SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
タグ:
SS
タグ一覧の表示
<<
2018年05月
>>
1807件取得
人気記事順表示
<<
0
1
2
3
4
5
>>
1:
名無しさん@おーぷん2018/05/23(水)18:39:02
ID:6a4
※オリジナルキャラクターが登場します。
ラフィエル「で、サターニャさんを導ったらなんと…」クスクス
ヴィーネ「へぇ?、そんな事がっ!?」
サターニャ「それはアンタが脅かすからでしょ!?」
ガヴリール「そういう展開になったのは、サターニャが単純だからだろ」
サターニャ「単純ってなによ、単純って!?」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1527006654/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/05/23(水)01:30:55.17ID:2Vjy3LUF0
山岳救助隊詰め所――
隊員「はい、もしもし」
隊員「え、遭難してしまった!?」
隊員「場所は……うむむ、かなりの難所だな。なんでそんなところへ女性一人で……」
隊員「とにかくすぐ向かいます!」
登山家「私も手伝おう」
隊員「あ、あなたは……!」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/05/23(水)01:33:06.54ID:2Vjy3LUF0
隊員「これまで幾多の山々を制覇してきた伝説の登山家さん!」
登山家「この季節、夜になるとこの山はかなり冷える」
登山家「一刻もはやく、遭難者を救出せねばならん」
登山家「私も救助に参加させてもらいたい」
隊員「あなたが参加して下さるなら百人力です!」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/05/23(水)01:34:23.92ID:2Vjy3LUF0
ザッザッザッ…
登山家「どうした、ペースが遅いぞ」
隊員「す、すみません!」
隊員(私も登山には自信はあるのだが、この人に比べるとどうしても何段か劣る)
登山家「……」ズシッ
隊員(数十キロの荷物を持ちながら、あのペースで歩くとは……さすがだ)
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/05/23(水)01:35:12.95ID:2Vjy3LUF0
隊員「はぁっ、はぁっ」モゾモゾ
登山家「……」スイスイ
隊員(この崖を、あんなハイペースで……!)
登山家「手を貸そう」サッ
隊員「ありがとうございます!」ガシッ
登山家「ファイトーッ!」グイッ
隊員「え!? いっぱーつ!」グイッ
登山家「ありがとう、一度やってみたかったんだ」
隊員(お茶目なところがあるのもいい)

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/05/24(木)00:38:04.11
ID:0Wv/HTop0
就職先を東京の企業に決めたことに然したる意味はなかった。
ただ漠然と都心への仄かな憧れを抱いていた、地方の田舎娘特有の単純な気持ちからだ。
もちろん、決めたからには努力は惜しまなかった。
面接予定の企業情報をリサーチし、求められている人材たる対象となるよう準備をした。
受け答えの際に広島弁が出ないよう、標準語を体に叩き込む訓練もした。
元々何かを調べたり、まとめたりといった作業は嫌いではない。
そうして無事に内定を勝ち取り、東京で新社会人としての生活が始まった。

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1444562328/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/10/11(日)20:18:48ID:.8orZR42
― 家 ―
アナウンス『本日のあなたの朝食を指示いたします』
アナウンス『トースト一枚、コーヒーは一杯。砂糖は一袋お入れ下さい』
アナウンス『これで、あなたさまは最上級の健康を得られます』
男「……」モグモグ
男「……」サッサッ
男「……」ゴクゴク
男(くっそぉ、なんて味気ない食事なんだ……)

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/10/11(日)20:22:49ID:.8orZR42
アナウンス『AM8:00になりました』
アナウンス『時速5kmにて、職場まで通勤下さいませ』
男「はいはい」ガタッ
アナウンス『不満に思ってはいけません。全てを指示に委ねるのです』
アナウンス『この指示に従ってさえいれば、あなたは最上級の幸福を得られるのですから』
男「うるせえっ!」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/10/11(日)20:25:07ID:.8orZR42
アナウンス『私の声は“女王様”の声です』
アナウンス『これに逆らうのであれば、あなたには最上級の重罰が――』
男「黙れっ!」
男「最上級、最上級って、極端なんだよ! 程々が一番だってなぜ分からねえ!?」
男「俺はやるぜ!」
男「この完全管理社会をぶっ壊す!」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
05/24 (09:55) SSびより
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1527075110/

1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/05/23(水)20:31:50.81ID:
iExsWthH0
タ級「……この前、いつもと違う曲が聞こえたから」
タ級「何事かと調べに行ったら……」
ル級「行ったら?」
タ級「艦娘に素手でぶっ飛ばされた」
ル級「……お前は何を言っているのだ?」
提督「戦闘BGMを変えて艦娘の能力向上……ですか?」
タ級「私も何をどう説明すればいいのか分からないが」
タ級「簡単に言えばそうなるのだ」
ル級「信じられん……」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1527037421/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/05/23(水)10:03:41.85ID:AMPnfA1Q0
息子(親父ももう年だ)
息子(いつか来る、いつか来る、と覚悟はしてたが――)
息子(ついに来てしまった)
息子(ついに親父がボケ始めた……)
父親「3.1415926535897932384626433832795028841971693993751058209749445923078……」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/05/23(水)10:05:06.09ID:AMPnfA1Q0
息子「何やってんだよ、親父!?」
父親「何って、円周率を暗唱してるんだよ」
息子「チマチマしたことが大嫌いで、数学のすの字も知らない親父になんでそんなことできるんだよ!」
父親「俺にも分からん」
父親「今日突然、できるようになってしまったんだ」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/05/23(水)10:07:12.46ID:AMPnfA1Q0
父親「おい、メシはまだか?」
息子「さっき食っただろ……」
父親「さっきというのは、1時間37分22秒前のことだな」
息子「まぁ、それぐらいだったかな」
息子(んな細かく覚えてねえよ)
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/05/23(水)10:08:54.40ID:AMPnfA1Q0
父親「しかし、あの献立ではビタミンB2、ビタミンB6と鉄分、亜鉛が不足している」
父親「早急に補給する食べ物を要求する」
息子「えええ……!?」
父親「それと、水分も220mlほど追加で補給したい。頼んだぞ」
息子「わ、分かりました!」
息子(いつも好きなもんばかりテキトーに食ってた親父が……)

続きを読む

[ 閉じる ]
元スレ
全てのレス
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
:2018/05/21(月)21:05:31:
jesvq8Bc
※ガヴリールとヴィーネの出会いを多少、変えております。
~ヴィーネが人間界に来た日~
ヴィーネ「どうしよう、道に迷っちゃった…」
ヴィーネ「人間の世界に土地勘ないし、どうしよう!?」
男「お、嬢ちゃんどうしたのかな、へへっ?」ニヤニヤ
ヴィーネ「(うっ、怪しい人っ!?)い、いえ、何でもありません。」
男「嘘つくなよ。迷子なんだろ、良かったら俺が道を教えてあげようか?」
ヴィーネ「い、いえ。大丈夫ですから!!?」アタフタ
男「いいって遠慮すんなよな、へへっ//あっ、その代わり、お礼はしてもらうよ…もちろん体で♪」ニヤニヤ
ヴィーネ(や、ヤバい人だわ!?)

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1527079746/
1:
◆/wSWXt7S3I
2018/05/23(水)21:49:07.27ID:KAYI59/j0
物語シリーズ風次回予告・短編集
ss速報を眺めていて、亜美ちゃん・真美ちゃんの誕生日を知りました(反省)
担当の誕生日は把握しているんですけどね……


2:
◆/wSWXt7S3I
2018/05/23(水)21:50:39.79ID:KAYI59/j0
亜美「亜美だZE!」
真美「真美だYO!」
亜真美「2人合せて 双海シスターズ」
亜美「突然だけど次回予告をすることに!?」
真美「することに!?」
亜美「でもなにを話せば良いのかわからない!」
真美「わからない!」
亜美「みんなが立派なアイドルになれるかわからない!」
真美「わからない!」
亜美「プロダクションの先行きもわからない!」
真美「わからない!」
亜美「1+1は?」
真美「わからない!」
亜真美「次回『兄ちゃん 過労死寸前』」
亜美「大丈夫なのかな?」
真美「わからない!」
3:
◆/wSWXt7S3I
2018/05/23(水)21:52:49.96ID:KAYI59/j0
亜美「亜美だZE!」
真美「真美だYO!」
亜真美「2人合せて 双海シスターズ」
亜美「真美さんや、薔薇色の人生ってあるじゃん?」
真美「いおりんみたいに超お金持ちの家に生まれるとか」
亜美「じゃあ薔薇色って何色?」
真美「確か薄紅色だったような」
亜美「でもさ、薔薇の品種は細かく分けると数万にもおよぶとか! しかも年々増えていく!」
真美「マジか!?」
亜美「薔薇色を薄紅っぽい色だと決めつけていいのか!? それはオーボーじゃないのか!?」
真美「確かに赤色以外の薔薇が可哀想!?」
亜美「だから私は薔薇色とは色々色ではないのかと主張したい!」
真美「十人十色だと主張したい!」
亜真美「次回『いおりん 優雅な休日』」
亜美「私たちはアイド
続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2015/05/25(月)07:59:32.25:
aSX0k2+n0

艦娘の名前を一隻、お願いします。
>>3

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆SbXzuGhlwpak2018/05/05(土)18:02:45.83
ID:CTysyKtz0
注意事項
・武内Pもの
・武内Pもの
・短編集
?赤城さんとの平穏な日常
武内P「はぁ……」
武内P(信頼していただけているのか、アイドルの皆さんとの距離が近くなりました)
武内P(それ自体は喜ばしいことですが……距離が近すぎるように思えます)
武内P(先ほども城ヶ崎さんが私に見せた自撮りの写真は、過激すぎるものでした)
武内P(私が毅然とした態度をとればいいのでしょうが、どうしても困惑してしまい……そのことでさらに、からかわれてしまいます)
武内P(プロデューサーとして、いえそれ以前に大人の男として恥ずかしい限りです)ハァ
タタタタタッ
みりあ「プロデューサーッ!」
武内P「赤城さん?」
ギュッ
みりあ「どうしたのプロデューサー? なんだか元気なかったけど?」
武内P「……いえ、少し考え事をしていまして。ですが赤城さんのおかげで、元気が出てきました」
みりあ「ほんとーう!? よかったー!」
武内P(赤城さんの無邪気な励まし方には、本当に癒されます)
武内P(他の皆さんからも、善意であるのはわかりますが……特に高校生以上のアイドルからは、癒されるというよりドキドキされたり、時には胃が締め付けられる感触すらあります)
武内P(城ヶ崎さんも、私のことを心配してくれてのことなんでしょうが――)
みりあ「ねえ、プロデューサー?」
武内P「……ッ!? すみません、また少し物思いにふけっていました。なんでしょうか?」
みりあ「えっとね」
みりあ「今ね、誰とみりあのことを比べてたの?」
武内P「」
赤城みりあ



続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1526799103/
1:
◆dwiL9FlWN.
2018/05/20(日)15:51:43.55ID:P2hx7BeN0
オリ女性Pと百瀬莉緒の百合です。
オリ女性Pメインなので、無理な人はブラバどぞ。

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/05/20(日)15:54:16.36ID:P2hx7BeN0
お菓子が好き、それもとびきり甘いものが。甘くて歯がとろけてしまいそうなチョコレートなんて大好物。
だからデスクの引き出しには常にお菓子を用意している。キャビネットの上から2番目は私のお気に入りのスペース。
もちろん地味で暗い私にはキラキラしたお菓子なんて似合わないことは知ってる。だから人前ではお菓子は食べないようにしてる。サボってるって思われるのも嫌だし。
「はむ」
包み紙を開けチョコレートを一口……そう言えばもうすぐ世間の色めき立つ1年に1度のイベントの日だっけ。
今まで自分には無縁のイベントだったけど、お仕事上今年は嫌でも向き合わなければならない。事務所のみんなにチョコを送らなきゃ。
もちろん私はチョコレートを手作りなんて出来ないし、作る時間も無いから市販品をその辺のデパートの地下で買うだけだけど。
流石にみんなも私がチョコの作り方を知ってるとは思ってないようで、誰も私にチョコの作り方を聞いてくることは無かった。それで正解。
「はむ」
チョコを二口目、頭の中に色々なチョコレートを思い浮かべていると何だか少し幸せな気持ちになってくる。やっぱり甘いものは好き。
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/05/20(日)15:55:00.00ID:P2hx7BeN0
「あら、やっぱり今日も残業?」
ドアの開く音と共に聞こえる色香を帯びた声。その声は私の心を跳ねさせる。きゅんって、ぴょこんって、およそ私に似つかわしくない音が私の中から聞こえた。
振り返れない。振り返ったらこの心音がバレちゃうから。だから私は急いで手元のチョコレートを膝上に隠した。弱い
続きを読む

[ 閉じる ]
05/24 (07:00) SS 森きのこ!
元スレ
全てのレス
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2018/05/24(木)00:38:04.11:
0Wv/HTop0
就職先を東京の企業に決めたことに然したる意味はなかった。
ただ漠然と都心への仄かな憧れを抱いていた、地方の田舎娘特有の単純な気持ちからだ。
もちろん、決めたからには努力は惜しまなかった。
面接予定の企業情報をリサーチし、求められている人材たる対象となるよう準備をした。
受け答えの際に広島弁が出ないよう、標準語を体に叩き込む訓練もした。
元々何かを調べたり、まとめたりといった作業は嫌いではない。
そうして無事に内定を勝ち取り、東京で新社会人としての生活が始まった。

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
全てのレス
元スレ
1:
◆LYNKFR8PTk
:2018/05/20(日)20:01:56.75:
DGwR3BM40
水邪「全く……朝からうるさいな貴様は」
水邪「だがここは神である我に免じて許してやろう」
炎邪「ドッゴラァァァァァァァァ!!!」

続きを読む

[ 閉じる ]
05/24 (06:55) SSびより
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1527085557/

1:
◆FPRtZdJjow2018/05/23(水)23:25:57.54ID:
IYGxSyst0
まゆ「お仕事お疲れさまです、ご飯できてますよ」
P「うん、ありがとう」
まゆ「今日は早いうちに上がれたんですね」
P「総選挙も一段落したし、仕事量も今だけは落ち着いてるからなあ……すぐに忙しくなるだろうが」
まゆ「結果も出ましたし、売り込みの時期ですもんねぇ」
P「だいたい、昼間はまゆも事務所にいただろ?」
まゆ「うふふ、そうですけど。いつもお仕事頑張ってくださってるPさんには、みんな感謝してると思いますよ」
P「そういってくれると仕事のし甲斐も出てくるなあ」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1527083379/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/05/23(水)22:49:39.45ID:WWD7dky20
黒井「なんなんだこのふざけた部屋は!?」
黒井「私はただ家へ帰ろうと扉を開けただけだぞ!」
黒井「それがどうして私の家じゃなくて私にふさわしくない四方八方ピンク色の部屋に飛ばされてしまうんだ!」
黒井「しかもなんで高木がいるんだぁ!!!」
高木「さぁ、私も正直驚いたよ」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/05/23(水)22:53:18.41ID:WWD7dky20
黒井「クソッ!出口は一体どこにあるんだ!」
黒井「ドアや窓はおろか隙間すら見当たらん!」
黒井「あるのはこのキスをしないと出られないというふざけた看板だけだ!」
高木「やっぱりキスをしないとここから出られないのかもしれないね」
黒井「誰が貴様なんかとキスをするか!男相手にキスをしようと考えるだけでも吐き気がするのに」
黒井「よりにもよって貴様だと!?そんなことするくらいならここで野垂れ死んだほうがマシだ!!!」
高木「相変わらず酷いこと言うね」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/05/23(水)22:57:11.13ID:WWD7dky20
高木「しかし本当にそれでいいのかね黒井?」
黒井「何?」
高木「このまま人知れず野垂れ死にしてもいいのかい?君にも大切なものはあるだろ」
高木「それらを一回のキスをしないだけですべてを捨てるというのかね?」
黒井「ぐっ…!」
高木「私にも大切なものが山ほどある、それらを守るためなら、キスの一回や二回安いものだ」
黒井「ぐっ…ぐぅぅ!!!」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1439367803/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします2015/08/12(水)17:23:23ID:6/q20jzw
 アインズの寝室
アインズ「チンコを復元して性行した」

マーレ「はぁ、はぁ。んっ、アインズさまぁ(はぁと)」ピクピク
アインズ(マーレと……)
アインズ(何をやっちゃってるんだぁぁぁぁっ!!?)
アインズ(誰かにバレたらどうするんだよっ!!!)ガクブル
7:
以下、名無しが深夜にお送りします2015/08/14(金)04:34:02ID:CTDQIbFc
骨にチンコとかシャルティア大歓喜
8:
以下、名無しが深夜にお送りします2015/08/14(金)10:39:26ID:4Vy2Mt56
  数時間前 同所
アインズ(せめて童貞は卒業したい!! これから先、そんなイベントが有るかも知れないし)
アインズ(だから、いざそのイベントが発生した時に、童貞では色々と受け答えにボロが出るかも知れないからな!!)
アインズ(そう考えて……アクセサリ付属アイテムで、現実世界のチンコを忠実復元して股間にくっ付けてみたが、うーーむ)ビンビンッ
アインズ(ここだけ肉付けされてるのって、余計にグロくないか?)
 トントンッ
マーレ「アインズさま、いらっしゃいますか?」
アインズ「え゙っ!? マ、マーレか!?」ビクッ
マーレ「失礼します」ガチャッ
アインズ「待てっ!! 入って来るなマーレ!!」アセアセ
9:
以下、名無しが深夜にお送りします2015/08/14(金)10:45:48ID:4Vy2Mt56
エロは無いよ!
ぷれぷれぷれあですの方で脳内再生してね!

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1423496603/
1:
◆ExcbJR30iQ
2015/02/10(火)00:43:23.29ID:6gryyAFV0
注意
・キャラ崩壊アリ
・エロ描写あり

2:
◆ExcbJR30iQ
2015/02/10(火)00:44:16.94ID:6gryyAFV0
【教室】
平塚「いい加減に懲りて遅刻を無くせ!」
八幡「すいません…」ピクピク
川崎「……」テクテク
八幡(あ…えーと…?)
平塚「おや、最近は遅刻が無くなってたのに…どうしたんだ」
川崎「すいません、『着替え』に時間をかけてました」
平塚「……?まあ、次からは気をつけたまえ」
八幡(えっと…川なんとかさん…じゃなく川崎か)
川崎「……」
八幡(今日も黒のレース穿いてるのかな)ソロッ
川崎「……」チラッ
八幡(やべ、目線があった…)ビクッ
川崎「……」ニヤッ
八幡「え」
川崎「……」テクテク
八幡(何だ…今の妖艶な笑みは)
3:
◆ExcbJR30iQ
2015/02/10(火)00:45:00.16ID:6gryyAFV0
【次の日】
川崎「……」テクテク
八幡「……」
八幡(やっぱり昨日のは気のせいだよな)
川崎「……」
八幡(しかし川崎ってスタイル良いよな…胸も由比ヶ浜くらいあるんじゃないか?)
八幡(やばっ…ムラムラしてきた…)ムラムラ
川崎「……」ガシッ
八幡(ん、スカートの後側の裾を掴んだ…?)
川崎「……」
ピラッ
八幡「っ!!?」
川崎「……」チラッ
川崎「……」ニヤッ
八幡「」
川崎「……」テクテク
八幡「黒の…レース…自ら見せ付けてきた…」
八幡「怪しげ笑みを浮かべて…」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1431360653/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/05/12(火)01:11:03.36ID:G916eMva0
八幡「由比ヶ浜と雪ノ下が生主してる?」
今度はヒロイン別々で書いてみました


2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/05/12(火)01:12:41.84ID:G916eMva0
『雪ノ下雪乃編』
雪乃「あ、130名の方いらっしゃーい♪ちゅっちゅー♪」
雪乃「あ、○○さんお久しぶり?♪来てくれてすっごく嬉しいにゃん♪」
雪乃「△△さん!!弾幕すごい!ありがとぉお??」
雪乃「皆いきなり引退なんかしちゃってごめんにゃさい。今日からまた復活だにゃ♪」
雪乃「ヒッ……だ、大丈夫だよ!今でも普通にラブラブだから!」
雪乃「喧嘩した、とか、うん、全然ないから!」
雪乃「わぁああ!広告だ!さ、3000ポイントも!皆ありがとぅうう!!じゃあ来週の日曜日マタタビチケット枠やるね!」
雪乃「じゃあ次は?最近でたボカロのこの曲歌いまーーす?」
………
……

3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/05/12(火)01:13:07.75ID:G916eMva0
雪乃「ふぅ?歌詞職人さんありがと!私この曲大好きだなー♪」
雪乃「あと1分で放送終了だね……ゆきろんさみしーなー」
雪乃「今日はありがとお兄ちゃん達!またね♪」
?放送終了?
雪乃「……」
雪乃「Twitterでお礼も書いとかないと」
雪乃「あと今日は大手生主の□さんと通話の約束してたわね。一時間後にはこの人と……深夜からこの人とも通話して」
雪乃「大手に絡まれるようになってから私のコミュ一気に伸びたわね」
雪乃「イチャイプ作戦が功を奏したようね」
雪乃「ふふふ。これなら私も有名生主になる日も近いんじゃないかしら?」
雪乃「やっぱり世の中強い方につくのが勝ちなのよ」
雪乃「どこぞの誰
続きを読む

[ 閉じる ]
05/24 (02:55) SSびより
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1526998722/

1:
霧◆TDiRBlyxMM2018/05/22(火)23:18:43.14ID:
tDr4hs+Y0
タイトルで嫌な予感がした人はブラウザバック推奨
書き溜めなので短いです
2:
霧◆TDiRBlyxMM2018/05/22(火)23:21:59.28ID:
tDr4hs+Y0
sideほたる
どうしてこんな関係になってしまったんだろう。
とうに夜の帳が降りた部屋で、私は天井を見つめて独りごちました。
流石にこの時間ともなると、外を通る車の数も少なく、窓の外からは時たまエンジン音が微かに聞こえるだけです。
気を抜けば、すぐにでもまどろみに堕ちて行きそうな静寂は、人を物思いに耽らせるのに十分なのでしょう。
始まりはどちらからだったか、という使い古された自問自答。
最早、そんなことは重要でないのかもしれません。
気がつけば、オフが合う度にこの家を訪れ、逢瀬を遂げる。
そんな爛れたルーティーンが形成されてしまっていました。
そこまで性に関する知識が豊富なわけではありませんが、このような関係性をなんと呼ぶのかくらいは知っています。
こうして幾度となく盛り合う中で、私が何度も尋ねられなかった疑問。
二宮さんが事務所で話していた「シュレディンガーの猫」の喩え話を思い出しました。
箱の中に50%の確率で毒ガスが出るような装置と猫を入れます。
蓋を閉めて1時間後に、猫は生きているか?死んでいるか?という思考実験でした。
うろ覚えですが、「物事は、観測するまで結果の重ね合わせ状態にあり、観測されることによって決定される」というような話をしていたような気がします(一ノ瀬さんに、『それはニュアンスが違うよ』などとケチを付けられていましたが)。
蓋を開けさえしなければ、死んだ猫を観測することはない。
疑問をぶつけることさえしなければ、いつまでも幸せな幻想に浸っていられる。
好奇心に負けて箱を開けさえしなければ、猫を殺してしまうこともないのです。
それでも尚、私は確かめる方を選んでしまいました。

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1512634304/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/12/07(木)17:11:44.64ID:sLH1y8QO0
杏「ねー屋根裏ゴミどうするのよー」
双葉「早く、選んでくれよー」
真「分かっている?」
春「どうするの?」
千早「どうなんです?」
一二三「どうします?」
妙「どうするの?モルモット君?」
川上「君…どうしたいの?」
大宅「どうすんよ?」
冴「どうなの?」
屋根裏「…」


2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/12/07(木)17:13:20.31ID:sLH1y8QO0
俺は、迷っていた。
俺には現在10人の彼女がいる。
なにやかんやで、10股がバレた。だが、そこは、知恵の泉の知識、魔性の男の魅力、ライオンハートの度胸、慈母神の優しさ、超魔術の器用さで、乗り越えて10股を維持してきた。
そんな、性活も5年が過ぎ…そろそろ身を固めたいと彼女達が言ってきた。
俺の年上好きもあり、そろそろ彼女達の年齢があれだからだが…
屋根裏(うーん、しかし一人に選ぶなんてできない)

3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/12/07(木)17:13:59.66ID:sLH1y8QO0
屋根裏(どうしたらいいんだ?)
テレビ「…と、言うことで少子化緊急対策法、通称「一夫多妻法案」が国会で可決されました」
屋根裏「!?」
テレビ「この法案は、我が国の少子化対策を一環として与野党協議の末、可決されたものであり」
テレビ「翌月に実施となります」
屋根裏「こ、これだ!」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/05/23(水)20:49:17.311
ID:lwVxjXVI0
紅莉栖「なんでよっ!?」
岡部「紙は持って来ているのか?」
紅莉栖「は?紙ってなんのこと?」
岡部「尻を拭く紙に決まっているだろう!」
紅莉栖「トイレットペーパーがあるでしょ!?」
岡部「生憎、我がラボは慢性的な財政難に陥っており、助手風情に使わせる紙はない」

続きを読む

[ 閉じる ]
05/24 (01:30) SS 森きのこ!
元スレ
全てのレス
1:
◆FPRtZdJjow
:2018/05/23(水)23:25:57.54:
IYGxSyst0
まゆ「お仕事お疲れさまです、ご飯できてますよ」
P「うん、ありがとう」
まゆ「今日は早いうちに上がれたんですね」
P「総選挙も一段落したし、仕事量も今だけは落ち着いてるからなあ……すぐに忙しくなるだろうが」
まゆ「結果も出ましたし、売り込みの時期ですもんねぇ」
P「だいたい、昼間はまゆも事務所にいただろ?」
まゆ「うふふ、そうですけど。いつもお仕事頑張ってくださってるPさんには、みんな感謝してると思いますよ」
P「そういってくれると仕事のし甲斐も出てくるなあ」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1527005051/
1:
◆saI1ZNzQKuJn
2018/05/23(水)01:04:11.58ID:D1zmgiG40
注意
・ガルパンとデレマスのクロス?
・アイドルは名前しか出てこない
・スレタイの言葉も言わせたかったけど出てこない
・頭パッションなのはキャプテン
・作者の担当は日野茜

2:
◆saI1ZNzQKuJn
2018/05/23(水)01:04:47.26ID:D1zmgiG40
沙織「あれ?みぽりん、何聴いてるの?イヤホンなんて珍しいね。」
みほ「これ?沙織さんも聴く?」
沙織「じゃあ片方拝借しちゃおうかな?。あ、これ聴いたことある。何だっけ?アイドルのだよね?」
みほ「日野茜っていうアイドルの曲だよ。熱血乙女Aってタイトル。」
3:
◆saI1ZNzQKuJn
2018/05/23(水)01:06:09.43ID:D1zmgiG40
沙織「日野茜って最近何かで聞いたな?。何だっけ?それにしても応援歌なのかな?前向きな曲だね。」
みほ「うん。これを聴くと凄く元気が出るんだ。」
沙織「でも意外だなー。みぽりんの家で音楽関係のものってボコしか見たことないし。」
4:
◆saI1ZNzQKuJn
2018/05/23(水)01:07:31.72ID:D1zmgiG40
みほ「これはね、実はエリカさんに貰ったんだ。」
沙織「え?エリカさん、って黒森峰の!?」
みほ「うん。中学の時にね。」

続きを読む

[ 閉じる ]
05/24 (00:30) SS 森きのこ!
元スレ
全てのレス
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
:2018/05/23(水)22:49:39.45:
WWD7dky20
黒井「なんなんだこのふざけた部屋は!?」
黒井「私はただ家へ帰ろうと扉を開けただけだぞ!」
黒井「それがどうして私の家じゃなくて私にふさわしくない四方八方ピンク色の部屋に飛ばされてしまうんだ!」
黒井「しかもなんで高木がいるんだぁ!!!」
高木「さぁ、私も正直驚いたよ」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1527075110/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/05/23(水)20:31:50.81ID:iExsWthH0
タ級「……この前、いつもと違う曲が聞こえたから」
タ級「何事かと調べに行ったら……」
ル級「行ったら?」
タ級「艦娘に素手でぶっ飛ばされた」
ル級「……お前は何を言っているのだ?」
提督「戦闘BGMを変えて艦娘の能力向上……ですか?」
タ級「私も何をどう説明すればいいのか分からないが」
タ級「簡単に言えばそうなるのだ」
ル級「信じられん……」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/05/23(水)20:32:51.44ID:iExsWthH0
ル級「空母棲姫や港湾棲姫には伝えたのか?」
タ級「無論」
タ級「相手にされなかったけどな……」
ル級「そうか……しかし、その話」
ル級「事実なら恐ろしい事だぞ」
ル級「素手という事は、砲弾いらずで戦えるという事だ」
タ級「ああ、その通りだ」
タ級「BGMを代えるだけで、あそこまでの戦闘力を発揮させるのだ」
タ級「これほど安価で恐ろしい改良が艦娘どもに出来るとは……」
ル級「…………」
ル級「……ひとつ思ったのだが」
タ級「む?」
ル級「艦娘どもに出来るのなら、我々も可能なのではないか?」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/05/23(水)20:33:38.97ID:iExsWthH0
―――――――――――
ル級「という訳で」
ル級「我々も艦娘どもの方法を試してみるとしよう」
タ級「……正直、あまり気持ちのいい事ではないが」
タ級「試してみる価値はあると思う」
レ級「えー……めんどくさい」
重巡リ級「あんたは変えなくても十分強いでしょ……」
重巡リ級「ともあれ、有意義な実験だとは思う」
ほっぽ「ぽっ!」
ヲ級「ヲ」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆bcQPzU7u4E2018/05/23(水)20:19:30.06
ID:aDx7Ymgf0
高雄「こんにちは。高雄です」
高雄「貴方のような素敵な提督で、よかったわ」ニコッ
提督「!」
提督「あ、ああ……ありがとう」ニコッ
提督「これからよろしく頼むよ」スッ
高雄「こちらこそ、よろしくお願いします」ギュッ

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/05/05(土)13:16:19.68
ID:rkI4q9wu0
※ゴレンジャイのパロディです。
キャラ崩壊しまくりです。

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/05/05(土)13:17:45.65
ID:rkI4q9wu0
「怪人だー!怪人が出たぞおお!!」
笑美「行け!怪人愛海!全人類のお山をコンプリートするんや!」
愛海「うひひひひひ!いっただっきまーす!」ピョーン
雫「あぁん!ダメですよー。愛海ちゃーん!」
???『待てーーー!!』
???『市民を困らせる悪人は、私たちが許さないよ』
笑美「だ、誰や!?」
ザッ!
楓「シンデレラブルー!」
卯月「シンデレラレッド!」
凛「シンデレラブルー!」
愛梨「シンデレライエロー!」
蘭子「シンデレラブルー!」
周子「シンデレラブルー!」
6人「6人そろって、シンデレラファイブ!!」
卯月「さあ、今のうちに逃げてください!」
雫「ありがとうございますー」タッタッタ…
周子「ほな、怪人。覚悟しーや」
笑美「待て待て待て待て、おかしいおかしい」
6人「?」


続きを読む

[ 閉じる ]
全てのレス
元スレ
1:
◆/wSWXt7S3I
:2018/05/23(水)21:49:07.27:
KAYI59/j0
物語シリーズ風次回予告・短編集
ss速報を眺めていて、亜美ちゃん・真美ちゃんの誕生日を知りました(反省)
担当の誕生日は把握しているんですけどね……

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆/wSWXt7S3I2018/05/23(水)21:49:07.27
ID:KAYI59/j0
物語シリーズ風次回予告・短編集
ss速報を眺めていて、亜美ちゃん・真美ちゃんの誕生日を知りました(反省)
担当の誕生日は把握しているんですけどね……

2:
◆/wSWXt7S3I2018/05/23(水)21:50:39.79
ID:KAYI59/j0
亜美「亜美だZE!」
真美「真美だYO!」
亜真美「2人合せて 双海シスターズ」
亜美「突然だけど次回予告をすることに!?」
真美「することに!?」
亜美「でもなにを話せば良いのかわからない!」
真美「わからない!」
亜美「みんなが立派なアイドルになれるかわからない!」
真美「わからない!」
亜美「プロダクションの先行きもわからない!」
真美「わからない!」
亜美「1+1は?」
真美「わからない!」
亜真美「次回『兄ちゃん 過労死寸前』」
亜美「大丈夫なのかな?」
真美「わからない!」

続きを読む

[ 閉じる ]
元スレ
全てのレス
1:
◆bcQPzU7u4E
:2018/05/23(水)20:19:30.06:
aDx7Ymgf0
高雄「こんにちは。高雄です」
高雄「貴方のような素敵な提督で、よかったわ」ニコッ
提督「!」
提督「あ、ああ……ありがとう」ニコッ
提督「これからよろしく頼むよ」スッ
高雄「こちらこそ、よろしくお願いします」ギュッ

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
2
3
4
5
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。