SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
検索にヒットしたのが10件未満なので検索範囲を広げました。
タグ:
Fate・型月・FGOのSS
タグ一覧の表示
<<
2019年08月
>>
20件取得
投稿日時順表示
<<
0
>>
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1408542932/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/08/20(水)22:55:32ID:GiDALAfs
※昔あったスレの続きパクリ兼続編のようなものです
 意味が伝わらない点がありましてもご了承ください
元スレ 
司会「クイズ、衛宮士郎300のことー!」
    
司会「クイズ、衛宮切嗣300のことー!」
    
司会「クイズ、セイバー300のことー!」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/08/20(水)22:56:13ID:GiDALAfs
冬木特設スタジオ
司会「遠坂凛を、もっと知りたいー!」
司会「クイズ、遠坂凛300のことー!」
桜「次は姉さんですか……」
士郎「今度は遠坂かぁ。でも俺、あいつのことそこまで知らないんだよな」
セイバー「リンのことですか。私もあまり詳しくはありませんね」
アーチャー「・・・何だこの茶番は。なぜ私がこんなところに来なければならないのだ」
司会「これから、皆さんには遠坂凛に関する300の質問に答えてもらいます」
司会「そして正解数を競ってもらい、正解が最も多い方が優勝となります」
アーチャー「そして、このアナウンス。貴様、言峰なのだろう?」
桜「あっ、神父さんに話しかけても駄目ですよ。あの人、基本的に何も答えないんです」
アーチャー「それは・・・先が思いやられるな」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/08/20(水)22:57:31ID:GiDALAfs
司会「優勝した人には・・・遠坂凛と二人っきりになる権利が与えられまーす」
桜「やっぱりそこは変わらないんですね」
セイバー「そのようですね」
アーチャー「私は彼女のサーヴァントだ。今さら、二人きりになれると言われてもな」
士郎「正直、俺もあいつと二人っきりってのは少しな・・・」
アーチャー「ほう、つまりお前は自分が優勝するとでも?」
士郎「えっ・・・べ、別に、そういうことは言ってないだろ
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1408629098/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/08/21(木)22:51:38ID:q1UsyTTc
前回 
司会「クイズ、遠坂凛300のことー!」


2:
以下、名無しがゆっくりお送りします
2014/08/21(木)22:52:50ID:q1UsyTTc
冬木特設スタジオ
カレン「帰りましょう」
凛「着いて早々ぶっちゃけたわね、カレン」
士郎「あいつ前回アーチャーに成敗されたってのに、まだ懲りてないのか」
ランサー「つーか、待て。何だってオレらはこんな場所に連れて来られたんだよ」
凛「え? あ、その理由ならすぐに解るわ。ほら聞こえてくるでしょう?」
司会「あ、あ、ごほん。マイクのテスト中。本日はクイズ日和なり」
ランサー「・・・あー、なるほどな。言峰のクソつまんねぇ催しもんかよ」
カレン「私の方が向いているというのに、ダニ神父も自己主張が激しいですね」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/08/21(木)23:33:05ID:q1UsyTTc
司会「藤村大河を、もっと知りたいー!」
士郎「うわ、藤ねぇのことかよ・・・って、ん? 今回はスタッフじゃないのか」
凛「士郎と私はともかく、カレンとランサーなんてほとんど答えられないでしょうに」
カレン「その通りですね。大河のことなんて、これっぽちも興味ありませんし」
ランサー「坊主んとこのねぇちゃんか? そんならオレも言うほど接点ねぇからなぁ」
士郎「二人はこんな調子だけど、それでも強行するんだろうな。言峰の奴・・・」
司会「クイズ、藤村大河300の――き、貴様何をするやm」ドタバタ
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/08/21(木)23:36:16ID:q1UsyTTc
凛「あら? いきなり声が途切れたわね。何かあったのかしら」
士郎「マシントラブルでも起こしたのか?」
カレン「段取りが悪いですね。ゲストを待たせるなんて虫ケラ以下の所業
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1348246478/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/09/22(土)01:54:38ID:ZwbXgQbc
アイリ『きゃあッ!? や、やめなさい士郎、私たち親子なのよ』
士郎『そんなの関係ない。俺は母さんが好きなんだ!』
アイリ『お、お母さんも士郎のことは大好きよ。でも……だからって、こんなことはしちゃいけないの、間違っているわ!』
士郎『間違いなんかじゃない……。この気持ちは、間違いなんかじゃないんだから!』
アイリ『ひぁあン! し、しろう、だめぇぇ、んふァっ、やぁああッ! やめ、なさいぃぃ……』
士郎『もう止まれない。母さんが欲しい。母さんを抱いたまま溺死してしまいたい』
アイリ『あ、はァンン、士郎、しろ、う……! だめえぇぇっ!!
    切嗣ぅ、ごめんな、さい……。わたし、息子に、イカされちゃうぅぅぅぅっ!』

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/09/22(土)02:00:40ID:ZwbXgQbc
禁断の悦楽に囚われた少年と義母。ふたりは狂ったように互いの体を求め合い、暗い闇の中へ堕ちていくのだった。
どこまでも、どこまでも――――。
イリヤ「――――って、なんてもの書いてるのよ、お母さま!」バン!
アイリ「ああ!? なにするのイリヤ、ようやく書き終えた原稿なんだから大切に扱って」
イリヤ「ここのところ部屋に籠りっきりでなにをしてたかと思えば……。
    自分と士郎をモデルにしたエロ小説を書いていたなんて、ユスティーツア様が知ったら泣くわよ」
アイリ「うふふふふ。今度の官能小説新人賞に応募してみようかな?って」
イリヤ「はぁあッ!?」
アイリ「キャッチコピーは『美しき義母に心奪われてしまった少年の苦悩と肉悦』、タイトルは『白濁に穢された聖杯(しきゅう)』で」
イリヤ「日本語にケンカ売るようなルビ振るのはやめなさい!」
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/09/22(土)02:10:45ID:ZwbXgQbc
アイリ「
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1348682882/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/09/27(木)03:08:02ID:UIsSe7VY
Fateとアイマスのクロスです。
暇なら見てってください。

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/09/27(木)03:11:02ID:UIsSe7VY
春香「あなたが、私たちのマスターさんですか?」
士郎「マスター?君は一体何を…」
春香「あー、ちょっと待ってください」
春香「まずはあの青い人をやっつけないとです」
ランサー「ほう、またずいぶんと可愛らしいサーヴァントが出てきたもんだ」
士郎「き、君、危ないよ」
春香「大丈夫です、楽勝ですよ、楽勝♪」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/09/27(木)03:14:53ID:UIsSe7VY
ランサー「ずいぶん舐めた口きくじゃねえか」
春香「見たところ、貴方はランサーですね?」
ランサー「おうよ」
ランサー「そういうお前は?」
春香「私たちはアイドルのクラスで現界しました」
ランサー「アイドルなんて聞いたことねえぞ」
春香「セイバーさんは今頃タイガー道場にいると思います」
ランサー「ったく、ごちゃごちゃ訳のわからんことを」
ランサー「分かりやすく行こうぜ」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1398325818/
1:
以下、七夜に代わりましてネロアがお送りします
2014/04/24(木)16:50:18ID:4kehJZfU
※MeltyBlood基準です。
なんにも考えてませんので、思った展開をどんどん書いていきます。

2:
以下、七夜に代わりましてネロアがお送りします
2014/04/24(木)16:56:52ID:4kehJZfU
※追記:他にも似たようなのがありますが・・・まぁ、展開は違うだろうしいいよね?いいかのかな・・・?
   
  白もやしがまだ更生してないちょうど【シスターズ】の時期ですね
  では頑張って書いていきたいと思います。
3:
以下、七夜に代わりましてネロアがお送りします
2014/04/24(木)17:09:28ID:4kehJZfU
ピッピッピッ
オフ
志貴「あ、充電切れた」
志貴「あ?あ、どうやって秋葉の所に戻ろうか・・・」
志貴<俺の名前は遠野志貴、今秋葉達となぜか『学園都市』で旅行というか・・・来てしまった・・・>
志貴<なんで『学園都市』なんだろう・・・俺は温泉が良かったな?>
志貴<今、俺は子供のように迷子になっている、年齢的には大人から『子供だ』って言われそうだけども>
志貴<秋葉の他にメイドの『翡翠』に『腹黒割烹着琥珀さん』、そして・・・>
志貴<アルクェイドだ・・・真祖のくせにどこか吹っ飛んでる所がある>
志貴<まぁ、つまりお転婆?というわけだ。実は迷子の原因もアルクェイドのせいでもある・・・>
志貴<あいつが学園都市に入るなり猛ダッシュで何処かへと消えていった、そこで俺が探しに行ったが・・・その結果がこれだよ>
志貴「はぁ?、どうしたもんか」
ベンチに座る志貴、虚空を見つめる先にあるのは一体なんなのだろうか
志貴「(まず『学園都市』に行くことになった原因を考えよう)」
4:
以下、七夜に代わりましてネロアがお送りします
2014/04/24(木)17:21:00ID:4kehJZf
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1338976006/
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2012/06/06(水)18:46:46.28ID:DQeysxx30
凛「……ふう、前回は酷い目にあったわ」
凛「綺礼になったり、BLな妄想をぶちまけたり……」
凛「おしりの穴に……その……」
凛「とにかく! 今度こそリベンジしてやるわ!」
凛「行くわよ、アーチャー! ……アレ? あっ、そっか、呼び出すのは安価だったわね」
凛「じゃあ早速!」
凛「我が名は『遠坂凛』。五つの力を司るペンタゴン。我のさだめに従いし、"使い魔"を召還せよ!」
凛「……違ったわね・・・ってええ!?」
>>5 呼ばれたサーヴァント

5:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2012/06/06(水)18:48:29.36ID:ZXDHQyro0
ケイネスがキャスターのクラスで来る
10:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2012/06/06(水)18:52:39.62ID:bXkEU2I20
前スレとかあったん? fateは安価SS多くてどれがどれと繋がっているとかわからん…
11:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2012/06/06(水)18:53:09.46ID:DQeysxx30
キャスター「……」
凛「あ、あんたは?」
キャスター「キャスターだが?」
凛「そ、そう……」
凛(大丈夫なのかしら?)
凛「一応真名を聞いておくわね。 なんて言うの?」
キャスター「……フン」
凛「ちょっと、マスターが聴いてるんだから答えなさいよ!」
キャスター「誰が貴様のような小娘に我が神聖な真名を答えると思っているのか!」
凛(うわぁ、どうしよう…… そうだ、別のサーヴァントにあったら交代させればいいんだ)
凛「わかったわ、じゃあ早速で悪いんだけど
>>15をお願いするわね」
15:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1550061871/
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/02/13(水)21:46:42.88ID:m3ExLboH0
 Fate/SN二次創作。UBWルートに似たご都合ルートエンド後。
 このSSの登場人物は全員18歳以上です。

3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/02/13(水)21:48:03.10ID:m3ExLboH0
◇◇◇
 一言で言えば、それは宮内庁のミスだった。
 宮内庁陵墓課は、文字通り全国に散らばる900近くもの陵墓を管理する部署であり、同時にこの極東の島国における唯一の公的な魔術・退魔機関の別名でもある。
 ことが起こった時、陵墓課の課長は庁舎の廊下をできる限りの早足で歩いていた。急ぐ理由はひとつ。陛下が自分の部署に足を運ばれたと耳に挟んだからである。
(不味い…)
 今上の陛下は早朝に散歩をされる習慣がある。とはいえ、普段足を向けられるのは自然あふれる御苑の方であり、わざわざ(少なくとも事前通告なく)庁舎に来られることなどありはしなかった。ましてや自分の部署になど!
 どうか自分の机の上を見てくれるな、と男は願った。
 男もこの部署に配属されて長い。つまりは、この国の神秘的な成り立ちについて造詣が深いということだ。
 この国の裏の歴史は、魔とそれを退ける者達との凌ぎ合いの歴史である。退魔を生業とする一族は、それこそ各地に点在している。浅神、巫浄、七夜――彼らは魔を正すことに血道を上げた。上げすぎた、と言ってもいいかもしれない。あの鬼種すらいまや絶滅種だ。
 積極的な退魔など、もはや必要ない。現代に残る混血とて、融和を望んでいるものが大多数だ。反転の危険はあるが、それとて内々に処理されることが多い。
 それこそ、陵墓課のように監視に留めるだけで十分な対応と言えた。たとえ退魔の家々から臆病者の事後処理部隊と言われようとも、だ。
 故に、不味い。
 最悪の予想が現実となれば、落ち着いている魔と退魔のバランスを壊す可能性がある。おまけに今回
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1550949335/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/02/24(日)04:15:36.80ID:Q7QyaxPR0
思いついたので書いた、書けた
人を選ぶ内容ではあるとおもう
30レスぐらい

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/02/24(日)04:17:22.58ID:Q7QyaxPR0
ぐだお(人理焼却は防げたけど、今日も今日とて微弱な特異点もどきの修正!)
ぐだお(でも、みんなや……大好きな後輩が、マシュ居るから、頑張ろうって思える)
ぐだお(……世界も元に戻ったし、もう少しおちついたらマシュをデートにでも誘おうかな)
.
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/02/24(日)04:18:06.21ID:Q7QyaxPR0
ぐだお「ふぅー、ただいまー」
マシュ「あ、先輩。レイシフトお疲れ様でした!今回は北米で、大変でしたね……」
ぐだお「微弱な歪みが東西それぞれの海岸に出るとは……慣れたとはいえ足腰がキツいや」
マシュ「一度、カルデアに戻って再出発すればよかったと思いますが」
ぐだお「レイシフトの回数が少ないに越したことはないよ。マシュも、サポートありがと」
マシュ「いえ!お役に立てたのなら光栄です!でも、もう少しご自分の体をいたわってくださいね」
ぐだお「ん、そうするよ。……ところでマシュ」
マシュ「はい?なんでしょう」
ぐだお「ちょっぴり、なんだか、なんとなーくだけど、……嬉しそう?」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/02/24(日)04:19:17.84ID:Q7QyaxPR0
マシュ「あ!いえ、その!……わ、わかりますか?」
ぐだお「うん。何かいいことでもあった?」
マシュ「はい!……そうですね。尊敬すべき先輩にはやはり迅速にお伝えすべきですね」
ぐだお「ん、どうしたの改まって。なんか、よっぽど重大なこと?」
マシュ「はい。実は
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1540563802/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2018/10/26(金)23:23:23.07ID:FT+LvVx60
シトナイが可愛すぎて仕方ないので書いてしまったエロ小説です
一応夢オチなので非処女派にも大丈夫……だといいなぁ

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2018/10/26(金)23:25:27.30ID:FT+LvVx60
シトナイ「それにしても暇ねぇ」
エミヤ「第一声がそれか。三柱の神々の総意とは到底思えんな」
シトナイ「だってわたしたち、基本的には戦う為に召喚されてるんだもの。戦いがない日々は必然的に退屈を誤魔化せなくなるわ。シロウは毎日、どうやって時間を潰してるの?」
エミヤ「水回りの整理や、武器装飾の手入れ、それに料理に……たまにマスターへの戦術指南」
シトナイ「たまになんだ。それが一番重要でしょうに」
エミヤ「棘を隠さない物言いは相変わらずだな。君の思惑通り、私の教えなど歴戦の英雄達の足元にも及ばんよ。だが、マスターも根は凡人だからな。凡人が相手となれば凡人にしか教えられぬ事もある」
シトナイ「似た者同士、って事?そうねえ、シロウもマスターも露骨なぐらい主人公っぽいし。ま、平和な毎日を過ごしてますよ、ってことね」
エミヤ「慣れないか?」
シトナイ「それは……当たり前でしょ。神々の観点からすれば人並みの生活なんて俗すぎるし、イリヤスフィールからすれば、日常なんて遠くの出来事でしかなかったんだもの」
エミヤ「……。まあ、君についての話を掘り下げても良い気はしないだろう。お互いにな」
シトナイ「時間、どうやって潰そうかな」
エミヤ「他の英霊たちに挨拶回りでもしてきたらどうだ?当たり前だが、これで中々カルデアのメンツは濃い。私も言えた義理ではないがね。退屈なんて感情が吹き飛ぶぐらいには人騒がせな連中の集まりだ」
シトナイ「そう?じゃ、ちょっとは神様っぽい余裕を見せちゃおうかな。見た目で侮られる前に、お姉さんっぽいところをアピールしないとね」
8:

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1551535083/
1:
◆XXGElUpwlQ
2019/03/02(土)22:58:03.87ID:imR1Nydro
・Fateのメンバーに大喜利をやってもらうSSです。
・登場するサーヴァントは基本的に五次鯖です。
・全編Fateネタバレ&キャラ、世界観、設定崩壊待ったなし。但し大喜利もSS自体も「あくまで洒落」なので、その点はご理解を。
・初SSなので何かありましたらご遠慮なく言ってください
HFの2章公開に合わせて投下するはずが遅れに遅れて今頃になってしまった……


2:
◆XXGElUpwlQ
2019/03/02(土)23:01:37.59ID:imR1Nydro
セイバー「うむむ……」
士郎「どうだ、セイバー」
セイバー「……ハッ、出来ました、シロウ!」
士郎「おっ、じゃあさっそく聞かせてもらおうかな」
セイバー『聖杯とかけまして、悪い魔術師と解く』
士郎『その心は?』
セイバー『私に成敗(セイバー/聖杯)されるでしょう!』ドヤッ
士郎「……」
セイバー「いかがですか」フンス
士郎「あ、あぁ、その調子で頑張ればいいと思うぞ(不安だ……)」

3:
◆XXGElUpwlQ
2019/03/02(土)23:05:11.79ID:imR1Nydro
大河「どーもどーも! 聖杯大喜利戦争の時間がやって参りました!
    司会は私、冬木の虎。藤村大河でーす」ガオウ
大河「まずは英霊の皆さんのご挨拶から、どうぞ」
※()の中は着物の色
槍流亭犬之介(紺色)「時々、ランサーさんは犬が嫌いなんですかって聞かれることがあるんだが、別にワン公が嫌いってわけじゃねえさ。
              食卓に上らねぇ限りはな。けどよォ、犬と犬呼ばわりとじゃ違うだろ? 現にそこには自分で冬木の虎っつっておきながら、
              虎呼ばわりすると座布団取り上げるおっかねえ姉ちゃんがいるじゃねえか。ランサーだぜ」
弓屋贋作(黒)「最近、凛から食
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1556421291/
1:
◆8cB8K086lg
2019/04/28(日)12:14:51.46ID:1oQnS3jFo
・Fateのメンバーに大喜利をやってもらうSSの2スレ目です。前作を楽しんでくれた方がいたので続編書きました。
・登場するサーヴァントは基本的に五次鯖です。
・全編Fateネタバレ&キャラ、世界観、設定崩壊していますが、「あくまで洒落」なので、広い心でお願いします。
前スレ
【Fate】士郎「聖杯大喜利戦争?」【大喜利】

2:
酉晒しちゃったよ……以降はこっちでいきます◆8cB8K086lg
2019/04/28(日)13:01:17.07ID:1oQnS3jFo
切嗣( (笑)聖杯……かつてそれは、亜種聖杯戦争で奪い合いが行われた聖杯だった)
切嗣(もっとも、冬木のそれとは規模も力も小規模なものでしかなく、魔術協会も聖堂教会もそこまで危険な代物とは考えていなかった)
切嗣(しかし、功を焦る魔術師がイレギュラークラスの英霊を召喚したがために、全ては狂ってしまう)
切嗣(そう……道化師(ジョ―カ―)クラスのサ―ヴァントを――)
3:
◆8cB8K086lg
2019/04/28(日)13:04:08.32ID:1oQnS3jFo
切嗣(聖杯戦争は破綻し、ジョ―カ―の英霊によって、聖杯は笑いに呪われた願望機と化してしまった)
切嗣(それは何もせずとも自ら魔力を吸収し、呪いを蓄積させていく……そして最終的には、吐き出された呪いのジョークにより、全人類が笑い死にするという絶望的な予測結果が報告された)
切嗣(聖堂教会は、これを第八百一号聖杯、通称 「(笑)聖杯」と名付けた)
切嗣(この最悪な人類滅亡を防ぐため、魔術師たちはひとつの儀式を行うようになった)
切嗣(聖杯自体の解体は難航し、膨大な時間が必要となることが明白だったため、聖杯に貯まり続ける魔力を危険値になる前に無散させる。それに狙いが置かれた)
切嗣( (笑)聖杯はジョークやユーモアに対して強く反応する。それがより強力な魔力を持つものが生
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1331866076/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/03/16(金)11:47:56ID:67Cc8XrA
赤セイバー「本当だぞ!余は嘘なんかつかないからな!」
奏者の性別>>3
何をするか>>6

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/03/16(金)11:55:54ID:67Cc8XrA
赤セイバー「……」そわそわ
赤セイバー「……」そわそわ
赤セイバー「……誰もこない」そわそわ
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/03/16(金)11:56:56ID:0Nk2WiUU
ここは女で
5:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/03/16(金)12:03:57ID:67Cc8XrA
>>3
赤セイバー「!見るがよい奏者!余にも安価に答えてくれる者がいたぞ!」
ザビ子「よかったねセイバー(……安価って何だろう)」
赤セイバー「余は嬉しい!」
6:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/03/16(金)12:13:39ID:E4UnirEc
料理

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1559276518/
1:
◆8cB8K086lg
2019/05/31(金)13:21:58.36ID:uGcET6PHo
・Fateのメンバーに大喜利をしてもらうSSの3スレ目です。
・登場するサーヴァントは基本的に五次鯖です。
・全編Fateネタバレ&キャラ、世界観、設定崩壊していますが、「あくまで洒落」なので、深く考えない方向でお願いします。
前スレ
【Fate】アーチャー「聖杯大喜利戦争」 凛「座布団二枚目よ」【大喜利】
前々スレ
【Fate】士郎「聖杯大喜利戦争?」【大喜利】


2:
◆8cB8K086lg
2019/05/31(金)13:25:28.56ID:uGcET6PHo
ライダー『こう見えても三人姉妹の末でして、二人の姉がおります。が、これがなかなか難儀な性格で……
     その点、サクラと私も姉妹のようと言われますが、サクラは良いですね。気立てが良くて嫋やかで、姉達とは大違いです。
     似ているところがあるとすれば、お仕置きが怖いところ……いえ、そうでもないですね。その点についてはサクラのほうがよっぽど……』
ライダー「ライダーです……うーん、ダメですね。直接的過ぎます。もっと分かる人には分かるように暈さないと――」
桜「そもそも話題が間違っているんじゃないかと思うな、ライダー?」ゴゴゴゴゴゴゴゴゴ……
ライダー「」
3:
◆8cB8K086lg
2019/05/31(金)13:27:05.51ID:uGcET6PHo
※()の中は着物の色
大河(タイガー道場の道着)「はーい、お待ちどうさま。聖杯大喜利戦争の時間がやって参りました。司会は私、藤村大河です。どーぞよろしく!」
大河「それでは英霊の皆さんのご挨拶からどうぞ」
槍流亭犬之介(紺)「高座名……あって無いようなものだが、他に機会も無いだろうからこのさい言っておくぞ。
          俺の高座名の読み方は「けんのすけ」だ。「いぬのすけ」じゃねぇ。気に入らねぇならランサーで通してくれ
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1333095457/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/03/30(金)17:17:37ID:j/xDS5hM
暦「聖杯戦争?なんだそれ?」 
ひたぎ「7人のサーヴァントとマスターが願いが叶う聖杯をかけて戦争
    をするのよ。」
暦「サーヴァントってなんだ?」
ひたぎ「過去に活躍した英雄よ。アーサー王とかセ○ロスとか。」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/03/30(金)17:22:39ID:j/xDS5hM
暦「2人目の方は出しちゃいけないだろ!」
ひたぎ「あら、だめなの?じゃあ人類最古の英雄で我慢するわ。」
暦「どっちにしてもスペックが鬼畜だぁ!」
ひたぎ「ちなみに今回は2人1ペアでマスターをするらしいわ。」
暦「どうやって決めるんだ?」
ひたぎ「くじびきで当たった人がきめるわ」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/03/30(金)17:38:32ID:j/xDS5hM
・・・教会
綺礼「よく集まってくれた。14人のマスター諸君、集まってもらったのは他でもない
   マスターのペアを決めるためだ。それではその箱からくじを引いてくれたまえ。」
暦「こんな事しなくても最初から7人にすればいいのに・・・」ブツブツ
ひたぎ「早くしなさい阿良々木君まだ後ろが13人もひかえているのよ。」
暦「はいはい。」ゴソゴソ
暦「赤いくじだな。」
ひたぎ「黄色いくじね。」
八九寺「紫のくじですね。」
駿河「私は青いくじだ。」
千石「茶色のくじだね。」
羽川「私は白いくじですね?」
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/03/30(金)17:39:19ID:j/xDS5hM
火憐「私は青紫だな。」
月火「私は黒いくじだね。」
余弦[赤茶色やな。」
余接「レモン色だよ 僕はキメ顔でそう言った。」
貝木「金色だな。」
押忍「オレンジ色だね。」
忍「黄土
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1333252233/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/04/01(日)12:50:33ID:zn9lsRNM
前スレ→
ひたぎ「阿良々木君、聖杯戦争をしましょう。」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/04/01(日)12:56:59ID:zn9lsRNM
暦「(無事に聖杯戦争も終わり、一ヶ月も過ぎようとした頃、
  またおかしな事が起こった)」
火憐「阿良々木君、そこの本を取って頂戴。」
暦「(当然普段ならば火憐ちゃんはこんな喋り方はしないそして・・・)」
ひたぎ「兄ちゃん、このまんまじゃ夏休み明け学校いけないじゃんかよ!」
暦「(僕の彼女の戦場ヶ原もこんな喋り方はしない。要するに2人の中身が
   入れ替わったのである)」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/04/01(日)13:00:45ID:zn9lsRNM
ギル「また面白い事が起こったではないか。
   やはり貴様といると退屈せんな、コヨミ。」
暦「そのありがたい評価は後にして今はこの2人をどうにかしないといけない。」
ギル「そうか?我はこのままでも構わんぞ、中々シュールな光景ではないか。」
暦「お前が困らなくても僕がこまるんだよ!」
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/04/01(日)13:12:39ID:zn9lsRNM
押忍「阿良々木君、元気がいいねぇ、何かいいことでもあったのかい?」
暦「なんでお前がここにいるんだよ!」
押忍「いや?だって塾が占拠されちゃってるし、他に住む所がなくてね。
   ここは一つ、恩返しっていう形で居候させてくれないかな?」
暦「前スレの願いはなんだったんだろう・・・・」
ギル「そういえば最近綺礼を見んな。」
暦「長期出張とか言ってたぞ。」
6:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/04/01(日)14:20:18ID:zn9lsRNM
暦「しっかしなんでこうなっ
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1556964538/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/05/04(土)19:08:58.80ID:m0F9aSEs0

ぐだ男「何それ?」
マシュ「15世紀の後半にトマス・マロリーさんという方が執筆したアーサー王に関する伝説ですね。
    アーサー王の出生からその最後までを記された大作ですよ。」
ぐだ子「ふーん。縁起でもないタイトルだけど、つまりアルトリアの一生が描かれているってこと?。」
マシュ「ええ、他にも円卓の騎士の皆さんのエピソードもたくさんあります。
    せっかくですし先輩も一緒に読んでみますか?ひょっとしたら、いずれ会うことになるかもしれない方のお話かもしれませんよ?」
ぐだ男「面白そうだね。えーっとなになに、ある年の聖霊降臨祭の日の朝、キャメロットは不穏な空気に包まれておりました…。」


2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/05/04(土)19:10:54.52ID:m0F9aSEs0
=====キャメロット=============
アルトリア「…ムスー」
ガウェイン「これは…」
ベデヴィエール「なんということでしょう。」
アグラヴェイン「我が王が、食べ物を前にして…」
ランスロット「朝食をお召し上がりになられようとされないとは!!」
ぐだ男「そう、その日アーサー王は、朝食を目の前にしても、一切手をつけようとされなかったのです!」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/05/04(土)19:11:29.02ID:m0F9aSEs0

ぐだ子「…あれ?この伝説でもアルトリアって食いしん坊だったの?」
マシュ「ち、違います、これには訳がちゃんとありますから。」
ぐだ男「あ、本当だ。聖霊降臨祭の日、アーサー王が朝食を取ろうとするたびに、急な仕事が舞い込んでくるばっかりで、
    この日何かが起こると予知した際、アーサー王はその雑務を済ませてから食事
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1339505963/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/06/12(火)21:59:23ID:9o.dNoAg
衛宮邸
大河「いや、セイバーさんは十分士郎のこと…」
士郎「あぁ、セイバーは俺になついているさ」
士郎「だがそれは俺が飯をくれるから」
士郎「感覚的には飼い猫と一緒だ」
大河(まぁわからなくは…)
士郎「というわけで早速>>2をするぞ!」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/06/12(火)22:04:16ID:UqQiDEjM
朝のラジオ体操
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/06/12(火)22:09:28ID:9o.dNoAg
士郎「ラジオ体操だ!」
大河「は?」
士郎「あったーらしーいあーさがきたー」
士郎「ほら何やってんだよふじねぇ!」グイグイ
大河「えぇ?…」ヒッパラレ
士郎「背伸びの運動から?」イチニッサンシッ
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/06/12(火)22:11:54ID:9o.dNoAg
大河(あたしは一体何を…)イチニッサンシッ
セイバー「おはようございます、なにをしているのですか?」
士郎「ラジオ体操だよ」
セイバー「ラジオ体操?」
士郎「日本人はこれをやると清々しい朝を迎えられるんだ」
セイバー「それは素晴らしい体操ですね」ニコ
士郎「あ、あぁ//」ドキッ

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1561871528/
1:
◆8cB8K086lg
2019/06/30(日)14:12:08.79ID:eJrpsm3So
・Fateのメンバーに大喜利をやってもらうSSの4スレ目です。
・登場するサーヴァントは基本的に五次鯖です。
・全編Fateネタバレ&キャラ、世界観、設定崩壊、オリ設定ありですが、「あくまで洒落」なのでご勘弁を。
 
 一作目
 
【Fate】士郎「聖杯大喜利戦争?」【大喜利】
 二作目
 
【Fate】アーチャー「聖杯大喜利戦争」 凛「座布団二枚目よ」【大喜利】
 三作目
 
【Fate】ライダ―「聖杯大喜利戦争」桜「座布団三枚目です」【大喜利】


2:
◆8cB8K086lg
2019/06/30(日)14:24:08.29ID:eJrpsm3So
時臣「アーチャー、改めて口にするまでもないとは思うが、私は遠坂の一族が聖杯大喜利戦争に名を連ねることを今でも快く思っていない」
時臣「魔術協会と聖堂教会双方から依頼されたとあっては無下にも出来ず、こうして君に参戦してしてもらっているわけだが、仮にも遠坂家に仕える身である
   以上、最低限の品や格は守ってもらわなければならない」
時臣「特に最近はその場で笑えれば良いとばかりに英霊同士で貶し合いや、あまつさえマスターの醜態まで公にする輩までいる始末だ。
   そのような戦い方は恥ずべき行為だ。君にはあくまで機知に富んだユーモアでもって勝利してもらわなければ困る。わかるね、アーチャー」
アーチャー「わかった、わかった。ウィルスに感染したパソコンに除菌スプレーを吹きかけて壊してしまった話はネタにしないから安心したまえ」
時臣「……」
3:
◆8cB8K086lg
2019/06/30(日)14:25:31.14ID:eJrpsm3So
大河「はいはーい、お待ちかね聖杯大喜利戦争の時間がやって参りました。司会は私、藤村大河です。どーぞよろしく!」
大河「それでは英霊の皆さんのご挨拶からどうぞ」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1565263059/
1:
◆8cB8K086lg
2019/08/08(木)20:17:40.01ID:Nm2odBvzo
・Fateのメンバーに大喜利をしてもらうSSの5スレ目です。
・大喜利回答者のサーヴァントは五次鯖です。
・全編Fateネタバレ&キャラ、世界観、設定崩壊していますが、「あくまで洒落」なので、なんとなく受け流してください。
 月一で投下する予定だったのですが、前回無理してシリアスとか書いたせいで息切れして遅刻しました。ごめんなさい。
 一作目
 
【Fate】士郎「聖杯大喜利戦争?」【大喜利】
 二作目
 
【Fate】アーチャー「聖杯大喜利戦争」 凛「座布団二枚目よ」【大喜利】
 三作目
 
【Fate】ライダ―「聖杯大喜利戦争」桜「座布団三枚目です」【大喜利】
 四作目
 
【Fate】キャスター「聖杯大喜利戦争」 葛木「座布団四枚目だ」【大喜利】


2:
◆8cB8K086lg
2019/08/08(木)20:26:00.93ID:Nm2odBvzo
セイバー「ええ、ですから出るときには出るのです。豪華賞品も、座布団十枚も」
ジャンヌ「そうなのですか……私は見始めて間もないので、昔のことはあまりよく知らないのです。どんなものがあったのですか」
セイバー「賞品で印象深いものと言えば……そうですね、「北欧へオーロラを見に行ける」というのがありました。あれは織田信長が獲得したはずです」
ジャンヌ「素敵ですね!」
セイバー「はい。帰ってから撮影した映像を見ましたが、レンズ越しでも実に美しかった……」
セイバー(何故か無理矢理同行させられて凍えていた沖田総司のほうが印象に残っているのですが)
セイバー「あとは征服王が獲得した「美女と社交ダンス」というのもありましたね」
ジャンヌ「イスカンダルが社交ダンス、ですか……で、そのお相手の美女というのは」
セイバー「茶々が呼ばれましたね。そして踊ったのは「チャ・チャ・チャ」でした」
ジャンヌ「……」
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1566991155/
1:
◆8cB8K086lg
2019/08/28(水)20:19:15.71ID:odlrC+eNo
・Fateのメンバーに大喜利をしてもらうSSの六スレ目です。
・大喜利回答者のサーヴァントは五次鯖です。
・全編Fateネタバレ&キャラ、世界観、設定崩壊していますが、「あくまで洒落」です。やんわり流してください。
 一作目
 
【Fate】士郎「聖杯大喜利戦争?」【大喜利】
 二作目
 
【Fate】アーチャー「聖杯大喜利戦争」 凛「座布団二枚目よ」【大喜利】
 三作目
 
【Fate】ライダ―「聖杯大喜利戦争」桜「座布団三枚目です」【大喜利】
 四作目
 
【Fate】キャスター「聖杯大喜利戦争」 葛木「座布団四枚目だ」【大喜利】
 五作目
 
【Fate】ランサー「聖杯大喜利戦争」バゼット「座布団五枚目です」【大喜利】


2:
とうとうスレタイすらミスるというね◆8cB8K086lg
2019/08/28(水)20:25:19.08ID:odlrC+eNo
衛宮邸
アイリ「グスッ……よかった……大河ちゃんが無事で本当に良かった……」
切嗣「やれやれ……あらゆる手を尽くして探したけど、まさかあんな所に飛ばされていたとは……」
士郎「正直予想外だった。あそこからあんな空間に転移して、あんなサーヴァントに出会うだなんて」
イリヤ「ええ、あそこであの礼装とあの宝具があんな相乗効果を発揮してくれなかったら、私たちも危ういところだったわ」
切嗣「あぁ。だが……」
大河「お待ちなさい……鯛のお頭がひん曲がっていてよ……」
リズ「おー、危ないネタ。とうとうそっちまで手を出すか」
セラ「恐らくは空間転移した際のショックで記憶が混乱したのでしょう。外傷らしいものはありませんから」
士郎「まさか、ずっとこのままなんてことは……」
イリヤ「たぶん大丈夫よ。単なる一時的ショックみたいだし、それに悪運の強いタイガのことだもの。そのうちケロッ
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
スポンサード リンク
<<
0
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。