SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
検索にヒットしたのが10件未満なので検索範囲を広げました。
主役:藤原肇 (アイマス シンデレラガールズ)
主役キャラ別一覧の表示
<<
2018年04月
>>
47件取得
人気記事順表示
<<
0
1
>>
1:
◆C2VTzcV58A2018/03/18(日)17:52:07.80
ID:zx7gROoiO
ある日の事務所
肇「………んっ」
肇(ブラ……ちょっときつくなってきたかな……新しいの、買わないと)
愛海「ぐふふ……感じる、感じるよ。これは……昭和新山の気配!」
肇「きゃっ!? あ、愛海ちゃん? どうしたんですか、急に」
愛海「おっと、驚かせてごめんね? あたしのお山レーダーが肇さんのそれに反応したんだ」
肇「お山レーダー……でも、私のお山はそこまで大きいわけでは」
愛海「肇さん」キリッ
肇「は、はいっ」
愛海「あのね、大きさじゃないんだよ。お山に貴賎なし。すべてが個性豊かなオンリーワンなんですよ」
肇「オンリーワン……」
愛海「どんな人にもオンリーワンな魅力があるでしょ? それと同じで、その人にくっついてるふたつのお山にも、同じだけの魅力があるんだよ」
肇「なるほど……なんだか、素敵な考えです。またひとつ、皆さんに教わったことが増えました」
愛海「ちなみに、あたしの予測だと肇さんのお山はまだまだ成長すると思うよ!」
肇「そうなんですか?」
愛海「そうそう! だからさ、あたしにその成長過程を味わわせてほしいな?、なんて」
肇「あ、あはは……それはちょっと、遠慮したいな?」
愛海「むー、残念」
肇「愛海ちゃんのお山に対する情熱はすごいですね……形はどうあれ、その強さは見習いたいです」
愛海「えへへ?。お山を求めるのは人間の本能だからね! ほら、そこに山があるから登るのだってやつ」
肇「本能?」
愛海「そう、本能! 女の子も男の子も、最後はお山に還りたがるものなんだよ。あたしはきっと、みんなよりちょこっとだけ本能に素直なだけだと思うんだ」
肇「そう、なのでしょうか……一般的に、男性の方がお山が好きというのは知っていますけど」
愛海「あー、まあ世間一般ではそうだね。だからプロデューサーも、きっとあたしと同じようにお山が好きに違いないね!」
肇「Pさんも……?」
愛海「ひょっとしたら、隠しているだけであたし以上かも!」
肇「………」

続きを読む

[ 閉じる ]
【SS速報VIP】藤原肇「人乳作戦……?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1521363127/
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆C2VTzcV58A
2018/03/18(日)17:52:07.80
ID:zx7gROoiO
ある日の事務所
肇「………んっ」
肇(ブラ……ちょっときつくなってきたかな……新しいの、買わないと)
愛海「ぐふふ……感じる、感じるよ。これは……昭和新山の気配!」
肇「きゃっ!? あ、愛海ちゃん? どうしたんですか、急に」
愛海「おっと、驚かせてごめんね? あたしのお山レーダーが肇さんのそれに反応したんだ」
肇「お山レーダー……でも、私のお山はそこまで大きいわけでは」
愛海「肇さん」キリッ
肇「は、はいっ」
愛海「あのね、大きさじゃないんだよ。お山に貴賎なし。すべてが個性豊かなオンリーワンなんですよ」
肇「オンリーワン……」
愛海「どんな人にもオンリーワンな魅力があるでしょ? それと同じで、その人にくっついてるふたつのお山にも、同じだけの魅力があるんだよ」
肇「なるほど……なんだか、素敵な考えです。またひとつ、皆さんに教わったことが増えました」
愛海「ちなみに、あたしの予測だと肇さんのお山はまだまだ成長すると思うよ!」
肇「そうなんですか?」
愛海「そうそう! だからさ、あたしにその成長過程を味わわせてほしいな?、なんて」
肇「あ、あはは……それはちょっと、遠慮したいな?」
愛海「むー、残念」
肇「愛海ちゃんのお山に対する情熱はすごいですね……形はどうあれ、その強さは見習いたいです」
愛海「えへへ?。お山を求めるのは人間の本能だからね! ほら、そこに山があるから登るのだってやつ」
肇「本能?」
愛海「そう、本能! 女の子も男の子も、最後はお山に還りたがるものなんだよ。あたしはきっと、みんなよりちょこっとだけ本能に素直なだけだと思うんだ」
肇「そう、なのでしょうか……一般的に、男性の方がお山が好きというのは知っていますけど」
愛海「あー、まあ世間一般ではそうだね。だからプロデューサーも、きっとあたしと同じようにお山が好きに違いないね!」
肇「Pさんも……?」
愛海「ひょっとしたら、隠しているだけであたし以上かも!」
肇「………」

続きを読む

[ 閉じる ]
◆C2VTzcV58A様の過去作はこちら

前作
綾瀬穂乃香「Pさんとぴにゃこら太、どちらか片方しか助けられないとしたら……?」

SS速報VIP:藤原肇「人乳作戦……?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1521363127/
1:
◆C2VTzcV58A2018/03/18(日)17:52:07.80ID:zx7gROoiO
ある日の事務所
肇「………んっ」
肇(ブラ……ちょっときつくなってきたかな……新しいの、買わないと)
愛海「ぐふふ……感じる、感じるよ。これは……昭和新山の気配!」
肇「きゃっ!? あ、愛海ちゃん? どうしたんですか、急に」
愛海「おっと、驚かせてごめんね? あたしのお山レーダーが肇さんのそれに反応したんだ」
肇「お山レーダー……でも、私のお山はそこまで大きいわけでは」
愛海「肇さん」キリッ
肇「は、はいっ」
愛海「あのね、大きさじゃないんだよ。お山に貴賎なし。すべてが個性豊かなオンリーワンなんですよ」
肇「オンリーワン……」
愛海「どんな人にもオンリーワンな魅力があるでしょ? それと同じで、その人にくっついてるふたつのお山にも、同じだけの魅力があるんだよ」
肇「なるほど……なんだか、素敵な考えです。またひとつ、皆さんに教わったことが増えました」
愛海「ちなみに、あたしの予測だと肇さんのお山はまだまだ成長すると思うよ!」
肇「そうなんですか?」
愛海「そうそう! だからさ、あたしにその成長過程を味わわせてほしいな?、なんて」
肇「あ、あはは……それはちょっと、遠慮したいな?」
愛海「むー、残念」
肇「愛海ちゃんのお山に対する情熱はすごいですね……形はどうあれ、その強さは見習いたいです」
愛海「えへへ?。お山を求めるのは人間の本能だからね! ほら、そこに山があるから登るのだってやつ」
肇「本能?」
愛海「そう、本能! 女の子も男の子も、最後はお山に還りたがるものなんだよ。あたしはきっと、みんなよりちょこっとだけ本能に素直なだけだと思うんだ」
肇「そう、なのでしょうか……一般的に、男性の方がお山が好
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
03/18 (19:55) SSびより
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1521363127/

1:
◆C2VTzcV58A2018/03/18(日)17:52:07.80ID:
zx7gROoiO
ある日の事務所
肇「………んっ」

肇(ブラ……ちょっときつくなってきたかな……新しいの、買わないと)
愛海「ぐふふ……感じる、感じるよ。これは……昭和新山の気配!」

肇「きゃっ!? あ、愛海ちゃん? どうしたんですか、急に」
愛海「おっと、驚かせてごめんね? あたしのお山レーダーが肇さんのそれに反応したんだ」
肇「お山レーダー……でも、私のお山はそこまで大きいわけでは」
愛海「肇さん」キリッ
肇「は、はいっ」
愛海「あのね、大きさじゃないんだよ。お山に貴賎なし。すべてが個性豊かなオンリーワンなんですよ」
肇「オンリーワン……」
愛海「どんな人にもオンリーワンな魅力があるでしょ? それと同じで、その人にくっついてるふたつのお山にも、同じだけの魅力があるんだよ」
肇「なるほど……なんだか、素敵な考えです。またひとつ、皆さんに教わったことが増えました」
愛海「ちなみに、あたしの予測だと肇さんのお山はまだまだ成長すると思うよ!」
肇「そうなんですか?」
愛海「そうそう! だからさ、あたしにその成長過程を味わわせてほしいな?、なんて」
肇「あ、あはは……それはちょっと、遠慮したいな?」
愛海「むー、残念」
肇「愛海ちゃんのお山に対する情熱はすごいですね……形はどうあれ、その強さは見習いたいです」
愛海「えへへ?。お山を求めるのは人間の本能だからね! ほら、そこに山があるから登るのだってやつ」
肇「本能?」
愛海「そう、本能! 女の子も男の子も、最後はお山に還りたがるものなんだよ。あたしはきっと、みんなよりちょこっとだけ本能に素直なだけだと思うんだ」
肇「そう、なのでしょうか……一般的に、男性の方がお山が好きというのは知っていますけど」
愛海「あー、まあ世間一般ではそうだね。だからプロデューサーも、きっとあたしと同じようにお山が好きに違いないね!」
肇「Pさんも……?」
続きを読む

[ 閉じる ]
03/18 (19:30) SS 森きのこ!
元スレ
全てのレス
1:
◆C2VTzcV58A
:2018/03/18(日)17:52:07.80:
zx7gROoiO
ある日の事務所
肇「………んっ」
肇(ブラ……ちょっときつくなってきたかな……新しいの、買わないと)
愛海「ぐふふ……感じる、感じるよ。これは……昭和新山の気配!」
肇「きゃっ!? あ、愛海ちゃん? どうしたんですか、急に」
愛海「おっと、驚かせてごめんね? あたしのお山レーダーが肇さんのそれに反応したんだ」
肇「お山レーダー……でも、私のお山はそこまで大きいわけでは」
愛海「肇さん」キリッ
肇「は、はいっ」
愛海「あのね、大きさじゃないんだよ。お山に貴賎なし。すべてが個性豊かなオンリーワンなんですよ」
肇「オンリーワン……」
愛海「どんな人にもオンリーワンな魅力があるでしょ? それと同じで、その人にくっついてるふたつのお山にも、同じだけの魅力があるんだよ」
肇「なるほど……なんだか、素敵な考えです。またひとつ、皆さんに教わったことが増えました」
愛海「ちなみに、あたしの予測だと肇さんのお山はまだまだ成長すると思うよ!」
肇「そうなんですか?」
愛海「そうそう! だからさ、あたしにその成長過程を味わわせてほしいな?、なんて」
肇「あ、あはは……それはちょっと、遠慮したいな?」
愛海「むー、残念」
肇「愛海ちゃんのお山に対する情熱はすごいですね……形はどうあれ、その強さは見習いたいです」
愛海「えへへ?。お山を求めるのは人間の本能だからね! ほら、そこに山があるから登るのだってやつ」
肇「本能?」
愛海「そう、本能! 女の子も男の子も、最後はお山に還りたがるものなんだよ。あたしはきっと、みんなよりちょこっとだけ本能に素直なだけだと思うんだ」
肇「そう、なのでしょうか……一般的に、男性の方がお山が好きというのは知っていますけど」
愛海「あー、まあ世間一般ではそうだね。だからプロデューサーも、きっとあたしと同じようにお山が好きに違いないね!」
肇「Pさんも……?」
愛海「ひょっとしたら、隠しているだけであたし以上かも!」
肇「………」

続きを読む<
[ 閉じる ]
1:
◆C2VTzcV58A2018/03/18(日)17:52:07.80
ID:zx7gROoiO
ある日の事務所
肇「………んっ」
肇(ブラ……ちょっときつくなってきたかな……新しいの、買わないと)
愛海「ぐふふ……感じる、感じるよ。これは……昭和新山の気配!」
肇「きゃっ!? あ、愛海ちゃん? どうしたんですか、急に」
愛海「おっと、驚かせてごめんね? あたしのお山レーダーが肇さんのそれに反応したんだ」
肇「お山レーダー……でも、私のお山はそこまで大きいわけでは」
愛海「肇さん」キリッ
肇「は、はいっ」
愛海「あのね、大きさじゃないんだよ。お山に貴賎なし。すべてが個性豊かなオンリーワンなんですよ」
肇「オンリーワン……」
愛海「どんな人にもオンリーワンな魅力があるでしょ? それと同じで、その人にくっついてるふたつのお山にも、同じだけの魅力があるんだよ」
肇「なるほど……なんだか、素敵な考えです。またひとつ、皆さんに教わったことが増えました」
愛海「ちなみに、あたしの予測だと肇さんのお山はまだまだ成長すると思うよ!」
肇「そうなんですか?」
愛海「そうそう! だからさ、あたしにその成長過程を味わわせてほしいな?、なんて」
肇「あ、あはは……それはちょっと、遠慮したいな?」
愛海「むー、残念」
肇「愛海ちゃんのお山に対する情熱はすごいですね……形はどうあれ、その強さは見習いたいです」
愛海「えへへ?。お山を求めるのは人間の本能だからね! ほら、そこに山があるから登るのだってやつ」
肇「本能?」
愛海「そう、本能! 女の子も男の子も、最後はお山に還りたがるものなんだよ。あたしはきっと、みんなよりちょこっとだけ本能に素直なだけだと思うんだ」
肇「そう、なのでしょうか……一般的に、男性の方がお山が好きというのは知っていますけど」
愛海「あー、まあ世間一般ではそうだね。だからプロデューサーも、きっとあたしと同じようにお山が好きに違いないね!」
肇「Pさんも……?」
愛海「ひょっとしたら、隠しているだけであたし以上かも!」
肇「………」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/08/19(金)19:15:55.76
ID:aKyT3/XM0
モバマスSSです
書き溜めあります
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1471601755

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/08/19(金)19:17:42.37
ID:aKyT3/XM0
桃井あずき「足つぼマッサージ大作戦!」
藤原肇「……?」
あずき「コホン、足つぼマッサージ大作戦!」
肇「……?」ペラ
あずき「肇ちゃん! 足つぼマッサージ大作戦!」
肇「え、あ、はい。……やっぱり私でした?」
あずき「そうだよっ! 今ここあずきと肇ちゃんしかいないでしょー?」
肇「本当だ、そうですね」ペラ
あずき「ちょっとー! 雑誌に目を戻さないの」ヒョイ
肇「あっ」
あずき「肇ちゃん、足つぼマッサージ大作戦だよ、大作戦!」
肇(復唱そこなんだ……)
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/08/19(金)19:18:43.71
ID:aKyT3/XM0
あずき「アイドルたるもの、何か特技があった方がいいと思ってね♪」
肇「それはそうですね。私も釣番組や旅番組で地域の焼き物紹介なんかをさせていただいています」
あずき「でしょでしょ? 今は夏だから、金魚すくい披露する機会多いんだけど、やっぱり通年のがほしいんだよね」
肇「なるほど、それで足つぼマッサージなんですね。でもなぜ足つぼマッサージを選んだの?」
あずき「本当はマッサージが良いんだけど、ちょっとセクシーな感じになっちゃうからってみんなが言うんだよね……あずき的にはセクシーがいいのにっ」
肇「セクシーな感じに……」ポッ
あずき「? 肇ちゃん? 赤くなってどうしたの?」
肇「……なんでもないです。でもそ
続きを読む

[ 閉じる ]
2:
◆LhnLdWWANE
2014/02/11(火)23:58:10.09ID:Q19N2NG3o
─事務所・社長室─
モバP(以下P)「面接ですか?」
社長「ああ、嬉しいことにウチのプロダクションに入りたいという子が1人応募してきてな」
P「普通なら大手・・・というか御三家(→Cuプロ、Coプロ、Paプロ)に応募ですからね」
社長「我々○○プロの知名度が上がってきた証拠とも言える。だが、当プロダクションに実は面接が出来る人事がいない」
P「あっ・・・」
社長「そこでだ。プロデューサー君、キミのスキルアップも兼ねて是非面接官の仕事を受けてほしい」
P「そうなりますよね」
社長「物分りが良いやつは伸びるぞ。面接ではキミは新人だが、自分が必要だと思った質問をしっかり考えておくように」
P「・・・分かりました。頑張ります」
引用元:

藤原肇「井の中の蛙大海を知らず」 


THEIDOLM@STERCINDERELLAGIRLSU149(2)(サイコミ)
postedwith
amazletat18.01.17
廾之
講談社
売り上げランキング:1,862
Amazon.co.jpで詳細を見る
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/11/20(日)20:05:12.26
ID:43AXH10Z0
これはモバマスSSです
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1479639911

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆TDuorh6/aM
2016/11/20(日)20:07:28.51
ID:Jfp3erbCO
?事務所?
カタカタカタ
P「…ふー、仕事ももう直ぐ終わりそうだし休憩するか」
P「ちひろさん、お茶淹れますけど飲みますか?」
ちひろ「あ、ありがとうございます」
P「お湯を沸かして、カップは…ん?」
P(戸棚のコップが全て、奥の方にピシッと並べられている…3つを除いて)
P(これは…湯飲みだな。奥の方のコップを取ろうとすると、手前の食器類をずらさなきゃいけない)
P(まぁ湯飲みでいいか。事務所においてあるのだし、使っても大丈夫だろ)
P「はい、ちひろさんも終わりそうですし一息つきましょうか」
ちひろ「ありがとうございます。そうですね、あと30分も掛からないくらいですし」
3:
◆TDuorh6/aM
2016/11/20(日)20:08:17.61
ID:Jfp3erbCO
P「湯飲みで飲むお茶は美味しいですね。ちひろさんが買ってきたんですか?」
ちひろ「いえ、私のでは…あら?その湯飲み…」
P「何かありましたか?」
ちひろ「湯飲みの底に、何か書いてありますね」
P「え?…これは…俺の名前?」
ちひろ「…私が使っている湯飲みの底には、何が書いてあるとおもいますか?」
P「…フルネームか名前だけかのどちらか、でしょうね」
ちひろ「誰の、を考える必要は無さそうですね」
P「まぁ湯飲みに、ですからね。一人しかいないでしょう」
ちひろ「可愛らしいですね。ほんとに女の子って感じがします」
P「一応、お礼に明日何か甘いものでも買って来ますか
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆TDuorh6/aM
2016/11/16(水)16:43:37.99
ID:1VMmy/jqO
これはモバマスssです
モバPはP表記で進めます
繋がりはありませんが前作
藤原肇「ふと、不安が増える一瞬」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1479282217

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆TDuorh6/aM
2016/11/16(水)16:44:23.05
ID:1VMmy/jqO
カタカタカタカタ
P「ふぅ…もう直ぐ終わるな」
肇「お疲れ様です。お茶、淹れましょうか?」
P「お、ありがとう。お願いしていいか?」
肇「はい、お湯既に沸かしてあるので少し待ってて下さい」
P(…仕事で疲れた心に優しさが染みる…)
P(もう日は落ちてるし、てっきりみんな帰ってると思ったけど…)
P「あとひと頑張りするか」
カタカタカタカタ
肇「……」じー
P「……」カタカタカタカタ
肇「……」じー
P「っよし!あとは後で提出して終わり!」
肇「お疲れ様でした。帰る前に、一緒に一息つきましょう」
3:
◆TDuorh6/aM
2016/11/16(水)16:45:26.97
ID:1VMmy/jqO
P「ん、この湯飲み…事務所に無かった気がするな」
肇「あ、私が作ってきたんです」
P「ありがとう。やっぱりちゃんとした湯飲みで飲むお茶って違うよな」
肇「よろしければ、プロデューサーに一つ贈りましょうか?」
P「肇には感謝してもしたりないな」
肇「私が好きでやっている事ですから」
P「…ところで、さ」
肇「…?なんでしょう?」
P「…なんか近くない?」
肇「気の所為ではないですか?」
4:
◆TDuorh6/aM
2016/11/16(水)16:47:04.80
ID:1VMmy/jqO
P「横長のソファがテーブル挟んで二つ
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
【SS速報VIP】藤原肇「手を伸ばせばそこにあって」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1505233425/
続きを読む

[ 閉じる ]
2:
以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします
2014/01/30(木)23:52:36.75
ID:dpdD0oaN0
P「………」カタカタ
P「………」カタカタッターン
P「あ? ひと段落ついたかな」
P「って、こんな時間か。昼飯にするかな」
引用元:

藤原肇「お弁当ですか」 


THEIDOLM@STERCINDERELLAGIRLSMASTERSEASONSWINTER
postedwith
amazletat17.11.25
THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS
日本コロムビア(2017-12-13)
売り上げランキング:80
Amazon.co.jpで詳細を見る
続きを読む

[ 閉じる ]
SS速報VIP:藤原肇「夜空に浮かぶ、星のように」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1397844608/

1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2014/04/19(土)03:10:09.14ID:fdHSr9T30
モバマスSSです
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1397844608

続きを読む

[ 閉じる ]
11/06 (10:30) えすえすMode
2:
◆TDuorh6/aM:2017/11/03(金)19:29:00.35
ID:cmac+wLAO

藍子「好き……嫌い……好き……嫌い……」
肇「えっと、その……藍子、ちゃん?」
加奈「何してるの?花占い?」
藍子「好き、好き、嫌い……好き、好き、好き、嫌い……」
加奈「好きの確率上がってない?」
肇「もういっそ、そこまでやるなら全部好きでやればいいんじゃないですか?」
藍子「好き、好き、好き、好き、好き、きら……好き!やりましたっ!」
肇「今一瞬嫌いって」
藍子「言ってません、言ってませんよ、言ってませんからね?」
加奈「ひっ?!」

続きを読む

[ 閉じる ]
11/05 (18:09) だる速
2:◆TDuorh6/aM:2017/11/03(金) 19:29:00.35 ID:cmac+wLAO 藍子「好き……嫌い……好き……嫌い……」 肇「えっと、その……藍子、ちゃん?」 加奈「何してるの?花占い?」 藍子 [&#8230;]
続きを読む

[ 閉じる ]
◆TDuorh6/aM様の過去作はこちら

モバマス前作
高垣楓「純情な恋する乙女なんて如何でしょうか?」

SS速報VIP:藤原肇「ビビカラエイジの?」加奈「花占い!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1509704893/
1:
◆TDuorh6/aM2017/11/03(金)19:28:13.09ID:cmac+wLAO
これはモバマスssです
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1509704893

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆TDuorh6/aM-
2017/11/0319:28:13.09
cmac+wLAO
1/12
これはモバマスssです

元スレ
藤原肇「ビビカラエイジの?」加奈「花占い!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1509704893/
続きを読む

[ 閉じる ]
11/03 (21:25) SSびより
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1509704893/

2:
◆TDuorh6/aM2017/11/03(金)19:29:00.35ID:
cmac+wLAO
藍子「好き……嫌い……好き……嫌い……」

肇「えっと、その……藍子、ちゃん?」

加奈「何してるの?花占い?」

藍子「好き、好き、嫌い……好き、好き、好き、嫌い……」
加奈「好きの確率上がってない?」
肇「もういっそ、そこまでやるなら全部好きでやればいいんじゃないですか?」
藍子「好き、好き、好き、好き、好き、きら……好き!やりましたっ!」
肇「今一瞬嫌いって」
藍子「言ってません、言ってませんよ、言ってませんからね?」
加奈「ひっ?!」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
2:
◆TDuorh6/aM2017/11/03(金)19:29:00.35
ID:cmac+wLAO
藍子「好き……嫌い……好き……嫌い……」
肇「えっと、その……藍子、ちゃん?」
加奈「何してるの?花占い?」
藍子「好き、好き、嫌い……好き、好き、好き、嫌い……」
加奈「好きの確率上がってない?」
肇「もういっそ、そこまでやるなら全部好きでやればいいんじゃないですか?」
藍子「好き、好き、好き、好き、好き、きら……好き!やりましたっ!」
肇「今一瞬嫌いって」
藍子「言ってません、言ってませんよ、言ってませんからね?」
加奈「ひっ?!」

続きを読む

[ 閉じる ]
【SS速報VIP】藤原肇「ビビカラエイジの?」加奈「花占い!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1509704893/
続きを読む

[ 閉じる ]
2:
◆TDuorh6/aM
2017/11/03(金)19:29:00.35
ID:cmac+wLAO

藍子「好き……嫌い……好き……嫌い……」
肇「えっと、その……藍子、ちゃん?」
加奈「何してるの?花占い?」
藍子「好き、好き、嫌い……好き、好き、好き、嫌い……」
加奈「好きの確率上がってない?」
肇「もういっそ、そこまでやるなら全部好きでやればいいんじゃないですか?」
藍子「好き、好き、好き、好き、好き、きら……好き!やりましたっ!」
肇「今一瞬嫌いって」
藍子「言ってません、言ってませんよ、言ってませんからね?」
加奈「ひっ?!」
続きを読む

[ 閉じる ]
11/03 (20:50) SS 森きのこ!
元スレ
全てのレス
2:
◆TDuorh6/aM
:2017/11/03(金)19:29:00.35:
cmac+wLAO
藍子「好き……嫌い……好き……嫌い……」
肇「えっと、その……藍子、ちゃん?」
加奈「何してるの?花占い?」
藍子「好き、好き、嫌い……好き、好き、好き、嫌い……」
加奈「好きの確率上がってない?」
肇「もういっそ、そこまでやるなら全部好きでやればいいんじゃないですか?」
藍子「好き、好き、好き、好き、好き、きら……好き!やりましたっ!」
肇「今一瞬嫌いって」
藍子「言ってません、言ってませんよ、言ってませんからね?」
加奈「ひっ?!」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆BoSt6wfla6
2017/09/13(水)01:23:46.16
ID:1Ml/enjOo
アイドルマスターシンデレラガールズ。藤原肇のss
おめでとう、ただただおめでとう。
少し前の話たち↓
藤原肇「手を取って連れ出して」
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1479457346/
藤原肇「はるまつ三角、あまくて四角」
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1490953400/
モバP「ミツフジ」
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1505227001/
 

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/04/11(金)22:16:58.00
ID:h51IyLZt0
モバマスSSです
よろしくお願いします
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1397222217

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)
2014/04/11(金)22:17:35.92
ID:h51IyLZt0
「えー、最後に。この講義は出席点を取ります。出席点5割、中間2割、期末3割」
藤原肇「(うーん、とすると私はなかなか難しいのかなぁ)」
「なので、きっちり授業にくること! 逆に言えば、出てれば単位は余裕で出すぞー」
肇「(ごくごく普通の学生には易しい授業ってこと…か。興味ある講義なのになぁ…)」
ヴィーン、ヴィーン、ヴィーン
肇「(あ、メール……Pさんからだ)」
P『暇なときに電話ください』
肇「えっと、『わかりました、あと30分くら』」
「はい、今日はガイダンスだから、まだ早いけどここまで! 履修希望者は紙に学籍番号と名前書いて提出してから帰ること」
肇「(っと、打ちおわる前に終わっちゃいましたね)」
3:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)
2014/04/11(金)22:26:33.48
ID:h51IyLZt0
ガタン ゴトン
肇「(川沿いの桜も緑が増えてきたなぁ…)」
肇「(それにしても、あの人はいつも私を捕まえてうまい)」
P『お、すぐかかってくるってことは、タイミングよかったのかな』
肇『ちょうど講義が早く終わったんです。ふふっ』
P『なんか嬉しそうだな』
肇『春ですから。…それで、ご用件は?』
P『ちょっと肇と話したいな、と思ってな』
肇『ふふっ、どうしたんです?』
P『春だからかな』
肇『便利ですね、春。どこに行けばいいですか?』
P『場所はこ
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/08/17(木)05:14:40.49
ID:+16hRPuq0
・「アイドルマスターシンデレラガールズ」のSSです
・地の文形式
 それは、とある夏の出来事。
 太陽がじりじりと照り付け、けれど、からからに乾いた空気と時折吹く風のお陰でそれほど暑くは感じない、そんな日のことでした。
 

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/10/01(日)11:07:49.76
ID:rGr4vwwsO
はじめてSSを書かせていただきます。
お手柔らかにお願い致します。
モバマスのSSです。

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/10/01(日)11:08:47.14
ID:rGr4vwwsO
モバP(以下P):「肇、ちょっと良いか?」
藤原 肇((以下 肇):「なんでしょう?」
P:「肇にドラマの主役の仕事依頼が来ているんだが、受けてくれるか?」
肇:「私が主役ですか?」
P:「あぁ。まだ脚本は出来ていなくて、元の話しかないらしいんだが、俺が読む限りでは、実に肇にぴったりだと思うんだ。作者も、肇をイメージして書かれたそうだ。」
肇:「そうですか。Pさんがそういうなら、やらせていただきます!」
P:「そうか。ではこれがその原作だ。脚本や演出によって多少は変わるだろうが、イメージや役作りには使えるだろうから、読んでおいてくれ。」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1461923524/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/04/29(金)18:52:04.30ID:rKPg5CH/o
第5回シンデレラガール総選挙応援SS

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/04/29(金)18:52:33.76ID:rKPg5CH/o
すっかり冷えきった唇には熱過ぎた。
思わずカップを揺らした俺を目にして、さもおかしそうに肇が笑い出す。
この上なく楽しげな様子に、俺も苦笑いを返すしかなかった。
 「……猫舌って訳じゃないんだ」
 「まだ何も言ってませんよ?」
ミルクティーを一口啜って、温かいですね、と肇が息をついた。
今度は油断するなよと舌に言い聞かせ、俺ももう一口。
渋味と酸味を抑えた苦めのブレンド。
馴染みの無いチェーン店だったが、存外に好みの味だった。
 「Pさん、ミルクもお砂糖も入れないんですね」
 「甘いのをよく食べるからな。健康には、なけなしの気を遣ってる」
 「苦くありませんか?」
 「苦い」
俺の答えを聞くと、肇が頬に指を当て不思議そうに考え込む。
寒さで赤らんだ頬が、指先に触れた部分だけ白く染まった。
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/04/29(金)19:00:23.15ID:rKPg5CH/o
 「……よく分からない私は、まだ子供という事でしょうか」
 「コーヒーをそのまま飲めるのが大人の証明じゃない」
 「どうしたら大人に成れるんでしょう」
 「もう二年で成人だ。日向ぼっこでもしてれ……冗談だ、その目は止めてくれ」
 「Pさんの冗談は面白くないです」
 「師事する先を間違えたかな……」
脳裏で頬を膨らませた楓さんを隅へ追いやって、思考を本流へ押し戻す。
大人……大人か。
そういえばちょうど先日、東郷さんと二宮さんがコーヒー越しに話し合っていた。
どうして大人として扱われないのかと鼻を鳴らす二宮さん。
私もまだ大
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。