SS大好き! SSまとめアンテナ
rss
スポンサード リンク
媒体:おかしくねーしSSまとめ
<<
2019年07月
>>
706件取得
人気記事順表示
<<
1
2
3
4
5
6
7
>>
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1380727209/
1:
少年達の夢
2013/10/03(木)00:20:09ID:X.IvYVvM
843年
幼エレン「…」(つまんねぇなぁ?…なんかシゲキテキなことないかなぁ?)トコトコ
「おい!異端者!!」「どうした?弱虫!やり返してみろよ?」ドカッドゴ!!
????「…うぅ……」
エレン「…」(いじめか…まぁ……どうでもいいや…俺には関係無い)トコトコ
「さっき言ったこともう一回言ってみろよ?異端者!!」
エレン「…」トコトコ
アルミン「…ああ…何度でも言うよ……人類はいつか『外の世界』に行くべきだ…!!」
エレン「…!!」(外の世界?)
ドクン…

2:
少年達の夢
2013/10/03(木)00:26:12ID:X.IvYVvM
「ははは!『外の世界』だってよ!笑えるぜ!」「やっちまえ!」
アルミン「…加えて何度目か分からないこの台詞も言わせてもらうよ…『僕の言ってることが正しいと分かってるから言い返せなくて殴ることしか出来ないんだろ?』」
ドクン…ドクン…
「な!?この屁理屈野郎!!」ブゥン
アルミン「…!!」グッ
エレン「やめろ!!」ダダダダ
「なんだこいつ!」「こいつもやっちまえ!!」「うわ!?こいつ強っ!?」
エレン「うおおお!!!」ドゴッバキッ
アルミン「…」ポカーン
4:
少年達の夢
2013/10/03(木)00:33:22ID:X.IvYVvM
………
……………
…………………
カラス「カァーカァー…」
エレン「…いてて……アイツラが三人じゃなくて二人なら勝てたのに…」
アルミン「…」ジィー
エレン「…なあ、お前…名前は?」
アルミン「………え!?うえぇ?僕?……ぁ…『アルミン・アルレルト』…君は?」
エレン「俺?俺はエレン・イエーガー」
アルミン「…イエーガー?イエーガーってあの街の英雄グリシャ・イエーガーのイエーガー?」
エレン「ん?父さんを知
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1383405380/
1:
1
2013/11/03(日)00:16:20ID:s5qt3po6
女型戦
エレン「は、早くこいつぶっ殺さなきゃ、漏れちまう…!」ピーグギュル
アニ「くそっ!こんな時に…!」グルグルピー
巨レン「ウオォォ」ブンッブンッ
女型「…」サッサッ
アニ「でもこの程度の攻撃なら、なんとか腕治しながら…うっ!」グギュルギュル
アニ「うっ、うあ!」ズルッズササー
巨レン「ウオオオォォォ」ガシッ
アニ「やばっ!」マウントトラレル

2:
1
2013/11/03(日)00:17:36ID:s5qt3po6
エレン「…オレが…選択を間違えたから…!」フリカブル
エレン「糞したいからって、仲間にやらせたから!」ブォン
エレン「うっ!」グルグルピー
女型「…!」サッ
エレン「ぐっ」バキョ
アニ「?一瞬動きが鈍った?とにかく助かった!」
エレン「くっ、オレが間違えたせいで!」フリカブル
アニ「っ!もう一撃くる!」
エレン「みんな死んだ!!」ブォン
エレン「うおぉぅ」グギュルグルグル
アニ「!!また一瞬鈍くなった?」サッ
エレン「ぐっ…」バキョ
エレン「いてて、両方折れちまった!」
アニ「あいつも両方使えなくなったか、、これで攻撃も来ない、今のうちに抜け出s」グギュルグギュギュ
アニ「うひゃお」ピーグルグル
3:
1
2013/11/03(日)00:19:20ID:s5qt3po6
ーーーーー回想ーーーーー
エレン「えっ!?空中で撒き散らしたって事ですか!?」
ペトラ「ぎゃあぁぁぁ!言うなよエルド!」
エレン「すげぇ!(オレ今糞が漏れそうなんて言えない…)」
ーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーー
ーーーーー

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1383258964/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/11/01(金)07:36:04ID:GmZDlZPI
むかしむかしあるところに、元気な少年がいました。
エレン「母さん、大きくなったらオレは巨人退治にいきたい」
母親はそんな少年を叱ります。
カルラ「まあエレン、巨人はとっても危険です。そんなことより魚を釣りにいってきて」
少年は納得できませんでしたが、魚を釣りに家を出ました。
エレン「そうだ、先に裏山にいる熊と相撲をとろう!」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/11/01(金)07:36:46ID:GmZDlZPI
裏山にはとっても強い熊がすんでいて、少年とは相撲仲間でした。
エレン「おーい!相撲とろうぜ!」
熊「エレン!待っていた」
熊は少年が大好きだったので、仲良く相撲をとりました。
エレン「強い…」
熊「エレンの巻いてくれた布が力をくれる…!」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/11/01(金)07:38:06ID:GmZDlZPI
エレン「お前たまに意味がわからないこと言うよな。そろそろ釣りにいかないと!じゃあな!」
熊「そばにいたいだけなのに…」
少年が川に着くと一匹のカミツキガメがいじめられていました。
エレン「なにしてんだテメェら!」
いじめっこA「なんだよwww外来種は川に戻せないだろwww」
いじめっこB「危険だしなwww」
いじめっこの言うことは正しいですが、だからといって生き物をみだりに傷つけるのはよくありません。
エレン「お前らボロンゴでも虐めるんだろ!許せねえ…!」
すると山の影から熊がやって来ました。
熊「白い貝殻のイヤリング落ちてた。エレンの…?」
エレン「いや、違う」
熊「…そう」
おっちょこちょいですが優しいところもある熊でした。
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/11/01(金)07:39:14ID:GmZDlZPI<
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1349853061/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/10/10(水)16:11:01ID:dBiBfJSg
ルビー「そう思いませんか?」
ゴールド「お前、突然何言ってんだ?」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/10/10(水)16:13:35ID:dBiBfJSg
ルビー「実は最近サファイアが見た目を気にしだしたんですよ」
ゴールド「あぁ、あいつ野生タイプだったな、そういえば」
ルビー「レッドさんの紹介でエリカさんと交流ができたみたいで」
ルビー「こう、仕草も女の子らしくなってきて」
ゴールド「んで、可愛いと」
ルビー「はい」
ルビー「すごいんですって」
ルビー「この前なんて…」
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/10/10(水)16:16:16ID:dBiBfJSg
?回想?
ルビー「サファイア、最近可愛くなったよね」
サファイア「ふぇっ?」////
ゴールド「…ちょっと待ってくれ」
ルビー「なんですか?まだいいところじゃないですよ?」
ゴールド「会話の切り口がおかしい」
ルビー「?」
ルビー「普通ですけど?」
ゴールド「…」
ゴールド「ま、いいや」
ゴールド「続き頼むわ」
ルビー「はい、それでですね…」
5:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/10/10(水)16:18:52ID:dBiBfJSg
サファイア「な、な、な、と、突然何言いよると?」
ルビー「前から見た目はいいと思っていたけど」
ルビー「なんだかぐっと女の子らしくなったよね」
サファイア「…」////
サファイア「ほんとにそう思う?」////
ルビー「僕は嘘はつかない主義でね」
サファイア「う、ううっ」////
ルビー(サファイア可愛い)
?回想終わり?

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1482584630/
1:
スピアー♀シリーズの人
2016/12/24(土)22:03:50.88ID:EbgDqw6o0
 男「じゃ、行ってくる」
 スピアー♀「はい。行ってらっしゃいませ」
 ミロカロス♂「「最低でも6時には帰えらなアカンで?」
 マニューラ♀「皆でクリスマスパーティーなんだから!」
 男「わかってるって」
 
 友人「おはよう、男」
 男「おう、はよ」
 友人「いやぁ、今日は一段と寒いねぇ?」ブルル
 男「だなぁ。まぁ、今日は外出ることはないからラッキーだったな」
 友人「そうだね。でもクリスマスなのに出勤日なんてね?」
 男「社会はそんなに甘くないんだよ」
 
 >>1「その通り」
 
 男「!?」バッ
 友人「?。どうしたの?」
 男「い、いや・・・」

2:
スピアー♀シリーズの人
2016/12/24(土)22:23:36.65ID:EbgDqw6o0
 スピアー♀「ふっふふーん、ふっふふーん、ふっふっふ?ふふ?♪」カシャカシャ 
 ミロカロス♂「スーちゃん、いくら何でも早ないかぁ?ケーキ作るんは」
 スピアー♀「大きいのを作るんだから、夕方に作り始めても遅いんだよ?」
 ミロカロス♂「ほうかぁ?」
 スピアー♀「そうなんですっ・・・あ、キーのみとマゴのみを買い忘れちゃった・・・」ヌリヌリ
 スピアー♀「ミロカロスさんかマニューラちゃん。買ってきてくれないかな?」
 ミロカロス♂「・・・」
 マニューラ♀「・・・」
 ミロカロス♀・マニューラ♀「じゃんけん!」
 
 ミロカロス♂「っちぁ???、寒い??」ウネウネ
 ミロカロス♂「ちっきしょ?。あっこでグー出せばよかったなぁ」
 サーナイト♂「あ、ミロカロス」
 ミロカロス♂「おぉ、サー君。サー君も何か買いに行くん?」
 サーナイト♂「え、えっと・・・まぁ、うん///」
 ミロカロス♂「そうなんや。途中まで一緒に行かんか?」
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1483007487/
1:
1
2016/12/29(木)19:31:28.28ID:+29wy1NA0
 ミロカロス♂「ふっふっふ??ん」ウネウネ
 ゴローニャ♂「今夜暇かい?」
 ミロカロス♂「くそして寝ぇや」
 ゴローニャ♂「あどーも。最近の姉ちゃん、キツイや」
 
 
 
 
 ミロカロス♂「待ち合わせはここやな・・・」
 
   
 「おい姉ちゃん!ここで何してんだよ!ここは俺の場所だそこに住んでんだ!」
 ミロカロス♂「・・・」
 「とっとと退くか5000円寄越しな!」
 ミロカロス♂「・・・何の事かわからへんのやけど?」
 「とぼけんじゃねぇよこの尼が!ここを退けるか俺に5000円払うかそれとも犯されるかどうするこのアバズレが!?」
 ミロカロス♂「・・・ミランダを知っとるか?」
 「どこの女だそりゃ」バキィッ!
 「うぉおぉ・・・!」バタン
 ミロカロス♂「ハァ・・・タコが」 

2:
1
2016/12/29(木)19:58:17.46ID:+29wy1NA0
 ハブネーク♀「おまたせ?」ウネウネ
 ミロカロス♂「おぉ、今来たとこですよ」ニコリ
 ハブネーク♀「ふふふ?そこの歩道で伸びてる人は何?」
 「」チーン
 ミロカロス♂「ここに住んでるそうです」ウネウネ
 ハブネーク♀「そう・・・」ウネウネ
 
 ハブネーク♀「ねぇ・・・」
 ミロカロス♂「はい?」
 
 ハブネーク♀「・・・今夜は寝たくないわ///」ペロリ
 ミロカロス♂「あぁ?・・・ん?・・・はい」ニヤリ
 ハブネーク♀「ふふ///」
 ミロカロス♂「・・・先に、飯食いますか?」
 ハブネーク♀「私はどちらでも?//」
 ミロカロス♂「じゃあ先に飯で」ウネウネ
 ハブネーク♀「ええ、いいわよ///」ウネウネ
3:
1
2016/12/29(木)23:10:33.14ID:+29wy1NA0
 続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1559214370/
1:
◆7SHIicilOU
2019/05/30(木)20:06:10.42ID:V45gCru/o
大淀「前にやりませんでした?」
提督「やったけど、まだまだやってない艦娘も一杯いるし新規着任艦も居るからこの辺で初心に帰って」
多摩「雷と電にゃ?」
提督「だからあの二人にやることはねーって、命に関わる」
大淀「流石に命には関わらないと思いますよ?」
多摩「命以外の全てに関わりはしそうにゃけど」
提督「とにかくあの二人にはやんねー!あと愛宕」
大淀「愛宕さんにはトラウマ植えつけられましたねぇ……」
提督「主に頸椎と頬骨にな」
多摩「とりあえず過去に抱き着いてない艦娘を中心にやるにゃ?」
提督「そうだなぁ、そんな感じで……あとは」ぺらっ
多摩「……なにしてるにゃ」
提督「短パンからスカートに変わったから改めてスカート捲りを……なんかパンツ大分変わってね?」
大淀「以前色気がないって言われてから下着を新調したんですよね」
多摩「言うにゃ」
提督「あれはあれで結構よかったけどこういうエロ下着もいいよな!」
多摩「さっさと行けにゃ!」

2:
◆7SHIicilOU
2019/05/30(木)20:17:26.87ID:V45gCru/o
―――
提督「多摩にケツを蹴られるとは……膝に棘シートをブランケットのようにかけるのも考えるか……」
比叡「あー司令!おはようございます!」
提督「おぉ比叡じゃないか。一人か?」
比叡「はい!鳳翔さんのところでお昼の仕込みをしてた帰りです!」
提督「そうかそうか。もう悪い評判は完全に覆せたみたいでなによりだな」
比叡「これも司令のおかげです!ありがとうございます」
提督「はっはっはー……。ところでちょっと後ろを向いてくれないか?」
比叡「?なにか背中についてますか?」
提督「はい、ぎゅー」
比叡「!?だ、ダメです司令!こんな所でそんな!せ、せめて場所を変えて……!」
3:
◆7SHIicilO
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1564029777/
1:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/07/25(木)13:42:58.05ID:GO9M7iUro
みほ「プラウダ高校との試合...私のせいで負けちゃった」
みほ「ははは...お姉ちゃんやお母さんになんて言われるかな...」ガチャ
まほ「みほぉぉぉぉぉぉ!!みほぉぉぉぉぉ!!」クンカクンカ
みほ「」
まほ「ああ可愛いよみほ!なんて優しいみほ!みほみほみほみほぉぉぉぉ」ドプリュリュ
みほ「お姉ちゃん?」
まほ「?ああ、みほか。待っていたよ。大事な話がある」クンカクンカ
みほ「ここ、私の部屋だよね?」
まほ「先程のプラウダとの試合だが、残念ながらあれで黒森峰の10連覇は無くなってしまった」ハスハス
みほ「いやあのお姉ちゃん?」
まほ「しかし気にすることはない。みほの行動は間違ってなんかいない。むしろ間違っているのはあのプラウダの連中だ!大体...」ペロペロ
みほ「私のパンツを被って何してるの?」
まほ「ん?ああ、これはみふぉが責任ふぉ感じ!ていりゅと思って私のぉ匂いで安心させようとぉお」スーハースーハ
まほ「したわけだ。決してみほのおパンツの温みや香りを堪能していたのではない!!」キリッ
みほ「(転校しよ)」

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします
2019/07/25(木)13:46:07.32ID:GO9M7iUro
ー大洗ー
沙織「みぽりんってなんで転校してきたの?彼氏とかー?」
華「親の転勤とかでしょうか?」
みほ「っ!!(いえない)」
沙織「!!えっとほら見て!美味しそうなラーメンがあるよ!」
華「あらあら、本当ですね。少し食べて行きましょう」
沙織「またもー、少しじゃないでしょ?ほら行こう!みぽりん!」
みほ「...うん!行こう」
みほ「(お姉ちゃんが変態だからなんていえない)」
沙織「(みぽりん...よっぽど辛いことがあったんだね)」
3:
以下、名無しにかわり
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1563955761/
1:
名無しで叶える物語(しうまい)
2019/07/24(水)17:09:21.08ID:A6L260Ph
千歌「Aqoursキャストのすわわさんだよね!」
すわわ「ん」
梨子「ねえ曜ちゃん…あの人何?」
曜「おすわちゃんだよ!なんか旅館に泊まりに来たんだって」
千歌「あんちゃんがお世話になっているのだ!」
すわわ「ん」
千歌「今日はなんで一人でここに?」
すわわ「ん」
千歌「え?」
すわわ「ん!」
千歌「あ、ああ…はい」
梨子「会話になってるのあれ?」

2:
名無しで叶える物語(しうまい)
2019/07/24(水)17:14:53.71ID:A6L260Ph
すわわ「ん」ムクッ
千歌「あっ。どこ行くのー?」
すわわ「んあ」
千歌「んあ?」
すわわ「んー」スタスタ
千歌「行っちゃった」
曜「あっちは温泉の方向じゃない?」
千歌「ああーお風呂入りに行ったんだ!」
梨子「ねえ」
千歌「なにー?」
梨子「あの人…本当にAqoursの一員なの?」
千歌「あんちゃんからはそうだって聞いてるよー」
梨子「どうやってコミュニケーション取ってるんだろう…」
3:
名無しで叶える物語(はんぺん)
2019/07/24(水)17:23:07.63ID:15WfodUu
珍しい組み合わせ

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1563977181/
1:
名無しで叶える物語(帝国中央都市)
2019/07/24(水)23:06:21.39ID:Mi2v7T3/
えっへんなのだ

2:
名無しで叶える物語(茸)
2019/07/24(水)23:06:42.58ID:9FrEmEd0
あん
3:
名無しで叶える物語(あゆ)
2019/07/24(水)23:09:28.88ID:ydTIebi8
ドリキャス
4:
名無しで叶える物語(帝国中央都市)
2019/07/24(水)23:11:22.67ID:Mi2v7T3/
千歌「あんちゃんとドリキャスするのだ!」
杏樹「ドリキャス...だと?」
千歌「...ど、どうしたのあんちゃん」
杏樹「ドリームキャストってさぁ、どこの会社が発売したか知ってるの?」
千歌「
>>5,」
5:
名無しで叶える物語(茸)
2019/07/24(水)23:11:57.44ID:DddDknh1
ふぁみこん!

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1470378196/
1:
1
2016/08/05(金)15:23:16.03ID:4Ec5fZARO
暑いし頭おかしいの書きたいからなんかお題頼む
ルール
何でもあり単語でも文でもタイトルでも可
では1本目
↓1

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします
2016/08/05(金)15:34:46.07ID:XJGc9oAAO
ドラえもん?のび太とパンツレスリング?
4:
ドラえもんのび太とパンツレスリング◆YG5gEOZD2K9l
2016/08/05(金)15:46:49.71ID:0Hj7ibHc0
いつものBGM
スネ夫「実はスネ吉兄さんから面白いビデオを貰ったんだ。」
ジャイアン「おう!スネ夫見せろよ!」
しずちゃん「私も見たいわー」
のび太「僕も僕も!」
スネ夫「悪いなのび太、このビデオは3人用なんだ」
のび太「そんな?」
ドラえもん「それでおめおめと帰ってきたわけか」
のび太「ドラえもん!僕もビデオが見たいよ!」
ドラえもん「よしそれなら面白いビデオを用意しようじゃないか」
ドラえもん「イージー特撮カメラ!」
のび太「あぁ昔映画を撮る時に使ったやつだね」
ドラえもん「そして今回は出来杉君に協力してもらう」
出来杉「やぁのび太くん」
のび太「出来杉じゃないか、いつのまにそこに!?」
出来杉「やだなぁさっきからいたじゃないか」
ドラえもん「じゃあ撮影開始だ、出来杉君タイトルをお願い」
出来杉「タイトルはパンツレスリング、面白そうだろ?」

5:
◆YG5gEOZD2K9l
2016/08/05(金)15:55:18.08ID:0Hj7ibHc0
のび太「パンツレスリング?どんなの?」
出来杉「相撲みたいなものだよ。」
のび太「えーじゃあ回しが必要じゃないかしら」
ドラえもん「ははあ、パンツレスリングと言うことはパンツでやるんだね?」
出来杉「さすがはドラえもん、よくわかってるね」<
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1344389328/
1:
◆TctB4xXhw6
2012/08/08(水)10:28:48ID:L3QAk/5.
隙を見てちまちま投下してく
前スレ
勇者「こたつは世界を救う」魔王「マジヤバい」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/08/08(水)10:29:55ID:L3QAk/5.
 ミーンミンミンミンミー…
 ミィ?ンミーンミンミンミンミンミンミー…
 チリーン… チリチーン…
勇者「ただいもー」ガチャ
獣将「おかえもー」ゴロゴロ
勇者「お前……ノースリーブ一枚にパンツ丸出しで転がってんじゃねえよ」
獣将「暑いんだから見逃せ」ゴロゴロ
勇者「この間ショートパンツ買っただろ」
獣将「あぁ、忘れていた」ウッカリ
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/08/08(水)10:30:40ID:L3QAk/5.
勇者「ほれ。ガリ●リ君買ってきたぞ」ガサッ
獣将「何味?」
勇者「梨。略してガリ梨」
獣将「まだあったのか」
勇者「なんか復活してた」
獣将「いい判断だ」
勇者「舌触りがたまらんのよなぁ」ビリッ
獣将「全力で同意しよう」バリッ
 チリーン… リーン…
5:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/08/08(水)12:13:39ID:L3QAk/5.
>>4か、かわいいなんて思ってないんだからね!
_
勇者 シャクシャク
獣将 シャリシャリ
勇者「アイス食ってる時って無言になるよな」
獣将「まあ食べながら喋るわけにはいかないからな」

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1348144453/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/09/20(木)21:34:13ID:8DARJE12
昔、とある大陸にブリッシュクラドという国がありました。その国は、
長らく戦争なども無く、平和な空気が流れていました。
ある日、ブリッシュクラドの女王様が急に死んでしまいました。
いつも優しい笑顔を誰にでも、別け隔てなく見せていた女王様の死に、
国民はみんな悲しくなりました。
それから国は荒み始め、農夫は鍬を捨て、鍛冶屋は立派な竃を捨て、
王様は国を捨てました。

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/09/20(木)21:47:31ID:8DARJE12
さて、王様にはお姫様がいました。クルレというお姫様です。彼女は、王様が国を捨てる
その時まで王様や国民を励まし続けましたが、王様が国を捨ててしまうと、クルレは
諦めたかのように、何も言わなくなりました。
そんな頃が何日か続いた後、隣国のダルビンからお手紙が届きました。
『親愛なる、ブリッシュクラド王族の皆様へ。
王様、お久しぶりです。先日の女王様の葬儀では、大変お世話になりました。
その時の王様の悲しみようを見ると、とても胸が痛んだのです。
今回我が国で舞踏会を開催いたします。楽しく踊って、少しでも悲しみが紛れれば幸いです。
では、また後日お会いしましょう。』
王様は乗る気がしませんでしたが、クルレはとても喜びましたので、渋々
出かけることにしました。王様は、外国に出かけるときに着る服を、そして、
クルレは綺麗なドレスと、女王様が履いていた綺麗なハイヒールを履いていきました。
ダルビンは、ブリッシュクラドよりも凄い軍隊を持っていました。
王様がダルビンのお城へ入るときに見た軍隊は、ぴかぴかの銃と剣を持っていました。
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/09/20(木)21:59:38ID:8DARJE12
さあ、舞踏会が始まりました。ダルビンの皇帝は、この日の
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1343212428/
1:
HAM◆HAM/FeZ/c2
2012/07/25(水)19:33:48ID:MNdsWLlY
女「探し物はなんですか」
「実は……家の鍵を失くしてしまって……」
女「なるほど」
「失くしたのは昨日だと思うんですが、さっぱり場所が分からなくって……」
女「わかりました、探しましょう」
「あ、ありがとうございます」
女「では、私の手を握ってください」
「は、はい」ギュ
女「そして目をつぶる」
「……はい」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/07/25(水)19:41:13ID:MNdsWLlY
女「どのような鍵か、強くイメージしてください」
「……はい」
女「例えば、家の鍵穴に差し込む感触」
女「重み、デザイン、持った感触」
「……はい」
女「……ええ、わかりました」
女「××駅のコインロッカーの前、そこで貴方は鍵を落としています」
「駅!! ええ、ええ、昨日行きました!!」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/07/25(水)19:51:22ID:MNdsWLlY
女「拾ったのは小さな男の子」
女「そして駅の係員へ渡され、落し物として処理されています」
「はい!! ありがとうございます!!」
女「これで、よろしいでしょうか」
「はい!! このお礼は、その、なんと言ったらいいのか」
「その、代金は」
女「聞いていませんか」
「ええ、その、なにも」
女「代金は貴方にお任せ致します」
女「出鱈目だと思えば別に支払う義務があるわけではありません」
「しかし、それでは……」
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/07/25(水)19:59:41ID:MNdsWLlY
「その、貴方の占いはよく当たると聞いています」
女「占いではありません」
女「探し物をする、というだけですわ」
「必ずぴたりと探してくれる、と聞いてやっ
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1348054545/
1:
saikousoku
2012/09/19(水)20:35:45ID:zgjXobgI
女「普通さぁ、女の子に勝たせて花を持たせようとは思わないわけ?」
男「だったら女も、もう少し頑張ってくれよ!!これでも、それなりに加減したんだぞ!?」
女「それでも平均スコアが180とかありえないでしょ!!あんたは、私に限界を超えろとでも言いたいの?」
男「だったらなんで、ボウリングに行きたいって言ったんだよ…。他にも場所はあっただろうに…」
女「うるさいわね。もうボウリングはいいわ。次行くわよ!」
男「えぇ?。次行っても、もう勝負はしないぞ?」
女「はぁ?何言ってんの?あんたに拒否権はないんだけど?」
男「いや、だってお前、何やっても俺に勝てないじゃん」
女「次こそ勝つから今に見てなさい!余裕でいられるのも今のうちなんだから!ほら、行くわよ!!」
男(どうしてこうなったかな?最後の思い出として、女に楽しんでもらいたかっただけなのに)

2:
saikousoku
2012/09/19(水)20:38:29ID:zgjXobgI
???ビリヤード場???
女「さっ、次はこれで勝負よ!!」
男「ビリヤードって…。大丈夫か?」
女「ムカつくわね、その余裕な態度」
男「けっこう…いや、かなり難しいぞ?」
女「フンッ!やってみなくちゃ分からないでしょうが!!」
男「ルール…知ってる?」
女「1から順番に落としていけばいいんでしょ?それくらい知ってるわよ!」
男「ん?まぁ、いいや。じゃあ単純なナインボールでやるか…」
女「私が先攻ね。決定事項だから!」
3:
saikousoku
2012/09/19(水)20:39:57ID:zgjXobgI
男「ん?まぁ、いいや。じゃあ単純なナインボールでやるか…」
女「私が先攻ね。決定事項だから!」
男「ブレイクショットできんのか?」
女「ブレイクショットって何?」
男「えぇ?!!?それで先攻とか言っ
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1348487534/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/09/24(月)20:52:14ID:cJD4dRLw
男「屋上の扉は何やっても開かないって有名だぞ?」
不良「え?そうなの?」
男「歴代校長、番長、緑化委員長が毎年挑んでるらしい、だが……」
不良「開かないと、……気になるから見に行こうぜ」
男「おう」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/09/24(月)20:57:32ID:cJD4dRLw
屋上入り口
不良「これが例の扉か……」
男「見たかんじ普通だな」
?「お、お前今すぐそこから……離れろ…クッ!」
男「お前は同じクラスの中二!?怪我してるじゃないか!大丈夫か!?」
中二「あの門は『彼方の世界』へ通じている……非能力者は下がってろ…!」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/09/24(月)21:03:34ID:cJD4dRLw
男「案外元気そうだな、何でそんな怪我したんだ?」
中二「……あれは昼休みの出来事だ…俺は不穏な気を感じ学校内に俺の精霊を使って…」
不良「簡潔にマトメやがれ」
中二「扉にヘッドバッドしたらフラついて階段から落ちました、ハイ」
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/09/24(月)21:07:52ID:cJD4dRLw
男「本当に開かないのな」ガチャガチャ
不良「鍵が壊れてんのか?」
男「不良、おもいっきり蹴ってみろよ」
不良「学校の備品壊したらマズイだろ」
男「校長もやってるらしいし大丈夫だろ、ほら早く」
不良「ったく、どうなっても知らねーぞ」
バギィッ

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1346848828/
1:
◆L0dG93FE2w
2012/09/05(水)21:40:28ID:iWYBiwqk
幼「いーや!これは譲れないよ、妹ちゃん!」
妹「だから、それはこっちの台詞だよ、幼お姉ちゃん!」
幼「ぐぐぐぐぐ!」
妹「ぬぬぬぬぬ!」

2:
◆L0dG93FE2w
2012/09/05(水)21:40:55ID:iWYBiwqk
幼「枕は絶対に私が貰う!」
妹「駄目だから!枕は…枕は!」
妹「お兄ちゃんの匂いが一番染み付いてる…」
妹「超重要アイテムなんだから!」
幼「いいじゃん!新しい枕、買ってきたんだから!」
幼「交換させて貰うよっ!」
妹「そんなの、家族として許可できません!」
3:
◆L0dG93FE2w
2012/09/05(水)21:41:18ID:iWYBiwqk
幼「妹ちゃんは歯ブラシと言う国宝級のアイテムを」
幼「毎朝、男が使った後に使う権利を取ったでしょ?」
妹「それは、ジャンケンに勝ったから…」
幼「次は私の番でしょ!」
幼「代わりばんこに、欲しい物をゲットする」
幼「そう言う約束でしょ?」
妹「そ、そうだけど…」
4:
◆L0dG93FE2w
2012/09/05(水)21:41:47ID:iWYBiwqk
幼「そんな訳で、この枕は私の物です!」
妹「く、悔しいっ…」
妹「歯ブラシの次は絶対枕だと思ってたのにー!」
幼「ふっふっふ。歯ブラシとトレードしようか?」
妹「それはヤだ!」
妹「お兄ちゃんとの間接キスを…みすみす手放す訳がない!」
幼(…いつでも出来るじゃん!ってツッコミはしない方がいいよね)
5:
◆L0dG93FE2w
2012/09/05(水)21:42:07ID:iWYBiwqk
幼「さ、次は妹ちゃんの番だよ!」
妹「衣服類は駄目なんだよね…」
幼「そうだよ。決めたじゃん!」
妹「次、お兄ちゃんを感じられる物…」
幼「
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1383269330/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/11/01(金)10:28:50ID:kOQWtM5.
娘「おかーさんおきてーあさだよー」
母「………」
娘「めをさましてー!」バシバシ
母「………」コクコク
娘「おきて、おきて」バシバシ
母「………引っ張って…起こして…」
娘「いよーし!…んんーっ!!おもい」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/11/01(金)10:30:21ID:kOQWtM5.
母「もっと…頑張れ…」
娘「できないよーおきてえええ」バシバシ
母「………」ムクリ
娘「おかーさんおはよう」ニコニコ
母「………うん」
娘「わあ?すっごくいいてんきだなあああ」
母「………雨じゃねえか」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/11/01(金)10:32:03ID:kOQWtM5.
娘「あめだった」テレ
母「トイレ…」
娘「むっちゃんもー!!」ドタドタ
母「うん」
娘「あっ、てれび!『いないいないべえ』やってるんじゃない!?」
母「トイレ」
娘「うへへへへトイレトイレ」
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/11/01(金)10:33:46ID:kOQWtM5.
娘「あさごはんなに?」
母「ごはんと味噌汁と卵焼きときゅうり」
娘「たまごやき…!?」
母「テーブル拭いてください」
娘「おかあさん、たまごやきつくるの?」
母「うん。テーブル…」
娘「むっちゃんたまごやき見る!!」
5:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/11/01(金)10:36:12ID:kOQWtM5.
母「テーブル拭いてください」
娘「…あ、テーブルね……はいはいしょうがないなー」
娘「テーブルふいた!」
母「はいどうも」ジャーザバザバ
娘「たまごやき見る!」
母「もうできたから
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1346783483/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/09/05(水)03:31:23ID:RMTKItHg
男「なんでっすか?なぞの声の方?」
謎の声「それは・・・貴方の特技にあります・・・銀河全て探しても貴方より優れた方など・・・」
男「特技っすか?昼寝と射的とあやとりとピーナツの投げ食いくらいスけど・・・」
謎の声「いえ貴方には電エースとして相応しい特技があります」
男「なんすか?なんすか?」
謎の声「まず電エースなんですが・・・変身するには強い快楽・快感を得なければなりません・・・でやっぱヒーローには弱点ほしいんで弱点を設定したんですが・・・でもコレが間違いでした・・・」
男「間違いスか?間違いなら直せばイイすよ!」
謎の声「いえ・・・それが・・・かくかくしかじかで・・・」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/09/05(水)03:34:44ID:RMTKItHg
男「そうなんす?便利っすねカクカクシカジカって!で弱点てなんすか?」
謎の声「その・・・弱点なんですが・・・快感をえたおあと一種の雑念のない無の境地を維持している間しか変身していられないんです・・・」
男「そんなに維持できないすか?」
謎の声「ええ・・・一分と持ったモノはコノ銀河には居ませんでした・・・コレでは・・・」
男「確かに一分では戦えないっすね・・・3分でも厳しいッすけど?・・・なんでそんな弱点にしたっす?」
謎の声「明鏡止水な感じでヒーローぽくてカッコいいかなって金色のガ○ダム見ながら・・・ああれってガン○ムいらないよね・・・生身でで破壊してたし?

男「そんなことはいいっす!自分と弱点とかと何の関係があるす!」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/09/05(水)03:49:02ID:RMTKItHg
謎の声「まず一つ目なんですが・・・快感で変身するもので・・・快楽を即座にれなければ町を人を守れませんので・・・」
男「まさかっす?」
謎の声「はい・・
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1344514542/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/08/09(木)21:15:42ID:.lJ7STZ6
( ^ω^)うはww浴衣エロスww
ξ゚?゚)ξ ちょっと、やめなさいよもう……
川゜-゚) うむ、うなじもたまらないな
暑かった今日も終わりの時間
夕暮れが長い影を落とす
( ^ω^)それにしても混んでるお
ξ゚?゚)ξ 仕方ないわよ、夏休みなんだから
川゜-゚) …おい、何してる。行くぞ
え、俺?
あ、ドクオっす
( ^ω^)となつまつりのようです

3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/08/09(木)21:18:59ID:DPePXbtQ
( ^ω^)どこ行くお?
川゜-゚) そうだな…ここは恋人のお願いを優先してやったらどうだ
ξ゚?゚)ξ え?あ、あたし!?
('A`) クーも行きたいとこあったら言いなよ
( ^ω^)おっおっ
川゜-゚) では後で、な
ξ゚?゚)ξ じゃあ…りんご飴食べたいな
('A`) だとよ
( ^ω^)把握
('A`) よし行くか
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/08/09(木)21:23:11ID:DPePXbtQ
( ^ω^)くわえるってwwエwwロwwいww
川゜-゚) 日本人もよくぞ卑猥なものを作ったな
ξ゚?゚)ξ そんなんじゃないでしょ、全く…あ、イチゴ飴も美味しそう
('A`) 色々あ、
( ^ω^)ちょwwテラ亀頭ww
川゜-゚) 確かに
ξ゚?゚)ξ なっ…あ、あ、あんたたち!!ここ外なのよ!!
('A`) クーも悪のりしないで、お願いだから
( ^ω^)どう見ても亀頭だおwwうはwwくわえてツ
川゜-゚)通報しますた

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1348501341/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/09/25(火)00:42:21ID:MIs69ndY
男「何してんだよ」
女「いっ!!」
女「あ・・・あのその・・・」
男「男子の部屋に入ったらいけねーんだぞ見回りの先生にすげー怒られるぞ」
女「あ・・あの・・・あの・・・・ごめんなさい」
女(裸にして写真とろうとしてたなんて言えない)
男「全くこの・・・・」グイッ
女「ひゃっ!?」
男「恐がりめ」
女(ベッドに引きずり込まれちゃった・・・/////)

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/09/25(火)00:44:21ID:MIs69ndY
男「ったく。いい年しやがって。俺だけ一人部屋だったから良かったようなものの」
女「//////////」
男「ふう・・・昔の妹を思い出すなー。ぬいぐるみもって「恐い夢見たー」って」ハハハ
女「/////////////////」
男「もう寝たか・・・・早いな。ま、俺も寝ちまうか」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/09/25(火)00:46:04ID:MIs69ndY
男「くぅー・・くぅー・・・・・」
女「寝息がかわいい・・・・・・っ!!」
女「どうしよどうしよ・・・男くんの顔が横にあるし腕枕だし・・・・」
女「お・・・ちん・・・ちん、あるし・・・・」
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/09/25(火)00:49:06ID:MIs69ndY
女「どうしようどうしようどうしようどうしよう」
女「えっと・・・・手探りで・・・・えっと・・・・うう、みつかんない」
女「・・・・」チロッ
男「すうすう」
女「かわいい・・・・・・・・・・・・・!!!!!!」
女「って、そうでなくて! 男くんの・・・・どうしよう???!すすまない!」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1348366436/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/09/23(日)11:13:56ID:cuZ151NY
ブルマ「トランクス、食器こっちに持って来てちょうだい!!」
トランクス「はーい、パパも持って行こうよ!!」
ベジータ「うるさい、今野球がいいとこなんだ!!」
トランクス「もう、食器が洗えないよ?」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/09/23(日)11:27:41ID:cuZ151NY
テレビ「それでは一旦コマーシャルです。」
テレビ「ショッキアライ・・・・タイヘン・・・」
ベジータ「ん?」
テレビ「ススイダシュンカン キュキュットオチテル♪」
ベジータ「・・・・・・・な、なんだと?」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/09/23(日)11:30:23ID:cuZ151NY
翌日
ブルマ「どうしたのよベジータ! こんなにいっぱい洗剤買ってきて!」
ベジータ「今日からこの家、それとCPではこの洗剤を使う!!いいな?」
ブルマ「洗剤ならまだ残ってるわよ!! 」
ベジータ「あと・・・・・今日から俺が洗い物をする・・・・」
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/09/23(日)11:32:45ID:cuZ151NY
ブルマ「え?」
ベジータ「何か文句あるか?」
ブルマ「ほ、本当に? やっと家事をしてくれる気になったのね!!」
ベジータ「ああ、洗い物は俺様に任せろ!!」
トランクス「やったぁ! これで僕もテレビが見れるや!」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1347391758/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/09/12(水)04:29:18ID:khu49FZY
八十稲羽商店街…
陽介「よう!日曜の朝っぱらから二人で何やってんだ?」
鳴上「陽介…」
完二「先輩が…お、俺のパンツを……」ブツブツ…
陽介「おい、悠…完二のやつ何かあったのか…」ヒソヒソ…
鳴上「あぁ…パン作れと言ったら完二の様子がおかしくなった」
陽介「……」

4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/09/17(月)00:51:30ID:4RlDmNyQ
完二のパンツなんか誰得だよwwwww
?
12:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/09/19(水)17:21:58ID:iT34H7RE
鳴上「どうした?」
陽介「いや…あいつもいよいよだと思ってな…」
鳴上「説明が悪かったかな…」
陽介「説明したのかよ!?」
鳴上「あぁ…でもな…」

14:
以下、名無しが深夜にお送りします
2012/09/19(水)17:28:28ID:9mLhGRJI
少し前、回想
完二「ちょっ、何でですか!?そんなもんどうすんです!?」
鳴上「どうって、食べるんだが?」
完二「…」
完二「…正気っすか」
鳴上「実は昨日、千枝から貰ってな」
完二「里中…先輩の…」///
鳴上「食べようとしたんだが…」
完二「ぶっ…何でだよ!」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1561651026/
1:
◆jPr03Kti1lbd2019/06/28(金)00:57:06.31ID:r3/Rzka80
麻子「…」ムッスー
みほ「…」
華「…麻子さん、どうしたんでしょう」
優花里「機嫌悪いみたいですね」
麻子「いや、別に機嫌が悪いわけではない」
麻子「私は沙織が心配なんだ」
みほ「沙織さん?」
麻子「昨日、大洗の海岸を沙織と歩いていたら…」

2:
◆jPr03Kti1lbd2019/06/28(金)00:59:28.77ID:r3/Rzka80
?
沙織「またおばぁに怒られたね」
麻子「おばぁはいらん事まで心配して…」
麻子「怒ってばっかだから身体に毒なんだ」
麻子「まったく…」
男「お、可愛いねぇ?キミ」
沙織「え!?え!?私ですか!?」
男「そーだよ」
麻子「…」
沙織「もしかしてコレ、ナンパ!?」
男「そーそーナンパだよ」
沙織「どーしよー麻子!モテ期到来かも!!」
男「おもしろいねぇキミ」
麻子「行くぞ、沙織」
沙織「なんで!?」
男「えー、ちょっとお茶するだけじゃ?ん」
麻子「コイツは私の彼女だ!!」
男「え!?」
沙織「え゛え゛!?」
麻子「浮気すんのか?沙織」
沙織「いや、え?」
麻子「行くぞ」
沙織「ちょ、待ってよ麻子!どーゆーこと!?」
?

3:
◆jPr03Kti1lbd2019/06/28(金)01:02:45.59ID:r3/Rzka80
麻子「あんなの絶対沙織の身体目当てだろ!」
麻子「私のおかげで男から逃れることができたが」
麻子「あの恋愛バカが悪い男に捕まるのも時間の問題だ!」
みほ「確かに…危ないかも」
華「沙織さん、本当に男の人にホイホイついて行くんですね」
優花里「それより冷泉殿の彼女発言に対して詳しく…」
麻子「嘘に決まってるだろ」
優花里「いや分かってますけど」
麻子「そこで沙織がどんな男にも股を開かない
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1382866972/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/10/27(日)18:42:52ID:3L82j0No
※現代転生パロ

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/10/27(日)18:43:35ID:3L82j0No
繁華街に出るまでにかかる時間は、車を走らせて三十分。
公共交通機関はバスだけだが、それも一時間に一本しか走っていない。
周りに何があるかといえば、山と、山と、川。
それから個人経営の寂れた商店が一軒。
そんな、田舎町。
そこが僕ことアルミン・アルレルトの故郷だ。
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/10/27(日)18:45:34ID:3L82j0No
あまりにも田舎すぎるこの町は何かと不便が多く、若い人達は次々と都会へと移り住んで行ってしまう。
人口は減っていく一方だ。
昔は多かったと聞く子供の数も、今では片手で数えられるほどにまで減ってしまっている。
同い年の子供と出会えるのは、町から出たところにある高校に上がってから、という例も少なくない。
さて、そんな中、僕には近所に同い年の友達がいる。
幸いにも馬が合い、幼い頃からずっと二人で遊んできた。
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/10/27(日)18:46:48ID:3L82j0No
その子に手を引かれて山を散策してみたり、一緒に本を読んでみたり、この町の外について思いを馳せてみたり、など。
僕一人だけでは出来ないことも、その子と一緒にたくさん経験してきた。
その友達は女の子だけど、高校三年生になった今でも友達としての交流は続いている。
その友達の名前は……、
5:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/10/27(日)18:47:20ID:3L82j0No

「ミカサ」


続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1383394625/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/11/02(土)21:17:05ID:UGCAr7Bo
クリスタ「って何?」
ユミル「………知らん」
クリスタ「さっき誰かが言ってたんだよね……そっか、知らないんだ……」
ユミル「あ、あんまり人に聞いて回ったりするなよ?」
クリスタ「何で?」
ユミル「ほら……恥ずかしい言葉だったらお前が恥かくだろうが」
クリスタ「……うん」
ユミル「だからもうそんな事は忘れt」
クリスタ「やっぱり気になる!」ガチャッ
ユミル「クリスタァーッ!!!」

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/11/02(土)21:18:38ID:UGCAr7Bo

クリスタ「あっ、ねえねえアニ!」
アニ「………何」
クリスタ「クルミぽんちおって何か解る?」
アニ「!?」
アニ(多分これ答えたら負けのヤツだ……)
アニ(知らないフリしとこ)
アニ「し……しらない」
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/11/02(土)21:21:05ID:UGCAr7Bo
クリスタ「本当に?アニでも知らないの?」
アニ「何度も言わせないで」
クリスタ「ごめん……じゃあまたね」
アニ「……」
クリスタ「解ったら教えてあげるねー!」
アニ「来なくていい!」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1383399278/
1:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/11/02(土)22:34:38ID:S1YdOO6A
キャラ崩壊注意
時期ガン無視
ジャン→ミカサ→(エレン)の一方通行
ジャン「嫌い……」プチリ
ジャン「」ハァ
マルコ「何やってるの?」
ジャン「マルコ……。
    見ての通り花占いだよ……」
マルコ(意外に乙女チック)

2:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/11/02(土)22:36:16ID:S1YdOO6A
ジャン「でさ、ミカサでやったら、嫌いって出てさ……」
ジャン「」ハァ
ジャン「俺がミカサ好きでも、ミカサは俺の事全然見向きもしねえからさ。」
マルコ「ジャン……。」
マルコ「因みにその花は?」
ジャン「トルコキキョウって花だってよ」
マルコ「花びらが多くて、やりごたえがありそうな花だね」
ジャン「それに沢山あるからな」ワサッ
3:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/11/02(土)22:37:31ID:S1YdOO6A
マルコ「それどうしたの?
    まさか、どっかから引きちぎったとか……」
ジャン「ちげーよ」
ジャン「ベルトルトが、あげるって言って俺にくれたんだ
   昨日の雨で一気に咲いたんだってよ」
マルコ「この時期の雨は恵みの雨だもんね」
マルコ「そういえば、いつも花壇の手入れしてるのはベルトルトだっけ」
ジャン「みたいだな」
マルコ「なんか、ベルトルトも見た目に合わない事してるね……」
ジャン(ベルトルト『も』?)
4:
以下、名無しが深夜にお送りします
2013/11/02(土)22:38:44ID:S1YdOO6A
マルコ「でもなんでジャンにあげたんだろう?」
ジャン「綺麗に咲いたからあげるって言われた
   あいつも女子にあげればいいものを……」
マルコ「確かにね
    あっ、解ったよジャン」
ジャ
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1294497339/
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2011/01/08(土)23:35:39.53ID:FszZdDum0
浜面「ところでフレンダのフルネームって何?」 
フレンダ「結局、フルネームがフレンダな訳よ」 
浜面「じゃあ、お前の事をフレンダって呼ぶのは、わざわざ浜面仕上って言ってるみたいなもんなのか?」 
フレンダ「そうね」 
浜面「まじか……じゃあ次から略してフレって呼ぶわ」 
フレ「んだ」

2:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2011/01/08(土)23:39:42.95ID:FszZdDum0
浜面「なぁフレ」
フレ「んだ?」
浜面「サバ」
ンダ「バサバサ翼」
浜面「妖精の翼」
フレ「バサバサつばさ」
浜面「ようせいのつばさ」
ンダ「……」
浜面「やっぱフレンダって呼ぶわ」
フレンダ「了解な訳よ」
3:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2011/01/08(土)23:42:37.99ID:FszZdDum0
ガチャ
絹旗「おはようございます、あれ? 浜面にフレンダ、二人とも超めずらしく早いですね……どうしたんですか? ランドセルなんか背負って」
浜面「いやこれはフレンダが」
フレンダ「いやこれはバカの浜面が」
絹旗「仲が超よろしいようで」

続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1563634217/
1:
◆3rfPz4lVbmKs2019/07/20(土)23:50:17.85ID:aAmYZtI80
・上イン。何でも許せる人向け
・恒例の7/20全ての始まりたる上イン出会った記念SS
・リバースネタバレ有り

2:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/07/20(土)23:51:21.00ID:aAmYZtI80
?2人で買い物帰り中?
上条「あ゙ー!零したー!」ベチョーン!
インデックスオンアイス「」
上条「うわー…でっかい棒アイスだったからフードにも修道服にも…」
インデックス「…とうま?…?」ワナワナ
上条「悪い!ごめんなさいインデックスさん!この通り!噛まないで!!」
           ザン
インデックス「悪・即・噛☆」ガチガチ
上条「斎藤さん!?」
かぶー☆
             ?あー/
3:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/07/20(土)23:58:30.66ID:aAmYZtI80
インデックス「今日はここまでにしといてあげるんだよ」フキフキ
上条だったもの「」

4:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/07/20(土)23:59:11.57ID:aAmYZtI80
インデックス「んむぅ…もう!お股がびっちゃびちゃに濡れちゃったんだよ…」
上条「ごめんな、ほんと」
インデックス「もういいんだよ。早く帰って着替たいかも」
インデックス「あっとうま、何か拭くもの持ってない?」
上条「ええと……お、ティッシュあった!よしこっち向けー」フキフキ
インデックス「んー」ふかれふかれ

5:
以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/07/21(日)00:00:57.40ID:+OzJ9bdh0
上条「あちゃー結構染みになっちゃったな…」
インデックス「うん…胸元もお股もぐちょぐちょな
続きを読む

[ 閉じる ]
転載元:https://raicho.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1293644912
1:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
:2010/12/30(木)02:48:32.91ID:mgx51xIq0
浜面「……」
麦野「ねぇ、浜面」
浜面「……」
麦野「浜面、好きだよ」
浜面「……」
麦野「浜面、好き。好きだよ」
浜面「……」
麦野「浜面、好き。好き。好き。好き。好き。好き。好き。好き。好き。好き。好き。好き。好き。好き。好き。好き。好き。好き。好き。好き。好き。好き。好き。好き。好き。好き。好き」
浜面「……」

3:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
:2010/12/30(木)02:50:05.09ID:mgx51xIq0
浜面「……」
麦野「ねぇ、浜面。浜面は私の事、好き?」
浜面「……」
麦野「ナイショ、か。浜面、シャイだもんね」
浜面「……」
麦野「え? なに?」
浜面「……」
麦野「やだ……、ありがとう」

4:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
:2010/12/30(木)02:51:33.23ID:mgx51xIq0
浜面「……」
麦野「うん……」
浜面「……」
麦野「そうだね」
浜面「……」
麦野「……うん」
浜面「……」
麦野「もちろん……ずっと一緒だよ、はーまづらぁ」

5:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
:2010/12/30(木)02:52:41.90ID:aHniEz2T0
狂気をかんじる…

続きを読む

[ 閉じる ]
スポンサード リンク
<<
1
2
3
4
5
6
7
>>
作品別
人気主役キャラ
日付一覧
人気記事ランキング
まとめサイト様一覧
「ここのブログ追加してほしい」みたいな要望、広告掲載のお問い合わせなど、こちらにメールしてください。 nanj_antenna@yahoo.co.jp
スポンサード リンク
投票しました。