SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
タグ:
モバマス
タグ一覧の表示
<<
2018年02月
>>
798件取得
人気記事順表示
<<
0
1
2
3
>>
【SS速報VIP】みく「忙しいけど猫チャンと触れ合いたいにゃあ……」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1519301739/
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1519202940/
1:
◆nvrVoonYD.2018/02/21(水)17:49:00.32ID:CrgFGj9X0
赤羽根氏と武内君がコラボしたと聞いて
本人たちは出ません
ミリマス×デレマスは初めて書くので初投稿です

2:
◆nvrVoonYD.2018/02/21(水)17:49:54.81ID:CrgFGj9X0
アイドル戦国時代!!!!!!
インターネットの普及により、アイドルはあらゆる場所に点在するようになった
しかし、その頂点を掴めるのはごく僅か…不毛な争いで共倒れになる展開は避けたい
そこで!!!
アイドル協会は最も優れたアイドルを決めるべく、トーナメント方式の大会を開催
激闘の末、ついに決勝戦へ2つの事務所が駒を進めた
様々な思惑が渦巻く中、試合の日は刻々と近づいていた――――
3:
◆nvrVoonYD.2018/02/21(水)17:50:21.24ID:CrgFGj9X0
【346プロダクション】
4:
◆nvrVoonYD.2018/02/21(水)17:51:08.96ID:CrgFGj9X0
モバP「…以上が、選考メンバー30人の内訳と選考理由です。詳しい内容はこちらの資料をご覧ください」
美城専務「ご苦労、気になる点があれば明日までに連絡する…勝算は?」
モバP「もちろんあります…が、相手はあの765プロ、油断はできません」
美城「…765AS(※1)か」
モバP「はい、まず間違いなく全員出て来るでしょう」
美城「他のメンバーの予想は?」
モバP「ヒーローズ(※2)参加者から半分以上はおそらく、それ以外は…」
モバP「真壁瑞希、望月杏奈が有力かと、能力・経験から見ても強敵です」
――――――――――――――――――――――――
※1…765PROALLSTARSの略、ここでは春香・千早・やよい・雪歩・真・亜美・真美・伊織・あずさ
   律子・美希・貴音・響の13人を指す
※2…ミリオンライブのイベント、アイドルヒーローズのこと。ここで
続きを読む

[ 閉じる ]
02/23 (19:00) SS 森きのこ!
元スレ
全てのレス
4:
◆qxBBChDFiZDW
:2018/02/05(月)14:55:33.59:
iVjUVXCN0
頭の中では繰り返し、あの日のことがリフレインされる。

✻✻✻✻
その日の深夜、ボクは星を見るために門限の過ぎた女子寮をこっそりと抜け出した。
本当にただ星を見るだけなら部屋のベランダからでも夜空を堪能すればよいのだが、ボクはしばしば寮監の目を盗み、近場の公園まで出向いては、そのささやかな背徳を愉しんでいた。
いつも夜の遅い時間に抜け出すため、大抵、公園も公園に至るまでの道中にも人気はなく、寮から公園までの少しの間、イヤホンを着けて馴染みのラジオを聞きながら歩くのが習慣だった。
その日もまた、同じようにしてラジオを聞きながらいつもの夜道を辿った。
綺麗な星空だった。空気も澄んで、いつにも増して夜風が心地よかったように思う。

事が起きたのは、――その時だった。
不意に視界が乱れ、側頭部に強烈な鈍痛が響いた。
殴られた、そう直感したときにはもう何もかもが遅かった。
ぐるぐると視界は動転し、全身の力がぬけ、体は地面に打ち付けられた。
ボクを背後から襲った男は、まずボクの懐をまさぐり、スマホ等の持ち物をその場に投げ捨てた。
そして、地を這って動けなくなっているボクをどこかの路地裏のような場所まで引きずっていき、またいくらかの殴打を加えた。
ボクは辛うじて残っていた意識で、必死にこの場から逃れる方法を考えた。
自分がどこへ引きずられていったのかもよく分からない状態だったが、さほど元の道から離れていないはずだった。
通りがかりの誰かに気づいてもらえさえすれば、通報なりなんなりしてもらえれば、きっとこれ以上悪いようには――
とにかく、ボクは精一杯声を振り絞って助けを呼ぼうとした。
「だれかたすけ――」
そう声を出すやいなや、男はボクの首を押さえつけ、みぞおちを強く殴りつけた。
「声ださないでよ、なあ?」
男は抑えながらも異様に上気した声色で、そう脅し掛けてきた。
みぞおちを突かれた激しい痛み、せりあがってくる吐き気。こらえるこ
続きを読む

[ 閉じる ]
02/23 (18:55) SSびより
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1519295563/

1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/02/22(木)19:32:43.55ID:
60BbHll00
ひゅうっと冷たい風が通り過ぎる
うう……寒い……Pチャンまだぁ?
こんなに寒いなら手袋を持ってくれば良かったな
冷たくなっちゃった手を合わせて、ほうっと息をかける
ちょっぴりあったかくなって、すぐにまた冷たくなっちゃう
「さむ……」
夜空を見上げると、お月様が静かに光ってる

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1519290723/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/02/22(木)18:12:04.18ID:ZJSq+gdno
みく「Pチャン!Pチャン!」
P「どうした?」
みく「問題だにゃ!2月22日はなんの日か知ってる?」
P「2月22日?そんなの知ってるに決まってるだろ」
みく「さっすがPチャンだにゃ!」
P「グリプス戦役が終結した日だろ?」
みく「は?」
P「聞こえなかったか?グリプス戦役が終結した日なんだろ?」
みく「いや、グリプスなんちゃらとか知らんし」
P「え?だって今日は……」
みく「Pチャンのどアホー!!」
P「ど、どうしたんだみくの奴」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/02/22(木)18:13:02.28ID:ZJSq+gdno
みく「酷いよ!Pチャンなら覚えてるって信じてたのに」
凛「どうしたの?」
みく「凛チャン」
凛「悲しそうな顔してるけど何かあった?」
みく「ねぇ、凛チャンなら分かるよね?」
凛「なにが?」
みく「2月22日がなんの日かを」
凛「え?うん知ってるけど」
みく「じゃあ答えて」
凛「グリプス戦役終結日でしょ」
みく「は?」
凛「え?」
みく「凛チャンに聞いたみくがバカだったにゃ!」
凛「みく!?」
凛「どうしたんだろ」

続きを読む

[ 閉じる ]
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/02/22(木)20:21:26.29
ID:AITTcdIT0

池袋晶葉「ロボットを動かすこと」
晶葉「実はこれ自体は難しいことではない」
晶葉「関節のサーボモーターに電気信号を送ってやればそれですむ」
晶葉「だが、動くだけでは駄目なのだ」
晶葉「どう動くのか?その結果、何が出来るのか?」
晶葉「そう、目的に沿った行動が出来てこそのロボットなのだ」
脇山珠美「な、なるほど・・・」
 
続きを読む

[ 閉じる ]
【SS速報VIP】【モバマスSS】前川みく「待ち合わせ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1519295563/
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1517669643/
1:
◆qxBBChDFiZDW2018/02/03(土)23:54:03.35ID:bnmBQJST0
飛鳥がひどい目に遭うことから始まる感じの鬱系ストーリーです。
年始から書き始めたのに今日という日に間に合わなかったのでとりあえずスレ建てとこの精神
冒頭に若干の暴力表現および間接的な強姦表現があるので苦手な方は注意。でも最低限の描写なので多分大丈夫。
できるだけコンパクトに納めたいだけど長いかもしれない。
6割がた書き終えているので、完結を急ぎながら少しずつ投下しようと思う。
あとタイトルはそれっぽくつけただけで人間失格とは何も関係ないです。

3:
◆qxBBChDFiZDW2018/02/05(月)14:48:09.47ID:iVjUVXCN0
1に書き忘れた
デレマスの二次創作です。なんでか地の文つけて書いちゃったから読みにくいかもしれん
後半にいくにつれてマシになるとおもう
手元で完結するまではsageておく
4:
◆qxBBChDFiZDW2018/02/05(月)14:55:33.59ID:iVjUVXCN0
頭の中では繰り返し、あの日のことがリフレインされる。
????
その日の深夜、ボクは星を見るために門限の過ぎた女子寮をこっそりと抜け出した。
本当にただ星を見るだけなら部屋のベランダからでも夜空を堪能すればよいのだが、ボクはしばしば寮監の目を盗み、近場の公園まで出向いては、そのささやかな背徳を愉しんでいた。
いつも夜の遅い時間に抜け出すため、大抵、公園も公園に至るまでの道中にも人気はなく、寮から公園までの少しの間、イヤホンを着けて馴染みのラジオを聞きながら歩くのが習慣だった。
その日もまた、同じようにしてラジオを聞きながらいつもの夜道を辿った。
綺麗な星空だった。空気も澄んで、いつにも増して夜風が心地よかったように思う。
事が起きたのは、――その時だった。
不意に視界が乱れ、側頭部に強烈な鈍痛が響いた。
殴られた、そう直感したときにはもう何もかもが遅かった。<
続きを読む

[ 閉じる ]
02/23 (16:55) SSびより
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1519305880/

1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/02/22(木)22:24:40.42ID:
Jcuzez3T0
初投稿(マナーで気になる点があったら教えてください)
オリジナルP&設定
地文多め&シナリオ重め(ヒロインがヒロインだから仕方がないね)
文字数12000前後、書き終え済み
以上が許容出来る方は、御一読ください
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/02/22(木)22:25:19.06ID:
Jcuzez3T0
それは全国ライブツアーの最終日を終えて、広島で行われた打ち上げの後の出来事だった。
ライブツアーの成功を祝し、それこそアリーナにも見劣りしない会場を貸し切って盛大に行われた打ち上げは、まるで夢のような時間で……その夢心地から冷めやらぬまま、私は担当アイドルの1人、和久井留美さんと肩を並べて、夜の街を歩いていた。
足元が覚束ない程に酔った和久井さんがよろけて倒れそうになる度に、私は手を差し伸べて、ホテルに帰りましょうよ、と促すのだが……
「久しぶりの地元なんだから、もう少しぐらい、いいでしょう?」
と、少し声を荒げて私の手を振り払い、再びヨロヨロと歩き出すのだ。

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1519295563/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/02/22(木)19:32:43.55ID:60BbHll00
ひゅうっと冷たい風が通り過ぎる
うう……寒い……Pチャンまだぁ?
こんなに寒いなら手袋を持ってくれば良かったな
冷たくなっちゃった手を合わせて、ほうっと息をかける
ちょっぴりあったかくなって、すぐにまた冷たくなっちゃう
「さむ……」
夜空を見上げると、お月様が静かに光ってる


2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/02/22(木)19:35:29.18ID:60BbHll00
雲一つなくて、今日はとても綺麗に見えるな
うう……上向いてると首元が開いて寒い
みくが寒さに震えていると、革靴が石畳をこつこつと叩く音
「お待たせ。寒いのに悪かったな」
ほんとだよ、みくの手はひえひえなんだからね
「もう、遅いよっ! とは言えないもんね。お疲れ様、Pチャン」
いつも、みくたちのために頑張ってくれてるもんね
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/02/22(木)19:38:51.90ID:60BbHll00
まぁ、それはそれとして
みくの手がこんなに冷たくなっちゃったから、Pチャンにあっためてもらおうかな
「どうした? そろそろ行くぞ」
ちょうどよくPチャンが背中を向けたので、こっそりと忍び寄って
「……えいっ!」
そして、少し遅れてからPチャンの変な声
「つめてぇ! はっ、離せみく!」
あー、Pチャンのほっぺあったかいにゃあ……
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/02/22(木)19:39:58.93ID:60BbHll00
「みくの手がこんなにひえひえになっちゃんだよ? 責任とって」
「責任ってお前なぁ……あ、ラーメンでも食いに行くか」
ラーメンかぁ、体も温まりそうだしそれも良いか
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/02/22(木)19:32:43.55
ID:60BbHll00
ひゅうっと冷たい風が通り過ぎる
うう……寒い……Pチャンまだぁ?
こんなに寒いなら手袋を持ってくれば良かったな
冷たくなっちゃった手を合わせて、ほうっと息をかける
ちょっぴりあったかくなって、すぐにまた冷たくなっちゃう
「さむ……」
夜空を見上げると、お月様が静かに光ってる
続きを読む

[ 閉じる ]
02/23 (15:00) SS 森きのこ!
元スレ
全てのレス
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2018/02/22(木)20:21:26.29:
AITTcdIT0
池袋晶葉「ロボットを動かすこと」
晶葉「実はこれ自体は難しいことではない」
晶葉「関節のサーボモーターに電気信号を送ってやればそれですむ」
晶葉「だが、動くだけでは駄目なのだ」
晶葉「どう動くのか?その結果、何が出来るのか?」
晶葉「そう、目的に沿った行動が出来てこそのロボットなのだ」
脇山珠美「な、なるほど・・・」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
2:
以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします
2014/03/02(日)21:21:34.84
ID:6BmsdHT00
裕子『むむむ…!分かりました!』
司会『ほほう、それでは裕子ちゃん!答は!?』
裕子『私のサイキックパワーに狂いはありません!答はBです!』
司会『さて、正解は…!』
『?ブブー!!/』
司会『残念、正解はAでした!』
裕子『そ、そんな…私のサイキックパワーが効かない…!?』
司会『むしろ効いてるところを見た事ないんだけど』
会場『?ドッ/』
引用元:

堀裕子「私がサイキッカーになった理由(わけ)」 


アイドルマスターシンデレラガールズ劇場堀裕子アクリルキーホルダー
postedwith
amazletat18.02.21
Gift(2018-02-25)
売り上げランキング:473,157
Amazon.co.jpで詳細を見る
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1519318003/
1:
◆twOYNJxMJs2018/02/23(金)01:46:44.09ID:VIR2F0CN0
―事務所―
かな子「お疲れ様です」
凛「あ、かな子……お疲れ様……」ズーン
かな子「凛ちゃん大丈夫? どこか体調でも悪い?」
凛「いや、病気とかじゃないんだけど……」
かな子「?」
凛「ああ……えっとね、ハナコがいなくなっちゃったんだ」
かな子「ええっ!? いなくなっちゃったの!?」

2:
◆twOYNJxMJs2018/02/23(金)01:47:16.58ID:VIR2F0CN0
凛「本当は健康診断に行っただけなんだけどね」
かな子「ほっ……ハナコちゃんに何かあったのかと思ったよ?」
凛「でも今回は期間が長いから帰ってくるのが明後日なんだ……」
かな子「寂しい?」
凛「……まあね。いつも側に居てくれるのに、いざいなくなっちゃうと少しだけ寂しいかな」
かな子「凛ちゃんは本当にハナコちゃんが大好きなんだね。普段はクールだからちょっと可愛いかも♪」
凛「ちょっと可愛いかも……って、恥ずかしいからやめてよ」
かな子「ふふっ♪ あ、そうだ。ケーキ買ってきたから一緒に食べようよ。ここのケーキは上に乗っている砂糖細工がとっても可愛いんだよ?」
凛「……うん、せっかくだから頂こうかな」
3:
◆twOYNJxMJs2018/02/23(金)01:47:56.99ID:VIR2F0CN0
かな子「ん?! スポンジもふわふわで美味しいね!」
凛「美味しい……とても美味しいけど、この飾り……」
かな子「そのワンちゃんの飾り? ……あっ」
凛「ハナコ……」ズーン
かな子「本当は『少し』じゃやなくて『すごく』寂しいんだよね?」
凛「ハナコぉ……!」ズズーン
かな子「凛ちゃんがここまで落ち込むなんて……そうだ! ちょっと待っててね」タッタッタ・・・

4:
◆twOYNJxMJs2018/02/23(金)01:49:27.95ID:VIR2F0CN0続きを読む

[ 閉じる ]
02/23 (14:55) SSびより
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1517669643/

1:
◆qxBBChDFiZDW2018/02/03(土)23:54:03.35ID:
bnmBQJST0
飛鳥がひどい目に遭うことから始まる感じの鬱系ストーリーです。
年始から書き始めたのに今日という日に間に合わなかったのでとりあえずスレ建てとこの精神
冒頭に若干の暴力表現および間接的な強姦表現があるので苦手な方は注意。でも最低限の描写なので多分大丈夫。
できるだけコンパクトに納めたいだけど長いかもしれない。
6割がた書き終えているので、完結を急ぎながら少しずつ投下しようと思う。
あとタイトルはそれっぽくつけただけで人間失格とは何も関係ないです。

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1519305880/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/02/22(木)22:24:40.42ID:Jcuzez3T0
初投稿(マナーで気になる点があったら教えてください)
オリジナルP&設定
地文多め&シナリオ重め(ヒロインがヒロインだから仕方がないね)
文字数12000前後、書き終え済み
以上が許容出来る方は、御一読ください

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/02/22(木)22:25:19.06ID:Jcuzez3T0
それは全国ライブツアーの最終日を終えて、広島で行われた打ち上げの後の出来事だった。
ライブツアーの成功を祝し、それこそアリーナにも見劣りしない会場を貸し切って盛大に行われた打ち上げは、まるで夢のような時間で……その夢心地から冷めやらぬまま、私は担当アイドルの1人、和久井留美さんと肩を並べて、夜の街を歩いていた。
足元が覚束ない程に酔った和久井さんがよろけて倒れそうになる度に、私は手を差し伸べて、ホテルに帰りましょうよ、と促すのだが……
「久しぶりの地元なんだから、もう少しぐらい、いいでしょう?」
と、少し声を荒げて私の手を振り払い、再びヨロヨロと歩き出すのだ。
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/02/22(木)22:27:55.39ID:Jcuzez3T0
彼女がこんな状態になったのには深い理由があった。彼女は打ち上げの間中、346や今回のツアーと関係が深い、ゲストとして招かれたVIP達の相手をしていたのである。
バブル時代を駆け抜けて来たような年配の彼等は、女性とのスキンシップの作法もバブル時代に培ってそのままだ。アルハラやお触りは当然で、枕営業すら許されると考えている節さえある。
そんな魑魅魍魎に耐性のないアイドル達を守るべく、積極的に彼等の輪に飛び込み、彼等を十分に満足させた上で、セクハラの行き先を緻密にコントロールしながら、自らの貞操も守り切った結果が、この有り様だった。
4:
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1519228705/
1:
◆Dm8ArSIo3MOQ
2018/02/22(木)00:58:25.98ID:1skcAdjz0
「「「誕生日おめでとー!!」パァン!
みく「わわっ!え、みんなわざわざこんなに集まってくれたの?あ、凄い料理とケーキまで用意されてるにゃ!」
「もちろんプレゼントも用意してますよー?ジャーン!はいっ、私からはおニューの猫耳です!」
みく「ありがとにゃあ!本当に嬉しい…大事に使わせてもらうにゃ!」
「あ、私からも猫耳なんだけど…」
みく「全然構わないよ嬉しいよ!」
「ニェート…私も、なんですけど」
「私もよ」
みく「おおぅ…みく=猫耳って認識なのかな?でもその気持ちが嬉しいにゃ!ありがたく使わせてもらうよ!」
「実は私からのプレゼントも猫耳なんですが…」
みく「どんとこいにゃ!」
「アタシも猫耳なんだけど…」
みく「構わん構わん!」
「あたしも猫耳プレゼント?。ちゃんと脳波を感知してピコピコ動くからね?」
みく「ハイテク!」
「みくちゃんに猫耳は流石に安直だとは思いましたがみくちゃんですし逆に安直なぐらいが良いかと思って猫耳です!」
みく「色々言わなくていいセリフくっついちゃってるけどありがとうにゃ」
「豚」
みく「猫だよ」
「ベッドの上でもネコなのでしょうか…」
みく「年上にこんな事言うのも失礼だけど何言ってんだアンタ」
「フゴゴゴ!フゴフゴ!フゴゴ!」
みく「お口の中空っぽにしてから!」
「ふぉふぇふぇふぉうふぁふぉふぇひふぇー」モグモグバリボリ
みく「お口の中!」
「つみれで猫耳作ってみたんれすけどー」
みく「生臭い!」
「誕生日おめでとう。みけ」
みく「みくだよ!」

2:
◆Dm8ArSIo3MOQ
2018/02/22(木)01:01:25.13ID:1skcAdjz0
ワイワイニャーニャー!チエチャン!エフッエフッジャアイワナイイッテイーヨ!
みく「滅茶苦茶盛大に祝ってもらったにゃあ…流
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆hAKnaa5i0.
2018/02/20(火)20:42:37.11
ID:+1pByEWO0
【正直1人1人の名前と顔が一致しないよって人のためのトレーナー4姉妹紹介】
麗…28歳。マスタートレーナー。凛々しいポニーテール。「P殿」というストイックさを感じさせる呼び方からもわかるように、竹刀とタオルがよく似合う熱血な人。昔はアイドルを目指していた節がある。趣味はスポーツドリンクの自作であり「まあ飲めや」としばしば勧めてくる。
デレステではスキル上げの性能が高く、レベル10を目指す時はほぼ必須。けしからんタンクトップばかりを着ているために○○に見えるが実はB82の落ち着いた美○。
聖…26歳。ベテラントレーナー。デレステのコミュで「トレーナー」として1番よく出てくる人。見慣れてしまったために突っ込まれることは少ないが着ているシャツのデザインはダサ…個性的。台詞に「!」がよく付き、口調も1番厳しい。反面、モバマスでは親愛度マックスになると「駄目だ。駄目だ」と言いながらデレてくれる正統派のツンデレ。すっごいチョロそう。
デレステでは数量がそこそこ確保しやすく低レベル時のスキル上げでよくお世話になる。姉より大きなB83。
明…23歳。トレーナー。ライオンのような姉、虎のような次女と違って猛々しさがない正統派美人で言葉遣いも丁寧。私服、口調と共に清楚系だが、中身はがっつり体育会系というギャップが魅力的。恥ずかしがり屋なのも素晴らしい。さらには水着姿を披露しておきながらカナヅチという属性まで獲得しており隙がない。
デレステではスキル上げの性能がなく、またルキトレちゃんだけでもレベル上げは十分なのでレッスンの使用頻度が最も低いと思われる。4姉妹の中ではやや影が薄いが、それに反比例するかのようにB84と姉妹の中では最大サイズを誇る。すごい○○○○だ。
慶…19歳。ルーキートレーナー。ジム通いが趣味の童顔現役学生。あろうことか「秋風に手を振って」のイベントコミュでは主役級の扱いで、最後は擬似告白まで達成する超高待遇を受けた。未熟なトレーナーという属性ゆえか「トレーナー」として出番の多い聖と違って、「慶」個人として出番をよく獲得している。可愛い。もうアイドルになればいいんじゃないかな。姉たちに比べてやや物足り
続きを読む

[ 閉じる ]
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/02/19(月)03:06:39.24
ID:g7r+Vq0f0
ピッ
「今週は今話題の飛鳥王子!その実態に迫りたいと思います!」
P「お、この前の取材の奴か。…それにしても王子な」
飛鳥「あぁ、あれはとても愉快だった」
P「宝塚もびっくりのはまり役だったな」
飛鳥「姫に憧れた事はあっても王子になりたいとは思った事すら無かったが…流石は敏腕プロデューサーってとこかな」
P「そりゃどうも、この仕事で女性ファンも一気に増えたな」
飛鳥「あぁ、時期も相まって積み重ねたらボクより高くなるぐらいのチョコを頂いたよ」
P「飛鳥的にはどうだ?」
飛鳥「…というと?」
引用元:

飛鳥「素直に」 


THEIDOLM@STERCINDERELLAGIRLSSTARLIGHTMASTER15桜の頃
postedwith
amazletat18.02.23
CINDERELLAGIRLS
日本コロムビア(2018-03-14)
売り上げランキング:104
Amazon.co.jpで詳細を見る
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/02/21(水)23:02:35.53
ID:do0p4Rg40
その時、まゆが運命に落ちました。
その日まで色のなかった人生には色がつきました。
あの時全力で守ってくれたプロデューサーさん。でも、なんでですかぁ?
なんであの時はあれだけ細かったのに、なんで今はボディービルダーみたいになってるんですかぁ?
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1519221755
引用元:

まゆのプロデューサー 


THEIDOLM@STERCINDERELLAGIRLSSTARLIGHTMASTER15桜の頃
postedwith
amazletat18.02.23
CINDERELLAGIRLS
日本コロムビア(2018-03-14)
売り上げランキング:104
Amazon.co.jpで詳細を見る
続きを読む

[ 閉じる ]
02/23 (11:55) SSびより
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1519306073/
関連SS
モバP「楓さんのダジャレに全力で笑ってみた結果」
モバP「杏を全力で甘やかした結果」
モバP「美嘉の性事情を全力で聞き出した結果」

2:
◆3wmi.HUQIo2018/02/22(木)22:32:23.35ID:
Ny6rzzSR0
P「いやー、こないだから杏がすっかり真面目になりましたねー」カタカタ
ちひろ「えぇ、今日だって人が変わったみたいにレッスンを受けに行きましたねー」カタカタ
P「…泣き顔見られたのが恥ずかしかったんですかねぇ」
ちひろ「恥ずかしかったんでしょうねぇ」
P「杏マジカワイイ」
ちひろ「杏ちゃんマジカワイイ、です」
P「…あれ?ちひろさん、ここ間違ってませんか?」
ちひろ「え、どこですか?」
P「この局の、宛先なんですけど―――」
ガチャ
美嘉「おはようございまーす★」
ちひろ「あ、おはよう。美嘉ちゃん」
P「おはよう、美嘉」

続きを読む

[ 閉じる ]
【SS速報VIP】前川みく「膝枕上の猫チャン」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1519237558/
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆hAKnaa5i0.
2018/02/22(木)19:13:50.07
ID:voo5splC0
柚「2月の終わりは待ちに待った期末テストの時期!さあプロデューサーサン!勉強の時間だよーっ!」バ-ン!
P「よし頑張れよ。俺は帰って『ベヨネッタ』を遊び尽くーーー」
柚「待ったァ」ガシッ
P「離せや」
柚「お願いします!プロデューサーサンッ!勉強を教えてつかぁさい!」ビッ!
P「角度45度の美しい礼だ」
柚「来週テストでなりふり構ってられないからね!恥は捨てるし、手段も選ばないッ!」カッ!
P「ほほう、そいつは殊勝な心意気だ。だが残念。この休日はセクシー眼鏡美女を堪能すると心に決めているんだ。そうとわかればさぁ手を離せ柑橘系」ペシッ
続きを読む

[ 閉じる ]
02/23 (08:55) SSびより
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1519303044/

1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/02/22(木)21:37:34.26ID:
CCU7GSBqo
恐らくn番煎じであろうユッコ(デレマス)とフィアンマ(禁書)のSSです。短いです。
因みにスレタイの台詞、文字数の都合上端折りましたが正確には
「特別なことが出来るなら、やるのが使命だって思うんですよね」です。
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/02/22(木)21:38:50.99ID:
CCU7GSBqo
堀裕子「誰ですかあなた!」
フィアンマ「……俺様は右方のフィアンマ。元世界的宗教の影の支配者だったりした、今はただの無職かな」
堀裕子「一人称が俺様の無職」
フィアンマ「そんなことより、特別なことが出来ると言ったな。実は俺様も出来るんだ」
堀裕子「おお! やはり能力者同士は引かれ合うのですね!」
フィアンマ「で、お前は具体的に何が出来るんだ?」
堀裕子「あ、えっと超能力を少々?」
フィアンマ「ほうあの街の能力者か? いや特別というからには原石か」
堀裕子「うーんよく分かりませんが確かに世界的スーパースターの原石みたいなところはありますね」
フィアンマ「何を言ってるんだお前は」
堀裕子「えぇ……」

続きを読む

[ 閉じる ]
02/23 (07:10) SS 森きのこ!
元スレ
全てのレス
1:
◆twOYNJxMJs
:2018/02/23(金)01:46:44.09:
VIR2F0CN0
―事務所―
かな子「お疲れ様です」
凛「あ、かな子……お疲れ様……」ズーン
かな子「凛ちゃん大丈夫? どこか体調でも悪い?」
凛「いや、病気とかじゃないんだけど……」
かな子「?」
凛「ああ……えっとね、ハナコがいなくなっちゃったんだ」
かな子「ええっ!? いなくなっちゃったの!?」

続きを読む

[ 閉じる ]
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/02/22(木)08:38:57.61
ID:gJQnAjCL0
 開演10分前、私は楽屋を出た。扉を開いて舞台袖に入ると熱と湿気が私を包んで、今が冬であることを忘れそうになった。
 いつもウサミミの彼女も今日だけはネコミミで、すでにマイクを持ってスタンバイしていた。彼女は私を見つけて、笑顔を見せ、私に「来て」とアイコンタクトする。何だろ、と思って近づくと、彼女は手を軽く上げた。
 そういうことか。私も手を上げ、ハイタッチした。もちろん、ステージの向こうで待つお客さんたちには聴こえないくらい音を小さくした。彼女は真っ暗な奈落へ向かっていく。開演5分前。
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/02/22(木)08:39:49.75
ID:gJQnAjCL0
 ライブは、一本のスポットライトがステージ中央に当たるところから始まった。それはまだ、誰も照らさない。「アッ、アレは誰なんだー」「誰だー」「誰なんだー」と、会場から声が上がる。
「それは……ナナでーす!」
 せりあがってスポットライトを浴びる菜々ちゃんに、会場は取ってつけたように一瞬盛り下がり、そして一気に盛り上がった。一面ピンクの光で満たされる。
「ちょ、引かないでくださーい! ……えー、オホン。本日2月22日は何の日ですかー!?」
 菜々ちゃんのネコミミを指さしながらのフリに、お客さんたちは「猫の日―!」と答えた。
「そしてー!?」
「みくにゃんの誕生日―!」
 わかっていたことだけど、私の胸のあたりがポッと温かくなる心地がした。多くの人に祝ってもらえるのはやっぱり嬉しい。
菜々ちゃんが腕を大きく振って、こちらの舞台袖をさした。
ボルテージは最高潮だった。いや、これからもっと高められる!
「それでは出てきてもらいましょう! 前川みくちゃん!!」
続きを読む

[ 閉じる ]
02/23 (06:30) SS 森きのこ!
元スレ
全てのレス
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2018/02/22(木)22:25:19.06:
Jcuzez3T0
それは全国ライブツアーの最終日を終えて、広島で行われた打ち上げの後の出来事だった。
ライブツアーの成功を祝し、それこそアリーナにも見劣りしない会場を貸し切って盛大に行われた打ち上げは、まるで夢のような時間で……その夢心地から冷めやらぬまま、私は担当アイドルの1人、和久井留美さんと肩を並べて、夜の街を歩いていた。
足元が覚束ない程に酔った和久井さんがよろけて倒れそうになる度に、私は手を差し伸べて、ホテルに帰りましょうよ、と促すのだが……
「久しぶりの地元なんだから、もう少しぐらい、いいでしょう?」
と、少し声を荒げて私の手を振り払い、再びヨロヨロと歩き出すのだ。

続きを読む

[ 閉じる ]
【SS速報VIP】池袋晶葉「逆胴の道」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1519298361/
続きを読む

[ 閉じる ]
02/23 (01:50) SS 森きのこ!
関連SS
モバP「楓さんのダジャレに全力で笑ってみた結果」
モバP「杏を全力で甘やかした結果」
モバP「美嘉の性事情を全力で聞き出した結果」

元スレ
全てのレス
2:
◆3wmi.HUQIo
:2018/02/22(木)22:32:23.35:
Ny6rzzSR0
P「いやー、こないだから杏がすっかり真面目になりましたねー」カタカタ
ちひろ「えぇ、今日だって人が変わったみたいにレッスンを受けに行きましたねー」カタカタ
P「…泣き顔見られたのが恥ずかしかったんですかねぇ」
ちひろ「恥ずかしかったんでしょうねぇ」
P「杏マジカワイイ」
ちひろ「杏ちゃんマジカワイイ、です」
P「…あれ?ちひろさん、ここ間違ってませんか?」
ちひろ「え、どこですか?」
P「この局の、宛先なんですけど―――」
ガチャ
美嘉「おはようございまーす★」
ちひろ「あ、おはよう。美嘉ちゃん」
P「おはよう、美嘉」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
2
3
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。