SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
検索にヒットしたのが10件未満なので検索範囲を広げました。
主役:速水奏 (アイマス シンデレラガールズ)
主役キャラ別一覧の表示
<<
2019年03月
>>
59件取得
人気記事順表示
<<
0
1
>>
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/03/23(土)17:59:41.25
ID:WXZGVs7k0
午前に降りしきった雨も止み、秋晴れが心地よい午後のひとときでした。
2年3組、午後の一コマ目は山本先生の世界史。
抜群に興味深い内容でこそありません。
ですが始終穏やかに進められるその雰囲気は、クラス内でもなかなかの人気を誇っています。
前回に引き続く形となった三十年戦争の解説。
山本先生は今回のために資料を用意してきてくれました。
WEB上のフリーアーカイブから引用した、数点の絵画でした。
モノクロコピーの束を、列の先頭に並ぶ生徒達へ手渡してゆきます。
前から数えて三番目の席に座る奏ちゃんは気が付きました。
自身の列の後ろに続くのはもう二人。
手元に渡ってきた束は二つだけ。
このままでは一つ足りなくなってしまう勘定でした。
奏ちゃんは気の利く女の子でしたから、すっと綺麗な手を伸ばします。
不足している資料をもう一つ貰うつもりだったのでしょう。

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/03/23(土)17:59:41.25
ID:WXZGVs7k0

午前に降りしきった雨も止み、秋晴れが心地よい午後のひとときでした。
2年3組、午後の一コマ目は山本先生の世界史。
抜群に興味深い内容でこそありません。
ですが始終穏やかに進められるその雰囲気は、クラス内でもなかなかの人気を誇っています。
前回に引き続く形となった三十年戦争の解説。
山本先生は今回のために資料を用意してきてくれました。
WEB上のフリーアーカイブから引用した、数点の絵画でした。
モノクロコピーの束を、列の先頭に並ぶ生徒達へ手渡してゆきます。
前から数えて三番目の席に座る奏ちゃんは気が付きました。
自身の列の後ろに続くのはもう二人。
手元に渡ってきた束は二つだけ。
このままでは一つ足りなくなってしまう勘定でした。
奏ちゃんは気の利く女の子でしたから、すっと綺麗な手を伸ばします。
不足している資料をもう一つ貰うつもりだったのでしょう。

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/03/23(土)18:00:30.42
ID:WXZGVs7k0

ただ、きっと、油断していると眠たくなってしまうような、午後の陽差しが悪いのです。
 「お父さんあっ」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/03/23(土)18:01:50.47
ID:WXZGVs7k0
学校じゃマジメな方の女の子こと速水奏ちゃんのSSです


前作とか
高垣楓「瞳に乾杯」
アナスタシア「流しソ連」神崎蘭子「そうめんだよ」
頭の悪い話が好きです
続きを読む

[ 閉じる ]
03/23 (23:55) SSびより
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1553331580/

1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/03/23(土)17:59:41.25ID:
WXZGVs7k0
午前に降りしきった雨も止み、秋晴れが心地よい午後のひとときでした。
2年3組、午後の一コマ目は山本先生の世界史。
抜群に興味深い内容でこそありません。
ですが始終穏やかに進められるその雰囲気は、クラス内でもなかなかの人気を誇っています。
前回に引き続く形となった三十年戦争の解説。
山本先生は今回のために資料を用意してきてくれました。
WEB上のフリーアーカイブから引用した、数点の絵画でした。
モノクロコピーの束を、列の先頭に並ぶ生徒達へ手渡してゆきます。
前から数えて三番目の席に座る奏ちゃんは気が付きました。
自身の列の後ろに続くのはもう二人。
手元に渡ってきた束は二つだけ。
このままでは一つ足りなくなってしまう勘定でした。
奏ちゃんは気の利く女の子でしたから、すっと綺麗な手を伸ばします。
不足している資料をもう一つ貰うつもりだったのでしょう。

続きを読む

[ 閉じる ]
03/23 (22:00) SS 森きのこ!
元スレ
全てのレス
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2019/03/23(土)17:59:41.25:
WXZGVs7k0
午前に降りしきった雨も止み、秋晴れが心地よい午後のひとときでした。
2年3組、午後の一コマ目は山本先生の世界史。
抜群に興味深い内容でこそありません。
ですが始終穏やかに進められるその雰囲気は、クラス内でもなかなかの人気を誇っています。
前回に引き続く形となった三十年戦争の解説。
山本先生は今回のために資料を用意してきてくれました。
WEB上のフリーアーカイブから引用した、数点の絵画でした。
モノクロコピーの束を、列の先頭に並ぶ生徒達へ手渡してゆきます。
前から数えて三番目の席に座る奏ちゃんは気が付きました。
自身の列の後ろに続くのはもう二人。
手元に渡ってきた束は二つだけ。
このままでは一つ足りなくなってしまう勘定でした。
奏ちゃんは気の利く女の子でしたから、すっと綺麗な手を伸ばします。
不足している資料をもう一つ貰うつもりだったのでしょう。

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
ガラスの靴のシンデレラの作者様の過去作はこちら

前作
高垣楓「瞳に乾杯」

SS速報VIP:速水奏「お父さんあっ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1553331580/

1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/03/23(土)17:59:41.25ID:WXZGVs7k0
午前に降りしきった雨も止み、秋晴れが心地よい午後のひとときでした。
2年3組、午後の一コマ目は山本先生の世界史。
抜群に興味深い内容でこそありません。
ですが始終穏やかに進められるその雰囲気は、クラス内でもなかなかの人気を誇っています。
前回に引き続く形となった三十年戦争の解説。
山本先生は今回のために資料を用意してきてくれました。
WEB上のフリーアーカイブから引用した、数点の絵画でした。
モノクロコピーの束を、列の先頭に並ぶ生徒達へ手渡してゆきます。
前から数えて三番目の席に座る奏ちゃんは気が付きました。
自身の列の後ろに続くのはもう二人。
手元に渡ってきた束は二つだけ。
このままでは一つ足りなくなってしまう勘定でした。
奏ちゃんは気の利く女の子でしたから、すっと綺麗な手を伸ばします。
不足している資料をもう一つ貰うつもりだったのでしょう。
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1553331580

続きを読む

[ 閉じる ]
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/11/15(火)22:27:11.42ID:96JgysIq0
「わー! 千枝ちゃん、すげー!」
「そ、そうかな? えへへ……」
 事務所に帰ってくるや否や、年少組の元気な声がお出迎えをしてくれた。
「お、奏、お疲れ様」
「お疲れ様。相変わらずこの事務所は賑やかね」
 年少組の相手をしていたらしいプロデューサーさんが私に気付くと労いの声をかけてくれた。
「あ、奏さん、お疲れさまです!」
「お疲れさまでごぜーます!」
「ふふっ。お疲れ様。ところで千枝がすごいってどうしたの?」
 ころころと可愛い千枝と仁奈もプロデューサーさんに倣って私に挨拶をしてくれた。私も挨拶を返すついでに子供たちの相手をしてあげよう。

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
znAUHOH902017/04/05(水)00:49:09.55
ID:znAUHOH90
SSR奏が可愛いすぎてカッとなって書いちまいました。
初ss、地の文アリ、書き溜めアリ
良かったら読んでください。
2:
znAUHOH90 12017/04/05(水)00:52:50.50
ID:znAUHOH90
ファーストキスは、血の味がしたの。
貴方のせいよ。
『ねえ、今だけは私を見て?つらいことも、あの人の事も……すべて忘れさせてあげるから。』
……色っぽいなぁ。
ソファに追い込まれた戸惑う中年と、跨がって迫る美少女。
その先のストーリーを知っていても、そのシーンのすぐ手前に設置されたゴチャゴチャした設備や明るすぎる照明が目の中に写っていても、思わず、世界観に引き込まれる。
「おはようございます、346さん。速水奏さん、すごいですよね。」
「ん?ええ、ありがとうございます。おかげさまですよ、本当に」
共演の女優に話し掛けられて、束の間、撮影から目を話した。
「今回のドラマ、プロデューサーさんが企画されたんですよね?すごいですねぇ」
「企画なんてもんじゃないですよ、たまたま原作の作家が好きでして、ディレクターさんに試しにこんなんどうですか、と。上手くハマってホッとしてます。」
今、奏が出演しているドラマは、家族中も冷えきり、人生にあまり期待をしなくなった壮年の既婚男性の前に、理想そのものの少女が現れ……というストーリーだ。海外で人気を博した小説が元ネタで、奏が扮するのは年齢不相応な妖艶さを持つヒロイン役。
「ディレクターさん、346さんのおかげで今期の覇権はもらった!って言ってますよ。私もバーターで朝の情報番組に出させて頂いたりネットニュースで特集組んでもらったりして、役得って感じ」
「バーターだなんてそんな。こちらの方こそ美味しいところ取らせて頂いてありがたいです。キャスティングだとかは製作陣にお任せして、私はうちの奏のところ以外タッチしてませんから。」
実際、今回の仕事で俺にとっての山場らしいところはせいぜい、スポンサーの確保と交渉くらいなものだった。予算の目処さえつけば346のコネで芸能関係者は動くし、こちらで企画を
続きを読む

[ 閉じる ]
02/14 (22:25) SSびより
2:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/02/15(金)16:59:30.35ID:
SiZSEBAa0
P「よし、みんな集まったな」
伊吹「何の話だっけ?」
法子「お仕事の話だよね?」
奏「珍しい組み合わせよね」
有香「確かに…そうですね」
拓海「また恥ずかしい衣装着させられるんじゃねえだろうな?」
P「はいはい、今から話するからな」
P「…えーっと、お前達5人に料理番組の仕事が来た。バレンタイン特番のな。色んなアイドルがバレンタインチョコを作って審査員に味見してもらって、一番美味しいチョコを作るのは誰か?って企画だ」
伊吹「料理するのかぁ…アタシ全然やらないんだけど」
拓海「アタシもだ」
奏「あんまり料理はやらないけど…得意な方だと思うわ」
有香「チョコ作りとか経験ないんですけど…」
法子「あ、私は大丈夫だよ!」

続きを読む

[ 閉じる ]
【おーぷん2ch】速水奏「記憶消失薬」
https://wktk.open2ch.net/test/read.cgi/aimasu/1547197977/
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:https://wktk.open2ch.net/test/read.cgi/aimasu/1547197977/l10
1:
名無しさん@おーぷん
2019/01/11(金)18:12:57ID:bCA
登場人物
・速水奏
・宮本フレデリカ
・一ノ瀬志希
備考
・地の文(奏目線)あり
・元ネタあり

2:
名無しさん@おーぷん
2019/01/11(金)18:14:36ID:bCA
私のアイドルとしての活動は、順調だった。しかし、多忙の反動で趣味の映画鑑賞に割ける時間は無いに等しくなっていった。
以前に見逃した映画がようやく地上波で放映されるということで、私は柄にもなく高揚していた。
時刻は映画が始まる、夜九時十五分になろうかという所。番組前のコマーシャルも、まるで上映前の映画の予告集を見ているかのように思えた。
・・・と、そんな気分でコマーシャルを見ている最中に、思わぬ横槍が入った。
3:
名無しさん@おーぷん
2019/01/11(金)18:15:32ID:bCA
フレデリカ「カナデちゃーん、ぼんそわ?☆」
奏 「・・フレちゃん?私、今日は映画を見るって言っていたでしょう?」
私は少なからず不満を胸に抱きながら、突如乱入してきた金髪娘を見上げた。
フレ「まあまあ、これからお楽しみの所だと思うけど、ちょっとフレちゃんの話を聞いてほしいんだ?!」
彼女は強引に喋り出すと、私に口をさしはさむ余地を与えなかった。
4:
名無しさん@おーぷん
2019/01/11(金)18:16:38ID:bCA
フレ「アタシが今ここに持ってるのは、なんとなんと今までにないスペシャルなお薬!
   アイドルやりながら苦心の末に実験して、研究して・・ついにシキちゃんから貰ったんだ?」
奏 「・・それ、フレちゃん関係ないじゃない。それより・・」
フレ「わかるよカナデちゃん、このスペシャリカでレアデリカな薬はそうそう他の人にあげたりできない・・
   
   ただ、カナデちゃんにならあげてもいいかな?って思ったんだよ??」
テレビのコマーシャルはちょうど終わろうとしている
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆WO7BVrJPw22019/01/06(日)14:11:06.14
ID:C/BBEQ9m0
速水奏「遅いわね」
モバP(以下P)「遅いな」
奏「何か手はある? Pさん」
P「……最寄りの新幹線の駅を調べてくれないか」
奏「嫌よ。私だけ返すつもりでしょう」
P「なら次のPAに入って自分で調べる」
奏「その前に下道に降りちゃった方が早いんじゃない?」
P「降りられればいいんだけどな」
奏「次のインターまで35kmね」
P「時速15kmくらいで動いてるし、渋滞を抜ければ」
奏「あら。渋滞なくても最寄りの新幹線の駅まで1時間半ですって」
P「は? えっ、いま何時だ」
奏「午後9時過ぎたわ」
P「……」
奏「東京への新幹線は10時が最終みたい」
P「……随分と調べる手際がいいじゃないか」
奏「ふふ、ありがとう」
P「含みを持たせたんだけど気づかなかったか。間に合わなくなる時間まで黙ってたろ」
奏「気づいたわ。でもそうじゃなくて、新幹線の手段をとって欲しくなくて黙っていただけ」
P「ははは、言いやがったなこの小娘」
奏「ふふふ」
P「ははは……どうすんだこれ」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆VvysKS2FVo
2018/10/25(木)16:40:01
ID:63q
速水奏がスカウトされる日のお話です。


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
◆VvysKS2FVo
2018/10/25(木)16:41:26
ID:63q
 もう無意識になってしまっている。テレビ台に幼い私の写真が飾られていること。
 何度も見返した名作映画の、あの女優の口許を真似てみる。怒りと悲しさと寂しさと、あるいはそのすべて──そのすべてを湛えた微笑み。息遣いまでを感じて私は模倣する。
 そして彼女は、まぶたを閉じてそっとキスをする。
3:
◆VvysKS2FVo
2018/10/25(木)16:42:08
ID:63q
 母親の言を信じるなら、少女がいるのは海辺の公園だった。
 深呼吸をすれば潮の香りが私を満たし、胸のあたりでは風が髪と戯れて、サンダルも脱ぎ散らしひとりかけてゆく。
 涅色の砂れきを柔らかな足に食い込ませ、芝が零した朝露を真白い肌に転がして。
 あの古木まで走ろう。好奇心のままに、あの木まで。
 乾いた幹が大きくねじれているから、もう随分長くここにいるのだと思った。それなのに古木は、愛らしいオレンジ色の花をつけている。
 雄ずいの黄色をその六枚の花弁に映して、つやつやした葉の緑を補色にまた生き生きと咲いている。
 幼い私は彼が落とした花を手に取り、口づけするようにしてそっと微笑む。
 今も、今までも、これからもずっと、時が止まり永遠に、あなたは無垢な少女のままで。
4:
◆VvysKS2FVo
2018/10/25(木)16:42:35
ID:63q
 ◇
 甘すぎるヘアオイルの香りを押し上げて、下水の臭いが漂っていた。湿気がそれを生温くして、少し気分が悪い。
 鏡の向こうには髪を濡らした少女がいる。毛先から零れた水滴は肩の高いところへ落ち下へ下へ、柔らかな肌を這ってゆく。
 彼女は薄目を開け唇を閉じて、まだ眠そうにしていた。まだ、夢を見てるみたい。
「今日は遅くなると思うから」続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
名無しさん@おーぷん
2019/01/11(金)18:12:57
ID:bCA
登場人物
・速水奏
・宮本フレデリカ
・一ノ瀬志希
備考
・地の文(奏目線)あり
・元ネタあり
2:
名無しさん@おーぷん
2019/01/11(金)18:14:36
ID:bCA
私のアイドルとしての活動は、順調だった。しかし、多忙の反動で趣味の映画鑑賞に割ける時間は無いに等しくなっていった。
以前に見逃した映画がようやく地上波で放映されるということで、私は柄にもなく高揚していた。
時刻は映画が始まる、夜九時十五分になろうかという所。番組前のコマーシャルも、まるで上映前の映画の予告集を見ているかのように思えた。
・・・と、そんな気分でコマーシャルを見ている最中に、思わぬ横槍が入った。
3:
名無しさん@おーぷん
2019/01/11(金)18:15:32
ID:bCA
フレデリカ「カナデちゃーん、ぼんそわ?☆」
奏 「・・フレちゃん?私、今日は映画を見るって言っていたでしょう?」
私は少なからず不満を胸に抱きながら、突如乱入してきた金髪娘を見上げた。
フレ「まあまあ、これからお楽しみの所だと思うけど、ちょっとフレちゃんの話を聞いてほしいんだ?!」
彼女は強引に喋り出すと、私に口をさしはさむ余地を与えなかった。
続きを読む

[ 閉じる ]
01/11 (22:25) SSびより
1:
名無しさん@おーぷん2019/01/11(金)18:12:57ID:
bCA
登場人物
・速水奏
・宮本フレデリカ
・一ノ瀬志希
備考
・地の文(奏目線)あり
・元ネタあり
2:
名無しさん@おーぷん2019/01/11(金)18:14:36ID:
bCA
私のアイドルとしての活動は、順調だった。しかし、多忙の反動で趣味の映画鑑賞に割ける時間は無いに等しくなっていった。
以前に見逃した映画がようやく地上波で放映されるということで、私は柄にもなく高揚していた。
時刻は映画が始まる、夜九時十五分になろうかという所。番組前のコマーシャルも、まるで上映前の映画の予告集を見ているかのように思えた。
・・・と、そんな気分でコマーシャルを見ている最中に、思わぬ横槍が入った。

続きを読む

[ 閉じる ]
01/11 (21:50) SS書庫
2
 
2019/01/11(金)18:14:36
私のアイドルとしての活動は、順調だった。しかし、多忙の反動で趣味の映画鑑賞に割ける時間は無いに等しくなっていった。
以前に見逃した映画がようやく地上波で放映されるということで、私は柄にもなく高揚していた。
時刻は映画が始まる、夜九時十五分になろうかという所。番組前のコマーシャルも、まるで上映前の映画の予告集を見ているかのように思えた。
・・・と、そんな気分でコマーシャルを見ている最中に、思わぬ横槍が入った。

getanalyzer();
続きを読む

[ 閉じる ]
01/11 (21:15) SS 森きのこ!
元スレ
2:
名無しさん@おーぷん
:2019/01/11(金)18:14:36:
bCA
私のアイドルとしての活動は、順調だった。しかし、多忙の反動で趣味の映画鑑賞に割ける時間は無いに等しくなっていった。
以前に見逃した映画がようやく地上波で放映されるということで、私は柄にもなく高揚していた。
時刻は映画が始まる、夜九時十五分になろうかという所。番組前のコマーシャルも、まるで上映前の映画の予告集を見ているかのように思えた。
・・・と、そんな気分でコマーシャルを見ている最中に、思わぬ横槍が入った。

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
名無しさん@おーぷん2019/01/11(金)18:12:57ID:bCA
登場人物
・速水奏
・宮本フレデリカ
・一ノ瀬志希
備考
・地の文(奏目線)あり
・元ネタあり

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
名無しさん@おーぷん2019/01/11(金)18:12:57
ID:bCA
登場人物
・速水奏
・宮本フレデリカ
・一ノ瀬志希
備考
・地の文(奏目線)あり
・元ネタあり
2:
名無しさん@おーぷん2019/01/11(金)18:14:36
ID:bCA
私のアイドルとしての活動は、順調だった。しかし、多忙の反動で趣味の映画鑑賞に割ける時間は無いに等しくなっていった。
以前に見逃した映画がようやく地上波で放映されるということで、私は柄にもなく高揚していた。
時刻は映画が始まる、夜九時十五分になろうかという所。番組前のコマーシャルも、まるで上映前の映画の予告集を見ているかのように思えた。
・・・と、そんな気分でコマーシャルを見ている最中に、思わぬ横槍が入った。

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
名無しさん@おーぷん2019/01/11(金)18:12:57
ID:bCA
登場人物
・速水奏
・宮本フレデリカ
・一ノ瀬志希
備考
・地の文(奏目線)あり
・元ネタあり
2:
名無しさん@おーぷん2019/01/11(金)18:14:36
ID:bCA
私のアイドルとしての活動は、順調だった。しかし、多忙の反動で趣味の映画鑑賞に割ける時間は無いに等しくなっていった。
以前に見逃した映画がようやく地上波で放映されるということで、私は柄にもなく高揚していた。
時刻は映画が始まる、夜九時十五分になろうかという所。番組前のコマーシャルも、まるで上映前の映画の予告集を見ているかのように思えた。
・・・と、そんな気分でコマーシャルを見ている最中に、思わぬ横槍が入った。

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1546751465/
1:
◆WO7BVrJPw22019/01/06(日)14:11:06.14ID:C/BBEQ9m0
速水奏「遅いわね」
モバP(以下P)「遅いな」
奏「何か手はある? Pさん」
P「……最寄りの新幹線の駅を調べてくれないか」
奏「嫌よ。私だけ返すつもりでしょう」
P「なら次のPAに入って自分で調べる」
奏「その前に下道に降りちゃった方が早いんじゃない?」
P「降りられればいいんだけどな」
奏「次のインターまで35kmね」
P「時速15kmくらいで動いてるし、渋滞を抜ければ」
奏「あら。渋滞なくても最寄りの新幹線の駅まで1時間半ですって」
P「は? えっ、いま何時だ」
奏「午後9時過ぎたわ」
P「……」
奏「東京への新幹線は10時が最終みたい」
P「……随分と調べる手際がいいじゃないか」
奏「ふふ、ありがとう」
P「含みを持たせたんだけど気づかなかったか。間に合わなくなる時間まで黙ってたろ」
奏「気づいたわ。でもそうじゃなくて、新幹線の手段をとって欲しくなくて黙っていただけ」
P「ははは、言いやがったなこの小娘」
奏「ふふふ」
P「ははは……どうすんだこれ」

2:
◆WO7BVrJPw22019/01/06(日)14:12:41.46ID:C/BBEQ9m0
速水奏のSSです
(アイマスでは)初投稿です
はやみんかわいいよかわいいよはやみん
3:
◆WO7BVrJPw22019/01/06(日)14:14:03.34ID:C/BBEQ9m0
P「だから今日の帰り、ロケバスで帰った方がいいって言ったんだ。それなら直帰できたろ」
奏「知り合いいないんだもの。スタッフさんたちはいい人たちだけど、どうせならPさんと帰りたいわ」
P「遠方でのロケだから、奏の仕事終わった後ついでに別の営業しに行くから遅くなるって言ったのに、撤収始まったらさっさとこっちの車に乗ってくるんだもんなぁ」
奏「Pさん午後から見に来たじゃない。私、早朝集合で撮影行
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
【SS速報VIP】速水奏「はー……」モバP「はー……」
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1546751465/
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆WO7BVrJPw2
2019/01/06(日)14:11:06.14
ID:C/BBEQ9m0
速水奏「遅いわね」
モバP(以下P)「遅いな」
奏「何か手はある? Pさん」
P「……最寄りの新幹線の駅を調べてくれないか」
奏「嫌よ。私だけ返すつもりでしょう」
P「なら次のPAに入って自分で調べる」
奏「その前に下道に降りちゃった方が早いんじゃない?」
P「降りられればいいんだけどな」
奏「次のインターまで35kmね」
P「時速15kmくらいで動いてるし、渋滞を抜ければ」
奏「あら。渋滞なくても最寄りの新幹線の駅まで1時間半ですって」
P「は? えっ、いま何時だ」
奏「午後9時過ぎたわ」
P「……」
奏「東京への新幹線は10時が最終みたい」
P「……随分と調べる手際がいいじゃないか」
奏「ふふ、ありがとう」
P「含みを持たせたんだけど気づかなかったか。間に合わなくなる時間まで黙ってたろ」
奏「気づいたわ。でもそうじゃなくて、新幹線の手段をとって欲しくなくて黙っていただけ」
P「ははは、言いやがったなこの小娘」
奏「ふふふ」
P「ははは……どうすんだこれ」

2:
◆WO7BVrJPw2
2019/01/06(日)14:12:41.46
ID:C/BBEQ9m0
速水奏のSSです
(アイマスでは)初投稿です
はやみんかわいいよかわいいよはやみん
続きを読む

[ 閉じる ]
01/06 (17:30) SS 森きのこ!
元スレ
全てのレス
1:
◆WO7BVrJPw2
:2019/01/06(日)14:11:06.14:
C/BBEQ9m0
速水奏「遅いわね」
モバP(以下P)「遅いな」
奏「何か手はある? Pさん」
P「……最寄りの新幹線の駅を調べてくれないか」
奏「嫌よ。私だけ返すつもりでしょう」
P「なら次のPAに入って自分で調べる」
奏「その前に下道に降りちゃった方が早いんじゃない?」
P「降りられればいいんだけどな」
奏「次のインターまで35kmね」
P「時速15kmくらいで動いてるし、渋滞を抜ければ」
奏「あら。渋滞なくても最寄りの新幹線の駅まで1時間半ですって」
P「は? えっ、いま何時だ」
奏「午後9時過ぎたわ」
P「……」
奏「東京への新幹線は10時が最終みたい」
P「……随分と調べる手際がいいじゃないか」
奏「ふふ、ありがとう」
P「含みを持たせたんだけど気づかなかったか。間に合わなくなる時間まで黙ってたろ」
奏「気づいたわ。でもそうじゃなくて、新幹線の手段をとって欲しくなくて黙っていただけ」
P「ははは、言いやがったなこの小娘」
奏「ふふふ」
P「ははは……どうすんだこれ」

続きを読む

[ 閉じる ]
01/06 (16:55) SSびより
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1546751465/

1:
◆WO7BVrJPw22019/01/06(日)14:11:06.14ID:
C/BBEQ9m0
速水奏「遅いわね」
モバP(以下P)「遅いな」
奏「何か手はある? Pさん」
P「……最寄りの新幹線の駅を調べてくれないか」
奏「嫌よ。私だけ返すつもりでしょう」
P「なら次のPAに入って自分で調べる」
奏「その前に下道に降りちゃった方が早いんじゃない?」
P「降りられればいいんだけどな」
奏「次のインターまで35kmね」
P「時速15kmくらいで動いてるし、渋滞を抜ければ」
奏「あら。渋滞なくても最寄りの新幹線の駅まで1時間半ですって」
P「は? えっ、いま何時だ」
奏「午後9時過ぎたわ」
P「……」
奏「東京への新幹線は10時が最終みたい」
P「……随分と調べる手際がいいじゃないか」
奏「ふふ、ありがとう」
P「含みを持たせたんだけど気づかなかったか。間に合わなくなる時間まで黙ってたろ」
奏「気づいたわ。でもそうじゃなくて、新幹線の手段をとって欲しくなくて黙っていただけ」
P「ははは、言いやがったなこの小娘」
奏「ふふふ」
P「ははは……どうすんだこれ」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆WO7BVrJPw22019/01/06(日)14:11:06.14
ID:C/BBEQ9m0
速水奏「遅いわね」
モバP(以下P)「遅いな」
奏「何か手はある? Pさん」
P「……最寄りの新幹線の駅を調べてくれないか」
奏「嫌よ。私だけ返すつもりでしょう」
P「なら次のPAに入って自分で調べる」
奏「その前に下道に降りちゃった方が早いんじゃない?」
P「降りられればいいんだけどな」
奏「次のインターまで35kmね」
P「時速15kmくらいで動いてるし、渋滞を抜ければ」
奏「あら。渋滞なくても最寄りの新幹線の駅まで1時間半ですって」
P「は? えっ、いま何時だ」
奏「午後9時過ぎたわ」
P「……」
奏「東京への新幹線は10時が最終みたい」
P「……随分と調べる手際がいいじゃないか」
奏「ふふ、ありがとう」
P「含みを持たせたんだけど気づかなかったか。間に合わなくなる時間まで黙ってたろ」
奏「気づいたわ。でもそうじゃなくて、新幹線の手段をとって欲しくなくて黙っていただけ」
P「ははは、言いやがったなこの小娘」
奏「ふふふ」
P「ははは……どうすんだこれ」

続きを読む

[ 閉じる ]
SS速報VIP:速水奏「はー……」モバP「はー……」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1546751465/

1:
◆WO7BVrJPw22019/01/06(日)14:11:06.14ID:C/BBEQ9m0
速水奏「遅いわね」
モバP(以下P)「遅いな」
奏「何か手はある? Pさん」
P「……最寄りの新幹線の駅を調べてくれないか」
奏「嫌よ。私だけ返すつもりでしょう」
P「なら次のPAに入って自分で調べる」
奏「その前に下道に降りちゃった方が早いんじゃない?」
P「降りられればいいんだけどな」
奏「次のインターまで35kmね」
P「時速15kmくらいで動いてるし、渋滞を抜ければ」
奏「あら。渋滞なくても最寄りの新幹線の駅まで1時間半ですって」
P「は? えっ、いま何時だ」
奏「午後9時過ぎたわ」
P「……」
奏「東京への新幹線は10時が最終みたい」
P「……随分と調べる手際がいいじゃないか」
奏「ふふ、ありがとう」
P「含みを持たせたんだけど気づかなかったか。間に合わなくなる時間まで黙ってたろ」
奏「気づいたわ。でもそうじゃなくて、新幹線の手段をとって欲しくなくて黙っていただけ」
P「ははは、言いやがったなこの小娘」
奏「ふふふ」
P「ははは……どうすんだこれ」
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1546751465

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆WO7BVrJPw22019/01/06(日)14:11:06.14
ID:C/BBEQ9m0
速水奏「遅いわね」
モバP(以下P)「遅いな」
奏「何か手はある? Pさん」
P「……最寄りの新幹線の駅を調べてくれないか」
奏「嫌よ。私だけ返すつもりでしょう」
P「なら次のPAに入って自分で調べる」
奏「その前に下道に降りちゃった方が早いんじゃない?」
P「降りられればいいんだけどな」
奏「次のインターまで35kmね」
P「時速15kmくらいで動いてるし、渋滞を抜ければ」
奏「あら。渋滞なくても最寄りの新幹線の駅まで1時間半ですって」
P「は? えっ、いま何時だ」
奏「午後9時過ぎたわ」
P「……」
奏「東京への新幹線は10時が最終みたい」
P「……随分と調べる手際がいいじゃないか」
奏「ふふ、ありがとう」
P「含みを持たせたんだけど気づかなかったか。間に合わなくなる時間まで黙ってたろ」
奏「気づいたわ。でもそうじゃなくて、新幹線の手段をとって欲しくなくて黙っていただけ」
P「ははは、言いやがったなこの小娘」
奏「ふふふ」
P「ははは……どうすんだこれ」
2:
◆WO7BVrJPw22019/01/06(日)14:12:41.46
ID:C/BBEQ9m0
速水奏のSSです
(アイマスでは)初投稿です
はやみんかわいいよかわいいよはやみん

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆Oy6ErWeuDgcN
2018/10/14(日)20:20:45
ID:uAI
こちらで投稿するのは初めてなので、不手際がありましたら申し訳ございません。
周子×奏のガッツリ百合で、地の文ありです。


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
◆Oy6ErWeuDgcN
2018/10/14(日)20:21:03
ID:uAI
「…ええと」
「手、抜いてるでしょ」
「ちょ、奏ちゃん落ち着いて。近い、近いって。ここ事務所やし」
事務所のソファに寝転がって、フレデリカがインド旅行のお土産として配っていた八ツ橋をみょいんと伸ばしていた周子の上に、四つん這いにのしかかって顔を見下ろした。いわゆる床ドンみたいなものだ。
床ではなくソファだとか、きっと誰かにこの現場を見られたら相当まずいとか、いまはそういうことはどうでも良い。
「正直に答えて」
「えぇ…っと奏ちゃん…って八ツ橋好き?」
「はぐらかさないで」
「奏ちゃんって可愛いよね」
「っ、誤魔化さないで、ちゃんと私の質問に答えて」
「あー奏ちゃん可愛い!まつげ長い!顔がいい!いい匂い!肌すべすべ!かしこい!かっこいい!」
「あのねぇ!!」
3:
◆Oy6ErWeuDgcN
2018/10/14(日)20:21:35
ID:uAI
思ったより大きい声が出て、目下の周子が笑顔のまま硬直する。危ない、また彼女のペースに乗せられるところだった。
さっきの謎の褒め殺しのせいで赤くなっているであろう耳も、ひとまず隠さずにそのまま言葉を続ける。
「最近、随分とキスが素っ気なくなった気がするわ」
「そ、そうかなぁ?シューコちゃん的には全然…」
「嘘」
「嘘って言われてもね?。じゃあ逆に聞くけど、なんで奏ちゃんはそう感じたわけ?」
「なんで…って…」
言葉をまとめるため、床ドンの姿勢はやめて周子の太ももの上にまたがる形で腰を下ろす。「その姿勢、めっちゃえろいんやけど」と周子の声が聞こえた気がするけれど、思考の邪魔になるので無視をした。
4:
◆Oy
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
znAUHOH90
2017/04/05(水)00:49:09.55
ID:znAUHOH90
SSR奏が可愛いすぎてカッとなって書いちまいました。
初ss、地の文アリ、書き溜めアリ
良かったら読んでください。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1491320949


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
znAUHOH90 1
2017/04/05(水)00:52:50.50
ID:znAUHOH90
ファーストキスは、血の味がしたの。
貴方のせいよ。
『ねえ、今だけは私を見て?つらいことも、あの人の事も……すべて忘れさせてあげるから。』
……色っぽいなぁ。
ソファに追い込まれた戸惑う中年と、跨がって迫る美少女。
その先のストーリーを知っていても、そのシーンのすぐ手前に設置されたゴチャゴチャした設備や明るすぎる照明が目の中に写っていても、思わず、世界観に引き込まれる。
「おはようございます、346さん。速水奏さん、すごいですよね。」
「ん?ええ、ありがとうございます。おかげさまですよ、本当に」
共演の女優に話し掛けられて、束の間、撮影から目を話した。
「今回のドラマ、プロデューサーさんが企画されたんですよね?すごいですねぇ」
「企画なんてもんじゃないですよ、たまたま原作の作家が好きでして、ディレクターさんに試しにこんなんどうですか、と。上手くハマってホッとしてます。」
今、奏が出演しているドラマは、家族中も冷えきり、人生にあまり期待をしなくなった壮年の既婚男性の前に、理想そのものの少女が現れ……というストーリーだ。海外で人気を博した小説が元ネタで、奏が扮するのは年齢不相応な妖艶さを持つヒロイン役。
「ディレクターさん、346さんのおかげで今期の覇権はもらった!って言ってますよ。私もバーターで朝の情報番組に出させて頂いたりネットニュースで特集組んでもらったりして、役得って感じ」
「バーターだなんてそんな。こちらの方こそ美味しいところ取らせて頂いてありがたいです。キャスティングだとかは製作陣にお任
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
名無しさん@おーぷん
2018/09/30(日)21:17:29
ID:EHo
部屋の照明がミラーボールになった。
私の頭は正常だし、目がおかしくなったというわけでもない。おおよそ一般的に日本語として意味を成していないが、実際に部屋の照明がミラーボールになってる以上こうとしか言えない。


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
名無しさん@おーぷん
2018/09/30(日)21:19:03
ID:EHo
今日は雑誌の撮影の後にレッスンがあり、一緒にレッスンした加蓮とファストフード店に寄り道していた。加蓮が真面目な顔で芋を育てようと思うなんて言ってたのを聞き流しながら食事を取り、解散して帰路に着いた頃にはもう日が沈んでいた。
今日は疲れたし明日も朝からCAERULAでのレッスンがあるから今日は早く寝ようかな……と思いながら女子寮の自室の部屋のドアを開け、電気を点けるとそこには色とりどりの世界が広がっていた。見たところ赤、オレンジ、黄色、緑、青、藍色、紫の7色。
まるで虹だと思わず笑みがこぼれる。いや、笑ってる場合じゃないのだけれど。でもいつも照明があるところには銀色の球体が光を放っていた。なんなのこれ。
3:
名無しさん@おーぷん
2018/09/30(日)21:19:56
ID:EHo
はじめに思いついたのはイタズラ。
仕掛けそうなのは周子あたりかしら。でもこれはすぐに否定される。
鍵はしっかりかけて自室を出たし、入るときもしっかり鍵を開けた。
合鍵を持ってるならまだしも、そもそも私はこの部屋の鍵を1つしか持ってないし、それは肌身離さず持ち歩いていた。
雑誌の撮影中やレッスンの時間は流石に身につけていなかったけれど、控え室やロッカーなど施錠できるところに鍵は置いてきた。
周囲の目を盗んでこの鍵を盗み、照明をミラーボールに変え、また元の場所に鍵を戻すなんてことは不可能だ。
4:
名無しさん@おーぷん
2018/09/30(日)21:20:47
ID:EHo
次に考え出したのがドッキリ。
どこかの趣味の悪いテレビや雑誌
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。