SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
検索にヒットしたのが10件未満なので検索範囲を広げました。
タグ:
ストライクウィッチーズ
タグ一覧の表示
<<
2019年07月
>>
87件取得
人気記事順表示
<<
0
1
2
>>
全てのレス
元スレ
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2016/06/12(日)15:21:36.03:
m7499jsY0
―――1947年欧州―――
【マーストリヒト・アーヘン基地基地廊下】
バルクホルン「おいエーリカ!ちょっとこっちに来い!」
エーリカ「んあ?なーに?」
バルクホルン「なにじゃない!さっきの戦闘についてだが……!」
エーリカ「ああ、完全勝利だったよね?」
エーリカ「こう…背面飛行からの切り返しが上手く決まってズバババーっと……」
バルクホルン「なんだあの戦い方は!」
エーリカ「え?」

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
◆ZzDAkqHktA
:2014/07/19(土)00:16:14.90:
Q43N61Pf0
・ストライクウィッチーズSSです

エイラ「は!?お前何言ってんダ。いくらリーネといえど許さんゾ」
リーネ「いえ、エイラさんの覚悟・・・みたいなのを聞きたくて」
リーネ「私なんて乳が無かったら芳佳ちゃんに捨てられてますからね」
エイラ「あぁー・・・なるほどナ。サーニャが可愛くなくなったら私もサーニャを見捨てるかもしれないって事カ」
リーネ「そうです」
エイラ「あのナ・・・そんな事が・・・」
バアンッ
エイラ・リーネ「!!」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
:
2012/06/29(金)00:24:53.92ID:/L4Je8uW0
―――――
基地廊下
宮藤「わぁ、この石綺麗だなぁ」
宮藤「ペンダント・・・かなぁ?」
宮藤「・・・誰かの落し物だよね?」
宮藤「誰のか分からないけど、とりあえず聞いて回ろう」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1340897093(SS-Wikiでのこのスレの編集者を募集中!)

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
:
2014/06/22(日)23:35:29.85ID:BoSjM1aLo
芳佳「どうでしたか!?」
エーリカ「いいんじゃない。悪くないと思う。そのまま訓練していけば大丈夫だ」
芳佳「ありがとうございます!!」
美緒「宮藤はハルトマンともかなり打ち解けているな」
ミーナ「みたいね。普段ハルトマンは口数が少ないから、ああしてすぐに仲良くなれた人は珍しいわ」
美緒「宮藤の才能とも言えるか」
ミーナ「宮藤さんが501に来てから花が咲いたような明るさがあるわね」
美緒「はっはっはっは。その通りだな」
リーネ「芳佳ちゃんは本当にすごいなぁ……」
シャーリー「羨ましいのか?」
リーネ「はい。私もまだハルトマンさんは勿論、バルクホルンさんともそれほど話したことないですし……」
シャーリー「ふぅん。……安心しろ、リーネ。宮藤なんてまだまだ501の一員とは言えないからな」
リーネ「え? そんなことないと思いますけど……?」
シャーリー「ルッキーニが膝の上で寝てくれて初めて501の一員と言えるんだ。だから宮藤もリーネも全然ダメだな」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1403447729

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:
2015/06/19(金)20:58:56.68ID:tez/6XolO
 
501JFWロマーニャ基地
宿舎野外
ルッキーニ「ん〜、なんかたいくつー」テクテク
ルッキーニ「シャーリーは相手してくれないし、芳佳は走ってるし…」
ルッキーニ「……リーネのおっぱいでも揉もうかなー」
ルッキーニ「……」
ルッキーニ「あ、リーネも芳佳と一緒じゃん。うじゅ〜〜」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1434715136

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:
2016/06/12(日)19:11:43.38ID:m7499jsY0
―――――
1950年 12月14日 クロステルマン家邸宅 兼 孤児院
ペリーヌ「ふぅ、最近寒くなってきましたわね」
ペリーヌ(そういえば…もうすぐサトゥルヌス祭でしたわ)
ペリーヌ「いけない…そろそろ準備しないと」
エリー「先生ぇ!これ読んでぇ!」
ペリーヌ「あら、エリー」
ペリーヌ「なぁに、絵本?」
エリー「さっきね、アメリー先生が持ってきてくれたんだよ!」
ペリーヌ「アメリーが?」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1465726303

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
:
2014/06/10(火)02:49:50.68ID:s99vFOwEo
501基地 格納庫
美緒「ここにあったか。……よし、まだ使えるな」
芳佳「坂本さん、その人形なんですか?」
美緒「今日の訓練に使うものだ」
リーネ「今日の訓練は確か、応急処置でしたよね」
美緒「そうだ。傷ついた仲間を助ける時、必要になる技能だからな。まぁ、二人とも基礎的なことは十分熟知しているだろうが一応な」
芳佳「それでこの人形を使うんですか?」
美緒「別にリーネを相手に人工呼吸をしても構わんぞ?」
芳佳「え!?」
リーネ「そ、それは……あのぉ……」
美緒「私でも、いいがな」
芳佳「えぇぇ!?」
リーネ「それなら!! それなら私が!!」
芳佳「えぇぇぇ!?」
美緒「はっはっはっは。冗談だ。さぁ、訓練を始めるぞ。二人ともついてこい」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1402336190

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆VJRQu9X6ME
:
2014/05/30(金)17:40:20.60ID:8QXJrdj/o
〜1945年6月、ブリーフィングルーム〜
エイラ「あついなぁ、サーニャ」
サーニャ「そ、そうね」
サーニャ(エイラがそんなに寄りかかって来るからじゃ……)
エーリカ「ふふっ」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1401439220

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2015/06/19(金)20:58:56.68:
tez/6XolO
 
501JFWロマーニャ基地
宿舎野外
ルッキーニ「ん?、なんかたいくつー」テクテク
ルッキーニ「シャーリーは相手してくれないし、芳佳は走ってるし…」
ルッキーニ「……リーネのおっぱいでも揉もうかなー」
ルッキーニ「……」
ルッキーニ「あ、リーネも芳佳と一緒じゃん。うじゅ??」

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
◆VJRQu9X6ME
:2014/05/30(金)17:40:20.60:
8QXJrdj/o
?1945年6月、ブリーフィングルーム?
エイラ「あついなぁ、サーニャ」
サーニャ「そ、そうね」
サーニャ(エイラがそんなに寄りかかって来るからじゃ……)
エーリカ「ふふっ」

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
:2017/06/25(日)05:38:20.211:
SNqqNr7P0.net
エイラ「しかも二人とも裸で・・どうしよう、何も覚えてないぞ・・」
宮藤「ん・・・ぁ、おはようございます、エイラさん・・」
エイラ「み、み、み宮藤?これはえーと、その」
宮藤「
>>2


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆1OLuRH9.aA
:
2015/05/20(水)14:53:11.56ID:ZAR1Y1/l0
坂本美緒の部屋
シャーリー「とりあえず手首を縛って両腕もですね。足はどうします?」
坂本「万が一、ネウロイが来た場合に迅速に行動できるように足の自由は残しておこう。椅子に座らず地面に倒れてくれ」
バルクホルン「了解した。でははじめていいか?」
坂本「時計が20をさしたらだ…よしいいぞ」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1432101181

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/06/12(日)15:21:36.03
ID:m7499jsY0
―――1947年欧州―――
【マーストリヒト・アーヘン基地基地廊下】
バルクホルン「おいエーリカ!ちょっとこっちに来い!」
エーリカ「んあ?なーに?」
バルクホルン「なにじゃない!さっきの戦闘についてだが……!」
エーリカ「ああ、完全勝利だったよね?」
エーリカ「こう…背面飛行からの切り返しが上手く決まってズバババーっと……」
バルクホルン「なんだあの戦い方は!」
エーリカ「え?」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1465712495


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/06/12(日)15:22:39.64
ID:m7499jsY0
バルクホルン「あんな戦い方が今後も通用すると思っているのか!?」
バルクホルン「いくら自身の力が突出しているからといって、ワンマンプレーも大概にしろ!」
バルクホルン「小隊の統率を放棄してまで戦果に拘るとは……貴様、それでも大尉か!」
バルクホルン「お前はもっと自分の強さに自覚を持て!」
エーリカ「えー、倒したんだからいいじゃん」
エーリカ「おかげでトゥルーデの小隊にも迷惑かけずに済んだでしょ?」
バルクホルン「…!そういう問題じゃない!」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/06/12(日)15:24:02.54
ID:m7499jsY0
バルクホルン「一体どうしたというんだ!?近頃のお前は変だぞ!」
バルクホルン「常に僚機の動きに気を配るお前らしくもない!」
エーリカ「…………」
「えっと、どうかしたのでありますか……?」
エーリカ「あ、ヘルマ」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/06/12(日)15:24:44.83続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/08/27(土)17:56:55.28
ID:03HCGJzfO
 
ルッキーニ「ふーん」
ペリーヌ「あぁ……本当でしたらわたくしから御祝いと感謝の気持ちを是非ともお届けしたかったのに…」モンモン
ルッキーニ「…?言えばよかったじゃん、“おめでと”って」
ペリーヌ「はぁ??。無神経な貴方には解りっこありませんわね…」
ルッキーニ「なにそれ?少佐は誕生日嫌いなの??芳佳とサーニャのお祝いは一緒にやったじゃん」
ペリーヌ「……もういいですわ。とにかく、用事が済んだのならとっととお帰りなさいな」ガク
ルッキーニ「うん。ありがとペリーヌー」スタタ
ペリーヌ「いい加減、寝癖の手入れくらい自分でやりなさいな。わたくしもそう毎日手が空いてる訳ではありませんわよー!?」
――――
――

SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1472288215


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/08/27(土)18:17:58.06
ID:03HCGJzfO
 
ルッキーニ「そっかー…。少佐って誕生日だったんだ」スタスタ
ルッキーニ「んー、でも?……――」
ルッキーニ「…?あ、芳佳とリーネ」
芳佳「――あとは、この間使ったお醤油と味噌!あれも大豆なんだよ?」
リーネ「へぇ…!そんなに沢山あるんだね」
芳佳「大豆はとっても身体によくて、女の人は胸も大きくなるって言われてるんだよ!」
リーネ「そ、そうなんだ。…じゃあ、私はやっぱり苦手かな」
芳佳「えっ、なんで?リーネちゃん、お味噌汁美味しいって言ってたじゃん?」
リーネ「う、うん……でも…。これ以上は…」
――スタタタ
ルッキーニ「芳佳、リーネ!」
芳佳「?あ、ルッキーニちゃん」
リーネ「おはよう、ルッキーニちゃん」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします:
2016/10/22(土)21:21:56.581ID:
fmW6i7tU0.net
〜食堂〜
エイラ「邪魔だナ。どかせよミヤフジ」
芳佳「何度もどかそうとしたんですけど……なかなか動かなくて」
リーネ「すっごく重いんです」
エイラ「しょうがない。私も手伝ってやるよ。せーの、で押すからナ」
芳佳「はい」
エイラ「せーの! んぐぐぐぐぐ」
芳佳「むむむむむっ!」
リーネ「ん〜〜〜〜!」
エイラ「ハァ!? なんだよコレ! 全然動かネー!」
芳佳「だから言ったじゃないですか」
エイラ「黒くて丸いけど、鉛か?」
芳佳「さぁ……石? ではないよね」
リーネ「困ったね……これじゃ朝ご飯が食べられないよ」
芳佳「うん……」


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
4:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします:
2016/10/22(土)21:27:09.384ID:
fmW6i7tU0.net
ペリーヌ「何ですの? 朝っぱらから騒々しい」
芳佳「あ、ペリーヌさん」
リーネ「実はこれが……」
ペリーヌ「まあっ、そんな小汚い物を食卓の上に乗せるだなんて……!」
芳佳「わ、私じゃないよ」
リーネ「私も違いますっ」
ペリーヌ「エイラさん……、あなたどうしてこんなものを」
エイラ「どうしてそうなるんダ! 誰が好きこのんでこんな重たいもんを基地に持ち込むんだよ」
ペリーヌ「じゃあいったい誰が……? ともかく、いいからどかしなさい。もうすぐ皆さん集まりますわ」
ペリーヌ「そんな物が食卓に置いてあったら、邪魔でしょうがないでしょう」
芳佳「だからさっきから頑張ってどかそうとしてるんだけど……」
リーネ「全然動いてくれないんです。まるで机に張り付いてるみたい」
ペリーヌ「はぁ? そんなお馬鹿なこと」
エイラ「だったらオマエもやってみろって。1mmも動かないんだかんナー」
5:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします:
2016/10/
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
:
2014/05/16(金)14:21:35.33ID:YJt2ETejo
ミーナ「名前は服部静夏軍曹。14歳。現在も扶桑皇国海軍兵学校に所属している士官候補生よ」
芳佳「へー。凄い人なんだぁ」
リーネ「友達になれたらいいね」
芳佳「そうだね」
美緒「研修期間は二週間。その間、先達の者として、またはウィッチの先輩として恥ずかしくない行動を心がけるようにな」
バルクホルン「お前のことだぞ、ハルトマン」
エーリカ「なにが? 私のどこがウィッチとして恥ずかしいの? このスーパーガール、エーリカ・ハルトマンをつかまえて」
バルクホルン「ルッキーニ少尉もだぞ!」
ルッキーニ「にゃはぁー」
シャーリー「気にするな、だってさ」
バルクホルン「くぅぅ……!! こいつらはぁ……!! いいか!! お前たちの緩みきった行動一つで我々の印象を悪化させることになるんだぞ!!」
ペリーヌ「そうですわ。しっかりしてもらわないと501の品位が下がるというものですわ」
エイラ「品位だって。笑っちゃうよな、サーニャ?」
サーニャ「別に面白くないけど?」
エイラ「ダナ。別に面白くないヨナ」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1400217685

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
:2018/01/07(日)22:08:41.70:
7y6sFbtpO
エイラ「まだ10時だしいいだろ」
ペリーヌ「イヤですわ。そういうときのあなた、すごく乱暴ですもの」
エイラ「お前なあ、私は優しい方なんだぞ」
ペリーヌ「優しい?エイラさんが?」
エイラ「そうだよ。バルクホルン大尉なんて娼館を8軒も出禁になってるらしいぞ」
ペリーヌ「私は立派な方だと思いますけれど」
エイラ「ふーん。……お前、大尉となんかあっただろ」
ペリーヌ「別に…大尉はウィッチとしても、軍人としても理想的な方でしょう?根も葉もない噂より、自分たちの目で見てきた大尉の姿を信じるべきではなくて?」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:
2016/05/02(月)23:46:56.65ID:9DhHI0Yh0
エイラ「悪いな宮藤、わざわざ呼び出して」
宮藤「あ、いえ、大丈夫ですけど」
宮藤「えっと、それでなんでしょうかエイラさん」
エイラ「ああ、それなんだが…」
エイラ「実は前から気になってたんだけどな」
エイラ「お前の固有魔法ってさ、えーっと…」
宮藤「治癒魔法ですか?」
エイラ「そうそう、それ」
エイラ「その治癒魔法なんだが」
エイラ「あれって本当に、治癒魔法なのか?」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1462200416

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/01/25(日)20:46:27.37
ID:Y/ZSeCTD0
初投稿です。駄文ですがよろしくお願いします。
ストライクウィッチーズの二次創作です。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1422186387


(adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({});
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/01/25(日)20:47:18.03
ID:Y/ZSeCTD0
芳佳「へぇー、お酒のおつまみとかのアレですよね。どうしたんですかこれ?」ジー
美緒「実家からわさびが送られてきてな作ってみたんだ。なかなかうまいぞ。ちなみにたこは素潜りで今朝採ってきた。食べたことはあるか?」ホレ
芳佳「いえ、食べたことはないです」
芳佳(おいしそうだなー)
美緒「食べるか?」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/01/25(日)20:47:57.97
ID:Y/ZSeCTD0
芳佳「え!いいんですか!食べます食べますっ!」
美緒「おお、そうかそうか。ではやろう」
芳佳「うわー、ありがとうございます!」
美緒「うれしそうで何よりだ。一人以外みんな嫌がってな、もらってくれなかったんだ」
芳佳「へぇーそうなんですか。こんなにおいしそうなのに」
美緒「うむ、それじゃ私はやることが残ってるんでな、なるべく早く食べるんだぞ」
芳佳「はいっ、失礼します」
芳佳(部屋に戻ってリーネちゃんと一緒に食べよ)
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/01/25(日)20:48:30.60
ID:Y/ZSeCTD0
・・・・・・・・・・
芳佳、リーネ、ペリーヌの部屋
ガチャ
リーネ「あっ芳佳ちゃんお帰り。何持ってるの?」
芳佳「ただいまー、これ?これはたこわさって言う扶桑の食べ物だよ」ネバドロ
リーネ「…えっと、その。か
続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2016/11/23(水)11:34:14.80:
g01IjR9a0

?501基地?
芳佳「ん?、もうこんな時間!?朝ご飯の仕度しなくちゃ!」
芳佳「リーネちゃん、起きて?」モミモミ
リーネ「よ、芳佳ちゃん、、、、、」
芳佳「リーネちゃん、はやく朝ご飯の仕度しないとまずいよ!!」
リーネ「ほんとだ!ごめんね芳佳ちゃん、私すぐ追いかけるから先行ってて!」
芳佳「わかった!」タタタッ

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:
2015/04/11(土)14:31:46.02ID:6xeH5l3yO
 
エーリカ「ほい」←パー
バルクホルン「うぉりゃあっ!!」←グー
バルクホルン「――!!ま、また…!?」
エーリカ「隙ありぃ〜」ヒョイ
バルクホルン「ぅ…!」ピコ
エーリカ「はい、私の勝ち!だから言ったじゃん」ニシシ
バルクホルン「っ……くそ、何故勝てない…!」
エーリカ「トゥルーデさぁ、ジャンケン負けたら防御しなよ。ちゃんとルール解ってる?」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1428730306

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
:2016/10/22(土)21:21:56.581:
fmW6i7tU0.net
?食堂?
エイラ「邪魔だナ。どかせよミヤフジ」
芳佳「何度もどかそうとしたんですけど……なかなか動かなくて」
リーネ「すっごく重いんです」
エイラ「しょうがない。私も手伝ってやるよ。せーの、で押すからナ」
芳佳「はい」
エイラ「せーの! んぐぐぐぐぐ」
芳佳「むむむむむっ!」
リーネ「ん????!」
エイラ「ハァ!? なんだよコレ! 全然動かネー!」
芳佳「だから言ったじゃないですか」
エイラ「黒くて丸いけど、鉛か?」
芳佳「さぁ……石? ではないよね」
リーネ「困ったね……これじゃ朝ご飯が食べられないよ」
芳佳「うん……」

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2017/10/08(日)21:08:25.79:
XzqXEx1X0
ストライクウィッチーズ×レイトン教授
途中出てくるナゾは完全オリジナルなので、意味不明でも突っ込まないでください

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:https://hayabusa.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1391332635/
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2014/02/02(日)18:17:15.03ID:tmdky39o0
サーニャ「あっ・・・んん、あぁんっ///」
エイラ「サーニャがあんなことするなんて///」コウフンスルンダナ
サーニャ「んっ、ふぅ・・・いやぁ///」
エイラ「うぅ?・・・なんだか私も変な気分になってきたんダナ」
サーニャ「エイラぁ・・・エイラぁ・・・」
エイラ「!?」
エイラ「今私の名前読んで・・・?」
的なのをお願いします

5:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2014/02/02(日)18:34:18.79ID:tmdky39o0
ガタッ
サーニャ「誰・・・!?」
エイラ「わ、私なんダナ」
サーニャ「エイラ・・・」
エイラ(サーニャのアソコ・・・すごい濡れてる///)
サーニャ「・・・見たの?」
エイラ「えっ・・・そ、それは///」
サーニャ「見たのね・・・エイラのエッチ///」
エイラ「あぅ・・・」
誰か・・・誰かお願いするんダナー
7:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2014/02/02(日)18:41:51.95ID:tmdky39o0
サーニャ「・・・」
エイラ「・・・」
エイラ(うぅ・・・沈黙が辛いゾ)
サーニャ「・・・エイラ」
エイラ「うぇ!?な、なんダサーニャ」
サーニャ「エイラは・・・しないの?」
エイラ「な、なにを」
サーニャ「さっき私がしてたこと」
エイラ「・・・してない」
サーニャ「そう・・・」シュン
10:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2014/02/02(日)18:48:54.92ID:tmdky39o0
サーニャ「・・・エイラは」
エイラ「?」
サーニャ「あんな私・・・嫌よね」
サーニャ「汚らわしいと思ってるでしょ・・・?」
エイラ「そ、そんなこと・・
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1394027574/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/03/05(水)22:52:54ID:hlRCB91c
ストパンSSです
初なんでお手柔らかにお願いします
あとかなり短いと思います
エイラ「どうしよう…」
エイラ「よりにもよってサーニャ夜間哨戒休みで寝てるし…」
サーニャ「んん…」
エイラ「」ビクッ
サーニャ「…」ムニャムニャ
エイラ「ふぅ…一瞬起きたかと思ったんダナ」
エイラ「とにかく、この濡れた布団とズボンをなんとかしないと...」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/03/05(水)22:54:19ID:hlRCB91c
物干し場
エイラ「ここに干して...」
芳佳「あれ、エイラさん?こんなところで何してるんですか?」
エイラ「」ギクッ
エイラ「よ、よぉ宮藤。たまには自分のものは自分で洗濯しようと思ってナ」
芳佳「私に言ってくれればやっておきますよ!」
エイラ「!!い、いや、大丈夫だ。宮藤は自分の仕事に専念してクレ」
芳佳「そうですか…」シュン
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/03/05(水)22:55:43ID:hlRCB91c
芳佳「じゃあ私は皆さんの洗濯物を干すんで」
エイラ「なっ…ここでか?」
芳佳「??他にどこで干すんですか?」
エイラ「え?いや、アハハ...」
芳佳「...?」
ヨシカチャーン!
芳佳「あ、リーネちゃんも来たみたい」
エイラ(げっ…リーネまで来るのかよ!)
リーネ「はぁ...はぁ…ごめん芳佳ちゃん。遅くなっちゃった。…ってエイラさんもどうしてここに?」
芳佳「エイラさんは自分の洗濯物を干しにきたんだよ!」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:
2016/03/23(水)15:53:09.17ID:Hvqh3AHF0
ストライクウィッチーズssです。短いです。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1458715988

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1452175285/
1:
もーん◆CB7w5rWLD62016/01/07(木)23:01:25.71ID:Vp0fy9iL0
504基地 食堂
ルチアナ「そ…そういえばジェーンさんとドミニカさんってずっと一緒にやってきたんですか?」
ジェーン「そ…そうですね、そんな感じでしたね」
ジェーン「まぁ大将はあの通り戦闘は得意でも身の回りのことはからっきしで…」
ジェーン「ペアとしていろいろサポートしたりしてましたね…」
ルチアナ「なるほど」
ルチアナ「とするとやっぱり仲はそうとういいんですね!!」
ジェーン「は…っ それは…その…」かぁぁぁぁぁっ
ジェーン「ひ 人並みです 人並みっ!!」
ルチアナ「あはは…そんな恥ずかしがらなくてもいいじゃないですか」
ルチアナ(私知ってるんですよ、並々ならぬ関係だというのを……)ニヤリ
ジェーン「……?」
今までのシリーズと関係あるかは尻ません。
【R-18】エイラ「サーニャに射精管理されたんダナ」
ストライクウィッチーズ紅の魔女たち1巻P91ヨリ

2:
もーん◆CB7w5rWLD62016/01/07(木)23:04:22.86ID:Vp0fy9iL0
数日後
朝 504基地 廊下
ジェーン「んっ……ぅ、ぁ……」
マルチナ「おっはよー! あれ、どしたの?」
ジェーン「え、えっ!?」
フェル「ジェーン? 寝ぼけてるの?」ツンツン
ジェーン「はわっ! あああすいませんすいません!」ビクゥッ
フェル「あら、どうしたの? 顔赤いわよ?」
ジェーン「な、なんでもないんです、ほんと!」
フェル「あんまり体調悪いなら言いなさいよ?」
ルチアナ「……」

3:
もーん◆CB7w5rWLD62016/01/07(木)23:04:59.60ID:Vp0fy9iL0
504基地 食堂
パティ「うわっ! なにこのドーナツの匂い!」
ルチアナ「朝からちょっと作りすぎちゃって……」アハハ
パティ「ドーナツの匂いしかしないわよ
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:https://yuzuru.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1282475688/
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
:2010/08/22(日)20:14:48.61ID:GdEaWLSX0
宮藤芳佳:料理中なう! なうの使い方これでいいのかな……
リーネ:@yoshika_m それでいいと思うよー
フランカ:@yoshika_m 今日のご飯なにー?
宮藤芳佳:@ujuujul 肉じゃがだよ
シャーリー:喜べバルクホルン。今日もジャガイモだぞRT@yoshika_m:@ujuujul 肉じゃがだよ
坂本:訓練ちゅなう
ゲルト:@high_speed_e 何故私に
エイラ:サーニャみなかったか?
リーネ:@i_love_sanya 談話室で寝てましたよ
坂本:まちがうた。訓練中

2:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
:2010/08/22(日)20:18:26.54ID:GdEaWLSX0
シャーリー:@barkhorn お前ジャガイモ大好きだろ?
ゲルト:@high_speed_e 確かに好きだがジャガイモばっかりでもなぁ……
エイラ:@britaniawitch アリガトナ
宮藤芳佳:@barkhorn えー、ジャガイモ嫌なんですか? じゃあバルクホルンさん用に違うの作りますよ?
坂本:また間違えた。どうも携帯は鳴れん
坂本:慣れん
隊長:何この書類の量。私死ぬかも
隊長:大体上層部は何考えてるの? こんな予算じゃ装備の維持もままならないんですがねぇ(笑)
隊長:これだから頭のお固い人らは困る
隊長:書類整理で腕痛い(´・ω・`)
隊長:あ、TL占拠してごめんなさいね?

3:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
:2010/08/22(日)20:25:14.20ID:GdEaWLSX0
ゲルト:@yoshika_m べ、別に嫌じゃないぞ! 宮藤の料理は何でも美味いからな!
宮藤芳佳:@sakamossan30 坂本さん機械苦手ですもんね
宮藤芳佳:@barkhorn
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1447160397/
1:
もーん◆CB7w5rWLD62015/11/10(火)21:59:57.52ID:qnPS6nU90
芳佳「は?」
エイラ「だーかーらー!! はぁ……サーニャに射精管理されたンダナ……」
芳佳「え? 不服そうですけど、それがどんな問題に……?」
エイラ「問題しかないダロ……」
芳佳「あー、なるほど。エイラさんはもっとガンガンやりたいのに、」
エイラ「違うゾ……」
芳佳「え?」
エイラ「ワタシはもっと普通にシたいんダヨ」
芳佳「普通、ですか」
エイラ「普通にスリスリとかでもいいし。そう、あれは……」
エイラ「例えばドラムロールする箱のワタシたちのステージみたいにさ」
芳佳「あぁ、あのエイラさんがサーニャちゃんを抱きしめて寝てるやつですね」
エイラ「そう、そんな感じでいいンダ」
エイラ「なのに、ワタシは強引にウィッチ○ポ生やされて……」ウッウッウッ
今までのシリーズと関係あるかは尻ません。
前スレ:
エイラ「サーニャと、雨上がりの草原で」


2:
もーん◆CB7w5rWLD62015/11/10(火)22:01:38.95ID:qnPS6nU90
エイラ「そういうことも、イイとは思うケド、たまにでイイし……」
芳佳「まぁ考えていても仕方ないじゃないですか。言い渡されたんですし」
エイラ「うーん、そうなんだけどさぁ……」
芳佳「じゃあ、私と遊んでみます? こう見えて、私結構すごいんですよ?」
エイラ「オマエガァ? ウソダロー、ミヤフジに何が出来るっていうんだ?」
芳佳(へぇ……この世界線のエイラさんは私のアヘ顔作戦を知らないみたいですね……)
エイラ「でもなー。今のワタシはエッチな気分になると……」
芳佳「なると?」
エイラ「勝手にウィッチ○ポが生える魔法をサーニャにかけられたんダヨゥ……」
芳佳(えぇ……)

3:
もーん◆CB7w5rWLD62015/11/10(火)22:08:49.51ID:qnPS6nU90

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1446472849/
1:
もーん◆CB7w5rWLD62015/11/02(月)23:00:50.77ID:s5WTUXh/0
今までのシリーズと関係あるかは尻ません。
前スレ:
【R-18】ペリーヌ「アメリーのアヘ顔ダブルピースが見たい?」
簡単な話だ。
要するに、『柄じゃない!』だとか『おっ、ヘタレてない!』だとか言われても。
それは皮肉だとは思うけど、それでも褒めているに違いない。
たぶん、そうじゃないかな。
だって昨日のワタシはすごかったんだぞ? ワタシもワタシを褒めてやりたいんだ。
町に買い物へ行く四人が選ばれたのにもかかわらず。
サーニャに二人きりで買い物をしようと言ったんだから。
飛んでいた野次は今でも思い出すと耳まで真っ赤になるからあまり思い出したくない。
あの時サーニャがどんな顔をして肯定したかは聞こえなかった。
ワタシは周りのシャーリーやハルトマンに言い返していたんだから。
柄じゃないこともたまにはいーだろー! とかな。
……ウソ。
照れ隠しでサーニャの顔を全く見れなかったから見なかった、の間違いだ。


2:
もーん◆CB7w5rWLD62015/11/02(月)23:02:17.31ID:s5WTUXh/0
「サーニャ。決まったか?」
「ううん、ちょっと待って……どれにしようか、まだ決まらないの」
そう言って再度ショーウインドウの前で屈んだ彼女は、ただの普通な女の子だ。
こういう時に、女の子ってメンドクサイんだろなって、思う。
だってそうだろ? 早く席にも着きたいし、腹は減ってる。
なんでもいーじゃん。甘いお菓子なんて、普通に甘いか、少し甘いか、とびきり甘いか。
ただそれだけ。ビターチョコレートもクッキーもキャンディーも。そんなに悩むことはない。
時間は限られていて、決して無限ではなく、どの瞬間も一度きりの有限だ。
せっかく用意したデートプランもうまく進まない、むしろイレギュラーで手一杯。
あぁ、早くしてくれねーかな。
なんてそう思うのは、そ
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
2
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。