SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
タグ:
とある魔術の禁書目録
タグ一覧の表示
<<
2018年06月
>>
60件取得
人気記事順表示
<<
0
1
>>
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:
2015/05/14(木)22:22:39.74ID:piirpagmO
とあるが「帰ってきた[たぬき]」の設定。つい最近10年前の[たぬき]の声優・大山のぶ代さんのニュースが流れていたので改めて1998年の「帰ってきた[たぬき]」を拝見させてもらいました。いや〜やっぱ昔の[たぬき]最高ですね!!
とにかく振り返ってみていつも書いてるとあるSSに盛り込みたくなりましたので投下していきます!!
※インデックスは現在のイギリス ジョージ王子の娘の設定。時系列がおかしいと思いますが、ジョージ王子が87歳ぐらいのときに、やっと生まれた一人娘ということで脳内に補完してください。
 また、原作(「帰ってきた[たぬき]」)とは多少異なる描写かもしれませんが悪しからず。
それでは、どうぞ
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1431609759

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/09/15(日)14:57:40.65ID:MzYh6WD80
上条(俺の右腕から摘出された骨をすり潰した粉が封入されている.22LR弾……右腕全部を使った上に弾そのものもコンパクトだから200発近く作れたぜ!!!)
上条「おかげで片腕になっちまったけどな…」
禁書「とうま…」
上条「よーし、早速誰かに使ってみるか!!!!」
禁書「
>>5を撃ちに行くんだよ!!!」

5:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/09/15(日)15:00:29.42ID:VfjmJ3f40
一方

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆SoZEW6Fbg2
:
2014/05/12(月)19:22:18.50ID:KNBIvlrF0
新約10巻ネタバレ注意
短編集のつもり
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1399890128

続きを読む

[ 閉じる ]
関連
佐天「御坂さん、あの人の事そんなに嫌いなんですか?」

1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/02/17(日)01:24:55.83ID:6pBv66T30
昨日書いたssの続き書こうと思います。
これまでのあらすじ
美琴が佐天さんのアドバイスで普通の恋する乙女を目指す。

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/02/16(土)05:02:24.80ID:MkMOvR4I0
佐天「いえ、見つけた途端、物凄い形相で追いかけて電撃飛ばしてたので…」
美琴「え…あ、私そんな事してた?」
佐天「自覚なかったんですか!?」
美琴「その…ただ、会えたのがう、嬉しくて…」
佐天「…は?」
美琴「だ、だから!嬉しかったの!でも、その…何かアイツの前だと素直になれなくて…つい」
佐天「え、えぇぇぇぇ!?好きだったんですか!?あの態度で?!?」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/06/06(水)20:25:34.653
ID:rmTDQDIx00606
佐天「能力が目覚めたよ!」
初春「す、凄い!おめでとうございます!いったいどんな能力なんですか!?」
佐天「うん、シャワーの温度を60度まで上げることができる能力なんだ」
初春「…………?」
佐天「まあ、使わな損損ってことで!ほーいっ!能力発動?」ピカー

続きを読む

[ 閉じる ]
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:
2015/05/12(火)23:38:26.85ID:XiCKgHdVO
禁書「当麻どうしちゃったの?」
上条「エリザベス!!」ビシッ
禁書「痛いんだよ!!」
禁書「それに私の祖国のエリザベス女王の攻撃をなぜ当麻が?」
下条「ボッキーン」
禁書「なんだかわからないけど……大きいんだよ///」
上条「フォー!!!」バタンッ
禁書「あ、下半身丸出しのまま出て行っちゃった」
禁書「でもなんで当麻があんなことに……」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/08/06(月)18:56:44.49ID:P2jT+1kZ0
一方通行「カカカカカ!!!!!」
一方通行「染みがついたら大変だからなあああ!!!」
一方通行「漂白剤でえええええ!!!」
一方通行「まっしろおおおお!!!まっしろォ!!!」
一方通行「苺ましまろおおおおおお!!!」
ジャブジャブ
一方通行「もちろンゴム手袋を装備してェ!!!」
一方通行「やさしく手洗いイィィィ!!!!!」
一方通行「そしてベクトルで脱水したらァァァァ!!!」
一方通行「陰干し当然ンンンン!!!!」
ビシッ
一方通行「チッ面倒くせェ・・・・」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/07/01(金)21:09:37.68ID:NhuhWSZZ0
?放課後/棚川中学校・校門付近?
初春「はぁー…やっと終わりましたねぇ能力検査」ヤレヤレ
佐天「終わったねぇ。初春はどうだった? レベル上がってそう?」
初春「あー…今回も駄目そうですね…」ションボリ
佐天「そっかー。ま、レベル0のあたしなんかよりは全然マシだって!」グッ
初春「もう! また佐天さんはそんなこと言って! ここしばらく一生懸命に努力してたじゃないですか!」プンスカ
佐天「そりゃそうだけどさ。…やっぱ駄目だったみたい」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
:
2013/05/12(日)23:22:54.82ID:2YAfXnwb0
上条「白井なんだ……」
御坂「く、黒子?」
上条「……笑えるよな、高校生が中学一年に恋するなんてさ」
御坂「何言っているのよ! 恋なんて年齢関係ないわよ!!」
ガシャン
上条「み、御坂?」
御坂「っ!? ご、ごめん」
御坂(な、何怒っているのよ私。怒る理由なんてどこにも……)
上条「?」
御坂、椅子に着席
御坂「……それで、黒子の何を知りたいの?」
上条「い、いや……御坂と白井って友達同士だから、彼女の知らない部分とか教えてほしいなぁ〜っと……」
御坂「………ふーん。なら先に、アンタが黒子が好きになった理由教えなさいよ」
上条「好きって……」
御坂「何? もしかして、興味本位? なら、教えるつもりはないわ……」
上条「……言わないと駄目?」
御坂「当然」
上条「不幸だ」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1368368574

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/03(日)21:16:32.67ID:2GiNGdpd0
下校中
上条「あー今日も授業で上条さんはお疲れなんですよ」
御坂「ちょっとアンタ!今日こそ決着つけなさいよ!」
上条「(チッ、またかようぜーな)あーはいはい負けました」
御坂「ちゃんと勝負しなさいよ!…アンタがそういう手段をとるならこっちも手段を選ばないわよ」
上条(手段を選ばない?)
上条(手段を選ばない→人質をとる→人質→インデックス!?)
上条(インデックスが危ない!)サッ
御坂「?」
上条「もしもし?アンチスキルですか?電気系能力者が暴れてるんですが」
御坂「」
上条(待ってろ、インデックス!お前の身は俺が守る!)
御坂「ちょっ、ちょっと待ってよ!!」

続きを読む

[ 閉じる ]
SS速報VIP:上条「遭難しました」一方通行「そうなんですゥ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1362047308/
1:
縄◆/gF9Z36uQ/ao2013/02/28(木)19:28:28.33ID:+oytFaZAO
上条、一方通行、御坂、禁書目録の仲良し四人が遭難する、ただそれだけのお話し
ギャグオンリーなので戦闘やシリアス的な展開はありません
SSWiki:http://ss.vip2ch.com/jmp/1362047308

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
◆/efrIFgfS.cH
:
2013/05/11(土)21:05:16.14ID:ZdNw0Sozo
注意:初SS
上涙要素。あとは佐天さんがご飯食べる。
駄文。短い。それだけ。
それで良ければどうぞ
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1368273915

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、5...-
2018/06/06(水)20:25:34.65
rmTDQDIx00606
1/15
佐天
「能力が目覚めたよ!」
初春
「す、凄い!おめでとうございます!いったいどんな能力なんですか!?」
佐天
「うん、シャワーの温度を60度まで上げることができる能力なんだ」
初春
「…………?」
佐天
「まあ、使わな損損ってことで!ほーいっ!能力発動?」ピカー
元スレ
佐天「シャワーの温度を60度に上げる能力、か?」
http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1528284334/
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/07/12(月)16:42:49.57ID:bjaCli160
上条 「いや外見だけじゃなくて性格も。キャラクターグッズ買いあさっちゃうところとかさ」
ミサカ 「そんな幼稚なもの買うそぶりも見せないクールビューティーのほうが魅力的だと思います、とミサカはさりげなくアピールします」
上条 「乱暴なところとかもあるんだけどさ……」
ミサカ 「そうですね乱暴です。ところで乱暴な部分抜いたらとびっきり可愛いと思いませんか? とミサカはさりげなくミサカをさらにアピールします」
上条 「でもそれだって俺に負けたくないって言う競争心だろ? そこもまた負けず嫌いで可愛いっていうか……」 
ミサカ 「いやいやねーよ、とミサカは暴力の片鱗も見せない乙女が目の前にいるというのにそんなことを言うあなたに愕然とします」
上条 「やっぱり可愛いよなーアイツ」
ミサカ 「いやいやねーよです、とミサカは……」
上条 「うんやっぱり可愛い。今まで出会ってきたどんな子よりも可愛いわ」
ミサカ 「いやいやそれは……ミサカの話を聞いていますか? とミサカは質問します」
上条 「好きなのかなー俺……アイツのこと」
ミサカ 「いやい……や……それは……」 グスグス
上条 「……あれ御坂妹!? 何で泣いてるんだよお前!!?」
ミサカ 「ねー……よ、と……と。ミサカは……」 グスグス
上条 (まさか魔術師の仕業!?)

続きを読む

[ 閉じる ]
3:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
:
2013/05/11(土)02:30:06.41ID:n33dx9wN0
メモ
これはスキル図鑑です上手く使ってください。
あと拾ったら捨てないで下さい。
最後まで面倒を見ましょう!
上条「?スキル図鑑?良く分からないな・・・最後まで面倒を見ましょうって動物かよ!」
上条「形はポケモン図鑑なんだけど、あ、やっぱ何もないか・・・・・・」パカッ
上条「まあ持ってても困んないし持っててやるか!」
美琴「あ!アンタ!何やってんのよ!!」

続きを読む

[ 閉じる ]
2:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(チベット自治区)
:
2011/05/11(水)22:13:28.55ID:Ea4HxPiB0
十月某日、とある学生寮
ピリリリリリリ
インデックス「はい、かみじょうです」
小萌『おやシスターちゃん、上条ちゃんはいますか?』
インデックス「とうまは今とくばいーに行ってていないんだよ」
小萌『お留守番ですか、えらいですねー。じゃあ上条ちゃんに伝言をお願いしたいのですが…』
インデックス「いくらこもえでも子供扱いはひどいんだよ! …うん、うん、それをとうまに伝えればいいんだね?」
小萌『お願いしますねー。それではー』ガチャ
インデックス「ふう、やっぱり電話は緊張するかも」
ガチャタダイマー

続きを読む

[ 閉じる ]
2:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
:
2013/05/10(金)21:41:23.43ID:BOp8P7qxO
佐天「なんか物の優先順位を逆転させたりできるんだってさ」
初春「なんか意味が良く分かりませんね」
初春「どうやって使うんですか?」
佐天「んー……初めてなんだけど使ってみよっかな」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/07/13(土)15:46:50.56ID:9UjYeavy0
御坂「うわっ!」
上条「ん?」
御坂「い、いいいきなり声かけるんじゃないわよ!!びっくりするじゃない!!」
上条「お、おう いやまさかこんなに驚かれるとは思ってなかったもんだから すまん御坂」
御坂「あ、いやその、うん、驚いただけだから・・・」
御坂(こいつのこと考えてる時に声かけられるなんてある意味最悪のタイミングよね)
上条「何か悩みがあるならいつでも相談に乗るぞ?」
御坂「はいはい、そりゃありがたいけどあんたにはどうにもできないわよ」
御坂(本人に何言えってのよ全く)
上条「ったく、またそうやって一人で抱え込もうとしやがって」シュルッ ギンギン
ずぷっ!
御坂「あんっ!」ビクッ

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
6:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/07/22(月)10:18:20.84ID:8RsqYpK60
御坂「そうなんだよ、さっきこの短髪とぶつかった時に入れ替わっちゃったみたいなんだよ。おかげでこんなペチャパイに・・・」
イン「はぁ?ペ、ペ、ペチャパイじゃないわよ。あんたのほうがペチャパイでしょうが」
御坂「む!それはひどいかも、少なくとも短髪なんかよりは胸あるんだよ。ね、とうま」
イン「そんなことないわよね?」
上条「えっと・・・はは・・・・なんつーか不幸だぁぁぁぁぁぁーーーーーー」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
8◆H3qqj7wCjc
:
2016/05/08(日)15:13:24.08ID:4cvoPzn10
月「…ふ、誰だか知らないがどうして僕の正体が分かったんだい」
上条「こいつに教えて貰ったんだよ、お前に死神がついてるってな」
月「何…?」
オティヌス「弱体化したとはいえ私も神の一人だ。死神くらい見える」
リューク「どうもリュークです」
月「だがもう遅い、お前の名前はこのデスノートに書いた!お前はもう死ぬ」
上条「そいつはどうかな」
ミサ「はったりよ!デスノートに名前を書かれた人間が死を逃れる方法なんて…!」
月「40秒…」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1462688003

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2011/07/26(火)00:28:37.81ID:vUPz9LhZ0
佐天「どんな風に変わるんだろ?とりあえず実験代わりに初春に使ってみよう」
初春「あ、佐天さーん」
佐天「タイミング良く初春が来たな…作為的なものを感じるけどまあいいか」
佐天「おはよー初春(ついでに初春の口調を変えるか――ポチッとな)」
初春「お゙ぉおォおんはようごじゃいぃましゅぅぅぅしゃてんしゃん」
佐天「!?」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆2/3UkhVg4u1D
:
2013/05/08(水)21:11:35.96ID:TsjP8uUw0
端的に言うならば、『教会のために魔道書を書くこと』。
それが、私の仕事、職業だった。
つまりは、『隠秘記録官(カンセラリウス)』。
この職業に就いた理由は、簡潔だ。
魔女の脅威から、人々を救うため。
魔術師が魔道書を読む時に、迷わないようにするため。
そして定めた魔法名は、『我が名誉は世界のために(Honos628)』。
薄い物ならば、不眠不休で。
分厚いものでも、なるべく睡眠時間を削って。
そうして必死に書いていると、休むよう言われた。
基本的には流されない性格である自信はあったものの、周囲全員から言われては仕方がなく。
行き場所に彷徨った私は、近場の教会へと足を踏み入れた。
人々でごった返している喫茶店で休むよりも、余程気が休まるというものだ。
『聖なる、聖なる、聖なるかな』
透き通った声が聞こえる。
歌っているのは、先程口にされた言葉通りの題名。
有り体に言えば、讃美歌だった。
『三つにいまして ひとつなる』
三位一体の教理を定義した、一つの神聖な歌。
『神の御名をば 朝まだき
 おきいでてこそ ほめまつれ』
扉に手をかけた。
ひと思いに開ける。
そこには、少女が居た。
石をパンに変える聖女にして、人を石に変える魔女。
「……誰だ?」

彼女の、名前は―――――――――――
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1368015095

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
VIPにかわりましてGEPPERがお送りします2010/11/13(土)10:49:38.62ID:X1Hw1oc0
SS初書きです。
マイガールの最終巻を読んでテンションあがってつい書きたくなりました
見苦しいとこだらけですが投下していきます
マイガール 1【電子書籍】[佐原ミズ]

続きを読む

[ 閉じる ]
2:
1
:
2013/05/08(水)23:06:55.09ID:ZKDYS1RSO
【Joseph's】
浜面「待たせたな、黒夜」
黒夜「遅せェぞ浜ちゃン!」
浜面「悪りぃ悪りぃ、ちょっと部屋出る時にゴタゴタしてたからさ」
黒夜「どうせ滝壺とイチャついてんだろう」
浜面「違えーよ。フレメアが付いてくるって話を聞いてくれないんだよ。とりあえず滝壺に子守りさせる形で済んだけどな」
黒夜「ガキは言う事聞かねぇからな」
浜面「(お前も充分ガキなんだけどな)」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/09/16(月)12:06:45.70ID:9BHEfDxl0
実況「いったあああああああ!!!日本記録を更新する56号ホームラアアアアアアン!!!!」
禁書「やったんだよ!すごいんだよ!」
上条「おぉ、すげぇなあ!この瞬間を見ることができるなんて最高だぜ!」
 O 氏 の 圧 力 (カ ウ ン タ ー ク リ ア ー)
上条「ん?何だ今の声・・・」
実況「ようやく、ようやくの一本目ですねえ、安打と打点は悪くなかったんですが開幕前の期待に答えることはできませんでしたねえ」
禁書「いまさら打ってもしょうがないんだよ!せっかく四番打者としてシーズン0本を期待してたのに」プンプン
上条「・・・え?」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
縄◆/gF9Z36uQ/ao
:
2013/05/07(火)16:33:08.23ID:wMtv0nT20
第一話「ベランダで出会ったやつ!」
上条「担任から『上条ちゃーん、馬鹿だから補習でーす』とラブコール……不幸だ……」
上条「ま、まぁ天気もいいし、布団でも干しとくかな〜」
上条「……つか、いきなり夕立とか降ったりしねえよな?」
上条「ん?」
研「う、うぅ……ん?」
禁書目録「……」
上条「……えっ?」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1367911988

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/05/29(火)11:25:07.32
ID:c2LU9Awo0
※ギャグ短編です
上条「ん?どうした?」
インデックス「3期はいつになったらやるの?」
上条「そ、それは…まぁ製作は決定してんだし、気長に待とうぜ!」
インデックス「早くしないと私、声の出し方とか忘れちゃうかも」
上条「そんなメタな発言するんじゃありません!」
オティヌス「それを言うなら、3期云々の時点でだいぶメタ的だがな」
インデックス「む、そもそも3期じゃ出番のない人は黙っててほしいんだよ」
オティヌス「何…?そもそもお前こそ、次のシーズンに出番はあるのか?」
インデックス「それは…どう言う意味なのかな?」

続きを読む

[ 閉じる ]
23:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/05(火)09:48:13.60ID:uIFanG1m0
初春「へぇ?…ところで『むぎのん』って誰ですか?」
佐天「それがあたしにもわからないんだよね」アハハ…
初春「それじゃあ能力の使い用がないじゃないですか。ちなみにレベルはいくつなんです?」
佐天「レベル4!なんか『むぎのん』って人が凄い人らしいから、だって?」
初春「レベル4て白井さんと同じじゃないですか!」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。