SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
検索にヒットしたのが10件未満なので検索範囲を広げました。
タグ:
アイマス・ミリマス・シャニマスSS
タグ一覧の表示
<<
2020年03月
>>
103件取得
人気記事順表示
<<
0
1
2
3
>>
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1554643175/
3:
◆CS7uVfQgX.
2019/04/07(日)22:24:54.03ID:DPD4NUpc0

4月某日。
765プロに所属するアイドル七尾百合子と、同じく765プロでプロデューサーを務めるPは白雲を眼下に眺めながら空を飛んでいた。まだ夏を迎えるには早いどころか春を迎えたばかりだが、芸能業界では流行や季節を先取りした企画が次々と立案される。年始の番組を年内に撮ってしまうなんてことは、この業界では当たり前だ。それはアイドル業も例外ではなく、2人は水着のグラビア撮影のために南国へ向かっていた。
いたいけな15歳の少女の水着姿なんて、犯罪まがいじゃないか?
と、Pは機内でとりとめもない思考を巡らせる。もちろん、少女の両親の下へは説明に伺い、許可をもらってはいるものの、尾を引くものがないと言えば嘘になる。せめて、水着のグラビアを掲載するのは高校生以上になってからにしたほうがいいのではないか。彼はそう考えているが、芸能業界に関わる者として頭が固すぎるかもな、と結論付け思考をストップする。
4:
◆CS7uVfQgX.
2019/04/07(日)22:26:49.70ID:DPD4NUpc0
こてん。
重さを感じ、そちらに軽く目線を向けると、眠りに落ちた百合子がPの左肩にもたれかかってきていた。その汚れを知らないであろう無邪気な寝顔を見て、俺が盾になって守ってやればいいか、とPは胸の内に決意を固める。
そんなことを百合子に言えば、「私が風の戦士でプロデューサーさんが剣闘士…カッコイイですね!」とか喜びそうなので絶対に口には出さないが。
Pは座席の前ポケットに収納してあった自身のスマートフォンを取り出し、カメラを起動した。
パシャリ。
百合子の寝顔の写真、765プロの公式ツイッターにでもアップしておこう。
5:
◆CS7uVfQgX.
2019/04/07(日)22:28:01.69ID:DPD4NUpc0
◆◆
もう!プロデューサーさんったら信じられません!私の寝顔を勝手にツイッターにアップしちゃうなんて!続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1553598334/
1:
◇CS7uVfQgX.の代行
2019/03/26(火)20:05:34.69ID:V+DVkTJVO
恐らくはこちらに立てようとしたのが例のバグによってR板に立ってしまったものだと思いますので、よかれと思って代行しておきますね!
アイドルマスターミリオンライブ!のSSです。
地の文形式で書いていきます。短いです。
では、投稿していきます。

2:
◆CS7uVfQgX.
2019/03/26(火)20:41:17.53ID:jalGf1Kc0
>>1 代行感謝です!

午前7時。
アラームに設定していたオルゴール音を聞き、七尾百合子はハッキリしない頭で身体を起こした。昨日の晩、一応日をまたぐ前にはベッドに入っていたのだが、緊張で神経が昂っているせいか、眠りについたのはそれから2時間は経った後だった。
目を覚ますために洗面所へ。あえてお湯を使わずに顔を洗い、意識を覚醒させる。今日はPと2人で出かける日である。
…うぅ?、緊張する?!
3:
◆CS7uVfQgX.
2019/03/26(火)20:44:22.09ID:jalGf1Kc0
Pとは収録終わりや遠方のロケ地に行った際に2人で過ごすことはあれど、お互いのオフの日に出かけるということは一切なかった。あくまで「仕事の延長線上」としてその時間を楽しんでいた。しかし、今日はその建前は一切通用せず、「プライベート」で会うことが百合子を一層緊張させた。
ホントにこの恰好で大丈夫かな?
鏡の中の自分に問いかけるが、もちろん答えは帰ってこない。薄い青を基調としたブロックチェックのブラウスにディープブルーのカーディガン、ブラウンをベースとしたスカートというどちらかといえば落ち着いた印象を与える服装である。
前日の夜に、アイドルを務めている仲間でありライバルであり唯一無二の友人の望月杏奈に電話し、相談した結果、このコーディネートに落ち着いた。杏奈に関しては百合子がどれだけ意見を求めても「百合子さんは、なにを着ても、可愛い、よ?」としか言わなか
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1567818318/
1:
◆ivbWs9E0to
2019/09/07(土)10:05:18.47ID:fwrztXDL0
アイドルマスターミリオンライブ!の
MILLIONTHE@TERGENERATION17の劇中で出てくる神崎水桜ちゃん(役:矢吹可奈)と草薙星蘭さん(役:田中琴葉)のSSです。
面白いのでドラマCDを聞いて下さい。お願いします。

2:
◆ivbWs9E0to
2019/09/07(土)10:07:03.99ID:fwrztXDL0
水桜(今日は久しぶりのオフ・・・!)
水桜(多少疲れは残っているけど街に出て最新のファッションをチェックしつつ、次のロケで使う可愛い私服を探す)
水桜(地味だけどこういう行動が出来るかどうかで芸能人としての寿命が決まるのよ)
水桜(光駆ちゃんはその辺適当そうだし、草薙のお嬢様はどうなんだろ。お母さんに服を選んでもらったり、ぷぷ・・・)
水桜(とにかく、同じユニット内でも一番目立って見せる!)
水桜(そのためには2人だって出し抜くし、オフだって無駄にしないわ!)
3:
◆ivbWs9E0to
2019/09/07(土)10:07:48.03ID:fwrztXDL0
星蘭「あら神崎さん、奇遇ね」
水桜「草薙ぃ・・・!!」
4:
◆ivbWs9E0to
2019/09/07(土)10:08:39.17ID:fwrztXDL0
星蘭「くさなぎ?」
水桜「いえ、あの、星蘭さん」
星蘭「お買い物かしら。昨日のレッスンではあんなにヘバってたのに、休みの日はお元気なのね」
水桜「星蘭さんこそ、街とか出てくるんですね。籠から脱走して怒られないんですか?」
星蘭「お生憎様。自分の服くらい自分で選ぶわ」
水桜「お金が余ってるようで羨ましいですね。スタイリストさんに選んでもらった方が少しはマシになるんじゃないですか?」
星蘭「懇意にしてるお店があるのよ。適正な値段でモノが良いお店がね。」
水桜「フゥン・・・」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1361299914/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/02/20(水)03:51:54ID:SrzcxnJI
【ある日、事務所】
亜美「あ、兄ちゃん。今ヒマ?」
真美「ヒマなら真美達とゲームしようよー」
P「暇すぎるって訳でもないんだが……いいぞ」
亜美「やったー!んじゃ、これやろう!」
P「どんなゲームなんだ?」
真美「アクションゲームだよ。一杯ある技の中からいくつか装備して、相手を倒していく感じ」
P「よーし、そういうのなら俺は得意だ。早速やるか」
亜美「はいこれゲーム機」
P「ありがとう亜美。じゃあ始めるぞ」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/02/20(水)03:52:20ID:SrzcxnJI
【一時間後】
P「よーし、何とか勝てたな……」
真美「ねぇねぇ兄ちゃん。何でそんな出の遅い技使うの?」
亜美「あとこの技もヒット数は多いけど、威力ないよ?」
P「はぁ……お前ら何も分かってないわ」
亜美(あ、語り出しそう)
真美(地雷踏んだかも)
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/02/20(水)03:52:45ID:SrzcxnJI
P「いいか、よく聞いとけよ?」
P「確かに、性能のいい技でタイムアタックしたり、効率良く倒したりすることの面白さも理解できる。だが――!」
P「出の遅い技を当てるのがロマンだろうが!判定強い技でゴリ押しなんて面白みゼロだろうが!」
P「ヒット数あっても威力弱い!?上等だコノヤロウ!ショットガンとか至近距離で当てたら爽快だろうが!」
P「もっと言えばな!発射数がアホみたいに多いのにばらけ過ぎて全く当たらないマシンガンとか大好きなんだよ!」
P「100発一斉掃射して5、6発しか当たらない産廃具合が大好きなんだ!」
亜美「う、うん……そうだね……兄ちゃんの言う通りだよ……」
真美「ごめんね……真美達が間違ってたよ……」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1361294536/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/02/20(水)02:22:16ID:z4VSXP3E
千早「えっ?」
伊織「や、やよい、今なんて……」
やよい「はるかさんが来てから家計が大助かりだなーって」
千早「…………はぅ」パタリ
伊織「ちはやーっ!!」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/02/20(水)02:27:23ID:z4VSXP3E
伊織「ちょっと、しっかりしてよ千早!?」ユサユサ
千早「はっ!いけない、ちょっと夢を見てたみたい。高槻さんがはるかさんが来てからから家計が大助かりなんて言うなんて」
伊織「……千早」ホロリ
千早「ねっ?高槻さん。高槻さんがあんな事言うなんて」
やよい「言いましたよ?」キョトン
千早「……ふぅ」パタリ
伊織「ちはやーーっ!!?」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/02/20(水)02:30:33ID:z4VSXP3E
伊織「しっかり、しっかりしてよ千早!?」
千早「タカツキサンガハルカサンヲタカツキサンガハルカサンヲ」ブツブツブツ…
伊織「いけない、すっかり正気を失ってるわ。ちょっと、救急車を!」
P「わ、分かった!!」ピッピッピッ
やよい「?」
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/02/20(水)02:35:04ID:z4VSXP3E
P「……なあ、伊織」ピッピッピッ
伊織「……何よ」
P「……あの発言からしてやよいはひょっとしてはるかさんを」
伊織「言わないで!!」
伊織「……その先は言っちゃダメよ」
P「……ああ」
P「……貧乏はかくも人を残酷にするものだなぁ」ホロリ
伊織「?」
はるかさん「カッカ」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1361634860/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/02/24(日)00:54:20ID:0voT5IhU
【765プロ事務所】
P「みっつけたん♪」
冬馬「やめろっつてんだろ!」
P「なんだよ、余所の事務所に乗り込んできたかと思えば……俺の歌にケチつけるつもりか?」
冬馬「そのつもりだよ!なんでお前がそんなの歌ってんだ!他にも色々あるだろうが!」
P「うるさいなぁ……皆も呆れて物が言えないみたいだぞ?」
冬馬「お前の歌聞いて顔面蒼白なだけだろ!」
一同「吐きそう……」
P「……またまた?。そんな事ある訳ないじゃん」
冬馬「自分に都合のいい解釈する奴は幸せだよな」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/02/24(日)00:54:43ID:0voT5IhU
P「で?今日は何しに来たんだ?」
冬馬「オッサンから伝言だよ……『今度そっちと提携するから打ち合わせに来い』ってな」
P「あの人態度だけは大きいんだから、全く……」
冬馬「確かに伝えたからな。あと、事務所で歌うのはやめとけ」
P「さっきからしつこいなぁ……まあ今日は結構歌ったし、この辺にしとくか」
冬馬(強く生きろよ……765プロ……)
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/02/24(日)00:54:59ID:0voT5IhU
【数日後、961プロ事務所】
P「黒井社長。お久しぶりです」
黒井「ウィ。へっぽこプロデューサーがよくも一人で辿りつけたものだな。会議室は無数にあった筈だが」
P「『あなたの遺伝子が――呼んでる♪』のであまり苦労しませんでしたが」
黒井「オエェェェ!」
P「社長、コーヒーが染みになりますよ?」
黒井「あ、ああ――じゃない!何を気持ち悪い事を口ずさんでいるのだ貴様は!」
P「気持ち悪いとは失敬な。ウチのアイドルの歌に何て事を言うんですか」
黒井「歌に対してではない!貴様がそれを歌う事が害悪なのだ!」
P「そこまで言わ
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1567275188/
1:
◆mcmcC4ptKA
2019/09/01(日)03:13:08.81ID:fTWkVx0OO
事務所
霧子「あの……プロデューサーさん、ラジオのアンケート書けました……こちらお願いします」
P「…………」
霧子「プロデューサーさん?……あっ」
P「すぅ……すぅ……」
霧子(……イスに座ったまま寝ちゃってる)
P「むにゃ」
霧子「あ、携帯……手から落ちそうです……プロデューサーさん、少しだけ失礼しますね」
P「……すぅ」
霧子(起こさないように……)
P「すや……」
霧子「スッと……まだ温かいですね……あれ?」
霧子(通販のページかな……変な形だけど、何だろう)
霧子「…………前立腺マッサージ器?」

2:
◆mcmcC4ptKA
2019/09/01(日)03:15:59.69ID:fTWkVx0OO
霧子(入門に最適って書いてあるけど……どうやって使う物なのかな?)
霧子「………………!」
霧子「えっ、おしりに?」
P「んん?」
霧子「……はっ」
P「あえ……霧子?」
霧子「あっ、プロデューサーさん……起こしてしまいましたか?」
P「すまん、寝ちゃってた……ああ、アンケート持ってきてくれたのか」
霧子「はい……こちらです」
P「ありがとう、預かるよ」
霧子「あっ、あと。えっと……プロデューサーさん……その、スマホが落ちそうだったので……あの、どうぞ」
P「あぁすまない」
霧子「いえ……」
P「…………霧子?」
霧子「は、はい……なんでしょう?」
P「ちょっと変なこと訊くけど……画面見てないよな?」
3:
◆mcmcC4ptKA
2019/09/01(日)03:19:44.74ID:fTWkVx0OO
霧子「あっ……あの、ええと」
P「…………」
霧子「あの…………すみません」
P「そうか。変な物見せて済まなかった。俺の不注意だ。今度何かお詫びをさせてくれ」
霧子「いえ
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1360853862/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/02/14(木)23:57:42ID:Xh9qE1RE
千早(バレンタイン…)
千早(今日こそはプロデューサーにこの想いを…)
千早「あ、あの…」
P「…ん?」
千早「プロデューサーは今夜、何か予定ありますか?」
P「今夜って…仕事終わりくらいの時間か?」
千早「はい」
P「まあ、あると言えばある」
千早「そう…ですか」シュン
P「なんだ?相談ごとか?」
千早「い、いえ。そういうわけでは無いのですが…」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/02/14(木)23:58:26ID:Xh9qE1RE
P「なんだ歯切れが悪いな…別に大した予定じゃないから千早を優先するぞ?」
P「祭りに参加するだけだしな」
千早「お祭り…ですか?バレンタインの日に?」
P「ああ…バレンタインの日だからこその祭りだ」
千早「不思議なお祭りですね」
P「ああ。これは非リア充の参加義務だからな…」
P「俺も非リアの漢だ。やらねばならん」
千早「???ヒリアというのが良く分かりませんが…」
千早「そのお祭り…私も参加は出来ますか?」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/02/14(木)23:59:20ID:Xh9qE1RE
P「え?千早も参加するの?」
千早「出来ないのですか?」
P「どうなんだろう…まあ、アイドルだし一応非リア?」
千早「も、もしお邪魔でなければご一緒させていただきたいのですが…」
P「別に俺は構わないが…」
千早「良かった…」
千早「あ、もうこんな時間…私、レッスンに行ってきます」
P「お、おう…気をつけてな?」
千早(ヒリアのお祭りって…どんなお祭りなのかしら)ワクワク
P(…なんで千早は『うまい棒買占め』に参加したいんだろう?)
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/02/14(木)23:59:
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1567351324/
1:
◆C2VTzcV58A
2019/09/02(月)00:22:04.45ID:EyIJCw6a0
ミーンミンミンミン
P「ふわぁ?……元気だな、セミ」
P「うるさくて眠れない……」ゴロゴロ
摩美々「あー、サボりの不良はっけーん」
P「ん……?」
摩美々「授業中ですよー。新学期早々サボりとはいい度胸ですねー」
P「んー……」
摩美々「んーー?」
P「んーー……?」
摩美々「角度変えてもパンツは見えませんよー」
P「まさか履いてないからか」
摩美々「センパイの目が抉り取られるからー」
P「ははは、随分エグイの吐くんだな」

3:
◆C2VTzcV58A
2019/09/02(月)00:27:28.71ID:EyIJCw6a0
摩美々「それで、授業中に校庭の木陰でお昼寝している言い訳は?」
P「寝てないぞ。セミがうるさいから」
摩美々「セミは夏の終わりに命を燃やしてるのに、センパイは限られた時間を無駄に過ごしてるんですねー」
P「セミ以下の認定を受けてしまった」
摩美々「悔しかったらセンパイも鳴いてみてくださいー」
P「ぽっぽるぅ??!!」
摩美々「なんで鳩?」
P「そういえば、セミが鳴くのって求愛行動らしいな」
摩美々「えっ……ごめんなさい。私、好きな人がいるので……」
P「別に摩美々に求愛したわけじゃないが?」
摩美々「ふふー。フラれちゃいましたねー」
P「くっ、なぜか心にダメージが……というか、好きな人いるのか」
摩美々「………ぽっぽるぅー」
P「なんで鳩?」
摩美々「ここの草、寝心地がいいですよねー」
P「そしてお前も自然にサボるんだな」
摩美々「サボりじゃないですー。今の時間、私のクラスは自習ですからー」
P「まったく自ら習っているようには見えないけどな」
摩美々「センパイから人生の指針を習っているところですケド」
P「いつかお前のクラスの担任から呼び出されないか心配だ」
摩美々「何か
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1567270001/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/09/01(日)01:46:41.28ID:sddTNlXY0
結華(って誰もいない。Pたんもはづきさんも出かけてるのかな)
結華(お仕事の報告どうしよう……電話かけてみよう)ピッピッ
プルルル プルルル
結華(あれ、コールがすぐ近くから聞こえる。ん? あのシャツは……)
結華(Pたんの、だよね。スマホも置いてある。事務所にいるのかな? 探してみよっと)
??????
結華「Pたーん、いたら返事してー?」
…………。
結華(いない。はづきさんも社長もアイドルも、誰もいないや。鍵は開いてたのにおかしいなぁ)
結華(まあPたんに限ってはスマホここにあるし、そのうち帰ってくるでしょ。大学の課題でもやってようかな)
結華(その前に、鍵をかけとかないとね。たまたま三峰が帰ってきたからよかったものの不用心すぎるよ)
??????
結華「……」カリカリ
結華(静かだねー、寂しいくらい。課題は捗るけどさ)
結華(……Pたんのシャツ、なんでここにあるんだろ。たぶん、汗かいたから着替えたんだよね? こんなとこに放っておかないでほしいな)
結華「……」
結華(……Pたんのシャツ……)
スッ
結華(そんなに濡れてない。渇いたのかな?)
結華「……」クンクン
結華(汗の匂い……それとPたんの匂いも微かに……)クンクン

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/09/01(日)01:51:58.79ID:sddTNlXY0
クンクンクン
結華(って、なにやってんの私!?)バッ
結華(い、今のは気の迷いというか、なんというか! 深い意味はないよ決して!?)
結華(……誰に言ってるんだろ……)
結華(元に戻しておこう。誰にも見られてないのが幸いだよ)
ガチャ
結華「!」
P「ふぅ、暑かった……って結華? 帰ってたのか、お疲れ様」
結華「お疲
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1357005781/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/01/01(火)11:03:01ID:8Powy8qk
―P宅―
P「一人寂しく正月か」
P「寝るかな…」
―――ピンポーン
P「ん?」
P「はーい」ガチャ
美希「あけおめなの、ハニィ!」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/01/01(火)11:06:19ID:8Powy8qk
P「み、美希!なんでここに!?」
美希「ハニィに会いに来たの」
美希「とりあえずお邪魔しまーすなの」
P「おいおい…」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/01/01(火)11:07:55ID:8Powy8qk
美希「あ、ハニィにお土産持ってきたの」
美希「はい、これ」
P「これは…>>4?」
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/01/01(火)11:13:03ID:KYHY9ILc
手作りおもち

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1567255135/
1:
◆pnP1riA9I6
2019/08/31(土)21:38:55.42ID:JBRJI25w0
アイドルマスターシャイニーカラーズ 大崎甘奈のR-18ssです
地の文あり

2:
◆pnP1riA9I6
2019/08/31(土)21:41:23.16ID:JBRJI25w0
 プロデューサーさんはヘンタイだ。
 甘奈がプロデューサーさんとお付き合いを始めてからもう数カ月。その中で見えてきたプロデューサーさんの新しい一面は色々あって、例えば、以外に朝は弱かったり、お笑い番組を見るのが趣味だったり、ちょっと子供っぽかったり。その中でも一番に感じること。プロデューサーさんはとってもえっちで、ヘンタイだ。
 それに気づいたのは、多分4回目か5回目のえっちのときだったと思う。甘奈がえっちにも少しずつ慣れてきて、してる歳中の自分を客観的に見る余裕が生まれてきたからかな。基本的に甘奈達がする時はプロデューサーさんがリードしてくれる。最初のほうなんか、甘奈は基本的にされるがままで、それが良くなかった。プロデューサーさんは愛撫でも、セックスしているときでも、甘奈が、その......イっちゃうとき。絶対に甘奈の耳元で囁くんだ。
「好きだ」
 って。最初は知らない感覚に戸惑う甘奈を気遣ってくれるんだと思ってた。実際に甘奈もそう言われると真っ白な世界の中でプロデューサーさんの声だけが頭に入ってきて凄く安心できた。愛されてるんだって、嬉しくなった。......でも、何回もえっちを重ねると、流石にわかる。
 
 プロデューサーさんに甘奈の胸を弄られてイかされるときも
「好きだ」
 
 あそこを弄ばれてイかされるときも
「愛してるよ」
 挿れられて、奥をグリグリされてイかされるときも
「大好きだよ、甘奈」
 甘奈の中で、プロデューサーさんが果てて、それで甘奈がイっちゃうときも
「甘奈、愛してる」
 そうやって甘い言葉を耳元で囁く。いつも決まったように甘奈の右側の耳に。今ではイきそうになるとプロデューサーさんに抱きつい
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1567233836/
1:
◆ivbWs9E0to
2019/08/31(土)15:43:56.44ID:mFfFEGlh0
アイドルマスターミリオンライブ!のSSです。
だってミリオンライブですもの。

2:
◆ivbWs9E0to
2019/08/31(土)15:44:44.57ID:mFfFEGlh0
琴葉(次のドラマでの私の役は、天才物理学者・・・)
琴葉(難しい言葉をスラスラと喋る役は難しいな)
琴葉(言葉の意味もしっかり理解していないと、言葉に重みが出ないよね)
琴葉(まだ高校では習ってないものばかりだけど単語を一つ一つ調べていかないと)
琴葉(うぅんと、量子物理学・・・?)
3:
◆ivbWs9E0to
2019/08/31(土)15:45:27.56ID:mFfFEGlh0
次の日
ガチャ
琴葉「おはようございます」
P「おはよう琴葉」
琴葉「あの、プロデューサー。少しお時間ありますか?」
P「大丈夫だよ」
琴葉「昨日、物理の予習をしていたら、時間を止める方法のようなものが見つかってしまって」
P「うんうん」
琴葉「この装置の影響が及ぶ範囲内だけの限定的な時間停止ができるようになりました」
P「そうかそうか」
P「・・・ん?」
4:
◆ivbWs9E0to
2019/08/31(土)15:46:12.84ID:mFfFEGlh0
P「聞き間違いかな?時間停止がどうとか」
琴葉「次の私の役が天才物理学者だったので、それで」
P「それで?」
琴葉「予習したら出来ました」
P「予習ってすごい」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
2
3
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。