SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
最近の人気記事
30件取得
今日の人気記事
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2017/07/20(木)22:21:25.45
ID:nydYuGQyO
妹「ですが量がイマイチですね」
兄「…」
妹「もう一度」
兄「…」コク
シコシコシコ…
兄「」ドピュ

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2017/07/20(木)22:24:58.26
ID:nydYuGQyO
妹「今度は距離が短すぎます」
妹「ほんとうにダメな人ですね。兄さんは」
兄「…」
妹「そんな事で私を孕ませる事ができるとでも?」
兄「…」
妹「明日またチャンスをあげます」
妹「せいぜい足掻くことですね」
兄「…」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2017/07/20(木)22:27:07.11
ID:nydYuGQyO
兄「…」
シコ…シコシコシコ
兄「」ドピュ
妹の写真「」ベチャ
兄「…」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2017/07/20(木)22:29:45.53
ID:nydYuGQyO
〈次の日〉
妹「さあ。今日も始めましょうか」
兄「…」
妹「私の満足いく射精、見せて頂けますね?」
兄「…」コク
シコシコシコシコ…
兄「」ドピュ
妹「…何ですかそれは」
5:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2017/07/20(木)22:32:47.08
ID:nydYuGQyO
妹「そんなものですか、兄さんの本気は」
兄「…」
妹「私を孕ませる気などない、そういう事ですか?」
兄「…」
妹「兄さんは私を愛していないと」
兄「…」
妹「もういいです。あなたの気持ちはよく分かりました」
妹「私
続きを読む

[ 閉じる ]
2位 08/22 (17:00) SS 森きのこ!
元スレ
全てのレス
1:
◆TOYOUsnVr.
:2017/08/22(火)15:34:43.84:
ryn1QpcY0
「それ、この前の?」
ついこの前の動物モチーフのお仕事、その撮影の合間に撮った写真たちがモニター上に並んでいたから、思わずプロデューサーに声をかけた。
どうやらプロデューサーは作業に集中していたらしく、少しびくっとして振り返る。
「あ、ごめん。びっくりしたよね」
「大丈夫。うん、この前の」
「この子、かわいかったよね」
表示されているたくさんの中の一つを指で示すと、プロデューサーはそれを開いてくれた。
私と、一緒に写真を撮ってくれたオオカミの子がモニターにでかでかと表示される。
プロデューサーがマウスをかちかちと操作して、撮影時間順に写真を送っていくと、ついこの前の記憶が鮮明に蘇る。
強張った顔で、おっかなびっくりオオカミの背中に手を伸ばす私に始まって、にやけた顔でオオカミを撫でまわす私で写真は終わる。
最後の一枚は、少しだけ私の髪がぼさぼさだった。
「最後の、髪ぼさぼさになってるな」
「いや、プロデューサーのせいなんだけど」
私が言い返すと、プロデューサーは「そうだったっけ」なんて言って、とぼける。
ぼさぼさの理由は、あのとき「プロデューサーも撫でてみて」と私が促したら、どさくさに紛れて私の頭まで撫でてきたからだった。

続きを読む

[ 閉じる ]
3位 08/22 (19:00) SSなび
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/06/02(木)22:39:19.98ID:FxS55EaY0
瑞鶴「どうして好き好んで、あんたなんかと一緒に行かなきゃならないのよ!」
加賀「私最近、免許を取ったの」
瑞鶴「赤城さんと行けば良いじゃない」
加賀「車の色が気に入らなかったみたいなの」
瑞鶴「・・・・・・」
瑞鶴「・・・だったら他の娘を誘えば良いでしょ」
加賀「私、友達が1人もいないの」
瑞鶴「」
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1464874759

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1397825259/
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/04/18(金)21:47:39.58ID:sNoBvVE90
☆ライブ会場☆
P「おう、晴! 素晴らしいライブだったぞ! 流石晴と褒めてやりたい!」
晴「そ、そうかよ……」ハァハァ
P「特に最初の『フレッシュ晴チンだぞ?♪』ってちゃんと言ったところはよかったぞ。最初はあんなに嫌がってたのになぁ♪」
晴「ま、まぁな……///」ハァハァハァ
P「こんなに汗だくになってまで頑張ってくれて……プロデューサーとして本当に嬉しいよ。なんだかんだで、お前ももう立派なアイドルになったよな」
晴「ハァ……ハァ……///」
P「………どうした? なんだか息が異様に荒いぞ? それになんだか顔が赤いような……」
晴「べ、別に……ハァ……なんでも……ハァ……///」
晴「あ―――……」
バタリ
P「晴!?」


2:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)
2014/04/18(金)21:49:28.14ID:sNoBvVE90
P「大丈夫か晴ッ!? しっかりしろ!!」
晴「ハァ……ハァ……///」
P「ッ!! すごい熱だ………」
晴「な、なんともねぇよ……ハァ…これぐらい……///」
P「そんなわけないだろ! これは明らかに風邪を引いてるじゃないか!」
P「ってことはお前まさか、体調悪いのにステージに上がったのか!?」
晴「……びょ、病気だからって……ステージを休んじまったら……。アイドルとして……失格だろ……」
P「バカ野郎……そんなんで無理したら悪化するに決まってんだろ!」
晴「わ、悪ぃ…ここまで……悪化するとは……思わなかった……」
晴「Pに心配かけちゃって……ハァ……ごめん……///」
P「……俺こそごめんよ。お前の体調に気付いてやれなくて……と、とにかく急いで病院に行こう!!」
3:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)
2014/04/18(金)21
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
◆pG/vw.lNn6
2015/05/22(金)21:23:53.56
ID:P/UBZvn20
村雨「はいはーい! 白露型駆逐艦「村雨」だよ。みんな、よろしくね!」
提督「随分とまた明るい娘が来たな。白露型と言うと、五月雨の……」
村雨「そ。私がお姉さんね」
提督「ははは、お姉さんか」
  「見ての通り、私はまだ着任したばかりで艦娘も駆逐艦ばかりだ」
  「お姉さんの働きに期待してるよ」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1432297423

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆pG/vw.lNn6
2015/05/22(金)21:25:27.34
ID:P/UBZvn20
提督「ふぅ。やっと第3艦隊が解放されたぞ」
村雨「お疲れ様、提督」
提督「ありがとう。これも村雨達が出撃や遠征を頑張ってくれているおかげだ」
村雨「うふふ。いい感じにレベルも上がってるしね」
  「来週の村雨にも、期待してね♪」
提督「来週もだが、今週はまだ1日あるからそっちも頑張ってほしいな」
村雨「はーい」
3:
◆pG/vw.lNn6
2015/05/22(金)21:31:25.95
ID:P/UBZvn20
村雨「提督、連絡が入ってるよ」
提督「また演習の誘いか……」
村雨「たまには受ければいいのに」
提督「向こうは大和型まで持っているんだぞ。戦艦すらいないウチがどうやって勝てと」
村雨「勝てなくても、経験は得られるでしょ? この先、深海棲艦の戦艦とも戦うんだし。演習はあくまで演習なんだから、あまり気にしなくていいと思うな」
提督「……それもそうだな」
  「じゃあ村雨旗艦、僚艦抜きの一隻編成で出しておこう」
村雨「ちょ、待っ!」
4:
◆pG/vw.lNn6
2015/05/22(金)21:35:00.52
ID:P/UBZvn20
◇改造
村雨改「村雨、パワー
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1503334352/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/08/22(火)01:52:32.74ID:ETTqvqHo0
P「晶葉から預かってきた」
泰葉「あの」
P「お、どうした」
泰葉「それと私達に何の関係が…?」
泉「同意見。っていうか私はどちらかというと作る側じゃない…?」
P「作るか? そんないかれたもん」
泉「いや作らないけど…」
P「そういうこった。ここにいるのはウチの事務所から選び抜いた理性的メンバーだ」
千秋「結局は実験台ってことね? 頭が痛くなるわ…」ハァ

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/08/22(火)01:59:22.54ID:ETTqvqHo0
P「まあそう言うなって。俺も大概実験台にされまくってる。志希とか晶葉とかチッヒとかな」
泉「フォローになってないよ。あとちひろさんのことどういう呼び方してるの」
P「まあまあ。とにかく、理性的となるとこの事務所のメンツは俺含めてあまり適してる人材がいないもんでな」
千秋(否定できない……)
P「大人組にはそれなりに居るには居るんだが、万が一暴れたりなんかしたら危険そうな人ばかりだろ?」
泰葉「う、うーん……」
P「あくまで今回は実験。効力も抑えめらしいから、ちゃっちゃと済ませっちまおうじゃないか」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/08/22(火)02:07:32.88ID:ETTqvqHo0
P「そんじゃ説明」
P「比較的安全そうなお前達に手伝ってもらうワケだが、それでも被害は最小限に抑えるべきだろ?」
P「だから、別室で俺と二人きりになってもらう形で一人ずつサンプルデータをとらせてもらう」
泉「え、ふ、二人っきり?」
泰葉「一人ずつですか?」
P「ああ。何せ理性のタガを外すからな。ヘタすりゃ後々の人間関係に響く」
千秋「装置のせいにできるとは言え、本能を剥き出しにするんだものね。たし
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
1
2013/10/30(水)14:31:20.59
ID:/qvEh18V0
八幡「うっす」トビラ、ガラガラ
雪乃「あら、比企谷くん。来たの?」
八幡「なぁ雪ノ下、ナチュラルに俺をdisるのやめてくんない?」
雪乃「あら、心外ね。私はただあな(ry」
結衣「ねぇ、ゆきのん、なにヒッキーと二人で楽しく会話してるの?あたしは空気の?そもそもヒッキーとゆきのん、付き合ってもいないよね?なのにどうして?どうして夫婦みたいに話てんの?」ニコニコ
雪八「由比ヶ浜(さん)?」
結衣「大体、ヒッキーはあたしの気持ちに気づいてるよね?なのにどうしていつもいつもゆきのんと居るときばっかり楽しそうにしてるの?そんなにあたしって魅力ないかな?一緒にいて楽しくないかな?そこのまな板よりも楽しくて明るい人間だと思ってたんだけどなぁ。ねぇ、どうして?どうしてなの?ヒッキー?」ニッコリ
八幡「とりあえず落ち着け、由比(ry」
結衣「あたしは落ち着いてるよ。ヒッキー。ねぇ、ヒッキー答えてよ。ヒッキー。ヒッキー?」ニッコリ
雪乃「少しいいかしら、由比ヶ浜さん?」アセアセ
結衣「大体、……サエ………バ…」ブツブツブツ
雪乃「ゆいが(ry」
結衣「あんたさえいなければ!!!!!!!」ナイフ、ブッサス
雪乃「う、ああ、ゆいが」ガクッ
八幡「雪ノ下、雪ノ下!!おい、なにしてるんだ!!」
結衣「これで邪魔者は消えたね。ヒッキー。」ニコニコ
八幡「なに考えてるんだ、由比ヶ浜!雪ノ下はお前のともだ」グサッ、ハチマンハ、ナイフヲササレタ
結衣「ヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキーヒッキー。むこうの世界で幸せになろ?」
八幡「な、なにを」ガクッ
結衣「今そっちへいくよ、ヒッキー!ずっと一緒だからね、ヒッキー!!!」……グサッ
おしまい<
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆TOYOUsnVr.2017/08/22(火)15:34:43.84
ID:ryn1QpcY0
「それ、この前の?」
ついこの前の動物モチーフのお仕事、その撮影の合間に撮った写真たちがモニター上に並んでいたから、思わずプロデューサーに声をかけた。
どうやらプロデューサーは作業に集中していたらしく、少しびくっとして振り返る。
「あ、ごめん。びっくりしたよね」
「大丈夫。うん、この前の」
「この子、かわいかったよね」
表示されているたくさんの中の一つを指で示すと、プロデューサーはそれを開いてくれた。
私と、一緒に写真を撮ってくれたオオカミの子がモニターにでかでかと表示される。
プロデューサーがマウスをかちかちと操作して、撮影時間順に写真を送っていくと、ついこの前の記憶が鮮明に蘇る。
強張った顔で、おっかなびっくりオオカミの背中に手を伸ばす私に始まって、にやけた顔でオオカミを撫でまわす私で写真は終わる。
最後の一枚は、少しだけ私の髪がぼさぼさだった。
「最後の、髪ぼさぼさになってるな」
「いや、プロデューサーのせいなんだけど」
私が言い返すと、プロデューサーは「そうだったっけ」なんて言って、とぼける。
ぼさぼさの理由は、あのとき「プロデューサーも撫でてみて」と私が促したら、どさくさに紛れて私の頭まで撫でてきたからだった。

続きを読む

[ 閉じる ]
9位 08/22 (19:00) えすえすゲー速報
2:
GOUST探偵
2014/01/01(水)20:56:28.13
ID:a86zyW/T0
菜々「いや、そうなんですけどね」
杏「なんで元旦から菜々さんが杏の家来てるの? 暇なの?」
菜々「まあ、アイドルとしての仕事は三日までお休みですし」
杏「菜々さん人気ないの?」
菜々「違いますよ! 人気ありますよ! 今や国民の7割はミンミン=ウサミンの認識ですよ!!」
杏「杏はミンミン=餃子だけどな?」
引用元:

杏「ここ杏の家なんだけど」 


アイドルマスターシンデレラガールズ双葉杏なまけものフェアリーVer.1/7完成品フィギュア
postedwith
amazletat17.08.21
アルター
売り上げランキング:812
Amazon.co.jpで詳細を見る
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆wTVghAGm0I2017/03/26(日)15:29:15ID:fW4XT.Qs
幼馴染(以下幼)「いつの間にか好きになっていた男がいつまでも告ってこないから私があいつに告白するわ」
幼「まずは、定番の屋上か校舎裏、体育館裏ね」
幼「といってもうちの学校には体育館裏くらいしかないからそこで告白するしかないわね」
幼「明日一緒に登校するときに放課後体育館裏に来てもらうように言って、放課後にそこで…」プシューッ
幼「ええい!ショートしてる場合じゃないわ!女は度胸よ!」

続きを読む

[ 閉じる ]
11位 08/22 (16:07) SS古今東西
1:
◆mZYQsYPte.
:
2016/07/04(月)14:26:10.98ID:lQ0Kd8QMo
鎮守府 執務室
提督「君がここに来て早三ヶ月か。日本の艦隊はどうだ」
グラーフ「感動続きだ。日本の艦娘は皆、練度がとても高い。支える妖精の技術も確かだ」
提督「ドイツからの派遣艦をウチで迎えられ、士気も上がっているよ」
グラーフ「そうか。なら私も負けてはいられない。午後からの空き時間も特訓を」「まぁまぁ」
提督「今日は休め」
グラーフ「どんな理由がある。それは提督としての命令か」
提督「君は命令じゃなかったら俺の言葉は聞いてくれないのか」
グラーフ「あっ、いや、これはドイツ軍人としてのだな、だが私個人としては……うぅん」
提督「……」ニコニコ
グラーフ「……アトミラール。そういう返し方は卑怯なのではないか」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1467609970

続きを読む

[ 閉じる ]
12位 08/22 (16:10) SS 森きのこ!
元スレ
全てのレス
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2017/08/22(火)15:52:05.49:
LUgeyB0R0
輝子「……」グイグイ
P「黙ってずっと俺にマッシュルームを押し付けてくる」
輝子「……」グイグイ
P「なんだ?言いたいことがあるなら口で伝えてくれ」
輝子「ま、マッシュルーム君のは、花言葉は……わかるか?」
P「え?きのこにも花言葉あんの?」
輝子「は、花言葉は疑い、フヒッ」
P「疑い?何か俺疑われるような事したの?」
輝子「いや……うん……その……」
P「俺はお前と裏表のない付き合いをしていきたいんだ。だから思ったことははっきり言ってくれ」
輝子「つ、付き合い……フヒッ」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
13位 08/22 (19:00) SSますたー
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/08/10(水)02:01:59.01
ID:/u+fX4Xq0
杏「ずーっと働き詰めなんて体によくないよ。知ってる?野生動物だって必要以上に狩りはしないんだよ」
モバP(フフーン、以降P表記ですよ!)「知ってるか?その代わり必要以上にダラけたりもしないんだぞ」
P「それに生きていく為には働かないといけないしな」カタカタカタカタ
杏「プロデューサーはどう考えても必要以上に働きすぎだと思うけどね」
P「杏はどう考えても必要以上に休みすぎだと思うけどな」ッターン
杏「屁理屈」
P「おまいう」カタカタカタカタカタカタ
P「…で、いつまでソファの下に挟まってるつもりだ?」
杏「察してよ」
P「太った?」
杏「服が引っ掛かってるだけだよ。年頃の女の子に何てデリカシーが無い」
P「デリカシーぐらいあるわい。相手によって使用するかしないかってだけで」
杏「最低だー。今の発言で杏は酷く傷心しました。2週間の休みを要求します」
P「次の輿水チャレンジのスペシャルゲスト決定な」
杏「人間、やっぱり程々に労働するのが正しい姿だよね」キリッ
P「いいから出てこいヤドカリアイドル」スポンッ
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1470762118
続きを読む

[ 閉じる ]
SS速報VIP:ゲンドウ「シンジから進路相談の電話がきた。」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1355106094/
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2012/12/10(月)11:21:34.29ID:v5ggrdUn0
エヴァのSSです。
テーマはギャグ・感動。注・ゲンドウだけキャラ崩壊が激しいです。
シンジ「あ・・・もしもし父さん?今度学校で進路相談があるんだ。で父兄の方にも来てもらうようn」
ゲンドウ「そういうのは・・・葛城一佐に一任してある。が葛城一佐は父兄ではないので
     私がいく。」
シンジ  「本当!?父さん!?」
冬月  「なっ!?碇!?」
ゲンドウ「今日の会議が終わり次第、葛城一佐の自宅に向かう。詳しい話はそこで聞こう。葛城一佐に
     そう伝えてくれ。」
シンジ「わかったよ!じゃあ後でね!」
ゲンドウ「冬月・・・今日と明日の予定を全てキャンセルしろ。」
冬月  「馬鹿をいうな・・・。国連の会議だけでも・・・。」
ゲンドウ「これは司令命令だ。国連の犬どもぐらい。お前一人でもどうとでもなる。」
冬月  「手間をかけさせおって・・・。」
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1355106094

続きを読む

[ 閉じる ]
ガルパン過去作
まほ「泥まみれの虎」
まほ「アンツィオ高校、西住まほ。短期転校手続きは済ませてきた」
まほ「知波単学園、西住まほ。短期転校手続きは済ませてきた」
まほ「継続高校、西住まほ。短期転校手続きは済ませてきた」
まほ「プラウダ高校、西住まほ。短期転校手続きは済ませてきた」
まほ「サンダース大学付属高校、西住まほ。短期転校手続きは済ませてきた」
【ガルパン】しほ「時には昔の話を」
まほ「聖グロリアーナ女学院、西住まほ。短期転校手続きは済ませてきた」
アンチョビ「さくらんぼの実る頃」
まほ「大洗女子学園、西住まほ。短期転校手続きは済ませてきた」

SS速報VIP:まほ「西住まほ、5さい。なっとうにはネギをいれるタイプ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1501762555/
1:
◆t8EBwAYVrY2017/08/03(木)21:15:55.37ID:PDc8Cjgu0
 セミ<ミーンミミミミミミミ
まほ「・・・」ソロ?
 セミ<ミーンミミミミミミミ
まほ「・・・」グッ・・・
 セミ<ミ"ッ バタタタタ・・・
まほ「あっ・・・にげちゃった。もう少しだったのに」
 バサッ!
みほ「わーい!おねえちゃんつかまえたー!」
まほ「・・・みほ、むしとりアミでわたしをつかまえるんじゃなくて、セミをとるんだよ」
みほ「だってアミでつかまえるのむつかしいんだもん」
まほ「みほのばあい、アミじゃなくてちょくせつつかまえるほうがいいかもしれない」
みほ「わかった!えぇ?い!」ガバー
まほ「みほ、わたしじゃなくてセミをつかまえるんだよ」
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1501762555

続きを読む

[ 閉じる ]
16位 08/22 (19:30) えすえすMode
1:
名無しさん@おーぷん:2017/08/21(月)23:06:55
ID:Y1y
ワァァー!ワアアアアー・・・・・・
アンダーザデスクLIVE終了後

続きを読む

[ 閉じる ]
17位 08/22 (18:40) SS 森きのこ!
元スレ
2:
名無しさん@おーぷん
:2017/08/22(火)00:24:39:
PzJ
真夏の肌を焦がすような日差しは、京都も東京も同じだった。
塩見周子は雷門の赤提灯の下で、手帳にバッテンを書き込んだ。
利休白茶に光沢がついたような銀髪。切れ長の瞳。
少し尖った鼻。
普段の性格は飄々としていて、物事の深いところにあまりつっこまない。
彼女は友人の小早川紗枝を伴って、休日という休日を甘味処巡りに費やしている。
なにせこの暑さ。
冷や菓子でも食べていなければ、アイドルもやっていられない。
だが、東京には周子の舌に合う甘味処がなかなか見つからない。
その理由については周子自身検討がついている。

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2017/04/23(日)21:18:57.06
ID:mOYe0V+90
アニメジョジョ17話
振り向いてはならない小道に迷い込んだ岸辺露伴と広瀬康一。杉本鈴美からある話を聞いていた。
鈴美「…ここの家ね。15年程前殺人事件があったんですって。隣のおばあちゃんから聞いた話よ。事件の日の真夜中この家の女の子が寝室で寝てるとね」
露伴、康一「!?」
鈴美「両親の部屋の方でピチャリ、ピチャリって何かが滴る音がして目が覚めたんですって」
鈴美「何の音だろう?パパ。ママと呼んだんだけど返事がないんですって。でも女の子はそんなに怖くなかったの。なぜなら傍には愛犬がいたから」
鈴美「だけど相変わらずピチャ、ピチャって音が何十分も続いてるんですって。ついに女の子は何の音か調べに行くことにしたのよ」
鈴美「すると首を切られた愛犬アーノルドがコート掛けに吊るされ死んでいたの!」
鈴美「突然ベッドの下から声がしたわ。「お嬢ちゃんって、かわいい顔と、エロい体をしてるね。勃っちゃったよ。クックック?ン」」
鈴美「「両親も既に殺したぞ。母親の中(腔内)は最高だった」と言って…」
鈴美「そして女の子も(強姦されたのちに)殺されたのよ!!」
―――
――


varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2017/04/23(日)21:59:48.34
ID:mOYe0V+90
お詫び
今年の1月に「もし吉良に異常な性癖がなかったら?」というスレを書いてましたが、このRのことを分かっておらずSS速報VIPに書いちゃいました。
後にそれに気付いたら怖くなって立て逃げしてしまいました。ホントにごめんなさい!通報しないでくださいお願いします
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1483758613/
今回は修正版です。マジで中途半端にならないよう
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しが深夜にお送りします2012/06/24(日)19:22:22ID:HYrnPNBg
男「えー。何でだよー」
男「今の時期、すげー綺麗に星が見える場所が…」
幼「知ってるわよ」
幼「毎年ウチの家族とと男の家族、みんなで行ってる場所でしょ?」
男「…うん」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆Xz5sQ/W/66
2017/07/10(月)17:36:31.21
ID:aCNVt51G0
===
「一つ、確認しておきます。あなたはエッチなのですか?」
問われ、男は言葉を失った。
今、目の前に立つ見目麗しい少女はその澄んだ瞳を真っ直ぐに向け、彼の返事を待っている。
だがしかし、ここは何と答えることが正解なのか?
「はい」か「いいえ」か、単純な二択のハズなのに、
男にはそのどちらを選んだ場合でも、来るべき未来は同じ物に思えてならなかった。
そしてまた、その予感と予想は至極正しい。
どちらを選んでもバッドコミュ。
彼にはとても気の毒だが、この質問に正解など、
最初(ハナ)から用意されていない。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1499675790

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆Xz5sQ/W/66
2017/07/10(月)17:38:50.58
ID:aCNVt51G0
「……プロデューサー?」
故に、男が選んだのは「沈黙」……
その整った眉を訝し気にしかめる少女に対し、
彼は無言の回答でこの場を乗り切ろうとした。
だが、少女はそれで納得しない。
頭に被っていた麦わら帽子のつばを上げ、
先ほどよりも強い口調で問いかける。
3:
◆Xz5sQ/W/66
2017/07/10(月)17:40:42.07
ID:aCNVt51G0
「プロデューサー? 声は届いておられましょう」
その言葉遣いは丁寧だが、彼女の視線は返答無きならササニシキ。
いや、返答次第ではあなたを指すのもやぶさかでないと、
そのような鋭く厳しい視線であった。
誰だってさされるのは嫌である。
刃物だろうと、トドメだろうと、少女の場合は人差し指だが、
あまつさえ呉服屋の娘が人様を指でさすなんて!
それも人差し指で遠慮なく、躊躇もせずに指すだなんて!
それは少々行儀が悪い
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1503351826/
1:
◆pdkDwyOMVs2017/08/22(火)06:43:47.09ID:SInPf2jZo
「りんののとブンドドって似てるよな」

2:
◆pdkDwyOMVs2017/08/22(火)06:44:17.09ID:SInPf2jZo
誕生日の、次の日。
お祝いのちょっとお高いディナーを食べに行くまでの待ち時間。
……こうやって二人きりでいると、プロデューサーは時々おかしな事を言う。
3:
◆pdkDwyOMVs2017/08/22(火)06:44:45.23ID:SInPf2jZo
・渋谷凛のSS
・短編
4:
◆pdkDwyOMVs2017/08/22(火)06:45:15.64ID:SInPf2jZo
カップリングの話は前に奈緒からちょっとだけ教えてもらった。
確か、SNSで私達の写真に”#りんなお”ってタグが付けられてたのを見たときだっけ。
仲良し、の一歩先を想像して、期待して、名前を組み合わせてカップルを作るんだとか。
5:
◆pdkDwyOMVs2017/08/22(火)06:45:52.72ID:SInPf2jZo
奈緒と私の組み合わせは、お揃いの衣装でデビューした頃からあったみたい。
乃々と私の組み合わせは……、ドラマで共演したからか、ラジオのゲストに呼ばれたからかな。
そのぐらいの頃からだと思う。

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆NSr7d3y3ORk4
2016/03/24(木)23:13:11.79
ID:muD4CT5Wo
閻魔「これより裁判を開廷します。被告人、前へ」
女「よろしくお願いしまぁす。思っていたよりダンディな方なんですねぇ」
ザワザワ
赤鬼「ケッ、女かよ。今日は早く終わりそうだな」
青鬼「かわいい子だなぁ……フヒッ」
黄鬼「アンタ見境ないわねぇ、あんな媚び媚びした女のどこがいいのよ」
閻魔「傍聴席の方は静粛に。女さん、どうしてあなたがここで裁かれる理由は分かりますか」
女「ちっともわかりませぇん。私、天国に行けないんでしょうかぁ?」
閻魔「天国へ行くことのできる資格は、心に一点の曇りもない清らかな魂を持つ者に与えられます」
閻魔「しかしあなたは現世の法律で定められた数多の罪を犯している」
女「えぇ?そうでしたっけぇ?」
書記鬼「閻魔様、こちらを」スッ
閻魔「記録によれば、あなたは麻薬密売、児童強姦、殺人、また殺害した小児を食し遺棄したそうですね」
ザワッ
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1458828781

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆NSr7d3y3ORk4
2016/03/24(木)23:14:11.32
ID:muD4CT5Wo
赤鬼「うげぇ!人間のやることじゃねぇ、本物の化け物じゃねえか!」ガタッ
青鬼「ヒィィっ!?ボクたち鬼もそこまで酷いことはできないよぉっ」
閻魔「静粛に。しかしそこまでの罪状をかけられながらも、あなたは良心の呵責を一切感じていない」
閻魔「あなたにはご自身の罪を正しく理解しておられないとの疑いがかかっております」
女「いやですねぇ。私は間違ったことなんて何一つしてきませんでしたよぉ?」
女「はやく天国に連れて行ってくれないかしらぁ」
閻魔「本裁判ではこの閻魔が弁護士、検事および裁判長を務めさせていただきます。書記鬼」
書記鬼「はっ。こちらに」ゴト

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しが深夜にお送りします2012/06/23(土)17:36:39ID:GaAW7czc
幼「私が男君を守るからね?」
男「何から?もしくは誰から?」
幼「…世間の荒波とか?」
男「ははは。是非守ってくれよ」
幼「…うん。大丈夫だからね」
幼「私が…守るから…」

続きを読む

[ 閉じる ]
24位 08/22 (14:55) SSびより
1:
◆Qa74HYk2m6bP2013/05/22(水)21:58:13.19ID:
4WfjkuWO0
真美「んっふっふ?ついに真美たちも13歳ですな」
亜美「そうそう、12歳まではなんかまだ小学生って感じだったっしょ?これで亜美たちもやっと中学生って感じだよね」
真美「でもさ→なんか納得できない事があるんだよね」
亜美「どったのどったの?」
真美「亜美と真美は双子だから…………誕生日にケーキが一つじゃん!」

続きを読む

[ 閉じる ]
25位 08/22 (20:30) えすえすMode
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/08/22(火)15:52:05.49
ID:LUgeyB0R0
輝子「……」グイグイ
P「黙ってずっと俺にマッシュルームを押し付けてくる」
輝子「……」グイグイ
P「なんだ?言いたいことがあるなら口で伝えてくれ」
輝子「ま、マッシュルーム君のは、花言葉は……わかるか?」
P「え?きのこにも花言葉あんの?」
輝子「は、花言葉は疑い、フヒッ」
P「疑い?何か俺疑われるような事したの?」
輝子「いや……うん……その……」
P「俺はお前と裏表のない付き合いをしていきたいんだ。だから思ったことははっきり言ってくれ」
輝子「つ、付き合い……フヒッ」

続きを読む

[ 閉じる ]
26位 08/22 (17:00) えすえすゲー速報
2:
以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします
2014/01/02(木)01:45:12.09
ID:YrHakBqj0
モバP(俺の名前はモバP。今日は自分がプロデュースしてるアイドル兼恋人の卯月とのデートに行く、予定だったんだが……)
モバP(『今日は予定があるんです!』って言われちゃってお預けくらったんだよなぁ。はぁ)
モバP(デートを断られたとはいえせっかく休みを取ったんだから、と買い物がてら街に出てきてみたはいいものの、特に買いたいものもなく見て回るだけ……)
モバP(退屈だよなぁ実際。何か面白いことでもあれば別なんだが)
モバP(……ん? あれは、卯月?)
引用元:

モバP「SS集のようなもの」 


アイドルマスターシンデレラガールズ劇場第3巻[Blu-ray]
postedwith
amazletat17.08.21
KADOKAWAメディアファクトリー(2017-07-26)
売り上げランキング:424
Amazon.co.jpで詳細を見る
続きを読む

[ 閉じる ]
27位 08/22 (20:10) SS古今東西
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:
2016/09/13(火)21:20:08.67ID:HWucq1UHo
独自設定あり
夏樹「おはようございまーす」
拓海「おーっす」
涼「おはよう、夏樹」
夏樹「あれ? 二人だけか?」
涼「亜季の現場が押してるみたいでな、Pサンが迎えに行ったよ」
夏樹「里奈は?」
涼「面白そうだってPサンについていったよ」
拓海「別に遊びじゃねーんだけどな」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1473769208

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/10/30(水)01:49:27.05
ID:B755xkmOo
千早「ねえ、律子」
律子「あら千早じゃない、どうしたの?」
千早「ちょっと相談したいことがあるのだけれど」
律子「千早が私に?……珍しいわね、何か悩み事でもあるの?」
千早「まあ、そんなところね」
律子「それはよくないわね、そういうのは溜め込んじゃダメよ?いいわ、話してみなさい」
千早「いいの?それじゃあお言葉に甘えて、私ね……」
律子「うん」
千早「私ね、今とても暇なのよ」
律子「そう、千早は暇なのね……はい?」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆Xz5sQ/W/66
2017/05/16(火)19:55:37.91
ID:z0tUWiHG0
※ 独自設定が多々あります。
===1.
 肩たたき券を知ってますか? そうです、それです。その券です。
 持ち主が「あ?、肩凝った」とぼやきながらヒョイと相手に差し出せば、
 何処からともなく用意した、鋼鉄製のブロードソードでビシバシと肩を叩いてほぐしてくれる。
「これがホントの肩たたき剣。……なんてなんて♪」
 鋼鉄製とまではいかないものの、プラスチックでできた玩具の剣を鞘から抜いて、目の前の彼女は言いました。
 刹那、頭の中に浮かぶのは、かつて言われたあの台詞。
『そなたの相は前古未曾有。例え命尽き肉果てようと、逃れ難き女難の持ち主でしてー』
 あれから今日まで色々あった。本当に色々あり過ぎるのでここではあえて語りませんが、
 先の有難いお告げの通り、知り合う女性出会う女性の皆々が、厄介な問題に自分を巻き込んでくれましたとも。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1494932137

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆Xz5sQ/W/66
2017/05/16(火)19:57:33.05
ID:z0tUWiHG0
 そして今、眼前に仁王立つ彼女はと言いますと、
 そんな数あるトラブルを合わせて固めて凝縮し、外からはその混沌さが決して覗き見ることができぬよう、
 神さまが綺麗キレイにラッピングした人型巨大タイフーン。
 台風は日本の南から来ると言いますが、
 レイカと名付けられたこの風は、あらゆる法則を無視します。
 それがどれほどデタラメなのかと説明すれば、
 そう、あらゆる気象をねじ伏せながら悠々と、北からやって来る台風です。
 だから、名前が北上麗花。
 ……もちろん全てはこじつけであり、本人にはとても言えないが。
「でもでもちゃんと、肩はほぐしてあげますよ? さっ、今すぐ後ろを向いてください」<
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/09/14(月)11:28:47.12
ID:UfOg5eau0
結衣「ゆきのん、また靴がないの?」
雪乃「今日で五日目ね…全く誰がこんなことをしてるのかしら」
結衣「ゆきのん、ヒッキーに相談してみない?力になってくれるはずだよ」
雪乃「それは出来ないわ。彼は今受験勉強で手一杯なのよ、無駄な心配は掛けられないわ」
結衣「でもさ…」
雪乃「私一人で解決するから貴方も心配する必要はないわよ。私を助ければ次のターゲットは貴方になるはずよ」
結衣「そんな事言わないでよ友達を助けるのは当然の事だよ!」
雪乃「ありがた迷惑よ…」
結衣「ゆきのん!そんな言い方ないじゃん!」
雪乃「ごめんなさい…とにかく私一人で解決するから大丈夫だわ職員室にスリッパを借りに行ってくるわ」
結衣「ゆきのん…」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1442197726

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/09/14(月)11:35:23.75
ID:UfOg5eau0
教室
雪乃(私の机の上に花瓶が置いてあるわね…これも今日で五日目ね)
女性生徒「マジで受けるんですけどwwwwwwww」
女子生徒2「今まで調子乗ってた罰だよねぇ?wwwwwwww」
雪乃「貴方たちの仕業ということでいいのね?」
女子生徒「は?証拠がないくせに何でそんな言いがかりつけるわけ?」
女子生徒2「そうだよ?雪ノ下さんってやっぱり最低だね」
雪乃「最低なのはどっちかしら?言いたいことがあるなら正々堂々と言えばいいじゃない?つまり貴方たちはそのレベルに達してないって事ね」
女子生徒「うざっ」
女子生徒2「そういうことばっかり言ってるから友達出来ないんじゃないの?それにそんな言い方してたらそういう事されても仕方ないと思うよ?」
女子生徒「本
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
今日の人気記事ランキングへ
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。