SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
タグ:
SS
タグ一覧の表示
<<
2018年07月
>>
1675件取得
人気記事順表示
<<
0
1
2
3
>>
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1529325680/

1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/06/18(月)21:41:20.91ID:
WFlEOuyL0
花丸「ダイヤさん、マルもう疲れたずらぁ...」グデー
ダイヤ「何言ってますの?あと振り付けに衣装づくりまで、今日全てやらなくてはいけませんのよ?」
花丸「そんなの今日中に終わる訳ないずら!」
果南「ダイヤ、ちょっとそれはハード過ぎない?」
花丸「そうずら!」
ダイヤ「私もそう思うのですが...」
果南「え、そう思うの?じゃあ今日だけで全部やらなくていいんじゃない?」
ダイヤ「ただ、明日はCYaRon!の皆さんが練習場所使いますので...」
果南「あ、そっかぁ...」
ダイヤ「だから、何としてでも今日終わらせなくてはならないのです」
花丸「えぇ?めんどくさいずら!」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1441030809/
1:
◆wKJ4P6pC3k2015/08/31(月)23:20:09ID:uSqSvls2
前作
男「思い出消し屋……?」
男「思い出消し屋、か」
少女「思い出消し屋も畳むかな」
2:
◆wKJ4P6pC3k2015/08/31(月)23:42:40ID:uSqSvls2
――朝、教室――
ポニテ「……んー」
黒髪「どしたのポニテさん、ぼんやりして」
ポニテ「なーんかひっかかるような、たりないような」
黒髪「数学の課題とか?」
ポニテ「……出てたっけ?」
黒髪「……なんか昨日寝ぼけてたと思ったけど、やっぱり聞こえてなかったんだ」
ポニテ「わーっ! うつさせてーっ!」
黒髪「何とかしなよ、数学は午後なんだから」
ポニテ「うううう……」
ポニテ(……でも、それじゃなくて、何か)
ポニテ(足りない、気がする)
3:
◆wKJ4P6pC3k2015/08/31(月)23:55:43ID:uSqSvls2
――放課後、通学路――
ポニテ(結局、課題は間に合って)
ポニテ(……いや、半分黒髪ちゃんに助けてもらいながら間に合ったけど)
ポニテ(ここのところ、なーんか、足りない)
ポニテ(いや何がかは分かんないけど、何か、足りてない)
ポニテ「……んー、友達ともいつも通りだし、彼氏ともいつも通りだし」
ポニテ「なーんだっかなー!」うがー
ポニテ(今までこんなのなかったのに。……なかった、よね?)
ポニテ「……あー」
ポニテ(わっかんないなあ、もう)
4:
◆wKJ4P6pC3k2015/09/01(火)00:10:16ID:ZwJKEdPU
ポニテ(……って、ん?)
ポニテ(誰だろ、あれ)
ポニテ(同い年くらいの、男の人。それと小さな女の子……10歳くらい?)
ポニテ(ちょっと年の離れたきょうだい、とか? ……いやでも、男の人のほう)
男「――、?」くるっ
ポニテ「――、!」
ポニテ(どこかでみたよう
続きを読む

[ 閉じる ]
07/23 (10:00) SS 森きのこ!
元スレ
全てのレス
1:
◆u2ReYOnfZaUs
:2018/07/23(月)07:28:29.82:
+QmI8LWq0
・ゾンビSSです

2:
◆u2ReYOnfZaUs
:2018/07/23(月)07:29:47.56:
+QmI8LWq0
佐久間まゆは一途で、恋多き女。
自分でも、いつ、だれと恋がはじまるかわからない。
けれども手を抜いたことはない。徹底的にやった。
だから、破綻した。
どんな相手もまゆの愛を受け止め続けることはできなかった。
はじめ、彼女から打ち明けられたときは皆、陶然とする。
ふんわりと、指を梳きたくなる、栗色の髪。
とろん、と甘くゆらいでいる瞳。
ちいさいくいじらしいはな。
訪れた恋と、やがて来たる愛にふるえる唇。
少女として、女として、モデルとして磨き上げた肉体。
誰もがまゆに夢中になる。溺れる。
だがすぐに気づく。
嫉妬、拘束、排除、干渉。度を越してさらに、段階はない。
はじめから愛は惜しみなく与えられる。それがまゆにとって、よいことだから。

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1391010052/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/01/30(木)00:40:52ID:Be3UoPE6
以前落ちた物を再び改編して
?巨大樹の森
エレン「……」
ユミル「……」
エレン「……なあ」
ユミル「なんだ?」
エレン「俺が起きてからどれくらい経ったか解るか?」
ユミル「さあな……半刻ほどだろ」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/01/30(木)00:41:34ID:Be3UoPE6
エレン「まだそんなもんか…」
ユミル「手持ちぶさたじゃ、過ぎる時間も遅いもんだよ」
ユミル「それに……」チラッ
ライナー「……」
ベルトルト「……」
ユミル「あそこの二人は監視の目を緩めねぇ
自由に出来なくて尚更、遅いだろうな」
エレン「そうか……」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/01/30(木)00:42:02ID:Be3UoPE6
エレン「あと何時間ほどで俺たちはここから解放されると思うか?」
ユミル「…それこそ解んねえ問題だ」
エレン「……」
ユミル「……どうした?」
エレン「いや、なんも……」
ユミル「さっきからなんか変なんじゃないか?」
エレン「大丈夫だ……」
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/01/30(木)00:42:28ID:Be3UoPE6
ユミル「はっきり言えよ、らしくねえ」
エレン「言った所で何も変わんねえよ」ミケンニシワ
ユミル「……そんな調子悪そうな顔されたら、こっちまで調子悪くなってくんだよ」
エレン「そうか……?」
ユミル「そうだ」
エレン「笑わねえ?」
ユミル「笑わねえよ」
エレン「俺さ、
小便したくなってきたんだ……」
ユミル「」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
07/23 (08:55) SSびより
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1355857089/

1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2012/12/19(水)03:58:09.61ID:
vydmwctk0
-シンデレラガールズ薬品研究室-
ちひろ「ふふふ…とうとう出来ました…新しい…ドリンクが…」ニタァ
ちひろ「LPドリンク…!LoliーProducerドリンクが…!まぁといってもプロデューサーさん男性だから
ロリ
ではないんですけどねー」
ちひろ「これは売れる…!これまでプロデューサーさんにしか売れなかったドリンク類もこれさえあればアイドル達にも販売できる…」
ちひろ「完成すれば売上は未知数…さぁてまずは臨床実験ですかね…」ニィ

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1390979133/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/01/29(水)16:05:33ID:DY0EbqJY
アルミン「暇なんだね?」
ユミル「つーか、娯楽がすくねえ」
アルミン「チェスでもする?」
ユミル「お前と?嫌だね」
アルミン「酷いなあ」
ユミル「指導するようにさすやつなんかと勝負したって腹が立つだけだ」
アルミン「…言われたのは三人めだよ」
ユミル「ミカサ、とエレン…じゃねえな。ベルトルさんかライナー…違うな、マルコか」
アルミン「うん、ミカサとマルコ。ベルトルトも気付いてるだろうけどね」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/01/29(水)16:06:04ID:DY0EbqJY
ユミル「はっ、同年代に指導者づらなんかしてたら嫌われんぞ?落ちこぼれ」
アルミン「そうだね。気を付けるよ」
ユミル「…ムカつくやつだな、少しは動じろよ」
アルミン「ミカサとエレンの幼馴染みやってるシガンシナ出身に言う台詞じゃないよ?」
ユミル「だから言いたいんだろ」
アルミン「はは、ユミルらしいね。で、誰と誰を少女漫画な展開にしたいのさ?」
ユミル「そりゃ>>3と>>4だ」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/01/29(水)16:10:39ID:8laEBUSs

4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/01/29(水)16:11:54ID:OynfY5/g
ライナー
6:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/01/29(水)16:15:46ID:9uF0PsPg
やだ…おばあちゃんてば乙女…//

続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2018/07/22(日)23:48:24.03:
3bq8Ah7p0
※一部アイドルマスターシャイニーカラーズのキャラが登場します
凛「なにそれ」
P「いやだから、凛のことを今の俺が生まれる前の時からずっと探してたってことを伝えたかったんだ」
凛「それを言うなら前世でしょ…」
凛(でも前世からプロデューサーと出会うことが決まってた…か…ふーん、その考え、悪くないかな)
P「どうした凛?ニヤケてるぞ」
凛「別にー?あ、でも凛世ってなんなの?新しい女?」ジトー

続きを読む

[ 閉じる ]
07/23 (08:00) SS 森きのこ!
関連SS
?【ウマ娘】ウマっ娘(小)話
ウマっ娘(娘)話?リギル前史

元スレ
全てのレス
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2018/07/21(土)00:09:29.17:
9Vzqhes+0
前作:【ウマ娘】ウマっ娘(小)話
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1530539277/
今まではスピカ寄りでしたが、これからはリギルその他も書き進めてみます。
・1Rの前のお話?
・公開設定が少なく、やむなく独自設定
・故に(?)ややキャラ崩壊気味
・競馬成分少な目?
・何番せんじ感?
では、よろしくお願い致します。

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2018/07/21(土)00:14:59.53:
9Vzqhes+0
?????????????????
????年前トレセン学園練習コース場
タッ、タッ、タッ、タッ…
ハッ,ハッ,ハッ,ハッ…
同期ウマ娘「…まーた性懲りもなく一人で走ってるんだ?マルゼンスキー」
マルゼンスキー「…あ!こ、こんにちは…」
同期ウマ娘「ここに来てもう3ヶ月にもなるってのに、どこのチームにも所属出来ないんでしょう?練習する意味なんか無いじゃない」
マルゼンスキー「あ、アハハ?…」ポリポリ
同期ウマ娘「ハッ…そりゃそーよね。外国ウマ娘が走れるレースなんて、そもそもここ日本には無いんだから!…あなた、何しに日本に来たの?」
マルゼンスキー「が、外国ウマ娘じゃないわよ?!私はれっきとした日本生まれの日本育ち!…確かにお父さんもお母さんもイギリス出身の持込みウマ娘だけど…」アセアセ
同期ウマ娘「ハァ…あなた、もういい加減国に帰りなさいよ!目障りな上に邪魔なのよっ!!出る当ても無いレースに向けて無駄な練習して必要のない施設使用して…っ」
マルゼンスキー「い、痛いとこ付くわね…で、でも何度も言って申し訳ないけど、私の国はここ日本だから…帰る国も何も…」
同期ウマ娘「またそうやって…あなたが居るだけでイラ
続きを読む

[ 閉じる ]
07/23 (07:10) SS 森きのこ!
元スレ
全てのレス
2:
◆UsP5AJMNcJwk
:2018/07/22(日)23:00:40.38:
UdXTHOqT0
清美「おはようございます!」ガチャ
杏「おー、清美ちゃん、おはよー」グデー
清美「……杏さん。ここは事務所なんですから、ソファに寝転がるのは止めてください」
杏「まぁ固いこと言わないでよ。これからお仕事だしさー、ちょっとくらい……ね?」
清美「駄目です」
杏「えぇー!」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/07/04(水)21:05:33.31
ID:d/2ohf4Q0
カチューシャ「ミホーシャって舐められすぎじゃない?」
みほ「え?」
カチューシャ「隊長なのは勿論、廃校の危機を救った英雄なわけでしょ?その割には自由な部下ばかりよね?」
みほ「あ、あはは。皆さんとても優しいですし、仲良くしてくれてありがたく思ってますよ」
カチューシャ「はあ……。ミホーシャは甘いのね」
カチューシャ「噂では『転校しろ』とバカにされたって聞いたわよ?」
みほ「え、えーと……それはですね……」
カチューシャ「まっ、私に任せてくれればそんな謀反者は追放してあげるわ」ドヤッ
みほ「いえ、その……」
カチューシャ「よし決まり!それじゃ今度の週末に大洗に行かせてもらうわ!」ニッ
みほ「え、ええ……?」
※短め


続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2018/07/22(日)13:23:51.99:
BQzU5g8e0
奈緒「うーん……」
ガチャ
奏「ただいま戻りました」
奈緒「おーす奏ー。おつかれ」
奏「唸ってたみたいだけど、どうしたの?」
奈緒「いやぁ……加蓮のことでちょっとなあ」
奏「加蓮が?」
奈緒「ああ。加蓮ってポテト好きだろ?」
奏「ええ。私も何度かあの子と食べに行ったことあるから知ってるわよ」
奈緒「この前加蓮とポテト食いに行った時にアイツ大量にポテト頼みやがってな?あたしはちゃんとやめとけって言ったのに」
奏「まあ……」
奈緒「そしたら加蓮ってば『なーおー、私のぶんもあ・げ・る』とか言い出してな。だから言ったのに……」ブツブツ
奏「加蓮の真似、似てたわよ。ちょっと恥じらいがあったところも可愛らしくて高得点かしら」
奈緒「ってそこはどうでもいいんだよ!」


続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1532099368/
1:
ingram2018/07/21(土)00:09:29.17ID:9Vzqhes+0
前作:
【ウマ娘】ウマっ娘(小)話
今まではスピカ寄りでしたが、これからはリギルその他も書き進めてみます。
・1Rの前のお話?
・公開設定が少なく、やむなく独自設定
・故に(?)ややキャラ崩壊気味
・競馬成分少な目?
・何番せんじ感?
では、よろしくお願い致します。

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/07/21(土)00:14:59.53ID:9Vzqhes+0
?????????????????
????年前トレセン学園練習コース場
タッ、タッ、タッ、タッ…
ハッ,ハッ,ハッ,ハッ…
同期ウマ娘「…まーた性懲りもなく一人で走ってるんだ?マルゼンスキー」
マルゼンスキー「…あ!こ、こんにちは…」
同期ウマ娘「ここに来てもう3ヶ月にもなるってのに、どこのチームにも所属出来ないんでしょう?練習する意味なんか無いじゃない」
マルゼンスキー「あ、アハハ?…」ポリポリ
同期ウマ娘「ハッ…そりゃそーよね。外国ウマ娘が走れるレースなんて、そもそもここ日本には無いんだから!…あなた、何しに日本に来たの?」
マルゼンスキー「が、外国ウマ娘じゃないわよ?!私はれっきとした日本生まれの日本育ち!…確かにお父さんもお母さんもイギリス出身の持込みウマ娘だけど…」アセアセ
同期ウマ娘「ハァ…あなた、もういい加減国に帰りなさいよ!目障りな上に邪魔なのよっ!!出る当ても無いレースに向けて無駄な練習して必要のない施設使用して…っ」
マルゼンスキー「い、痛いとこ付くわね…で、でも何度も言って申し訳ないけど、私の国はここ日本だから…帰る国も何も…」
同期ウマ娘「またそうやって…あなたが居るだけでイライラするのよっ!いい?!今度ここで見かけたら、また皆で追い出すからね!!」スタスタ…
マルゼンスキー「あ…そ、それじゃ、また…」フリフリ
同期ウマ娘「"また"なんて有るわ
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
07/23 (06:55) SSびより
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1532272020/

1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/07/23(月)00:07:00.48ID:
cUAFo4Zl0
P「という訳でパンツ見せてくれまゆ」
まゆ「いいですよぉ♡どうぞ♡」ぴらっ
P「違う。チェンジ」
まゆ「え…?」
※きゃらほーかい注意

続きを読む

[ 閉じる ]
07/23 (06:30) SS 森きのこ!
元スレ
2:
◆x8ozAX/AOWSO
:2018/07/18(水)13:50:58.10:
CoeaNds6O
ピピピピッ、ピピピピッ
朝、目覚ましの音で目を覚ます。
今日は月曜天気は晴れ、嫌になる程空は明るい。
ここ数日で一気に蒸し暑くなった梅雨突入前の空気が、身体を起こすのを躊躇わせる。
P「……っし!気合い入れるか!」
仕事があるのだからこんな悠長にしている時間が勿体無い。
さっさと身体を起こして歯を洗い、ヒゲを剃って色々と整える。
丁度炊けた炊飯器の音が少し気分を良くしてくれた。
P「適当なもんで良いかな」
小鍋を火にかけお湯を沸かし、味噌汁の準備をしつつシャケを焼く。
冷蔵庫から昨夜の残りを引っ張って、ちょっとだけ豪華に見せてみたり。
さて……と。
そろそろ、起きてくる頃かな。
美穂「……ふぁぁ……おはようございます……」
P「おはよう美穂、そろそろ出来るから座って待ってろ」
美穂「うぅん……良い匂いが……」
寝ボケた美穂が、パジャマの袖で目を擦りつつ椅子に着く。
二十歳になった今でも可愛さは衰える事を知らず、追加で綺麗・美しいステータスもどんどん上がっていた。
アイドルを引退したのが二十歳の誕生日で半年前だから、だとするともう半年後にはどうなってしまうのだろう。
楽しみは尽きないが、それは置いといて然るべき事を叱らなければならない。

3:
◆x8ozAX/AOWSO
:2018/07/18(水)13:51:32.27:
CoeaNds6O
P「今日は一限からだろ?」
美穂「自主休講……しませんよっ?しませんからねっ?!」
P「先週の月曜一限サボっただろ?」
美穂「ち、遅刻で済んだもんっ!」
P「やっぱり遅刻はしたんだな」
美穂「……卑怯です!誘導尋問なんてっ!」
自爆しただけじゃないだろうか。
それはそれとして、今日はお互い普通に間に合いそうだ。
まぁ先週は前日の夜に……ゴホンッ!
同棲生活を始めて約半年、俺たちの関係は山あり谷ありだが概ね良好と言えた。
喧嘩の理由なんて、大体俺が仕事で帰りが遅くなった時くらいだ
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1532247224/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/07/22(日)17:13:44.76ID:4kvjUv51O
飛永「RPGを五感で楽しむことができる次世代ゲーム、ソードアート・オンライン。通称SAOの発売がいよいよ始まります」
飛永「そこで我々番組は、ゲームメーカーのアーガスさんにお願いしまして、特別に、発売前の最新ゲームを体験させていただけることになりました。現地には、リポーターの大水さんが行っております。大水さーん」
大水「……ちょっと、ライター貸してくんない?ライター。え、ここ禁煙?」
飛永「大水さーん、もう番組始まってますよー」
大水「ちっ。はいはーい。こちらアーガスさんの制作現場に来ていまーす」
飛永「今、舌打ちしませんでした?」
大水「はい、なんでしょう?」
飛永「いや今、舌打ちされましたよね?」
大水「すいません。進行を妨げるような発言はやめてもらってもいいですか?」
飛永「僕が悪いんでしょうか」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/07/22(日)17:14:52.52ID:4kvjUv51O
大水「あまり時間がないものですから」
飛永「それはすみません」
大水「分かればいいんです。分かれば」
飛永「だいぶ上から来るんですね」
飛永「それで、今日がゲームの発売日ということなんですが、そちらの様子はどうでしょうか?」
大水「はい。まだ一本も吸えてないせいか、とてもピリピリしています」
飛永「大水さんのことは聞いてないです」
大水「え、違うんですか?」
飛永「そうですね。大水さんのコンディションではなくて、社内の様子を教えてほしかったのですが。あの、事前に取材はされましたか?」
大水「ちょっと電波の入りが悪いみたいなので、このままゲームの説明に入りまーす」
飛永「都合のいい電波ですね。では、説明をお願いします」

3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/07/22(日)
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1436068026/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2015/07/05(日)12:47:16.77ID:Vp+6DikG0
八幡「ああ、実は二人から告白されちまってな」
小町「……え?」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2015/07/05(日)12:47:58.01ID:Vp+6DikG0
(しばし沈黙)
小町(いやいやいやいや! え、展開はやすぎでしょー! なにこの人朝から爆弾発言しちゃってんの? この前までちょっと近づいたかなとか思ってたら、急に近づきすぎだよ! いやでも小町的にこの展開は……アリ?)
八幡「まあ、告白に近いといったほうがいいかもしれんが……」
小町「えーと、もうちょっと細かく聞かせてもらっていい?」
八幡「ああ。……あれは、修学旅行で京都を観光しているときのことだ」

3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2015/07/05(日)12:48:59.37ID:Vp+6DikG0
?回想シーン?
由比ヶ浜『ここで石を回してお願い事するんだって』
八幡『おお』
由比ヶ浜『じゃあ、一緒に回そう』ゴロゴロ
(由比ヶ浜二拍する)
由比ヶ浜『…………ヒッキーにとってのマッ缶になれますように』
八幡『え……なに、どうしたの由比ヶ浜』
由比ヶ浜『……なりたいの』ジットミツメルー
?回想終わり?

4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2015/07/05(日)12:49:49.30ID:Vp+6DikG0
(しばし沈黙)
小町(えー……結衣さん、えー……その言い方はないですよ……。なんかもっと他に言い方とかあったでしょーに……。確かにマッ缶はお兄ちゃんにとってないと生きていけないくらい大事な存在なんだけど……。いやーそれにしてもねえ……。っていうか、お兄ちゃんの反応は――)
小町「……」チラッ
八幡「……まあ、マッ缶になってくれるってのも」
小町(いや、お
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/07/22(日)23:03:08.875
ID:Iixea5rVD
喪黒「私の名は喪黒福造。人呼んで『笑ゥせぇるすまん』。
    ただの『せぇるすまん』じゃございません。私の取り扱う品物はココロ、人間のココロでございます。
    この世は、老いも若きも男も女も、ココロのさみしい人ばかり。
    そんな皆さんのココロのスキマをお埋めいたします。
    いいえ、お金は一銭もいただきません。お客様が満足されたら、それが何よりの報酬でございます。
    さて、今日のお客様は……。
    平手大地(39) Jリーガー
    【栄光なきピッチ】
    ホーッホッホッホ……。」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1436021797/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2015/07/04(土)23:56:47.35ID:AHI6YFGl0
雪乃「私は、比企谷くんにチョコレートを渡したい」
陽乃「え……?」
雪乃「渡したい」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2015/07/05(日)00:00:09.39ID:AHI6YFGl0
(しばしの沈黙)
陽乃(あれ、なんか想像してた回答と違う)
陽乃「へ、へえ……雪乃ちゃんってば大胆なんだねー? 比企谷くんも、雪乃ちゃんから愛されてるんだね」ニヤニヤ
八幡「雪ノ下、チョコもらうよ」
陽乃(あ、あれー? 比企谷くんそんなキャラだったっけ? 違うよね? もっといけすかない感じで受け取らないよね? なんで受け取っちゃうかなー、それ違うなー)
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2015/07/05(日)00:01:03.49ID:Vp+6DikG0
結衣「うん、ゆきのん。チョコあげなよ!」
陽乃(ガハマちゃんもなんで応援しちゃってんの? 比企谷くんのこと好きだよね? あれ、違う? もしかして私の勘違い?)
八幡「作ってくれたんだろ? 義理でもなんでも、俺のためによ」
雪ノ下「比企谷くん……」
陽乃(やばい……なんか置いてかれてる。違う、私の望んだ展開はこんな雰囲気じゃない!)

4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2015/07/05(日)00:02:25.10ID:Vp+6DikG0
陽乃「雪乃ちゃん、そうやってまた誰かに依存しちゃうの?」
(しばし沈黙)
陽乃(……決定打をここで使うことになるとはね。ま、面白いから言いんだけど)
雪乃「姉さん。私、依存はやめないわ」
雪乃「絶対、やめない」
陽乃(なんですごい自信満々に言ってるの……この子。それ全然胸張って誇れないよ? ……でも、やっぱりなんにも成長してないわね。やっぱり私が――)

12:続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆x8ozAX/AOWSO2018/07/18(水)13:48:16.09
ID:CoeaNds6O
これはモバマスssです
胸糞要素を含み、とても人を選ぶと内容かと思います

続きを読む

[ 閉じる ]
関連記事:
【モバマス】ScarletDays【前半】

【モバマス】ScarletDays【後半】

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1531733463/
1:
◆vSD/c.dQDI
2018/07/16(月)18:31:03.08ID:DuFBS/C8O
ウラウラ島
スカウトマン「そうだよー!ねぇ、興味ない?」ニコニコ
アセロラ「……アセロラ…アイドルなんて柄じゃないよー」
ミミたん「キュー」フワフワ
スカウトマン「いや!君からは光るものを感じた!」ズイッ
アセロラ「で、でも……図書館のお仕事とかもあるし………」ビクッ
スカウトマン「じゃあ見学だけでもいいからさ!ね?」
アセロラ「えーと……」
スカウトマン「お願い!僕を助けると思って!」
アセロラ「………………」
ミミたん「キュー」フワフワ

2:
◆vSD/c.dQDI
2018/07/16(月)18:46:39.06ID:DuFBS/C8O
翌日
クチナシの交番
クチナシ「はぁ?アイドルにスカウトされただぁ?」
アセロラ「うん。そうなんだよーおじさーん」
ミミたん「キュー」
クチナシ「………夢みてぇなこと言ってねぇでウチに帰れ。おじさん忙しいんだよ」シッシッ
アセロラ「ゆ、夢じゃないよ!ほらっ!昨日貰ったの!」スッ
クチナシ「ん?名刺?」ピラッ
クチナシ(………おいおい…アローラプロダクションっていやぁ超有名どころじゃねぇか…)
アセロラ「ね?本当でしょ?」
クチナシ「…………うさんくせぇなぁ……」ハァ
クチナシ「…いいかアセロラ?世の中にはな?こうやって他人を騙すこわーい人たちがな?」
アセロラ「それでね?明日見学に行くことになったの」
クチナシ「あ?なんで?」
アセロラ「………だって……断ってるのに何度も頼んでくるから……じゃあ一回見学だけでもってなって……」
クチナシ「いやいやいや」
アセロラ「という訳でー……おじさん!明日空けといてね♪」
クチナシ「は?なんで?」
アセロラ「保護者の方と一緒に見学きてくださいーって言うから……」
クチナシ「………俺ぁお前の保護者じゃねぇんだけど……」
ミミた
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
ingram2018/07/21(土)00:09:29.17
ID:9Vzqhes+0
前作:
【ウマ娘】ウマっ娘(小)話
今まではスピカ寄りでしたが、これからはリギルその他も書き進めてみます。
・1Rの前のお話?
・公開設定が少なく、やむなく独自設定
・故に(?)ややキャラ崩壊気味
・競馬成分少な目?
・何番せんじ感?
では、よろしくお願い致します。

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆wYfwsL9CqU2018/05/20(日)09:20:57.72
ID:8kS8SyX10
前スレ
【ガルパン】×【古畑任三郎】 最後の一皿
※今回はタイトル通りVSあんこうチームです。
※ランサーのように死に続ける役人の活躍にご期待ください。
※田村正和さんの俳優業引退は惜しいです…。
古畑『高い能力を持ってるのに何故か自己評価の低い人っていますよねえ?そういう人は自分を
認めてくれた人物や自分の居場所を守るために思いがけない行動に出ることがあります。思い当たる
人はご注意を。過信するのはいけませんが、高い能力を持ってる人は相応の自信を持ったほうが
いいようです。そう、私みたいに…』

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1531878221/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/07/18(水)10:43:41.97ID:zul4SXfro
島「母ちゃん、ただいまー」
島母「おかえり直樹。夕飯まで時間あるし何かお菓子でも食べる?」
島「いや、今日はいいや」
島母「何かあったの? 珍しいわね」
島「これから自分の部屋でカードのデッキ調整をしたくてさ」
島母「ホットドッグ味のポテトチップスを見かけて買ってきたのに。残念」
島(美味しいのかそれ……? でも案外悪くなさそうだな)
島「また今度食べてみるよ」
島母「わかったわ」
島「それより母ちゃん、俺はデッキ調整に集中したいから絶対部屋入るなよ!」
島母「はいはい、気をつけるわね」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/07/18(水)10:48:12.61ID:zul4SXfro
島「さて、学校帰りにカードショップで買ったカードを見てみるとするか」
島「えっと、買ったのは確か構築済みデッキ2つだったな」
島「なになに、1つ目は『リンクが繋げる勝利への絆! 新たな決闘を体感せよ!』」
島「2つ目は『リンクが拡げる新たな絆! その可能性が勝利を導く!』」
島「どれどれ中身は……おお!」
島「ドラコネット、リンク・スパイダー ……あのプレイメーカーが使ってるサイバース族が入ってるじゃねえか!」
島「他のも汎用カードがたくさん……お、ラッキー! ライコウも入ってたのか」
島「たまには普段使ってないショップにも行ってみるもんだな。いい買い物ができたぜ!」
島「今日買ったカードにお気に入りの獣族を足して試しに新しいデッキを作ってみるか」
島「サイバース族と獣族、獣戦士族を中心にして……よし、できた!」
島「デュエルディスクにも同じデッキを登録して、VR空間でも使えるようにしとくか」
島「よし、リンクヴレインズで新しいデッキを試してみるぜ!」
島「イントゥ・ザ・ヴレインズ!」
3:
以下、名無しにか
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆K7qLUv4H.Lbp2018/07/22(日)22:31:58.05
ID:RBnoJ/9DO
『さぁ、今日ははぁとの誕生日だぞ!遠慮せずにお祝いしよう!つか祝え☆』ガクガク
『はぁとちゃん、そういうのは生放送で言わない方が』ブルブル
『ナナぱいせん、普通こういうのはサプライズとかで用意しているもんじゃありませんか?』ガクガク
『だからといって……』ブルブル
キィィィィィン
『高度一万メートルからじゃ、プレゼントも持って来れないですよ!』
『誰だ!はぁとの誕生日にこんなサプライズ仕込んだヤツは!!』
プツッ
「方や、超有名アイドルは生放送でここまで主張できるのに」
「方や新人アイドルさんはユニット仲間の手で誕生会開くはずが、二人して壮絶遅刻中」
めぐる「世の中、格差社会なんだなぁ……」
めぐぅ「おけ?」
めぐる「めぐぅもそう思う?」
めぐぅ「ちゅき!」
めぐる「あは。ありがとう」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1532266526/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/07/22(日)22:35:26.67ID:F3X3kpK5O
不動遊星「戦姫絶唱シンフォギア?」
不動遊星「戦姫絶唱しないシンフォギア?」の続きになります。
遊戯王5D'sと戦姫絶唱シンフォギアのクロスです。両作品のネタバレがあります。

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/07/22(日)22:50:01.97ID:F3X3kpK5O
響「……」チッ
未来「響ッ…響ッ…!!」
切歌「……デース…」ズーン
クリス「……」ズーン
マリア「…え?この状況は何?」
翼「それがな…」ハァ
調「響さんの様子がおかしいの」
マリア「あの子が?どういうことかしら?」
翼「何と言うか…やさぐれてしまっているのだ」
マリア「やさぐれ…?何故そうなってしまったの?」
弦十郎「…それは俺が説明しよう」
ホワンホワンホワーン

3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/07/22(日)22:53:30.06ID:F3X3kpK5O
響『師匠!少しいいですか?』
弦十郎『響くんか。どうした?』
響『最近私が選ぶ映画がどれも同じようなものばかりで、たまにはいつもと違う映画を観たいなーって思いまして…』
弦十郎『なるほど。それで俺にオススメを聞きに来たわけだな』
響『はい!』
弦十郎『フム…響くんはいつもどのような映画を観るんだ?』
響『そうですね…作戦で使えそうなものとかヒーロー物とかですかね』ウーン
弦十郎『なるほど。ヒーロー物か…』
響『そうです!正義の味方が悪を成敗して皆が幸せになるって気持ちいいですよね!』

4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/07/22(日)22:55:13.57ID:F3X3kpK5O
弦十郎『…つまり響君はHAPPYENDを好むと言うわけだな?』

続きを読む

[ 閉じる ]
07/23 (01:00) SS 森きのこ!
元スレ
全てのレス
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2018/07/23(月)00:07:00.48:
cUAFo4Zl0
P「という訳でパンツ見せてくれまゆ」
まゆ「いいですよぉ♡どうぞ♡」ぴらっ
P「違う。チェンジ」
まゆ「え…?」
※きゃらほーかい注意

続きを読む

[ 閉じる ]
07/23 (00:55) SSびより
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1532268894/

1:
◆C2VTzcV58A2018/07/22(日)23:14:54.82ID:
Lqty2f6eO
アイドル。
みんなから声援を受けて、それを力にして輝く存在。
歌って踊ってポーズをとって、みんなに憧れと夢を与える存在――なんて言うと、ちょっぴり大げさかも。
でも、私にとってはそれほど大きいもので、だから自分もそうなりたいと思ったんだ。
そして私は、ある人と出会って、念願叶ってアイドルになった。
デビュー時26歳、アラサー突入したての微妙な年頃。だからはじめは焦りもあったし、しんどかったし、辛かった。
でも、それ以上に楽しかったし、幸せだった。とってもスウィーティーだった。事務所の仲間はみんないい子で、力をたくさんもらえたし。
そんなこんなで、私は夢だったアイドルとしての時間を一生懸命駆け抜けて。
そして、存分にやりきったと思ったから、引退した。みんなに愛されたアイドルしゅがーはぁとは、惜しまれながらも現役を退いた。最後のライブで見えた景色は、今でも鮮明に思い出せる。きっと、一生忘れることはできないんだろうな。
ただ。しゅがーはぁとの物語が終わっても、佐藤心の人生はまだまだこれから続くわけで。

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/07/22(日)23:48:24.03
ID:3bq8Ah7p0
※一部アイドルマスターシャイニーカラーズのキャラが登場します
凛「なにそれ」
P「いやだから、凛のことを今の俺が生まれる前の時からずっと探してたってことを伝えたかったんだ」
凛「それを言うなら前世でしょ…」
凛(でも前世からプロデューサーと出会うことが決まってた…か…ふーん、その考え、悪くないかな)
P「どうした凛?ニヤケてるぞ」
凛「別にー?あ、でも凛世ってなんなの?新しい女?」ジトー

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1520879382/
1:
◆6mIQnGrCuVtm
2018/03/13(火)03:29:42.67ID:Cf64N5r0O
ネタバレあり、あと短い

2:
◆6mIQnGrCuVtm
2018/03/13(火)03:30:06.93ID:Cf64N5r0O
最原「と、図書室に入ってみたら……天海くんが……」
茶柱「……死んでるっ!!」
アンジー「どしたのー、大騒ぎして―」
星「……やってられねぇぜ」
モノクマ「ようやく第一の被害者が発見されたね、待ちくたびれたよ!」
キーボ「うわっ、いきなりなんなんですか!」
モノクマ「なんなんですかとはご挨拶だね。せっかくこれを持ってきてあげたのにさ」
王馬「これは……」
モノクマ「モノクマファイルだよ!これをもとに捜査した後、学級裁判で天海君を殺した黒を指名してもらうよ!それじゃ、頑張ってねー!」
3:
◆6mIQnGrCuVtm
2018/03/13(火)03:30:45.39ID:Cf64N5r0O
入間「おい、ダ最原!お前探偵だろ!こんな事件すぐに解いてみろよ!」
最原「……。ごめんね、入間さん。実は僕は『超高校級の探偵」じゃなくて、『超高校級のなごみ探偵』だったんだ」
入間「な、なんだそりゃ!わけのわからないこと言ってんじゃねーよ!」
春川「こんな時にふざけるなんて……」
東条「『超高校級のなごみ探偵』……以前警視庁の幹部に仕えていたころに聞いたことがあるわ」
夢野「むぅ……おぬしは知っておるのか?」
東条「ええ……これまで三桁に近い事件を解決してきた、謎を解かずにただ現場をなごませる名探偵……その名は『なごみの最原』!」
真宮寺「謎を解かないのに探偵とは言い難い気もするがネ……」
獄原「ゴン太バカだけど、それだけで事件が解決しないことくらいわかるよ!」
東条「私も見たことはないけれど……」
最原「東条さんが言ってくれた通り、僕は『なごみの最原』だよ。この事件、必ず解決して見せるよ。だって……真実はいつもひとつ!」
東条「
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
2
3
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。