SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
検索にヒットしたのが10件未満なので検索範囲を広げました。
タグ:
ラブライブ!SS
タグ一覧の表示
<<
2020年03月
>>
67件取得
投稿日時順表示
<<
0
1
2
>>
転載元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1570014534/
1:
名無しで叶える物語(たこやき)
2019/10/02(水)20:08:54.60ID:V/GCBhcV
穂乃果「亜里沙ちゃん久しぶり!ほらほら、座って座って」
亜里沙「お、お邪魔します穂乃果さん」
穂乃果「で、相談ってなに?」
亜里沙「雪穂...最近変なもの食べましたか?

穂乃果「どしたの?雪穂が何をしたの?」
亜里沙「雪穂とお姉ちゃんがべたついてくるんです....」
穂乃果「ハラァ!?」

3:
名無しで叶える物語(たこやき)
2019/10/02(水)20:12:43.88ID:V/GCBhcV
体験談1ドッジボール
亜里沙「そんなにべたつかれたら動けない。。。」
雪穂「はぁ?どこのくそ女が私のかわいいかわいい亜里沙にボールぶつけるかもしれないじゃん!顔面アウトなんてなったら...かわいそうじゃん」
亜里沙「雪穂が邪魔でボール避けられない!」
雪穂「安心して!私が雪穂を守るから!」
9:
名無しで叶える物語(たこやき)
2019/10/02(水)20:17:33.87ID:V/GCBhcV
体験談2仕上げ磨き
亜里沙「歯も磨いたから寝るねー!」
絵里「ちょっとまちなさい!仕上げ磨きがまだよ!」
亜里沙「きちんと磨きました!」
絵里「いいえ!あなたが気づかないうちに歯垢がどんどん攻め立てて亜里沙のかわいいお口を汚していくのよ!そんなことがあったら...わたし、」
亜里沙「別スレでチョコ食いまくってる姉がいう台詞かなぁ?」
10:
名無しで叶える物語(たこやき)
2019/10/02(水)20:20:56.93ID:V/GCBhcV
穂乃果「ヒー!おっかしいー!」ドンドンドン
亜里沙「こんなのまだ序の口です、、、」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1559475337/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/06/02(日)20:35:38.20ID:5zCUVSdU0
穂乃果「あ?…別に良いんだよ」
海未「へ?」
穂乃果「これ見えても良い奴だから」
海未「そんな訳ないでしょう。そんな姿でランニングなんて…」
穂乃果「別に問題ないってば」
海未「問題しかありません!!!」
穂乃果「声でか…声でかいって…」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/06/02(日)20:39:49.74ID:5zCUVSdU0
海未「でかくもなります」
穂乃果「いや…え?何がいけないのさ!?」
海未「何って…そんな見えてますから。穂乃果は少し無防備過ぎます」
穂乃果「え?…そんな事ないと思うんだけどなぁ」
海未「ありますよ。あなたが気が付かないだけで周りの人達があなたをどんな風に見てるか…」
穂乃果「え?何々?それって穂乃果が魅力的って言いたいの?いや?照れるなぁ」
海未「そうとは言っていません」
穂乃果「なっ…否定が早過ぎるよ…」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/06/02(日)20:44:26.77ID:5zCUVSdU0
海未「とにかく…そんな姿でランニングしてはいけません」
穂乃果「だからぁ…ん?…なんで伝わらないかなぁ…スポブラの紐が見えてるだけで…海未ちゃんの堅物…」ブツブツ
海未「何ですか?」
穂乃果「いえ…何でも」
海未「さあ、分かったら直して来なさい」
穂乃果「え?直すって言ってもさぁ。どうやったってこの服装じゃ見えちゃうもん」
海未「ジャージを羽織ればいいじゃないですか」
穂乃果「やだよ。暑いもん。走るんだよ?それともランニングやめる?」
海未「あなたが自分から言い出したのでしょう?体重落としたいからランニングに付き合ってくれと」
穂乃果「まあそうだけど」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1554005297/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/03/31(日)13:08:17.48ID:88rIdSCS0
ガチャ
海未「ごきげんよう」
穂乃果「お?やっぱりことりちゃんと絵里ちゃんは人気があるなぁ」
希「そうやなぁ。圧倒的に多いもんなぁ」
海未「何してるんです?」
花陽「あのね。ファンレターが学校に届いてたみたいで」
絵里「こないだのライブが効いたのかしら?」
海未「そうだったんですか」
穂乃果「海未ちゃんも来てるよ!」
海未「本当ですか?」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/03/31(日)13:12:54.27ID:88rIdSCS0
穂乃果「うん。ほら!こんなに沢山」
海未「ええっ!?そんなに?」
希「海未ちゃんモテモテやねぇ」
海未「いや…そんな…」
穂乃果「でもあれだねぇ…海未ちゃんって…女の子からのファンレターが多いねぇ。しかも圧倒的に歳下が多い。亜里沙ちゃんからも来てる」
絵里「えっ!?亜里沙も?」
凛「海未ちゃんカッコいいからね?」
希「逆に男の人からは一通も来てないんやね」
海未「まあ…そうですね」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/03/31(日)13:18:33.36ID:88rIdSCS0
穂乃果「海未ちゃんってあれなのかな?男の人からはあんまり…」
海未「な、なんですか?」
穂乃果「いや?…海未ちゃん美人だし才色兼備だしなぁ。モテないはずはないんだけどね?」
希「そうやんなぁ。なんなんやろうなぁ?」
凛「何がいけないんだろうね?」
海未「ちょっと待ってください。勝手に人を…その…アレしないで下さい」
穂乃果「アレって?」
海未「いや…ですから…。だいたいμ's自体女性ファンが圧倒的に多いでしょう?と言うかスクールアイドル自体…」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1568843611/
1:
名無しで叶える物語(しまむら)
2019/09/19(木)06:53:31.41ID:ayX3pPHa
                   _,,r冖‐r冖‐┬冖、        
             r―[>くノ⌒^??┴</?      
 全国的に      {..く/|:....?〉.....く.?     
   アサーッ   {//..八丶...?........`'く      
     だよ!!  /`7../...|..|? ノ|..|.......|│     
            /...|.... |∧|_.....|?|∧...│|      
         /../.|│..| ┃⌒^´┃  ゙7.|人     
         /..//|人_人┃  ┃  厶イ./∧    
.         /./   /人⊃ /? ⊂⊃人ノ.'./∧    
.         {/八  /(⌒゙> ?/__.. イ>'⌒)...:,   
         V  ((...>={{/{不、//}}=<..)).:,   
              //..(__,,.イヘくノ?>个ト ..,,_).....:,  
         /....../..|.{二ニ=彡??/|....│ 
.          |/|...八...<フ  ̄   ?>┐.|.l  
               ?{ ?_rくニ二ニ二ニ二ニノ ノ}ノ|丿
                   ?>??‐-、___,/ノ /
                     `ー/^X^Y⌒'ー'´
                     └'⌒'┘
                    -=≡三三三三三≡=-

2:
名無しで叶える物語(しまむら)
2019/09/19(木)06:53:51.93ID:ayX3pPHa
?矢澤家?
にこ「ふぁ??
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1569077993/
1:
名無しで叶える物語(もんじゃ)
2019/09/21(土)23:59:53.85ID:Zan/pxBE
凛「賛成にゃっ!」
希「うん、おもしろそうやん♪」
海未「穂乃果、凛、希!あなた達はまったく…」
凛「だって?…最近、雨の日がつづいてて室内練習ばかりじゃん!」
ことり「ん?…確かに最近はパッとしない天気がつづいてるけどぉ?」
凛「でしょ!?」
凛「室内練習が大事なのもわかるよ?でも、ずっと室内練習だけってのはちょっと…」
真姫「…とは言っても…天気が悪いんだからそれくらいしか…」
 
  
   
凛「だから室内練習じゃなくて!今日くらいはかくれんぼしてもいいと思うにゃっ!!」
凛「そういうことだよねっ!?穂乃果ちゃんっ!?」
 
  
   
穂乃果「…へ?」
穂乃果「う、うんっ!!そのとおりだよっ!!凛ちゃんっ!!!」
 
  
   
にこ(………穂乃果のヤツ、絶対そこまで考えてなかったわね…)

2:
名無しで叶える物語(もんじゃ)
2019/09/22(日)00:01:37.28ID:oqRiI11F
穂乃果「っていうことで、かくれんぼしよう!!」
凛「かくれんぼするにゃっ!!」
凛「かよちんもっ!ねっ!?」
花陽「えっ、えぇっ!?」
にこ「花陽を巻き込むんじゃないわよ…」
 
  
   
絵里「う?ん…穂乃果と凛の言うことも一理あるわね…」
   
  
 
希「お、えりちも話わかるやん♪」
 
  
海未「なっ?絵里、あなたまで…」
3:
名無しで叶える物語(もんじゃ)
2019/09/22(日)00:03:35.36ID:oqRiI11F
凛「それじゃあ賛成の人?」ハイッ
穂乃果「はいっ!」
希「は?い」
絵里「私も賛成よっ!」
ことり「ん?…穂乃果ちゃんがやりたいなら…」スッ
海未「ことりっ!?」続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1569155146/
1:
>>1(しうまい)
2019/09/22(日)21:25:46.02ID:ntAvTjv4
理事長「生徒会の副会長が、学校に余計なものを持ってきてはだめでしょう。これは私が預かっておくので、金曜日の放課後に取りにきなさい」
希「はーい」
理事長「ず、随分と聞き分けがいいですね」
理事長「…ところで、これはなんですか?」
希「○○度測定器ですよ」
理事長「なんて?」
希「○○度測定器」
理事長「前半部分がよく聞こえないのだけど…」
希「こういうんの主人公が理事長って珍しいですね」
理事長「はい?主人公?」
希「じゃ、お気をつけて」ペコッ タタタ…
理事長「いや!展開の入りが雑ゥ!!」
希「割と時間ないんで」ヒョコ
理事長「わかりましたから!早く行きなさい!」

2:
>>1(しうまい)
2019/09/22(日)21:27:04.25ID:ntAvTjv4
○○度を測定する機械を理事長(親鳥)が手に入れました
出会った人
>>3
測定内容
>>4
※コンマがそのまま%になります。00はどっちになるかお楽しみ!
3:
名無しで叶える物語(えびふりゃー)
2019/09/22(日)21:27:05.42ID:TEl1gBzy
温室度測定器!?
4:
名無しで叶える物語(たこやき)
2019/09/22(日)21:27:31.20ID:gOUg7PW9
海未
5:
名無しで叶える物語(光)
2019/09/22(日)21:27:41.57ID:rPtu5NOW
安価近すぎて草
下で
6:
名無しで叶える物語(SIM)
2019/09/22(日)21:29:52.16ID:/h0qa1a0
レズ度

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆rydVFq.TKw2019/09/16(月)15:23:56.45
ID:7LcXXh0RO
にこ 「…」ピクッ
ある日のアイドル研究部 部室
μ’sメンバーは練習を終え、お菓子を食べながらダベっていた。
ことり「穂乃果ちゃん、いきなりどうしたの?」
穂乃果「いやー、昨日セーラームーンの再放送やってて久しぶりに見ちゃってさー」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/08/24(木)10:20:42.56
ID:D2ZL8T5R0
ことり「コトリチャン」
穂乃果「じゃあお前は誰だよ!!」
海未「ことりはことりでしょう」
穂乃果「いやそれはそうだけどさ、ことりちゃんがコトリチャンって言ったらおかしいじゃん」
海未「穂乃果と私はことりから呼ばれる快感はことりに呼んでもらえばいいですが、ことりの快感はどうなるのです」
穂乃果「いや、別に呼ばれて快感とか私はないけど」
海未「ことりは自給自足するしかないのですよ。わかってあげてください」
ことり「海未ちゃん大好きっ?」
海未「んはぁっ!ことりはずるいです!もうどうなっても知りませんからね!」ガバッ
ことり「ことり食べられちゃう???!」
穂乃果「助けて」


続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1567549017/
1:
名無しで叶える物語(しまむら)
2019/09/04(水)07:16:57.76ID:R0HjRmvp
?朝・通学路?
  ._
  | | ._
  | |─|■|
  | |─|□|
  | |.  ̄
  | |.
真姫「あ??っ、もうっ!!」イライラ
真姫「早く青になりなさいよ!!」イライラ
真姫「私としたことが……寝坊だなんて」
真姫「新学期早々、遅刻なんて事になったら……」
真姫「きっと、鬼の首を取ったように、凛の奴……」
凛(真姫ちゃ?ん……凛が寝坊したときはネチネチ怒るのに、自分には甘々だにゃ??!!)
真姫「」イラッ

2:
名無しで叶える物語(しまむら)
2019/09/04(水)07:17:25.50ID:R0HjRmvp
  ._
  | | ._
  | |─|■|
  | |─|□|
  | |.  ̄
  | |.
真姫「…………くっ」
真姫「こうなったらもう、背に腹は……」
キョロッ キョロッ
真姫「…………誰も見てないわね」
真姫「………………」
真姫「…………えっ」
真姫「え????いっ!!!!」
3:
名無しで叶える物語(しまむら)
2019/09/04(水)07:17:46.15ID:R0HjRmvp
._
| |.. __
| |─|■|
| |─|□|
| |.  ̄
| |
|_|   
| |    ダダダダッ
| ̄|    
""""""""ヾヾ从;廿_廿从"""""""""""
   ? ?ノ(  )ヽ ? ?
    ? ノ  >  ̄  .?
      ? ? ̄ ̄ ̄ ̄?. ?
       ?  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   .?
""""""""""""""""""""""""""""""""""
4:
名無しで叶える物語(しまむら)
2019/09/04(水)07:18:06.62
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1568200408/
1:
名無しで叶える物語(しまむら)
2019/09/11(水)20:13:28.90ID:5VfIGcDw
 ブルセラ????
 言うまでもなく、女子校生が使用済みの衣類(主に下着類)を売る行為を差す言葉である。
 だが、最初から女子校生が下着を売るようになったわけではない。
 そこへたどり着くまでには、あたかも時代の要請に応えるかのように、性産業の変遷があったのだ。
 雑居ビルのワンルームに、ブルセラショップがひっそりと誕生した80年代????いわばブルセラ黎明期において、下着を売りに来るのはOLや主婦といった成人女性だった。
 やがて、素人アイドルブームを経て90年代に入ると、下着を売りに来る客の多くが、現役の女子校生たちへと様変わりした。
 素人アイドルブームにより、素人と芸能人の境目が薄くなり始めた当時の世相が後押しとなり、マニア達の興味は、一斉に女子校生たちの衣類へと雪崩を打ったのである。

2:
名無しで叶える物語(しまむら)
2019/09/11(水)20:14:00.74ID:5VfIGcDw
 青少年を性犯罪から守る法令がまだ曖昧だったこの時代????未成年の少女達が堂々と性を売るという異質な商売は、ブルセラショップと少女達との、ある種の共犯関係の元に成り立っていたのである。
 ここに、まさにブルセラ全盛期とも言える時代の、ある日のブルセラショップの営業記録がある。
 この記録に出てくる少女達は、富裕層でも低所得層でもない、どこにでもいるような普通の家庭の少女達であった。
 彼女たちが、なぜ使用済みの下着を売るに至ったのか????この貴重なレポートを手がかりに、考察していきたい。
3:
名無しで叶える物語(しまむら)
2019/09/11(水)20:14:22.36ID:5VfIGcDw
?平成初期・東京某所のブルセラショップ?
JK1「あのぉ?、すいませ??ん……」オドオド
店長「へいらっしゃ??い!」
JK1「昨日、電話で問い合わせた……」オドオド
店長「あ、電話
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1561212688/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/06/22(土)23:11:28.51ID:H+yrHI5X0
穂乃果「は?い!皆さん!お手元に飲み物が行き届きましたか??」
ことり「は?い!」
穂乃果「それでは絵里ちゃんの30回目のお誕生日会を開催したいと思います。それでは乾杯の音頭を希ちゃんに取って頂きましょう!」
絵里「……」
希「はーい。それではご指名ですので。え?今日はえりちの30回目のお誕生日という事で今年もこうして皆んなでお祝い出来る事を心から嬉しく思います。えりちおめでと?乾杯?!」
μ's「カンパーイ」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/06/22(土)23:20:44.69ID:H+yrHI5X0
穂乃果「それでは!主役の絵里ちゃんから一言頂きたいと思いま?す!」
絵里「え?…今日は……私の30回目……30回目の……今日は罰ゲームか何かでしょうか?」
穂乃果「絵里ちゃん?あれ?毎年喜んでくれるのに…」
絵里「一昨年くらいまではね…ふふっ…祝ってもらえて素直に喜べたんだけど…何故かしら…誕生日なんて来なければいいのに…」
穂乃果「ええっ!?絵里
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/06/22(土)23:35:20.86ID:H+yrHI5X0
穂乃果「ええっ…絵里ちゃん…?」
ことり「あっ!花陽ちゃんが来ましたよ?」
花陽「遅れてすいません」
凛「あっ!かよちん!待ってたにゃ?」
花陽「あっ、絵里ちゃん。お誕生日おめでとうございます」
絵里「花陽…ありがとう…」
花陽「あれ?どうしたの?」
絵里「ううん…ありがとーーーー!花陽ありがとう。嬉しいわ!今日はとことん飲みましょう!」
真姫「絵里の様子がおかしいわね」
にこ「あんなもんでしょ。って言うかあんた何飲んでるの?」
真姫「え?ブラッディーマリーだけど?」
にこ「何よそれ…だって
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/12(月)00:11:48.88
ID:ehavJLUq0
ギャグです
とあるSSと、あるコントを参考に書きました
よろしくお願いします

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/12(月)00:15:08.78
ID:ehavJLUq0
放課後
善子「あ、いたいたずら丸」
花丸「善子ちゃん。今日は練習無いから先に帰るんじゃなかったの?」
善子「それがね?途中で鞠莉に捕まって、あんたにこれを渡せって。じゃーん」
花丸「わあ、花の柄が綺麗な封筒だね」
善子「あんた宛のファンレターだってさ、学校に届いたって」
花丸「本当?うれしいなぁ?」
善子「………ねえこれ私が読んで良い?」
花丸「え、なんで」
善子「この間テレビでそういうコントやってたから」


続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
◆rydVFq.TKw2019/08/31(土)00:26:02.80
ID:yqLmFrF2O
穂乃果「いやー、今日のライブも盛り上がったねぇ」
講堂での定期ライブを終え、部室で着替え始めるμ’s。
絵里 「やっぱり9色のブレードは綺麗ね」
真姫 「ソロの時の1色も好きよ。光の海にいるみたいで」
海未 「練習の時にはお客さんがいないので、
    あのブレードの光はライブの時だけの特別な景色です」
にこ 「みんな自分の色が有るから応援されてる実感も有るしね」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆rydVFq.TKw2019/09/06(金)21:03:38.50
ID:mUxqCzHKO
ある日の放課後
音ノ木坂学院 屋上
練習中のμ's
海未 「ワン、ツー、スリー、フォー、真姫!遅れてますよ!」
真姫 「は、はい」
希  「……」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆rydVFq.TKw2019/10/08(火)22:22:22.14
ID:j7zjj82AO
みんな「前回のラブライブ!」
【ラブライブss】ことり「μ’sの色はみんなのパンツの色で決めたんだよ」
真姫 「メンバーカラーの話をしていたμ’s。
    するとことりから爆弾発言が」
ことり「μ’sの色はみんなのパンツの色で決めたんだよ」
真姫 「なんとことりはメンバーのパンツの色を把握していた。
    それだけじゃなく、ことりはライブの時ノーパンだった!」
真姫 「メンバーがパンツを穿くように説得したがことりは拒否。
    動揺しつつも、μ’sはラブライブ!優勝に向けてまた走り出すことになった!
    もぅ?、イミワカンナイ!」


続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆vlTFewOdSQ2019/10/27(日)02:59:43.21
ID:6IHPrfJ20
以前書いたお話の続きです
【前話】
果南「二人だけの秘密だよ」


続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1549630557/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/02/08(金)21:55:57.78ID:HqyCLT3rO
朝起きると娘が厨房に立っていた。
穂乃果「お、お父さん…おはよう…早いね」
いつも時間が許すまで寝ている彼女がこんな早朝に何をしているのか。
穂乃果「え?べ、別に?何もしてないよ?本当…ね?」
この子は直ぐに顔に出る。父親である私に何かを隠しているらしい。

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/02/08(金)22:06:44.01ID:HqyCLT3rO
穂乃果ママ「穂乃果が朝早くに?」
私は妻が何かを知っているのではないかと思い訪ねた。
穂乃果ママ「あ?ほら?今日は2月14日でしょ!チョコレート作るって昨日から張り切ってたわよ?」
そうか。今日は2月14日。世間はバレンタインデー。
穂乃果ママ「誰かあげる相手でもいるんじゃないの?」
妻はニヤニヤしながらそう答えた…が、私が知る限り娘に彼氏がいた事はない。高校だって女子高だし男の子と接する機会などないはずだ。仮にあったとして彼女は今スクールアイドルと言うものに夢中になっている。アイドルと言えば恋愛はご法度だ。私の時代からそうだった。

3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/02/08(金)22:14:06.31ID:HqyCLT3rO
だから、彼女には恋人は居ないはず。そうに決まっている。
雪穂「はい、お父さん。チョコレート!」
次女が学校に行く前にチョコレートをくれた。思わず顔が緩みそうだったが何とか堪えた。
雪穂「お姉ちゃんからは貰った?」
貰っていない。
雪穂「え?そうなの?てっきりお父さんにあげるのかと思ってたけど…違うのかなぁ?」
なんだと?
雪穂「まあ、お姉ちゃんも何だかんだ言って高校生だしね?。好きな人の一人や二人居てもおかしくないか。あはは」
好きな人が二人も居たらおかしいだろ!

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1567869840/
1:
名無しで叶える物語(たこやき)
2019/09/08(日)00:24:00.70ID:uEAyJJFC
ことり「海未ちゃん、久々の新曲で作詞の腕がなまってるんじゃない?」
海未「いえ、そんな事は…」
ことり「海未ちゃん!!」
海未「は、はい」
ことり「皆で久しぶりに歌うんだよ?最高の曲にしないと!!」
海未「えぇ、ですから作詞は順調に…」
ことり「やっぱり調子が出ないんだね!!」
海未「あの、ことり?話を聞いてください」
ことり「というわけで海未ちゃんには甘々キュンキュンな歌詞を書きやすいようにメンバー皆の彼氏になってもらいます!」
海未「あの…はい…」

2:
名無しで叶える物語(たこやき)
2019/09/08(日)00:27:39.64ID:uEAyJJFC
音楽室
海未「という事でことりの口車に乗せられてしまって…」
真姫「ナニソレ…まぁ、当時の感を取り戻すためっていうのは良いと思うけど…」
海未「私の歌詞、そんなにレベルが落ちましたか?」
真姫「いえ、むしろ良くなってるわよ」
海未「真姫…ありがとうございます」ニコッ
真姫「なっ、ほっ…本当の事言っただけだから!」
海未「だからそれについてお礼を…」
真姫「あーもう!わかってるってば!」
海未「ふふっ、真姫は変わりませんね」
4:
名無しで叶える物語(たこやき)
2019/09/08(日)00:30:38.43ID:uEAyJJFC
真姫「で、どうするの?明日から彼氏期間スタートなんでしょ?」
海未「どうすると言われましても…いつも通り過ごすしかないかなと」
真姫「…まぁ、ことりが楽しんでるだけだろうしそこまで気にする事ないんじゃない?」
海未「それならいいのですが…ことりには困ったものです」
真姫「あの子、海未と穂乃果の事大好きすぎるのよ…」
海未「ふふっ、大事な幼馴染ですから」
真姫「本人が満更でもないのがねぇ」
5:
名無しで叶える物語(たこやき)
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1554635706/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/04/07(日)20:15:06.50ID:Pn2NOEFgO
キーンコーンカーンコーン
真姫「さてと、花陽、凛。早く帰りましょう」
花陽「あっ、ごめん。真姫ちゃん。私これから委員会の仕事が」
凛「凛も陸上部で走らせてもらう約束してて」
真姫「いや…知らないけど。あれだったら…終わるまで待ってもいいけど…」
花陽「でも…遅くなっちゃから…」
真姫「そっか。うん、分かった。今日は一人で帰るわ」
凛「ごめんね、真姫ちゃん」
花陽「また明日一緒に帰ろう」
真姫「べ、別に気にしてないから。じゃあ、また明日」
りんぱな「また明日?」


2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/04/07(日)20:19:34.54ID:zzE0B4FA0
真姫「はあ…何よ、二人して…」
穂乃果「どうしたの?溜息なんてついちゃって」
真姫「えっ!?あっ、穂乃果っ!?」
穂乃果「残念だったね?。二人とも忙しいみたいで」
真姫「なっ!?………見てたの?」
穂乃果「うん。一部始終を見せて頂きました」
真姫「……で?何?」
穂乃果「あっ、うん。真姫ちゃん!牛丼食べに行こーぜ!」
真姫「は?」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/04/07(日)20:24:27.71ID:zzE0B4FA0
穂乃果「いや…だからね!今日は部活も休みの日なんだし牛丼を食べに行こうよ」
真姫「いやいい。お腹空いてないし。海未とことりと行けばいいじゃない」
穂乃果「海未ちゃんは弓道部!ことりちゃんは理事長室に用があるって。って言うかね真姫ちゃんと一緒に行きたいんだよ。牛丼屋さんに」
真姫「はあ?なんで私と…」
穂乃果「牛丼屋さんになんて行った事ないでしょ?」
真姫「ないけど…だからって」
穂乃果「よし決定!それじゃあ行こう!私が牛丼の何た
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1552555800/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/03/14(木)18:30:00.68ID:HHSMLnk20
始めます!

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/03/14(木)18:34:20.34ID:HHSMLnk20
高坂家
穂乃果(ホワイトデー……、ホワイトデー……)
穂乃果(今日はホワイトデー……)
穂乃果(バレンタインの時、穂乃果は海未ちゃんにチョコをあげたから、ホワイトデーで海未ちゃんから何かお返しがあるはず……)
穂乃果(えへへ♪)
穂乃果(海未ちゃんは、何をくれるんだろう♪楽しみだな??♪)
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/03/14(木)18:35:06.82ID:HHSMLnk20
学校
穂乃果「……」そわそわ
海未「……」
穂乃果(まだかな??♪まだかな??♪海未ちゃんからのホワイトデー??♪)そわそわ
海未「そうでした……」
穂乃果(!海未ちゃんが動いた!)
海未「これを渡さないと……」
穂乃果(クッキーだ!キターッ!きっと、バレンタインのお返しだ!)

4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/03/14(木)18:35:52.29ID:HHSMLnk20
海未「……」
穂乃果「……」わくわく
海未「ことり」
穂乃果「!?」
海未「バレンタインのお返しです。受け取って下さい」
ことり「ありがとうンミチャン」
穂乃果(そういえば、ことりちゃんも海未ちゃんにチョコレートを渡したんだっけ)

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1569855775/
1:
名無しで叶える物語(SIM)
2019/10/01(火)00:02:55.67ID:wyeS5iSR
花陽「カタカナーシ?」真姫「意味分かんない」
凛「簡単に言うと、カタカナ語をカタカナ語を使わずに説明するゲームだよ!」
真姫「だから意味分かんないわよ!?」
花陽「えっと、お題の単語があって、それを英語を使わずに説明するゲーム、かな?」
凛「かよちんさすが!」
真姫「いや、カタカナ語って何回も言い過ぎなんだけど」
凛「このカードに書かれてるお題を説明するゲームだよ。なんか面白そうだから買ってみた!」
真姫「え、なに? あたし達でやるって事?」
凛「え? そうだけど?」
真姫「なんで当たり前にやる前提なのよ?」
凛「ええ!? やらないの真姫ちゃん!」
真姫「いや、やらないわけじゃ……」
花陽「えっと……山札から一枚取って手札にして、山札の裏に書いてある数字の言葉がお題になるんだね」
凛「そうだよ。カードには六個お題があるから、それを照らし合わせるの!」
真姫「へぇ……思ったよりよく出来てるわね」
花陽「カタカナ語を使ったら、指摘した人が新しくカードを引いて出題するんだね」
真姫「そうなの? あぁ、答えを言った人だけじゃなくて、出題者にも得点が入るからなのね」
凛「どゆこと?」
真姫「出題者を多くやった方が得点を得やすいからよ。多く正解すれば出題も多く出来る。それを繰り返して規定のポイントまで獲得したら勝ちって事ね」
花陽「な、なんだか難しそう……」
凛「とにかくやってみようよ!」
真姫「はいはい。じゃあ凛から」
凛「よーし! お題はなにかな?」

3:
名無しで叶える物語(SIM)
2019/10/01(火)00:04:58.87ID:wyeS5iSR
凛「んと……ちっちゃくて可愛くて、車輪めっちゃ漕ぐ動物!」
花陽「ハムスター!」
凛「かよちん正解!」
真姫「なるほどね。出題者は手札を目の前に置いて、回答者は山札を一枚自分の前に置く」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1569167912/
1:
名無しで叶える物語(えびふりゃー)
2019/09/23(月)00:58:32.42ID:Q4/ltdvi
凛「これはかよちんが膝枕してくれないと良くならない風邪にゃ…」チラチラ
花陽「へっ?私の?」
凛「こまったにゃー」かよちんの顔をチラッ、チラッ
花陽「ふふふ」くすくす

3:
名無しで叶える物語(えびふりゃー)
2019/09/23(月)01:01:13.40ID:Q4/ltdvi
花陽「私の膝枕で治る風邪なの?」
凛「うん!これはしつこい風邪だから薬や点滴じゃなかなか治らないかも!」
花陽「そうなんだ」にこにこ
凛「うん!そう!絶対そう!」
花陽「じゃあ一度、ちゃんと病院で診てもらってから膝枕してあげようかな」にこにこ
凛「エェー!病院なんか行ったら逆に治らないにゃー」
花陽「逆に治らなくなっちゃうの?」
凛「なっちゃうの!」
5:
名無しで叶える物語(えびふりゃー)
2019/09/23(月)01:04:48.12ID:Q4/ltdvi
花陽「そっか…それは困っちゃった」にこにこ
凛「うぅ…今日のかよちんはすごくいじわる…でも凛はこっちのかよちんも好きにゃー」
花陽「ありがと。でも、いじわるなのはお互い様だよ」
凛「へ?」
花陽「変な嘘つかなくてもいいのに…」
凛「そうなの!?」
花陽「もちろんっ!」
凛「かよちんは何もなくても膝枕してくれるの?」
花陽「うん」
凛「えぇ!でも風邪もひいてないのに膝枕なんかできないって海未ちゃんから怒られたって言ってたよ!」
花陽「えっ…そうなの?誰が怒られたの?」
凛「穂乃果ちゃん!」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1570463807/
1:
名無しで叶える物語(たこやき)
2019/10/08(火)00:56:47.93ID:G5DRJzrP
絵里「そうなのよ」
穂乃果「そんなのありえないよ!海未ちゃんはことりちゃんのこと大好きだし、ことりちゃんだって海未ちゃんのこと大好きで…」
希「まぁまぁ穂乃果ちゃん、落ち着いて…」
にこ「まぁにこもイジメとはちょっと違うと思うけど」
絵里「だって、あれは異常よ?」
穂乃果「絵里ちゃんが現場を見たの?」
絵里「えぇ、昨日の練習終わりにことりが海未の衣装合わせをしてたでしょ?」

3:
名無しで叶える物語(たこやき)
2019/10/08(火)01:01:14.14ID:G5DRJzrP
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
絵里「ふぅ、練習終わってから生徒会の仕事なんて災難だわ…」
絵里「希はにこの家に遊びに行くって逃げちゃうし…久々に一人で帰るかな…ん?」
「海未ちゃん!次はこっち!」
「えぇ!?無理ですその衣装は!」
絵里「ハラショー!海未とことりはまだ部室にいたのね!」
「海未ちゃんお願い!1回だけ着てみて!」
「嫌です!ちょ、ちょっと!何脱がしてるんですか!」
絵里「ふふ、ずいぶん盛り上がってるみたいね…ちょっと覗いてみようかしら」
チラッ
4:
名無しで叶える物語(たこやき)
2019/10/08(火)01:04:59.71ID:G5DRJzrP
ことり「えへへ、この服はここの紐引っ張るとすぐに脱げるようになっててね?」
海未「ことり…やめてください!怒りますよ?」
ことり「えぇ?でも絶対かわ…きゃっ」
がしっ
海未「…ことり…」
ことり「う、海未ちゃん…痛いよ…腕離して…」
海未「聞こえなかったんですか?やめてくださいと言ってるんです」
ことり「で、でもこれ、海未ちゃんなら似合うと思って…」プルプル
海未「…強く言わなければわかりませんか?」
ことり「…へ?」
海未「ことり」
ことり「は、
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1557739683/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/05/13(月)18:28:03.69ID:j/f89xiMO
真姫「休日なのに学校に穂乃果に呼び出されて…時間通りに来ないし…」
ガチャ
真姫「あっ!?」
絵里「あら?真姫じゃない」
真姫「絵里…どうしたの?今日は練習もないのに」
絵里「なんか穂乃果に呼び出されて」
真姫「絵里もなの?」
絵里「うん。12時に部室に集合って…穂乃果来てないのね」
真姫「まさか忘れてる訳じゃ…」


2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/05/13(月)18:33:42.08ID:j/f89xiMO
ガチャ
穂乃果「忘れてないよぉ?」
真姫「穂乃果!?」
絵里「穂乃果…今日は一体何をするの?」
穂乃果「二人ともお腹空いた?」
絵里「そりゃあ…お昼時だし」
穂乃果「そっか?良かった。今日はお弁当作って来ました」
真姫「お弁当を?穂乃果が?」
穂乃果「うん」
真姫「なんで?」
穂乃果「なんでって。お礼だよ。こないだのお礼。焼肉ご馳走になったでしょ?」
穂乃果「焼肉の作法」
https://ex14.vip2ch.com/i/read/news4ssnip/1555836173/
真姫「ああ…それでわざわざ?別にいいのに」
穂乃果「って言ってもレンジでチンしただけなんだけどね」
真姫「レンジで?」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/05/13(月)18:37:54.29ID:j/f89xiMO
穂乃果「うん。冷凍食品弁当です!」
真姫「冷凍食品弁当?」
穂乃果「うん。食べた事ある?」
真姫「ない…けど…」
穂乃果「絵里ちゃんは?」
絵里「私も…お弁当は手作りだから…」
穂乃果「手作り?全部?女子力高いね」
絵里「いや…別に…」
穂乃果「で、今日は協力者も居ま
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1557415560/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/05/10(金)00:26:00.88ID:ndwK+Y4HO
海未「御機嫌よう」
にこ「ん?」
海未「何ですか?その挨拶は。あまり感心しませんね」
にこ「ん?そうね」
海未「にこだけですか?」
にこ「そうよ」
海未「そうですか」
にこ「うん」
海未「読書ですか?」
にこ「ん?」
海未「読書とは感心ですね」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/05/10(金)00:29:14.08ID:ndwK+Y4HO
にこ「そうね」
海未「何を読んでいるんですか?」
にこ「ん?。そうね」
海未「会話が噛み合ってませんが」
にこ「雑誌よ。別に読書って程でもないわよ」
海未「聞こえてるじゃないですか」
にこ「聞こえてるわよ」
海未「雑誌って…アイドル雑誌ですか?」
にこ「ん?いや…青年誌だけど」
海未「青年誌?」
にこ「うん。これ」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/05/10(金)00:33:19.12ID:ndwK+Y4HO
海未「なっ、なんですか。いやらしい雑誌じゃないですか」
にこ「違うわよ。青年誌だって言ってるじゃない。漫画よ。漫画!」
海未「なんでこんな雑誌読んでるんですか」
にこ「好きなアイドルが表紙を飾ってるから買っただけよ」
海未「破廉恥です」
にこ「破廉恥じゃないわよ!!!ヤンジャンだから!!!!」
海未「だって表紙からして破廉恥じゃないですか」
にこ「ただの水着じゃない!!!!なに言ってるのよ」
海未「もうやめて下さい。部室でそんな本を読むのは!と言うかどこでも読んじゃダメです」
にこ「なんでよ」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1559659539/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/06/04(火)23:45:39.98ID:n8U11W0ZO
ある日の昼下がり。アリスはお姉さんと一緒に本を読んでいましたがスッカリ飽きてしまいお姉さんの目を盗んで川のほとりでくつろいでいました。
絵里「あ?あ?本を読むのも飽きちゃったな?」
亜里沙「アリスー?アリスーー?どこに行ったの?」
絵里「わっ!?お姉ちゃんが私の事を探してる。って言うか…なんで亜里沙が私の姉役なのよ…。悪意を感じるわ」
その時、チョッキを着て大きな懐中時計を持ったウサギが走っているのを見つけました。
海未「大変です。遅刻…このままでは遅刻です。女王様に叱られてしまいます」
絵里「どうしたのかしら?気になるわ」


2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/06/05(水)00:16:28.43ID:oK3mcvm2O
アリスはウサギが気になり追いかけているとそのうちトンネルに入いりその先にあった穴に落ちてしまいました。
絵里「きゃあああああ」
ズドン
絵里「イタタタ…何んでこんな所に穴が…」
海未「あ?遅刻、遅刻」
絵里「あっ!?さっきのウサギさんだわ」
アリスはウサギを見つけ追いかけている途中に奇妙な空間の部屋に辿り着きました。
絵里「ここは…どこ?取り敢えずドアがあるけど…」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/06/05(水)21:48:29.39ID:ZILEXMuDO
アリスがドアノブを回そうとしたその時…。
「いやいや、その大きな体じゃこの扉はくぐれないやろ」
絵里「ひいっ。ドアノブが喋った」
「ウサギが喋ってるんやし今更やん」
絵里「そうだけど…。どうすればいいのかしら」
バン!!!
絵里「きゃあ!!!な、何?」
アリスが悩んでいると急にガラスのテーブルが現れ、その上には小さな小瓶が置いてありました。
絵里
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1560323179/
1:
◆pg9V7AxzXU
2019/06/12(水)16:06:19.31ID:A7Z1OFCJ0
 自分の誕生日にウキウキする人ってどのくらいいるのかな。
私は親以外に誕生日を祝ってもらったことが無い。
6月って案外微妙だよね。
どんなに素敵な出会いがあっても、誕生日を祝ってもらえるようになるまでには時間がかかる。


2:
◆HUg149YDMA
2019/06/12(水)16:08:16.55ID:A7Z1OFCJ0
高校3年生の誕生日も、ただその日一日が過ぎるように、カレンダーを捲るように過ぎ去ってしまった。
(別に、期待した訳じゃないんよ。)
期待してないって言えばウソになる。
(一応みんな知ってるはずなんだけどなぁ・・・。)
そして、何の変化も無く19回目の誕生日が来てしまった。
3:
◆HUg149YDMA
2019/06/12(水)16:09:12.92ID:A7Z1OFCJ0
両親からは、朝一でメールが来てた。
遠く離れて暮らしてるんだから、仕方ないよね。
「それにしたって、誰か一人くらいウチの誕生日に触れてくれたって良いやん?」
スマホを眺めながら、思わず口に出てしまう。
4:
◆HUg149YDMA
2019/06/12(水)16:09:52.89ID:A7Z1OFCJ0
音ノ木坂を卒業してからも、ちょくちょくみんなとは会ってる・・・気がする。
決して疎遠になった訳じゃないと思いたい。
とは言え、今日は平日。
誕生日だからって講義が無くなる訳じゃないからね。
そんな一人愚痴を吐きながら家を出る。
5:
◆HUg149YDMA
2019/06/12(水)16:10:18.98ID:A7Z1OFCJ0
「希。」
「希ちゃん!」
「うわあっ!」
扉を開けた瞬間、目の前に海未ちゃんと凛ちゃんが待ち構えていた。

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆rydVFq.TKw2019/09/12(木)00:05:05.68
ID:Wtl1sG9nO
アイドル研究部 部室
穂乃果「突然どうしたの? 絵里ちゃん」
絵里 「いえ、
    そういえばことりの歌ってるぶる?べりぃ?とれいんってどの路線なのかなと思って」


続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1550502552/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/02/19(火)00:09:12.49ID:Ga9WdjH+O
真姫「ふう。今日も一日疲れそうだわ」
穂乃果「ハ?イ!真姫ちゃ?ん」
真姫「げっ、穂乃果…」
穂乃果「げって何さ?失礼しちゃう」
真姫「だって。穂乃果が待ち伏してるなんてロクなことがなさそうじゃない。あと、にこちゃんも」
穂乃果「そんな事はないよ!今日は真姫ちゃんに美味しいスイーツを食べさせてあげようと思っただけだよ」
真姫「スイーツ?」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/02/19(火)00:13:18.70ID:Ga9WdjH+O
穂乃果「そう。調理室で絵里ちゃんが待ってるから行こうか?」
真姫「え?今から作るの?」
穂乃果「そうだけど?」
真姫「あのね…この後練習あるのよ?全員揃うのに30分もないんだから」
穂乃果「あ?そこは大丈夫だよ。30分もあれば作れるから。練習の前に糖分摂取しておこうよ」
真姫「嘘つきなさいよ。30分でスイーツが作れる訳ないじゃない」
穂乃果「嘘じゃないよ。焼きそばもラーメンも数分で作れたでしょ?」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/02/19(火)00:18:01.31ID:Ga9WdjH+O
真姫「それはお湯をかけたりするだけだったし。卵かけご飯は卵をかけるだけなんだもん。けど、スイーツはそうはいかないでしょ?」
穂乃果「いや、それがいくんだよね?。流石にペヤングみたいに3分とはいかないけどさ」
真姫「でも…」
穂乃果「真姫ちゃん。私を信じて?」
真姫「分かったわよ」
穂乃果「それじゃあ、調理室へれっつらごー」
真姫「おー…」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1567676088/
1:
名無しで叶える物語(八つ橋)
2019/09/05(木)18:34:48.02ID:PRfAYl4D
花陽「どう思う!?」
凛「えっ?」
花陽「なんで私だけぷにぷにキャラなのかな!?」
凛「だって……ぷにぷにしてるし……」
プニッ

2:
名無しで叶える物語(八つ橋)
2019/09/05(木)18:35:08.90ID:PRfAYl4D
花陽「ピャァッ……じゃなくて!」
真姫「他の人はどうかってこと?」
花陽「そう!凛ちゃんだってほっぺた結構ぷにぷにだよ!?」
真姫「そうかしら?」
ムニュ
3:
名無しで叶える物語(八つ橋)
2019/09/05(木)18:35:35.61ID:PRfAYl4D
凛「んにゅ」
花陽「どう?」
真姫「んー……ぷにぷに……とは言い難いわね」
花陽「なっ!?じゃ、じゃあ真姫ちゃんは!?」
ムニュ
4:
名無しで叶える物語(八つ橋)
2019/09/05(木)18:36:13.02ID:PRfAYl4D
真姫「ヴェェ……」
花陽「……柔らかさよりすべすべ感の方が際立ってるね……」
真姫「そ、そう……」
凛「希ちゃんはどうかな?巨乳だし」
真姫「判断基準そこなの?」
5:
名無しで叶える物語(八つ橋)
2019/09/05(木)18:36:29.30ID:PRfAYl4D
花陽「試してきます!」ダッ
真姫「あっ!」
凛「行っちゃったにゃ」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
2
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。