SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
主役:勇者 (勇者・魔王系)
主役キャラ別一覧の表示
<<
2017年12月
>>
21件取得
人気記事順表示
<<
0
>>
12/13 (21:00) SSなび
1:
◆Rhe1e32BQs2017/01/07(土)00:38:54.80ID:zcyoB8Vj0
王様「女神様の御加護を受けるとな、その反動としてくだらない呪いにかかってしまうんじゃ」
勇者「つまり」
王様「強くなる代わりにちょっと悲しい感じになるんじゃ」
勇者「そうじゃなくて、具体的に」
王様「そうじゃな…例えば、御加護によって強力な炎の魔法が使えるようになるとする」
勇者「はい」
王様「その代わりに性格がすごく暑苦しくなる」
勇者「どのくらい」
王様「松岡修造くらい」
勇者「くだらな…」
王様「くだらないんじゃ」
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1483717134

続きを読む

[ 閉じる ]
12/11 (21:00) SSなび
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/12/10(日)01:32:04.00ID:m6YWzBUSo
勇者「でき……るわけねえだろ!」
勇者「なんでもっとマシな武器がないんですか!」
国王「おぬしも知ってるだろうが我が国は酒造りを奨励しており、国民もみな酔っぱらっておる」
国王「それゆえ危険な事件を防ぐため、刃物類の製造を制限している」
国王「なのでこういう時に用意できる武器がないのだ。兵士たちもみんな武器は持っておらんし」
勇者「無防備すぎますよ。よく今まで他国から侵略されませんでしたね」
国王「我が国の酒は他国でも大人気だからな、ハッハッハ」
勇者(この人も酔っぱらってんじゃねえだろうな)
国王「というわけで勇者よ! なんとかビール瓶で頑張ってくれ!」
勇者「……分かりました」
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1512837123

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
:2015/08/11(火)19:53:36:
wWz5.aQ6
勇者「そろそろ出発するよ。父さん、母さん」
父「うむ」
母「気をつけてね……」
父「村を出る前に、村長に挨拶していくのを忘れるなよ」
勇者「分かってるよ。行ってきます!」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名...-
2017/12/1001:32:04.00
m6YWzBUSo
1/24
勇者
「でき……るわけねえだろ!」
勇者
「なんでもっとマシな武器がないんですか!」
国王
「おぬしも知ってるだろうが我が国は酒造りを奨励しており、国民もみな酔っぱらっておる」
国王
「それゆえ危険な事件を防ぐため、刃物類の製造を制限している」
国王
「なのでこういう時に用意できる武器がないのだ。兵士たちもみんな武器は持っておらんし」
勇者
「無防備すぎますよ。よく今まで他国から侵略されませんでしたね」
国王
「我が国の酒は他国でも大人気だからな、ハッハッハ」
勇者
(この人も酔っぱらってんじゃねえだろうな)
国王
「というわけで勇者よ! なんとかビール瓶で頑張ってくれ!」
勇者
「……分かりました」
元スレ
勇者「え!? ビール瓶で魔王を倒せ!?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1512837123/
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
SS速報VIP:勇者「え!? ビール瓶で魔王を倒せ!?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1512837123/

1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/12/10(日)01:32:04.00ID:m6YWzBUSo
勇者「でき……るわけねえだろ!」
勇者「なんでもっとマシな武器がないんですか!」
国王「おぬしも知ってるだろうが我が国は酒造りを奨励しており、国民もみな酔っぱらっておる」
国王「それゆえ危険な事件を防ぐため、刃物類の製造を制限している」
国王「なのでこういう時に用意できる武器がないのだ。兵士たちもみんな武器は持っておらんし」
勇者「無防備すぎますよ。よく今まで他国から侵略されませんでしたね」
国王「我が国の酒は他国でも大人気だからな、ハッハッハ」
勇者(この人も酔っぱらってんじゃねえだろうな)
国王「というわけで勇者よ! なんとかビール瓶で頑張ってくれ!」
勇者「……分かりました」
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1512837123

続きを読む

[ 閉じる ]
1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/12/10(日) 01:32:04.00 ID:m6YWzBUSo勇者「でき……るわけねえだろ!」 勇者「なんでもっとマシな武器がないんですか!」 国 [&#8230;]
続きを読む

[ 閉じる ]
12/10 (11:03) SS★STATION
1:
SSまとめSTATION2017/12/10(日)01:32:04.00
ID:m6YWzBUSo
勇者「でき……るわけねえだろ!」
勇者「なんでもっとマシな武器がないんですか!」
国王「おぬしも知ってるだろうが我が国は酒造りを奨励しており、国民もみな酔っぱらっておる」
国王「それゆえ危険な事件を防ぐため、刃物類の製造を制限している」
国王「なのでこういう時に用意できる武器がないのだ。兵士たちもみんな武器は持っておらんし」
勇者「無防備すぎますよ。よく今まで他国から侵略されませんでしたね」
国王「我が国の酒は他国でも大人気だからな、ハッハッハ」
勇者(この人も酔っぱらってんじゃねえだろうな)
国王「というわけで勇者よ! なんとかビール瓶で頑張ってくれ!」
勇者「……分かりました」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/12/10(日)01:32:04.00
ID:m6YWzBUSo
勇者「でき……るわけねえだろ!」
勇者「なんでもっとマシな武器がないんですか!」
国王「おぬしも知ってるだろうが我が国は酒造りを奨励しており、国民もみな酔っぱらっておる」
国王「それゆえ危険な事件を防ぐため、刃物類の製造を制限している」
国王「なのでこういう時に用意できる武器がないのだ。兵士たちもみんな武器は持っておらんし」
勇者「無防備すぎますよ。よく今まで他国から侵略されませんでしたね」
国王「我が国の酒は他国でも大人気だからな、ハッハッハ」
勇者(この人も酔っぱらってんじゃねえだろうな)
国王「というわけで勇者よ! なんとかビール瓶で頑張ってくれ!」
勇者「……分かりました」


続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1512837123/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/12/10(日)01:32:04.00ID:m6YWzBUSo
勇者「でき……るわけねえだろ!」
勇者「なんでもっとマシな武器がないんですか!」
国王「おぬしも知ってるだろうが我が国は酒造りを奨励しており、国民もみな酔っぱらっておる」
国王「それゆえ危険な事件を防ぐため、刃物類の製造を制限している」
国王「なのでこういう時に用意できる武器がないのだ。兵士たちもみんな武器は持っておらんし」
勇者「無防備すぎますよ。よく今まで他国から侵略されませんでしたね」
国王「我が国の酒は他国でも大人気だからな、ハッハッハ」
勇者(この人も酔っぱらってんじゃねえだろうな)
国王「というわけで勇者よ! なんとかビール瓶で頑張ってくれ!」
勇者「……分かりました」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/12/10(日)01:34:42.21ID:m6YWzBUSo
勇者(本当にビール瓶だけ渡されて、城を追い出されちゃったぞ)
勇者(しかも中身入ってんじゃん……なに考えてんだ)チャプ…
勇者(だけど――)コンッ
勇者(ビール瓶って俺が思ってる以上に硬いんだな。これなら結構な武器になるかも)
勇者(よぉし、酒場に寄ってから、冒険に出るとするか!)
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/12/10(日)01:36:38.97ID:m6YWzBUSo
勇者(町を出発したが、どうなることやら……)スタスタ
スライム「ピキャーッ!」プルンッ
勇者「わっ、スライム! もうここまで魔物の侵略が進んでたのか!」
勇者(こいつ一匹で大の男十人より強いといわれているが……)
勇者(ビール瓶を信じるんだ!)
スライム「ピギャーッ!」プルルルンッ
勇者「どりゃあっ!」ブンッ
ゴッ!
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお
続きを読む

[ 閉じる ]
元スレ
全てのレス
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2017/12/10(日)01:32:04.00:
m6YWzBUSo
勇者「でき……るわけねえだろ!」
勇者「なんでもっとマシな武器がないんですか!」
国王「おぬしも知ってるだろうが我が国は酒造りを奨励しており、国民もみな酔っぱらっておる」
国王「それゆえ危険な事件を防ぐため、刃物類の製造を制限している」
国王「なのでこういう時に用意できる武器がないのだ。兵士たちもみんな武器は持っておらんし」
勇者「無防備すぎますよ。よく今まで他国から侵略されませんでしたね」
国王「我が国の酒は他国でも大人気だからな、ハッハッハ」
勇者(この人も酔っぱらってんじゃねえだろうな)
国王「というわけで勇者よ! なんとかビール瓶で頑張ってくれ!」
勇者「……分かりました」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/12/10(日)01:32:04.00
ID:m6YWzBUSo
勇者「でき……るわけねえだろ!」
勇者「なんでもっとマシな武器がないんですか!」
国王「おぬしも知ってるだろうが我が国は酒造りを奨励しており、国民もみな酔っぱらっておる」
国王「それゆえ危険な事件を防ぐため、刃物類の製造を制限している」
国王「なのでこういう時に用意できる武器がないのだ。兵士たちもみんな武器は持っておらんし」
勇者「無防備すぎますよ。よく今まで他国から侵略されませんでしたね」
国王「我が国の酒は他国でも大人気だからな、ハッハッハ」
勇者(この人も酔っぱらってんじゃねえだろうな)
国王「というわけで勇者よ! なんとかビール瓶で頑張ってくれ!」
勇者「……分かりました」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆7M0syXftfg
2017/11/06(月)19:30:23.12
ID:GPEeBL9f0
?朝?
勇者「…ん、もう朝か」
勇者(腰に何かが乗ってるような)
女「うわっ!起きた!」
女が勇者を馬乗りにしている
勇者「いや待てお前誰だ」
勇者(宿代をケチって野宿したのが問題か!)
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1509964222

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆7M0syXftfg
2017/11/06(月)19:31:29.57
ID:GPEeBL9f0
下1>>その女は何者か
下2>>その目的とは
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/11/06(月)19:34:02.28ID:0pbSd14vo
勇者の幼なじみの魔法使い
5:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/11/06(月)19:34:29.70ID:vC6TSfSp0
勇者の子供が欲しいから(直球)
8:
◆7M0syXftfg
2017/11/06(月)19:39:31.94
ID:GPEeBL9f0
勇者「んん…そういやお前、魔法使いか」
魔法使い「一瞬忘れられたかと思ったよ」
勇者「忘れる訳ないだろ」
魔法使い「ッ///」
勇者「ところで一体何の用だ?」
魔法使い「あ、あのね、私…」
勇者「どうした、遠慮せずに言え」
魔法使い「勇者の子供が欲しい」
9:
◆7M0syXftfg
2017/11/06(月)19:43:36.13
ID:GPEeBL9f0
沈黙。誰だって困惑するだろうよ
勇者「…すまない、もう一度言って貰えないか?」
魔法使い「羞恥プレイですか」
勇者「すまん何でもない」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/11/22(水)22:31:59.50
ID:Wt+MaI5+o
勇者「こないだこの世界に飛ばされてきた芸人とやらがやってた」
勇者「≪細かすぎて伝わらないモノマネ≫というものがこの世界でも大流行!」
魔王「ならいっそ大会でも開いてみるか、と誰かがいったら本当にやることになってしまった」
勇者「今回は6組の参加者が登場するらしいが、ワクワクしてきたよ」
魔王「ああ、楽しみだな」
勇者「それじゃ、最初の方、どうぞ!」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆WPwc2pN1N6-
2012/06/1823:41:52.50
FVWHZxnoo
1/259
勇者に痛恨の一撃!
勇者
「ぐあっ!」
戦士
「バカ、下がってろ!」
魔法使い
「ほい、いくぞ、極大火炎呪文」
ごおっ!
僧侶
「勇者様、回復しますから!」
勇者
「ご、ごめん」
戦士
「このおっ!」
戦士の会心の一撃!
魔物を退治した。
元スレ
勇者「パーティーの中で、俺が一番弱いんだよな……」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1340030512/
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、5...-
2017/11/0123:26:24.
476
lHT9UsmJ0
1/100
勇者
「お前を倒して世界を征服してやる!」
魔王
「ちょっとまて」
勇者
「お嬢際がわるいぞ!」
魔王
「いまなんと?」
勇者
「お嬢際がわるいぞ!」
魔王
「今世界征服するとかいったよね?!」
勇者
「何を言ってるんだ!」
魔王
「聞き間違えか?」
勇者
「お前を倒して世界を征服してやると言ったんだ!」
魔王
「おい」
勇者
「いくぞ!」
魔王
「ちょちょちょちょ、一旦落ち着こ」
勇者
「なんなんだ!」
魔王
「いや、なんなんだじゃなくてさ」
魔王
「世界を征服したいの?」
勇者
「そうだ」
魔王
「勇者なのに?」
勇者
「勇者だからだ!」
魔王
「なるほど、世界を征服して争いのない世界を作るということか」
勇者
「ちがうそんな単純な話じゃない!!!」ギンッッ!!
魔王
「な、こやつ‥‥!?」
元スレ
勇者「お前を倒して世界を征服してやる!」魔王「ちょっとまて」
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1509546384/
【続編.ss】勇者「お前を倒して世界を征服してやる!」魔王「ちょっとまて」
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1509623691/
続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
:2013/10/30(水)21:52:50.41:
NrZIwTSx0
< 王国 >
ビュオオォォォォォ……!
勇者「シャバに出てくるのも、二週間ぶりか」ザッ…
勇者「シャバの空気はやっぱりいいもんだ……」
ザッザッザッ……
市民A「あ、あれは勇者さんじゃねえか!?」
市民B「本当だ!」
市民B「勇者に任命されて早々、ケンカで流刑地(テイガク)喰らった勇者さんだ!」
市民A「しかし、勇者さんがいない間に──」
市民A「戦士さんが町(チーム)の支配者(アタマ)になると宣言した」
市民B「こりゃあ……嵐が来るぜ!」ゴクッ…

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/11/22(水)22:31:59.50
ID:Wt+MaI5+o
勇者「こないだこの世界に飛ばされてきた芸人とやらがやってた」
勇者「≪細かすぎて伝わらないモノマネ≫というものがこの世界でも大流行!」
魔王「ならいっそ大会でも開いてみるか、と誰かがいったら本当にやることになってしまった」
勇者「今回は6組の参加者が登場するらしいが、ワクワクしてきたよ」
魔王「ああ、楽しみだな」
勇者「それじゃ、最初の方、どうぞ!」
 

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします
2017/12/02(土)11:17:01.295
ID:QC8RVPA40
勇者「僧侶?」
町娘「女僧侶です。女僧侶は連れて行くと便利ですよ」
町娘「回復系呪文や補助系の呪文に長け、場合によっては攻撃系の呪文の使いこなしますよ」
勇者「なるほど。一考の価値ありだな」
町娘「他にも武器や防具も不自由しない程度のものは扱えますしね」
勇者「ふむふむ。ますますいいな」
町娘「その上、野宿の時には寂しくないように添い寝までしてくれるんですよ」
勇者「へ?」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2017/12/02(土)11:17:01.295
ID:QC8RVPA40
勇者「僧侶?」
町娘「女僧侶です。女僧侶は連れて行くと便利ですよ」
町娘「回復系呪文や補助系の呪文に長け、場合によっては攻撃系の呪文の使いこなしますよ」
勇者「なるほど。一考の価値ありだな」
町娘「他にも武器や防具も不自由しない程度のものは扱えますしね」
勇者「ふむふむ。ますますいいな」
町娘「その上、野宿の時には寂しくないように添い寝までしてくれるんですよ」
勇者「へ?」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆6CRtwRkZPabv
2017/04/22(土)17:48:02.53
ID:wY8oOhd+0
勇者「いつだ!?相手は!?俺のロマンスは!?」
魔法使い「とにかく落ち着け…」
勇者「いいやっ!落ち着けないね…!勇者になればモテると思い14年…!」
魔法使い「ああ…お前の気持ちは痛いほどよくわかる」
男戦士(18)(そんなに昔から冒険してたんだ…)
女僧侶(17)(というかそんな不埒な目的で勇者してたんすか…)
勇者「長く、苦しい旅が続いた…」
戦士「勇者さん…」
勇者「…昔いた戦士と僧侶はデキ婚でいなくなったり、部屋割りが男2人だったり、隣の部屋から…」
戦士「そういう苦しさですか!?」
僧侶「だから私たちを新しく加入させたんすね…」
魔法使い「…とにかく、ここからは大人の世界だぜベイベー」
戦士「ベイベーじゃないですよ。というかパーティの予算勝手に使い込まないでください」
勇者「大丈夫だ。少しずつためたへそくり×2がある!買い物のおつりとかのな!」
僧侶「子どもっすか!?というか道理で買い出しによく言ってくれると思ったら…!」
勇者「ふっ…1皮むけた男になって帰ってくるぜ…!」
魔法使い「君たちも焦らないように…くくっ」
僧侶「それセクハラっすよ」
 

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします
2017/10/3002:50:10.291
ID:tYWyqh7H0.net
あるときに俺は気づいた、勇者とは勇者そのものが呪いなんだ。勇者とその他の生物の決定的違いがなにかわかるか?
勇者の剣が持てる?ステータスが高い?神に選ばれたもの?神の加護?
だがあえて言うなら決定的な違いは死なない、それだけだ。
勇者は絶命した瞬間に最後に立ち寄った教会に復活する。神の慈愛により生き返らせられる‥‥
それは体が完全に消滅してしまおうがなんだろうが神が『死んだ』と判断すれば行き返るんだ。
そりゃあ初めは飛ぶように喜んだね、ただの農民だった俺が勇者に選ばれたなんて誰が想像してた?俺は特別な存在なんだって産まれて初めて生きてるって実感が沸いたよ。
勇者に選ばれた俺は何をしていいかもわからないまま村をでた、だけどせいせいしたね
あんな何も無いド田舎の村で、普通に農民をしてたら一生外の世界には出れなかっただろうし、村のみんなは歓迎してくれたけど実際俺はみんなを見下してた、一生畑でも耕してろよ。俺はなんたって勇者様なんだからよ

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};

2:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします
2017/10/3002:50:56.905
ID:tYWyqh7H0.net
次第に魔物も強くなって来たある日、俺は死んだ。
魔物って夜中は凶暴化するんだ、常識さ。
その日も夜中だった、安全に夜営出来るところが見つからなくてね、大木の下で眠ることにしたんだ。
次に目が覚めたときは巨大なベアータイプのモンスターが俺の眼前にいたんだ。
大きな口からだらだらと流れるヨダレ、鋭く俺を見据えた目、荒い息、一呼吸するごとに生臭い匂いが鼻をつく
俺は恐怖に動けなかった、手元の剣は数メートル先。今なら一瞬で取れるさ。
でもあの頃は‥‥そりゃあそうだよな?村を出たばっかりの農民がこういう時に出来ることってなんだ?
正解は泣き叫ぶ‥‥それしか出来なかった、幸いそ
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。