SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
タグ:
アイマス
タグ一覧の表示
<<
2020年03月
>>
122件取得
人気記事順表示
<<
0
1
2
3
4
>>
03/16 (06:55) SSびより
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/10/10(水)23:04:38.07ID:
E6f7AHdJO
――Pの部屋
――18:00
P「なぁ…美希?」
美希「うん?なぁに?」
P「ほんとに…今夜は美希が作るのか?」
美希「あはっ!当たり前なのっ♪ミキはハニーのお嫁さんなんだよ?お嫁さんはだんなさんのゴハンを作るんだよね?」
P「予定、な?あくまで予定…な?お前はまだ若いんだし、俺よりいい男なんかすg…美希「えいっ!」チュッ
P「んむっ!?」チュッ
美希「ぷぁっ!」
美希「えへへ…」
P「お前なぁ…」
美希「も?!ミキはハニーだけなの!そんなことばっか言ってたら、記者さん集めて会見開いちゃうの!」プンプン

続きを読む

[ 閉じる ]
03/15 (20:55) SSびより
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/10/10(水)00:56:01.28ID:
4eG7/hri0
P「俺しかないっしょ!」
響「えっ!?」
P「俺が切り開かなきゃ、ダメっしょ?!!」
響「ちょっ、ちょっとなに勝手に……」
P「ウォウウォウ?♪ な?やんでもし?かたな?い♪」
響「プロデューサーが歌ってどうするのさ! 自分が歌詞チェックしてたのに!」
P「何を言ってるんだ。歌詞チェックなら俺が歌っても問題ないだろ?」
響「それはそうだけど……う?……」

続きを読む

[ 閉じる ]
03/15 (18:55) SSびより
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/10/14(日)12:38:24.98ID:qresMce50
P「食欲の強い人は性欲も強いんですよ」
小鳥「へぇ?そうなんですか?」
P「脳の中の食欲と性欲をコントロールする場所が隣りあってるためそうなるらしいですよ」
小鳥「なるほど……」
小鳥「プロデューサーさん……結構食べますよね?」
P「そうですねぇ割と食べるほうですかね?」
小鳥「じゃあプロデューサーさんはエッチなんですねぇ」
P「はは、男は少なからずそうですよ」
小鳥「ほほう……」
小鳥「他にうちの事務所でよく食べる人って誰かいましたっけ?」
がちゃり
貴音「……」
P・小鳥「あ……」

続きを読む

[ 閉じる ]
03/15 (16:55) SSびより
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/10/11(木)22:37:00.38ID:
AUcDQp9mO
真美「隣の女性は壮年…繰り返す隣の女性は壮年…恋人とは思い難いね→」
小鳥「コマンドポスト了解。ジェミナ01はこのまま尾行を継続せよ」
真美「ジェミナ01了解」
亜美「ジェミナ02よりコマンドポスト、目標物を回収」
小鳥「でかしたジェミナ02、帰投せよ」
亜美「了解、ジェミナ02は通信を切る…んっふっふ?兄ちゃんのおぱんつ…」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
03/15 (14:55) SSびより
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/10/01(月)17:48:57.16ID:
WYRU2EgB0
九月の某日
冬馬「100円セールじゃなくて半額かよ。すげぇな」
翔太「何が半額なの!?ハニーディップあるの!?」
北斗「落ち着け翔太。ほら、これがチラシだ」
翔太「貸してっ!」
冬馬「チラシまで持ってくんなよ……」
北斗「事務所の掲示板に貼ってあったから拝借してきたんだ」
冬馬「芸能事務所になんでドーナツのチラシが貼ってるんだよ」
北斗「社長の趣味じゃないか?」
冬馬「……まぁそんなとこだろうな」

続きを読む

[ 閉じる ]
03/14 (06:55) SSびより
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/10/09(火)20:35:12.01ID:
mfEgT0y30
ピンポーン
あずさ「はい?」パタパタ
ガチャ
P「あ、あの…隣に越してきました………!?」
あずさ「え…??」
P「あ、あずささん?」
あずさ「プロデューサーさん…?」

続きを読む

[ 閉じる ]
03/13 (22:55) SSびより
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/10/03(水)22:04:24.28ID:
sLbwRowUO
――765プロ事務所
P「どうした?雪歩」
雪歩「えへへ…ぷろでゅーさー…」
雪歩「私と…プロデューサーの…ですね?」
P「うん?」
雪歩「あかちゃん…です…///」スリスリ
P「ん?」

続きを読む

[ 閉じる ]
03/13 (20:55) SSびより
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/10/09(火)11:38:47.37ID:
2KB4uDFH0
真美「このままじゃ漏れちゃうよ?!」
P「ま、参ったな…近くにトイレを借りられそうな施設もないし…」
真美「ねぇ兄ちゃ?ん!」
P「仕方ない…俺が見張ってるからそのへんで…」
真美「えぇ?!ダメだよ!アイドルがそのへんでなんかしないってば!」

続きを読む

[ 閉じる ]
03/13 (18:55) SSびより
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/10/09(火)00:03:47.42ID:
6wLsJzFy0
律子「ただこれでも業界人ですから誰でもってわけには・・・。プロデューサーも持て余してるんじゃないですか?」

続きを読む

[ 閉じる ]
03/13 (11:55) SSびより
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/10/08(月)01:30:36.42ID:
DS6b7Q/F0
響「やよいは犬と猫どっちが好き?」
やよい「ワンちゃんもねこちゃんもどっちも好きですー!」ペカー
やよい「響さんはどうですかー?」
響「自分もどっちも大好きだぞ!」
やよい「どっちも可愛いですもんねー!」
響「だよなー!」
やよい「えへへー!」
響「えへへー!」

続きを読む

[ 閉じる ]
03/13 (06:55) SSびより
7:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/10/07(日)18:06:21.67ID:
ilAZhxJKP
P「響、ちょっといいかー?」
響「何?プロデューサー」
P「この前の番組、結構良かったみたいでさ、またやってくれないかって話が来たんだ」
響「ほ、本当……あ、そうなんだ。まあ、自分は完璧だからな、当たり前さー」
P「それで、どうだ?やってくれるか?」
響「もちろ……ま、まあプロデューサーがどうしてもっていうならやってあげてもいいけど?」
P「そ、そうか。それじゃ頼む」
響「わかった。まあ、自分に任せておけばいいさー!」
P(……なんかいつもの響と違う。この感じ、どこかで……まさか)
P「まあ響だからな。期待してるぞ!」
響「なっ!あ、当たり前さー!」
P「ありがとな」
響「べ、別にプロデューサーのためじゃないからっ!も、もういいでしょ!それじゃ!」
P「……なるほど」

続きを読む

[ 閉じる ]
03/12 (20:55) SSびより
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/10/07(日)21:25:55.13ID:
f8qHSlAR0
ただただ護身術を学んだりするSSです
前から書いてみたかったので書いてみました。

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
03/12 (18:55) SSびより
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/10/07(日)20:40:11.12ID:
AIaHgi7g0
-10/7-
「うわぁーっ! 見て見てプロデューサー!」
沖縄に向かう飛行機の中で響は声を上げた。
「おぉ、高いなぁ」
「すっごーいちっちゃーいっ! あははっ」
窓際に座るプロデューサーの前に身を乗り出してはしゃぐ響。
ポニーテイルがぴょんぴょんと跳ねる。

続きを読む

[ 閉じる ]
03/12 (16:55) SSびより
3:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/10/06(土)23:14:45.86ID:
56PcV+5J0
P「えっと…、地図によるとこの辺りのはず…」
P「おっ、ここか。ここが俺の新しい職場かー。頑張るぞー!」



P「こんにちわ!今日からここの施設で働く事になったPと申します!」
春香「あれま!若い兄ちゃんだね?、こんにちわ。わたしゃ、天海春香だよ?」

続きを読む

[ 閉じる ]
03/12 (14:55) SSびより
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/10/06(土)20:10:41.99ID:
iTnDxF100
千早「は?」
亜美「何言ってるの?」
真美「お姫ちんの言うことは時々わからないYO!」
伊織「……」
春香「やよいちゃんは甘いんじゃなくて優しいんですよ」
貴音「そうでしょうか?」
響「何が言いたいんだ? 貴音は」
伊織「……」
あずさ「やよいちゃんは、他人に厳しくできる性格じゃないから……」
貴音「そうではなくて」
伊織「……」

続きを読む

[ 閉じる ]
03/12 (06:55) SSびより
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/10/04(木)19:08:15.74ID:+nVje2urO
美希「男のくせに情けないの」

続きを読む

[ 閉じる ]
03/11 (22:55) SSびより
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/09/23(日)23:47:36.00ID:
WDDgp5oh0
貴音「らぁめんを……」
 カチッカチッ
貴音「面妖な……」
 カチッカチッ
貴音「む……」
(湯沸かし器に貼られたメモ)「故障中ピヨ」
貴音「なんと……」
貴音「……」キョロキョロ
貴音「これは、まっち」
貴音「……」キョロキョロ 
貴音「これは、古新聞」

続きを読む

[ 閉じる ]
03/11 (18:55) SSびより
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/10/03(水)18:17:40.47ID:
1nEhfarni
P「そんなばかな」
小鳥「いやいや、アイドル達からアプローチを受けてるでしょう」
P「アプローチってほどの事でもないですよ」
小鳥「へぇ」

続きを読む

[ 閉じる ]
03/11 (14:55) SSびより
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1583850825/
関連SS
【アイマス×鬼滅】しのぶ「多分よくある血鬼術」
【アイマス×鬼滅】千早「プロデューサーは笑わない」
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/03/10(火)23:33:45.11ID:
18fKymV0O
「如月、すまなかった…この通りだ」
 目の前で私のプロデューサー…冨岡義勇さんが頭を下げている。
「本ッ当に、申し訳ありません…私からも謝ります」
 隣でプロデューサーの頭を抑えながら、自分も頭を下げているのは亜美と真美のプロデューサー、名前はたしか胡蝶しのぶさん。

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
5409◆9G12fmecqU
2014/05/23(金)19:56:34.99
ID:sfT9Vswd0
またまたDIOM@Sです
前回の
DIO「961PRO...貴様はこのDIOを怒らせた」【第四部】
の続きではありますが、初めての方も普通に見れると思います。
それでは駄文すいませェん...
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1400842594
引用元:

DIO「アイドル共との日常」【短編集】 


ジョジョの奇妙な冒険第5部(30~39巻)セット(集英社文庫(コミック版))
postedwith
amazletat20.03.10
荒木飛呂彦
集英社
売り上げランキング:9,138
Amazon.co.jpで詳細を見る
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
03/11 (00:40) SS 森きのこ!
関連SS
【アイマス×鬼滅】しのぶ「多分よくある血鬼術」
【アイマス×鬼滅】千早「プロデューサーは笑わない」

元スレ
全てのレス
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2020/03/10(火)23:33:45.11:
18fKymV0O
「如月、すまなかった…この通りだ」
 目の前で私のプロデューサー…冨岡義勇さんが頭を下げている。
「本ッ当に、申し訳ありません…私からも謝ります」
 隣でプロデューサーの頭を抑えながら、自分も頭を下げているのは亜美と真美のプロデューサー、名前はたしか胡蝶しのぶさん。

続きを読む

[ 閉じる ]
前回 
【アイマス×鬼滅】しのぶ「多分よくある血鬼術」
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2020/03/10(火)23:33:45.11
ID:18fKymV0O
「如月、すまなかった…この通りだ」
 目の前で私のプロデューサー…冨岡義勇さんが頭を下げている。
「本ッ当に、申し訳ありません…私からも謝ります」
 隣でプロデューサーの頭を抑えながら、自分も頭を下げているのは亜美と真美のプロデューサー、名前はたしか胡蝶しのぶさん。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1583850825
引用元:

【アイマス×鬼滅】千早「プロデューサーは笑わない」 


鬼滅の刃19(ジャンプコミックス)
postedwith
amazletat20.03.10
吾峠呼世晴
集英社(2020-02-04)
売り上げランキング:136
Amazon.co.jpで詳細を見る
続きを読む

[ 閉じる ]
03/10 (21:00) SS 森きのこ!
元スレ
全てのレス
2:
以下、名無しが深夜にお送りします
:2016/04/17(日)06:03:30:
SqszTmWI
ザー……
雪歩「今日は一日中降ってるみたいですよ」
P「んーそうなんだ……よし、お仕事一段落だ。休憩挟もうかな」
雪歩「あっ、でしたら私お茶淹れてきますね」
P「うん、ありがとう。そういえば雪歩って今日はお仕事休みだったよね?」
雪歩「はい、でも予定が合う友達が居なかったから事務所に来てみたんです」
P「そっか、だけどみんななら暫く事務所に来ないと思うよ」
雪歩「じゃあ皆が来るまでプロデューサーとお話しようかな……なんて。えへへ」
P「雪歩は本当にかわいいね」
雪歩「そんな、おだててもお茶しか出せませんよ」コトッ
P「それで充分だよ。いただきます」ズズーッ
P「うん!やっぱり雪歩のお茶が一番だね」
雪歩「ふふっ、そう言われると嬉しくなります」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/03/20(日)11:19:50.99
ID:o5IDEzmM0
オウ助「ヒーロー」
一応これの続編です
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1458440390
引用元:

ねこ吉「吾輩はねこ吉である」 


THEIDOLM@STERMASTERARTIST3 02我那覇響
postedwith
amazletat16.03.20
我那覇響(CV:沼倉愛美)
日本コロムビア(2015-04-22)
売り上げランキング:12,136
Amazon.co.jpで詳細を見る
続きを読む

[ 閉じる ]
2:
◆3yJI8xXgv6
2016/03/20(日)15:25:14.93
ID:WAPd4XuE0
そういえば今は何時だったかと思い顔を上げると時計は既に20時を指していた。
日が沈み事務所の窓から差し込んできていた赤い光はなくなり代わりに街灯の明かりだけが見えていた、どうやら随分と仕事に集中してしまっていたようだ。
P「おーい、雪歩」
引用元:

P「もうPなんてしない」 


アイドルマスター萩原雪歩1/8スケールABS&PVC製塗装済み完成品フィギュア
postedwith
amazletat16.03.20
ファット・カンパニー(2016-01-08)
売り上げランキング:2,006
Amazon.co.jpで詳細を見る
続きを読む

[ 閉じる ]
03/09 (14:55) SSびより
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/08/07(火)13:42:41.94ID:
MfXg7icq0
P「な、なんですか。どうしたんですか小鳥さん」
小鳥「見てくださいよコレ!」
P「仕事中に2chですか……。また律子にパロスペシャルくらいますよ?」
小鳥「今日は帰ってこないからいいんです!」
P「はいはい……。えーと、わははは、こりゃひどい」
小鳥「職場でいきなり角オナ始めたり、土下座してヤッてもらおうとしたり……」
P「こっちだとやたらゲスいですね。アイドルを陥れるのに微塵も躊躇がありませんよ」
小鳥「妄想癖一つでここまで書かれちゃたまんないのよ!」
P「まぁまぁ……。それだけ愛されてるってことじゃないですか」
小鳥「嬉しくない……」
P「いいじゃないですか。所詮は二次創作。小鳥さんの良さは俺が一番知ってますから」
小鳥「プロデューサーさん……」
?????????????????
小鳥「なーんつってwwwwwww」
律子「書類まだですか」


続きを読む

[ 閉じる ]
03/09 (11:55) SSびより
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/08/07(火)01:05:54.14ID:
1jHtHhd90
P「さっさと酒を持ってこぉい!」
小鳥「ひっ…こ、こんな酒乱だっただなんて……ううっ」
小鳥「き、今日はもうやめたほうが…」
P「ああん!?」
小鳥「ピヨッ…」ビクッ
P「やめるかどうかは俺が決めるんだ。酒をもってこいってんだよぉ!」ドンドンッ!
小鳥「…………」グスッ

続きを読む

[ 閉じる ]
03/09 (06:55) SSびより
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/08/06(月)17:44:14.58ID:
68/UAbVu0
貴音「……」
P「おーい貴音!」
貴音「Mysterious・・・」
P「どうしたんだ?貴音」
貴音「Why・・・why・・・」
P「?」
貴音「ItbecameimpossibletotalkexceptEnglish.」
P「!?」
貴音「Verymysterious.」
P「あの……貴音さん?」
貴音「WhatdoyouunderstandwhetherIshoulddo?」
P「一体どうしたってんだ貴音!?そんな流暢に英語でしゃべりかけるなんて……!」
貴音「Idonotunderstand,either.」
P「冗談はよしてくれよ……。これも演技か何かの特訓か?」
貴音「……」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆/qOAOBHfFg
2013/08/06(火)20:06:13.61
ID:XW2HK25so
陽光を浴びて飛散する紙片
飛び交う怒号と銃声
バリケードに分断され、争う人間達
伊織「何よ…これ…。一体、何だっていうのよ…」
窓より射す八月の日差しを浴びて立ちすくむ一人の少女、
人気ユニット『竜宮小町』の若きリーダー、水瀬伊織の言に応える者はなかった。
彼女と共に数々の大舞台を潜り抜けてきた三浦あずさも、双海亜美も、
新人ながら冷静沈着な指導で三人を支えてきた敏腕プロデューサー、秋月律子をしても、
眼前の光景を現実の物と受け入れることなど、出来よう筈もなかった。
『3時の方向に敵影確認!』
『怯むなッ!奴らの豆鉄砲なぞ当たりはせん!復旧作業を急げ!』
765プロの新たな門出を迎える筈だったその場所は―――戦場と化していた
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1375787173
引用元:

竜宮小町「仕事から帰ってきたら事務所が戦場になっていた」 


ブシロードスリーブコレクションHG(ハイグレード)Vol.896アイドルマスター『竜宮小町』
postedwith
amazletat16.03.19
ブシロード(2015-09-18)
売り上げランキング:103,289
Amazon.co.jpで詳細を見る
続きを読む

[ 閉じる ]
03/08 (16:55) SSびより
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/08/08(水)00:17:48.03ID:
BjJIMEdS0

※たえちゃんとは何の関係もありません、ごめんなさい


続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
2
3
4
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。