SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
新着記事
過去作
西園寺琴歌「激論!朝までそれ可愛い!」
姫川友紀「冬の朝にキャッチボールを」
城ヶ崎美嘉「これ入れ替わってるー!?」
北条加蓮「正妻選手権だって」
多田李衣菜「事務所で一番可愛い子って」
木村夏樹「だりー、ライブどうだった?」
白菊ほたる「スキヤキソング」
棟方愛海「ノーブラオブリゲーション」
龍崎薫「ラブレター」
柳清良「パーティー」
土屋亜子「さくらに彼氏ができたらしい」

SS速報VIP:柳清良「パーティー」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1431433360/
1:
◆jjEzShkDDk2015/05/12(火)21:22:50.50ID:qpUq77Vq0
―――事務所入り口
清良「今日のお仕事も疲れたわー……」
清良「……っと、駄目ね、私が疲れた顔してちゃ」
清良「とりあえず事務所に戻ってきたし――」
薫「あーーーっ!!!清良さん!!!!」
清良「えっ、何!?」
薫「ドアの前から動いちゃダメだよ!!!」
清良「どうしたの!?」
薫「あいお姉ちゃーーーーん!!!!!清良さん帰って来たーーーー!!!!」
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1431433360

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆qEJgO2U6bM2014/04/18(金)01:49:39.85
ID:Gu70X1lW0
ガチャッ
柚「おはようございまーすっ」
P「おー」
P「おはよう。柚は今日も元気だな」
柚「おー。Pサンおはよー」
柚「へへー柚は今日も元気だよー」
ガチャ
楓「おはようございます。ちゅう」
P「楓さん。おは…、?」
柚「ちゅう?」
楓「ちゅう。おはようございまぅすです…ちゅう」ニコ
P「……今日初めて会ったところで楓さんはいつも通りですねー」
楓「えへへ」
P(ほめてはないです)
柚「ちゅうっ♪」
楓「ちゅーちゅー」
・シリーズ

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1484999876/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/01/21(土)20:57:56.42ID:dR/V0pDU0
前作はこちらです。
仁奈「になかなたーりあ!」加奈「今日からお仲間!」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/01/21(土)20:59:06.38ID:dR/V0pDU0
……歓迎会の数日前、第7部署……
ガチャッ
夏樹「はよーっす」
柑奈「あっ、おはようございます夏樹ちゃん♪」ポロローン
夏樹「おはよ。アタシが言えたことじゃないけどやけに早いな……仕事でも入ってるのか?」
柑奈「いえ、ちょっとギターの自主練習に……夏樹ちゃんは何でこんな早くに?」
夏樹「アタシはレッスン。とは言え、まだレッスンが始まるまで1時間以上あるけどな。かなり早いけど、ひょっとしたら誰かいるかと思って来ちまったよ」
柑奈「今日は運良く私がいましたね♪」
夏樹「朝の7時だし、正直期待はしてなかったけどな……それにしたって水臭いじゃないか、呼んでくれれば一緒に練習したのに」
柑奈「流石に早朝すぎて躊躇いが……」ハハハ
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/01/21(土)21:00:10.44ID:dR/V0pDU0
柑奈「それに、私は逆に誰もいないと思って早く来た口ですから」
夏樹「?」
柑奈「今日はレッスンルームが終日満室なので……」
夏樹「……ああ、なるほど。ここで練習するつもりだったのか」
柑奈「寮はそこまで壁が厚くないので気軽に練習できないんですよねー、特にこれだと」
夏樹「エレキだったらやりようは幾らかあるけど、アコギはどうしようもなく響いちゃうからな」
柑奈「なので、レッスンルームが満室の時はこうやって事務所をお借りして練習させてもらってるんです」ポロローン
夏樹「柑奈の自主練習か……ちょっと興味あるな。見ててもいいか?」
柑奈「良いですけど、面白いかどうか……」
夏樹「仲間がギタ
続きを読む

[ 閉じる ]
01/22 (16:55) SSびより
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1484999389/

1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/01/21(土)20:49:49.55ID:
ehIKwuT50
・シンデレラガールズSS
・独自設定、独自解釈を多大に含みます
・百合ではありません
・一人称地の文メイン
よろしくお願いします

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/01/21(土)20:50:28.29ID:
ehIKwuT50
『お目付役』って言うのかな。
私と志希ちゃんでユニットを組むようにプロデューサーさんが指示を出した、ごくシンプルで合理的な理由。
プロデューサーさんが「勝手についてきた」と紹介してくれた新人の子、一ノ瀬志希ちゃん。
私からすれば志希ちゃんはまるで宇宙人のような存在で、時間は守らないし、目を離したら居なくなるし、振り付けは勝手にアレンジするし。
まあ、またそれがセンスがあって様になっているのだけど。

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:
ビードルは「いとをはく」を忘れ>>3を覚えたぞ
                                        
1:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします:2017/01/21(土)02:51:03.276
ID:LBO75xOla.net
>>3

                                                            
                                        
3:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします:2017/01/21(土)02:51:27.477ID:Nd5+qh2Z0.net
性の悦び

                                                            
                                        
5:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします:2017/01/21(土)02:51:56.742ID:n3uIsSWC0.net
幼虫なのに早熟すぎるだろ

                                                            
                                        
6:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします:2017/01/21(土)02:52:58.674ID:SKhjrU7a0.net
ビードルには早すぎる

                                                            
                                        
7:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします:2017/01/21(土)02:53:12.751ID:Gg3paKA6d.net
せめて糸吐けたら拘束とか出来ただろうに

                    
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆TOYOUsnVr.2017/01/22(日)01:56:39.24ID:xsB5Pcfe0
事務所のソファに腰掛け、いつもの如く読書に興じていたところ凛さんがやってきました。
「お疲れ様。邪魔だったかな」
「……いえ、そんなことは。凛さんはこれからお仕事でしょうか?」
「ううん。お仕事は午前中で、午後はレッスンだったんだ」
「なるほど、それで今日は大荷物なのですね」
「うん。やっぱり冬は荷物がかさばるよね」
「そう、ですね。レッスンが始まってからは暑くなるので上着を持ってきても結局は脱いでしまうのですが」
「始まる前、だよね」
「はい。こればかりはどうにも……」
「まぁ、愚痴っても仕方のないことだよね。ところで文香は今日のお仕事は?」
「先程、撮影を終えて戻って来たところです」
「じゃあ、もう上がりなんだ」
「ええ、一息ついてから帰ろうかと思い……」
「じゃあ、私と一緒だ」
そう言って、ふふっとはにかむ凛さんでした。
凛さんは私の横に座ると、かわいらしいハンドバッグからスマートフォンを取り出し、私に見せてくださいました。
「これ、どうかな?」
「……カバーを変えられたのですね」
「うん。つい、可愛くて」
チョコレートの形をした素敵なカバーでした。
ああ、凛さんはきっと今日一日これを誰かに見せたくて見せたくて、たまらなかったのだろうなぁ、と思うと、思わず頬が緩みます。
「はい、とても素敵だと思います。それはどちらで……?」
「ああ、Amazonで買ったんだ」
「……今、何と?」
「え? いや、Amazonで買ったんだ」
「……なるほど」
南アメリカに広がる熱帯雨林、アマゾン。
凛さんが行動力に優れた方だということは存じておりましたが、よもやここまでとは思いもしませんでした。

続きを読む

[ 閉じる ]
01/22 (16:01) だる速
1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/01/21(土) 20:57:56.42 ID:dR/V0pDU0 前作はこちらです。 仁奈「になかなたーりあ!」加奈「今日からお仲間!」 http: […]
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しが深夜にお送りします:2016/12/20(火)18:53:12
ID:N.BWSQRE
時系列はインデックス救出後から
黒子「お姉様が話していた殿方とはお兄様のことでしたか」
上条「え、え?お兄様?」
黒子「何をキョトンとしておりますの?わたくしは上条当麻の妹、上条黒子ではありませんか?」
美琴「ちょ、ちょっと待ちなさいよ!!妹って急に何よ!?そもそも、あんたの性は白井じゃないの!?」
黒子「それは母方の性ですの。わたくしの愚兄が自分と同じ名字だと不幸な目に遭うからとム・リ・ヤ・リ使わせてくれましたの」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2014/04/13(日)09:38:26.56
ID:qbkb4Y7Lo
凛「あのさ、実はプロデューサーにプレゼントをしたくて……」
奈緒「お、おう。贈りたかったら贈れば良いんじゃね?」
凛「奈緒……」ジトー
奈緒「な、何だよ……いきなりそんなこと言われたってどうしろってんだよ?」
加蓮「まぁまぁ。それで凛、何でPさんにプレゼントをしようと思ったの?」
凛「うん。ふと思ったんだ、私ってプロデューサーにどれくらい感謝の気持ちが伝えられてるのかなって」
奈緒「感謝の気持ち?……ああ、改めて言われると伝えられてるかどうかなんてわからないもんだな」
加蓮「ふふっ、凛ってば健気だね。こんな良い子に好かれてるPさんが羨ましいよ」
凛「そ、そんなんじゃないよ、私はただプロデューサーにっ///」
奈緒「はいはい。それで感謝の気持ちとしてプレゼントがしたいと。……んで?」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1484996634/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/01/21(土)20:03:54.48ID:8DDHHjxP0
2016年1月1日から12月31日までの1年間に投稿されてまとめられたSSの中から1日に3つをランダムに選び、
計366日(うるう年+1日)×3=1098個のSSの中から、どのアイドルがどれだけ登場しているかを集計したものです。
3以下でまとめられている日はその前後から足して3としています。
一言しか喋ってない場合などでも台詞があれば1カウントで数えています。分子が登場数、分母が総数です。
数字に関しては選んだSSが変われば大きく変動するものなので、あまり気にせず気軽にお付き合いください。
前作
モバP「初代SSシンデレラガールズ」


2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/01/21(土)20:05:00.28ID:8DDHHjxP0
P「さて、仕事も早々に終わりましたし、今年もやりますか」
ちひろ「まさか本当に2回目が開催されるとは思いませんでした」
P「そこは一つ恒例行事ということで」
ちひろ「それに何か昨年より増えてませんか?」
P「より正確になるかとサンプル数を増やしてみたんですけど、ところで何でカメラ回ってるんです?」
ちひろ「折角ですから配信した方が面白いじゃないですか!」
P「やだなにそれこわい」
ちひろ「大丈夫ですよ。アイドル向けのクローズド配信なので外部に漏れることもありませんし」
P「何故そんな機能がこの事務所に......?」ウーン
ちひろ「まぁまぁ気にしない気にしない。それでは始めちゃいましょう!」
美城専務「む、プレミアム会員に追い出されたか。有能すぎるのも困り者だな」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/01/21(土)20:08:55.05ID:8DDHHjxP0
P「アニメも終わって昨年はどうなるかと思いましたが、気が付けばデレ
続きを読む

[ 閉じる ]
過去作
西園寺琴歌「激論!朝までそれ可愛い!」
姫川友紀「冬の朝にキャッチボールを」
城ヶ崎美嘉「これ入れ替わってるー!?」
北条加蓮「正妻選手権だって」
多田李衣菜「事務所で一番可愛い子って」
木村夏樹「だりー、ライブどうだった?」

SS速報VIP:白菊ほたる「スキヤキソング」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1395842574/
1:
◆jjEzShkDDk2014/03/26(水)23:02:54.31ID:vmGIbYiY0
―――事務所
ちひろ「本当ですか!!?はい……!はい……!分かりました……!直ぐに向かいます…!」
ちひろ「はい……!ありがとうございます……!申し訳ございません……!」ガチャ
P「どうしたんですか、何やら大変な様子で……」
ちひろ「落ち着いて聞いてください、プロデューサーさん」
ちひろ「……茜ちゃんが大道具の下敷きになって怪我をしました」
P「茜が!?」
ちひろ「今病院に向かわせたそうなので私が行きます。プロデューサーさんも心配とは思いますが冷静に」
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1395842574

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1: 名無しで叶える物語(わたあめ)@?(^o^)/ 2017/01/21(土) 22:32:10.44 ID:9z+sR8BJ.net
花陽「髪の毛サラサラだねぇ♡」ナデナデ ことり「えへへ...//」 花陽「ふふっ、本当に甘えんぼさん♡」チュッ ことり「はぅぅ///」 ことり「お姉ちゃぁん...♡」ギュュゥ 花陽「だいじょうぶ、花陽はずっとそばにいるよ♪」ナデナデ
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名...-
2017/01/2117:39:40.38
1Ww78WmH0
1/19
※注意事項※
このSSはアイドルマスターシンデレラガールズの二次創作です。
続き物ですので、前作(【モバマスSS】あやかし事務所のアイドルさん【文香(?)】)を先に読んでいただければ幸いです。
【モバマスSS】あやかし事務所のアイドルさん【文香(?)】
http://ayame2nd.blog.jp/archives/10600566.html
登場するアイドルの多くが妖怪という設定になっております。
それでも構わない、人外アイドルばっちこい!という方のみご覧下さい。
元スレ
【モバマスSS】続・あやかし事務所のアイドルさん
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1484987980/
続きを読む

[ 閉じる ]
元スレ
全てのレス
2:
以下、名無しが深夜にお送りします
:2017/01/21(土)22:43:01:
oAyEQ95k
千歌「なんかさー」
花丸「んー?」
千歌「ギュッ……と目をつぶってパッ!と開けたらさ、私穂乃果さんの目の前にいないかな」
花丸「マルは凛ちゃんの目の前がいいずら」
千歌「やってみよう」ギュ
花丸「うん」ギュ
千歌「………ッは!」
花丸「………ッは!」
千歌「え……?」パァァ
花丸「未来ずら……!!」パァァ

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2013/11/29(金)00:47:23.85
ID:W66gKNX0o
―――事務所
P「…………」カタカタ
P「……ん」ムズムズ
P「は……は……っ」
P「ぶえっくしょーい!」
P「うー寒い寒い……」ブルブル
P「ストーブ出そうかな……いや、灯油がないか……」
P「はぁ?……おお、室内なのに息が白い」
P「早く終わらせよ……指がうまく動かん」カタカタ…
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1385653643

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2013/11/29(金)00:49:08.75
ID:W66gKNX0o
P「うんむむ……」カタカタ
未央「♪」ヒョコッ
未央「ぷーろでゅーさっ☆」ムギュッ
P「にょわっ!? ってなんだ未央か……いきなり抱きつくなっていつも言ってるだろ?」
未央「えへへ、ごめんごめん♪ でもでもー……すりすりすりすりーっ!」
P「ちょ、あはははくすぐったいっ、なんだよ未央っ!」
3:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2013/11/29(金)00:50:43.42
ID:W66gKNX0o
未央「ふふー、どーよどーよ? あったかい、プロデューサー?」スリスリスリー
P「た、確かにあったかいけど! 背中に当たっちゃいけない柔らかいものがっ」
未央「当ててんのよー♪ それそれそれーっ☆」
P「ああもう、やめいっ!」
未央「えっへへー、プロデューサーもポカポカっしょ?」
P「ポカポカというかドキドキしてんの!」
未央「顔赤いよー? あははっ☆」
P「ったくもう!」
4:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2013/11/29(金)00:52:51.61
ID:W66gKNX0o
がち
続きを読む

[ 閉じる ]
01/22 (15:05) えすえすログ
全てのレス
元スレ
1:
◆LYNKFR8PTk
:2017/01/19(木)22:41:16.39:
Vfhb86saO
はかせ「今日は何作るのー?」
ウォレス「そうだな……今日はロケットを作ろう!!」
はかせ「おおーーーー!!」
ウォレス「ロケットで月まで言ってありったけのチーズをいただこうじゃないか」
はかせ「わーい!!チーズだーーー!!!」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆Ci3UmwhFqY2017/01/06(金)16:33:28.53
ID:ktiTgH+d0
事務所にて
かな子「みんな?。クッキー焼いてきたんだけど、よかったら食べて♪」
菜帆「もぐもぐ。ん?♪とっても美味しいです?」
里美「かな子ちゃんのお菓子は絶品ですねぇ……♪」
瑛梨華「ん?!美味しさ大爆発!って感じ、DA・NE☆」
モバP「(今日もうちのアイドルたちは美しい。眩しいくらいに)」
モバP「(特にかな子。笑顔がとても愛らしいな。そして動くたびに微妙に揺れる胸と……お腹)」
モバP「(あのお腹はすごくチャーミングでキュートなのだが、この頃少しばかり目立ってきているような気がしないでもない。かな子が可愛いことは全く変わりないんだけども)」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/01/17(火)19:40:14.28
ID:uVTtUoYmo
私はとても後悔しました。
事の始まりは大学選抜チームに勝利した記念で行われた祝賀会。
祝賀会と言いながらも実際は愛里寿ちゃんを交えた戦車道選手たちの懇親会でした。
その中でケイさん発案の『プレゼント交換タイム』なるイベントが始まり、みんなが持ち寄った贈り物を交換しました。
大洗でしか使えない食券10枚だったり、干し芋三日分だったり、結婚情報誌だったり、プラモデルの江戸城だったり。
全部個性溢れるものであり、みんなは一喜一憂して盛り上がりを見せました。
私は運よく愛里寿ちゃんがもってきてくれた、ボコの期間限定ぬいぐるみを手に入れることができました。
嬉しさのあまり、思わず愛里寿ちゃんの手を強く握ってしまったほどです。
愛里寿ちゃんがかなり驚いていたので、反省しないと。
自分の幸運に浸っているとき、優花里さんが近づいてきたのです。
「西住殿、見てください。ナオミ殿のプレゼントが当たりました」
優花里さんは笑顔でそれを見せてくれました。
それは紛れもなく首輪。
何故、プレゼントに首輪なのか疑問でしたが、他にも奇抜なものはあったし、特段首輪がおかしなものであるという意識はありませんでした。
「いいでしょ、それ。それを付けるだけでワイルドになれるわ」
後にナオミさんがそう説明してくれたのですが、そんなことにはなりませんでした。
このとき私がもっと首輪に対して疑念を抱いていれば、あんなことにはならなかったはずなのに。
 

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
◆jjEzShkDDk2014/02/27(木)00:17:36ID:3Cud0AGo
李衣菜「ライブ?すっごく楽しかったよ!」
夏樹「そうかー、お前も気付けばどんどん先に行っちまうよなあ」
李衣菜「んーん、私の憧れは今でもやっぱりなつきちだもん」
夏樹「へへっ、嬉しい事言ってくれるじゃねーか」
李衣菜「えへへ!」
夏樹「今回は765さんの所が主体だっけ?」
李衣菜「そうそう!たくさん有名な先輩がいてすっごく緊張したけど、みんな優しくしてくれたよ!」
夏樹「まっ、そこはお前の人懐っこさのお陰でもあるな」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1485013359/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/01/22(日)00:42:40.09ID:RRLAWkugo
昔々有るところに、Pという若者が住んでおりました。
サクッサクッ
P「ふう、畑仕事も楽じゃないな。」
Pは働き者でしたが、一つ悩みがありました。
P「ん?またあいつか!」

3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/01/22(日)00:45:58.70ID:RRLAWkugo
ガタガタ
P「こら!またお前か!いつも人の服を取って行きやがって!」
???「あっ、見つかっちゃったか!」
ザザザッ
???「前のはここに置いていくからねー!」ピュー
P「全くもう!」
Pは動物の服を隠すイタズラに悩まされておりました。
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/01/22(日)00:48:54.22ID:RRLAWkugo
P「よし、あいつに頼むか。」
Pは知り合いのウサギに、懲らしめてやるよう頼むことにしました。
P「ということなんだが。」
智絵里「は、はい!分かりました、もうやめてくれるようにお願いしますね!」
P「おお、頼むぞ!」

続きを読む

[ 閉じる ]
01/22 (15:00) ネコミミss速報
1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/01/19(木)18:08:25.70ID:Ztwm2iys0
パクリnオマージュnリスペクトです。
でも例の要素はありません。
書き逃げです。
Rに飛んだら飛んだで。
独自形式、オリキャラ。
 

続きを読む

[ 閉じる ]
関連SS
モバP「北へ還れ!」
モバP「初雪だってよ」
モバP「北海道で活きのいいの見繕ってきた」
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/02/22(金)21:02:10.93
ID:oL9O+hxu0
「今日はPさん以外にもお客さんが来てるんですよ」
P「その言い方じゃまるで客が俺しかいないみたいじゃないですか」
「うふふ、たまにはあの子達も連れて来てあげてくださいね」
P「機会が有れば、ですね」
「甘々のミルクティを用意して待ってますよ♪」
P「あはは、では今日はアールグレイでお願いします」
「はい」
P「……本当だ、俺の他にも人来てるや」
??「……」
P「……珍しいの」
「お待たせしました、アールグレイといえばアイスですよ、どうぞ!」
P「ありがとうございます……ん、美味しい」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2013/11/05(火)21:05:52.64
ID:ZjsUzT6OO
晶葉「ああ、そうだ。名前を入力してここのボタンを押すと、その人の恋愛能力が数値化して表示されるというわけだ。」
卯月「へ?!面白そうだね!ねえ晶葉ちゃん、これ、ちょっと借りてもいいかな?」
晶葉「ああ、別にいいぞ。むしろ、試作テストの手間が省けて助かるくらいだ。」
晶葉「ただし、装置を返す時に結果を私に報告してくれないか?色々とデータを取らなくてはいけないからな。」
卯月「うん、わかったよ!それじゃあ、借りてくね。よいしょっと…」ズシッ
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1383653152
引用元:

卯月「恋愛能力診断?」 


アイドルマスターシンデレラガールズ島村卯月ver.スマートフォンスタンド第二弾
postedwith
amazletat17.01.21
つくり(2017-01-31)
売り上げランキング:7,980
Amazon.co.jpで詳細を見る
続きを読む

[ 閉じる ]
1: 名無しで叶える物語(家)@?(^o^)/ 2017/01/21(土) 23:32:45.85 ID:6g4Y5uTn.net
もしも渡辺家が実在するモデルみたいに「喫茶店」だったらの話です。 そのため曜の設定が大幅に変わっておりますがご了承ください。 ファーストライブの次の日だと思って頂ければ幸いです。 ※前回規制に引っかかてしまい途切れてしまったので再投稿です。 ――沼津市街地 千歌「曜ちゃんの家に行くのも久しぶりだなぁ」 千歌「そう言えば、梨子ちゃんは曜ちゃんの家に行くのは初めてだったね?」 梨子「うん。この辺りに来るのも初めてね。確か自宅が喫茶店なんだっけ?」 千歌「そうだよ。この近辺に住んでいる人たちの憩いの場みたいなお店なんだ」 千歌「曜ちゃんのお父さんが作る料理はとても美味しいって評判が良いんだよ!」 梨子「それは楽しみね」クスッ
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆ag9TZfREZs-
2017/01/1601:44:57.86
OxMCYEO80
1/287
キャラ崩壊注意
安価注意(双六の続行が難しくなる場合は無効になります。特にグロ系)
作品途中の雑談歓迎
優季の部屋――


「これがあの、全てが安価で決まる双六……!」
あや
「そんな伝説のゲームを、優季ちゃんが持ってるなんて……!」
優季
「ちょっと理由があって……ね?」
紗希
「……!」ドキドキ
桂利奈
「やりたい、やりたい!」
あゆみ
「早速遊んでみよ!」
元スレ
【ガルパン】梓「安価双六」【安価】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1484498697/
続きを読む

[ 閉じる ]
01/22 (14:55) SSびより
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1485017798/

1:
◆TOYOUsnVr.2017/01/22(日)01:56:39.24ID:
xsB5Pcfe0
事務所のソファに腰掛け、いつもの如く読書に興じていたところ凛さんがやってきました。
「お疲れ様。邪魔だったかな」
「……いえ、そんなことは。凛さんはこれからお仕事でしょうか?」
「ううん。お仕事は午前中で、午後はレッスンだったんだ」
「なるほど、それで今日は大荷物なのですね」
「うん。やっぱり冬は荷物がかさばるよね」
「そう、ですね。レッスンが始まってからは暑くなるので上着を持ってきても結局は脱いでしまうのですが」
「始まる前、だよね」
「はい。こればかりはどうにも……」
「まぁ、愚痴っても仕方のないことだよね。ところで文香は今日のお仕事は?」
「先程、撮影を終えて戻って来たところです」
「じゃあ、もう上がりなんだ」
「ええ、一息ついてから帰ろうかと思い……」
「じゃあ、私と一緒だ」
そう言って、ふふっとはにかむ凛さんでした。
凛さんは私の横に座ると、かわいらしいハンドバッグからスマートフォンを取り出し、私に見せてくださいました。
「これ、どうかな?」
「……カバーを変えられたのですね」
「うん。つい、可愛くて」
チョコレートの形をした素敵なカバーでした。
ああ、凛さんはきっと今日一日これを誰かに見せたくて見せたくて、たまらなかったのだろうなぁ、と思うと、思わず頬が緩みます。
「はい、とても素敵だと思います。それはどちらで……?」
「ああ、Amazonで買ったんだ」
「……今、何と?」
「え? いや、Amazonで買ったんだ」
「……なるほど」
南アメリカに広がる熱帯雨林、アマゾン。
凛さんが行動力に優れた方だということは存じておりましたが、よもやここまでとは思いもしませんでした。

続きを読む

[ 閉じる ]
01/22 (14:35) えすえす
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/01/21(土)23:45:10.79
ID:AWSAd35i0
絵里「ついに!ついにこの日が来たわ!」
絵里「苦節数カ月……亜里沙にばれないよう食事を節約したり……」
絵里「ほのわんの写真集をリビングに置いてアピールしたり……」
絵里「涙ぐましい努力を重ねながら……」
絵里「ついに今日ほのわんを買うことができたわ!」
絵里「だけど……」
穂乃果「……ウゥゥゥゥ??!」
絵里「明らかに警戒されてるわね……
とても懐きやすいって本に書いてあったんだけど……」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆TOYOUsnVr.2017/01/22(日)01:56:39.24
ID:xsB5Pcfe0
事務所のソファに腰掛け、いつもの如く読書に興じていたところ凛さんがやってきました。
「お疲れ様。邪魔だったかな」
「……いえ、そんなことは。凛さんはこれからお仕事でしょうか?」
「ううん。お仕事は午前中で、午後はレッスンだったんだ」
「なるほど、それで今日は大荷物なのですね」
「うん。やっぱり冬は荷物がかさばるよね」
「そう、ですね。レッスンが始まってからは暑くなるので上着を持ってきても結局は脱いでしまうのですが」
「始まる前、だよね」
「はい。こればかりはどうにも……」
「まぁ、愚痴っても仕方のないことだよね。ところで文香は今日のお仕事は?」
「先程、撮影を終えて戻って来たところです」
「じゃあ、もう上がりなんだ」
「ええ、一息ついてから帰ろうかと思い……」
「じゃあ、私と一緒だ」
そう言って、ふふっとはにかむ凛さんでした。
凛さんは私の横に座ると、かわいらしいハンドバッグからスマートフォンを取り出し、私に見せてくださいました。
「これ、どうかな?」
「……カバーを変えられたのですね」
「うん。つい、可愛くて」
チョコレートの形をした素敵なカバーでした。
ああ、凛さんはきっと今日一日これを誰かに見せたくて見せたくて、たまらなかったのだろうなぁ、と思うと、思わず頬が緩みます。
「はい、とても素敵だと思います。それはどちらで……?」
「ああ、Amazonで買ったんだ」
「……今、何と?」
「え? いや、Amazonで買ったんだ」
「……なるほど」
南アメリカに広がる熱帯雨林、アマゾン。
凛さんが行動力に優れた方だということは存じておりましたが、よもやここまでとは思いもしませんでした。

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
2
3
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。