SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
主役:八幡 (その他・未分類)
主役キャラ別一覧の表示
<<
2018年04月
>>
42件取得
人気記事順表示
<<
0
1
>>
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1424852708/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/02/25(水)17:25:08.31ID:iT19Kaur0
雪ノ下「では遠慮なく」ズププ
八幡「」
雪ノ下「あっ・・・んぁっ!///」ビクビク
雪ノ下「す、すごく良いわ比企谷君っ・・・んあぁっ!///」ビクビク
八幡「」パンパン
雪ノ下「あぁぁっ! あ・・・んんっ!///」ゾクゾク
雪ノ下「んんんっ!!///」ビクン
八幡「」ドピュ
雪ノ下「はぁ・・・はぁ・・・///」クタ
雪ノ下「・・・明日も・・・お願いできるかしら?」
雪ノ下「比企谷君・・・///」チュ
八幡「」


2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/02/25(水)17:30:29.34ID:iT19Kaur0
由比ヶ浜「あぁぁぁっ! ヒッキーィィィ!///」ビクンビクン
八幡「」パンパン
由比ヶ浜「気持ち良いよぉっ!///」ビクビク
由比ヶ浜「ヒッキーの大きくて好きぃぃぃ!///」ガクガク
八幡「」パンパン
由比ヶ浜「もっと私を犯してぇぇぇっ!///」ビクビク
由比ヶ浜「ぐちゃぐちゃにしてぇぇぇっ!/// あんっ!///」ビクビク
八幡「」パンパン
由比ヶ浜「イ、イッちゃうぅぅぅぅ!?///」ゾクゾク
八幡「」ブバー
由比ヶ浜「んあぁぁぁぁっ!?///」ビクビクビク
八幡「」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/02/25(水)17:36:25.11ID:iT19Kaur0
平塚「比企谷のちんぽしゅごいのぉぉぉぉっ!!」ビックンビックン
八幡「」パンパン
平塚「私のメスまんこもっと犯してぇぇぇぇっ!!」ガクガクガク
八幡「」パンパン
平塚「んあぁぁぁぁっ!! 比企谷の多能性幹細胞いっぱい注いでぇぇぇぇぇっ!!
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
由比ヶ浜サーガ
2015/10/21(水)19:30:15.17
ID:gFUFiD4Vo
結衣「そもそも、ヒッキー。『黒ひげ危機一髪』って何?」
八幡「タカラトミーから発売されてる子供向けオモチャで、複数の穴が空いてる樽の中に、こうやってプラスチックの剣を一本一本差し込んでいく遊びだな」ガショッ (剣を挿入)
結衣「こうやって剣を入れていくと、どうなるの?」ガショッ
八幡「その空いてる穴のどれか一つに外れがあるんだ。その外れの穴に剣を差し込むと、樽の中に入っている黒ひげの人形がドカンと空中に飛んでいく」ガショッ
結衣「それで、今、ゆきのんはそのオモチャを完璧に再現した、屋上に設置してある、この巨大な樽の中に入って遊んでるの?それ、危なくない?」ガショッ
ドカンッ!!
八幡「あ」
雪乃「ひゅーーーーーーーーーーん!!」
八幡「しまった!雪ノ下が屋上から飛んでいった!!」
結衣「ゆきのーん!!」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1445423414

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
由比ヶ浜サーガ
2015/10/21(水)19:30:45.96
ID:gFUFiD4Vo
ヒューン……
雪乃「はぃっ!!」ズダンッ!!
3:
由比ヶ浜サーガ
2015/10/21(水)19:31:20.94
ID:gFUFiD4Vo
― 翌日 ―
結衣「それにしても、ゆきのん。屋上からドカンと落ちたのに、よく生きてたよね」ガショッ (剣を挿入)
雪乃「子供の頃からバレエを習っているから、多分、そのおかげね」ガショッ
結衣「バレエってスゴいね。私も習おうかなー」ガショッ
雪乃「由比ヶ浜さんには難しいかもしれないわね。マニュアル本が百科辞典の様に分厚いから」ガショッ
結衣「ごめん、ゆきのん。それ本当にバレエ?」ガショッ
雪乃「それにしても、比企谷君は一体どこへ行ったのかしらね?」ガショッ続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1424252963/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/02/18(水)18:49:23.90ID:P1xjPwz10
由比ヶ浜「やっはろー、ヒッキー!」
由比ヶ浜「昨日はゴメンね? 優美子が無理やり誘ってきてさ」
由比ヶ浜「今度からは絶対に断るからね?」
由比ヶ浜「ヒッキーといる時間の方が大切だもん!」
由比ヶ浜「私の優柔不断なところは」
由比ヶ浜「悪いところ」
由比ヶ浜「絶対に直すから、ヒッキーも手伝ってね!」
由比ヶ浜「もちろん、手伝ってくれるよね?」


2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/02/18(水)18:53:20.73ID:P1xjPwz10
由比ヶ浜「・・・あ、ゆきのんいたんだ」
由比ヶ浜「うん、全く気付かなかったよ」
由比ヶ浜「え? 酷いって?」
由比ヶ浜「そうかな? ゆきのんがヒッキーに」
由比ヶ浜「いつも浴びせている暴言の方が」
由比ヶ浜「よっぽど酷いと思うけど?」
由比ヶ浜「・・・・・・」
由比ヶ浜「・・・ほら、そうやってまたヒッキーの悪口言って」
由比ヶ浜「ねぇ、ヒッキーを巻き込むのは止めてくれないかな・・・!」

3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/02/18(水)18:57:45.76ID:P1xjPwz10
由比ヶ浜「いい加減にしてよ!!」
由比ヶ浜「言って良いことと悪いこともわからないの!?」
由比ヶ浜「そんなこと言われたら、誰だって傷つくでしょ!?」
由比ヶ浜「・・・何か言ったらどうなの、ゆきのん?」
由比ヶ浜「・・・・・・」
由比ヶ浜「何か言いなさいよ!!」
由比ヶ浜「あ、ヒッキー・・・」
由比ヶ浜「え? ゆきのんが怖がっているって?」
由比ヶ浜「あ、あはは・・・ゴメンね?」
由比ヶ浜「・・・・・・」

4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします<
続きを読む

[ 閉じる ]
28:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/06/27(木)22:16:29.69ID:G0XhKHAs0
職員用トイレ
八幡「先生まずいですってこんなところで!てかどこであってもまずいですって!」
平塚「ああ?口ではそんなこと言っても体は正直だぞ?」ギュ
八幡「ひっ!これは生理現象でして決して先生とそういうことしたいわけじゃないんです!」
平塚「何を言っている比企谷?貴様に選択権などないということを忘れたか?」
八幡「くっ・・・大声出しますよ」
平塚「ほう・・・隣の席に話しかける時ですら聞きとってもらえないお前が何を」
平塚「たとえ出せても私が泣いてお前に襲われたと言えばどちらを信じるかは明白だろう?」
八幡「ぐぬぬ・・・」
平塚「私も時間がないのでな、手短に行くぞ」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
8:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/10/18(金)20:02:05.38ID:R5KQqfAw0
八幡「…」
平塚「どうした比企谷、随分濁った瞳をしているが?」
八幡「あ、先生…」
平塚「ああ、濁った瞳はいつもどおりだったな?」
八幡「…」
平塚「…は、反応を返してもらえないと少しさみしいんだがな」
八幡「…もう、先生でいいか…」ボソ
平塚「ん?なにか言ったか?」
八幡「いえ、何も」
八幡「ところで、先生…国語でわからないところが…」
平塚「お?比企谷が勉強で質問とは珍しいな、どれどれ?」
八幡「ここではなんなので…奉仕部の部室に行きましょう」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名...-
2018/03/2813:30:32.38
ldfSkK+I0
1/18
生徒会室にて
いろは
「最近、やけに力仕事手伝ってくれますよね?先輩」
八幡
「まあな。そろそろ進路も決めねえといけねえし。それに、体力もつけねえと」
いろは
「もう先輩そろそろ先輩は三度目の受験生になる訳ですし」
八幡
「おい。俺は中学受験してねえから二度目だ」
八幡
「後な、俺は三年に上がっても受験生じゃない」
いろは
「?」クビカシゲ
八幡
「かわいいなおい」
いろは
「ちょっ急になに口説いてるんですかそんな甘い言葉をかけて私を籠絡で切ると思ってるんですかもう既に籠絡されているのであんまりときめきませんごめんなさい」
八幡
「俺は何回振られればいいんだよ(全然聞き取れねえよ)」
元スレ
八幡「俺、警察官になろうと思う」いろは「・・・ほぇ?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1522211432/
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1423032057/
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2015/02/04(水)15:46:41.71ID:in9cIBS30
放課後
八幡「はぁ、今日の晩飯なんだろなぁ。」
八幡「小町が作ってくれたものならなんでも大歓迎だがな…」
八幡「ん?なんだこの声…」

4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2015/02/04(水)15:56:15.54ID:in9cIBS30
ン、ンンッ
ハァッ…ハァッ
八幡「おいおい…マジかよ…何で部室で変な声がきこえるんだよ…生々しいし、一体誰がいるんだよ。」
八幡(まさか、奉仕部部員の誰かじゃねぇだろうな)
八幡(あるとしたら、ビッチの由比ヶ浜辺りか?)
八幡(と、とにかく部室に入れない…どうしよう…)

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1422701762/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/01/31(土)19:56:02.59ID:BhSZj49p0
 三月某日
 総武高校
その教室には二人しかいない。
俺、比企谷八幡と、元奉仕部部長、雪ノ下雪乃。
この教室で、この二人が出会ったことから、全てが始まった。
いろんなことがあって、何度もこの関係は壊れかけた。
それでも俺たちはここまでたどり着き、俺は答えを選び出した。
由比ヶ浜には既に俺がこれからすることを伝えてきたから。あとは実行あるのみ。
――その日は、俺たちの卒業式だった。

2:
◆.6GznXWe75C2
2015/01/31(土)19:57:00.53ID:BhSZj49po
 数年後
 とあるアパート
八幡「ただいま」ガチャッ
雪乃「おかえりなさい」
八幡「夕飯、悪いな。急用で遅くなっちまって」
雪乃「いえ、いいのよ。私は今日は終わるの早かったから」
八幡「土日はちゃんと俺が飯作るよ」
雪乃「なら、お言葉に甘えようかしら」
3:
◆.6GznXWe75C2
2015/01/31(土)19:57:28.84ID:BhSZj49po
卒業式の日、俺は雪ノ下雪乃に告白をした。何ヶ月も悩んでようやく出した答えがそれだった。
それから今までずっと、俺は雪乃と付き合っている。
俺が一人暮らしするようになってからは、雪乃がここにいることが多い。所謂半同棲状態である。
八幡「お、今日は秋刀魚か」
雪乃「ええ、スーパーで安かったから」
八幡「お前そんなに金に困るような立場でもねぇだろ」
雪乃「何を言っているの? 私はこう見えてもちゃんとお金の管理はする方なの。それに、後先考えずにあれもこれも買ってたら、お金なんていくらあっても足りないわ」
八幡「へいへい、そうですか」
4:
◆.6GznXWe75C2
2015/01/31(土)19:57:59.61ID:BhSZj49po
雪乃
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/10/13(火)03:07:34.45
ID:BpcSycVC0
 高速運転中のランプは、ものの二十秒もしないうちに消えた。考え事も、躊躇する暇だってありゃしない。
 いや、そんな時間は職場で予定表が張り出されてから腐るほどあったが――
 まあどれだけ考えたって足りないことだったってわけだ。
 ともかくもエレベーターは押したボタンの通りの階で止まり、機能通りにドアは開いた。
 いつもなら日本製万歳というところだが、今夜ばかりはその正確さが恨めしい。
 開けた視界の先は、穏やかな間接照明が大理石の上で絨毯の様に灯りを敷き詰め、そしてガラス越しの夜景を壁紙代わりにあしらったバーラウンジ。
 薄給もいいとこの俺がおいそれと出入りするような空間でないことは、賢明な読者諸君には自明のことであろう――なんてラノベ主人公じみたメタいモノローグが浮かんだ。
 とういうか――いや、あったな。
 いつぞやの探偵気分がデジャヴとなって蘇る。
 あれからもう十年か、という感慨が、この取材が決まって以降何度浸ったことだろう。
 そうして浸っている間にエレベーターがまた階下に降りてゆく時間を稼いでいたのだが、開きっぱなしのハコの中で立ちっぱなしのヤツが居ればさすがに目立つ。
 当然、俺のことを目ざとく見つけた受付の女性が畏まって礼をしてきたので、慌てて俺も礼を返してしまった。
 
 するとその受付からの指示があったか、間髪入れずにボーイが歩み寄ってきて、いらっしゃいませ今夜はお待ち合わせですかと落ち着いてかつ爽やかに予約の有無を尋ねられ、俺はアッハイと言うだけのマシーンと成り果ててしまった。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1444673254

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/10/13(火)03:09:07.08
ID:BpcSycVC0
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1422473780/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2015/01/29(木)04:36:20.70ID:xvw3Xyj3O
「どうだ?比企谷くん?これから一杯」
八幡「……すいません」
「……そうか。なら仕方ない。おらー飲み行くぞー」
八幡「……はぁ」
八幡「……」
八幡(サラリーマンになってもう三年か……)
八幡(……まさか適当に受けた会社が受かるとはな)
八幡(……さっさと帰ってアニメ見て寝るか)
ドンッ!
八幡「……すいません」
三浦「……てめぇどこみえ歩いてんだぁ……こらぁ」フラフラ
八幡(最悪だ……こんな酔っ払いとぶつかるなんて)
三浦「きいてんのかぁー……」
八幡「……三浦?」
三浦「ぁー?なんで……あーしのこと……しって……」ガクッ
八幡「お、おい!」バッ
八幡「……嘘だろ?」

3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2015/01/29(木)04:43:22.65ID:xvw3Xyj3O
八幡「……」
三浦「……スゥ……」
八幡(……仕方ない……か)
八幡「……」プルルル
八幡(……何年ぶりだろうか……もしかしたら番号も変わっているかもしれない)
八幡「……」
「……も、もしもし?」
八幡「……今大丈夫か……由比ヶ浜」
結衣「……う、うん。平気だけど……ど、どうしたのさ急に」
八幡「実は……」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2015/01/29(木)04:49:25.36ID:xvw3Xyj3O
八幡「……ああ。悪い……あ?いや、そこまでしなくても俺がタクシーで」
結衣「大丈夫!すぐ行くから!待ってて!」
八幡「お、おい」
八幡「……切りやがった」
八幡(……変わってなかった……な……)
八幡(最後に会ったのは何時だっただろうか……)
三浦「……ぅ」ギュッ
八幡「……こんなになるまで飲むなっての……」続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1422116613/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/01/25(日)01:23:33.36ID:QQrm0LeL0
八幡「・・・・・・」
雪ノ下「・・・・・・」
八幡「(静寂が辛い・・・)」
八幡「(聞こえるのは、雨の音と車のエンジン音・・・)」
八幡「・・・・・・」
雪ノ下「・・・・・・」


2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/01/25(日)01:27:25.18ID:QQrm0LeL0
八幡「・・・雪ノ下、頼むから何か喋ってくれ」
雪ノ下「あら、急にどうしたのかしら?」
八幡「折角のドライブなんだ、少しくらい会話を・・・」
雪ノ下「引きこもり谷君の声を聞くと、私の蝸牛が破壊されてしまうわ」
八幡「俺は一体何者なんだ?」
雪ノ下「人間でないことは確かね」
八幡「おい」

3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/01/25(日)01:30:25.96ID:QQrm0LeL0
ザァーーーーーー・・・・・・
八幡「・・・・・・」
雪ノ下「・・・・・・」
八幡「・・・雪ノ下、お前は寡黙を愛しているか?」
雪ノ下「急になに? 嫌いではないけれど」
八幡「そうか・・・」
雪ノ下「えぇ・・・」
八幡「・・・・・・」
雪ノ下「・・・・・・」

4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/01/25(日)01:33:55.13ID:QQrm0LeL0
八幡「・・・そういえば、この間な」
雪ノ下「・・・?」
八幡「由比ヶ浜に会ったんだよ」
雪ノ下「そう・・・どこでかしら?」
八幡「駅前のサイゼだ」
雪ノ下「比企谷君、貴方本当にサイゼリアが好きなのね」
八幡「当たり前だ」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1421414506/
1:
◆HsxYKt0AvM2015/01/16(金)22:21:46.52ID:+lWJJaYo0
今日は2月13日。世間は明日に控えるバレンタインデーで盛り上がりを見せている。放課後の教室は、やれ何をあげるだの、誰にあげるだので騒がしいことこの上ない。たいていのリア充的なイベントは忌避すべきものだがこれだけは別で、もちろん俺も楽しみにしている。今年の小町はどんなチョコをくれるのだろうか。ポイントを荒稼ぎするようなすばらしいお返しを考えておかなくてはなるまい。ああ小町の喜ぶ顔が楽しみだ。こんなことを考えていると自然と顔がにやけてしまうので、なんとか抑えつつ、俺は部室に向かった。

3:
◆HsxYKt0AvM2015/01/16(金)22:23:45.80ID:+lWJJaYo0
八幡「ういーっす」
雪乃「こんにちは、比企谷君。」
八幡「今日も寒いな」
雪乃「ええ、そのうえあなたのひどくゆるんだ下卑た顔を見たせいか鳥肌が止まらないわ。」
どうやら俺の表情筋も寒さで麻痺していたらしい。
八幡「由比ヶ浜はまだなのか?先に教室を出ていったんだが」
雪乃「明日の準備をするから今日は出ないそうよ。メールがあったわ」
5:
◆HsxYKt0AvM2015/01/16(金)22:26:06.27ID:+lWJJaYo0
八幡「へえ、お前はいいのか?あいつなら『雪のん一緒につくろー!(裏声)』なんて言いそうなものだが」
雪乃「今のでさらに鳥肌がひどくなったわ。一応私も手伝いを申し出たのよ。でも今回は自分で頑張るそうよ。」
八幡「おいおい、大丈夫なのかそれ」
雪乃「最近はいろいろと練習しているそうだし大丈夫かもしれないわ」
八幡「…まあ、食べれるものができるといいな。そういうお前はいいのか、こんなゆっくりしてて」
雪乃「あいにく私はもうほとんど準備はできているわ。前日に慌てるようなことはしないのよ」
八幡「それもそうだな」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/01/01(月)12:42:50.33
ID:hyqJ9q9H0
海老名「…………」
戸部「あの……、俺さ、その……その」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1514778170

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/01/01(月)12:43:26.50
ID:hyqJ9q9H0
葉山「…………」
大岡「…………」
大和「…………」
雪乃「…………」
結衣「…………」
八幡(戸部を振られないようにし、かつ彼らのグループの関係性を保ち、海老名さんとも仲いいままにしておく)
八幡(ならやっぱ、方法は一つしかねぇじゃねぇか)
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/01/01(月)12:44:07.85
ID:hyqJ9q9H0
戸部「あ、あのさぁ……俺、俺……俺さ!」
海老名「…………。……っ」
八幡「戸部!」
戸部「!?」
海老名「!」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/01/01(月)12:44:48.27
ID:hyqJ9q9H0
八幡「ずっとお前のことが好きだった。俺と付き合ってくれ」
戸部「」
海老名「!!!!!!!!」
6:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/01/01(月)12:45:15.90
ID:hyqJ9q9H0
葉山「」
大岡「」
大和「」
雪乃「」
結衣「」
7:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/01/01(月)12:46:04.89
ID:hyqJ9q9H0
戸部「え・・・・・へ・・・・・・?」
八幡「戸部!
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/10/12(月)23:09:10.76
ID:/s8rM2Xqo
某潜水艇
雪ノ下「なにこれ」
八幡「減圧室だ」
由比ヶ浜「減圧室?なんかコインランドリーの乾燥室みたいだけど」
雪ノ下「何に使うの?」
八幡「ダイバーが減圧症にならないようにするためだ」
雪ノ下「減圧症?」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1444658950

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/10/12(月)23:14:00.74
ID:/s8rM2Xqo
由比ヶ浜「減圧症ってなに」
八幡「通常の気圧なら血液に溶け込んでいる窒素などが、加圧される事によって気体となり血管を閉塞させる。それが減圧症だ」
雪ノ下「でそれと減圧室と何の関係があるのかしら」
八幡「減圧室で徐々に減圧させる事によって、その症状の改善を図るわけだ」
雪ノ下「つまり、この減圧室というのは密室空間の中で加圧減圧を可能にする装置ということね」
八幡「ま、そんなとこだ」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/10/12(月)23:15:16.30
ID:/s8rM2Xqo
雪ノ下「とりあえず中に入ってみるわ」
由比ヶ浜「ゆきのん、次かわってね」
雪ノ下「勿論よ」
八幡「入ったか?鍵を閉めるぞ?」
雪ノ下「ええ。お願い」
ガチャン
5:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/10/12(月)23:19:46.71
ID:/s8rM2Xqo
由比ヶ浜「雪ノ下まるで乾燥機の中にいるみたいだね」
八幡「まぁそう見えなくもない」
由比ヶ浜「ねえヒッキー、加圧MAXの状態から変圧ホースを切って急減圧を掛けたらゆきのんはどうなっちゃうの?」<
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1421245613/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/01/14(水)23:26:53.30ID:JzcnKkEkO
雪乃「こんにちは」
八幡「……」ペラペラ
ジィーーー
八幡「……」ペラペラ
ジィーーー
八幡「なんだよ」
雪乃「何も」
八幡「……」ペラ
ジィーーー
八幡「…」チラッ
雪乃「…」ニコッ
八幡「!」サッメソラシ
雪乃「(かわいい)」


2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/01/14(水)23:35:38.76ID:JzcnKkEkO
雪乃「紅茶いる?」
八幡「ああ、頼む」
雪乃「どうぞ」
八幡「ありがと」
八幡「……」ペラペラ
雪乃「飲まないの?」
八幡「冷ましてから飲む。猫舌だからな」
雪乃「紅茶は熱いほうがおいしいのだけれど」
八幡「いや、だから猫舌なんだって」
雪乃「……」
雪乃「紅茶は…」
八幡「わかったよ」
八幡「……」フーフーズズッ
八幡「熱ッ」
雪乃「(かわいい)」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1421306667/
1:
:VIPにかわりましてHIPPERがお送りします2015/01/15(木)16:24:27.88ID:ddXTJfYO0
“やはり俺の青春ラブコメは間違っている”のSSです
久しぶりなのでミスったらすまん

3:
:VIPにかわりましてHIPPERがお送りします2015/01/15(木)16:30:51.24ID:ddXTJfYO0
葉山「やぁ」
八幡「……おう」
俺がクソリア充の葉山なんかと学校外で会っているのかとそれには理由がある。
いつも通り奉仕部を終えて帰宅しようとした俺のスマホがなんと着信を報せた。
どうせまた遺産を分け与えたい未亡人の弁護士やエッチな気分を抑えきれない大学生からのメールかと思えば違った。
メールの内容は実に端的で『雪ノ下さんのことで話がある』というものだった。
別に雪ノ下雪乃のことが気になるはずもない俺は小町に遅くなる、という旨のメールを送り、指定された喫茶店に赴いた。
そしてメールを送ってきた張本人の葉山と対峙しているわけである。

5:
:VIPにかわりましてHIPPERがお送りします2015/01/15(木)16:51:43.15ID:ddXTJfYO0
葉山「急に呼び出して悪かったね、ヒキ谷くん」
優雅にブラックコーヒーなんぞを嗜む葉山は口を開いた。
別に雪ノ下のことを然して気にもしていない俺は余裕を持って葉山に挨拶する。
八幡「雪ノ下に何かあったのか!?どこか身体でも悪いのか!?
いや、今日もいつも通り朝食にコーヒーとトーストとサラダを食べていたし体調が優れないというのは考えにくい!
あぁ!そうか!下校中にどこか怪我をしたんだな!?そうなんだろ!?
ちょっと待て!今救急箱を出すから…いや、ゆきのんの雪のような肌に痕が残ったらいけない!
今千葉で最高の医者を手配しよう!いや、千葉で最高の医者で事足りるのか!?
別に千葉を愚弄するつもりは微塵もないが、万が一ということもありえるしやはり天皇陛下もご利用なさった某大学病院の教授に見てもらったほう
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1419245998/
1:
◆3pCIhha3Cw
2014/12/22(月)20:00:08.69ID:nHvbnWio0
八幡「と、戸塚......か!?」
八幡「と、戸塚は......本当に!?」
の続きです
※オリキャラ等に注意※
数ヶ月前......
文加「彩加!お願いがあるの!」
戸塚「どうしたの?そんなにかしこまって」
文加「私、総武高校に転校したいから一緒にお父さんとお母さんを説得して!」
戸塚「えぇー!て、転校?」
文加「......うん」
戸塚「ひょっとして八幡に会う為?」

2:
◆3pCIhha3Cw
2014/12/22(月)20:00:38.94ID:nHvbnWio0
文加「......」コクン
戸塚「それだけの為に転校って......」
文加「口実っていうのは嫌な言い方だけど進学高だからそこで勉強したいって事で」
戸塚「でも......」
文加「彩加が私と一緒にいて姉妹っぽく見えるのが嫌なのはわかってる」
文加「だから、眼鏡をかけたままで少し髪を伸ばすしこうやって束ねれば区別になると思うから」グイ
戸塚「なんか最初からそうすればよかったかもね」
文加「うん......それは私も思った」
戸塚「学校一緒になるくらい八幡に会いたい?」
文加「......比企谷さんの事を教えてくれたのは彩加だよ?」
3:
◆3pCIhha3Cw
2014/12/22(月)20:01:10.01ID:nHvbnWio0
戸塚「そこまでとは思わなかったからね」
文加「一緒の高校になれば範囲もわかって彩加に勉強を教えてあげられるよ?」
戸塚「あ、それはいいかも」
文加「でしょ?私、彩加より頭いいからね」フフン
戸塚「......やっぱり手伝うのやめようかな」ムゥ
文加「ご、ごめん!でも彩加もテニスばかりであまり勉強は出来てないんじゃない?」
戸塚「あはは、その通りなんだけどね」
文加「お願い!学校ではできるだけ彩加には関わらな
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2014/01/11(土)23:37:44.65ID:sv7GFDBu0
八幡「喫煙者ってだけで全て台無しですね」

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
1◆JY8EwYSc26
:2015/04/29(水)18:20:14.04:
YJnNelKho
自分が以前書きました、
八幡「メガネにするか、コンタクトにするか」
のanotherです。
注意:八幡の性格が若干攻撃的です。
   書き手の国語の成績は10段階で3?5です、おかしいところはご指摘下さい。
   
お時間に余裕がある方の暇つぶし程度におつきあい頂ければ幸いです。


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆lpf/TAjzto
2015/10/09(金)21:41:38.05
ID:Uke9Flid0
千葉村 肝試し前
八幡「雪女の衣装似合ってるな」
雪乃「あら、ありがとう。あなたの目の腐り方もハリウッド級よ」
八幡「ほっとけ。つーかお前無駄に和服似合うな」
雪乃「無駄は余計よ……まあ確かに昔からこういった服を着る機会はあったから、それなりに着付けや作法は心得ているつもりよ」
八幡(心得てるならさっきの悪口はなんだよ)
八幡「つか作法とかじゃなく俺は単純な感想を言ったまでだが、似合ってるって」
雪乃「へっ!?」
雪乃「………そ……そう………//」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1444394497

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆lpf/TAjzto
2015/10/09(金)21:42:59.24
ID:Uke9Flid0
八幡「なんだよ今の声……」
雪乃「き、気にしないでちょうだい。それよりちょっと待っててもらえるかしら?」
八幡「は?なんで」
ササーッ
八幡(行っちまった…)
4:
◆lpf/TAjzto
2015/10/09(金)21:46:41.28
ID:Uke9Flid0
雪乃「比企谷くん、これはどうかしら?」
八幡「ちょ……ちょっと待て雪ノ下、その格好はなんだ!?」
雪乃「あなた『振袖』も知らないの?日本人として恥ずかしくないのかしら」
八幡(それくらい知っとるわ。ゲイシャ・ハラキリ・フリソデ・フジヤマ、ジャパニーズニンジャクールダネ!!もうこれ日本人しゃねえな)
5:
◆lpf/TAjzto
2015/10/09(金)21:50:11.07
ID:Uke9Flid0
八幡「いやそれは分かってるが、てか肝試しと関係ないだろ、それ」
雪乃「一応……ろくろ首の衣装という扱いになっているのだけれど……」
八幡「いやろくろ首とか首伸ばしてなん
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1421545243/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2015/01/18(日)10:40:43.35ID:VzZpWUF20
――比企谷八幡、二十歳。ある冬の日。一月
八幡「お疲れ様です。ありがとうございました」
引っ越し業者「ご利用ありがとうございました!」
八幡(高校を卒業した俺は、大学入学時に住み慣れたあの町を離れた)
八幡(正直実家から出るのは面倒だと思っていた。だが実際に一人暮らしを始めてみると、何もかも自分の思うがままにできるのは意外と悪くない)
八幡(だが入学時に決めたアパートが最近になって少し不便だと思い、もっと条件の良い物件が見つかったので大学二年目の冬にして引っ越すことにした)
八幡(前よりも大学から近いし、コンビニや本屋、スーパーもすぐそこ)
八幡(何より、部屋にロフトがついていたのが気に入った)

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2015/01/18(日)10:41:36.74ID:VzZpWUF20
八幡「?……♪」
八幡(軽くアニソンなんぞを口ずさみながらロフトを昇る)
八幡(小さい本棚を置いたり、コンポ置いたり。秘密基地を作るみたいで、悪くない)ニヤニヤ
八幡「よっと」
八幡(梯子の最後の一段に手をかけた時だった)
???「……あなた、誰?」
八幡(明らかに下半身がロフトの壁に埋まっている女性が、不思議そうに首をコテンと傾けてこちらを見ていた)

3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2015/01/18(日)10:42:34.97ID:VzZpWUF20
八幡「いや。……いやいや」
八幡(どうやら最近のアパートには変わったオブジェが置いてるらしい。動いて喋る人間っぽい置物か。心臓止まるかと思っt)
陽乃「こんにちは。君は新しい入居人なのかな?……私は雪ノ下陽乃、幽霊だよ」ニコ
八幡「…………」ボー
陽乃「あ、そこで意識トぶと落ちるよ」
八幡「……夢か」
陽乃「ざーんねん、現
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
:
2014/04/07(月)02:21:28.39ID:wSvsGTHL0
このssは化物語オリジナルドラマCDの『佰ヒャク物モノガタリ語』を真似た百個の短編集です。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1396804888

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1419146293/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2014/12/21(日)16:18:13.29ID:+EtLgUI4O
八幡と誰かがひたすらイチャイチャするだけの話
壁をご用意してお読みください

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2014/12/21(日)16:20:33.57ID:+EtLgUI4O
雪ノ下編?
八幡「どうしてこうなったし」
雪乃「一生の不覚だわ。貴方と結婚だなんて」
八幡「俺……生きていけるのかな……」
雪乃「あら、こうなってしまったのなら仕方ないわ」
八幡「何が……」
雪乃「貴方を矯正してあげるわ……私の一生をかけてね」
八幡「……」
雪乃「ふふっ……楽しみね」
八幡「幸せってなんだっけ」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2014/12/21(日)16:21:03.11ID:+EtLgUI4O
雪ノ下?
八幡「……こんなもんか」
雪乃「ただいま」
八幡「ああ、おかえり」
雪乃「あら。掃除してたの?」
八幡「……まぁこれぐらいはしないとな」
雪乃「ふふっ……そうね。適当だと私に捨てられるものね」
八幡「……そうなると俺は路頭に迷うわけだ」
雪乃「大丈夫よ、また拾ってあげるわ」
八幡「何故捨てたんですか……」
雪乃「捨てられたらありがたさがわかるでしょ?」
八幡「ふぇぇ……この人怖いよぉ」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆FFa.GfzI162017/11/19(日)16:20:22.86ID:hU0139efO
・俺ガイルSS
・とある曲を基にしたSSです
・少し鬱展開あり
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1511076022

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1418396149/
1:
◆GZkHdKovso2014/12/12(金)23:55:59.57ID:a+9khunN0
結局葉山の一人勝ちのような茶番のマラソン大会も終わり、今はもう2月だ。
まだまだ冷たい潮風はチャリ通には厳しい。いやん、ほんと、髪の毛が潮風で痛んじゃう……。
朝、いつものように登校し、何の変哲もない下駄箱を見やると
そこにあるブツが鎮座ましましていらっしゃった。

2:
◆GZkHdKovso2014/12/12(金)23:56:37.55ID:a+9khunN0
……きたな、久しぶりに。
高校初だが流石にこの程度で動揺なぞしていられない。何よりゴミよりマシだ。
俺は、さて今回はどんな悪戯だ?と興味半分、うんざり半分、
もしかしたら……という期待半分、頼む、本物であってくれ!神様!!が全部まである。
しかし神はそこにおわさず、あったのはラブレターらしきものと一枚のメモ紙だった。
だが俺の予想は半分正解、半分外れていた。
それは正しくラブレターだった。
戸塚彩加宛ての。
      × × ×
3:
◆GZkHdKovso2014/12/12(金)23:57:12.57ID:a+9khunN0
奉仕部 比企谷八幡様
こんな形で依頼してすいません……。
あなたのクラスメイトで、友達の戸塚彩加君へ、
同梱の手紙を渡してほしいんです。
勝手なお願いをして本当にごめんなさい。
      × × ×
4:
◆GZkHdKovso2014/12/12(金)23:57:59.43ID:a+9khunN0
由比ヶ浜「ヒッキー?何してるの?」
八幡「っ!!」
かろうじて大声をあげずにすんだ。心臓が刺し穿たれたかと思ったぜ……。
明らかに幸運B以下な俺は間違いなく死んでる。
妙な予想の外れ方に、思わず呆然としていたらしい。ore/stay下駄箱。
即、この危険物を鞄に仕舞おうとしたのが間違いだったか、
鞄の口が開いてないことがスッポリ頭から抜けていた。
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/12/12(火)17:15:13.61
ID:T6WgsUjT0
小町「噂だけどね、噂」
八幡「それ、俺のことか?」
小町「小町がこうやって話題振ってるんだから、お兄ちゃんしか考えられないでしょ」
八幡「いや、小町の可愛さなら、男の一人や二人…」
小町「小町そんな悪い事しないし。そもそも彼氏いないし」
八幡「彼氏できたら、お兄ちゃんに言うんだぞ」
小町「お兄ちゃん、それマジっぽいからやめてよね」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1513066513

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/12/12(火)17:26:33.01
ID:T6WgsUjT0
小町「とーにーかーく、お兄ちゃんが二股かけてるって噂があるんだよ」
八幡「…意味がわからん、なんでそんな噂が…」
小町「小町にもわかんないけどさ、クラスの友達が言ってたから、お兄ちゃんのことだと思うよ」
八幡「確定じゃないのか。…俺が友達いなくてキモイという噂なら流れても普通だけどな」
小町「そういう自虐ネタみたいな噂じゃなくて、ある意味リア充的な噂でしょ」
八幡「俺の名前出てないなら、別に俺じゃないかもしれないだろ」
小町「雪乃さんと結衣さんを二股してるなんて、関係性からお兄ちゃんしかいないでしょ」
八幡「…関係性なら、葉山とか」
小町「いや、ないから」
八幡「ないか」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/12/12(火)17:37:12.25
ID:T6WgsUjT0
小町「とにかくさ、このままだったら、またお兄ちゃんが悪者になっちゃうよ?」
八幡「甘いな、小町。俺がそんなことくらいでへこたれるとでも思ってたか?」
小町「小町が嫌なの!…お兄ちゃんが悪く言われて喜ぶ妹なんて
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/04/10(火)02:33:12.40
ID:fzws8hlE0
―部室―
ジャラジャラ
八幡「あ……ありのまま今起こっていることを話すぜ!」
八幡「俺はいつも通り、奉仕部の部室に入ったと思ったら、なぜか大量の大人のおもちゃを発見してしまった」
八幡「な……何を言っているのか、分からねーと思うが……俺も分からん」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1418084883/
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/12/09(火)09:28:13.77ID:A9mSzAcG0
トボトボ
八幡「……はぁ」
八幡「明日からテストとかだりいな……」
八幡「数学はまた赤点なんだろうし……」
八幡「……憂鬱だ」
葉山「やった!!」ビシッ
八幡「!?」ビクッ
振り返るとそこには、素っ裸で股間に葉っぱを一枚だけ着けている葉山隼人の姿があった。


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/04/10(火)02:33:12.40
ID:fzws8hlE0
―部室―
ジャラジャラ
八幡「あ……ありのまま今起こっていることを話すぜ!」
八幡「俺はいつも通り、奉仕部の部室に入ったと思ったら、なぜか大量の大人のおもちゃを発見してしまった」
八幡「な……何を言っているのか、分からねーと思うが……俺も分からん」

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
:2013/10/20(日)16:24:21.39:
nVgaNTP10
八幡(こいつらは子供の名前をなんだと思ってるのかね)
八幡(どういう意図でその名前になったのか聞いてみたい。マジで)
八幡(つうか、俺のクラスにいるリア充どもも、将来そういった名前をつけるかもしれないんだよな)
八幡「……」
八幡「なあ由比ヶ浜」
由比ヶ浜「え、なにー?ヒッキーなんかよう?」
八幡「お前、将来子供になんて名前つけたいとか考えてるか?」
由比ヶ浜「え、ひ、ヒッキー?そそそそれって」
八幡「ちょっと聞いてみただけだから、思い付かないなら答えなくてもい」
由比ヶ浜「まって!そうだなあ、あたしなら男の子なら
>>5、女の子なら
>>10かな!!」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。