SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
タグ:
シャニマス
タグ一覧の表示
<<
2019年08月
>>
81件取得
投稿日時順表示
<<
0
1
2
>>
61位 08/17 (22:25) SSびより
1:
◆Vysj.4B9aySt19/08/16(金)23:32:19ID:
kbA
(世界の果てまで逝ってm@s収録中)
樹里「ふぅ……まさかカンガルーが来るとはな」ハァハァ
凛世「皆さん……いい逃げっぷりでした」
智代子「というか、逃げないとキックされちゃうよ!」クワッ
夏葉「あら、ならこちらも立ち向かえばいいんじゃないかしら?」
果穂「さすがは夏葉さんです!」
樹里「勘弁してくれよ……」

続きを読む

[ 閉じる ]
62位 08/23 (16:55) SSびより
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1566490769/

1:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/23(金)01:19:29.52ID:
OWsPeojn0
ちゅっ……ちゅ……ぴちゅ……

続きを読む

[ 閉じる ]
63位 08/25 (22:25) SSびより
1:
名無しさん@おーぷん19/08/25(日)18:19:11ID:
9Ec
シャニマスSSです。宅飲みアンティーカ(全員成人済み)が恋人っぽいことをしないと出られない部屋に閉じ込められます。こがたんはほとんど出ません。
別所に上げた物を加筆修正した物ですがよろしくお願いします。

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1564832009/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/08/03(土)20:33:29.49ID:OJq4hmGJ0
ガチャ
プロデューサー(以下、P)「お、全員揃ったみたいだな」
育「おはようございます!」
千鶴「おはようございます、P」
昴「おっすP。5人を集めて連絡事項があるってことは」
エレナ「もしかして」
ロコ「次の公演のことですか?」
P「ああ。次々回の定期公演のメインはこの5人、センターは育にやってもらいたい」
育「ほんと? やったぁ! この5人でわたしがセンターか……うん、わたしがんばるね!」
P「そこでだ。この公演に関してみんなの希望というか、やってみたいことの意見を取り入れたいと思うんだ。何かあれば言ってくれ」
昴「やってみたいこと? オレたちとファンとで野球大会するとか!?」
千鶴「そ、それはちょっと困りますわね……」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/08/03(土)20:34:14.63ID:OJq4hmGJ0
エレナ「じゃあ、ここはセンターの育が代表して案を出してみたらいいんじゃないカナ」
育「わたしが案を出していいの?」
P「ああ、もちろんだ。特にこの5人での公演は、前日に行われるこのみさんたちの公演とはガラッと雰囲気を変えてみたいんだ」
千鶴「そちらのコンセプトは確か、セクシーさを前面に出したアダルティなステージ……でしたわね」
昴「そこから変化をつけるとなると、元気に盛り上げる感じとかかな……うーん、でもせっかくなら対抗して色々挑戦してみたいもんなー」
育「それじゃあ……わたし、ロコちゃんがデザインしたステージでライブしてみたいな」
ロコ「ほ、本当ですか!?」
育「うん! わたし、ロコちゃんが考えたJellyPoPBeansのステージ大好き! またあんな風にロコちゃんのアートが見てみたい」
エレナ「名案だネ! ワタシも大賛成だヨ」
千鶴「わたくしも構いませんわよ。あのときとはメ
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1351940212/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/11/03(土)19:56:52ID:5fjX.4Q6
P「すまんな貴音。高速バスで帰ることになるけど」
貴音「いえ、あなた様と一緒ですので大丈夫です」
P「しかし、ビックリだよなぁ。貴音だけオファーが来るんだもんな」
貴音「これもわたくしの知名度が上がって来た事ですか?」
P「ああ、もちろん。貴音が頑張ったからこそだよ」
貴音「そしてあなた様のプロデュースのお陰です」
P「ありがとな。しかし、暇だな。まだ、バスは出たばっかだし」
貴音「では、わたくしがお話をしてあげましょう」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/11/03(土)20:00:30ID:5fjX.4Q6
P「話? 貴音の話か?」
貴音「いえ、わたくしはとっぷしぃくれっとです」
P「じゃあ何の話だ? 暇潰せるなら何でもいいぞ」
貴音「そうですね……」
貴音「では、古事記のお話でもしてあげましょう」
P「古事記?」
貴音「はい。あなた様も日本がどのように出来たか興味はありませんか?」
P「そりゃ、大陸が離れて……」
貴音「そうではありません。古事記ではどう誕生したか知りませんか?」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/11/03(土)20:03:38ID:5fjX.4Q6
P「知らない」
貴音「ふふふ。顔に書いてありましてよ」
P「古事記はさっぱりだなぁ。イザナミとかイザナギとかくらい。後はアマテラスが太陽神とかかな」
貴音「なんと」
P「悪かったな。古文なんて竹取物語とか春はあけぼの程度しか知らんわ」
貴音「なるほど。では、この機会に古典にもっと興味を持てば良いと思います」
P「ふむ、まあ。暇だし面白そうだから聞かせてもらおうか」
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/11/03(土)20:10:12ID:5fjX.4Q6
貴音「よろしいのですか?」<
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1565522110/
1:
◆Xz5sQ/W/66
2019/08/11(日)20:15:10.55ID:hJ05PNkl0
俺には愛する嫁がいる。
田中琴葉って可愛い嫁がいる。
彼女は昔アイドルだった。今では女優の肩書きの、そんな女性を生涯の伴侶に出来たのは
俺の人生において最大のラッキーイベントだったと誰彼構わず自慢できる。
というか誰でもいいから聞いてくれ。俺はこの幸せを自慢したくって仕方がない。

2:
◆Xz5sQ/W/66
2019/08/11(日)20:16:29.64ID:hJ05PNkl0
それぐらいにうちの嫁は可愛い。
嫁自慢だ、嫁馬鹿だ。
きっと目に入れたって痛くないし、彼女との間に子供が出来たらその子もきっと可愛いだろう。
……まぁ、この辺はお互いの仕事の都合もあるけれど、
とにかく生真面目で、しっかり者で、公私を共に頼りにできて、
二人っきりになるとちょっぴり寂しがり屋で照れ屋の甘えんぼさんな所も自慢になるが可愛いのだ。
3:
◆Xz5sQ/W/66
2019/08/11(日)20:18:28.36ID:hJ05PNkl0
そんな愛する妻に帰宅途中でメールを入れる。
電車の中で揺られながら、彼女に「もうすぐ帰る」と連絡する事がどれ程至福な時間な事か!
欲を言えばこの瞬間が永遠に続いて欲しいものだけれど、
そうすると彼女の「お帰りなさい」が聞けなくなるので電車は定刻通り走るがよろし。
二人の愛を祝福しながらダイヤよ今日も回りたまへ!
――ってな間に電車が駅へと到着する。
くたびれた乗客達と一緒になって俺は揺るぎない大地に足を降ろす。
そのまま素晴らしいステップで改札口を通り抜け、
自転車置き場から愛車を素早く見つけ出し、
その使い込まれたサドルに尻を乗せると軽快にペダルを漕いで風に乗った。
頬を打つ夏の夜風は妙に生暖かい。
明日は雨になるかもな……とか考えながら走る姿はどこから見ても家路を急ぐ良き夫だ。
4:
◆Xz5sQ/W/66
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1565913987/
1:
◆ivbWs9E0to
2019/08/16(金)09:06:27.32ID:E0BkUJrb0
美咲「はい、もしもし・・・えっ!?」
美咲「た、大変です!プロデューサーさん!」


2:
◆ivbWs9E0to
2019/08/16(金)09:08:07.85ID:E0BkUJrb0
P「なにぃ! 未来が彼氏とディズニーデートをしている写真を雑誌に掲載するだと!?」
美咲「はい、電話の後メールで写真が送られてきて・・・」
P「どんな写真が?」
美咲「未来ちゃんが男の人と腕を絡めていたり、一緒にチュロス食べてたり・・・」
P「他人の空似じゃないですか? ・・・あぁ、これは未来だ。隣の人はキャップを深く被っていて分からないけど」
美咲「未来ちゃんって、変装しても未来ちゃんですもんね・・・」
P「とにかく未来に直接確認しないといけませんね。あとはこちらに任せて、美咲さんは通常業務をお願いします」
美咲「はい・・・」
3:
◆ivbWs9E0to
2019/08/16(金)09:09:18.73ID:E0BkUJrb0
未来「おはよーございまーす!」
P「おはよう。未来、ちょっとこっちの部屋に来てくれ」
未来「?? なんですか?」
4:
◆ivbWs9E0to
2019/08/16(金)09:10:12.07ID:E0BkUJrb0
P「未来、最近ディズニーランド行ったか?」
未来「えっ!? 秘密にしてたのにどうして知ってるんですか!?」
P「やっぱりか・・・」
未来「何かまずかったですか・・・?」
P「実は、未来がディズニーランドにいるところを週刊誌に撮られてしまっていたみたいなんだ」
未来「えぇっ!?そんな・・・」
P「まぁ、撮られてしまったものは仕方ない。これからどうするかを一緒に考えよう」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1565938082/
1:
◆ivbWs9E0to
2019/08/16(金)15:48:02.68ID:rQtJivSXO
アイドルマスターミリオンライブ!のSSです。
キャラ崩壊注意です。

2:
◆ivbWs9E0to
2019/08/16(金)15:48:32.03ID:E0BkUJrb0
あらすじ
猛暑でどうにもやる気が出ないヒーローズたちは海水浴を楽しんでいた。
平和で涼し気なバカンスを楽しむヒーローズたち、しかしそこにはデストルドーの罠が・・・?
楽しく遊んでいたはずのヒーローズたちだが、いつの間にか気を失ってしまう!
目を覚ますとそこはデストルドー種子島支部の基地の中で・・・?
3:
◆ivbWs9E0to
2019/08/16(金)15:49:03.54ID:E0BkUJrb0
百合子「・・・ハッ!ここは!?」
翼「百合子ちゃん!もう?、目を覚ますのが遅いよ?」
百合子「んっ、なにこれ、手錠が・・・?」
翼「私たち、捕まっちゃったみたい」
百合子「私たちは海辺でシャチさんのビニールボートで遊んでたハズ・・・いつの間にこんなのことに!?」
可憐「フフフ・・・、ようやく目を覚ましたようですね」
翼「誰っ!?・・・あれ、この匂いは」
百合子「私たちが気を失う前にもこんな匂いがしたような・・・」
可憐「気付きましたか?あなたたちにはこのアロマで眠ってもらいました」フワァ
4:
◆ivbWs9E0to
2019/08/16(金)15:49:34.80ID:E0BkUJrb0
翼「あ?、良い匂い?。このまま眠ったら超気持ちよさそう?」
百合子「本当に良い匂いですね。まるでシロツメクサの絨毯の上に寝そべっているよう・・・」
翼「あ?」
百合子「あ?」
可憐「・・・あ、あのー」
百合子「・・・ハッ!えーっと、おのれデストルドー!小癪な真似をして何を企んでいるんだ!」
可憐「フフフ、貴様らには次のヒーローズ本部襲撃までここで大人しくしてもらう・・・!
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1565904653/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/08/16(金)06:30:53.61ID:izjKmYoA0
多分灯織は一人だとラウンドワンに行こうとは思わない子だとは思っています


2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/08/16(金)06:31:27.63ID:izjKmYoA0
――夕方、駅前
めぐる「うーん……! 今日もレッスン疲れたぁ」
真乃「夏休みだから時間もいっぱいあるもんね」
灯織「そうだね。宿題も済ませているし、レッスンの時間も取れるから今の時期は私たちにとっては大事かも」
めぐる「し、宿題ー……あはは、そうだね」
灯織「めぐる、もしかしてまだ宿題……」
めぐる「あっ! そ、そうそう! 夏休みだからレッスンが終わった後もまだまだ遊べるよね! どこか行かない?」
真乃「ほわっ、うーん……もう夕方になるけど、少しだけなら……」
灯織「もう駅前だし……どこか寄る場所、あるかな。喫茶店とか……」
めぐる「うーん、うーん……あ、カラオケに行こうよ! 丁度ほら、あそこにGRIEFSOUNDがあるよ!」タタタタッ!
真乃「ほわっ、カラオケ屋さん」タタタッ
灯織「カラオケ、か……」
灯織(そういえば、真乃とめぐるとカラオケに行ったこと、なかったような……)
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/08/16(金)06:32:21.64ID:izjKmYoA0
灯織(カラオケに入ったら、何を歌おうかな……私たちの歌もカラオケに収録されていると思うけど、いつも歌っている曲だとつまらないかも)
<アノー、サンニンナンデスケドー
灯織(真乃が喜びそうな曲……ドヤえもんとか、アンコパンマン、とかかな……ふふっ、夢は幻ドヤえもんの歌なら私は得意だし)
<ホワッ、ソウナンデスカ……
灯織(普段歌う曲ならめぐるが入れそうだし、私は変化球でも――)
めぐる「灯織、
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1565942098/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/16(金)16:54:59.23ID:WzUFDAxro
つい先日の事だったんですけど、仕事の資料を忘れたので一旦家に帰ったんです。で、リビングのドアを開けたら丁度休みだった旦那が慌てた様子でいたんですよ。
「ただいまーって、急にバタバタしちゃってどうしたの?」
「え!?な、何でもないよ!」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/16(金)16:56:40.48ID:WzUFDAxro
でも明らかに動揺してるんですよね。
「何してたの?」
「あ、いや、ぼーっとしてた……」
「ふーん」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/16(金)16:57:26.13ID:WzUFDAxro
でもまぁ、大体は想像つきました。
普段はほぼ付けっぱなしのテレビの電源は消え、手元にリモコンとティッシュ箱。えっちなDVDでも観てたけど私が急に帰ってきたので慌てて消したんだろうなぁと思いつつ、嫁がいるのになんでそんなものを観るんだという軽い怒りも込み上げてきたので、奪い取ってやりましたよリモコンを。
「あっ」

4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/16(金)16:58:01.23ID:WzUFDAxro
旦那がどんなもので致してるのかというのも少し興味もあったのですぐさま電源を入れて再生しましたよ。そしたら画面の向こうに映ってました。
5:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/16(金)16:58:38.11ID:WzUFDAxro
 わ た し が ! !

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:https://wktk.open2ch.net/test/read.cgi/aimasu/1565965939/
1:
◆Vysj.4B9aySt
19/08/16(金)23:32:19ID:kbA
(世界の果てまで逝ってm@s収録中)
樹里「ふぅ……まさかカンガルーが来るとはな」ハァハァ
凛世「皆さん……いい逃げっぷりでした」
智代子「というか、逃げないとキックされちゃうよ!」クワッ
夏葉「あら、ならこちらも立ち向かえばいいんじゃないかしら?」
果穂「さすがは夏葉さんです!」
樹里「勘弁してくれよ……」

2:
◆Vysj.4B9aySt
19/08/16(金)23:34:08ID:kbA
ありす川……もとい、有栖川夏葉誕生日SSです
短いですがよろしくお願いいたします
3:
◆Vysj.4B9aySt
19/08/16(金)23:37:31ID:kbA
ナレーター(cv山村響)「ここで、あるサプライズが!」
樹里「そろそろか?」
智代子「じゃあ、準備する?」
凛世「了解……しました」
夏葉「ちょ、ちょっと?何をするのかしら?」
果穂「まぁまぁ、夏葉さんはここに座ってて下さい」
夏葉「……果穂が言うならそうするけど」
智代子(やっぱり、果穂のことはよく聞くね)
凛世(さすが……果穂さんです)
4:
◆Vysj.4B9aySt
19/08/16(金)23:43:09ID:kbA
ナレーター「するとそこには」
夏葉「これってケーキ……嘘」
智代子「それじゃあ、せーの」
四人『♪HAPPYBIRTHDAYTOYOU?』
夏葉「あぁ……」グスッ
四人『夏葉(ちゃん)(さん)誕生日おめでとう!!』
夏葉「ふふっ。今までで一番の誕生日よ……家で祝われるより嬉しいわ」
智代子「じゃあ、お約束の蝋燭を」
凛世「お願い……いたします」
夏葉「じゃあ、行くわよ!」
ブフゥー
樹里「うわっ!クリームや飾りつけまで飛んで来たぞ!」
智代子「どれだけだよ……」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1566062139/
1:
◆/rHuADhITI
2019/08/18(日)02:15:41.93ID:oj63shz20
「夏葉……いや、夏葉さん。俺があなたを幸せにします」
 きらびやかな夜景をバックにして、俺は意を決し、懐から用意していた小箱を取り出した。
 都内某所の高層ビルにある高級レストランにて。まともに予約を取ろうとすれば何年待ちともいわれる席で、俺は元担当アイドルと向き合っていた。夜景の中心には、東京の顔となって久しい電波塔が据えられている。
 
 彼女がアイドルだったのはつい三ヶ月前までのこと。九年のアイドル生活に円満な終止符を打ち、プロデューサーとアイドルという関係は既に解消されていた。この日は単なる知人として、しかし、単なる食事会ではないことを匂わせて彼女を呼び出していた。
 
 社長に憧れて用意した一張羅の白スーツに身を包み、俺はなけなしの勇気を奮い立たせる。ひとつ小さく息をつき、手の中の小箱を開けた。ペリドットをあしらったダイヤモンドリングが姿を見せる。
 
「どうか、俺と結婚してくれませんか」
 俺は彼女の目をみすえて迷いなく口にする。それと同時に、予定していた通り、電波塔のライトアップが色を変えた。通常の配色である紫から、放課後クライマックスガールズにちなんだ五色へとうつろっていく。赤に、黄に、青に、ピンクに、そして緑に染まって。
 それで彼女は、きっと息をのんで――

2:
◆/rHuADhITI
2019/08/18(日)02:16:45.34ID:oj63shz20
   ◇
 実際のところ、夏葉がアイドルを引退したのは三週間ほど前のことだった。今月の頭――関東が梅雨入りする直前だったか――にユニットの解散ライブを行い、惜しまれつつも、約九年間のアイドル活動に幕を引いた。
 俺と夏葉との関係は、いまだプロデューサーとアイドルのままだった。書類上の話だ。夏葉と事務所の契約は月末まで。この六月いっぱいは、形骸化したとはいえ、その関係が維持されることになっている。
「遅めのモラトリアムかしらね」続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1356319472/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/12/24(月)12:24:32ID:RHvE9Ozk
冬馬「お前今晩暇か?」
北斗「いや、残念ながら暇じゃないな。天使と聖夜に戯れなきゃならないからね。」
冬馬「そ…そうか…そうだよな。」
北斗「どうしたんだ?」
冬馬「いや、何でもない。悪かったな。」
北斗「あ、そうだ。彼女ら冬馬にも会いたいだろうし、今晩お前も…」
冬馬「俺はいい。ゴチャゴチャしてるのは苦手なんだ。」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/12/24(月)12:26:51ID:RHvE9Ozk
北斗「そうか…残念だな…じゃあ今日の仕事は全員バラバラだし、これで。」
冬馬「ああ、じゃあな。」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/12/24(月)12:28:15ID:RHvE9Ozk
冬馬「…クリスマスイヴの予定がないなんて言えるかよ…」
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/12/24(月)12:37:08ID:2JXj8upE
「お前今晩暇か?」の時点で既に言ってるようなもんじゃないですか……

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1566388173/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/08/21(水)20:49:33.41ID:/wCQl8Gc0
※ようつべ動画感覚でご覧ください
歩「はいどうもJellyPoPBeansの歩と!」
桃子「桃子だよ!そして!」
昴「同じくJellyPoPBeansの昴と!」
ロコ「ロコです!さらに!」
恵美「いえーい!GRAC&ENOCTURUNEの恵美と!」
朋花「朋花と?」
莉緒「莉緒と!」
千鶴「オ?ホッホゲホゲホ、千鶴ですわ!そして」
瑞希「どうも。クール系美少女ユニット、EScapeの真壁瑞希と」
志保「志保と」
紬「紬です。最後に」
静香「おはようございます。D/Zealの静香と」
ジュリア「ジュリアだ!」
歩「さあ今回はあと1か月ちょいと迫った6thライブ追加公演の成功を願って、寿司を用意したぜ!」
Fairy「「「「「いえーーーーい!」」」」」
桃子「今から1人1貫取ってもらってせーので同時に食べてもらうけど、そのうち1貫だけわさびが大量にはいってるの」
Fairy「「「「「ええーーーーー!」」」」」
歩「ただ入れすぎちゃって、若干見えてる可能性あるから上見ながら食べてよ」
昴「どんだけ入れたんだよ…」
桃子「まあここ数日はボーカルレッスンないからその点は安心してよね」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/08/21(水)20:59:54.59ID:/wCQl8Gc0
だがその数時間前…
歩「というわけで、この寿司の中に1貫だけわさび入りと言ったけど、実はこれ、ドッキリなんだぜ!」
桃子「このサーモン寿司11貫全部に今から大量のわさびを入れるよ」
歩「というわけで本当のタイトルは、全員に大量のわさび寿司食べさせたらどんなリアクションをするのか!」
桃子「食べた瞬間当たっちゃった!ていうリアクションとるわけでしょ」
歩「それが全員そうなったときどんなリアクショ
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1549546100/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/02/07(木)22:28:21.25ID:bzW6dyP1o
亜美「えっ、ダンス王ってなに!?」
律子「知らないの? 時々地震の原因になるのよ」
亜美「ダンス王が?」
律子「そうよ」
亜美「……えっ、すごすぎでしょ!!」
律子「そりゃそうよ」
亜美「それってどこにいるの?」
律子「……亜美、学校の授業ちゃんと聞いてる?」
律子「日本中ダンス王だらけよ」
亜美「そんなにたくさん!!??」


2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/02/07(木)22:30:51.21ID:bzW6dyP1o
律子「こないだの響のオーディションも、あの地震の日だったでしょ?」
亜美「それは聞いたけど……もしかして」
律子「おかげで延期になったってわけ。 まあ、ここだけの話勝ち目のない相手がいてね……練習するためのいい時間稼ぎになったと思うわ」
亜美「そこにいたんだ……!!」
亜美「ね、ねえ律っちゃん? 地震になるくらいってことはさ、そりゃもうメッタンコに暴れまくるわけ!?」
律子「?」
亜美「だ、だってダンスでそんなことになるんだから、めちゃくちゃなダンスじゃん……どんなダンスよ……」ゴニョゴニョ
律子「うーん……私も専門家じゃないから詳しくは知らないけど……」
律子「いつもは普通なんだけど、ほんのちょっとズレた程度で地震が起きるそうよ」
亜美「ちょっとずれただけで!!!???」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1566490769/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2019/08/23(金)01:19:29.52ID:OWsPeojn0
ちゅっ……ちゅ……ぴちゅ……

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2019/08/23(金)01:20:13.06ID:OWsPeojn0
んっ……プロデューサー、起きたの…?
…ふふ、おはよう。プロデューサー…んっ…
くす…プロデューサー、気づいてないの…?アナタは今、目隠しをされているの…ちゅっ…それと、上半身を裸にされて、手も拘束されているのよ…?
んっ……はむっ……覚えて、ない?ここは私の寝室よ…ほんの数時間前まで私たちは事務所でライブの打ち上げをして…ちゅ、う…その後、私の部屋にアナタが来てくれたんじゃない…
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2019/08/23(金)01:20:44.42ID:OWsPeojn0
…ええ、そうよ。アナタは疲れて寝てしまったの。だから……寝込みを襲うことにしたわ。
んっ……れろ…ちゅ、じゅるっ……ぷはっ…
…私ね、ちょっと不満だったのよ。アナタとする…セックスに。
ああ、違うわ。アナタが下手とか、そういうのじゃないの。安心して…?…ちゅう…
不満なのは…アナタに私がされっぱなしなことが、よ。アナタと私は対等な「パートナー」なのよ…?私ばっかり気持ちよくされるのは信条に反するわ…
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2019/08/23(金)01:21:18.26ID:OWsPeojn0
だから、こんな強引な手を使うのは…少々不本意だけれど……今日は、私がアナタを責めるの…ちゅ…んっ…ちゅるっ…
いつも…アナタにだけしか見せない私をたくさん見られちゃってるから…ちゅ…ちゅ、ちゅ、う…
私が、アナタのことたくさん犯して…ちゅ…んちゅ、う…
5:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2019/08/23(金)01:21:5
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:https://wktk.open2ch.net/test/read.cgi/aimasu/1566724751/
1:
名無しさん@おーぷん
19/08/25(日)18:19:11ID:9Ec
シャニマスSSです。宅飲みアンティーカ(全員成人済み)が恋人っぽいことをしないと出られない部屋に閉じ込められます。こがたんはほとんど出ません。
別所に上げた物を加筆修正した物ですがよろしくお願いします。

2:
名無しさん@おーぷん
19/08/25(日)18:22:02ID:9Ec
P「アンティーカ(成人済み)と俺の部屋で宅飲みしていたら不思議な力で恋人っぽいことをしないと出られない部屋に閉じ込められてしまった」
P「具体的には俺とアイドル達が何か恋人みたいな行為をすればいいらしい。クリアすれば外に出られる」
P「恋人っぽいことってなんか曖昧だな。あまりいかがわしいことはできないが」
P「というかそもそもアイドルが男の部屋で飲むこと自体問題だと思う。次からは断ろう」
P「ちなみに宅飲み言い出しっぺの恋鐘は到着が遅れていたので無事だった。よかったな恋鐘!」
P「さて……どうやって脱出するか。みんな!大丈夫か!」
結華「ねえきりりん、ちょっとこっち見て」ムニー
霧子「ンフッフフッ///」ヒック
結華「やった!今日は何してもウケる!じゃあこれ!これはどう?」ムニムニー
霧子「ンフフッ///ンフォッ///」
結華「よっし!ねぇねぇ!どこが面白かった?」
霧子「ンフッフ///」
P「めっちゃ酔っ払ってる」
3:
名無しさん@おーぷん
19/08/25(日)18:24:06ID:9Ec
P「咲耶と摩美々は?」
咲耶「ねえ、プロデューサー……。少しだけ、手を貸してくれないかい?///」
摩美々「えー、私摩美々なんですケドー///」
咲耶「こうしていると……何か伝わってこないかい///」
摩美々「ちょっとー、聞いてるー?///」
咲耶「『アナタを大切に想う、私の気持ち』とかね……///」ヒック
摩美々「わー、咲耶大胆ー///」ヒック
P「こっちもダメそう」
P「ほらほら、ちょっと
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1358727575/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/01/21(月)09:19:35ID:5YaD7OGo
『アイドル候補生』
 2007年 765プロの萩原雪歩が失踪する

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/01/21(月)09:22:14ID:5YaD7OGo
 2005年 5月
 765プロ事務所
 P『みんな、今日は新しい仲間がうちの事務所に来ることになった』
 P『萩原雪歩だ。さぁ、出てきて挨拶してくれ』
 雪歩『うぅ……今日から……ここでお世話になる萩原雪歩ですぅ!』
 P『まぁ、見ての通り雪歩は人見知りだから、みんなからどんどん話しかけてくれると助かる』
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/01/21(月)09:23:40ID:5YaD7OGo
 P『え?何でおれがこんなに離れてるかだって?』
 P『実は雪歩、男の人が苦手なんだ』
 雪歩『す、すみません・・・』
 P『気にするな雪歩。これから、少しずつ慣れていこう、な?』
 雪歩『はい・・・プロデューサー・・・』
 P『よーし、早速だが今日は雪歩の歓迎を兼ねて合同でレッスンするからみんな準備してくれ。』
 雪歩『ふぇ??、いきなりですか!?』
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/01/21(月)09:25:23ID:5YaD7OGo
 P『大丈夫だよ、みんなやさしい子達だから。雪歩もきっと馴染めるさ』
 P『俺もいるからさ。』
 雪歩『プロデューサーがそう言うなら、そうなんだと思います!』
 P『ははは、その意気だ。さぁ、雪歩も着替えて来い』
 雪歩『はい!』
 こうして、アイドル候補生として萩原雪歩が765プロに入った。
 だが、2年後、萩原雪歩は突如として姿を消した……
 失踪とみなされ捜索がなされるが、いまだにその安否はわからない……
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 :
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1358512050/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/01/18(金)21:27:30ID:iETooDI6
 ――――――
春香「……ふんふふ?ん♪」
春香「……ちょっとはやかったかなー。千早ちゃん、まだ来てないかも」
春香「まあ、待ち合わせに遅れちゃうよりはいいよね。先に行って待ってよっと」
ゴゴゴ……
春香「……ん? なんだろ、あれ」
春香「なんだか空が、ぐにゃって歪んで……え、あっ、きゃあっ!」
 どんがらがっしゃーん
春香「……いたた」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/01/18(金)21:29:24ID:iETooDI6
?「……大丈夫かしら?」
春香「え? ……あ、大丈夫ですっ! ちょっと、よそ見しちゃって!」
?「気をつけて歩いてね? お嬢さん」
春香「あ、はい。ありがとうございます」
?「気にしないでいいわ」
春香(……わあ、すごくスタイルのいい人……)
?「……ねえ、お嬢さん?」
春香「……あ、はい! なんですか?」
?「お嬢さんにも見えているのかしら? あの、『ゆらぎ』が」
春香「ゆらぎ? ゆらぎって……もしかしてあれの事……あれ? 消えてる……」
春香(さっきまで確かに……気のせいだったのかな)
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/01/18(金)21:30:41ID:iETooDI6
?「……ふうん。なるほど、ね」
春香「?」
?「……ごめんなさい。なんでもないわ」
?「それじゃあね、リボンのお嬢さん」
春香「あ、そうですね。……あの、ご迷惑おかけしました」
?「あん、礼儀正しいのね。ますます気にいっちゃったわ」
?「……気をつけてねお嬢さん。色々と、ね」
春香「? はあ……」
?「うふふふ……」
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/01/18(金)21:32:06ID:iETooDI6
春香「なんだったん
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1567168315/
1:
◆kBqQfBrAQE
2019/08/30(金)21:31:56.07ID:SegpilIM0
ミリマスSSです。
一応、地の文形式。
続き物でもあります。


2:
◆kBqQfBrAQE
2019/08/30(金)21:33:10.18ID:SegpilIM0
「いい店、見つけたんだ。折角だし、昼飯にどうかな」
 プロデューサーにそう提案されたのは、最上静香がレッスンを終え、片付けをしていたときのことだった。
 ライブも近い、それだけにダンスレッスンにも気合いが入る。ゆえに激しくカロリーを消費し、腹の虫がすっかり目覚めていた静香は、二つ返事で行くと答えた。
 店というのは、うどん屋である。プロデューサーも静香もはっきりと示すことなく、静香は彼がうどんを食べに行こうと提案したことを理解し、プロデューサーは彼女がその店をうどん屋であると認めたことを理解する。うどんの以心伝心と称した方がよいだろう。
 彼が提案した昼食がうどんであるということも、静香が迷うことなく好意的に受け入れた理由であった。
 静香はうどんをこよなく愛する、十四歳の少女である。

3:
◆kBqQfBrAQE
2019/08/30(金)21:34:55.10ID:SegpilIM0
 着替えを済ませ、静香はプロデューサーとともにレッスンスタジオを後にした。
 残暑は厳しい。私服へ着替える前に、冷たいシャワーを浴びて身体の火照りを冷ましていたにもかかわらず、静香の肌からは汗が吹き出される。道沿いの欅に留まるクマゼミの鳴き声がわんわんと響き、暑さを助長しているような心地がしてたまらない。
 横を見遣ると、横並びに歩くプロデューサーが玉のように汗をかき、それをハンカチーフで拭っていた。
 静香は行き先を訊ねていなかったことに気付いた。
「ちょっとここから離れてるよ。大手町にあるんだ」
 地下鉄に乗り、乗り換えも含めると三十分程度かかるだろうと彼の胸算用である。
「腹減ってるかもしれないけど、ちょっと我慢し
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
81位 08/17 (21:06) えすえすゲー速報
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/08/05(月)20:10:10.29
ID:aYtpEvQ20
P「千雪、そう言わずに……」
千雪「まだおさけのむのー!」
P「飲みすぎだって。ほら、手に持ってるのテーブルに置いて」
千雪「やだ」
P「置きなさい!」
千雪「やだもん、これちゆきのだもん」グビッ
P「あっ……」
千雪「えへへー♪」
P(なんてこった……こんなことになるなら、ほどほどのところで止めておくべきだった……)
P(最近仕事を頑張ってるご褒美に、新しくできたオシャレな居酒屋に連れてきた、まではよかったけど……)
千雪「ここのおさけ、なん杯でものめちゃう」スッ
P「ま、待て。もういい加減に…」
グビグビ
千雪「ぷはぁ?」
P「……」
P(仕事の話、ユニットの話、アイドル仲間の話、オフの話。色んな話に花を咲かせて、酒のツマミにしたのがマズかった)
P(気がついたら、千雪の酒を飲むペースがどんどん上がっていて……こんな状態に……)
千雪「つぎは、これをたのもーっと。てんいんさーん」
P「もうダメだって! すみません、注文は無しでお願いします。この娘かなり酔ってて」
千雪「よってないもん」
P「酔ってる奴は大体そう言うんだよ。ほら、飲むだけじゃなく食べよう。俺のアボカドあげるから」
千雪「あぼかどだー! いただきます!」
P(はぁ……これ食べたら店を出よう。家に送っていかないと)
引用元:

【シャニマス】千雪「やだー! もっとのみたいー!」 


THEIDOLM@STERSHINYCOLORSFR@GMENTWING03
postedwith
amazletat19.08.17
アンティーカ
ランティス(2019-06-12)
売り上げランキング:1,341
Amazon.co.jpで詳細を見る
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
2
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。