SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
検索にヒットしたのが10件未満なので検索範囲を広げました。
媒体:おかしくねーしSSまとめ
<<
2020年01月
>>
2450件取得
人気記事順表示
<<
0
1
2
3
4
5
6
>>
転載元:https://engawa.open2ch.net/test/read.cgi/mitemite/1570927313/
1:
◆VWIWPeqxbey.
19/10/13(日)09:41:53ID:FdV
トリアッテルカワカラナイヨ
ニワトリダケニ

2:
名無しさん@おーぷん
19/10/13(日)09:46:02ID:FdV
饅頭「ーーー!ーー!」
指揮官「はいはい、饅頭くんご苦労さま。これで寮舎の増築も完了だね。ではゆっくり休んでくれたまえ」
饅頭「ーー!ーーー!」(`・ω・´)ゞビシッ
指揮官「ふう」
指揮官「なあなあ秘書艦さんや」
三笠「どうした指揮官?」
指揮官「平和だねえ」
三笠「ん……まあそうであるな」
指揮官「燃料がすっからかんのゼロだから出撃はできないし…………平和だねえ」
3:
名無しさん@おーぷん
19/10/13(日)09:48:37ID:FdV
三笠「燃料確保のための委託が帰ってくるのは2時間後、それまで我らも少し小休止とするか」
指揮官「そうしよう。少し早いけど昼ごはんにするかあ。まあ委託組が燃料稼いできてくれても出撃はできないんだけどね」
三笠「何故だ?」
指揮官「残念な事に寮舎の食料もすっからかんなんだ。燃料はまずそっちに使わないと」
三笠「むう……それではいつになったら出撃できるのだ?」
指揮官「焦らない焦らない。また本部が気前よくどっさり燃料をくれるだろうさ。それまでは開店休業だ、がはははは」
4:
名無しさん@おーぷん
19/10/13(日)09:50:27ID:FdV
三笠「笑い事ではないぞまったく。どうしてこう指揮官は適当なのだ」
指揮官「なるようになるって。それよりも今気にしなくてはならないのは昼の献立だ。何にしよっかなー」
三笠「ふむ、確か本日の日替わりは親子丼であったな」
指揮官「ほほう、それは中々楽しみだ」
三笠「我は蕎麦としようか。最近めっきり寒くなってきたからな」
指揮官「ああ蕎麦、蕎麦もいいねえ。でもせっかくだし親子丼で……親子丼!?」
三笠「?」
5:
名無しさ
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1560008084/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/06/09(日)00:34:44.45ID:1u5Qms620
ぼっち「わ、私と友達になってください!」
クラスメイト「うん!いいよ!」
ぼっち「やったこれで・・・」
ぼっち「クラス全員と友達に・・・」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/06/09(日)00:36:33.34ID:1u5Qms620
?現実?
ぼっち「うへへへ?やったよかいちゃん・・・」ムニャムニャ
なこ「おいぼっち?そろそろ昼休みおわるぞ?」
ぼっち「うへへ?」ムニャムニャ
なこ「おい・・・ぼっち?」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/06/09(日)00:44:21.27ID:1u5Qms620
なこ「おい!」ユサユサ
ぼっち「うへへ?」ガクガク
なこ「起きろよ!」ユサユサ
ぼっち「・・・・・」ムニャムニャ
なこ「あれ?これってヤバイ?」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/06/09(日)06:26:02.80ID:1u5Qms620
なこ「おい!頼む!起きてくれ!」ユサユサ
ぼっち「うへへ?」
なこ「駄目だ・・・」
アル「どうしたの?」
なこ「いや、お前は呼んでない」
アル「呼びなさいよ!ここは世界の副委員長たる私の出番でしょ!」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1570914390/
1:
名無しで叶える物語(らっかせい)
2019/10/13(日)06:06:30.81ID:0TbttT5L
―――――――――――――――――
*********************************
第□△回ラブライブ開催決定!
*********************************
*********************************
NOK賞受賞『鈍獣』続々重版!
*********************************
―――――――――――――――――
キキィーーーッ
ドッ
「線路内に障害物があったため、列車を急停止しています。ご迷惑をおかけします」

2:
名無しで叶える物語(らっかせい)
2019/10/13(日)06:07:32.92ID:0TbttT5L
沼津駅
梨子「ふぅ……沼津も久しぶりね」
梨子「この空気、懐かしいわ」スゥゥ
梨子「みんな元気かしら」
曜「梨子ちゃん!久しぶり!」
梨子「曜ちゃん!わざわざお迎えありがとうね」
曜「もちろんだよ!他のみんなもお店で待ってるよ!」
梨子「お店って……十千万?」
曜「もちろん!」
梨子「本当にもう旅館じゃなくなっちゃったの?」
曜「この辺一帯はほとんどがオハラグループの手の内になったからね」
梨子「そうだったんだ……」
曜「でも、バーになってからもなんとか経営できてるみたいだよ!私も毎日貢献してるからね!」エッヘン
梨子「それならよかったわね。じゃあ、歩きながら話しましょうか」
3:
名無しで叶える物語(らっかせい)
2019/10/13(日)06:08:35.63ID:0TbttT5L



梨子「それじゃあ、千歌ちゃんと善子ちゃんがバーの従業員なんだ」
曜「そして店長は果南ちゃん!」
梨子「えぇ……大丈夫なのかしらそれ」
曜「うーん、そもそも最初はホストクラブだったんだけどね
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1558794951/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/05/25(土)23:35:51.96ID:vpnae4pN0
沼津駅から降りると、ほんのりと香る初夏の潮風の匂いが私の鼻を擽った
幾つも配置されたバスロータリーの停車場も、今更迷う事は無い
時刻表を覗いて見ると、次にやって来るバスは十五分後らしい
見慣れた地だから、と対して時間も調べもせず来ましたが、思いの外待たされずに済みそうです
「いたた……やはり、鈍行は腰が痛みますわね……」
腰を抑えながら独り言をつぶやくと、同じくバス停のベンチに座っていたお年寄りにちら、とこちらを見られる
思いの外声量が出ていたのようで、少し、恥ずかしい

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/05/25(土)23:37:47.10ID:9lPtmwgdO
固いベンチに腰を落ち着けていると、定刻より一分早くバスが到着しました
オレンジの塗装でピカピカに磨き上げられたその車に、乗り込み、紙で出来た整理券をもぎ取る
このバスの整理券というやつを、私は不思議に思っていた。紙で出来ているのにも関わらず硬貨と共に無造作に入れてもしっかりと機械が反応しているように見えます
中で機械が選別しているのか、はたまた運転手側からは見える様になっていいて、裏から超高速で視認しているのか……身近に根付いた謎が、私の頭の隅に取りつきました
「……まあ、後者はないでしょうね、おそらく」
自らの思考を自分で小突いていると、車内に響き渡るブザーの音と主にバスの扉が閉まり、ゆっくりと進みだしました
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/05/25(土)23:38:16.72ID:9lPtmwgdO
車窓の外に流れる商店街は、私の持っていた記憶と所々変化していた
一本のアーケードを軸に立ち並ぶのは、飲食店、古着屋、花屋、八百屋。日本の商店街らしい古くからある無秩序さが、この街には有りました
あそこにあったあ
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1570950716/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2019/10/13(日)16:11:56.96ID:Bh2qsw+10
アイドルマスターシンデレラガールズのSSです。

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2019/10/13(日)16:13:11.99ID:Bh2qsw+10
 あたしが男の子だったら…ううん、でもそれじゃきっとプロデューサーに会えなかったかな?

3:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2019/10/13(日)16:16:20.56ID:Bh2qsw+10
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 勤め人と学生と老人でできた雑踏、時刻は夕暮れ。
 いつもよりずっと早い時間帯の退社は、臨時ミーティングという見えすいた方便が可能にしたものだ。まあ、そのお題目で呼びつけられたのは事実だし、モチベーション管理という意味では仕事の一環と言えなくもないーーもちろんそんな寂しいことを言うつもりはない。
 家からも事務所からも大して遠いわけじゃないが、通常の行動範囲では来ることもない、そんな町の、安アパート。
 錆び付いた集合ポストの横を通り、もうちょっとマシなところに住めるだろうにと思いながらチャイムを押して十数秒。ドアが開く気配はない。だが中に人がいるのは確かだ。何しろ俺は、彼女に呼ばれてここにきたのだから。
それに、正直予想はしていた。
何しろペナントレース終盤。
今日の勝敗如何でマジックが点るか否かの分水嶺だ。部屋の主は、ドアの外のことなど頭の片隅にもないだろう。もう長い付き合いだ、それくらいじゃ怒る気にもならない。
しかしいつまでもここで立ちん坊しているわけにもいかないので、もう一度チャイムを鳴らそうと伸ばした手を、一度きりの着信が止めた。文面はこうだ。
『あいてろら』
「…………」

4:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2019/10/13(日)16:17:36.95ID:Bh2qsw+10
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1569681375/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/09/28(土)23:36:15.41ID:1jUqPIah0
P「あれ、もうコーヒーなくなったか?」
幸子「どうしたんです?」
P「いっつも冷蔵庫に大量に缶コーヒー冷やしてあったろ?あれ、箱で買ってきて冷蔵庫入れてたんだけどさ。いつの間にか無くなっちまったわ」
幸子「あー。毎日飲んでますもんね」
P「まあ毎日飲んでたらなくなるの早いわな。仕事終わったら買いに行くか」
幸子「あの量を頻繁に買ってたら結構かかりませんか?」
P「そうでもないよ。箱で買うし。コンビニとか自販機とかで1本ずつ買うよりもかなり安いぞ」
幸子「へぇ?箱で…箱で…」
P「どうした?」
幸子「…ボクも箱でジュース買うっていうのをしてみたいので、今日一緒に行ってもいいですか?」
P「えっ!?べ、別にいいが…」
幸子「フフーン♪楽しみです!」
P(箱で買ってみたい…か。確かに俺も子供の頃はそういうのに憧れてたなぁ…今では安いからとか言って当たり前に買ってるが…)

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/09/28(土)23:48:37.86ID:1jUqPIah0
?仕事終わり?
P「お待たせ!行くかー」
幸子「はい!いつもどこで買ってるんですか?」
P「ちょっと遠いんだが、ド〇キで買ってるんだ」
幸子「あーーなるほど。確かに安いですもんねぇ」
P「そうそう。安いからお菓子とかもよく買ってる。じゃあ車出すから乗ってくれー」
幸子「はい!では、宜しくお願いします」
P「うむ」
幸子「ドライブですね!ドライブ!」
P(なんかウキウキしててカワイイ)
幸子「今日はどれくらい買うんですか!」
P「そうだなぁ。どうせ毎日飲むし買えるだけ買っちまうかぁ」
幸子「おぉー」
P「幸子はジュース買うって言ってたけど何買うんだ?」
幸子「とりあえず着いてから箱で置いてあるジュースを見て
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1368594391/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/05/15(水)14:06:31ID:kSDvfLVw
幼い頃から、人気者で
面白くて、楽しくて変態で年上好きの女好き…。
それでも、みんな
みんな、あなたが大好きだった。
ーーーあたしも。
「しんちゃん、あたしね
あたし、……しんちゃんが
好き」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/05/15(水)14:07:24ID:kSDvfLVw
……言ってしまった。言ってしまった。言ってしまった!!
きゃーきゃー!どうしよう!!
きゃー!恥ずかしい!
頬が暑い。
高校を卒業して、しんちゃんはグッと身長も伸びて大人っぽくなった。
グリグリいがぐり頭も、今や髪の毛は伸びて、青少年。そんな、しんちゃんを周りの女の子たちが放っておくわけもなく、しんちゃんの周りには、女の子たちが沢山いた。
・・でも、しんちゃんは誰とも付き合わなかった。誰の告白にも、応じなかった。
あたしだけは特別だった。
だって、あたしは、かすかべ防衛隊のマドンナだもの。
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/05/15(水)14:08:11ID:kSDvfLVw
しんちゃんを、誰よりも傍で見てきたんだから。
ねぇ、あたしのことを…好きだよね?しんちゃん…。
長い長い、間をおいて、しんちゃんはニッと元気よく笑った。
「………改まって、どうしたんだゾ!
オラも、ネネちゃんを好きに決まってるゾ!
なんたって、かすかべ防衛隊の仲間だもん」
え……?
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/05/15(水)14:09:44ID:kSDvfLVw
「は・・・・?」
……そっち?
そっちの意味に捉えちゃうの……!?
「オラ、ネネちゃんと友達になれて良かったゾ」
……あたしの淡い恋心は砕け散った。
ぐぁぁぁぁあ!
あたしのウサギは、どこ!?続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1368494627/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/05/14(火)10:23:47ID:XDiVpq7A
「お兄ちゃん、」
「おー、どうした。ひまわり」
「あたし、風間さんと結婚するんだ」
「・・・そうか」
お兄ちゃんは、私に向かって、いつものように、幼い頃と変わらない顔で笑った。
「風間くんは、幸せ者だゾ」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/05/14(火)10:42:23ID:XDiVpq7A
結婚式。
ウェディングベール。
どれも、どれも。
幼い頃から、夢見てたものばかり。
でも、
・・・なんでかな?
なんだか、嬉しくない。
鏡の中にいる、着飾った誰かは、私じゃないみたい。
「綺麗だよ、ひまわりちゃん」
「・・・風間さん、」
風間さんは、照れたように「その呼び方も、今日で聞き納めだね」と微笑む。優しい人。幼い頃から、彼はずっと私を大切にしてくれた。
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/05/14(火)10:55:35ID:XDiVpq7A
・・・ロリコンだったのかもしれないけれど。
それでも構わないくらい、あたしも風間さんを大好きになった。
幸せ?
幸せ。
でも・・・何かが足りないの。
何が?
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/05/14(火)10:56:47ID:XDiVpq7A
「ひまわりちゃん?緊張してる?」
「あ、大丈夫です・・・緊張、してるのかな」
「してるみたいだね。大丈夫だよ、
僕がいるから」
優しい人。
両手で、あたしの掌を包みこんでくれる。
大丈夫。あたしの選択は、間違ってなんかいない。
そうよ、大丈夫よ。

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1557586084/
1:
TOUI◆tOw3mUcZ.A
2019/05/11(土)23:48:05.27ID:wM82+3i20
※レガシー・オブ・ザ・デュエリスト:リンク・エボリューション発売記念(もう半月以上たってますが)に衝動書きしたssです。
※遊戯と海場がデュエルをする。ただそれだけのssです。
※深いストーリーは特にありません
※THEDARKSIDEOFDIMENSIONSのラストから続く感じですが、見ていなくても問題ない感じでは書いています。
※初代組2人のデュエルですが新マスタールール採用です。


2:
TOUI◆tOw3mUcZ.A
2019/05/11(土)23:49:45.90ID:wM82+3i20
海馬「……見つけたぞ、遊戯」
闇遊戯「……海馬?」
海馬「デュエルディメンションシステムによる新たなデュエルへの進化の実験だったが、そんなことはもうどうでもいい」
海馬「遊戯……デュエルだ!」
闇遊戯「……まさかまたお前と戦う日が来るとはな。……受けて立つぜ海馬!」
闇遊戯・海馬「「デュエル!!」」
3:
TOUI◆tOw3mUcZ.A
2019/05/11(土)23:50:20.30ID:wM82+3i20
1ターン目
闇遊戯「先攻はもらうぜ。《マジシャンズ・ロッド》を召喚」
手札5→4
闇遊戯「このカードが召喚に成功した時に、《ブラック・マジシャン》を指定した効果を持つ、魔法・罠を1枚手札に加えることができる」
闇遊戯「罠カード《マジシャンズ・ナビゲート》を手札に加える」
手札4→5
闇遊戯「魔法カード《ルドラの魔導書》を発動。俺のフィールドの魔法使い族1体を墓地に送り、2枚ドローする」
闇遊戯「《マジシャンズ・ロッド》を墓地に送りドロー」
手札5→6
闇遊戯「永続魔法《魔法族の結界》発動」
手札6→5
闇遊戯「カードを2枚伏せてターン終了だ」
手札4→3
4:
TOUI◆tOw3mUcZ.A
2019/0
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1380527800/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/09/30(月)16:56:40ID:nKUnY4vY
ジャック「何だ、先月より少ないではないか」
カーリー「ご、ごめんなさい。今月はちょっと厳しくて……」
ジャック「ふん、まあいい。とりあえずこれは貰っておいてやる」
ジャック「俺はもう行くぞ。カーリー、ここのコーヒー代は任せたからな」
カーリー「任されたんだから!」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/09/30(月)16:59:08ID:nKUnY4vY
…………
ジャック(とりあえずコーヒー代は幾らか抜いてと……)
ジャック「クロウ、今月の分だ。先月より多少は少ないが取っておけ」
クロウ「おお、ありがとうな。いや、ようやくお前も働いてくれてこっちも大助かりだぜ」
ジャック「フッ、この程度の金、俺が本気を出せば造作もないわ」
クロウ「頼もしいじゃねえか」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/09/30(月)17:01:28ID:nKUnY4vY
遊星「しかし一体何処で稼いで来ているんだ?」
ジャック「何処でもよかろう。俺に合った仕事が見つかった……ただそれだけだ」
ジャック(しかしやはり今月は少ないな。クロウに渡した分を引いたらとても来月までコーヒー代がもたんぞ)
ジャック(仕方ない、深影の所にでも行くか。確か今奴は仕事場に居るはずだな)
ジャック「さて、もうひと頑張りしてくるか。出掛けてくるぞ」
クロウ「あんまり無理するなよ?」
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/09/30(月)17:04:22ID:nKUnY4vY
…………
ネオ童実野シティ・セキュリティ本部……
受付(あ、また来た)
ジャック「狭霧深影を呼んでくれ。ジャック・アトラスが来たと伝えろ」
受付「少々お待ち下さい……あ、狭霧課長ですか?受付に元キングがお見えになってます」
ジャック「元キングだと!?」
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1559141032/
1:
◆NzK2xT8aaU
2019/05/29(水)23:43:53.00ID:WG2n9cQa0
柚子「遊矢知らないの??
Fate/grandorder、略してFGO。最近流行ってるソシャゲよ。」
遊矢「そういえばフトシやアユも横持ちで何かゲームをよく遊んでたな」
柚子「でしょ?遊勝塾の生徒はみんなやってるのよ」
遊矢「ソシャゲはあんまりやらないからなぁ。ポケモンGOも最近やってないしな」
遊矢「広告やCMでも気になってたしオレもFGOを始めてみるか」


2:
◆NzK2xT8aaU
2019/05/29(水)23:44:56.38ID:WG2n9cQa0

柚子「遊矢!リセマラやるわよ!」
遊矢「リセマラ??」
柚子「リセットマラソン、強力なサーヴァントが出るまでインストールとアンインストールを繰り返してガチャを引きなおすことよ。私達はお金のない学生なんだしリセマラは必須よ!」
遊矢「サーヴァントって、主人公と一緒に戦う仲間みたいなものだよな?リセマラか…どうやってやるんだ?」
柚子「1,FGOをインストールする!」
遊矢「インストールをする!」
柚子「2,起動してチュートリアルを進める!」
遊矢「チュートリアルを進める!」
柚子「チュートリアル中の10連ガチャを引く」
遊矢「10連を引く!…なんだ?もう引けるのか?」
柚子「ここで注意よ!
最初に引ける10連ガチャで星5は絶対出ない!(収録されていない)」
遊矢「えぇ…」
柚子「チュートリアルが終わって、ホームに行けるようになるまで頑張るの!」
柚子「3,チュートリアルが終わったらプレゼントボックスからログインボーナスを受け取って、
ホームの右下に『MENU』ってあるでしょ?そこを押して『召喚』を選択するの。
そのあと『フレンドポイント召喚』をする!」
遊矢「召喚召喚!」
柚子「4,右下に『MENU』を押してショップに行って、
『霊基変還』を選んで、引いた礼装やサーヴ
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1369737051/
1:
バレルルーシュ◆wjd7R.7O.A
2013/05/28(火)19:30:51ID:5GURwtCE
全員「!?」
悠「……」ズズッ
陽介(やべぇ、こいつはやばいぜ相棒…)

2:
バレルルーシュ◆wjd7R.7O.A
2013/05/28(火)19:41:04ID:5GURwtCE
陽介(もうすぐ悠もこの街から出てっちまうし)
陽介(軽い気持ちで言ったことがこんな緊張感を生むとは……)
陽介(おいおい、さっきまで和気藹々としていた空間が、一気に愛憎まみれた昼ドラ状態に……)チラ
千枝(だ、誰なんだろ…あたしじゃないだろうし)
雪子(私、結構モテるし、案外鳴上君も……)
りせ(悠先輩がわたしのこと好き!?そ、それならもっと早く言ってくれればいいのにぃ)
直人(ぼ、僕は……でも完二君はどう思うんだろう…)
完二(ま、まさか俺なのか!?そう言われっと最近視線を感じなくも無ぇような……)
クマ(せ、先生…でも、先生ならクマは…)
陽介(って…後半の奴らの表情はオカシイだろ!常識的に考えて!)
悠「……ん?みんなどうしたんだ?」
陽介(しかも本人が口火切っちまった!)
3:
バレルルーシュ◆wjd7R.7O.A
2013/05/28(火)19:45:08ID:5GURwtCE
全員「………」
陽介(そりゃあそうだ…ここで玉砕しようもんならトラウマコースまっしぐらだぜ…)
陽介(繋げる訳がねぇ…)
陽介(このままだと、せっかく纏まった絆にヒビが入っちまう)
陽介(よし、相棒、分かったぜ)
陽介(相棒がしでかしたミスは、俺のミスでもある!)
陽介(何とかしてお前の口から、本命を暴いて…)
陽介(んで、スッキリこの話題を終わらせてやるぜ)ギラ
悠(陽介がギラギラした目で見てくる…)
悠(…そっとしておこう)ズズッ
4:
バレルルーシュ◆wjd7R.7O.A
2013/05/28(火)19:48:06I
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1557298668/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/05/08(水)15:57:48.49ID:MVe4QC2z0
リンク「ずっと狼でもいいくらい」カタッタタタターン♪
2:以下、名無しにかわりまして魔王がお送りします
自分を勇者だと思い込んでいる精神異常者
3:以下、名無しにかわりまして相棒がお送りします
照れるぜ///
4:以下、名無しにかわりまして姫派がお送りします
リンクはゼルダ姫とくっつくのがお似合いだと思います
リンク「おお!スレ建ててすぐにレス来た!」
ミドナ「リンク?」
リンク「>>2」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/05/08(水)16:11:46.73ID:xi8mhe8d0
ミドナ、今から出かけないか?
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/05/08(水)16:25:34.99ID:MVe4QC2z0
リンク「ミドナ、今から出かけないか?」
ミドナ「え?いいけど・・・(デートの誘いかな///)」
リンク「とりあえずワープしてくれ!」
ミドナ「んで、何処に行くんだ?」
リンク「そうだな?」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1559104407/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/05/29(水)13:33:27.85ID:Dc8YQqJY0
さくら「海!私も行きたい!」
鉄角「漁師の血がたぎるぜ!」
瞬木「海か・・・行きたいけどお金が・・・(苦笑)」
井吹「お金なら神童に払わせればいいだろ。金持ちなんだし」
瞬木「そっか。だったら、行こうかな?」
神童「・・・仕方ないな」
天馬「やっぱり皆海に行きたいよね!」
皆帆「だけど問題は黒岩監督が海に行くのを許してくれるか・・・」
ウィーン
黒岩「・・・」
天馬「あ、監督!おはようございます!」
黒岩「・・・松風」
天馬「あ、はい。なんですか?」
黒岩「おやつは1人1000円までだ」
「「「「よっしゃああああああ!!」」」」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/05/29(水)13:36:58.96ID:Dc8YQqJY0
?海?
天馬「海にきたー!」
「「「「いえええええい!!」」」」
水川「・・・よろしいのですか?練習を放棄してこんな場所へ遊びに来ても」
黒岩「・・・・・」
葵「水川さん!私今日のために新しい水着を用意したの!」ワクワク
水川「・・・そう」
葵「>>3」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/05/29(水)13:52:45.21ID:mKHbA45i0
水川さんは泳がないの?泳がないなら結構スタイル良さそうだからもったいない気がするけどな?
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/05/29(水)14:20:09.24ID:Dc8YQqJY0
葵「水川さんは泳がないの?結構スタイル良さそうだからもったいない気がするけどな?」
水川「・・・興味ないわ」
葵「えー、残念だなぁ・・・」
天馬「おーい葵!泳ごう!」
葵「あ、うん
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1368594391/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/05/15(水)14:06:31ID:kSDvfLVw
幼い頃から、人気者で
面白くて、楽しくて変態で年上好きの女好き…。
それでも、みんな
みんな、あなたが大好きだった。
ーーーあたしも。
「しんちゃん、あたしね
あたし、……しんちゃんが
好き」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/05/15(水)14:07:24ID:kSDvfLVw
……言ってしまった。言ってしまった。言ってしまった!!
きゃーきゃー!どうしよう!!
きゃー!恥ずかしい!
頬が暑い。
高校を卒業して、しんちゃんはグッと身長も伸びて大人っぽくなった。
グリグリいがぐり頭も、今や髪の毛は伸びて、青少年。そんな、しんちゃんを周りの女の子たちが放っておくわけもなく、しんちゃんの周りには、女の子たちが沢山いた。
・・でも、しんちゃんは誰とも付き合わなかった。誰の告白にも、応じなかった。
あたしだけは特別だった。
だって、あたしは、かすかべ防衛隊のマドンナだもの。
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/05/15(水)14:08:11ID:kSDvfLVw
しんちゃんを、誰よりも傍で見てきたんだから。
ねぇ、あたしのことを…好きだよね?しんちゃん…。
長い長い、間をおいて、しんちゃんはニッと元気よく笑った。
「………改まって、どうしたんだゾ!
オラも、ネネちゃんを好きに決まってるゾ!
なんたって、かすかべ防衛隊の仲間だもん」
え……?
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/05/15(水)14:09:44ID:kSDvfLVw
「は・・・・?」
……そっち?
そっちの意味に捉えちゃうの……!?
「オラ、ネネちゃんと友達になれて良かったゾ」
……あたしの淡い恋心は砕け散った。
ぐぁぁぁぁあ!
あたしのウサギは、どこ!?続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1543146997/
1:
◆/KKDNSx5uU
2018/11/25(日)20:56:37ID:uQgEe./s
スクストのSSは初投稿です
安価でショコラーデ・ミラの神無木栞を蟲姦や異種和姦等で犯します
3回ぐらい安価募集してヤる予定です
ヤるまでの過程はガンガン飛ばします(単に面倒くさい)
シチュ>>2
(申し訳ないが18G要素はNG)

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2018/11/25(日)21:22:34ID:AZDk1x/.
幼児退行姦
3:
◆/KKDNSx5uU
2018/11/26(月)21:33:12ID:hM2ZHg.Y
栞「幼児退行プレイがしたい!?」
男「」コク
栞「そんな事恥ずかしい事できる訳ないでしょ!?何もしないで貴方に全て任せるなんて…」
男「」バッ(手を合わせて頭を下げる)
栞「仕方ないわね…お互いに契約した身として聞いてあげる」
栞「そのかわり!他の子に手を出したりしないでよ?」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
栞「は、早く脱がしてよ…この格好、恥ずかしいんだから…」グイッ
栞(私は下着一枚になってさら仰向けに寝転がり、全てを曝け出すかのように開脚をしてる)
栞(彼はまるで楽しむかのように私の股間を視姦する)
栞(彼の視線に私は興奮し始めてた)
4:
◆/KKDNSx5uU
2018/11/26(月)21:33:54ID:hM2ZHg.Y
男「」スルッ
栞(私の下着を剥ぎ取るかのように脱がすと、彼は下半身を露出し既に勃っているペニスを私の裸ん坊な秘部に当てがってきた)
栞(そして少し間を置くと)
ズブブッ
栞「あっ、ああぁぁぁっ!!」ビクビク
栞(一気に挿入してきた)
栞「あっ、いつもより大きいっ?頭がおかしくっ?」ビクビク
男「っ」パンッパンッ
栞(彼は私が幼児退行中で何もできないのをいい事に両手で更に開脚させ、私の
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1570885235/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/10/12(土)22:00:36.15ID:9/S5+oN/0
ゴルゴ「用件を聞こうか……」
高官「あなたに依頼したいのは……ある犯罪組織のボスの暗殺です」
高官「パッショーネという名前をご存じでしょうか?」
ゴルゴ「近年イタリアで勢力を拡大しているギャング組織だな……」
高官「ご存じでしたか!」
ゴルゴ「話を続けてくれ……」


2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/10/12(土)22:02:41.98ID:9/S5+oN/0
高官「元々奴らの資金源は賭博やみかじめ料といったものだったのですが、近年麻薬ビジネスに手を染め始め」
高官「今やイタリア中、いえヨーロッパ全土が奴らのばら撒く麻薬で汚染されつつあるのです」
高官「街中で平然と麻薬が売買され、それに伴い犯罪件数も激増しているのです。特に少年犯罪は……」
ゴルゴ「ギャング組織の掃討など、警察に任せればいいのではないのか……?」
高官「我が国の警察組織の腐敗ぶりときたら、賄賂を受け取り犯罪者に目こぼしするのが日常茶飯事という有様で……」
高官「それどころかパッショーネ幹部の中には刑務所を私物化している者までいるのです!」
高官「もはや警察にもどうすることもできないのです!」
ゴルゴ「……」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/10/12(土)22:04:36.95ID:9/S5+oN/0
高官「そしてもう一つ、大きな問題が……」
ゴルゴ「問題……?」
高官「パッショーネのボスの正体は謎に包まれているのです」
高官「我が政府腕利きの諜報員でも正体は掴めず、それどころか逆に消されてしまう始末なのです」
高官「もはやパッショーネはイタリア政府で太刀打ちできる相手ではありません!」
高官「奴らを滅ぼすには“不可能を可能にする”というあなたに依頼するほかないのです!」続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1570862233/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2019/10/12(土)15:37:13ID:DZsoMzMw
なみき「はい、差し入れ持って来たよ♪」
パワプロ「なみきちゃん、いつもありがとう!」
なみき「そうだ、パワプロくん、今日は特別なプレゼントがあるんだ♪」
パワプロ「プレゼント?」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2019/10/12(土)15:37:46ID:DZsoMzMw
………
パワプロ「あの…何でオレ、裸にされてるの…?」
なみき「パワプロくんがSランクの選手になるために、秘密の特訓をしてあげようと思うの♪」
パワプロ「いや、だからってこの状況は…」
なみき「それで、実はもう一人、私の後輩を呼んでるんだ♪」
パワプロ「後輩?」
みなみ「じゃーん♪パワサカナビゲーターの白瀬みなみだよ♪アタシも一緒に特訓に付き合ってあげるね♪」
パワプロ「いやちょっとゲーム違うよね!?」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2019/10/12(土)15:39:01ID:DZsoMzMw
なみき「じゃあ早速…おっぱい見せてあげるね…///」
パワプロ「…おっぱい!?」
ファサッ
みなみ「パワプロくん…これが女の子のおっぱいだよ…///」
パワプロ(2人とも…意外とおっぱいある…!)
なみき「パワプロくん…特訓だと思って、いっぱい吸って…///」
パワプロ「う、うん…(もはや野球の特訓じゃないけど…)」チュパチュパ
なみき「やんっ…そんないっぺんにかぶりつかないでっ…///」ビクン
みなみ「ひゃんっ…パワプロくん…すごく積極的だね…///」ビクン
パワプロ「……!」チュパチュパ

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1570905316/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/10/13(日)03:35:16.56ID:HcZGaOgS0
初投稿です。
シャミ悪要素はありません。

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/10/13(日)03:36:40.57ID:HcZGaOgS0
<通学路>
シャミ子「もっ、桃!奇遇ですね!」
桃「!」
桃「…」ダッ
シャミ子「あっ、待って…」
<桜ヶ丘高校>
シャミ子「桃?!」フリフリ
桃「…」サッ
シャミ子「くっ…」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/10/13(日)03:39:21.30ID:HcZGaOgS0
>>3重複
シャミ子「むぅ?…」プクー
杏里「よっ、シャミ子!」
ミカン「あら偶然!一緒にお昼どうかしら?」
シャミ子「あれ?杏里ちゃんと…ミカンさん?」
シャミ子「どうしてここに?」
ミカン「転校前に色々確認しておこうと思って見に来たら偶然、ね?」
杏里「ホント偶然だよね?、ちよももから話だけは聞いてたんだけどさ!」
ミカン「2人でシャミトークして盛り上がっちゃった!」
杏里「ねー!」
シャミ子「シャミトーク…?」
5:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/10/13(日)03:40:18.41ID:HcZGaOgS0
杏里「お?そのからあげ、この前私が教えたやつ?」
シャミ子「あっ、はい…」
ミカン「何それ?」
杏里「わが家秘伝の『冷めても衣がサクサク』レシピだぜー」
ミカン「へー、美味しそう!」
杏里「ウチ肉屋だからさ?」
ミカン「お肉屋さんなんだ!」
ミカン「お肉屋さんのからあげってどれも美味しいわよね?」
ミカン「なんかこう…プロの味って言うのかしら?」
杏里「そうそう!どんないい肉といえどそれを生かす
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1370524854/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/05/17(金)18:21:55ID:sGjwQKr2
エレン「俺、お前のこと好きだ」
ベルトルト「…は?」
エレン「結婚しよ」
ベルトルト「」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/05/17(金)18:24:07ID:sGjwQKr2
遡ること7時間前ー深夜・訓練兵宿舎裏
コソコソ
ミカサ「…アルミン?」
アルミン「ここだよ」
ミカサ「…例のものは?」
アルミン「はぁ…用意したよ…」スッ
ミカサ「これが…」
アルミン「そう、惚れ薬」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/05/17(金)18:25:27ID:sGjwQKr2
アルミン「いいかいミカサ?」
アルミン「この薬を水に溶かす。そして惚れさせたい相手に飲ませる。その人が薬を飲み干して、最初に目が合った人間に惚れるんだ」
ミカサ「わかった」
ミカサ「これでエレンは私から離れなれない…今も離れなれないけど…確実に…」フフフフ
アルミン(あー目がマジだよミカサ…いや…思えば3日前から…)

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1380617482/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/10/01(火)17:51:22ID:E7uXhyjU
アニ「ふたりともずるい」
ライナー「どこがだよ」
アニ「わたしが水晶に引きこもって出番ない間に着々とキャラ付けされてる、ずるい」
ベルトルト「そ、そんなことないよ」
アニ「特にベルトルト」
アニ「前はライナーの後ろで冷や汗かいてる名前わかりづらい人だったのに」
アニ「今じゃ超大型腰巾着とか守ってライナーとか悪魔の末裔が!とかキャラ付けされすぎ」
アニ「挙げ句の果てに私のこと好きとかいうつまんない冗談言ってチラトルトとか言われてるし、ずるい」
ベルトルト「」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/10/01(火)17:56:00ID:E7uXhyjU
アニ「ライナーもだよ」
アニ「頼れる結婚したいホモ兄貴が一転してメンヘラでしたーとかパンチ効きすぎ」
アニ「巻末予告では理由のない暴力に襲われてさ、私まだ嘘予告出てないんだよ?ずるい」
ライナー「」
アニ「私も◯◯といえばアニ!みたいなの欲しい」
ベルトルト「ほ、ほら、アニだって原作でキャラ付けされてるじゃないか」
アニ「拷問?」
ベルトルト「……」
ライナー「ア、アニメだってオリジナル改変あっただろ」
アニ「赤面高笑い?」
ライナー「ああ、拷問に赤面高笑いでアニは薄い本要員として立派にバキィ
ベルトルト「ライナァァァァ!!」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/10/01(火)17:57:09ID:KtCnSYfk
あれは可愛かったな

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1370278596/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/06/04(火)01:56:36ID:68odNyGo
ミカサ「それって何の薬なのおじさん?」
グリシャ「これを呑むと初めて人を好きになった時みたいにその人を見てるとドキドキしたり
      ちょっとしたことでも恥ずかしくなったりして、効果が強いと顔もまともに見れなくなるッ!!」
グリシャ「……つまり初恋気分を味わえるというものだよ」
ミカサ「おじさんちょっと怖い」
グリシャ「ああすまないミカサ。だがこの薬はホントすごいものなんだ」
グリシャ「最近はカルラとの夜の楽しみもバリエーションが少なくなって困ってたんだが、これを使ったら万事解決」
グリシャ「カルラが初めてあった頃の初々しさでつい私も興奮5倍増しぐらいで何回もチャレンジしてしまったよ」

4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/06/04(火)02:01:02ID:68odNyGo
ミカサ「?」
グリシャ「……おっとミカサにはまだ早い話だったな、すまない」
ミカサ「よく分からないけど私はエレンが居ればいい。そんなもの一生必要ないと思う」
グリシャ「いや案外将来役に立つかもしれないぞ?」
グリシャ「もしもの話だがもしかしたらミカサが世話を焼きすぎてエレンが所謂“反抗期”というものに入ったとするだろう」
グリシャ「そんな時にこれを服用すればあら不思議と言った感じに仲が戻る、かも……?」
5:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/06/04(火)02:01:32ID:yLYWw0Ng
もうやだこの親父

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1368286409/
1:
◆VPATQMTCbo
2013/05/12(日)00:33:29ID:B/aLStGo
ミカサ「ライナーに怪我をさせてしまった…」
アルミン「仕方ないよ…でも困ったな訓練兵団もライナーがいないと活気が落ちるよ」
ミカサ「ライナーは私たち皆の兄貴分であり精神的支柱だった…どうしよう」
アルミン「そこで…身代わり作戦を考えたんだ!」
ミカサ「さすがアルミン!」

2:
◆xRKgWnSG5Y
2013/05/12(日)00:34:43ID:4hVo4Uho
アルミン「僕の中では最適な人物は決まってる…それは」
アルミン「ジャン!君だよ!」
ジャン「お前は本当に座学でトップなのか…?」
3:
◆VPATQMTCbo
2013/05/12(日)00:36:42ID:B/aLStGo
ジャン「無理だって!ライナーと俺じゃ体格が違いすぎる!」
ジャン「身長10cmぐらい違うじゃねーか!」
アルミン「大丈夫!シークレットブーツを履けばいい!」
ジャン「なんでそんなもん用意してあるんだよ!?」
4:
◆VPATQMTCbo
2013/05/12(日)00:39:56ID:B/aLStGo
ジャン「ていうか俺がライナーになるってことは俺がいなくなるじゃねーか!」
ジャン「俺が突然いなくなるのは不自然じゃねーのか!?そこんとこどーよ天才君!」
ミカサ「ジャンはエレンと昨日も喧嘩してた」
ミカサ「その時に怪我をしたことにすればいい」
ジャン「それどっちにしろ懲罰もんじゃんかよぉ…」
5:
◆VPATQMTCbo
2013/05/12(日)00:43:08ID:4hVo4Uho
ジャン「だいたいがそこまでしてライナーの影武者になる必要あるか!?」
ジャン「別にライナーが何日か休むってだけの話だろーが!何の問題があんだよ!?」
アルミン「そんなこと言っても仕方がない!」
ジャン「重要なとこをスルーすんじゃねーよ!」
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1570896810/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2019/10/13(日)01:13:30.48ID:LQ6LezQF0
真美「妹がぁ!?妹が怖いぃ!」
亜美「誤解だから!誤解だから!」
真美「無理やり竜宮の衣装着させられて『似合ってるよ…』って囁かれながら犯されるぅ!」
亜美「ネタを引用するのやめてYO!」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2019/10/13(日)01:16:02.28ID:LQ6LezQF0
お察しの通り有名な引用ネタです
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2019/10/13(日)01:16:38.31ID:LQ6LezQF0
亜美「ご、誤解なんだって…」
真美「そ、そうなの…?」
亜美「うん」
真美「じゃあその本、亜美のじゃないの?」
亜美「ゆきぴょんのだよ」
真美「ゆきぴょぉぉおおん!?」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2019/10/13(日)01:17:22.37ID:LQ6LezQF0
亜美「まぁ、ゆきぴょんから借りたのは亜美だけど…」
真美「亜美ぃい!?」
5:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2019/10/13(日)01:18:15.47ID:LQ6LezQF0
真美「と、とりあえずゆきぴょんのことは置いておこう…」
亜美「う、うん…」
真美「あ、あの…そーゆーシュミの人がいるってことは真美もわかってるから…」
亜美「…うん」
真美「そういう本を…友達に借りるって言うのも…まぁ…わかるから…」
亜美「…あの…真美?」
真美「な、何!?」ビクッ

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1570871230/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/10/12(土)18:07:10.39ID:LqZKy9yp0
765プロ
律子カタカタカタカタカタ
ガチャッ
亜美「りっちゃんりっちゃん!」
真美「オクトラやろうYO!オクトラ!」
律子「会ったらまずは『おはようございます』でしょうが!」
亜美「あ、はい…」
真美「おはようございます…」


2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/10/12(土)18:10:40.15ID:LqZKy9yp0
律子「はい、おはよう。そして、レッスンお疲れ様…宿題は終わってるの?」
亜美「うん!」
真美「昨日見てくれたからすぐに終わったよ!」
律子「そう…ならいいわ、で?何?オクトラ?」
亜美「うん、オクトパストラベラーだYO!」
真美「りっちゃんこういうの好きっしょ?買ってきたから一緒にやろうYO!」
https://youtu.be/_5pweox1Io8

3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/10/12(土)18:11:43.51ID:LqZKy9yp0
律子「あぁ、オクトパストラベラー…確かに気にはなってたのよね…」
亜美「でしょでしょ!?」
真美「りっちゃんロマサガとか好きだもんね!」
律子「確かに…この8人の主人公ってのがいいわね…誰を選ぶか…」
亜美「亜美はトレサ!」
真美「真美はテリオン!」
4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/10/12(土)18:12:20.88ID:LqZKy9yp0
律子「いやいや、ここは王道っぽいオルベルク…じゃないわよ!私はまだ仕事中!ゲームはあんたたちだけでやりなさい!」
亜美「えぇぇぇえ!?」
真美「せっかくSwitchとソフト持ってきたのにぃ!」
律子「いや、だからあんたたちはやっときなさいよ…今
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:https://wktk.open2ch.net/test/read.cgi/aimasu/1570880817/
1:
名無しさん@おーぷん
19/10/12(土)20:46:57ID:8p7
・ミリシタSS。13歳4人組が、こたつ机を囲んでるイメージです。(ぷちます風)
・亜美真美→エミリーの呼称は、「なでしこ」です。念のため。
・『ボブジテン』というカードゲームが元ネタです。エミリー語は公式とオリジナルどちらもあります。

2:
名無しさん@おーぷん
19/10/12(土)20:53:23ID:8p7
亜美「ねーねー、なでしこー、あそぼー」
真美「真美たち、おもしろいゲームを思いついちゃった」
エミリー「おもしろい遊戯ですか?」
星梨花「はい。ルールを聞いたんですけど、勉強にもなりそうですし、私もやってみたいです」
エミリー「そうですか……わかりました。是非ともよろしくお願いいたします」
亜美「やった!」
3:
名無しさん@おーぷん
19/10/12(土)21:02:44ID:8p7
真美「はい、なでしこ。これをどーぞ!」
エミリー「はい……えっと? この札はいったい?」
亜美「んっふっふ?。そのカードには、カタカナの言葉がいっぱい書いてるっしょ」
真美「それを、カタカナを使わずに相手に伝えるゲームなのだよ」
エミリー「この親を私がやる、ということですね」
星梨花「はい! 私たちがやると、どうしても説明するのにカタカナを使っちゃって……上手くいかなかったんです」
亜美「それでなでしこにシュラバヤをたてたってこと」
エミリー「白羽の矢ですね。わかりました、やってみます」
4:
名無しさん@おーぷん
19/10/12(土)21:05:04ID:8p7
真美「それじゃあ、なでしこのタイミングで、よろよろ?」
エミリー「はい……それでは……」
エミリー『冷製盛り菓子』
5:
名無しさん@おーぷん
19/10/12(土)21:09:39ID:8p7
真美「かき氷!」
エミリー「いいえ、違います」
亜美「真美、それカタカナじゃないよ」
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1570845296/
1:
◆ivbWs9E0to
2019/10/12(土)10:54:56.34ID:LNM/wFWg0
アイドルマスターミリオンライブ!のSSです。
現在ドラマシアター武闘会日常杯が開催中!
現在予選が終了し、来週末から準決勝が始まります!
最新情報は公式Twitter(@DoraTheaButokai)かハッシュタグ#ドラマシアター武闘会をチェックですよ!チェック!

2:
◆ivbWs9E0to
2019/10/12(土)10:55:44.86ID:LNM/wFWg0
琴葉「こんにちは、最近涼しくなってきましたね」
P「少し寒いくらいだな。もう少し段階を踏んでくれれば良いんだけど」
琴葉「そうですね。先日慌てて秋服を出しました」
P「琴葉は今日は自主練するって言ってたっけ。疲れない程度にしておきなよ」
琴葉「はい、気を付けます。レッスンルームのカギ借りますね・・・あれ?」
P「鍵ならさっきエレナが持って行ったぞ。確か美也も一緒にいたはず」
琴葉「そうですか。それならついでに色々教えてもらおうかな・・・行ってきます。」
P「行ってらっしゃ?い」
3:
◆ivbWs9E0to
2019/10/12(土)10:56:35.83ID:LNM/wFWg0
琴葉「エレナと美也、ドラマで共演してからすっかり仲良しになったみたいね」
琴葉「・・・」
琴葉「・・・ん?この匂いは・・・?」
4:
◆ivbWs9E0to
2019/10/12(土)10:57:14.24ID:LNM/wFWg0
美也「お?、パチパチ良い音がして、香ばしい匂いが漂ってきましたぞ?」
エレナ「ンー!美味しそうー!早く食べたいヨー!」
美也「エレナさん、急いては事を仕損じる、ですよ?。中に火が通るまでじっくり待ちましょ?」
エレナ「みんなの分まで、たくさん焼いてあげようネ!」
美也「きっとみなさん喜びますよ?。楽しみですね?。」
琴葉「・・・」
5:
◆ivbWs9E0
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1570540942/
1:
◆rydVFq.TKw
2019/10/08(火)22:22:22.14ID:j7zjj82AO
みんな「前回のラブライブ!」
【ラブライブss】ことり「μ’sの色はみんなのパンツの色で決めたんだよ」
真姫 「メンバーカラーの話をしていたμ’s。
    するとことりから爆弾発言が」
ことり「μ’sの色はみんなのパンツの色で決めたんだよ」
真姫 「なんとことりはメンバーのパンツの色を把握していた。
    それだけじゃなく、ことりはライブの時ノーパンだった!」
真姫 「メンバーがパンツを穿くように説得したがことりは拒否。
    動揺しつつも、μ’sはラブライブ!優勝に向けてまた走り出すことになった!
    もぅ?、イミワカンナイ!」

2:
◆rydVFq.TKw
2019/10/08(火)22:23:12.07ID:j7zjj82AO
音ノ木坂学院 屋上
μ’sはリズム練習をしていた。
海未 「ワン、ツー、スリー、フォー、ファイブ、シックス、セブン、エイト」
ことり「♪ふんふ?ん」
穂乃果「……」チラッ
花陽 「……」チラッ
花陽 (ことりちゃんがちゃんとパンツ穿いてるか気になります…)
3:
◆rydVFq.TKw
2019/10/08(火)22:23:41.48ID:j7zjj82AO
海未 「穂乃果、花陽、遅れてますよ!」
穂乃果「う、うん」
花陽 「ご、ごめんなさい」
海未 「集中してください! 最初から行きますよ。
    パンツー、スリー、フォー…」
希  (海未ちゃんも動揺しとるな…)
4:
◆rydVFq.TKw
2019/10/08(火)22:24:10.09ID:j7zjj82AO
穂乃果「ね、ねぇことりちゃん。今日はちゃんとパンツ穿いてるよね?」
みんな(ストレートに聞いたー!?)
ことり「え? 穿いてるよ?」
みんな(ほっ)
穂乃果「そ、そうだよね。あははー。続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1559475337/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/06/02(日)20:35:38.20ID:5zCUVSdU0
穂乃果「あ?…別に良いんだよ」
海未「へ?」
穂乃果「これ見えても良い奴だから」
海未「そんな訳ないでしょう。そんな姿でランニングなんて…」
穂乃果「別に問題ないってば」
海未「問題しかありません!!!」
穂乃果「声でか…声でかいって…」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/06/02(日)20:39:49.74ID:5zCUVSdU0
海未「でかくもなります」
穂乃果「いや…え?何がいけないのさ!?」
海未「何って…そんな見えてますから。穂乃果は少し無防備過ぎます」
穂乃果「え?…そんな事ないと思うんだけどなぁ」
海未「ありますよ。あなたが気が付かないだけで周りの人達があなたをどんな風に見てるか…」
穂乃果「え?何々?それって穂乃果が魅力的って言いたいの?いや?照れるなぁ」
海未「そうとは言っていません」
穂乃果「なっ…否定が早過ぎるよ…」
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/06/02(日)20:44:26.77ID:5zCUVSdU0
海未「とにかく…そんな姿でランニングしてはいけません」
穂乃果「だからぁ…ん?…なんで伝わらないかなぁ…スポブラの紐が見えてるだけで…海未ちゃんの堅物…」ブツブツ
海未「何ですか?」
穂乃果「いえ…何でも」
海未「さあ、分かったら直して来なさい」
穂乃果「え?直すって言ってもさぁ。どうやったってこの服装じゃ見えちゃうもん」
海未「ジャージを羽織ればいいじゃないですか」
穂乃果「やだよ。暑いもん。走るんだよ?それともランニングやめる?」
海未「あなたが自分から言い出したのでしょう?体重落としたいからランニングに付き合ってくれと」
穂乃果「まあそうだけど」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1567178762/
1:
◆rydVFq.TKw
2019/08/31(土)00:26:02.80ID:yqLmFrF2O
穂乃果「いやー、今日のライブも盛り上がったねぇ」
講堂での定期ライブを終え、部室で着替え始めるμ’s。
絵里 「やっぱり9色のブレードは綺麗ね」
真姫 「ソロの時の1色も好きよ。光の海にいるみたいで」
海未 「練習の時にはお客さんがいないので、
    あのブレードの光はライブの時だけの特別な景色です」
にこ 「みんな自分の色が有るから応援されてる実感も有るしね」

2:
◆rydVFq.TKw
2019/08/31(土)00:26:54.19ID:yqLmFrF2O
凛  「そういえば、あのみんなの色はどうやって決まったのかにゃ?」
花陽 「確かに、気づいたら私はグリーンだったよ。嫌いじゃないけど」
希  「あの色は衣装とリンクしてたんやないかなあ? 
    ことりちゃん何か知ってる?
ことり「μ’sの色はみんなのパンツの色で決めたんだよ」
みんな「えっ!?」
固まるμ’s。
3:
◆rydVFq.TKw
2019/08/31(土)00:27:37.07ID:yqLmFrF2O
絵里 「こ、ことり何を言ってるの? パンツの色だなんて」
ことり「正確にいうとブラも含めた下着の色だよ」
穂乃果「ち、ちがうよねことりちゃん! ほら、私今日オレンジじゃないし」
ことり「でも穂乃果ちゃんはオレンジの下着が多いでしょ?」
穂乃果「///」
ことり「みんながたくさん持ってる下着の色をパーソナルカラーにしたんだ?」
4:
◆rydVFq.TKw
2019/08/31(土)00:28:27.28ID:yqLmFrF2O
みんな「……」
各自頭の中で自分の下着のレパートリーを確認し始めた。
すると、意外と自分でも気づいていなかったが特定の色の下着が多く、
それはμ'sとしてのパーソナルカラーと一致した。
にこ 「なんであんたそんな
続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
0
1
2
3
4
5
6
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。