SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
タグ:
Fate・FGOのSS
タグ一覧の表示
<<
2017年03月
>>
101件取得
人気記事順表示
<<
0
1
2
3
>>
転載元:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1328323314/
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/02/04(土)11:41:54.61ID:6nEcfY5B0
教会
カレン「……」トコトコ
カレン「ランサー?花壇の手入れは終わりましたか?」
しーん……
カレン「英雄王?聖堂の拭き掃除は終わったのですか?」
しーん……
カレン「全く……仕事をサボってどこへ……。これはおしおきですね、ふふ」
カレン「おや?これは……メモ……?」
ランサー・ギル『マスターにはもうついていけません。探さないでください』
カレン「……」
カレン「ふっ……。ついに逃げ出したか、駄犬ども」
3:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/02/04(土)11:46:11.29ID:6nEcfY5B0
カレン「探すのはいつでもいいでしょう」
カレン「さてと、朝の手入れが終わっていないならしておかないと……」
カレン「えーと……」トコトコ
カレン「ホースは……」キョロキョロ
カレン「あれ……ここではなかったですか……?」
カレン「ない……」
カレン「こっちでしょうか……」トコトコ
カレン「……ない」
カレン「ランサーが位置を変えたのですね。本当にいらないことばかりをするのですから」
カレン「花壇の手入れはなしでいいです。それよりも拭き掃除をしなければ」
カレン「雑巾は……」キョロキョロ
カレン「……」
カレン「ふっ。あの二人、私に場所を変えたことを告げないで出て行って……困らせる作戦ですね……」
カレン「いいでしょう。受けて立ちます」
カレン「……えーと……」キョロキョロ
4:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/02/04(土)11:49:36.88ID:6nEcfY5B0
カレン「はぁ……はぁ……」
カレン「雑巾……やっと見つかった……」
カレン「早く掃除を終えないと……」
カレン「……」トコトコ
カレン「……」ゴシゴシ
カレン「ふぅ……疲れた
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1414629167/
1:
ギレン
2014/10/30(木)09:32:47.97ID:l9cyIU4hO
ギルガメッシュ「聖杯戦争の生き残りは今やセイバーとこのオレを残すのみ」
セイバー「聖杯は....私が手に入れる!」
ギルガメッシュ「まあ待て。慌てるなセイバーよ。聖杯を求め苦しむ様はみていて面白いが、このまま決着がついたのではつまらんと言うものだ」
セイバー「何が言いたい!」
ギルガメッシュ「桃太郎電鉄で勝負だ、セイバー」

2:
ギレン
2014/10/30(木)09:37:37.36ID:l9cyIU4hO
セイバー「ふ、ふざけるな!人を見下すのも大概にしろ、英雄王!!!」
ギルガメッシュ「俺の力の前に、貴様は地を這う虫ケラ同然。決着はとうについておろう。」
セイバー「私のこれまでの全てを侮辱している!戦え!」
ギルガメッシュ「黙れ!王の中の王たる俺が『桃太郎電鉄』での決着を提案してやってるのだ。そのような慈悲を無下にするようならこの場で殺してしまってもかまわんのだぞ?セイバー?ハッハッハッハッハッ!!!!!」
セイバー「くっ」
4:
ギレン
2014/10/30(木)09:44:58.04ID:l9cyIU4hO
〜10分後〜
ギルガメッシュ「オレの宝物庫に存在する別荘の居心地はどうだ?クックック、寒い冬に適度に暖まった『掘りごたつ』に『ホットカーペット』。王たるオレはこの世のあらゆる悦を知り尽くしているからな」
セイバー「................」
言峰「英雄王よ、これいったいどういう事だ?」
ギルガメッシュ「この戦い、桃鉄をもって決着をつけようというのだ!」
言峰「わけがわからん」
切嗣「...............」
5:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/10/30(木)09:50:55.12ID:ZNO8s2t8o
クラッシュする友情がないから安心だな

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1484879971/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/01/20(金)11:39:31.82ID:cFFGS+YZ0
シュゥゥゥゥゥゥ
マシュ「……レイシフト、無事完了です」
マシュ「周辺索敵……異常なし」
マショ「先輩、ここは安全なようですね」
ぐだ子「うん、そうだね、ところでマシュ」
マシュ「はい?」
ぐだ子「背、伸びた?」
マシュ「いえ、別にそんなことはないか……と……」
ぐだ子「そうかなあ……何か見上げるくらいに大きく感じるんだけど」
マシュ「……先輩?」
ぐだ子「ん?」
マシュ「……あの、下半身は?」
ぐだ子「え?」
マシュ「下半身は……どちらに?」
ぐだ子「は?」


2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/01/20(金)11:48:41.93ID:cFFGS+YZ0
ぐだ子「あははは、変なことを言うなあ、マシュは」
ぐだ子「下半身ならちゃんとここ……に……」ペタペタ
ぐだ子「……」ペタペタ
マシュ「……」
ぐだ子「……あ、あれ、お腹から下に、何故か地面が」
マシュ「せ、先輩……」
ぐだ子「……」
マシュ「……」
ぐだ子「う、うわああああ!私、下半身どこかに落としちゃった!?」
マシュ「た、大変です!一大事です!ダヴィンチちゃん応答を!」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/01/20(金)11:55:56.58ID:cFFGS+YZ0
「はいはい、皆の可愛いダヴィンチちゃんだよ」
「こちらでも状況は把握してる」
「というか、リアルタイムでぐだ子ちゃんが見えてる」
マシュ「ど、どういう事ですか」
ぐだ子「あ、あははは、下半身が、下半身が……」ブツブツ
マシュ「このままでは先輩が、先輩のメンタルが!」
「ちょっと待っててね……ほい」
ぐだ子「あっ……」
マシュ「せ、先
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1341928032/
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2012/07/10(火)22:47:12.60ID:yY87xBL/0
雁夜「ウチもだ。」
切嗣「同じく。」

2:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2012/07/10(火)22:47:44.42ID:7YEiMdd0O
ちょっと待ておじさん
5:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2012/07/10(火)22:50:05.73ID:yY87xBL/0
時臣「優雅にオヤスミのキスをするように言ったら、娘がどこぞの馬の骨の家から帰ってこなくなった・・・」
切嗣「ウチも一緒に寝ようとしたら、急に出ていってしまった・・・」
雁夜「ウチなんか何にもしてないのに帰ってこない・・・」
8:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2012/07/10(火)22:53:42.91ID:yY87xBL/0
時臣「ちょっとまて。さも『ウチの娘』みたいに話しているが、私の娘ではないかね?」
雁夜「時臣ぃぃぃぃ!貴様が桜ちゃんを捨てたんだろうがァァァァ!」
切嗣「まぁまぁ落ち着いて。」
雁夜「落ち着いていられるかァァァァ!」
時臣「まぁ間桐の家に養子に出したからには私の娘とはいえ、間桐の娘でもあるから不問にしておこう。」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1416178695/
1:
ギレン◆mUfbMLI5AI
2014/11/17(月)07:58:15.01ID:DQkjG1sGO
言峰「どうした、お前らしくないな?しかもよりによってTSUTAYAとはな」
ギルガメッシュ「我はこの世のありとあらゆる悦を知る責務があるからな、現界したこの世界の"映像作品"とやらをみてやろうと思っただけのことよ」
言峰「ほう。ちなみにTカードは作ったのか?」
ギルガメッシュ「そんなもの作っておらん。カードがないからわざわざお前を誘ったのだよ」
言峰「ふん。代金ぐらいは自身で賄えよ、英雄王」
ギルガメッシュ「案ずるな。お前の分も奢ってやろう。」

4:
ギレン◆mUfbMLI5AI
2014/11/17(月)08:09:55.29ID:DQkjG1sGO
ーinTSUTAYAー
ラッシャーセー
ギルガメッシュ「ほう、色々とモノが多いではないか。下賤の者達にしては上々だな。」
言峰「目的を果たしてさっさと帰るぞ。お前と違って私は暇ではないからな」
ギルガメッシュ「そう急かすな、綺礼。王の誘いなのだ、我をもう少し楽しませる気遣いをみせぬか」
言峰「ふん」
【レンタルDVDBul_rayコーナー】
ギルガメッシュ「よし、あそこだ!」
言峰「やれやれ......」
5:
ギレン◆mUfbMLI5AI
2014/11/17(月)08:34:24.11ID:DQkjG1sGO
ギルガメッシュ「ほほう。これが」
【新作】
『オール・ユー・ニード・イズ・キル』
『超高速!参勤交代』
『X-NENフューチャー&パスト』
.....etc
ギルガメッシュ「TSUTAYAレンタルというものか」
言峰「して、英雄王。貴様はどんな映画を見たいのだ?」
ギルガメッシュ「ふむ。気になる映画は沢山あるが....」
ズラーー
『バックトゥーザフューチャー』
『バックトゥーザフューチャー2』
『バックトゥーザフューチャー3』
『JAWS』
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read_archive.cgi/internet/14562/1350270373/
1:
S-River
:2012/10/15(月)12:06:13ID:903aumH2
士郎「ふーっ、今日の訓練も疲れたな。ありがとうセイバー」
セイバー「礼には及びません、士郎。しかし、それはそうとお腹がすきました」
士郎「はは、セイバーってば相変わらず腹ペコキングだなぁ」
セイバー「むむっ。士郎、食が戦の上でどれほど重要か分かっていないようですね。
……それになんですか、その腹ペコキングというのは」
士郎「あだ名さ。可愛いだろう?」
セイバー「かわっ……。なにやら馬鹿にされているような気がします」
士郎「そうか? 凛も桜も絶賛していたんだけどなぁ」
セイバー「むぅ。私だけこのような称号を一方的に授かるのは不服です。士郎、
あなたには何かあだ名はないのですか?」
士郎「俺はこれといって特徴のない平凡な高校生だからなぁ。これまでも特に
あだ名なんてつけられたことなかったし……」
セイバー「よいのですか?」
士郎「へっ?」
セイバー「仮にもこの物語の主人公が、そのように無個性でよいのですか? と聞いてい
るのです」
士郎「」

2:
S-River
:2012/10/15(月)12:07:19ID:903aumH2
?柳桐寺?
士郎「うわああああん一成ぃいいい、俺にあだ名を授けてくれー!」
一成「ぬお!? 何事だ衛宮」
士郎「実はかくかくしかじかで……」
一成「ほぉ……ふぅむ」
士郎「というわけなんだよ、一成。俺にぴったりのあだ名を授けてくれ! 付き合いの
長いお前なら分かるはずだろ? 頼むよ!」
一成「ううむ、しかしだな衛宮。助けてやりたいのは山々なのだが、
俺というやつはどうもこういったことには疎くてな。面白いあだ名が思い浮かばんのだ」
士郎「いや、面白さとか求めてないから! こう、俺を一言で表現しているクールな
あだ名をさ、なんか寺の力とかでどうにか!」
一成「ええい、離れんか! それに寺の力っ
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1416492366/
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2014/11/20(木)23:06:16.35ID:2Ru5SoBw0
プリズム☆イリヤの世界観にfate/zeroの設定を少し混ぜたようなお話です
勢いと設定集を熟読してないので、もしかしたら矛盾が生じるかもしれませんが
まあそこは都合のいいように解釈して読んでください
そういうのがどうしても無理って人はブラウザバックがおすすめです
ちなみに更新は不定期なので
寝る前に一回確認するぐらいの間隔で読んでいくのをおすすめします

4:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)2014/11/21(金)07:58:42.43ID:nOu628b/0
モワンモワン
切嗣「ここは村か?・・・見覚えがあるな・・・」
切嗣「夢みたいだが少し歩いてみるか・・・」
切嗣「夕暮れか・・・」
??「―知らない?」
??「ううん」
切嗣「あの少年・・・まさか・・・!!」タッタッタ
5:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)2014/11/21(金)07:59:29.56ID:nOu628b/0

??「シャーレイ?」
切嗣「ああ・・・そうか・・・これは僕の・・・」
??「君が殺して・・・今ならまだ・・・」
切嗣「僕の過去だ」
6:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)2014/11/21(金)08:00:14.71ID:nOu628b/0

切嗣「うああああああああああああああ!!」ガバッ
切嗣「はぁはぁ・・・ゆ、夢か・・・」
チュンチュン
切嗣「・・・起きよう」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1379679435/
1:
以下、新鯖からお送りいたします2013/09/20(金)21:17:15.83ID:/4nzl2mb0
※注意
書き溜め無しなのでまったり更新していきます
>>1はss書きなれてないので色々お許しください
展開も思いつきでgdgd進行していきます

2:
以下、新鯖からお送りいたします2013/09/20(金)21:30:36.82ID:/4nzl2mb0
イリヤ「いえーい!」ドンドンパフパフ
士郎「いえーい!」
士郎「・・・って、なんだそれ!?」
イリヤ「聖杯戦争のルールを変えてみましたー」テヘペロ
士郎「え、それってドッジで勝敗を決めるってことか・・・?」
言峰「その通りだ」
士郎「殺し合いだとか物騒なことしなくていいのは有難いんだけど、急にどうしたんだ?」
言峰「だってお前ら被害出しすぎなんだもん・・・少しは事後処理するこっちの身にもなってほしいし。前回は川で宝具ぶっ放しで船沈めたりするし・・・ブツブツ」
士郎「お、おう」
士郎「それで、いつやるんだ?」
言峰「もちろん今からだ。既に他のマスターには通達してある」
士郎「その辺りはさすがに抜かりないな」
言峰「では麻婆豆腐でも食べながら待つとしよう」
?1時間後?

3:
以下、新鯖からお送りいたします2013/09/20(金)21:51:12.83ID:/4nzl2mb0
ワイワイガヤガヤ
セイバー「士郎、これはどういうことなのですか。マスターとサーヴァントが勢ぞろいしているこの状況は・・・」
士郎「あ、ああ、俺も詳しくは把握してないんだけど聖杯戦争をドッジボールで決着つけるらしいんだ」
セイバー「ドッジボールで・・・私としては聖杯が手に入るのであればどんなことでも全力で戦い抜きますが」
士郎「俺も殺し合いじゃなければ願ったり叶ったりだからセイバーがそれでいいならいいんだけど・・・」
凛「相変わらず甘いこと言ってるわねアンタは」
士郎「遠坂!お前も来たの
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1369324845/
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2013/05/24(金)01:00:45.71ID:dVUsgV6gI
凛(セイバーのクラスを召喚するために今まで頑張ってきたのに………)
凛(召喚されたのが猫って……)
凛「どーいうことよっ!」
トム「………さぁ?」カタスクメ

2:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2013/05/24(金)01:03:13.97ID:qn648QCK0
ジェリー来たら負けるぞ
3:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2013/05/24(金)01:03:18.26ID:4+Jmmq77T
不死性EX
4:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2013/05/24(金)01:03:47.21ID:dVUsgV6gI
凛「………で、クラスはなんなのよ。えぇ?」
トム「えー……っと、ああアーチャーだ」
凛「はぁ!?それでアーチャー!?どこに弓を持ってんのよ」
トム「つか基本的になんでもできるけどね」
凛「……例えば?」
トム「えーー、サーベル、弓、格闘、空中浮遊、蘇生?」
凛「」
6:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2013/05/24(金)01:04:41.45ID:kbd8HCZg0
死なないが勝てないな

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1332658527/
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/03/25(日)15:55:27.94ID:DyLLEe6z0
イリヤ「まずはサーヴァントを召喚しないとね」
イリヤ「どの英霊を狙って召喚しようかしら>>5」
イリヤ「Fateシリーズ以外なら安価下にするわ」
5:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/03/25(日)15:57:41.28ID:tyDlTpv60
キャスター
7:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/03/25(日)15:59:35.37ID:DyLLEe6z0
イリヤ「なるほど、キャスターね」
イリヤ「っていうかキャスターっていっぱいいるじゃない!」
イリヤ「どのキャスターを召喚しようかしら>>10」
10:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/03/25(日)16:00:46.70ID:Fvmy6yal0
星野仙一
11:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/03/25(日)16:00:48.04ID:IAWykuMs0
プリズマ☆イリヤ
12:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/03/25(日)16:01:00.95ID:J5XG7Lu/0
ジル・ド・レェ
16:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/03/25(日)16:06:43.50ID:DyLLEe6z0
イリヤ「プリズマ☆イリヤって私のことじゃないの!」
イリヤ「安価下のジル・ド・レェにするわ」
?詠唱中?
キャスター「問おう。我を呼び、我を求め、キャスターのクラスを依り代に限界せしめた召喚者…」
キャスター「貴殿の名をここに問う。其は、何者なるや?」
イリヤ「私はイリヤスフィール・フォン・アインツベルンよ」
イリヤ「私のことは何て名前で呼んでもらおうかしら>>20」
20:
以下、名無しにかわりまし
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1488991582/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/03/09(木)01:46:22.45ID:7bDljE9kO
【廊下】
「デュフフフwこれはたまりませんなぁ!コレクションが潤うでござるw」
マシュ「……先輩の部屋から邪悪な気配を感じます」
「うひょー!!サイコー!」
マシュ「まさかティーチさんですか!先輩、失礼します!」ガチャ
ぐだ子「おっひょわ!?」ガタン
マシュ「あれ?」
ぐだ子「ど、どうしたのマシュ」
マシュ「いえ、先輩の部屋からティーチさんの気配を感じたのですが」
ぐだ子「く、くろひー?ここにはいないよ」
マシュ「そのようですね……。突然すみませんでした。あ、もうすぐ夕食ですよ」
ぐだ子「わかった!すぐに向かうよ」
マシュ「はい!ではまた」ガチャ
ぐだ子「……」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/03/09(木)01:57:07.62ID:7bDljE9kO
【食堂】
ぐだ子「マシュー、どこだー」
黒髭「だから拙者は何も知らないでござるよ!」
ドレイク「本当かい?じゃあマシュが嘘をついたって抜かすのかい」
黒髭「そんなことを言われても身に覚えがないのですが!」
ぐだ子「どうしたの?」
黒髭「マスター!助けてくだちい!拙者、無実の罪でBBAに責められているんですぞ!」
ぐだ子「……攻め?」
黒髭「え?なんか言ったでござるか?」
ぐだ子「い、いや、なんでもないよ!それで?」
ドレイク「どうしたもこうしたも、コイツがあんたの部屋で好き放題してるんじゃないのかってマシュが心配してたのさ」
ぐだ子「くろひーは私の部屋に来てないよ」
ドレイク「……あんたがそういうならそうなのか」
黒髭「だからそう言ってるだろうが!これだからBBAは」
ドレイク「疑われたくないなら怪しいことは辞めるんだね」
黒髭「余計なお世話だ」
ドレイク「マシュもそれでいいかい?」
マシュ「
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1472305533/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/08/27(土)22:45:33.66ID:sa1cij+PO
ぐだ子「BBQがしたい?」
エジソン「左様!やはり夏と言えば海!海と言えばBBQですからな!」
テスラ「これだから貴様は凡骨なのだ!夏と言えば山!山と言えばBBQに決まっている!」
エジソン「だまれすっとんきょうめ!海だ!」
テスラ「うるさい毛むくじゃら!山だ!」
エジソン「海だ!」
テスラ「山!」
ぐだ子「ごめんなさい。外に出たくないです」
エジソン・テスラ「なんと!?」
ぐだ子「部屋でクーラーがんがんに効かせて扇風機ブンブン回して布団の中でアイスクリーム食べてるのが一番」
エジソン「うむ!私が送った扇風機の使い心地はどうかな?」
テスラ「私が改造したクーラーは素晴らしいだろう!」
エジソン・テスラ「あ?」
テスラ「所詮扇風機など気休めにしかならんな!」
エジソン「クーラーなど一歩間違えれば風邪をひいてしまうわ!」
ぐだ子「うるせぇ」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/08/27(土)23:00:33.65ID:sa1cij+PO
ガチャ
マシュ「先輩、お昼の素麺が茹で上がりまし……って寒っ!?」
ぐだ子「マシュー!一緒に毛布かぶろー」
マシュ「何してるんですか!」
フラン「うぅー!」
ぐだ子「あ、やべ!」
フラン「うぅー!!」ブチ
クーラー「」ブゥン…
扇風機「」ブゥン…
ぐだ子「あぁ!コンセント……」
フラン「うぅー!あー!」
マシュ「無駄遣いはダメと言ってますよ」
ぐだ子「はい……」
エジソン「……」ソローリ
テスラ「……」ソローリ
マシュ「そこのお二人も!」
エジソン・テスラ「!?」
マシュ「最近、電力の使いすぎが目立ちます!」
エジソン「仕方あるまい!新たな発明のためだ!」
テスラ「致し方あるまい。全ては人類の
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1379591543/
1:
以下、新鯖からお送りいたします2013/09/19(木)20:52:24.06ID:A5E0Smxi0
第四次聖杯戦争
ディルムッド「貴様らは、そこまでして勝ちたいか」
ディルムッド「そうまでして聖杯が欲しいか!」
バゼット「」バタ
切嗣「」フッ
セイバー「……」
ディルムッド「許さん、貴様らは断じて許さん」
ディルムッド「聖杯に呪いあれ!」
ディムッド「このディルムッドの怒りを思い出せ」バタ
10年後
ケイネス「ここが日本か」

3:
以下、新鯖からお送りいたします2013/09/19(木)20:59:53.03ID:A5E0Smxi0
ケイネス「東洋の島国の分際で生意気にも科学だの経済力などで諸外国と張り合う厚顔さ」
ケイネス「嘆かわしいを通り越して怒りを覚える」
ケイネス「そうは思わんか、ランサー」
ランサー(クー・フーリン)「別に俺はアンタ程、この国を非難する気はないがねえ」
ケイネス「ふん、まあいい」
ケイネス「さっさとホテルに移動するぞ」
4:
以下、新鯖からお送りいたします2013/09/19(木)21:12:00.56ID:A5E0Smxi0
ハイアットホテル
ソラウ「それで、貴方はこれからどう動くつもりなの、ケイネス」
ケイネス「ふむ。まずはランサーだけを戦場に出して、私は高みの見物をしようと思ったのだが」
ケイネス「他の参加者を見て気が変わった」
ケイネス「聞けば遠坂と間桐のマスターはまだ二十歳にも満たないそうだ」
ケイネス「魔術師である以上、子供相手でも容赦するつもりはないが」
ケイネス「逃げ隠れしては、このロード・エルメロイの名が廃るというもの」
ケイネス「故に堂々と正面から打って出ようと思う」
7:
以下、新鯖からお送りいたします2013/09/19(木)21:22:41.49ID:GAHyXMlDO
令呪出たから参加したら案の定という訳か

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1339509543/
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2012/06/12(火)22:59:03.35ID:Z5e8O/xO0
ギル「綺礼、お前も愉悦の何たるかが分かってきたじゃないか」
言峰「┌(┌^o^)┐愉悦ゥ…」
ギル「では、
>>4に行くといい。お前の探し求めるものがあるだろう」
言峰「┌(┌^o^)┐愉悦ゥ…」カサカサ…
ギル「……」
ギル「……綺礼……」

4:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2012/06/12(火)23:00:20.30ID:xeeamcH90
味の素スタジアム
9:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2012/06/12(火)23:03:36.02ID:Z5e8O/xO0
【味の素スタジアム】
言峰「┌(┌^o^)┐愉悦ゥ…」
言峰「┌(┌^o^)┐愉悦ゥ…?」
言峰「┌(┌^o^)┐愉悦ゥ…??」
言峰「……」
言峰「ここに愉悦などないっ!」

11:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2012/06/12(火)23:08:13.11ID:Z5e8O/xO0
【教会】
言峰「┌(┌^o^)┐愉悦!」
言峰「┌(┌^o^)┐愉悦!愉悦ッ!!」
ギル「そう怒るな綺礼よ、まさか本当に行くとは思わなかったのだ」
言峰「┌(┌^o^)┐愉悦ゥ…」
ギル「むしろお前の愉悦を探し求める思いを試していたのだ、許せ」
言峰「┌(┌^o^)┐愉悦ゥ…」
ギル「では今度は
>>15に会いに行くといい。奴ならお前に愉悦の何たるかを教えてくれるだろう」
言峰「┌(┌^o^)┐愉悦ゥ…」カサカサ
ギル「……」
ギル「……綺礼……」
15:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2012/06/12(火)23:12:27.34ID:mG4x2Qbb0
アイリ

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1401607432/
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/06/01(日)16:23:52.54ID:Q54dN3DsO
時臣「最強のサーヴァントを引き当てた。この戦い我々の勝利だ!」
ヘラクレス「ハハハ、照れてしまいます時臣様」
時臣「一応聞いておくが得意な戦術は?」
ヘラクレス「アーチャーで召喚されていますので狙撃は勿論。この拳があれば白兵戦では負けるつもりはございません」
時臣「ふふふ……素晴らしい。ステータス、性格、宝具、どれをとっても完璧だ!」

2:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/06/01(日)16:24:34.72ID:Q54dN3DsO
――
ザイード「この程度の罠、くぐり抜けるなど用意……!」
ザイード「ほ! や! いよ!」
ヘラクレス「楽しそうなところ申し訳ないのですが……」
ザイード「!?」
ヘラクレス「射殺す百頭(ナインライブス)――!!」ドババー
ドゴーン
――
切嗣「ホーミングレーザーを撃つ英霊……何者なんだ」ガクガクブルブル

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1390615432/
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2014/01/25(土)11:03:52.85ID:7h1bU4290
士郎「爺さん、爺さん」
切嗣「ん、ああ何だい士郎?」
士郎「ボッーとしてるからさ、寝るならちゃんと布団で寝ろよ」
切嗣「ごめんごめん……士郎、僕は若い頃、目指していた夢があるんだ」
士郎「夢?」
切嗣「ああ。それはね、大学に入って充実したキャンパスライフを送る事だったんだ」
士郎「へえ」
切嗣「けど、それは叶わなかった。大学というのは、大学生というのは、何も勉強するだけの場所じゃない。キャンパスライフという名の青春を謳歌する場所でもあるんだ」
切嗣「でも、それは期間限定なんだ。キャンパスライフを謳歌出来るのは期間限定なんだ」
切嗣「キャンパスライフは年齢制限があるんだ。それは暗黙のルールにも似てるんだよ」

3:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2014/01/25(土)11:06:03.68ID:7h1bU4290
時々、走馬灯のように思い出す事がある。
切嗣「また…不合格……!?」プルプル
ウェイバー「ご、合格してる!?」
イスカンダル「ほれ見ろ。余が教えてやったんだ。お主なら合格して当然の事」
龍之介「やったぜ旦那ァ!合格したぜ!」ウキウキイェイイェイ
青髭「やァりまァしたね龍之介!!」ウキウキイェイイェイ
バンザーイ!バンザーイ!
切嗣「あ…あ…」プルプル
周りの歓喜が苦痛に感じる。声だけじゃない。笑顔、嬉し泣き、喜びを表現してるかのような身体の震え、ガッツポーズ、眼に映るもの全てが苦痛に感じる。
そしてその他者の幸せが、僕に自分だけが取り残されたかのような孤独感を与える。
4:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2014/01/25(土)11:07:12.18ID:8ITrnOWI0
キリツグはアホだな
5:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2014/0
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1401104764/
1:
◆3Yix5UnzdM
2014/05/26(月)20:46:04.32ID:d1YLg+Vm0
イリヤ「きゃあぁあああぁあ!」
切嗣「イリヤ!?」
切嗣(この悲鳴、ただ事では無い!無事でいてくれ……イリヤ!」

2:
◆3Yix5UnzdM
2014/05/26(月)20:47:07.40ID:d1YLg+Vm0
切嗣「どうしたんだイリヤ!」
イリヤ「き、きりつぐぅ?」ウルウル
切嗣「無事で良かったよ、一体何があったんだい?」
イリヤ「あれ!あれ!」
切嗣「ゴキブリ...」
4:
◆3Yix5UnzdM
2014/05/26(月)20:48:12.06ID:d1YLg+Vm0
イリヤ「いきなり出て来て......凄くこわ」
切嗣「......」バン
イリヤ「切嗣、ゴキブリ......怖くないの?」
切嗣「ああ、大丈夫だよ」
イリヤ「すっご?い!」
5:
◆3Yix5UnzdM
2014/05/26(月)20:49:47.66ID:d1YLg+Vm0
切嗣「そ、そうかい?」テレテレ
イリヤ「颯爽と駆けつけて助けてくれるなんて、王子様みたい!」
切嗣(イリヤの王子様......いい!)
イリヤ「切嗣!もっと見せて!」
切嗣「そこまで言われたら、仕方ないね」
イリヤ「やった?!」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1471927547/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/08/23(火)13:45:47.83ID:CUe8c4uBO
安価形式でカルデアのメンバーに主人公が贈り物を送ります
贈り物を貰う人物と贈り物を安価で決めていきます。
どうぞごゆるりとお付き合いください
安価ミスの時は安価下取ります!

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/08/23(火)13:55:25.32ID:CUe8c4uBO
ぐだ子「いやー、誕生日を皆に祝って貰えるとはね!」
マシュ「いえ、先輩の誕生日は特別です!もはや記念日として祝日に設定されてもおかしくありません!」
ぐだ子「お、おう……。そういえば、マシュの誕生日っていつ?」
マシュ「あの……えっと……すみません。よく、わからないんです」
ぐだ子「あ……うん。私こそごめん」
マシュ「いえ、気になさらないでください!」
ぐだ子「……そう考えると他のサーヴァント達も誕生日とか祝ってないよね」
マシュ「そうですね。数え年だったりでそういう文化が無かったのかもしれません」
ぐだ子「うーむ……」
マシュ「先輩?」
ぐだ子「よし、この際だから色んなサーヴァントに贈り物をしよう!」
マシュ「それは大変素晴らしいと思いますが……。理由が不明瞭ですね」
ぐだ子「そこはほら、日頃の感謝を兼ねてね」
マシュ「なるほど、流石は先輩です!」
ぐだ子「それじゃ、最初は>>下2に>>下5をあげようか」

4:
◆AYb6gYyPB.2016/08/23(火)14:10:10.94ID:N7rXI923O
清姫
7:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/08/23(火)14:33:14.81ID:882OLoai0
聖小石

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1415007224/
1:
ギレン◆bsViUL4o4k2014/11/03(月)18:33:54.08ID:Khw4gSs20
セイバー「卵かけご飯!?突然何を言い出す?血迷ったか英雄王!」
ギルガメッシュ「たわけが!血迷ってなどおらんわッ!卵かけご飯についての話題をふっただけであろうが」
セイバー「この戦いの決着をつける大事な場面でメシの話とは......貴様は何処までも人を見下してッッ!!!」
ギルガメッシュ「腹が減って全力もだせんような貴様をただ一方的に倒してしまったのではつまらんのでな、王たる我の慈悲によりメシを御馳走してやろうということだ」

3:
ギレン◆bsViUL4o4k2014/11/03(月)18:39:07.78ID:Khw4gSs20
セイバー「き、貴様ッ!!!馬鹿にしているのか!私がメシに釣られるなどと.........」
グゥ〜〜
セイバー「........//////」
ギルガメッシュ「体は正直というわけだ。気にすることはないぞ、セイバー。これは王たる我の気まぐれだからな」
セイバー「........うぅ泣」
4:
ギレン◆bsViUL4o4k2014/11/03(月)18:43:02.10ID:Khw4gSs20
ーーーーーーーーー
ーーーーーーー
ーーーーー
セイバー「こ、これは?」
ギルガメッシュ「俺の宝物庫には古今東西ありとあらゆる逸品が揃っている。この和室とちゃぶ台もその一つということよ。」
セイバー「英雄王よ。貴様の宝物庫とやらはもはや四次元ポケットみたいなものだな」
ギルガメッシュ「褒め言葉として聞いておこう」
5:
ギレン◆bsViUL4o4k2014/11/03(月)18:45:32.24ID:Khw4gSs20
セイバー「それでだ、聞いて良いか?」
ギルガメッシュ「よい、質問を許すぞ」
セイバー「『卵かけご飯』とはどのような料理なのだ?」
ギルガメッシュ「セイバーッ!?貴様そんなことも知らんのか?」

6:
ギルガメッシ
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1464260711/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/05/26(木)20:05:11.99ID:2f6u9WYc0
●注意●
FGOのFate/AccelZeroOrderイベントの世界があのまま続いたらという話です
ゲームイベントのネタバレを含みます

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/05/26(木)20:06:08.39ID:2f6u9WYc0
雁夜「桜ちゃん、退院おめでとう」
桜「雁夜おじさんは退院しないの?」
雁夜「俺は……ゴホッ! ゲホォ! ヴォエ!(吐血)」
桜「……おじさん!」
雁夜「俺は桜ちゃんとは一緒に退院できないから、これからはこのウェイバー・ベルベットお兄さんにお世話になるんだよ」
ウェイバー「なんでボクが!」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/05/26(木)20:06:41.18ID:2f6u9WYc0
ウェイバー(4度目になる冬木の聖杯戦争は抑止力と、異世界からのマスターとサーヴァント達の介入により幕を閉じた)
ウェイバー(汚染されていた聖杯は破壊され……ボクは……)
雁夜「桜ちゃん、ちょっと病室の外に出ててね。俺はウェイバーお兄さんとお話があるから」
桜「うん。おじさんばいばい」
ウェイバー「……」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/05/26(木)20:07:55.74ID:2f6u9WYc0
雁夜「桜ちゃんを助けてもらったことは感謝してるよ」
ウェイバー「それは、ボクじゃなくてライダーが……」
雁夜「あっ! 新聞にこんな記事が! 冬木の屋敷全焼! 放火か? 犯人は未だ見つからず。大勢の人の雄叫びを聞いたとの情報も!? 一体、誰がこんなことを!?」
ウェイバー「」
雁夜「その屋敷の名前は……間桐だって!? 桜ちゃんが住んでた家じゃないか! 退院したら、桜ちゃんはどこに住んだらいいんだー!
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1415755745/
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/11/12(水)10:29:05.91ID:Q3im77qIO
人類最古の王にして、世界の全てを手中に収めた英雄王衝撃の復活
公開霊言
死後語られる"英雄の座"からのメッセージ!
かつてこの世を統べた成功の秘密が明かされる!
聖杯戦争に隠された秘密
英雄王が語る他の英雄達へのメッセージ
語る、この世の全ての悦


2:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/11/12(水)10:34:40.17ID:Q3im77qIO
ー世界最古の王と言うのは本当ですか?
大川隆法「う〜ん、うう〜ん、う〜ん、ううう、う〜ん、世界の王たる者は〜、う〜んん、古今東西う〜ん、我ただ1人、う〜んう〜ん」
3:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/11/12(水)10:42:06.80ID:dUN957RSO
スレタイずるいわww
4:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/11/12(水)10:53:23.02ID:Q3im77qIO
ー本当に英雄王ですか?
大川隆法「王の御前ですよ?粋がらないでください。この世の贅と快楽を貪り尽くした王の言葉ですから(笑)まぁ静かに聞いていてください」
7:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/11/12(水)10:56:13.13ID:Q3im77qIO
ー騎士王については?
大川隆法「ヒトの領分を超えた悲願に手を伸ばす愚か者ですね、その破滅を愛してやれるのは天上天下に僕ただ一人というのか、このギルガメッシュをおいて他にないですね笑。」
9:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/11/12(水)11:00:08.69ID:/FVPhQrZO
他の鯖でもやってみて欲しい

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1453935066/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/01/28(木)07:51:06.29ID:CxJUtV0L0
テッテレッテッテー?
ー視聴者は見た!ー
浜田「視聴者は見たぁ?!え?本日も様々な目撃情報が視聴者から寄せられております。」
松本「....」
浜田「今日は番組も特別企画ということでFate勢の皆さんへの投稿がガシガシと届いてますよ?」
松本「なんか....みんな?鎧着てたり腰巻きだけやったりで独特すぎる気が....」
バーサーカー「....」
ギルガメッシュ「....」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/01/28(木)08:01:08.15ID:CxJUtV0L0
トスポ『』ツーッ
浜田「えーっ、××県冬木市の匿名希望さんからの投稿です。」
松本「....」
浜田『私は中華料理屋で言峰神父を見ました、』
デンデンデデデンデデデデンッ?
【中華料理屋にいた言峰神父】
言峰「ぬっ」
浜田『店に入るや否や、空いてる席にさっさと着席した言峰神父は慣れた仕草で【麻婆豆腐】と注文し、アホみたいに辛い麻婆豆腐をペロリと平らげて帰っていきました。言峰神父は麻婆豆腐が好きなんでしょうか?凄く満足そうな顔をしていましたよ。』
浜田「言峰さん、麻婆豆腐がお好きなんですか?」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/01/28(木)08:08:25.09ID:CxJUtV0L0
言峰「うむ....好きと言えば好きなのだが。『麻婆豆腐』だったら何でも良いわけではない。」
浜田「こだわりがあるんですか?」
言峰「私としては『そこの店』の麻婆豆腐が好きなだけだ....好物というわけではないな。」
松本「ちなみに、昨日の収録あったお昼はは何を食べられたんです?」
言峰「麻婆豆腐だ。」
浜田「ンナハハハハハハハッwww」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1479993130/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/11/24(木)22:12:10.38ID:zx4AxvTRo
静謐「でも空調室で訓練していたせいでカルデア中に媚薬が広がってしまいました」
ぐだ男「なにしてんの!?」
ロマン『そして媚薬は女性サーヴァントに効いて女性サーヴァントが暴走してるみたいだね』
ぐだ男「マジでなにしてんの!?」
静謐「……てへっ☆」
ぐだ男「かわいいアピールで流そうとすんな、もう許せるぞオイ!」
みたいな


3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/11/24(木)22:26:26.45ID:zx4AxvTRo
マシュ「大丈夫ですか、先輩!?」
ぐだ男「ヒェッ、ってなんだマシュか、マシュは無事だったんだな」
マシュ「あ、はい、ドクターからカルデアで異変が起きているから先輩を守って欲しいと言われて走ってきました」
ぐだ男「誰かに会わなかったか?」
マシュ「はい、廊下には誰の気配も無いようでしたが……」
ぐだ男「よかった……あの光景はちょとSAN値やられるからな……」
マシュ「え、カルデアでなにがおこっているんですか……?」
静謐「具体的に言うと女性サーヴァントが白目を剥いて色々な穴から色々な液を滴らせ、獣のように四つん這いになりながら奇声をあげながら追ってきます」
マシュ「ヒェッ」
ぐだ男「静謐ゥッ!」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/11/24(木)22:46:16.96ID:4z18Xs2uo
静謐が真っ先に襲いそうな気もするんですがそれは…

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1436764958/
1:
◆LYNKFR8PTk
2015/07/13(月)14:22:48.03ID:JuDtGksR0
龍之介「子役オーディション?」
キャスター「そうです。Fate/Zero第2話で私に殺される子供を決めるのです」
龍之介「えっ、でもそういうのってあおき監督が決めるんじゃないの?」
キャスター「本来はそうなのですが……私が監督に駄々をこねた結果、特別に許可をもらいました」
龍之介「はは、旦那は子供好きだからねぇ」
キャスター「ふふふ……これで演技に関係なく私好みの子供を選出できますよ!」
龍之介「旦那!声がでかいって!聞こえたらマズイよ!」

2:
◆LYNKFR8PTk
2015/07/13(月)14:23:32.65ID:JuDtGksR0
少年(遂にこの日が来た……Fate/Zeroのオーディション!!)
少年(ここで起用されれば……俺の知名度アップも間違いなし!絶対に勝ち取ってみせる!!)
キャスター「さてみなさん、集まりましたね」
子ども達「はーーーい!!」
キャスター「……おっと、言い忘れてました」
龍之介「……?」
キャスター「私は男の子にしか興味がありませんので女の子達は帰ってください」
女の子達「!?」
龍之介(旦那、ショタコンだからなぁ)
少年(男で良かった……)
3:
◆LYNKFR8PTk
2015/07/13(月)14:24:14.49ID:JuDtGksR0
キャスター「さて……これで人数は減りましたね」
龍之介「ひぃ、ふぅ、みぃ……10人ぐらいかな?」
キャスター「ええ、そうですね」
少年(この日のためにセリフも覚えて練習したんだ……頑張るぞ!!)
キャスター「……もう出てきていいですよ」
龍之介「?」
ガチャッ
男×4「……」
少年達「!!?」
龍之介「ちょ、ちょっと旦那!!何そのパンツ一丁のマスクした男達は!?」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1451823427/
1:
ギレン◆mUfbMLI5AI
2016/01/03(日)21:17:07.65ID:3rUakQJc0
さんま「おまっwおまえwwそんな格好しといて女扱いされたないってwww」バンバンっ
モーさん「あ?うっせぇなぁ?!!////」
さんま「そんで逆に男扱いされるのも嫌やって?」
モーさん「あーそうだよ」
さんま「うわっ?なかなか面倒くさいやっちゃな?おじさん対応に困るわ?w」


2:
ギレン◆mUfbMLI5AI
2016/01/03(日)21:24:10.57ID:3rUakQJc0
モーさん「そ、そんなややこしい事言わなくていいんだよ!」
さんま「ややこしいわ?アホ!そんなオッパイに薄い布つけた格好して『女扱いしないで?』ってwwおまえwww」
モーさん「この方が動きやすくてな、、、」
さんま「ぇえ?こんな寒いのに信じられへんわ?」
3:
ギレン◆mUfbMLI5AI
2016/01/03(日)21:31:07.70ID:3rUakQJc0
さんま「それに加えてなんか親父さん好きなんか嫌いなんかウジウジしとるしなぁお前?」
モーさん「ん?なんで今その話出してくるんだ???」
さんま「お前のややこしさにオレが怒ってんねんわwアホンダラ?!!」
さんま「なんか親父さんについて褒めてもディスってもいちいち騒ぎよるし?」
モーさん「お、おう」
さんま「その話題避けとこ思てたらモードレットちゃんからアーサー王の話題ふってきよるし」
さんま「ぶっちゃけどう思ってんねん」
4:
ギレン◆mUfbMLI5AI
2016/01/03(日)21:35:52.11ID:3rUakQJc0
モーさん「.....」
さんま「....」
モーさん「.......////」
さんま「なんか喋れやwww」
モーさん「ち、父上に、、」
さんま「はい、父上に?」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1453787456/
1:
◆v6nhewUalw
2016/01/26(火)14:50:56.43ID:vWad5/Af0
セイバー「…………」
切嗣「(召喚は成功か。これがかの伝説のアーサー王という訳だ)」
セイバー「…………」
切嗣「…………」
アイリ「えっと、貴方はアーサー王、でいいのよね?」
セイバー「えぇ、その通りです」
アイリ「彼は切嗣、貴方のマスターよ。そして私は彼のセイバー「分かっています、アイリスフィール」
切嗣・アイリ「!?」
セイバー「聖杯戦争まで時間はあるのでしょう、私はそれまで城内で待機しているので、何かあれば指示を」スッ
アイリ「私、名前教えたかしら?」
切嗣「いや、アイリの名前は召喚してから一度も口にしていない。なのに奴はアイリの名前を口にした」
切嗣「セイバー……奴は一体何者なんだ」
アイリ「(あのサーヴァント、切嗣と同じように何かに疲れたかのような目をしていたわ)」

2:
◆v6nhewUalw
2016/01/26(火)14:51:16.88ID:vWad5/Af0
ランサー「よくぞ来た、今まで街を歩いてきたが誘いにのセイバー「くどいっ!」ズバァン
ランサー「がはっ!? 不意打ちとは卑劣な!!」
セイバー「油断する方が悪いんですよ。騎士なら正々堂々と戦うとでも?」
ランサー「貴様らは、貴様らはそうまでして勝ちたいか!? 許さん! 断じて許さん!! 聖杯にセイバー「五月蠅い」ズバァン
シュウウウ……
アイリ「せ、セイバー?」
セイバー「まずは一騎、残る敵は5騎です」
アイリ「そ、そうね」
切嗣「(ほう、騎士道やらなにやらで正面から戦うかと思えば不意打ち上等か。手間が省けていい)」
舞弥『切嗣、高台にアサシンが』
切嗣『なるほど、やはりあのダンスは茶番だった訳か。今日は一人脱落させただけでも上出来だ。マスターを始末して帰るぞ』
舞弥「分かりました」
3:
◆v6nhewUalw
2016/01/26(火)14:5
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1484499461/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/01/16(月)01:57:42.06ID:8ZQoMWBM0
山の翁はじめハサン・サッバーハ達の台詞ネタバレがあります

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/01/16(月)01:58:29.61ID:8ZQoMWBM0
『呪腕のか。悪魔の腕を取り付けてまで何を掴んだ? 己の愚かさか? では――首を出せ』
『静謐のか。毒に浸した肢体で何を護った? 野に咲く花すら護れぬ孤独か? 馬鹿め――首を出せ』
『百貌のか。無数の知恵で何を積み上げた? 百の魂で一の信義を奪い合う欲望か?愚か者め――首を出せ』
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/01/16(月)01:59:14.51ID:8ZQoMWBM0
ぐだお「待ってください、山の翁」
山の翁『何か。我が契約者よ』
ぐだお「何かは俺の言いたいことです。どうしてハサン達の首を取る必要があるんですか」
山の翁『……我はハサンを[
ピーーー]ハサンなり。ハサン・サッバーハが堕落を見せた時、その首を断つ事が我が役目』
ぐだお「ならその必要はありません。呪腕のハサン・サッバーハ、静謐のハサン・サッバーハ、百の貌のハサン・サッバーハ。皆優秀で、俺が信頼するサーヴァント・アサシンだ。貴方の言う堕落は彼らから最もかけ離れた言葉だと、俺が保証します」
山の翁『……』
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/01/16(月)02:00:42.32ID:8ZQoMWBM0
ぐだお「言葉で足りないのなら、今の彼らの力を見てもらうしか無い。どうか、それまではその剣を収めて頂けませんか」
山の翁『……良かろう。汝の意志に従おう』
ぐだお「消えた……ふぅ。怖かった……」
呪腕のハサン「……魔術師殿」
ぐだお「何?」
呪腕「先程の助け舟、感謝の極み。ですが……無理をなされるな。
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1477019199/
1:
okazaki◆F2X06KsDic2016/10/21(金)12:06:39.40ID:4fGsv/Wx0
 ―衛宮邸・庭先―
雁夜「……十年後の世界…だと?」
桜「え…雁夜おじさん…?」
雁夜「さ、桜ちゃん!?君は、桜ちゃんなのか!?」
桜「は、はい、私です!」
雁夜「ああ…こんな立派に大きくなって…」ウルウル
桜「雁夜おじさん…」ウルウル
雁夜「葵さんを凌駕する、こんな見事なダイナマイトボディに育ってくれて!!」ガッツポ
桜「……(怒)」ピクピク

2:
okazaki◆F2X06KsDic2016/10/21(金)12:07:39.55ID:4fGsv/Wx0
凛「どうしたの、桜?朝っぱらから大声出して?」ファ?
雁夜「おお…凛ちゃんか!」
凛「え!?雁夜おじさん!?」
雁夜「君も大きくなって…」
凛「……」
雁夜「ないかな…あんまり…」ショボーン
凛「どこ見て言ってんだ、このクソ中年!!」
桜「……クス」
3:
okazaki◆F2X06KsDic2016/10/21(金)12:08:27.89ID:4fGsv/Wx0
桜「…それにしても、雁夜おじさん、どうして?」
凛「貴方は、第四次聖杯戦争で亡くなったと聞いていますけど…」
雁夜「ああ、実は深い事情があってね…」
桜「……」
凛「……」
雁夜「聖杯に繋がる神の様な存在が、僕があんまりに惨めで哀れで救われないので、サービスで救済処置をしてくれたんだ」
凛・桜「「ちっとも深くない!」」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1439131366/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/08/09(日)23:42:46.27ID:UemwAUIX0
使用人「DLC商法にも負けずに全てのストーリをやり尽くす。なぜならそれが、真のエムブレマーだから!月姫の琥珀ちゃんです」
当主「のっけから何言ってんだよ。月姫の秋葉です」
使用人「聞いてくださいよ秋葉様。最近のファイアーエムブレムはなんと同性婚ができちゃうんですよ!」
当主「いや、GOやれよ」
使用人「あんなクソゲー知りませんよ」
当主「おい!!」
使用人「一日中英霊ガチャを回してると思ったら礼装ガチャを回してた。何を言っているかry」
当主「いや、それ仕様だから…………」


2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/08/09(日)23:44:40.15ID:UemwAUIX0
使用人「いやー、てっきりワイバーンにはアーチャーが有利だと思ってずっとアーチャー使ってましたよ。まさかアサシンが有利だったとは。琥珀ちゃんうっかりです」
当主「エムブレマー乙。というか、結局やってるじゃないの」
使用人「リセマラはカーミラ様で断念しました」
当主「ライダーは出たの?」
使用人「GOはクソゲー」
当主「出てないのね………」
使用人「これはついに私も無(理のない)課金勢を卒業せざるを得ない」
当主「やめなさい」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/08/09(日)23:46:09.26ID:UemwAUIX0
当主「あれ?そういえば、ライダーは?」
使用人「だからまだ私の端末には来てないんですよ!」
当主「いや、そっちじゃなくて」
使用人「どうやら、まだ旅行から帰ってきてないみたいでして」
当主「うまく逃げたわね」
使用人「まあいいですよ。気を取り直して、今日も早速ゲストの方々をお呼びしちゃいましょうかね」
当主「毎度毎度よくやるわねー」
使用人
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1471296211/
1:
◆4LlE3Q303yU1
2016/08/16(火)06:23:32.22ID:G66R33Jf0
※注意
今回の水着イベント前半や今までのイベントのネタバレ、本編の勝手な妄想や設定捏造があります。
それが許容できる方はどうぞお楽しみください。
――――YARIO村
ランサー「お前あの女にちょっかいばっかだしてるじゃねーか。ちょっとは興味あんだろ?」
小次郎「拙者はあくまでタラスク殿と打ち合えればそれで十分でござるござる」ハッハッハ
ランサー「別に変に隠さなくていいだろうに。野暮な真似はしねーから、酒の肴にどうだよ」コト
小次郎「……ふむ、ではスカサハ殿の事も聞かせてもらうぞ? 私一人だけというのは不平等であろう?」
ランサー「師匠の話なんざしても面白くないと思うがな……。まあいい、その条件で乗った」トクトク
小次郎「ふむ、ではなにから話したものか――――」ゴクリ

2:
◆4LlE3Q303yU1
2016/08/16(火)06:24:44.57ID:G66R33Jf0
 始めの出会いは、オルレアンでのことだ。
 私がマスターに竜殺しと持てはやされている最中、その聖女は現れた。
 浪漫殿曰く、祈りだけで竜を屈させ騎乗することのできる者なのだと。
ランサー「あれ? 拳じゃねーの?」
小次郎「私は学も無ければ神も仏も知らぬものでな。結局のところ、その是非のところは本人しか分からぬことであろう」
 その時の聖女の姿は、酷く疲れているように見えた。
 無理もなかったように思う。
 あれは呪われていた。
 壊れた聖女に壊されようとしていたのだから。
 だがあれは――――理性を以てそれに耐えた。
 耐えられなかった他の英霊達を貶すつもりは毛頭ないが、彼女の心は強かったのだと思える。
 数々の英霊の理性を奪っていった狂化。
 あれはそれを心だけで抗いぬいたのだから。
 ならば、何も迷う事はない。やるべきことは一つだろうと理解した。
 この聖女を殺そう――
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
2
3
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。