SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
媒体:おかしくねーしSSまとめ
<<
2019年08月
>>
686件取得
人気記事順表示
<<
0
1
2
3
4
5
6
>>
転載元:https://engawa.open2ch.net/test/read.cgi/mitemite/1566812080/
1:
◆ajqgdR8aUE
19/08/26(月)18:34:40ID:rAh
マツコの知らない世界でバームクーヘン回と聞いて
一応マツコ×スクメロSSですが、スクメロを知らない方でも楽しめる仕様なので、バームクーヘン好きなアイドルが出てるぐらいの雰囲気でお読みください
※作中に登場するバームクーヘンの会社・商品は実在の物です

2:
◆ajqgdR8aUE
19/08/26(月)18:35:24ID:rAh
ティン
マツコ「えー…"バームクーヘンを鍋に入れて食べるアイドル"」
マツコ「この番組に出る奴って食べ物を普通に食べられない呪いにでもかかってるのかしら」
マツコ「篠宮明佳里さんです、どうぞ!」
パチパチパチ
明佳里「はじめましてマツコさ?ん!」
明佳里「キミの心に明かりを灯すよ!篠宮明佳里ですっ!」
マツコ「あはぁ?、どうも?」
マツコ「パヤパヤが凄いわ」
マツコ「で、篠宮さん…明佳里ちゃんでいっか」
マツコ「明佳里ちゃんはバームクーヘンを鍋に入れて食べたって本当なの?」
明佳里「本当に食べました!」
マツコ「美味しいのそれ?」
明佳里「ん?、不味い!」
マツコ「なら普通に食べろよ!」
3:
◆ajqgdR8aUE
19/08/26(月)18:36:01ID:rAh
明佳里「っていっても闇鍋に入れて食べたってだけなんですけどね?」
マツコ「"あ?、ならいいか"とはならないからな?」
明佳里「ちなみに苺大福も鍋に入れると不味くなるよ!」
マツコ「そりゃそうだろうよ!」
明佳里「そんな事よりマツコさん!」
マツコ「そんな事って」
明佳里「マツコさんはバームクーヘンお好きですか?」
マツコ「まぁ甘いものは大概好きよ」
マツコ「でもバームクーヘンが特別好きかって言われると微妙っていうか、そもそも食べる機会が少ないのよねぇ」
マツコ「っていうかあれはケーキの部類で良いの?」
明佳里「じゃあ今日はそこも
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1357438801/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/01/06(日)11:20:01ID:vPwNv0Vc
ピラフ「ピカチュウ??」
みんな大好きドラゴンボール×ポケモンのクロスオーバーSS
時系列はピラフ一味:占いババ編後 ロケット団:金銀編ぐらい
本当はDP辺りにしたかったけどアニメは金銀編までしか見たことなかったので勘弁してくらさい。
荒野のどこか
マイ「ピラフ様?」
シュウ「我々、いつまで歩いていけばいいんでしょう??」トボトボ
ピラフ「ゴチャゴチャ言わずに歩け!!」
ピラフ「全く、こうなったのもあの孫悟空せいだ!本当なら尻尾があれば我々が勝ってたんだ!ドラゴンボールも奪われて・・・ブツブツ」
シュウ「(また始まった・・・)」
マイ「ピラフ様、そろそろここで食事でもしましょう。」
シュウ「そうですよ。何か食べれば少しは気分が晴れますよ?」
ピラフ「むう・・・そうだな。よぉーし!ここらでお食事タイムだ!!」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/01/06(日)11:20:50ID:vPwNv0Vc
ムサシ「はぁ?」
コジロウ「腹減ったな?」
ニャース「早く何か食べ物探さなきゃ飢え死だニャ。」
ニャース「!」クンクンッ
ニャース「美味そうな匂いニャー!」バッ!
ムサシ「ニャース!?」
コジロウ「ずるいぞ!俺たちにも喰わせろー!!」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/01/06(日)11:22:33ID:vPwNv0Vc
ピラフ「マイ、今日は何だ!?」
マイ「今日はピラフ様の大好物カレーライス(非公式)です。」
ピラフ「へっへっへ、いただきまー・・・」
シュウ「アーン・・・?」
ガバッ!
ニャース「ニャー!!」
シュウ「ひぃっ!?」
ガバッ!
ムサシ「食べ物ー!!」
マイ「なぁ!?」
ガバッ!
コジロウ「いただきまーす!!」
ピラフ「げ
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1566476107/
1:
◆FB93OpIG9w
2019/08/22(木)21:15:07.76ID:khDFdxq5O
今日、ライチはアローラリーグの関係でククイの家に呼ばれていた
その帰りのこと
メレメレ島
公園
ライチ「………」ポケー
ルガルガン「ガルッ」

2:
◆FB93OpIG9w
2019/08/22(木)21:21:28.44ID:khDFdxq5O
ライチ「ハァ……アローラリーグのことでククイ博士の家に行ってきたのはいいけど……」
ルガルガン「ガル…」
ライチ「………ククイ博士とバーネット博士……ラブラブだったわね?…まさに理想の夫婦ってカンジ…」ポー
ライチ「……いつか私も運命の王子様と素敵な恋をしてククイ博士やバーネット博士みたいに幸せな家庭を////」キャッ
ルガルガン「ワォン」
キャッキャッ
ライチ(………にしても…)チラッ
3:
◆FB93OpIG9w
2019/08/22(木)21:32:30.54ID:khDFdxq5O
エリートトレーナー♂「愛してるよ////」
エリートトレーナー♀「私も////」ポッ
スカル団したっぱ♀「実はアタイのお腹にアンタの子が………」
スカル団したっぱ♂「マジっスカ!?」
キャッキャッウフフ
ライチ「…………」
ライチ(どいつもこいつも…なぁに真っ昼間から盛ってるのよ!!)イライラ
ライチ「………あーあ…今ここにさばきのつぶてでも落ちてこないかなぁ…」ボソッ
ルガルガン「ガルッ!?」ビクッ
ライチ「アハハ、なーんて…嘘よ嘘!私は島クイーンよ?これはむしろアローラが平和な証拠!アローラの守り神たちに感謝しなきゃ!」
ルガルガン「ガル…」ホッ
ライチ「………まぁでも…」スクッ
4:
◆FB93OpIG9w
2019/08/22(木)21:45:55.20ID:khDFdxq5O
ライチ「公園はみんなのものなの!ここには公園を利用している幼い子どもやポケモンたちも
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1566834150/
1:
名無しで叶える物語(たこやき)
2019/08/27(火)00:42:30.58ID:rseR/d5K
家族会議
善子「…」
善子パパ「…」
善子ママ「…」
善子「家族会議って何するの?」
善子ママ「もちろんあなたの事よ善子ちゃん」

2:
名無しで叶える物語(たこやき)
2019/08/27(火)00:44:04.49ID:rseR/d5K
善子パパ「何かあったのかい?善子の成績が悪いとか、学習態度が悪いとか?」
善子ママ「違うわ、成績は良好。学習態度も時々ハメを外す事もあるけど別に問題になるほどではないそうよ」
善子パパ「じゃあ、何が?」
善子ママ「…」
善子パパ「まさかイジメか!?おのれ!!よくも我が娘を!!あの学校を我が紅蓮の炎で焼き尽くしてくれるわ!」
善子ママ「違います。スクールアイドル部の子達や旧浦の星や静真のみんなとも仲良くしてるそうよ」
善子パパ「ほっ…」
善子「…それじゃあいったい何なのママ?」
3:
名無しで叶える物語(たこやき)
2019/08/27(火)00:45:47.85ID:rseR/d5K
善子ママ「あなた分からない?」
善子「…全然」
善子ママ「ハァ…。善子ちゃん、あなた2年生に進級したでしょ」
善子「うん」
善子ママ「それで3年生に向けて進路調査を提出したわよね」
善子「あーあれね」
善子ママ「その提出した調査票に問題があるって、あなたの担任の先生に呼び出されたのよ」
善子パパ「まさか…何も書いてなかったのかい?」
善子ママ「いいえ、第三希望までちゃんと書かれてあったわ」
善子パパ「なら問題ないじゃないか。まさか君は善子のやりたい事に口出しするのかい?できるだけ善子の自主性を尊重しよう、彼女の夢を応援していこうって言ってたじゃないか?」
善子ママ「…あなたは善子が書いた調査票を見てないからそんな事が言えるのよ」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1356347494/
1:
HAM◆HAM/FeZ/c2
2012/12/24(月)20:11:34ID:vfZ8sf9Y
男「うっし、引越しの荷物はこれで全部だな」
男「あー腰いてえ」
男「あとは…これだけ書斎に持ち込んでおくか」グイ
……
男「っと」ドサ
カチャン
男「ん? なんだこれ」
男「カセットテープ?」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/12/24(月)20:15:26ID:vfZ8sf9Y
創作発表板に投下した過去のものです
三点リーダやクエスチョンマークなどをちょっとだけいじってますが
それ以外はほとんど元のままです、多分
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/12/24(月)20:19:22ID:vfZ8sf9Y
【20××.3.20 17:00】
男「1年くらい前のテープか」
男「前に住んでた人の忘れものかなんかかな」
男「かけてみるか」
ガチャリ
男「再生……と」カチカチ
ザ……ザー……
女『あー、あー』
女『聞こえますか?』
男「ん?」
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/12/24(月)20:19:38ID:vfZ8sf9Y
女『えーこんにちは』
男「はあ」
女『今日、この家に引っ越してきたものです』
女『新しい生活にわくわくしています』
男「なんだ、自分語りか。くだらねえ……」
女『あなたに聞いてもらいたくて、このカセットテープに吹き込んでいます』
男「え」
女『一人きり、新しい生活』
女『ペットも飼えないし、寂しいし』
5:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/12/24(月)20:19:52ID:vfZ8sf9Y
女『あ、このテープは、私のさらに前の人のものみたいです』
男「あん?」
女『なんかミュージシャンの人だったみたいで、録音装置とかカセットが山ほど残ってて』

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1353675573/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/11/23(金)21:59:33ID:GpZP122o
幼「男?遊ぼっ」フリフリ
男「今、忙しいんだよな」
幼「横になって、おしりかいてるのは、暇なんじゃないのかな」
男「こう見えて、日本の未来に、思いを馳せているのさ」ポリポリ
幼「私の退屈にも、思いを馳せてほしいよっ」プー

6:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/11/23(金)23:15:06ID:GpZP122o
男「はいんな」クイッ
幼「おじゃましまーす♪」
男「とりあえず緑茶でいいか?」コポコポ
幼「ありがとー」
男「…」イジリイジリ
幼「おまんじゅう、おいしー」パクッ
男「…!」イジリイジリ
幼「なにしてるの?」キョトン
男「…茶柱、立ててんだよ」グイグイ
幼「…それ自分でやっちゃ、駄目なんじゃ」
男「」イジリイジリ
8:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/11/23(金)23:32:59ID:GpZP122o
幼「男のお部屋って、いつもきれいだよね。物多いのに、えらいね」
男「…幼がくるからな」ボソ
幼「なんか、とってもいい匂いするよね。ふしぎ」
男「…アロマ焚いてるからさ」ボソ
幼「おいてるまんがも面白いし」
男「…好みはリサーチ済みだし」ボソ
幼「住みたくなっちゃうなぁ」ニコニコ
男「な、何いってんだよっ!!」プンプンニコニコ
幼「…何で、複雑な顔して起こってるの?」
男「」ジタバタ
9:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/11/23(金)23:51:30ID:GpZP122o
男「幼、DVD見ようぜ」
幼「…それ怖いやつじゃん…。私、ほん怖すらみれないのに…」
幼「やーっ」ジワッ
男「ちょっとでいいんだ。一話分。怖いの見たい気分なんだ」
男「…俺も側にいるし」
幼「…ち
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1355321329/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/12/12(水)23:08:49ID:3RAtLzIQ
男「…………」モグモグ
「ねぇねぇ、男くん!」
男「っ? ……な、なにかな」
「面白い噂を聞いちゃったんだけどさぁ……」
「君、幼馴染ちゃんのこと……好きなんだって?」
男「っ!?」ビクッ
「え、マジ? えーっ、マジなんだその反応っ! きゃははははっ!」
男「ぅ、あ……そ、そのっ……!」
「どうしたの、そんな笑って」
「あっ、聞いて聞いてっ! 実は男君がねっ」
男「…………」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/12/12(水)23:42:36ID:3RAtLzIQ
「へー……あいつが」ヒソヒソ
男「…………」
「男が……馴染さん…………」ヒソヒソ
「……冴えない……してるのに……」ヒソヒソ
男「……ぅ、く……」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/12/12(水)23:50:14ID:3RAtLzIQ
キーンコーン カーンコーン
男「……帰ろ……」トボトボ
男(なんで、どうして……)
男(誰にも言ったことなんてないのに……)
男「…………はぁ」
幼馴染「男」トン
男「――っ!?」ビクン
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/12/12(水)23:57:35ID:3RAtLzIQ
男「幼馴染っ!?」
幼「なによ、そんなに驚かなくてもいいじゃない」
男「あ、あの……えっと」
幼「たまには一緒に帰りましょ」
男「でも……」
幼「だいたい隣同士なんだから、家まで同じじゃない」
幼「……聞きたいこともあることだし」ニヤニヤ
男「……っ」
5:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/12/13(木)00:03:40ID:iDaalsts
幼「今日、ちょっと耳にはさんだんだけど……」
男「
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1356795176/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/12/30(日)00:32:56ID:LnXKo9pI
男「そしてお正月には凧あげて」
女「こまをまわして」
男「流石にこんな年になったら、凧揚げなんかしないよな」
女2「前回に引き続き登場しますた」
男2「うん」
幼「こままわしもしないよね!」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/12/30(日)00:33:59ID:LnXKo9pI
男「久々に子供に戻ってみる?」
女「どーかな男くん」

3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/12/30(日)00:36:13ID:LnXKo9pI
男「どーって・・・俺に聞くなよ」
女「私はどうでもいいからいったのよ」
男2「戻ろう戻ろう」
女2「これで戻るのももうないわね・・・」
幼「いっちょ、戻りますか!」
男「じゃあ戻るか」
幼「よし!じゃあ凧とこまと羽子板は、」
男「やっぱアマゾンだろ」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1356351579/
1:
◆L0dG93FE2w
2012/12/24(月)21:19:39ID:TsoPulPE
幼「今までの関係が楽しくて」
幼「落ち着いてて」
幼「それが壊れてしまうのが怖かったけど」
幼「もう、自分の気持ちに嘘はつかない!」
幼「だから伝えるんだ…男に」
幼「大好きだって!」

2:
◆L0dG93FE2w
2012/12/24(月)21:20:01ID:TsoPulPE
幼「…でもどうやって伝えよう」
幼「メールで…」
幼「いやいや、こんな大切な事は…」
幼「ちゃんと口で言わないと…」
幼「じゃあ電話で…」
幼「いやいや」
幼「やっぱり、直接言わないと…」
3:
◆L0dG93FE2w
2012/12/24(月)21:20:34ID:TsoPulPE
幼「クリスマスに男の家に行って…」
幼「でも、おばさん達も居るもんね…」
幼「聞かれたら、恥ずかしいし…」
幼「…無理かな」
幼「いやいや!」
幼「せっかく決心したんだ!」
幼「絶対告白する!」
4:
◆L0dG93FE2w
2012/12/24(月)21:20:57ID:TsoPulPE
幼「家じゃダメだとしたら…」
幼「外に呼び出して…」
幼「あ、場所は何処にしようかな?」
幼「そう言えば、中央公園のイルミネーションが綺麗だったなー」
幼「あそこで告白出来たら、なんか良いかな」
幼「うん!場所は公園にしよう!」
幼「問題はどうやって呼び出すか…だなぁ」
5:
◆L0dG93FE2w
2012/12/24(月)21:21:32ID:TsoPulPE
幼「どうしよう…」
幼「クリスマスまであと二日しかないし」
幼「その間に何とかしなきゃ…」
幼「幼友ちゃんに相談してみようかな…」
幼「あ!そうだ!プレゼントも用意しなきゃ!」
幼「プレゼント渡して、思いの丈を伝えよう」
6:

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1355741948/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/12/17(月)19:59:08ID:c2e/o06E
始まりは至って簡単な理由だった
明晰夢
夢の中で自由に動けるという代物
夢の中なら自由自在
魔法を使うことだって、空を飛ぶことだってできる
…そう、好きな子とHすることだって

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/12/17(月)20:00:57ID:c2e/o06E
そんな理由だった
なんにせよ簡単なことでは無いらしいので、ダメもとで試した
それが…この全ての始まりだった
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/12/17(月)20:05:04ID:c2e/o06E
?4ヶ月前?
友「どうだ男、調子の方は」
男「そうだなぁ、一回だけ軽く意識できたかな」
友「お!その調子だ、共に頑張ろうな」
男「お前はどうなんだ?」
友「完全にモノにしたわけじゃないが、3割くらいの確立で成功するようになってきた」
男「すげーなー」
友「俺は夢日記を半年やってるからな」
男「俺も頑張るわ」
友「おう、その調子だ」
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/12/17(月)20:11:46ID:c2e/o06E
夢日記
自分のその日見た夢をただ書き記す物
これを行うことで夢の特性を掴み、夢の中で夢と認識しやすくするのだとか
友は明晰夢を俺に教えてくれた親友だ
あいつは俺より2ヶ月程前より夢日記をつけはじめ、成功率が着々と高くなっているらしい
俺もまた、友に習い夢日記をつけ始め4ヶ月が経とうとしていた
最近ようやく一度、夢を夢と認識することに成功した
5:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/12/17(月)20:14:08ID:c2e/o06E
夢と認識すると、自然に目が覚めてしまう
と、友は言っていた
そこの調整が難しいのだとも

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1356371628/
1:
t
2012/12/25(火)02:53:48ID:1knH8wpY
皆、泣いてる
優しそうな人も、暖かい人も
白い服の人も、青い服の人も
皆、泣いてる
何でだろう?
僕は生まれたのに…
『ごめんなさい…ごめんなさい貴方…』
僕は生まれたよ?
頭を撫でて欲しいな?
抱き締めて欲しいな?
駄目かな…
駄目なのかな…

2:
t
2012/12/25(火)02:55:09ID:OxzxBh3E
人は食べる
僕は食べない
口に軟らかい物を運ばない
『腹へったー』
『コンビニよる?』
僕は[お腹が空いた]が解らない
聞いても誰も答えてくれない
人が食べる物を口に運ぶ
…変なの
よく解らない
食べる方法が違うのかな?
誰か教えてくれないかな?
3:
t
2012/12/25(火)02:58:50ID:h0f4At3.
皆は増える、鏡があれば増えていく
たくさんたくさん増えていく
僕は増えない
たった一人の僕だ
僕はたった一人しかいないんだぞ
少しだけ誇らしい
でも、羨む人はいない
きっと凄い事なのに
あ…
もう一人僕が居たら…
僕に気付いてくれるかな?
気付いてくれるよね?
会いたいな…

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1355425194/
1:
ごめんなさい
2012/12/14(金)03:59:54ID:R1Gu2jws
妹「早ぐ起ぎで雪掻き手伝ってけろじゃ!」ユサユサ
兄「ん?……」
妹「おにぃー!起ぎろぉぉぉ!」ボスボス
兄「だぁー!うっせーな!」ガバッ
兄「休みの日ぐれーゆっぐり寝させろじゃよ!」
妹「ゆっぐりって、はぁ昼の2時だで?」
兄「は?マジでな?」
妹「マジで」

2:
ごめんなさい
2012/12/14(金)04:03:23ID:R1Gu2jws
妹「あにぃが寝でら内にたんげ雪降ったがら雪掻きすんど」
兄「どんだげ降ったんず?」
妹「ん?、1m弱ぐれぇ」
兄「マジでな?」
妹「マジで」
3:
ごめんなさい
2012/12/14(金)04:07:00ID:R1Gu2jws
兄「はぁ?、めんどくせぇの」
妹「わだってめんどくせぇじゃよ」
兄「雪が降らねー場所さ住みてーな?」
妹「んだな」
4:
ごめんなさい
2012/12/14(金)04:10:38ID:R1Gu2jws
兄「んだば準備して来るはんで、待ってろじゃ」
妹「ん、わがった」
兄「……」モゾモゾ
妹「まだ寝だら殺すはんでな!」
兄「わ、わがってらじゃよ!」
5:
ごめんなさい
2012/12/14(金)04:20:43ID:R1Gu2jws
兄「んだば、雪掻きやんが!」
妹「おー!」
兄「行くど!」ガラッ
兄「……」
兄「……」ピシャ
妹「なした?」
兄「何が雪の高さが我の首下ぐれぇまであんだけど…」
妹「あにぃ身長どんぐらい?」
兄「176」
妹「んだば積雪150ぐれぇが…」
妹「我がスッポリ埋まるな」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1356635396/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/12/28(金)04:09:56ID:UXu3td7g
姉「……ほっ!」
姉「……たっ!」
姉「……と、とうっ!」
姉「……あっ!」
姉「う?ん……やられちゃった……」
姉「………」
姉「よ?し!もう一回!」
姉「……ほっ!」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/12/28(金)04:18:27ID:UXu3td7g
ーーーーー
弟「ただいま?」
姉「……あっ!弟君帰ってきたっ!ねぇ、ちょっとこっち来てこっち来て!」
弟「……ん?どうしたの?」
姉「あのね?……この面クリアして?」
弟「……はぁ?」
姉「弟君帰って来るまで、ずっとポーズして待ってたの。ねっ、お願いっ!」
弟「ん?、まぁいいけど……」
姉「はいっ!じゃあ、コントローラー!」
弟「はいよ」カチカチ
姉「……最後の一機だから大事にしてね?」
弟「……えっ!?」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/12/28(金)04:24:43ID:UXu3td7g
弟「……こ、これ最後の一機?」
姉「うん」
弟「……何でそういう大事なのを渡すのさ?」
姉「弟君、ゲーム上手だから大丈夫でしょ?」
弟「いや、そうだけど……急にプレッシャーがさぁ……?」
姉「あっ!あ?っ!」
弟「!」
姉「敵だよ!ジャンプっ!ジャンプっ!」
弟「いやっ!わかってるよ!?脅かさないでよ!」カチカチ
姉「あ?っ!」
弟「!」
姉「後ろっ!後ろっ!」
弟「……いや、わかってるからさ」カチカチ

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1489823741/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/03/18(土)16:55:41.50ID:0LGRpZ30o
 「そして……せやっ!」
 「お」
 「そう、それだ有香!今のは良いウィンクだったぞ!」
 「押忍っ」
 「どーんかーんっ、あ・り・え・な・いよー♪」
 「ふむ、仕上げて来たな。感心感心」
 「良いぞ有香!巧いぞ有香!佐久間ちゃんにだって負けてない!」
 「押忍っ!」


2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/03/18(土)17:01:03.07ID:0LGRpZ30o
 「……なのに」

3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2017/03/18(土)17:03:20.07ID:0LGRpZ30o
 「そこでステップ!」
 「……てやっ!」
 「中野ー。何度も言うが……それじゃ震脚だ」
 「お、押忍……」
 「どうしてダンスだけイマイチなんだぁ……!」
最強のアイドル――その頂は、遥か遠く。

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1550791901/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/02/22(金)08:31:42.25ID:FiqVWAaI0
【なのにゃソング】

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/02/22(金)08:32:40.99ID:FiqVWAaI0
かわいくネコは生きるのにゃ
わがまま言うのはもうやめなのにゃ
キリリとわが道歩むのにゃ
きびきび優雅に歩くのにゃ
凜とネコは暮らすのにゃ
リンと鳴る鈴は外すのにゃ
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/02/22(金)08:33:08.93ID:FiqVWAaI0
しぶとく果敢に挑むのにゃ
失敗おそれてならぬのにゃ
やると決めたらがむしゃらにゃ
ネコは自分を曲げないにゃ
おさかな嫌いでもネコなのにゃ
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/02/22(金)08:33:35.82ID:FiqVWAaI0
弱みは人に見せぬのにゃ
堂々ひとりで生きてくにゃ
さびしくなってもこらえるにゃ
でも甘えるときは甘えるにゃ
気まぐれなのがネコちゃんにゃ
あざとくかわいく媚びるのにゃ

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1566810143/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/08/26(月)18:02:23.57ID:UP/72cx80
――おしゃれなカフェ、の玄関前――
<ザッザッザッ...
北条加蓮「あーもう、買ったばかりの靴なのに……。水たまりに突っ込むとかホントやめてよねあのトラック――」ブツブツ
加蓮「ん?」チラ
高森藍子「???♪ あっ、加蓮ちゃん!」フリフリ
加蓮「……なんで店の前のベンチに座ってんの? 藍子」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/08/26(月)18:03:01.93ID:UP/72cx80
レンアイカフェテラスシリーズ第83話です。
<過去作一覧>

北条加蓮「藍子と」高森藍子「カフェテラスで」

高森藍子「加蓮ちゃんと」北条加蓮「カフェテラスで」

高森藍子「加蓮ちゃんと」北条加蓮「膝の上で」

北条加蓮「藍子と」高森藍子「最初にカフェで会った時のこと」
?中略?

北条加蓮「藍子と」高森藍子「7月24日の23時にて」

北条加蓮「藍子と」高森藍子「膝の上で ろっかいめ」

高森藍子「加蓮ちゃんと」北条加蓮「夏休みのカフェで」

高森藍子「加蓮ちゃんと」北条加蓮「残暑模様のカフェで」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/08/26(月)18:03:30.92ID:UP/72cx80
加蓮「……あっ」
藍子「なんだか大変だったみたいですね、加蓮ちゃん――って、あの、なんでしょうか。その、気の毒そうな人を見る目……?」
加蓮「いや……。そっか。とうとう追い出されちゃったんだ……」
藍子「追い出されていませんよ!?」
加蓮「いっつも騒いでばっかりで、営業妨害にも程があったもん」
藍子「追い出されていませんからね!?」
加蓮「ま、私にも責任はあるし……藍子と一緒にいる
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1566831723/
1:
◆5AkoLefT7E
2019/08/27(火)00:02:03.86ID:/7uIOzYD0
?346プロダクション・事務所?
P「もりくぼー? もりくぼいるかー?」ヒラヒラ
森久保乃々「……」
P「もーりーくーぼー?」キョロキョロ
乃々「……」
P「ここか!」ヒョイッ
乃々「ひうっ!?」
P「お、いるじゃないか森久保。無視しなくてもいいのに」
乃々「プロデューサーさんが……そうやって書類をヒラヒラさせながら近づいてくるのは……お仕事のお話がある時だって決まってます……」
P「そりゃまあ……森久保に仕事を持ってくるのが俺の仕事だしなあ」
乃々「いえ……まぁ……面倒なお仕事でなければ……別に……」
P「……」
乃々「へ……」
P「……」
乃々「ど、どうしてそこで黙るんですか……!?」
P「確かに……これは、乃々にとっては厳しいお仕事になるかもしれない……」
乃々「え……!?」
P「もしかしたら今までで一番……」
乃々「えぇ……!?」
乃々(き、急にプロデューサーさんが真剣な表情になったんですけど……!?)
乃々(厳しい……? 今までで一番……?)
乃々(ま、まさか、体を張った撮影……!? バンジージャンプとかだったら死んじゃうんですけど……!!! そういうのは幸子ちゃんに……)
乃々(いや、もしかして海外とかでロケ……!? も、もりくぼ英語なんてむーりぃ……!!! そういうのは幸子ちゃんに……)
乃々(そ、それとも……無人島でサバイバルとか……!? ただでさえ毎日死にかけているもりくぼが……!? そういうのは幸子ちゃんに……)
P「失礼なことを考えてるな?」


2:
◆5AkoLefT7E
2019/08/27(火)00:02:51.99ID:/7uIOzYD0
P「まあ、勿体ぶっても仕方がないから発表するが……」
乃々「……」ゴクリ
P「森久保に今回、やってもらうのは……」
乃々「……」ゴクリ
P「…
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1566833432/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/08/27(火)00:30:32.70ID:3zWK4NJ90
――事務所
P「ふわぁ……いい加減休憩しないと眠くなってきたな……」
藍子「あわ、あわわわわ……」
P「んー……いや、もうちょっと我慢するか……」
P「いや、でもやっぱ吸いたいな……キリもいいし、そろそろいいかな」
藍子「ひゃー!!」ピューッ!
……
…………

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/08/27(火)00:45:46.00ID:3zWK4NJ90
――休憩所
ガチャッ!
藍子「あわわわわっ!」
ありす「あ、おはようございます、藍子さん」
夕美「あれ、藍子ちゃんどうしたの?」
美波「ずいぶん慌てているけど……」
文香「何か……あったのでしょうか……?」
藍子「そ、それが、Pさんがあわわわわわ……」ユルユルフワフワ
夕美「えっ?」
ありす「Pさんが」
美波「藍子ちゃんを」
文香「吸いたい……と?」
藍子「はっ、は、はい……はい、はい……事務所に入ったらPさんが言ってて……」
ありす「聞き間違いなんじゃないですか? 言葉の意味が分からないんですけど」
夕美「吸いたいって、お花に集まる虫じゃないんだから」
藍子「……はっ!? も、もしかして……わ、私の……お、おっぱい……を、吸いたいってことじゃあ……」
夕美「……」
美波「……」
ありす「……」
文香「……」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/08/27(火)00:56:13.07ID:3zWK4NJ90
藍子「そ、そんな……でも、私、そんなこと突然言われてもどうしたらいいか……」アワアワ
夕美「あ、藍子ちゃん……」プッ!
美波「さすがにそれは」ンフッ
ありす「私が言える立場ではありませんが、あり得ませんね。よりにもよって藍
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1566823639/
1:
◆f1tFKtbZna.K
2019/08/26(月)21:47:19.44ID:k6jwFDUDO
―暦の上では八月も終わりに差し掛かろうとするこの時期。そろそろ商戦は秋の準備をしている頃
―しかし
モバP(以下P)「……暑い」
―営業帰り、スーツ姿で歩いている彼にとってはどうでもいいことだった
―先程までの商談場では、涼しいエアコン、さわやかな秋の衣裳、冷たいアイスコーヒーが味わえたが、灼熱の太陽の下ではいかんともしようがない
P「……ちょっと寄り道するか」
―ふとそんな考えが浮かんだとしても、彼を責めるのは酷であろう

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/08/26(月)21:51:47.30ID:k6jwFDUDO
―とは思ったものの、先ほどコーヒーを頂いたので喉が渇き切っているというものでもなく
P(なんつうか、軽く冷たい……かき氷よりはアイスみたいなのが欲しいな)
―アイドル達と一緒に仕事をしていることもあり、嗜好も少しそんな方向に移っている彼ではあるが……問題は
P(ただ……一人じゃ入りにくいんだよな)
―意外に小心者だったことだろうか
3:
◆f1tFKtbZna.K
2019/08/26(月)21:53:22.74ID:k6jwFDUDO
アイドルと冷たいもの(アイス)を食べる話です
作者の嗜好で書いてますので、これは違う云々があるとは思いますが、御了承くださいませ

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1550882587/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/02/23(土)09:43:08.06ID:wyqphEyR0
?ちなつの家リビング?
ちなつ「暇だなあ、テレビ見よ」ピッ
『七森直販の、ネットショッピング!』
ちなつ「ネットショッピングか、チャンネル変えようかな…」
『今、あなたに好きな人はいますか?』
ちなつ「好きな人!?」ビクッ
『思いを伝えたいけど、なかなかできない……そんなこと、ありますよね』
ちなつ「あるある!」
『そんなあなたにオススメなのが、この枕です!!』
ちなつ「枕?」
『この枕は、妄想夢枕。この枕で寝ると、レム睡眠の時に、枕の内部に内蔵されている電気信号発送機が特殊な信号を脳に発信し、あなたが望んだ夢を見ることができます!』
ちなつ「本当かしら?」
『この枕を使って寝れば、告白できなくても、夢の中で憧れの人とあーんなことや、こーんなこともできちゃいますよ?』
ちなつ「あーんなことやこーんなことを、結衣先輩と!?」ホワワ-ン


2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/02/23(土)09:43:52.72ID:wyqphEyR0
_________________________
結衣『チィナトゥ、私は君がいないとおかしくなっちゃいそうなんだ!』
ちなつ『私もです、結衣先輩…』
結衣『チィナトゥ、こっちにおいで』
ちなつ『はい、先輩///』
_________________________
ちなつ「キャーーーーー!!結衣せんぱぁぁぁぁい!!」クネクネ
ちなつ「よし!買いね!!」スマホポチ-
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/02/23(土)09:44:31.63ID:wyqphEyR0
?数日後夜ちなつの部屋?
ちなつ「よぉし!ついに届いたこの枕で寝れば」
ちなつ「グフフ…その先は、極楽浄土!」
ちなつ
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1551114945/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/02/26(火)02:15:46.45ID:ks3nDP040
?七森通り?
ちなつ「はぁ?…ついに買っちゃった!」
ちなつ「最近巷で話題のマンガ、『sitrus』」
ちなつ「確か、義理の姉妹百合の話よね?」
ちなつ「早く家に帰って読まないと」フンス
ちなつ「んっ?」チラッ
ちなつ「なんでこんなところにテントが…?前はなかったのに」
ちなつ「一体なんのために?サーカスでもやるのかな…?」
ちなつ「なんか看板に書いてある。なになに……『あなたの運命の人を占います!?恋占いの館?』…」
ちなつ「恋占いの館!?運命の人!?」
ちなつ「将来の結婚相手が……」ユイセンパイ
ちなつ「……いやいやいや、んな訳ない!なんか胡散臭いし」ブンブン
ちなつ「こんな即席のテントでやってる占いなんて信用できんわ!」
ちなつ「帰ろ帰ろ!」クルッ
ちなつ「帰って、速く漫画読まないと!」チラッ
ちなつ「……」チラッ
ちなつ「……」チラチラッ
ちなつ「ちょっとだけよ、ちょっとだけ…」クルッ

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/02/26(火)02:16:46.36ID:ks3nDP040
?恋占いの館?
ちなつ「し、失礼しまーす」
ちなつ(うわ……トーテムポールみたいなやつがいっぱい…不気味ィ…入んなきゃ良かった…)
占い師「これはこれはいらっしゃい」
ちなつ「は、はい!」ビシッ
占い師「ほらほら、そんなに畏まりなさんな、ここに座って」
ちなつ「わ、わかりました…」
占い師「それで…うちに何の用で?」
ちなつ「えっ?いや、ここで運命の人を占うって書いてあったので…」
占い師「ほほう、そうかいそうかい。ちょっと待っててね…」
ちなつ「はあ…」
ちなつ(占い師の人、裏の方に行っちゃった、占いって一体何するんだろう?)ドキドキ
3:続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1380456660/
1:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/09/29(日)21:11:00.95ID:MQXHmb+h0
一夏「女だらけの所に男一人とかストレスがパンパじゃない」
-------------------------
----
シャル「いちかー、今度の休みなんだけどー」
ラウラ「むっ、今度の休みは私と出かける約束のはずだぞ!」
鈴「なによそれ!わたしも予約入れたんだけど!」
一夏「い、いや、俺は別に返事してない」
シャル「いちかー、ドタキャンする気?」
ラウラ「貴様はそれでも男か!」
鈴「私が誘ったんだから当然OKに決まってるじゃない!」
一夏「ちょっ」
セシリア「一夏さん、それよりこのサンドウィッチを食べてくださいな」グイ グイ
一夏「もががが・・・ウェェェッ、マズイ!」

2:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/09/29(日)21:11:31.88ID:MQXHmb+h0
セシリア「なっ、なんてことおっしゃるのですかっ」
一夏「だって・・・マズイものはマズイって」
鈴「あんたそれでも男!?男ならマズくてもおいしいって言うのが男でしょ!」
セシリア「いえ、いいのですよ一夏さん、お詫びに今度の休みにわたくしとデートして頂ければ・・・」
箒「おいセシリア!貴様それは脅迫じゃないか!今度の休みは私と剣道の練習をだな」
一夏「うわあああああああああ!助けてくれえええええええ!」ダダダダダダ
「「「「「待て(つのですわ)」」」」」
3:
VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/09/29(日)21:12:32.41ID:MQXHmb+h0
----------------------------
---
ガチャ バタン!
一夏「はぁ、はぁ・・・」
一夏「・・・・・・死んでしまうーーーーーーーーッ!」
一夏「ストレスで胃が限界だ・・・うぐぐ」キリキリキリ
一夏「ふぅーーーー
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1357301627/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/01/04(金)21:13:47ID:ALIv75Dg
見「…で、クラスメートの一夏くんの私生活を調査して欲しいと。」
セシリア「ええ。彼の事ならなんでもよろしくてよ。趣味とか好きな食べ物とか…」
スマイル(いいなー。こんな綺麗な女子高生に思われるなんて)

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/01/04(金)21:21:20ID:ALIv75Dg
セシリア「私の他に一夏さんをお慕いしてる方が他に何人もいまして…抜け駆けは禁止という約束があるのですが…」
聴「その約束を誰かが破ってるんじゃないかと心配な訳ですね。」
スマイル「どんだけモテんすかソイツ!俺だったら毎日ちg(」
見「スマイル黙っとけ。簡単に言えば自分だけのものにしたいって事ですね?」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/01/04(金)21:26:48ID:ALIv75Dg
セシリア「そ、そんな…。ただ私はみんなが抜け駆けしてないかと…」
見「周りくでぇなッ!ヤりてぇんだろ!他の奴らを出し抜いてヨォ!」
セシリア「……ななななななにをおっしゃるんですか////」カァァ
見「その一夏くんとヤりたくて依頼してきたんだろ?」
セシリア「…///」コク
見「俺は一発ヤりてぇやつの味方だ。引き受けましょう」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1354212038/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/11/30(金)03:00:38ID:b4o/ol4.
鈴「やっほー、一夏いるー?」
一夏「おう、居るぞー じゃあなー」
鈴「せいせいせいせい」
一夏「なんだよ」
鈴「なんでナチュラルに閉め出そうとするのよ!」
一夏「なんで夜中の一時にナチュラルに俺の部屋にくるんだよ」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/11/30(金)03:01:45ID:b4o/ol4.
鈴「そ、そんなことあたしの口から言わせないでよ馬鹿ぁっ!///」
一夏「あれれー 俺が悪いのかなー」
鈴「ともかく早く開けなさいよ 寒いじゃない」
一夏「部屋に帰ればいいと思うんだ」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/11/30(金)03:02:27ID:b4o/ol4.
鈴「なによ、あたしなんか部屋に入れたくないってわけ!?」
一夏「寝たいんですけど」
鈴「入れてくれたらよく眠れる抱き枕あげる!」
一夏「間に合ってます」
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/11/30(金)03:05:53ID:b4o/ol4.
鈴「…… フンッ!」バキャァッ!
一夏「」
ギィー……
鈴「えへへ、こんばんわ♪」
一夏「こんな可愛いと思えないえへへは初めてだよ」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1379902726/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/09/23(月)11:18:46ID:ywf2Nedw
エレン「アニ……アニ……」シコシコシコシコ
アニ「あのさぁ、私の枕元で何してんのさ……」
エレン「何って……ナニだよ」シコシコシコシコ
アニ「あっそ、終わったら帰りなよ。私は寝るから、後汚すんじゃないよ」ぷいっ
エレン「」ささっ
アニ「……」
エレン「」シコシコシコシコ
アニ「」ぷいっ
エレン「」ささっ
エレン「」シコシコシコシコ
アニ「一々私の顔の前に回り込まないでくれる?鬱陶しい」イラッ

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/09/23(月)11:19:54ID:jKXxQQlE
やらせてていいのかよww
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/09/23(月)11:35:38ID:ywf2Nedw
エレン「だってアニの顔見ながらじゃねぇとイけないじゃん?」
アニ「聞くなよ……しかもアンタ都合じゃん……」
エレン「うるせぇ」シコシコシコシコ
アニ「ちゃんとティッシュに出しなよ」
エレン「ティッシュ忘れてきた」シコシコシコシコ
アニ「」つティッシュ
エレン「(´・ω・`)」シコシコシコシコ
アニ「そんな顔してもダメ」
エレン「ティッシュがもったいない」シコシコシコシコ
アニ「仮にティッシュに出さないなら何処に出すつもりなのさ」
エレン「アニの顔」シコシコシコシコ
アニ「却下」つティッシュ
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/09/23(月)12:28:42ID:VGNMiNas
クソワロタwww

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1382275055/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/10/20(日)22:17:35ID:7CKBy7PI
サシャ「お久しぶりです、マルコ。」トコトコ
マルコ「やあ、サシャ。久しぶりだね」
サシャ「漫画でも、アニメでも、マルコが死んだ話はずっと前になっちゃいましたね。」
マルコ「ははは、本当だ。」
サシャ「どうですか?傍観者の立場は。」
マルコ「うん、色々楽しいかな。」
サシャ「そうですか。」

3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/10/20(日)22:18:24ID:7CKBy7PI
サシャ「隣、いいですか?」
マルコ「うん、どうぞ。」
サシャ「失礼します。」ストン
サシャ「どうですか?こうやって皆さんの行動を見るのは。」
マルコ「とても新鮮で、面白いよ。」
サシャ「そうですか。」
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/10/20(日)22:19:36ID:7CKBy7PI
サシャ「こうやって、世界を眺めて、マルコ的には何が驚きました?」
マルコ「やっぱり、ライナーやベルトルト、アニ、そしてユミルが実は巨人だった事かな」
サシャ「あー……」
サシャ「ですよね……。」
サシャ「私、今度3人に会った時はどんな顔をするか、迷うんですよ。」
マルコ「ははは、サシャはまだこの事実は知らない事になってるからね。」
サシャ「解ってます。」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1382203772/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/10/20(日)02:29:32ID:CoU7fwY2
ネタバレあるかもしれません
キャラ崩壊注意
エロは無しの予定

3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/10/20(日)02:34:03ID:CoU7fwY2
アルミン「なんか怪しいな・・・表示が」
エレン「どうした?アルミン」
ゲスミン「(そうだ!エレンで試そう!)そろそろ食堂行こうよ!」
エレン「あ、あぁ。」
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/10/20(日)02:41:02ID:CoU7fwY2
眠いのですぐ書きたいと思います
  食堂
アルミン「僕、水とってくるね!」
エレン「あぁ、頼む」
ミカサ「エレン、アルミンは?」
エレン「水とりにいってるぞ」
アルミン「(水に薬を一滴・・・と)」チャポン
アルミン「あ、お疲れミカサ。」
ミカサ「お疲れ」
アルミン「はい、水」
エレン「ありがとなアルミン」
6:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/10/20(日)02:53:14ID:CoU7fwY2
すいません、5はミスです
初めてで慣れなくてごめんなさい
エレン「やっぱ水はうまいな!」
ゲスミン「(よし!飲んだ!)え??味しないよ?」
エレン「喉が潤うんだよ!」
アルミン「(効果はそろそろかな?)そっか。」
7:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/10/20(日)03:03:58ID:CoU7fwY2
ミカサ「エレン。休日には休むことも必要」
エレン「うるせぇなぁ。巨人共を駆逐するために自主練は当たり前だ」
アルミン「ミカサもエレンを心配してるんだからほどほどにね?」
エレン「分かってるよ、そろそろ戻ろうぜ。なんか頭が痛いんだ」
アルミン「分かった、また明日ねミカサ」
ミカサ「えぇ、また明日」


続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1566731777/
1:
名無しで叶える物語(もみじ饅頭)
2019/08/25(日)20:16:17.07ID:9Y5JdKOt
部室
しずく「ふぅ…今日の自主練もなかなかいい感じですね…さてもうひと頑張りといったところでしょうか」
ガチャ
彼方「あれ?しずくちゃんだ?♪」
しずく「か、彼方さん!?どうしたんですか?今日は誰も来ないと思ったんですが…」
彼方「今日はお休みだもんねぇ?♪彼方ちゃんはね??お気に入りの枕を部室に置きっ放しにしてたのを思い出して取りにきたんだ?♪」
しずく「彼方さんらしいですね…」

3:
名無しで叶える物語(もみじ饅頭)
2019/08/25(日)20:17:40.95ID:9Y5JdKOt
彼方「しずくちゃんこそどうしたの??そんなに汗かいて…熱中症にでもなったら大変だよ??」
しずく「こ、これは…その…」アタフタ
彼方「あ?分かった?しずくちゃん練習してたんでしょ??」
しずく「そんなことはないですよ?私も彼方さんと同じように忘れ物を…」
彼方「忘れ物を取りに来ただけでそんなに汗まみれにはならないんじゃないかな??」
しずく「くっ、彼方さんにしては鋭い指摘です…」
4:
名無しで叶える物語(もみじ饅頭)
2019/08/25(日)20:18:01.85ID:9Y5JdKOt
彼方「酷いな?しずくちゃん…彼方ちゃんのこと一体どう思ってるの??」
しずく「・・・いつも寝てる可愛い先輩といったところでしょうか?」
しずく(・・・もちろんそれ以外にも彼方さんの良いところはたくさん知ってますけど)
彼方「むぅ?しずくちゃん辛口だぞ??それなら彼方ちゃん断言します。しずくちゃん練習してたんでしょ?」
しずく「な、なぜですか?」
彼方「またまた?♪しずくちゃんがそんなに汗まみれになることなんてスクールアイドルの練習か演劇の練習くらい…それに今着てるのはしずくちゃんお気に入りの練習着…極めつけに…」
5:
名無しで叶える物語(もみじ饅頭)
2019/08/2
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1559406104/
1:
名無しで叶える物語(やわらか銀行)
2019/06/02(日)01:21:44.45ID:Tulw0hC0
彼方ちゃんがみんなにイタズラをしかけるお話
※ちょっとだけ字の文があります

2:
名無しで叶える物語(やわらか銀行)
2019/06/02(日)01:23:33.68ID:Tulw0hC0
ガチャ
歩夢「こんにちはー…あ、」
彼方「ぐぅ…」
歩夢「ふふ…」ニコー
歩夢「…ん?置き手紙、かな?」ピラ
『お疲れの彼方ちゃんはふかーいお休み中なのです。
 イタズラしたらダメだぞ彼方』
歩夢「……」フムフム
彼方(…ふふふ、実は起きとりますよー彼方ちゃんは狸寝入りもプロなのだ)
彼方(イタズラしないで、と言われたら逆にイタズラしたくなるのが心情というものそこで…)
彼方(彼方ちゃんに何かしようとした瞬間にがばっとしてやれば、逆ドッキリの大成功だよー…!)
3:
名無しで叶える物語(やわらか銀行)
2019/06/02(日)01:26:24.13ID:Tulw0hC0
彼方「んふふ…」
歩夢「笑ってる…?よかったぁ…」ホッ
彼方(…?)
歩夢「お疲れ、なんて書いてあるから心配したよ彼方さん、早く元気になってくださいね」
彼方(おぉ…歩夢ちゃんはイタズラなんてしないか、そりゃそうか…優しさのかたまりみたいな歩夢ちゃんだもんね)
歩夢「…?」ナデナデ
彼方(それきもちーぞー、歩夢ちゃん…ありがとうだよ…)
歩夢「…せ、先輩にこんなことしていいのかな///」ナデナデ
彼方(ちょっと、騙してるみたいで罪悪感…お、起きちゃうか?いやでもお互い恥ずかしいよね…)
彼方「う、うーん…///」
4:
名無しで叶える物語(やわらか銀行)
2019/06/02(日)01:28:56.85ID:Tulw0hC0
歩夢「あわゎ…!今度は難しい顔になっちゃった!どうしよう、私が変なことしたから…!」
彼方(ああごめん違うよぉ!違うんだ
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1566730477/
1:
名無しで叶える物語(しうまい)
2019/08/25(日)19:54:37.04ID:OrsLo2T0
?3時間後?
聖良「千歌さん……ゼー、ハァー、もう1回、お願いします……」
千歌「ま、待って……休ませて聖良さん……死ぬ、死んじゃう……」ケホッ、ゴホッ
聖良「ふ、ふふふふ……そう言わないでください……。まだたったの20ゲームじゃあないですか……」
聖良「あと何度も言いますけど手は抜かないでくださいね……? ふふふふっ。ああ、楽しい……」
千歌「もうらめぇ……らめなのぉ……」ビクンビクン

3:
名無しで叶える物語(しうまい)
2019/08/25(日)20:01:18.72ID:OrsLo2T0
聖良「ダメなんですか……? そんなことないですよね」
千歌「ムリぃ……もう許してぇ」
聖良「無理っていうのはですね、千歌さん。嘘つきの言葉なんですよ。諦めるから無理になってしまうんです」
聖良「諦めなければ、無理なんてものは無い。ワンオペだってできる……」
聖良「さあ千歌さん。立ってください。卓球をしましょう。勝負をしましょう。さあ。さあ!」
聖良「だって楽しいじゃないですか。楽しいでしょう? こんなに楽しいことは久しぶりです。ふふっ……ふふふふふ」
千歌「もうやだぁ、卓球やだぁ……助けてよ曜ちゃぁん、梨子ちゃん、みと姉ぇえ……」
5:
名無しで叶える物語(しうまい)
2019/08/25(日)20:07:19.27ID:OrsLo2T0
聖良「ほら千歌さん。ちゃんと握ってください。ほーら、千歌さんの大好きなラケットですよ?」
千歌「硬いの握るの嫌ぁ……マメが潰れちゃうよぉっ」スマーッシュ
聖良「そんなこと言って身体は正直に反応してるじゃないですか……ほらほら。次はサーブ行ってみましょう……?」
千歌「打ちたくないぃ、もう打ちたくないのにぃっ」ヒュパッ…
聖良「ふふふ……千歌さんはいい子ですね……さあ、いよいよラリーですよ。思いっきりしましょうね」
千歌「うぅ、うぅ
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
2
3
4
5
6
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。