SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
媒体:おかしくねーしSSまとめ
<<
2018年03月
>>
739件取得
投稿日時順表示
<<
0
1
2
3
>>
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1414237235/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/10/25(土)20:40:35ID:ZhKrA2Rc
P「卯月vs電マ」
卯月「よく分からないけど頑張ります!」
P「頑張れ!」
卯月「はいっ!」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/10/25(土)20:41:19ID:ZhKrA2Rc
ヴィィイイイイイイイイ
卯月「ああああああっ!!あっ、んん!」ビクビク
P「どうした頑張れ!」
卯月「無理です、こんな、頑張れな、あんっ!」
P「ここか!?尻の穴付近が気持ちいいのか!?」
卯月「やだ、お尻やめて下さ、い、あああ!イキそ、もう、イク、イッちゃいます……!」ガクガク
P「卯月!もう頑張れないのか卯月!」
卯月「ダメ、お尻ダメ、イク、イキます、あっ、あっ――――――んんっ!!!」ビクンビクン
P「卯月…」
卯月「ああっ、あっ、ん……ごめんなさい、頑張れ、ませんでした……?」ピクッ ピクン

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1436694585/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2015/07/12(日)18:49:55.54ID:0tVxj6rN0
楓「こうしてプロデューサーの家で宅飲みするのも楽しいですね♪」
P「それはいいですけど、ちょっと飲み過ぎじゃないですか? もう少しペースを抑えた方が……」
楓「酒を『さけ』られない……フフッ♪」ゴクゴクッ
P「ああもう、しょうがないですね……」
P「でも、もう遅い時間ですし。そろそろお開きにしましょう。送りますから」
楓「…………」
P「アイドルが男の家に長居するのも不味いですし………」
楓「………」
P「楓さん?」
楓「無視」
P「アハッ☆!?(スルー!?)」

3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2015/07/12(日)18:52:38.05ID:0tVxj6rN0
P「ちょ! 何を言ってるんですか楓さん! スルーせんでくださいよ!」
楓「プロデューサーの布団へダーイブ♪」
P「あっ、こら! また無視して! ってか泊まる気満々ですか!?」
楓「ん??、いい気持ちです?……♪」
P「ダメですって! 不味いですよ! スキャンダルになっちゃいます!!」
楓「ん?……むにゃ…」Zzzz
P「寝るなぁぁぁ!!起きろぉぉぉぉッッ!!」
楓「無視」
P「アハッ☆!?(またスルー!?)」

5:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2015/07/12(日)18:55:10.24ID:0tVxj6rN0
P「くっ、こうなったら力ずくで引き離して―――」
楓「」ガシッ
P「シュワット!?(楓さんに抱き付かれた!?)」
楓「ん?……♪」ギュウウウ
P「ちょ、離してください楓さん!」
楓「んっ……はぁ……んっ///」チュチュチュチュ♪
P「んおっ……/// キスしないでください!―――ほおおっ!? 首筋を舐めるないでください!!」
楓「ん?♪」スリスリ
P「
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1502718307/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/08/14(月)22:45:07.48ID:O9KwxzJ+0
モバP(なんてこった…)
モバP(お腹めっちゃ痛いし…漏れちまいそうだ…)
モバP(なんてこったぜ…)
モバP(トイレ、トイレに行かなくては…)

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/08/14(月)22:53:25.95ID:O9KwxzJ+0
モバP(トイレに行くということがこんなに大切なことだったとは…)
モバP(いっつもそうだ…大切なことは後から気づく…そう…いつも)
ドーン!!!!
モバP「うわぁ!」
麗奈「アッハッハッハ!!!!どうプロデューサー!レイナサマ特製バスー」
ガシィ!
麗奈「!?」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/08/14(月)23:10:32.22ID:O9KwxzJ+0
モバP(なんてことしてくれとんのじゃこの小娘!)
モバP(勢いで出るところだったやろうが!)
モバP(このままてめぇの頭をこの手で砕いてやろうか!)
ギチギチギチギチ!!!!
麗奈「いだだだだだだだだだだだだ!!!!」
麗奈(プロデューサーがものすっごい怖い顔で頭を握り潰そうとしている!怖い!痛い!)
麗奈「ごめんなさい!もうじまぜん!すいませんでした!」
スッ
麗奈「!?」
モバP「…」
麗奈「行っちゃった…助かった…」

麗奈「
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/08/14(月)23:18:09.62ID:1idT+k400
モバP(あんなことをしてる場合じゃなかった…こっちは漏れそうなんだ。)
モバP(今度会ったら…あいつのケツを競馬用のムチでひっぱたいてやる!)
「ちょっと待って」
モバP(誰やねん!)
奏「さっきの、見てたわよ。」
モバ
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1437128878/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2015/07/17(金)19:28:08.47ID:dJ0BlNRm0
P「……最近ムラムラするなぁ」
P「仕事が忙しくて全然処理できなかったせいかムスコがヤバいな……」
P「………」ムラムラムラ
P「いかんいかん! 自重しろマイサン!! まだ仕事中なんだぞ!」
P「もうすぐ仕事も終わって家に帰れるから。そしたら思う存分に処理してやる。だから我慢してくれ。頼むよぉ?」
ガチャリ
晴「ふぅ、疲れたぜ……おーい、P。レッスン終わったぞー」
P「あっ、お疲れ晴」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2015/07/17(金)19:30:45.54ID:dJ0BlNRm0
晴「これで今日のスケジュール終わりだろ? 早く帰ろうぜ」
P「もう少し待っててくれ。まだ仕事が一段落してなくてな。だからその辺で適当に待っててくれ」
晴「ん……わかった」
晴「ふーっ……それにしても今日は本当に暑いなー」
晴「汗で服が蒸れやがるぜ……ふぅ」
P「………」ムラムラ

3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2015/07/17(金)19:32:09.45ID:dJ0BlNRm0
P(なんか色ぽっいな……晴のやつ……)
P(特に汗をぬぐう時に出る微かな吐息とかが……セクシー、エロい……)
P(―――ハッ! いかんいかん!)
P(12歳の子供に対し俺は何を―――ムラムラしてるとはいえ何を思ってるのだ!)
P(今日帰ったら絶対にムスコを慰めよう! うむ、絶対に慰めよう!)
晴「あーっ、本当に暑いな……もう我慢できねぇよ」
晴「一枚脱ぐか」ヌギヌギ 
P「!?」

5:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2015/07/17(金)19:34:32.23ID:hDQRB47E0
まーた早苗さん呼ばなくちゃいけないのか

続きを読む<
[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1446285965/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2015/10/31(土)19:06:05.38ID:XIADs1Ne0
○大量の下ネタ注意


4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2015/10/31(土)19:12:13.13ID:XIADs1Ne0
美城「アニメ・シンデレラガールズが無事完結した………よって!」
美城「今日はその打ち上げだ! 食事も酒も全て私が用意した。思う存分楽しんでくれたまえ!
美城「今夜は無礼講としよう。上司部下関係なく、共に楽しもう!!」
P「イエ―――ッ!! ありがとうございます専務!!」
ちひろ「驕りなら私、遠慮なくたくさん飲んじゃいますよぉ??♪」
部長「いやぁ??、すまんね。私までご馳走になってしまって」
美城「いいのですよ。こういうのは元来、一番地位の高い人間が催すものです」
P「では専務。お注ぎしますので、グラスを―――」
美城「いや、私はいい。アルコール類はとらないようにしてる。気を遣わないでくれて構わないよ」
P「そ、そうですか……わかりました」
ちひろ「それでは乾杯しますよ!! アニメ無事完結と、最終回で専務に出世した美城専務に―――乾杯!」
全員『カンパーイ!!』
カリーン ゴクゴクゴクッ!
――――――――――――――
―――――――――
―――
5:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2015/10/31(土)19:14:08.02ID:XIADs1Ne0
☆数分後☆
P「酔ったぁ?????wwwwwww!!!!」
ちひろ「キャハハハハハハハハッッッwwwwwwwwwww」
P「これwww美味しいけどずいぶんと酔いの早いお酒ですねwwwww」
ちひろ「そうですねwwwwwwおかげで、最高にハイッてやつですよ!wwwwwwwww」
P「部長ッ!! 飲んでますか―――ッ!? わひゃはははははwwwwwwww」
部長「うるさいなぁ……飲んでるよ
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1411482497/
1:
◆Z2iUBNhi6k2014/09/23(火)23:28:17ID:eQZf4YQ.
古い上にどっかで見たようなネタ。
思いついちゃったんだからしょうがない。
2:
◆Z2iUBNhi6k2014/09/23(火)23:28:56ID:eQZf4YQ.
CoP(ギター)「この歌を、素直になれないすべてのアイドルたちに捧げます」
CuP(キーボード)「聞いてください」
PaP(パーカッション)「『もしかしてだけど』」
3:
◆Z2iUBNhi6k2014/09/23(火)23:29:29ID:eQZf4YQ.
ジャージャッジャージャジャジャ、ジャジジャジャン♪
CoP「もしかしてだけど?」
CuPPaP「「もしかしてだけど?」」
CoP「もしかしてだけど?」
CuPPaP「「もしかしてだけど?」」
CoP「それってオイラを」
モバP’s「「「さそってるんじゃないの?」」」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1502375793/
1:
◆hAKnaa5i0.
2017/08/10(木)23:36:34.23ID:mkQsACVu0
前作はこちらです。
奈緒「罰ゲームは…『Pさんと添い寝』だぁ!?!?」
凛「私がプロデューサーに全力で甘える日?」
前作は奈緒にイチャイチャしてもらったので、今回は加蓮にイチャイチャしてもらいます。誕生日を迎えた凛がイチャイチャするSSもありますのでよろしければこちらもどうぞ。
では書き始めます。


2:
◆hAKnaa5i0.
2017/08/10(木)23:38:26.30ID:mkQsACVu0
(事務所。夕方。ババ抜き中)
ヒョイ…ぽいっ
ヒョイ…ぽいっ
凛「あがりだね」
加蓮「あちゃー」
奈緒「まった加蓮と一騎打ちかよ…」
加蓮「しかも、どうせ私が勝つんだよねぇ」
奈緒「いや。今回は勝ちを譲るつもりはないぞっ!」
加蓮「え?わざと負けて『罰ゲーム』でプロデューサーとイチャイチャしたいんじゃないの?」
奈緒「な、な、なわけ…ないだろっ!」
凛「動揺しすぎだよ…」
注:トランプで負けると『罰ゲーム箱』の中から1枚紙を取り出して実行するルールになっています。
罰ゲームはアイドルたちが『1人1枚』の制限で書いています。
このルールを利用して『プロデューサーとあんなことやこんなことをする』系の罰ゲームを書き込み、わざと負けようとするアイドルが後を絶ちません。
詳しくは以下の過去作品より。
奈緒「罰ゲームは…『Pさんと添い寝』だぁ!?!?」

3:
◆hAKnaa5i0.
2017/08/10(木)23:39:24.39ID:mkQsACVu0
奈緒「勝つ!加蓮に恥をかかせてやるんだっ!」
加蓮「あそ。はい」
ヒョイ…
加蓮「そろった♪」
ぽいっ
奈緒「なっ!」
加蓮「後2枚…ふふふ。もう勝ちだね」
奈緒「まだわからないだろっ!うぉりゃ!」
ヒョイ…ぽいっ
奈緒「あたしもそろったぞっ!
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1408182515/
1:
◆KgP8oz7Dk22014/08/16(土)18:48:35ID:QeyO3MHM
某所で書き込んでみたらインスピレーションが湧いたので、それに追加する形でSSにしてみました。
ショートネタな上に短いです。
2:
◆KgP8oz7Dk22014/08/16(土)18:49:15ID:QeyO3MHM
「就職編」
晴れて社会人になったオレ。
モバP「おはようございます!」
ちひろ「おはようございます、プロデューサーさん!」
仕事はアイドルプロデュース。
同僚は綺麗なお姉さん!
これ来てるんじゃないの、華やかな業界で俺のキャリア始まっちゃうんじゃないの!
ザギンでシースーとか言っちゃうわけ!?
ちひろ「じゃあプロデューサーさん、最初に担当するアイドルの子を決めて下さいね!」
卯月「キュート部署の島村卯月です!」
凛「私が、クール部署に所属する渋谷凛」
未央「パッションの本田未央ちゃんでぇーす!」
入社してすぐに部署選択!?
しかも担当アイドルまで!?
3:
◆KgP8oz7Dk22014/08/16(土)18:49:54ID:QeyO3MHM
卯月「プロデューサーさん!一緒にがんばりましょう!」
凛「グズグズしてるなら、置いてくよ?」
未央「ほーらぁ!このちゃんみおちゃん以外ありえないっしょ!」
モバP「ちょ、ちょっとまってね…」ゴソゴソ
「キュート」「クール」「パッション」
どーすんの!?オレ…どーすんのよ!?
ちひろ「モバコインカード」
モバP「つづくっ!」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1373549828/
1:
◆qEJgO2U6bM2013/07/11(木)22:37:08.13ID:3LZaNLwDO
パチ
高垣楓「…」ボーッ…

楓「あふ」
市原仁奈「…」モフピー…

楓「…」
楓「…」モフモフ
仁奈「…んにゃ…」
楓「…ふふ」モフモフ…
楓「?」
輿水幸子「……」フフーンピー…

楓「…」ヨシヨシ
幸子「……ん…ふふん……♪」ナデナデ
楓「…」ニコ
楓(……プロデューサーさん、いるかなー…)モゾ
*のんびりするだけの話です。
*この三人以外にもアイドルが出ます。メインは楓さん。


続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1521562121/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/03/21(水)01:08:41.56ID:dHluVzgi0
【黒潮】

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/03/21(水)01:10:05.22ID:dHluVzgi0
黒潮「あ!司令はん、遅かったんなぁ。ウチ、心配しとったんやで」
黒潮「ん?何を心配してたんやって?も?、やーぱり忘れてはる。言うてたやんウチ、明日サプライズよういしとくって...」
黒潮「....その顔、なんも覚えてないんと違う?はぁ....まぁええよ。黒潮さんは寛大やから、司令はんが、なんも覚えてなくて、しまいにはこんな時間に帰ってきても、ウチは、なんも思ってません」
黒潮「.....嘘やて!そんなしょげた顔なんしんといてや?。ほら、司令はん、いつもお疲れさん」
黒潮「そんなお疲れさんな司令はんに、黒潮からのサプライズプレゼント。なんやと思う?」
黒潮「え?....わからんなんて言わんといてや...。なんかトンチの効いた答え期待しとったんに...。まぁ、ええか。ウチからのサプライズプレゼント、それは」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/03/21(水)01:11:00.14ID:dHluVzgi0
黒潮「....んーやっぱ内緒や。なんや、勿体ぶらずにさっさと教えろって?はぁ....せっかちさんやなぁ。まぁおいおい、やね」
黒潮「....玄関でずっと喋ってるのもあれやし、はよぉ、あがったあがったで」
黒潮「あ?、なんか最近また寒ようなったなぁ....。司令はん、風邪引いてへん?なんかここんとこ、くしゃみ多いやん?え、花粉症?なら大丈夫やな。大丈夫やないけど」
黒潮「さ、部屋に入った入った」
黒潮「あ??。ぬくい....。やっぱ寒いよりあったかいのが一番や....。いや?、司令はんが帰って来る前に部屋温めててよかったわ。秀吉さんの気遣い、現代でも通用するわぁ....」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1397744954/
1:
◆Godo/aoumI
2014/04/17(木)23:29:14.72ID:6Vq492qfo
八幡「人数? >>3人だな」

3:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)
2014/04/17(木)23:30:22.42ID:6fgxLQyp0
0(童貞)
5:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/04/17(木)23:31:52.53ID:EwzGQaEEo
いつもどおりじゃねーか
8:
◆Godo/aoumI
2014/04/17(木)23:34:31.17ID:6Vq492qfo
八幡「0人に決まってるだろ」
八幡「主夫志望でセフレって破滅の未来しか見えんぞ」
八幡(……まぁ、俺にも人並みの性欲はあるわけだが)
小町「お兄ちゃんの昨日の夜のおかずは>>7さんでしたよ」ボソッ
八幡「お、おい、ばっ」
>>7「へぇ……」
10:
◆Godo/aoumI
2014/04/17(木)23:36:03.91ID:6Vq492qfo
>>11「へぇ………」
11:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/04/17(木)23:36:08.40ID:V+0ekVFq0
ほもぉ……。
12:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします
2014/04/17(木)23:36:58.83ID:SGB8VmiDO
安価なら川崎

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1503165962/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/08/20(日)03:06:03.07ID:2KVPj0hc0
モバマスSSです
誤字脱字キャラ崩壊口調崩壊があるかもしれません
モバPがP表記です
それでもよろしければどうぞ

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/08/20(日)03:06:55.34ID:2KVPj0hc0
周子「Pさーんお菓子あるー?」
P「そこの棚にチョコあったはずー」
周子「んー…あったあったーん♪」
P「俺にもくれよ?」
周子「わかってるわかってる?♪」
ありす「…Pさんは甘い物が好きなんですか?」
P「ん?大好きだぞ?」
ありす「…そうですか」
P「どうしたんだ?」
ありす「…大人の人ってあまりそういうのが好きじゃないと思ってました」
P「ははは、確かにな」
周子「うちのおとんも甘いの好きやな?」
P「そりゃ嫌いだったらしねえだろ店」
周子「いや?でも夜は酒のつまみばっか食べてたよ?」
P「いや知らんって人の父親の食事事情なんて…んでなんだっけ?」
ありす「あ、別に…聞いただけです」
周子「大人になるにはどうしたらいいか分かんなくて…それでPさんに聞いてみたんです…」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/08/20(日)03:08:46.74ID:2KVPj0hc0
ありす「…何でわかるんですか」ジトッ
周子「アタシもそう思った事あるからね?♪」
P「俺もあるなあ…大人になったらブラックとか飲むようになるのかなとか」
ありす「Pさんってブラック飲みませんよね」
P「苦いからな」
周子「子供かっ」
ありす「たまに飛鳥さんや蘭子さんが飲んでますが…」
P「そういう時は我慢してるんだなって察してやってくれ」
ありす「我慢…ですか?」
周子「あのぐらいになると何か飲みたくなるんよね、
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1415828231/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/11/13(木)06:37:11ID:tTjojFtc
ちひろ「純粋そうですもんね。でもプロデューサーって凛ちゃんと付き合ってませんでした?」
モバP「付き合ってますよ。凛は夜は素直ですからね。ほとんど俺の言いなりで好きに仕込めますから、今では最高の女です」
モバP「最近ではトイレで毎日フェラとかさせてますし。俺に絶対服従なんですよ」
ちひろ「それで浮気とか最低ですね……」
モバP「浮気じゃないですって。それに卯月をその気にさせたのは凛なんですから」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/11/13(木)06:37:49ID:tTjojFtc
ちひろ「凛ちゃんが?」
モバP「俺が「卯月とヤりたいな」って言ったら「わかった」って」
ちひろ「うわ……」
モバP「3Pとか夢だったんですよねー」
ちひろ「他のアイドルに手を出すのはやめてくださいよ?」
モバP「当たり前じゃないですか!俺が愛してるのは凛と卯月だけです!」
ちひろ「二股もダメなんですよ普通は」
モバP「凛も納得済みですから」
ちひろ「納得させたんでしょ……」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1452862548/
1:
以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします2016/01/15(金)21:55:49.23ID:Kbl/oLdx0
美城「今回のアイドルの採用オーディション、この私も同席することにした」
P「常務自らがですか?」
美城「我が城に相応しい者かどうか、直接見定めようと思ったのでね」
美城「だが私は審査員としては若輩のような者だ。そこで君の力も借りたいと思う」
美城「私は現場に在籍はするが、最終的に採用するかの権限は君に委ねたいと思う。やってくれるか?」
P「了解しました。私を信用していただき光栄です」

2:
以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします2016/01/15(金)21:57:29.16ID:Kbl/oLdx0
P「では、お聞きしますが。常務としては、どういったアイドルをご希望なのですか?」
美城「ふむ……率直に言うなら、城に迎えるに相応しい、気品溢れた人材だ」
美城「確かなる実力を持ち、確固たる信念、そして明確なビジョンを持ってる娘が欲しいところだ」
P「なるほど………いわば即戦力になり得る子が望ましいということですね?」
美城「まぁ、そんなところだろう……」
P「わかりました。その点も考慮して選考します」
P「では、そろそろ開始時刻になります。選考を始めてもよろしいでしょうか?」
美城「うむ、始めてくれ」
P「了解しました………では、最初の方! どうぞ入って下さい!」
ガチャリ

4:
以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします2016/01/15(金)21:58:02.53ID:Kbl/oLdx0
晴「………結城晴だ。どうもよろしく」ムスッ
P「!!」

5:
以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします2016/01/15(金)21:59:30.34ID:Kbl/oLdx0
晴「ここに来てなんだけど、オレはアイドルに興味ないんだ。親父が勝手に応募したから来ただけだ」
晴「だからもう帰ってい
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1493641193/
1:
◆Z5wk4/jklI
2017/05/01(月)21:19:54.05ID:z+wGLY660
長くなります。
日野茜と荒木比奈の話を主に書きます。

2:
◆Z5wk4/jklI
2017/05/01(月)21:22:35.29ID:z+wGLY660
 少年の目のまえに立ち、少女が言う。
「わたしね、大きくなったらアイドルになるの! 世界でいちばんのアイドル!」
 少女は一点の曇りもない笑顔だった。――笑顔であるはずだと、少年は思った。少年からはどういうわけか、その少女の顔がぼやけて見えない。
「それでね、あなたはわたしの、プロデューサーになるんだよ!」
「プロデューサーって、なに?」
 少年は尋ねる。問われたほうの少女はきょとんと目を丸くして、それから怒ったようにぷくっと頬を膨らませた。
「そんなの、決まってるでしょ! わたしをプロデュースするひと!」
 少年は困惑する。
「プロデュース、って……なにするの?」
「えっ?」今度は少女のほうが、困ったような顔をした。「……わかんない……でも、プロデュース、してくれる?」
「ええと……うん、わかった、プロデュース、する」
 少年はよくわからないまま頷いた。それで少女が喜んでくれるなら、それでいいと思った。
 少年の答えに、少女はぱっと笑顔を咲かせた。
「やくそくだよ! よろしくね、プロデューサー!」
「うん、よろしく!」
 少年はそう答えた。答えながら、少年はずっと、その少女の顔を思い出そうとしていた。
3:
◆Z5wk4/jklI
2017/05/01(月)21:23:05.53ID:z+wGLY660
------------------
「……い、おい、寝るな、起きろ、おい」
 ――耳元でささやくような声がする。
「んがっ……」
 口元から無意識の声が漏れたのと同時に、俺は現実に引き戻された。はっとして顔をあげる。まわりの何人かがこちらをとがめるような目で見て、すぐに視線を外した。
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1405097795/
1:
◆KgP8oz7Dk22014/07/12(土)01:56:35ID:YEwnxunI
アイドルマスターシンデレラガールズ、神谷奈緒のSSです。
奈緒を愛でたいだけの何か。
2:
◆KgP8oz7Dk22014/07/12(土)02:00:36ID:YEwnxunI
―――神谷家、奈緒の部屋
奈緒母「…ん、37度8分。完全なる風邪ね」ピピッ
奈緒「どーりで体が重いわけだよ…」
奈緒母「ま、あなた昨日までお仕事忙しかったもんね。久々の休みに気が抜けたんでしょ」
奈緒「せっかく遊ぶ計画してたのになぁ…」ムー
奈緒母「無理よ、あきらめなさい。さて」ヨッコイショ
奈緒母「母さんは買い物行くけど、なんか食べたいものとかある?」
奈緒「…いい」
奈緒母「食欲はなし、ね」
奈緒母「わかった。寝てなさい。まぁゼリーかなんかでも買ってくるから起きたら食べれるように」
奈緒「…ありがと」
3:
◆KgP8oz7Dk22014/07/12(土)02:01:13ID:YEwnxunI
奈緒母「病気になると妙にしおらしいわよねあなた。いつもそれくらいでいいわよ」
奈緒「病人からかうなよ…」
奈緒母「言い返す元気があるなら大丈夫」アハハ
奈緒母「それじゃ、なんかあったらメールちょうだい」スタスタガチャッパタン
奈緒(…なんかやけに静かだ…)シィーン…
奈緒(あーぁ、せっかくの休みなのにな…凛の家に遊びに行くつもりだったのに…)
奈緒(それから事務所にいってプロデューサーさんに差し入れして…)ポワポワ
奈緒(…ちょっと、ほんのちょっとだけオシャレしてみようと思ったのにさ…)ウツラウツラ
奈緒(あー…薬が効いてきたのかな…眠い…)
奈緒「…くー…」Zzz
4:
◆KgP8oz7Dk22014/07/12(土)02:01:46ID:YEwnxunI




続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1516279509/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/01/18(木)21:45:10.21ID:P6CO6KQc0
※このSSは某所からいただいたネタを元に>>1の妄想を垂れ流すだけのタイトル通りのSSとなっております。
?南条光?
兄さん!起きろ!起きるんだ!時間がない!
ほーら、早起きはいいよ?さぁもうすぐヒーロータイムが始まるからさ!見ようよ!ね?
…………二度寝?日曜だし?ダメだって!ヒーローは待ってくれないんだぞ!?
あーもー!起きてってば!……ほーら!お母さんが布団干すってさ?
布団をたたくなって、起きないのが悪いんだろー?
外も快晴!絶好の早起き日和だよ!さぁウェイクアップバーニング!
………まぁライダーの時間ってもう早起きじゃない気がするけど……とりあえず起きて!

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/01/18(木)21:45:46.60ID:P6CO6KQc0
まだじゃないかって当たり前だろ?朝ごはんだって食べないと、体によくないんだよ?
ち、小さくない!140はある!それに成長期からこれから伸びる!………伸びるよねお母さん?
ほら!伸びるって!……なんだよその目はー!
プリキュア、プリキュアなー……そっちは千佳ちゃんの領分だからなー。
あ、でも初代の格闘シーンはかっこよかったんだよ!事務所で見せてもらったんだ!
どうしたの兄さん?初代って……あたし生まれてない?嘘ぉ!?
さて、お先にごちそうさまっと……どうしたの?
………寝癖?いいよー別に今からテレビを見るだけ……って!
頭掴まないでよ?えっ座れ?いや、いいって!いいって!
くすぐるのはずるい!やめっ!わかったから!座るから!
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/01/18(木)21:46:13.02ID:P6CO6KQc0
見てよ兄さん!あれ!
この前買ったやつ!フルボトルだとああ
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1499349517/
1:
◆hAKnaa5i0.
2017/07/06(木)22:58:37.95ID:YDfXAmrJ0
志希「んふふ…♪『サビシクナール(寂しくなる)』を開発したよー…♪」
の続編のようなものです。

2:
◆hAKnaa5i0.
2017/07/06(木)22:59:18.22ID:YDfXAmrJ0
ボンッ!ちゃっちゃら?♪
志希「んー…これはこれは…またクレイジーでマッドな劇薬ができちゃったね?♪」
志希「飲んだら親しい人にイタズラがしたくなっちゃう薬?♪」
志希「むぅ?…でも、プロデューサーに見せたら『さすがにこれはダメ。没収だよ』なんて言われちゃうしにゃ?」
志希「でも…せっかくだから使いたい…」
志希「…♪」
志希「内緒で投薬していくっきゃないよね?♪」
志希「にゃはははは♪」
3:
◆hAKnaa5i0.
2017/07/06(木)23:00:02.05ID:YDfXAmrJ0
ケース5.「島村卯月」
ガサゴソ…ガサゴソ…
志希「よーし♪セッティング完了?♪」
カチャッ
卯月「あ、おはようございます♪志希ちゃん♪」
志希「うん。おっはよー♪卯月ちゃん♪いいところに来たねぇ♪」
卯月「いいところ、ですか?」
志希「ううん。なんでもにゃーい♪ところで今日も笑顔が眩しいねぇ♪」
卯月「はいっ♪ありがとうございます♪」
卯月「…ところで志希ちゃんは…何をしているんです?冷蔵庫を見たりして珍しいですね?」
卯月「もし、お腹空いているなら簡単なものでも作りましょうか?♪」
志希「んふふ?♪心配ご無用♪今日はみんなのために飲み物を用意しただけなんだ?♪」
スッ
志希「ほら。卯月ちゃんも一本どうかな?♪炭酸タイプも、お茶タイプも、清涼飲料水タイプもあるよ?♪」
卯月「たいぷ?」
志希「や、気にしないで♪」
卯月「じゃあ…せっかくですのでお茶を…♪」
志希「♪」
プシュッ…くぴくぴくぴ…
志希「あ、そうだ。プ
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1465022350/
1:
◆i/Ay6sgovU2016/06/04(土)15:39:11.01ID:XXSyYBQi0
苦労人事務所です
いつもより少し長めです
前作
島村卯月「第2回!水曜日の346プロ!」


2:
◆i/Ay6sgovU2016/06/04(土)15:39:44.35ID:XXSyYBQi0
島村卯月「みなさんこんにちは! 島村卯月です!」
卯月「やってきました水曜日の346プロ! 司会は島村卯月です!」
卯月「……」
卯月「島村卯月です!!!」
神谷奈緒「うるせぇ!!!」

3:
◆i/Ay6sgovU2016/06/04(土)15:40:40.21ID:XXSyYBQi0
奈緒「その過剰な自己アピールは必要なのか!?」
卯月「はい! いま、おおきなこえで、げんきにツッコミをしてくれたおともだちが、かみやなおちゃん(17)です!」
奈緒「そのNHK教育みたいな紹介をやめろ!」
卯月「今はEテレですよ?」
奈緒「どうでもいいんだよ!!!」

4:
◆i/Ay6sgovU2016/06/04(土)15:41:36.51ID:XXSyYBQi0
卯月「奈緒ちゃんはレギュラーですからね」
奈緒「もう3回目なのか……」
卯月「慣れましたか?」
奈緒「慣れたら人間としておしまいなんだよ」
卯月「今後も頑張ってください!」
奈緒「さっきあたしはマスクしてここに来たのに、眉毛を見て顔パスにしやがったスタッフは後で覚えとけよ」
卯月「ウケる」
奈緒「うるせぇ!!!」

5:
◆i/Ay6sgovU2016/06/04(土)15:42:25.76ID:XXSyYBQi0
卯月「そして、ゲストは未央ちゃん→朋さんという流れで、当然この人!」
卯月「橘ありすちゃんです!」
ヒュー!ドンドンドン!!!バーン!!!ドカーン!!!!ガシャーン!!!!!
橘ありす「演出が過剰なんですけど!?」
奈緒(植木鉢
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1410441237/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/09/11(木)22:13:57ID:Xj0dkx4M
※胸糞注意※

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/09/11(木)22:14:34ID:Xj0dkx4M
女「人間の脳みそなんて結局脳内物質がなんやらかんやらしてるだけでしょ? 心なんて所詮物理現象なわけで」
女「クスリなんて使われちゃったらもうどうしようもないですわ。精神論とかじゃなくてね、物理的に無理」
女「一応最初のうちは頑張ってみようとしたんけどさ。無理だった。三日も持たなかったね、うん」
女「三日とか早すぎだよね。自分でもそう思う。でも私は悪くないからね、無理なものは無理です」
女「ていうかあいつらが悪いんだよ。普通はもうちょっと時間をかけてじっくり堕としてくもんじゃないの?」
女「そっちの方が、なんつうの? 達成感? 征服感? そういうのがあるでしょ。知らないけど」
女「最低でも一週間はかけるべきだよね。あいつらマジで全く分かってない。死ねばいいのに」
女「あいつら最初から本気出しすぎなんだよ。堕とす過程を楽しもうって感覚一切ないんだよね。目の前のカラダを犯す事しか頭にないの」
女「肉体的な快楽ばっかり求めやがって。猿かよ。そんなんで満足すんならオナホでも使ってろやって感じ。巻き込まれたこっちもいい迷惑だわ」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/09/11(木)22:15:09ID:Xj0dkx4M
女「処女喪失もホント一瞬だったからね。目が覚めて状況が掴めないうちに即挿入ズブリ! ってね」
女「すげぇ痛かったあれ。すぐにキモチよくなっちゃったんだけどさ」
女「もうわけ分かんなかったよ全てが。わけ分かんない」
女「見たこともない場所で見たこともない奴らに両手両足拘束されていきなり犯されてそれで感じちゃってるっていうね」
女「もうパニック状態。叫んだら顔面殴られちゃった。あんなに痛いの初めてだったわ、処女喪失より痛かった」
女「つー
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1372093621/
1:
◆qEJgO2U6bM2013/06/25(火)02:07:01.87ID:I5aznOPDO
幸子「えいっ」
ポスン
P「…」
幸子「うーん。純粋に座り心地という意味でならソファの方が優秀ですね。まあプロデューサーさんは椅子ではないので当然ですが」グイグイ
P「まあな」
P「どうしたんだ? 急に」
幸子「あ、スーツってなんだかすべすべして素敵な触り心地ですね!」フフ
P「聞けよ」

荒木比奈「なんか飛んで来たっス」
このSSと多少話の繋がりがあります。
多少なので、気にならない方は無視してお読みください。

2:
◆qEJgO2U6bM2013/06/25(火)02:11:16.52ID:a8poonqjo
ガサ
幸子「ボクお昼ごはんを買って来たんです」
P「うん」
幸子「食べたいですか? プロデューサーさんになら、少しくらい分けてあげてもいいですよ」
P「ありがとう」
幸子「いえいえ。ボクは優しいので。このくらい当然です」フフーン
ガサ
幸子「佃煮と梅干、どちらの具がお好きですか?」
P(渋いチョイスだな…)
3:
◆qEJgO2U6bM2013/06/25(火)02:15:14.80ID:I5aznOPDO
P「じゃあ梅で」
幸子「分かりました」コクン
ペリペリ
幸子「どうぞ!」
P「いいよ。自分で食べられるって」
幸子「いえ。どうせボクもそのまま食べますから、この方が手っ取り早いですよ」
P「なるほど。幸子はかしこいなあ」
幸子「ええまあ!」フフーン
P「じゃあ…あーん」パク
幸子「おいしいですか?」
P「うん」モグモグ
幸子「えへへ。まあ当然ですよね。ボクがあーんって、してあげたおにぎりですから!」フンス
P「うん」モグモグ
幸子「はむ」
幸子「あ、温かいお茶も買って来てありますよ」モグモグ
P「ありがとう」
幸子「いえいえ」モク
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1457690859/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/03/11(金)19:07:40.20ID:H6ywb+bm0
P「今日もいい天気。こういう日はより一層仕事に励める気になれるな」
P「さてと、今日もKENZENに頑張るぞ―――ッ!!」
???『などと、そのようなことあろうはずがございません』
P「ファッ!? な、なんだ!? どこからか男の声が……!?」
???『ロリコンの変態クソ野郎の分際でKENZENに仕事だなどと』
???『その気になってたお前の姿はお笑いだったぜwwwふぁ?ははははははwwwww』
P「な、なんだとぉ―――ッ!?」

3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/03/11(金)19:10:03.14ID:H6ywb+bm0
P「くっ、さっきから好き放題言いやがって!!」
???『ふぁ?ははははははwww』
P「どこにいるッ!? 出てこいッ!!」
???『ふぁ?はははははwww』
P「卑怯者―――ッ!! 姿を見せやがれ―――ッ!!」
???『ふぁ?はははははwww』
P「クソッ、影も形も見当たらない……声は聞こえるというのに! 一体何者なんだ?」
P「まさか……アイドル目当ての不審者なのか!?」

5:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/03/11(金)19:10:51.45ID:H6ywb+bm0
???『ふぁ?はははははははwwwwww』
P「ん? よく聞くと、なんかもの凄く近くから声が聞こえるような……?」
P「具体的に言うと俺の下半身辺りから―――」チラッ

Pのムスコ『やぁ』
P「」

6:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/03/11(金)19:11:58.66ID:H6ywb+bm0
ムスコ『よっ! お前のムスコです……」
P「あっ、あっ、あっ――――」
P「シャベッタァァァァッッッ!!!!??
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1521879492/
1:
◆Ua1M3q7gGI
2018/03/24(土)17:18:12.44ID:JQebSzpU0
※人によっては気分を害する内容になる可能性があるのでご注意ください。
※安価は基本自由ですがR18方面に行かないよう、内容によってはある程度表現を押さえることがあります。
提督「なんだそれは?」
憲兵「ここ最近、小規模な鎮守府での悪質な指揮や艦娘の管理体制などが目立っていまして・・・」
長門「ふむ、それは由々しき事態だな・・・それで、我々のところに来た理由は?」
憲兵「あなた方に・・・それらの鎮守府を潰していただきたいのです」
提督「構わないが・・・こういうのは本来あなた方の仕事では?」
憲兵「そのはずなのですが・・・これが思った以上に深刻な問題となっていまして・・・」
憲兵「上層部で腐敗の疑いも見つかり、その調査に追われていまして・・・」
長門「なんだと・・・?」
憲兵「なので、我々の調査において不祥事の噂も一切なく、尚且つ最も正義感の強いあなた方に是非お願いしたいのです」
長門「フッ・・・そういうことならこの私に任せておけ!文字通り大船に乗ったつもりでいてもらおう!」
憲兵「おぉ・・・!ご協力感謝いたします!」
提督(ちょろい・・・正義とかそういう言葉好きそうだもんな・・・こいつ)
長門「提督も賛成だろう?仲間を自分の欲望のために使う悪党を放置しとくわけにはいかないだろう!?」
提督「わかったわかった・・・近いよ」
長門「よし!そう来てくれると思ってたぞ!」グッ!
提督「ま、大きな作戦も無いし、やれるだけのことをするよ。何をしたらいい?」
憲兵「まず、近場にこういう鎮守府があるのですが・・・>>」
>>2 でどういうブラック鎮守府かを
>>3->>4 で被害にあっている艦娘をお願いします。(複数可)
※明石、青葉を対ブラック鎮守府チームとして今後登場させていく予定なので、長門を含むこの三人以外の艦娘でお願いします。



続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1465636759/
1:
◆i/Ay6sgovU2016/06/11(土)18:19:19.52ID:CtHU1i5s0
前作
神谷奈緒「憎めない常務と五月病」


2:
◆i/Ay6sgovU2016/06/11(土)18:19:55.21ID:CtHU1i5s0
―――――プロダクション・会議室―――――
美城常務「ふむ、全員集まったようだな。では、今月のプロジェクトクローネ会議を行う」
常務「Herewego!!!」
神谷奈緒(なんだそのテンション!?)
鷺沢文香「OKLet’sGoPeople!!!」
橘ありす「文香さん!?」
常務「静かにしろ鷺沢」
北条加蓮(突然裏切るよね)
文香「イエスボス」
渋谷凛(誰なの?)

30:
◆i/Ay6sgovU2016/06/11(土)18:51:03.30ID:CtHU1i5s0
常務「今回も、それぞれの今月の活動方針を、決定している範囲で確認するだけのものだ。肩の力は抜いてくれてかまわない」
常務「何か質問は?」
速水奏「アーニャの席が空いているようだけど」
常務「ああ、アナスタシアは『ペットのウーパールーパーが亡くなったので休む』そうだ」
奈緒(そもそも飼ってたことが初耳なんだけど!?)
大槻唯「そうなんだー……」ションボリ
宮本フレデリカ「しょうがないねー……」ションボリ
文香「本当に……グスッ……悲しい……グスッ……ことです……」グスッ
ありす「ガチ泣き!? 感受性どうなってるんですか!?」
文香「まあそれは置いておいて、会議を始めましょう……」ケロッ
加蓮(もうただの情緒不安定でしょ!?)

4:
◆i/Ay6sgovU2016/06/11(土)18:21:56.30ID:CtHU1i5s0
常務「あと発言してないのは……、塩見か、何か話せ」
凛(フリが雑)
塩見周子「ウーパールーパーは唐揚げにすると美味しいらしいよ」
ありす「人でなし!!!!!」
文香「
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1500229608/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/07/17(月)03:26:49.03ID:4xnaeoVB0
モバマスSSです
誤字脱字キャラ崩壊口調崩壊を含むかも知れません
モバPがP表記です
それと短いです
それでも良ければご覧下さい

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/07/17(月)03:27:51.68ID:4xnaeoVB0
「「誕生日おめでとう!!」」
晴「おう、ありがとな」
梨沙「…もっと喜びなさいよ!」
晴「いやだって…学校でも言われたしさ…そりゃ嬉しいけどよ」
ありす「こういう時は素直に祝われるもんですよ」
晴「お前が言うか」
飛鳥「まぁ…気持ちは理解(わか)らなくもない…かな」
晴「だろー?朝から親に先生に友達にって嬉しいけどこっちも大変だぜ?」
みりあ「そんなに大変じゃないと思うんだけどな?」
莉嘉「アタシもー♪」
千枝「千枝は恥ずかしい…かな」
飛鳥「人それぞれ、だね」
晴「ん、まあありがとな」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/07/17(月)03:29:22.18ID:4xnaeoVB0
梨紗「…あっ!そうそうプレゼント!」
莉嘉「はいこれっ!じゃーん!」
晴「ん?なんだこれ…」
みりあ「開けてみて開けてみて!」
晴「何で俺より楽しそうなんだよ…ってまあいいか、中身は…」
梨紗「あんたが欲しがってたサッカーボールよ!」
晴「…えっ!?」
莉嘉「ふふーん♪」
千枝「みんなで話し合って…この前言ってたサッカーボールをみんなで買おうってなって」
ありす「それでみんなで集まって買いに行きました」
飛鳥「まぁ…それなりにしたけどね」
晴「まじか!サンキュー!」
梨紗「一気に嬉しそうね…」
晴「前から欲しかったんだよなー…へへっ」
千枝「喜んでもらえて良かったね♪」続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1521038000/
1:
◆Kr.22uZI4M
2018/03/14(水)23:33:20.96ID:b3k3ZiWu0
アイドルマスターシンデレラガールズの三船美優・和久井留美・服部瞳子のホワイトデーSSです
過去作との関連はありません

2:
◆Kr.22uZI4M
2018/03/14(水)23:35:24.50ID:b3k3ZiWu0
美優「なんですかそれ…?」
留美「今回集まってもらったのは他でもないわ、タイトル名でお分かりね」
瞳子「タイトルとか言わない」
美優「えっと…お分かりではないのですが…あとなんで反省会が2回付いてるんでしょう…?」
留美「私たちのユニット名はバレンタイン反省会」
留美「そのユニットの反省会ということで反省会反省会なのよ」
美優「響きだけはいいですけど…」
瞳子「今回の議題は…今日ということは…やっぱり?」
留美「そうよ」
留美「Pさんにチョコレートを渡したあの日から1ヵ月、ホワイトデーと来年のバレンタインデーについてよ」
3:
◆Kr.22uZI4M
2018/03/14(水)23:35:54.73ID:b3k3ZiWu0
留美「2人は、Pさんにはお返しは貰えたかしら?」
美優「Pさんからは、手作りのお菓子を頂きました」
留美「私の場合は、可愛い猫のデコレーションが施されたチョコレートケーキよ」
留美「ほらこれ写真」
美優「うわぁ可愛い…!」
瞳子「もうパティシエにでもなったほうがいいんじゃないかしら…」
瞳子「中には手作りのせんべいなんかを貰ってた子もいたみたいだし、Pさん、何者なのかしら…」
美優「きっと私たちのことを想って、一生懸命準備してくださったんですよね…」ウットリ
留美「うんうん…」ウットリ
4:
◆Kr.22uZI4M
2018/03/14(水)23:36:26.17ID:b3k3ZiWu0
留美「……………」
留美「って違ーう!そうじゃない、お菓子は嬉しいけどそうじゃないのよ」
美優
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1521558486/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/03/21(水)00:08:06.70ID:Z7ny+Kpp0
注・電はケッコン後なので司令官呼びです
  また、少しだけ敬語(なのです)が取れます、ご了承ください

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/03/21(水)00:08:26.50ID:Z7ny+Kpp0
――チュンチュン……
提督「…………」
暁「………くー……」
提督「……んぁー……」
暁「……すやぁー……」
提督「ん……よ……っと」ごそごそ
提督「あー……五時かぁ……そろそろ起きないとなぁ……」
暁「……んにゅ……」
提督「……幸せそうな寝顔してるなぁ……」
提督「まったく……」なでなで
暁「んふっ……えへへ……」
提督「…………」なでなで
提督「……ほら、朝だからそろそろ起きろ?」ぐりぐり
暁「んっ……んんっ」コロン
提督「起きろ?」ゆさゆさ
暁「ん??もう少しだけ……」ぎゅむ?
提督「おい暁、俺にしがみつくなって」
暁「ぬくぬく……いい匂い……」
提督「お?い、起きろ?」
暁「ぬ゛??。司令官も、ねよ?」
提督「そうしたいけどそうもいかんのでな……」
暁「ねむれないなら暁がよしよししてあげるね」
提督「いや、眠れないんじゃなくて……」
暁「よしよし……しれいかんはいい子……」なでなで
提督「…………」
暁「く??……」なで…
提督「五分だけならいいか…………」
暁「えへへ…………」
この後めっちゃ遅刻した

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1486379243/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/02/06(月)20:07:23.74ID:pXi1qM9no
※独自設定有り、キャラ崩れ注意


2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/02/06(月)20:07:51.93ID:pXi1qM9no
『あのね、大石ちゃん。シャツのボタンはきちんと止めるべきだと思うんだ。いやいや、僕は大人だからね、まさか十も年齢の離れた少女に対して興奮するような性的倒錯者ではないから大丈夫なんだけれども、とはいえ女の子が胸元を広げているのはどうかと思うんだよね。胸襟を開くという言葉は確かにあるのかもしれないけれど、それはあくまで心の内を開くということであって物理的に胸元を見せるということではないのだし、世の中には大変な人間が結構いるんだ。まして大石ちゃんはアイドルなんだからその胸元を見たくて仕方ないという輩が多くいるだろうし。いやいやもちろん僕はそうではないんだけれどさ──』
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/02/06(月)20:08:19.01ID:pXi1qM9no
 などというプロデューサーの言葉を真面目に聞いていたわけではないけれども然りとて胸元がはだけているという格好は確かに少しはしたないかもしれない、という思いがなかったわけでもない。
 だから大石泉はシャツの第一ボタンをきちんと閉めることにした。
 清廉潔白になったのだ。
 明日からは清純派を名乗ってもいあたかもしれない──いや、清純派で可愛いと言えばやはりさくらなのだろうし、セクシーと言うのならば亜子であり、自分のシャツのボタンが開いていることなんて大したことなんてないのだけれど。
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/02/06(月)20:08:45.60ID:pXi1qM9no
 ところで、そんなことは全く関係のない話になるのだけれども。話は千里の先ほどにも変わってしまうのだけれど。続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1502609293/
1:
◆hAKnaa5i0.
2017/08/13(日)16:28:13.40ID:HhThHSZJ0
奈緒「罰ゲームは…『Pさんと添い寝』だぁ!?!?」
加蓮「罰ゲームは…プロデューサーと新婚生活(仮)!?」
の続編ですが、読んでいなくてもまったく問題ありません。
前作では奈緒・加蓮にプロデューサーとイチャイチャしてもらったので、今回は凛にイチャイチャしてもらいます。ただし子供の姿でです。それでは、またしばらくお付き合いお願いします。
いつものように下に柚も貼っておきます。
癒されろ。


15:
◆hAKnaa5i0.
2017/08/13(日)16:43:29.78ID:HqdSonjIO
(事務所。ババ抜き中)
ヒョイ。ぽいっ…
ヒョイ。ぽいっ…
加蓮「あーがり」
ぽいっ
凛「あー」
奈緒「凛が残るって珍しいな」
凛「最近、加蓮がポーカーフェイスを身に付けたのか。手強いんだ」
加蓮「ふふ。凛に罰ゲーム箱を引かせるために特訓したからねー」
奈緒「なんでババ抜きで特訓までしてんだよ…」
凛「加蓮って負けず嫌いだからね」
加蓮「何とでも言いたまえー♪ほらほら2人とも負けたら罰ゲームだよ♪」
奈緒「くそっ。負けないぞ、凛」
凛「勝てるものならどうぞ」(にたり)
奈緒「その不敵な笑みを崩してやるぜーっ!」
加蓮「負けフラグ立ってない?」
注:トランプで負けると『罰ゲーム箱』の中から1枚紙を取り出して実行するルールになっています。
罰ゲームはアイドルたちが『1人1枚』の制限で書いています。
このルールを利用して『プロデューサーとあんなことやこんなことをする』系の罰ゲームを書き込み、わざと負けようとするアイドルが後を絶ちません。
詳しくは以下の過去作品より。
奈緒「罰ゲームは…『Pさんと添い寝』だぁ!?!?」
加蓮「罰ゲームは…プロデューサーと新婚生活(仮)!?」
2:
◆hAKnaa5i0.
2017/08/13(
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1416682103/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします2014/11/23(日)03:48:23ID:OpaJBCms
勢い任せのエロですよ
ストーリーなんか総無視、人によってはスレタイ通りの胸糞
エロ描写ばかりなのでセリフ少なめ、もはやただのエロ小説
書きたかっただけで書いたんだが、最後まで投下しきれるか時間に不安がある
もしかしたら半分だけ投下して、残りは明日になるかもしれない
18歳未満は速攻でお帰りくださいませ
2:
以下、名無しが深夜にお送りします2014/11/23(日)03:48:57ID:OpaJBCms
あるホテルの一室…
ペロ… ピチャ、クチャ…
女「ん…ぅ。男……」
男「………」
ベッドの横に備え付けられたソファーの上で、二人の男女が唇を重ねている
伸ばされた舌はぐねぐねと奇妙な生き物のように絡みあい、透明な滴りが唇の端から垂れるのも気にしない
男「女…」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします2014/11/23(日)03:49:30ID:OpaJBCms
男の手が、女の髪を掻きあげ首筋を引き寄せる
女はその不自然な態勢に堪えきれず、男の腰を抱きながら身体を後方にゆっくりと倒していく
女「ん… あは、押し倒されちゃった」
男「自分で倒れたんだろうが」
女「ふふ… ん」チュ
男「……」チュ… クチュ
4:
以下、名無しが深夜にお送りします2014/11/23(日)03:50:07ID:OpaJBCms
下から突き上げるように伸ばされる舌を吸い上げる
柔らかな唇から、僅かに苦味を伴う口紅の味がした
忌々しくその上唇を食み、腹部に手を滑り込ませる
女「ん… やだ、手 冷たい」
男「腹、あったかい」
まさぐるように、衣服の中の肌を味わう
腰周りの柔らかな肉感が心地よい
肋骨に近い、皮膚の薄い場所を撫で付けると 女はこそばゆそうに身をくねらせた
それを押さえつけるような強めのキスで抵抗を奪う

続きを読
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
2
3
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。