SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
検索にヒットしたのが10件未満なので検索範囲を広げました。
主役:志希 (アイマス シンデレラガールズ)
主役キャラ別一覧の表示
<<
2018年10月
>>
92件取得
人気記事順表示
<<
0
1
2
3
>>
1:
◆Freege5emM
2015/06/07(日)23:49:51.79
ID:6IkAj5xbo
※少し地の文有り
※あらすじ
周子と志希のちょっとぎこちない交流
引用元:

志希「今日はシューコちゃんのニオイで過ごす」周子「えっ」 

アイドルマスターシンデレラガールズコミックアンソロジーSIDE:ANIMATION(IDコミックスDNAメディアコミックス)
postedwith
amazletat15.06.08
アンソロジー
一迅社(2015-06-02)
売り上げランキング:695
Amazon.co.jpで詳細を見る
続きを読む

[ 閉じる ]
09/17 (15:00) SS 森きのこ!
関連SS
志希「じゃ〜ん♪ 野性解放フレグランス〜♪」
志希「すっごい……♪ こんなにキミの匂いが……!」

元スレ
全てのレス
1:
◆R4LxbbyKhE
:2016/06/18(土)20:23:39.22:
HT9o2pPa0
【モバマスSSR-18】です
※注意事項
・志希とそのプロデューサーがイチャラブなことする、地の文あり
・上記のうち一つでもダメな人はブラウザバックを
------------------------------
プロデューサー達に充てがわれた社員寮。その内の一室に目をつけた一ノ瀬志希は、再び扉に鼻を近づけ、漂う匂いに恍惚の表情を
浮かべていた。
志希「にゃっはあああ……! あぁ、キミの濃い匂いが扉越しに……! これでもしも中に入ったりなんかしたらあたし……!」
志希(でも、中に入ってプロデューサーの様子を見ないといけないし……仕方ないよね……♪)
本来であればアイドルに知らされることがないはずの担当プロデューサーの住居を突き止めることが出来たのも、この匂いを
辿ってこれたからであり、今自分の嗅覚を強化している香水を多量に浴びているプロデューサーがどうなっているかを
想像するだけで、香水の影響を受けた志希は静かに昂ぶっていく。
しかり、香水である。志希が作成した野性解放フレグランスというそれは、作った志希本人の想定以上に強力な効果を
持っていることが実験で判明しており、最初に実験台としたプロデューサーのことが心配になった彼女はこうして居場所を
突き止め、様子を見に来たというわけである。
志希(……最初に香水をかけた時はなんともない風だったのは……我慢してたのかなー……?)
最初の想定でも人をやめるほどの凶暴な野性が目覚めるはずだった量を遥かに超えた香水を浴びせられて、尚平然としている姿を
見せた自分のプロデューサーの行動に疑問を抱きつつ、志希は部屋に入るために玄関に備え付けられたインターホンを押す。
志希「……あれ?」
だが何度押しても中からの反応はなく、インターホンが壊れているのかと首を傾げる志希。しかしボタンを押して音が鳴っている
以上は正常に稼働している
続きを読む

[ 閉じる ]
09/16 (18:00) SS 森きのこ!
元スレ
1:
◆R4LxbbyKhE
:2016/06/18(土)19:33:17.93:
cHBACs0n0
【モバマスSS】です
????エレベーター内
志希「むふふー、どうでしょすごいでしょー! まだ試作段階だから量は少ないけどねー」プシュープシュープシュー
志希P「またあなたはそんな変なものを……毎回言っていると思いますが、騒ぎを起こしたら怒られるのは自分なんですよ」
志希「細かいことは気にしないきにしなーい♪ これ、キミや李衣菜ちゃん達と北海道に行った時に閃いた奴なんだ」プシュープシュープシュー
志希P「あぁ、そういえば野性的な匂いを抽出すればどうのと言っていましたね……できたんですか!?」
志希「にゃは、流石に全部抽出するのは無理だったから、いくつかの成分の作成や細かい調整はあたしのほうでやったよー」プシュープシュープシュー
志希P「だとしても凄まじいことです。相変わらずそういうこと得意ですね志希さんは……それで」
志希「なになに?」プシュープシュープシュー
志希P「さっきからなにを?」
志希「よくぞ聞いてくれました! 実はね、この香水使った回数によって解放される野性の強さが変化するようにあたしは作ったの」プシュープシュープシュー
志希P「はぁ」
志希「それで予想だと6回以上香水ふりかけちゃうと、もう人間やめちゃうレベルの凶暴な野性が現れるはずなんだけど、どうかにゃ〜?」
志希P「……」
ドクンッ
志希P「…………いえ? とくになにも」
志希「あれっ!? おっかしいなー、試しに自分に1回ふりかけてみた時はすぐに効果が現れたのに……ホントになにもないの〜?」ジトーッ

2:
◆R4LxbbyKhE
:2016/06/18(土)19:33:39.61:
cHBACs0n0
※一ノ瀬志希


続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1497943286/
1:
◆R4LxbbyKhE2017/06/20(火)16:21:26.99ID:pXqFaeuq0
【モバマスSSR-18】です
※注意事項
・志希がふたなり、飛鳥に若干のMっ気、百合に感じるかもしれない描写、地の文あり
・上記のうち一つでもダメな人はブラウザバックを
------------------------------
いつの間にか二宮飛鳥の役目となってしまった一ノ瀬志希を迎えに行くという行為。
なぜ自分がと毎回思いつつも、自然と足が動いてしまうのだから仕方ないなと諦めた様子だった飛鳥は、
もはや通い慣れた部屋の扉を開けて、その光景を目撃してしまった。
志希「……ん、にゃ……ふぁ……!」
飛鳥「……え?」
志希の格好は上半身に白衣を羽織っただけの、見慣れていてもやはり年頃の女の子がするには無防備すぎるもの。
それはまだ飛鳥にとってどうでも良かった。問題は、そんな姿の志希の右腕が分かりやすく
股間に伸びており、彼女の顔はどこか切なげで赤みを帯び、甘い声すら響いていることである。
志希「んんっ……はぁ……ほんと、どうしよー……」
飛鳥「なにをしているんだ……?」
志希「にゃ……? あれ?」
思わず声に出してしまった飛鳥はしまったと後悔するが、声につられて振り向いてきた志希は、飛鳥の姿を見ると
少しだけ腕の動きを緩めながら首を傾げ、なぜ、といった表情を作っていく。
2:
◆R4LxbbyKhE2017/06/20(火)16:22:45.27ID:pXqFaeuq0
志希「……キミ、どこから?」
飛鳥「普通にそこの入り口からだが」
志希「鍵、かけてたよね?」
飛鳥「ボクは合鍵を貰っているからな」
志希「そうなの?」
飛鳥「そうだ」
志希の趣味のために千川ちひろが用意した実験室は、実験に夢中になりすぎた志希がしばらく出てこないことがあるため、
なにか問題があった場合のことなども考えて、志希の持つ鍵とは別にいくつか合鍵も用意されている。
そして飛鳥はその合鍵を預
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
◆FreegeF7ndth
2018/05/30(水)22:47:44.91
ID:RzONtuTRo
※主要登場アイドル
一ノ瀬志希
https://i.imgur.com/C7Qm54A.jpg
https://i.imgur.com/XhjQBLX.jpg
ダイマ注意 短めです
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1527688064


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
◆FreegeF7ndth
2018/05/30(水)22:48:27.59
ID:RzONtuTRo
●01
モバPはルーム内のうえきちゃんに、ショッキングピンクと緋色ののぼり旗が貼り付けられているのを見た。
そこには『気分屋・一ノ瀬志希』と記されていた。
志希「いい気分を売る! それが気分屋だよ!」
モバP「いや気分屋ってそういう意味じゃねぇから!?」
志希「でもさぁ、お疲れのプロデューサーは、いーい気分に浸りたくない?
   気分屋の志希ちゃんがご提供するよ?
   あたしのアロマでリラックスしながら……」
フレデリカ「う?ん……めるしーぼくー……」
志希「なんと、フレちゃんと添い寝できます!」
モバP「お前がするんじゃないのかよ!?」
モバP「ああ、でもフレデリカいい匂いだな……。
   普段はフンフンフフーンなんて軽い調子だけど、こうして傍で見ると……おおおぉ」
フレデリカ「すーっ……すーっ……」
モバP「ちょ、ちょっとぐらいバレないよな……?」
志希「あーっ! プロデューサーったらあたしのフレちゃんにおさわりした!
   おさわり禁物だよ! ほらーオトシマエをつけなさい!」
モバP「美人局じゃねぇか!?」
3:
◆FreegeF7ndth
2018/05/30(水)22:49:15.31
ID:RzONtuTRo
●02
志希「さて次に見せたるは「つけるだけで幸せな気分になる香水」……どう、ほたるちゃん?」
ほたる「それって、科学的
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1507002178/
1:
◆hAKnaa5i0.
2017/10/03(火)12:42:58.23ID:RatH5JINO
【事務所・ソファ】
P「……」(仕事中)
カタカタカタカタ……
カタカタ……カチカチッ……
志希「……」
フラフラ……
トコトコ……
志希「ぱたーり」
ぽすっ
P「……」
志希「……」

2:
◆hAKnaa5i0.
2017/10/03(火)12:43:44.92ID:RatH5JINO
P「志希。急にどうした?」
志希「あたしは徹夜してエネルギー切れ。ウゴケナイ」
P「なんで徹夜したんだい?」
志希「薬作ってた」
P「自業自得じゃないか」
志希「メンボクない」
P「睡眠不足はお肌の敵だぞ」
志希「肌の潤いは薬でなんとかするからダイジョブ」
P「ふむ」
3:
◆hAKnaa5i0.
2017/10/03(火)12:44:25.63ID:RatH5JINO
P「ところで志希。許可なく俺の膝に頭を乗せてくるというのはどうなのかね」
志希「……寝かせて」
P「仮眠室があるだろう」
志希「ここがいい」(ぐでー)
P「……」
P「仕方ない。邪魔するなよ?」
志希「うん♪」
P「よし」
志希「ちょろいね」
P「やかましい」
志希「損な性分のプロデューサーに『志希ちゃんの頭をいつでもナデナデできる権利』を与えよう」
P「有効期限はいつまで?」
志希「あたしが死ぬまで」
P「ありがとう。暇な時に使わせてもらう」
志希「はーい」
P「仕事するから静かにしててね」
志希「うん。てゆーか、騒ぐ気力もないんだ」(ぐでー)
P「そら安心した」

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2018/08/17(金)20:00:48.33:
qMwuJPYIO
周子「フレちゃんなんて?」
志希「うん、プロデューサーにかんちょうしといて、だって。」
周子「O?K?」
奏「…」
奏「ええっ!?」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/08/17(金)20:00:48.33
ID:qMwuJPYIO
周子「フレちゃんなんて?」
志希「うん、プロデューサーにかんちょうしといて、だって。」
周子「O?K?」
奏「…」
奏「ええっ!?」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1392937173/
1:
◆GY/S5Sf5Qg
2014/02/21(金)07:59:33ID:1E/4I..g
※モバマスSS
※長野アイドル「一ノ瀬志希」のみ
>>18禁
※地の文
※なお、追加されたばかりで資料不足のため、
志希の呼称は一部暫定となっています。
以上を踏まえて、お読みください。

3:
◆GY/S5Sf5Qg
2014/02/21(金)08:05:20ID:1E/4I..g
過去の作品一覧。
モバP「飛鳥をキス中毒に調教する」
飛鳥「シュレディンガーの猫」
飛鳥「メビウスリング」
4:
◆GY/S5Sf5Qg
2014/02/21(金)08:07:53ID:1E/4I..g
あたしこと一ノ瀬志希は、初恋ってどんなのかな?ってずっと興味を持ってたんだ。
……残念ながら、生まれてこの方あたしはオトコノコというものに興味を持ったことがない。
そんなコトより、面白そーな観察対象を追っかけてる方がずっと楽しかった。
なので、あたしと同じ年頃のオンナノコたちがどうしてコイバナに夢中になるのかさっぱり理解できないでいた。
自分が変なコだっていうのは自覚してし、そのコトで悩んだりもしなかったケド。
友達が好きなヒトのことを話してる時のうっとりした目を見てると、あの子たちがとっても羨ましかったのはホントウだ。
いつかあたしも、オトコノコに恋することがあるんだろうか。
……そんな、少女漫画のようなことをずっと夢見ていたんだ。
5:
◆GY/S5Sf5Qg
2014/02/21(金)08:08:44ID:1E/4I..g
そんなあたしは、今。
「ん……っ」
今日、初めて知り合ったオトコのヒトに、自分からキスをしている。
彼の顔はすごくビックリしている。
そりゃそうだよね。あたしだってなんでこんな大胆なことをする気になれたのか不思議でしょうがない。
でも、なんでこんなことをしてるかはわかっている。
あたし、
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆hAKnaa5i0.2017/08/09(水)19:22:56.56
ID:uBLgtiIn0
ボンッ!
志希「イェーイ♪『ドナレナクナール(怒鳴れなくなる)』が完成したよ?♪」
P「フゥー!グレイトベリーナイス!!」
P「さて、いつものように聞こう。それは一体どんな薬なんだい?」
志希「よくぞ聞いてくれました?♪」
志希「『怒鳴る』ーーーだけじゃないけどさ、私たちって大きな声を出すと『!』が語尾に付くでしょ?」
P「付きますねぇ」
志希「しかし、この薬を飲んだ人は『!』が消えます」
P「ほほう」
志希「さらに。オプションとして『///』が付きまーす♪」
P「うん。それはちょっとよくわからない」
志希「例えば、『ファイトー!いっぱーつ!!』って叫ぶとするじゃない」
P「うん」
志希「この薬を飲んだ人は叫ぼうとすると『脇腹をくすぐられて』『耳元を誰かに舐められたようなカンジ』になりまして」
志希「『ファイト…///いっぱーつ…///』」
志希「って、なるわけさ♪」
志希「つまり。声がかすれて、身体に力が入らなくなるのです」
P「…素晴らしい。いままでのどの薬よりも素晴らしい。何よりエロい」
志希「にゃはは?♪でっしょ?♪」
志希「ちなみに薬の効果が現れるたびに『くすぐったさ』やら『恥ずかしさ』も感じるから、ポーカーフェイスでなければ赤面もします」
P「ブラボー。ワンダフォー。おまけまでパーフェクトかよ」
志希「はい。じゃ、液体タイプのあげるから。適当な飲み物にでも入れて使ってみてよ♪」
P「Yeah。覚悟しておけよアイドルたち」
志希「レッツゴー♪」

続きを読む

[ 閉じる ]
07/28 (12:00) SSなび
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/06/16(土)02:59:39.09ID:LTSIraNf0
※キャラ崩壊注意
志希「あーりすちゃん♪」
ありす「橘です。なんですか志希さん」
志希「ありすちゃんに催眠術をかけちゃおっかなーって」チャリン
ありす「五円玉と糸……はぁ。馬鹿馬鹿しいですね。そんな子供騙しですらないものに、かかるわけないじゃないですか」
志希「ほうほう……このギフテッド志希ちゃんが術者だというのに強気だねぇ。それじゃあ──」スッ
びくっ
ありす「な、なんですか!薬は卑怯ですよ!」
志希「にゃははは。薬じゃないよー」
ありす「?白い封筒……?」
志希「もしありすちゃんが催眠にかかったらこの封筒の中に書いてあることを実行してもらうからね?」ニヤニヤ
ありす「そ、そんな脅しは通用しません!じゃあ、私が催眠にかからなかったら志希さんがその中身を実行してくださいね!」
志希「いいよ。どうせかかるし」
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1529085578

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆hAKnaa5i0.2017/08/07(月)09:12:27.00
ID:gVnjVYFH0
薬シリーズ及び、「
イタズラッコニナール」の続きのようなものです。
http://ex14.vip2ch.com/i/read/news4ssnip/1499349517/
今回は志希メインかつ志希オンリー
3:
◆hAKnaa5i0.2017/08/07(月)09:14:29.80
ID:gVnjVYFH0
ボーン!
志希「んー…なんか変な薬出来ちゃったけど…これはツマラナイにゃー…」
志希「飲んだ人が『過保護になる』ってだけの薬だし…面白みがないよねぇ」
志希「放置しとくのもナンだし。冷蔵庫にしまっておいて、あとで捨てよーっと」
カチャッ…バタッ…
志希「ふぃ?…続きの実験といこうかなっ♪」
【5分後】
P「喉乾いたなぁ…おっ。コーラっぽい飲み物だ」
P「いただきまーす」
ぐびぐびぐびぐび…
P「…味がない」
P「まさか…これは志希の…」
P「うっ…ぐぅぅ…」
P「…」
P「保護せねば…!不健康な生活を送っているアイドルを保護せねば…!」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
◆hAKnaa5i0.2017/07/06(木)22:58:37.95
ID:YDfXAmrJ0
志希「んふふ…♪『サビシクナール(寂しくなる)』を開発したよー…♪」
http://ex14.vip2ch.com/i/read/news4ssnip/1499061830/
の続編のようなものです。
2:
◆hAKnaa5i0.2017/07/06(木)22:59:18.22
ID:YDfXAmrJ0
ボンッ!ちゃっちゃら?♪
志希「んー…これはこれは…またクレイジーでマッドな劇薬ができちゃったね?♪」
志希「飲んだら親しい人にイタズラがしたくなっちゃう薬?♪」
志希「むぅ?…でも、プロデューサーに見せたら『さすがにこれはダメ。没収だよ』なんて言われちゃうしにゃ?」
志希「でも…せっかくだから使いたい…」
志希「…♪」
志希「内緒で投薬していくっきゃないよね?♪」
志希「にゃはははは♪」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆Dm8ArSIo3MOQ-
2018/07/2601:23:00.26
Wibv0Sqk0
1/12
モバP
(以降P表記。そかそか)「……暑ぃ」ムクッ

「あ゛?…エアコン切れた途端目が覚める暑さって何だよコンチクショウ。だからと言って付けっぱなしにするのもなぁ…」
芳乃
「すやぁ…」

「芳乃は爆睡してるけど」

「…しゃーない。扇風機付けよ」ポチッ

「今日も仕事なんだしさっさと寝たいんだけどなぁ…」

「……」

「駄目だ扇風機じゃこの暑さに歯が立たん」

「キンキンに冷えた麦茶でも飲んで保冷剤タオルに包んで首の下に敷いて寝るとしよう」

「…だから一旦離してくれないか芳乃さんやい」
芳乃
「やー、でしてぇ…」グー

「寝てるんだよな?」グイグイッ
芳乃
「寝ておりましてぇ…」スピィ

「会話が成立してるけど寝てるんだよな?くっ…!すごいちからだ!」グイグイッ
芳乃
「むにゃぁ…」

「…」

「……」

「諦めてグラブルでもしてるか」ダンチョーチャン!
----------

「てな感じが最近続いておりまして」
ちひろ
「アホですか」
ちひろ
「まったく…目の下にクマ作ってるから一体何があったのかと表面上心配してみてあげたらコレですよ」

「灼熱焦熱の国埼玉の生まれなんで暑いのは苦手なんですよ」
ちひろ
「その割に冬は冬でモコモコに着込んで震えてますよね」

「何かスヤッと安眠できる方法ってありませんかね」
ちひろ
「薬物の類は抜きにしてですか?」

「真っ先にそんな発想かよ怖ぇよ」
元スレ
志希「キミはアタシを一体何だと思ってるのさ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1532535779/
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆Dm8ArSIo3MOQ2018/07/26(木)01:23:00.26
ID:Wibv0Sqk0
モバP(以降P表記。そかそか)「……暑ぃ」ムクッ
P「あ゛?…エアコン切れた途端目が覚める暑さって何だよコンチクショウ。だからと言って付けっぱなしにするのもなぁ…」
芳乃「すやぁ…」
P「芳乃は爆睡してるけど」
P「…しゃーない。扇風機付けよ」ポチッ
P「今日も仕事なんだしさっさと寝たいんだけどなぁ…」
P「……」
P「駄目だ扇風機じゃこの暑さに歯が立たん」
P「キンキンに冷えた麦茶でも飲んで保冷剤タオルに包んで首の下に敷いて寝るとしよう」
P「…だから一旦離してくれないか芳乃さんやい」
芳乃「やー、でしてぇ…」グー
P「寝てるんだよな?」グイグイッ
芳乃「寝ておりましてぇ…」スピィ
P「会話が成立してるけど寝てるんだよな?くっ…!すごいちからだ!」グイグイッ
芳乃「むにゃぁ…」
P「…」
P「……」
P「諦めてグラブルでもしてるか」ダンチョーチャン!
----------
P「てな感じが最近続いておりまして」
ちひろ「アホですか」
ちひろ「まったく…目の下にクマ作ってるから一体何があったのかと表面上心配してみてあげたらコレですよ」
P「灼熱焦熱の国埼玉の生まれなんで暑いのは苦手なんですよ」
ちひろ「その割に冬は冬でモコモコに着込んで震えてますよね」
P「何かスヤッと安眠できる方法ってありませんかね」
ちひろ「薬物の類は抜きにしてですか?」
P「真っ先にそんな発想かよ怖ぇよ」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆Dm8ArSIo3MOQ
2018/07/26(木)01:23:00.26
ID:Wibv0Sqk0
モバP(以降P表記。そかそか)「……暑ぃ」ムクッ
P「あ゛?…エアコン切れた途端目が覚める暑さって何だよコンチクショウ。だからと言って付けっぱなしにするのもなぁ…」
芳乃「すやぁ…」
P「芳乃は爆睡してるけど」
P「…しゃーない。扇風機付けよ」ポチッ
P「今日も仕事なんだしさっさと寝たいんだけどなぁ…」
P「……」
P「駄目だ扇風機じゃこの暑さに歯が立たん」
P「キンキンに冷えた麦茶でも飲んで保冷剤タオルに包んで首の下に敷いて寝るとしよう」
P「…だから一旦離してくれないか芳乃さんやい」
芳乃「やー、でしてぇ…」グー
P「寝てるんだよな?」グイグイッ
芳乃「寝ておりましてぇ…」スピィ
P「会話が成立してるけど寝てるんだよな?くっ…!すごいちからだ!」グイグイッ
芳乃「むにゃぁ…」
P「…」
P「……」
P「諦めてグラブルでもしてるか」ダンチョーチャン!
----------
P「てな感じが最近続いておりまして」
ちひろ「アホですか」
ちひろ「まったく…目の下にクマ作ってるから一体何があったのかと表面上心配してみてあげたらコレですよ」
P「灼熱焦熱の国埼玉の生まれなんで暑いのは苦手なんですよ」
ちひろ「その割に冬は冬でモコモコに着込んで震えてますよね」
P「何かスヤッと安眠できる方法ってありませんかね」
ちひろ「薬物の類は抜きにしてですか?」
P「真っ先にそんな発想かよ怖ぇよ」

続きを読む

[ 閉じる ]
【SS速報VIP】志希「キミはアタシを一体何だと思ってるのさ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1532535779/
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆hAKnaa5i0.2017/07/03(月)15:03:51.08
ID:FUrsx/KV0
(志希ラボ)
P「志希。志希。そろそろ起きろ」
志希「Zzz…」
ゆさゆさゆさ…
P「志希。おはよう。朝だぞ」
ゆさゆさゆさ…
志希「んー…?ふにゃぁ…」
志希「…なんだキミかー。おはよー」
ぽりぽり
志希「…寝落ちしちゃったみたいだねー」
P「服はだけすぎ。ほれ、タオルケットかけとけ。風邪引くぞ」
志希「にゃははー…ありがと」
志希「ねむねむ…」
P「また薬をつくってたのか?」
志希「うん…今回のも自信作?♪よかったら飲んでみる?」
P「その前に聞くけど、これは一体どんな薬なんだい?ぱっと見、ただの片栗粉だけど」
志希「よくぞ聞いてくれましたー♪」
志希「その薬はねー、『サビシクナール(寂しくなる)』って言うんだー」
P「名前からなんとなく想像できるけど、一応聞こう。どんな薬なんだ?」
志希「簡単に言うと、飲んだ人が寂しさを感じやすくなるようになる薬ー」
P「だよねー。で、これは何かいい効果があるわけ?」
志希「効果をどう捉えるかは人によりけりだけど、志希ちゃん的にはー、かなーりイイカンジの薬に仕上がったって思ってるよー」
P「ほう」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1532535779/
1:
◆Dm8ArSIo3MOQ
2018/07/26(木)01:23:00.26ID:Wibv0Sqk0
モバP(以降P表記。そかそか)「……暑ぃ」ムクッ
P「あ゛?…エアコン切れた途端目が覚める暑さって何だよコンチクショウ。だからと言って付けっぱなしにするのもなぁ…」
芳乃「すやぁ…」
P「芳乃は爆睡してるけど」
P「…しゃーない。扇風機付けよ」ポチッ
P「今日も仕事なんだしさっさと寝たいんだけどなぁ…」
P「……」
P「駄目だ扇風機じゃこの暑さに歯が立たん」
P「キンキンに冷えた麦茶でも飲んで保冷剤タオルに包んで首の下に敷いて寝るとしよう」
P「…だから一旦離してくれないか芳乃さんやい」
芳乃「やー、でしてぇ…」グー
P「寝てるんだよな?」グイグイッ
芳乃「寝ておりましてぇ…」スピィ
P「会話が成立してるけど寝てるんだよな?くっ…!すごいちからだ!」グイグイッ
芳乃「むにゃぁ…」
P「…」
P「……」
P「諦めてグラブルでもしてるか」ダンチョーチャン!
----------
P「てな感じが最近続いておりまして」
ちひろ「アホですか」
ちひろ「まったく…目の下にクマ作ってるから一体何があったのかと表面上心配してみてあげたらコレですよ」
P「灼熱焦熱の国埼玉の生まれなんで暑いのは苦手なんですよ」
ちひろ「その割に冬は冬でモコモコに着込んで震えてますよね」
P「何かスヤッと安眠できる方法ってありませんかね」
ちひろ「薬物の類は抜きにしてですか?」
P「真っ先にそんな発想かよ怖ぇよ」

2:
◆Dm8ArSIo3MOQ
2018/07/26(木)01:28:16.80ID:Wibv0Sqk0
ちひろ「素直にクーラーつけちゃえばいいじゃないですか。電気代より熱中症で倒れるほうが7倍近くお金掛かるんですよ?」
P「そこそこの稼ぎはあるんで正直電気代はどうでもいいんですけど。冷房つけっぱにするといつの間にか芳乃が潜り込ん
続きを読む

[ 閉じる ]
07/26 (13:30) SSなび
1:
◆Dm8ArSIo3MOQ2018/07/26(木)01:23:00.26ID:Wibv0Sqk0
モバP(以降P表記。そかそか)「……暑ぃ」ムクッ
P「あ゛?…エアコン切れた途端目が覚める暑さって何だよコンチクショウ。だからと言って付けっぱなしにするのもなぁ…」
芳乃「すやぁ…」
P「芳乃は爆睡してるけど」
P「…しゃーない。扇風機付けよ」ポチッ
P「今日も仕事なんだしさっさと寝たいんだけどなぁ…」
P「……」
P「駄目だ扇風機じゃこの暑さに歯が立たん」
P「キンキンに冷えた麦茶でも飲んで保冷剤タオルに包んで首の下に敷いて寝るとしよう」
P「…だから一旦離してくれないか芳乃さんやい」
芳乃「やー、でしてぇ…」グー
P「寝てるんだよな?」グイグイッ
芳乃「寝ておりましてぇ…」スピィ
P「会話が成立してるけど寝てるんだよな?くっ…!すごいちからだ!」グイグイッ
芳乃「むにゃぁ…」
P「…」
P「……」
P「諦めてグラブルでもしてるか」ダンチョーチャン!
----------
P「てな感じが最近続いておりまして」
ちひろ「アホですか」
ちひろ「まったく…目の下にクマ作ってるから一体何があったのかと表面上心配してみてあげたらコレですよ」
P「灼熱焦熱の国埼玉の生まれなんで暑いのは苦手なんですよ」
ちひろ「その割に冬は冬でモコモコに着込んで震えてますよね」
P「何かスヤッと安眠できる方法ってありませんかね」
ちひろ「薬物の類は抜きにしてですか?」
P「真っ先にそんな発想かよ怖ぇよ」
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1532535779

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
◆hAKnaa5i0.2017/05/21(日)19:11:42.15
ID:33G6tPxTO
前スレ
志希「『アンカデアソーブ(安価で遊ぶ)』を始めるよ?♪」
http://ex14.vip2ch.com/i/read/news4ssnip/1495095362/
志希「じゃあ、いつも通りによろしく?♪」
P「はいよ」
P「もうこの展開に慣れたわ」
志希「にゃはは?。じゃあ、さっそくスロット回そうか。アイドル2人を決めて、活動させてね?♪」
P「よしきた」
新スレです。
安価で選ばれたアイドル2人でユニットを組ませ、話を展開していきます。折角なのですでに公式で組まれているユニットの場合は再安価(2人目のアイドルの方のみ)とさせていただきます。
それでは安価よろしくお願いします。
>>4
>>6
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/05/21(日)19:46:01.36ID:cRXYc6SAO
ライラ
6:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/05/21(日)19:58:25.09ID:4MWXW4ilo
奈緒

続きを読む

[ 閉じる ]
07/26 (09:15) SS 森きのこ!
元スレ
全てのレス
1:
◆Dm8ArSIo3MOQ
:2018/07/26(木)01:23:00.26:
Wibv0Sqk0
モバP(以降P表記。そかそか)「……暑ぃ」ムクッ
P「あ゛?…エアコン切れた途端目が覚める暑さって何だよコンチクショウ。だからと言って付けっぱなしにするのもなぁ…」
芳乃「すやぁ…」
P「芳乃は爆睡してるけど」
P「…しゃーない。扇風機付けよ」ポチッ
P「今日も仕事なんだしさっさと寝たいんだけどなぁ…」
P「……」
P「駄目だ扇風機じゃこの暑さに歯が立たん」
P「キンキンに冷えた麦茶でも飲んで保冷剤タオルに包んで首の下に敷いて寝るとしよう」
P「…だから一旦離してくれないか芳乃さんやい」
芳乃「やー、でしてぇ…」グー
P「寝てるんだよな?」グイグイッ
芳乃「寝ておりましてぇ…」スピィ
P「会話が成立してるけど寝てるんだよな?くっ…!すごいちからだ!」グイグイッ
芳乃「むにゃぁ…」
P「…」
P「……」
P「諦めてグラブルでもしてるか」ダンチョーチャン!
----------
P「てな感じが最近続いておりまして」
ちひろ「アホですか」
ちひろ「まったく…目の下にクマ作ってるから一体何があったのかと表面上心配してみてあげたらコレですよ」
P「灼熱焦熱の国埼玉の生まれなんで暑いのは苦手なんですよ」
ちひろ「その割に冬は冬でモコモコに着込んで震えてますよね」
P「何かスヤッと安眠できる方法ってありませんかね」
ちひろ「薬物の類は抜きにしてですか?」
P「真っ先にそんな発想かよ怖ぇよ」

続きを読む

[ 閉じる ]
07/26 (05:55) SSびより
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1532535779/

1:
◆Dm8ArSIo3MOQ2018/07/26(木)01:23:00.26ID:
Wibv0Sqk0
モバP(以降P表記。そかそか)「……暑ぃ」ムクッ
P「あ゛?…エアコン切れた途端目が覚める暑さって何だよコンチクショウ。だからと言って付けっぱなしにするのもなぁ…」
芳乃「すやぁ…」

P「芳乃は爆睡してるけど」
P「…しゃーない。扇風機付けよ」ポチッ
P「今日も仕事なんだしさっさと寝たいんだけどなぁ…」
P「……」
P「駄目だ扇風機じゃこの暑さに歯が立たん」
P「キンキンに冷えた麦茶でも飲んで保冷剤タオルに包んで首の下に敷いて寝るとしよう」
P「…だから一旦離してくれないか芳乃さんやい」
芳乃「やー、でしてぇ…」グー
P「寝てるんだよな?」グイグイッ
芳乃「寝ておりましてぇ…」スピィ
P「会話が成立してるけど寝てるんだよな?くっ…!すごいちからだ!」グイグイッ
芳乃「むにゃぁ…」
P「…」
P「……」
P「諦めてグラブルでもしてるか」ダンチョーチャン!
----------
P「てな感じが最近続いておりまして」
ちひろ「アホですか」

ちひろ「まったく…目の下にクマ作ってるから一体何があったのかと表面上心配してみてあげたらコレですよ」
P「灼熱焦熱の国埼玉の生まれなんで暑いのは苦手なんですよ」
ちひろ「その割に冬は冬でモコモコに着込んで震えてますよね」
P「何かスヤッと安眠できる方法ってありませんかね」
ちひろ「薬物の類は抜きにしてですか?」
P「真っ先にそんな発想かよ怖ぇよ」

続きを読む

[ 閉じる ]
◆Dm8ArSIo3MOQ様(埼玉P様・オツカーレ様)の過去作はこちら

モバマス前作
モバP「夏バテ対策?……狭山茶ですかね」

SS速報VIP:志希「キミはアタシを一体何だと思ってるのさ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1532535779/

1:
◆Dm8ArSIo3MOQ2018/07/26(木)01:23:00.26ID:Wibv0Sqk0
モバP(以降P表記。そかそか)「……暑ぃ」ムクッ
P「あ゛?…エアコン切れた途端目が覚める暑さって何だよコンチクショウ。だからと言って付けっぱなしにするのもなぁ…」
芳乃「すやぁ…」
P「芳乃は爆睡してるけど」
P「…しゃーない。扇風機付けよ」ポチッ
P「今日も仕事なんだしさっさと寝たいんだけどなぁ…」
P「……」
P「駄目だ扇風機じゃこの暑さに歯が立たん」
P「キンキンに冷えた麦茶でも飲んで保冷剤タオルに包んで首の下に敷いて寝るとしよう」
P「…だから一旦離してくれないか芳乃さんやい」
芳乃「やー、でしてぇ…」グー
P「寝てるんだよな?」グイグイッ
芳乃「寝ておりましてぇ…」スピィ
P「会話が成立してるけど寝てるんだよな?くっ…!すごいちからだ!」グイグイッ
芳乃「むにゃぁ…」
P「…」
P「……」
P「諦めてグラブルでもしてるか」ダンチョーチャン!
----------
P「てな感じが最近続いておりまして」
ちひろ「アホですか」
ちひろ「まったく…目の下にクマ作ってるから一体何があったのかと表面上心配してみてあげたらコレですよ」
P「灼熱焦熱の国埼玉の生まれなんで暑いのは苦手なんですよ」
ちひろ「その割に冬は冬でモコモコに着込んで震えてますよね」
P「何かスヤッと安眠できる方法ってありませんかね」
ちひろ「薬物の類は抜きにしてですか?」
P「真っ先にそんな発想かよ怖ぇよ」
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1532535779

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/05/18(木)17:16:02.39
ID:SajSKRPrO
前スレ
志希「特性!『ホンネイウーヨ(本音を言うよ)』を用意しておいたよ!」
http://ex14.vip2ch.com/i/read/news4ssnip/1494032477/
の続きです
2:
◆hAKnaa5i0.2017/05/18(木)17:16:40.45
ID:SajSKRPrO
P「ついに薬要素が消えたか」
志希「うん。消えたね?♪薬に頼るのはもう飽きちゃった♪」
P「そうか」
志希「で、用意したのがコレ!じゃじゃーん!」
志希「『イベントオキール』?♪」
P「博士。博士。それは薬じゃないのかい?」
志希「ううん、薬だよ?」
P「前言撤回が早い。早すぎるよ」
志希「心配ご無用ー!」
志希「コレはね、キミが飲む薬なんだよ」
P「俺?」
志希「うん。コレを飲んだ人はね、『ある時、ある場所で、ある人と、2人きりで過ごすイベント』を経験することになるんだ?♪」
P「ごめん。よくわからないや」
志希「ん?、例えば『冬の夜』に『事務所』で『フレちゃん』と『ほにゃららする』みたいな?」
P「まだわからない」
P「そもそも『いつ』『どこで』『誰と』に該当する部分は、一体誰が決めるんだ?」
志希「それも考えてあるんだ?♪じゃじゃーん!」
志希「『アンカデキメールマシーン(安価で決めるマシーン)』?♪」
P「何このガチャポンみたいな機械…」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆hAKnaa5i0.2017/05/06(土)10:01:17.67
ID:sLYdcplY0
志希「超新薬!『スネオニナール(スネ夫になる)を開発したよ!」
http://ex14.vip2ch.com/i/read/news4ssnip/1493851446/
の続きです。
2:
◆hAKnaa5i0.2017/05/06(土)10:03:00.67
ID:sLYdcplY0
(いつものラボ)
志希「はいこれ。新薬の『ホンネヲイウーヨ(本音を言うよ)』だよ。上手に使ってね」
P「…えらく淡白に渡してきたな」
志希「ん?、前フリで遊ぶのももう飽きちゃったんだよね?♪」
志希「志希ちゃん的には?、いままで続いていたことを褒めて欲しいくらいだよね?♪」
P「よーしよしよし」
志希「にゃはは?♪」
P「うん。薬ありがとう。有効活用するな」
志希「はーい。ちゃんと後で成果は報告してね?」
P「はいよ。じゃあ
>>6のところに行ってみるか」
6:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/05/06(土)10:13:18.67ID:GWVTYpfxO
裕美

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/05/04(木)07:44:06.88
ID:qlHhEGB60
一ノ瀬志希「『アマエタクナール』(甘えたくなる)』にバージョンアップしたよ!」の続編です。
(志希にゃん専用ラボ)
志希「プロデューサーさん…『もしもあの子がスネ夫みたいだったらなぁ…』と思ったことはございませんか…?」(裏声)
P「ありません」
志希「もしも、スネ夫だったら…もっと可愛くなるのに、もっと楽しくなるのに、もっと素晴らしくなるのに…」
志希「そう思っていたことでしょう?」
P「いいえ」
志希「じゃーん!そんなキミにこれ?♪『スネオニナール』?♪」
P「えぇ…強行するのかよ…」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆hAKnaa5i0.
2017/07/03(月)15:03:51.08
ID:FUrsx/KV0
(志希ラボ)
P「志希。志希。そろそろ起きろ」
志希「Zzz…」
ゆさゆさゆさ…
P「志希。おはよう。朝だぞ」
ゆさゆさゆさ…
志希「んー…?ふにゃぁ…」
志希「…なんだキミかー。おはよー」
ぽりぽり
志希「…寝落ちしちゃったみたいだねー」
P「服はだけすぎ。ほれ、タオルケットかけとけ。風邪引くぞ」
志希「にゃははー…ありがと」
志希「ねむねむ…」
P「また薬をつくってたのか?」
志希「うん…今回のも自信作?♪よかったら飲んでみる?」
P「その前に聞くけど、これは一体どんな薬なんだい?ぱっと見、ただの片栗粉だけど」
志希「よくぞ聞いてくれましたー♪」
志希「その薬はねー、『サビシクナール(寂しくなる)』って言うんだー」
P「名前からなんとなく想像できるけど、一応聞こう。どんな薬なんだ?」
志希「簡単に言うと、飲んだ人が寂しさを感じやすくなるようになる薬ー」
P「だよねー。で、これは何かいい効果があるわけ?」
志希「効果をどう捉えるかは人によりけりだけど、志希ちゃん的にはー、かなーりイイカンジの薬に仕上がったって思ってるよー」
P「ほう」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1499061830
引用元:

志希「んふふ…♪『サビシクナール(寂しくなる)』を開発したよー…♪」 


ミニッチュアイドルマスターシンデレラガールズ一ノ瀬志希LiPPSアクリルキーホルダー
postedwith
amazletat18.07.19
ファット・カンパニー(PhatCompany)(2018-06-28)
売り上げランキング:65,113
Amazon.co.jpで詳細を見る
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆rha/UmkIZ2
2018/04/11(水)18:40:20.88
ID:JF1k/zsZO
超短編
オチなしヤマなし
真面目な内容はないです
とても短いのでさらっと読むのにどうぞ
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1523439620

2:
◆rha/UmkIZ2
2018/04/11(水)18:41:02.07
ID:JF1k/zsZO
フレデリカ「やっほー♪」
泰葉「フレデリカさん、おはようございます」
フレデリカ「おはよーヤスハちゃん!えっと、ぐーてんもるげん??」
泰葉「それドイツ語ですよ、フランス語はボンジュールでしょう?」
フレデリカ「んーそうとも言うねー♪」
泰葉「そうとしか言いませんよ……」
フレデリカ「ふふん♪実は、フレちゃんはドイツ人だったのです!」
泰葉「なるほど……これが最近話題のプロフィール詐称というやつですね」
フレデリカ「わお!フレちゃん詐欺師になっちゃった??」
泰葉「まさか同じ事務所の仲間が詐欺師だったなんて……」
フレデリカ「ふふふ、キミはもうアタシに心奪われている……」
泰葉「それ、詐欺師じゃなくて泥棒じゃないです?」
フレデリカ「あちゃー!フレちゃんのおじいちゃん大泥棒だからその血が出ちゃったかもー?」
泰葉「フレデリカさんはル◯ンさんの末裔なんですか……」
フレデリカ「バレてしまっては仕方ない……この斬鉄剣のサビにしてくれよう……」
泰葉「それフレデリカさんのおじいちゃんのお友達ですよ」
3:
◆rha/UmkIZ2
2018/04/11(水)18:41:40.34
ID:JF1k/zsZO
志希「……泰葉ちゃんってさ」
泰葉「はい?」
志希「結構頭の回転いいよね、ずっと台本読みながらフレちゃんと会話できる人なかなかいないよー?」
泰葉「そうですか?特に意識もしてませんでしたけど」
フレデリカ「えーひどーい!フレちゃんのことは遊びだったの!?」
泰葉「遊びだったのはフレデリカさんとの会話ですよ」
4:
◆rha/UmkIZ2続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1519919760/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/03/02(金)00:56:00.66ID:GBN2kIVc0
モバマスSSです
キャラ崩壊口調崩壊誤字脱字を含むかもしれません
モバPがP表記です
SSRのセリフを改変しています
それでもよろしければご覧下さい

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/03/02(金)00:56:51.28ID:GBN2kIVc0
ザァァァァ
猫「んにゃー」
志希「…キミも独り?」
猫「なー」
志希「同じだね。…いや、あたしはふたりになるから違うか」
猫「なー…」
志希「あたしはねー♪迎えに来てくれる誰かさんを待ってるんだ♪」
猫「みー?」
志希「ふふっ、心配ないよ。祈ってあげる、キミも素敵な飼い主に出会えるように」
猫「んなーお?」
志希「大丈夫。あたしは素敵な飼い主に出会えたから」
猫「んなー…」スリスリ
志希「あぁダメダメ。アタシはもう飼われてる側だからキミの事は飼えないんだ…ゴメンね」
猫「みー…」スリスリ
志希「雨の日に寄り添って…ふふっ、これはロマンチックじゃないね」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/03/02(金)00:57:31.82ID:GBN2kIVc0
ザァァァァ
志希「なかなか止まないね…」
猫「なーお」
志希「まあでも、雨に濡れたいお年頃ってヤツかな…不思議と心が洗われるね」
猫「なー?」
志希「何してるのかって?そりゃキミ、アイドルだよ」
猫「なー…」
志希「あ、君も歌って踊ってみる?人気になるかもよ?」
猫「みー…」
志希「冗談だって」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/03/02(金)00:58:15.49ID:GBN2kIVc0
志希「遅いな?…」
猫「みー?」
志希
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
2
3
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。