SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
媒体:プロデューサーさんっ!SSですよ、SS!
<<
2018年03月
>>
160件取得
人気記事順表示
<<
0
1
2
3
>>
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/03/29(木)23:04:09.17
ID:D8v2Dskb0
のり子「今日は3月29日で、えと、明日はなんの日だったかなー。
わからないなー」
のり子「ねぇ…知ってる?」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/03/29(木)23:05:41.38
ID:D8v2Dskb0
???
福田のり子のっ!
今夜もーーっノリノリっ!!
???
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/03/29(木)23:09:09.27
ID:D8v2Dskb0
?ジングル?
はいっ!始まりました
福田のり子の今夜もノリノリ33夜。
パーソナリティの福田のり子です。
いやー明日、3月30日、なんの日でしょうね?
あははっ
…?
えっ?
…ここで速報です。
ブースの外の大人たちのリアクションがイマイチです。
たしかにみんな集合時間も手荷物も…いつも以上にいつも通りだったけど。
ま、まさかね。
むぅ。
こちらの大人たちにはちょっぴり難しいお題みたいなので、
お詳しいリスナーさんがいらっしゃいましたら、メールなんか送ってくれたら嬉しいなっ!
メールの宛先は、〇〇△△@jossr.net、〇〇△△@jossr.netっ!
放送中に送ってくれたメールもじゃんじゃん読んでいっちゃうよ!
それでは早速行ってみよー!
アタシ、福田のり子がお届けする、
ノンストップリズム!
ノックダウンリスナー!!
な30分一本勝負!
福田のり子の今夜もノリノリ!
今夜はなんだか特別な予感!
なーんて!
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆tues0FtkhQ
2018/03/31(土)11:27:28.31
ID:X17K8DuQ0

モバマスの工藤忍ちゃんのSSです。地の文風味。モブ視点。



2:
◆tues0FtkhQ
2018/03/31(土)11:28:46.16
ID:X17K8DuQ0

 夢が叶うのは誰のおかげだろう。
 応援してくれる人? チャンスをくれる人? 一緒に夢を見てくれる人?
 誰も答えを知らないまま、僕らは今日も「おかげ」を押し付け合う。
 正しくなくてもいいから、間違っていてもいいから。
 祈るように、想うように、ただ恋願う。
 君の夢が叶うのは、君のおかげでありますように。
 ぱっつんに切り揃えられた髪、決意に満ちた紺碧の瞳、りんごみたいに染まった頬。
 ぎこちないステップを踏むダンスに、上手くも特徴もないフツウの歌声。
 いつもの音楽室には、今日もあの子がいる。
3:
◆tues0FtkhQ
2018/03/31(土)11:30:07.72
ID:X17K8DuQ0


 青森の冬はかくも厳しく。
 研ぎ澄まされた冷たい空気は、身体の内から、外から、棘のように突き刺さる。
 きっと海風が真っ白な景色を吹き飛ばそうと躍起になっているせいだ。
 この灰暗い檻が目の前に立ちふさがって、どれくらい経っただろうか。
 あと1ヶ月もすれば春休みだというのに、春待つ伊吹はまだまだ雪の下に埋もれているみたい。
 なぜ教室を出るたびにこんな思いをしなくちゃならないんだろう。
 襲いかかってくる寒さに身体を震わせながら、肩にかけたギターケースを背負い直した。
 授業が終わって散り散りになっていく同級生たちは、真っ白に染まるグラウンドを睨みもしない。
 冬なんてこんなもんだ。青森に生まれたことを恨むんだな。
 多分誰もがそう思って、いつものように体育館へと向かう。
 校舎の3階に用事がある自分とは反対方向だ。
 うちの学校は、ほとんどの学生が運動部に所属している。
 なぜかスポーツが強くて、公立の星だと呼ばれてるらしいから。

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/03/31(土)00:29:44.68
ID:BUSiV8SS0
※星のカービィ スターアライズ、その他のカービィシリーズのネタバレを含みます。
奈緒「あっ、ダメージ喰らっちまった。Pさん、口移しして」ベシッ
P「ほいよ」チュッ
奈緒「ありがと」ピピピ
加蓮「奈緒・・・今の」
奈緒「な、なんだよ」
凛「大胆だね。奈緒」
奈緒「なんだよ!!」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆Xz5sQ/W/66
2018/03/30(金)23:04:12.43
ID:Utw2bSui0
「――だからさ、俺はエミリーに『春の和菓子と言えばこれ!』って物を教えたくて」
「ふふっ、分かっています仕掛け人さま。私のために選んでくださったお菓子です。例えそれがどのような物でも私は素直に喜べます」
「エミリー……! そう言ってくれると俺も本当に助か――」
「……ただ、それとは別に抹茶菓子を選ぶ時間を頂けなかったことだけは」
「わ、分かった! それは俺が悪かったよ。……ひとっ走りして買って来る。いつものロールケーキでいいかい?」
仕掛け人さまは慌てたようにそう言われると、私に頭を下げ椅子から立ち上がられました。
そんな彼のお顔は「真に面目ない!」といった様子。
背広の上着を着直して、慌ただしくお部屋を出ていってしまいます。
そうしておやつ時の事務室に一人、ぽつねんと取り残された私は「もう、仕掛け人さまったら」と小さなため息をつくのでした。
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
◆ganja..OLI
2018/03/30(金)20:07:50.69
ID:iHitw3tn0
卯月「ちょっと言いにくいんだけど」
李衣菜「また?」


2:
◆ganja..OLI
2018/03/30(金)20:09:26.25
ID:iHitw3tn0
デレマスなんですよ
今回も李衣菜が話を聞いたり聞かなかったりします
3:
◆ganja..OLI
2018/03/30(金)20:14:57.39
ID:iHitw3tn0
卯月「またなんです」
李衣菜「またかぁ」
卯月「えへへっ、よろしくおねがいしますねっ」
李衣菜「で、どうしたの? 部屋の片付けなら手伝わないけど」
卯月「あ、それは大丈夫です。ルンバ買っちゃったんですよ、ルンバ」
李衣菜「あの部屋だと遭難すると思うんだけど」
卯月「そうなんですよ!」
李衣菜「……」
卯月「……」
李衣菜「照れるなら言わなきゃ良いのに」
卯月「我慢しても出ちゃう時は出ちゃうんですよ」
李衣菜「言い方」
卯月「つい」
李衣菜「つい」
卯月「でも本当に片付けたんです、ルンバのために」
李衣菜「往々にして逆転するよねそこ」
卯月「えへへ、でも部屋がきれいになったから良いかなーって」
続きを読む

[ 閉じる ]
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/03/30(金)21:29:52.67
ID:tgeWkgwN0
―――――ある日の収録先にて
あずき「ふぅ、収録終わり!」

P「おつかれさん。デートスポット大作戦も板についてきたな」
あずき「うんっ!やっぱりこのお仕事、あずきにぴったりだね!後はあずきにもデートしてくれる人がいればいいな……なーんて」チラッ
P「……どうしてそこで俺の方を向くんだ」
あずき「なんでもないよ?」チラッ
P「(あずきが視線でおねだりするのは毎度のことだけど……たまには乗ってみるかな)じゃあ今度のオフの日に二人でデート大作戦するか?」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/03/30(金)15:48:14.34
ID:XheO0RYd0
とある一日。
ひなた達事務所のアイドルは皆、寮で生活をしている。
ひなた「今日も平和だねぇ」
少し静かな部屋でまったりお茶を飲むひなた。
亜美「たっだいま?!!」
ドタバタと帰ってくる亜美、真美、環。
環「急げ急げ?!!」
亜美「真美?早く早く?」
真美「あ?ん待ってよ亜美?」
ひなた「おかえり?。そんなに急いで、なにかあったのかい?」
亜美「あ、ひなぴー、ただいま!!」
真美「今日はなんと『劇場版!帰ってきたヤキニクマン!!ホルモン星人Jr.の逆襲』がTV初放映なんだよ?」
ひなた「へぇ?、なんだかよく分からないけど、楽しみだったんだねぇ」
真美「ひなぴーも一緒見ようよ!おもしろいよ?!」
ひなた「そこまで言うなら見ようかねぇ」
環「あ、始まるぞ!!」
目からキラキラが溢れる環。

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆kCAL2g0CvI
2018/03/30(金)02:03:18.49
ID:QY7Un8SZ0
初投稿です
所々至らぬ点があると思いますがどうかよしなに
P「おっのり子がいる」
P「おーい、のり子―」
のり子「あ!プロデューサー!ちょうどいいところに」
のり子「プロデューサー・・・お願いがあるんだけど・・・」
のり子「あの・・・コブラツイストかけさせて!お願い!」
続きを読む

[ 閉じる ]
2:
◆u71RyimI2MeR
2018/03/30(金)00:17:34.42
ID:dmsX2M9jo

?悪いことはなんでこう重なるのかなぁ、と思いました。
?収録から帰る途中、いきなり激しい夕立が降ってきました。鞄の中には台本が入っていて濡れるわけにはいかないと慌てて辺りを見回すも雨宿りできそうな場所が見つからずに。なんとか見つけた木陰のもとに駆け寄って一息吐いて。台本を確認すると濡れていないようでちょっと安心。
?木々の下から覗く視界はざあざあと降り注ぐ雨と、地面に当たって跳ねる雨粒で灰色がその大半を占めているように見えました。
?私の心象を表しているかのような景色の中、そっと手を伸ばしてみるも結局雨には触れずに戻しました。
「……心の中にも傘を差せたらいいのに」
?なんて呟いた言葉はかき消されてしまって。
続きを読む

[ 閉じる ]
2:
◆YBm93b2VSc
2018/03/29(木)18:31:50.25
ID:vYlDhkEr0
3月の中頃、少し暖かくなってきたかな?なんて思いながら私は事務所へ向かっていた。いつもの道を抜けて、ビルの前。正面ホールから入ってすぐのエレベーター、は使わずに階段で上る。最近はあかねちんに影響されて私も階段を使うようにしているのだ。……余裕があるときは、だけど。事務所の玄関まで辿り着くと、中からはワイキャイと賑やかな声。いつもドタバタと騒がしい事務所だけれど、今日は一段と賑わいでいた。理由なんて考えなくても分かる。今日は3月の14日。ホワイトデーなのだから。
未央「おっはようございまーす!」
卯月「あ!未央ちゃんおはよう!」
 一番始めに目に止まったのは、しまむーだった。いつでも笑顔のしまむーだけど、今日はその三倍増しと言った笑顔。ふと視線を落とすと、その手にはラッピングされたクッキーが握られていた。
未央「おっ、しまむー、それはまさか……?」
卯月「はい!プロデューサーさんにもらっちゃいました!」
未央「おおっ!やっぱり!いーなー、私も私も!」
卯月「プロデューサーさん、皆の分を用意してるって言ってましたよ!」
未央「さっすがプロデューサー!分かってるぅ!」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/03/29(木)22:17:35.78
ID:mwll2MMJ0
留美「……」ハァ
モバP「こっち向いてっ♪」
留美「……普通に呼んでもらえないかしら」クルッ
モバP「とか言ってちゃんとタイミングを見て振り向いてくれるるーみんマジキュート」
留美「ノってあげないと文句言うじゃない、あなた」
モバP「身に覚えがございませぬ」シレッ
留美「息をするように嘘をつかないの。もう、るーみんなんて歳でもないのに……」
モバP「恥ずかしがらーなーいでー♪」
留美「」ベシッ
モバP「アウチ」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/03/29(木)16:48:06.74
ID:AE957y5f0
たくみんデビュー前と後の二部構成です。
炎の華リリース記念と総選挙へのダイマを込めて。

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/03/29(木)16:49:31.44
ID:AE957y5f0
  五?六年前くらいの話
拓海「……で、ここはどこだ?」

モバP「ここはわが社の第三女子寮(平塚寮)だ」
拓海「あぁ? 女子寮だぁ!? しかもわが社って、何の会社だよ?」
モバP「シンデレラプロダクション、アイドル専用の芸能プロダクションだ。名刺ドウゾ」
拓海「はぁ!? アイドルだぁ? んなチャラついたヤツがアタシに何の用があるんだよ!」
モバP「まぁ、せっかく来たんだし、取り合えず中を見てけよ」グイッ
拓海「なっ!? おい!引っ張んじゃねーよ! 聞いてんのか!?」
モバP「はいはい、話は署(ナカ)で聞くからね」グイグイ
拓海「署ってなんだよ!? おい! 放せよッ!」ズルズル
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/03/29(木)00:22:35.54
ID:jcqAa1H30
[ファーストフード店]
伊吹「お待たせっ!ゴメンね、遅くなって」
奏「いえ、さっき来たところだし、いいわよ」
伊吹「何か気ぃ、使ってない?そういうのいいって」
奏「フフ、言ってみたかっただけ。格好いい彼氏役やったばかりだから、抜けてないのかも」
伊吹「はー、奏はそういう余裕のある大人な感じ合うよねー」
奏「一応、伊吹ちゃんより、年下よ?」
伊吹「へへ、忘れてた。と、もひとつ忘れてた。乾杯乾杯っ」
奏「そうね、じゃあ」
伊吹「テレビ企画の撮影と……」
奏「合同ライブ……」
伊吹・奏「「お疲れさまー!」」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/03/28(水)23:11:48.84
ID:2OqfxY1M0
☆前回までのあらすじ☆
 小梅ちゃんに突然ネコミミが生えちゃった。
 どうしよう?

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/03/28(水)23:12:25.05
ID:2OqfxY1M0
加蓮「ぃよーしよしよし」ワシャワシャワシャ
小梅「にゃーん……♪」
ガチャ「ドアですよぉ」まゆ
加蓮「おはよう、まゆ」
小梅「あ、まゆさん……おはよう……にゃん?」
まゆ「これは……一体どういう状況なんですか?」
加蓮「見てのとおりだよ」ワッシャワッシャワシャ
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆hAKnaa5i0.
2018/03/28(水)23:35:28.25
ID:+gE/rNQF0
(事務所)
P「みんな連絡した通り『赤ん坊の頃の動画』を持ってきたかー?」
杏「はーい」
悠貴「はい!」
響子「ちゃんと持ってきましたよ♪」
P「よろしい。今度の番組で使うから、一応中身はチェックしておこう。杏のから見せてもらえるか?」
杏「ん。面白みはあんまりないと思うけどね」
P「ふむ。どれどれ再生、っと」
ピッ
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆h8PchLJM6BH7
2018/03/14(水)20:27:45
ID:Mdl

藍子「みくちゃん、あ?んっ♪」スッ
前川みく「あーんっ」パクッ
藍子「うふふっ♪ 美味しいですかー?」
みく「んー美味しいにゃあ♪」モグモグ
藍子「よかったぁ」

2:
◆h8PchLJM6BH7
2018/03/14(水)20:28:48
ID:Mdl

高森藍子(16)
3:
◆h8PchLJM6BH7
2018/03/14(水)20:29:21
ID:Mdl

前川みく(15)
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆cq7bCfF752
2018/03/28(水)18:36:42.96
ID:v4xschSF0
※アクエリオンぶっちゃけスパロボ知識しかなくてあんまり知らないけど許して

?P自宅?
モバP(以下P)「あー、疲れた……そういや、久しぶりに家に帰ってきた気がする」
P「はぁ、明日も朝早いし早く寝よう」
P「おやすみなさーい」
P「ぐぅ……」

キュィィィン
P「う、うあっ……な、なんだ?今の嫌な音は……」
ド-ンッ!ド-ンッ
P「ひゃぅ!?じ、地震か!?」
P「か、かなり揺れが大きいぞ!?このボロ家じゃ壊れるかもしれん。とりあえず、避難しないと!」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆hfd0oCZe2Q
2018/03/24(土)02:13:58.97
ID:Ca/ZRYmu0
西暦23xx年
とある基地演習場
真「やぁ、律子」
律子「えっ?あら、真じゃない!久しぶりね」
真「そうだね、律子も変わりないみたいで安心したよ」
律子「ごめんね、連絡しようと思ってたんだけど、今やってる研究をどうしても早く仕上げたくって」
真「ははっ、だろうと思った。むしろ連絡が無い方が安心するよ、律子が人にしょっちゅう電話してくるなんて何かあったんじゃないかってね」
律子「あのねぇ、アンタは私をなんだと思って……あら、ようやくテストが始まるみたいね」
真「だね。隣座るよ」
律子「どうぞ。じゃあ、真もエンジェル軍の新型ミリオンアーマー(以下MA)を観に来たってわけね。ふふっ、でもいいのかしらプリンセス軍のエースパイロットがこんなところにいて」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/03/28(水)01:18:43.74
ID:3tPQBHvY0
モバマスの神谷奈緒と前川みくがラジオ番組をする風ssです。

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/03/28(水)01:20:30.83
ID:3tPQBHvY0
奈緒「みなさんこんばんは。神谷奈緒です。」
みく「みなさんこんばんは。前川みくです。」
みく「この番組は、魚嫌いとツンデレがお送りするそんなにどたばたしないわりあいまったりめの非生産的トークバラエティ番組にゃ。」
奈緒「なんで前半部分はこれでオーケーになっちゃったんだろうなぁ。」
みく「みくはもうあきらめたにゃ。今週もやっていくにゃ!」
「うぃーっす。」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆hAKnaa5i0.
2018/03/26(月)00:20:23.88
ID:BT/ZXUba0
(事務所)
美波「プロデューサーさんのタブレットの中を覗き見するよ!夕美ちゃん!」カッ!
夕美「プロデューサーさんのタブレットの中を覗き見しようね!美波ちゃん!」カッ!
2人「「やるよ!」」
文香「いよいよ実行に移す時が来ましたね…」ニュッ
美波「そうね!この中にはなんと!プロデューサーさん秘蔵のやましい動画が詰まっているわ!」カッ!
夕美「プロデューサーさんの趣味嗜好を探れる絶好の機会だよ!」カッ!
美波「きっと女子大生ものよね!」カッ!
夕美「そうに決まってるよ!でもきちんと確認は取らないとね!」カッ!
文香「ええ…じっくりと調査して…今後のアプローチに活かしていきましょう…」クワ-
美波「ええ、2人とも!やるわよ!」
夕美「おーっ!」
文香「おー…」
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/03/25(日)21:54:20.78
ID:mPedooXxO
ほたる「雨ですけどね」
雪美「雨……にも、負けず……」
ほたる「ごめんね……私が折り畳み傘を通りすがりのラマに持ってかれたばっかりに、雨降っちゃって……」
雪美「ほたるのせいじゃ、ない……よしよし……」
ほたる「うん……不幸にも負けずに頑張るね……」
雪美「それはそれとして……お花見……」
ほたる「どうしてもやりたいんだね……あっそうだ」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆Xz5sQ/W/66
2018/03/27(火)01:46:42.92
ID:L6wHZ/kd0
春の訪れを感じさせる日差しの中、広場を吹き抜ける風は最上静香の髪を無邪気にさらって流して行く。
右を向いても左を向いても賑々しい人々の声が満たす空間。
今、静香の手には我らが765劇場の長とも言うべき人物より授けられたお金の入ったがま口が。
「それで今日は、どういった物を探せばいいのかしら?」
そうして、現在財布の紐を握っている静香に問いかけたのは桜守歌織その人である。
彼女はこの場所に来るのが初めてだ。「ドコだ?」と問われれば答えよう。
いわゆるここは蚤の市、人々が思い思いに商品を持ち寄り販売している自由市場(フリーマーケット)の会場だ。
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/03/27(火)10:58:53.11
ID:m+UPPZL20
※独自設定あり
智絵里「え?」
加蓮「そういえば美穂、毎回ライブが終わった後の挨拶で『チュッチュワしてくれてありがとうございます』って言うよね」
まゆ「美穂ちゃんの『NakedRomance』の『チュチュチュチュワ恋してる』っていう歌詞のことですよね」
智絵里「お客さんが歌に合わせて、『チュッチュッチュッチュワ』って歌ってくれたことにありがとうってことじゃないかな?」
李衣菜「でも『NakedRomance』以外でもチュッチュワしてくれてって言うじゃん。チュッチュワって何なのかなって」

続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆hAKnaa5i0.
2018/03/21(水)18:04:59.19
ID:Qr2Z3A/b0
(事務所)
美波「プロデューサーさんの秘密を探るよ!夕美ちゃん!」カッ!
夕美「プロデューサーさんの秘密を探ろうね!美波ちゃん!」カッ!
2人「「やるよ!!」」ガシッ!
文香「今日はいったいどのような理由で荒ぶっているのですか…夕美さん…美波さん…」ヒョコリ
夕美「ちょうどいいところに来てくれたね!聞いてよ文香さん!」カッ!
美波「実はさっきね…」

2:
◆hAKnaa5i0.
2018/03/21(水)18:05:39.40
ID:Qr2Z3A/b0
(少し前)
P「…」コソコソ
美波「なんだかプロデューサーさんの動きが怪しい感じがするわね…夕美ちゃん」
夕美「そうだね…偶然こっそり後を付けていたけど…なんだかすごい場面に遭遇しちゃいそうだよ。美波ちゃん」
P「…」
テクテクテク...
美波「…追いましょう」
夕美「うん」
コソコソ...
P「…」スッ
美波「建物の中に入っていったわね…」
夕美「…こ、ここは!?」
【レンタルDVDショップ】デデ-ン!
美波「…」
夕美「…」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/03/27(火)09:00:23.80
ID:xBH0f+ya0
いつも通り景色を見ながら通勤…なのかしら。
20歳を超えてから誕生日は複雑だけど、みんなが祝ってくれる様を想像するととても楽しみ。もしそのまま何気ない日常がそのままはじまってしまったら大人げないかもしれないけど、ショックだわ。
シアターに到着。少し緊張しながらドアに手を掛ける。

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/03/27(火)09:01:57.57
ID:xBH0f+ya0
「おはようございー」
「歌織?!誕生日おめでとーー!!」
「まあ!環ちゃんありがとう!」
早速環ちゃんが飛び込んでくる。一気に先ほどの緊張は吹き飛んだ。嬉しくて頭を撫でてあげるとくすぐったそうな顔をして目を細める。かわいい。このまま持って帰っちゃいたいくらい。
「歌織さん、お誕生日おめでとうございます!」
「星梨花ちゃんもありがとう!」
「実は誕生日プレゼントがあるんです!」
「こっちだぞー!」
環ちゃんに手を引かれる。物じゃないということかしら…。方向はレッスン室?
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆UEry/CPoDk
2018/03/26(月)17:49:53.04
ID:LVlOyBp10
琴葉「おはようございます。」
可憐「琴葉さん、おはようございます。」
琴葉「おはよう可憐ちゃん。あれ、何だかいい香り。」
可憐「あ、分かりますか?アロマポットです、家から持って来たんですよ。」
琴葉「それでなんだ。可憐ちゃんアロマ好きだったよね。」
可憐「はい。じ、実はこれ、プロデューサーさんからのプレゼントなんです。」
琴葉「……へえ。」
可憐「ま、前にARRIVEの公演が成功した時のお祝いにって。いいって言ったのにわざわざ買ってきてくれたんです。こ、こんな事にお金使わせてしまって、申し訳なかったですね…。」
琴葉「ふーん(ガラガラ)」
可憐「あ、あの琴葉さん。窓開けたらまだ寒いですよ。それにその、もしかしたら盗撮されるかもだから、そこは開けるなって…。」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
◆hAKnaa5i0.
2018/03/26(月)21:59:05.78
ID:BT/ZXUba0
(事務所)
P「?」ペラペラ
愛海「?」ペラペラ
テクテクテク...
慶「(あ、プロデューサーさんと愛海ちゃんだ。レッスン終わったのに…帰らないで何の話をしてるんだろう?)」
慶「(…ちょっと気になるな)」
コソリ

2:
◆hAKnaa5i0.
2018/03/26(月)22:00:10.07
ID:BT/ZXUba0
愛海「…だからね、プロデューサー。お山の価値は大きさで左右されるようなものじゃないんだよ」
P「でも、雫山には普段よりテンションあがってるじゃん」
愛海「ちっちっち甘いね。そりゃ大きいとあたしだって燃えるけどさ、小さくても同じくらい愛おしさを感じるんだよ」
P「ほう」
愛海「例えば、プロデューサーは松坂牛のステーキを目の前に出されたら嬉しいでしょ?」
P「嬉しいなぁ」
愛海「そう嬉しい。でもさ、寝る前の質素な梅茶漬けとか緑のたぬきも最高でしょ?」
P「確かにどちらも違った美味しさがある」
愛海「あたしにとってのお山はそれと同じなんだよ。優劣はつけられないのさ☆」ジュルリ
P「的確な例えでスッと頭に入ってくるよ。なんか腹立つけど」
愛海「うひひひ。プロデューサーさんだって同類のくせに♪」ワキワキ
P「そうだけどさ」
愛海「うん?」
P「俺はやっぱり大きい方が好き」
慶「…!」ガ-ン!
愛海「まだまだお子ちゃまだねー」フゥ
P「やかましい変態」
愛海「あたしは純粋なる求道者だよ!」カッ!
慶「(小さい人は範囲外…大きい人が好き…)」フラフラ
続きを読む

[ 閉じる ]
2:
◆ivbWs9E0to
2018/03/25(日)23:08:52.82
ID:kPyD6IYL0
翼「あーん、重いー!プロデューサーさん助けてー!」
P「どうしたどうした…ってどうしたその荷物」
翼「ロッカーに入れてた雑誌とか漫画とかですよう。もう重いー」
P「なんでそんな持ち込んでたの…。重かったらいらない分は処分するか分割して持って帰りなよ」
翼「あ、そっかー。雑誌ってどこに捨てればいいんでしたっけ?」
P「下のごみ収集場かな。小鳥さん、資源ゴミって何曜日だっけ」
小鳥「月曜日ですね。端に置いておいてください」
翼「はーい!」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/03/26(月)17:46:31.26
ID:+Z9Tsvl+0
某日 17:00
都内 モバプロ レッスンルーム前
モバP(以下P)「ちひろさん、お疲れ様です」
千川ちひろ「お疲れ様です。……ってあれ? Pさん、いつお戻りになられたんですか? 今日は確か今度の聖來ちゃんのステージの件で会場の方と打ち合わせで、帰りが遅くなるって言ってませんでした?」
P「ええ、その予定だったんですが、思ったより早く終わりまして。ここのところみんなのレッスン見てあげられてなかったので、ちょっと顔を出しておこうかなと」
ちひろ「そうでしたか! みんな喜びますよ!」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/03/26(月)17:48:57.59
ID:+Z9Tsvl+0
レッスンルーム
水木聖來「もう一回、お願いします!」
ちひろ(……すごい気迫ですね)
P(ええ。聖來さん、今度のライブはアイドル生活の一つの到達点として考えてるみたいで。絶対に成功させてやるって、意気込んでましたから)
ちひろ(アメリカでのステージもブロードウェイも経験した、現アイドル界屈指のダンスアイドルの到達点、ですか)
P(はい。グループ名義じゃない「水木聖來」としての、初めての大舞台ですから、気合いは十分……っと)
聖來「っ……もう一回!」
P「はい、いったんストップ」
聖來「あ……Pさん、お帰りなさい! いつ帰ってきてたの?」
P「今さっきです。それより聖來さん、周りを見てください」
聖來「周り?……あ」
ハァ……ハァ……
ア、アシガ……
モウムリ……
P「気持ちが滾ってるのは分かりますけど、もう少しみんなに気を配ってあげてください」
聖來「あ、あはは……ちょっと、張り切りすぎちゃったかな」
続きを読む

[ 閉じる ]
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/03/26(月)00:42:32.20
ID:vPkjSXlF0
見えるのは私の足だけです。
目は開いているのに。
視界は狭いです。
目を開けているのに。
閉じてなんかいません。
生きていますから。起きていますから。
ーーーーーーー。
私は生まれています。
母のお腹の中から。
私は生きています。
今もなお、虫の息ですが生きています。
この世に、この地球という惑星に、
このアイドル事務所に、生きています。
この事務所のデスクの下に、ですが。
存在しています。生息してます。
もりくぼです。
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
2
3
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。