SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
主役:岡部 (その他・未分類)
主役キャラ別一覧の表示
<<
2018年09月
>>
40件取得
人気記事順表示
<<
0
1
>>
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/04/30(月)17:32:55.04
ID:jhRYsz2l0
岡部「さて、言うまでもなく俺はラボのリーダーであるわけだが」
岡部「最近、リーダーとしての威厳が足りてないやもしれぬ」
ダル「前からじゃね」
岡部「ダルよ」
ダル「なんぞ?」
岡部「いいリーダーの条件とは何だ?」
ダル「ggrks」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆fnkquv7jY22014/06/18(水)20:01:49ID:FKzV5MXab

>>1は二次創作SSの投稿が初めてです
低クオリティやキャラ崩壊等はお許しください
?ラボ?
ダル「オカリンやった事ないん?超流行ってるお」
岡部「ほう。しかし俺は狂気のマッドサイエンティスト鳳凰院凶真だ。流行に乗る愚民とは違うのだっ!」バッ
ダル「まあオカリン、意地張る事ないお。パズドラやってれば彼女も出来るっていう噂もあるお」
岡部「か、彼女?」
ダル「あ、オカリンには牧瀬氏がいたっけ。いやぁ、失礼失礼」
岡部「(こいつ………………)」
ダル「まあオカリンもやっとスマホ買ったんだし、落としてみればいいじゃん?」
岡部「む…………考えてみるか…………ふふっ、この狂気のマッドサイエンティスト、鳳凰院凶真が直々に遊んでやろう!!」
ダル「しかしこのオカリン、ノリノリである」
岡部「黙れこのスーパーハカー!」
ダル「ハカーじゃないハッカーだろjk!」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/10/02(日)18:55:51.54ID:QF121TSm0
岡部「フゥーハハハ!やっと完成したぞ、対象を動物に変える事が出来るリモコン、アニマルチェンジャーだ」
ダル「オカリンにしてはまともな名前だな」
岡部「…早速試してみよう!ダル何か動物にしたいものはないか?」
ダル「うーん、なんもないなーまゆ氏達が来たら聞いてみたらどう?」
ダル「とりあえず僕はメイクイーンにいってくるお、みんなきたらおしえて
お」
岡部「ああわかった、昼寝でもするか」

続きを読む

[ 閉じる ]
09/19 (22:00) SSなび
1:
鳳凰院クリスティーナ◆xj9aPLjwyw2011/09/04(日)14:59:49.85ID:5kX1PtPc0
岡部「フゥーハハハ! 感謝するのだな助手よ!」
紅莉栖「うん……」
岡部「ちょ、お前そこはもっと高圧的でいても良いところだぞ」
紅莉栖「バカ。私のせいで怪我させちゃってそんな態度取れるわけないでしょ!」
????
半日前
紅莉栖「これで買い出しは終わりね」
岡部「そうだな、しかしドクペが市場から減ってきているな……まさかこれも機関の妨害か!?」
紅莉栖「はいはいワロスワロス」
岡部「ふん、つまらん奴め。お前もドクペ愛飲家として思うことは無いのか」
紅莉栖「別に私は愛飲家ってほどじゃ無いわよ」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/03/25(日)00:47:29.27
ID:1ZNziKfk0
紅莉栖「あんた急に何を…また私をからかおうとして!」
岡部「そんな事はない!その証拠にお前の今ほしいものは…うっ」
紅莉栖「欲しいものは…?」
岡部「紅莉栖…」
紅莉栖「えっ///」
岡部「俺は未来からタイムリープしてきた!」
紅莉栖「えっ」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/06/04(月)00:04:35.47ID:tcFoWkdm0
鈴羽「お前のことが好きだった、鈴羽」
鈴羽「…なーんてね、あはは…」
鈴羽「…そろそろ行かなきゃ…さよなら、オカリンおじさん…」ブゥウウウン
おわり

12:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/06/04(月)00:18:24.80ID:tcFoWkdm0
このあと本編通り失敗した、に繋がってSG到達してβ鈴羽が現れるんだけど、なぜかオカリンおじさんが好きだったときの記憶がリーディングシュタイナーして紅莉栖ルートと見せかけた鈴羽ルート
みたいなんでオナサス!

13:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/06/04(月)00:20:52.31ID:YmXiX6+di
>>12
構想があるなら書けば良いと思います

14:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/06/04(月)00:21:01.80ID:j1XVAF65i
>>12
お前しかいない

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/09/18(日)17:41:08.43ID:1qqrYvQu0
暇潰しに書いたのですごく短いですがご了承願うニャン!

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/09/28(水)21:30:29.17ID:s0EyTK5Q0
ーーもう一度会う為に。俺を支えてくれた、彼女を見送った。
再び、日本で、秋葉原で出会う為に――
岡部「行ったんだな…」
岡部「…紅莉栖」ブワッ

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/03/07(水)22:21:50.09
ID:L5LSM7nxO
3月も無事に終わって、4月1日、日曜日の事だった。
突然、ラボ内にケータイの着信音がけたたましく響く。
ダルはケータイを取り出すと、そのディスプレイを見て、少し躊躇した様子で耳に添えた。
至「はいもしもし」
至「え? 誰が?」
至「僕が? 父さん?」
至「君の?」
至「なに言ってんの?」
至「は? 岡部倫太郎に代われ?」
至「なぁオカリン、謎の女が代わってくれってさ」
ダルが少しニヤけながら、ケータイを差し出してくる。

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/09/27(木)17:25:04.65ID:jXNhcH9L0
SSは初めてです。でも折角作ったので投下します。
鈴羽「靉靆と棚引く雲が蒼穹からの熱線を煦煦たる光に変換してくれてとっても気持ちが良いね」
岡部「な、何を言っているんだバイト戦士よ……」
鈴羽「え? だから雲が丁度良い感じに出てサイクリングには絶好の程よい日差しだねって」
岡部「なんだ、そういうことか。わざわざ難しい言葉を使うんじゃない。分からないだろう」
鈴羽「あはは、ごめんね。でも癖になってるんだ……難しい言葉使って会話するの」
岡部(一瞬目が離れすぎているような気がしたが……気のせいか?)
岡部「そうだ鈴羽よ。お前はこれから用事はあるか?」
鈴羽「うーん、ちょっとぐらいなら店空けても大丈夫だと思うけど」
岡部「じゃあちょっと手伝ってくれないか?」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/08/30(木)13:00:02.48ID:FYDISoK+0
岡部「……えっ」
ルカ子「あぅ……」
岡部「す、すまん、ルカ子よ。もう一度言ってもらえるか?」
ルカ子「ぼ、ボクは、岡部さんがほしいです!」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/02/19(日)17:08:12.99
ID:6YmN7gz80
岡部「先輩研究員の変態調教にドハマリしてアヘ顔ピースビデオレターを送ってくるなんて…」ポロポロ
ガタッガタン
ダル「なんぞ!?」
岡部「う、うぅぅぅ…」ポロポロ
ダル「オカリン!?kwsk!三行でよろ!!」
岡部「そんな
   夢を
   見た…」
ダル「なんだ夢か^^」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/02/09(木)20:15:10.95
ID:IAGmmPdz0
――柳林神社――
るか「あ、おか――凶真さん。今日はどうなさったんですか?」
岡部「お前の修行を見てやろうと思ってな。何か、悩み事か?」
るか「……いえ、大したことじゃ、ないんです」
岡部「困っているなら、遠慮せず言うがいい」
   「これでも俺は、お前の師なのだからな! フゥーハハハ!」
るか「は、ハイ! その、実は昨日、学校でまゆりちゃんに――」
――――――
――――――――――――
――――――――――――――――――

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします2014/06/10(火)14:03:03.85ID:R0ct3y9S0.net
グギュルルルル
ダル「おいオカリンまた下痢かお?」
岡部「ついに貴様は俺が空腹で腹を鳴らせているのか、下痢で大腸が唸っているのかを判別できるようになったか。
   さすが我が頼れる右腕<マイフェイバリットライトアーム>だな」
ダル「ほ、褒めても何も出ないんだからね!って、オカリンはとっとと出してくるべきだろjk」
岡部「うんむ、今しがたそうしようと思い至ったところだ」
ダル「全く、まゆ氏も牧瀬氏もいなくてよかったお。オカリンがゲリリンになったなんて情けなくて涙出ちゃう」
岡部「ゲリリン言うな!うっ、やばい」ギュルルル
ダル「ちょっと出た?」
岡部「出とらんわ!」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ2012/01/15(日)18:32:00.78
ID:wY4qDBeU0
紅莉栖「ねえ、岡部」
岡部「なんだ助手」
紅莉栖「………」
岡部「…………なんだ、紅莉栖」
紅莉栖「28回」
岡部「は?」
紅莉栖「今日、岡部が私以外の女の子とスキンシップした回数」
岡部「はあっ!?」
紅莉栖「まゆりと10回、フェイリスさんと13回、桐生さんと2回、漆原さんと3回」
岡部「…………」

続きを読む

[ 閉じる ]
4:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/09/15(木)02:18:22.08ID:R9zAvj1S0
―きっと、浮かれていたんだと思う。
俺は、もっと慎重になるべきだった・・・・・
過去改変のツケ・・・・・・それだけで十分に懲りていた筈だったのに・・・・・・
――――追憶のランダムウォーカー

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/07/01(日)15:54:17.60ID:Yegi9ZeZ0
岡部「限られた時間の環を繰り返していること」
岡部「誰に気づかれようと構わない」
岡部「そう思っていたがタイムリープマシンを使えなくされると厄介だ」
岡部「……よって行動を変える」
岡部「まずは……
>>5だ」

5:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/07/01(日)15:57:46.74ID:WrJpBKWy0
血糊作戦

続きを読む

[ 閉じる ]
3:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/01/06(金)19:08:56.82
ID:DA/lrfWLO
俺は激怒した。
かの暴虐非道なブラウン管工房の店長が、新年早々文句を言ってきた挙げ句、
あろう事か、家賃の値上までをもちらつかせて脅してきたからだ。
せっかくの正月気分を、よくもよくも、台無しにしてくれたな!
ラボの前まで来ていた俺は、そのまま回れ右をしてスーパーマーケットへと走った。
ダル「うは、なんぞそれ?」
やっとの事でラボに運び入れた、このやたらと重たい物体を目ざとく見つけたダルが聞いてくる。

続きを読む

[ 閉じる ]
10:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/06/17(日)13:07:37.84ID:ZP8e0WmQ0
ラボ
ガチャ
ダル「はあ……」
岡部「うん? ダル。お前、メイクイーンに行ったのではなかったのか?」
ダル「それがさあ……今日はフェイリスたんお休みだったんだお。おっかしいな?まゆ氏から聞いたシフトじゃ今日居る筈なのに……」
岡部「お前……シフトまでチェックしているのか」
ダル「フェイリスたんファンなら当然だお! でもどうしよっかなあ……今日は溜まってるエロゲでもすっか」
岡部「まあ、奴も休む日くらいあるだろ」
ブーブー
岡部(うん? メールか。相手は……フェイリスか)カチカチ
fromフェイリス
件名今から
本文
いまから、会える?
岡部「……なに?」

続きを読む

[ 閉じる ]
関連
岡部「俺だ。フェイリスの自宅に潜入した、安価で行動する」


1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/08/12(金)16:20:50.40ID:aK9aq0qm0
岡部「前回は酷い目に遭った…」
岡部「だが俺は性懲りもなく潜入する」
岡部「あの猫娘に一泡吹かせるべく、ウィークポイントを探すのだ」
岡部「さて、どこの部屋から調べるかな…
>>5」

5:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/08/12(金)16:23:38.55ID:pJtXYkvL0
下着入れ

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/07/25(月)22:33:08.34ID:MpZRnzUW0
岡部「相変わらず豪勢な部屋だな…」
岡部「しかし誰もいないのが気になる」
岡部「まあ大丈夫だろう…むしろ誰もいない今がチャンスだ。
>>4、次の俺の行動を指示しろ」

4:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/07/25(月)22:34:19.39ID:tKFWiZn10
パパの部屋に行く

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/12/01(木)23:12:44.09
ID:s0ZLuuWoO
俺、ダル、紅莉栖の三人で電話レンジ(仮)の稼働状況を、X68000にて確認している時だった。
岡部「ヒャーッ!!」
ダル「うわ!なんだよオカリン、いきなりでけー声出すなって」
ダルが身体をビクリとして反応する。
どうしたもこうしたもない!
岡部「触った!!」
ダル「えっ?」
岡部「今、誰か触っただろう!」
見渡すと、紅莉栖と目が合った。
が、すぐに目を反らされてしまう。
紅莉栖「さ、触ったって何を……?」
紅莉栖が目を合わせないまま首をひねる。
岡部「俺の尻をだ! 誰だ今触ったやつは!挙手をしてもらおうか!」
シーンとする。
誰も挙手していない。
こいつら、しらばっくれるつもりなのか!?

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/06/01(金)12:49:32.20ID:Z8ZsY3ns0
フェイリス「お前のことが好きだった、留未穂」
フェイリス「なーんてニャ!ニャフフ?」
岡部「…」
スッ
留未穂「ねぇ、本当に…好きって、言って欲しいな」
岡部「」
おわり

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/05/29(火)22:32:02.24ID:a/Ga1irg0
岡部「これより、第157回円卓会議を執り行う!議題は──」
紅莉栖「またそれぇ?ったく、ホンットに懲りないわね」
岡部「貴様こそ何度も水を指すなっ」
ダル「で、なんなん?エロゲやりたいんだからはよ」
まゆり「まゆしぃはお腹が減ったなー」
岡部「相変わらずのこのやる気のなさ。俺は悲しい!悲しいぞ」
紅莉栖「どうせまた下らない事なんでしょ?勿体つけてないで早く言いなさいよ」
まゆり「おでん缶たーべよっと」
岡部「下らなくなどなぁい!これを見るのだ!」 バァン
ダル「えっと、64?なに?今更そんなん出してきてどうするん?」
岡部「スマブラやるぞ」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/04/18(水)17:43:36.17ID:X7AvJhcq0
書きためなしでのんびり書く
…オカリン…オカリン…早く良くなってね
まゆりの声が聞こえる。これは遠い記憶?俺がリーディングシュタイナーを発現したと思われる時の記憶?
俺は様々な思いを無にしてまゆりを、紅莉栖を助けた
このままで良いのか?
良い訳がない!
俺は…俺は…
そして更に時を遡る
シュタインズゲート:最強の再動

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/05/18(金)11:16:57.56ID:o2spKDlIi
俺はラボでPCで暇を潰していた。この日は格別暇だったのだ。紅莉栖、まゆり、フェイリスは楽しそうに話をしている
岡部「仕方ない、久しぶりにやるか…」カタカタ
安価でお前ら愚民どものいう事を聞いてやるぞ!
岡部「さて、さぞかし盛り上がるであろうな!ふぅはははははははは!」
1鳳凰院凶真12:13:46.00
安価は
>>20だ!
岡部「さて、そろそろ反応がありそうなものだが…」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/05/26(土)18:37:56.77ID:rSmVDgvA0
※原作の鈴羽ルート、未プレイでも大丈夫だと思うけど注意
岡部(まゆりも鈴羽も犠牲にしない道を選んで、どれくらいたったのだろう…?)
岡部(いい加減、サイクリングにも飽きてきたな)
岡部「…………ふむ」
岡部「どれ、一つ安価で行動してみるか…」
岡部「まずは
>>5だ」

5:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/05/26(土)18:41:23.28ID:sv+gmr8e0
リーマン予想の解決

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/03/02(金)23:05:55.29ID:uezujA2x0
     すべては偶然だ。
          だがその偶然は、あらかじめ決められていた世界の意思でもあった。
     俺はイかれてなどいない。いたって正常だ。
          ここでは真実を語っているんであって、断じて厨二病の妄想なんかじゃない。
    …きっかけはほんの些細なことだとしても
          それが、未来の大きな流れを決定付けてしまうこともある。
     低周波通電療法という言葉を知っているか?
     知らないのなら調べるのだ。
          それぐらいの慎重さが求められているのだということを理解しろ。

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/11/12(土)22:38:03.62
ID:wAMfnXdJ0
岡部「ふっ……間もなく世紀の発明が作り出される我が未来ガジェット研究所」
岡部「凡夫などむしろ居ない方が清々するというものだ」
岡部「……」カチカチ
岡部「……」カチカチ
岡部「……」カチカチ
岡部「……」カチカチ
岡部「む、もうこんな時間か。今日はここまでだな」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/05/12(土)22:31:46.70ID:wrkunQ/D0
岡部「甘いのか?」
紅莉栖「甘々よ」
岡部「少し小さいな」
紅莉栖「……」グスッ
岡部「だがまぁ」
岡部「俺はこれぐらいが好みだ」サクサク
紅莉栖「……ばか岡部」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。