SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
主役:ほむら (まどか☆マギカ)
主役キャラ別一覧の表示
<<
2020年02月
>>
23件取得
人気記事順表示
<<
0
>>
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/05/03(木)10:28:53.36ID:jVSlI9hG0
まどか「え…な、何を言ってるのほむらちゃん」
ほむら「噛んだのよ、"揉み倒したい"と訂正するわ」
まどか「揉み…ってまさかっ!///」
ほむら「マミのあの肉付きの良い身体をよ」
まどか「」
さやか「あんたまどか一筋だったんじゃないのかよっ!」
ほむら「…あら、私は最初のうちはまどかだけでなく"出来る事ならば皆を救いたい"と思い行動してたわよ?ただ…」
さやか「ウェイウェイッ!そっから先はどう考えても私やマミさん批判になるんだろ!」
ほむら「あら、少しは賢くなったのね…知恵が付く果実でも食べた?」
さやか「むっきー!ななな何だよもうっ!口を開けば小憎らしい事ばっか言ってさーっ!」プンスカ

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/05/03(木)13:39:23.72ID:Gmbkql5h0
ほむら「いくつもの時間軸を移動して、ワルプルギスの夜と私は戦ってきた」
ほむら「そして、私はついにさやか、杏子、マミが生存しているというこれ以上にない最善の状況で、ワルプルギスの夜と戦うという機会を得た」
ほむら「しかし、それでも結果は私たちの敗北…」
ほむら「逃げるような形で私はこの時間軸にやってきたの」
杏子「へー、そんな事があったんだ」
さやか「ちょっとにわかには信じられないなー」
マミ「でも暁美さんのこれまでの話と、私たちが経験してきた事実は一致しているわ」
マミ「暁美さんのアドバイスと助けが無ければ私たちは死ぬか魔女になっていたでしょうね」
さやか「まあその事についてはほむらに感謝してるよ」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/04/30(月)00:02:34.67ID:SViI4Y9GI
魔法少女たちの間に伝わる神話
そこにひとりの少女が登場する
巨悪と戦い、世界を救ったのち、彼女は、神話から姿を消した……
時をこえた戦いを終え、彼女は人知れず旅に出た
冒険の終わりで別れた、かけがえのない友を探す旅に……

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/04/30(月)23:58:36.58ID:yUY/L2/v0
ほむら「いや、まだ買ったばかりなのだけれど」
杏子「じゃああたしが何か使えそうなポケモンやるよ!」
ほむら「サザンドラ…?」
杏子「そいつでストーリークリアしなよ」
ほむら「よく分からないけれど…ありがたく頂いておくわ」
ほむら「ちょっと杏子」
杏子「ん?」
ほむら「サザンドラが言う事を聞かないわ」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/04/30(月)19:06:15.67ID:MlUuNtk80
ほむら「暁美ほむらです。よろしくお願いします」
『いつも通り』の挨拶を済ませ、HRが終わった後は、また『いつも通り』の質問攻め。
そして私は、また『いつも通り』に……
ほむら「ごめんなさい、緊張しすぎたみたいで気分が……。保健室に行かせてもらえるかしら」
女生徒1「あ、だったら私連れてってあげる!」
女生徒2「じゃああたしも行くよ!」
ほむら「いえ、お構いなく。係の人にお願いしますから」
女生徒3「ちょうど良かった!あたし保健係だよ!」
……え……?

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆hu/7KbXky2
:
2015/02/14(土)03:43:32.59ID:FE8TfY8oO
ほむら「はあ……まどかのお尻はなんでこんなに愛らしいのかしら」
まどか「な、なにいってるのほむらちゃん///」サッ
ほむら「つい思ったことを口にしてしまっただけよ」
まどか「恥ずかしいよぉ……」
ほむら「それにしてもまどかのお尻って可愛らしいわね」
まどか「もうー!!ほむらちゃんのバカ!!えっち!!」
ほむら「だってまどかのお尻が可愛いいから……」
まどか「もう知らない!!」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1423853012

続きを読む

[ 閉じる ]
6:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/03/12(月)17:09:38.87ID:qtsJRV540
ほむら「くっ……」
マミの拘束魔法によって、魔女の結界内に拘束されてどれくらい経っただろうか。
彼女の拘束魔法は、きつくもなく緩くもなく、程良い力加減でわたしを宙にぶら下げていた。
ほむら「マミっ……絶対に、油断しないでっ……!」
マミはまどかと一緒に奥へと向かって行った。恐らく、今のマミはまどかが契約してくれると約束して、浮かれているはずだ。
ここの魔女はまずい。今までの世界でも、高確率でマミはこの魔女にやられている。
今回も、浮かれて油断していたら……!
???
マミ「ティロ・フィナーレ!!」
召喚した大砲から、高威力攻撃を仕掛ける。拘束魔法によって縛りあげた魔女に直撃。
これで、倒した。―――そう思っていた。

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/02/07(火)13:05:47.41ID:5SpbIoPN0
C.C.「インキュベーター? 何だそれは」
ほむら「あ、すいません。知り合いに似てたもので……失礼します」ササッ
C.C.「……」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/04/30(月)21:01:03.56ID:GgQKjhGWO
まどか「あーん・・・らめー・・・いっちゃうよー・・・・・」
ほむら「・・・・・」
まどか「んあー・・・らめーほむらちゃイタッ」
ほむら「・・・・・」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
2011/03/30(水)22:26:23.45
ID:j/nNQBTB0
さやか「あはは、まどかは私の嫁だー!」
まどか「もー、やめてよさやかちゃんったらー」
仁美「二人とも相変わらずねー」
さやか「きゃっきゃ」
まどか「うふふ」
ほむら「…………」ギリッ
――――――――――――――――――――
ほむら「と言うわけで何かいい案ないかしら聖母さん、と害獣」
杏子「叫びながら訪れといて態度変えても遅いぞ、あと誰が聖母さんだ」
QB「いきなり害獣扱いとは酷いね、まぁいきなり殺されるよりマシではあるけど」
ほむら「”同意の上”まどかとあんなことやこんなことしたいの!しっかり考えなさい!!」
杏子・QB「「わけがわからないよ……」」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/04/25(水)11:12:20.26ID:TbFUQxQI0
まどか「ウェヘヘ……ほむらちゃんとのお出かけ、楽しいなー」ホムラチャーン!
ほむら「私も、とっても楽しいわまどか」マドカァー
まどか「ね、ほむらちゃん、手、繋いでもいい?」ホムラチャーン…?
ほむら「もちろんよまどか」マドカァー
まどか「……ほむらちゃんの手、温かい」…ホムラチャーン///
ほむら「熱すぎないかしら、まどか」マドカァー
まどか「ううん、ちょうどいい温度だよ、ほむらちゃん」ホムラチャーン!
ほむら「それは良かったわまどか」マドカァー
まどか「ほむらちゃんこそ、わたしの手、小さすぎない?」ホムラチャーン?
ほむら「ベストサイズよ、まどか」マドカァー
ほむら(……むっ!?これはまどかに危機が訪れる予感がするわ!!!)ピカーン

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/04/21(土)22:58:29.38ID:nsGR5ToB0
 それは、ほむらちゃんの何気ない一言から始まった、とても壮大で、
どうしようもなくくだらないある日の出来事でした。
 窓から透ける午前中の太陽に包まれながら、私はほむらちゃんと私の部屋でくつろいでいました。
 ワルプルギスの夜を倒し、以前よりは頑張る量が減ったほむらちゃんは、少し気が抜けてしまったのでしょう。
クールさというか、かっこよさというか、そういうものが薄れて……
なんて言ったらいいのかな。
うん、まるで猫のようないじらしさを感じるゆるやかな雰囲気になっていました。
 その証拠に、今も私のベッドに、だらんと伸びきった状態で寝転んでいます。
このままだと、バターみたいに溶けていってしまいそうで、私はなんだか不安に感じていました。

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
2012/02/15(水)22:54:07.02
ID:ZpyxJLWq0
ほむら「今日のためにチョコを用意して......」
ほむら「巴マミに手作りチョコまで伝授してもらったのに......」
ガヤガヤ
「な、中沢君!! これ......受け取ってください///」
「中沢君これ......!!///」
「中沢君!!中沢君!!///」
ほむら「......この甘い雰囲気の中まどかに渡す勇気が無いわ......」
続きを読む

[ 閉じる ]
SS速報VIP:ほむら「バレンタイン……」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1298095923/
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2011/02/19(土)15:12:03.58ID:eIDRhVId0
当日にvipに書き込みたかったけどよく分からない規制のせいで書けなかったSS
まだ六話までしか観てない人が書くSS
マミさん生きてるけど深いことは考えてない脳内設定お願いなSS
立ったら書かせてもらう

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/04/22(日)19:57:25.60ID:I7rAUfPw0
杏子「はぁ?」
ほむら「さぁ、人の家でだらだらしていないで準備しなさい」
杏子「遊びに行くってどこにさ?」
ほむら「どこって……それはあなたに任せるわ」
杏子「任せるって……じゃあ家で遊ぼうぜ」
ほむら「ダメよ、外で普通の女の子らしく遊ぶのよ」
杏子「なんだよ突然……明日の休日にまどかと二人で遊ぶ予定でもできたのか?」
杏子「それで一般的な女の子が遊ぶ場所とか知らないからとか……」
ほむら「……」
杏子「図星かよ……」
ほむら「理由はなんでもいいでしょう?ここは誰の家かわかっていて拒否権があると思っているの?」
杏子「あーわかったわかったって」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/02/11(土)21:33:54.64ID:0y3/O/vJ0
ほむら「ワルプルギスの夜倒したら一気に気が抜けちゃったわ…」ゴロゴロ
ほむら「3日も学校休んじゃったし、その間お風呂にも入ってない」ゴロゴロ
ほむら「あー……」ゴロゴロ
ほむら「……」ゴロゴロ
ほむら「……今日も欠席の連絡してネットやろ…」ゴロゴロ

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/04/18(水)15:39:20.71ID:OoBdGLIn0
ほむら(まどプラスって、もしかして……)
仁美「私の趣味で、父の会社のプログラマーさんたちをお借りしてゲームを作りましたの」
仁美「是非とも暁美さんにプレイしていただきたいのですが」
ほむら「な、なんで私に?」
仁美「暁美さんならきっと楽しんでいただけるかと思ったので…」
ほむら「ちょっと、何を言っているかわからないのだけど…」
仁美「あら、お気にめしませんでした? でしたらさやかさんにお願いしようかしら」
ほむら「やります。やらせてください」

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
:2013/10/02(水)23:50:03.90:
mEfj2+nM0
マミ「突然どうしたの二人とも」
ほむら「欲しい物があるの」
杏子「金がねーんだ」ムグムグ
マミ「お金…は確かに大事だけどね。勉強もして、魔法少女もして、バイトまでするっていうのは」
杏子「マミおかわり」
マミ「大変なんじゃない…佐倉さんまだ食べるの!?」
杏子「マミのケーキがうまいのが悪い」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/04/20(金)01:08:44.20ID:79H6zJMjP
ほむら「ご、ごめん……でも」
まどか「わわわ……ほむらちゃん、そういう人だったの?」
ほむら「これはちょっとした手違いで……」
まどか「ええと、とりあえずさ、その手……」
ほむら(その手って……うわ、私ずっとまどかの胸を触ってたの!?)
ほむら「ご、ごめんなさいっ」サッ
まどか「ううん、別に……」
まどか「ほら、元はと言えば転んだ私が悪くて、謝るのは私の方なんだし」
まどか「その……」
まどか「いつまで私の上に乗っかってるの……?」
ほむら「……」
まどか「どいてくれないの?」
ほむら「……どきたくない」
まどか「やっぱり、そういう人だったの……?」
ほむら(今更否定出来ないわよ)

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆do4ng07cO.
2017/10/06(金)00:11:33.52
ID:tj9OdlQ40
ほむら「誕生日パーティ?」
まどか「うん。明日、私の誕生日パーティやるんだ。それで、ほむらちゃんが迷惑じゃなければどうかなって」
ほむら「...ごめんなさい。明日は、少し用事があるの」
まどか「そっか...」
ほむら「後日改めてプレゼントを渡すから、楽しみにしておいて」
まどか「うん!」
さやか「......」
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1507216293/
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/04/19(木)15:31:19.59ID:h2tfwWIs0
ゴロゴロゴロ……
ほむら「なんだか雲行きが怪しいわね…」
まどか「せっかく一緒にお買い物に行こうと思ってたのにね」
ほむら「仕方ないわね、今日のところは延期しましょう」
まどか「えぇー…残念だね」
ほむら「本当…雨なんてろくなことがないわ」
まどか「あっじゃあさ、ほむらちゃんの家に行ってもいい?」
ほむら「私の家?別に構わないけれど…?」
まどか「やった!一回家に帰ったらすぐに行くからね!」
ほむら「ええ、待ってるわ」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/04/18(水)00:07:47.69ID:vMaROBhvO
ほむら「…なに?ジロジロ見るんじゃないわよ美樹さやか」
さやか「!…別に転校生を見てたんじゃない。自意識過剰なんじゃないの?」
ほむら「じゃあこっち向くんじゃないわ。あなたの顔なんて見たくないから」
さやか「それはこっちのセリフ!話もしたくないね!」
ほむら「ふん…!」
さやか「……」
ほむら(私ったら…またこんな酷いことを言っちゃった…嫌われたかしら…?)
さやか(ただ話しかけようと思っただけなのにどうして意地張っちゃうんだろ…ああ!あたしの馬鹿!)

続きを読む

[ 閉じる ]
SS速報VIP:ほむら「拳でワルプルギス倒す」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1332309272/
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2012/03/21(水)14:54:39.70ID:8ibnU+Cn0
まどか「私の最強の友達」
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1332309272(SS-Wikiでのこのスレの編集者を募集中!)

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。