SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
検索にヒットしたのが10件未満なので検索範囲を広げました。
タグ:
エヴァンゲリオンSS
タグ一覧の表示
<<
2019年11月
>>
57件取得
投稿日時順表示
<<
0
1
>>
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1351457413/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/10/29(月)05:50:13ID:g/JODEFo
シンジ「え?」
アスカ「ただ買いにいかせるだけじゃないんだから問題ないでしょ?」
シンジ「な、何言っているんだよ?」
アスカ「ほら、アイス代もあげる」チャリン
アスカ「それにおっぱいも触らせてあげる、あんたに何の損失がある?」
シンジ「触らせてあげるって……何で……」
アスカ「あーもう!イライラするわね!」グイッ
シンジ「あっ」
ぷにっ
シンジ「!?」
アスカ「バニラアイスね」
シンジ「う、うん!」ダッ!

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/10/29(月)05:53:06ID:g/JODEFo
シンジ「買ってきたよアスカ」
アスカ「遅い!アイス溶けちゃったんじゃないの!?」
シンジ「大丈夫だよ、ほら……」
アスカ「ったく、トロいんだから」
シンジ「何だよ、せっかく買ってきてやったのに……」
アスカ「何よ、何か文句があるなら言ってみなさいよ」
シンジ「……」
アスカ「ないわよね、ちゃんと報酬をあげたうえで買いに行かせたんだから」
アスカ「むしろ私がお金もらってもいいぐらいよ?」ペロペロ
シンジ「アスカが無理やり触らせたんじゃないか……」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/10/29(月)05:54:05ID:g/JODEFo
アスカ「あ、シャンプー切らしてんだった」
アスカ「バカシンジ、シャンプー買ってきなさいよ」
シンジ「何で僕が、自分で行けばいいじゃないか」
アスカ「ほらシャンプー代」ピラッ
シンジ「僕は行かないって!」
アスカ「おっぱい触らせてあげるから、それならいいでしょ?」
シンジ「だ、駄目だよそんなの!」
アスカ「ふーん」グイッ
シンジ「あっ」
むにっ
シンジ「!?」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1384884290/
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/11/20(水)03:04:50.52ID:mqtVdq+k0
※エヴァとシュタゲのクロスですが、シュタゲは知らなくても大丈夫です
※舞台はTV版のレリエル戦後を想定してます
リツコ「何かの間違いじゃないの?そんな非科学的な事あるはずないわ」
マヤ「…でも確かに送ったのは昨日なんですよ?私の記憶違いなのかな?」
リツコ「このメールが私の携帯に届いたのは先週よ?3通に分けてて最初はスパムかと思ったけど」
マヤ「うーん…MAGIから送ったのが不味かったんですかね?」
リツコ「待ちなさい、今なんて?」
4:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/11/20(水)03:07:09.43ID:mqtVdq+k0
リツコ「後でマヤには始末書を書いてもらうとして、本当に過去にメールを送れるか再現してみましょ」
マヤ「すいません先輩…この前の細菌サイズの使徒と影のような使徒が関係あるんでしょうか…」
リツコ「かもしれないわね、で?あなたはメールを送ったとき何をしてたの?」
マヤ「確か私は…休憩中だったのでそこの電子レンジでミルクを温めてました」
リツコ「随分と古いレンジね…なんかゴテゴテした機械がついてるけど」
マヤ「携帯電話で遠隔操作できるように改造してます」
リツコ(この子の考える事はよくわからないわ…)
6:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/11/20(水)03:09:21.96ID:mqtVdq+k0
マヤ「…では15回目…送信します!」ピッ
ピリリリリ ピッ
リツコ「駄目ね、普通のメールだわ」
マヤ「やっぱり気のせいだったんでしょうか…」
アスカ「やっほーリツコ、ちょっとテレビ貸して」シュイーン
リツコ「…ここは託児所じゃないのよ」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:https://yutori7.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1268804689/
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
:2010/03/17(水)14:44:49.57ID:gRQhFLORO
ハーレルヤハーレルヤ
アスカ「汚された…私の心が…加持さん!…汚されちゃった…どうしよう…汚されちゃったよぉ……」
青葉「機体回収!」
ミサト「アスカは?」
日向「パイロットの生存は確認。」
マヤ「……しかし精神汚染の可能性が……」
ミサト「そう…」
―翌日―
アスカ「…………!」
シンジ「アスカ……大丈夫だった?目が覚めたんだね。」
アスカ「………」
シンジ「だ…大丈夫?使徒から…すごい精神攻撃を受けちゃって」
アスカ「うはwwwwwwwwwwww」
シンジ「えっ」

2:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
:2010/03/17(水)14:45:51.22ID:gRQhFLORO
アスカ「それはマジでwwwwwwござるかwwwwww」
シンジ「えっえっ」
アスカ「おっ。そんなことより銀魂の時間でござりまするなwwwwww」
カチ
アスカ「九ちゃんwwwwwwwwwwwデュフッwwww」
ガラッ
リツコ「………やはり、精神の侵食は相当進んでいたようね」
シンジ「リツコさん!」
マヤ「…………アスカ」
リツコ「使徒の精神攻撃の結果で彼女はこうなってしまったの。」
リツコ「元に戻すことは……多分。」
ミサト「くっ………」
アスカ「ちょww惨事の諸君wwwwwwwシャラッwwwwwwwww」
シンジ「そんな……」

5:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
:2010/03/17(水)14:47:31.50ID:gRQhFLORO
アスカ「神楽こと釘宮キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!」
アスカ「ぬwwwwwwいwwwwwwたwwwwww」
綾波「……前よりも楽しそうだし別にいいんじゃないの」
シンジ「でも綾波………」
アスカ「うはw
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1349014743/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/09/30(日)23:19:03ID:Td7pVjEk
アスカ「ねぇ、シンジぃ」ゴロゴロ
シンジ「なに?」
アスカ「ミサト遅いじゃない。もう10時よ」
シンジ「あぁ、知らなかった?今日は残業で帰ってこれないって」
アスカ「ふーん、そうなんだ」ゴロゴロ
シンジ「暇なら洗い物手伝ってよ」ジャー カチャカチャ
アスカ「イヤよ。それはアンタの仕事」
シンジ「なんだよそれ」
アスカ「あたしの仕事は使徒と戦う事だし。その為に日本に来たんだから」
シンジ「使徒退治は僕だってやってるのに…」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/09/30(日)23:22:26ID:Td7pVjEk
アスカ「むー…」ゴロゴロ
シンジ「…」ジャー カチャカチャ
アスカ「暇ねー。ひま」ゴロリ
ペンペン「クワッ」
アスカ「ねぇペンペン、なんか面白い事ない?」
ペンペン「クワーッ」
アスカ「ふーん、そう」
シンジ「……わかるの?」カチャカチャ
アスカ「わかるわけないじゃない。バーカ」
アスカ「あーあ。暇、暇」
シンジ「だから暇なら手伝ってよ」
アスカ「嫌」
シンジ「…」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/09/30(日)23:30:04ID:Td7pVjEk
アスカ「シンジ、喉渇いた」
シンジ「冷蔵庫になんか入ってるんじゃないの」カチャカチャ
アスカ「取ってよ」
シンジ「それぐらい自分でやってよ。僕はまだやる事あるんだから」
アスカ「チェッ、使えないわねぇ」ムクリ
シンジ「そんな言い方ないじゃないか…」
アスカ「えーと、どれどれ?」
バコッ
アスカ「……」
ペンペン「クワーッ」
アスカ「…なによ、ミサトのビールしかないじゃない」
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/09/30(日
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1359076207/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/01/25(金)10:10:07ID:777q7nD6
エヴァ×るろうに剣心

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/01/25(金)10:18:44ID:777q7nD6
剣心「それに…あそこにいる化け物は…」
サキエル「………」ノシノシ
剣心「流石に拙者の刀では歯が立たないでござるな」
ズドーン
剣心「おろっ?」フセッ
剣心「危ないでござるな…ん?」
ミサト「碇シンジ君ね?乗って!!」
剣心「いや、拙者は碇シンジでは…」
ミサト「混乱してるのは分かるけど、今は時間がないの!早く!!」グイッ
剣心「おろろろろ」
ミサト「さあ、行くわよ」
6:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/01/25(金)19:18:17ID:v8IVFZ.c
ジオフロント
剣心「これは…」
リツコ「対使徒人型決戦兵器エヴァンゲリオンよ」
剣心「え?ぁんげりおん?」
剣心(意味が分からないでござるよ)
ゲンドウ「シンジ」
剣心(殺気!?)バッ
ゲンドウ「これに乗れ」
剣心「はっ?」
ゲンドウ「これに乗れ。でなければ帰れ」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1334381139/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/04/14(土)14:25:39ID:vIV9wQT.
零号機「あなたはスペアがたくさんいるかもしれないけどさぁ…」
零号機「アタシはそうはいかないの!…上半身とかふっ飛んだらスッゴく痛いんだから!」
零号機「ホント痛いんだよアレ!!」
レイ「…ごめんなさい」
レイ「でも…」
零号機「…でも?」イラ…
レイ「シンジ君を守りたかったの…」
零号機「はぁ!?…何それ!アタシにあんな統合失調のガキの為に死ねっていうの!?」
レイ「…ごめんなさい」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/04/14(土)14:39:55ID:OU8g07XI
統合失調症ってむしろレイじゃね
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/04/14(土)14:48:07ID:vIV9wQT.
零号機「はぁ…分かったわよ!やればいいんでしょ?…やれば」
レイ「…」
零号機「それにしても、あなたも報われないわね」
零号機「あなたはこんなにつくしてるのにあのガキときたら…甘えてばかりであなたの気持ちなんて考えちゃいない」
レイ「シンジ君の…碇君のことを悪く言わないで!」
レイ「それでもいいの…私は人間じゃないから…」
零号機「はいはい…分かったわよ」
零号機「あ?ぁ…なんかやりきれないわねぇ」
零号機「アタシもあなたも…人間だったら良かったのにね…」
レイ「…そうね。」
零号機「まぁいいわ…。それじゃあ行きましょ。…最期の瞬間まで付き合ってあげるわ」
レイ「…ありがとう」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1336137571/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/05/04(金)22:19:31ID:m8jGJdao
シメジ「え?いいよ」
アスカ「じゃ、いくわよ」
シメジ「うん」
アスカ「……」
アスカ「誰!?」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/05/04(金)22:20:10ID:m8jGJdao
アスカ「バカシンジじゃない!?アンタ誰よ!」
シメジ「シンジだけど…」
アスカ「嘘つかないでよ!」
シメジ「ついてないよ…僕シンジだよ」
アスカ「は…!?シンジはどこ!?本物のシンジをどこにやったの!」
シメジ「だから、僕が碇シンジだってば。早くキス」
アスカ「嫌!シンジを返して!返してよぉーッ!!」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/05/04(金)22:21:57ID:m8jGJdao
ミサト「うるさいわねぇ…2人共、喧嘩は駄目よ」
アスカ「ミサト!家の中に不審者が!警察に電話…今すぐ追い出さなきゃ!!」
ミサト「え?」
シメジ「ミサトさん…あの」
アスカ「黙れ!今すぐ出てけ!」
ミサト「何言ってるのよアスカ…。シンちゃんと喧嘩したからって酷い言い様ねぇ」
シメジ「酷いよアスカ…」シュン
アスカ「えっ?」
ミサト「ほら、謝んなさい」
アスカ「えっ?」
アスカ「…ごめんなさい…?」
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/05/04(金)22:22:48ID:m8jGJdao
学校
ケンスケ「でさ、今日の帰り第三新秋葉原行かない?プラモの新作買いたくてさぁ」
トウジ「よっしゃ、暇やし行くか。センセはどうする?」
シメジ「僕は夕飯の準備があるからなぁ。また今度誘ってよ」
アスカ(普通に馴染んでるし…。誰も気付かないの!?)
アスカ(そうだ、ヒカリに訊いてみましょ)
5:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/05/04(金)2
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1353155194/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/11/17(土)21:26:34ID:FkYRTyMU
ネルフ基地内
シンジ「父さん・・・今更何の用なんだよ・・・」
リツコ「シンジ君、見なさい」
リツコ「これが凡庸人型決戦人型兵器、エヴァンゲリオンよ!」
バーン!
シンジ「・・・」
ミサト「久々に呼び出されたと思ったらこれだもの。無理もないわね」
「待たせたな。俗物共」
ミサト&リツコ「!?」
シンジ「父さん・・・?」
「私がアクシズ改めネオジオン総司令、スペースノイドの自由を勝ち取る為生まれた者」
「ハマーン・カーンである!!」
ミサト&リツコ&シンジ「(・・・誰?)」

4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/11/17(土)21:32:53ID:FkYRTyMU
ハマーン「・・・」
リツコ「えっ、ちょ・・・」
ミサト「あんた誰よ!?」
ハマーン「さっき名乗っただろうが」
ミサト「いやそういう事じゃなくて」
リツコ「ここは部外者は立ち入り禁止よ?何者ですか!」
ハマーン「たかだか地下に巣を作った程度で立ち入り禁止とは、笑わせる」
ミサト「警備兵は何をしているの!?」
ハマーン「警備?ああ、そこでだらしなく怠けている連中の事か」
ミサト&リツコ「!?」
隅で積み重なっている警備兵達
ミサト「強行突破ってわけね・・・」
リツコ「この非常時に・・・」
ハマーン「聞け!このネルフとやらは我らネオジオンが乗っ取った!」
ハマーン「命が惜しくば我に従え!」
5:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/11/17(土)21:40:40ID:FkYRTyMU
ドカーーーーン!!グラグラグラ・・・
リツコ「ッ!」
ミサト「使徒!ついにここまで・・・」
リツコ「あなた。今私達は非常事態です」
リツコ「ネオジオンかなんだか知りませんが、事は一刻を争います」
リツコ「乗っ
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1361052215/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/02/17(日)07:03:35ID:3o1lJs7.
ミサト「ちょ?っち相談があるんだけどさ、聞いてくれる?」ムズムズ…
リツコ「どうしたの急に?」スパーフゥ?
ミサト「今の日本って夏しか無いじゃない、暑くてたまんないわよね?」ムズムズ…
ミサト「んで仕事は不規則でキツくて、一度なんか有ったら3日4日着たきり雀」ムズムズ…
リツコ「確かにそうね」ギシッ
ミサト「品質の高いネルフの支給品のストッキングは月3足だけだし、市販品だと1日中履いてると蒸れ腐るじゃない?」ムズムズ…
リツコ「私はそうでもないけど、あなたはあちこち動き回って忙しくしてるから余計よね」ズズッ…コトッ

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/02/17(日)09:08:53ID:3o1lJs7.
リツコ「で?用件は何」
ミサト「それでさ…ちょっち言いづらいんだけど?」ムズムズ…
リツコ「ふぅ…これでしょう…」コトッ
リツコ「ネルフの技術を結集して作り上げた、重症者用強力白癬菌殲滅薬…」
ミサト「おぉ?」ムズムズ…
リツコ「ミズムシコロリよ」
ミサト「ぶwwwずいぶんハイセンスなネーミングね?www」ムズムズ…
リツコ「名付け親はわたしじゃないわ、副指令よ」
リツコ「職員には同じ悩みを持つものがかなりいるのよ…」
ミサト「そっかwそりゃそうよねww安心したわwww って、なんで分かったのよ?」ムズムズ…
リツコ「それだけ足をムズムズさせてたら誰でも気付くわ、ほら足を出しなさい塗ってあげるから…」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/02/17(日)10:04:12ID:3o1lJs7.
ミサト「うん、それじゃ頼むわ」ヌギヌギ…
リツコ「脱いだストッキングはそこのゴミ箱に捨ててね、新しいの支給するわ」
ミサト「マジで?やった!リツコ話せるぅ?♪」
リツコ
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1356500208/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/12/26(水)14:36:48ID:qDsqR4sA
エヴァのSS

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/12/26(水)14:37:45ID:qDsqR4sA
ミサト「シンジ君って、学校では何をしているの?」
シンジ「特には何もしていませんよ?普通に授業を聞いて、たまにトウジやケンスケと話すだけですが?」
ミサト「いや、そういうのじゃなくて、例えば…そう、恋愛とかそういうのよ!」
シンジ「れ、恋愛ですか!?」
ミサト「そうよシンちゃん、一人や二人ぐらい気になる子はいるんでしょ?パーっとお姉さんにはなしてごらんなさい」ニマニマ
シンジ「き、気になる子なんていませんよ!!」
ミサト「あら、シンちゃ?ん、そんなにムキになって否定しなくたって?」
ミサト「もしかして、アスカとか?」ニマニマ
シンジ「違いますよ!!」
シンジ「確かにアスカかなり可愛いですし、僕が気軽に話せる数少ない女の子です。だけど、それは恋愛対象っていうより、家族って感じです」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/12/26(水)14:42:01ID:qDsqR4sA
シンジ「違いますよ!!」
シンジ「確かにアスカかなり可愛いですし、僕が気軽に話せる数少ない女の子です。だけど、それは恋愛対象っていうより、家族って感じです」
ミサト「じゃあ、レイはどうなのよ?あの子も可愛いし、素直じゃない?」ニマニマ
シンジ「綾波は…って、ミサトさん、これ以上からかわないで下さいよ!」
ミサト「ごめんね?シンちゃん。ちょっちシンちゃんの学校での生活が気になってね?」
ミサト(だとするとシンジ君は、青春を謳歌することもなくただただ学校で過ごしていることになるわね)
シンジ「あの、ミサトさん、どうしたんですか?いきなり黙り込んじゃって」
ミサト「そうだわ!」ガタッ
シンジ「」ビクッ
ミサト「シンジ君、あなたは部活に入りなさい!」
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1366190066/
1:
SS名無し◆yQb0EL84Nw
2013/04/17(水)18:14:26ID:KBaLuoJY
ゲンドウ「冬月…」
冬月「何だ、碇。」
ゲンドウ「そろそろ本気でシンジと仲良くなりたい」
冬月「お前が!?」
ゲンドウ「ああ。」

2:
SS名無し◆yQb0EL84Nw
2013/04/17(水)18:17:33ID:KBaLuoJY
冬月「何故にまた、そんなことを言い出すのかね」
ゲンドウ「何かいい案は無いかね」
冬月「…無視するな、碇。」
ゲンドウ「シンジのメアド…ネルフに登録してあるか?」
冬月「…恐らくな。」
ゲンドウ「あるか…」カタカタ
3:
SS名無し◆yQb0EL84Nw
2013/04/17(水)18:20:01ID:KBaLuoJY
ゲンドウ「あった…」ニヤ
『ikari.shinji@nerv.un』
ゲンドウ「冬月。」
冬月「何だね。」
ゲンドウ「どうやって…メールを送ればよいのだ」
冬月「左下に『スタート』のメニューがあるな?それをクリックしてだな…」
4:
SS名無し◆yQb0EL84Nw
2013/04/17(水)18:22:20ID:KBaLuoJY
ゲンドウ「こうか」
冬月「…でだ。『すべてのプログラム』からメーラーを立ち上げろ」
ゲンドウ「『メーラー』とは何だ。野菜の皮むきか?」
冬月「それはピーラーだ。メーラーはこれだ」カチッ
ゲンドウ「なるほど、ここにメアドを入力するのか」
冬月「そうだ。」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1358822684/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/01/22(火)11:44:44ID:7Xtq5dVQ
亀レス時あり

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/01/22(火)11:44:54ID:7Xtq5dVQ
シンジ「得にすることもないし何かをするにも時間があるなぁ」
1 誰かに電話する (人物指定
2 どこかに行く (場所指定
3 一人で何かする (行動指定
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/01/22(火)12:04:25ID:ibtbuIdw
レイの家に訪問
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/01/22(火)12:11:16ID:7Xtq5dVQ
シンジ「綾波……暇かなぁ? そうだ、綾波の家に行ってみよう」
シンジ「あ、でも、事前に連絡しておいた方がいいよね
     女の子の家に行くわけだし……」サッサッサ
prrrrrrr
レイ「……もしもし」
シンジ「綾波? あ、僕だよ、シンジ」
レイ「……」
レイのシンジへの感情
1 変態的に好き
2 ポカポカ
3 苦手
4 拒絶
5:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/01/22(火)12:22:33ID:wisF3Jys


続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1362057121/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/02/28(木)22:12:01ID:QF77aSA.
リツコ「ちょっと!何を言ってるのシンジ君!?」
シンジ「もうウンザリなんですよ!!なんで劇場版出ると新台出すんですか!!!何かの儀式ですか!!!」
リツコ「それはみんなが期待してるからよっ!」
シンジ「期待?!!期待ってなんだよ!!なんで次の台期待しないといけないんだよっ!!」
ミサト「もうお約束になりつつあるわよね」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/02/28(木)22:19:10ID:QF77aSA.
シンジ「理由を教えて下さいよ!あんなクソ台を出し続ける理由を!!!」
リツコ「…いい?新台を出すことにより、パチンカスからお金を徴収して、その利益を軍の資金に利用しているの」
シンジ「う、嘘だっ!!そんなの嘘だよ!!」
ゲンドウ「……本当だ」
ミサト「え」
青葉「マジかよ…聞きたくなかった…」
日向「僕らの給料は国家から出てたんじゃ…」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/02/28(木)22:26:54ID:QF77aSA.
リツコ「それに、新台出さないとオワコンになっちゃうでしょ?ただでさえ映画作るの遅いんだし」
シンジ「なるわけないだろ!!!何年続いてると思ってんだ!!!オワコンなんてとっくに通り過ぎてるよ!!!」
サクラ「まぁまぁ…少し落ち着いて…」
シンジ「誰だよあんた!!Qで出てきた新参のくせにシャシャリ出ないでよ!!僕の方が年上なんだよ?!!」
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/02/28(木)22:40:03ID:QF77aSA.
ゲンドウ「シンジ、少し落ち着け」
シンジ「父さんは黙っててよ!!大体、父さんがそんなだから部下が調子乗って裏切られるんじゃないか!!!」
ゲンドウ「」グサッ
シンジ「ほんとやめてよ!!このままだとエヴァ=パチンコのイメージが付いちゃう
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/05/23(木)17:40:50.16
ID:oKc73eVLO

【SS】アスカ・ラングレーは告らせたい
アスカ・ラングレーは告らせたい 破
一応続きものだけど、読まなくても分かるよ


続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1332430080/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/03/23(金)00:28:00ID:8e43VCqo
シンジ「ペンペン…この手触り…程良いジョリジョリ感…」スリスリスリスリ
ペンペン「クワァ」
シンジ「はぁん、可愛いよぉッ…気持ち良いよ、ペンペンっ…!」スリスリスリスリ
ペンペン「ク…クワァァ」
シンジ「あ…ぁ…!イ、っ…」
ミサト「ただいまー」ガチャ
シンジ「!」ビクッ
ミサト「シンちゃ?ん今日の晩ご飯なに??」
シンジ「おかえりなさいミサトさん。今晩はカレーです」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/03/23(金)00:29:38ID:8e43VCqo
09の次
ミサト「あれ、アスカは?」
シンジ「さあ、部屋で寝てるんじゃないですか?」
ミサト「起こしてあげてー」
シンジ「面倒だなぁ」
コンコン
シンジ「入るよアスカ。起きなよ」ガチャ
アスカ「…まだ眠い…」
シンジ「ご飯だよ」
アスカ「起こしてぇ…」モゾモゾ
シンジ「…」
アスカ「起き上がれない?…」チラ
シンジ「僕、ペンペンにご飯あげなくちゃいけないから!」スタスタ
アスカ「…む…」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/03/23(金)00:31:36ID:8e43VCqo
シンジ(せっかくのチャンスだったのに邪魔が入ったな。明日は土曜日か…。休日はみんなが家に居る時間が長いから逆に好機は少ない)
アスカ「ねぇシンジ」
シンジ(今夜もペンペンのもふもふエクスタシーを思い出して寝ようっと)
アスカ「バカシンジったら!」
シンジ「え?あぁ、アスカ」
アスカ「明日、第三新原宿に買い物に行くの」
シンジ「…へぇ?!」
アスカ「どうせアンタ暇でしょうから!と、特別に一緒に連れてってあげてもいいわよ!」
シンジ「遠慮しておきます」
アスカ「!?…べ、別に私はアンタなんかいなくて全っ然い
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1558600850/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/05/23(木)17:40:50.16ID:oKc73eVLO
【SS】アスカ・ラングレーは告らせたい
アスカ・ラングレーは告らせたい 破
一応続きものだけど、読まなくても分かるよ

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/05/23(木)17:42:07.00ID:oKc73eVLO
レイ「……」ペラ
レイ「……」ペラ
レイ「……フフッ」
ゲンドウ「何をしている、レイ」
レイ「……心理学の本を、読んでいます」
心理学。
人の行動原理を読み解く学問。
目に見えない人の心を理解しようという試みの道のりは古く、実に紀元前にまで遡る!
そこまで長い歴史をもっていながら、心理学は未だ学問として発展途上!
人の心の複雑さ・奥深さは筆舌に尽くし難いものなのだ!
ゲンドウ「人の心に興味があるのか?」
レイ「はい」ニコッ
ゲンドウ「……楽しいか?」
レイ「……よく、わかりません」
レイ「でも、読んでいると心がワクワクします」
ゲンドウ「……そうか」
魑魅魍魎にして奇々怪界ーーまさしく、人の心とはパンドラの匣そのもの!
そんな希望と災厄の入り混じった匣を、今まさに、一人の少女が開こうとしていたっ!
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/05/23(木)17:43:40.95ID:oKc73eVLO
【綾波レイは学びたい】
ーー教室・朝
レイ「……」ペラ
レイ「……」ペラ
レイ(……ドア・イン・ザ・フェイス、ね)
【ドア・イン・ザ・フェイス】っ!
要求水準の落差を利用した話法の一つ!
人は他人の頼みごとを断ると罪悪感を抱き、次の要求を承認しやすくなるっ!
それを利用し、最初に難度の高い要求を出して相手に一旦拒否させておき、それから徐々に要求水準を下げていくのがこのテクニックであるっ
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1335793818/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/04/30(月)22:50:18ID:grAJzaeI
冬月「フィフスチルドレン…碇、お前はどう思う?」
ゲンドウ「おそらくゼーレの駒だろう。それより…気になることがある」
冬月「次元境界線の歪曲のことか」
ゲンドウ「ああ。もうすぐ予想外のことが起きるだろうな」
冬月「転移でもするというのか?」
前話 
銀時「ナゾ解きだぁ?」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/04/30(月)22:50:38ID:grAJzaeI
ゲンドウ「わからん。だがしかし、警戒はしておくほうがいいだろう」
銀時「え?と…ここどこだ」
新八「知りませんよ」
冬月「…もう来たあああああああああ!?」
ゲンドウ「…ようこそ、並行世界の旅人。ここはネルフ本部…」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/04/30(月)22:50:56ID:grAJzaeI
神楽「ネルフ!?」
銀時「それって、使途を殲滅するための…」
ゲンドウ「その通りだ。もしよければ、君達が別世界へ行くまでの間、ここで働いてほしいのだが」
新八「どうするんです?」
銀時「そうだな…ま、やってやるか」
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/04/30(月)22:51:19ID:grAJzaeI
ゲンドウ「感謝する…で、最初の仕事内容だが…」
?ネルフ?
シンジ「…」
銀時「てめぇがシンジか」
シンジ「…あなたは?」
銀時「俺の名は坂田銀時。見てのとおり、侍だ」
シンジ「は、はあ…」
5:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/04/30(月)22:51:38ID:grAJzaeI
銀時「話の内容は他の奴らから聞いた」
シンジ「!!」
銀時「親父が何だってんだ。てめーはてめーだ。もっと強くなったらどうだ?」
シンジ「あなたなんかに、僕の気持ちは
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1542983453/
1:
以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします
2018/11/23(金)23:30:53.452ID:pF2ez+gv0.net
シンジ「そうだよ」
アスカ「バッカみたい!アンタみたいなノロマの動画なんて誰が見るのよ!」
シンジ「いっぱい見てくれてるみたいだよ?この前チャンネル登録も1万人超えたし」
アスカ「は?」
シンジ「ついこの前始めたばかりなのに1万人の人が見てくれてるなんて実感がわかないよ」
アスカ「ふ、ふーん…で、どんな動画撮ってんのよ?」
シンジ「えと、
>>3だよ」

3:
以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします
2018/11/23(金)23:31:35.797ID:RncCHk/X0.net
料理
9:
以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします
2018/11/23(金)23:35:20.929ID:pF2ez+gv0.net
シンジ「えと、料理の動画だよ」
アスカ「なるほどね。バカシンジの唯一の得意なことだものね」
アスカ「バカのアンタにしては考えたじゃない」
シンジ「ひどいよアスカ…」
アスカ「ちょっと見てあげるわ」ピッ
シンジ「あっ!駄目だよアスカ!」
アスカ「何がよ?」ピピッ
アスカ「な、何これ…」
アスカが見た動画の内容
>>10
10:
以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします
2018/11/23(金)23:36:00.232ID:hnsYI5jd0.net
鯛のムニエル
12:
以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします
2018/11/23(金)23:36:45.800ID:WzPLQ7Ky0.net
良いもん作ってんな
13:
以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします
2018/11/23(金)23:37:26.799ID:1JsDTvjV0.net
これは優しい世界

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1385700231/
2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/11/29(金)13:48:21ID:KlxWhp1w
アカン
いろいろ間違えた
>>1はなしで

シンジ「何をプレゼントしたら喜ぶんだろうな?」
シンジ「そうだ!手作りのマフラーをあげよう!」
シンジ「でも、作り方わかんないな…明日、学校で洞木さんに聞いてみよう」
アスカ「ちょっと!さっきからなんかうるさいんだけど!」ガラッ
シンジ「うわぁ!あ、アスカ?なんでもないよ!ごめんね、うるさくして」
アスカ「ふん!」バンッ
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/11/29(金)18:24:35ID:KlxWhp1w
次の日
アスカ「早くしなさいよバカシンジ!先行くわよ」
シンジ「待ってよアスカ?」
昼休み
トウジ「さぁ?、飯や飯!」
ケンスケ「それしか言ってないよな、トウジ」ハハッ
シンジ「あ、2人ともさき行ってて、委員長に用があるから」
ケンスケ「わかった、早く来いよ?」
トウジ「おう、また後でな、センセ」
シンジ「うん、すぐ行くよ」
5:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/11/29(金)18:39:50ID:KlxWhp1w
アスカ「ヒカリ!お昼食べよ!」
ヒカリ「うん!」
シンジ「あ、委員長、放課後ちょっと良いかな」
ヒカリ「碇君?どうしたの?」
アスカ「ちょっと!何よアンタ!」
シンジ「あ、ごめんねアスカ、ちょっと、委員長借りるね」
アスカ「さっさと、済ませなさいよ!」
シンジ「ちょっと来て、委員長」ボソボソ
ヒカリ「うん、どうしたの?」ボソボソ
シンジ「もうすぐ、アスカの誕生日だよね?」ボソボソ
ヒカリ「そうね」ボソボソ

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1336486705/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/05/08(火)23:18:25ID:caBk3HdQ
ミサト「シンジ君、今日のハンバーグ美味しいわね」モグモグ
アスカ「バカシンジにしてはまあまあね」モグモグ
シンジ「・・・問題ない」ニヤリ
ミサト・アスカ「「!!」」ゾクッ

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/05/08(火)23:18:47ID:caBk3HdQ
みたいの読みたいです。
6:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/05/09(水)00:26:28ID:otQCa4Qs
中性美少年顔だからおっそろしく似合わんだろな
7:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/05/09(水)23:40:10ID:pAQCH5BM
むしろユイさん似だからなー
11:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/06/08(金)07:37:37ID:TCbE9l76
―翌日―
アスカ「昨日は何だったのよ、バカシンジの奴・・・」
アスカ「落ち着かなくてよく眠れなかったから文句言ってやるわ・・・!」
ガチャ
アスカ「バカシンジ!昨日・・・は・・・」
アスカ(て、手をくんで口元を隠すあの座り方は・・・!)
アスカ「・・・」パクパク
シンジ「おはよう、アスカ。どうした?」
アスカ「!・・・げ、元気かって聞いてんのよ!」
シンジ「ああ・・・問題ない」ニヤッ
アスカ「?!」ゾゾッ
みたいな感じで続き誰か

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1522258853/
1:
◆TTtxpqNzhE
2018/03/29(木)02:40:53.50ID:qR45x3zkO
イチロー「ここが第3新東京市立第壱中学校か」
イチローは2週間の臨時講師を頼まれここへやってきたた。

2:
◆TTtxpqNzhE
2018/03/29(木)03:04:14.49ID:059Klzx0O
イチロー「今日から2週間臨時講師を勤めることになったイチローですよろしく」
ザワザワ…
トウジ「そんな奴来るなんて聞いてへんで?間違いちゃうか?」
イチロー「ん?ここは東京市立第壱中学校だろ?」
アスカ「あんたバカァ?ここは第3新東京市立第壱中学校よ?」
イチロー「何だって?来る途中で変な道に入ってしまったからか」
イチロー「だとしてもこの際、仕方ないこの学校で指導することが運命だったんだ」
シンジ「それはさすがにマズイんじゃ……」
イチロー「マズイか決めるのは他人じゃない自分さ」
シンジ「は、はぁ……」
イチロー「そういうわけだからみんなよろしく!」
キーンコーンカーンコーン
シンジ「今日の人変だったね……」
アスカ「そうねところでシンジ私、結構腹が減ってるの」
シンジ「え?あぁ、うん……」
アスカ「うんじゃなくて、帰ったらすぐに料理作れるかって聞いてるの!」
シンジ「作れるのは作れるけどアスカ、もうご飯食べるの?だって帰ってもまだ5時……」
アスカ「悪い?帰ったら10分以内で作ってね」
シンジ「そりゃ無理だよ……だって3人分だよ?」
アスカ「だーかーらーだったら先に私の分だけ先に作ればいいだけでしょ!?」
シンジ「それにしたって……てかアスカ、無理なダイエットしてるから腹減ってるんでしょ?」
アスカ「うっさいバカシンジ!口答えするな!」
シンジ「はぁ……」

3:
◆TTtxpqNzhE
2018/03/29(木)03:29:06.21ID:059Klzx0O
ミサト宅
シンジ「ただいま?」
アス
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1351203201/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/10/26(金)07:13:21ID:yvNPD/Ds
シンジ「え?」
アスカ「可愛い」
シンジ「あ、ありがと?」
アスカ「……」
シンジ「……」
アスカ「……」ウズウズ
シンジ「……?」
ガバッ!
シンジ「うわぁ!?」
アスカ「あーもうムカつくぅ!何でこんなに可愛いわけぇ?」クシャクシャ
シンジ「わっ!ちょ……」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/10/26(金)07:17:02ID:yvNPD/Ds
シンジ「や、やめてよアスカ、髪がグシャグシャになっちゃうじゃないか」
アスカ「髪がグシャグシャになるバカシンジも可愛い」クシャクシャ
シンジ「ちょ……」
アスカ「そーれ」クシャクシャ
シンジ「や、やめてよ!」バッ
アスカ「怒った」
シンジ「可愛いだなんて……男に向って失礼じゃないか!」
アスカ「可愛いって言われて怒るバカシンジ可愛い」クシャクシャ
シンジ「だ、だからやめてってば」
アスカ「でも可愛いって言われて内心嬉しくもあるバカシンジ可愛い」クシャクシャ
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/10/26(金)07:17:52ID:yvNPD/Ds
シンジ「ア、アスカ……」
アスカ「可愛いバカシンジ、可愛い」クシャクシャ
シンジ(こんなに押さえつけられて頭を撫でられると……)
ぱふぱふ
シンジ「うぶっ!(ア、アスカのおっぱいが……!)」
アスカ「私のおっぱいを意識しちゃうバカシンジ可愛い」クシャクシャ
シンジ「い、意識してなんかいないよ!」
アスカ「そう言いつつも意識しちゃってる可愛い」クシャクシャ
シンジ「や、やめてよぉ……」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1351632221/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/10/31(水)06:23:41ID:89CT3Bsw
ミサト「ホントに?」
マリ「はい」
ミサト「シンジ君にも?」
マリ「はい、シンジ君にも」
ミサト「アスカはともかくシンジ君もとは……ちょっち意外ねぇ……」
マリ「シンジ君はアスカ程ではないけど、私の事を避けてる」
ミサト「そう……分かった、こっちで確認してから対処させてもらうわ」
マリ「どうも、私はエヴァにさえ乗れればみんなと仲良くできなくてもいいんだけどね」
ミサト「駄目よそんなの、パイロット同士の交流も作戦のひとつよ?」
マリ「ま、お任せしますわ、中間管理職サマ」
ミサト「あいよ」
ミサト(ふぅ……面倒ね……)

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/10/31(水)06:26:56ID:89CT3Bsw
訓練後
ミサト「お疲れ様、もうあがっていいわよ」
アスカ「……」ムスッ
ミサト「どうしたのアスカ、機嫌悪いじゃない」
アスカ「べっつにー」
マリ「はは、私がトップの成績だったからね」
アスカ「……チッ」
シンジ「……」ビクッ
ミサト(なるほど……)
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/10/31(水)06:27:41ID:89CT3Bsw
マリ「あーお腹空いちゃったー、ね、シンジ君、ごはん食べにいこっよ」
シンジ「え……」
マリ「いいじゃんいいじゃん、いこ、ね、いこ♪」ギュッ
シンジ(う、腕に胸が……)ドキッ
アスカ「嬉しそうね」
シンジ「そ、そんな事ないよ……」ビクビク
アスカ「ま、バカ同士お似合いなんじゃない?」
マリ「お似合いだってー♪照れちゃうね♪」ムギュッ
シンジ「ふわぁっ!?」
カヲル「……」
レイ「……」
アスカ「……」
ミサト(なるほど……)
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
201
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1355399948/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/12/13(木)20:59:08ID:uagZiaUs
レイ「ウ○チ。それは排泄物。汚らしいもの」
シンジ「あ、綾波っ。オンチだよ、オンチ。そっちじゃないからねっ!」
レイ「そう。ごめんなさい」
シンジ「……」
レイ「……」
シンジ「……」
レイ「ごめんなさい、こういうとき、どういう顔をすればいいのか分からないの」
シンジ「笑えば良いと思うよ」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/12/13(木)21:02:15ID:uagZiaUs
アスカ「いや、それは違うでしょう」
シンジ「あああ、アスカっ!? 一体いつからそこに居たんだよ。ビックリさせないでよっ」
アスカ「アンタ、バカァ? アタシ、さっきからいたんだから。アタシの存在に気付かないなんて、バカシンジは本物のバカね!」
シンジ「ご、ごめん。アスカ」
アスカ「そんな事より」
シンジ「うん」
アスカ「アンタ、オンチだったの?」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/12/13(木)21:04:59ID:uagZiaUs
シンジ「うん、そうだよ。アスカだってほら、僕が鼻歌している所なんて、みたことないでしょ?」
アスカ「そりゃ、まあ、ないけどさ……」
シンジ「……」
レイ「……」
アスカ「……で」
シンジ「へ?」
アスカ「ちょっと歌ってみなさいよ」
シンジ「えっ、い、嫌だよっ!」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1358009947/
1:
◆XzvI3A7CIc
2013/01/13(日)01:59:07ID:kKUuznEU
ミサト「行きなさいシンジ君!誰かの為じゃない、貴方自身の願いの為に!!」
リツコ「ミサト?!」
ミサト「今度こそあなたの世界を創るのよ!!」

2:
◆XzvI3A7CIc
2013/01/13(日)02:02:37ID:kKUuznEU
?!・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・真っ暗だ・・・本当に何もない・・・音も聞こえないし・・・誰一人いない・・・
・・・人類補完計画・・・また・・・サードインパクトが・・・
・・・・・・嘘だ・・・本当に誰もいないの?
ミサトさんもリツコさんも父さんも綾波もアスカも誰もいないの?!
こんなの嘘に決まってる!!!
また同じことを繰り返させるの?!もう嫌だよ!!
こんなこともうこりごりだよ!!!
「フンフンフンフンフンフンフンフンフンフンフンフンフンフフーン・・・」
!?・・・この歌は・・・・・・
3:
◆XzvI3A7CIc
2013/01/13(日)02:05:09ID:kKUuznEU
カヲル「歌はいいねぇ・・・歌は心を潤してくれる・・・リリンの生み出した文化の極みだよ」
シンジ「・・・君は・・・・・・どうしてここに・・・」
カヲル「君に言ったはずだよ・・・碇シンジ君・・・君だけは幸せにしてみせるって・・・」
シンジ「カヲル・・・くん?」
カヲル「君がまた3番目だった時、どの世界でも君は本当に変わらない、本当に同じだと思ったよ・・・」
カヲル「けど・・・僕はただ勘違いしていたんだよ・・・君は変わってはいない・・・何度もサードインパクトを見ている」
シンジ「どうして・・・そのことを・・・」
カヲル「君は気づいていた、エヴァに乗ることによってATフィールドを形成できる」
カヲル「そしてアンチATフィールドから逃れる程のATフィールド
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1358464042/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/01/18(金)08:07:22ID:u78LXl0k
シンジ「何をして暇つぶそうかな」
>>直下

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/01/18(金)08:08:39ID:u78LXl0k
スレタイ激しくミスったけど続けるわ SS速報な 以下修正していく
安価下
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/01/18(金)08:15:39ID:9LcsWN/6
補完
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/01/18(金)08:18:20ID:u78LXl0k
シンジ「不十分な部分を補って、完全なものにしよう でもなぁ
     一体誰の何を補完すればいいのかな?」
シンジ「補完したいと思うこの欲求を僕は何にぶつければいいんだろう」
>>直下
5:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/01/18(金)09:06:52ID:dp3osklY
ゲンドウ

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1357740405/
1:
◆.ABoClzYjg
2013/01/09(水)23:06:45ID:YIm6mXJQ
アスカ「シンジ、起きてる?」
シンジ「…なんだよ、アスカ。こんな時間に…」
アスカ「なんか寝付けないのよ、まだ12時にもなってないわ、アンタも小学生みたいに寝てんじゃないわよ」
シンジ「明日も学校だよ…?」
アスカ「そうねぇ…何がいいかしら」
シンジ(聞いちゃいねー)
アスカ「賭けをしましょう」

2:
◆.ABoClzYjg
2013/01/09(水)23:10:31ID:YIm6mXJQ
シンジ「賭け…?」
アスカ「ちょっとした暇潰しよ、いいでしょ、アンタどうせ暇なんだから」
シンジ「暇っていうかこれから寝るんだけど…」
アスカ「いいの!じゃあ賭けるもの決めるわよ」
シンジ「…ウン」
アスカ「負けた方が恥ずかしい話を一つ」
シンジ「えーっ」
アスカ「勝負は冷蔵庫でね!」
3:
◆.ABoClzYjg
2013/01/09(水)23:18:38ID:YIm6mXJQ
シンジ「…どうやるの?」
アスカ「私が冷蔵庫の扉を少しだけ開けて底から腕を入れるわ、そこで私が掴んでいるのがミサトのビールかそれ以外かを当てるのよ」
シンジ「よくそんな事思いつくね…」
アスカ「」ガバッ
アスカ「」シュッ
アスカ「掴んだわ!隙間から覗き込んじゃダメよ!さあ当てて」
シンジ(冷蔵庫は僕の管理下にあると言っていい、この家の台所事情は僕が回してるようなものだし)
シンジ(今日ミサトさんが晩酌で空けたビールは2、3本だ。冷蔵庫の中にはまだ残りのビールが入っているはず)
シンジ(今日夕飯の支度で冷蔵庫を開けた時には八缶入りのケースが丸々一つあったんだから…)
4:
◆.ABoClzYjg
2013/01/09(水)23:23:46ID:YIm6mXJQ
シンジ(パックになってる厚紙を破いてバラしているはずだから、恐らく扉裏の飲料ポケットに残
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1359518447/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/01/30(水)13:00:47ID:JRqlaBew
バンッ・・・バンッ・・
シンジ「・・・リプレイかな・・・」バンッ
スロット「・・・おおあたりいいいい!!!!」
シンジ「・・・当たっちゃった」
僕は碇シンジ、サードチルドレン、人造人間エヴァンゲリオン初号機のパイロットだった。
そう、この情報はすでに過去のものであり、平和に過ごしている僕にとって憧れの存在になっていた。
おかしいと思っている。パイロットになること、元の世界に戻りたいと思うことは、
皆が望む世界を、何からも恐れず、のんびりと平和に過ごす世界を壊してしまうから。
僕の父さん、碇ゲンドウが企んだ人類補完計画は成功している。
そして、その父さんも今や別人のようだった。

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/01/30(水)13:01:27ID:JRqlaBew
スロット「ここまで来るとは結構やるじゃねぇか・・・」
平和な時間を4年過ごして、今はパチスロというものにはまっている。
4年前に真実の翼に出会い、一発でフリーズを引いてしまったのが記憶に新しい。
「また三番目とはね、変わらないなぁ、君は」
デビューとなる筐体は僕に戸惑いを与えた。
「ボーナス確定。おめでとう、碇シンジ君」
筐体からカヲル君がこう言ったのだ。
ケンスケとトウジには聞こえなかったみたいだけど、そうなると僕の脳に直接語りかけたとしか考えられない。
確かめたいだけなのに、いざ探してみるとおいている店が見つからない。
僕はただ真相が知りたいだけなのに・・・。
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/01/30(水)13:02:29ID:JRqlaBew
店員「すみませんお客様、今日はもう閉店なんで、これでゲームの終了お願いします」
シンジ「あ、はい」
シンジ「・・・今日も万枚だ・・・・・・」
なぜかパチスロで負け知らずになっ
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1360840388/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/02/14(木)20:13:08ID:1E5u0o5o
シンジ「そうだね・・・・あれから会ってなかったから・・・」
アスカ「・・・・・」ジー
アスカ「背、伸びた?」
シンジ「そうかな? あんまり自分では分からないから」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/02/14(木)20:14:41ID:1E5u0o5o
シンジ「アスカ・・・・すっかり大人になって・・・綺麗になったね!」
アスカ「な・・・・何言ってんのよ! シンジのくせに!!」
シンジ「あ、やっとその喋り方になったね!」
アスカ「もう・・・・・フフフッ」
シンジ「ハハハッ、そこのカフェでも寄ろうか?」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/02/14(木)20:21:14ID:1E5u0o5o
アスカ「・・・元気してた?」
シンジ「うん・・・・なんとかね」
シンジ「アスカの方は元気してた? みんなも・・・・」
アスカ「うん・・・元気・・・」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1359381071/
1:
◆.ABoClzYjg
2013/01/28(月)22:51:11ID:CXJ/5mVc
カオル「どうしたんだい、シンジくん。元気少ないね」
シンジ「…怖いんだ」
シンジ「ミサトさんも、アスカも、綾波も、父さんも、怖いんだよ!」
カオル「…見えない他人の真意に怯えて辛いんだね」
シンジ「ねぇ…カオルくん、僕は、僕はどうしたらいいの…?」
カオル「これを使いなよ」ぷるんっ

2:
◆.ABoClzYjg
2013/01/28(月)22:53:43ID:CXJ/5mVc
シンジ「これは…?」
カオル「ところてんさ」ぷるん
シンジ「カオルくん…キミが、キミが何を言ってるのか分からないよ?カオルくん!」
カオル「ところてんもピアノの連弾と同じさ」プルん
シンジ「ちがうよ!」
3:
◆.ABoClzYjg
2013/01/28(月)22:56:13ID:CXJ/5mVc
カオル「シンジくん…君は、ところてんに何を思うの?」
シンジ「別に…」
カオル「ところてんのこと、分かろうとしたのかい」
シンジ「分かろうとした」
カオル「本当に?」
シンジ「ウソだよ!なんで鬱シーンなんか再現させるんだよ!なんなんだよ!僕を幸せにするんじゃなかったの!?」
5:
◆.ABoClzYjg
2013/01/28(月)23:02:59ID:CXJ/5mVc
カオル「君が思うところてん、僕が思うところてん、零号機パイロットや弐号機パイロットが思うところてん、みんな同じところてんだ。でも全てちがう」
カオル「ところてんの形はところてん自身が作っている、でも他者がところてんを形作っているのも事実なんだ」
シンジ「そうか…そうだよ、ところてんはどこまで行ってもところてんじゃないか、誰かがいなければずっとところてんのままじゃないか」
シンジ「誰かの好物にもならない、嫌われもしない、お鍋の具にもならない、食べ物としてすら認知されない…」
7:
◆.ABo
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。