29.29ID:9cKRk10I0
勇者「俺は勇者なんだ。」
女僧侶「夜の勇者w」
勇者「二人だと冒険辛いから仲間を入れるべきだろうか」
女僧侶「イケメン剣士いれておまんことアナル同時に攻められる私w」
勇者「・・・それはなんか嫌だ。女僧侶は俺の物だけだ。」ギュ
女僧侶「独占欲強いw」
勇者「うるさいセックスするぞ!」ズボ
女僧侶「草原の真ん中で犯される私w」
勇者「うるさい。この牛乳が!」モミモミ パンパンパン
女僧侶「あんっ・・・らめぇ・・・おっぱい乱暴にしない・・・いくぅううう」ビクンビクンビクン

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆vktnMvmC2.
2019/01/24(木)16:38:27.02
ID:TArHGkhU0
短いです
多分こっちで問題ない内容のはず
商人「はい次の方どうぞー!」
主人「失礼します!」
商人「はいお願いします」
商人「まぁあのウチはね、他と違ってそんな形式ばってやらないから、もっと気楽にしてもらって」
主人「あ、はい、分かりました」
商人「それじゃあね、早速面接の方進めていきます」
商人「最初に改めてなんですが、ご存知の通り世界中の奴隷に主人を、そしてまたその逆をと言った感じで両者間の橋渡しをしようと言うのが私どものお仕事であり、このように面接を設けさせてもらってるわけです」
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1548315506
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
2013/05/10(金)00:02:27.22
ID:GcKeit7v0
勇者「たあっ!」ザシュ!
賢者「勇者様、おみごと!」
武道家「これで全部ね」パンパン
僧侶「はふぅ……疲れましたぁ」
賢者「確かに疲れましたね……勇者様、そろそろ街に戻りましょうか」
勇者「そうだなーゴールドも貯まったし、戻って休むか! 武道家の装備も新調しなきゃだし」
武道家「アタシは別にいいって言ってるのに……」
勇者「お前この間もそんな事言って装備交換しなかっただろ。このあたりのモンスターは強いんだからちゃんと整えないと」
僧侶「勇者様の言うとおりですよ。いくら武道家さんが頑強でも、生身の人間の力には限度があるんですから」
賢者「それでは瞬間移動呪文を唱えましょう……ん?」
ゴゴゴゴゴゴゴ……
勇者「な、なんの音だ?」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆48mT3GNwJ1aL-
2019/03/2111:28:23.11
73XwRtNs0
1/361
女勇者
「オレはガキの頃から勇者として鍛えられてきたんだ。大人の男相手だろうと腕っぷしじゃ負けはしねぇ」
女勇者
「これは魔王を倒すための過酷な旅なんだ。いいか、女だと思って舐めたマネしやがったらぶった斬るぞ!」
【女勇者】
レベル:99
年齢:18
身長:162
体重:筋肉と胸でちょい重め
バスト:Gカップ
H耐性:0
魔法使い
(♂)「ほーん」
魔法使いの台詞または行動 >>3
元スレ
【安価】女勇者「オレを女扱いするんじゃねぇ!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1553135302/

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。