SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
タグ:
THE IDOLM@STER
タグ一覧の表示
<<
2017年03月
>>
190件取得
投稿日時順表示
<<
0
1
2
3
>>
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/06/01(日)21:57:23.35
ID:SsvD8XpL0
ちひろ「あのー、凛ちゃん。ちょっといいですか?」
凛「うん、どうしたの」
ちひろ「いきなりなんですけど……愛の告白されるとしたら、どんな風にされたいですか?」
凛「本当にいきなりだね……」
ちひろ「さっき恋愛ドラマ見てたんです。なんだか気になっちゃって」
凛「まあ、たまに考えるよね。そういうこと」
ちひろ「ですよねっ! というわけで、教えてください!」
凛「うーん……」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1401627443

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)
2014/06/01(日)22:02:03.43
ID:SsvD8XpL0
凛「まあ、告白なんてあっけないものだよ、たぶん。夢見すぎてもいけないと思う」
ちひろ「えぇー。凛ちゃん理想が低いです」
凛「だって告白するされる間柄なら言葉なんて、そう要らないんじゃない?」
ちひろ「言葉って大切ですよ? 以心伝心なんて当てになりません!」
凛「確かにテレパシーでスタドリは売れないと思うけど……」
凛(……言葉か)ポワポワ
3:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/06/01(日)22:06:54.82
ID:SsvD8XpL0
『なあ、凛。俺と一緒になってくれないか?』
『……そんな簡単に頷くんだな』
『もうちょっと、よく考えた方が良いんじゃないかな?』
『だって、さり気なくとんでもないお願いするかもしれないだろ』
『例えば……お嫁さんになってください、とかさ』
『一度頷いちゃったら、取り返しはきかないけど……それでもいいよな?』
凛(……大事かも)ポワワ
5:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/03/18(金)20:33:52.68
ID:R7tdZl4r0
早苗さんPに張り倒されるかもしれませんので、あらかじめ謝っておきます。ごめんなさい。
文章、キャラなど酷いとこ多いのですが、大目に見て頂けると幸いです。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1458300832

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/03/18(金)20:34:22.61
ID:R7tdZl4r0
ちひろ「最近、事務所のティッシュの減りが早い……」
ちひろ「毎日一箱以上空になってる……」
ちひろ「一体どういうことですかね。プロデューサーさん」
モバP(以下P)「まぁ、人数多い事務所ですからね。多少は仕方ないかと……」
ちひろ「それにしては尋常じゃないんですっ! おかしいですよ! 今週だけで何回ティッシュ買いに行ったと思ってるんですか!?」
ちひろ「昨日はプロデューサーさん、残業してましたよね? 何も知らないとは言わせませんよ!」
早苗「ただいま戻ったわー」
早苗「あら? どうしたの?」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/03/18(金)20:34:52.88
ID:R7tdZl4r0
ちひろ「事務所のティッシュ大量消費の件でプロデューサーさんに事情聴取してるんです」
早苗「え……ティッシュ?」
ちひろ「目が泳ぎましたが何か知ってるんですか?」
早苗「し、知らないわ! 苦くて飲み込めなかったなんてことないんだからね!」
P「さ、早苗さん! それは秘密にしろって早苗さんが……!」
早苗「あっ……!」
ちひろ「何かご存じのようですね。詳しくお話聞かせてもらえますか?」
P「ああー! やばいです! そろそろ営業の時間です! 行きましょう!」
早苗「そ、そうね!
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2013/12/23(月)12:52:47.75
ID:KbHrCi8C0
モバP「何かにつけてからかってきたり、ボディタッチも過剰だし……どうしたものかと」
ちひろ「……プロデューサーさんの担当って、雫ちゃんと紗理奈さんと早苗さんですよね……」
モバP「……」←自称165cm50kg
ちひろ「……」
モバP「……」
ちひろ「……」
モバP「」ズゥーン
ちひろ(プロデューサーさん……)ホロリ
※参考
及川雫(16)170cm56kg 105-64-92
松本紗理奈(22)165cm48kg 92-58-85
片桐早苗(28)152cm47kg 92-58-84
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1387770767

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)
2013/12/23(月)12:54:02.78
ID:KbHrCi8C0
モバP「……いや、分かってるんです。諸々、威厳とか色々足りてないって……。雫とか170ですよ? 俺と15cmくらい違うんですよね……」
ちひろ「プロデューサーさんって165セ……、あっ(察し)」
モバP「大体皆がデカすぎるんですよね、イロイロと。だから相対的に……」
ちひろ「プロデューサーさん?セクハラですよ?その発言」
モバP「いやだって、あんまり肉付きいいもんですから、こう、圧迫感が、こう、……すごいんです。3人並ぶとさらにドン、でして」
ちひろ「……プロデューサーさん、細っこいですからね。ちなみに体重は?」
モバP「……さ……よ、40……くっ」
ちひろ(え……それ、私より……いや、考えるのはよそう)
ちひろ「体鍛えてみたらどうです? うちのアイドルたちにはそういうのに詳しい子たちもいますし、なんならトレーナーさんにも聞けばいいですし」
モバP「一度茜達のトレーニングに
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆4bI90xIGiY
2016/02/04(木)23:48:09.45
ID:KKS/e4GSo
P「…そんなことするわけ無いだろ」
凛「プロデューサー、嘘つくんだ」
P「嘘なんて…まずどういうことか説明してくれ、凛」
凛「この間、卯月の家に行ったでしょ」
凛「私知ってるから」
P「まあ、確かに行ったけどあれは卯月が1人じゃ寂しいからって…」
凛「ふーん…じゃあ卯月のことはいいけど」
凛「この前、奈緒と一緒に映画見に行ってたよね」
凛「二人っきりで」
P「いや、他にも誘おうと思ってたんだ」
P「でも奈緒に誘われた日にたまたま奈緒しか予定が空いて無くてだな…」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1454597289

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆jlEGpODPlY
2016/02/04(木)23:49:15.02
ID:KKS/e4GSo
凛「…ねえプロデューサー」
P「…なんだ?」
凛「私じゃ…やっぱりダメなのかな」
凛「プロデューサーは、私より他の子の方が…いいんだよね」
P「なんでそうなるんだ…」
P(そもそも…)
P(なんで俺が凛と付き合ってるみたいになってるんでしょうか)
3:
◆RODhZ0iG.o
2016/02/04(木)23:50:26.65
ID:KKS/e4GSo
P「な、なあ凛?」
凛「何?」
P「俺と凛って付き合ってるとかじゃないよな?」
凛「…っ!ひどいよ…プロデューサー…!」
凛「なんで…っ…そんなこと言うの…?」
凛「私のこと、嫌いになったのっ…?」
P(凛が涙目になってる…!誰かに見られたらまずいしとにかくなんとかしないと…!)
P「ごっごめん凛!俺が悪かったよ!」
凛「……」
P「凛とは付き合い長いし、俺が凛のこと嫌いになるわけないだろ?」
凛「…本当?」
P「もちろんだって!だからと
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/04/15(火)21:53:57.48
ID:CvH3qez1o
事務所前 ドア
P「外から帰ってきたら事務所から甘い匂いがする」
P「俺はこの匂いを知っている」
P「奴がいる」
P「数ヶ月前対峙した悪魔が」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1397566437
varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/04/15(火)21:56:00.48
ID:CvH3qez1o
?回想?
チャレンジクッキング
ありす「ふふん」
イチゴパスタ「」
ゴゴゴゴゴゴゴゴゴ
P「………………」
モグモグ
柚「………………」
モグモグ
ありす「二人ともただ食べ続けてるだけなんて」
ありす「言葉も出ないくらいの感動ですか、ふふっ…やはり私が作っただけありますね」
3:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/04/15(火)22:02:50.49
ID:CvH3qez1o
P『(今回のイベントチャレンジクッキング、ありすが試食を頼むと言うのでやってきた訳だが)』
P『(出されたのは、この罰ゲームとしか思えない代物だった)』
柚「Pサーン…へーきぃ…?」
モソモソ
P「…何とかな」
モソモソ
P『(苺の甘酸っぱさと生クリームのもったり感、そしてパスタ)』
P『(これらだけなら意外と食える、が、冷たい苺とクリームと熱々のパスタとの温度差とのコンボがヤバイ)』
P『口の中で微妙な温度になる苺とパスタ、溶けて濃厚な風味が増す生暖かい生クリーム』
P『(一体俺は何を食べているのかと問答が頭を巡り続け、謎は口の中で小宇宙の様に広がり意識が飛び)』
ありす「あの、本当に静かですね二人とも………一応聞きますけど…おいしくなかったですか?」続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆QbMLM0d8YE
2015/05/21(木)23:56:56.14
ID:QfwmWS4k0
美波「わっ!り、凛ちゃんいたの?」
凛「ん、今来たところ。皆は?」
美波「まだ来てないみたい。プロデューサーさんも、営業だって」
凛「ふーん。……それで?」
美波「な、なに?」
凛「何か悩んでるじゃない?そんな感じがするけど」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1432220206

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆QbMLM0d8YE
2015/05/21(木)23:57:50.77
ID:QfwmWS4k0
美波「別に悩んでるわけじゃ……」
凛「そうは見えないな。私じゃ頼りないかもしれないけど、言うだけ言ってみたら?」
凛「それだけで、結構楽になると思うし」
美波「……ありがとう、凛ちゃん。じゃあ、甘えさせてもらおうかな」
凛「うん。隣座るよ」
3:
◆QbMLM0d8YE
2015/05/21(木)23:58:51.73
ID:QfwmWS4k0
美波「……私とアーニャちゃんは、ラブライカとしてデビューして、今日までやってきた」
美波「怖いと思うこともあったけど、アーニャちゃんが一緒にいてくれたから、乗り越えることができた」
美波「一緒に歌うことが楽しかったから、今度はもっと大きなステージで、もっと楽しく歌いたかった」
凛「……それって」
美波「……うん。そのステージに立っていたのは、私じゃなくて蘭子ちゃんだった」
美波「アーニャちゃんと一緒に歌う蘭子ちゃんは本当に綺麗で、可愛くて……くて……」ボスッ
凛「……美波」
6:
◆QbMLM0d8YE
2015/05/22(金)00:03:44.38
ID:+8bjKfPw0
凛(無理もないか……。本当に楽しみしていたステージだったんだ)
凛(成功して嬉しいけど、そこにいるのが自分じゃないっていう気持ちは簡単に
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/02/19(日)19:52:52.07
ID:Akj/eCzC0
 ・下品です
晶葉「できたぞ助手! アイドルがメス犬になるスイッチだ!」
P「さすがあきえもん! 倫理も道徳も超越した悪鬼のごとき所業を平然とやってのけるゥ!!」
晶葉「マッドサイエンティストA・Iに不可能はない! しかしこのスイッチはまだ開発途上! よって助手に試験運用を命ずる!」
P「鬼畜博士! 鬼畜博士!」
晶葉「ふはははは! 口では非難しつつも助手の目は爛々と輝いているではないか! では受け取るがいい、これがメス犬スイッチだ!」
P「やめろぉ! ナイスぅ!」ポチッ
晶葉「ためらうことすらなく押したな、助手!」
P「………………?」ポチポチ
晶葉「?」
P「いやここはお前、わんわんって甘えてくる展開だろ後鳥羽JK」
晶葉「島流しにするぞ。生憎とそのスイッチはアイドルの犬属性値に比例して効果を発揮するように作った」
P「何だよその属性値は!」
晶葉「ちなみに私だとこの程度がせいぜいだな」ピョコン
P「犬耳ぃぃぃいいいいいい!!! あきえもんの頭に犬耳ぃぃぃいいいいい!!!!!!! 天才か!!!!!」
晶葉「言うまでもなく天才だが? おっと助手、今ちょうど犬属性アイドルが事務所のソファで全裸でメス犬になっているようだぞ?」
P「乗るしかないこのビッグウェーブに!!!」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1487501571

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/02/19(日)19:54:36.46
ID:Akj/eCzC0
P「っしゃ着いたァ! どこだ! 全裸のメス犬はどこだ! 俺が今すぐ毛布を掛けてやる!」
?「わふ?」
P「おっと、これは……おっとぉ? おお? んんんん?」
柴犬「わんわんわんっ!」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/01/27(火)20:03:57.84
ID:BlKKiOGv0
ちひろ「はい?」
P「俺ね、思うんですよ」
P「もう少しくらい自由にしていいんじゃあないかって」
ちひろ「すいません、何のことですか?」
P「もちろんね、節度は弁えますよ」
ちひろ「すいません」
P「だからね」
ちひろ「あの」
P「脱ぎます」
ちひろ「ちょっと」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1422356637

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/01/27(火)20:05:40.92
ID:BlKKiOGv0
P「迷惑はかけませんから」ヌギ
ちひろ「これ以上の迷惑なんてありませんよ」
P「いいじゃないですか、1月ですよ」ヌギヌギ
ちひろ「ホントやめてください」
P「脱ぎました」スッポンポン
ちひろ「ねえなんで!?」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/01/27(火)20:08:39.30
ID:BlKKiOGv0
ちひろ「すいませんホントこれまでのドリンク代全部お返ししますから」
P「はっはっは、脱いだだけじゃないですか」ブーラブーラ
ちひろ「腰を振るな!!」
P「よくご覧くださいよ」
ちひろ「絶対イヤですよ!」
P「誰にどの角度から見られても絶対に股間に障害物が来るようになってるんです」
ちひろ「そんな少年マンガのサービスシーンみたいな!!」
7:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/01/27(火)20:13:21.76
ID:BlKKiOGv0
P「今朝茄子にキスされたので絶対的な幸運に守られているんです」
ちひろ「何言ってんの!?」
P「加
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/05/14(水)18:52:14.66
ID:Uhm4h2qT0
注意
・モバマス
・ガッツリエロ
・一人一話独立型
OK?
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1400061124

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
4:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/05/14(水)18:53:38.74
ID:Uhm4h2qT0
 
―事務所
かたかたかた…
P(時刻は午後7時を回った。ちひろさんは今日は残業がないため一足お先に帰宅した。うらやましい)
P(しかし俺も今日はかなりのハイペースでこなしているのでもうすぐ終わりそうだ)カタカタ
ッターン!
P「ん??仕事終わったぁ!」ノビー
P(これもちひろさんから貰ったドリンクのおかげだろうか。今日はすこぶる調子が良かった)
P(股間の方の調子もいいのは勘弁してもらいたいが)ギンギン
8:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/05/14(水)18:55:27.69
ID:Uhm4h2qT0
P「しかしこれどうするんだ…」
P(いつもならすぐ元に戻るはずなのに一向にその憤りが収まる様子はない。まいったな…流石にスラックスもっこりさせて帰るのはどうだよ)
P「抜くしか…ないのか」
<ガチャ
卯月「あ、お疲れ様ですプロデューサーさん!」
P(最悪なタイミングで来よったよこの子)
9:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)
2014/05/14(水)18:56:40.31
ID:Uhm4h2qT0
P「ど、どうしたんだ卯月? こんな時間に」
卯月「ちょっと忘れ物をしちゃって…」
P「何を忘れたんだ?」
卯月「ノートなんですけど…あっ」
卯月「プロデューサーさんの机の上にありました! 
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/05/19(月)20:20:31.76
ID:nn/qwTx3o
モバマスのSSです。
人によっては不快な描写があるかもしれません。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1400498421

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/05/19(月)20:21:21.31
ID:nn/qwTx3o
P「…はい…はい…その件は…はい…」
紗南「ねーねーPさーん。ゲームしようよー」
P「ああ、ごめんな。ちょっと今忙しいから…」
P「ええと…この書類はもうチェック済みだから…ああ、こっちにもFAXしないと…」
響子「Pさん、お忙しいところすみません。そろそろお時間が…」
P「うわ、もうこんな時間か。すいません、ちょっと迎えに行ってきます!」
P「っと…あれ?」グラッ
紗南「え、ちょっ!」
3:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/05/19(月)20:22:01.03
ID:nn/qwTx3o
P「あ、ああ、大丈夫だ。疲れてるのかな?」
美優「本当に大丈夫ですか?お迎えは私が行っても…」
P「いやいや、平気です。ちひろさん、一本お願いします。」
ちひろ「はいどうぞ。」
P「おっ!これキンキンに冷えてるじゃないですか!」
ちひろ「うふふ。いつもご贔屓にしてくれるPさんにちょっとしたサービスです。」
P「あ、でも今月ちょっと厳しくて…」
ちひろ「え?やだなあ、Pさん。冷却費用ぐらいロハですよ、ロ・ハ!。」
P「ありがとうございます!ングング…プハー!」
ちひろ「まったくもう…私のこと何だと思ってるんですか?」
P「ハハハ、すいません。…おおっ!キタキタキタキタ!それじゃ、行ってきます!」
ちひろ「はい、いってらっしゃい。気をつけてくださいね。」
4:<
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/02/13(土)08:57:13.02
ID:FwPizzJO0
未央「やだなーしぶりん!アイドルはみんな仕事が彼氏だよ?」
加蓮「そうだよ凛。みんな彼氏なんていないいない」
凛「いや、みんなそうは言うけど、実際のとこどうなのかな?と思ってさ」
奈緒「確かに。秘密で付き合ってる子とかはいるわけだよね?」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1455321432

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/02/13(土)09:00:57.95
ID:FwPizzJO0
卯月「でもウチの事務所、恋愛禁止とかないんですよね?」
凛「そうなの?」
卯月「はい。個別にCM契約等で恋愛スキャンダルに関する条項が無い限りは、基本的に自由恋愛です」
未央「へー」
奈緒「知らなかった」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/02/13(土)09:03:12.52
ID:FwPizzJO0
未央「それなら、みんなぶっちゃけて話題にできるね!」
凛「えっ、やっぱり未央っているの?」
未央「やだなーしぶりん!アイドルはみんな仕事が彼氏だよ?」
凛「結局言わないんじゃん・・・」
奈緒「あははっ」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/02/13(土)09:06:01.47
ID:FwPizzJO0
加蓮「まぁでも・・・」
加蓮「彼氏いる子ってなんとなくはわかるよね?」
奈緒「えっ!?」
卯月「そうなんですか!?」
未央「あー。彼氏できると雰囲気変わる子とかいるもんね?」
5:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/02/13(土)09:10:01.05
ID
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/09/29(月)01:10:48.57
ID:T6Qk2Kfv0
モバP「んーっ、ようやく片付いた……!」ノビー
ちひろ「うらやましい……」カタカタ
モバP「さて、昼飯どうすっかなあ」
凛「……」ピク
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1411920638

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)
2014/09/29(月)01:15:03.38
ID:T6Qk2Kfv0
凛「ねえ、プロデューサー。今からちょっと空いてる?」
P「ん? 丁度休もうかと思ってた頃だが……」
凛「そっか。丁度よかった」
P「何か相談事か?」
凛「まあちょっとね。どうかな?」
P「大事なシンデレラガールの頼みとあっちゃあな」
凛「む。私がシンデレラ獲ってなかったら?」
P「いや、もちろん聞き入れるさ。ちょっと意地悪だったな」
凛「ふふっ。いいよ、許してあげる」
3:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)
2014/09/29(月)01:19:04.90
ID:T6Qk2Kfv0
ググゥー・・・
P「っと、悪い。今朝は食ってないもんだから」
凛「もう、プロデューサーってば……」
P「なあ、昼飯食いながらでもいいか? はは、結構限界でさ……」
凛(来た!)
凛「そこで朗報だよ。実は今日はお弁t――」
まゆ「Pさん、まゆとお弁当にしませんかぁ?」ズイッ
4:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)
2014/09/29(月)01:26:19.51
ID:T6Qk2Kfv0
P「え? いやぁ、悪いんだが、今日は凛と先に飯の約束をだな……」
まゆ「まゆ、朝から頑張ってお弁当作って来たんです。Pさんのために……」
P「そ、そうか
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/02/15(日)06:09:51.09
ID:4XGDoTZA0
「提督、まだ起きていらっしゃいますか?」
夜も更けた執務室
傍から聞くと幼い声がノックと共に響く
来てしまったか……
提督「ああ、起きているよ。こんな時間にどうかしたか?」
自分の声に違和感を作らぬよう、努めて冷静に応える
扉が開けばそこには予想通り鳳翔
泣きそうな顔をして立っている
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1423948190

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/02/15(日)06:11:16.74
ID:4XGDoTZA0
鳳翔「すみません、こんな時間に。今日のことを謝罪しようと思いまして……」
謝ることなんていいから、早く帰って寝て欲しい
提督「何かあったか?」
分かってはいるが一応聞いておく
鳳翔「どうしても外せない遠征がありましたので、今日のお夕飯を作ることが出来なくって……」
提督「あぁ、なんだ。そんなことか」
鳳翔「もっと早く遠征が済んだら良かったのですが、やっぱり結構時間が掛かってしまいまして……」
提督「仕方ないさ。数か月前に千代田が謎の失踪を遂げた今、低燃費で囮機動部隊支援作戦が達成出来るのは鳳翔だけだからな」
正直鳳翔が遠征でしばらくいなくなると聞いてめっちゃ喜んだ
駆逐艦の子たちから軽く引かれるくらい
あの時曙の目……あれだけでしばらく食っていける
別に鳳翔が怖いわけじゃない
うん、怖いわけじゃない
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/02/15(日)06:12:41.58
ID:4XGDoTZA0
鳳翔「私がもっとしっかりしていれば早く帰投できたのです……」
提督「気にすることはない。鳳翔にはいつも世話に
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/02/02(木)02:01:15.83
ID:rzq9WLrP0
橘ありす(以降ありす)「待って下さい、意味が分からないです、説明してください」
モバP(以降P)「ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!」
ありす「あの」
P「ああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!」
ありす「静かにしてください!!」 ドゴォ
P「グフゥ!」
デレステinfact実装記念。
ストーリーコミュ40話を見たありすPが衝撃のあまりこわれた話。
短編 致命的な語彙力の低下が含まれます。ご注意ください。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1485968475

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/02/02(木)02:13:36.61
ID:rzq9WLrP0
あと書き忘れてましたが40話のネタバレを含むのでご注意ください
ありす「落ち着きましたか?」
P「ハイ……ご迷惑をおかけしました……」
ありす「ハァ……いったいどうしたんですか?そんなこと言うなんてPさんらしくないですよ?」
P「いやさ、デレステでついにありすのストーリコミュが追加されたじゃん?」
ありす「そうですね、ライブ前にひと悶着あって、夕美さんと佐藤さんに子供であることを諭されて、薫さんや仁奈さんに素直になることを教わりました。」
ありす「ちょっと恥ずかしかったけど……とても有意義な出来事でした」
P「うん……すっごくよかった。それを見てさ、なんていうか、あああああああああああああああ!!!!!ってなったの」
ありす「急に語彙力が死にましたね」
P「そう、だからありすの担当Pやめるわ」
ありす「は?????」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/08/28(木)22:06:21.14
ID:idJIMX7r0
のんびりと書いていきます
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1409231171

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
4:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)
2014/08/28(木)22:09:15.39
ID:idJIMX7r0
ミーンミーン…
P「うーん…」カタカタ
ちひろ「プロデューサーさん、私ちょっと出てきます」
P「ええ、気をつけて」
ちひろ「なにか欲しいものはありますか?」
P「いえ、大丈夫です」
ちひろ「わかりました、それじゃ行ってきます」ガチャッ
P「行ってらっしゃーい」
P「さてと…」カタカタ
ガチャッ
P「んっ?なにか忘れ物…」
ピタッ
P「おわっ!?」
「だーれだ?」
6:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)
2014/08/28(木)22:22:00.92
ID:idJIMX7r0
P「えっ?えっ?誰だ?」
「ほらぁ、わかんないのぉ?」ポヨン♪
P「ぬっ…後頭部に当たってるのは…」
「わかった?」
P「…沙理奈か」
沙理奈「ピンポーン!あったり?♪」
P「お疲れ、仕事終わったのか?」
沙理奈「うん、バッチリ♪今そこでちひろさんに会ったわよ」
P「ああ、ちょっと外出したところだ」
沙理奈「ふーん、じゃあ二人っきりってわけね♪」
P「変な言い方するなよ」
沙理奈「つれないんだから…それにしても暑いわねぇ、今も外歩いてたらこんなに汗かいちゃって…」パタパタ
P「むっ…」
沙理奈「あっ、目をそらしたでしょ?」
P「R
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/07/20(月)01:10:39.79
ID:ZrDovxtf0
ありす「ってこんなのいえるわけないでしょう!!」
裕子「ああ!ありすちゃんまで台本を投げないでください!!」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1437322229

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/07/20(月)01:11:26.86
ID:ZrDovxtf0
前回幸子が催眠術にかかる(?)SSを書いたものです。
若干キャラ崩壊あるかもですので、ご了承ください。
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/07/20(月)01:12:36.43
ID:ZrDovxtf0
ありす「キ…キキキスまでしちゃってるじゃないですか!」
ありす「それになんなんですかこの台本は?」
裕子「ありすちゃん!!ユッコは聞いてしまったのですよ!ありすちゃんの声を!!」
ありす「私の声?」
裕子「「プロデューサー…さびしいです」」
ありす「!?」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/07/20(月)01:13:42.69
ID:ZrDovxtf0
裕子「「…あの時のようにお話したいです、子供っぽいていわれてもいいですから…」」
ありす「き…聞いていたんですか!?」
裕子「はい!もうバッチリサイキックパワーで!!」
ありす「????????!!」
ありす「は…恥ずかしいです…」
ありす「こんな子供っぽいところを見られていたなんて」
5:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/07/20(月)01:15:30.31
ID
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/09/06(日)12:53:24.81
ID:4pj60yR30
【注意】このSSではまゆと美穂に生えています。
男の娘に耐性の無い方は摂取を控えてください。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1441511604

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/09/06(日)12:53:53.37
ID:4pj60yR30
まゆ「おはようございます、Pさん」
P「おはよう、まゆ」
まゆ「今日のお弁当持って来ましたよぉ」
P「いつも悪いわね。まゆの料理はおいしいから、つい頼んでしまうんだけど」
まゆ「まゆが好きでしてることですよ。食べて感想をもらえるともっと上達できますから」
P「ありがとう。お礼はメイクのコツでよかったかしら?」
まゆ「ええ、お願いしますねぇ」
P「まゆも今でも十分上手だと思うけど?」
まゆ「満足したらそこで止まってしまいますよ?」
P「まゆは偉いね」
まゆ「当然のことです♪」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/09/06(日)12:54:29.52
ID:4pj60yR30
まゆ「(Pさんは仕事一筋なところはありますけど、女性としてのスペックが高いですからねぇ)」
まゆ「(女性としての振る舞いを学ぶにはやっぱり最適です)」
まゆ「(女装を始めてもう四年になりますけど、どうせなら完璧にしたいですから)」
まゆ「(さすがにアイドル事務所だけあってかわいい子はたくさんいますけど、他の子には訊きづらいですし)」
まゆ「(今まで交流は最低限にしていましたからねぇ)」
まゆ「(アイドルの子に女装がバレたらいろいろとお仕舞いですから……)」
まゆ「(その点、Pさんならまだ……致命傷くらいで済みそうですよねぇ)」
4:続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします
2014/01/04(土)15:40:26.94
ID:uw1YBCFt0
P「まぁまずは土台作りだな」
美優「どうかされたんですか?」
P「いえ、ちょっと疲れたなーっと思って」
美優「じゃあお茶をお入れしますね」
P「いえいえ、俺がやりますから美優さんは座っといてください」
美優「でも、プロデューサーはお疲れなんじゃ……」
P「あと、何かいるものはありますか?」
美優「いえ、何も」
P「まぁまぁそう言わず」
美優「それじゃあ冷蔵庫にある和菓子をお願いします」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1388817626

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします
2014/01/04(土)15:47:07.50
ID:uw1YBCFt0
P「はい」
P「はい、お茶と和菓子です」
美優「ありがとうございます」
P「いえ、美優さんのほうこそいつもありがとうございます」
美優「わ、私は特になにも」
P「そんなことはありません。何かお礼をさせてください」
美優「え、お礼と言われても……」
P「なんでも構いません。美優さんがして欲しいこと、欲しい物、なんでも構いません」
美優「え、えっと、じゃあプロデューサーさんはゆっくり休んでください」
P「え!?」
美優「プロデューサーさんはだいぶお疲れのようなので休んでください
3:
以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします
2014/01/04(土)15:58:13.56
ID:uw1YBCFt0
P「そ、それは」
美優「なんでもしてくれるんですよね?」
P「わ、わかりました。全力で休みます」
美優「はい、それでいいです」
P「じゃあ、仮眠室借ります。いい感じに寝たら起きます」
美優「はい。じゃあおやすみ
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/09/27(土)02:10:00.86
ID:p7wxQL1O0
※キャラ崩壊
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1411751390

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/09/27(土)02:10:43.86
ID:p7wxQL1O0
凛「お疲れ様です」カチャ
凛(誰もいない……)
凛「つまんない……帰ろっかな。……ん?」
カリスマギャルが超指南★恋の問題サクッと解決!!恋の初心者あっつまれ?★
凛(ファッション誌の原稿?……あぁ、美嘉のコーナーか。恋の初心者……ふふっ)
美嘉:今回の恋のウブ子ちゃんからは、こんなお便りだよ!
【美嘉ちゃん聞いて!この前、好きな人に私を意識させようとスキンシップ……ボディタッチとかね、すごくしたの!でも全然ダメっ!そっけないの!は?どしたん?って感じで……もうっ!助けてっ!!】
PN・わからないわ
3:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/09/27(土)02:11:57.85
ID:p7wxQL1O0
美嘉:わからないわちゃん。わかるわ……じゃなくてっ!告白まではできないけど、意識はして欲しいってやつね。そーそー……超スキンシップしてるのにダメって……もうっ!こいつ超鈍感★ってなっちゃうよね。
凛(うんうん。わからないわちゃん。わかるよ。プロデューサーの鈍感っぷりに私もまいってるよ……)
美嘉:でもね、本当にそうかな?はっきり言っちゃうと警戒されてるんだよ、それ。そんな人知ってるんだ★そこでっ!恋愛マスターカリスマギャルの超指南!
凛(んん??恋愛マスター?)
美嘉:≪寝顔を見せる!≫
凛(…………マスター、強調のカッコがイラッとするよ)
4:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/09/27(土)02:12
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/07/25(金)19:47:36.02
ID:/ers/GxZo
モバP「ペロは可愛いな」
の続きです、けど前回と関係はほとんど無いです
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1406285245

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/07/25(金)19:49:05.23
ID:/ers/GxZo
ハナコ「ワンッ!」
ドーン
P「ああん」
ハナコ「ワフゥ」
P「やったなこの野郎っおらおらおらおら乱暴にナデナデだー」
ガシガシ
ハナコ「ヘッヘッヘッヘ」
ブンブンブンブン
ちひろ「すっごい尻尾振ってますね」
P「犬はこれくらいパワフルなのがいいんですよ」
34:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/07/25(金)22:22:54.85
ID:/ers/GxZo
ちひろ「しかし犬をあやすのも上手とだったとは」
3:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/07/25(金)19:50:47.27
ID:/ers/GxZo
P「犬は猫より難易度は低いですよ?こっちが大好きという気持ちをもって全身でぶつかれば大体答えてくれます」
ちひろ「なるほどー」
ハナコ「ペロペロペロペロペロペロ」
P「うひゃひゃひゃひゃくすぐたったいて」
ベトベト
ちひろ「わあ涎で顔ベットベトにされても笑ってる、動物好きですねえホント」
凛「………………」
5:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/07/25(金)19:55:00.17
ID:/ers/GxZo
次の日
P「またハナコと遊びたいなー」
凛「おはようプロデューサー」
P「おう凛か、おは…………
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/06/02(木)22:15:32.34
ID:t0p/t1550
好きな人に邪険にされるのが好き。
たとえばそう、私が誰かに対して。
いくら声をかけても、ちょっかいをかけても、その人は簡単に打ち払うだけでちっともこちらをむいてくれない。
私が何をしたってどうでもよくって、私が何をしたって、なんとも思ってくれない。
それって、どんな私でも受け入れてくれてるってことじゃない? 
それがとても楽しいから、なんて。
そんな秘密を漏らしてしまったのはいつのことだったかしら。
ああも赤裸々に口にしちゃって、どうしてだかは覚えてないけれど、その時の私はよほどご機嫌だったらしい。
たしかお相手は加蓮。
もちろん加蓮は、またこの子は変なこじらせ方して、なんて言ってるような、どうしようもないしかめっ面をしていたけれど。
その顔に、その目に。
少しだけ、満足した。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1464873332

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/06/02(木)22:17:38.04
ID:t0p/t155o
――――
―――――――
―――――――――
「今夜は恋愛映画にしない?」
そんな私の言葉を聞いて、伊吹がニヤリと笑う。
わざとらしくつり上がった口で、へぇ?だなんて言いながら。
お仕事終わり、もうすぐ深夜といえるような時間が近づいてきたあたりの、レンタルビデオ屋さん。
ちゃっちなホラー映画を物色しながら、気だるげに見えるように流し目を送る。
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/06/02(木)22:18:12.20
ID:t0p/t155o
上機嫌の伊吹がくるっとまわって足早に向かうのは、普段の私なら意識してでも目を向けな
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします
2014/03/06(木)15:24:25.42
ID:W8qHOZBZ0
神谷奈緒「そうなんだよな。3食カップ麺とかザラらしいし」
凛「もっとしっかりしてほしいよ」
北条加蓮「アイドルの心配する前に自分の健康に気を使ってほしいよね」
奈緒「まったくだな」
凛「ほんとそうだよ」
加蓮「ねー」
3人「……」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1394087065

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
3:
以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします
2014/03/06(木)15:25:56.72ID:vd04Rk/ao
神谷奈緒(17)
http://i.imgur.com/Ln5zdM3.jpg
http://i.imgur.com/w1v3pW1.jpg
渋谷凛(15)
http://i.imgur.com/5TL4Wko.jpg
http://i.imgur.com/beyGOj7.jpg
北条加蓮(16)
http://i.imgur.com/VDbYvwA.jpg
http://i.imgur.com/NzmsUdN.jpg
4:
以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします
2014/03/06(木)15:33:52.35
ID:W8qHOZBZ0
凛「この前なんか穴の空いた靴下履いてた」
奈緒「うわっ、それはひどいな」
加蓮「Pさんはそういうところがダメだよね」
凛「あの様子だと結婚なんかできないよね」
奈緒「結婚どころか彼女ができるかも怪しいだろ」
加蓮「私、Pさんみたいな人ムリだなぁ」
凛「うん。だらしない男の人ってなんか嫌だよね」
奈緒「そうだな。まともに料理もしない人はなぁ」
3人「……」
6:
以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします
201
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/02/07(土)18:21:47.73
ID:oVtTN3Xh0
マジキチ設定
短め
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1423300907

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/02/07(土)18:25:59.05
ID:oVtTN3Xh0
凛「ねえ、ねえったら。」
モバP「それはできないなぁ。」
凛「女子高生が寒い冬の夜に独身男性の部屋に匂いを嗅ぎに来たんだよ?開けてよ?」
モバP「それが問題なんだよなー。」
凛「どうして?あたしは何もしないよ?ただ全身の匂いを嗅いでちょっと衣服を借りるだけだから。」
モバP「十分問題行動だなー。」
凛「とにかくさ、ドアだけでも開けてよ。絶対に押し入ったりしないから。」
モバP「信用できないなー。」
凛「自分の担当アイドルを信じられないプロデューサーなんだね・・・。」
モバP「信用失墜行為って知ってる?」
凛「知らない。」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/02/07(土)18:32:20.03
ID:oVtTN3Xh0
モバP「そっか。でも俺は仕事のうえでは凛を信用してるから。それ以外では全然信用してないけどな。」
凛「ひどいな。ちょっと傷ついた・・・。精神的に不安定になったからプロデューサーの匂い嗅ぎたいな。」
モバP「俺の匂いを麻薬扱いするのはやめような?さ、帰ろう。俺今から風呂入るからさ。」
凛「だめ!お風呂入っちゃダメ!匂いが薄れちゃうよ・・・。汗腺が閉じぎみの冬の汗の匂いは最高なんだから。流すなんてもったいない。」
モバP「そっか。冬の汗が臭いならすぐ風呂入らなきゃ。じゃあな。」
凛「ちょっと待ってよプロデューサー。(ドンドンドンドンドン!!)」
モバP「凛も早く
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
1
2014/03/07(金)14:06:09.90
ID:8gTnxo3G0
モバP「はい。そうなんですよ」
ちひろ「ちょっといってることが……それより、はい。あったかいお茶です」
モバP「あ、ありがとうございます。……えっと、まず状況を整理しますね?」
ちひろ「どうぞ」
モバP「まず、スタドリが悪いんです」
ちひろ「?」
モバP「ちひろさんそんな顔しながら包丁持たないで下さい怖いです」
ちひろ「私が作ったスタドリが何か悪い影響を及ぼしたのかと……」
モバP「ええと、影響があったといえば影響があってですね……」
ちひろ「!! ま、まさか……」
ちひろ「プロデューサーさんの恋人である右手がダメだからって、私にそんなことを!?」
モバP「違います!」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1394168769

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
1
2014/03/07(金)14:06:50.78
ID:8gTnxo3G0
モバP「そ、そんなことちひろさんにさせませんよ!」
ちひろ「またまた?。毎週やってるくせに?」
モバP「あれ? ちひろさんそんなキャラでしたっけ?」
ちひろ「もう先に一杯いただいてます」
モバP「あー! 先に飲むなんてせこいですよー」
ちひろ「まぁまぁ。はい。鍋できましたよ」
モバP「おおおお。ちひろさんの手作り鍋ですか」
ちひろ「まだ寒いですからね」
モバP「ありがたいです」
ちひろ「それでは?」
「「いただきます」」
3:
1
2014/03/07(金)14:08:15.91
ID:8gTnxo3G0
モバP「スタドリのせいです」
ちひろ「ご飯中ですよ?」
モバP「見てください」
ちひろ「包帯してますね」
モバP「俺の利き手です」
ちひろ「鍋次何食べますか?」
モバP「えっと、豆腐を」
ちひろ「これは口にで
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/05/11(日)22:00:45.01
ID:PmkYPIy6o
ロリコン紳士なモバPとロリアイドル達の会話を短編で綴っていきます
えっちぃのはありません
#capture1
ザァァァァァ……
成宮由愛「…」
モバP「…ゴメンなー由愛ー」
由愛「あ、雨は…Pさんの所為じゃ…無いです…」
モバP「せっかく写生しにいく約束したのになぁ」
由愛「また今度…お願いできますか…?」
モバP「おう。もちろんだ。ボートも乗ろうな」
由愛「あ、アヒルさんの…?」
モバP「…多分白鳥だと思うけど」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1399813234

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/05/11(日)22:01:22.89
ID:PmkYPIy6o
モバP「さて、何しよっかなー」
由愛「…?」
モバP「由愛と遊びに行くからって、仕事はあらかた終わらせちゃったんだよなー」
由愛「ふふ…」
モバP「もう立派な春なのに、雨が降ったらまだ寒いなぁ……あ、由愛、ココア飲むか?」
由愛「あ…はい、お願いします」
モバP「おうよ」
3:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/05/11(日)22:01:59.29
ID:PmkYPIy6o
モバP「はいどうぞ。熱いから気を付けろよ」
由愛「ありがとうございます…」
モバP「あとブランケット。体冷やしちゃまずいから膝に掛けとけ」
由愛「はい…ふふ」
モバP「…何ニコニコしてんの。可愛いなオイ」
由愛「えっ、あの、可愛い…ですか?」
モバP「うん」
由愛「あうあう……こ、ココア…頂きます…」フーフー
モバP「…」ジー
由愛「…そんなに…見つめられると、困っちゃいます…」フーフー続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/03/12(木)20:20:34.29
ID:RPjE4oGFo
カリスマファッションリーダー、ソレナンテ・エ=ロゲの提案した
ノーパンスタイルは静かに、だが確実に、若い女性を中心に広まっていった!
ノーパンスタイルとは!
スカートのときはパンツを履かない、というものである!
スカート丈はミニであることが望ましい!
なお、この場合のパンツとはズボンのことではない!
アンダーウェア、ショーツ、パンティーである!
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1426159234

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/03/12(木)20:21:11.25
ID:RPjE4oGFo
北条加蓮「ふーん、奈緒はまだパンツ履いてるんだー」
加蓮「私の学校の友達は結構履いてないよ」
神谷奈緒「マジかよ……じゃあ加蓮も?」
加蓮「私は履いてるけど」
奈緒「なんでだよ。言ってることとやってることが違うんじゃないか?」
加蓮「お母さんにバレて怒られちゃってさ」
加蓮「アンタは体弱いんだから風邪ひきそうなことするんじゃないって」
加蓮「ライブ出れるくらい体力ついてるんだけどなぁ」
奈緒「親が心配するのは理屈じゃないんだよ、たぶん」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/03/12(木)20:21:38.31
ID:RPjE4oGFo
加蓮「で、どうなの? ノーパン興味ない?」
奈緒「いや、まったく……」
加蓮「奈緒がノーパンになったら絶対可愛いと思うんだけどなぁ」
奈緒「やめてくれよ」
加蓮「あれ、おかしいな? いつもだったら顔真っ赤にして」
奈緒『ハアァ!? あ、あたしが可愛いなんてそんなこと……でもそう言ってくれるなら……キュン』
加蓮「
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆mTQtXPIEW.
2014/04/01(火)16:55:39.99
ID:ovWPlS+no
モバP(以下P)「えっ、ってなんですか酷いなー」
ちひろ「いや、その、だって、今日はプロデューサーさん風邪で来ないって連絡がさっき…」
P「俺が風邪?この通り元気ですけど」ピンピン
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1396338939

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆mTQtXPIEW.
2014/04/01(火)16:56:00.43
ID:JnVuSrCko
ちひろ「…いえ、まだプロデューサーさんが無理しているという可能性があります。…失礼、します」オデコピトッ
P「えっ、ちょ、ちょっとちひろさん!?」
P(ちひろさんの顔が!近い!近すぎる!)
ちひろ「……はい。熱は、なさそうですねっ//」
P「だからさっきから言ってるじゃないですか!」
3:
◆mTQtXPIEW.
2014/04/01(火)16:56:55.96
ID:JnVuSrCko
ちひろ「……こほん//じゃあ、さっきの連絡は一体…」
P「どんな感じだったんですか?」
ちひろ「事務所の電話にプロデューサーさんの声で『今日は風邪で休みます』ってかかってきたんです」
P「お、俺の声?」
ちひろ「はい!それはもう、そっくりすぎて…わ、私でも本人だと勘違いするほどでした!」
P「へぇ…」
モバP(もしかして…)
4:
◆mTQtXPIEW.
2014/04/01(火)16:59:43.10
ID:JnVuSrCko
ドアバン!
「なんじゃ助手。私は今日はオフだぞ?」
P「知ってるよ晶葉…なぁ、お前の仕業だろ?」
晶葉「ん?助手は何を言って」
P「人の声を完璧に真似ることができるなんて、うちの事務所にはお前しかいねぇだろ!」
晶葉「い、いやまぁ、確かに私にとってそのような事は、変声機を使えば
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/05/19(月)03:23:05.00
ID:8zwEWbEV0
モバP「この歌を、親愛なるアイドル達に捧げます」
モバP「聞いてください」
モバP「『もしかしてだけど』」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1400437374

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)
2014/05/19(月)03:28:18.00
ID:8zwEWbEV0
ジャーンジャーンジャーンジャッジャンジャッジャッジャッジャン
モバP「もしかしてだけど?」
ちひろ「もしかしてだけどー」
モバP「もしかしてだけど?」
ちひろ「もしかしてだけどー」
モバP「それってオイラを誘ってるんじゃないの?」
3:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)
2014/05/19(月)03:35:30.29
ID:8zwEWbEV0
タンタンタタンタタンタン
モバP「とあるキュートなアイドルが?」
モバP「俺のほうがいいからと?」
モバP「例の部屋から逃げ出してきたんだ?」
モバP「もしかしてだけど?」
ちひろ「もしかしてだけどー」
モバP「もしかしてだけど?」
ちひろ「もしかしてだけどー」
モバP「知らないうちにニートフラグが立っていたんじゃないの?」
杏「いやないから。あ、でも杏のこと養ってくれるっていうならそれもありかも……?」
4:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)
2014/05/19(月)03:43:16.09
ID:8zwEWbEV0
タンタンタタンタタンタン
モバP「とあるクールなアイドルが?」
モバP「新春ライブが終わった後に?」
モバP「家族に紹介したいと言ってきた?」
モバP「もしかしてだけど?
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします
2014/03/19(水)22:46:26.81
ID:u3eV3sK50
のんびりまったり3?5レスずつくらいで短く書いていきます
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1395236786

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
3:
以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします
2014/03/19(水)22:48:15.99
ID:u3eV3sK50
《浜口あやめと時代劇を見る》
あやめ「プロデューサー殿、プロデューサー殿!早くしないと、始まってしまいます!」
P「おいおい、落ち着けってあやめ。まだあと5分もあるじゃないか」
あやめ「あと5分しか、の間違いでございましょう!さあさ、こちらのソファにお座りになって」
P「え?……おい、あやめはどこへ行くんだ?」
あやめ「無論、わたくしはお茶とお茶菓子の用意をして参ります」
P「いいよいいよ、そのくらい俺が」
あやめ「いえいえ。プロデューサー殿はそこでごゆるりとしていればよいのです。全てはわたくしにお任せあれ!」
P「なんか悪いな……」
5:
以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします
2014/03/19(水)22:53:22.18
ID:u3eV3sK50
ことん
あやめ「なんとか間に合ったようですね。ささ、プロデューサー殿。お団子とお茶の準備ができました」
P「おー。さすがあやめ。やっぱりこういうときは和菓子なんだな」
あやめ「ふふ。浜口家では、時代劇を見るときはお団子か羊羹と相場が決まっているのです!」
P「なるほどなあ。確かあやめの時代劇好きは、おじいちゃんの趣味だったんだっけ」
あやめ「はい。幼い頃から、居間で祖父に抱っこされて時代劇を見るのが日課でした」
P「はは。今時珍しいご家庭だな」
あやめ「……そうかもしれません。おっと、さあ、冷めぬうちにお茶をどうぞ」
P「
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/05/16(土)01:55:46.63
ID:3K/1jmIPO
・キャラ崩壊、下ネタ有り、短め
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1431708946

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/05/16(土)01:57:15.91
ID:3K/1jmIPO
いきなりごめんなさい、急用済ませてきます
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/05/16(土)02:39:47.99
ID:3K/1jmIPO
・事務所AM09:00
P「………」
拓海「……えっと…あの…」
P「………」
拓海「………」
P「………」
拓海「………うー……」
P「………」
拓海「…なんか、喋れよォ…」モジモジ
P「未知との遭遇」ムラァ…
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/05/16(土)02:40:50.63
ID:3K/1jmIPO
P「どうした拓海」
拓海「…な、なにが?」
P「なんで急にしおらしくなっちゃったの」
拓海「…アタシにも…わかんねーよ…」
拓海「今朝起きたら、こんなに…なってて…」
P「………」
拓海「………」
P「………」
拓海「………だ、だから…!」
拓海「…急に、黙るなって……!」モジモジ
P(かわいい)
6:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/05/16(土)02:42:36.73
ID:3K/1jmIPO
拓海「……クソ…クソッ……!」モジモジ
P「……うーん」
P「原因が分かんないからどうしようもないよなぁ……」
拓海「何とかしろよ…!」
拓海「アタシ
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
2
3
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。