SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
タグ:
モバマス
タグ一覧の表示
<<
2017年04月
>>
1688件取得
人気記事順表示
<<
0
1
2
3
4
>>
04/28 (22:00) SS 森きのこ!
元スレ
全てのレス
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2017/04/28(金)21:09:14.38:
52+9rIDg0
アイドルマスターシンデレラガールズです。
一応、神谷奈緒のお話です。
森鴎外著の『高瀬舟』をモチーフにしております。

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2017/04/28(金)21:09:51.38:
52+9rIDg0
 ドアノブに手をかけ、大きく深呼吸。普段のあたしに見えるように。
 どうせこんな事しても無駄なんだとは思う。だって聡いから。きっとあたしがこんな風に取り繕っているのも知ってるんだと思う。
 でも、あたしはこれを止められない。あたし自身のためにも。
 こうしないと、姿を見る勇気が出ない。
「ふぅ……。よしっ」
 もう一度深呼吸をして気合を入れ直す。ドアノブにかけてた手に力を込めて、そーっとドアを開ける。
「よう。元気かー?」
 普段のあたしを装って、いつもみたいに見えるように演技をしながら。
「んー。今日はちょっとマシ、かな」
 ピッピッと規則正しい音を奏でる機械に繋がれ、呼吸器をつけられた加蓮がベッドの上には横たわっていた。
 もう身体を起こすのすら辛いらしく、最近はずっと寝たきりになっている。
「そっかぁ。早く良くなるといいな」
 ベッドの隣にパイプ椅子を立て腰掛けると、加蓮の顔が少し近くなる。
 青白いなんてものじゃなくて、土気色をした加蓮の顔。
「そうだね……私も早く治して、また奈緒と凛と一緒にステージに立ちたいよ」
「……だな」
 そんな答えしか返せないあたしが情けなくなる。
 どうしてあたしはこんなにも何も出来ないのだろうか。どうして……。
 っと、いけないいけない。また思考が堂々巡りをしてしまいそうだった。こんな事を考え始めるとつい顔が暗くなってしまうから、加蓮の前ではしないようにしてたのに。
「そうそう、今日はな――」
 いつものように今日の出来事を加蓮に報告する。あたしが今日、見たもの、聞いたもの、触れたものを少しでも加蓮と共有したいから。続きを読む

[ 閉じる ]
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/04/28(金)14:34:50.12ID:O9lCt7ym0
ガチャッ
P「ただ今戻りましたー」
P「って、あれ?誰もいないのか...」
P「なんだ、せっかくお土産を買ってきたのに...んっ?」
のあ「......」
P「のあさん、いたんですね」
のあ「......」
P「ちょうどよかった、帰る途中でお土産を買ってきたんですよ、よかったら食べて...」
のあ「......」
P「のあさん?」
のあ「...すぅ...すぅ...」
P「おっと...寝てたのか...」

続きを読む

[ 閉じる ]
04/28 (21:10) SS 森きのこ!
元スレ
全てのレス
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2017/04/28(金)19:36:51.01:
KjQkbm7AO
「村長、もう食べるものがないわ!」
「村長、水も無くなりそうだ……」
「村長」
「村長……」
「村長!」
「大丈夫。大丈夫よ。私が何とかするからね。……」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
04/28 (21:09) だる速
2:◆74/46nW9/o:2017/04/21(金) 21:39:25.70 ID:UIrbIzTwO モバP(以下P)「突然だが今日から新しくこの事務所に来る子がいるから!」 茄子「一行目からどうしたんですか?」 芳 [&#8230;]
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/04/10(月)00:03:33.52
ID:dkslvbuh0
 夜が好きだった。
 葉が落ちて、すっかり寂しくなったモミジの木も、ぽつぽつと地面を叩く小雨の音も、私は好きだった。
 夜は暗くて怖いものだという人もいるが私にとっては全く別で。
 
 夜は私を包んでくれた。モミジも雨も夜の闇も何も言ってこない。静かで優しい世界。
 夜の暗闇の中でこそ私は自由に生きられる気がしていた。
 

続きを読む

[ 閉じる ]
04/28 (20:40) えすえすログ
全てのレス
元スレ
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2017/04/28(金)18:46:08.07:
XmTt3q8L0

雨が、残酷な音を叩きつけていた。


続きを読む

[ 閉じる ]
04/28 (20:35) SSびより
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1493372767/
関連SS
高森藍子「加蓮ちゃんと」北条加蓮「春風のカフェテラスで」
北条加蓮「……」高森藍子「……加蓮ちゃんと、桜の日の夜に」
北条加蓮「藍子と」高森藍子「静かな部屋で」
高森藍子「加蓮ちゃんと」北条加蓮「薄明るい自室で」
高森藍子「加蓮ちゃんと」北条加蓮「過ぎた後のカフェテラスで」
北条加蓮「藍子と」高森藍子「靄々の桜流しに」
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/04/28(金)18:46:08.07ID:
XmTt3q8L0

雨が、残酷な音を叩きつけていた。


続きを読む

[ 閉じる ]
04/28 (20:30) えすえすMode
1:
◆i/Ay6sgovU:2017/04/27(木)19:11:22.38
ID:nV3Ry2zy0
?事務所・廊下?
森久保乃々「……」トコトコ
星輝子「……あ」
輝子「乃々ちゃんじゃないか……フヒ」
乃々「あ、輝子ちゃん、こんにちは」
輝子「あれ、その花瓶と花……どうしたんだ?」
乃々「この前の撮影の時にいただいたんです……。せっかくだから事務所にも……と思いまして」
輝子「そ、そうなのか。うん、いいと……思うぞ。なんて名前なのかはわからないけど、ね」
乃々「実は私もわかってなくて……。赤くて綺麗だな……としか」
輝子「やっぱり、こ、こういうのは凛さんや夕美さんに聞くのがいいの……かな」
乃々「部屋にいたら聞いてみます……」
輝子「それがいい……」

続きを読む

[ 閉じる ]
04/28 (20:09) だる速
2:◆uOvLrY0GJA:2017/04/16(日) 01:30:22.20 ID:IrCEgsIo0  人が一番輝くのはどんな時だろう。  これはきっととても難しい。だって、この世界には人がいっぱい居て、好きなものと [&#8230;]
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/04/28(金)14:34:50.12
ID:O9lCt7ym0
ガチャッ
P「ただ今戻りましたー」
P「って、あれ?誰もいないのか...」
P「なんだ、せっかくお土産を買ってきたのに...んっ?」
のあ「......」
P「のあさん、いたんですね」
のあ「......」
P「ちょうどよかった、帰る途中でお土産を買ってきたんですよ、よかったら食べて...」
のあ「......」
P「のあさん?」
のあ「...すぅ...すぅ...」
P「おっと...寝てたのか...」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/04/28(金)14:35:46.66
ID:O9lCt7ym0
高峯のあ(24)

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆qEJgO2U6bM
2017/04/08(土)19:04:14.23
ID:48uKViwqO
楓「あうー」
P「楓さん、そろそろ帰りますよ」
楓「うー。あー……はい、もうそんな時間ですか……」
P「時間もそうですけど飲みすぎです」
楓「あーうー。そうですね、ちょっと……今夜はたくさん飲んじゃったかも……」
楓「あーうー」
P(子どもみたいだな)アイカワラズ
楓「あーうっぷ」
P(ちがうかった)ダメダコリャ
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1491645854
引用元:

モバP「エンディングテーマ」 


アイドルマスターシンデレラガールズ劇場第1巻(「シンデレラガールズ5thライブツアー」ファイナル先行抽選申し込みシリアル封入)[Blu-ray]
postedwith
amazletat17.04.28
KADOKAWAメディアファクトリー(2017-05-24)
売り上げランキング:24
Amazon.co.jpで詳細を見る
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1493300062/
1:
◆XUWJiU1Fxs
2017/04/27(木)22:34:22.80ID:XPJyqG6Wo
総選挙だから担当のSSを真摯に書いた、それだけの話。

2:
◆XUWJiU1Fxs
2017/04/27(木)22:35:52.19ID:XPJyqG6Wo
 小さな頃からテレビの中で歌って踊って演技をしている彼女達のことが好きでした。虹のようにカラフルなステージの上に立つアイドルに時に励まされて勇気づけられて。
 授業で当てられるだけで緊張してしまう恥ずかしがりやな私が堂々とした彼女達に憧れを持つようになるのも、ごくごく自然な流れでしょう。
 それから高校生になって。色々な経験をして来ていつか薄れてしまうだろうと思っていた憧れは、色褪せるどころか徐々に徐々に強くなってきました。お昼寝をすればステージの上に可愛い衣装を着て歌っている自分と度々出会って。だけど変わらなかったのは恥ずかしがりやな自分も一緒。夢を夢で終わらせたくない、って強く言える勇気はまだ足りませんでした。
 ただ何もしないで熊本に居続けるのは、もっと嫌でした。頭ごなしに無理だと決めつけて『憧れ』から瞳を閉じて大人になっていくよりも、無理してでもちっぽけな勇気を振り絞ることを選びました。そうじゃないと、これから先もずっと同じことを繰り返しちゃいそうだったから。
「ね、ねえ、聞いて! お父さん、お母さん――」
 東京のアイドル養成所に入りたい、そう言った時の両親の顔は今でも覚えています。お父さんはすごく驚いたようで飲んでいたお酒を漫画みたいに吹き出してしまって、お母さんは神妙な顔つきで私を見据えていました。その瞳に映る私はどう見えていたのでしょうか。緊張のあまり小刻みに震えている姿がそこにあったはず。
 お母さんは少しの時間無言で私を見て、たった一言こう言ったのです。
『やっぱり美穂も、熊本の女ね』
『! うんっ』
 その言葉で、私の中の不安がスゥーっと消えた気がして。この時私は高い高い階段の一歩目を歩き出せたんです。
3:
◆XUWJiU1Fxs
2
続きを読む

[ 閉じる ]
04/28 (18:55) SSびより
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1493357371/

1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/04/28(金)14:29:31.90ID:
O9lCt7ym0
のんびりと書いていきます
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/04/28(金)14:34:50.12ID:
O9lCt7ym0
ガチャッ
P「ただ今戻りましたー」
P「って、あれ?誰もいないのか...」
P「なんだ、せっかくお土産を買ってきたのに...んっ?」
のあ「......」

P「のあさん、いたんですね」
のあ「......」
P「ちょうどよかった、帰る途中でお土産を買ってきたんですよ、よかったら食べて...」
のあ「......」
P「のあさん?」
のあ「...すぅ...すぅ...」
P「おっと...寝てたのか...」

続きを読む

[ 閉じる ]
04/28 (18:30) えすえすMode
1:
◆Dm8ArSIo3MOQ:2017/04/23(日)01:53:08.93
ID:+xqOu9ku0
未央「ハッピーバースデーしまむー!」パフパフッ
卯月「ありがとうございます!島村卯月、晴れて今日から17歳になりました!」ブイッ
凛「おめでとう。これで17歳の誕生日何度目だろうね」
卯月「その手のことを考えようとすると謎の頭痛がするんですよね!」
まゆ「あのぉ……卯月ちゃんのお誕生会ならさっき事務所でみんなでお祝いしましたよねぇ?」
みく「部屋の中ギッチギチになるぐらい大勢集まってあんなに盛大にパーティーしたにゃあ!なんでみく達また捕まってるの!?」
凛「捕まえるなんて人聞きの悪い…。ただちょっとだけ足枷と革ベルトでめっちゃギッチリ椅子に固定してるだけだよ」
みく「十分すぎるわぁ。これ多分茜ちゃんでも脱出不可能にゃ!」
まゆ「さっきのパーティーじゃあ気が済まなかったんですかぁ?「みんな、私のためにこんなに集まってくれるなんて…」ってボロボロ泣いちゃってましたよね?」
卯月「ビンゴで常務がキュウレンオー当てたぐらいの頃以前の記憶がありません!」
未央「あ、さっきまでのパーティーの時はよしのんに頼んでしまむーの普段のやんちゃオーラを封印して貰ってたんだよ」
みく「珍しくただの美少女だなぁ今日の卯月チャンは。とか思ってたら」
まゆ「普段から卯月ちゃん沈静化結界張ってくださいよぉ」
凛「ああ、私もそう思って頼んでみたんだけどさ」
未央「お腹がへるのですー、だってさ」
みく「歌舞伎揚げいくらでも御馳走するにゃ!」
卯月「さぁ、盛り上がってきたところで始めましょうか!惨劇の幕は上がりましたよ!」
まゆ「ご本人自ら惨劇とか言っちゃいましたねぇ」
みく「嗚呼…またあの悪夢の儀式が始まるんだ…今度は何?ロシアンおでん?それともロシアン寿司?」
未央「あらら、始まる前からみくにゃんのハイライト無くなっちゃった」
凛「卯月の誕生日にそんな変なことする訳ないでしょ?普通にみんなでケーキ食べようってだけだよ」
まゆ「ケーキですか?…刑機ってオチじゃあないですよね?」
未央「疑り深いなぁ。ケーキはケーキだよ。女の子ならみんな大好き
続きを読む

[ 閉じる ]
04/28 (18:15) SS 森きのこ!
元スレ
全てのレス
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2017/04/28(金)14:34:50.12:
O9lCt7ym0
ガチャッ
P「ただ今戻りましたー」
P「って、あれ?誰もいないのか...」
P「なんだ、せっかくお土産を買ってきたのに...んっ?」
のあ「......」
P「のあさん、いたんですね」
のあ「......」
P「ちょうどよかった、帰る途中でお土産を買ってきたんですよ、よかったら食べて...」
のあ「......」
P「のあさん?」
のあ「...すぅ...すぅ...」
P「おっと...寝てたのか...」

3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2017/04/28(金)14:35:46.66:
O9lCt7ym0
高峯のあ(24)


続きを読む

[ 閉じる ]
04/28 (18:09) だる速
1:◆6QdCQg5S.DlH:2017/04/27(木) 21:00:45.99 ID:78gd71KP0藤居朋ちゃんは明るくてちょっと幼い、占い好きの女の子。 でも、実は案外知らないことがあるかもしれない、そんな藤居 [&#8230;]
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1492769540/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2017/04/21(金)19:12:20.48ID:dh2cKL/j0
アイドルマスターシンデレラガールズ、南条光のR-18SSです。苦手な方はご遠慮下さい。
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2017/04/21(金)19:14:57.54ID:dh2cKL/j0
 担当アイドルの南条光が倒れたのは、およそ三十分前のことだ。
 児童養護施設を兼ねたミッションスクール、その大聖堂にてLIVEを終えた直後、光は糸が切れたようにへたりこんでしまった。
 顔は熟れた果物より赤く、呼吸は浅く、その憔悴ぶりは明らかに尋常のそれではない。
 今になって思い返すと、光は今日のチャリティーLIVEに日頃以上の力を注いでいた。
 ?正義のヒーロー?という趣旨で活動してるから、子供の期待に応えるべく追い込みをかけていたのだろう。
 アイドルのイメージを守ることに張り切りすぎる傾向は知っていたし、本人もそのことは理解していて、意識的に休憩を取るようにしていたのだが。
 打てば響くように育つ彼女に絆され、俺は必要以上の自主練を許してしまっていた。
 少年のように有り余る活力を目にして、より成長した姿が見たくなり――そう意欲に甘え、適度な休憩だけではケアしきれないほど疲労を蓄積させてしまった結果が、この現状だ。
 バーンアウトに陥った原因は俺の判断にあるのだから、体調を取り戻せるように看病しないといけない。
 肩で息する光を担ぎ、休める場所を探し出す。
 大聖堂からしばらく離れた休憩室には、幸い先客は居なかった。
 清潔なベッドに彼女を寝かし、冷汗シートや生理食塩水の買い出しに出かける。
 道中で事務所への諸連絡を済ませ、赤いブローチを着けた修道女から部屋を借りたことの事後承諾を得た。
 その他庶務も片付けて休憩室に戻り、ドアノブを握ると、部屋からくちゃくちゃと微かな音。
 踏みとどまってドアに耳を当てると、苦しげな呻きがして焦燥を煽られる。
 まさか、光の容態が悪化
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1493291189/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/04/27(木)20:06:30.23ID:z2xMLTNq0
二宮飛鳥「(事務所の扉を開けたら、中にいたのは…)」
姫川友紀「かわいいかわいい!幸子ちゃんかわいいー!」ワシャー
輿水幸子「ちょ、友紀さんまたですか!撫ですぎですよ…わぷっ!」
飛鳥「……」


2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/04/27(木)20:07:06.06ID:z2xMLTNq0
飛鳥「…やあ」
幸子「あっ、飛鳥さんではないですか!助けてください!」
友紀「飛鳥ちゃん、おっはよー!」ワシワシ
幸子「このままではっ、ボクが擦り減ってしまいます!あぁっ!」
飛鳥「……」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/04/27(木)20:07:55.63ID:z2xMLTNq0
飛鳥「では、ボクはこれにて」
幸子「ちょ、ちょっと!今来たばかりでしょう!どこに行くんですか!」
飛鳥「此処でなはい、何処かにさ」
幸子「お願いですどうぞお入りくださいドアを閉めないで!そして助けて!」

4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/04/27(木)20:08:32.02ID:z2xMLTNq0
飛鳥「…良かったじゃないか、幸子。キミのカワイイが認められている証だよ」
幸子「これでは身が持ちませんよ!ボクのカワイイ髪も持ちません!」
飛鳥「カタチとして見える愛だなんて、素晴らしい限りだね」
幸子「こんな雑で粗暴な愛の形がありますか!」
友紀「あたし、そんなに力強いかなぁ?」
幸子「体の大きさや年齢を考えてください!」
飛鳥「それでは」
幸子「待って!!」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2013/12/04(水)23:49:59.49ID:klBBGptU0
 ――事務所
翠「……」ボー
 ガチャ
珠美「なるほど、バスケットボールも大変ですな――おや?」
渚「うん? …って、翠?」
翠「…ああ、珠美さんに渚さん。おはようございます」ペコ
珠美「先程何やら憂いのある表情をしておられましたが、体調が悪いのですか?」
翠「…いえ、気のせいですよ」
渚「嘘だね、…何か悩んでるんでしょ?」
珠美「なんと。渚殿はわかるのですか?」
渚「まァ職業病ってやつさ。部活だけどね」ハハ
翠「……ふふ。流石、たくさんの人をまとめあげるキャプテンだけありますね」
渚「そりゃ翠もそうだろォに。…で、仕事? 話なら聞くよ」ドサ
珠美「無論珠美も助力します!」ピョコ
翠「渚さん、珠美さん……ありがとうございます」
渚「仲間なんだから気にしないのッ! それで、何に困ってるのさ?」
珠美「まさか、翠殿に忍び寄る不埒な輩が居るとか……それなら珠美にお任せ下さい!」
翠「そういう訳じゃなくて――ええと、何と言うか……私はこれでいいのかと思ってしまうんです」
渚「うん? どういうこと?」
翠「ここを訪れて、アイドルになって、仕事をしてきて……順調に今の今まで過ごしてきて。…それがこの先もちゃんと続いていけるんでしょうか?」
渚「この先っていうと、…どうなるかわからないもんなァ」
珠美「難しいですな…。翠殿は現状の自身が不満なのですか?」
翠「勿論Pさんがお仕事を下さって、それをこなしていくのはとてもやりがいがありますし、達成感もあります。でも……」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1386168599
引用元:

翠「迷いと遊び、心の中に」 


アイドルマスターシンデレラガールズ劇場第1巻(「シンデレラガールズ5thライブツアー」ファイナル先行抽選申し込みシリアル封入)[Blu-ray]
postedwith
amazletat17.04.27
KADOKAWAメディアファクト
続きを読む

[ 閉じる ]
04/28 (16:30) えすえすMode
1:
◆6QdCQg5S.DlH:2017/04/27(木)21:00:45.99
ID:78gd71KP0
藤居朋ちゃんは明るくてちょっと幼い、占い好きの女の子。
でも、実は案外知らないことがあるかもしれない、そんな藤居朋ちゃんの短編集です。
モバマス時空です。デレステ時空はこちら
モバP「意外と知らない藤居朋」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1491719008/
デレステ時空の内容と少しかぶる場所があるかもしれません。

2:
◆6QdCQg5S.DlH:2017/04/27(木)21:02:16.58
ID:78gd71KP0
『藤居朋と運勢?』
朋「おはよー……」
モバP「おう、おはよう」
モバP「……ずいぶん元気がないな」
朋「ここに来る前にかばん落としてひっくり返しちゃって……」
朋「はぁ……今日のあたし、ついてないわ……運勢最悪かも……」
モバP「……まあそんな日もあるさ」
モバP「元気だしな」
朋「うん……」
朋「はぁ……あー……もう、ほんとに最悪」
モバP「……今日のレッスン大丈夫か?」
朋「うん……まあ、受けてくるけど……」
朋「運勢悪いとレッスン上手にできないかもしれない……」
朋「……でも、まあ、一応がんばってはみる」
モバP「……ん、がんばれ」

続きを読む

[ 閉じる ]
04/28 (16:09) だる速
2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2017/04/16(日) 21:10:11.68 ID:ZGVpfn5jo 事務所 P「菜帆ってすごいんですよ、ちひろさん」 ちひろ「はい? 何ですか突然」 [&#8230;]
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1490969073/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/03/31(金)23:04:34.02ID:GXJGIoln0
安部菜々「藍子ちゃんに動物キャラの座を奪われるううううううううううううう!!!!!」
高森藍子「ひゃああああああああああああ!?」
北条加蓮「……動物キャラの座?」
※ほぼ単発

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/03/31(金)23:05:15.01ID:GXJGIoln0
――事務所――
菜々「藍子ちゃんは! 藍子ちゃんはそういうことしないと思ってたのに! 藍子ちゃんだけは!」ガックガック
藍子「あうぅぅぅぅぅ揺れ揺れっ苦しっ……!」
加蓮「はいはい興奮したうさぎさんごっこはそこまでにしようねー」(首根っこ掴んで)
菜々「離せー! 今まさにナナのピンチなんです! 藍子ちゃんと言えどもナナワールドの侵略は見逃す訳にはいかないんですよ!!」
藍子「ケホケホッ……ほっ」
加蓮「って言っても別に藍子ソロの舞台じゃないじゃん。むしろみんなで動物やってるし……。藍子がピンポイントに菜々ちゃんを侵略してるってことにはならないと思うけど?」
菜々「でも藍子ちゃんが主役じゃないですか! ナナにも主役の舞台を寄越せー!」
加蓮「……アンタ前の温泉LIVEの時に主役だったでしょ。っていうかこの手の大舞台があったら大抵主役になってるじゃん」
加蓮「むしろ私の方が欲しいんだけど。私こーいう時ってほとんど準主役ばっかりなんだけど……」ズーン
菜々「いや加蓮ちゃんは主役以上に歓声とファンレターをもぎ取っていくじゃないですか。聞きましたよ、前の水着撮影の時とか――水着、夏、ビキニ……店員の加蓮ちゃん……うっ頭が」
加蓮「そうだけどさー……。もー、菜々ちゃんも1回くらい譲ってよ」
菜々「草食系なんてもう流行らないんですよ! 時代は肉食系!」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/03/31(金)23:
続きを読む

[ 閉じる ]
04/28 (15:05) SS 森きのこ!
元スレ
全てのレス
2:
◆XUWJiU1Fxs
:2017/04/27(木)22:35:52.19:
XPJyqG6Wo
 小さな頃からテレビの中で歌って踊って演技をしている彼女達のことが好きでした。虹のようにカラフルなステージの上に立つアイドルに時に励まされて勇気づけられて。
 授業で当てられるだけで緊張してしまう恥ずかしがりやな私が堂々とした彼女達に憧れを持つようになるのも、ごくごく自然な流れでしょう。
 それから高校生になって。色々な経験をして来ていつか薄れてしまうだろうと思っていた憧れは、色褪せるどころか徐々に徐々に強くなってきました。お昼寝をすればステージの上に可愛い衣装を着て歌っている自分と度々出会って。だけど変わらなかったのは恥ずかしがりやな自分も一緒。夢を夢で終わらせたくない、って強く言える勇気はまだ足りませんでした。
 ただ何もしないで熊本に居続けるのは、もっと嫌でした。頭ごなしに無理だと決めつけて『憧れ』から瞳を閉じて大人になっていくよりも、無理してでもちっぽけな勇気を振り絞ることを選びました。そうじゃないと、これから先もずっと同じことを繰り返しちゃいそうだったから。
「ね、ねえ、聞いて! お父さん、お母さん――」
 東京のアイドル養成所に入りたい、そう言った時の両親の顔は今でも覚えています。お父さんはすごく驚いたようで飲んでいたお酒を漫画みたいに吹き出してしまって、お母さんは神妙な顔つきで私を見据えていました。その瞳に映る私はどう見えていたのでしょうか。緊張のあまり小刻みに震えている姿がそこにあったはず。
 お母さんは少しの時間無言で私を見て、たった一言こう言ったのです。
『やっぱり美穂も、熊本の女ね』
『! うんっ』
 その言葉で、私の中の不安がスゥーっと消えた気がして。この時私は高い高い階段の一歩目を歩き出せたんです。

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1493203901/
1:
◆QvnU2bZOt7kP
2017/04/26(水)19:51:41.85ID:AP18dBY+0
ちひろ「最近一寸様子が変だったんですよ。同じYシャツを着続けていて顔も髪も洗った形跡が無い
仕事よりもボーっとしている時間の方が長いし、呼びかけてもなかなか返事が返ってこない
たまたま通りかかった今西部長がPがボソッと発した「死にたい」の独り言を聞いて慌てて
Dr.林のメンタルクリニックへ連れて行った結果、一ヶ月の休職の診断書がでました」
茜「早速お見舞いに行ってPを励ましてきます!!」
ちひろ「茜ちゃんの元気を分けてあげたら、きっとPさんも良くなります。頑張って下さい」

2:
◆QvnU2bZOt7kP
2017/04/26(水)19:52:37.51ID:AP18dBY+0
ピンポピンポピンポピンポーーン(連打)
ガチャ!
茜「鍵が開いてますね!Pさん無用心ですよ!!」
茜「Pさんベッドで横になっていますね!寝てるんですか?いや、目が開いています!分かりました!!寝起きでぼんやりしているだけですね!!!」
茜「Pさん!鬱は甘えです!」
茜「さぁさぁ、仕事行きますよ?!!」
茜「元気ですかー!元気があれば何でも出来る!!いくぞー!!!!」
茜「全身全霊、全力全身ですっ!!!!」
茜「体力が続く限り進みましょうっ」
茜「今日もベストを尽くしましょうっ!!」
茜「走りますか!走りますよね、P!!こんな良き日こそ、ともに汗を流し、太陽に向かって叫びましょう!!!」
茜「全力アターーーーック!!!」
茜「夕日に向かって走りましょう!!」
茜「P!熱くなって汗をかきましょうっ!!」
茜「暑苦しくてすみません!!!でも、もっと熱く生きます!!!!」
茜「努力は絶対に報われますっ!!!」
茜「ハァハァハァ…熱くなりすぎましたが…もっと熱くいきます!!!」
茜「要は気合の問題ですっ!!」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆rha/UmkIZ2
2017/02/09(木)15:28:43.26
ID:Dy8O/I120
短め
オチなしヤマなし
軽いキャラ崩壊あり
独自設定あり
一部キャラの呼称や口調を変更しております。苦手な方はご注意ください。
また、今作はアイドルマスターシンデレラガールズのSSですが登場人物はアイドルではありません。
 

続きを読む

[ 閉じる ]
04/28 (14:55) SSびより
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1493294445/
関連SS
モバP「意外と知らない藤居朋」
案外知らない藤居朋

1:
◆6QdCQg5S.DlH2017/04/27(木)21:00:45.99ID:
78gd71KP0
藤居朋ちゃんは明るくてちょっと幼い、占い好きの女の子。
でも、実は案外知らないことがあるかもしれない、そんな藤居朋ちゃんの短編集です。
モバマス時空です。デレステ時空はこちら
モバP「意外と知らない藤居朋」
デレステ時空の内容と少しかぶる場所があるかもしれません。
2:
◆6QdCQg5S.DlH2017/04/27(木)21:02:16.58ID:
78gd71KP0
『藤居朋と運勢?』
朋「おはよー……」
モバP「おう、おはよう」
モバP「……ずいぶん元気がないな」
朋「ここに来る前にかばん落としてひっくり返しちゃって……」
朋「はぁ……今日のあたし、ついてないわ……運勢最悪かも……」
モバP「……まあそんな日もあるさ」
モバP「元気だしな」
朋「うん……」
朋「はぁ……あー……もう、ほんとに最悪」
モバP「……今日のレッスン大丈夫か?」
朋「うん……まあ、受けてくるけど……」
朋「運勢悪いとレッスン上手にできないかもしれない……」
朋「……でも、まあ、一応がんばってはみる」
モバP「……ん、がんばれ」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
2
3
4
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。