SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
タグ:
シャニマス
タグ一覧の表示
<<
2019年08月
>>
81件取得
投稿日時順表示
<<
0
1
2
>>
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1356892861/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/12/31(月)03:41:01ID:z2rCgGPM
くっそ
年内書き上げ間に合わんかった
見切り発車や!

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/12/31(月)03:43:34ID:z2rCgGPM
P「あぁ、うちの子たちがみんな出てるあのゲームですか」
P「そのテストプレイを俺がやるんですか?」
小鳥「女の子との恋愛ゲームですよ?他に誰がやるんですか」
P「音無さんがやればいいじゃないですか。好きでしょ?そういうの」
小鳥「いくら私でもギャルゲーはちょっと・・・。やるなら乙女ゲーですから」
P「でももう完成間近なんでしょ?なんで今さら」
小鳥「もうすぐ発売だからこそ宣伝するんでしょう?しっかりしてくださいよ」
P「うーむ、この企画ノータッチだったからなぁ・・・」
小鳥「CMバンバン打ってるんですから、こんな感じですよーって見せてくれればいいんです」
P「ネット配信されるのか・・・。まぁいいか、やります」
小鳥「はい、というわけで早速どうぞ」
P「用意いいなぁ。いつもこうならいいのに」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/12/31(月)03:44:13ID:z2rCgGPM
P「えーっと、どれどれ。うわ、今のゲームって綺麗だなぁ」
P「携帯機でこんなに綺麗なのか・・・」
小鳥「ゲームやらない人のセリフですねぇ」
P「こういうゲームって初めてやるからさっぱりだなぁ」
P「なになに、播奈牟高校の・・・へぇ、エスカレーター式なのか」
P「じゃないと中学生組出せないもんなぁ」
P「主人公は高校に入学したばかり、と・・・。ほうほう」
P「とりあえず始めてみるか・・・」
 アーユレディー アイムレィディー
P「おお、いきなりREADY!!が流れたぞ。いいな、始まるって感じだな」
P「あずささんは教育実習生か」
P「律子いないじゃないか!
続きを読む

[ 閉じる ]
2位 08/25 (20:30) SS 森きのこ!
元スレ
1:
名無しさん@おーぷん
:19/08/25(日)18:19:11:
9Ec
シャニマスSSです。宅飲みアンティーカ(全員成人済み)が恋人っぽいことをしないと出られない部屋に閉じ込められます。こがたんはほとんど出ません。
別所に上げた物を加筆修正した物ですがよろしくお願いします。

2:
名無しさん@おーぷん
:19/08/25(日)18:22:02:
9Ec
P「アンティーカ(成人済み)と俺の部屋で宅飲みしていたら不思議な力で恋人っぽいことをしないと出られない部屋に閉じ込められてしまった」
P「具体的には俺とアイドル達が何か恋人みたいな行為をすればいいらしい。クリアすれば外に出られる」
P「恋人っぽいことってなんか曖昧だな。あまりいかがわしいことはできないが」
P「というかそもそもアイドルが男の部屋で飲むこと自体問題だと思う。次からは断ろう」
P「ちなみに宅飲み言い出しっぺの恋鐘は到着が遅れていたので無事だった。よかったな恋鐘!」
P「さて……どうやって脱出するか。みんな!大丈夫か!」
結華「ねえきりりん、ちょっとこっち見て」ムニー
霧子「ンフッフフッ///」ヒック
結華「やった!今日は何してもウケる!じゃあこれ!これはどう?」ムニムニー
霧子「ンフフッ///ンフォッ///」
結華「よっし!ねぇねぇ!どこが面白かった?」
霧子「ンフッフ///」
P「めっちゃ酔っ払ってる」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1564322334/
1:
◆OBrG.Nd2vU2019/07/28(日)22:58:54.41ID:cz4kaqTF0
アイドルマスターシャイニーカラーズ黛冬優子のR-18SSです。
2:
◆OBrG.Nd2vU2019/07/28(日)23:01:38.63ID:cz4kaqTF0
 黛冬優子の部屋に招かれた時、『それ』を偶然観てしまった。
 
 出会った当初の彼女はキャラを作っていて距離を取られていたが、今では自室で留守を任されるくらいに親密な仲になった。素顔の彼女は結構キツイ感じだが、実は面倒見の良いお姉さんだった。
「あっ、お菓子切らしてたの忘れてた。買ってくるからテキトーにくつろいでて」
 
 自分が行こうかと提案すると、彼女は「一応お客さんなんだからのんびりしてればいいのよ」と笑って玄関を後にした。
 
 さて、どうしようか?
 
 テーブルの上のリモコンが目について、何となくテレビをつけてみると画面は真っ暗だった。右端に『DVD』の表示。最後にDVDを観ていたのだろう。彼女のことだからきっとアニメ作品だ。どんなものかと興味が湧いて『再生』ボタンを押した。
『はーい♪ みなさんワクありです?? ふゆゆちゃんねるへようこそ♪ 今週も配信していきますよー♪』
 
 なんだこれ?
 
 画面に映し出されたのは、ネコ耳ヘッドフォンを着けたセーラー服風衣装の女性がラブホテルの一室でベッドに腰掛けて、こちらに向かって愛想よく手を振る姿だった。耳障りの良い声、ツーサイドアップにされた艶のある長い黒髪、そして吸い込まれそうな瞳。顔にマスクをしているが、ひと目でその女性が黛冬優子だとわかった。素の彼女とは違い、出会ったばかりの頃の外面モードだが間違いない。

3:
◆OBrG.Nd2vU2019/07/28(日)23:02:51.09ID:cz4kaqTF0
『今回は、こちらの肉バイブさんと一緒に遊ぼうと思いまーす♪』
『おなしゃーす! 今回ふゆゆはどこまでOKなの?』
『彼氏がいるのでキスと本番はNGです♪』続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1353830466/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/11/25(日)17:01:06ID:nM4lZ.KA
貴音「おはようなの!ハニー!」
P「えっ?貴音?ど、どうしたんだ?」
美希「おはようございます。あなた様・・・。」
P「あ…ありのまま 今 起こった事(ry」
あずさ「プロデューサー・・・。現実逃避しないでください。」ドタプーン
千早「あらあら?」スラー
P「なん・・・だと!?」
P「何が起きてるんだ・・・」
美希「実は、私たちの心が入れ替わってしまったらしいのです・・・」
P「・・・信じられん!俺を騙そうとしてるんだな!ドッキリなんだろ!そうだと言ってくれ!」
貴音「ハニー落ち着くの!」
P「す、すまん・・・。現実からかけ離れすぎてつい現実逃避を・・・けど本当なのか?」
千早「本当ですわ?」スラー
P「・・・整理させてくれ」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/11/25(日)17:01:46ID:nM4lZ.KA
カキカキ
P「こんな感じかな」
美希(貴音)
貴音(美希)
あずさ(千早)
千早(あずさ)
美希(貴音)「そうですわ・・・。流石あなた様、ご理解が早いこと・・・」
貴音(美希)「さっすがハニーなの!」
P「朝食ったもんじゃ吐きそう・・・」
千早(あずさ)「あらあら?、プロデューサーお茶を飲んで落ち着いてください」スラー
P「あ、ありがとうございます。ち・・・あずささん」
ガチャッ!
小鳥「おはようございます!ピヨ!」
P「俺の女神ぃぃぃぃぃぃ!!!!!」
小鳥「ピヨォォォォ!!」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/11/25(日)17:02:53ID:nM4lZ.KA



小鳥「そ、そんな事がありえるんですか?信じられません」
あずさ(千早)「これが本当なんですよ・・・」スラー
千早(あずさ)「これ
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1356566144/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/12/27(木)08:55:44ID:9Feeau0o
雪歩「亜美ちゃん真美ちゃんに唆されて掘った落とし穴の場所がわからなくなっちゃった…」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/12/27(木)09:04:37ID:9Feeau0o
雪歩「うぅ…一応プロデューサーに連絡を」ポチポチ

P『雪歩か?どうした?』
雪歩「実は…」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/12/27(木)09:09:09ID:9Feeau0o
雪歩「ごめんなさい、私のせいでご迷惑を…!」
P『雪歩のせいじゃないさ。それじゃ今から向かう。今どこにいるんだ?』
雪歩「えぇと…事務所の近くの公園です」
P『わかった。雪歩はあの2人にも来るよう連絡してくれ』
雪歩「わかりました」
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/12/27(木)09:15:35ID:9Feeau0o
?10分後?
P「お待たせ」
雪歩「いえ、こちらこそすいません」
P「それより確認だが、穴の数は?」
雪歩「覚えて、ません…」
P「そうか…深さは?」
雪歩「いつも以上の勢いだったから……150mくらいだと思います…」
P「……………は?150?」
5:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/12/27(木)09:20:48ID:9Feeau0o
雪歩「あ、2人とも来ましたよ」
真美「双海真美!」
亜美「双海亜ッ――」シュッ
雪歩「あ…」
真美「ただいま参じょ…あれ?」
P「亜美ぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!!!!」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1351870380/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/11/03(土)00:33:00ID:mSoJYUnA
千早「?♪」ぺたぺた
千早「…」ぺたっ
千早「ふふ…」
千早「?♪」ぺたぺた
春香「…?」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/11/03(土)00:33:28ID:mSoJYUnA
千早「?♪」ぺたぺた
春香「千早ちゃん?」
千早「あら、春香…何かしら?」ぺた…
春香「千早ちゃん、裸足で何をしてるの?」
千早「ぺたぺたしてるのよ」ぺたぺた
春香「ぺたぺた?」
千早「そう。ぺたぺた」ぺたぺた
千早「?♪」ぺたぺた
春香(千早ちゃん可愛い)
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/11/03(土)00:34:02ID:mSoJYUnA
千早「春香も一緒にどうかしら?」ぺたぺた
春香「え、いいの?」
千早「ええ、一緒にぺたぺたしましょう」ぺたぺた
春香「じゃあお言葉に甘えて…」
春香「こうかな」ぺたぺた
千早「そうね。そんな感じよ」ぺたぺた
春香「?♪」ぺたぺた
千早「?♪」ぺたぺた
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/11/03(土)00:34:26ID:mSoJYUnA
春香「千早ちゃんは」ぺたぺた
千早「うん?」ぺたぺた
春香「よくこんな風にぺたぺたしてるの?」ぺたぺた
千早「そうね…雨が止んだ後とかによくやっているわ」ぺたぺた
春香「外で?」ぺたぺた
千早「マンションのベランダで」ぺたぺた
春香「へぇ?」ぺたぺた

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1564903172/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2019/08/04(日)16:19:33.67ID:BCjsiF0L0
P(千早から頼まれていたおっぱいが大きくなる薬がついに完成した)
P(ただ、空き瓶がなかったため仕方なくスパドリの瓶にいれておいた)
P(そのせいでシアター組のアイドルが間違えて飲んでしまった)
P(さらに副作用もあったらしく…)
飲んだアイドル >>2
どれくらい大きくなったか >>3
副作用 >>4

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2019/08/04(日)16:22:10.07ID:QYYJ7YH8O
天海春香
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2019/08/04(日)16:22:41.51ID:YYXZyi7tO
一般的な巨乳レベル
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2019/08/04(日)16:23:13.63ID:9JKSyg4ZO
乳首が異様に敏感に
日常に支障が出るレベルついでに母乳も出る
6:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2019/08/04(日)16:24:28.11ID:BCjsiF0L0
>>2
シアター組限定でお願いします
>>6
7:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2019/08/04(日)16:26:56.50ID:BCjsiF0L0
ずらします
>>8
8:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2019/08/04(日)16:32:04.17ID:+cPAGYYGO
望月

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1347018344/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/09/07(金)20:45:44ID:6ks2oQLM
P「好きなんだ」
P「これはもうしょうがないこと」
小鳥「zzz・・・」
P「所属アイドルの殆どがAランクに上がって」
P「お祝いだなんだと調子のって飲みまくった挙句の」
小鳥「zzz・・・」
P「この有様よ」 ヨッコイショ
P「小鳥さーん、着きましたよー。マンションですよー」
小鳥「zzz・・・」
P「起きる気配なし。鍵は・・・と」 ガサゴソ
P「勝手にカバン開けますよーっと、あったあった」 チャリン
P「お邪魔しますよーっと。お姫さま抱っこでよいしょ・・・」
P「ベッドに運びます。おぉ意外と綺麗にしてらっしゃる」
P「なんだこれ、シール?あぁ、スクリーントーンってやつか」
P「ささ、ベッドですよ小鳥さーん」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/09/07(金)20:46:20ID:6ks2oQLM
小鳥「うぅーん・・・zzz」
P「起きません」
P「・・・仕方ないよね」
P「こんなムチムチした身体を無造作に見せ付けられて」
P「元気にならない男なんかいないよね」
P「でもまぁ俺は紳士だから」
P「お水なんか汲んじゃうわけですよ」 ジャー キュッキュッ
P「ささ、小鳥さん。飲んで飲んで」
小鳥「うぅーん・・・」 ゴク ゴク
P「おんぶしてる時も、おっぱいと太ももの感触がたまりませんでした」
P「しかたないよね、男の子だもんね」
小鳥「うぅーんzzz・・・」
P「さて、と・・・」
P「そろそろ・・・」
P「・・・かな」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/09/07(金)20:46:52ID:6ks2oQLM
小鳥(ピヨフフフ!実は起きているのです!)
小鳥(まぁ気持ちよく酔っ払っちゃったのは事実なんですが)
小鳥(前後不覚になる
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1356015574/
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/12/23(日)00:59:04ID:t6V4MCDk
やよい「ひざまずけー!」
美希「あはっ、やよいかわいいの!」
やよい「うぅぅ美希さん!ひざまずけー、ですよ!」
美希「かわいいの。そんなやよいはミキと一緒にひざまずくの!」ギュッ
やよい「はわわ……美希さん」
美希「やよい暖かいの……おやすみなさいなの……」zzz
やよい「…………えへへ……あったかいですー……」
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/12/23(日)01:10:55ID:t6V4MCDk
やよい「ひざまずけー!」
あずさ「あら??どうしたの?やよいちゃん」
やよい「あずささん!ひざまずけー!」
あずさ「うふふ、何かの真似かしら?」
やよい「ちがいます!ひざまずけー!」
あずさ「やよいちゃんはかわいいわね?。やよいちゃんも一杯どうかしら?」
やよい「えぇ!?えっと、私まだ14歳なので……」
あずさ「いいのよ?細かいことは。さぁやよいちゃん、一杯どうぞ?」
やよい「あっ……あの!」
あずさ「あぁそうだ!この際だから口移しで!」
やよい「あのっ……ごめんなさいー!」タッタッタッ

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1356792963/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/12/29(土)23:56:03ID:yYGIQr6E
P「あれは…>>2じゃないか!」
765メンバーでオネシャス

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/12/29(土)23:57:02ID:1TOf09VA
高木順一朗社長
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/12/30(日)00:01:47ID:hIIi9srQ
P「高木順一朗社長じゃないですか!」
順一朗「う、うぅ…」
P「どうしたんですか!しっかりしてください!」
順一朗「こ…これを…君、に…う!」ガクッ
P「順一朗社長!…これは>>5か?」
5:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/12/30(日)00:03:48ID:TWnmHveA
若かりし頃の自分の写真が入ったロケットペンダント

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1358701416/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/01/21(月)02:03:36ID:OEjWMIIs
千早「何ですかそれ?」
P「ああ、ちひゃーの特性を活かしたおもちゃなんだが」
千早「はあ」
P「まあ、一見は百聞にしかず、だ」
貴音「まあ、これはなんでしょうか?」
春香「うわーっ、ちひゃーそっくり!!」
P「ちょうどいい、貴音と春香で試してみよう」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/01/21(月)02:08:49ID:OEjWMIIs
P「春香、このちひゃーの口のところに手を置いてみてくれ」
春香「はい、こうですか?」ピトッ
P「すると――――
くっくっ
春香「うわーっ、喋りましたよプロデューサーさん!!」
P「ほかには演歌モードとかお喋りモードとかもあるぞ」
貴音「まあ、これは大変よきものですね」ハァハァ
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/01/21(月)02:13:56ID:OEjWMIIs
千早「へえー、良く出来てますね」
P「しかし、こいつの真価はこれじゃない!!」ババン!
P「貴音、ちひゃーの口のところを触ってみてくれ」
貴音「こ、こうですか?」ハァハァ
P「すると、
しゃーっ!
カプッ
P「と、胸のサイズが一定以上の女性が触ると噛みつく仕様に」
千早「死ね」

続きを読む

[ 閉じる ]
12位 08/05 (21:07) えすえすゲー速報
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/08/05(月)20:10:10.29
ID:aYtpEvQ20
P「千雪、そう言わずに……」
千雪「まだおさけのむのー!」
P「飲みすぎだって。ほら、手に持ってるのテーブルに置いて」
千雪「やだ」
P「置きなさい!」
千雪「やだもん、これちゆきのだもん」グビッ
P「あっ……」
千雪「えへへー♪」
P(なんてこった……こんなことになるなら、ほどほどのところで止めておくべきだった……)
P(最近仕事を頑張ってるご褒美に、新しくできたオシャレな居酒屋に連れてきた、まではよかったけど……)
千雪「ここのおさけ、なん杯でものめちゃう」スッ
P「ま、待て。もういい加減に…」
グビグビ
千雪「ぷはぁ?」
P「……」
P(仕事の話、ユニットの話、アイドル仲間の話、オフの話。色んな話に花を咲かせて、酒のツマミにしたのがマズかった)
P(気がついたら、千雪の酒を飲むペースがどんどん上がっていて……こんな状態に……)
千雪「つぎは、これをたのもーっと。てんいんさーん」
P「もうダメだって! すみません、注文は無しでお願いします。この娘かなり酔ってて」
千雪「よってないもん」
P「酔ってる奴は大体そう言うんだよ。ほら、飲むだけじゃなく食べよう。俺のアボカドあげるから」
千雪「あぼかどだー! いただきます!」
P(はぁ……これ食べたら店を出よう。家に送っていかないと)
引用元:

【シャニマス】千雪「やだー! もっとのみたいー!」 


アイドルマスターシャイニーカラーズネオンアクリルキーホルダー第1弾BOX商品1BOX=9個入り、全9種類
postedwith
amazletat19.08.05
あみあみ(2019-10-25)
売り上げランキング:52,925
Amazon.co.jpで詳細を見る
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
13位 08/05 (22:25) SSびより
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1565003254/

1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/05(月)20:07:34.90ID:
aYtpEvQ20
※キャラ崩壊注意

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1350920056/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/10/23(火)00:34:16ID:VW4J8iqE
稚拙だけど良ければおつきあいください

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/10/23(火)00:34:40ID:VW4J8iqE
社長「キミ達に大事なお知らせがある。プロデューサーが辞めた」
千早「どういうことですか?」
社長「いや、私も最初は反対したんだが……」
律子「何で辞めてしまったんですか?」
社長「プロデューサー業は合わなかったらしい」
真美「でもでも真美は兄(c)に見て貰って良かったよ→」
小鳥「今何してるんですか?」
社長「彼は今バイトしている」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/10/23(火)00:34:55ID:VW4J8iqE
美希「どこでバイトしてるの? ハニーに会いに行くの」
社長「彼は実は農学部出身のようで、地方の農協で働いている」
雪歩「田舎……」
響「そう簡単に会いに行けないぞ……」
伊織「……売り込みで行けばいいのよ!!」
社長「しかし、そうそう。逢いに行ける時間もないだろう」
春香「ですけど、突然すぎますよ!!」
あずさ「そうですよ。プロデューサーさん私達に挨拶もしないで辞めちゃうなんて……」
亜美「うあうあ?こんなの絶対おかしいよ」
社長「私も残念だが……」
律子「じゃあ代わりのプロデューサーはどうするんですか?」
社長「呼んである。おーい入って来てくれ」
ガチャ
真「……え」
グロ面P「ウヒヒッ……どもっ」
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/10/23(火)00:35:10ID:VW4J8iqE
やよい「うっうー……」
千早(グロ面……)
真美(うえっ)
雪歩「」
社長「彼は前のプロデューサーと親友で、色々引き継いでもらった」
グロ面P「ヒヒヒッ頑張りますよ。みんなをウヒヒッ! トップ
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1351610719/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/10/31(水)00:25:19ID:V0vJFXSE
やよい「うっうー! プロデューサー!」
P「お、ハロウィンの衣装か。似合ってるな」
やよい「ありがとうございます! トリックオアトリート!」
P「お菓子かいたずらか……か。何かあったかな」ゴソゴソ
P「お、あったぞ。ジャンボおもしろお菓子パック(
http://www.hokulea-event.com/mogiten-jambookashi.html
)だ。これをあげよう」ヒョイ
やよい「はわっ! お菓子がいっぱいですー! でもそんなに高いところに揚げられたら届きません」ショボーン
P「さあ、このお菓子が欲しければどうにかしてとってみるんだ」ハハハ
やよい「うぅー……」
     ,‐、 ,-、
   ノァ'´⌒ヽ,
   ( (iミ//illi)))
   )ノ`リ・ω・ノ(<わかりましたー
 _,‐'´ ? / `ー、_
/' ̄`Y´ ̄`Y´ ̄`レ⌒ヽ
{ 、 ノ、  |  _,,ム,_ ノl
'い ヾ`ー?'´ ̄__っ八 ノ
 ヽ、  ー / ー  〉
  `ヽ-‐'´ ̄`冖ー-く
P「えっなにそれちょまっ……」
?うっうー!/
HAPPY END

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/10/31(水)00:27:15ID:V0vJFXSE
やよい「千早さん! トリックオア……」
千早「いたずらで」
やよい「えっ……あの、その……」
千早「お菓子はないから……いいえ、むしろお菓子をあげるからいたずらしてください」
               _____
            ,:'´::::::::::`丶
          /:::ll:::l:::ヽ、:?::?
    __.  //::::||:::|::::l.ヽl、|、ヽ::ヘ
   /´::`ヽ/:
続きを読む

[ 閉じる ]
16位 08/17 (19:30) SS 森きのこ!
元スレ
全てのレス
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2019/08/17(土)18:23:04.06:
pNwKopqf0
P(はぁ……最近ろくに寝てないな。疲れがかなり溜まってる)
P(それだけアイドルたちが売れてるってことだから、この上なく嬉しいんだけど……)
めぐる「お疲れさま、プロデューサー」
P「!」
P「めぐる、今日はレッスンじゃなかったのか」
めぐる「なに言ってるの? レッスンはもう終わったよー」
P「あれ? 今何時だ?」
めぐる「かなり疲れてるみたいだね……」
P「そ、そんなことはないよ」
めぐる「ウソついた! 見るからにヘトヘトだし、目の下のクマも隠せてないもん」
めぐる「プロデューサーがわたしたちのために大忙しなのは、みんな知ってるんだからねっ」
P「う……」
めぐる「はい、これ差し入れ! スイーツとか飲み物とか!」スッ
P「心配かけてしまったな。ありがとう」
めぐる「お礼なんていいって! それより休憩しよう? わたしと一緒に3時のオヤツ!」
P「はは、ちょっと過ぎてるけどな。休憩するか」
めぐる「うん! このプリン美味しいんだよー。コンビニのだけど、すぐ売切れちゃうの」
P「そうなのか。食べるのが楽しみだ」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1351920515/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/11/03(土)14:28:35ID:joO6LP8o
貴音「このモノに抗い続けて早5時間…」
貴音「このとっぷあいどるである私を、ここまで苦しめるとは…」
貴音「真、面妖としか言いようがありません」
貴音「しかし私、そろそろお腹が減ってこのモノに打ち負けそうです…」
貴音「ですからあなた様…この健気な私に、是非ともらぁめんという心強い援軍をば…!」
P「やだよ…俺もこたつから出たくねぇもん」ヌクヌク
貴音「なんと!」ヌクヌク

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/11/03(土)14:29:50ID:joO6LP8o
貴音「いけずです!あなた様はいけずです!私はこんなにも、このこたつに抵抗を続けているのと言うのに…!」ヌクヌク
P「抵抗って…もう5時間もこたつから出られてない時点で、それはもうこたつに飲まれてるよ」
貴音「そのようなことはありません!その証拠に…はっ!」
P「…何してるんだ?」
貴音「このように、まだ手を出すことは可能です」ブンブン
P(一生懸命手を振る貴音…可愛いなぁ)
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/11/03(土)14:30:24ID:joO6LP8o
貴音「しかしこのままでは手さえも出せなくなり、最終的には今のあなた様の様に、こたつから頭のだけしか出せない状況に…」ヌクヌク
P「だってぬいんだもの」ヌクヌク
貴音「ですから、そうなる前にどうか私にらぁめんを…!」
P「えー…やだよ。だって台所はもっと寒いしさぁ…行きたくねぇよ」
貴音「そんなっ!」
P「でもまぁ…たしかに俺もお腹は空いてきたなぁ…もう7時だもんなぁ」
貴音「では…!」キラキラ
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/11/03(土)14:31:25ID:joO6LP8o
P「でも台所は寒いから、正直料理なんてしたくないし……」ヌクヌク

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1352471288/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/11/09(金)23:28:08ID:CnY9fIYs
P「…えっ?」
貴音「本日は、久方ぶりの2人揃っての休日…ですから今日こそは、一日かけてあなた様を骨抜きに…私の虜にして見せます!」ドーン
P「…」ポカーン
貴音「以上が、私の宣戦布告です」
P「…あ、あぁ、そうか…まぁ、頑張れ?」
貴音「はい。全力を尽くさせていただきます」
P「えっと…じゃあもう起きるか?」
貴音「いえ、出来ればもう少し、こうしてあなた様と一緒に布団でまどろんでいたいです」ギュッ
P「ぬくいもんな」ナデナデ
貴音「真、ぬくぬくです」ギュー

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/11/09(金)23:29:08ID:CnY9fIYs
P「で…俺を骨抜きにするって、どうするつもりなんだ?」ナデナデ
貴音「ふわぁ…そうですね…」ギュー
P「…考えてなかったのか?」
貴音「えぇ、起きた途端にふと思いついたものですから…」
P「ふむ」
貴音「では、取りあえずの事として今日は一日は、ずっとあなた様にくっついているといたしましょう」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/11/09(金)23:30:06ID:CnY9fIYs
P「それっていつもとあまり変わらないような…貴音、最近はいつも俺にくっついてるじゃないか?」
貴音「はて…そうでしょうか?」ギュー
P「あぁ。しかも現在進行形でもあるしな」ナデナデ
貴音「では、いつも以上にあなた様にくっつくと致しましょう」ムニュゥ
P「おぉう」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1355056288/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/12/09(日)21:31:28ID:C4lHyOqQ
 765パステストとは、心理テストの一種で、被験者に765パスの傾向があるかどうかを調べるもののことです。
 架空のシチュエーションとそれに付随した質問文を読んで、どのような答えかたをするかで765パスの傾向があるか否かを見分けます。
 皆さんも気軽に思いついた答えを書き込んでみたりしてください。

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/12/09(日)21:32:18ID:C4lHyOqQ
第1問
 あるアイドルは喉が渇いている。
 目の前には自動販売機があるが、なぜか商品名が書かれていない。
 仕方ないので闇雲にボタンを押してたくさん買い、出てきたもののうち気に入ったものを飲むことにした。
 アイドルが飲んだ飲料は何色か。

4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/12/09(日)21:40:35ID:ZijBY3BA
オレンジ色だよ

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1565965594/
1:
◆BAS9sRqc3g
2019/08/16(金)23:26:34.85ID:nU0DkShu0
こんばんは。田中琴葉です。
これは先日、お仕事でとあるスタジオにお邪魔することになった時の話です。
よくある心霊スポットを巡ろうという番組の企画ものでした。


2:
◆BAS9sRqc3g
2019/08/16(金)23:27:06.77ID:nU0DkShu0
参加したのは番組のディレクター。
カメラマン。
番組のアシスタントスタッフ。
番組が用意した霊媒師。
私たちのプロデューサー。
私、田中琴葉。
所恵美。
島原エレナ。

4:
◆BAS9sRqc3g
2019/08/16(金)23:29:30.87ID:nU0DkShu0
私達が行くことになったのは
もう完全に幽霊が出ると噂になっているハウススタジオでした。
移動の時にディレクターからは
「ここのスタジオはすごい"出る"ことで有名なんだよなぁ。
 まあそれは良いとして、出てもらわないと困るからね。
 で、最初はみんなでスタジオの離れに住んでいる管理人の夫婦に挨拶に行くから」
と、あらかじめ伝えられました。

5:
◆BAS9sRqc3g
2019/08/16(金)23:30:42.36ID:nU0DkShu0
正直、霊が出ると言われているスタジオにずっと住み続けている夫婦が
一体どんな神経をしてそこに住み続けているのかは全く予想できないし、
考えたくもありませんでした。
それから、
その現場に着くと薄気味悪い……古ぼけた二階建ての家屋がありました。
その家屋の横を通り抜けて、離れの家にこのスタジオの管理者がいると言うのです。

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1355142644/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/12/10(月)21:30:44ID:x72BaRsU
-----おぬしは巨乳が憎いのか?
千早「あ、あなたは…?」
-----わしに対する質問は無しじゃ
-----わしの質問に答えよ
千早「に、憎いです!あん72大量の脂肪の塊を胸部に装備している者達が!」
-----ふぉっふぉっふぉ…そうか…なら力を授けよう…

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/12/10(月)21:34:31ID:x72BaRsU
千早「力を…?」
-----そうじゃ、おぬしの気持ちはわしに届いたからの
千早「…その、力とは…」
------なに、簡単な事じゃ
-----対象の名前を唱えその後にある呪文を唱えればよいのじゃ
-----そうすれば、その対象者の乳が消し飛ぶ
千早「な!なんと!そ、その呪文は!?」
-----"バルス"じゃよ
千早「バルス?」
-----そうじゃ、しかしこの呪文はお主より胸囲の大きい人間にしか効果はない
-----大事に使うんじゃな…
-----ふぉっふぉっふぉ…
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/12/10(月)21:37:27ID:x72BaRsU
ピピピピ ピピピピ
千早「ん…夢…?」
千早「何だったのかしら…今の夢…」
千早「夢だったのに随分はっきり覚えてるわね…」
千早「まあいいわ、事務所に向かいましょう」
-765プロ-
やよい「うっうー!千早さん!おはようございますぅー!」
千早「あら、高槻さん、おはよう」
やよい「はいー!」
千早(相変わらず天使ね…)

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1565003254/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/08/05(月)20:07:34.90ID:aYtpEvQ20
※キャラ崩壊注意

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/08/05(月)20:10:10.29ID:aYtpEvQ20
P「千雪、そう言わずに……」
千雪「まだおさけのむのー!」
P「飲みすぎだって。ほら、手に持ってるのテーブルに置いて」
千雪「やだ」
P「置きなさい!」
千雪「やだもん、これちゆきのだもん」グビッ
P「あっ……」
千雪「えへへー♪」
P(なんてこった……こんなことになるなら、ほどほどのところで止めておくべきだった……)
P(最近仕事を頑張ってるご褒美に、新しくできたオシャレな居酒屋に連れてきた、まではよかったけど……)
千雪「ここのおさけ、なん杯でものめちゃう」スッ
P「ま、待て。もういい加減に…」
グビグビ
千雪「ぷはぁ?」
P「……」
P(仕事の話、ユニットの話、アイドル仲間の話、オフの話。色んな話に花を咲かせて、酒のツマミにしたのがマズかった)
P(気がついたら、千雪の酒を飲むペースがどんどん上がっていて……こんな状態に……)
千雪「つぎは、これをたのもーっと。てんいんさーん」
P「もうダメだって! すみません、注文は無しでお願いします。この娘かなり酔ってて」
千雪「よってないもん」
P「酔ってる奴は大体そう言うんだよ。ほら、飲むだけじゃなく食べよう。俺のアボカドあげるから」
千雪「あぼかどだー! いただきます!」
P(はぁ……これ食べたら店を出よう。家に送っていかないと)
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/08/05(月)20:12:36.69ID:aYtpEvQ20
??????
千雪「おいしかったです、また来まーす」
P「1人で歩けるか?」
千雪「あるけますよー」続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1343550974/
1:
タイトル入れ忘れた
2012/07/29(日)17:36:14ID:VWHSlkgs
雪歩「プロデューサーとアイドルがだなんて・・・」
真「そうかな」
雪歩「真ちゃん、目を覚まして。やっぱりおかしいよこんなの」
真「・・・そうかな」
雪歩「どうして・・・」
真「雪歩には分からないよ」
雪歩「そんな言い方・・・」
真「雪歩はいいよね。可愛らしくて」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/07/29(日)17:40:54ID:VWHSlkgs
雪歩「えっ?」
真「女のボクから見ても可愛いし、守ってあげたいって思っちゃう」
雪歩「・・・」
真「ボクもね、ほんとは雪歩みたいになりたかった。可愛い女の子に」
雪歩「真ちゃん・・・」
真「でもね、みんな笑うんだ。ボクがヒラヒラのドレス着ると、スカートをはくと」
真「やらされるのはいつも男役ばかり。王子様ばかり」
真「ううん、それに不満はないんだ。ファンが望んでるのは王子様のボクだから」
真「でもね、やっぱり憧れるんだ・・・」
雪歩「・・・真ちゃんは可愛いよ」
真「ははっ、ありがと。あんまり言われないけどね」
雪歩「・・・」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/07/29(日)17:45:29ID:VWHSlkgs
雪歩「でも、だからってプロデューサーと」
真「あの人だけはね、笑わなかったんだ」
雪歩「えっ?」
真「プロデューサーだけは・・・ボクを笑わなかった」
真「みんなの王子様じゃなくて、今日だけはお姫様でいられる」
真「あの人といる時だけ、ボクはお姫様になれる」
雪歩「・・・」
真「あの人に抱かれてる時、ボクも女なんだなって実感できるんだ」
雪歩「抱かっ・・・!?」
真「雪歩にはこの気持ち分かんないよ。でもそれは雪歩が悪いわけじゃない」
雪歩「そんなのっ・・・!」
真「・・・もういいかな。今日は早く帰りたい
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1566313710/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2019/08/21(水)00:08:30.77ID:Vy/gvFrn0
夏休みの自由研究に私は『あずさお姉ちゃんの乳首観察』をすることにしました。

3:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2019/08/21(水)00:10:14.70ID:Vy/gvFrn0
私がこの自由研究を選んだ理由は、同じユニットのあずさお姉ちゃんが、最近お尻でばっかり気持ち良くなっているからです。
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2019/08/21(水)00:11:47.89ID:Vy/gvFrn0
あずさお姉ちゃんは女の人なのに、マゾ男みたいにお尻をズポズポされて気持ち良がっているのはおかしいと思うので、女の子らしく乳首で気持ち良くなってもらいたいなぁと思ってこのテーマを選びました。
5:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2019/08/21(水)00:12:15.61ID:Vy/gvFrn0
7月25日(晴)
この日は夏休みに入って初めてのお仕事でした。
最初なのでまずは観察からすることにしました。

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1356795562/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/12/30(日)00:39:22ID:mq3J2wkY
―レベル1、屁―
P「…」プスッ
春香「プロデューサーさん」
P「ん?」
春香「やめてください」
P「悪い悪い」
春香「もう…」
P(屁だったらまだこんなもんか…次だな)

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/12/30(日)00:45:33ID:mq3J2wkY
―レベル2、ゲップ―
P「…ォゲェェッ」
春香「…あの」
P「なんだ春ゲェェッ」
春香「汚いです」
P「出るもんは出るんだ、仕方ない」
春香「…せめてひとのいなP「ゲェッ」
春香「…もういいです」
P(…ゲップもまだセーフ、か…千早はたしかここでキレてたな)

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1356734990/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/12/29(土)07:49:50ID:eDf7AjXo
P「ということでアイドル達に俺の仕事で溜まりに溜まったものを処理させようと思う」

3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/12/29(土)09:12:47ID:eDf7AjXo
P「とりあえず春香か・・・まぁ春香なら問題無くしてくれそうだな」
P「っと・・・早速来たか・・・」
春香「おはようございま?す!!」ガチャッ
春香「ってプロデューサーだけですか?」
P「ああ・・それよりもこれから春香にやってもらいたい事があるんだが・・・いいか?」
春香「やってもらいたい事ですか?いいですよ!」
P「そうか、それでやってもらいたい事っていうのはだな・・・」
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/12/29(土)09:15:19ID:eDf7AjXo
P「俺の性処理なんだよ・・・」
春香「・・・・・・へっ!?」ボンッ
P「だ?か?ら?性処理だよ!せ・い・しょ・り!」
春香「そ、それは分かってますよ!!な、なんで急にそんな事言うんですか!」
P「ん?いや、最近お前らの仕事ばっかりしててさコッチに手が回らなかったんだよ?」
P「ある意味お前らのせいでもあるんだぞ?」ギンギン
春香「そ、そんな事言われても・・・うぅ///」
春香(で、でも私たちのせいでもあるんだよね・・・なら仕方ないのかな///)
P「でも無理にとは言わないよ、これでスキャンダルなんて起こされてもこまるしね・・・」
6:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/12/29(土)09:56:19ID:eDf7AjXo
春香「・・・わ、分かりました!私がプロデューサーを楽にしてあげます!」
P「い、いいのか?正直に言ってもらっていいんだぞ?」
春香「いいえ!大丈夫です!私にまかせてください!」
P「そうか?ならお願いするよ」
春香「はい!
続きを読む

[ 閉じる ]
27位 08/08 (08:00) SS 森きのこ!
元スレ
全てのレス
2:
◆OBrG.Nd2vU
:2019/07/28(日)23:01:38.63:
cz4kaqTF0
 黛冬優子の部屋に招かれた時、『それ』を偶然観てしまった。
 
 出会った当初の彼女はキャラを作っていて距離を取られていたが、今では自室で留守を任されるくらいに親密な仲になった。素顔の彼女は結構キツイ感じだが、実は面倒見の良いお姉さんだった。
「あっ、お菓子切らしてたの忘れてた。買ってくるからテキトーにくつろいでて」
 
 自分が行こうかと提案すると、彼女は「一応お客さんなんだからのんびりしてればいいのよ」と笑って玄関を後にした。
 
 さて、どうしようか?
 
 テーブルの上のリモコンが目について、何となくテレビをつけてみると画面は真っ暗だった。右端に『DVD』の表示。最後にDVDを観ていたのだろう。彼女のことだからきっとアニメ作品だ。どんなものかと興味が湧いて『再生』ボタンを押した。
『はーい♪ みなさんワクありです?? ふゆゆちゃんねるへようこそ♪ 今週も配信していきますよー♪』
 
 なんだこれ?
 
 画面に映し出されたのは、ネコ耳ヘッドフォンを着けたセーラー服風衣装の女性がラブホテルの一室でベッドに腰掛けて、こちらに向かって愛想よく手を振る姿だった。耳障りの良い声、ツーサイドアップにされた艶のある長い黒髪、そして吸い込まれそうな瞳。顔にマスクをしているが、ひと目でその女性が黛冬優子だとわかった。素の彼女とは違い、出会ったばかりの頃の外面モードだが間違いない。

続きを読む

[ 閉じる ]
28位 08/16 (09:00) SS 森きのこ!
元スレ
全てのレス
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2019/08/16(金)06:30:53.61:
izjKmYoA0
多分灯織は一人だとラウンドワンに行こうとは思わない子だとは思っています

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2019/08/16(金)06:31:27.63:
izjKmYoA0
――夕方、駅前
めぐる「うーん……! 今日もレッスン疲れたぁ」
真乃「夏休みだから時間もいっぱいあるもんね」
灯織「そうだね。宿題も済ませているし、レッスンの時間も取れるから今の時期は私たちにとっては大事かも」
めぐる「し、宿題ー……あはは、そうだね」
灯織「めぐる、もしかしてまだ宿題……」
めぐる「あっ! そ、そうそう! 夏休みだからレッスンが終わった後もまだまだ遊べるよね! どこか行かない?」
真乃「ほわっ、うーん……もう夕方になるけど、少しだけなら……」
灯織「もう駅前だし……どこか寄る場所、あるかな。喫茶店とか……」
めぐる「うーん、うーん……あ、カラオケに行こうよ! 丁度ほら、あそこにGRIEFSOUNDがあるよ!」タタタタッ!
真乃「ほわっ、カラオケ屋さん」タタタッ
灯織「カラオケ、か……」
灯織(そういえば、真乃とめぐるとカラオケに行ったこと、なかったような……)

続きを読む

[ 閉じる ]
29位 08/25 (12:00) SS 森きのこ!
元スレ
全てのレス
1:
以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします
:2019/08/24(土)00:44:52.485:
F2/pb7Y00.net
ーー学校ーー
教師「テスト時間残り10分」
灯織(くぅ?10分、あと10分……)
教師「やべ、時計狂ってた!あと16分だわすまんすまん」
灯織(助けて……真乃、めぐる…………)
教師「………………?あれ?ちょっとまって?教室の時計も電池切れてるじゃん!あと20分だわ!全然余裕あったわ!」
灯織(!?)
灯織(もう無理だ……先生に言ってトイレに行こう……)
灯織(せ、先生!!!)サッ
教師「おっ、どうした風野?」
プゥ????
灯織(しまっ……/////////)
教室「ザワザワ」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆Vysj.4B9aySt
19/07/30(火)18:13:22
ID:Lsk
――29日
果穂「じゃーん!『放課後クライマックスガールズ』の小宮果穂です!」
「私たちは今、静岡県浜松にある航空自衛隊浜松基地に来ています!」
「今日、ここでおいしいごはんが食べられると聞いてやってきました!」
「では、さっそく入りたいと思います!」
2:
◆Vysj.4B9aySt
19/07/30(火)18:14:13
ID:Lsk
つなわけで、まとめた誕生日SSになります
こちら、独自の設定がありますので、よろしくお願いいたします
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
2
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。