SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
主役:千歌 (ラブライブ)
主役キャラ別一覧の表示
<<
2018年10月
>>
15件取得
人気記事順表示
<<
0
>>
転載元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1508668106/
1:
名無しさん@そうだ選挙に行こう!Gotovote!
2017/10/22(日)19:28:26.50ID:llc7RTmi.net
千歌「ん?どうしたの善子ちゃん、善子ちゃんもみかん食べよ?」
善子「ヨハネ!...いや、私...」
善子「ちょ...っと、みかん...苦手なのよね?」アハハ
千歌「えっ...」
善子「あっ...」

3:
名無しさん@そうだ選挙に行こう!Gotovote!
2017/10/22(日)19:33:33.65ID:llc7RTmi.net
善子「...えっと、なんか、いや、ごめん...?」アセッ
千歌「い、いやいいよ!全然!」アセアセ
千歌「ていうか、別にみんながみかん好きなわけないよね!」アハ
善子「そ、そうね...」
千歌「...そ、う...だから、気にしないで!無理やり食べろなんて言ってないから!」
善子「ん...あ、ぁそっか」
善子「いや、そっかってなんだ...」アハ...
千歌「......」
善子「......」
曜「おっはヨーソロー!」ガラッ
4:
名無しさん@そうだ選挙に行こう!Gotovote!
2017/10/22(日)19:35:49.12ID:s9FOVX82.net
出たな童貞怪獣

続きを読む

[ 閉じる ]
関連SS
千歌「ふたりって、恋人とどんなえっちしてるの?」
千歌「曜ちゃんが絶倫なのを何とかしたいんです」真姫『はぁ……』

2:
以下、名無しが深夜にお送りします2018/03/16(金)23:33:51ID:
LtW7guRg
千歌「どうすればいいんでしょうか」
真姫『知らないわよ……』
千歌「真姫ちゃんの恋人って絶倫だったりしないんですか?」
真姫『あのね、絶倫なんてそうそう居ないわよ』
千歌「えー………」
真姫『………ちょっと待ってなさい』ピッ
千歌「………まさか真姫ちゃんにこんなことを相談する日が来るとは……」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1539525430/
1:
名無しで叶える物語(きしめんだぎゃー)
2018/10/14(日)22:57:10.01ID:psjfE3Ki
千歌「私がまだ小学生低学年位の頃、仲の良い女の子がいた」
千歌「今ではもう名前も顔も覚えていないけどたくさん遊んでいたと思う」
千歌「毎日々々色んな事をして、たくさん笑ってたくさん泣いた」
千歌「あの日もいつものように同じ時間同じ場所で待っていた」
千歌「でもその日は違ったんだ」
千歌「待っても待ってもその子は来なくて、日が暮れた頃に志満ねぇが迎えに来てくれたんだ」
千歌「多分その時、私は泣いていた」
千歌「次の日から女の子の姿を見ることは無くなった」

2:
名無しで叶える物語(茸)
2018/10/14(日)22:58:35.35ID:pKtWBEIg
なんか怖い
3:
名無しで叶える物語(きしめんだぎゃー)
2018/10/14(日)23:02:40.46ID:psjfE3Ki
ルビィ「ルビィにはちっちゃい頃、一緒にお菓子を食べてくれる女の子がいた」
ルビィ「お家がちょっとだけ厳しかったから、お菓子を持ち寄ってこっそり食べてたんだ」
ルビィ「お母さんやお姉ちゃんにバレないようにしてたんだけど、あの子が持ってきてくれた甘いお菓子を食べ過ぎちゃって」
ルビィ「晩御飯が食べれなくなっちゃったんだ」
ルビィ「あの時怒られるのが怖くなっちゃって、ついあの女の子の話をしちゃったの」
ルビィ「そしたらね」
ルビィ「次の日から女の子の姿を見ることは無くなっちゃったんだ」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
名無しで叶える物語(やわらか銀行)
2018/08/25(土)23:44:08.25
ID:+JhopGE+
―曜部屋―
曜「千歌ちゃん」
千歌「んー」
曜「遊びに行かないの?」
千歌「いや、そのつもりでここに来たけどさ。沼津駅の近くのショッピングモールに行こうって」
曜「そだね」
千歌「……カーテン開けて外を見てみて」
曜「うん」シャ-
ザァァァァァアアア……
千歌「近年稀に見る大雨で、明日の朝まで降水確率100%とか何とか」
曜「現実から目を逸らしても変わらないか……」


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
名無しで叶える物語(やわらか銀行)
2018/08/25(土)23:44:44.33
ID:+JhopGE+
千歌「天気は無理だよぉ。こうなったらやることは1つだよ」
曜「1つ?」
千歌「ほら、『お』から始まるやつ」
曜「お礼参り?」
千歌「誰ボコボコにするの。そうじゃなくて『おし』から続くやつ」
曜「押し花?」
千歌「栞でも作るの!?そりゃまぁ最近本読んでるけど!こういう雨の日には本読むのが最適だけど!晴耕雨読だけど!」
曜「はいはいおしゃべりね」
千歌「わかっていたなら最初からやってよ……なんか疲れちゃった」
3:
名無しで叶える物語(やわらか銀行)
2018/08/25(土)23:45:03.94
ID:+JhopGE+
曜「それにしても『晴耕雨読』なんて難しい言葉、よく知ってるね」
千歌「昨日のクイズ番組で見たんだ。今日が雨でナイスタイミングだよ」エッヘン
曜「本も読んでいるとか言っていたけど……マンガはノーカンだからね?」
千歌「ちゃんと小説だもーん。花丸ちゃんから借りて読んでるんだ」
曜「へぇ?」
千歌「ちょっと挿絵が多くて私でも読みやすいの」
曜「あ、ライトなノベルの方ね」
千歌「多分それ」
曜「どんなの読んでるの?タイトルは?」
千歌「『ミゼラブル・スパイス・デッド』って本。女の子同士の山あり谷ありのラブコメな
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー) 2018/10/14(日) 22:57:10.01 ID:psjfE3Ki
千歌「私がまだ小学生低学年位の頃、仲の良い女の子がいた」 千歌「今ではもう名前も顔も覚えていないけどたくさん遊んでいたと思う」 千歌「毎日々々色んな事をして、たくさん笑ってたくさん泣いた」 千歌「あの日もいつものように同じ時間同じ場所で待っていた」 千歌「でもその日は違ったんだ」 千歌「待っても待ってもその子は来なくて、日が暮れた頃に志満ねぇが迎えに来てくれたんだ」 千歌「多分その時、私は泣いていた」 千歌「次の日から女の子の姿を見ることは無くなった」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しが深夜にお送りします2017/04/21(金)01:31:14ID:
UQzzm.N2
千歌「ね」
鞠莉「はっ?!」
花丸「急になに!?」
千歌「いやあのさ……その、ちょっとね、曜ちゃんがね、その……」
花丸「あー」
鞠莉「何となく察したワ」
千歌「話が早くて助かる……けどなんか複雑」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
名無しで叶える物語(やわらか銀行)
2018/08/20(月)22:30:44.21
ID:aEsyMnu+
―浦の星女学院前バス停―
千歌「えー、大事なお知らせがあります」
曜「はい」
千歌「バスが行っちゃいました」
曜「練習終わってからのんびり着替えて、のんびりバス停に来ちゃったからね」
千歌「ということで歩いて帰ろ」
曜「えー」
千歌「えー、って何さ」
曜「午後の練習後ならともかく、こんな炎天下に歩くなんてヤバいって。お昼ご飯もまだだし」
千歌「たしかに暑いけど、そんな暑さを吹き飛ばすものがあると言ったら?」ニヤニヤ
曜「お、なになに?」
千歌「おしゃべり」
曜「はぁ……」トボトボトボ…


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
名無しで叶える物語(やわらか銀行)
2018/08/20(月)22:31:28.02
ID:aEsyMnu+
千歌「ちょ、そこは嬉しそうにリアクションするところでしょー!」
曜「とりあえず熱中症にならないよう気を付けて帰ろ」
千歌「さすがよーちゃん。さすよーだね」
曜「塩飴とお水は持ってて……よし。行こっか」
千歌「何だかんだ付き合ってくれるよーちゃんすき?」ギュッ
曜「暑いから抱き着かないでー」ペシッ
千歌「あいてっ……気を取り直してレッツゴー!」
曜「ヨーソロー!」
千歌「ん?」
曜「どうしたの?」
3:
名無しで叶える物語(やわらか銀行)
2018/08/20(月)22:33:30.88
ID:aEsyMnu+
千歌「ぜんそくぜんしーん?」
曜「ヨーソロー♪」
千歌「レッツゴー!」
曜「ヨーソロー!」
千歌「あ、その1発ギャグって何にでも反応するんだね」
曜「いっ……!?え、千歌ちゃんの中でヨーソローってギャグ扱いだったの?」
千歌「うん」
曜「ギャグじゃないよ!?口癖というか、決めセリフというか」
千歌「たしかお父さんがやっていたのを真似したんだっけ」
曜「パパがお仕事して
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
名無しで叶える物語(やわらか銀行)
2018/08/19(日)03:01:28.99
ID:DPAqfBOF
千歌「輝きたいんだよ、梨子ちゃん!」
梨子「ラブライブ優勝も出来たし、aqoursはとっても輝けたと思うわ」
千歌「そうじゃないよ!」
梨子「?」
千歌「物理的に輝きたい!」


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
3:
名無しで叶える物語(やわらか銀行)
2018/08/19(日)03:03:39.02
ID:DPAqfBOF
梨子「物理的にって…?」
千歌「うーんとね、出来れば目からビーム出したい」
梨子「え、千歌ちゃんまさか、ずっと言ってた米軍きって…!」
千歌「米軍なら、人間を輝かせる位できると思ったんだよね」
梨子「輝き(米軍き)(物理)ってことだったのね」
5:
名無しで叶える物語(やわらか銀行)
2018/08/19(日)03:08:55.33
ID:DPAqfBOF
梨子「なんで輝きたいの?」
千歌「普通怪獣ちかちーだから…やっぱり光る位しないと、普通かなって」
梨子「確かにそういってたけど」
千歌「私の普通さは、光る位じゃごまかせないかな」
梨子「人体が光ったらそれだけで有名人だと思うわ」
千歌「本当に!?でも…曜ちゃんに比べると…インパクトが弱いかなって」
梨子「千歌ちゃん、蛍はお尻が光るからチヤホヤされてるの」
梨子「光らなかったら、ゴキブリやムカデと同じような扱いよ」
梨子「光るって言うのはそれくらいすごいことなの」
6:
名無しで叶える物語(やわらか銀行)
2018/08/19(日)03:11:49.42
ID:DPAqfBOF
梨子「千歌ちゃんがそんなに思い詰めてたなんて…私にもできることがあれば協力するわ」
千歌「梨子ちゃん、ありがとう!」
梨子「服に電飾をつけるのはどうかしら?」
千歌「東京で流行ってるの!?」
梨子「流行っては無いわね」
7:
名無しで叶える物語(やわらか銀行)
2018/08/1
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
名無しで叶える物語(家)
2018/08/20(月)11:59:18.78
ID:ZwtvvREr
善子「罰(パニッシュメント)ゲーム!!!」ドンッ☆
ダイヤ「!?」
ダイヤ「な、何が………あら?」
ダイヤ「このサイコロの模様…どこかで…」
ダイヤ「ああああーっ!!?これ、私のホクロですわ!!6面!!全部!!なんで!!?」
善子「クックックッ…それだけじゃないぜ!自分の顔をよく見てみな!」
ダイヤ「か、顔?………ブフゥーー!!どうして私のホクロが6個になってますのー!?」
善子「ハハッ!いまアンタの顔のホクロはそのサイコロと連動しているぜ!アンタが最後に出したサイコロの目は6!よって顔のホクロも6!チャームポイントが沢山増えてよかったな!」


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
名無しで叶える物語(家)
2018/08/20(月)12:00:21.62
ID:ZwtvvREr
ダイヤ「ふざけないでくださいまし!こんな…醜い…ハッ!」
ダイヤ「こっ、このサイコロと連動していると言うのなら1を出せば元に…!」
善子「気づいたようだな!だが甘いぜ!」
ダイヤ「!?」
善子「このゲームは双六!つまりゴールしたらもうサイコロは振れないんだぜ!」
ダイヤ「なっ!?」
善子「くくっ、ビリのアンタがゴールするまであと7マス…果たしてお望みの数字を出すことができるかな?」
ダイヤ「うううっ…な、舐めるな!ですわ!」
ダイヤ(し、しかしこのサイコロはイカサマで使ったグラ賽…!6以外でないようなって…)
善子「どうした?振らないのか?それともその6個のホクロを気に入ったのか?…まさかそのサイコロ」
ダイヤ「っ…気合いを入れていただけですわ!オラァ!!」ブン
3:
名無しで叶える物語(家)
2018/08/20(月)12:00:57.24
ID:ZwtvvREr
『6』
ダイヤ「あっ…ああああっ…!!」
善子「サイコロの目は6!変わらずだぜ!」
ダイヤ「っはは…はっ…はぁ?!!」
善子「ゴール
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
名無しで叶える物語(笑)
2018/08/20(月)01:06:07.51
ID:gBRaU8mJ
ようちかなん。
果南「聞こえてるよ。久しぶり、2人の顔見るの。」
千歌「わーい!果南ちゃんいるよ!繋がった繋がった!」
曜「本当だ!ふふっ、果南ちゃん、ヨーソロー!」
果南「うん、ヨーソロー、曜♪…2人とも少し大人っぽくなったんじゃない?」
千歌「そうかな!やっぱり私たちも三年生になったからね」フフン
果南「あっ、新しい学校の制服、見せてよ!」
曜「果南ちゃんにはまだ見せてなかったっけ?ふふ、私もお気に入りの可愛い制服だよ!」
千歌「じゃーん!」セイフクミセテ


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
名無しで叶える物語(笑)
2018/08/20(月)01:13:20.12
ID:gBRaU8mJ
果南「ちょっと千歌ー。カメラに近づけすぎー。全然見えないよー!」
千歌「えっ!」
曜「あー、千歌ちゃん、これくらい離して離して…どう?見える?」
果南「おっ、見えるよ、可愛い制服じゃん。良かったね、千歌、特に曜!」
曜「ふふーん、そうでしょ!でさ、千歌ちゃんもだいぶ沼津のバスに乗り遅れる回数減ったんだよ!」
千歌「うぅ…それ言っちゃだめだよぉー。いやー、沼津まで行くの、バスが時間違うからつい癖が抜けなくて…」
果南「ふふ、千歌は?…でも、そんなところ変わってないね。私だって、海外は慣れないから、たまにやらかしちゃうよ?」
曜「果南ちゃんも、変わってないかもね?」
千歌「そうだね、いつも隣で聞いてた声が聞こえる!あの雰囲気とかね」
果南「私も成長できてないかぁ…。あは、千歌とおんなじだ。」
果南「雰囲気かぁ、そうだね、いつも一緒にいるからわかる、ってやつかな?私も千歌と曜から画面越しでもそれを感じる。」フフッ 
曜「実は私も感じてる。なんだか安心しちゃうよね?」
4:
名無しで叶える物語(笑)
2018/08/20(月)01:25:53.37
ID:gBRaU8mJ
曜「あの頃…楽しかったね?」
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1538232920/
1:
名無しで叶える物語(たこやき)
2018/09/29(土)23:55:20.02ID:jsn/jDSS
千歌「そうそう!で、美渡ねぇが…」
曜「あははは!」
梨子「2人とも、明日早いからそろそろ寝るよ?」
千歌「は?い!じゃあ梨子ちゃん電気消して!」
梨子「もういい?じゃあ消しちゃうね。おやすみ」
―――――――――――――-
曜「ん……」ゴシゴシ
曜「トイレ行こ…」ボ-
曜「あれ?なんか焦げ臭い…?」
曜「わ…わわわっ!」
曜「火事だ…!!」

2:
名無しで叶える物語(たこやき)
2018/09/30(日)00:00:15.47ID:aytR36J2
バシュゥウウウ!!
消防士「早く逃げてくださ?い!!」
曜「えっ…あ…」
消防士「早くっ!」
曜「は、はい!」
消防士「一名救助!!」
曜「あのっ!」
消防士「なんですか?」
曜「友達がまだ部屋にいるかもしれないんです!」
消防士「…!何処で!?」
曜「205号室です!」
消防士「了解!すぐに他の隊員に連絡します!!」
4:
名無しで叶える物語(たこやき)
2018/09/30(日)00:07:22.84ID:aytR36J2
梨子「曜ちゃんっ!」
曜「梨子ちゃん!!よかった…大丈夫?ケガとかない?」
梨子「私はうん、特にはないよ…」
曜「ねぇ、千歌ちゃんは?見てない?」
梨子「えっ…?曜ちゃんも知らないの?」
曜「ねぇ、どうしよう…千歌ちゃんもしかしてまだ部屋にいるかもしれないよ!もし寝たまま一酸化炭素中毒になってたりしたら…」
梨子「大丈夫だよ。きっと助けてくれるから…」
曜「千歌ちゃん…」
梨子「大丈夫。きっと大丈夫だよ…」
5:
名無しで叶える物語(たこやき)
2018/09/30(日)00:19:10.83ID:aytR36J2
梨子「あっ…今消防士さん降りてきたよ」
曜「…!千歌ちゃんは!?」<
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
名無しで叶える物語(たこやき)
2018/09/29(土)23:55:20.02
ID:jsn/jDSS.net
千歌「そうそう!で、美渡ねぇが…」
曜「あははは!」
梨子「2人とも、明日早いからそろそろ寝るよ?」
千歌「は?い!じゃあ梨子ちゃん電気消して!」
梨子「もういい?じゃあ消しちゃうね。おやすみ」
―――――――――――――-
曜「ん……」ゴシゴシ
曜「トイレ行こ…」ボ-
曜「あれ?なんか焦げ臭い…?」
曜「わ…わわわっ!」
曜「火事だ…!!」
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
名無しで叶える物語(笑)
2018/09/24(月)16:12:44.24
ID:AohIACnu.net
ダイヤ「お久しぶりですね。聖良さん」
聖良「へぇ?。ここがダイヤさんのお部屋ですか」
ダイヤ「すみません。北海道から急に呼びつけてしまって」
聖良「いえいえ、別に構いませんよ。私も内浦に少し用事がありましたので」
ダイヤ「どうぞ楽にして下さい。あっ、今お茶菓子をお持ちしますわ」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
名無しで叶える物語(やわらか銀行)
2018/08/14(火)21:14:48.06
ID:3N/4mDyX
『遭難』


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
名無しで叶える物語(やわらか銀行)
2018/08/14(火)21:15:29.82
ID:3N/4mDyX
千歌「大変だよ曜ちゃん!」
曜「どうしたの千歌ちゃん!」
千歌「財布を無くしちゃった!これじゃ帰れない!」
曜「そりゃ大変だね?!」
千歌「どうしよう曜ちゃん!この辺オバケ出るんだよね!?」
曜「仕方ない、カブトムシを集めて子供に売りつけてバス代を稼ごう!」
千歌「ナイスアイデア!さすが曜ちゃん!」
曜「行くぞー!」
3:
名無しで叶える物語(やわらか銀行)
2018/08/14(火)21:16:31.24
ID:3N/4mDyX
3時間後
千歌「……」
曜「……」
千歌「曜ちゃん、ここどこ……?」
曜「どこだろうね……」
千歌「まさか高校生にもなって曜ちゃんと森に迷うなんて……」
曜「今のって、私の名前の『よう』と迷うの『よう』をかけて……」
千歌「かけてない!」
曜「なーんだ」
4:
名無しで叶える物語(やわらか銀行)
2018/08/14(火)21:17:00.36
ID:3N/4mDyX
千歌「あーあ、こんなことになるならあんなもの見つけなければ……」
曜「だから言ったのに。ヘラクレスオオカブトは日本にはいないって」
千歌「確かに見たんだってば!あれは絶対こっちに飛んでいった!」
曜「見間違いだようそんなの」
千歌「黄色と黒で、すごく大きくて、こーんなにとんがってたよ!」
曜「ペンギンと見間違えたんじゃない?」
5:
名無しで叶える物語(やわらか銀行)
2018/08/14(火)21:18:01.53
ID:3N/4mDyX
千歌「ペンギンがこんなとこにいるわけないじゃん!まだヘラクレスオオカブトの方が可能性あるよ!」
曜「そうかな」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1538298692/
1:
名無しで叶える物語(家)
2018/09/30(日)18:11:32.29ID:BuO0nzjV
千歌「ねぇねぇ曜ちゃん」
曜「どしたの千歌ちゃん。深刻な顔して」
千歌「私、スパゲッティって言えなくなっちゃったんだ」
曜「………」
千歌「………」
曜「……ん?」
千歌「スパゲッティって言えなくなっちゃったんだ」
曜「スパゲッティ?」
千歌「うん」
曜「……待って待って、スパゲッティが言えなくなった?」
千歌「そうなんだよ」
曜「いや言えてるよね」
千歌「言えてないよ」
曜「いやいや一言一句言えてるから」
千歌「違うんだよ!曜ちゃんの言ってるスパゲッティはスパゲッティじゃないの!」
曜「ごめんよく意味がわからないんだけど」
千歌「だからさ、スパゲッティって言えなくなったの」
曜「そこはいいから意味を教えてくれるかな」
千歌「スパゲッティってあるじゃん」
曜「あるね」
千歌「もうひとつスパゲッティあるじゃん」
曜「そっからわからない」

5:
名無しで叶える物語(家)
2018/09/30(日)18:50:16.97ID:BuO0nzjV
千歌「なんで?」
曜「もうひとつって何?誰のスパゲッティ?」
千歌「別に誰のスパゲッティでもないよ」
曜「じゃあもうひとつも何も無いよね」
千歌「違う違う。スパゲッティと」
曜「うん」
千歌「スパゲッティ」
曜「うん」
千歌「この2つは違うじゃん?」
曜「全く一緒だね」
千歌「品物としては一緒だけど言葉が違うじゃん」
曜「だから一緒だってば!スパゲッティとスパゲッティは全く同じスパゲッティだよ!」
千歌「なんで分かってくれないのさ!」
曜「会話のキャッチボールが出来てないからかな」
6:
名無しで叶える物語(家)
2018/09/30(日)18:50:59.09ID:BuO0nzjV
千歌「ごめんごめん。説明が不足してた」
曜「
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。