SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
媒体:おかしくねーしSSまとめ
<<
2018年03月
>>
739件取得
人気記事順表示
<<
0
1
2
3
4
5
>>
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1416411901/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/11/20(木)00:45:01ID:tAnttHpY
<勇者の自宅>
勇者(魔王め……三年前に倒したばかりだってのに)
勇者(まさか、こんなにも早く復活するとは思わなかったな)
勇者(まぁいいや……。世界の平和を脅かすのなら、何度だって倒してやる!)
勇者(準備も整ったし、そろそろ出発──)
コンコン
勇者(ノック? だれだ、この忙しい時に……)
勇者「はい」ガチャッ…

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/11/20(木)00:50:28ID:tAnttHpY
白スーツ「おはようございます」ニコッ…
勇者「お、おはよう……」
勇者(なんだこの男は……。見たこともない服を着ているが……)
勇者「俺になにか用か?」
白スーツ「わたくし、セールスマンでございます」
勇者「セールス? つまり、物を売りたいってこと?」
白スーツ「はい」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/11/20(木)00:54:09ID:tAnttHpY
勇者「悪いんだけど、俺すぐに出かけなくちゃいけなくて──」
白スーツ「魔王退治の旅に、ですか? 勇者様」
勇者「!」
勇者「なんで俺のことを……」
白スーツ「ハッハッハ、ご謙遜なされる」
白スーツ「今この世界に住む者であなたを知らない者はいないでしょう」
白スーツ「なにしろ三年前、魔王を倒し、世界を救われた方なのですから」
勇者「知らない者はいないって……。さすがに褒めすぎだよ」
勇者(……悪い気はしないけど)
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/11/20(木)00:57:10ID:tAnttHpY
勇者「だけど、だとしたら俺がここで立ち止まってるヒマがないことも分かるだろ?」
勇者「アンタのいうとおり、俺は今すぐ魔王退治に出かけなきゃならない」
勇者「だから──」
白スーツ
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1416400827/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/11/19(水)21:40:27ID:lXKxJCfw
?教室?
女級友「ねぇ委員長、数学で分からないところがあるんだけど……」
委員長「見せてみて! どれどれ……」
委員長「コラ不良! 教室内で騒がない!」
不良「ちぇっ……」
メガネ(ああ、委員長……今日もステキだ)ドクン…
メガネ(美人で、凛々しくて、頭がよくて、スポーツも万能、人望も厚い……)
メガネ(ボクは彼女が好きだ。大好きだ)
メガネ(だけど、ボクは一生この想いを封じ込めたままだろう)
メガネ(だって、ボクみたいな地味なガリ勉が、彼女と釣り合うわけないんだから……)

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/11/19(水)21:43:15ID:lXKxJCfw
昼休み──
委員長「…………」ゴクゴク…
委員長「ふうっ」
メガネ(委員長がペットボトルのお茶を飲んでる!)
メガネ(ああっ、なんて優雅な仕草! なんて美しい唇!)ドクン…
メガネ(できることなら、ボクもあの唇に吸いつきたい……!)
メガネ(だけど、ボクが委員長にキスを迫ったところで……拒絶されるに決まってる)
メガネ(だからせめて……間接キッスをしよう!)
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/11/19(水)21:44:46ID:lXKxJCfw
放課後──
委員長(さてと、そろそろ帰ろうっと)ガタッ
メガネ(結局、放課後までペットボトルを捨てなかったなぁ)
メガネ(捨てたら、すぐにゴミ箱から回収しようと思ってたのに……)
メガネ(だけど帰り道に、どこかに捨てる可能性がある!)
メガネ(そうと決まれば、委員長を尾行だ!)ササッ

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1416348062/
1:
◆RNkYQ8oSY62014/11/19(水)07:01:02ID:AaBJOdk.
『こんにちは』
公園でこどもが泣いていた
こどもの笑顔が見たかった
わたしは高く高く跳んでみせた
着地に失敗してわたしは転んだ
泥にまみれてからだが汚れた
こどもは笑った
春の陽ざしのなか
わたしも笑顔になった
2:
◆RNkYQ8oSY62014/11/19(水)07:01:55ID:AaBJOdk.
『今日は暑いね』
鼻先でボールを回した
くるくると、くるくると
こどもは拍手をくれた
燃えるような夏の熱気のなか
わたしも笑顔になった
3:
◆RNkYQ8oSY62014/11/19(水)07:02:35ID:AaBJOdk.
『風が強いね』
夏が終わり秋が来た
わたしはボールを回した
ひゅるると冷たい風が吹いた
重力に引かれてボールは落ちる
こどもはため息をついた
ボールは地面を転がる
ころころと、ころころと
4:
◆RNkYQ8oSY62014/11/19(水)07:03:45ID:AaBJOdk.
『とっても寒いね』
そこに冷たい目をした
おとなたちがやってきた
ここを更地にするらしい
薄汚れた革靴で
公園を踏み荒らしていった

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1522248602/
1:
◆9isO1MiEwMGC
2018/03/28(水)23:50:02.65ID:rdx0RHsU0
メリーさん「今ケータイショップの前にいるの!」
プッ、ツー、ツー…
男「なんかメリーさんからメッチャウキウキで電話来た」

2:
◆9isO1MiEwMGC
2018/03/28(水)23:52:44.01ID:rdx0RHsU0
数十分後
メリーさん「ふぇ…ぐすっ…うえぇ…ずびーっ…」
男「どう?落ち着いた?」
メリーさん「……玄関開けてくれてありがとうなの…私、メリーさん…今あなたの家の中にいるの…」
男「知ってる」
3:
◆9isO1MiEwMGC
2018/03/28(水)23:53:44.04ID:rdx0RHsU0
メリーさん「メリーさん人形だからスマホが打てないなんて…完全に誤算だったの…しくったの…」
男「馬鹿じゃねぇの?」
メリーさん「二回目の電話かけられなくてそのまま家に来たのに玄関を開けてくれるなんて…現代人も捨てたモンじゃないの…」
男「家の前で幼女が泣いてたら変な噂立っちゃうわボケェ」
4:
◆9isO1MiEwMGC
2018/03/28(水)23:55:07.92ID:rdx0RHsU0
男「っていうか一回目の電話はどうやってかけたの?」
メリーさん「ケータイショップ出る前に受付のお姉さんに使い方訊きがてらお願いしたの」
男「で、もう大丈夫と思って二回目は自分でかけようとしたら出来なかったと」
メリーさん「そういう事なの」
男「馬鹿じゃねぇの?」
メリーさん「二回も言わなくていいの!」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1522150315/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/03/27(火)20:31:56.16ID:hqMh3ZAj0
看護婦「さぁ、今年で第70回目を迎える不健康トーナメントッ!」
医者「今年も健康診断で引っかかりまくった、不健康な奴らが集まってくれたぜ!」
医者「全選手入場ッ!!!」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/03/27(火)20:32:27.63ID:hqMh3ZAj0
医者「血圧計泣かせの怪物がやってきたッ!」
医者「どんだけ怒りっぽけりゃ、こんな血圧叩き出せるんだッ!」
医者「血野圧男ッ!!!」
圧男「私の血圧は530000です」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/03/27(火)20:33:31.14ID:hqMh3ZAj0
医者「不健康といったらこいつは欠かせない!」
医者「悪玉コレステロールを超える、極悪玉コレステロールの持ち主ッ!」
医者「甲礼捨郎ッ!!!」
捨郎「へっ、どいつもこいつも叩き潰してやるぜ!」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/03/27(火)20:35:30.13ID:hqMh3ZAj0
医者「アルコールを毎日どころか毎秒アンコールッ!」
医者「肝臓はもうギブしてるのに、今日も日本酒飲んでやがるッ!」
医者「亜留宙太ッ!!!」
宙太「ウ?イ……」ゴブゴブ

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1414676954/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/10/30(木)22:49:14ID:1b/QAV4o

ほむら「転校初日なのにうっかり寝坊してしまったわ」
ほむら「急いで走っているけど間に合わなそうだわ」
一方通行「ベクトル操作」
ほむら「あっ、急に加速したわ」
ほむら「イチローのレーザービームくらいの速度が出てるわ」
ほむら「これならHRに間に合いそうだわ」
ほむら「ありがとう一方通行さん」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/10/30(木)22:49:49ID:1b/QAV4o

和子「転校生を紹介しまーす」
ほむら「暁美ほむらです、よろしくお願いします」
ほむら(今度こそ守ってみせるわまどか)ギロリ
まどか(ふええ、なんか睨まれてるよぉ)
ほむら(しまった、気合いを入れすぎてまどかが怯えているわ)
一方通行「ベクトル操作」
ほむら(あっ、なんだか顔の筋肉がリラックスして自然な笑顔になったわ)
まどか(素敵な微笑みだなぁ、仲良くなれそうかも!)
ほむら(ありがとう一方通行さん)
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/10/30(木)22:50:53ID:1b/QAV4o

ほむら「貴方はこの世界が尊いと思う?」
まどか「えっと……」
ほむら(しまったわ、緊張のあまり厨二病発言をしてしまったわ)
ほむら(まどかがどん引きしてるわ、どうしよう)
一方通行「ベクトル操作」
まどか「ふふっ、ほむらちゃんって面白い子なんだね」
ほむら(あ、まどかの副交感神経が優位になったわ)
ほむら(ありがとう一方通行さん)

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1503233641/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/08/20(日)21:54:02.24ID:VFzM8mIK0
杏「ねぇ…起きてよ」
屋根裏「…」
杏「ねぇ…」
屋根裏「ん…」
杏「おはよ」
屋根裏「…」
>杏が俺のベッドに裸で寝ている。
屋根裏「なんで杏が裸でいるんだ」
杏「もう…昨日の事忘れちゃった?」
杏「散々私の事犯した癖に」
杏「警察に駆け込めば絶対に有罪だよ?逃げられないだから」
杏「君は私の物なんだから」


2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/08/20(日)21:55:33.68ID:VFzM8mIK0
屋根裏「…」
>昨日の記憶が薄い…。
>何をした…。
屋根裏「何でこんな事を?」
杏「君がいけないんだよ」
杏「彼女をほったらかして他の女と遊ぶから」
杏「私のだけなんだから…」
>杏の目が黒い…。
>杏は着替えると帰って行った。
屋根裏「昨日俺は何をした?」
バイトが終わり、杏が遊びに来て、その後に妙なジュースを飲まされて…それから記憶が無い。
屋根裏「それで杏と寝たのか」

3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/08/20(日)21:56:34.37ID:VFzM8mIK0
カラーン
屋根裏「ん?」
真「おはよう」
屋根裏「おはよう、どうした?」
真「えっ…と」
真「…これからの事について話し合おうと思って…」
真「その私達もう付き合って長いよね?」
屋根裏「…?」
真「だからそろそろ身を固めてないと思って」
真「ここに婚約届けがあるからサインしてくれない?」
屋根裏「まだ17歳だ」
真「分かっているわ。あなたは18歳になったら一緒に出しに行きましょう」
真「大丈夫。私達ならいい夫婦にあるわ」
>真が手を握ってきた。
>真の目
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1414841632/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/11/01(土)20:33:52ID:XVTRhaQk
※怖いコピペ「きさらぎ駅」を中途半端にパクリました。許して

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/11/01(土)20:34:32ID:XVTRhaQk
あるひ
ソーニャ(休日の内に近隣の地理を頭に入れておくか)
    (いざという時のために役立つかもしれないからな)
てくてく
ソーニャ(あいつがいないと本当に気楽だな)
てくてく
ソーニャ(ん?こんな道もあるのか……変に曲がった道だな)
てくてく
ソーニャ(お、抜けたぞ……商店街の門か。寂れてるな。シャッターが閉まっている)
てくてく
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/11/01(土)20:35:35ID:XVTRhaQk
人影「……」ぬっ
ソーニャ「!?」ビクッ
するっゴトッ
おかっぱマネキン「……」
ひょい
ソーニャ「あ……どうも」
    (なんだ人形か)
    
ソーニャ(やすなに見えてしまった……)
    (いかん…あいつに侵食されすぎてる)
    (人形に驚いてケイタイをおとしてしまうとは……情けない)
てくてく
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/11/01(土)20:36:13ID:XVTRhaQk
ソーニャ「え!?」
がばっ
ソーニャ(今の、人形だったよな)
ソーニャ「いない」キョロキョロ
ソーニャ「見間違えか?」
ソーニャ「……」
5:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/11/01(土)20:36:43ID:XVTRhaQk
ソーニャ「…あれ?ここは何処の道だ?」
ソーニャ「いつの間にか全然知らない場所だ。確か商店街にいたのに。まいったな」
ソーニャ「誰かにきくか?いやしかし……」キョロキョロ
ソーニャ「
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1411261272/
1:
◆UDTNoqxspc
2014/09/21(日)10:01:22.15ID:VvPcKUjI0
どうも皆さんおはようございます。
SSを書くのは二作目となります。
祝メモリ増築、ということも含め投下させて頂きます。
まだまだ、文法や語句の用法の間違い等、至らない点は多々ありますが、温かい目でみて頂けますと有難いです。
また、私の書くキャラクターはキャラ崩壊も激しいとの声もありましたので、この作品ではなるべく気をつけて書いていふつもりではあります。
ですが、不快になられる方がいらっしゃるかもしれませんので、その際にはどう違うのかをご指摘して頂けると有難いです。
それでは次から投下していきます。

2:
◆UDTNoqxspc
2014/09/21(日)10:07:19.73ID:VvPcKUjI0
いろは「せんぱぁーい、人参食べて下さーい」
八幡「そんなのガキじゃねーんだから自分で食えアホ後輩」
奉仕部の依頼で知り合った後輩である一色が、勝手に俺のベストプレイスで食べるようになってから一ヶ月と半月程度が立った。
突然押しかけてきて、先輩一緒にお昼ご飯食べましょう、だなんてなにか企んでる様にしか思えなかったので、最初は屋上とかトイレとかあちこちへひたすら逃げていたのだ。
が、一色の脅し(あえて内容は言わないでおく)に負けてしまい諦めることにした。
なんでそんなに一緒に昼飯を食べようとするかな。
相手が俺じゃなかったら、思わせぶりな態度で勘違いして告白し振られる所までが1セットだな。
失恋のスペシャリストである俺だからこそ、勘違いせずなんとかなっている訳だ。
3:
◆UDTNoqxspc
2014/09/21(日)10:11:51.73ID:VvPcKUjI0
そんな事を考えながら、黙々と食事をしていると一色が話しかけてきた。
いろは「先輩なんか話振ってくださいよー」
八幡「は?ぼっちにそういうコミュニケーション能力求めんなよ」
いろは「はぁ...。これだから先輩はぼ
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1412283602/
1:
◆3pCIhha3Cw
2014/10/03(金)06:00:12.51ID:nUMvoohx0
八幡「と、戸塚......か!?」の続きです
※オリキャラとそれに伴う設定注意※
比企谷家、玄関
小町「お兄ちゃん、今日もお出かけ?」
八幡「ああ、ちょっとな」
小町「おお!いつも休みは篭りっきりなお兄ちゃんにしては珍しいね!」
八幡「ほっとけ」
小町「それで誰と?雪乃さん?結衣さん?」ニヤニヤ
八幡「なんでその2人が真っ先に出てくるんだよ」
小町「いや?、小町的にはそっちの方がポイント高いし」
八幡「......その2人と戸塚も一緒だ、微妙に違うけどな」
小町「へ?」

2:
◆3pCIhha3Cw
2014/10/03(金)06:01:07.39ID:nUMvoohx0
――――――
―――――
八幡(以前行ってから結構間もない気がするが俺達はディスティニーランドに遊びに行く事になった)
八幡(雪ノ下と由比ヶ浜......それと戸塚文加(あやか)さんと一緒にだ)
八幡(文加さんは戸塚の双子の妹?でデートをした)
八幡(そこを雪ノ下と由比ヶ浜に見つかって一悶着あったが誤解だとわかってくれた)
八幡(文加さんは戸塚の女装か?本当に双子の妹か?疑いもしたし戸塚にけしかけてもみたが......)
八幡(今となっては本人が本当の事を言うまで待つ事にする。あまり妙な事したくないしな)
八幡(由比ヶ浜は4人で遊びに行こうよと言ってディスティニーランドに遊びにいく運びとなった)
八幡(戸塚に文加さんを誘おうとした時に一緒に行こうと思ったが都合が悪く断られた......)
八幡(双子で一緒に居るところを見たい......というわけではないが)
八幡(単に女3人男1人というのは俺がなんか窮屈だ!)
3:
◆3pCIhha3Cw
2014/10/03(金)06:01:57.52ID:nUMvoohx0
待ち合わせ場所
八幡「おう、来るの早いな」
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1522235049/
1:
◆LYNKFR8PTk
2018/03/28(水)20:04:10.15ID:jX4GYmVr0
野崎「いや……そういえば金髪にした理由って……黒髪だと地味になるからってだけなんですよね」
野崎「なんか二人の性格だと髪染めてるのに違和感が……」
宮前「……そうだ、夢野さん」
野崎「なんですか?」
宮前「今度の話はそれでいきましょう」
野崎「えっ……?」
宮前「鈴木とマミコが金髪にしてる理由ですよ」
野崎「!」


2:
◆LYNKFR8PTk
2018/03/28(水)20:04:56.35ID:jX4GYmVr0
宮前「『恋しよっ』はまだ過去のエピソードが一回もないですから」
宮前「ネタも尽きてきた頃だしそろそろ過去話を出してもいいと思うんです」
野崎「過去の話……ですか」
宮前「だから今話してたマミコと鈴木が髪を染めてる理由とかどうでしょう」
野崎「なるほど……描いてみます!!」
野崎(剣さんの期待に応えなければ……)
3:
◆LYNKFR8PTk
2018/03/28(水)20:05:23.09ID:jX4GYmVr0
野崎(描いてみますとは言ったものの……アイデアが全く思いつかない)
野崎(そもそも髪を染めようと思ったことが一度もないから染めてる人の気持ちを理解できない……)
野崎「……!!」
野崎(そうだ!!)
野崎(よく考えてみれば俺の周りにも髪を染めてる友達がいるじゃないか!!)
野崎(そうと決まれば早速聞こう)
4:
◆LYNKFR8PTk
2018/03/28(水)20:05:55.41ID:jX4GYmVr0
野崎(まずは佐倉のところだ)
野崎(えーと、確か佐倉は……)
瀬尾「あー暇ー」
野崎「!」
野崎(そうだ、瀬尾も髪を染めていたな)
野崎「……」
野崎(いや、聞いたところでまともな回答は来ないだろう)
野崎(それより佐倉を探そう)
5:
◆LYNKF
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1522187714/
2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/03/28(水)06:56:13.82ID:2lQixNH/0
ぐだお「う?ん、ムニャムニャ」
エレナ「ぐだお!朝よ!起きなさい!」
ぐだお「ハッ!かあさん!今何時?」
エレナ「7時40分よ!もうモードレッドちゃんもきてるわ」
ぐだお「もう!なんで起こしてくれなかったんだよ!学校に遅刻しちゃうよ!」
モードレッド「おう、ぐだお。邪魔してるぜ!」
ぐだお「邪魔してるぜ、じゃないよ!君も部屋でくつろいでるんだったら起こせよ!」
モードレッド「マリカーでもやろうぜ!」
ぐだお「遅刻するよ!」
エレナ「ぐだお、朝ご飯はちゃんと食べないとだめよ?」
ぐだお「もうそんな時間ないよ」
エレナ「お母さんせっかく用意したのに・・・」
ぐだお「わかったよ・・・」
エレナ「今日の朝ご飯は豆よ」
ぐだお「まめ?!」
エレナ「ほら、床にいっぱい落ちてるでしょ」
ぐだお「節分の豆かよ!!!大体いつ撒いたんだよこれ!」
エレナ「昨日の夜あなたが寝てる間にこっそり撒いといたわ」
モードレッド「うはは!お前のカーチャン自由すぎだろ!今四月だぞ」ポリポリ
ぐだお「食ってるし!」
エレナ「そうそう、今日は家庭教師の先生がいらっしゃる日だから寄り道せずに帰ってくるのよ?」
ぐだお「わかった」ポリポリ
モードレッド「んじゃそろそろ行くか」
ぐだお「いってきまーす!」
エレナ「車とバーサーカーに気を付けるのよ?!」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/03/28(水)06:56:51.60ID:2lQixNH/0
カルデア中学校・校門前
モードレッド「ふー!何とか間に合ったぜ!」
ぐだお「はあはあ・・・、モーさん走るの早すぎだよ!」
レオニダス「お前らまた遅刻ギリギリか!」
ぐだお「げっ!体育教師のレオニダス先生だ!」
モードレッド「おう!センセ。これ
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1521821008/
1:
名無しで叶える物語(舞妓どすえ)
2018/03/24(土)01:03:28.52ID:DvXmXabQ
希「片付けしてたら出てきた」
凛「……」
絵里「……は?」
希「だからブーメラン出てきたんよ」
真姫「いや…私達それで呼び出されたの?」

2:
名無しで叶える物語(舞妓どすえ)
2018/03/24(土)01:04:02.52ID:DvXmXabQ
希「んー…まぁ…そうなるかな?」
真姫「帰る」
凛「えーせっかくだし遊ぼーよ」
希「凛ちゃんいいこと言った」
3:
名無しで叶える物語(舞妓どすえ)
2018/03/24(土)01:04:08.23ID:DvXmXabQ
絵里「とはいえ…一つのブーメランでどう遊ぶのよ…」
凛「投げる」
真姫「むしろそれ以外の遊び方を知りたいわよ」
凛「とうっ!」ビュンッ
ヒュンヒュンヒュン
凛「にゃっ」パシッ
4:
名無しで叶える物語(舞妓どすえ)
2018/03/24(土)01:04:34.08ID:DvXmXabQ
絵里「やるわね…」
真姫「そもそも戻ってくるものじゃないの?」
希「やったことは?」
真姫「ないけど…」
凛「はい」
真姫「えっ……」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1520667923/
1:
名無しで叶える物語(プーアル茶)
2018/03/10(土)16:45:23.48ID:f63AieI+
海未「かねてから海外に行く機会があった時は寄ってみたいと思っていたのですが、とうとう予約してしまいました……!」
海未「日本ではおそらく裏でない限りないでしょう。それに……日本の殿方の裸をみても楽しくないですし」
海未「と、とにかく、入り口でウロウロしても仕方がないので入ってみます」ドキドキ

2:
名無しで叶える物語(プーアル茶)
2018/03/10(土)16:49:34.28ID:H2Nmvyej
海未「あ、あいはどりざーぶどぅ……」
海未「う、うみ。うみそのだ」
海未「ふぅ……通じたみたいです」
海未「いざっ……!」ガチャ
むわっ
海未「っ!!///」ドキッ
海未(すごい爆音……それに熱気!これがクラブという場所なのですね……わたしには縁のなかった場所です)
3:
名無しで叶える物語(庭)
2018/03/10(土)16:54:28.17ID:81WxuY7x
本番まで頼むぞ
4:
名無しで叶える物語(プーアル茶)
2018/03/10(土)16:55:05.67ID:H2Nmvyej
海未(まだショーが始まっていないようですが、服を着崩していますね……)
海未(あ、あちらの色黒の方……ローションがてらてら光って筋肉の自己主張が激しすぎますっ……!///好みの顔ですが……今から脱ぐのだと思うと興奮してきますっ……///)ジュン
海未(黒人の方もいらっしゃるのですね。背が高くて、全体的に大きいです……)
海未←視線を黒人男性の股間に向ける園田
海未(…………///)ドキドキ
5:
名無しで叶える物語(庭)
2018/03/10(土)16:55:13.13ID:lKOLF9BZ
男のストリップみるとか腐女子じゃん

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1522125299/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/03/27(火)13:34:59.98ID:JFPw1B7O0
登場人物:
・星空凛
恋のシグナルびんびんびんな主人公.好きなものはかよちん.
・棚
にこちゃんの私物ばかりを支える部室の棚.
・かよちん
棚から登場.小泉花陽ではない.
・矢澤にこ
すんごい頼れないパイセン.
・絢瀬絵里
自称かしこいかわいいエリーチカ.

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/03/27(火)13:36:41.16ID:JFPw1B7O0
〜部室〜
ガチャ「ドア」
凛「やったー!いっちばん乗りー」フフン
棚「放課後,部室へと真っ先に向かってきたのは星空凛であった.どうやら早速,練習着に着替えるみたいである.」
凛「リンリンリンガベー」〜♪
棚「のりのりである.」
凛「あれ〜?」ガサゴソ
凛「あちゃ〜,忘れて来ちゃったにゃー」ガックシ
棚「どうやらハーフパンツを忘れたみたいである.」
凛「どうしよ.今日,体操着も持ってきてないし...」シュン
棚「どうやら私の出番のようだな...ふんぬ!!!」
もわわわわわわ
凛「うわ!!煙にゃ!!火事にゃ!!」ゲホゲホ
棚「少々やりすぎたようである.」
凛「だ...だれか...ダレカタスケテニャー!!!」
ボンッ
かよちん「チョットマッテテー」
凛「うわわわ」
かよちん「呼びましたか?」
凛「あれ?かよちん?」
かよちん「いいえ,”にこちゃんの私物置きと化した部室の棚の精霊”です!!!」
凛「え...でも」
かよちん「精霊です!!!!」フンス
凛「あ,はい」
棚「こうなったときの小泉花y...かよちんは強情なのである.」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1521637504/
1:
名無しで叶える物語(舞妓どすえ)
2018/03/21(水)22:05:04.12ID:v7Z0N9hd
穂乃果「ねぇー穂乃果だよぉ♪」クネクネ
ことり「い、いつもの穂乃果ちゃん」
穂乃果「穂乃果だよっ!」
ことり「う、うるさい穂乃果ちゃん」
穂乃果「穂乃果だよぉおお!」クワッ

2:
名無しで叶える物語(舞妓どすえ)
2018/03/21(水)22:05:15.91ID:v7Z0N9hd
ことり「え、エッチな穂乃果ちゃん」
穂乃果「穂・乃・果・だ・よっ?」ウインク
ことり「お、おぞましい穂乃果ちゃん」
穂乃果「ほぉのぉかぁだぁよぉ…」
ことり「か、かっこいい穂乃果ちゃん」
穂乃果「穂乃果だぜっ!」キリッ
3:
名無しで叶える物語(舞妓どすえ)
2018/03/21(水)22:05:46.85ID:v7Z0N9hd
ことり「き、気持ち悪い穂乃果ちゃん」
穂乃果「うひひ…穂乃果だよぉ…ふひっ」
ことり「く、食い気味の穂「穂乃果だよっ!」
ことり「……」
穂乃果「……」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1374126893/
1:
◆qEJgO2U6bM2013/07/18(木)14:54:53.98ID:UkqbHRfDO
*柚、比奈、仁奈、楓さんの四人がメインの、シリーズ的なものです
*今回は今回で読めると思いますので、よかったら初見の方もよろしくお付き合いください

2:
◆qEJgO2U6bM2013/07/18(木)14:59:29.64ID:WeYTTYpOo
ジリジリ…
P「…」
P「…今日もいい天気だな…」ウン
P「…暑い」
P「早く、事務所に戻ろう」
3:
◆qEJgO2U6bM2013/07/18(木)15:00:07.36ID:UkqbHRfDO
パコン
P「?」
P「…はは、この暑いのに…元気だな」
喜多見柚「?」パコッ

柚「Pサンだ! おっはよ!」ニパッ
P「うん」
柚「…」エヘヘ…
P「…」
P「危ないぞー」
柚「え?」
パコッ
柚「わぎゃっ!」バタンッ
P「あー」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1502609293/
1:
◆hAKnaa5i0.
2017/08/13(日)16:28:13.40ID:HhThHSZJ0
奈緒「罰ゲームは…『Pさんと添い寝』だぁ!?!?」
加蓮「罰ゲームは…プロデューサーと新婚生活(仮)!?」
の続編ですが、読んでいなくてもまったく問題ありません。
前作では奈緒・加蓮にプロデューサーとイチャイチャしてもらったので、今回は凛にイチャイチャしてもらいます。ただし子供の姿でです。それでは、またしばらくお付き合いお願いします。
いつものように下に柚も貼っておきます。
癒されろ。


15:
◆hAKnaa5i0.
2017/08/13(日)16:43:29.78ID:HqdSonjIO
(事務所。ババ抜き中)
ヒョイ。ぽいっ…
ヒョイ。ぽいっ…
加蓮「あーがり」
ぽいっ
凛「あー」
奈緒「凛が残るって珍しいな」
凛「最近、加蓮がポーカーフェイスを身に付けたのか。手強いんだ」
加蓮「ふふ。凛に罰ゲーム箱を引かせるために特訓したからねー」
奈緒「なんでババ抜きで特訓までしてんだよ…」
凛「加蓮って負けず嫌いだからね」
加蓮「何とでも言いたまえー♪ほらほら2人とも負けたら罰ゲームだよ♪」
奈緒「くそっ。負けないぞ、凛」
凛「勝てるものならどうぞ」(にたり)
奈緒「その不敵な笑みを崩してやるぜーっ!」
加蓮「負けフラグ立ってない?」
注:トランプで負けると『罰ゲーム箱』の中から1枚紙を取り出して実行するルールになっています。
罰ゲームはアイドルたちが『1人1枚』の制限で書いています。
このルールを利用して『プロデューサーとあんなことやこんなことをする』系の罰ゲームを書き込み、わざと負けようとするアイドルが後を絶ちません。
詳しくは以下の過去作品より。
奈緒「罰ゲームは…『Pさんと添い寝』だぁ!?!?」
加蓮「罰ゲームは…プロデューサーと新婚生活(仮)!?」
2:
◆hAKnaa5i0.
2017/08/13(
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1464015526/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/05/23(月)23:58:47.10ID:dkplPBiS0
●注意●
・短編形式
・非シリアス
・嘘知識、誤情報、超偏見、謎集団が見受けられます
・独自解釈している点が多々ありますので、ご了承ください
●登場人物●
櫻井桃華、他


2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/05/24(火)00:01:08.87ID:ZiiOtfeE0
━━━━━━━━━━
【真っ暗な部屋】
千秋「(私の名前は、黒川千秋)」
千秋「(職業は学生、兼……アイドルよ)」
千秋「(私は、自分で言うのも変だけど……割といいとこ育ちのお嬢様、というやつね)」
千秋「(アイドルとしてはまだ駆け出しで、温室育ちのせいか激しい運動、特にダンスは得意ではないけれど……)」
千秋「(でも、やると決めたからにはどんな苦難でも耐えてみせる。そしていつかは頂点に……)」
千秋「(……)」
千秋「(とまあ、私個人の意気込みは置いておきましょうか)」
千秋「(………)」
千秋「(暗くて……まったく辺りが見えないわ。号令はまだかしら)」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/05/24(火)00:02:57.46ID:ZiiOtfeE0
千秋「(先ほども言ったけれど、私は『いいとこ育ちのお嬢様』)」
千秋「(そのためか……、芸能界に足を踏み入れてからというもの、俗っぽい文化やコミュニケーションに直面する機会が爆発的に増えて、色々と戸惑ったり……)」
千秋「(突拍子も無い行動や発言で、周囲の空気を凍りつかせたり訝しげな顔をされたりすることも多々あったわ)」
千秋「(そのことに対して気後れない。でも、もう少し上手に付き合っていけたらとは、ひしひしと感じてる)」
千秋「(今後の活動でトラブルがあっても大変だし、なにより……)」
千秋「(事務所の仲間と同じ感覚を共有して笑いあ
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1522115932/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/03/27(火)10:58:53.11ID:m+UPPZL20
※独自設定あり
智絵里「え?」
加蓮「そういえば美穂、毎回ライブが終わった後の挨拶で『チュッチュワしてくれてありがとうございます』って言うよね」
まゆ「美穂ちゃんの『NakedRomance』の『チュチュチュチュワ恋してる』っていう歌詞のことですよね」
智絵里「お客さんが歌に合わせて、『チュッチュッチュッチュワ』って歌ってくれたことにありがとうってことじゃないかな?」
李衣菜「でも『NakedRomance』以外でもチュッチュワしてくれてって言うじゃん。チュッチュワって何なのかなって」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/03/27(火)11:00:27.39ID:m+UPPZL20
智絵里「あ、噂をすれば…」
美穂「あれ?みんなどうしたの?」
李衣菜「美穂ちゃん。チュッチュワってどういう意味?」
美穂「え、意味?意味って言われると、うーん、難しいなぁ…強いて言うなら、応援…みたいなものかなぁ?」
まゆ「『応援してくれて』じゃなくて『チュッチュワしてくれて』なんですね?」
美穂「応援とはちょっと違うかなって」
智絵里「応援とはちょっと違う…うーん」
加蓮「あ」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/03/27(火)11:01:38.29ID:m+UPPZL20
李衣菜「わかったの??」
加蓮「うん、多分ね。美穂、アタシがちょっと歌ってみるから、実際にチュッチュワしてみてよ」
美穂「わたしがチュッチュワするの?」
加蓮「そうそう。じゃあいくよー」
加蓮「失敗したって、いいさ」
美穂「いーいさ♪」
李衣菜まゆ智絵里「??」
加蓮「挑戦しなくっちゃ、始まんない」
美穂「はーじまんない♪」
加蓮「夢中になって、ガムシャラ」
美穂「シャーラ
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1522157341/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/03/27(火)22:29:01.56ID:aoJeS9GDO
…………
……
亜子「……二人の気持ちは知ってて言わせてもらおう」
「うちもPちゃんは好き……人として男性として」
「でも、泉もさくらも同じ気持ちだと思う。だから、この気持ちを出したまんまやと絶対にこのままだと不和が出てしまう……」
「そんなうちらの勝手で……ユニット崩壊とかなってPちゃんを困らせたくない」
「だから……」
「特別な日以外、この気持ちは封印しようと思う」
泉「……わかった。そうか…やっぱり二人共――」
さくら「うん……でもイズミンとアコちゃんとまだまだ一緒にいたいよ」
亜子「決まったみたいやな」
泉「で、特別な日って?」
亜子「提案やけど、一つはクリスマスやバレンタインみたいに、事務所の誰もが告白してもいい雰囲気になれる日や」
「……もう一つは」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/03/27(火)22:30:00.12ID:aoJeS9GDO
極めて短い村松さくら誕生日SSです
こちら、独自の設定がありますので、よろしくお願いいたします
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/03/27(火)22:32:48.19ID:aoJeS9GDO
――イベント会場
ワーワー
さくら「みんなー!ありがとー!」
ワーワー
さくら「今日はさくらチャンのバースデーライブにいっぱい来てくれて、とっても感激でーす!」
ワーワー
さくら「最後までいっぱい歌うからよろしくねー!」
ワーワー
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/03/27(火)22:41:27.89ID:aoJeS9GDO
――舞台裏
NWP(以下P)「よっしゃ!さくら、お疲れ様」
さくら「プロデューサー?わ
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1522167523/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/03/28(水)01:18:43.74ID:3tPQBHvY0
モバマスの神谷奈緒と前川みくがラジオ番組をする風ssです。

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/03/28(水)01:20:30.83ID:3tPQBHvY0
奈緒「みなさんこんばんは。神谷奈緒です。」
みく「みなさんこんばんは。前川みくです。」
みく「この番組は、魚嫌いとツンデレがお送りするそんなにどたばたしないわりあいまったりめの非生産的トークバラエティ番組にゃ。」
奈緒「なんで前半部分はこれでオーケーになっちゃったんだろうなぁ。」
みく「みくはもうあきらめたにゃ。今週もやっていくにゃ!」
「うぃーっす。」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/03/28(水)01:22:08.74ID:3tPQBHvY0
奈緒「まぁでも実際のところ、みく相手だと気を使う必要ないし、楽だし、この仕事自体は嫌いじゃないぜ?」
みく「みくもなのにゃ。トライアドの誰かと組まされるって聞いたときには多少心の準備はしたけど、一番まともそうな奈緒チャンで安心したにゃ。」
奈緒「そう言ってもらえると光栄かな?」
奈緒「いや、ユニットメンバーとして、凛も加蓮もまともだって擁護しておくぜ。」
みく「ほんとかにゃぁ?」
奈緒「ほんとだって!凛はときどき怪しいことしてるし、加蓮もなんかえげつないこと言いだしたりするけど、二人ともいいやつなんだって!」
みく「やめるにゃ!本人たちがいないからってそういうツン要素なしで素直にでれるのはやめるにゃ!新規ファンを増やそうとは!若干あやしかったけど!」
奈緒「あたしも言っててちょっと恥ずかしくなってきたからクールダウンさせてくれ・・・・」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1415622822/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/11/10(月)21:33:42ID:TdaXQ0uk
?お城・謁見の間?
王様「よく来たな、村娘よ」
ゆう「は、はい……」
王様「お前を呼んだのは他でもない。勇者の適任者として、女神から神託があったのだ」
ゆう「わわ、私がですか?!」
王様「そうだ。勇者として、ある任務に就いてほしい」
ゆう「勇者だなんて、私にはムリです……」
王様「女神からの神託は絶対なのだ」
ゆう「はうぅっ……」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/11/10(月)21:58:20ID:TdaXQ0uk
王様「さて、お前がいくら村娘とは言っても、かの国の噂くらいは知っておろう」
ゆう「……?」キョトン
王様「魔王だ、魔王!!」
ゆう「すみません。他国のことはよく分からなくて、魔王とは何ですか?」
王様「田舎者め……。ならば、心して聞くがよい」
ゆう「は、はいっ」
王様「魔王とは、かの国を統治する王のことだ。やつは人智を超えた全能の力を操り、世界中の国々を滅ぼさんとしている。魔王を倒さねば、この世界に安寧の時は訪れないであろう!」
ゆう「そ……そうなんですね」
王様「したがって、勇者よ。国王として、お前に魔王退治を命じる!」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/11/10(月)22:34:37ID:TdaXQ0uk
ゆう「ええぇぇっ! どうして私なんですか?!」
王様「だから言ったであろう。女神から神託があったと」
ゆう「そんなあ……。魔王を倒すなんてムリです!」
王様「ワシもそう思う」
ゆう「ですよねえ!」アセアセ
王様「しかし、ただの村娘が刺客だとは思うまい。何としてでも、魔王を討たねばならんのだ!」
大臣「魔王退治に成功した場合は、もちろん褒美を出します。くれぐれも、他国には情報を漏らすことのないよう行動してください」
ゆう「……分かりました」
とてとて.
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1502440033/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/08/11(金)17:27:13.36ID:rY6Ea4tr0
男「>>2?」
女「うん」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/08/11(金)17:27:29.10ID:8oG3504Xo
放火
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/08/11(金)17:30:09.67ID:rY6Ea4tr0
男「そんな物騒な」
女「わかんない?」
男「何が?」
女「それくらい怒ってんの。君に」
男「放火レベルとか物騒過ぎる」
女「だって男、>>4したじゃん。怒るのも当然よ」
5:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/08/11(金)17:30:25.07ID:rY6Ea4tr0
>>6
6:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/08/11(金)17:31:39.40ID:cvQJ8tx/0
女の家に放火

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1412177509/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/10/02(木)00:31:49ID:wjmfHxWs
─ 王国城 ─
玉座に座る国王に、ひざまずく勇者。
国王「おおっ、勇者よ!」
国王「今までは修業中とのことで、なかなか要請に応じてくれなかったが……」
国王「ついに魔王討伐の旅に出る決心を固めてくれたのだな!」
勇者「はい」
勇者「必ずやこの私が、魔王討伐を成し遂げてみせます!」
国王「うむ……そうか!」
勇者(魔王討伐? 行くわけねーだろ、そんなもん)

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/10/02(木)00:35:49ID:wjmfHxWs
勇者(どうやら俺は勇者の血を引く一族の末裔で)
勇者(体壊して戦えなくなった親父も昔は優秀な戦士だったらしいが)
勇者(んなことは、俺にとっちゃどーでもいい)
勇者(問題は、そろそろこの王国も魔王軍の攻撃にさらされそうだってことだ)
勇者(そうなる前に、とっとと田舎にでもトンズラしなきゃならねえ)
勇者(国王から金だけもらってなァ……)
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/10/02(木)00:39:04ID:wjmfHxWs
国王「では、おぬしには軍資金として1万ゴールドを授けよう」
勇者「ははっ、ありがとうございます!」
勇者(チッ、シケてやがる……。ま、裕福な国でもないしな……しゃーない)
勇者(城を出たらまず……田舎に高飛びだ!)
勇者(田舎なら物価が安いし、1万もありゃ2?3年はゆうに暮らせる!)
勇者(んで、王国と魔王軍の戦争をうかがいながら商売でも始めよう!)
勇者(場合によっては、魔王軍につくってのも手かもな……クククッ)
勇者(じゃあな……。俺は城の裏口からそっと旅立たせてもらうぜ)

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1522082802/
1:
◆Xz5sQ/W/662018/03/27(火)01:46:42.92ID:L6wHZ/kd0
春の訪れを感じさせる日差しの中、広場を吹き抜ける風は最上静香の髪を無邪気にさらって流して行く。
右を向いても左を向いても賑々しい人々の声が満たす空間。
今、静香の手には我らが765劇場の長とも言うべき人物より授けられたお金の入ったがま口が。
「それで今日は、どういった物を探せばいいのかしら?」
そうして、現在財布の紐を握っている静香に問いかけたのは桜守歌織その人である。
彼女はこの場所に来るのが初めてだ。「ドコだ?」と問われれば答えよう。
いわゆるここは蚤の市、人々が思い思いに商品を持ち寄り販売している自由市場(フリーマーケット)の会場だ。

2:
◆Xz5sQ/W/662018/03/27(火)01:48:47.61ID:L6wHZ/kd0
静香は並んで歩く歌織に視線をやりながら。
「そうですね。プロデューサーからは次回の公演で使用できそうな小道具を――
具体的には古い洋館に置いてそうな、アンティークな装飾品を探して来て欲しいと言われています」
「アンティーク?」
「ええ。それもできればお皿や食器なんかじゃない、写真立てや人形みたいな置き物を」
すると歌織は、その細く美しい指を自身の顎にそっと添え。
「なるほど。だから静香ちゃんたちはこうしてフリーマーケットに」
「はい。レンタルなんかもありますけど、自分たちで用意できるものは自分たちで用意するのが765の方針らしいですから」
3:
◆Xz5sQ/W/662018/03/27(火)01:49:51.45ID:L6wHZ/kd0
静香が質問に答えると、今度は歌織とは反対の側を歩いていた望月杏奈がこう続けた。
「……ロコがね、作る時も……あるよ? でも、たいてい……ヘンなのができる」
そうして、彼女は周りの出店に忙しそうに目をやりつつ
「取ってがついてる傘立て……とか。真っ直ぐにならない砂時計……とか」
「でもロコはロコなりに劇場のた
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1522061638/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/03/26(月)19:53:58.49ID:ne/PDX7B0
あずさ「お仕事も一段落して、今日と明日は久し振りのお休みね。」
あずさ「今日は…>>5でもしようかしら。」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/03/26(月)20:03:19.84ID:ne/PDX7B0
前作は
千早「時間に余裕があるし、>>5でもしようかしら」
になります。
5:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/03/26(月)20:30:05.95ID:/26JZCkE0
みうらさんワープで旅行
6:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/03/26(月)21:11:58.86ID:xkookiZF0
あずさ「みーちゃんのワープで旅行でもしようかしら。みーちゃん、してくれる?」 
みうらさん「あらー」
あずさ「ふふ、それじゃあお願いね。」パン
シュンッ!
あずさ「えーと、ここは…>>8?」
8:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/03/26(月)21:27:10.25ID:1kVDmCMuo
北センチネル島
9:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/03/26(月)21:34:03.29ID:xIJeegt/o
救援物資のヘリに矢を射る島かよ

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1522108823/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/03/27(火)09:00:23.80ID:xBH0f+ya0
いつも通り景色を見ながら通勤…なのかしら。
20歳を超えてから誕生日は複雑だけど、みんなが祝ってくれる様を想像するととても楽しみ。もしそのまま何気ない日常がそのままはじまってしまったら大人げないかもしれないけど、ショックだわ。
シアターに到着。少し緊張しながらドアに手を掛ける。

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/03/27(火)09:01:57.57ID:xBH0f+ya0
「おはようございー」
「歌織?!誕生日おめでとーー!!」
「まあ!環ちゃんありがとう!」
早速環ちゃんが飛び込んでくる。一気に先ほどの緊張は吹き飛んだ。嬉しくて頭を撫でてあげるとくすぐったそうな顔をして目を細める。かわいい。このまま持って帰っちゃいたいくらい。
「歌織さん、お誕生日おめでとうございます!」
「星梨花ちゃんもありがとう!」
「実は誕生日プレゼントがあるんです!」
「こっちだぞー!」
環ちゃんに手を引かれる。物じゃないということかしら…。方向はレッスン室?
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/03/27(火)09:02:43.35ID:xBH0f+ya0
「おめでとうございます、歌織さん」
静香ちゃんがピアノの前に座っている。誕生日プレゼントはもしかして…
「誕生日プレゼントはバースデイソングです!」
そういって星梨花ちゃんがバイオリンバイオリンを構える。
「??♪」
静香ちゃんと星梨花ちゃんの美しいハーモニーに育ちゃんや環ちゃんたちの元気な歌声が合わさる。桃子ちゃんは少し恥ずかしそう。可奈ちゃんの少し外れた音程も愛おしくて目が熱くなる。
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/03/27(火)09:05:02.89ID:xBH0f+y
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1413803820/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/10/20(月)20:17:00ID:18Yppns2
リーブス商会が中央憲兵にエレンとヒストリアを引き渡す話から最新話までのネタバレがあります。
エレン「…」
ヒストリア「…」
フレーゲル「おい、親父…なんであんなチビの言うこと聞くんだよ。こんな小さな女の子に暴力振るうようなクズだぜ?」
リーブス「いいかフレーゲル…お前もいつかわかるといいがな。商人ってのは人を見る目が肝心だ。あの不器用でお人好しの旦那は律儀にも商会とトロスト区を守るって筋を通してる……ありゃ地べたから這い上がってきた人間にちげぇねぇ」
リーブス「だからお嬢ちゃん、おっと女王様だっけか?あんたの上司は恐ろしい男だが…まあ、悪いやつじゃねぇよ」
ヒストリア「…」
リーブス「そんで女王になったら奴をぶん殴ってこう言いな。殴り返してみろってな」
エレン「はは、そりゃいい!なあ?やってみろよヒストリア。兵長どんな顔するんだろうな」
ヒストリア「…」
ヒストリア(…どうしようヤバい…)
ヒストリア(おしっこしたい)

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2014/10/20(月)20:17:21ID:18Yppns2
エレン(ヒストリアの奴…また黙りになっちまった。まあ、理由はどうあれ兵長からあんなこと言われたら仕方ないがな)
ヒストリア(どうしよう…どうしよう…本当におしっこ漏れそう。ここに来る前にちゃんとトイレ行ったのに)
リーブス「どうした、顔色が悪いみたいだが…まあ心配するな。兵長や皆を信じろ」ポンッ
ヒストリア(あああああ!!揺らさないで!!揺らさないでえええ!!!)ガクガク
エレン「おい、ヒストリア。なんかすげえ汗かいてないか?」
ヒストリア(ああもう。なんでこんな大事な時におしっこしたくなるの。まあ確かに私は前から運が悪いけど…さすがにこれは……キツイ!!)
ヒストリア(ああ、昨日ミカサが作った晩御飯のお芋と玉ねぎのスープを何回もおかわりして飲みすぎ
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1414074404/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします2014/10/23(木)23:26:44ID:ZIsoVWF6
獣の巨人「できたぞ」
獣「名付けて『立体起動装置』」
獣「『機動』じゃなくて『起動』。ここ肝心な」
獣「じゃライナー、腰に付けて飛び回って」
ライナー「か、勘弁してください、まだ試作品じゃないですか!」
獣「文句言うなよ。任務に失敗しておめおめ帰ってきたくせに。怪我したってすぐに再生するんだからさっさとやれ」
ライナー「はい……」
バシュ
ビューン
ライナー「うわわわわわわ!」
2:
以下、名無しが深夜にお送りします2014/10/23(木)23:28:29ID:ZIsoVWF6
獣「ぎゃはは! ほんとに飛び回ってる! あ、壁に突っ込んでいきやがった」
ライナー「ギャッ!」
獣「派手な音がしたな! 頭蓋骨砕けたか。全く…… 生身で頭突きしたって壁は壊れないって。でも蒸気出て再生してるわ。じゃ次、ベルトルト」
ベルトルト「ひいいいい!」
獣「何が『ひいいいい!』だよ。この役立たずが、さっさと飛び回れ」
ここでよい子たちのために解説しておこう。
3:
以下、名無しが深夜にお送りします2014/10/23(木)23:31:01ID:ZIsoVWF6
獣の巨人が開発した「立体起動装置」とは、調査兵団から鹵獲した立体機動装置を参考に、腰に付けた一対のロケット推進機を使って飛行する装置である。
特殊燃料(壁外産)を充填した背中のタンクから燃料が推進機に供給され、燃焼エネルギーで飛行する。姿勢制御は両手に取り付けたウイング(厚紙)を操作することによって行う。
ベルトルト「嫌です死んじゃいますボス!」
獣「じゃ今すぐ死にたいの?」
ベルトルト「分かりましたひええええ!」
バシュ
ビューン

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
2
3
4
5
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。