SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
媒体:おかしくねーしSSまとめ
<<
2018年11月
>>
398件取得
投稿日時順表示
<<
0
1
2
3
>>
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1531665879/
1:
◆hAKnaa5i0.
2018/07/15(日)23:44:40.05ID:fYvYbMrr0
清楚ポンコツ大学生組シリーズ。
まさかの部屋ネタの続編。
タイトルに反してやましい展開は一切ございません。ございませんとも

2:
◆hAKnaa5i0.
2018/07/15(日)23:45:31.99ID:fYvYbMrr0
(事務所地下室)
美波「晶葉ちゃんにお願いして事務所の地下室を『2人でXしないと出られない部屋』に改造してもらったわ!」バ-ン!
美波「Xの部分に入るのはランダムなお題…だがしかし!どんなお題であれ!プロデューサーさんとイチャイチャできるわ!」ババ-ン!
美波「ふふふ…2人であんなことやこんなことをしないと絶対に部屋から出られないだなんて…もういっそ何もしないで受けに回ろうかしら。何もしなければプロデューサーさんから強引にしてくれないと部屋から出られないものね。既成事実も簡単に作れてしまうわね♪」ニマニマ
美波「じゃあ早速…プロデューサーさんに連絡して来てもらおうっと♪」
美波「ええと…こんな感じでいいかしら♪」ポチポチ
【地下室に閉じ込められちゃいました!助けに来てください!内側から開かないんです!】
美波「うん。後は待つだけ…」
ピロリン♪
美波「返信が早い!もうプロデューサーさんから返事が来たわ!」
美波「まったくもう私からのLINEを心待ちにしていたんじゃないかしら♪携帯を握りしめて今か今かと待ちわびているだなんてもうこれは両想…」
【そう言ってまた地下室に閉じ込めるつもりだろ】
美波「疑われているわ!」ガ-ン!
3:
◆hAKnaa5i0.
2018/07/15(日)23:46:16.88ID:fYvYbMrr0
美波「ぐぬぬ…前科があるとはいえ担当アイドルを疑うなんてあんまりよ…ど、どうにかして誤解を解かないと…」ポチポチ
【本当に閉じ込められてしまったんです!助けてください!】
【散々、人のことを閉じ込めておい
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1530527765/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/07/02(月)19:36:05.47ID:TYeeHvLOO
凛「ふーん。」
サワサワ
P「おい、止めろ!」
凛「…。」スコスコ knkknk
P「あっ、負ける、負ける、負ける、あっ。」
ドピュッ

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/07/02(月)19:36:56.08ID:TYeeHvLOO
P「今度こそ負けんぞ!」
ありす「…。」
P「次はありすか!」
ありす「…。」つ>>1の写真
P「あ、おい、その写真を消せ。」
ありす「いいですよ。」
ありす「分かってますよね?」
P「くっ…。」

ありす「ふう。」テカテカ
P「うぅ…。」ポロポロ…

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://wktk.open2ch.net/test/read.cgi/aimasu/1503710694/
1:
◆KQ9OMhlEUtzQ
2017/08/26(土)10:24:54ID:HgR
なんか好評だったのでシリーズ化します。
それにあたってちょっとした説明を。
前作
【モバマス】モバP「一日お兄ちゃん?」ちひろ「はい!」
では杏次元の話だって言ってましたけど、今までのSSの全次元統合してうまい具合にした世界線でやっていきます。
一応、想定では『アイドルたちの恋心』シリーズはその話のメインアイドル以外誰もPとフラグ立ってない世界線でしたが、
『1日お兄ちゃん』シリーズでは群雄割拠のアイドル戦国時代となっております。
故にアイドルとしても恋敵としても良き友良きライバルな世界線です。
ので、今回のこの世界線のお話は他シリーズには干渉しない内容となっております。
あと、『このタイトルなら複数アイドル出ると思ってた』って人がちらほら見ましたが、
『誰が出てくるのかわからない』、『この題材で杏が出る』というサプライズ的なサムシングをしたかったからあのタイトルになりました。
期待していた方は本当申し訳ないです。
今回もというか今シリーズでは、1人のアイドルに焦点を搾りますのでお含みおきください。
以上を踏まえて、今回も投下しながら書いていきます。
前回と同じく時間は掛かると思いますが、どうぞよしなに。

2:
◆KQ9OMhlEUtzQ
2017/08/26(土)10:34:15ID:HgR
モバP(以下P)「ほんとに需要あったんですねこれ」
ちひろ「だから言ったじゃないですか。これからもちょくちょくやっていこうと思いますので、よろしくお願いしますね」
P「いやまぁ、なんだかんだで杏と過ごすの楽しかったので良いんですけど……」
ちひろ「『一日お兄ちゃん』があった次の日の水面下の激闘を私は忘れません」
P「なんかピリピリしてるなと思ったらそんなことが」
ちひろ「まぁ、不公平だの何だのってことで要望があったわけですよ」
P「まぁ、1人だけっていうのもアレですもんね」
ちひろ「という
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1427127218/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2015/03/24(火)01:13:39.19ID:aQ+8rnza0
・書き溜めあり
・地の分あり
・まったり行きます

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2015/03/24(火)01:14:29.76ID:aQ+8rnza0
社長「この人が新しくプロデューサーになるP君だ。」
モバP「はじめまして、Pです。よろしくお願いしま…え?」
ちひろ「え?」
凛「え?」
卯月「え?」
未央「え?」
みく「え?」
菜々「」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2015/03/24(火)01:15:14.43ID:aQ+8rnza0
社長「なんだい、君は菜々君と知り合いなのかい?」
モバP「ちょっと昔、縁がありまして。」
社長「ちょうどいい、君には菜々君の担当プロデューサーになってもらおう。」
モバP「はい。はい?」
モバP、菜々「「えぇぇぇぇぇぇ!!」」
担当することになったアイドルは、まさかの元カノでした。
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2015/03/24(火)01:16:48.13ID:aQ+8rnza0
社長「今空いてるし、今後の方針について会議室で打ち合わせしてきなさい。」
モバP「は、はい。行きましょう。安部さん。」
菜々「わかりました。それと呼び方は下の名前でいいですよ。」
モバP「わかりました。菜々さん。」
凛「あの二人ってどういう関係なのかな?」
未央「昔ってのが気になるよね。」
卯月「昔って言っても菜々さんは17歳なので中学生とか小学生のときの話ですかね?」
凛、未央、みく「「「あっ…。」」」優しい目

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1453639637/
1:
>>1
2016/01/24(日)21:47:17.42ID:HRSq/ZIU0
まゆSSR追加&無事に引けた記念に
モバPとちっひが駄弁るだけ
引き続き妄想注意
前回の普通verの続きってことで
まぁ別に読んでなくても問題ないかと
先に謝っときます。こっひはごめんなさい


2:
>>1
2016/01/24(日)21:51:20.04ID:HRSq/ZIU0
車中
ちひろ「とか言うから期待してましたけど....」
モバP「....」ブーン
ちひろ「思いっきり仕事じゃないですか」
モバP「仕方ないでしょ。名古屋日帰りっていう日程組んだのちひろさんじゃないですか」
ちひろ「そりゃそうですけど....」
モバP「それとも仕事抜きで行きたかったですか?」
ちひろ「ちょっと期待してました」
モバP「おぉ....」
ちひろ「....何ですか。その含みのある表情は」
モバP「ちっひってお金以外にも正直になるんですね」
ちひろ「ぶっ飛ばすぞ」

4:
>>1
2016/01/24(日)21:53:53.92ID:HRSq/ZIU0
ちひろ「まぁいいです。許してあげましょう」
モバP「なんか優しいですね」
ちひろ「よくわからないですけど、最近懐が温かくなったので」
モバP「よくわからないですけど、とりあえずお礼言っておきますね」
ちひろ「えぇ。これからもよろしくお願いしますね」
モバP「ひぎぃ」

5:
>>1
2016/01/24(日)21:57:21.30ID:HRSq/ZIU0
ちひろ「で、せっかくなのでまたやりますかー」
モバP「何でしたっけ?」
ちひろ「飲み会の続きですよ」
モバP「あー....」
ちひろ「最後だけ尻切れトンボで終わった気がして」
モバP「ちひろさんが先にギブしたんじゃないですか」
ちひろ「あんだ
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1464704122/
1:
◆6QdCQg5S.DlH
2016/05/31(火)23:15:22.27ID:PnEYiIJm0
※BEMANIネタ

2:
◆6QdCQg5S.DlH
2016/05/31(火)23:16:03.01ID:PnEYiIJm0
モバP「来ない」
モバP「集合時間なのに」
モバP「来ない」
モバP「……」
モバP「5人に連絡を取った」
モバP「3人から、『あと1クレだけ』と返事が返ってきた」
モバP「……10分たっても音沙汰なかったから、もう1度連絡したら『やっぱもう1クレ』って3人から返ってきた」
モバP「そもそも、返事すら来ないのも2人いる」
モバP「……」
モバP「いや、別にただのミーティングだから少し遅れるくらいはいいんだけどさ」
モバP「……」
モバP「さっきみんなでゲーセンに行くって聞いたし」
モバP「……迎えにいくか」
3:
◆6QdCQg5S.DlH
2016/05/31(火)23:16:32.79ID:PnEYiIJm0
?????????????????????????
モバP「……さて、5人がいるだろうゲーセンについた」
モバP「……」
モバP「……」
モバP「あ、あそこでDDRをやってるのは――」
愛梨「やっ……はっ……!」
モバP「――愛梨か」
モバP「あのスタイルでDDR……」
モバP「最高だな」
愛梨「……あ?っ!」ガシャーン
愛梨「失敗しちゃった?!」
モバP「よう」
愛梨「あ、プロデューサーさん!」
愛梨「どうしたんですか??」
愛梨「……って、私たちを迎えにきたんですよね?」
モバP「ああ」
愛梨「えへへ、ごめんなさい……」
愛梨「もうちょっとでクリアできそうなのに、クリアできなくて?……」
愛梨「ん?……やっぱり、脱がなきゃできないのかな……?」
モバP「は?」
愛梨「クリアするためだし……ん?っ!」
モバP「いや、ストッ
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1465638353/
1:
◆6QdCQg5S.DlH
2016/06/11(土)18:45:53.87ID:vOkCbqQ10
ありす「おはようございます」ガチャ
ありす「……」キョロキョロ
ありす「……あ」
ありす「おはようございます、フレデリカさん」
フレデリカ「……あ」
フレデリカ「おはようございます、橘さん」ペコリ
ありす「文香さん見ませんでした?」
フレデリカ「いえ……見てません」
フレデリカ「おそらく、まだ来てないんじゃないでしょうか?」
ありす「あ……そうですか」
フレデリカ「ふふ、きっと待ってればすぐ来ると思いますよ」
ありす「……そうですよね」
ありす「ありがとうございます、フレデリカさん」
フレデリカ「いえいえ……では、私は向こうで小説を読んでますので」
ありす「わかりました」
ありす「……」
ありす「……」
ありす「誰だ今の!?」

2:
◆6QdCQg5S.DlH
2016/06/11(土)18:46:26.86ID:vOkCbqQ10
ありす「ちょっ、ちょ、ちょっと待ってください!」
フレデリカ「はい?」
ありす「誰ですかあなた!」
フレデリカ「私ですか?」
フレデリカ「私は宮本フレデリカですが……」
ありす「嘘だっ!」
フレデリカ「嘘ではないんですが……」
フレデリカ「……はっ!」
フレデリカ「もしかして……橘さん、私のこと忘れてしまったんですか……?」
ありす「そんなフレデリカさんは私の記憶上にひとかけらもいません」
フレデリカ「そんな……」
フレデリカ「しくしく……よよよ……」
ありす(あ、ちょっとフレデリカさんっぽい)
3:
◆6QdCQg5S.DlH
2016/06/11(土)18:47:11.27ID:vOkCbqQ10
ありす「ともかく、そんなフレデリカさんを私は知りません」
ありす「いつものフレデリカさんに戻ってください」
フレデリカ「いつもの私……?」<
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1467820704/
1:
◆6QdCQg5S.DlH
2016/07/07(木)00:58:24.39ID:trALIHfu0
前の
泰葉「人形の館」
寺生まれのPさんとか、微妙に幼いよしのんとか、微妙にイカレた茄子さんとか、神社生まれの歌鈴ちゃんとか出ます

2:
◆6QdCQg5S.DlH
2016/07/07(木)00:59:18.84ID:trALIHfu0
モバP「次の仕事はロケに行ってもらう」
芳乃「おー」
茄子「この3人でですか?」
モバP「うちの事務所からはそうだな」
茄子「なるほど……よろしくお願いしますね♪」
歌鈴「よろしくお願いしましゅっ!」
芳乃「……相変わらず噛み癖は抜けないのでして」
歌鈴「あうぅ……」
茄子「それで、何のお仕事ですか?」
モバP「肝試しだな」
歌鈴「……肝試しですか?」
モバP「ああ」
モバP「3人と、あと別事務所の2人で心霊スポットに行く――ってやつだ」
芳乃「ほー……」
芳乃「……」
芳乃「……人選ミスではー?」
モバP「ん?」
芳乃「わたくしたちにとって霊の類は慣れ親しんだものであるゆえー」
芳乃「怖がる姿はほぼ見せられないかとー」
芳乃「特に茄子殿は終始笑顔を見せてるのではー?」
茄子「そうですねー」
茄子「わっ、面白い……って笑ってると思います♪」
芳乃「……まさか否定されないとはー」
3:
◆6QdCQg5S.DlH
2016/07/07(木)00:59:55.51ID:trALIHfu0
モバP「まあ、それは百も承知だ」
茄子「……そうですよね」
歌鈴「私はちょっと怖いですけど……」
芳乃「そなたには技があるので大丈夫ではー?」
歌鈴「まだ修行中なので、効くかどうかもわかりませんし……」
歌鈴「……そもそも、技ができても見えないところから襲われたら……って思うと……」
茄子「……確かにそういう意味では、私も怖――」
茄子「――くはないですね、
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://wktk.open2ch.net/test/read.cgi/aimasu/1501286078/
1:
名無しさん@おーぷん
2017/07/29(土)08:54:38ID:Rcn
キャラ崩壊があります。
下ネタ注意です。

2:
名無しさん@おーぷん
2017/07/29(土)08:55:22ID:Rcn
事務所
杏「あれ?美波ちゃん、髪切った?」
美波「昨日、美容室で軽く梳いてもらって、毛先を整えてもらったの」
杏「梳くだけでも、結構雰囲気変わるね。良いじゃん、似合ってるよ」
美波「ふふっ、ありがとう♪初めていくお店だったんだけど、かなり腕の良い美容師さんが担当してくれて…」
杏「へぇ?」
美波「男の人だったんだけど、シャンプーするときの力加減がもう絶妙で……」
杏「あ?、人に頭洗ってもらうのって気持ちいいよね?。杏もたまにきらりに洗ってもらってるよ」
美波「もうっ、お風呂の時くらい、自分で洗わないとダメよ?」
杏「えぇ?、面倒くさいしなぁ……」
3:
名無しさん@おーぷん
2017/07/29(土)08:55:44ID:Rcn
アーニャ「ドーブラエ ウートラ!おはようございます」ガチャッ
美波「あっ、アーニャちゃん、おはよう!」
杏「おはー」
アーニャ「二人とも、なんの話、してましたか?」
杏「んー?美波ちゃんが、お店で良い男の人を見つけたんだって」
アーニャ「アー…………」
アーニャ「……………アァ!?」
アーニャ(ミナミが…お店で……良い男の人を!?)
4:
名無しさん@おーぷん
2017/07/29(土)08:56:03ID:Rcn
アーニャ「エッ……それはどういう……?」
美波「初めて行くお店だったんだけど、もうすっごく上手な人がいたの♪」
アーニャ「すっごく上手!?」
アーニャ(ニェーーット……お店ってそういうお店ですよね……)
アーニャ「ミニュートチク……アー、初めてってことは、他にもそういうお店に行ってる?」
美波「えっ?そりゃあ、まあ……」
杏「美波ちゃん、月に一回は行ってるよね」<
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1456045504/
1:
◆oeRx5YHce.
2016/02/21(日)18:05:04.51ID:+7xcBnfw0
本田降臨記念に
モバPとちっひが駄弁るだけ
久しぶりに言いますが妄想注意
ちっひは可愛い。可愛くない? 可愛いじゃん!(洗脳)
前スレ
モバP「ちひろさーん、飲みましょー」
モバP「ちひろさーん、ドライブ行きましょー」
モバP「ちひろさーん、ライブ見ましょー」
モバP「ちひろさーん、一旦終わりにしましょー」


2:
◆oeRx5YHce.
2016/02/21(日)18:05:35.23ID:+7xcBnfw0
???
モバP「いやー、びっくりしましたねー」
ちひろ「びっくりしたじゃないですよ」ポカポカ
モバP「あははっ。童貞にボディタッチしないで。惚れちゃうぞ?」
ちひろ「バカなこと言わないでくださいよ....」ポカポカ
モバP「本当にびっくりです」
ちひろ「なんでそんなに冷静なんですか!?」
モバP「過去ばっか気にしてたら前なんて見れませんよ。未来は前にしかないんですから」
ちひろ「だから過去も未来もなくなったんだろうが話聞けよ」メゴォ

3:
◆oeRx5YHce.
2016/02/21(日)18:08:22.12ID:+7xcBnfw0
モバP「あたし、モバP! どこにでもいるような普通のプロデューサーなんだ!」
モバP「お友達のちひろちゃんと一緒に営業から帰るその時、なんと大きなトラックが突っ込んできて大変!」
モバP「生死の淵を彷徨うことになっちゃった! あたしったら、一体どうなっちゃうのよ?」
ちひろ「なんでしょう、酷い現実逃避を見た気がしました」
モバP「冷静に考えたら本当に怖くなってきました」
ちひろ「だから言っただろうがよ」
モバP「あっ」
ちひろ「....どうしたんですか?」
モバP「俺、卯月と結婚する前に死んじゃったんですね....」
ちひろ「そんな未来はハナからねぇ
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1390663536/
1:
以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします
2014/01/26(日)00:25:36.60ID:ZQ9NQ6Cjo
―――事務所
加蓮「…………」ペラ ペラ…
泰葉「…………」カキカキ…
加蓮「……ん、んー……」ノビー
加蓮「ふー……」
泰葉「…………」ケシケシ
加蓮「…………」ジー
泰葉「…………」サラサラ…
加蓮「ねーねー泰葉ー」
泰葉「……ん、なぁに加蓮」
加蓮「暇!」
泰葉「そう」
泰葉「えと、ここは……」サラサラ…
加蓮「………………ええー」

2:
以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします
2014/01/26(日)00:29:29.76ID:ZQ9NQ6Cjo
加蓮「ねーぇー、やーすーはぁー」ユサユサ
泰葉「ちょっと、もう……揺らさないで」
加蓮「暇なの」
泰葉「知りません。私は宿題で忙しいの」
加蓮「むー」
泰葉「あっちで雑誌読んでて、ね?」
加蓮「もう読み終わっちゃったし……」
泰葉「じゃあ静かにしてて」カキカキ
加蓮「…………」ポツン
4:
以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします
2014/01/26(日)00:36:00.20ID:ZQ9NQ6Cjo
加蓮「…………」
泰葉「……んー……」ケシケシ
加蓮「……じー」
泰葉「…………」サラサラ
加蓮「じー」
泰葉「…………」サラ…
加蓮「じ」
泰葉「うるさい」ペシ
加蓮「あぅっ」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1531693587/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/07/16(月)07:26:27.46ID:gHPqtXBH0
・アニメ準拠
・キャラ崩壊
・一部オリジナル
・お互いの呼び方間違ってるかも
・口調も結構違ってるかも
・短いです

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/07/16(月)07:27:47.74ID:gHPqtXBH0
?346プロ 敷地内カフェ?
藍子「この中だと」
小春「いえ、聞こえてますから」
藍子「私が一番の巨乳ですね♪」
小春「聞えてますって言ったの聞こえてます?」
悠貴「え?ww」
小春「聞えてますよね?」
藍子「ごめんなさい。ちょっと嫌なことがあって。思わず八つ当たりしちゃったの」
小春「今の八つ当たりだったんですか?」
悠貴「八つ当たりって言葉の使い方若干間違えてません?ゆるふわ(笑)なのは性格だけじゃないんですね」
小春「悠貴さん、ちょっと黙っててください」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/07/16(月)07:28:44.69ID:gHPqtXBH0
小春「嫌なことって、何かあったんですか?もしよろしければ話してください」
藍子「それが、本当に小さいことなんだけど・・・」
悠貴「小さいのは胸だけにしておいてくださいよーwwwwww」
小春「話進みませんから」
藍子「この中だと」
小春「ほら!また最初に戻った!」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/07/16(月)07:29:23.04ID:gHPqtXBH0
・・・
藍子「この間ね、未央ちゃんの出てる新しいCM始まったの」
小春「あ、知ってます。車のCMですよね」
藍子「それでね、ついさっきのことなんだけどね、茜ちゃんに新しいCMのお話がきたの。」
小春「すごいです!何のCMなんですか?
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1532015823/
1:
◆yz988L0kIg
2018/07/20(金)00:57:03.71ID:IrDFgmoc0
アイドルマスターシンデレラガールズの佐城雪美ちゃんがPと喋らなかったり喋ったりするお話です。
3000文字ぐらいの短めのお話です。

2:
◆yz988L0kIg
2018/07/20(金)00:57:52.82ID:IrDFgmoc0
雪美「…………………」
モバP「雪美か、どうした?」
雪美「………………………」
モバP「えっ?なに?」
雪美「…………………………」
モバP「黙り込んで一体どうしたんだよ」
雪美「………………」
モバP(なんなんだ一体……)
モバP(そういえばオーディションのときもこんな感じだったっけ?)
モバP(それにしてもわざわざ近寄ってきて黙り込んで、なんなんだ)
雪美「………………………」ペシッペシッ
モバP「あっ、こら膝を叩くな皿が割れるだろ」
モバP(なんで急に膝なんか殴るんだ……しかも意外と痛い………)
モバP(膝……?もしかして膝に乗せてほしいのか?)
モバP「膝に乗りたいのか?」
雪美「…………」コクッ
モバP「乗りたいなら最初からそういえばいいのに」
雪美「……」ペシッ
モバP「いてっ」
3:
◆yz988L0kIg
2018/07/20(金)00:58:51.17ID:IrDFgmoc0
雪美「………………」
モバP(よく考えたら膝に乗られると仕事しにくいな)
雪美「……………♪」
モバP(まぁ、できないこともないし…いいか)
ちひろ「只今戻りました〜」
モバP「お疲れ様です」
ちひろ「雪美ちゃん、なんだか楽しそうですね」
雪美「うん……モバP……お仕事……見ながら…。ゲーム……楽しい…………」
モバP「喋った!」
ちひろ「当たり前じゃないですか、雪美ちゃんだって喋りますよ」
ちひろ「一部のキャラしかボイスがついてないソシャゲじゃないんですから
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1541323417/
1:
名無しで叶える物語(東日本)
2018/11/04(日)18:23:37.47ID:HQUiQOPU
千歌「かもめちゃん、ぎゅーっ?」
小5♀(な…なにこのおっぱい…柔らくてやば…)
ルビィ「かもめちゃあから離れろっ!!離れろっ!!」グイッ
千歌「えーんえーんルビィちゃんに犯されるよーえーんえーん…」
ルビィ「うしょなきしゅんなっ!」
千歌「嘘泣きじゃないもーんえーんえーん…」
ルビィ「ピギイッ!?ピギピギピギピギィ!?!?!」

2:
名無しで叶える物語(庭)
2018/11/04(日)18:24:26.43ID:eNEDF0H2
なんだこれ、続けてみろ
3:
名無しで叶える物語(庭)
2018/11/04(日)18:25:04.56ID:zPZECX3p
(…なにこのカオス!?)

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://wktk.open2ch.net/test/read.cgi/aimasu/1503337188/
1:
◆KQ9OMhlEUtzQ
2017/08/22(火)02:39:48ID:HLz
モバP(以下P)「…………ハァー……」
ちひろ「プロデューサーさんが何を言ってるのかさっぱりですけど、なんでまた」
P「いえ、最近……輝子がワシャワシャさせてくれなくなりまして……」
ちひろ「あー。確かに最近見なくなりましたね」

2:
◆KQ9OMhlEUtzQ
2017/08/22(火)02:40:09ID:HLz
P「だから目についたアイドルワシャワシャしてたんですよね」
森久保「あうぅ……完全に当て馬扱いなんですけど……。なんですか、いぢめですか……」(ワッシャワッシャ
ちひろ「文句を言う割にはちょっと嬉しそうですね、乃々ちゃん……」
森久保「……そんなことないですけど。あてくぼ、ちょっぴり傷ついているのでこうしてプロデューサーさんに癒やしてもらってるだけなんですけど……」(ワッシャワッシャ
3:
◆KQ9OMhlEUtzQ
2017/08/22(火)02:40:25ID:HLz
P「ごめんなー……。やっぱりこうして誰かをワシャワシャしないと落ち着かなくてな……」(ワッシャワッシャ
森久保「別にいいですけど……。あ、そこきもちいいのでもっとやってください」(ワッシャワッシャ
ちひろ「なんかもうワンちゃんですね……」
森久保「わん。いぬくぼですけど。……このネタ、前もやった気がします……」(ワッシャワッシャ
4:
◆KQ9OMhlEUtzQ
2017/08/22(火)02:40:34ID:HLz
P「お、じゃあリスやったし次は犬やってみるか」(ワッシャワッシャ
森久保「むーりぃー……」(ワッシャワッシャ
P「こいつぅー^^」(ワッシャワッシャ

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://wktk.open2ch.net/test/read.cgi/aimasu/1498482457/
1:
名無しさん@おーぷん
2017/06/26(月)22:07:37ID:H1s
モバP「イエーイ!」ドンドンパフパフ
ちひろ「テンション高いですねプロデューサーさん」
モバP「ちひろさんも盛り上がって盛り上がって!」
ちひろ「じゃあ我慢せずにイエーイ!」ドンドンパフパフ
モバP「このssはですね!アイドルとその私物を安価で決めながらそのアイドルをチェックするという企画です!」
ちひろ「そしてこの企画最大の特徴は…!」
モバP「アイドルがほぼ出てきません」
ちひろ「どこかから誰かが運んでくるアイドルの私物を観察して見るだけです!」
モバP「いや、もしかしたら出るかもしれないですけどね?」
ちひろ「まぁモバマスでやる必要ないなんて言われたら一貫の終わりですものね」
モバP「あとは適当に評価するだけです!早速一人目いってみましょう!」
アイドル安価↓

2:
名無しさん@おーぷん
2017/06/26(月)22:08:14ID:lMe
志希
3:
名無しさん@おーぷん
2017/06/26(月)22:12:21ID:H1s
ちひろ「とりよせバ。グ?!」テッテレー
モバP「これは…志希のバッグ!」
ちひろ「現在志希ちゃんは○さまにて収録中です!」
モバP「それでこのバッグが…」
ちひろ「スタッフさんに頼んで持ってきてもらいました」
モバP「どれ…中身を拝見!」
安価↓志希バッグの中身
4:
名無しさん@おーぷん
2017/06/26(月)22:13:15ID:bR8
使用済み下着、サイズも柄も色々

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1465804990/
1:
◆6QdCQg5S.DlH
2016/06/13(月)17:03:11.11ID:X9JvsEhc0
※遊戯王要素は一切ありません

2:
◆6QdCQg5S.DlH
2016/06/13(月)17:03:39.35ID:X9JvsEhc0
モバP「藍神ィ……お前らホント可愛いなァ……」
モバP「こいつでお前らを世界の人気者にしてやるよ」
モバP「今回のテーマは……」
モバP「『散歩』だ!」
………………
…………
……
3:
◆6QdCQg5S.DlH
2016/06/13(月)17:04:06.72ID:X9JvsEhc0
藍子「?♪」
藍子「……あら?」
奈緒「――」
藍子「……奈緒ちゃん?」
藍子「こんなところでなにして――あっ」
奈緒「よしよし……ふふっ可愛いなぁ、お前?」
奈緒「どうしたんだ、一人か?」
奈緒「それとも誰かと一緒に来たのか?」
藍子「……ふふっ」
奈緒「……ノラだったらこんなに人懐っこくはないよなぁ」
藍子「……」ソロソロ
奈緒「首輪はついてるし……お前のご主人様はどこいったんだー?」
藍子「……」ソロソロ
奈緒「……わっ!」
奈緒「おいおい舐めるなよー、あたしはお前のご主人さまじゃないぞー♪」
藍子「……」パシャリ
奈緒「ん……?」
奈緒「あ――」
藍子「あっ……」
藍子「……こんにちは、奈緒ちゃん」
奈緒「――よ、よぉ」
4:
◆6QdCQg5S.DlH
2016/06/13(月)17:04:46.16ID:X9JvsEhc0
藍子「その犬は?」
奈緒「あ、いや……なんとなく散歩してたら見つけちゃって」
奈緒「結構懐いてくるし、かわいいし……へへ」
奈緒「……!」
奈緒「な、なぁさっきのカメラの音って……」
藍子「あ、はい、これですよ」
藍子「素敵な光景が見えたので……つい、パシャリって♪」
奈緒「そ、そっ
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://wktk.open2ch.net/test/read.cgi/aimasu/1501666888/
1:
◆77.oQo7m9oqt2017/08/02(水)18:41:28ID:G7r
未熟者ゆえ、呼称や口調に違和を感じるかもしれません。
どうかご了承ください。
2:
◆77.oQo7m9oqt2017/08/02(水)18:42:15ID:G7r
P「…………」カタカタカタ
P(チラッ)
(書類の山)(資料の束)(etc...)ドッサリ
P(……終わらん……)カタカタ
P(……なんでこのデカイ事務所にプロデューサーひとりしかいないんだよ。おかしくね?無理じゃね?普通に考えて)カタカタ
P「ふー……」カタカタ
P「…………」カタカタ
愛海「ふんふーん♪プロデューサー、いるー?」ガチャ
P「ん?ああ、愛海か。どうした?」カタカタ
愛海「あ、いたいた。今ヒマ?」
P「……えっ、マジで?ヒマに見えんの?」カタカタ
愛海「あはは、見えないねー」
3:
◆77.oQo7m9oqt2017/08/02(水)18:43:12ID:G7r
P「なにか用事か?」カタカタ
愛海「まあ用事っていうか……ちょっと話したかっただけなんだけどね。忙しいならいいかなぁ」
P「そうか。相談とか大事な話なら遠慮なく言えよ。頼りになれるかはわからんが」カタカタ
愛海「ありがと。でもそんなにシリアスなお話じゃないよ。したかったのは雑談っていうか」
P「なんだ、そうなのか」カタカタッタ-ン!
愛海「猥談っていうか」
P「そうか、ちょっと待て」カタカタカタカタカタカタカタ
愛海「うわっ、手の回転上がった。なになに、どうしたの?」
P「ちょっと待ってろ。すぐにキリのいいとこまで終わらせるから」カタカタカタカタッタ-ン!カタカタカタカタカタ!
愛海「指の動き気持ち悪っ。なんでそんな急に?」
P「現役JCと猥談できるのにやる気出さねえ男がいると思うのか?」カタカタカタカタカタカタ!
愛海「できればいると思いたいかなあ」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1378630669/
1:
以下、新鯖からお送りいたします2013/09/08(日)17:57:49.29ID:XA12onxr0
----------
控え室・夜
のあ「……」
コンコン
のあ「……大丈夫よ」パタン
ガチャッ
P「のあさん、ここに居たんですね……って、その衣装……あのLIVEから着替えていなかったんですか?」
のあ「見た目通り、動くことに関しては有能な衣装……それに、事務所の衣装だから直ぐに脱ぐ必要は無いでしょう」
P「あー、確かに動きやすそうです。……今まで本を読んでいたんですね」
のあ「ええ。……今まで、ということは、結構な時間が経っているのね」
P「はい。もうスタッフの人やアイドル達はみんな帰りましたよ。ここ、事務所と親交のあるスタジオなので、自分が最後の戸締まりを任されちゃいまして」
のあ「それで私が最後、ということ」
P「そういうことです。時間はまだあるので、着替えとかは急がなくて大丈夫ですよ」

2:
以下、新鯖からお送りいたします2013/09/08(日)17:59:18.87ID:XA12onxr0
のあ「……P。視線が泳いでいるわ」
P「あっ、すみません。いや、のあさんに対して眼のやり場に困っちゃって……」
のあ「バニーガールという衣装は、元々視線を惹き付けるのを主としたもの。私が着ることは正解だったようね」
P「そうですね。のあさんは美人でミステリアスなので、バニーガールになると不思議な妖艶さが際立ちます」
のあ「………………ぴょん」
P「ああ、その台詞とウサミミの手真似、まさか前回と同じように言われるとは思ってませんでしたよ。可愛らしさもあって凄く良かったです」
のあ「……まだ視線が泳いでいるようだけれど」
P「おおう、視線が外れないように眼を見て話します……」
3:
以下、新鯖からお送りいたします2013/09/08(日)18:00:49.01ID:XA12onxr0
のあ「前回は猫耳メイド、今回はバニーガール。私にさせるとは、貴方の手腕には驚く
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1532327916/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/07/23(月)15:38:36.98ID:Z+M9XPWI0
凛世にπタッチをしても、「貴方さま、どうかなさいましたか……?」と尋ねられ、逆にこちらが戸惑うようになってしまった。何か新鮮な反応が見てみたいのだけれども。何かないか。
そうして探していた折に、一つのワードが目についた。
「嫌な顔されながらおパンツを見せてもらいたい」
ビビッと来た。
これだ。
凛世に嫌な顔をされながら…!
俺は凛世に頼み込んだ。

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/07/23(月)15:43:36.13ID:Z+M9XPWI0
凛世「プロデューサーさまに、嫌な顔をしながら、下着を見せれば……よろしいのですか……?」
意図は伝わったのだろうか?
凛世はキョトンとしてこちらを眺めている。
P「突然、こんなこと頼まれても驚くよな?ごめんな、やっぱりやめ
凛世「わかり、ました……。」
P「え、いい、のか?」
凛世「貴方さまが、それを……望むなら、凛世は叶えたく……思います。」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/07/23(月)15:57:03.70ID:Z+M9XPWI0
凛世「プロデューサーさま、それで……どうすれば、いいのでしょうか……?」
P「ああ、やり方か。俺がこう、座るから、目の前で見下ろしつつ、嫌そうな表情をしてパンツを見せてほしい。」
凛世「この距離で、ですか……?漫画でも、このようなことは、見たことがありません……。」
P「最近は、その状況を喜ぶ人もいるらしいんだ。俺も、凛世のそういう姿を見てみたい。自分勝手な頼みで、ごめんな。」
凛世「貴方さまが、そこまで……凛世は果報者で、ございます……。」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1540643011/
1:
名無しで叶える物語(プーアル茶)
2018/10/27(土)21:23:31.66ID:w7fyC+3e
曜「あ、あぁ?ッ!」 ドピュドピュドピューッ!
千歌「はい、今日の搾精は終わり。お疲れさま」
曜「うぅ……あ、ありがとうございました……」
数週間前、念願の浦の星女学院に入学したのだが、『女性ばかりの学校で童貞を野放しにすると皆レイプされるのでは』
という懸念の声があり、結果、千歌ちゃんが定期的に私のオチンチンから精子をシコシコしてくれるようになった。しかし千歌ちゃんはなんだか
私のことがキライみたいで、いつもいつも不愛想にオチンチンシコシコして、ちんちんイタイイタイなのだった。

2:
名無しで叶える物語(プーアル茶)
2018/10/27(土)21:25:05.05ID:w7fyC+3e
曜「トホホ……千歌ちゃん可愛いのにオチンチンシコシコはイタイイタイなんだから……あーあ、どうにかして千歌ちゃんの精液ピュッピュをやさしくて気持ちいものにしてもらえないかな?、ん?」
深夜なのに千歌ちゃんの部屋から明かりが漏れている。
3:
名無しで叶える物語(やわらか銀行)
2018/10/27(土)21:26:32.44ID:7VnpoD27
胸でやれ

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://wktk.open2ch.net/test/read.cgi/aimasu/1542383120/l10#
1:
名無しさん@おーぷん
2018/11/17(土)00:45:20ID:7uQ
五十嵐響子「勉強会ですっ!」
のアフターストーリーみたいなものだけど別に読まなくていいよ
ざっくり説明しておくと五十嵐さんはイガ地さんもしくはオナ嵐さんだったって話だよ
以上を踏まえた上で始めるね

2:
名無しさん@おーぷん
2018/11/17(土)00:53:50ID:7uQ
みく「カレーおいしいにゃあ……」モグモグ・・・
泰葉「す、すみません! みくさんがお魚が苦手ということを失念していて……」
みく「うん、まあいいよ……。天丼とかあるし……」
みく「っていうかそこは響子チャンが止めるべきだったよね?」
響子「いい機会じゃないですか! アレルギーならともかく、ただの好き嫌いなんだからちゃんと直さなきゃですっ!」
みく「いいじゃん……別に困ることもないし」
響子「お魚のタンパク質や脂は肉とは質が違うんですよ! 栄養はバランスよく多種多様にとらないと! ね、泰葉ちゃん!」
泰葉「えっ、私ですか!?」
泰葉「えっと……こほん。そうですね、芸能は身体が資本ですから、栄養管理に関しては特に入念であるべきだと思います」
泰葉「特にみくさんは私達より体を使うお仕事が多いですから……ね?」
みく「味方がいなくなったにゃあ……」
3:
名無しさん@おーぷん
2018/11/17(土)01:03:47ID:7uQ
みく「っていうか、そもそもここ回転寿司じゃん。どっちかといえばジャンクフードだし栄養も何も無いんじゃないの……?」
響子「もう! 文句を言うんじゃありませんっ!」
みく「ええ……」
泰葉「す、すみません……回転寿司、私のリクエストなんです」
泰葉「その、来たことが無かったものですから。こういう機会にでも是非、と……」
響子「え、そうなんですか?」
泰葉「はい。普通のお寿司屋さんなら幼い頃お仕事の関係でよく連れて行ってもらったんですが、そのせいか家族も気を遣わせてしま
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1542396111/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2018/11/17(土)04:21:51.76ID:cVnS6gHZ0
「ごめんなさい。……ごめんなさい、プロデューサーさん」
「本当は駄目なんだって、わかってます。まだ駄目。今の私とプロデューサーさんじゃ、まだここまで進んじゃ駄目なんだって……それは、わかってるんです」
「わかってます。……わかってますけど……でももう、我慢していられないんです……」
 静かな、静かな、部屋の中。
 普段は外から響いてくる誰かの足音も、綺麗だったり可愛かったり色とりどりな誰かの歌声も何も。普段満ちている音の何もかもが無い今。甘い香りだけを漂わせ、ただぐちゅ、ぐちゅ、と普段聞きなれない粘り気を帯びた水音が小さく鳴り渡る二人きりの仮眠室。
 それまで閉じていた目を少しだけ開いてぼーっとまだ虚ろに呆けた様子のプロデューサーさんの横、そこへそっと寄り添って。静かにゆっくりと上下させる手の動きはそのまま、その呆けた顔を覗き込むようにして見つめながら、ぽつぽつ言葉を口に出す。

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2018/11/17(土)04:23:50.59ID:A31OYsbcO
「わかってます。私は、プロデューサーさんのことならなんだってわかってるんです」
「プロデューサーさんが私のことを好きでいてくれてること。アイドルとしても、異性としても、誰より大好きでいてくれてること」
「誰より。……他の、どんな誰よりも」
「いっぱいのアイドル達。たくさんのスタッフさん達。プロデューサーさんの周りには数えきれないくらい大勢の人がいて……でも、その中の誰よりも私を好きでいてくれている。大切に思って、愛おしく想ってくれている」
「それはわかってるんです。だからまだちゃんと男の人としては私に応えてくれないことも、だからまだ私とこうするのを我慢してくれてることも」
「わかってます。……でも、わかってて……わかってるのに、でも、もう、駄目なんです……」
 眠りから覚めて、目の前の瞳がだ
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1539829538/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/10/18(木)11:25:38.86ID:5EnCQlsp0
アイマス×リンカーンシリーズ第6弾
春香「限界を調べてみよう」
春香「亜美真美の誕生日を盛大に祝おう!」
このみ「限界を調べてみよう」
恭二「俺たちで」隼人「シャンプーのCM?」
春香「みんなで巨大化させてみよう」


2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/10/18(木)11:34:57.88ID:5EnCQlsp0
…という春香の一言で10月某日に、某公園の大木前で集合することになった。
賛同したのは春香を含む13名。
果してどんな格好で現れるのか!
※ちなみに衣装はすべて青葉美咲さんが製作しました
※なお、うp主はコラ画像を作る技術を持ってないため、各々参考画像から想像してご覧ください。
まず、最初に現れたのは…
やよい(?)「ピッピッピッピッピーピッ!」
やよい(?)「はわっ!まだ誰もいないんですか!?」
やよい(?)「やってみたい格好で集まろうっていうことらしいですけど…」
やよい(?)「春香さんもいませんし…」
やよいのコスプレ 『はたらく細胞』の『血小板』
https://ord.yahoo.co.jp/o/image/RV=1/RE=1539916366/RH=b3JkLnlhaG9vLmNvLmpw/RB=/RU=aHR0cHM6Ly9kaWMubmljb3ZpZGVvLmpwL2EvJUU4JUExJTgwJUU1JUIwJThGJUU2JTlEJUJGJTI4JUUzJTgxJUFGJUUzJTgxJTlGJUUzJTgyJTg5JUUzJTgxJThGJUU3JUI0JUIwJUU4JTgzJTlFJTI5/RS=%5EADBmzYyUlXcLWaO.2h9tz2ry4iIpEo-;_ylt=A2Rivb7O8MdbdxEA2x6U3uV7;_ylu=X3oDMTBiaGxjcmduB
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:https://hayabusa.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1363268486/
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2013/03/14(木)22:41:26.90ID:L65xU/VH0
ちひろ「あれ、プロデューサーさん。お仕事もせずにパソコンで何を見てるんですか?」
モバP「ちょっ、人聞きの悪いこと言わないで下さい。プロデュースしているアイドルたちのブログとかを見ているんですよ」
ちひろ「ほほー、なるほど。ブログとかのSNSって、ファンにとってもはアイドルの生活を見られる重要なツールですよね」
モバP「そうですね。アイドル達にはブログとツイッターをすることは認めてます。
    ツイッターはSNSではなくミニブログという立ち位置らしいんですが、こちらは自分も確認しやすいのでいいかなと」

2:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2013/03/14(木)22:42:59.42ID:B2tP0gcb0
アイドルがツイッターやる利点ってあるの?
3:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2013/03/14(木)22:48:17.71ID:3R3bw6U00
>>2
信者を増やせる
4:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2013/03/14(木)22:48:19.63ID:L65xU/VH0
ちひろ「……あれ? 確認と言っても、これって仕事をサボっている事には変わりないですよね?」
モバP「し、仕事は残りをまとめるだけなので直ぐ終わりますよ。珍しく定時には終わりそうです」
ちひろ「あら、そうなんですか。ほんと、珍しいですね」
モバP「今日は先に色々済ませておいたので……ああ、そうだ。
   SNSはファンとの距離を近づけるものですが、炎上の種にもなりやすい。こういった事を管轄するのも、歴としたプロデューサーの仕事かもしれませんね(キリッ」
ちひろ「まぁブログやツイッターが原因で炎上しちゃった芸能人も少なくはないですけど……そもそもやらせなければいいのでは……」
モバP「アイドル達は必
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1436598440/
1:
◆foQczOBlAI2015/07/11(土)16:07:30.29ID:cUnA7Hcn0
モバP「元カノのプロデューサーになった。」
の過去話です。

2:
◆foQczOBlAI2015/07/11(土)16:09:05.31ID:cUnA7Hcn0
「「かんぱーい!」」
「いやー、今週もお疲れ様でした。」
「こうして最近ちひろさんと週末に二人で飲むのが習慣になりましたね。」
「たまには違う人でも呼びますか?例えば菜々さんとか。」
「ちひろさんや。菜々はぴちぴちの17歳ですよ。」
「そうでしたね。そういえばPさんは菜々さんと付き合ってたんですよね?」
「そうですよ。」
「菜々さんと付き合った経緯とか詳しく教えてもらいたいです。」
「いいですよ。」
「やけに素直ですね。もっと渋るかと思ってました。」
「たまには俺も吐き出したいんですよ。お酒の席ですしアイドルはいないし、いいかなって。」
そう言いながら俺はビールをあおった。炭酸でのどが熱くなる。
そういえばあの夏もこんな経験したな。
3:
◆foQczOBlAI2015/07/11(土)16:10:17.68ID:cUnA7Hcn0
菜々は俺のクラスメートだった。
当時は安部さんって呼んでいたな。
あの感覚は一目ぼれってヤツだったのかな。
とにかく体中に電流が走る感じ。熱を帯びる感じ。
小さい体でパワフルで、なんだか守ってあげたくなるような感じ。小動物系ってヤツなのかな?
とりあえず安部さんに近づきたくて色々したな。
今のスカウトのためのコミュ力はここに由来してるのかもな。
そんな感じのTHE男子高校生みたいな高校時代だったな。
今思うとすごく青春してたな。懐かしくて涙が出そうだ。
4:
◆foQczOBlAI2015/07/11(土)16:14:00.70ID:cUnA7Hcn0
安部さんはクラスの文化祭の実行委員をやっていた。
俺もそれに入った。安部さんと仲良くなるとい
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1466357323/
1:
◆6QdCQg5S.DlH
2016/06/20(月)02:28:43.71ID:3qyMdc/w0
文香「……」
ありす「……」
ありす(……文香さんが本を読んでいます)
ありす(今日も麗しい)
文香「……」ペラ
ありす(本をめくる手も白くて、細くて、綺麗です)
ありす(羨ましい……私もあんな手になれるでしょうか……?)
ありす(……いえ)
ありす(文香さんみたいになれるわけありません)
ありす(文香さんは唯一無二)
ありす(文香さんと対等の美しさになれるはずありませんよね)
ありす(それでも、隣に並び立っても、文香さんの美しさを損なわないほどの美しさを持ちたい)
ありす(橘ありすです)
文香「……」ペラ
ありす(……しかし、本当に集中してますね)
ありす(いつものことですが……こんなに視線を向けても、こちらを一瞥もしないなんて)
ありす(まあ、おかげで私はこんなにもじっくり見れるんですが)
ありす(……)
文香「……」
文香「……」ズズ
文香「……あひゅっ」
ありす「!」
ありす(あひゅっ! あひゅっですって! 文香さんカワイイ!)
ありす(自分で熱いお茶を淹れてたのに、忘れてたんでしょうか?)
ありす(それでも、もう少し温いと思ったんでしょうか?)
ありす(……いえ、どちらでもかまいませんね)
ありす(ひとつわかることは、やはり文香さんは天使――)
ありす「――いえ、文香さんは女神!」


2:
◆6QdCQg5S.DlH
2016/06/20(月)02:29:21.06ID:3qyMdc/w0
ありす「……あ」
ありす(し、しまった……言葉に出してしまった……!)
ありす(いつも気をつけてしまったのに……いや、でも……)
ありす(文香さん、本を読んでるときは他のことをまったく気にしませんし……)
ありす(今回も聞き流して――)
文香「……女神?」
ありす(――ないっ
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1531065295/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/07/09(月)00:54:56.08ID:SfpjZ3lP0
文字数多いですがご了承ください

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/07/09(月)00:55:31.58ID:SfpjZ3lP0
俺「家の中には母さんと妹と俺」(CV.中村悠一)
俺「まず敵に勝つには、今、俺の置かれている状況を把握し、分析する事」
俺「ここで勘違いしているものもいるかもしれないが、決して家族が敵というわけではない」
俺「今年、無事県一の公立校に進学することの出来た俺に対し、今の母さんは甘い・・・そして今、母さんは一階のリビングで洗濯物を畳んでいる」
俺「妹は最近こそ素っ気ないものの、所々で垣間見えるブラコン気質・・・そして今、妹は一階のリビングでGODIVAのチョコ16個入りの箱を開けていた」
俺「妹はそれを全部食べるようだ。俺が哀れみの目で妹を見ていると、妹は
妹「兄ちゃんにはあげないからね」ジトメ(CV.水瀬いのり)
俺「と睨んでくる始末、そこから箱の蓋を箱の角にちょこんとリボンが見えるように乗せ、携帯の写真アプリを開けようとしたところで俺は二階の自室に向かい、今に至る」
俺「つまり、今妹はGODIVAを撮ることに必死だ。さらにそこからあの大量のチョコ、妹のことだ。チマチマ食べるに決まってる。母さんが畳んでいた洗濯物もあと8分と29秒かかると予測できる」
俺「・・・いける。俺が敵に対し必要な時間は6分45秒だ」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/07/09(月)00:56:03.35ID:SfpjZ3lP0
俺「敵(性欲)を処理できる・・・!!」

4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/07/09(月)00:57:34.61ID:SfpjZ3lP0
俺「シコティッシュを回収し、トイレに流し、詰まらないよう一個一個流すのに42秒」
俺「やれる
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1542135547/
2:
◆3xQXQ8weeA
2018/11/15(木)03:10:58ID:jhXz2Ymc
投下していきます。
アルストは書くの難しい。千雪さんが結構はしゃぐし甜花も『…』使い分けがいろいろとあったり
夏葉の女性言葉とかはある程度小説読んでればできる……かも?
拙い作品ですがよろしくお願いします
3:
◆3xQXQ8weeA
2018/11/15(木)03:11:49ID:jhXz2Ymc
夏葉「みんな!おはよう!」
夏葉「……あら?誰もいないの?」
夏葉(予定表は……プロデューサーは今日千雪と甘奈の付きそいだったのね。はづきさんはまだ来る時間じゃないし……でも鍵は一体だれが?)
夏葉「……ん?」
夏葉(ソファに誰か……)
夏葉「甜花?」
甜花「んぅ……」スヤスヤ
夏葉(珍しいわね。普段、あまり早い時間に来ないはずだけど……。今日の予定は……)ヨテイヒョウミル
夏葉(今日はお休み……。何か用事があったのかしら?)
4:
◆3xQXQ8weeA
2018/11/15(木)03:14:21ID:jhXz2Ymc
夏葉(どっちにしろこの後事務所に人が来るまで時間があるし起こしてあげないと)
夏葉「起きなさい、甜花。朝よ」ユサユサ
甜花「……んぅ?」ユスラレ
夏葉「起きなさい。今日はお休みでしょう?」
甜花「あれ……夏葉さん……?」
夏葉「おはよう。今日はどうしたの?いつもより早いけど、用事?」
甜花「ふぁ……」
甜花「…………」
甜花「…………!?」ガバッ
甜花「あわわ……えっと……夏葉、さん……?」
夏葉「? どうしたの?飛び起きたりして」
5:
◆3xQXQ8weeA
2018/11/15(木)03:15:57ID:jhXz2Ymc
甜花「その……おはよ……ございます……」
夏葉「ええ、おはよう。気持ちのいい朝ね」
夏葉「でも今日甜花はお休みでしょ?それにいつもより早い時間に来ているけど……何
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1486205839/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2017/02/04(土)19:57:19ID:dWgN65yE
女先輩「クーデレの派生とかじゃないか?」
男「最初は俺もそう考えていたんですけど違うらしいです」
女先輩「クンデレねぇ......ところで、部活には顔出さなくて良いのか?」
男「やば、忘れてた......ちょっと行ってきます!」ダダダダダ

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2017/02/04(土)19:57:51ID:dWgN65yE
女先輩「............よし」チラ
「」←男のブレザー
女先輩「お、男くーん///」ギュウ
女先輩「スゥ......はぁぁ///」クンクン
女先輩「(男くん男くん男くんの匂い良い!好きだよぉ///はぁ幸せすぎるぅ///)」クンクン
女先輩「(ああ......ずっと嗅いでいたい///)」クゥーン

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
2
3
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。