SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
媒体:おかしくねーしSSまとめ
<<
2018年05月
>>
743件取得
投稿日時順表示
<<
0
1
2
3
>>
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1508591069/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/10/21(土)22:04:29.68ID:WtF8xdLuO
モバP(彼女と別れた…)
モバP(理由は、アイドルにかまけてばっかりだったから…)
モバP(アイドルが彼女にいろいろ言ってきたこともあるらしい…)
モバP(俺は彼女を本気で愛していた。でもそれをアイドル達に伝えるべきだった…)
モバP(俺は甘かった。アイドル達を傷つけまいとしてやったことが間違えていたんだ。)
モバP(そうだ、俺が悪いんだ。)
モバP(だからこれから厳しくなるぞ、自分にも、アイドルにも。)


3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/10/21(土)22:28:59.85ID:WtF8xdLuO
次の日
智絵里「終わりました、プロデューサー。」
モバP「ああ、お疲れ様。」
智絵里「プロデューサーさん、いつもみたいに撫でてくれますか?」
モバP(今までは撫でてやっていたが、今は違う。)
モバP「ダメだ。」
智絵里「えっ!?」
モバP「智絵里、おまえはもう少し出来るはずだ。あれじゃダメだ。」
智絵里「で…でも前は…」
モバP「関係ない、甘いこと言うな。」
智絵里「そんな…」
モバP「行くぞ、スタッフさんの邪魔になるからな」
智絵里「あっ、待ってくださいプロデューサーさん!」

4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/10/21(土)22:43:41.80ID:WtF8xdLuO
モバP「橘、今日は撮影だ。」
ありす「はい…ってあれ?」
モバP「なんだ橘?」
ありす「いや、いつもはありすって…」
モバP「大人になりたいんだろ?だったらこれくらいのことは普通だ。」
ありす「…」
モバP「ボーっとするな!」
ありす「あっ!は、はい!」
5:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りし
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1508226762/
1:
◆bgz2RSOaAY
2017/10/17(火)16:52:43.21ID:oDMPvnnx0
           ?事務所?
幸子「カワイイボクが帰ってきましたよー!!」ドアバーン
楓「あ、幸子ちゃん!ちょうどいいところに!」
幸子「え、楓さん?ボクに何か用ですか??」
楓「ええ、今日は幸子ちゃんに話を聞いてもらいたいの」
幸子「は、はい、今日はお仕事も終わったので少しなら構いませんよ。それでどんな話ですか?」
楓「私、不本意な扱いを受けていると思うんです…」
幸子「え、不本意?」
楓さんが幸子と一緒に不本意な問題について議論するお話です。SSは人生二作目。
キャラ崩壊、独自解釈、別事務所が出てきます。


2:
◆bgz2RSOaAY
2017/10/17(火)21:02:06.49ID:oDMPvnnx0
楓「幸子ちゃんは私の巷での印象がどんな感じか知ってるかしら?」
幸子「もちろんですよ!美しいスタイル、圧倒的な歌唱力、ミステリアスな雰囲気でシンデレラガールを勝ち取ったトップアイドルの中のトップアイドルです!でもいつかこのボクが追い抜かしてみせm」
楓「じゃあ、ゲームやSS内での私は?」
幸子「いきなりドメタな上に辛辣!?えーーっと、言いにくいですけど…結構お酒を飲む印象ですね…あとはダジャレを言う人ですかね」
楓「そこなんです!!」クワッ
幸子「わっびっくりした!ど、どうしたんですかいきなり!」
楓「『ダジャレばっかり言う人』、その扱いが不本意なんです!!」

3:
◆bgz2RSOaAY
2017/10/18(水)10:32:11.83ID:F/W6Ii2N0
幸子「ええ…(実際ダジャレばっかり言ってるじゃないですか…)」
楓「今失礼なこと考えませんでしたか?」
幸子「いえいえ、そ、そんな訳ないじゃないですか!」ブンブン
楓「むう…いいです、今日はみんなのそんな考えを改めてもらいます!そのために持ってきたのが…よいし
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1456148686/
1:
◆5F5enKB7wjS62016/02/22(月)22:44:46.31ID:THUrFAahO
―――
みく「??♪」
P「……なぁみく」
みく「なーに、Pチャン?」
P「たしかに俺は、誕生日だから今日はなんでも言うこと聞くと言った」
みく「うん」
P「でもこれじゃ仕事ができない。分かるか?」
みく「甘ーいアメをアイドルにあげるのも、立派なプロデューサーのお仕事にゃあ」
P「そうかな?」
みく「そうだよ。ごろにゃん♪」

2:
◆5F5enKB7wjS62016/02/22(月)22:46:42.13ID:THUrFAahO
P「…………」
みく「…………」
P「……退く気はないのか」
みく「え? ないよ?」
P「そうか」
みく「うん、だって誕生日だもん」
P「そうだな。改めておめでとう」
みく「にゃふ?、ありがと♪」
3:
◆5F5enKB7wjS62016/02/22(月)22:48:02.72ID:THUrFAahO
P「ケーキ、美味かったか?」
みく「うん! あんなに甘くて美味しいケーキ、初めて食べたにゃ!」
P「そっか。そりゃよかった」
みく「どこで売ってたの? みくの好みにドストライクだったにゃあ」
P「口に合ってなにより。……そうだな、駅前の路地を行ったところにあるんだ、店」
みく「ふーん……? あんなところにケーキ屋さん、あったかにゃ?」
P「あったんだな、それが」
4:
◆5F5enKB7wjS62016/02/22(月)22:49:30.52ID:THUrFAahO
みく「また食べたいにゃー……。来年もお祝いしてくれる?」
P「おう、みくさえよければ」
みく「大歓迎にゃ! えっへへ、今度はPチャンにも食べさせてあげるね!」
P「うーん、それは勘弁。恥ずかしくて死ぬ」
みく「今の密着してる状況よりマシにゃ」
P「……まぁそうだな。で、退く気はない?」
みく「ないにゃあ?」
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1465042422/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/06/04(土)21:13:42.88ID:Fr4RGv5c0
美城「今年の年始の折、芸能界で様々なスキャンダルが問題となっていたな」
P「そうですね。SMAP解散騒動や、清原選手の薬物問題とかまだ記憶に残ってますね」
美城「うむ。だが我々の業界からして最も恐しいのは、センテンススプリングの方だ」
P「ああ、ベッキーさんとゲス極の件ですか。確かに私達の立場からして、対岸の火事とは呼べませんからね」
美城「うむ。ベッキーさんの所属事務所は、例のセンテンススプリングの発生の際、多大な額の損失があったと聞く」
美城「芸能界は信頼と評判が命。センテンススプリングは、一夜でそれらを崩壊させうる危険性があるのだ」
美城「故に、この346でセンテンススプリングなどあってはならんのだ!」
P「さっきからセンテンススプリング言い過ぎですね………」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/06/04(土)21:15:45.16ID:Fr4RGv5c0
P「要はスキャンダルへの対策を万全にしろということですね」
美城「その通りだ」
P「ならばご安心ください専務。私が担当している向井拓海に限っては、センテンススプリングの心配などございません」
美城「なぜそう言い切れる?」
P「私は拓海を信じているからです。あの子は元スケバンという経歴ですが、義理人情というものを誰よりもわかっています」
P「あの子は人として曲がった事は決っしていたしません! ゲス極み(不倫)も清原(薬物)なんてもってのほかです」
P「拓海は常に真っ直ぐな子です………なのでどうかご安心を」
美城「………甘いな」
P「えっ?」

3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/06/04(土)21:17:29.79ID:Fr4RGv5c0
美城「何の具体性もないな。そんな信頼など、この芸能界に置いてクソほどの価値もない」続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1437543338/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/07/22(水)14:35:38ID:H/ysIBwQ
速水奏Pごめんなさい
好きゆえの作品です
モバP「濡れ場ありのセフレの役だって!?」バン!
ちひろ「最近ドラマで過激な作品多いですからいつかは、と考えていましたが…指名したアイドルは……?」
P「速水だっ…!だから挑発的なキャラで売るなってあれほど言ったのに……!」ぎりっ
ちひろ「断りましょう!」
P「当然です…!」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/07/22(水)14:36:24ID:H/ysIBwQ
速水奏「私なら受けても良いけど?」ガチャ
P「速水!?いつから…いや、本気で言ってるのか……!」
ちひろ「そうです!アイドルがセフレ役で濡れ場なんて!!」
奏「別に実際にそういうことするわけじゃ無いでしょう?精々下着で抱き合う程度…元々そういう仕事が来るように演技してたのは私だし、受けないと失礼よ?」
P「ッ!!」パン!
奏「痛っ!」
ちひろ「え…!?」
P「来い、速水…!千川さん、休憩室借ります。速水がアイドル止めたらすみません」グイッ!
ちひろ「え、それって!?」
奏「手引っ張らないで…痛いって!」
P「他に誰か来ても…休憩室に来ないように言ってください……!」ガチャ

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1508507473/
1:
◆hAKnaa5i0.
2017/10/20(金)22:51:14.13ID:F4Oykd0T0
志希博士の薬シリーズ第17弾。
今作は飲んだ人が「ヤンデレ」になる薬です。
ヤンデレといってもバイオレンスな要素はありません。いつも通りキャッキャするだけのコメディです。
またしばらくの間、お付き合いいただけると嬉しいです。
始めます。

2:
◆hAKnaa5i0.
2017/10/20(金)22:52:05.59ID:F4Oykd0T0
(事務所)
グツグツグツ...ボ-ン!!
志希「あ、やべ」
志希「『デレデレニナール』を作ろうとしてたのに…ちょっと焦がしちゃったよ」
志希「これ…飲んだら『ヤンデレ』になっちゃうんだろうなぁ」
志希「…」
志希「むしろ、こっちの方が面白いか♪」
志希「よーし♪深く考える必要もなし!どんどん投薬していくぞー!」
志希「にゃははは♪」
3:
◆hAKnaa5i0.
2017/10/20(金)22:52:43.15ID:F4Oykd0T0
【別の場所】
P「よくわからないけど今ゾッとしたよ」
まゆ「風邪ですか?」
P「急に寒くなってきたからなぁ」
まゆ「では、温かい紅茶でも淹れますね♪」
P「ありがとう」
4:
◆hAKnaa5i0.
2017/10/20(金)22:53:26.80ID:F4Oykd0T0
ケース1.二宮飛鳥
テクテクテク
志希「♪」
飛鳥「おや、志希じゃないか…キミが朝の事務所にいるなんて珍しいな」
志希「あ、飛鳥ちゃんおっはよう♪」
飛鳥「ああ、おはよう」
飛鳥「…」ジッ
志希「?」
5:
◆hAKnaa5i0.
2017/10/20(金)22:54:51.41ID:F4Oykd0T0
飛鳥「…目の下にはクマ、けれど寝不足に反して上機嫌…また何か怪しい薬でも完成させたのかい?」
志希「ご明察だねぇ♪シャ
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1425165738/
1:
◆C7CbZ/5mAc
2015/03/01(日)08:22:18ID:0gbH3DNc
アイドルマスターシンデレラガールズのSSです。
短いです。

2:
◆C7CbZ/5mAc
2015/03/01(日)08:29:42ID:OqG9cquY
モバP「今日も仕事が終わるな」
楓「プロデューサー」
いきなり自分の担当アイドル、高垣楓に声をかけられた。
モバP「楓さん、どうしたんですか?」
楓「甘える練習をさせてください」
モバP「はい?」
何を言っているんだ?この25歳児は。
楓「…私って甘えるのが得意じゃなくて、そのせいでうまくいかなかった事がたくさんあって…」
モバP「それで練習したいと?」
楓「はい、そうすればお互いに…」
モバP「まあ、俺も仕事がそろそろ終わるし、その後でいいなら」
楓「わかりました」
花が咲いたような笑顔だ。
3:
◆C7CbZ/5mAc
2015/03/01(日)08:38:30ID:0WhaxZUY
そして、仕事が終わる。
事務所のソファーで二人は…
楓「ではお願いします」
モバP「はい」
すると、バッグの中から楓は何かを取り出した。
楓「モバPちゃん!楓が甘える…にゃん」ネコミミ
猫耳をつけて、モバPに擦り寄る。
楓「にゃあにゃあ…」
顔を赤くしながらも猫のようにじゃれつく。
モバP(これはなかなか…)
楓にゃんに思わず固まる。
楓「か、楓は自分を…」
モバP(猫キャラを奪われるなんて失望しました。みくにゃんのファンやめて楓にゃんのファンになります)
みく「なんでにゃ!」
別の所で前川みくは叫ぶ。

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1512052477/
1:
◆hAKnaa5i0.
2017/11/30(木)23:34:37.59ID:a5ej7xIn0
(誕生日前日)
凛「みんな準備はできてるかな?」
愛梨「はーい♪」
卯月「おー!」
みく「にゃー!!」
李衣菜「ローック!!!」
凛「じゃあ、未央の誕生日を全力でお祝いするために必要なものを確認していくよっ!!」
全員「「「おーっ!!!」」」

2:
◆hAKnaa5i0.
2017/11/30(木)23:35:04.98ID:a5ej7xIn0
凛「まずはケーキ!」
愛梨「もちろん準備万端です♪」ボイ-ン!!
凛「大きいね」
愛梨「特大サイズですよ♪」
凛「うん…いいなぁ」
愛梨「?」
卯月「凛ちゃん。いまはその話はスルーです。次ですよ、次っ!」
3:
◆hAKnaa5i0.
2017/11/30(木)23:35:37.69ID:a5ej7xIn0
凛「そうだね。お次はパーティルーム!」
みく「飾りはバッチリだにゃ!」
李衣菜「ロックだね!」
卯月「ええ!」
4:
◆hAKnaa5i0.
2017/11/30(木)23:36:05.45ID:a5ej7xIn0
凛「プレゼント!」
みく「猫耳用意したよ!」
李衣菜「なつきちと一緒にレコーディングした『ハッピーバースデートゥーユー』のCD!」
卯月「手作りのキーホルダーです!」
凛「名前入りの高級ボールペン!」
5:
◆hAKnaa5i0.
2017/11/30(木)23:36:34.94ID:a5ej7xIn0
愛梨「明日は私は参加出来ませんが…みんなでケーキを食べてください♪」
凛「うん。忙しいのにありがとう」
愛梨「ううん。未央ちゃんが喜んでくれたら嬉しいなぁ♪」
卯月「絶対喜んでくれますよ!」
みく「だにゃ!」
李衣菜「そのケーキはロックだもん!」
愛梨「はい♪」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1512751944/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/12/09(土)01:52:24.69ID:s/jy9rJW0
モバマスSSです
キャラ崩壊口調崩壊誤字脱字を含むかもしれません
モバPがP表記です
それでも宜しければご覧下さい

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/12/09(土)01:53:05.86ID:s/jy9rJW0
「ねぇねぇ桃華ちゃん!桃華ちゃんって好きな人とかいるー?」
桃華「好きな人…ですの?」
「うん!」
桃華「アイドルですからそういった事はあまり…」
「えー、気になってる人とかいないの?」
桃華「…」
桃華(Pちゃま…)
「あ、いるんだー!」
桃華「い、いえ!いませんわ!」
「だって今考えたでしょー!」
桃華「考えていませんわっ!」
「絶対考えたってー!」
桃華「もうっ!」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/12/09(土)01:54:18.00ID:s/jy9rJW0
キーンコーンカーンコーン
桃華「Pちゃま遅いですわ…」
「誰か待ってるのー?」
桃華「えぇ」
「誰々ー!?」
桃華「私のプロデューサーですの!」
「なーんだ、男子じゃないのかー」
桃華「だから私はそういった…」
「桃華ちゃん可愛いから絶対いけると思うんだけどなー」
桃華「…」
「あ、あの車そうかな?」
桃華「Pちゃま!?…いえ、違いますわ」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/12/09(土)01:54:49.03ID:s/jy9rJW0
「…あー」
桃華「な、なんですの…?」
「べっつにー!何でもない!」
桃華「ち、違いますわ!Pちゃまはその!素敵な男性ですけどそういった」
「ひゅーひゅー!」
桃華「もうっ!知りませんわっ!」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1445043856/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/10/17(土)10:04:16ID:MdOyBw9o
凛「プロデューサーが私を抱いてくれないのって、私がアイドルだからでしょ?」
凛「アイドルは恋愛禁止だもんね」
凛「でもさプロデューサー、そもそも前提から間違ってるよ」
凛「プロデューサーが私を抱くとしたら、それは下心から?違うよね?」
凛「だって考えてもみてよ、プロデューサー。私の体には穴があいているんだよ?プロデューサーにはある?ないよね?」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/10/17(土)10:05:24ID:MdOyBw9o
凛「怖いよね。人間の体に穴があいてるんだよ?プロデューサーはきっと私の体を一番に考えてくれる」
凛「だから、プロデューサーはきっと私のために、私の穴を塞ごうとすると思うんだ」
凛「でもさ、手近にちょうどいいものがないんだ。だから仕方なく、仕方なく男性器を使わざるをえなかったの。わかる?」
凛「それは下心なんかじゃない。だからエッチとは呼べないんだ」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/10/17(土)10:06:07ID:MdOyBw9o
凛「そうだね。言い替えるなら救助活動だよ」
凛「プロデューサーは私を助けるために、私の穴に男性器を挿入するだけ」
凛「ほら、なにも問題ないでしょ?」
凛「私はプロデューサーに命を救われるの。だから処女を失うわけじゃない」
凛「プロデューサーは私を抱くべきなんだよ。……ね?」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1509708766/
1:
◆hAKnaa5i0.
2017/11/03(金)20:32:46.93ID:UejYcUWl0
P「どういうことなんだろうな。凛」ギュ-
凛「どういうことなんだろうね。プロデューサー」
P「不思議なこともあるものだ」ギュ-
凛「まあ、あんまり気にしないほうがいいよ。プロデューサーも私のことをハグできて嬉しいでしょ?」
P「嫌な気はしないけど」ギュ-
凛「でしょ。あと抱きしめるだけじゃなくて背中も撫でてよ」
P「はい」
ムギュ-...サスサス
凛「♪」ムフ-

2:
◆hAKnaa5i0.
2017/11/03(金)20:33:22.67ID:UejYcUWl0
P「…」ギュ-
スッ
凛「あ...」シュ-ン
P「時間がきましたので終了です。この券は廃棄させていただきます」
凛「…」ム-
スッ
P「ん…?6枚目?」
凛「延長お願いします」
P「承りました」ムギュ-
凛「♪」スリスリ
3:
◆hAKnaa5i0.
2017/11/03(金)20:34:15.45ID:UejYcUWl0
(別の日)
奈緒「…///」ムギュ-
P「というわけで業務に若干の支障が出ているんです。ちひろさん」ムギュ-
ちひろ「ナントタイヘンデスネー」
奈緒「…好き///」スリスリ
P「その通りです。入れ替わり入れ替わりハグをしなければならないので大変です。助けてください。原因を突き止めてください」ムギュ-
ちひろ「まあまあ。みんなも幸せそうなのでいいじゃないですか♪」
P「心なしかご機嫌ですね。ちひろさん」
ちひろ「気のせいですよ」
奈緒「♪」スリスリ
P「最近、俺によく奢ってくれますね。何か素敵な商売に手を出してホクホクなんじゃないですか。ちひろさん」ムギュ-
ちひろ「さあ♪」
奈緒「…///」ギュ-スリスリスリ
5:
◆hAKnaa5i0.
2017/11/03(金)20
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1527176882/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/05/25(金)00:48:03.01ID:Gs3S6mYu0
やまなし、おちなし、ゆっくりです
お時間宜しければお付き合いいただけると幸いです

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/05/25(金)00:48:43.90ID:Gs3S6mYu0
海軍の提督になる為の適正に隠れた項目があるのは御存知だろうか?
妖精が見える、艦娘を怖がらないというのは表の適正。
幾つかの適正試験の中にこっそりと仕組まれ、こっそりと検査されているその適性とは。
痛みに対する適正である。
何せ人以上の力で、あるいは魚雷で殴る、提督を爆撃する。
スキンシップの一環でこの様な事を行ってくる艦娘がいるのだ。
なればこそ。
提督は痛みに強く、体が丈夫でなくてはならないのである。
そういった隠れた適性検査も経て提督は採用される。
尚、一般にマゾと呼ばれる特殊性癖については採用にあたって考慮しないとされる。
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/05/25(金)00:49:59.09ID:Gs3S6mYu0
とある鎮守府
叢雲「あんたぁ!お尻触ったわね!」
男「ノーノ、私、お尻触ってない。」ブンブン
男「お尻にちょっと挨拶しただけ。」
フン!
ゴス! メキャァ!
男「ありがとうございます……。」シュゥー
大淀「今日も夫婦漫才は好調のようですね。」
男「あっ、お疲れ様です。」キリッ
大淀「セクハラ被害が他の艦娘の方に広がっていてはまずいと思い
以前に調査をしてみましたが……。」
金剛「触られたいという娘は居ても触られたと言うのは叢雲以外いなかったデース。」
男「そりゃ結婚(仮)とはいえ伴侶として選んだ相手が居る以上は
他に懸想しちゃまずいでしょ。」サワサワ
叢雲「そういうのだけ聞き分けいい必要はないでしょ!」ペチコーン
男「あり
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1502362349/
1:
znAUHOH902017/08/10(木)19:52:29.33ID:06oxNczP0
周子が可愛くて書きながら他の方のSSを読んでたらそれらのあまりの完成度に打ちひしがれ、心折れそうになりながらもなんとか完成したので、よろしければご覧ください。
諸先輩方の100000分の1でいいから才能ほしい……

・地の文多め
・妄想設定あり(周子とPが15歳の時に一度出会っている、劇中の周子は二十歳、大学在学)
よろしくおねがいします。

2:
znAUHOH902017/08/10(木)19:53:06.48ID:06oxNczP0
「んみゅ……」
瞼の裏を照らす綺麗な光と、パチパチと無機質なキーボードの弾ける音で目が覚めた。
「起きたか」
寝ぼけまどろみながら瞼を開くと、いつもと違うせんべい布団のシーツと、きゅっとあたしを現実に引き戻してくれる低めの声。
ああ、この感じ。めっちゃひさびさやなあ。
「おはよー、Pさーん……」
「飯、テーブルの上に置いといたから。食べちゃいな。」
「んー……」
頭をもたげると、私を柔らかく包んでいたタオルケットが落ちる。同時に霧散する、心地良い匂い。
昨日の夜、ずっとあたしを包んでくれた、Pさんの香り。
その主はといえば、シューコちゃんに背中を向けてパソコンに向かってパチパチやってる。
ああ、これ。出会ったときと全く一緒だ。
それが嬉しいやら、腹立たしいやら。
出会ったときから、二人の間は随分色んなものが変わったと思うんだけど。例えば……あたしは、Pさんの香りがふっと逃げてっちゃっただけで、どーも寂しくなっちゃうくらいには、今じゃあんたがそばに居てくれなきゃ調子出ないのに。
あんたは寝起きのしゅーこちゃんほっぽっといて、熱心に資料作りかい。本当、あのときから変わらないね。
ムカついたから、昨日あなたがしてくれたのと同じくらいの強さで、後ろから抱き締めてやった。
「ん……こら。冷めるぞ、朝ごはん。」
「あんなー、Pはん」
「うん?
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1511431223/
1:
◆hAKnaa5i0.
2017/11/23(木)19:00:23.80ID:T1+j69Ij0
P「初めまして。少しお時間よろしいでしょうか?」
凛「」ズキュゥゥン!!

2:
◆hAKnaa5i0.
2017/11/23(木)19:01:09.55ID:T1+j69Ij0
未央「待ってしぶりん」
凛「?」
未央「あれはいつだったかな…って遠い目をしてから一瞬で話し終えるって何なの?」
凛「話に何か矛盾があったかな?」
未央「なかったよ。そもそも矛盾できるほど長くなかったよ。ていうか、一目惚れって言えば済む話じゃん!」
凛「一目惚れじゃないよ。運命を感じただけだからね」フフフ
未央「世間一般的にはそれを一目惚れと言います」
3:
◆hAKnaa5i0.
2017/11/23(木)19:02:03.59ID:T1+j69Ij0
凛「宮城産のお米って美味しいよね」
未央「『ひとめぼれ』の話はしてないよ」
凛「というより未央。私とプロデューサーのなれそめ話はまだ終わってないよ」
未央「なれそめっていうけど、何も関係を持ってないよね?」
凛「いいから聞いて」
未央「あ、はい」
凛「あれは初レッスンの時かな…」
4:
◆hAKnaa5i0.
2017/11/23(木)19:02:39.83ID:T1+j69Ij0
P「今日は初レッスンだな。緊張してるか?」
凛「」ズキュゥゥン
凛「別に?」
P「そうか」
5:
◆hAKnaa5i0.
2017/11/23(木)19:03:15.59ID:T1+j69Ij0
未央「ストップ」
凛「?」
未央「タイミングおかしくない!?どうして声をかけられたくらいで心を撃ち抜かれてるのさ!」
凛「油断してた」
未央「油断とかいう問題じゃないよね」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1510720850/
1:
◆hAKnaa5i0.
2017/11/15(水)13:40:50.30ID:Y3vGRfWq0
志希博士の薬シリーズ第20弾。今回は飲んだ人が「ハグをしたくなる」薬です。いつも通りアイドルたちときゃっきゃするまけの話ですがお付き合いいただけると嬉しいです。
始めます。

2:
◆hAKnaa5i0.
2017/11/15(水)13:44:20.45ID:Y3vGRfWq0
(事務所)
志希「プロデューサー喉乾いてない?」
P「乾いてる乾いてる。何かくれるのか?」
志希「うん。コーラあるよ?♪シュワシュワだよ?♪」スッ
P「ありがとう。いただきます」
ゴクゴクゴク...ボン!!
3:
◆hAKnaa5i0.
2017/11/15(水)13:45:15.50ID:Y3vGRfWq0
P「…」
P「おい志希。何を飲ませた」
志希「んー、何かな?♪」
P「ちくしょう。ナチュラルにハメられた」
志希「にゃはははは♪大丈夫だよ。毒とかじゃないからさ」
P「…」ソワソワ
志希「おや…落ち着かないみたいだね♪」
P「くっ…まずい…何か…何か抱きつくものを…」
P「…」ジッ
志希「いいよ。おいでー♪」
P「失礼する」
スッ...ギュ-
志希「わぉ♪」ムフ-
4:
◆hAKnaa5i0.
2017/11/15(水)13:46:07.11ID:Y3vGRfWq0
P「ああ、落ち着いた…って、俺は一体何をしてるんだ!」ムギュ-
志希「んふふ?、さっきキミが飲んだ薬はね。『ハグシタクナール』っていう薬なんだ?♪」
P「ハグがしたくなる薬か」
志希「うん♪正確には『ハグをしていないと落ち着かなくなる』薬だね♪」
志希「つまり!キミはいま!空前絶後のハグマシーンと化したのだ!」
P「えぇ…」ギュ-
志希「例えば、こうやって…」スッ
P「あ」
志希「あたしが離れて、ハグをしていない状態になるとね
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1511786311/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/11/27(月)21:38:32.26ID:NpMljUOD0
ちひろ「いきなりどうしたんですか?」
モバP(以下P)「毎月の会議でプロデューサーが自分の担当ユニットについてプレゼンするじゃないですか」
ちひろ「そうですね」
P「それで次は俺の番なんですよ」
ちひろ「あぁ、それでLiPPSなんですね」
P「はい、それでもしよければちひろさんに予行練習させて貰おうと思って」
ちひろ「仕事しながらで構わないならいいですよ」
P「もちろん、大丈夫です!」
P「それじゃいきます」


2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/11/27(月)21:40:05.33ID:NpMljUOD0
1、ビジュアル
P「まずなんといってもビジュアルですね」
ちひろ「あぁ?みんな綺麗ですもんね」
P「そうです!まあアイドルだから当たり前って思うかもしれませんが」
P「細かいところを見ていくとまずは目ですね」
P「実は全員つり目なんですよ」
P「それがかっこいいや綺麗なんかのイメージにつながっています」
ちひろ「言われてみれば……」
P「それでいて細かいところがみんな違うんですね」
P「まずフレデリカは綺麗まん丸おめめですね」
P「志希はフレデリカに似てますけど下まつげが特徴的です」
P「周子はひらがなのつみたいな形です」
P「奏はつり目なんですがいったん下がってまた上がるんです」
P「美嘉は典型的なつり目ですね」
ちひろ「言われてみると結構違いますね」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1443336420/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします2015/09/27(日)15:47:00ID:2y7J1KV.
  CGプロ事務所
渋谷凛(以下凛)「凛が、じゃないよプロデューサー。私が私を、凛て名前で呼ぶ訳ないじゃん」
モバP(以下P)「まぁ、そう言やそうか……スマン。ちょっと事務作業しながらだったから、よく聞いてなかった」カキカキッ
凛「はぁぁっ……まぁ、別にいいけど」
P「ゴメンって。次はちゃんと聞くから、もう一回だけ言ってくれないか?」カキカキッ
凛「だから……」
凛「リンパ」
P「……」ピクッ
P「ん? リンパ?」チラッ
2:
以下、名無しが深夜にお送りします2015/09/27(日)15:54:49ID:2y7J1KV.
P「って、なんだそりゃ?」
凛「……」
凛「最近、疲れてるでしょ? よく腕とか首を回してるの見るし」
P「ははっ、そんなの気にするな!! お前たちが売れて仕事が増えたって事なんだから、俺はこの疲れも嬉しいよ」ニコリ
凛「……」
凛「はぁぁっ……そうやって無理してさ、もし現場で倒れたら、困るのはこっちなんだよ?」キッ
P「うっ……」ビクッ
凛「身体中にリンパ溜めるとか、ホントに有り得ないから」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします2015/09/27(日)16:54:58ID:2y7J1KV.
P「……」
凛「……」
P「あの、さ?」
凛「なに?」
P「リンパ溜まってるって、どう言う意味だ?」
凛「へ? そんなのも知らないの? はぁぁぁぁぁっ……もういい」
P「ご、ゴメン凛!! 俺、仕事以外は疎くてさ。その、良かったら教えてくれないか?」アセアセ
凛「……」
4:
以下、名無しが深夜にお送りします2015/09/27(日)17:03:29ID:2y7J1KV.
凛「良いよ、教えてあげる……」シュルッ
凛「ふぅっ。これで楽になったかな?」プチプチ
P「……」
P(なんでネクタイを緩め
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1514391594/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/12/28(木)01:19:54.47ID:1LnKx2/a0
モバマスSSです
誤字脱字キャラ崩壊口調崩壊を含むかもしれません
モバPがP表記です
短めです
それでも宜しければご覧下さい

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/12/28(木)01:21:20.21ID:1LnKx2/a0
志希「キミ…ボクと一緒に遊ばないかい?」キラーン
P「…てい」ツン
ズルッ
志希「あー!帽子が!何するのさー!」
P「いや落ちそうだったから」
志希「そこで普通落とすかなー?」
P「悪い悪い、んでどうだ?今度の衣装の着心地は」
志希「んー今までの自分じゃ無くなったみたい♪」
P「毎回言ってないかそれ?」
志希「多分言ってる?」
P「まあいいけど」
志希「本当の事だしね?、キミが体験させてくれるのはいつも新鮮で退屈しないし?♪」
P「そりゃどうも」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/12/28(木)01:23:42.91ID:1LnKx2/a0
志希「で!どうかなこの衣装?」クルッ
P「今まで着たこと無かった感じの衣装だけどカッコよく纏まってて女性らしさを残しながら可愛い男性らしさもあっていいと思うぞ」
志希「わーお、相変わらずべた褒め?♪」
P「まあ要するに凄い良い」
志希「はしょりすぎ?!」
P「すまんもう言葉が出ない、ちゃんと良いってのは分かってるんだがな」
志希「もうちょっと頑張って欲しいな??」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/12/28(木)01:25:02.43ID:1LnKx2/a0
ガチャ
フレデリカ「おっはー!…おおー!」
志希「やあフレデリカ、今夜良ければボクと一緒に…ね」ニカッ
フレデリカ「お断りし
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1513861882/
1:
◆hAKnaa5i0.
2017/12/21(木)22:11:23.09ID:SEwnnhvm0
(事務所・12月21日)
シャンシャンシャ-ン♪
シャンシャンシャ-ン♪
シャンシャンシャ-シャシャン♪
柚「クーリスマスが今年もやってくる♪」
志希「悲しかった出来事を♪」
乃々「思い出させるように…」
P「思い出したくないよー。消し去ってくれよー」ガクガク

2:
◆hAKnaa5i0.
2017/12/21(木)22:11:50.57ID:SEwnnhvm0
柚「プロデューサーサン。きっと楽しいこともあるって。元気出してよ♪」ポンッ
P「ありがとう。柚の言う通りクリスマスは楽しい日になると思うんだ。みんなとパーティを過ごせるのは楽しいと思うんだ。いい日になると思うんだ」
P「…けど」
乃々「同時にプロデューサーさんの身に危険が迫るのが問題なんですけど…」
P「まさにその通り!」
志希「危険…素敵な響きだねぇ♪」
P「素敵じゃないです。ぜんぜん素敵じゃないですけど…」
乃々「(真似されました…ちょっと嬉しいですけど…)」
3:
◆hAKnaa5i0.
2017/12/21(木)22:12:48.16ID:SEwnnhvm0
柚「そういうわけでプロデューサーサンの命を守りましょう大作戦を決行しまーす♪」
志希「ふぅ〜、パチパチパチ〜♪」
乃々「いぇーぃ…」
P「バラエティ的なノリをされると不安が増すよ」
柚「まあまあ。何事も楽しく、ってね。まずは去年のクリスマスを思い出してみよー♪」
4:
◆hAKnaa5i0.
2017/12/21(木)22:13:21.50ID:SEwnnhvm0
志希「確か、みんなでパーティをした後、まゆちゃんがプロデューサーの近くに行ってー」
乃々「それから…プロデューサーさんはまゆさんに外へ連れ出されましたね…」
柚「『あれ?』って思ってアタシたちが覗きに行ったら、なんとそこには!!ま
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1428320874/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします2015/04/06(月)20:47:54ID:91BkOBGE
  765プロ事務所
P「はい、初めてなんですけど、今日って予約取れますか?」
P「ええ、あっ……あの、ホームページに載ってた、そちらで一番若い18歳の……何ちゃんでしたっけ?」
P「その子は今日……あちゃー、三日後まで予約でいっぱい?」
P「いえ、他の子は……はい、すみません。気が変わりましたら、また連絡致します」
P「……」ピッ
P「ふぅっ……」
2:
以下、名無しが深夜にお送りします2015/04/06(月)20:54:03ID:91BkOBGE
小鳥「コーヒーどうぞ」コトッ
P「あ、すみません小鳥さん」ペコリ
小鳥「……」
P「ん」ズズーッ
小鳥「……」
P「ふぅっ」コトッ
P「さて、次の店を調べるか……」ピッ
小鳥「ちょっと待ってください!!」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします2015/04/06(月)21:03:00ID:91BkOBGE
P「……」
P「どうしました?」
小鳥「その、セイントコスプレ女学院とは、何なのでしょうか?」
P「ああ」
P「ただの、遊技場です」
小鳥「イメクラですね?」
P「大人の遊技場です」
小鳥「イメクラですね?」
4:
以下、名無しが深夜にお送りします2015/04/06(月)21:07:54ID:91BkOBGE
P「……」
小鳥「……」
P「そうですよ」ボソッ
P「イメクラですよ……」
P「だったら何だって言うんですかっ!?」バンッ
小鳥「逆ギレしないでくださいっ」
P「うぅっ、うっ、うっうー」
P「仕方、ないんですよぉ……」ポロポロッ

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1509176181/
1:
◆hAKnaa5i0.
2017/10/28(土)16:36:22.01ID:ok09hAE/0
【カリスマギャル】
(事務所)
コンコン...ガチャ!
美嘉「おはようございまーす。あ。本当にアナタここの部門の人だったんだね」
P「おはよう。疑ってたのかい?」
美嘉「んー、なんか業界人っぽい雰囲気じゃなかったし」
P「なんだと。俺からほとばしる業界人オーラに気が付かなかったのか」
美嘉「気付かなかったなー。もしかしたら…小さすぎたのかな♪」
P「ひどいじゃないか」
美嘉「あはは、冗談だって。でも、優しそうな人だなーとは思ったよ」
P「プロデューサーとしては複雑な感想だ」
美嘉「いいじゃん。親しみやすいって意味でさ」
P「ま、何でもいいよ。来てくれたことが本当に嬉しい。キミならトップアイドルになれる」
美嘉「もちろん♪やるからにはトップを取るよ!ギャルだからって絶対舐められたくないもん★」
P「さすがカリスマ」
美嘉「ふっふっふ!プロデューサーのことも小悪魔的な魅力でユーワクしちゃおっかな★」
P「できるものならやってみたまえ」
美嘉「任しといてよ」

2:
◆hAKnaa5i0.
2017/10/28(土)16:37:31.64ID:ok09hAE/0
【自主レッスン】
美嘉「…ふっ!ほっ!ここで…ターン!」
キュッ...キュッ...キュッ...!!
美嘉「最後に…静止!」
キュッ...!!
ヨロッ...
美嘉「わっ…まーたここで体勢崩れちゃったよ」
美嘉「よし…今のところもっかいやろ」
スタスタ...
P「お疲れ様、美嘉」
美嘉「お疲れ様。プロデューサー見てたんだ?」
P「うん。ドリンク持ってきたよ」スッ
美嘉「へー、気がきくじゃん。ありがとね★」
P「もっと褒めろ」
美嘉「いや、立場逆だし。プロデューサーならアイドルを褒めてよ」
P「冗談だよ」
美嘉「あはは。ムカつくなー♪」続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1440967254/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします2015/08/31(月)05:40:54ID:aQJlRI8.
?事務所?
みく「うーん......凛チャンは太陽丘が発達してるにゃ」ムニムニ
凛「太陽丘?」
みく「そうにゃ!太陽丘が発達してる人は成功を収めたり富や名声を手に入れる人が多いにゃ」
モバP「おや?前川さんに渋谷さん手なんか取り合ってどうしたんですか?」
みく「あ、Pチャン!今凛チャンの手相を見てあげてたのにゃ」
P「ほう......手相ですか......」
2:
以下、名無しが深夜にお送りします2015/08/31(月)05:42:53ID:aQJlRI8.
あ、すんません
モバPです
3:
以下、名無しが深夜にお送りします2015/08/31(月)05:46:05ID:aQJlRI8.
みく「後でPチャンの手相も見てあげるにゃ!」
みく「ふむふむ......凛チャンは運命線が下向きに伸びてるから理想主義者なところがあるにゃ」ムニムニ
みく「そして感情線の終点が人差し指まで来てるから好きな人ができたら尽くすタイプにゃ」ムニムニ
凛「へぇそんなこともわかるんだ」
みく「うん!手相で大抵のことはわかっちゃうんだにゃ!」
P「......本当ですかね?」
凛「え?」
みく「......まぁ本にはそう書いて......」
P「手相なんかで今後の人生が本当にわかるものですかね!?」
みく「いや......」
美波「私も同意です。プロデューサーさん。」
9:
以下、名無しが深夜にお送りします2015/08/31(月)06:54:56ID:aQJlRI8.
まゆ「プロデューサーさん、あっちにも『トンマージのオフサイド』が!」
P「佐久間さん、いたんですか......」
まゆ「ええ、ずっと......」ぴとっ
ピ-ッ
カタカタカタカタカタ  タ-ンッ!
1「男は170cmないとダメだろ」
カタカタカタ  タ-ンッ!
2「いや、
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1511511353/
1:
◆hAKnaa5i0.
2017/11/24(金)17:15:53.10ID:9cm72I6iO
「全力で甘える」シリーズの第4弾。
生産性のない会話とだらだらとした雰囲気で構成された話ですが、お付き合いいただけると嬉しいです。
始めます。

2:
◆hAKnaa5i0.
2017/11/24(金)17:16:47.39ID:9cm72I6iO
(杏宅)
杏「…」ボ-
杏「久しぶりの休みの日で嬉しいはずなのに…やることがない」ボ-
杏「どういうことだろう…いつもは仕事の後でくたくたになってもゲームやら漫画やらアニメ鑑賞やら、やりたいことがたくさんあるのに…」
杏「…いざまとまった時間をポンと渡されると困るんだよね」
杏「…」ボ-
3:
◆hAKnaa5i0.
2017/11/24(金)17:17:34.38ID:9cm72I6iO
杏「…」ハッ
杏「も、もしや、これが社畜というやつなのか!一番なりたくないものになってしまったぞ!」ガ-ン!!
杏「これはいけない!誰かを誘って遊んで『私は社畜ではない』と堂々と言えるようにしなければ!」
杏「ええと…あった、予定表だ。事務所のみんなは…と」
杏「(きらりは仕事…かな子は仕事…智絵里は仕事で、紗南も仕事。りーなは夏樹とライブに行ってて、仕事休みのメンツは全員あんまり顔を合わせたことのない人、か)」
4:
◆hAKnaa5i0.
2017/11/24(金)17:18:02.83ID:9cm72I6iO
杏「…え?これもしかして詰んでる?」
杏「い、いやいや、そんなわけはない!私は諦めないぞっ!」
杏「まだ見落としがあるはず…ええと…」
杏「…ん?」
杏「あの人、今日の午後はお仕事入ってないみたい」ジ-
5:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/11/24(金)17:18:56.33ID:9cm72I6iO
(しばらくして)
P「で、呼び
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1437661469/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/07/23(木)23:24:29ID:C2qHCKwA
P「…んぇ?」
芳乃「朝でしてー。お目覚めになってくださいましー」
P「…8時じゃん。オフなんだからもうちょい寝かせてくれぃ…」ゴロッ
芳乃「寝過ぎは体に毒でしてー?布団を干したいのでー。キノコが生えてしまいますー」
P「フヒッ…」
P「ん?…せめて、あと5時間…」
芳乃「そこは5分と言ってくださいー」ガバッ
P「あうっ」
芳乃「お布団干しますのでー。お顔を洗ってくださいー」
P「うぃ?…めがね、めがねどこだ…」
芳乃「元々かけてないのでしてー」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/07/23(木)23:44:03ID:C2qHCKwA
P「ふぁ…、おは芳乃」
芳乃「おはようございましてー」
P「オフの日曜日ぐらい寝かせて欲しかった…スーパーヒーロータイムは録画してあるんだし」
芳乃「最近雨続きでしたのでー、お布団を干したかったのですー」
P「芳乃は偉いなぁ」
芳乃「そなたはいつも事務所にお泊りになってしまうのでー。お家でお休みになるのなら、ふかふかお布団でお休みになってほしいのでしてー」
P「うん、ありがとう。朝から泣きそう」
芳乃「ほー?」
芳乃「朝餉の準備も出来てますゆえー、テーブルにお運びしますー」
P「ああ、手伝う手伝う」
芳乃「そなたは着替えてくださいー」
P「ウィ」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/07/24(金)00:43:49ID:Ooz8ubVU
P「ご飯に生卵、豆腐の味噌汁と味付け海苔か…」
芳乃「お茶を淹れますー」
P(ぶっちゃけ朝はパン派だったけど芳乃の影響で今やすっかり米派ですよ)
P「では、この世の全ての食材に感謝を込めて」
P・芳乃「「いただきます(のでー)」」
P「洗い物終わったぞー」
芳乃「お疲れ様なのでしてー」<
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1511768864/
1:
◆hAKnaa5i0.
2017/11/27(月)16:47:45.09ID:y8q4Iqgg0
奈緒【なー、明日のレッスン前にこの前言ってたケーキ屋行かない?】
凛【チョコが美味しいって話してたお店?】
加蓮【チョコのところ?】
加蓮【あ。同時だった】
奈緒【そうそう。母さんがサービス券もらってさ。バイキング安くなるみたいなんだー】
凛【行く】
加蓮【行きたーい】

2:
◆hAKnaa5i0.
2017/11/27(月)16:48:38.38ID:y8q4Iqgg0
奈緒【OK】
加蓮【ところでプロデューサーは呼ぶ?】
凛【(奈緒のために)呼ぼうか】
奈緒【凛。カッコつけても無駄だぞ】
加蓮【凛。格好いいってさ】
凛【照れる】
奈緒【おい】
奈緒【コラわかって言ってふだろ】
3:
◆hAKnaa5i0.
2017/11/27(月)16:49:21.63ID:y8q4Iqgg0
奈緒【言ってるだろ】
加蓮【ふぃっふぇふぁふぃふぉ】
凛【ふぃっふぇふぁふぃふぉ】
奈緒【誰だって打ち間違いくらいあるだろ】
奈緒【おい】
奈緒【餌を投げ入れられた動物園のコイかよ】
奈緒【食い付きが良すぎるだろ】
4:
◆hAKnaa5i0.
2017/11/27(月)16:50:16.67ID:y8q4Iqgg0
凛【恋の話?】
加蓮【相談に乗ろうか】
凛【そうだね】
奈緒【おやすみなさい。明日10時な】
凛【うん】
加蓮【はーい】

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1507124883/
1:
◆hAKnaa5i0.
2017/10/04(水)22:48:03.47ID:Kaaaakzt0
たびたび続く志希博士の薬シリーズ。
今回は飲んだアイドルが「心配性」になる薬です。
「何を心配するのか」「心配してどんな行動を起こすのか」はアイドルによって違います。
もりくぼのようにあらゆることを心配し、怯えるようになるわけではないのでその点はご了承ください。
またしばらくの間、書きます。お付き合いいただけると嬉しいです。では書き始めます。

2:
◆hAKnaa5i0.
2017/10/04(水)22:48:42.84ID:Kaaaakzt0
志希「大変だよ!プロデューサー!大変!」
P「どうしたんだ。そんなに慌てて。何が大変なんだい志希博士」
志希「新薬ができちゃったっ!」
P「それは『大変嬉しい』の大変なのか。『大変困った』の大変なのか。どちらなんだい?」
志希「大変嬉しい♪」
P「予想はしていたがガッカリだよ」
志希「んふふ♪今回できたのは『シンパイニナール』って薬なんだ?♪」
P「もはや聞くまでもなさそうだが、一応聞こう。いったいどんな薬なんだ?」
志希「飲んだ人が心配性になる薬」
P「ダヨネー」
志希「にゃはは♪」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/10/04(水)22:49:42.25ID:Kaaaakzt0
P「ライブ前、アイドルに飲ませたら大変なことになりそうだ。『ライブで失敗したらどうしよう』なんて心配して、何もできなくなっちゃうんじゃないか?」
志希「んー、でも。人によって『何を心配するか』は違うからさ。一概にそうとも言えないと思うよ」
P「というと?」
志希「まず、ライブ前にフレちゃんがこの薬を飲んだとしましょう」
P「はい」
志希「フレちゃんは心配性になっています。心配ごとを抱えています。しかし、ライブに対してはまったく心配していませんでした」
P「んん」
志希「フレちゃん
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1509359094/
1:
◆hAKnaa5i0.
2017/10/30(月)19:24:55.17ID:Dcb/YqjX0
志希博士の薬シリーズ第19弾。今作は飲んだ人が「メイド」になる薬です。いつも通りPがアイドルたちとキャッキャウフフフフしていくだけの話ですが、またしばらくの間お付き合いいただけると嬉しいです。
ちなみにメイドを題材にした作品は過去に書いています。よろしければこちらもどうぞ。
拓海「罰ゲームは……『Pの専属メイドになる』だぁ!?!?」
では始めます。

2:
◆hAKnaa5i0.
2017/10/30(月)19:25:50.47ID:Dcb/YqjX0
(事務所・志希ラボ)
ズドドドドド...!!
ガガガガ...!!
コポコポ...ドッカ-ン!!ジュンジュワ-!!
ボンッ!!
志希「かんせーい♪例の薬だよ♪」
杏「『銅山の発掘作業』みたいな音がしてたけど大丈夫なの?」
志希「問題なし♪ドーゾ♪」
スッ
杏「ま、いっか。サンキュー志希。これで杏の理想のニート生活が実現できそうだね」
志希「♪」
杏「とりあえず…最初に会った人に飲ませてみるかー。選ぶの面倒くさいしね」
志希「飲ませたら結果の報告よろしくね♪薬の効果の検証をしたいから」
杏「OK。作ってもらったんだからそれくらいはいいよ」
志希「じゃあ、行ってらっしゃーい♪」
杏「よし!あんず王国の建設だー!」
3:
◆hAKnaa5i0.
2017/10/30(月)19:26:35.25ID:Dcb/YqjX0
ケース1.速水奏
カチャ
杏「おはよー」
奏「あら、杏。おはよう」カキカキ
杏「べ、勉強をしているだと…!」
奏「それはどういう意味で驚いているのかしら」
杏「アイドル活動だけじゃなくて、勉学にもいそしんでいるその姿勢にだよ」
奏「普通よ。アイドル活動じゃなくても、学生は部活なりサークルなりをしながら勉強するものだもの」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1508771874/
1:
◆RSTRDcqbEQ
2017/10/24(火)00:17:55.08ID:nVh1654C0
このSSは若いタクシーの運転手さんの車にアイドルとプロデューサーが乗ってくるという話です
その2→
【デレマス】タクシー運転手「お客さんはアイドルとプロデューサーその2」


2:
◆RSTRDcqbEQ
2017/10/24(火)00:18:24.81ID:nVh1654C0
「ありがとうございました」
そう言い俺は今日最初のお客さんに別れをつげる。
今日は夜番のため7時から働いているが今日は雨のせいか客足が少ない。
もう11時を過ぎているのに今日のお客さんはまだ1組。
まぁ今日土曜日だし、最近寒いし、みんな外に出たくないのだろう。
そう自分に言い聞かせて俺は次の客がいそうな飲み屋街へ向かった。
3:
◆RSTRDcqbEQ
2017/10/24(火)00:19:14.25ID:nVh1654C0
飲み屋街に着くと早速手を挙げてる人発見。
ほら、やっぱりな、と思いながらその人の横にタクシーを止める。
「楓さん、しっかり歩いてください。」「は?い♪ちゃんと歩いてますよ?」
そんな事言いながら男性と長身の女性が入ってきた。
俺は目的地を聞くために後ろを振り向いた時、女性を見て驚いた。
4:
◆RSTRDcqbEQ
2017/10/24(火)00:20:19.32ID:nVh1654C0
吸い込まれるようにみとれてしまう緑色の右目、まるで夜空に輝く星のような青色の左目、
透き通った白く綺麗な顔に、酒を沢山飲んだのか頬に赤みがさされていて、
簡単に言うととんでもない美人さんだった。
女性の方がやっぱりかなり酔っているらしく男性が目的地である(たぶんどちらかが住んでいる)マンションを言ってくれたので、俺は車を走らせる。
5:
◆RSTRDcqbEQ
2017/10/24(火)00:21:47.19ID:nVh1654C0
後ろで男性と
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1512826236/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/12/09(土)22:30:36.53ID:OO5+29c8O
モバP「ばなあり?」
ありす「…」
モバP「ばなあり?」
ありす「…」
モバP「お前だよ!!!!」
ありす「ええっ!?」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/12/09(土)22:38:20.61ID:OO5+29c8O
ありす「なんですかそれは!私そんな名前じゃないです!」
モバP「何を言ってるんだ!愛称だぞ。」
モバP「橘のばな!」
モバP「ありすのあり!」
モバP「合わせてばなあり!」
ありす「いやいやいや!!!!」
ありす「なんでそうなるんですか!」
モバP「それはだな…」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/12/09(土)23:11:11.86ID:M/3f2gWa0
?回想?
モバP「すいません美優さん。マ○クで昼食なんて…」
美優「いいですよ。気にしないでくださいプロデューサーさん。」
(ポテトが揚がった音)
美優「…ア○ル、ア○ル、ア○ル、ア○ル…」ボソッ
モバP「!?」
店内にいたみなさん「!?」
?回想終わり?
モバP「あっ、マ○クで美優さんがポテトが揚がった音に合わせて卑猥な単語を連呼してた話は関係なかったわ…」
ありす「美優さんそんな人だったんですか!?」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/12/09(土)23:49:20.02ID:1w3CF89a0
モバP「俺も他の客もビビったよ…「この女に逆らったら死ぬ」と思ったね…」
ありす「ええ…」
モバP「しかも楓さんは蟻の巣にテキーラを流し込もうとするし」
モバP「瑞樹さんはいきなり罪のないおっさんに早口言葉バトルを仕掛けて舌を噛ませるし」
モバP「早苗さんは「蹴って欲しそうな
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1527404276/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2018/05/27(日)15:57:56.93ID:KI2IYtNN0
曜「ヒントはね、口に入れると柔らかくなるものだよ」クスクス
梨子「え、えっと……」モジモジ
曜「わからない?」ニヤニヤ
梨子「ち、ちんこ」カアアアアアアアア
曜「ぶー!正解はチョコでした!」ケタケタ
梨子「……本当に?」スッ
曜「ちょ、ちょっと梨子ちゃん!?」
梨子「わっ?曜ちゃんのもう硬くなってる?」ニギッ
曜「だ、だって梨子ちゃんがえっちなこと言うからぁ?」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2018/05/27(日)16:02:42.96ID:KI2IYtNN0
梨子「曜ちゃんが言わせたんでしょ?」
梨子「じゅぷっ?じゅるるるるるるる?じゅぽっ?ぐぷっ?」
曜「り、梨子ちゃ?でちゃう?」ビクビクッ
梨子「じゅぽっ?じゅぷぅ?じゅぼぼぼぼぼぼぼぼ?」
曜「梨子、ちゃんっ?っ????」ビュルゥビュルルルゥ
梨子「ほら、口に入れたらやわらかくなった?」
曜「せ、せーかい?」トロン

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
2
3
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。