SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
タグ:
THE IDOLM@STER
タグ一覧の表示
<<
2017年03月
>>
224件取得
人気記事順表示
<<
0
1
2
3
4
5
6
>>
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2013/11/13(水)21:38:34.36
ID:LcD+z8nzo
幸子「いきなり何を言っているんですか? ボクがカワイイからってセクハラはだめですよ」
P「頼むよ、どうしても幸子の耳が触りたいんだ」
幸子「フフーン! ボクの耳もカワイイですからね! でもプロデューサーさんに触らせるほど安くないです!」
P「……どうしてもダメか?」
幸子「どうしてもダメです! 普通に考えて女の子に頼むことでもないですよ?」
P「そっか、じゃあ他の娘に頼むよ」
幸子「そうしてください」
P「……はぁ、カワイイ幸子なら引き受けてくれると思ったのになー」ボソッ
幸子「ん? 今カワイイって――」
P「実は自分のカワイさに自身がないから断ったのかなー」ボソッ
幸子「ちょっと待ってください。そんなことないですよ?」
P「他のカワイイ娘に頼むかなー。きっとその方がカワイイだろうしなー」ボソッ
幸子「さっきから随分と失礼ですねプロデューサーさん! 良いですよ、他の娘にそんなことさせるのも可哀想なので仕方なくボクが引き受けますよ! カワイイボクが! 一番カワイイボクが!」
P「本当か幸子!? やっぱり一番カワイイ幸子に頼んで正解だったよ!!」
幸子「フフーン! ボクがカワイイってことを改めて証明してあげます!」ドヤァ
P(チョロい)
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1384346314

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2013/11/13(水)21:39:11.11
ID:LcD+z8nzo
幸子「それで、耳を触るって言っても何をするんですか? ただ触るだけならすぐ終わりますけど」
P「あぁ、ちょっと耳の構造とか、形が気になってな。鏡で自分のを触ってもよくわからなくて」
幸子「はぁ、そんなの調べればわかるじゃないですか。本当にプロデュー
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/04/26(土)22:41:40.47
ID:Mrn8tGRlo
渋谷凛「あ、穂乃香。おはよう。」
綾瀬穂乃香「おはようございます、凛さん。」
穂乃香「すごいですね、シンデレラガールおめでとうございます。」
穂乃香「こんなに沢山いるアイドルの中の頂点だなんて。」
凛「ありがと。でも、私だけの力じゃないよ。」
凛「ここまで来れたのも事務所のみんなやトレーナーさん、プロデューサーのおかげかな。」
穂乃香「プロデューサーのこと信頼してるんですね。」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1398519700

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/04/26(土)22:44:38.10
ID:Mrn8tGRlo
凛「まあね。この事務所の規模がかなり小さな頃からの付き合いだから。」
凛「それに、私はまだ止まらないよ。もっと、もっと、上を目指したい。誰もが見たこともない頂点のその先へ。」
凛「だから、穂乃香。早く来ないと置いてくよ。」
穂乃香「そうですね。私もがんばります。」
穂乃香(シンデレラガールになったというのにすごく謙虚ですね。そして、さらに上を目指そうという飽くなき向上心。)
穂乃香(私も、見習わなくちゃ。)
凛「そうだ、柚に用事でしょ。多分、プロデューサーとこっちにいると思う。」
凛「案内するよ。」
穂乃香「ありがとうございます。」
3:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/04/26(土)22:46:45.62
ID:Mrn8tGRlo
凛「えーっと、この部屋だっけ?プロデュ……。」
『全部嘘だったのか!!』
穂乃香「?」
『ち、違うよ…!!』
穂乃香「何かあったのでしょうか?」
凛「タイミング悪かったかな?少し、外で様子見しよっか。」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/02/14(火)20:43:38.45
ID:sVKnY1gT0
これはモバマスssです
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1487072618

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆TDuorh6/aM
2017/02/14(火)20:45:10.63
ID:vHWBdB42O
ふんふんふふーん、ふんふふーん
鼻歌交じりにアタシは歩く。
まだ少し冷えるビルの群れの中、両手をフラフラさせながら。
期待交じりの、不安交じりの。
そんな雰囲気の中、紙袋を横にならないように携えながら。
まーアタシは不安なんて無いんだけどね?
だってチョコ作るの楽しかったし!
世の中には楽しんだ者勝ちって素晴らしい言葉があるからねー。
だったらフレちゃんは常に勝者!
勝ち負けに拘る訳じゃないけど、敗者はねー…
フレちゃん歯医者さん苦手だし。
生まれてこの方虫歯になった事ないけど。
あ、もしかしてこのチョコを渡したら虫歯になっちゃったりしないかな?
3:
◆TDuorh6/aM
2017/02/14(火)20:45:38.93
ID:vHWBdB42O
冗談交じりにのんびり歩く。
少しずつ少しずつ、目的のものに距離を詰めるように。
ぱらぱらと街路樹の葉が舞う中。
詰め込んだものが、用意したものが、零れ落ちない様に。
みんな楽しそうだねー。
それもそっか、それもそーだよね。
だって今日はバレンタインだし。
今日だけチョコ屋さんになれば、フレちゃん大儲け!
いっぱいお金稼いだらどうしよっかなー?
先ず最初にお城を建てよー!
都会のど真ん中に建てたらみんなびっくりしちゃうかな?
自分のお城でコンサートなんて人類の夢だよねー!
4:
◆TDuorh6/aM
2017/02/14(火)20:46:13.72
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/01/22(日)22:26:02.00
ID:1j2kzxoSo
雫「命の保証は出来ませんよー」
P「」
雫「出来ませんよ?」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1485091561

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/01/22(日)22:26:41.78
ID:1j2kzxoSo
P「HAHAHA、何言ってるんだね雫君」
P「その豊満で柔らかく温かみのあるクッションのようなお山だぞ?」
P「それで殴られて死ぬ人がいるというのかね?」
雫「Pさんちょっとこれ見てくださいー」
P「?コーラの缶がどうしたんだね?」
雫「これをこうしてー」むにゅ
P「おっふ!谷間に缶が埋まって『ソイヤッ!』!?」
パシュ!
P「うわっすごーい!缶がぺっしゃんこ…ぺっしゃんこ!?」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/01/22(日)22:27:17.67
ID:1j2kzxoSo
雫「バストポテンシャルパンケーキ指標って知ってますかー?」
P「なにそれ」
雫「おっぱいの重さと同じ重さの水でパンケーキが何枚焼けるかっていう指標ですー」
P「気がくるってる」
雫「Aカップだと11枚、Cカップだと18枚、ではJカップだと何枚になるとおもいますか?」
P「えーと、その計算だとカップが上がるごとに3.5枚ずつ増えるから50枚とか?」
雫「166枚です」
P「ハイパーインフレ」
雫「つまりJカップの乳ビンタは166枚のパンケーキをぶつけられるのと同じだけの攻撃翌力をもってるんですよー」
P「例えが遠すぎる」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/01/22(日)22:27:44.26
I
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2013/08/25(日)00:03:53.27
ID:t0suVjc1o
書き溜めなしです。ダラダラ書いていきます。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1377356633

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2013/08/25(日)00:06:06.67
ID:t0suVjc1o
P「8月も終わりに近づいてきましたねぇ」
小鳥「そうですねぇ」
P「けど、うちの事務所のクーラーは絶えず働き続けてますねぇ」
小鳥「そうですねぇ」
P「……アイドル達の汗、嗅ぎたくありませんか?小鳥さん」
小鳥「……ぴよ?」
4:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2013/08/25(日)00:11:55.71
ID:t0suVjc1o
P「今日はたまたまみんなのスケジュールが重なって、お昼休みの間アイドル全員が事務所に寄ることになってるんですよね」
小鳥「……そしてあっつうういお外から、汗だくになりながらやってくるアイドル達を待ち伏せして……?」
P「そう。そこで、ギュっとね。ギュっと。」
小鳥「そして、フンフンモフモフスーハースーハー?」
P「さすがですね小鳥さん。好きです。」
小鳥「えへへ。それほどでも……えっ」
P「おっ。そろそろアイドル達が帰ってくる時間ですよ。」
5:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2013/08/25(日)00:14:21.70
ID:t0suVjc1o
(ガチャッ
社長「やぁやぁ!戻ったよ諸君!いやぁ外は暑いねぇ」
P「あれ」
小鳥「ありゃ」
6:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2013/08/25(日)00:19:26.27
ID:t0suVjc1o
P「……小鳥さん。好奇心って怖いで
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/02/25(木)16:43:58.43
ID:FUplKO3x0
?事務所?
モバP「…………」(←グラブる生放送視聴中)
モバP「……えっ」
モバP「9万円!?9万円で好きな子が手に入るのか!!」
凛「!?」
モバP「安すぎるだろ……!!」
凛「……」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1456386238

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/02/25(木)16:45:37.98
ID:FUplKO3x0
凛(9万円……好きな娘……買う……?)
凛(…………!)
凛(これってもしかして……)
凛(プロデューサー、女の子を買ってるの?)
凛(9万円が安いって異常だよ……)
凛(けど、人を買うって言うならありえない金額でもない……)
凛(……プロデューサー、私のことは仕事相手としか思っていなかったんだ)
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/02/25(木)16:46:31.48
ID:FUplKO3x0
モバP「あの子もあの子もお迎えしたいな〜!さあ、頑張って稼ぐぞ〜!!」
凛「っ!!」
モバP「あ、凛。もう少しでレッスンだろ?送るぞ」
凛「一人で行く!!」
モバP「……?」
凛(最低……!!何人も家で囲ってるなんて……!!)
5:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/02/25(木)16:55:17.79
ID:FUplKO3x0
凛(しかも、私が頑張った分だけプロデューサーの家には女の子が増えるなんて……)
凛「…………レッスンさぼればプロデューサーの給料って減るのかな……」コツン
凛「いてっ」
早苗「なーに言ってるの」
早苗「凛ちゃん」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆BJ6fIsbLH6
2015/11/17(火)21:36:03.09
ID:dvGCVjWK0
事務所
ちひろ「それで、わざわざ病院から事務所に?」
モバP「ひでえよ……愛していたのは俺だけだったのかよ」
ちひろ「あらー、それは大変ですね」
モバP「大変どころじゃありませんよ。浮気ですよ浮気!」
ちひろ「あ、ドリンク切れてる。買いに行かなきゃなあ」
モバP「こんな一大事に何悠長なこと言ってるんですか!」
ちひろ「ああうざい。というより、それなら別な人と結ばれればいいじゃないですか」
モバP「俺が愛しているのはアイツだけなんです! それなのに、それなのにアイツは……浮気して、浮気してたんですよ! 俺は一人浮かれて……思えばアイツに出したのだって1回しかないし」
ボゴッ
モバP「いだっ!」
ちひろ「P頭のくせして何焦ってるんですか!」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1447763762

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
3:
◆BJ6fIsbLH6
2015/11/17(火)21:41:01.41
ID:dvGCVjWK0
モバP「お、おまっ、おまっ……由緒あるP頭に向かってお前」
ちひろ「ああもううざい。お嫁さんが可哀相じゃないですか。あんなにプロデューサーさんに一途だったのに」
モバP「い、一途って言っても、浮気したんですよ、浮気!」
ちひろ「ありえませんから。それに出産が女性にとっては心身ともに大変なイベントだってことわかってます?」
モバP「お、俺だって大事ですよ!
ちひろ「それなのに夫がこんな風に疑うなんて……泣いてますよ、きっと」
モバP「だ、だったらなんでB頭が産まれるんですか!」
ちひろ「そんなに不安なら、私と一夜を過ごします?」
モバP「お、俺にはアイツが」
ちひろ「あら、でもそのお嫁さんが浮気していたんじゃ?」
モバP「そ、それでも、まだ信じたいんです……けど」
4
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆IIZVaBNjwvma
2014/05/01(木)08:32:22.65
ID:IqYbmzE2o
P「まさか研修で他のプロダクションに行くことになるとは」
P「期間は2ヶ月程度らしいけど」
P「2ヶ月間もみんなに会えなくなるなんて……俺だって寂しくてもう死にそうなのに」
P「はぁ……智絵里達になんて言えばいいんだ……」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1398900742

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆IIZVaBNjwvma
2014/05/01(木)08:38:23.33
ID:IqYbmzE2o
P「あ?行きたくないよ?っ!!」ジタバタ
ちひろ「あぁ!!うるせぇ!」バンッ
P「ちっひー!どうにかしてくれぇ」
ちひろ「私にはどうにもできませんよ……社長が決めたことですからね」
P「そうですけど……」
3:
◆IIZVaBNjwvma
2014/05/01(木)08:40:30.40
ID:IqYbmzE2o
ちひろ「Pさんがそんなんじゃ、みんなもも動揺しちゃいますよ。どうせいくんだかしっかりしてください」
P「ですよなあ……」ズーン
P「……ちなみに、ちひろさんは寂しいですか?」
ちひろ「5割」
P「なにそれ……」
4:
◆IIZVaBNjwvma
2014/05/01(木)08:48:43.01
ID:IqYbmzE2o
ちひろ「まあ、静かになるっていうメリットがまず5割ですかね」
P「……」ズーン
ちひろ「それから、やっぱり少し寂しい気もするので……それがもう5割」ポリポリ
P「!!」
P「天使がおるぞ!!」バッ
ちひろ「きゃっ……ちょ、ちょっと……」ググ
5:
◆IIZVaBNjwvma
2014/05/01(木)08:52:08.55
ID:IqYbmzE2o
P「ちひろ!天使!」ギュー
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆6NAZYztgck
2016/02/14(日)01:19:42.68
ID:5f02KWlw0
某ラーメン店
のあ「……」チュルチュル
???「……」ズルズルズルッ
モバP(以降P表記)「あれは…あの後姿は…」
のあ「んくっんくっ…」ゴクゴク
???「んっ…」ゴキュゴキュゴキュ
モバP「かのミステリアスでマイペースな765プロのアイドル、四条貴音!?」
のあ「ふぅ?…ごちそう様でした」トン
貴音「…まこと、美味でした」トン
モバP「どうしてあの二人はカウンターに隣同士で座っているんだ?」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1455380382

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆6NAZYztgck
2016/02/14(日)01:27:09.87
ID:5f02KWlw0
のあ「ここにはよく来るのかしら?」
貴音「ええ。貴女もですか?高翌嶺のあ」
のあ「ええ。そうよ四条貴音ちゃん」
貴音「よもや、貴女の様なあいどるが独りでらぁめんを食べるとは思いもよりませんでした」
のあ「やっぱり私には似合わないかしら?」
貴音「お気に障ったのでしたらお許しください。似合う似合わないではなく、貴女と大衆食がどうしてもいめぇじし難かったのです」
のあ「そう。やはりそうなのね…」
P(何を話してるんだろう?)
5:
◆6NAZYztgck
2016/02/14(日)01:37:55.27
ID:5f02KWlw0
のあ「でも、私はアイドルである以前に一人の人間」
貴音「そうですね。私も貴女と同じ考えです」
のあ「フレンチより、普通にラーメンが好っきぃー」クネクネ
貴音「!!?」
のあ「ステーキより、普通にラーメンが好っきぃー! あぁぁいっ!!」ピシッ
P(の、のあさん!!?)ガタッ
のあ「フレンチとかステーキとか高級なものよりも、何だかんだでラー
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/10/30(金)07:40:40.66
ID:csaG5goio
土の四天王「火の四天王がやられたようだな……」
風の四天王「ヤツは四天王の中で最強……」
水の四天王「いつだって、強くて頼れる男だったわね……」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1446158440

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/10/30(金)07:42:02.56
ID:csaG5goio
土の四天王「……」
土の四天王「どっ、どうすんだよォ! マジやべえ……マジやべえよ!」
風の四天王「まさか、あいつほどの男が勇者にあっさり殺されるとはな……」
水の四天王「冗談じゃないわよ! 信じらんない!」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/10/30(金)07:44:27.21
ID:csaG5goio
土の四天王「マジな話オレたちのパワーバランスって」
土の四天王「アイツが10なら、オレたちなんてそれぞれ1とか2だぜ!?」
風の四天王「四天王といいつつ、実質ヤツのワンマンチームだったからな……」
風の四天王「勇者が未熟なうちに最強をぶつけるという策が、完全に裏目に出てしまった」
水の四天王「もうオシマイだわぁーっ! うえぇぇぇ?????ん!」
5:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/10/30(金)07:47:32.88
ID:csaG5goio
土の四天王「そうだ……いっそ逃げねえか? それしかねえよマジで」
風の四天王「逃げてどうする? そしたら魔王様に殺されるだけだぞ」
風の四天王「魔王様は臆病者と裏切り者をなによりも嫌ってなさるからな……」
水の四天王「前には勇者、後ろには魔王様……か」
水の四天王「逃げ場な
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/02/07(土)18:21:47.73
ID:oVtTN3Xh0
マジキチ設定
短め
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1423300907

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/02/07(土)18:25:59.05
ID:oVtTN3Xh0
凛「ねえ、ねえったら。」
モバP「それはできないなぁ。」
凛「女子高生が寒い冬の夜に独身男性の部屋に匂いを嗅ぎに来たんだよ?開けてよ?」
モバP「それが問題なんだよなー。」
凛「どうして?あたしは何もしないよ?ただ全身の匂いを嗅いでちょっと衣服を借りるだけだから。」
モバP「十分問題行動だなー。」
凛「とにかくさ、ドアだけでも開けてよ。絶対に押し入ったりしないから。」
モバP「信用できないなー。」
凛「自分の担当アイドルを信じられないプロデューサーなんだね・・・。」
モバP「信用失墜行為って知ってる?」
凛「知らない。」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/02/07(土)18:32:20.03
ID:oVtTN3Xh0
モバP「そっか。でも俺は仕事のうえでは凛を信用してるから。それ以外では全然信用してないけどな。」
凛「ひどいな。ちょっと傷ついた・・・。精神的に不安定になったからプロデューサーの匂い嗅ぎたいな。」
モバP「俺の匂いを麻薬扱いするのはやめような?さ、帰ろう。俺今から風呂入るからさ。」
凛「だめ!お風呂入っちゃダメ!匂いが薄れちゃうよ・・・。汗腺が閉じぎみの冬の汗の匂いは最高なんだから。流すなんてもったいない。」
モバP「そっか。冬の汗が臭いならすぐ風呂入らなきゃ。じゃあな。」
凛「ちょっと待ってよプロデューサー。(ドンドンドンドンドン!!)」
モバP「凛も早く
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/11/25(金)20:38:46.85
ID:sWZe6nCH0
幸子誕生日記念ssです。初ssなので至らぬ点があるかと思いますがよろしくお願いします
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1480073925

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/11/25(金)20:39:56.31
ID:sWZe6nCH0
とある居酒屋
幸子P「んじゃ、142’sスペシャルライブ大成功を祝して!乾杯!」
小梅P「乾杯」
輝子P「乾杯です」
幸子P「いやぁ、しかし良いライブだった!三人とも良い笑顔だったしな!」
輝子P「そうですね、お客さんの盛り上がりも上々でしたし、大きな問題も何も起こりませんでしたし」
幸子P「頭に輝子ちゃんの曲入れたのが良かったな!やっぱりライブの時の輝子ちゃんは惚れ惚れするなぁ…」
輝子P「いやいや、幸子ちゃんの新曲お披露目の時のほうがボルテージは上がりましたよ。曲の間完全に会場揺れてましたよ」
小梅P「一番かわいかったのは小梅」
幸子P「小梅Pはブレねえなぁ…」
小梅P「今日の小梅は最高だった。流石小梅。小梅最高。小梅のためなら[
ピーーー]る」
輝子P「あ、あはは…」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/11/25(金)20:41:25.53
ID:sWZe6nCH0
幸子P「じゃあお前ら、今日のライブ何点よ。俺は当然100点かな」
輝子P「僕も100点でいいと思いますよ」
小梅P「90点」
幸子P「お、意外な点数。そのこころは?」
小梅P「まだ詰められるところは多い。問題点も全くないわけじゃなかった。それに小梅はもっとかわいい。小梅のかわいさを完全に表現できていない。」
輝子P「まぁ確かに。運営側に
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/01/21(土)20:14:41.76
ID:phL4+X39o
※キャラ崩壊注意
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1484997281

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/01/21(土)20:15:09.92
ID:phL4+X39o
沙紀「いやちょっと何言ってるかわかんないっす」ドン引き
P「いや話を聞いて」
沙紀「アイドルの男耐性があるか気になるって…どうしてそれでアタシが男装しなきゃいけないっすか」
P「だってイケメンだし…」
沙紀「アタシには無理なんじゃないっすかね…」
P「うーん…」
ドアバーン!
響子「話は聞かせてもらいました!!」
P「うぉ!?びっくりした!!」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/01/21(土)20:15:36.78
ID:phL4+X39o
響子「要は沙紀さんを女の子も惚れちゃうようなイケメンに仕立てちゃえばいいんですよねっ!」
P「まあそう…かな?」
響子「じゃあ私にまかせてください!もうバッチリ王子様にしてあげますよっ!さあ行きましょう!」がしっ
沙紀「えっ?なんでこうなるっすか!?」ずるずる…
響子「大丈夫ですよっ!そこらのホストよりイケメンにしてあげますから」
バタン…
P「沙紀…生きて帰って来いよ…」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/01/21(土)20:16:11.03
ID:phL4+X39o
数日後っ!
ちひろ「……だれですかあのイケメンは」
P「沙紀です」
ちひろ「えっ?」二度見
沙紀オータムコレクションver「やあお嬢ちゃん、素敵なメガネですね」きらーん
春菜「はぅ!?いけません私に
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
1
2017/02/16(木)18:14:42.66
ID:ITqOvClQO
短いです
響「やったぁ!ついに自分もSランクアイドルになったぞー!」
P「響」
響「あ、プロデューサー!ねぇねぇ見ててくれた?」
響「…自分、頑張ったぞ!」
P「あぁ、響ならやれると信じてた。頑張ったな」
P「さて、それで突然で悪いんだが」
P「響、もういい加減アイドルを辞めてくれ」
響「……え?」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1487236482

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
1
2017/02/16(木)18:18:45.13
ID:ITqOvClQO
響「え、ごめん、もう一回言って欲しいぞ」
P「…何度だって言う。もう、アイドルを辞めてくれないか?」
響「…………なんで?」ウルッ
響「何でそんなこと言うの?プロデューサー!」ポロポロ…
響「じっ、自分、頑張った、のに!」ボロボロ…
P「……」
3:
1
2017/02/16(木)18:19:58.14
ID:ITqOvClQO
P「…響は頑張ったよ」
響「じゃあ何でッ!」
P「…もう、限界なんだ」
響「っ!」
P「最初に辞めて欲しいなって思ったのは、響と組んで半年くらいに動物園の仕事が入った時だったな」
響「そんな…もう3年も一緒にやって来たのに…そんな前から…」
響「動物園の仕事は…自分も楽しくて…良いプロデューサーに会えたって嬉しかったのに…!」
4:
1
2017/02/16(木)18:20:43.67
ID:ITqOvClQO
響「あの時プロデューサーも笑ってたのに…心の中では…」
P「あぁ、辞めて欲しいなって思ってた」
響「酷い…そんなのって…!」
P「自分勝手だって、自分でも分かってる」
P「だから最初は自分に言い聞かせてた、『この子はアイドルを楽しんでる、だ
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆3HCtmRnFQI
2016/11/23(水)22:14:21.46
ID:RVp93m9W0
アイマスSSです。
アイドルの設定についてはアニメ準拠。765しか出ませんがあしからず。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1479906861

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆3HCtmRnFQI
2016/11/23(水)22:15:13.54
ID:RVp93m9W0
P「趣味かぁ」
小鳥「どうしたんですか?プロデューサーさん」
P「あぁ、いえ。俺も何か趣味を持たないと、と思いまして」
小鳥「趣味ですか…。あ、もしかしてこの前の休みもずっと家にいたんですか?」
P「あはは…。前と比べて上手く仕事を回せるようになって、休みも増えましたからね。これを機に何か…」
小鳥「う?ん…あ、皆を参考にしてみたらどうです?」
P「皆?」
小鳥「春香ちゃんたちですよ。アイドルの皆にはいろんな趣味があるんですよ?」
P「もちろん知ってますよ。でも、参考にする、とは?」
小鳥「アイドルの皆の趣味を体験して、自分に合った趣味を探すんです!」
P「なるほど……ん?」
小鳥「アイドルのことを知る機会にもなって一石二鳥!これしかありません!」
P「えーっと、音無さん?話がよく…」
小鳥「善は急げです、早速皆に伝えますね!」
P「音無さーん!?話を聞いてくださいよー!」
3:
◆3HCtmRnFQI
2016/11/23(水)22:16:19.25
ID:RVp93m9W0
???
ピロリン♪
雪歩「?小鳥さんからメール?」
雪歩「えぇぇ、自分の趣味を!?」
雪歩「どうしよう、プロデューサーとだなんて…緊張しちゃうよぉ?」
雪歩「ええっと、私の趣味で、紹介出来そうなものは…」
4:
◆3HCtmRnFQI
2016/11/23(水)22:17:02.62
ID:RVp
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆QdFPWE0GTo
2016/11/23(水)23:42:03.03
ID:NsXQq9os0
千川ちひろ「プロデューサーさん、何やってるんですか?」
モバP「この前出ましたアプリの5D’sデュエルリングですよ」
ちひろ「へぇ?どんなゲームですか?」
P「カードゲームですね。面白いですよ」
ちひろ「ちょっと興味あります」
P「お! 良いですね、ルールお教えしますよ!」
P「これにはモンスターと魔法と罠カードがありまして…」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1479912122

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆QdFPWE0GTo
2016/11/23(水)23:42:55.14
ID:NsXQq9os0
…何か色々説明…
P「他にも出すモンスターがレベル5-6だと場のモンスター1体を犠牲にしないと出せません」
P「7-8だと2体犠牲ですね」
P「まぁ俺もまだまだ初心者なんですけど」
P「最後に闇のデュエルってのがありまして、これに負けると罰ゲームです(笑)」
ちひろ「へぇ…」
3:
◆QdFPWE0GTo
2016/11/23(水)23:44:49.14
ID:NsXQq9os0
ちひろ「プロデューサーさん早速何ですけど対戦しませんか?」
P「もちろん!」
ちひP「デュエル!」
4:
◆QdFPWE0GTo
2016/11/23(水)23:46:02.23
ID:NsXQq9os0
ちひろ「負けました…」クスン
P「初めての人には負けませんよ」
ちひろ「では負けましたのでエナドリどうぞ」
P「え?」
ちひろ「次は負けませんよ!」
ちひP「デュエル!」
ちひろ「負けました…」
P「まぁ、俺は強いですからね」
ちひろ「ではエナドリを…」
P「悪いっすね」
ちひろ「次こそは負けませんよ!」
5:続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/01/20(金)22:46:43.45
ID:3ZufQTr00
カチャ
バタン
P「うぃ??ただいま?と言えど、返事する人は無しっとぉ」
P「うっはー、今日も歩き倒しで疲れたなぁ」
P「足もクタクタだよ」
P「よいしょっと……」ヌギッ
P「……ん? …………うわ、俺の靴、かかとの部分、結構削れてんなぁ」
P「こいつも買い替えかなぁ……」ヒョイッ
P「うわ、ソールも大分すり減ってんなぁ」
P「……」
P「……」クンクン
P「ほっ!!………………」ガクンッ
……
…………
………………
P「……………………」
P「………………っっぶはぁ!!!!」
P「は…………っはぁ!! ぜーはーぜーはーぜーはー!!!!」
P「くっさ………………」
P「え…………くっっさ!!!!」
P「くっせぇ!!!!!! 何だコレ!!!!!!!!」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1484920003

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/01/20(金)22:54:47.45
ID:3ZufQTr00
P「…………にかけた」
P「死にかけた!!」
P「靴の臭いで死にかけたわ!!!!」
P「怖い……え? ……怖い……っっ」
P「……っわーー……やっっっっべぇ……我が靴ながらやべぇ…………」
P「え? ……えぇ……?? うっそ、15分くらい気絶してたのか」
P「気絶するレベルかよ……」
P「……」クンクン
P「くっせ!! くせぇ!!!! 遠くから嗅いだのにくせぇ!!!!」
P「バイオテロだわぁ……コレがバイオハザード8の発端になっても嘘じゃねぇよ……」
P「ん??……捨てだなぁ」
P「うん、こりゃ捨てだなぁ?……愛着はあるんだけどなぁ…
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/05/23(金)22:09:45.18
ID:XEIg3W33o
小鳥「はい、どうもそうみたいなんです……」
P「な、なんてこった……」
律子「まさか、一介の芸能事務所がウチの子を勝手になんて……」
P「いや、相手はあの黒井プロだ」
P「それくらいのことはするかもしれない……」
律子「なんて傍若無人な……」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1400850585

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
3:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/05/23(金)22:12:39.14
ID:XEIg3W33o
P「小鳥さん、それは何処からの情報ですか?」
小鳥「あ、あの、黒井社長本人から私の携帯にメールが」
律子「直接ですって!?」
小鳥「は、はい……」
P「何てやつだ、黒井社長め……」
律子「きっと、私たちを嘲笑ってるんですよ!」
P「許せないな……律子!」
律子「はい!」
P「今から961プロに乗り込むぞ!」
4:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/05/23(金)22:15:52.76
ID:XEIg3W33o
961プロ
P「黒井社長を出せぇー!!」
小鳥「ちょ、ちょっとプロデューサーさん……」
P「何ですか!」
小鳥「あんまり叫ぶと、不審者扱いされちゃいますよ」
P「これが叫ばずにいられますか!?」
律子「そうですよ!ウチの春香を無断で干したんですからね」
10:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/05/23(金)22:20:31.83
ID:XEIg3W33o
律子「というか、どうして小鳥さんまで付いてきてるんですか」
小鳥「だって、お二人があんまりヒートアップしてるから、不安になっちゃって……」
P「黒井社長
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/02/17(水)14:24:28.27
ID:FvCxX0x50
のんびりと書いていきます
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1455686668

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/02/17(水)14:28:26.57
ID:FvCxX0x50
P「いや、元から綺麗な子だなとは思ったよ?」
P「なんていうか美人さんだなぁ、と」
P「あ、あと年齢の割には大人びてるっていうか、しっかりした子だなぁとも思った」
P「初めて会った時は、『えっ、16歳?ていうか高校生!?』ってビックリしたもんさ」
P「でも仕事もまじめに取り組むし、レッスンだって人一倍熱心、それに…」
保奈美『『目指すは最高の歌姫!』
P「っていう目標も持ってた」
P「そして、それに対する努力も怠らない」
P「こりゃあ有望そうだなと思ったよ、この子ならイケるってね」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/02/17(水)14:30:10.55
ID:FvCxX0x50
http://imgur.com/ojctkVU.jpg
http://imgur.com/qAP7T7v.jpg
西川保奈美(16)
趣味:オペラ鑑賞・宝塚鑑賞
備考:剣道の得意なアイドルと同い年
7:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/02/17(水)14:43:18.69
ID:FvCxX0x50
P「プロデュースを初めてしばらく経った頃に温泉街でのイベントがあったんだ」
P「そんでもってタイアップで旅館に泊まった、露天風呂が名物だったな」
P「保奈美は『温泉ってなんだか古めかしいわね』とか言ってたけど…」
P「でも、いざ
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆HL2fUAyECQ
2014/05/14(水)21:07:30.75
ID:DtrrcJZJo
P「お疲れ様」
時子「疲れてないわ」
P「息切れてるぞ」
時子「人と豚とでは呼吸の頻度が違うの」
P「…それだとお前が豚にならないか?」
時子「アァン?」
P「どーどー」
時子「私を宥めるな」
P「ほら。お疲れ様。水、飲むだろ」
時子「飲む」
・ときこさまー
http://i.imgur.com/bJC8kAF.jpg
http://i.imgur.com/GpuGGtn.jpg
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1400069240

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆HL2fUAyECQ
2014/05/14(水)21:09:09.85
ID:DtrrcJZJo
P「今日のレッスンはどうだった?」
時子「べつに。いつも通りよ」
P「そっか」
時子「腕が重くてあがらないわ」
P「…それは…?」
時子「安心して?貴方のぶんはとってあるから」クックッ
P「な、なにを?」
3:
◆HL2fUAyECQ
2014/05/14(水)21:10:51.21
ID:DtrrcJZJo
時子「ん」
P「ん?…ああ。うん」
時子「礼には及ばないわ」
P「いや俺が手を貸してやったんだが」
時子「私が手を握らせてやったのよ?」
P「…どうもアリガトウゴザイマス」
時子「だから礼には及ばないと言ってるわ豚」
P(口調のわりに機嫌は良さそうだな)
4:
◆HL2fUAyECQ
2014/05/14(水)21:12:08.90
ID:DtrrcJZJo
ギュ
P(…ん?)
時子「…」
時子「ほら、行くわよ。アナタがトロトロしていて替え玉無料の時間を逸したら鞭打ちでは済まないわ!」
P「あ、ああ。いやべつに替
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
◆Xz1yv1fzOo
2017/01/17(火)19:26:26.11
ID:jSjzzBbQ0
黒川千秋とお酒を飲むSSです。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1484648785

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆Xz1yv1fzOo
2017/01/17(火)19:27:21.80
ID:jSjzzBbQ0
居酒屋
モバP(酒…それは、気分を高翌揚させるための一つの道具)
モバP(宴の席、誰かと久しぶりに会ったとき、家でゆっくりと…など、使われる場所は様々だ)
モバP(口にすると、個人差はあるものの…普段とは違う己をさらけ出すことになる)
千秋「んにゃあ…」フラフラ
モバP(普段クールな人間がぐいぐい絡み始めたり、逆に普段陽気な人間が泣いてばかり…など、想像できない一面も見ることができる)
千秋「んむぅ?…Pさん!ちゃんときいて!」グイグイ
モバP「アッハイ、聞いてます」ユサユサ
モバP(…そして、我らがプロダクションきってのクールアイドル黒川千秋もまた、その例にたがわず…)
3:
◆Xz1yv1fzOo
2017/01/17(火)19:28:20.66
ID:jSjzzBbQ0
少し前
事務所
モバP「…んぁあ」カタカタ
千秋「Pさん、お疲れかしら?」
モバP「ああ、もうくったくたよ。今日も忙しかったからな…ん??っ」ペキペキ
千秋「…大丈夫?凄い音してるけど」
モバP「うーむ…うん、大丈夫じゃあないな。うん」ハハハ
千秋「笑ってる場合なのかしら?」
モバP「はは、実際大丈夫だよ。…ありがとうな千秋。心配してくれて」
千秋「ふふ、私たちの仲だもの…これくらい普通よ」クスッ
モバP「はははR
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/07/27(月)22:59:17.74
ID:UMXIpBpy0
?765プロライブシアター劇場にて?
ワアアアアアアァァァッ――!!
翼「みんな最後までありがとーっ!」
志保「これからも私たちをよろしくお願いします!」
星梨花「二周年記念ライブ、ミリオンスターズがお送りしました?!」
ベテランP「――うんうん、みんな成長したな」
若手P「お、俺……ここまでみんなと一緒に歩いてきたこと、誇りに思うっス!」
P「あぁ……そうだな」
社長「だがこれはまだ終わりではない。むしろ新たなスタートだ。君たちにはこれからも期待しているぞ!」
ベテラン・若手P「ハイ!!」
P「……はいっ!」
ワアアアアアァァァッ――
P「……――」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1438005557

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/07/27(月)23:09:14.94
ID:UMXIpBpy0
――デューサーさん
あの?――こえてますか?
小鳥「プロデューサーさんってば!」トントン
P「!!」
恵美「琴葉! 飲んでるか?っ!?」
琴葉「あのね恵美、お酒じゃないんだから変な絡み方しないでよ」
美也「このミックスドリンク、お酒みたいな味ですけど?。不思議ですね?」
ジュリア「飲んだことないだろ……ま、こんな気分のいい日は酔っぱらってみたい気もするけどな」
このみ「うぃ?今日は無礼講じゃい! 育ちゃんもこっちきなさい、ふひひ」
育「?」
静香「このみさん絡み酒は禁止!」
ワイワイ ヤイノヤイノ
P「……あ、すみません音無さん。少し疲れてしまって」
小鳥「大丈夫ですか? 打ち上げも強制参加じゃないんですから、疲れてるなら無理しなくても……」
P「いやいや。せっかくの
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
名無しさん@おーぷん
2017/02/14(火)04:47:08
ID:9Xj
【デレマスSS】乃々「最近Pさんがひどいんです」奈緒「はぁ……」
あたりとやや関連性あり。

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
名無しさん@おーぷん
2017/02/14(火)04:48:12
ID:9Xj
http://i.imgur.com/Jj7fjD9.jpg
http://i.imgur.com/ii1eC19.jpg
http://i.imgur.com/bEdt39o.jpg
3:
名無しさん@おーぷん
2017/02/14(火)04:48:20
ID:9Xj
モバP(以下P)「いや、ウチのもりくぼがアレなのは今更だろう?」
晶葉「…………」
晶葉「……本当にすまないと思っている」
P「……はい?」
乃々「むぅーりぃー……」(ショタボイス)
P「…………」
P「……はい?」
晶葉「MくぼのMは」
乃々「マゾヒストのMじゃなくて」
晶葉「sideMのM」
乃々「なんですけど」
P「…………」
P「……はい?」
晶葉「あっはっはっ!色々あって私と志希が作った薬入りチョコレートを乃々が食べてしまってな。
ホルモンバランスをいい感じにアレして、男の子になってしまったようなんだ!」
乃々「むぅーりぃー……」(ショタボイス)
P「…………」
P「……はい?」
4:
名無しさん@おーぷん
2017/02/14(火)04:48:50
ID:9Xj
晶葉「すまないとは思っている。本当に悪気はなかったんだ」
P「…………」
晶葉「本当はPを女にしようと思って作っていたのに、まさか事務所のアイドルが食べてしまうとはな」
乃々「むぅーりぃー……」(困惑のショタボイス)
P「…………」
P「……あー」
P「……ツッコミどころしかないから手近なところからいくぞ?」
晶葉「ああ」<
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/12/01(木)00:01:18.80
ID:dAD7s8NR0
『卯月ちゃん』
『あ、お疲れ様です!』
『さっきのって、この間のステージの写真?』
『はい! 私も、早くステージに立ちたいなって……』
『そうねー。この間のシンデレラオーディション、惜しかったじゃない』
『えへへ……。他にも色々受けてるんですけど、難しいです』
『んー。でも卯月ちゃん、がんばってるわよ。同期の子、みんなどんどんやめていっちゃったのに』
『…………。いよーし! 私、もっとがんばりまーって痛い痛い痛い!』
『えぇ!?』
監督「カットー!」
監督「卯月ちゃん、大丈夫!?」
卯月「いてて……。すみません。足がつっちゃって……」
凛「結構足伸びちゃってたからね」
卯月「凛ちゃんってて……。親指を曲げるんでしたっけ?」
監督「確かそれで直るはず……。直ったら同じシーンからスタートね」
卯月「はい!」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1480518078

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/12/01(木)00:02:33.36
ID:dAD7s8NR0
『さん、にー。さん、しー。いっち、にー』
ガチャ
『?』
『…………』
『ん、ええ!?』
『ま、ママーー!!』
パサッ
『……島村、卯月さんですね』
監督「カット―!」
監督「先に調整中の紙が落ちちゃったね」
武内P「……すみません」
卯月「わ、私の声が大きかったから……」
凛「卯月、声量上がってるもんね」
監督「小道具が原因のカットはよくあるから大丈夫だよ。調整中の紙張りなおして撮影しなおそうか!」
武内P「……わかりました」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送り
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/05/14(水)18:52:14.66
ID:Uhm4h2qT0
注意
・モバマス
・ガッツリエロ
・一人一話独立型
OK?
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1400061124

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
4:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/05/14(水)18:53:38.74
ID:Uhm4h2qT0
 
―事務所
かたかたかた…
P(時刻は午後7時を回った。ちひろさんは今日は残業がないため一足お先に帰宅した。うらやましい)
P(しかし俺も今日はかなりのハイペースでこなしているのでもうすぐ終わりそうだ)カタカタ
ッターン!
P「ん??仕事終わったぁ!」ノビー
P(これもちひろさんから貰ったドリンクのおかげだろうか。今日はすこぶる調子が良かった)
P(股間の方の調子もいいのは勘弁してもらいたいが)ギンギン
8:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/05/14(水)18:55:27.69
ID:Uhm4h2qT0
P「しかしこれどうするんだ…」
P(いつもならすぐ元に戻るはずなのに一向にその憤りが収まる様子はない。まいったな…流石にスラックスもっこりさせて帰るのはどうだよ)
P「抜くしか…ないのか」
<ガチャ
卯月「あ、お疲れ様ですプロデューサーさん!」
P(最悪なタイミングで来よったよこの子)
9:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)
2014/05/14(水)18:56:40.31
ID:Uhm4h2qT0
P「ど、どうしたんだ卯月? こんな時間に」
卯月「ちょっと忘れ物をしちゃって…」
P「何を忘れたんだ?」
卯月「ノートなんですけど…あっ」
卯月「プロデューサーさんの机の上にありました! 
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/02/14(火)00:06:40.16
ID:2PnJvrno0
輝子「わ、悪い、忘れてた……」
P「はぁ……まったく、しっかりしてくれよ。俺は辞めてもいいんだぞ?」
輝子「! そ、それは困る……」
P「だったらちゃんと払ってくれよ……」
輝子「フヒ……は、はい……」
卯月(皆さんこんにちは!アイドル、島村卯月です!)
卯月(いつもどおり事務所に来たら……)
卯月(とんでもない現場に遭遇しちゃいました!)
卯月「あわあわあわわわわわわ」オロオロオロオロ
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1486998399

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/02/14(火)00:09:41.33
ID:2PnJvrno0
未央「あれ、しまむー?」
凛「どうしたの、事務所の入り口でうずくまって」
卯月「り、凛ちゃん!未央ちゃん!それが……」
凛「……ホントなの、それ」
未央「あのプロデューサーが……?」
卯月「わ、私だってまだ信じられません!でも聞いちゃったんです!」
凛「プロデューサーがそんな……でも……」ブツブツ
未央「で、その後二人は?」
卯月「あっ、まだ中にいるはずです!聞いちゃったの、ついさっきなので……そうだ、プロデューサーさんに直接聞けば誤解だって……」
未央「しまむー、それで納得できる?『違う』って言われても、『ごまかされたかもしれない』って思っちゃうかもしれないよ?」
卯月「あ、あう……」
未央「まあ本当に誤解だと思うけど……しぶりん?」
凛「ごめん、急にやらなくちゃいけないことができた」
卯月「へっ?」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/02/14(火)00:12:44.59
ID:2PnJvrn
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆.qG5SOGbi.
2017/02/14(火)00:01:04.23
ID:1GLV2vHi0
ガチャ
周子「ただいまー」
P「おう、お帰り。どうだった、里帰りは」
周子「ん?楽しかったよ。ハイお土産」
P「おっ、実家のかこれ」
周子「そうだよー。あたしの手作り」
P「え、マジで?」
周子「うん、『帰ってきた時くらい手伝えー』って」
P「そりゃ楽しみだ、ゆっくりいただくとするよ」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1486998063

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆.qG5SOGbi.
2017/02/14(火)00:02:22.17
ID:1GLV2vHi0
周子「……」
P「……」
周子「……」
P「…なぁ」
周子「…んー?」
P「……あれは?」
周子「あれって?」
P「今日は何の日だ?」
周子「ふんどしの日」
P「そうじゃねぇよ。っていうかそうなのかよ」
3:
◆.qG5SOGbi.
2017/02/14(火)00:03:07.57
ID:1GLV2vHi0
周子「うん。駅前のデパートでセールしてたよ」
P「マジか…買う人いんのかな」
周子「…どうなんだろ」
P「……」
周子「……」
P「……いや、他にもセールしてるのあったろ」
周子「…えー、どうだっただろ?」
P「いやあるだろ。あったはずだよ。この日にふんどしだけセールされてるわけねぇよ。仮にふんどしだけセールされてたら潰れてるわあそこ」
周子「閉店セールだったよ」
P「潰れるのかよ。いや違う、そこじゃない、そういうことじゃない」
4:
◆.qG5SOGbi.
2017/02/14(火)00:03:39.03
ID:1GLV2vHi0
周子「…じゃあ、どういうことなん?」
P「……」
周子「…プロデューサーさん、言いたいこ
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆HL2fUAyECQ
2014/04/28(月)00:58:27.86
ID:0KhqdaHE0
P「ボーっとしてるぞ。大丈夫か」
時子「気のせいよ。気安く話しかけないでくれる?」
P「…仕事先に着いてから起こすと怒るだろうが」
時子「貴方がトロトロしているのが悪いのよ。タイミングがあるでしょう?」
P「知るか」
時子「知りなさい」
時子「それが貴方の役目でしょう。適切な機を見て起こしなさい」
P(気のせいじゃねえじゃねえか)
時子「……」
P「……」
P(と、静かにブレーキっと…)
・時子様かわいい
・わりと乙女。イメージと違うって人はすまん
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1398614307

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆HL2fUAyECQ
2014/04/28(月)01:00:48.29
ID:sh+Jh4Cdo

P「お疲れ様」
時子「下らない仕事ね」
P「インタビューを受けるのは立派な宣伝だ」
時子「伝えられないと価値を知れない大衆は罪ね…」
P「そーだなー」
P「…お前いつも同じこと答えるよな。本当なのか?」
時子「アン?」
P(相槌怖ぇよ)
P「好きなものは」
時子「他人の涙」
P「……」
時子「なによ。本当よ悪い?他人の涙大好き。ゾクゾクするわ」
P「いやまあ他人の趣味に口を出すつもりはないが…」
時子「私他人の涙大好き」
P「それ可愛くないから」
時子「アァン?」
P「……可愛くないって」
3:
◆HL2fUAyECQ
2014/04/28(月)01:01:45.79
ID:0KhqdaHE0
時子「いいから早く出しなさい。トロトロしてる奴は大嫌いよ」
P「はいはい」
P「…、なあ、あれも本当なのか」
時子「なに?」
P「時子がアイドルをしているのは、金の為じ
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/02/13(土)08:57:13.02
ID:FwPizzJO0
未央「やだなーしぶりん!アイドルはみんな仕事が彼氏だよ?」
加蓮「そうだよ凛。みんな彼氏なんていないいない」
凛「いや、みんなそうは言うけど、実際のとこどうなのかな?と思ってさ」
奈緒「確かに。秘密で付き合ってる子とかはいるわけだよね?」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1455321432

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/02/13(土)09:00:57.95
ID:FwPizzJO0
卯月「でもウチの事務所、恋愛禁止とかないんですよね?」
凛「そうなの?」
卯月「はい。個別にCM契約等で恋愛スキャンダルに関する条項が無い限りは、基本的に自由恋愛です」
未央「へー」
奈緒「知らなかった」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/02/13(土)09:03:12.52
ID:FwPizzJO0
未央「それなら、みんなぶっちゃけて話題にできるね!」
凛「えっ、やっぱり未央っているの?」
未央「やだなーしぶりん!アイドルはみんな仕事が彼氏だよ?」
凛「結局言わないんじゃん・・・」
奈緒「あははっ」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/02/13(土)09:06:01.47
ID:FwPizzJO0
加蓮「まぁでも・・・」
加蓮「彼氏いる子ってなんとなくはわかるよね?」
奈緒「えっ!?」
卯月「そうなんですか!?」
未央「あー。彼氏できると雰囲気変わる子とかいるもんね?」
5:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/02/13(土)09:10:01.05
ID
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/04/25(金)00:12:50.93
ID:fLdRHrlLo
モバP「猫耳どこやった…」
みく「…知りません」
モバP「….」
みく「….」
モバP「曲げちゃうのか…?」
みく「….」
モバP「….」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1398352370

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/04/25(金)00:19:10.81
ID:fLdRHrlLo
みく「だって…」
モバP「だって…なんだ?」
みく「….」
モバP「….」
みく「P…プロデューサーさん、私のこといじめるんだもん…」
モバP「….」
みく「…お魚食べさせようとしたり、ファン辞めたり」
モバP「….」
みく「….」
モバP「前川…」
3:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/04/25(金)00:21:16.17
ID:fLdRHrlLo
みく「え…?」
モバP「….」
みく「…今、前川って言った?」
モバP「….」
みく「…別に呼び方変えなくてもいいんだよ?」
モバP「….」
みく「….」
モバP「….」
みく「…ねぇ」
7:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/04/25(金)00:24:03.69
ID:fLdRHrlLo
モバP「…前川」
みく「&#
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
2
3
4
5
6
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。