SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
タグ:
THE IDOLM@STER
タグ一覧の表示
<<
2017年03月
>>
240件取得
人気記事順表示
<<
2
3
4
5
6
7
>>
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/04/21(月)22:24:49.57
ID:8SJFUGhAo
美玲「……」
美玲「……」
美玲「……」チラッ
乃々「…………」
輝子「キノコー……キノコー……」
美玲「……」
美玲「(なんでいつも机の下に潜ってるんだろ?)」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1398086689

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/04/21(月)22:29:02.94
ID:8SJFUGhAo
美玲「……」
美玲「(机の下って、そんなに居心地がいいものなのかな……)」
美玲「……」
美玲「(うう……意識したらすごく気になってきた……)」
乃々「……あ、あの……」
美玲「えっ?」
輝子「ど、どうした……?」
美玲「……はっ!?」
美玲「(無意識の内に身体が机の下に向かっていた……!?)」
輝子「何か、用事か……?」
美玲「な、何でもないぞっ!」
美玲「何でもないからなっ!」
輝子「そ、そうか……」
3:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/04/21(月)22:35:21.27
ID:8SJFUGhAo
美玲「ふーっ……」ストン
美玲「……」
美玲「(んー……)」ウズウズ
輝子「あ……霧吹きの水が切れた……」
輝子「注ぎ足さないとな……フヒ」ヒョコ
美玲「……」
乃々「……う」
乃々「お花摘みに、行ってきます……」ヒョコ
美玲「…………」
美玲「誰もいない……」
美玲「潜るなら……今のうち」
4:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/04/21(月)22:41:01.15
ID:8SJFUGhAo
美玲「……」
美玲「……」ソローリ

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2014/12/30(火)17:33:23.95
ID:vhE2LMd1o
P「さぁ、ほら」
藍子「え、えぇ!?」
P「いいから脱ぐんだ!」ガタッ
藍子「あ、ちょっと……や、やだ!離してください!」
P「藍子っ、キャストオフ!」
藍子「い、いやです!やめっ……いやああああああ!!」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1419928403

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2014/12/30(火)17:35:35.31
ID:vhE2LMd1o
P「………」
ちひろ「………」
P「いや、違うんです」
ちひろ「何がですか?」
P「本当に脱がないんですよ、藍子の奴」
ちひろ「………」
P「だ、だから違うんですって!」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2014/12/30(火)17:37:27.22
ID:vhE2LMd1o
ちひろ「とりあえず、藍子ちゃんを襲うまでの経緯を教えてください」
P「襲うだなんて!これはプロデュースなんです、ちひろさん」
ちひろ「は?」
P「俺はプロデューサーである以上、アイドルの新しい一面を発掘しなきゃいけません」
P「彼女達の魅力を引き出す為に、必要なことなんですよ!」
ちひろ「アイドルを襲う行為がですか」
P「襲ったりしていません、服を脱がそうとしただけです」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2014/12/30(火)17:42:30.41
ID:vhE2LMd1o
ちひろ「あの、何の弁解にもなってないんですけど」
P「高森藍子というアイドルが、これまでどんな活動をしてきたか振り返って……」
P「俺は、あることに気づきました」
P「最初のデビ
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/12/21(月)22:34:49.98
ID:zgdNgG3io
※モバマスのSSです
※プロデューサーは複数人いる設定です
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1450704889

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/12/21(月)22:35:29.04
ID:zgdNgG3io
 ?事務所前?
凛「いきなりちひろさんから呼び出しのメールが着たけど……なんだろう」テクテク
卯月「あっ、凛ちゃーん!」ブンブンブン
未央「お、しぶりーん!」ブンブン
凛「卯月と未央? 二人もちひろさんに?」
未央「そういうしぶりんも?」
卯月「一体どういうことなんでしょう……」
凛「まあ、とりあえず行ってみようか」
卯月「はい!」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/12/21(月)22:40:24.37
ID:zgdNgG3io
 ?事務所の一室?
未央「ちひろさーん! 来たよー、ってあれ?」
美嘉「やっほ★ ニュージェネの三人も呼ばれたんだ」
まゆ「こんばんはぁ、皆さん」
杏「ようやく揃ったかー……。ねー、早く終わらせようよー。杏帰ってゲームして寝たいんだけど」
卯月「美嘉ちゃんにまゆちゃんに杏ちゃん! こんばんは!」
凛「でも、一体私たちにどういう用が……」
ガチャ
ちひろ「あら、皆さんもう来てくださったんですね」
卯月「ちひろさん!」
ちひろ「すみません、こんな時間にお呼び出ししてしまって」
凛「それで、一体なんの用なの?」
ちひろ「はい。本題ですが……こちらを見てください」ガラガラ
未央「台車の上に……」
美嘉「テレビ?」
ちひろ「ええ。それでこのスイッチを押しますと……」ピ
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/06/17(火)22:05:09.60
ID:7toHruvm0
小鳥「どうしたんですか? 今ライブ会場にいますよね?」
P「それです。竜宮小町についてなんですか」
小鳥「彼女たちが何か?」
P「一言で言うと、まずい、です」
小鳥「プロデューサー!?どうしたんですか一体?」
P「こっからはほかのアイドルたちにも聞いてほしい。スピーカーモードに切り替えてください」
小鳥「あっはいはい」カチッ
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1403010309

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)
2014/06/17(火)22:08:20.37
ID:7toHruvm0
P「やばいぞこれは…。衣装が…ステージ衣装がないんです…」
小鳥「えぇえええ!」
アイドル一同「ええええぇ!」
雪歩「確かプロデューサーさんたちがいるライブって…」
真「最近できたアイドル日本一を決める大会だよ。芸能界のお偉いさん方も見に来る…」
P「どうやら衣装のトランクを忘れたみたいです…昨日バタバタしてたからなぁ…」
3:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)
2014/06/17(火)22:11:47.00
ID:7toHruvm0
亜美「ねーねー、もう私服ででちゃえば? ふるさと村も大丈夫だったしょー!」
春香「あんなド田舎ライブとは違うんだよ。そんなことしたら竜宮小町どころか765プロの評判まで…」
P「それでですね…残ってるアイドルに届けさせてほしいんです。誰がいますか?」
小鳥「えっと…」


4:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)
2014/06/17(火)22:14:16.82
ID:7toHruvm0
小鳥「竜宮以外は全員いますけど
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/02/08(水)22:10:52.54
ID:swHWl7zwO
※短いです
紗南「ねぇクズデューサー」
モバP(以下P)「違うぞ」
紗南「いや、クズじゃん」
P「違うだろ?」
紗南「じゃあ、この前泰葉さんと一緒にお仕事に行った時のこと思い出してみてよ」
P「泰葉?あぁファッション雑誌の撮影だろ?あの時の泰葉がほんと可愛くてなぁ!」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1486559452

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/02/08(水)22:11:47.60
ID:swHWl7zwO
P「泰葉が上目遣いで『ど、どうでしょうか……』とか聞いてきてくれたもんだからさ」
紗南「うん」
P「つい、『人形みたいだ』って言っちゃったよ!」
紗南「クズじゃん」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/02/08(水)22:13:43.03
ID:swHWl7zwO
紗南「泰葉さんフリーズしてたよ」
P「何言ってんだ、お仕事も完璧にこなしてたろ?」
紗南「というか意図は?NGワードくらいわかってるよね?」
P「泰葉に珍しいゴシックドレスだったからな、ほら想像してみ?綺麗だろ?」
紗南「それはわかるよ、攻略ヒロインにいそうな感じだよね」
P「単純に綺麗だっていうのもな、って思ってさ」
紗南「泰葉さん終始無言で笑顔だったらしいけどね……」
P「仕事に全力、いいことじゃないか」
紗南「現在進行形で目に光がないことを除けばね」
6:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/02/08(水)22:20:44.58
ID:swHWl7zwO
紗南「ねぇゲスデューサー」
P「ゲスじゃないぞ」<
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
Swing◆VHvaOH2b6w
2014/03/25(火)19:18:12.42
ID:CFHpKEzc0
私の隣のデスクのプロデューサーさんは……
会議中、いつも何かして遊んでいる……
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1395742692

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
3:
Swing◆VHvaOH2b6w
2014/03/25(火)19:24:23.54
ID:CFHpKEzc0
律子「というわけで、このリサーチの結果から今度のライブでは……」
P「?♪」ゴソゴソ
小鳥「……またやってる。ちょっとプロデューサーさんよしてくださいって、律子さんに見つかっちゃいますよ。律子さん、怒ると怖いの知ってるでしょ、今はやめておいた方が……」ヒソヒソ
P「……シーッ」ジロリ
小鳥(え?何その『集中してるから静かにしろ』的なアクション! おっかしいですよそれー。プロデューサーさん、今人を注意できる立場じゃないですよー)プクー
P「……」ドン
小鳥(あれは……なんだろう? あの筒状のモノは?)
P「……」シュッシュッ
4:
Swing◆VHvaOH2b6w
2014/03/25(火)19:28:28.36
ID:CFHpKEzc0
小鳥(何か書いてある……T……TENGA……えっ? ええっ!?)
P「?♪」シュッシユッシユッ
小鳥(あ、あああああ、あの手慣れた動作! やっぱりアレは、男性が自慰行為で使うオナホ!)ガタッ
律子「? どうしました小鳥さん?」
小鳥「ぴ、ぴぴぴぴぴ、ピヨー……あ!」ガタッ
律子「?」
小鳥「な、なんでもないです……」
律子「なんですか? また妄想ですか? お仕事中は控えて下さいね」
小鳥「ごめんなさい……」ストン
5:
Swing◆VHvaOH2b6w
2014/03/25(火)19:30:40.64
ID:CFHpKEzc0
小鳥(お、
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
Swing◆VHvaOH2b6w
2014/05/20(火)19:42:26.15
ID:CwugHJ350
美希「ハニーの昔のお話?」
真「えー! プロデューサー、探検家かなにかだったんですか!?」
P「いやいや、違う違う。学生の頃さ、ツアーで行ったんだよ」
雪歩「南極って、ツアーで行けるものなんですか?」
P「ああ、今は結構色々なオプションもあって、人気もあるんだぞ」
貴音「あなた様」
P「ん? なんだ、貴音」
貴音「そのような雑談より、今後の活動についてなど有意義な話をいたしま……」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1400582546

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
Swing◆VHvaOH2b6w
2014/05/20(火)19:43:34.76
ID:CwugHJ350
真美「そんでそんで!? ど→だったの、南極って!」
亜美「やっぱ寒いの? ペンギンとかいた? 聞かせて、聞かせて→!」
P「あ、ああ。学生の頃な、ちょっと変わった旅がしたいと思い立って、調べたらあるんだよ南極ツアーって」
真美「ふんふん」
貴音「……」
3:
Swing◆VHvaOH2b6w
2014/05/20(火)19:46:34.76
ID:CwugHJ350
P「けどな、ツアーって言っても行くまでがまた大変なんだよ。なんせ直行便なんてないだろ」
伊織「言われてみれば、そうね。どういう行程になるの?」
P「まずロンドンへ行く、そこで乗り換えて南アフリカのケープタウンへ。そこからようやく飛行機で南極の基地まで行くことになる」
伊織「まずロンドン……って、じゃあ日本からだと北極圏のフライトじゃない。南極へ行くのにまず北極圏を通るわけ? あきれた」
P「南米から船で行く方法もあるんだが……」
真「なんで、そうしなかったんですか?」
P「南極半島から上陸するんだけど、滞在は2時間ほどなんだ。俺は南極でせめて
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆9uYfwZ5Rhzmp
2017/02/07(火)22:27:53.80
ID:q3U+XNTh0
※翻訳希望の方はおっしゃってください。
では、始まります。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1486474073

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/02/07(火)22:28:42.17
ID:q3U+XNTh0
【楽しい楽しい村上組】
巴「ふぅ…、ようやっと放課後じゃのう」
サブ「おーい!お嬢ー!迎えに来やしたよー!」
巴「おうサブ、今日も早いのう」
サブ「ええ!オヤジにお嬢の面倒を頼まれてやすからね!さ!帰りましょう!」
巴「……ん?歩きなんか?」
サブ「うっす!」
巴「てっきりいつも通り車じゃと思いよったが」
サブ「今車検に出しとるんすよ」
巴「しゃけん……?ま、たまには歩いて帰るか」
サブ「あ!なんならおんぶでもいっすよ!」
巴「歩きでええ」
サブ「肩車!」
巴「いらんわ!」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/02/07(火)22:32:38.12
ID:q3U+XNTh0
サブ「お嬢!ランドセル持ちますよ!」
巴「んや、別にこれくらい自分でさげるわ」
サブ「まあまあ、そう言わんこうに寄越して下さいよ!」
巴「むぅ……。なら、ほれ。そがぁに持ちたいんなら持ちゃあええ」
サブ「おー…。これがランドセル……!わや懐かしいもんですわ!」
巴「お前にもガキの頃があったんじゃのう」
サブ「俺が背負うてみてもええですか!」
巴「止めえ。壊れる」
サブ「大丈夫っすよ!ほら!俺肩の関節とかめちゃくちゃ柔らかいんで!」
巴「それに、大の大人が赤いランドセルしょっとるのなんか気色わるいじゃろ」
サブ「そっすね」
4:
以下、名無しにかわりま
続きを読む

[ 閉じる ]
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします?2016/07/05(火)23:43:40.81ID:qecr/neO0
P「あのさ、貴音」?
貴音「何でしょうか?」
P「お前も、免許取ったの?」
貴音「はい」
P「なんでまた急に……」
貴音「響が、つーりんぐなるものに一緒に行きたいと言っていたので」
P「え? それだけの理由で取っちゃったの?」
貴音「プロデューサー! それだけとはなんですか!」
貴音「響の誘いですよ? これだけで十分な理由になるはずです!」
P「す、すまん」
P(相変わらず貴音は響のことになると熱くなるな……)

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/07/05(火)23:44:32.24ID:qecr/neO0
P「で、バイクもすでに購入済み、と」
貴音「はい」
小鳥「プロデューサーさんと貴音ちゃん、なんの話をしてるんですか?」
P「えーっと、貴音まで原付免許を取ったみたいで……」
小鳥「そうだったの貴音ちゃん、これで響ちゃんともっと仲良くなれるわね!」
貴音「はい、大変うれしく思います」
小鳥「で? どんなバイクを買ったのかしら、私詳しくはないんだけれど、教えてもらえる?」
P「え、音無さんちょっとまっ……」
貴音「まぐなというバイクです」
P「」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/07/05(火)23:48:15.27ID:qecr/neO0
小鳥「え? マグナ?」
貴音「はい」
小鳥「マ、マグナ50?」
貴音「はい、原付ですので」
小鳥「ブフゥッ!」プルプル
小鳥「マ、マグナキッド……」プルプル
P(やっぱり知ってたかー)
貴音「小鳥嬢今なんと? まぐなきっど?」
小鳥「な、なんでもないわ貴音ちゃん」フルフル
小鳥「ひ、響ちゃんとツーリングに行くといいと思うわよ、そ
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
名無しのシンデレラ◆vSqCWNhtWA
2017/01/11(水)17:57:57.67
ID:Q/q+CA4+0
凛「はぁっ…はぁっ…っ…」
 
凛「はぁっ…はぁっ…ここなら…!」
 
ガチャ
 
凛「はぁっ…ふぅ…っ!」
 
?「…ぁん…凛さぁん…どこに行ったんですかぁ…」
 
凛「…………!」
 
?「ここにはいないですか…凛さぁん…凛さぁん…」
 
凛「………行ったかな?」
 
バタン
凛「まさかこんなことになるとは…困ったな。」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1484125077

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
名無しのシンデレラ◆vSqCWNhtWA
2017/01/11(水)18:00:41.21
ID:Q/q+CA4+0
凛「あのマッドサイエンティストめ、なにが好きになる薬なのさ。ただのバイオテロだよ。」
 
凛「これじゃ計画が台無しだよ。薬は2時間で切れるらしいし、それまでどう逃げるかだね。」
 
凛「…とりあえず移動しよう。同じ場所に留まるのはよくない…」
 
未央「おっしぶりんじゃん!おつかれー」
 
凛「しっ!未央、静かにして。それに構ってる暇はないんだけど。」
 
未央「つれないなぁ。それで、何してるの?鬼ごっこ?なかなかやりますなぁ?」
 
凛「そんなんじゃないんだけど…」
 
3:
名無しのシンデレラ◆vSqCWNhtWA
2017/01/11(水)18:02:06.63
ID:Q/q+CA4+0
未央「楽しそうですなぁ、未央ちゃんも混ぜてくれない?」
 
凛「そういうんじゃないんだよ。一方的に追われてるだけだから。」
 
未央「鬼ごっことはそういうものだからね渋谷くん。で、誰が鬼なの?話つけてくるよ。」
凛「だから違うって…ん!…来た!」続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆rcwRQLew66
2015/06/10(水)18:54:38.47
ID:LM1MpzFb0
初作品です。超短いですし書き溜めあるのですぐ終わります。貴音のえっちな画像で抜いてしまったので懺悔を込めて書きました。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1433930068

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆rcwRQLew66
2015/06/10(水)18:55:39.76
ID:LM1MpzFb0
P「…」
貴音「私はあなた様とずっとうまく関係を築けていると思っていました。」
貴音「ですがあなた様は私の事を裏切ったのです!」
貴音「初めてのぐらびあ。私は初めてでものすごく恥ずかしがりましたね。ですがあなた様は私を励ましてくださいました。とても嬉しかったです。その他にもいろいろな方法であなた様は私を励ましてくださいましたね。」
貴音「なので私はあなた様に色々な恩があります。ですがそれでも私は今回の件を許すわけには参りません!」
P「貴音、悪かったって思ってるよ。だから許してよこの通り!」
貴音「いいえ、当分は許しません!」
3:
◆rcwRQLew66
2015/06/10(水)18:56:51.00
ID:LM1MpzFb0
貴音「あなた様が、あいこらという技術を使い不埒な行為をしたことを許すわけには参りません!」
4:
◆rcwRQLew66
2015/06/10(水)18:58:14.49
ID:LM1MpzFb0
P「あ、あれは魔が差しただけ常習犯では無いんだ。信じてくれ!」
貴音「初めてとか常習犯かが問題ではないのです。今回の件そのものがいけないのです!」
貴音「私が初めてやった思い出のグラビア画像を使う事もそうですが何よりも気に入らないのはあいこらでえーぶい女優とおじさまのような俳優との性行為を元に画像を作ったことです!///」
貴音「しかもあなた様の顔も俳優にあいこらしたな
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/04/19(土)00:28:59.24
ID:odEKBBLT0
恐ろしく見切り発車だけどネタが旬な内に
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1397834939

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)
2014/04/19(土)00:35:59.75
ID:odEKBBLT0
P「最近この手の記事多いよなー」ペラッ
加蓮「……?」コソコソ
P「なになに……『女子高生に密室でプロレス技を掛けてさせて大儲け』か……」
加蓮「…………!」ビックリ
P「いくらでも思いつくもんだな……捕まっちゃお終いだが」ペラッ
加蓮「…………」フムフム
P「『足四の地固めや腕ひしぎ逆十字固めが人気』、だって?」
加蓮「…………///」
P「……まあ、分からんでもないが」
加蓮「…………っ」
加蓮「…………よし」
5:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)
2014/04/19(土)00:53:15.79
ID:odEKBBLT0
加蓮「ねえ、Pさん」ヒョコッ
P「おおっ? 加蓮、いつの間に帰って来てたんだ? 今日は直帰って聞いていたが」
加蓮「あー、Pさんスケベな記事読んでるー」ヒョイッ
P「すけべ、ね……もらった朝刊を、夜の八時にようやく読めたってだけさ。それが偶々今の記事だった」
加蓮「うわー、プロレスだって。バッカみたい……こんなの、嬉しいのかな」
P「まあ、良くも悪くも『こんなの』はなくならないんだなぁ……」
加蓮「そんなこと言っていいの? 『プロデューサーさん』」
P「うちはまっとうなやり方だからな。しかし……」ヒョイッ
加蓮「あっ!! ちょっと、取り上げないでよ」
P「お子様にはまだ早い」
加蓮「……お子様じゃないもん」
6:
VIPに
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/09/12(月)00:06:29.72
ID:DvYD3gpso
前川みく「…」
モバP「…」
みく「…」
P「…」
みく「Pチャン?」
P「…」
みく「Pチャン!」
P「ッハ!…寝てた!」
みく「パソコンで仕事する姿勢のまま寝ないでよ。どうかしちゃったのかと思ったにゃ」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1473606389

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/09/12(月)00:06:56.11
ID:DvYD3gpso
P「あ、いやいや。すまんな。最近どうも疲れが取れなくて」
みく「…ちゃんとお休みしてるの?」
P「ん…おぉ、休んでるぞ。最近はみんな協力的だからだいぶ負担も軽くなったしな。2時には寝られてる」
みく「…何時に起きてるの?」
P「…えぇと…5時、かな」
みく「3時間しか寝てないじゃん!それじゃ疲れなんて取れないにゃ!」
P「いやぁ、これでも睡眠時間取れてる方だぞ?」
みく「自慢する事じゃないにゃ!」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/09/12(月)00:07:23.81
ID:DvYD3gpso
P「でも忙しいのは嬉しい事だ。みんなが売れてるって事だからな。俺の睡眠時間が削れるのも致し方なしだな」
みく「それでPチャンが倒れたらみんな心配するって思わないの?」
P「う…でも、俺は裏方だし、倒れたところで代わりはいるからなぁ…」
みく「…本気で言ってるの?」
P「いや、すまん。そんな顔しないでくれ。別にみくを悲しませたかったわけじゃないんだ」
みく「じゃあ、ちゃんと休んでよ」
P「そんなこと言ってもなぁ…仕事中だし」
みく「机に向かって寝てた人がそんなこと言う?」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/06/20(月)23:42:01.26
ID:EBnVqoSA0
まゆ「プロデューサーさんがいけないんですよォ?皆にばっかかまけて、まゆをちっとも
見てくれないんだから……。」
P「……その包丁で何をする気だ?」
まゆ「決まってるじゃないですかぁ。まゆとプロデューサーさんを永遠につなげるための……」
P「……ああ、もういい!こっちこい!!」
まゆ「え?ちょ、あ、あの、プロデューサーさん!?」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1466433720

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/06/20(月)23:45:29.60
ID:EBnVqoSA0
・・・
まゆ「プロデューサーさんったらそんな強引に……言ってくれたらまゆはなんでも……。」
P「お前正気か?」
まゆ「まゆはいつだって正気ですよぉ?それもプロデューサーさんを思うことは本物だから……。」
P「正気の沙汰とは思えんね。そんな包丁一本でやる気か?」
まゆ「プロデューサーさんと一緒になれるなら、まゆはなんだってやりますよぉ?」
P「……はぁ……!!」
まゆ(え?ため息つかれた……?)
P「ちょっと待ってろ。」
まゆ「?」
P「そんな包丁なんて……これを使いな!!」
まゆ「こ、これは……!?」
http://fsm.vip2ch.com/-/hirame/hira112090.jpg
P「スパス12だ!!」
まゆ「」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/06/20(月)23:46:29.06
ID:EBnVqoSA0
まゆ「えっと……これは……ショットガン?」
P「そうだ。」
まゆ「……これを、どうしろと?」
P「撃つんだよ!他になにがある?」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/08/29(金)21:52:46.38
ID:hJHr5U0lo
モバP「ペロは可愛いな」
モバP「ハナコは可愛いな」
モバP「ヒョウ君は可愛いな」
の続きです、前の話は読まなくても大体大丈夫です、飼い主達がたまに出るくらいです
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1409316756

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/08/29(金)21:55:22.47
ID:hJHr5U0lo
ブリ「ブモッ」
P「ふんふんふーん」
ガシガシガシ
ブリ「ブルルルルル」
P「全くでかい背中だ、ブラッシングしがいがあるぜ」
ガシガシ
ブリ「ブモッ」
P「ははは気持ち良いか?よーしよしよし後で野菜を奢ってやろう」
ブリ「ブモブモ?」
グリグリグリ
3:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/08/29(金)21:59:46.91
ID:hJHr5U0lo
P「お、おおっと…ブリッツェンのグリグリ(猫が額を擦り付けてくるアレ)はパワーがあって気合入れないと押されてしまうな」
ブリ「ブモ」
P「え?背中に乗っていい?いいのか!?ふふふそう言うなら遠慮なく!」
ノソッ
ブリ「ブルルルルッ」
ノッシノッシ
P「おお………感動だ…この景色はブリッチャンが協力してくれるからこそだよなあ…」
ブリ「ブモ?」
P「ソリに比べれば軽い軽いって?全くたいした奴だよお前は」
ブリ「ブモッ!」
4:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/08/29(金)22:07:12.99
ID:hJHr5U0lo
しばらく後
P「ふぅ…堪能した」
ちひろ「随分楽しそうでしたね」
P「え
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/09/11(日)20:04:51.31
ID:wWdl7OUx0
アニメ放送当時に武内Pがとある教師に似ていると言われることがありました。
それを基にした一場面毎のお話です。
また、教師の元ネタのゲームは発売日にプレイしたきりなのでイメージが大分誇張されています。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1473591891

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2016/09/11(日)20:06:31.94
ID:wWdl7OUxo
*始まりの日
P「……ほう」
女子高生「だから、私は別に……」
警察「この子が泣いているじゃないか? 君が何かしたんじゃないのか!?」
女子高生「私は何も!」
警察「はいはい、分かったから。警察でゆっくり聞かせてもらうよ」
P「その女性の話は、この場で最後まで、聞いても良いのではないか?」スッ
警察「!? な、なんですか、あなたはっ!?」ゾクッ
P「子供が泣いていることに理由があるように、その女学生にも何か理由があるのではないか?」ギロリ
女子高生「ひいっ!?」
P「子供、何があったのだ?」
子供「お、おもちゃの部品、グスッ、落としちゃって、グスッ……それで、グスッ……そのお姉ちゃんに、待ってもらって……グスッ……」グスグス
P「なるほど……」ギラリ
P「子供、その部品とはコレのことか?」
子供「うん! ありがとう、眼鏡のおじさん!」
P「そうか。……警察よ、これで解決なのではないか?」ギロリ
警察「ヒィッ!? し、失礼しました!!」
P「私ではない。その女学生に頭を下げるべきではないか?」
警察「も、申し訳ありませんでした!!」
女子高生「いや、分かってくれたら、別に……」
警察「大変失礼しましたっ!!」ソソクサ
3:続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/02/08(水)11:30:11.94
ID:2AnHHU6U0
モバマス、というかデレステガチャのSSです
画像とかは撮り忘れたのでありません
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1486521010

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/02/08(水)11:44:33.68
ID:2AnHHU6U0
1月31日 午後6時
モバP(以下P)「出来れば担当アイドルじゃなければいいんだけど……」
P「まぁ藍子はこの前出たし……あとは夕美ぐらいだけど……」
P「見てみないと分からないし、確認しますか!」ポチッ
P「……ん?」
スマホ「
        デレステ                3時間前
        期間限定アイドル 相葉夕美 二ノ宮飛鳥 登場!!」
P「」ガクッ
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/02/08(水)11:48:42.79
ID:2AnHHU6U0
ちひろ「おつかれさまです! Pさ……ん? なんで隅でうずくまってるんですか?」
P「」ガクガクブルブル
ちひろ「な、何があったんですか! Pさん!」
P「クール……」
ちひろ「?」
P「クールとパッション……そして欲しいのがパッションの夕美……」
P「これ……あの時の……藍子と加蓮の温泉ガチャと同じタイプ選出ですよね?」
5:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/02/08(水)11:54:52.46
ID:2AnHHU6U0
ちひろ「あ、そういえばPさん あの時藍子ちゃん引けてませんでし「うわぁぁぁぁぁぁ!!」……大丈夫ですか?」
P「………ごめんなさい。 でもあの時みたく夕美を取れないか
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/01/08(日)14:51:20.88
ID:SwhvTvNS0
まゆとプロデューサーさんとの間には、守らなければならない3つの約束事がありました。
1.誰かがまわりにいるときは話さない
2.キスは一日に一回まで
3.黒いビニール袋は絶対に開けてはダメ
これらを守っている限りは、プロデューサーさんはまゆに優しくしてくれたし、
1日に1回のキスだって頭がとろけてしまいそうなほど甘いものでした。
まゆにとって、それは何物にも代えがたい幸せで、
だから、普段あまり話せないことも苦ではありませんでした(ほんとはちょっぴり寂しかったですけど)。
こんな日常を続けるために、3つの約束事は、どんなことがあっても破ってはいけなかったのです。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1483854680

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/01/08(日)14:58:14.85
ID:SwhvTvNS0
プロデューサーさんの家は、事務所から、やや離れた場所にありました。
女子寮にはいっていたまゆは、ことあるごとにそこへ出向いて、
料理をつくったり、二人きりでお喋りをしたり、楽しいひとときを送っていました。
通い妻、とでも言うんですかねえ。うふふ。
プロデューサーさんは、無口で、大人しい人でしたが、まゆがいるときはよく笑ってくれました。
それがとっても嬉しくて、仕事で起きたどんな苦しいことだって忘れることが出来ました。
プロデューサーさんの幸せは、まゆにとっての幸せで。
まゆの幸せは、プロデューサーさんにとっての幸せだったのですから。
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/01/08(日)15:02:27.29
ID:SwhvTvNS0
ただ、プロデューサーさんは
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆Q/Ox.g8wNA
2017/02/08(水)07:51:49.28
ID:pcjTHqB40
凛「世界はなぜ私を追い詰めるのか…」ズーン
モバP「どうした渋谷、急に」
内匠P「来たと思ったらいきなり凹み始めるとか、新ジャンルだな」
凛「こんな思いをするのなら花や草に生まれたかった……」プルプル
内匠P「何を言ってるのか全く意味が解らんぞ……??」
モバP「取り合えず落ち着いて訳を話してみ??力になるから(多分)」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1486507908

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆Q/Ox.g8wNA
2017/02/08(水)07:52:27.34
ID:pcjTHqB40
凛「…この前、プロデューサーが早苗さん達の飲み会に連れて行かれたんだって……」
モバP「ああ、武ちゃん拉致られてたなぁ…」
内匠P「それがどうした。良くあるウチの事務所の日常の風景じゃねーか」
凛「早苗さん達がプロデューサーにお酒飲ませて、過去の女性遍歴聞き出したらしいんだけど…」
モバP「ほう」
凛「始めては高校生の時で……大学生の時にもう一人、合計二人だってさ……」
内匠P「へー」
凛「へー、じゃないよ!!(机バァン!)私の担当プロデューサーが中古だったんだよ!!
ヤリチンだったんだよ!?私に死ねと言ってるのかよ!!」クワッ
モバP「机叩くな叩くな……、えー…でも、二人だろ??普通じゃねぇか??」
内匠P「むしろ少ない方だろ……タケもいい大人なんだしさ…」
凛「少ないとかそういった話じゃないよ!!その話を聞いてから、私、
プロデューサーの声を聴くだけで吐き気がする様になったんだから!!」
モバP「お、おう……そうか…大丈夫か?? (頭の)病院に行くか…?
行くなら、ちひろさんに手続きして貰う様に頼むけどよ…??」
凛「もう行ったよ!!近くの心療内科に行ったら、急性ストレスによる適応障害
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/02/04(土)22:29:32.14
ID:EjHAkE960
チッ  チッ
カタカタ…
P「……」チラッ
P「……」カタカタ…
P「……」
P「……」カタカタ…
P「……」カタカタ…
P「……」チラッ
ちひろ「随分と時間を気にしてますね?」
P「……ん。ええ、まあ」
ちひろ「? この後って何かありますっけ?」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1486214971

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/02/04(土)22:35:41.76
ID:EjHAkE960
P(……)
P「あー、ちひろさん」
ちひろ「はい?」
P「ほら、ウチの事務所って妙な慣例があるじゃないですか。ソロデビューした時に」
ちひろ「まあ、そうですね。特定のメンバーでしか受けることのできない専用の仕事が回されるようになり、他の仕事が減る。ってやつですか」
P「それです、それ」
ちひろ「それが何か?」
P「それと関係しているというか……まあ原因ってほどでもないんですがねえ」
ちひろ「はっきりしませんね。何の話です?」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/02/04(土)22:41:52.84
ID:EjHAkE960
P「泰葉、いるでしょ。うちの岡崎泰葉」
ちひろ「? 泰葉ちゃんはソロCDはまだ出してないですが……」
P「いやいや、そういう話じゃないんです」
P「ちひろさん、泰葉の子役時代のことはどれくらいご存知で?」
ちひろ「そりゃあもうよく知ってますよ。テレビにもしょっちゅう出てましたし」
P「そうですね。本人の言うように、プライベートの時間が見当たらない程度には出ていたと思います」
ちひろ「大変だったでし
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/10/08(木)20:57:42.73
ID:b9cHRGLa0
凛「え……何それ?」
未央「オトコプター?」
莉嘉「ねえねえまたやってよー!オトコプター!」
みりあ「わー、みりあも混ぜてー!」
仁奈「回って風の気持ちになるですよー!」
武内P「では、実際にやりながら説明します。まず両腕を水平に広げます。」
未央「ふむふむ。」
武内P「そしてその両腕に一人ずつ、ぶら下がります。」
莉嘉「はい!」
みりあ「えい!」
仁奈「仁奈は首につかまるですよ!」
武内P「とまあこの具合で、定員3人です。」
凛「力持ちだねプロデューサー……。それから?」
武内P「そして勢い良く、ぐるぐる回ります!!!」
莉嘉「キター!!」
みりあ「わーい!」
仁奈「楽しいでやがりますー!」
未央・凛「」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1444305462

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/10/08(木)20:58:47.21
ID:b9cHRGLa0
凛「……ああ、それで回るから、オト”コプター”なんだ。」
未央「……すごい漢だ。」
みりあ「あーおもしろかった!」
仁奈「またやりやがるですよー!」
武内P「これがオトコプターです。」
凛「うん、わかった。」
未央「ああ、なんか見たことあるある。小さい時になんか
おっきい人につかんでもらって、ぐるぐる回って
投げ飛ばしてもらうのとか海でよくやったよ。」
凛「未央、それジャイアントスイングだから。」
千佳「ねーねーPくん!またオトコプターやってよー!」
薫「せんせー!薫もー!」
雪美「……背中に……乗る。」
舞「私も、次にお願いします!」
未央「おーおー。意外と
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/08/01(金)20:48:14.78
ID:sCJT49ZHo
モバP「ペロは可愛いな」
モバP「ハナコは可愛いな」
の続きです、話は繋がってないですが以前のアイドルが出てきたりします
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1406893684

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/08/01(金)20:51:33.10
ID:sCJT49ZHo
P「………………」
ヒョウ君「……………」
P「………………」
ヒョウ君「……………」
P「………………」
ヒョウ君「……………」
P「………………」
ヒョウ君「……………」
P「………………」
ヒョウ君「……………」
P「………………」
ヒョウ君「……………」
おしまい
5:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/08/01(金)20:56:06.27
ID:sCJT49ZHo
P「って待ていそういう訳にもいかんぞ」
ちひろ「あ、起きましたか」
P「起きてましたよずっと、ヒョウ君の気持ちを理解しようと頑張ってたのです…」
ちひろ「しかし駄目だったと」
P「難航してますね」
ちひろ「難航というか無理なんじゃないです?爬虫類ですよヒョウ君」
P「見も蓋もない事を言いますねそりゃ犬とか猫みたいな哺乳類と違って爬虫類は感情や思考を司る大脳新皮質が余り発達してませんコミュニケーションを取るのが無理と思うのが普通ですただ哺乳類の脳と爬虫類の脳は構造自体は似ているのですよ爬虫類の脳から大脳新皮質が大きく進化した結果が哺乳類の脳だとか言われてますしそしてその結果複雑な思考や感情が現れたのならその前身である爬虫類のヒョウ君にある程度の感情や思考があっても不思議では無いとも言えるのですよ例えば爬虫類の脳がそのまま大き
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆hhWakiPNok
2014/05/17(土)19:13:13.91
ID:bJ0Xi6J90
P「大丈夫か? 痛みとかはどうだ?」
美波「それはないんですけど、なぜか×の音が出ないんです」
P「え?」
美波「×の音です」
若林智香「プロデューサーさんっ、美波さんは今『ラ』の音が出にくいみたいなんですよ」
http://i.imgur.com/3GQ2vxt.jpg
新田美波(19)
http://i.imgur.com/NV7p66z.jpg
若林智香(17)
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1400321583

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
3:
◆hhWakiPNok
2014/05/17(土)19:15:18.29
ID:bJ0Xi6J90
P「ああ、そういう事か。ちょっと発声してみてくれるか?」
美波「はい。ド?♪ レ?♪ ミ?♪ ファ?♪ ソ?♪ ×?♯ シ?♪ ド?♪」
P「なるほど。確かにラの音が出てないな」
大西由里子「ユリユリのも聞いて! ド?♪ レ?♪ ミ?♪ ファッ!? ソ?♪ ラ?♪ シ?♪ ド?♪」
荒木比奈「由里子ちゃんは絶好調っスね」
由里子「やったじぇ!」
5:
◆hhWakiPNok
2014/05/17(土)19:18:11.97
ID:bJ0Xi6J90
P「まあそれより美波はちょっと心配だな、ポリープとかできているといけないし」
智香「病院へ行った方がいいですよ、美波さん」
美波「そうかし×ね。Pさん、どうしましょうか?」
P「智香の言う通りだと思うぞ。幸い午後は仕事も入ってないし、これからすぐに行こう」
美波「わかりました。あ、でも……」
P「ん?」
智香「あっ、今日は美波さんの弟さんが、遊びに来るんでしたねっ☆」
美波「そうなの。ずっと来たいって言ってて……もうそろそろ来ると思うんだけど」
新田弟「姉ちゃん!」続きを読む

[ 閉じる ]
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/07/25(金)19:47:36.02
ID:/ers/GxZo
モバP「ペロは可愛いな」
の続きです、けど前回と関係はほとんど無いです
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1406285245

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/07/25(金)19:49:05.23
ID:/ers/GxZo
ハナコ「ワンッ!」
ドーン
P「ああん」
ハナコ「ワフゥ」
P「やったなこの野郎っおらおらおらおら乱暴にナデナデだー」
ガシガシ
ハナコ「ヘッヘッヘッヘ」
ブンブンブンブン
ちひろ「すっごい尻尾振ってますね」
P「犬はこれくらいパワフルなのがいいんですよ」
34:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/07/25(金)22:22:54.85
ID:/ers/GxZo
ちひろ「しかし犬をあやすのも上手とだったとは」
3:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/07/25(金)19:50:47.27
ID:/ers/GxZo
P「犬は猫より難易度は低いですよ?こっちが大好きという気持ちをもって全身でぶつかれば大体答えてくれます」
ちひろ「なるほどー」
ハナコ「ペロペロペロペロペロペロ」
P「うひゃひゃひゃひゃくすぐたったいて」
ベトベト
ちひろ「わあ涎で顔ベットベトにされても笑ってる、動物好きですねえホント」
凛「………………」
5:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/07/25(金)19:55:00.17
ID:/ers/GxZo
次の日
P「またハナコと遊びたいなー」
凛「おはようプロデューサー」
P「おう凛か、おは…………
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆yfWmR9mD4k
2014/05/18(日)01:05:20.34
ID:D1kO9dBuo
※アイドルマスターシンデレラガールズのSSです
※名称は一部略称を用いていますのでご注意ください
マスタートレーナー → マス
ベテラントレーナー → ベテ
トレーナー → トレ
ルーキートレーナー → ルキ
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1400342710

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆yfWmR9mD4k
2014/05/18(日)01:06:41.94
ID:D1kO9dBuo
――――――――――――事務所
トレ「そうです」
http://i.imgur.com/npX8IlI.jpg
トレーナー(23)
留美「そんな必要ないじゃない。トレさんは十分、素敵だと思うけど」
http://i.imgur.com/7t0br1S.jpg
和久井留美(26)
トレ「それじゃ、ダメなんです。私、留美さんみたいな知的な色っぽい女の人になりたいんです」
留美「よくわからないわね……」
トレ「留美さんから見て、私はどういう風に見えます?」
留美「どうって……カワイイと思うわよ」
トレ「それです!」
留美「わ、びっくりした」
トレ「もう、私も23ですし……カワイイってのはちょっと違うかなって」
留美「贅沢な事言うのね」
トレ「すいません……でも、留美さんしかいなくて」
3:
◆yfWmR9mD4k
2014/05/18(日)01:07:55.06
ID:D1kO9dBuo
留美「マスさんじゃダメなの?」
http://i.imgur.com/A8xOGvm.jpg
マスタートレーナー(28)
トレ「マス姉さんは服には無頓着で……いつもタンクトップなんです」
留美「ああ……確かにそれしか見ないわ。よく風邪引かないわね」
トレ「姉さんはここ二十
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
オリP
2017/02/04(土)10:24:49.66
ID:y4QgZs2x0
今回のお話には、モバPさんは出てきません。新人さんが主人公で、アイドルたちの契約更改の会見を見るという物語です。
それでは次レスよりスタートです。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1486171489

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
オリP
2017/02/04(土)10:27:28.37
ID:y4QgZs2x0
新人「こんにちわ。××新聞の新聞です」
新人「今日は、346プロの契約更改の会見場に来ています」
新人「この世界に入って約1年。あの346プロのアイドルに会えるなんて夢のようです」
キャップ「おい。新人。きちんとメモ取っておけよ」
新人「は、はい!――でも、あのカワイイアイドルや、綺麗なアイドルが間近で見れるなんて、この世界に入ってよかった!」
3:
オリP
2017/02/04(土)10:34:34.48
ID:y4QgZs2x0
司会「それではまず、大和亜季さんが終えたようなので、お願します」
亜季「失礼します!」
新人「――!大和亜季だ…。背筋がぴっしりしているから、スタイルが余計に強調している。そしてパンツスーツ姿がかっこいい!」
亜季「よろしくお願いします!」
記者1「今年の契約更改はいかがだったでしょうか?」
亜季「はっ!自分自身新兵という身分ですが、大変良くしていただきました!来年は皆様の前にもっと姿を見せられるよう、頑張っていきたい所存であります!」
記者1「ありがとうございます」
記者2「本年の推定年俸はいくらでしょうか?」
亜季「はっ!本年の推定年俸は1000万円であります!」
新人「す、すごい。2年目で1000万…。まるでプロ野球選手みたい…」
4:
オリP
2017/02/04(土)10:43:07.19
ID:y4QgZs2x0
記者3「来年の抱負をお
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします
2014/03/03(月)20:28:24.88
ID:V755YwS20
※キャラ崩壊注意
P「……って決めゼリフを思いついたんですがカッコ良くないですか?」
小鳥「どうしてチョイスがクロスボーンなんです?」
P「カッコいいからです。なぁ、律子はどう思う?」
律子「その改変だと昇進断ってるみたいですよ」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1393846104

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします
2014/03/03(月)20:30:22.35
ID:V755YwS20
P「そういう見方もあるか……うーん、ダメか。じゃぁ、律子ならどんなのが浮かぶ?」
律子「それだったら有名どころで『Pヘッドは伊達じゃない!』とかの方が良くないですか」
P「伊達や酔狂でこんな頭を?ってか? そもそもPヘッドってそんな高性能に見られてんのか」
小鳥「あれ? プロデューサーさんの顔って……」
P「普通の顔に見えると? ……忘れたんですか。俺の顔、見え方には個人差があるんですよ」
小鳥「あ、そうでしたね」
律子「私の目で見る限り……いえ、ノーコメントにしておきます」
3:
以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします
2014/03/03(月)20:32:26.21
ID:V755YwS20
P「話を戻すが『遊びでプロデュースしてんじゃないんだよー!』はどうだ?」
律子「すっごい当たり前の事ですよ、それ」
P「……ですよねー」
小鳥「でも、もしかしたら本当に遊び感覚なのかも」
律子「そうなんですか?」
P「ば、バカ言うなよ。それより小鳥さんはどうです? 何かカッコいいセリフ浮かびません?」
小鳥「シンプルに『俺がプロデューサーだ』はいいんじゃないですか」
P「それじゃシンプルすぎてただのセリフ
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/05/19(月)11:19:45.93
ID:goe/yFUXo
モバPンマン(以下P)「じゃむおじさん、スカウトに行ってきますね」
拓海(じゃむおじさん)「おう、頼んだぜ」
茜(ちーず)「わんわんわんわんわんわんっ!!!」
拓海「おいこら、わん公!パン工場で走り回るんじゃねぇ!」
真尋(ばたこさん)「ばたばた走るよ、ばたこさーんっ!!」
拓海「ばた公!お前もだ!!」
P「いってきまーす」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1400465975

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/05/19(月)11:20:46.97
ID:goe/yFUXo
P「さてと、どこかに困っている女の子は…」
P「…おや?」
みちる(みちるちゃん)「お腹がすいたなー…」
P「やぁ、どうしたんだい?」
みちる「わわっ?」
みちる「…ほわー!」
みちる「パンがしゃべってるー!!」
P「お腹が空いてるのかい?良かったらボクの顔をお食べ…」
みちる「フゴフゴ…こしあん…」
P「……」
P「ははっ、元気な女の子だ」
3:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/05/19(月)11:21:41.32
ID:goe/yFUXo
みちる「…んふーっ♪ごちそうさまでしたー!」
P「見事に全部平らげたね」
みちる「……」
みちる「顔が無いのにどうやって喋ってるんですかー?」
P「ホントにねー」
みちる「あははー!でも顔が無くてもステキなパンの香りがしますよー!」
P「じゃあキミはボクの香りに、ボクはキミの食べっぷりに惚れ込んだってことで…」
みちる「ごめんなさーい…流石にあたしも喋るパンは…」
P「案外現実的だね」
5:
VIPにかわりましてN
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/09/06(日)12:53:24.81
ID:4pj60yR30
【注意】このSSではまゆと美穂に生えています。
男の娘に耐性の無い方は摂取を控えてください。
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1441511604

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/09/06(日)12:53:53.37
ID:4pj60yR30
まゆ「おはようございます、Pさん」
P「おはよう、まゆ」
まゆ「今日のお弁当持って来ましたよぉ」
P「いつも悪いわね。まゆの料理はおいしいから、つい頼んでしまうんだけど」
まゆ「まゆが好きでしてることですよ。食べて感想をもらえるともっと上達できますから」
P「ありがとう。お礼はメイクのコツでよかったかしら?」
まゆ「ええ、お願いしますねぇ」
P「まゆも今でも十分上手だと思うけど?」
まゆ「満足したらそこで止まってしまいますよ?」
P「まゆは偉いね」
まゆ「当然のことです♪」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/09/06(日)12:54:29.52
ID:4pj60yR30
まゆ「(Pさんは仕事一筋なところはありますけど、女性としてのスペックが高いですからねぇ)」
まゆ「(女性としての振る舞いを学ぶにはやっぱり最適です)」
まゆ「(女装を始めてもう四年になりますけど、どうせなら完璧にしたいですから)」
まゆ「(さすがにアイドル事務所だけあってかわいい子はたくさんいますけど、他の子には訊きづらいですし)」
まゆ「(今まで交流は最低限にしていましたからねぇ)」
まゆ「(アイドルの子に女装がバレたらいろいろとお仕舞いですから……)」
まゆ「(その点、Pさんならまだ……致命傷くらいで済みそうですよねぇ)」
4:続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆QbMLM0d8YE
2015/05/21(木)23:56:56.14
ID:QfwmWS4k0
美波「わっ!り、凛ちゃんいたの?」
凛「ん、今来たところ。皆は?」
美波「まだ来てないみたい。プロデューサーさんも、営業だって」
凛「ふーん。……それで?」
美波「な、なに?」
凛「何か悩んでるじゃない?そんな感じがするけど」
SSWiki:
http://ss.vip2ch.com/jmp/1432220206

varnend_params={"media":40478,"site":219036,"spot":692017,"type":1,"oriented":1};
2:
◆QbMLM0d8YE
2015/05/21(木)23:57:50.77
ID:QfwmWS4k0
美波「別に悩んでるわけじゃ……」
凛「そうは見えないな。私じゃ頼りないかもしれないけど、言うだけ言ってみたら?」
凛「それだけで、結構楽になると思うし」
美波「……ありがとう、凛ちゃん。じゃあ、甘えさせてもらおうかな」
凛「うん。隣座るよ」
3:
◆QbMLM0d8YE
2015/05/21(木)23:58:51.73
ID:QfwmWS4k0
美波「……私とアーニャちゃんは、ラブライカとしてデビューして、今日までやってきた」
美波「怖いと思うこともあったけど、アーニャちゃんが一緒にいてくれたから、乗り越えることができた」
美波「一緒に歌うことが楽しかったから、今度はもっと大きなステージで、もっと楽しく歌いたかった」
凛「……それって」
美波「……うん。そのステージに立っていたのは、私じゃなくて蘭子ちゃんだった」
美波「アーニャちゃんと一緒に歌う蘭子ちゃんは本当に綺麗で、可愛くて……くて……」ボスッ
凛「……美波」
6:
◆QbMLM0d8YE
2015/05/22(金)00:03:44.38
ID:+8bjKfPw0
凛(無理もないか……。本当に楽しみしていたステージだったんだ)
凛(成功して嬉しいけど、そこにいるのが自分じゃないっていう気持ちは簡単に
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
2
3
4
5
6
7
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。