SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
媒体:おかしくねーしSSまとめ
<<
2018年05月
>>
743件取得
人気記事順表示
<<
0
1
2
3
4
5
6
>>
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1431693564/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/05/15(金)21:39:24ID:Hl/IGBkk
比企谷家
 めぐり「比企谷君、フライパンどこ?」
 戸塚「八幡! こっちが醤油だよね」
 小町「おにいちゃん何か顔緩んでるよ?」
 八幡(どうしてこうなった?)
 八幡(確か今日は・・・)

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/05/15(金)21:40:17ID:Hl/IGBkk
朝の学校
 戸塚「はちまーん」
 八幡「どうした戸塚」
 八幡(朝から天使に出会うなんて今日は何か幸せが
    訪れそうだな。というかもう訪れてる)
 戸塚「今日、八幡の家に行って良い?」
 八幡「なん・・・だと?」
 戸塚「友達の家に行ってみたくて・・・もちろん、
    八幡が良ければだけど」
 八幡「今日は部活が休みだ。いいぞ」
 八幡(友達の家だよね。ホモダチの家じゃないよね)
 戸塚「本当! やったぁ!」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/05/15(金)21:40:49ID:Hl/IGBkk
 八幡「じゃあ、何なら泊まってくか?」
 戸塚「え! 本当!?」
 八幡「それこそ、戸塚が良ければだが」
 戸塚「八幡のお母さんとか居るの?」
 八幡「いや、それが両親で旅行に行くらしくてな」
 八幡(ご都合主義ナイス! 小町と戸塚とか俺もう
    どうかしちゃう自身あるぜ)
 八幡(しかし、ヒロインが男と妹とは・・・)
 戸塚「それじゃあ、お泊りセット持って行くね!」
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/05/15(金)21:41:19ID:Hl/IGBkk
 八幡「おう。それじゃあ、俺が家に帰ったら連絡するわ」
 戸塚「やったぁ!」
 海老名「お泊りデートとか、とつはち展開キマシタワー」ブシュ
 三浦「姫菜、マジ擬態しろし」
 
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1431921943/
1:
◆//lmDzMOyo
2015/05/18(月)13:05:53.55ID:3+PRcdU9o
俺ガイルのSSです。
短編です。

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2015/05/18(月)13:06:21.08ID:3+PRcdU9o
2月に入ってから2週目を迎えた。
肌に感じる空気が冷たくなってから、もうだいぶ久しい。
ここ数ヶ月はずっと布団や炬燵の誘惑との戦いが続いている。
当然、あの憎きぬくぬくマシーンらとの戦績は明らかに負け越している。
負けることに関しては俺は最強だと自負しているが、さすがにこの負けっぷりはあまりよろしくないと思う。
でも炬燵に入っちゃう。びくんびくん。炬燵には勝てなかったよ……。
3:
◆//lmDzMOyo
2015/05/18(月)13:06:54.18ID:3+PRcdU9o
八幡「……」
時は放課後。
生徒達ががやがやと騒がしくなり、部活行こうぜ、遊びに行こうなどと声が聞こえてくる。
俺は教室の中を一瞥すると、由比ヶ浜の姿が目に付いた。
見れば、三浦や海老名さんと話しこんでいる。随分と盛り上がっており、あれは長くなりそうな雰囲気だ。
これなら待たなくて先に部室に言っていていいだろう。
そう判断した俺は、教室のドアを開けて廊下に出た。
……さむっ。学校の廊下にもヒーターかなんかを設置するべきだと、八幡思うな!
マッ缶でも買ってから部室に向かおうと考え直し、部室ではなく先に自販機に向かうために歩を進めた。
4:
◆//lmDzMOyo
2015/05/18(月)13:07:24.28ID:3+PRcdU9o
自販機の近くにまでやってきた。外にあるここは、当然屋内である廊下よりももっと寒い。廊下だけじゃなくて、外にもヒーターを置くべきだと思う。仕事しろ太陽。
しかし、太陽が仕事するようになるにはあと数ヶ月はかかるだろう。そしてその頃、俺は間違いなく太陽休めと恨み言を吐いている。何故太
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1527341962/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/05/26(土)22:39:23.00ID:PnkLPvDo0
某ハワイ
サターニャ「ありがとうプリンス・カメハメ、あんたのお陰で48の殺人技と52の関節技を習得する事が出来たわ」
カメハメ「ふ、サタ肉マン、君の努力結果じゃよ。その力で宿命のライバルガヴリールを倒してくるのだ」
サターニャ「わかった!!!」


2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/05/26(土)22:40:03.60ID:PnkLPvDo0
数週間後
某日本
サターニャ「負けた……」
ガヴリール「いや勝負にもなってねーよ」
サターニャ「まさかサタ肉バスターにあんな弱点があっただなんて」
ガヴリール「この前コミック本で読んだし、それなりに有名な弱点だからな」
サターニャ「ぐぬぬ…覚えておきなさいガヴリール!次は負けないんだからぁ!!!」
ガヴリール「ごめん、もうすでに忘れそう」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/05/26(土)22:40:39.51ID:PnkLPvDo0
某日本
サターニャ「ありがとう比古清十郎、あんたのお陰で飛天御剣流を習得する事が出来たわ
この力を使ってガヴリールを倒してくるわね!」
清十郎「俺が伝授した技で思う存分やってこいサタ心、今のお前の実力なら宿敵天真を倒す事も出来るはずだ!!」
サターニャ「了解よ!」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/05/26(土)22:41:25.65ID:PnkLPvDo0
数日後
某学校
サターニャ「また負けた…」
ガヴリール「今回は本当にガチで勝負にすらなってねーよ」
サターニャ「まさか剣が無いと飛天御剣流を使う事が出来ないだなんて」ガビーン
ガヴリール「お前は一体、何を習ってきたんだよ」
サターニャ「剣術よ
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1527416945/
1:
らぐB◆asJU3gh8ZA2018/05/27(日)19:29:05.96ID:sBpHSwerO
※ボコ注意

2:
らぐB◆asJU3gh8ZA2018/05/27(日)19:29:50.39ID:sBpHSwerO
?大洗女子学園?
桃「今日の練習はここまでとする!」
全員「「お疲れ様でしたー!」」
沙織「んー! やっと終わったー!!」
優花里「本日の練習も大変充実していました!」
みほ「あはは、そうだね。でも、ちょっとお腹すいちゃったかな」
華「みなさんでアイスでも食べに行きますか?」
麻子「行こう。すぐに行こう」
3:
らぐB◆asJU3gh8ZA2018/05/27(日)19:30:46.15ID:sBpHSwerO
桃「みんな静かに! 練習は終わったのだが、お前らに渡したいものがある。解散はそれからだ」
優季「えー、なんですかー?」
あや「きっと、ご褒美くれるんだよ!」
桂利奈「なにかなー? わたしは最近流行りのSSDがいいな!」
紗希「・・・」
あゆみ「紗希は昆布茶がいいってー」
梓「みんな、静かに・・・。それに、河嶋先輩がそんないいものくれるわけないでしょ?」
桃「一年生ども、うるさい! それから、澤! 貴様にはあとで罰を与えるからな!!」
梓「ええ?!? ご、ごめんなさーい!!」
4:
らぐB◆asJU3gh8ZA2018/05/27(日)19:31:26.82ID:sBpHSwerO
杏「まあまあ。でも、そんな悪いものでもないんだよね?、これが。小山!」
柚子「あのね、みんなにいっぱいファンレターが届いてるの。だから、それを配りたいと思いまーす!」
左衛門佐「おおっ、艶書か!」
カエサル「いや、それは違うだろう」
エルヴィン「我々の全国大会と大学選抜戦での戦いは全国中継されたからな」
おりょう「維新には人気も必要ぜよ!」
ねこにゃー「ぼ、ボクたちにファンレター・・・」
ももがー「あまり有名になるとベランダ
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1527431269/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/05/27(日)23:27:49.81ID:InwkYC3x0
電「失礼します、朝風さんの来週の遠征シフトの件で……って、今は松風さんだけなのですか」
松風「お疲れ様だね秘書艦、姉貴ならまだ輸送任務から帰ってないんだ。おかげで相部屋の僕はこうして一人で暇潰しさ」
電「暇潰し? 何もしていないように見えるのですけど」
松風「動かずにできる暇潰しなんていくらでもあるよ。例えば……仮説的推論、とかね。結果から仮定を推理する遊びだ」
電「でも、推理のためには事件が必要なのです。動かないと事件は……いえ、こんな寂れた港町の鎮守府じゃ、動いたって見つからないですね」
松風「推理小説の探偵じゃないんだ、別に殺人事件が起きてなくてもいいんだよ。ただちょっとした謎があって、原因がわからない。どんな仮定を置けば成り立つか考えるだけだから、正解だってどうでもいい」
松風「それから事件でさえ自分で探しに行く必要もない。こうして座って、何か面白い謎を持ってきてくれる誰かを待ってるだけでも楽しいんだ」
電「はぁ……」
松風「そんなわけで、君もよければ遊びに付き合ってみないかい」
電「その、いくら大規模作戦が終わったばかりだといっても、まだ業務中ですし……」
松風「ほんのちょっとした息抜きさ。なんでもいいよ、不思議に思ったことを教えてもらえれば原因を仮定してみよう」
電「……そうですね、でしたら少しだけ」


2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/05/27(日)23:29:04.23ID:InwkYC3x0
電「執務室からこの駆逐艦寮に向かうと、鳳翔さんの居酒屋の前を通りますよね?」
松風「酒保と共通の倉庫で食材を管理してるからね、ちょうどいい立地なんだろう」
電「今日は臨時休業の張り紙があったのです。仕入れ不足で料理の提供ができないとか……明日には店を開けるそうなのですが」
松風「それは珍しいね……戦艦や空母が毎晩飲み食
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1527404276/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2018/05/27(日)15:57:56.93ID:KI2IYtNN0
曜「ヒントはね、口に入れると柔らかくなるものだよ」クスクス
梨子「え、えっと……」モジモジ
曜「わからない?」ニヤニヤ
梨子「ち、ちんこ」カアアアアアアアア
曜「ぶー!正解はチョコでした!」ケタケタ
梨子「……本当に?」スッ
曜「ちょ、ちょっと梨子ちゃん!?」
梨子「わっ?曜ちゃんのもう硬くなってる?」ニギッ
曜「だ、だって梨子ちゃんがえっちなこと言うからぁ?」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2018/05/27(日)16:02:42.96ID:KI2IYtNN0
梨子「曜ちゃんが言わせたんでしょ?」
梨子「じゅぷっ?じゅるるるるるるる?じゅぽっ?ぐぷっ?」
曜「り、梨子ちゃ?でちゃう?」ビクビクッ
梨子「じゅぽっ?じゅぷぅ?じゅぼぼぼぼぼぼぼぼ?」
曜「梨子、ちゃんっ?っ????」ビュルゥビュルルルゥ
梨子「ほら、口に入れたらやわらかくなった?」
曜「せ、せーかい?」トロン

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1513413544/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/12/16(土)17:39:04.25ID:ZrhQV6YnO
ちゅんちゅん
絵里「ん…んん…ん?…もう、朝頑か」
亜里沙「お姉ちゃん、おはよう。具合はどう?」
絵里「亜里沙。おはよう。もう、すっかり良くなったみたい」
亜里沙「本当!」
絵里「ええ。これなら、練習にも行けそうだわ」
亜里沙「え?練習に行くの?」
絵里「ええ。木曜日から二日も休んじゃったし。ハードな練習はキツイかもしれないけど手伝いだけでも出来るから」
亜里沙「そっか。じゃあ、私は朝ごはんの用意してくるね?食べれる?」
絵里「ええ。任せっきりにしちゃって悪いわね」
亜里沙「ううん。大丈夫だよ」
絵里「ふふっ。さて、体調も良くなったし。今日は一日頑張ろ」


2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/12/16(土)17:45:15.32ID:ZrhQV6YnO
ガチャ
絵里「皆んな、おはよう」
穂乃果「あっ!絵里ちゃん」
ことり「もう体調はいいの?」
絵里「ええ。すっかり元気よ」
凛「絵里ちゃんが二日間も居なくて寂しかったにゃ。ね?」
花陽「うん。そうだね」
絵里「そう?ごめんなさい。二日も開けちゃって」
海未「あまり無理はしないで下さいね」
絵里「ええ。そうするわ」

3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/12/16(土)17:52:11.45ID:ZrhQV6YnO
ガチャ
希「皆んな、アロハー」
にこ「アロハー」
穂乃果「あっ、希ちゃん、にこちゃん。アロハー」
凛「アロハー」
絵里「え?な、何?」
海未「ああ、実はこたいだから穂乃果達の間でアロハーが流行しているみたいで」
絵里「ああ…そうなんだ…」
希「あれ?えりち。もう体調はええの?」
絵里「ええ。もう大丈夫よ」
5:
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1512653776/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/12/07(木)22:36:16.14ID:LKEpF2/pO
ピシャーンゴロゴロ
あの日は季節外れの大雨でとても暗く、酷く寒い日でした。
凛「はあ…どうしてこんな事に…」
穂乃果「凛ちゃん…」
花陽「私達は…いったい何から逃げてるの?」
穂乃果「それは…」
コツコツコツコツ

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/12/07(木)22:45:53.34ID:LKEpF2/pO
穂乃果「しっ。静かに」
凛「こっちに来てるにゃ…」
花陽「穂乃果ちゃん…凛ちゃん…」
ピシャーンゴロゴロ
コツコツコツ………ガチャ。
穂乃果「あっ……ああ……」
凛「そ、そんな…」
花陽「え?」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/12/07(木)23:02:24.81ID:LKEpF2/pO
…よ…花陽……花陽!
花陽「へ?」
にこ「何ボーッとしてるのよ」
花陽「あっ、ご、ごめんね。何だっけ?」
にこ「花陽はどうだったのよ?」
花陽「何が?」
にこ「テスト結果よ」
花陽「ああ…テスト結果…。えっと…可もなく不可もなく…かな?」
にこ「へえ」
花陽「にこちゃんはどうだったの?」
にこ「まあ…可もなく不可もなくって感じよ」
花陽「へえ…頑張ったんだね」
にこ「どういう事よ?あんたと同じだって言ってるのよ」
花陽「あっ、ご、ごめん。そうだね」
にこ「まあ…いつもより勉強はしたけど」
花陽「そうなんだ」
にこ「まあね。3年生だし赤点だと洒落にならないし」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/12/07(木)23:11:47.35ID:LKEpF2/pO
花陽「本当は1年生でも2年生でも赤点はダメなんだよ?」
にこ「まあ、
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1513263699/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/12/15(金)00:01:39.44ID:K5iR0OcgO
いつも、部室へ行くのが一番早い私があの日は職員室に呼ばれて遅かった事。もし、私が一番最初に部室へ行っていれば少しは違ったのかもしれない。
ガチャ
にこ「……」
穂乃果「これは…そうだよね?」
凛「うん。そうだにゃ」
にこ「何よ?何してんのよ?」
穂乃果「あっ!にこちゃん。来てたの?」
凛「来てたんなら言って欲しいにゃ」
にこ「今来たのよ。何してんのよ?」
穂乃果「ああ、ちょうど良かったよ」


2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/12/15(金)00:11:12.83ID:K5iR0OcgO
にこ「ちょうど?」
穂乃果「うん。にこちゃん、部室に忘れ物してるよ」
にこ「え?忘れ物?にこの?」
凛「はい。これ、にこちゃんのでしょ?」
にこ「は?何よ……これ?」
穂乃果「にこちゃんのでしょ?」
にこ「………違うわよ。なによ…この、パンツは…」
穂乃果「え?違うの?」
にこ「違う」
凛「え?そうなの?」
にこ「そうよ。逆にどうしてにこのだと思ったのよ」
穂乃果「だって…ねえ?」
凛「うん。うさぎさんがプリントしてあるから…にこちゃんのかなって」
にこ「どうして、うさぎのプリントしてあるとにこのなのよ」
穂乃果「……だって、高校生にもなってうさぎさんのパンツなんて履かないもんね?」
凛「うん。まず、普通の高校なら履かないにゃ」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/12/15(金)00:21:32.48ID:K5iR0OcgO
にこ「それは何?にこが普通の高校生じゃないって言いたい訳?」
穂乃果「いやぁ…そんな事は言ってないよね?」
凛「うん」
にこ「まあ、普通の高校生じゃないって事は確かだけど…スーパーア
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1498318795/
1:
名無しで叶える物語(かぶらずし)@?(^o^)/
2017/06/25(日)00:39:55.56ID:z+7yq+V2.net
にこ「なにやってんの?」
穂乃果「あっ、にこちゃん! これ見てよ!」
にこ「んー? ……ああ、あったわね。こんなの」
穂乃果「でしょ! 昔はね、ほむらの前にも置いてあったんだ」
にこ「へぇ。じゃあ懐かしくなってやってたわけ?」
穂乃果「それもあるんだけどね、わたし、ずーっとこのゲームの必勝法を探してるの!」
にこ「……は?」

2:
名無しで叶える物語(かぶらずし)@?(^o^)/
2017/06/25(日)00:41:17.35ID:z+7yq+V2.net
穂乃果「なかなか見つからないんだよねぇ。色々と試してみたんだけど」
にこ「…………」
穂乃果「な、なに、その目?」
にこ「夢を壊すようで悪いんだけど、そういうのはお店側で確率が決められているのよ」
穂乃果「そ、それくらい穂乃果だって知ってるよ!」
にこ「だったらなんでそんな不毛なことやってんのよ」
穂乃果「ふふっ、よくぞ聞いてくれました! 実は、これにはふかいふかーい理由があるのです!」
にこ「はあ、どんな?」
穂乃果「あれは、穂乃果がまだ小学生だった頃――」
3:
名無しで叶える物語(かぶらずし)@?(^o^)/
2017/06/25(日)00:42:24.45ID:z+7yq+V2.net
ほのか『へへーん! きょうもほのかがいちばんだね!』
ことり『ほのかちゃん、つよいよぉ……』
ほのか『またうみちゃんがびりっけつだ!』
うみ『つ、つぎはまけないもん』
ほのか『つぎもぜーったいほのかのかちだよ!』
ことり『うみちゃん、つぎはがんばろう!』
うみ『う、うん』
ほのか『ほら、さいごのゲームはうみちゃんがきめて!』
4:
名無しで叶える物語(かぶらずし)@?(^o^)/
2017/06/25(日)00:43:29.22ID:z+7yq+V2
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1512751944/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/12/09(土)01:52:24.69ID:s/jy9rJW0
モバマスSSです
キャラ崩壊口調崩壊誤字脱字を含むかもしれません
モバPがP表記です
それでも宜しければご覧下さい

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/12/09(土)01:53:05.86ID:s/jy9rJW0
「ねぇねぇ桃華ちゃん!桃華ちゃんって好きな人とかいるー?」
桃華「好きな人…ですの?」
「うん!」
桃華「アイドルですからそういった事はあまり…」
「えー、気になってる人とかいないの?」
桃華「…」
桃華(Pちゃま…)
「あ、いるんだー!」
桃華「い、いえ!いませんわ!」
「だって今考えたでしょー!」
桃華「考えていませんわっ!」
「絶対考えたってー!」
桃華「もうっ!」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/12/09(土)01:54:18.00ID:s/jy9rJW0
キーンコーンカーンコーン
桃華「Pちゃま遅いですわ…」
「誰か待ってるのー?」
桃華「えぇ」
「誰々ー!?」
桃華「私のプロデューサーですの!」
「なーんだ、男子じゃないのかー」
桃華「だから私はそういった…」
「桃華ちゃん可愛いから絶対いけると思うんだけどなー」
桃華「…」
「あ、あの車そうかな?」
桃華「Pちゃま!?…いえ、違いますわ」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/12/09(土)01:54:49.03ID:s/jy9rJW0
「…あー」
桃華「な、なんですの…?」
「べっつにー!何でもない!」
桃華「ち、違いますわ!Pちゃまはその!素敵な男性ですけどそういった」
「ひゅーひゅー!」
桃華「もうっ!知りませんわっ!」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1512052477/
1:
◆hAKnaa5i0.
2017/11/30(木)23:34:37.59ID:a5ej7xIn0
(誕生日前日)
凛「みんな準備はできてるかな?」
愛梨「はーい♪」
卯月「おー!」
みく「にゃー!!」
李衣菜「ローック!!!」
凛「じゃあ、未央の誕生日を全力でお祝いするために必要なものを確認していくよっ!!」
全員「「「おーっ!!!」」」

2:
◆hAKnaa5i0.
2017/11/30(木)23:35:04.98ID:a5ej7xIn0
凛「まずはケーキ!」
愛梨「もちろん準備万端です♪」ボイ-ン!!
凛「大きいね」
愛梨「特大サイズですよ♪」
凛「うん…いいなぁ」
愛梨「?」
卯月「凛ちゃん。いまはその話はスルーです。次ですよ、次っ!」
3:
◆hAKnaa5i0.
2017/11/30(木)23:35:37.69ID:a5ej7xIn0
凛「そうだね。お次はパーティルーム!」
みく「飾りはバッチリだにゃ!」
李衣菜「ロックだね!」
卯月「ええ!」
4:
◆hAKnaa5i0.
2017/11/30(木)23:36:05.45ID:a5ej7xIn0
凛「プレゼント!」
みく「猫耳用意したよ!」
李衣菜「なつきちと一緒にレコーディングした『ハッピーバースデートゥーユー』のCD!」
卯月「手作りのキーホルダーです!」
凛「名前入りの高級ボールペン!」
5:
◆hAKnaa5i0.
2017/11/30(木)23:36:34.94ID:a5ej7xIn0
愛梨「明日は私は参加出来ませんが…みんなでケーキを食べてください♪」
凛「うん。忙しいのにありがとう」
愛梨「ううん。未央ちゃんが喜んでくれたら嬉しいなぁ♪」
卯月「絶対喜んでくれますよ!」
みく「だにゃ!」
李衣菜「そのケーキはロックだもん!」
愛梨「はい♪」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1512826236/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/12/09(土)22:30:36.53ID:OO5+29c8O
モバP「ばなあり?」
ありす「…」
モバP「ばなあり?」
ありす「…」
モバP「お前だよ!!!!」
ありす「ええっ!?」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/12/09(土)22:38:20.61ID:OO5+29c8O
ありす「なんですかそれは!私そんな名前じゃないです!」
モバP「何を言ってるんだ!愛称だぞ。」
モバP「橘のばな!」
モバP「ありすのあり!」
モバP「合わせてばなあり!」
ありす「いやいやいや!!!!」
ありす「なんでそうなるんですか!」
モバP「それはだな…」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/12/09(土)23:11:11.86ID:M/3f2gWa0
?回想?
モバP「すいません美優さん。マ○クで昼食なんて…」
美優「いいですよ。気にしないでくださいプロデューサーさん。」
(ポテトが揚がった音)
美優「…ア○ル、ア○ル、ア○ル、ア○ル…」ボソッ
モバP「!?」
店内にいたみなさん「!?」
?回想終わり?
モバP「あっ、マ○クで美優さんがポテトが揚がった音に合わせて卑猥な単語を連呼してた話は関係なかったわ…」
ありす「美優さんそんな人だったんですか!?」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/12/09(土)23:49:20.02ID:1w3CF89a0
モバP「俺も他の客もビビったよ…「この女に逆らったら死ぬ」と思ったね…」
ありす「ええ…」
モバP「しかも楓さんは蟻の巣にテキーラを流し込もうとするし」
モバP「瑞樹さんはいきなり罪のないおっさんに早口言葉バトルを仕掛けて舌を噛ませるし」
モバP「早苗さんは「蹴って欲しそうな
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1514391594/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/12/28(木)01:19:54.47ID:1LnKx2/a0
モバマスSSです
誤字脱字キャラ崩壊口調崩壊を含むかもしれません
モバPがP表記です
短めです
それでも宜しければご覧下さい

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/12/28(木)01:21:20.21ID:1LnKx2/a0
志希「キミ…ボクと一緒に遊ばないかい?」キラーン
P「…てい」ツン
ズルッ
志希「あー!帽子が!何するのさー!」
P「いや落ちそうだったから」
志希「そこで普通落とすかなー?」
P「悪い悪い、んでどうだ?今度の衣装の着心地は」
志希「んー今までの自分じゃ無くなったみたい♪」
P「毎回言ってないかそれ?」
志希「多分言ってる?」
P「まあいいけど」
志希「本当の事だしね?、キミが体験させてくれるのはいつも新鮮で退屈しないし?♪」
P「そりゃどうも」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/12/28(木)01:23:42.91ID:1LnKx2/a0
志希「で!どうかなこの衣装?」クルッ
P「今まで着たこと無かった感じの衣装だけどカッコよく纏まってて女性らしさを残しながら可愛い男性らしさもあっていいと思うぞ」
志希「わーお、相変わらずべた褒め?♪」
P「まあ要するに凄い良い」
志希「はしょりすぎ?!」
P「すまんもう言葉が出ない、ちゃんと良いってのは分かってるんだがな」
志希「もうちょっと頑張って欲しいな??」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/12/28(木)01:25:02.43ID:1LnKx2/a0
ガチャ
フレデリカ「おっはー!…おおー!」
志希「やあフレデリカ、今夜良ければボクと一緒に…ね」ニカッ
フレデリカ「お断りし
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1527328980/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/05/26(土)19:03:01.01ID:HmviJb6l0
※ここに警告文のあるものとする
ヘレン「今回はドラえもんよ」
奈緒「ウス」
奏「観よう観ようと思って、全然観れてなかったわね」
小梅「去年の…カチコチのやつも……観れなかったもん…ね…」
文香「満を持して、と言ったところでしょうか…」
ヘレン「この頃、妙に気合が入っていると噂の劇場版ドラえもん……観ない手はないわ!」
奈緒「今回は海賊ものなんだっけ?」
文香「…のび太の南海大冒険のリメイクでしょうか」
ヘレン「あったわね、そんなやつ。ムシムシぴょんぴょん大作戦と同時上映だったのよね」
奈緒「ドラえもんズ映画でのドラえもんって、アウェー感ハンパないよね」
ヘレン「ドラえもんズのあの90年代の特有の空気感が、ドラえもんに合ってないのよ」
文香「田村ゆかり、丹下桜、林原めぐみの中に、のぶ代ですからね…90年代はなにを仕出かすかわかったものじゃありませんよ…」
小梅「90年代怖い……」
『映画部とのび太の短パンから伸びる健康的な脚、その膝裏、無防備な肌』


2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/05/26(土)19:04:51.41ID:HmviJb6l0
───────────────────────────
───────────────────────
───────────────────
───────────────
映画館
ヘレン「チケットを発券してくるわね」スタスタスタ
奏「で、話を戻すけど。今回はリメイク?新作?」
文香「調べてみたら、どうも新作のようです……脚本に君の名はのプロデューサーだった人を起用したみたいですね…」
小梅「へぇ……」
奈緒「そんなことよりも、あたしは今作のしずかちゃんが気になるな。さいきんのしずかちゃん、めちゃくちゃ可愛くってさあ」
文香
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1527322561/
1:
◆ukgSfceGys
2018/05/26(土)17:16:01.79ID:SB9m3LlMO
菜々さんCG記念のモバマスSS。某掲示板形式注意
菜々さんを応援するモバマス世界の俺たちのお話です
なおアイドル達は直接は出てこない模様
次から投稿していきます

2:
◆ukgSfceGys
2018/05/26(土)17:21:33.73ID:SB9m3LlMO
◆はじまり
1:以下、774のPがお送りします
菜々さん個別スレがなかったんで立ててみました
2:以下、774のPがお送りします
1乙
プロダクション総合はあったけど菜々さん個別はなかったからな、ありがたい
3:以下774のPがお送りします
1乙
ちなみにここはどういうこと書いていいの?
4:以下774のPがお送りします
総合スレと同じ方針でいいんじゃないか?
雑談、実況、情報共有しつつウサミンの可愛さを語ってく感じで
5:以下774のPがお送りします
とりあえずそうしますか
6:以下774のPがお送りします
早速ウサミンがゲストのラジオがもうそろそろ始まるな
実況していこうぜ!
7:以下774のPがお送りします
ミミミン、ミミミン、ウーサミン!ハイッ!
3:
◆ukgSfceGys
2018/05/26(土)17:24:11.10ID:SB9m3LlMO
◆認めたくないものだな、年齢故の過ちというものを
246:以下774のPがお送りします
虹色ドリーマーの月一生放送特番、今日も始まったな
247:以下774のPがお送りします
これ好き
248:以下774のPがお送りします
比奈好き
249:以下774のPがお送りします
奈緒好き
250:以下774のPがお送りします
菜々大好き
251:以下774のPがお送りします
これのために毎月生きながらえてる
252:以下774のPがお送りします

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1527314189/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/05/26(土)14:56:30.00ID:IVB1YqFK0
男「…はぁ」
男(また月曜日がきてしまった…学校いきたくない)
男(クラスでは底辺カースト。友達もいない。昼飯時にはDQNたちに席取られるから便所飯)
男(勉強も運動も特に得意という訳でもないし部活もしてない)
男(家に帰ってネットとアニメで時間が過ぎる。そんな毎日だ)
男「…はぁ」
男「いっそのこと、全然違う世界に行けたりしたらいいのになぁ…」フラフラ
通行人「お、おい君!信号赤だぞ!?」
男「…え?」
ブロロロロロ………
トラック運転手{フンフンフフンフーン♪…って、危ねぇ!?」
男「……あっ」
トラック運転手「おい!退け兄ちゃん!」
通行人「駄目だ!間に合わない!!」
キキーーーーッ!!
男(大型トラックが俺目掛けて迫ってくる)
男(本当にこういう時ってスローモーションで見えるもんなんだなあ…)
男(ああ……)
男(こんなあっさりと簡単に終わるのか、俺の人生って…)
男(もし生まれ変われるんだったら、マンガやアニメみたいな世界に生まれ変わりたいな…)

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/05/26(土)15:15:38.75ID:IVB1YqFK0
-------------
騎士「ハァ、ハァ……も、もうここも持ちこたえられません!今のうちにお逃げください!」
姫「なりません!貴方たちを置いてどうして私だけがおめおめと逃げられますか!」
騎士「姫さえ生きておられればいつか再起の時は必ず訪れます!さぁ、どうか早く…!」
姫「ですが…!」
魔神官「フェッフェッフェッ…そうですぞ。王族たるもの最後まで国と共にあるべきですぞ?」
騎士「…っ!」
魔神官「鬼ごっこはもう終わりですな姫様。王も王妃も既に始末しました。あとは、貴女だけですぞ。フェッフェッフェッ」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1445265978/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします2015/10/19(月)23:46:18ID:xk7xz6gY
<探偵事務所>
探偵「ほう? 家出した息子さんが新興宗教に?」
婦人「そぉ?うなんです!」
婦人「しかも、夫の金庫から100万円を盗み出し、お布施にしてしまったとか……」
探偵「ふむ……」
婦人「息子は、あの新興宗教のインチキ教祖に完全に洗脳されてしまっているのです!」
婦人「なんとか、あの教祖のインチキを暴き、息子を取り戻して下さい!」
探偵「分かりました……やってみましょう」
2:
以下、名無しが深夜にお送りします2015/10/19(月)23:48:27ID:xk7xz6gY
<教団ビル>
探偵(こないだ大きな事件を解決したばかりだってのに、休むヒマもない)
探偵(人手不足ってのもツライもんだな。といって、ぼやいても仕方あるまい)
探偵(さてと、ここが教団ビルか……なかなか大きいな)
探偵(どれ、入ってみるか……)ササッ
3:
以下、名無しが深夜にお送りします2015/10/19(月)23:51:06ID:xk7xz6gY
探偵(信者が大勢集まってる……ざっと数百人はいそうだ)
女神官「さぁ、信者たちよ! 教祖降臨の時間です!」
女神官「各々、教祖様に向けて感謝の言葉を述べるのです!」
信者たち「ははーっ!!!」
4:
以下、名無しが深夜にお送りします2015/10/19(月)23:54:37ID:xk7xz6gY
信者A「あなたのおかげで関節痛が治りました!」
教祖「うむ、経過は良好か?」
信者B「暴走族を退治していただき、ありがとうございました!」
教祖「あの程度、造作もないこと」
信者C「教祖様のお力で、恋人ができました!」
教祖「幸せになるがよい」
教祖「これら全て、私の神通力によるものである」
信者「ははーっ!!!」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1527238311/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/05/25(金)17:51:51.31ID:uuwz5aYB0
「はぁ、はぁ、はぁ……ここまで来れば食われることもないだろう……」
俺は食われる寸前にあったある食い物だ。
なんの運命のイタズラか、心と動く力を手に入れることができた俺は、
どうにか食われる前に逃げ出したのだ。

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/05/25(金)17:52:32.11ID:uuwz5aYB0
人間どもから逃げ切るのは本当に大変だった……。
奴らの目を盗んで皿から飛び出し、丸く、手足になるようなものもない体で、必死に逃げた。
逃げまくった。
食われたくない。その一心で俺は逃げ続けた。

3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/05/25(金)17:54:44.41ID:uuwz5aYB0
人間には「食い物は食われることを望んでいる」「食べてあげることが供養になる」
という価値観を持つ者が多いらしいが、そんなことは決してない。
食われて終わる生と、食われず安らかに朽ちていく生。
どちらがいいと尋ねられたら、圧倒的に後者の方がいいに決まってる。
人間だってそうだろう?
誰だって食われて死ぬよりは、安らかに天寿を全うしたいはずだ。
食い物だって同じことなのだ。

4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/05/25(金)17:55:13.19ID:uuwz5aYB0
とにかく、ここまで登ってくればもう安心だ。
あとは静かに腐って、朽ちていくのを待つだけ。
俺はようやく安息の地を手に入れたのだ……。

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1444837655/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/10/15(木)00:47:35ID:p9Ya/dTU
第一話 『暗殺者たち』
― 『国王直属暗殺部隊』本部 ―
暗殺者「あぁ?、ヒマだ。やることねえ」ショリショリ
ブドウ粒の皮をせっせとナイフでむく男。
暗殺者「お、むけた」ヒョイッパクッ
女暗殺者「ちょっとぉ、ブドウぐらい皮ごと食べなさいよ」
暗殺者「俺、ブドウの皮って苦手なんだよ。果肉の柔らかさとマッチしてない感じがさ」
女暗殺者「ならせめて、細く長く皮むくのやめなさいよ。リンゴじゃないんだから。
     手が汁でベタベタじゃないのよ……」
暗殺者「うるせえな。ちゃんと拭くって!」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/10/15(木)00:50:39ID:p9Ya/dTU
暗殺者「お前こそ、いつまで爪いじってんだよ。よく飽きないな?」
女暗殺者「女は指先が命なんだから、これぐらいトーゼンでしょ」
暗殺者「指先より、もっと気を配るべきところがあるんじゃねえの?」
女暗殺者「なんかいった?」ギロッ
暗殺者「いえ……」
そこへ、暗殺者より年下の青年が話しかけてきた。
後輩「センパイ、センパイ! ヒマならダーツしましょうよ、ダーツ!」
暗殺者「やらねえよ、どうせお前が勝つだろうが」
後輩「ちぇっ」ヒュッ
ストンッ!
後輩の投げた矢は、数メートル先にある的の真ん中に刺さった。
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/10/15(木)00:53:52ID:p9Ya/dTU
暗殺者「頭領! なんか仕事ないんですか!?」
窓際に座る、でっぷりと太った中年男性。彼こそがこの暗殺部隊の長である。
頭領「ないねえ」
頭領「今の陛下は血なまぐさいことがお嫌いだから、
   我々に暗殺任務を下すことはなくなってしまったんだよねえ」
暗殺者「ハァ……」
暗殺者「だったらこんな部隊、もう解散しちゃえ
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1527307528/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/05/26(土)13:05:29.22ID:3e5CE4X60
アサシン「お前……殺し屋だろ?」
殺し屋「!」ビクッ
殺し屋「な、なんで分かった?」
アサシン「分かるさ……同業者のニオイはな。ところで、今までに何人殺った?」
殺し屋(僕はまだ新米だから、まだ一人だけど……正直に答えたら絶対バカにされる!)
殺し屋(しかたない、サバを読もう……)
殺し屋「ご、五人」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/05/26(土)13:07:24.75ID:3e5CE4X60
アサシン「よっしゃ、勝った!」
殺し屋「え、君は何人なの?」
アサシン「俺は……10人殺ってる」
殺し屋「じゅ、10人!?」
殺し屋(すごい……大ベテランじゃないか……)
アサシン「……」ドヤァ
殺し屋(なんてドヤ顔だ! ムカつくぅ?! こんな奴に絶対負けたくないっ!)
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/05/26(土)13:08:42.14ID:3e5CE4X60
殺し屋「あ、思い出した!」
アサシン「え?」
殺し屋「実は僕はね、20人殺ってる」
アサシン「なんだと……」
殺し屋「ある仕事のことをすっかり忘れてたんだよね?、失敬失敬」
アサシン「……」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1514206902/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/12/25(月)22:01:42.54ID:Hzu5imZh0
(※瑞希がサンタを信じているグリマス時空のお話です)
P「本当は薄々気付いてるんじゃないか?」
瑞希「そんなことは、ありません。いい子のもとにサンタさんは来てくれる……はずです」
P「あのなぁ、瑞希はもう17歳だろ。そろそろ子供でもないんだから現実を見よう。な?」
瑞希「……サンタさんはいます」
P「いないだろ。瑞希もいい加減、サンタが存在しないことを年少組に黙秘する責任感に目覚めるべきだ」
瑞希「今までだって、プレゼントを贈ってくれたんです。本当に、いるんだから。……ぐすん」


2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/12/25(月)22:09:15.40ID:Hzu5imZh0
P「第一、事務所で待ってても来るわけがないって。鍵閉めるから家に帰りなさい」
瑞希「お、お返しの手紙に書いてあったんです。『765プロに届けに行くから待っていて』……って」
P「あー、それは多分あれだなぁ。社長あたりが明日以降に出勤する年少組のためにサプライズ仕掛けてるんだろう」
P「サンタの正体は、社長か、小鳥さんか、それとも別の誰かか……。後で俺から訊いておくから、それでおしまいな」
瑞希「……プロデューサーはどうしてそんなに厳しいのでしょうか。そろそろ泣いちゃうぞ。……うるうる」
P「わからない子だなぁ。帰らないなら親御さんに連絡するか……」
(シャン、シャン、シャン、シャン・・・・・・)
瑞希「……これは、鈴の音?」
P「な、なんなんだ?」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/12/25(月)22:13:32.18ID:Hzu5imZh0
謎の男性「ふぉっふぉっふぉっ。メリークリスマス!」
瑞希「め、めりーくりすます……!?」
P「し、白いひげに赤服で厚着な恰幅のいいお
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1513965473/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/12/23(土)02:57:54.13ID:5VjfZaSW0
?????????????
私、高坂海美、私立ミリオン高校の新入生!いよいよ?高校生!
高校生っていうと、もうどんなことが待ってるんだろ!
あ?も?楽しみ過ぎて?☆
海美「青春するぞー!」
???「ひゃぁ!なんですか?!この眩しすぎるセリフ!」
???「亜利沙には、亜利沙には・・・」
海美「亜利沙ちゃん、だっけ?びっくりさせちゃった?」
亜利沙「い、いえ。亜利沙は大丈夫ですけど」
海美「ごめん、ごめん、テンションあがっちゃって」
海美「でもありりん、面白いね!」
海美「そーだ!ありりんはどこの部活入るか決めた?楽しそうなとこが多すぎて私、決められなくてさ?」
海美「せっかくだしありりん!一緒に見学行こうよ!」
亜利沙「むむっ!亜利沙に、部活のことを聞きましたね!」
亜利沙「よくぞ聞いてくれました。亜利沙がこのミリオン高校に入学したのも何を隠そう、超ビーチバレーのゴールデンペアの追っかけちゃんだからなのです!」
海美「ごーるでんぺあ?」
亜利沙「そうですっ!超高校級のゴールデンペア!福田のり子と高山紗代子。超ビーチバレーに興味がある人は誰でも知ってる2人です!」
海美「超ビーチバレー、ってなんだろ?あっ!バレエなら私、昔やってたよ!」
亜利沙「なんとっ!同級生、同じクラスに経験者がいるなんて!」
亜利沙「そうと決まれば話は早いです!百聞は一見にしかず!」
亜利沙「さぁいきましょう!」
海美「あ、ちょ、ちょっとまって!ありり?ん、ひっぱらないで?」
?????????????

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/12/23(土)02:59:15.05ID:5VjfZaSW0
?????????????
亜利沙「このあたりのはずですが、、あっ!ありました!ここです!」
亜利沙「失礼
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1527314074/
1:
◆GO.FUkF2N6
2018/05/26(土)14:54:34.46ID:7ukIH8+z0
?765プロ事務所
白石紬(765プロ)
紬(私、白石紬は本日からここでアイドルをすることになりました)
紬(同期で入ってくる桜守さんはとてもすごい方らしいと聞いています)
紬(正直うち……私に務まる仕事なのか不安で仕方がありません)
紬(ですが引き受けた以上、全身全霊を持って取り組んでいく所存です)
紬(そう覚悟を決めて事務所まで来ました)
紬(やったのに……)
双海亜美「これから面接をはじめるよ→」
双海真美「まずは自己紹介からよろよろ→」
紬(なんでうち、桜守さんと一緒に面接をさせられとるん?)


2:
◆GO.FUkF2N6
2018/05/26(土)14:55:31.31ID:7ukIH8+z0
紬「なんやいねこれは!!」バンッ
亜美「うわっ、びっくりした!?」ビクッ
真美「面接官には敬語を使いたまえよ、つむぎん」
紬「なぜいまさら面接をしなければいけないのですか! まさかつむぎんとは私のことですか?」
亜美「そりゃ→つむぎんはつむぎんしかいないっしょっ。それともつむつむのほうがよかった?」
真美「つむぎんたちも真美たちのこと、まみまみって呼んでくれていいかんね☆」
紬「つむぎんでもつむつむでもなく紬です! 桜守さんもなにか言ってください」
桜守歌織「よろしくお願いしますね。まみまみ、あみあみ」
紬「桜守さん!?」
3:
◆GO.FUkF2N6
2018/05/26(土)14:56:39.14ID:7ukIH8+z0
天海春香「あはは……。2人とも、めんどくさくなったら付き合うのやめていいからね」
亜美「むむ、はるるん隊員。口を慎みたまえよ。はい、レッドカード」ピピー
真美「もう1枚出たら退場だかんね」
春香「それを言うならイエローカードでしょ! レッドは1発退場だよ!」
亜美「じゃあつむぎんに質問。普段ゲームやっ
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1442491876/
2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/09/17(木)21:38:12ID:U8f/NymY
娘「休日だからといってダラダラしていてはダメよ?節度ある生活こそが健全な肉体と精神を養うのだから」
八幡「お父さんが良いことを教えてやろう。休む日と書いて休日と読むんだぜ。わかったか、プチのん?」
娘「誰に向かってものを言っているのかしら。自慢ではないけれど、万年学年三位だったパパとは違って、私の国語の成績は入学以来常に学年一位よ」
と、無い胸を誇らしげに張るのは我が娘である。
昨夜は休日前ということもあって、積んでいた読書やらゲームやらを明け方までやっていたから、眠りに落ちたのはつい二時間ほど前のことであった。
だというのに、我が娘ときたら、気持ちよく眠りにつく父の布団を剥ぎ取り、叩き起こすのである。挙げ句の果てには説教される始末であった。
これは誰に似たのん?
八幡「べつに恩に着せるつもりはないが、お父さんは毎日お仕事を頑張っていてだな……。たまには遅くまでダラダラしてもいいんじゃないかなって思うんだけど?」
娘「いつも私たちのために働いてくれることに関しては、尊敬もしていますし、感謝もしています。だけれど、それとこれとは話が別よ。休日でも早起きする。そうすることで充実した休日を過ごすことができるのだから、厳しいように思えるかもしれないけれど、これはパパのためになることよ」
八幡「もっともらしいことを言っちゃってまぁ。まじ、プチのん」
娘「もっともらしいことではなく、もっともなことよ。……それから一応訊いておくけれど、そのプチのんというのは何かしら?」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2015/09/17(木)22:05:59ID:U8f/NymY
勿論、プチゆきのんの略である。
その旨を伝えようとしたところ、「いえ、やっぱり言わなくてもいいわ」と手で制されてしまう。どうやらだいたいのところは察したらしい。呆れたようにこめかみに手をやり、はぁ、と大きな溜め息をついている。
八幡「頭でも痛いのか?
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1513066513/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/12/12(火)17:15:13.61ID:T6WgsUjT0
小町「噂だけどね、噂」
八幡「それ、俺のことか?」
小町「小町がこうやって話題振ってるんだから、お兄ちゃんしか考えられないでしょ」
八幡「いや、小町の可愛さなら、男の一人や二人…」
小町「小町そんな悪い事しないし。そもそも彼氏いないし」
八幡「彼氏できたら、お兄ちゃんに言うんだぞ」
小町「お兄ちゃん、それマジっぽいからやめてよね」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/12/12(火)17:26:33.01ID:T6WgsUjT0
小町「とーにーかーく、お兄ちゃんが二股かけてるって噂があるんだよ」
八幡「…意味がわからん、なんでそんな噂が…」
小町「小町にもわかんないけどさ、クラスの友達が言ってたから、お兄ちゃんのことだと思うよ」
八幡「確定じゃないのか。…俺が友達いなくてキモイという噂なら流れても普通だけどな」
小町「そういう自虐ネタみたいな噂じゃなくて、ある意味リア充的な噂でしょ」
八幡「俺の名前出てないなら、別に俺じゃないかもしれないだろ」
小町「雪乃さんと結衣さんを二股してるなんて、関係性からお兄ちゃんしかいないでしょ」
八幡「…関係性なら、葉山とか」
小町「いや、ないから」
八幡「ないか」

3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/12/12(火)17:37:12.25ID:T6WgsUjT0
小町「とにかくさ、このままだったら、またお兄ちゃんが悪者になっちゃうよ?」
八幡「甘いな、小町。俺がそんなことくらいでへこたれるとでも思ってたか?」
小町「小町が嫌なの!…お兄ちゃんが悪く言われて喜ぶ妹なんていないってば」
八幡「ま、あいつらと相談してみるか」
小町「そうそう、それだよ。3人で考えれば、できないことなんてないんだから!」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1527171716/
1:
◆AmFoB0SlRA
2018/05/24(木)23:21:57.06ID:reTVNhl50
※提督が艦娘に寝取られる修羅話。安価の小話形式です。
※修羅場注意。仲の良い艦娘達が良いという方はバック。
※提督は基本出てきません。
前作
【安価】提督「ドロドロ」【修羅場注意】
・リアルでの仕事及び引越し等がある関係で暫くネットに戻れそうにないと言ったな、あれは本当だ。
・だが引越しが、いつ遠方への引越しだと錯覚していた? 駅近だ。
・ネット環境が不安定なため、急に途切れるかもです。
・愛エプはネタと構想、周囲が落ち着いたら再開したいなぁと思ってます。

2:
◆AmFoB0SlRA
2018/05/24(木)23:22:29.72ID:reTVNhl50
安価
寝取られる艦娘:↓1
寝取る艦娘:↓2
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/05/24(木)23:22:57.92ID:J8w03p5lO
のわっち
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2018/05/24(木)23:23:05.70ID:97q+DxY4O
舞風
6:
◆AmFoB0SlRA
2018/05/24(木)23:47:47.37ID:reTVNhl50
野分「はああ……」
舞風「あれー? のわっち元気ないぞぅ」
向かい合い、一緒に朝食を食べている野分に舞風は尋ねた。
野分「ごめんなさい舞風。朝から辛気臭くて……」
舞風「気にしなくていいよー。何か悩みがあるなら遠慮無く相談して」
野分「ありがとう。でも、その、良いのかしら……」
舞風「のわっちらしくないなぁ。良いから言ってみなって」
野分「わ、分かったわ」
野分「……司令との事なんだけど」
野分がいつも身に付けている左手の手袋を外すと、その薬指にはケッコン指輪が嵌められていた。
舞風「相変わらず眩しいよねそれ」
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1512744849/
1:
◆AmFoB0SlRA
2017/12/08(金)23:54:10.31ID:JkWWxoJF0
※提督が艦娘に寝取られる修羅話。安価の小話形式です。
※修羅場注意。仲の良い艦娘達が良いという方はバック。
※提督は基本出てきません。
同時進行中
【艦これ】提督「鎮守府・愛のエプロン」加古「その5!」【安価・コンマ】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1507294434/
モチベアップ&違った物を書いてみたかったので少し書いたらHTML依頼を出します。
・例
寝取られる艦娘:叢雲
寝取る艦娘:吹雪


2:
◆AmFoB0SlRA
2017/12/08(金)23:54:48.72ID:JkWWxoJF0
叢雲「ちょっと話があるんだけど」
吹雪「なあに叢雲ちゃん。今お昼ご飯食べてるから後ででも――」
バン、とテーブルが叢雲に叩かれて揺れた。
叢雲「私は今、話したいの」
吹雪「…………何かな?」
溜息を吐きながら吹雪は妹を見た。彼女の顔は一目で分かる程怒りに満ちていた。
叢雲「あいつが全部白状したわ。あんたとのことを」
吹雪「あいつって誰?」
叢雲「ッ! 司令官よ!」
吹雪「……ふ?ん。司令官、話しちゃったんだ」
悪びれる様子も無く、吹雪はニヤニヤといった表情で言った。
叢雲「一体どういうつもりなの! あいつはあたしの――」
吹雪「ケッコンカッコカリ相手、でしょ? それぐらい分かってるよ」
叢雲「分かってるなら何で……!」
吹雪「司令官はね、私に色々話してくれたんだ」
吹雪「叢雲ちゃんとケッコンはしたけど、態度はいつも通りだから本当に自分を好きなのか不安なこと」
吹雪「キスは済ませたけど、その先の事はまだ出来てないこと……本当に色々話してくれたよ」
吹雪「私は初期艦だから、司令官のことはずっと見てきたの。だから司令官が悲しそうにしてるのは耐えられない」
吹雪「
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1527268649/
1:
◆aDRXZRX9R2
2018/05/26(土)02:17:29.61ID:KMLsEkAoo
夜見「……ひっく」
真希「吃逆か」
寿々花「夜見さんでもしゃっくりをするんですのね」
夜見「はい。……ひっく」
寿々花「しゃっくりと言えば100回続くと死んでしまう、なんて噂もありますわよね」
真希「迷信だ」
寿々花「そんなことはわかっていますわ」


2:
◆aDRXZRX9R2
2018/05/26(土)02:18:36.08ID:KMLsEkAoo
寿々花「それでも幼い頃は信じて怯えていたものです」
真希「確かに僕にもそんな覚えがある」
夜見「ひっく」
真希「夜見、僕たちは西方に出現した荒魂の処理に向かう」
真希「こちらの事は任せたよ」
夜見「わかりました」
3:
◆aDRXZRX9R2
2018/05/26(土)02:19:26.79ID:KMLsEkAoo

結芽「おねーさんたち?!」
結芽「ってあれ? 真希おねーさんと寿々花おねーさんはまたお仕事?」
夜見「荒魂の退治です」
結芽「そっかぁ、お仕事ばっかりでつまんないなー」
夜見「ひっく」
結芽「!」
4:
◆aDRXZRX9R2
2018/05/26(土)02:19:53.47ID:KMLsEkAoo
結芽「夜見おねーさん、しゃっくりしてるの!?」
夜見「はい、先ほどよりずっと」
結芽「大変!」
結芽「しゃっくりって100回続くと死んじゃうんだよ!」
夜見「先ほど此花さんも同じ話をしていました」
結芽「ど、どうしよう……」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1513237652/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/12/14(木)16:47:32.01ID:K34WSHzDO
千歌「そうだよ!ダイヤさんの誕生日が近づいて来てる…」
千歌「大イベントドンピシャ、クリスマスにも近い…きっと三つまとめて済まされて来たのでしょう…」
花丸「完全に勝手な想像ずら」
千歌「そんな今だからこそ!ここをしっかり調べてダイヤさんの喜ぶプレゼントをあげたいと思うんだよ!」
曜「動機だけはいっちょ前だね…」
千歌「えへへ…よく言われます…」
梨子「よく言われるんだ…」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/12/14(木)16:48:12.47ID:K34WSHzDO
千歌「というわけで!重要参考人の登場です!」
ルビィ「あ…の……どうも…?」
鞠莉「まあ、そうなるわよね」
果南「一つ屋根の下に住んでるんだから…そりゃあ…何か…」
ルビィ「でも…お姉ちゃんが何貰ってるか…ルビィ殆ど見たことなくて…」
千歌「あー……もうお手上げだ」
善子「打つ手少なすぎでしょ」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/12/14(木)16:49:17.31ID:K34WSHzDO
千歌「そうだ!ルビィちゃんは何かあげた事ある?」
ルビィ「ルビィは…スクールアイドルのグッズとか…ライブのブルーレイなんかをあげたりしました」
果南「あ、私もあげた」
鞠莉「私も」
曜「えぇ…そんなにアイドルグッズ貰ってたの」
鞠莉「いや…なんていうか中学の頃のダイヤ…めちゃくちゃ熱入ってたから…」
果南「うん…なんていうか…一筋っていうか…」
千歌「2人は何をあげたの?」
果南「絢瀬◯里さんのポスター」
鞠莉「絢瀬絵◯さんのフィギュア」
千歌「あ……うん」
梨子「聞いたんだからもう少し興味持って」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
2
3
4
5
6
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。