SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
タグ:
SS
タグ一覧の表示
<<
2018年05月
>>
2281件取得
人気記事順表示
<<
0
1
2
3
>>
05/31 (23:30) SS 森きのこ!
元スレ
全てのレス
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2018/05/31(木)20:52:13.32:
PcBtY/jz0
★注意☆
・グランブルファンタジーSSです
・キャラ崩壊注意
・グラン=団長と表記します
・メインストーリーのネタバレが含まれています
以上がダメな方はブラウザバック推奨です

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2018/05/31(木)20:54:23.29:
PcBtY/jz0
団長「なぁ、レオナちゃん? 俺と一緒に夜明けの珈琲でも飲もうぜ? なぁ?」
レオナ「も、もう! からかわないでください団長さん///」
カイン「なんだ団長のヤツ、レオ姉を口説いてるのか?」
ビィ「まったく、アイツの女好きにも困ったもんだぜ………」
団長「ええやろ? ええやろ? なぁ、今度ベッドの上で二人きりのマルチバトルしよう! 救援なしでさ」
レオナ「意味わかりませんよ!!///」

3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2018/05/31(木)20:58:30.94:
PcBtY/jz0
団長くん

レオナ

ビィ

カイン

続きを読む

[ 閉じる ]
05/31 (23:25) SSびより
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1527705739/

2:
◆fqdv0pHyL.2018/05/31(木)03:43:17.31ID:
rnkN7UQx0
 あたしがまず気づいたのは、体に大きな布が掛かっていることだった。昨日は、というか今朝は午前3時過ぎまで実験を繰り返してそのままソファーで寝たはずだから、毛布だとかはかぶっていなかったはずだった。誰かがかぶせてくれたのかなと、違和感をぬぐえずに布を外そうとして気づいた。
 あたしの手が、人の形ではなく猫の手の形をしていることに。
志希「!!!!」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/05/29(火)00:10:44.36
ID:u4l2jvgA0
モバマス×ワンピSS
前回
かな子「ホールケーキアイランドでライブですか?」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/05/29(火)00:11:25.48
ID:u4l2jvgA0
ここは偉大なる航路(グランドライン)後半の海『新世界』にある島「ミシロ諸島」
芸能産業を生業としており、数々のアイドル達を大海原に送り出している
世は正に、大アイドル時代!!!
ドン!!!

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1488714467/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/03/05(日)20:47:48.26ID:ruIv5iYm0
?都内有名占い師の館?
絵里「ふふっついに手に入れたわ!世界に二つと無い、未来を創造すると言われている金のタロット」
絵里「さてと、それじゃあこの辺でお暇させてもらおうかしら」シュッ
ことり「待ちなさーいエリーチカ!今度こそは逮捕します!」
絵里「ふふっ捕まえられるものなら捕まえてみーなさいっ!」ボンッ!
ことり「きゃっ?今時こんな古典的な方法を使うなんて…」
絵里「その古臭いやり方に嵌められたおばかさんは誰かしら?」
ことり「あっもうあんな高いところに…?」
絵里「じゃーあねっ!間抜けなお嬢さん。金のタロットはいただくわ」バババババ
ことり「ううっそんなぁ?酷いよお…」

3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/03/05(日)21:35:56.35ID:ruIv5iYm0
ことり「えっ?盗まれていないんですか?」
希「うん。ほらここにあるで、金のタロット」スッ
ことり「どういうことですか?」
希「えーとね、実は昨日の夜にウチが偽物とすり替えておいたんよ。まさか本当に間違えて盗って行っちゃうとは…とんだおばかさんやねぇ」
ことり「でもどうしてそんなことを?それなら私たちが出動する必要なんてなかったじゃないですか」
希「だって、ことりちゃんたちが何も警戒してなかったらえりちも怪しいと思うやん?」
ことり「ううっ確かに…その通りですぅ…」ガクッ
希「まーえりちに出し抜かれたことは確かやし、これからは綿密な計画を立てておくことやね!」
ことり「はい、すいませんでした…肝に命じておきます」
希「ほな、頑張ってな南警部!それにしても…ふふっえりち、今頃どんな顔しとるんやろ」クスッ

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
全てのレス
元スレ
1:
以下、?(^o^)/でVIPがお送りします
:2015/12/13(日)22:20:06.743:
2M2NI+Ei0.net
彡(゚)(゚)「ワイは何をやっても面白いとは思わん」
彡(゚)(゚)「酒も女も博打もや。人によっては一生飽きることなくのめり込むんやろうけどワイにはさっぱりや」
彡(゚)(゚)「ワイの人生には生きがいがない。もう死んでしまおうか」
彡()()「死んでしまうで?死にますよ?シヌシヌ」
明智「早く死ね無能」
彡(゚)(゚)「・・・」
彡(^)(^)「やっぱり死ぬのはやーめた!」

続きを読む

[ 閉じる ]
05/31 (22:30) SS 森きのこ!
元スレ
全てのレス
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2018/05/31(木)21:38:13.84:
Um47hAeb0
ーーーーーーーーーーーー
奏「ふうっ、戻ったわ」
女性P「レッスンおつかれさまー。今からコーヒー入れるんだけどいるー?」
奏「貰うわ、ありがとう」
女性P「おっけー」コポコポ
奏(私のプロデューサーは女の子。この業界でプロデューサーが女性というのはかなり珍しいみたい)
奏(パンツスタイルのスーツが高身長によく似合っている)
奏(それでも私のプロデューサーさんはよく働いてくれている)
女性P「出来たよ。はいっ」
奏「ありがと」

続きを読む

[ 閉じる ]
05/31 (22:05) SSびより
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1527763622/

1:
1zumo◆9LDA7uWN8A2018/05/31(木)19:47:02.42ID:
s8yWUUZD0
英子「りーん! 久しぶりじゃーん」
凛「ん? 英子おはよう」
英子「もう?凛がいなくて寂しかったぞ?!」
凛「そっか」
英子「……もうー! 凛ってばノリ悪い?!」
凛「英子相手にはちょうどいいでしょ」
英子「ええー! 何それー!」
凛「あ、美代おはよう」
英子「ん? おっはよー!」
美代「あ?、凛ちゃんだ?、おはよ?」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1527690402/
1:
名無しで叶える物語(SB-iPhone)
2018/05/30(水)23:26:42.23ID:Arn2GmNA
穂乃果「ふぇ?」
にこ「ふぇ?じゃないでしょ!何がデートよ!ただ寄り道してるだけじゃない!」

5:
名無しで叶える物語(らっきょう)
2018/05/30(水)23:29:22.52ID:nCgZEeeG
それってデートじゃん
6:
名無しで叶える物語(庭)
2018/05/30(水)23:30:00.88ID:YAXsFmRk
放課後デート
7:
名無しで叶える物語(SB-iPhone)
2018/05/30(水)23:30:19.53ID:Arn2GmNA
穂乃果「デートじゃないの!?」
にこ「違うわよ!」
穂乃果「そうだよね…デートなうって呟いただけじゃ本当にデートなうなのかわからないよね…」
にこ「は?」
穂乃果「にこちゃん!」ギュッ
にこ「ちょ、ちょっと!」
カシャ
穂乃果「これでよし!『にこちゃんとデートでハグなう』っと」
にこ「おい!」

続きを読む

[ 閉じる ]
05/31 (21:30) SS 森きのこ!
元スレ
全てのレス
1:
1zumo◆9LDA7uWN8A
:2018/05/31(木)19:47:02.42:
s8yWUUZD0
英子「りーん! 久しぶりじゃーん」
凛「ん? 英子おはよう」
英子「もう?凛がいなくて寂しかったぞ?!」
凛「そっか」
英子「……もうー! 凛ってばノリ悪い?!」
凛「英子相手にはちょうどいいでしょ」
英子「ええー! 何それー!」
凛「あ、美代おはよう」
英子「ん? おっはよー!」
美代「あ?、凛ちゃんだ?、おはよ?」

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
◆6jKS2bqm9E
:2015/12/06(日)20:57:03.57:
1+4TBL+N0
小ネタをいくつかと。
糞スレ注意。

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆x8ozAX/AOWSO2018/05/12(土)15:25:41.41
ID:EDr840HcO
これはモバマスssです

2:
◆x8ozAX/AOWSO2018/05/12(土)15:26:47.06
ID:EDr840HcO
加蓮「おはようから?」
まゆ「おやすみまで」
加蓮「揺り籠から?」
まゆ「墓場まで」
加蓮「ビビカラ?」
まゆ「エイジ」
加蓮「……私達って十六歳だよね?」
まゆ「ですねぇ」
加蓮「なんで呼ばれなかったんだろ?」
まゆ「不思議ですねぇ……」
加蓮「おかしくない?ビビッドカラーエイジは兎も角としてさ、Age16は私達も呼ばれて然るべきじゃない?」
まゆ「おかしいですねぇ、陰謀の匂いがしますよぉ」
加蓮「ねぇ何でだと思う?」
まゆ「どうしてだと思いますか?肇ちゃん」
肇「……そういう所じゃないですか……?」


続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1513859184/
1:
◆ddl1yAxPyU
2017/12/21(木)21:26:25.00ID:Hn5+HR340
?部室?
千歌「――みんな、久しぶり」
鞠莉「……」
曜「…うん、久しぶりだね」
梨子「意外と集まった…わね」
果南「…でも、全員ってわけじゃないよね」
千歌「まぁ…そうだけど……」
鞠莉「ルビィはやっぱり……」
花丸「あれからずっと学校にも来てないずら…」


2:
◆ddl1yAxPyU
2017/12/21(木)21:27:44.16ID:Hn5+HR340
善子「定期的にずら丸と一緒にノートを届けに家に行っているんだけど…本人が出てきた事はないわ」
花丸「部屋にずっと引きこもっているんだって…」
鞠莉「そう…」
果南「流石に立ち直るには時間が掛かるよね…私達もまだ厳しいのに、妹のルビィじゃ……」
曜「まだ…遺体は見つかっていないんだよね?だったら――」
梨子「フロントガラスを突き破って崖から海に落っこちたのよ?間違いなく即死だったと思う…」
花丸「ルビィちゃん……ずっと自分を責めてる。『あの時ルビィがお茶をこぼさなければ、お姉ちゃんはシートベルトを外さなかったのに……お姉ちゃんを殺したのは自分だ』って」
善子「でもさ……曜の言う通り、遺体が見つかってないなら生きている可能性だってゼロじゃないわよね!」
果南「……昨日、事故現場付近の海岸で人間の左腕が見つかったんだって」
曜・善子「「!!」」
千歌「まさか…その腕って」
果南「…うん、間違いなくダイヤの腕らしい。事故の時に切断されたってことだよね…」
曜「じゃあ…ダイヤさんは……もう…」
梨子「あの事故から二週間以上も行方不明となると生きている可能性は――」
千歌「その話は一旦そこまでにしよう」
3:
◆ddl1yAxPyU
2017/12/21(木)21:28:44.49ID:Hn5+HR340
曜「千歌ちゃん…?」
千歌「みんなに集まってもらったのは…今後のA
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
05/31 (20:55) SSびより
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1527692515/

1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/05/31(木)00:01:55.60ID:
cKmXQcDY0
百合子「あとちょっとで倒せそうだね…!」ポチポチ

杏奈「うん…」ポチポチ

百合子「あっ!?...また失敗しちゃった。もうちょっとで倒せたのに〜…」
杏奈「プレイは、悪くないと思うから…ステータスの問題かな…」
百合子「ごめんね杏奈ちゃん、手伝ってもらったのにクリアできなくて」
杏奈「ん、大丈夫です…もう時間ないし、また明日にしよ…?」
百合子「うん、また明日やろうね!」

続きを読む

[ 閉じる ]
05/31 (20:40) SS 森きのこ!
関連SS
真美「おねーちゃん」
春香「お姉ちゃん」

元スレ
全てのレス
2:
◆pvi4t7el1QeD
:2018/05/31(木)13:57:28.49:
cGQkE8Cp0
真美「はぁっ、はぁっ!」タッタッタッタッ
真美「亜美が悪いのに......はぁっ」
真美「おかーさんなんて......嫌い......」
真美「はぁっ、はぁっ......」
真美「大っ嫌い......!」
真美「亜美も......大っ嫌いっ!」
真美「なんであんな言い方......」
真美「はぁ......はぁ......」タッタッ
真美「春香ちゃんのこと......変なんて......」
真美「春香ちゃん......」
_____________________________________________________
   春香「どうしたらいいかわからなくなったり、辛くなっちゃたら私のところに電話してね......」
   春香「絶対だよ?」
_____________________________________________________
真美「はぁっ、はぁっ......」
真美「春香ちゃん......!」
真美「はぁ......はぁ......」チャリンチャリン
真美「はぁ......」プルルルル
ガチャ
春香「......はい、もしもし?」

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2015/08/31(月)11:05:54.22:
bKLRq9IKo
アニメネタですが、時系列、設定などあまり考えてません。
武内P総受けでCP以外も含みます。
書き溜めないのでだらだら書きます。

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
名無しさん@おーぷん2018/05/31(木)17:31:22
ID:ls6
―森の中―
少年(よし……いい枝がある。ここで首吊って死のう……)
少年「――ん?」
少年「なんだこの貼り紙」ペリッ

『あなたの遺書を添削いたします 黒ペン先生』

少年「なんだこりゃ」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1527672691/
1:
名無しで叶える物語(フンドシ)
2018/05/30(水)18:31:31.32ID:ycKoE9OZ
題名のとおりパルプ・フィクションのパロディです。
長いかもしれませんが、最後まで付き合ってくれると嬉しいです。
Pulp
1.柔らかく湿った形状の無い物体
2.質の悪い紙に印刷された扇情的な内容の出版物

2:
名無しで叶える物語(フンドシ)
2018/05/30(水)18:32:23.51ID:ycKoE9OZ
Prologue:BecometheHighTidewithYou
?松月?
曜「ヨーソロー!」
千歌「ヨーソロー!」
曜「ヨーソローっていうのはね、単にキャラ付けの為に言い始めた事なんだよ」
千歌「そうなんだ?」
曜「私、個性が無いから。わかりやすい口癖があればみんなに覚えてもらえるでしょ?」
千歌「そうなの?」
曜「曜とヨーでかかってるしね。ヨーソローと曜、早漏。私は早漏じゃないけど」
千歌「早漏じゃあなくて候にしたら? 武士みたいでカッコいいと思うのだ」
曜「曜で候。ヨーソロー。うん、いいかも」
千歌「そういえば、梨子ちゃんと善子ちゃんって付き合っているのかな?」
曜「ん、付き合ってないみたいだよ。善子ちゃんに聞いた」
3:
名無しで叶える物語(フンドシ)
2018/05/30(水)18:33:02.09ID:ycKoE9OZ
千歌「付き合えばいいのにね」
曜「女の子同士だよ?」
千歌「チカは愛があればいいと思う」
曜「将来大変だよ? 二人とも一人っ子だし」
千歌「一人っ子だと何かあるの?」
曜「血筋を途絶えさせる覚悟が必要だよ。少なくとも、二人が一生くっつくとなると、2つの家が断絶する事になるよ」
千歌「それは大変なのだ」
曜「まぁ子供だけ作る方法なら、いくらでもあるけどね。流石に女の子同士ではまだ無理だと思うけど。あとは同じ同性愛者の男の人見つけて仮面夫婦になるとかで、世間の目を誤魔化せばなんとかなるかも。当
続きを読む

[ 閉じる ]
05/31 (20:00) SS 森きのこ!
関連SS
真美「おねーちゃん」
春香「お姉ちゃん」

元スレ
全てのレス
2:
◆pvi4t7el1QeD
:2018/05/30(水)12:14:00.49:
Z+fwXdyD0
真美「亜美、それ真美のだよ!やめてよー!」
亜美「えへ、早いもの勝ちだよー!」
真美「っ!やめてっての!」
亜美「もう食べちゃった」
真美「亜美?!」
「こら、二人とも、仲良くしなさい!」
真美「でもおかーさん、亜美が......」
「真美、あなたもお姉ちゃんなんだから我慢も覚えないとダメよ......」
真美「......亜美だってほとんど変わらないじゃん......」
亜美「そうだよー、真美はお姉ちゃんする気あるのー?」
真美「っ!!」
「ほら、はい仲直り......ね?」
亜美「はいはい大丈夫だよおかーさーん、真美だって分かってるよ?、ね、真美?」
真美「......うん、分かってるよ」
亜美「あれ?どこ行くの真美?」
真美「ちょっと......」
亜美「亜美も付いてっていい?」
真美「ごめん、ちょっと......」
亜美「真美......?」

続きを読む

[ 閉じる ]
真美「おねーちゃん」
2:
◆pvi4t7el1QeD2018/05/31(木)13:57:28.49
ID:cGQkE8Cp0
真美「はぁっ、はぁっ!」タッタッタッタッ
真美「亜美が悪いのに......はぁっ」
真美「おかーさんなんて......嫌い......」
真美「はぁっ、はぁっ......」
真美「大っ嫌い......!」
真美「亜美も......大っ嫌いっ!」
真美「なんであんな言い方......」
真美「はぁ......はぁ......」タッタッ
真美「春香ちゃんのこと......変なんて......」
真美「春香ちゃん......」
_____________________________________________________
   春香「どうしたらいいかわからなくなったり、辛くなっちゃたら私のところに電話してね......」
   春香「絶対だよ?」
_____________________________________________________
真美「はぁっ、はぁっ......」
真美「春香ちゃん......!」
真美「はぁ......はぁ......」チャリンチャリン
真美「はぁ......」プルルルル
ガチャ
春香「......はい、もしもし?」

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
◆VgLY1HQ3xE
:2015/12/13(日)22:03:22.58:
OW011eo1o
ショタ提督(以下提督)「…」
天津風「…」ウワァ
明石「てへっ♪」
提督「開幕から人をイラッとさせる天才だねお前」
夕張「メーンゴ♪」
提督「お前らストレスで俺の事殺しにきてるだろ」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
元スレ
全てのレス
1:
◆XksB4AwhxU
:2018/05/29(火)00:35:03:
g3vycfso
それは屋上での休憩中、壁にもたれて休んでいる私にルビィが話しかけてきた時から始まった。
ルビィ「ね、ねぇ善子ちゃん……」
善子「ヨハネ。どうしたの?息苦しそうよ?」
ルビィ「苦しいよ……だから」
善子「え、ちょ!?」
 ルビィが私の手を取り、強引に屋上から連れていってしまう。果南たちの「どこ行くの!?」と制止する声も遠く、あっという間にトイレへと連れ込まれた。

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1526309795/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/05/14(月)23:56:36.16ID:dTujQgcW0
カタカタカタ
P「……」カタカタカタ
ちひろ「プロデューサーさん、お先に失礼します」
P「お疲れ様です」
ちひろ「まだ残ってるんですか?」
P「はい、総選挙関連の仕事が終わってないので」
ちひろ「総選挙……終わったら終わったで大変ですね。ライブや収録、取材にテレビ出演、色んなイベントがあります」
P「嬉しいことですよ。アイドルにとっても俺にとっても。ファンの方に感謝しないと」
ちひろ「そうですね」クスッ
ちひろ「張り切るのはいいですけど、体調を崩さないようにしてください。みんな心配しますから」
ちひろ「これ、差し入れです。よかったら食べてください」スッ
P「ありがとうございます」
――――
カタカタカタ
P「ふぅ……一区切りついたか」
P「うわ、もうこんな時間か。そろそろ帰らないと……」
ガチャ
P(ん? まだ誰かいたのか)

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/05/14(月)23:57:23.24ID:dTujQgcW0
菜々「あ」
P「え?」
P「な、菜々!? なんで……!」
菜々「プロデューサーさんを待ってたら寝ちゃってて」アハハ…
P「他のみんなは?」
菜々「パーティーが終わったら順次帰宅しました。残ってるのは私だけです」
P「……」
菜々「分かってます、ごめんなさい。でもどうしても言いたいことがあって……」
P「明日でもいいだろう」
菜々「今日じゃなきゃダメなんです!」
菜々「ありがとうございます」ペコリ
菜々「私を……安部菜々をアイドルにしてもらって。アイドルとして活動させてもらって」
菜々「とっても充実した日々を過ごしてきました。辛いことや苦しいことでさえも、かけがえのない思い出です」
P「……」
菜々「その思い出の
続きを読む

[ 閉じる ]
05/31 (18:55) SSびより
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1527742488/
関連SS
真美「おねーちゃん」
春香「お姉ちゃん」
2:
◆pvi4t7el1QeD2018/05/31(木)13:57:28.49ID:
cGQkE8Cp0
真美「はぁっ、はぁっ!」タッタッタッタッ
真美「亜美が悪いのに......はぁっ」
真美「おかーさんなんて......嫌い......」
真美「はぁっ、はぁっ......」
真美「大っ嫌い......!」
真美「亜美も......大っ嫌いっ!」
真美「なんであんな言い方......」
真美「はぁ......はぁ......」タッタッ
真美「春香ちゃんのこと......変なんて......」
真美「春香ちゃん......」
_____________________________________________________
   春香「どうしたらいいかわからなくなったり、辛くなっちゃたら私のところに電話してね......」
   春香「絶対だよ?」
_____________________________________________________
真美「はぁっ、はぁっ......」
真美「春香ちゃん......!」
真美「はぁ......はぁ......」チャリンチャリン
真美「はぁ......」プルルルル
ガチャ
春香「......はい、もしもし?」

続きを読む

[ 閉じる ]
05/31 (18:55) SSびより
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1527649979/
関連SS
真美「おねーちゃん」
春香「お姉ちゃん」

2:
◆pvi4t7el1QeD2018/05/30(水)12:14:00.49ID:
Z+fwXdyD0
真美「亜美、それ真美のだよ!やめてよー!」
亜美「えへ、早いもの勝ちだよー!」
真美「っ!やめてっての!」
亜美「もう食べちゃった」
真美「亜美?!」
「こら、二人とも、仲良くしなさい!」
真美「でもおかーさん、亜美が......」
「真美、あなたもお姉ちゃんなんだから我慢も覚えないとダメよ......」
真美「......亜美だってほとんど変わらないじゃん......」
亜美「そうだよー、真美はお姉ちゃんする気あるのー?」
真美「っ!!」
「ほら、はい仲直り......ね?」
亜美「はいはい大丈夫だよおかーさーん、真美だって分かってるよ?、ね、真美?」
真美「......うん、分かってるよ」
亜美「あれ?どこ行くの真美?」
真美「ちょっと......」
亜美「亜美も付いてっていい?」
真美「ごめん、ちょっと......」
亜美「真美......?」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆Xz5sQ/W/662018/05/12(土)14:21:05.66
ID:Yjk5w41g0
===
突如として劇場に響き渡った絹を裂くような乙女の悲鳴!
偶然にも廊下にいたこのみと風花は声のした方へと疾く走る、走る!
「一体何があったっていうの!?」
「このみさん! あれを見てください!!」
勢いよく楽屋に駆け込んだ二人をショッキングな光景が出迎える。
風花が指でさすその先では、二つの人影が床の上で激しく取っ組み合っている最中だったのだ。


続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1527688064/
1:
◆FreegeF7ndth2018/05/30(水)22:47:44.91ID:RzONtuTRo
※主要登場アイドル
一ノ瀬志希

ダイマ注意 短めです

2:
◆FreegeF7ndth2018/05/30(水)22:48:27.59ID:RzONtuTRo
●01
モバPはルーム内のうえきちゃんに、ショッキングピンクと緋色ののぼり旗が貼り付けられているのを見た。
そこには『気分屋・一ノ瀬志希』と記されていた。
志希「いい気分を売る! それが気分屋だよ!」
モバP「いや気分屋ってそういう意味じゃねぇから!?」
志希「でもさぁ、お疲れのプロデューサーは、いーい気分に浸りたくない?
   気分屋の志希ちゃんがご提供するよ?
   あたしのアロマでリラックスしながら……」
フレデリカ「う?ん……めるしーぼくー……」
志希「なんと、フレちゃんと添い寝できます!」
モバP「お前がするんじゃないのかよ!?」
モバP「ああ、でもフレデリカいい匂いだな……。
   普段はフンフンフフーンなんて軽い調子だけど、こうして傍で見ると……おおおぉ」
フレデリカ「すーっ……すーっ……」
モバP「ちょ、ちょっとぐらいバレないよな……?」
志希「あーっ! プロデューサーったらあたしのフレちゃんにおさわりした!
   おさわり禁物だよ! ほらーオトシマエをつけなさい!」
モバP「美人局じゃねぇか!?」

続きを読む

[ 閉じる ]
05/31 (17:55) SSびより
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1527171716/

1:
◆AmFoB0SlRA2018/05/24(木)23:21:57.06ID:
reTVNhl50
※提督が艦娘に寝取られる修羅話。安価の小話形式です。
※修羅場注意。仲の良い艦娘達が良いという方はバック。
※提督は基本出てきません。
前作
【安価】提督「ドロドロ」【修羅場注意】
・リアルでの仕事及び引越し等がある関係で暫くネットに戻れそうにないと言ったな、あれは本当だ。
・だが引越しが、いつ遠方への引越しだと錯覚していた? 駅近だ。
・ネット環境が不安定なため、急に途切れるかもです。
・愛エプはネタと構想、周囲が落ち着いたら再開したいなぁと思ってます。
2:
◆AmFoB0SlRA2018/05/24(木)23:22:29.72ID:
reTVNhl50
安価
寝取られる艦娘:↓1
寝取る艦娘:↓2
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/05/24(木)23:22:57.92ID:J8w03p5lO
のわっち
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/05/24(木)23:23:05.70ID:97q+DxY4O
舞風

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1527654072/
1:
◆K1k1KYRick
2018/05/30(水)13:21:13.34ID:78y4LlWm0
多くのPが忘れかけている「ヘレンさんはメチャシコドスケベボディ」
という事を再認識してもらうために書きました
妊婦・ごっくん・孕ませ・旧スク水・アナル・母乳要素あり

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2018/05/30(水)13:21:41.09ID:78y4LlWm0
「お疲れ様、ヘレンさん」
番組収録後、俺はヘレンさんを車に乗せた。
「今日のアドリブも良かったよ」
「私は私を出しているだけよ」
ヘレンさんは余裕のある笑みを浮かべて返す。
優しい目元に癖のないストレートな黒髪
外人特有のメリハリの利いた体つき……
黙っていればかなりの美人なのだが、彼女の売りは
何と言っても強烈な個性からくる「笑い」だった。
思えばヘレンさんは不思議なアイドルだ。
最初こそビックマウスなアイドルとしてメディア側もこっちも
扱いに困っていたものの、実は存外面白いキャラだと分かると
バラエティー系の番組がこぞって出演を依頼してきた。
他のタレントやアイドルが返答に困るネタ振りにも
彼女は意想外のアドリブで返すため、重宝されている。
演出サイドもヘレンさんについては口を挟まず
ほとんどアドリブでお願いしているような状況だ。
今思えば、彼女は相当無理をして俺たちの期待に応えてくれていたようだ。
それに気がついたのは、こんな事があったからだった。
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2018/05/30(水)13:22:08.47ID:78y4LlWm0
夕暮れ時の誰もいなくなった事務所で、デスクワークをしていた俺は
一服しようとヘレンさんが去り際に入れてくれた紅茶を飲んだ。
すると日頃の疲れからか、俺は堪え切れない睡魔に襲われ、寝てしまった。
番組改編期で気を張っていたから、その反動が来たかもしれないとそ
続きを読む

[ 閉じる ]
05/31 (16:55) SSびより
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1527693323/

1:
◆bncJ1ovdPY2018/05/31(木)00:15:23.35ID:
rcTd5nKn0
『ジュリアさんとユニットを組むことになった』
それはあまりにも突然の出来事だった。
事務所でゲームをしていた杏奈の肩が揺さぶられ、連れて行かれたのは会議室。
疑問を浮かべる杏奈に告げられたのが、さっきの内容。
『……どうして、杏奈が……?』
当然、そんな疑問を抱いた。全く似ている要素も見当たらない二人。ユニットとして成り立っているかも分からない。
別に嫌ではなかったから直接言いはしなかったけれど、代わりにユニットのコンセプトを聞いたら『そのうち分かる』と流されてしまった。
その後はライブが一ヶ月後にあることと、そこでそれぞれの新曲を披露することを聞かされた。
「こうしてユニットとして一緒にやる事になったんだ。お互い頑張ろうぜ」
ジュリアさんは特に問題と感じていないのか、気さくに話し掛けてくる。
どう返せばいいのか分からなくて、小さく漏らすように「は、はい……」と返すのが精一杯だった。

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1527602988/
1:
◆u2ReYOnfZaUs
2018/05/29(火)23:09:48.98ID:X1ZFxUTf0
・書けたから投下
・これでシリーズ終わるかもしれません
・前作を読む必要はありません
前作
ファンとのふれあい! 片桐早苗編
ファンとのふれあい! 向井拓海編
ファンとのふれあい! 中野有香編
二宮飛鳥単独合同SS会場


2:
◆u2ReYOnfZaUs
2018/05/29(火)23:10:49.66ID:X1ZFxUTf0
彼は、古びた道場の中心に座していた。
年の頃は32。
剣道の師範を勤め、生計を立てている。
彼は一人の少女を待っていた。
脇山珠美。
美城プロダクション所属。デビュー前。
9月20日生まれ、16歳。乙女座。B型。
145cm、38kg。
彼女を、待っていた。
彼は珠美の、剣道の師だった。
そして、剣士としての彼女の、第一のファンだった。
3:
◆u2ReYOnfZaUs
2018/05/29(火)23:11:27.56ID:X1ZFxUTf0
初めて出会った時の感動。
彼を遥かにしのぐ天賦の才。
真摯に修行に取り組む精神。
体格からは想像もつかない、勇猛果敢な戦い方。
脇山珠美に剣を教えられたことは、
彼にとって望外の喜びだった。
だからこそ、彼女から“アイドルになった”と打ち明けられた時、
彼は困惑した。
街で歩いていたら、突然スカウトされたのだという。
しかも相手は、天下の美城プロダクション。
騙されていると思った。
しかし、美城プロダクションに確認を取ると、
たしかに脇山珠美は候補生として所属扱いになっていた。

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
2
3
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。