SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
検索にヒットしたのが10件未満なので検索範囲を広げました。
タグ:
モバマス・デレステSS
タグ一覧の表示
<<
2020年03月
>>
162件取得
人気記事順表示
<<
0
1
2
3
4
5
>>
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1569750138/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/09/29(日)18:42:18.47ID:cEj3dDUO0
アイドルマスターシンデレラガールズ内イベント、蒸機公演クロックワークメモリーの二次創作です。
この世界にライラさんと晶葉さん、つまりロボフレンズがいたらどうなるだろうかと妄想したものです。
時系列はヤスハたちが来る少し前ぐらい。

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/09/29(日)18:43:21.99ID:cEj3dDUO0
「ーーねえ、公園って知ってる?」
「ーーしらなーい」
「ーートモお姉ちゃんがこの前教えてくれたんだけど……」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/09/29(日)18:44:09.02ID:cEj3dDUO0
 遍く蒸気が全てを支配する世界、蒸気都市。
 かつて地上で暮らしていたことを忘れた人類は蒸気に管理され"平和"に暮らしている。
 しかしどんな世界にも完璧というものは存在せず、この蒸気世界も例外ではない。
 ここは蒸気世界最下層、クズ鉄エリア。蒸気の支配を逃れたものたちが辿りつく果ての果て。天井を覆うツギハギだらけのダクト、ひび割れたコンクーリトの地面。
 ただ、どんな場所であってもそこに人々がいる限り社会は存在する。酒屋もあれば踊り子も商人も、決して出回る物資は多くないが皆が協力しながら日々生活をしている。
 そんな最下層クズ鉄エリアに時折流れる”公園”の噂。
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/09/29(日)18:45:24.89ID:cEj3dDUO0
 そんな出処不明の噂が突如としてクズ鉄エリアに広まったのだ。
 所詮噂といえば噂。だがこのクズ鉄エリアにとって噂は重要な情報源である。
 この世界の"平和"を保つ為の手先、エンフォーサー。ならずものばかり集まる下層には大量のエンフォーサーがそのセン
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1569725252/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/09/29(日)11:47:33.15ID:JabvAVGDO
りあむ「うん……ネットでエゴサしていたら出て来て」
モバP(以下P)「だから、エゴサはするなとあれほど……で、どうだって?」
りあむ「例えば、ぼく達『ユニット名募集中』ならぼくがこのおっぱいが目立つからって……」
P「……仕方がないとは言えないが、やはりそう来るか」
りあむ「逆にあきらちゃんはまったく需要がないって……あ、近親モノなら」
P「近親」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/09/29(日)11:51:35.88ID:JabvAVGDO
P「後……あかりはそれを知ってるのか?」
りあむ「それは大丈夫。あきらちゃんの『んごーっ!!』
P・りあむ「っ?!」
あかり『都会は恐ろしいところんご!りんごろうと……その……』
あかり『Pさんがいちゃいちゃするなんて……』ワナワナ
P「なぁ」
りあむ「……ごめんなさい」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/09/29(日)11:55:56.29ID:JabvAVGDO
P「とりあえず情報を規制しないとな……双子中学生はともかく、ベルベットローズなんかにバレたら俺の命が危険だからな」
ガチャ
颯「やっほー!Pちゃん、ミロワールのおっぱい担当だよー!」
凪「どうも。薄い本で大抵はーちゃんと3Pする胸の無い方参上」
P「……」
りあむ「やむ……」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/09/29(日)12:10:38.08ID:71z4GOUeO
8月下旬のメロンやとらはマジでりあむのコーナーが出来上がってたな

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1556626476/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/04/30(火)21:14:37.28ID:680UoHff0
 楓さんときどき肇ところによりパッションな短編集だよ

2:
【1】
2019/04/30(火)21:16:22.85ID:680UoHff0
フレデリカ「フレデリカの『フ』はフランスの『フ』だよ?」
     P「宮本の『み』は?」
フレデリカ「知れた事。武蔵の名、よもやお忘れか」
最早、其れは稲妻であった。
一息の内に跳び退いた宙を、二条の剣閃が奔り抜ける。
     「二天一流、外道。宮本フレデリカ――推して参る」
両の小太刀を閃かせ、フレデリカは嗤った。
3:
【2】
2019/04/30(火)21:18:29.61ID:680UoHff0
P「楓さんはそば派ですか、うどん派ですか?」
楓「あなたのそばが、一番好きです」
P「そういう質問ではなかったんですけれどね」
楓「0点でした?」
P「いえ、えび天です。どうぞ」
楓「これはどうも」
4:
【3】
2019/04/30(火)21:23:35.69ID:680UoHff0
周子「アイスんまー」
 P「昼間っからダラダラしやがって……」
周子「えー?夜は頑張るから堪忍してやー」
 P「……」
周子「も少しこのまんまでいいー?」
 P「…………おう」
周子「んまー」
5:
【4】
2019/04/30(火)21:25:32.15ID:680UoHff0
周子「なーんかさ、紗枝はん最近ますます綺麗になってない?」
紗枝「んー……そやろか」
周子「ホントほんと。ここ何日か特に」
紗枝「……ほぉ」
周子「何だろ…笑顔?雰囲気が柔っこくなった感じ?」
紗枝「……やって。ふふ、きっかけ、一体なんやろなぁ。Pはん?」
 P「 」
周子「は?」
 P「じゃあ、外回り行っ」
周子「座り」続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1556500720/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/04/29(月)10:18:40.33ID:wXSby+aLO
百合っぽいのとかキャラ崩壊とか苦手な人は注意

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/04/29(月)10:20:40.46ID:wXSby+aLO
梨沙「うーん、んんー」
晴「何唸ってんだ梨沙、新手の威嚇か?」
梨沙「何でそうなるのよ!ちょっと考え事をしてるのよ」
晴「ふーん、梨沙がねえ。珍しいな!」
梨沙「あんたに言われたくないわよ」
晴「別に悪く言ったわけじゃねえからな。梨沙ならこうスパーンスパーンって切り替えが早いからさあ」
梨沙「私だって悩むわよ」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/04/29(月)10:21:32.84ID:wXSby+aLO
晴「なんだ親父さん関係か?」
梨沙「違うわ」
晴「なら何に悩んでいるんだよ。ほらオレ梨沙の相棒だろ?悩みがあるなら共有!相談があるなら今すぐ!!って感じてさ」
梨沙「...ありがとう。でも今回は晴にはちょっと」
晴「...そっか、ならサッカーでもしようぜ!」
梨沙「ちょっ!何でそうなるのよ!」
晴「だってよ今オレに出来ることなんて体を一緒に動かしててやる事ぐらいなんだから、さあ行こうぜ!」グイグイ
梨沙「わかったから!押さないで!」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1569686059/
1:
名無しさん@おーぷん
19/09/28(土)22:41:52ID:ZdF
事務所
モバP(以下Pにゃあ)(換気扇回して…)ガチャ!
P「……」カチャ!ジュボ...
P「……暇だなぁ。誰も事務所にいねぇし」フゥ-
P「ちひろさんは債務の取り立てに行ってきますとか言って出てくし…うちは金貸しなんてしてたかな?」
P「まぁいいや。いつもは賑やかな事務所で一人で留守番もわるくねぇ」
凛「ただいまー……ってプロデューサー?」ガチャ
P「おかえりん」
凛「プロデューサー……タバコ辞めるんじゃなかったの?」
P「タバコを辞めるのを辞めたからいいんだよ」フゥ-

2:
名無しさん@おーぷん
19/09/28(土)22:46:17ID:ZdF
凛「辞める辞める言って辞めなかったの何回め?」
P「凛はおはようやこんにちわなどの挨拶の数を数えたことあるか?それと同じ。覚えてねぇや」
凛「体に悪いからやめてって毎回言ってるじゃん。プロデューサー早死にしたいの?」
P「でぇじょうぶだ。ドラゴンボールで生き返る。凛俺が死んだら集めてくれ」
凛「サイヤ人と戦いたくないからタバコ辞めて」
P「ケチ」
3:
名無しさん@おーぷん
19/09/28(土)22:56:18ID:ZdF
凛「どうしても辞められないの?」
P「無理。ガンになっても吸ってると思うわ」フゥ-
凛「タバコ辞めてよ。私プロデューサーがガンになって死ぬの嫌だから」
P「そう言われても無理だよ。もうタバコは俺じゃ生活の一部とかしてるからさ。もう6年近く吸ってるわ」
凛「それに副流煙とかもあるからさ。うちの事務所子供もいるし悪影響があると思うよ?」
P「タバコ吸うとこんなダメ人間になるぞっていういい教育材料になってるぞ」グリグリ...
凛「事務所の匂いとか臭くなるよ?壁とか汚れるし…」
P「換気扇の下で吸うようにしてるし、タバコの消臭剤とかあるからヘーキ。あと壁はちひろさんがどっから雇ったかわか
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1569111780/
1:
◆SbXzuGhlwpak
2019/09/22(日)09:23:00.35ID:uIP4O5m+0
注意事項
・武内Pもの
・桃太郎形式なので、アイドルの呼び名が「犬」「猿」「雉」など読む人によっては不愉快な場合があります
・菜々さん世代未満は置いてけぼり
昔々あるところにおじいさんとおばあさんがいました。
おじいさんは山へしばきに、おばあさんは川へ洗濯に行きました。
花京院「やはりエジプト山か……いつ出発する? わたしも同行する」
今西部長「花京院……!」
「「行くぞ!」」
菜々「は?い。行ってらっしゃーい」
菜々「さて。おじいさんがいない間、菜々がしっかり家を守らなきゃ」
菜々「まずは洗濯洗濯」
菜々「むむーっ。この汚れなかなか落ちませ――――ア!」
おばあさんが川で洗濯をしていると、どんぶらこと大きな桃が流れてきました。
菜々「アイタタタタタタッ」
しかしおばあさんは洗濯に力を入れすぎて四十肩を再発し、それどころではありません。
あまりの痛みに肩をおさえてうずくまる前を、大きな桃はどんぶらこ、どんぶらこと流れます。
やがて桃は川岸に流れ着きました。
美味しそうな匂いをかぎつけたのか、一匹の犬が姿を見せます。
凛「ふーん。この中に姿はまだ赤ん坊とはいえ、全裸のプロデューサーがいるんだね。……まあ、最高かな」
渋谷凛
今西部長
安部菜々


2:
◆SbXzuGhlwpak
2019/09/22(日)09:24:23.97ID:uIP4O5m+0
犬は家に桃を持ち帰ると、どうすれば理想的な出会いを演出できるのかについて考え始めました。
凛「母親として育てるとプロデューサーが私を恋愛対象として見てくれない……だとすると近所のお姉さんかな。でもプロデューサーが姉よりも妹の方が好きだったら――」
桃<ピシッ、ピシッ
犬が理想のシチュエーションを考えているうちに桃太郎は桃を内側から破壊しました。力持ちですね。
きっと将来は身長
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1569589913/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/09/27(金)22:11:53.95ID:17NBtePYO
きたせんデュエルちゃんねる第4回です。
某動画サイトに喜多日菜子ちゃんと仙崎恵磨さんがデュエル実況動画を上げてるという内容です。
このシリーズには必ずタイトルに[きたせん]と書いておきます。
ラストまで書き溜めてあるので途切れずに投下するようにします。
前作からだいぶ間があいてしまってすみません……
今回はアニバーサリーガシャでまさかの日菜子ちゃんSSRが来てくれたので、取り急ぎ(ド遅刻)書かせて頂きました。
急ぎで書いたので、次以降のデュエルで使用するために考えてたデッキを先出ししてしまってます。
今から新しいデッキを考えると時のタイミングを逃してしまうので、ご了承下さい。
5-6作目も早めに上げますのでお許しください。
注意
・長いです
・効果説明多少端折ってます
・ヤマもオチも特にないです
・若干御都合主義的な設定を盛ってます
よろしければ読んでやってください。
前作↓
[モバマス][遊戯王]乃々「剣道LV5段ですけど」[きたせん]


2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/09/27(金)22:13:28.36ID:17NBtePYO
恵磨「スターライトステージ!!!4周年!!!」
日菜子「おめでとうございます?!」
恵磨「YEAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAH!!!!」ドカ-ン
日菜子「ぱちぱちぱちぱち?」パチパチ
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/09/27(金)22:24:35.03ID:17NBtePYO
申し訳ありません
本当はSSに画像を付けたかったのですが、なんか今スマホからだと画像が上げらんないみたいなので文章だけになります。
投下自体は問題なさそうなので、とりあえずこのまま続けます。

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1555373452/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/04/16(火)09:10:52.88ID:HdwvUzoBo
独自の設定となっております。
短いです。
続きものです。
奈緒「晶葉がぼんやりしてる」
奈緒「晶葉がコーヒー飲んでる」
奈緒「晶葉がシャーペン片手に悩んでる」
よろしくお願いします。

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/04/16(火)09:11:47.16ID:HdwvUzoBo
奈緒「よう晶葉、またなんか宿題でも出たのか?」
晶葉「奈緒さん。いやそういうわけではないんだ、見てるのはうちの名鑑だし」
奈緒「へ? また新しいアイドル入ったんだっけ?」
晶葉「違う違う。というかいくらなんでもあの七人で打ち止めだろう」
奈緒「あー、さすがに事前発表くらいはするか」
晶葉「そういうことだ」
奈緒「ところでどうして名鑑なんて読んでたんだ?」
晶葉「うむ、イタズラ組の今後を考えていてね。いずれ発展していかないとならないだろう」
奈緒「ってことはマジか。メンバー増員するのか」
晶葉「もちろん今すぐにというわけじゃないし、何より相手のあるものだ。そう簡単にはいかないさ」
奈緒「おお、すげえ自主的なんだな」
晶葉「わはは、そうだろうそうだろう」
奈緒「そうだよな、プロデューサーさんにも話通して計画的にやるような案件だもんな」
晶葉「ちょっと待ってくれ奈緒さん、そんな大きな話には思えないのだが」
奈緒「だってイタズラ組って真面目に人気出始めてるじゃんか。ブレイク寸前だって紹介されてるの見たことあるぞ」
晶葉「ん?」
奈緒「へ?」
晶葉「……そういうことか。奈緒さん、そっちじゃない。アイドルのほうのイタズラ組じゃないんだ」
奈緒「アイドルのほうじゃない?」
晶葉「世界征服を目論む悪の組織のほうだ。もともとそういう集団だっただろう」
奈緒「……そういやそういう話だったな。ただの仲良しチ
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:https://wktk.open2ch.net/test/read.cgi/aimasu/1569410854/l10#
1:
◆Vysj.4B9aySt
19/09/25(水)20:27:34ID:ZA4
――カフェ
肇「じゃあ、プロデューサーさん。あーん」ズイッ
肇P(以下しばらくP)「……おい」
肇「どうしたんですか?パフェですよ、パフェ」キョトン
P「パフェ……じゃねぇ!いいか、アイドルとプロデューサーがこんなとこで仲良く『あーん』なんてやってられるか!!」
肇「んもぅ……恥ずかしがって。前にプロデューサーが言ったじゃないですか」
P「俺が何を言ったと……」

肇「思い出は心が綺麗なほど、沢山残る。だからお前は綺麗なままでいてくれ」
「……って」
P「(///)っ!た、たしかに言ったけどさ……」
(は、恥ずかしい記憶を……)

2:
◆Vysj.4B9aySt
19/09/25(水)20:32:12ID:ZA4
P「で、で……それと、パフェをあーんすることと、どんな因果が……」
肇「んもぅ……」
「二人だけの思い出を、こうやって作るんですよ」
「そうすれば、おじいちゃんおばあちゃんになっても、いつまでも覚えていますからね」
P「ロマンチックなことを億劫もなくさらっと言いやがって………(///)」
「わかったよ!やればいいんだろ!」
「そ、その代わり、あ、後で肇もやるんだからな(///)」
肇「はいっ!」ニコッ
3:
◆Vysj.4B9aySt
19/09/25(水)20:40:37ID:ZA4
……………………
………………
…………
……
加奈「なるほどっ、惚気話ですね!」メモメモ
肇「うふふっ、さすがにキスまではいかなかったですけどね」ニコニコ
加奈「畜生、この野郎」メモメモ
藍子「まぁまぁ……で、そんなにそこのカフェはよかったんですか?」
肇「はいっ。居心地もよかったですし、コーヒーも料理もおいしかったです!」
加奈「でも初めて行ったんでしたか?……いきなり行って、大丈夫なのか私なら不安になりますね」メモ
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1569627357/
1:
◆K1k1KYRick
2019/09/28(土)08:35:57.88ID:xeUS5q7i0
アイドルバラエティー「大空の挑戦」を無事やり終えた四人を乗せ、事務所まで車を走らせる。
久美子たちの人力飛行機スカイペインターの名付け親は由愛だ。
名前の通り、それは白い翼で対岸まで空を描ききった。
アンコール飛行に急遽駆り出された俺は息を切らしながらも、久美子の見た空の景色を見た。
吸い込まれるようなその景色に見とれて、ゆっくりと湖に
入水してしまったというオチはついたものの
飛びたがっていた設計図の喜びが筋肉痛と共に充分伝わって来た。
(由愛たちは設計図に込められた夢を叶えた。だが、俺は……)
夢を諦めた俺に、あの空の色はあまりにも眩しすぎた。
   #  #  #

2:
◆K1k1KYRick
2019/09/28(土)08:37:19.72ID:xeUS5q7i0
「プロデューサーさん、また絵を……描いてもらえますか?」
由愛のライブイベントが終わった帰りの事だった。
途中にあるドライブスルーに停車し、温かな飲み物を
買って戻って来た時、彼女がそう聞いてきた。
プロデューサーになるずっと前、俺は画家の卵をしていた時期があった。
由愛をモデルにした広告デザインも、大半は俺自身で手掛けていた。
俺は破顔してうなづいた。
大空への挑戦が大成功に終わったら、何でも言う事を
聞いてやると約束した事を思い出したのだ。
「いいよ、由愛の頼みなら何でも描こう。何を描いてほしいんだ?」
すると、由愛はしばらく無言で身をもじもじとさせた後
俺の瞳をしっかりと見据えたまま、おずおずと上着に手をかけて服を脱いだ。
何をするんだと思っている間に彼女はそのままシャツ一枚の姿になり
果てはそれすらも人前で脱ごうとし始めた。
「何をしているんだ、由愛!?」
「……私を、描いてください……プロデューサーさん。
 イベント……頑張ったら、何でも描いてくれるってプロデュ
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1569635083/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/09/28(土)10:44:44.16ID:AHhNmf1DO
ガヤガヤ
―今日は雪美ちゃんの誕生日です
―土曜日ということだけあってL.M.B.Gを含む小学生のみんな(と自称保護者)は全員集まってます
―でも……
晴「で、肝心の雪美のやつはいつになったら来るんだ?」
千枝「んー、プロデューサーさんと一緒だから大丈夫だと思うけど……」
ありす「はぁ……一度連絡をしてみましょう」
千秋「雪美さんに何かあったら雪美さんに何かあったら雪美さんに何かあったら雪美さんに何かあったら雪美さんに何かあったら雪美さんに何かあったら雪美さんに何かあったら雪美さんに何かあったら雪美さんに何かあったら雪美さんに何かあったら雪美さんに何かあったら雪美さんに何かあったら雪美さんに何かあったら雪美さんに何かあったら雪美さんに何かあったら雪美さんに何かあったら雪美さんに何かあったら雪美さんに何かあったら雪美さんに何かあったら雪美さんに何かあったら雪美さんに何かあったら雪美さんに何かあったら雪美さんに何かあったら雪美さんに何かあったら雪美さんに何かあったら雪美さんに何かあったら雪美さんに何かあったら雪美さんに何かあったら雪美さんに何かあったら雪美さんに何かあったら」
由愛「ひ、ひぃ……」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/09/28(土)10:45:55.38ID:AHhNmf1DO
佐城雪美誕生日SSです
短いですが、よろしかったらどうぞ
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/09/28(土)10:56:03.62ID:AHhNmf1DO
―その頃
つ【秋のスイーツフェア】
雪美「じーっ……」
つ【いちごのホットクレープ】
雪美「じーっ……」
モバP(以下P)「おーい、雪美。帰ったら誕生会なんだから、そんなの食べたら入らなくなるぞ」
雪美「……じーっ」続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1555335938/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/04/15(月)22:45:38.56ID:TVMEdtyzO
百合とかキャラ崩壊とか苦手な人は注意


2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/04/15(月)22:46:53.58ID:TVMEdtyzO
ありす「ですから生まれる子どもの名前を決めなくてはと思いまして」
晴「だから付き合ってもねえし結婚もしてねえから、小学生が子どもが生むってどんな状況だよ」
ありす「12才の母ですね。14才でも12才でも変わらないので何も問題ありません」
晴「何の話だよ」
ありす「私達最近似てきましたねって話です」
晴「絶対違う」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/04/15(月)22:47:47.36ID:TVMEdtyzO
ありす「それで名前なんですが」
晴「マジでこの話に続けるのか」
ありす「エコー検査の結果は女の子でしたので、私達の子どもに相応しい名前を考えてきました」
晴「オレの話はスルーだよな。パスしたんだから、トラップしろよ」
ありす「これがスルーパスですね」フンス
晴「うまくねえし意味わからねえから」
5:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/04/15(月)22:49:23.29ID:TVMEdtyzO
ありす「名前ですが梨沙なんてどうでしょうか?」
晴「よりにもよって!お前まじかよ!!」
ありす「よく海外ではお世話になった人の名前を付けますからね」
晴「どういう過程でどんな世話になったんだよ!」
ありす「まあ、成長したら晴さんを狙う性格の悪い泥棒猫になりそうですが、大丈夫です娘には愛を持って接します」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1555339914/
1:
◆DAC.3Z2hLk
2019/04/15(月)23:51:54.86ID:5B9BsUPD0
 モバマスより小日向美穂(たぬき)の事務所と神谷奈緒のSSです。
 独自解釈、ファンタジー要素、一部アイドルの人外設定などありますためご注意ください。
 前作です↓
【たぬき】緒方智絵里「くろうさちえりの逆襲」
 最初のです↓
小日向美穂「こひなたぬき」


2:
◆DAC.3Z2hLk
2019/04/15(月)23:54:14.42ID:5B9BsUPD0
  ―― 事務所
奈緒「ちーすおつかれさーん」ガチャ
P「おう、お疲れ」
未央「あ、かみやんおつかれー!」
美嘉「お疲れ★ 今コーヒー淹れるとこだけど、奈緒も飲む?」
奈緒「あ、うん飲む飲む。砂糖ふたつ入れてくれっ」
  ズズズ…

3:
◆DAC.3Z2hLk
2019/04/15(月)23:55:17.16ID:5B9BsUPD0
未央「でもアレだねー。かみやんのもふもふ、あったかそうだよねっ」
奈緒「んー? ああまあ、そうかもなぁ。冬なら湿気もあんま無いしさ。静電気は大変だったけど」
美嘉「めっちゃやわらかい髪質だよね。天然でそのくらいふわふわなのって羨ましいよ」
奈緒「いやぁ、そんないいもんでもないぞ? 手入れとかも手間だし」
P「やっぱそうなのか?」
奈緒「そうそう! 梅雨とかほんと大変なんだから! もう髪がうじゃー、もじゃーって!」
美嘉「あ?、毎年スゴいよねぇ……」
P「そんなアレだったら、一回さっぱり散髪してみたらどうだ? イメージもがらっと変わると思うぞ」
奈緒「え? 切ってみろ、って……」
美嘉「プロデューサー」ツネリ
P「オゥッフ脇腹!?」
未央「ちょっとこっちこっち」ヒッパリ
P「おっ、と、と、何だ何だ!?」
4:
◆DAC.3Z2hLk
2019/04/15(月)23:57:25.07ID:5B9BsUP
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1557333364/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/05/09(木)01:36:04.72ID:HV1WXeY30
泉「おはようございます。あっ、あきらさん、先日はどうも。宣伝してもらった日から、ガンガン売り上げが上がってるよ」
あきら「ドーモ、泉サン。こちらこそ。あのチート無効チートのおかげでチーター狩りが捗ってるよ」
泉「ちゃんと動いてるみたいでよかった。やっぱり有名な人に宣伝してもらうと違うな」
あきら「それほどでも……。#チーター#死すべし#慈悲は無い」
マキノ「おはよう、二人とも。ここ空いてるかしら」
あきら「ドーモデス。空いてますよ」
泉「マキノさん、おはよう。先日はありがとう。おかげで良いライブになったね」
マキノ「私の方こそ礼を言うわ、ありがとう。それと、お疲れ様」
ありす「皆さん、おはようございます。先日はお疲れ様でした」
マキノ「おはよう、ありすちゃん」
泉「おはよう。宿題先やる? 学校帰りだよね?」
ありす「そうですね。いつも通り、先に済ませさせていただいて良いですか?」
あきら「ドーゾドーゾ」
ありす「ありがとうございます。すぐに終わらせますので」
マキノ「焦らなくても大丈夫よ」
あきら「泉サンは宿題平気?」
泉「私はここへ来る前に終わらせてきたから。休み時間とかで」
マキノ「どれだけ楽しみにしていたのかしら」
泉「まぁまぁ。久しぶりにボードゲームで遊べるんだし。2人には悪いけど、今日ぐらいはね」
あきら「自分で良ければいつでも相手するよ。基本、暇だし」
泉「ありがとう。ありすちゃん待つ間、何かやる?」
マキノ「3人で手早く終わるゲーム、なんて置いてあったかしら?」
あきら「いつも自分たちがやってる系のだと、なかなか難しいデスね……」
泉「ワンナイトは3人だと微妙だし、ワードバスケットか、ワードウルフか、たまには趣向を変えてカスヒとか? うーん……」
あきら「考え出すと止まらないし、ゲーム選びは泉サンにまかせるとして」
マキノ
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1557066822/
1:
◆hAKnaa5i0.
2019/05/05(日)23:33:42.65ID:NNoZ3WQs0
(事務所)
楓「すこれよ♪」ド-ン
P「まーた変なのから影響を受けて。何を抜かしているんですか。楓さん」
楓「すこれ♪」
P「はいはい。すこってますよ。あ、柿の種のわさび味食べます?昨日、ちひろさんが持ってきてくれたやつなんですけど」
楓「いただきます♪」ポリポリ
P「もうすでに食べてるし……」
楓「この柿の種の味。すこです」ポリポリ
P「新入りのザコメンタルと会ったんですか?」
楓「りあむちゃんのことですね。昨日ご挨拶をしましたよ。なかなか個性的な子でした」フフフ
P「クセが強い奴だったでしょう」ハハハ
楓「私はどうですか?」
P「はい?」
楓「私の方がクセは強いと思いませんか♪」キラ-ン
P「なんで対抗心を燃やしているんですか」


2:
◆hAKnaa5i0.
2019/05/05(日)23:36:23.44ID:NNoZ3WQs0
楓「もっとすこってくださ……いや、すこれよ♪」
P「命令形にしなきゃいけないわけではないですよ」
楓「すこ?」
P「はいはい。すこですよ」
楓「それで。私とりあむちゃん。どちらのクセが強いでしょうか」
P「それまだ続けます?」
楓「はい♪」
P「くさやとブルーチーズみたいなもんです。優劣は付けられません」
楓「プロデューサーさんはくさやとブルーチーズのことが好きですか?」
P「正直どっちも苦手です」
楓「……」シュ-ン
P「いや例え話ですって。楓さんのこともメンタルワドルディのことも好きですよ」
3:
◆hAKnaa5i0.
2019/05/05(日)23:36:51.93ID:NNoZ3WQs0
楓「すこですか♪」
P「すこです」
楓「推してますか♪」
P「推してます」
楓「チヤホヤしてくれますか」
P「チヤホヤしてあげます」続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1558327371/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/05/20(月)13:42:51.26ID:EbDwTsaxO
「え、ぼくが…………?」
「ああ!3位だぞ!おめでとう!とりあえずこれから事務所に来てくれ!いろいろやることあるからな!」
「え、あ、うん……」
「なんだ?嬉しくないのか?」
「でもさ…………」
「まだ整理ついてないんだよな!事務所でゆっくり話そうぜ!じゃあな!」
突然電話をかけてきたPサマは言いたいことだけいうと電話を切ってしまった。
ぼく今日はオフなんだけど……そんなことはどうでもいいか。


2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/05/20(月)13:44:07.72ID:EbDwTsaxO
Pサマの声はこれ以上ないってくらい嬉しそうで満面の笑顔が電話越しにでもわかった。
そりゃあそうだ。
アイドルになったばかりの担当アイドルが190人もいる中の3位そりゃ喜ぶだろう。
ぼくだって本来喜ぶんだろう。でも素直に喜べない。
喜べるはずなんてない。
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/05/20(月)13:44:54.00ID:EbDwTsaxO
ぼくが3位?ふざけるな。
こんなぽっと出のアイドルであるぼくが3位になんてなっていいわけがない。
アイドルは努力して、努力して、努力して。
苦しんでつらくて挫折しそうでそれでも諦められなくて。
そして必至に輝く姿が最高に美しいんだ。
去年の菜々さんを見てみろ。今年の未央ちゃんを見てみろ。
さいっこうに美しいじゃないか。ああいうのをアイドルっていうんだ。

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1569397117/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/09/25(水)16:38:37.09ID:Q6TRdUfrO
これはモバマスssです

2:
◆x8ozAX/AOWSO
2019/09/25(水)16:39:11.34ID:Q6TRdUfrO
加蓮「????♪」
加蓮「????♪」
加蓮「????♪」
加蓮「????♪」
加蓮「……………」
まゆ「……………」
美穂「……………」
加蓮「……??♪」
加蓮「????♪」
加蓮「??♪!♪!」
加蓮「♪♪♪!!!!」
加蓮「♪!!!!!!」
加蓮「ねぇなんで私が楽しそうに鼻歌歌ってるのに誰も話しかけてこないの?!」
まゆ「冒頭からうるっせぇぇんですよぉぉ!!」
3:
◆x8ozAX/AOWSO
2019/09/25(水)16:39:41.19ID:Q6TRdUfrO
加蓮「無視されると不安になるじゃん! 『え、もしかして私もう死んでて霊体になっちゃってる?』って怖くて泣きそうだったんだけど!」
まゆ「大丈夫ですよぉちゃんと五月蝿かったですから」
加蓮「じゃあ話しかけなよ」
まゆ「なんで上から目線なんですかぁ?」
美穂「でね? その黒霧島のせいで京都は辛子蓮根に平伏する事になったんだけど……」
まゆ「美穂ちゃんも意味不明な言葉の羅列をさもさっきまで話してたみたいに並べるのやめませんかぁ?」
加蓮「そうそう、その京都なんだけどさ」
まゆ「間違いなくその京都では無いと思いますよぉ」
美穂「やっぱり智絵里ちゃんが居ないと話進まないね……」
まゆ「原因の片割れが何をおほざきになられてるんですかぁ」

4:
◆x8ozAX/AOWSO
2019/09/25(水)16:40:11.55ID:Q6TRdUfrO
加蓮「私、来月末に修学旅行なんだよね」
美穂「今週末とかじゃないんだ……」
まゆ「楽しみが前のめり過ぎませんかぁ?」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1569418694/
1:
◆tues0FtkhQ
2019/09/25(水)22:38:14.76ID:6f7ZwsJA0
モバマスの喜多見柚ちゃんのSSです。
のんびりです。




2:
◆tues0FtkhQ
2019/09/25(水)22:39:18.80ID:6f7ZwsJA0
柚「Pサン、おっつかれサン♪」
P「お疲れさま」
柚「今日の撮影もサクサク進んだねー!今度こそアタシが成長した証?」
P「……」
柚「……Pサン、聞こえてる?」
P「ちゃんと聞こえてるよ、ここで褒めていいのか考えてた」
柚「そこはけーそつに褒めてこうっ!」
P「えー」
柚「ね、ね。Pサンが褒めてくれたらもっと楽しくなれると思うなー」
P「はいはい。スタッフさんの腕もあるけど、柚が現場を明るくしてくれるおかげだよ、ありがとな」
柚「へへーっ♪」
P「まぁ、調子には乗りすぎないように」
柚「だ、だいじょーぶ」テヘペロ
3:
◆tues0FtkhQ
2019/09/25(水)22:39:48.68ID:6f7ZwsJA0
柚「でぃん、どん、だん♪」
P「うん」
柚「言葉には出さないけれど?♪」パチッ
P「うん?」
柚「ワガママに気づいて欲しいなーって」
P「なにがご所望で?」
柚「フルーツあんみつ!」
P「えー」
柚「今ならお得なセットで柚チャンもついてくるよっ」
4:
◆tues0FtkhQ
2019/09/25(水)22:40:52.24ID:6f7ZwsJA0
P「ほほう、柚チャンはなにしてくれるんだ?」
柚「え、えと、えーっと、いっぱいお話できるっ!」
P「ふむふむ、それから?」
柚「うぇ……か、カイテキな休憩時間をお約束?」
P「具体的には?」
柚「むーっ、Pサンがいじわるだっ! あ……楽しくさせるのは得意だよ!」
P「ほう」
柚「ちょっとだけでも楽しい気分になれたら、Pサンもあとちょ
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:https://wktk.open2ch.net/test/read.cgi/aimasu/1569328683/
1:
名無しさん@おーぷん
19/09/24(火)21:38:03ID:Nh6
・「アイドルマスターシンデレラガールズ」のSSです
・描写について、複数のコンテンツの要素や独自の解釈を含むことがあります
前作(のようなもの)
中野有香「ウソをついてみたい?」水本ゆかり「ええ」
※話の展開に繋がりはありません

2:
名無しさん@おーぷん
19/09/24(火)21:39:30ID:Nh6
佐久間まゆ「それにしても……有香さんのスイカ割り、お見事でしたねぇ」
久川颯「ねー! こう、すぱーんって! 超カッコよかった!」
中野有香「え、えぇっ!? そ、そこまで褒められるほどのものでは……///」テレテレ
堀裕子「いえいえ! スイカを真っ二つにしたあの威力! このエスパーユッコのサイキック・ハンドカッターを持ってしても、及ばないかもしれません!」
有香「それに、ほら! あたしがうまくスイカを割れたのは、千枝ちゃんが先に一撃入れてくれていたおかげなので! ねっ、千枝ちゃん?」
佐々木千枝「えへへ……二人の共同作業、ですねっ」
ワイワイ
キャッキャ
水本ゆかり「……」
椎名法子「……」

3:
名無しさん@おーぷん
19/09/24(火)21:42:33ID:Nh6
----翌日----
ゆかり「ずるいです」プクー
有香「えぇと……ゆかりちゃんはどうしてそう、頬を膨らませているのでしょう……?」
法子「ゆかりちゃんのほっぺた、もちもちドーナツみたい♪」ツンツン
ゆかり「はひゅっ」
有香「……あの、ゆかりちゃん。ずるい、とは……?」
ゆかり「私も、有香ちゃんや法子ちゃんと一緒に、海で遊びたかったです……」シュン
法子「ねー」
有香「あぁ、そのことでしたか……。今回はその、お仕事との兼ね合いでしたし……」
法子「プールは前にも行ったことあるけど、三人で海水浴も楽しそう♪」
有香「ですね。是非また今度、機会を作りましょう!」
法子「おー
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1366378463/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/04/19(金)22:34:23ID:T2jZYIog

AM5:30
モバP「・・・・・う・・・・ん・・・・・うわっ」ガバッ
モバP「・・・・っっはぁ・・・・はぁ・・・夢か・・・まいったな・・・」
モバP「ここ最近悪夢を見るようになった・・・」
モバP「アイドルたちがあんな事言うはずないよな・・・」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/04/19(金)22:35:52ID:T2jZYIog
??????????????????????
????????????
???????
『ハァ・・・ねぇ、いつまでここにいるの?』
『事務所に居座られるとなんですよねぇ。早く事務所から消えてもらわないと。うふふ・・・』
『もう送り迎えとかいらないから、あともう話しかけないで』
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/04/19(金)22:36:26ID:T2jZYIog
??????????????????????
モバP「・・・ないない、うちのアイドルに限って」
モバP「俺がアイドルを信じなくてどうするんだ」
モバP「今日も仕事だしうかうかしてられないぞ!しっかりしろ俺!!」バチン
モバP「朝飯でも作って今日は早めに事務所に行こう。それで掃除でもして気分転換しよう」
モバP「・・・その前に汗びっちょりだから風呂に入ろう」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1569251177/
1:
◆5AkoLefT7E
2019/09/24(火)00:06:17.49ID:jLyG8Sb/0
?レッスン室?
トレーナー「ーーはい! 今日のレッスンはこの辺りで終わりましょう! お疲れさまでした!」
藤居朋「お疲れさまでした!」ペコリ
白菊ほたる「お疲れ様でした!」ペコリ
緒方智絵里「た!」ペコリ
朋「横着しないの」
トレーナー「ここから3人でのレッスンは少し間が空きますから、ちゃんと復習をしておいてくださいね」
朋「はーい!」
ほたる「はい……!」
智絵里「い!」
朋「いやそれは無理があるでしょ」
???????????????
前作
緒方智絵里「徹底検証っ!」白菊ほたる「朋さん、虹色のモノなら何でも嬉しい説」


2:
◆5AkoLefT7E
2019/09/24(火)00:08:15.76ID:jLyG8Sb/0
朋「ほたるちゃん、明日からワンステップスでのライブに向けて練習だっけ?」
ほたる「はい……! 頑張ります……!」
智絵里「これからは朋さんとふたりで頑張っていくからねっ」
朋「脱退ではないからね」
ほたる「智絵里さんもよくキャンディーアイランドやピンキーキュートで活動してますが……」
智絵里「あれはビジネス上の関係だから……」
朋「怒られなさい」

3:
◆5AkoLefT7E
2019/09/24(火)00:08:45.97ID:jLyG8Sb/0
ほたる「朋さんも、ソロの撮影のお仕事が長く入っているんですよね?」
朋「そうなの! なんかおっきいお仕事みたいでね!」
智絵里「おめでとうございますっ」
朋「確か予定表には”SSR撮影!”って書いてあったんだけど……」
ほたる「SSR……?」
智絵里「(S)すっごく(S)素敵で(R)立派な朋さん……?」
ほたる「(S)素晴らしく(S)セクシーで(R)理想的な朋さん……?」
朋「ハードル高い……」

4:続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1569236097/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/09/23(月)19:54:57.40ID:1ie/rsgT0
――おしゃれなカフェ――
北条加蓮「ねえ、藍子」
高森藍子「なに? 加蓮ちゃん」
加蓮「あのさ」
加蓮「えーっと……」
加蓮「……」
加蓮「……な、何注文しよっか?」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/09/23(月)19:55:32.65ID:1ie/rsgT0
レンアイカフェテラスシリーズ第86話です。
<過去作一覧>

北条加蓮「藍子と」高森藍子「カフェテラスで」

高森藍子「加蓮ちゃんと」北条加蓮「カフェテラスで」

高森藍子「加蓮ちゃんと」北条加蓮「膝の上で」

北条加蓮「藍子と」高森藍子「最初にカフェで会った時のこと」
?中略?

北条加蓮「藍子と」高森藍子「雨上がりのカフェで」(+高森藍子「加蓮ちゃんと」北条加蓮「また毎日が始まる日のカフェで」)

北条加蓮「藍子と」高森藍子「曇天のカフェテラスで」

高森藍子「加蓮ちゃんと」北条加蓮「9月5日のその後に」

高森藍子「加蓮ちゃんと」北条加蓮「お団子のカフェで」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/09/23(月)19:56:03.10ID:1ie/rsgT0
藍子「……加蓮ちゃん? さっき、ハーブティーを注文したばかりですよ」
加蓮「そだっけ……? うん、そうだったね」
藍子「今日もお客さん、ちょっぴり多いですから……」キョロキョロ
藍子「待つ時間も、少しだけ長くなってしまいますね」
加蓮「そうだねー?」
藍子「店員さんも、なんだかお忙しそう?」
加蓮「だね……」
藍子「……もうっ。加蓮ちゃん――」
藍子「あっ、店員さん。ハーブティー、ありがとうございます」
加蓮「やっほー。ありが
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1569246907/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2019/09/23(月)22:55:08.12ID:pj0WG0SJ0
事務所
ちひろ「今年の健康診断、プロデューサーさん受けてませんでしたよね?」
P「あ、そういや受けるの忘れてたんだった。その、事務所持ちには…?」
ちひろ「そういう場合は自費になりますね。」キッパリ
P「マジかよ…。」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2019/09/23(月)22:55:56.41ID:pj0WG0SJ0
P「と言ってもあれ結構高いんだよな…。」
凛「プロデューサー、話は聞かせてもらったよ。」
P「ん?凛か。」
凛「ここ行ってみたら?」ピラ
P「なになに?」
P「オープン記念、無料健康診断!?やった!行く行く!」
凛「手続きしておくね。保険証と免許出して。」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2019/09/23(月)22:56:24.09ID:pj0WG0SJ0
P「え?いや別に自分で、というかそもそも免許は必要無「いいから。」…はい。」
凛「コピーするね。」ウィーン
凛「はい。これ。じゃあ、土曜日の9:00に来てね。」
P「すまんな。」
凛「いいよ。むしろこっちがお礼を言いたいくらいだよ。」
P「ん?何だって?」
凛「何もないよ。じゃあ帰るね。」
P「おお、気を付けてな。」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2019/09/23(月)22:57:13.71ID:pj0WG0SJ0
土曜日
P「ここの6階だったか。」
クリニックアイオライトブルー
P様歓迎!
P「小さい病院だがここで大丈夫か?」
5:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2019/09/23(月)22:57:44.17ID:pj0WG0SJ0
受付
受付嬢U「あ、いらっしゃいませ!
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:https://wktk.open2ch.net/test/read.cgi/aimasu/1569232672/
1:
名無しさん@おーぷん
19/09/23(月)18:57:52ID:Dk7
腹ペコシスターを餌付けするシリーズの3つめです。
前半ふざけすぎて料理に入るまで長くなってしまいましたがご容赦ください。
金髪腹ペコシスターが恥じ入って赤くなるの良いですよねぇ……という趣味全開で書きました。
よろしければ、ぜひ。よろしくお願いします。

2:
名無しさん@おーぷん
19/09/23(月)18:58:53ID:Dk7
【オードブル:雨上がりの来客】

「お腹がすきました……」
……今日初めての会話で、初めて話す言葉がそれか。
最近、彼女の腹ペコぶりは加速度的にその勢いを増し、今となってはこの有様である。
一応彼女の名誉のために付け加えておくと、彼女は人前では決してこういう姿を見せない。
周りに第三者がいる時はそれこそ清廉潔白、静にして聖である慈愛に満ちたニコニコほんわかシスターである。
その立ち振る舞いはまさしく聖人のそれであり、文句の付け所がない、どこに出しても恥ずかしくない完璧パーペキお姉さんである……ちと古いか。
では何故そんな彼女が今、給湯室の机に上半身を投げ出しながら期待と信頼に満ちた空気を醸し出しているのか。
お腹がすいたなら自分で調達すればよかろう。働かざる者食うべからず。そうでなくとも。最近、君は食という人生の楽しみの大きな部分を担う行為を他人に依存しすぎである。
主に、俺に。
3:
名無しさん@おーぷん
19/09/23(月)18:59:50ID:Dk7
「……クラリスさん、なんだってそんなお腹空いてるんですか。お昼だって野菜たっぷりサーモンサラダに明太ポテトグラタン、カルボナーラうどんを食べさせてあげたでしょう。」
「俺がとってきたお仕事はバラエティの収録だったはず。輿水さんみたいにエベレストの新たな登頂ルートの開拓なんてロケでもあるまいし、いったいお仕事で何があったんです?」
「お、お恥ずかしい限りです……そ、その。アイドルとしてのお仕事は、無事にこなせているの
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1560876408/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2019/06/19(水)01:46:48.90ID:SBa6CTgLO
アイドルマスターシンデレラガールズのssです。

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2019/06/19(水)01:50:13.28ID:SBa6CTgLO
小日向さんはいつも眠たげ
「……、……」
今は授業中。当然、授業に集中しなきゃならない。特別陰険な担任の授業ならなおさらだ。だってのに、俺はまったく身が入らない。なぜなら、
「……すう、すう」
隣の席の小日向さんが、ずっと居眠りしてるのだ。こっちを向いて、すごいバランスで!
「……えへ、えへふぇ……すぅ」
いや絶対今のクラス中に聞こえただろ。
でも担任のチョークは止まらない。わざとらしい咳払いを繰り返しながら、見て見ぬふりが続けられる。えこひいきなのは明らかだったが、今だけはナイスというべきか。何しろ、天使の寝顔を特等席で見ていられるのだから。
このままずっと続けばいいのだけど……
「……ふへ、ふぁ、あ?は、ひ!お、起きてまひゅ!!」
「……小日向、立ってろ」
その俺の願いは、指される夢でも見たのであろう彼女の突然の覚醒により儚くも散る。
顔を真っ赤にしながら立ち上がる彼女の目が、偶然俺の視線と重なる。
「…………えへへ」
特等席からの一撃は、かろうじて致命傷で済んだ。
撃沈した俺は秒で廊下まで押しやられるのだが、それはまた別の話である。

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:https://wktk.open2ch.net/test/read.cgi/aimasu/1569162106/
1:
名無しさん@おーぷん
19/09/22(日)23:21:46ID:N1D
闇の主催者「アイドルたちよ。君たちをこの島に閉じ込めたのにはほかでもない。殺し合いをしてもらうことだ」
闇の主催者「手元には武器がある。それで大切な仲間を殺していけ。最後の1人だけをこの島から出してやる」
闇の主催者「なお殺し合いが生じていない場合、1時間ごとに君たちにセットしている首輪がランダムで爆破される。抵抗などは無駄だ」
闇の主催者「もちろん島から逃げるのも無駄だぞ。島の外にはドローン狙撃を行うドローンが大量に設置されており、何よりこちらには…」
闇の主催者「人質としてプロデューサーを捕らえてある。下手に動くとどうなるか…わかってるな?」
P「…」

2:
名無しさん@おーぷん
19/09/22(日)23:22:05ID:N1D
闇の主催者「じゃあ、せいぜい生き残れるように頑張りたまえ」
闇の主催者「ゲームスタートだ、はははは…」
3:
名無しさん@おーぷん
19/09/22(日)23:22:20ID:N1D
P「…なぜ、このようなことを」
闇の主催者「決まっている。俺は奴らのような若いガキどもが華やかに輝くことが許せんのだ」
P「それだけ…ですか」
闇の主催者「悪いか?何が悪い?言ってみろ」
P「…」
闇の主催者「まぁいい。とにかく俺はあの笑顔を苦痛と悲愴で染め上げれれば満足だ。これは俺からの裁きだよ、はははははは…」
P「ところで、その監視モニターの隣にある表は?」
闇の主催者「これか?見てわかるだろ。この島にいる哀れな運命を待ち受ける者たちだ。ははは、こいつらが今から互いを醜く殺し合うんだ。ほら、お前もじっくりリストを見るがいい」スッ
P「………えぇ?」ペラペラ
P「…あのー、お言葉ですが、この人選はどういった基準で…」
闇の主催者「はぁ?なんか文句あんのか?んなもんねぇよ。適当だよ適当」
P「…」
闇の主催者「さてではモニターでこのガキどもの様子でも見てみるか」<
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1366635399/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/04/22(月)21:56:39ID:JKF4s60Y
P「お仕事できないんですが」
楓「今日くらい、後でいいじゃないですか。もう少しこのままで……」
P「(いやいや、この体勢。色々困るんだけどなあ)」
楓「……ふふっ♪」

4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/04/22(月)22:19:48ID:OD60eh6Y
ーー数十分前
P「…雪美」
雪美「P……どうしたの?」
P「そろそろ、膝の上から降りてくれると嬉しいんだけど」
雪美「Pは…私がいない方が…いいの?」
P「そんなわけないだろう。とはいえ、脚が痺れてきたし……」
雪美「……」
P「そんな顔するなよ。それに、そろそろ楓さんが帰ってくるだろ?
ーーちょっとそこまで迎えに行かないか」
雪美「楓……ここのところ、ずっと温泉ロケだったもんね」
P「いつもなら、俺も付き合ってやれるんだけど、今回は日程が合わなかったからなぁ。
まあ、この手の仕事はだいぶ慣れてきたから、楓さんだけに任せたけど」
雪美「おかげで……Pを独り占め…今は事務所に…二人きり」
ちひろ「(私はいないもの扱いですか)」
P「ーーっと、噂をすれば影……この音は…帰ってきたかな?」
5:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/04/22(月)22:32:57ID:WfpghCOg
楓「(久々の…事務所)」
楓「(各地の秘湯とお酒巡りロケ……楽しかったと言えば楽しかったけど、
やっぱりプロデューサーがいないと物足りなかったわね)」
楓「(うちの事務所には今、雪美ちゃんに和久井さんがいるから、きっと独り占めなんて無理でしょうけど……
それでも……次はやっぱりあの人と一緒に行きたいな)」
楓「ただいま……高垣楓、お迎えで……ふふっーー」ガチャリ
楓「!」
P「あ、楓さ?ん、お帰りなさい」
雪美「お帰り……楓……温泉、どうたった
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1569158311/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2019/09/22(日)22:18:31.83ID:hfQt6M9DO
忍(けど……もう遅い)
(私は……)
「へっへっへっ、忍ちゃん。じゃあ、この水着に着替えてもらおうか」
忍「くっ!」キッ
「おぉ、恐い恐い。でもダメだよ」
「お仕事なんだからね」
忍「……」
スルルッ
シュッ
スッ
忍「これで……いいですか…」
(着替えたのはいわえるスク水というもの……でも)
「よーしよし。じゃあ、縛るからね」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:https://wktk.open2ch.net/test/read.cgi/aimasu/1569167615/
1:
◆5F5enKB7wjS6
19/09/23(月)00:53:35ID:WBg
―――事務所
がちゃ
P「はぁ……そろそろ資料室も整理しないとなぁ」スタスタ
P「ファイル崩れたら確実に生き埋めになるぞ……って、あれ?」
P「――ちひろさーん。もしかしてコーヒー淹れてくれました? ありがとうございます」
ちひろ「へ? いえ、私ではありませんよー。少し離れてましたから」
P「え、そうでしたか。じゃあ誰が……?」

2:
◆5F5enKB7wjS6
19/09/23(月)00:55:19ID:WBg
ちひろ「アイドルのどなたかが淹れてくれたんじゃないですか?」
P「ええ、そうかもしれません。でもこんなふうに何も言わずにデスクのど真ん中に置かれてるのは初めてで……」
ちひろ「みんなプロデューサーさんに直接褒めてもらいたいと思ってますからね♪」
P「あはは。笑顔で手渡しされるのは嬉しいですよ、やっぱり」
ちひろ「とすると……今回は恥ずかしがり屋さんなのかしら?」
P「どうでしょう? まぁせっかく淹れてもらいましたし……」ズズッ
P「ん、美味い! ちょっと甘いけどすごく美味しいですよこれ」
ちひろ「うふ、良かったですね♪」


??「…………」ジッ
??「…………」フイッ トコトコ…カチャ パタン
3:
◆5F5enKB7wjS6
19/09/23(月)00:57:13ID:WBg
―――次の日
がちゃ
P「おおう……資料の雪崩が……雪崩がぁ……」フラフラ
P「……ん? あ、またコーヒーが……昨日と同じ子かな。いただきます」ズズ
P「うっま。ブラックだ」
P「ああ、沁みる……。淹れてくれた子はきっとすごく優しいんだな」ドヤ
P「……みんな仕事やレッスンだから1人だと寂しいなぁ」
P「俺も頑張るぞ!」

??「…………」ジーッ…
??「――!」ササッ
がちゃっ
李衣菜「お疲れさまでーす。プ
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1569157149/
1:
◆tkiF6VoKRk
2019/09/22(日)21:59:09.26ID:FMubTUSF0
モバP(以下、P)「」ブチュー
奏「!?///」バンバンバン!
・書き溜めをどんどん投下していきます
・誤字脱字がありましたらすみません


2:
◆tkiF6VoKRk
2019/09/22(日)21:59:52.25ID:FMubTUSF0
奏「ぷはっ・・・な、なにするの!?///」
P「あはは、奏怒ってやんの?・・・ヒック!///」
奏「ッ!・・・この酔っ払いっ!」
― 数時間前 ―
?居酒屋?
P『ごめんな、ミニライブの打ち上げが居酒屋で』
奏『あら居酒屋だって打ち上げには十分でしょ?』
3:
◆tkiF6VoKRk
2019/09/22(日)22:00:17.91ID:FMubTUSF0
P『いやー、もっとオシャレなレストランとかさー・・・』
奏『そんな事気にしなくてもいいわよ。むしろ個室だからPさんと二人だけで色んな話ができていいかも♪』ウフフ
P『ありがとな』
ガラガラ
店員『お待たせしました!』
P『お、来た来た』
店員『こちらオレンジジュースと生ビールになります!』
P・奏『ん?』
4:
◆tkiF6VoKRk
2019/09/22(日)22:00:47.74ID:FMubTUSF0
奏『あら、Pさんビール頼んでたの?』
P『頼んでないよ・・・あの、オレンジジュースを二杯頼んだはずなんですけど』
店員『え!? 申し訳ございません! ただいまお持ちしますので!』
P『お願いします』
奏『せっかくだしPさんはビールでいいんじゃない?』
P『いや、いいよ』

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
2
3
4
5
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。